サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年10月/その3)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年11月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年10月/その2) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ライジングサン / 奥田民生

   配信シングル『ライジングサン』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ちっとも知らなかった / NakamuraEmi

   配信シングル『ちっとも知らなかった』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


GG STAND UP!! feat. 松本孝弘 / 木梨憲武

   配信EP『木梨ファンク~NORI NORI NO-RI~』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


YES / NO / Xmas Eileen

   デジタルシングル『YES/NO』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


STOP / バンドハラスメント

   配信シングル『STOP』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ダイヤモンド・キッス / NITRODAY

   ミニアルバム『少年たちの予感』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


むげん世界 / ツヅリ・ヅクリ

   アルバム『むげん世界』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年11月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年10月/その2) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

☆ 川崎F戦・データボックス>2019年J1リーグ第33節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/30(土) J1リーグ 第33節・川崎フロンターレ戦 (等々力)


  ○4-1 (前半1-0、後半3-1)

  主審: 西村 雄一(後半から清水勇人に交代)

  入場者数:23,893人


  <得点>
   1-0 仲川輝人       (横浜・前半08分)
   2-0 エリキ         (横浜・後半04分)
   3-0 エリキ         (横浜・後半24分)
   3-1 レアンドロ ダミアン .(川崎・後半29分)
   4-1 遠藤渓太       (横浜・後半44分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 扇原貴宏が、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、12月7日に行われるJ1リーグ第34節・FC東京戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「連勝(通算)」記録 > 6連勝 達成 <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「連勝(シーズン)」記録 > 6連勝 達成 <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「90分勝利」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 3位>

  ・「アウェー連勝」記録 > 4連勝 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「負けなし(通算)」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「負けなし(シーズン)」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「アウェー負けなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>


  ・「得点」記録 > 12試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「アウェー得点」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード アウェー連敗」記録 > 3連敗 でストップ <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「同一カード アウェー無得点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 7位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算156試合出場となり、大島秀夫(05-08)を抜いてマリノス歴代単独33位となりました。

 扇原貴宏が、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)、久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代50位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 仲川輝人が、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 2019 リーグ戦 アウェー 平均観客動員 > 20,029人 (17試合)
    << 05、04、01、03、16、94、10、08、93、18に次いで
           マリノス歴代11位(26年中)、前年比 -5人 >>


 2019 リーグ戦 アウェー 総観客動員 > 340,500人 (17試合)
    << 95、94、05、16、93、10、08、18に次いで
           マリノス歴代9位(26年中)、前年比 -76人 >>


  <観客動員ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 1位 (前節 1位)
         < 21勝 4分 8敗  勝点 67 得点 65 失点 38 得失点差 +27 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【次節(第34節)で優勝が決まる条件】


 残り1試合の時点で優勝の可能性を残しているのは2クラブのみ

  > マリノス 勝ち点67 得失点差+27
  > 東京   勝ち点64 得失点差+20

  > 最終節(第34節)はマリノスと東京の直接対決


 << リーグ第34節の結果 >> ○:勝利 △:引き分け ●:敗戦

 マリノス○ : マリノス優勝

 マリノス△ : マリノス優勝

 マリノス●(3点差以内) : マリノス優勝

 マリノス●(4点差以上) : 東京優勝

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMがアウェイで快勝。J1制覇へ大きく前進

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMが15年ぶりV王手!! 6連勝で最終節“優勝決定戦”へ、
          3点差負けでもV決定

 (ゲキサカ) 「最終節、3点差●でもV決定…
            横浜FM指揮官「変わりなく自分たちのサッカーを」

 (ゲキサカ) 「首位タイ15点目も喜ばなかった横浜FM仲川
               「攻めまくって、点取って、勝てばいい」

 (ゲキサカ) 「“優勝決定戦”は手痛い出場停止も…
             横浜FM扇原「信頼して任せられる仲間」

 (ゲキサカ) 「ハットトリックよりチーム優先!
           2G1Aの横浜FMエリキ「ファミリーを作れれば強くなる」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが神奈川ダービー制し6連勝!
               優勝は最終節に持ち越しも得失点差でかなり優位に


 (スポニチ) 「横浜・仲川、5戦連発 15年ぶりVへ王手
               7日FC東京と直接対決「勝てばいいだけ」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「F東京との“優勝決定戦”へ、5戦連発のFW仲川がトップ浮上

 (スポーツ報知) 「15年ぶり4度目Vへ最終決戦…過去の最終節ドラマは

 (スポーツ報知) 「仲川のゴールで川崎に勝利も…
              15年ぶりの優勝はお預け、最終節決戦へ

 (サンスポ) 「横浜M、4発6連勝で王手!
            最終節4点差以上で負けなければ15年ぶり頂点

 (サンスポ) 「横浜M・朴一圭、前回のFC東京戦は「緊張でブルブルしながら」

 (サンスポ) 「横浜FMが手にした大きな自信
            15年ぶりリーグ制覇へ仲川輝人「重圧はない」

 (サンスポ) 「横浜M・仲川、5戦連発で得点ランク首位タイ浮上
         「みんなの力があってこそ」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 川崎F戦・プレビュー>2019年J1リーグ第33節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎ステイヤーズS&チャレンジC(2019年)穴馬予想&結果


< 11月30日(土)に行われるスポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)チャレンジカップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス】


 中山の芝3600mで行われる重賞(GII)です。

 JRAでは最長距離の重賞ですが、今年に入って重賞で3着以内に入った馬が1頭のみ(しかもその馬もクラシック前の3歳重賞を勝ったのみ)というGIIとは思えないようなメンバーで、それ故に予想はかなりの難しさとなっていますね。

 それでここは、モンドインテロを◎にしてみましょう。

 今年は夏にOPで2回走ったのみで、しかも掲示板にさえ載れていないものの、このレースは昨年3着、3年前も3着と相性良く、2年前はチャレンジCの方に出走して0.1秒差4着ということでこの時期には毎年好走していますし、7歳馬とはいえ今年まだ2戦なので体力的にも問題なさそうなので、この馬に期待してみたいと思います。


  ◎ モンドインテロ / ビュイック (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12 ◎ モンドインテロ    ビュイック 6
 2着 11    アルバート      マーフィー 1
 3着 4     エイシンクリック   津村明秀 11
 4着 6     メイショウテンゲン 池添謙一  5
 5着 3     サンシロウ      勝浦正樹 7


 複勝なので3着以内に入ったのであれば着順は関係ないとはいえ、やはり◎馬が勝利すると嬉しいもんですねェ。


  (○複勝:12 2.7倍)  ○的中!  1,000円 → 2700円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チャレンジカップ】


 阪神の芝2000mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、ブラックスピネルを◎にしてみましょう。

 2走前の七夕賞こそ2.4秒差の14着と大敗したものの、1月のOPを勝ち、小倉大賞典は7着ながら0.3秒差(3着馬とは0.1秒差)、新潟大賞典は0.4秒差5着、鳴尾記念は0.2秒差2着、前走の新潟記念は0.4秒差4着と、今年に入ってからは(前々走を除けば)常に安定した成績なので、問題なく逃げ先行出来れば開幕週の馬場も味方して馬券圏内に粘り込んでくれるのでは、


  ◎ ブラックスピネル / スミヨン (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ロードマイウェイ   ルメール  2
 2着 7     トリオンフ       岩田康誠 8
 3着 1     ブレステイキング  ムーア   3
 4着 8     ハッピーグリン    武豊    11
 5着 12    ゴーフォザサミット 北村宏司 10

 6着 5  ◎ ブラックスピネル  スミヨン   5


 最後まで伸びて惜しい着差ではあったものの、切れるほどの伸びではなかったので、やはりこの馬は出来るだけ前に行って直線で粘る走りの方が力を発揮できそうですね。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  7/24   29.2%  +150円  100.6%

☆19年通算   >  45/200  22.5% -4,690円   97.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎浦和記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎チャンピオンズC(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月29日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年10月/その2)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年10月/その3)

  月別候補曲リスト(2019年10月/その1) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


イエスタデイ / Official髭男dism

   アルバム『Traveler』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Shanti Shanti Shanti / BABYMETAL

   アルバム『METAL GALAXY』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Trollz / SawanoHiroyuki[nZk]:Laco

   シングル『Tranquility / Trollz』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


愛と優 / ドラマチックアラスカ

   ミニアルバム『愛や優』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


リセットセット / ナナヲアカリ

   アルバム『DAMELEON』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自由 / テスラは泣かない。

   ミニアルバム『CHOOSE A』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぜんぶ僕のせいだ。 / ぜんぶ君のせいだ。

   シングル『ぜんぶ僕のせいだ。』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


パラレル / LeChat

   配信シングル『パラレル』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年10月/その3)

  月別候補曲リスト(2019年10月/その1) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

「このミステリーがすごい!2021年版」ランキング(順位)予想

Gapaku3298_tp_v


 * 「このミステリーがすごい!」は、1990年より翌年度表記(満年齢から数え年)に変更しているので、この“2021年版”は、2020年(2019年11月~2020年10月)に発売された作品のランキング(予想)となっています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 これでとうとう13年目となりますが、今年も「このミステリーがすごい!」のランキング(順位)予想をしてみたいと思います

 まずは予想の発表の前に、予想を見るうえでの注意点からご覧ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 ランキング(順位)予想を見るうえでの注意点 】


 ・これは、あくまで素人である当ブログ管理人が個人的に予想しているものです

  なので、結果が出てみたら、10位以内に予想した作品にほとんど票が入らなかったりとか、全体的に見当違いな予想となる可能性も充分にありえますので、その点をご了承した上で参考にしてみてください

 ・予想するのは国内編のみで、海外編の予想は行いません

 ・予想の対象は、自分がこれまで読んだ作品のみとしているので、読んでいない作品は、ランクインするかもしれないな~と思っていても予想には入れていません

 ・「このミス」における“ランクイン”とは20位以内のことをいいますが、今年も昨年までと同じく、30位まで予想してそのうち何作がベスト20にランクインするか、といった感じでやってみたいと思います

 ・今年も近3年と同様に、対象作品を読み終えるごとに順位を入れ替えるなどして<<暫定>>のランキングを随時更新していき、11月末に最終予想を決定する形式でやっていく予定です

 ・過去の予想実績に関しては、以下の記事にてご確認ください

   「このミス2019年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
   「このミス2018年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>

   「このミス2017年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
   「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
   「このミス2015年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>

   「このミス2014年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
   「このミス2013年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
   「このミス2012年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>

   「このミス2011年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
   「このミス2010年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
   「このミス2009年版」ランキング(順位)予想 <反省会>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 【 「このミス2021年版」ランキング(順位)予想 << 暫定 >> 】

  * タイトル部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ

  * まだ現時点での【暫定予想】なので
   対象作品を読み終えるごとに順位変更や入れ替えなどおこない
   11月30日頃に最終予想を確定する予定です

  * 更新情報(順位変更や入れ替えを行った日付)は
   「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてお知らせしています

1位予想 2位予想 3位予想 4位予想 5位予想
     
    暗約領域
新宿鮫XI
  不穏な眠り
    大沢在昌   若竹七海
- - - - -

6位予想 7位予想 8位予想 9位予想 10位予想
         
         
         
- - - - -

11位予想 12位予想 13位予想 14位予想 15位予想
         
         
         
- - - - -

16位予想 17位予想 18位予想 19位予想 20位予想
         
         
         
- - - - -

21位予想 22位予想 23位予想 24位予想 25位予想
         
         
         
- - - - -
んんんんんんん んんんんんんん んんんんんんん んんんんんんん んんんんんんん

26位予想 27位予想 28位予想 29位予想 30位予想
         
         
         
- - - - -

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  3位予想の「暗約領域 新宿鮫XI」は、これを書いている時点ではまだ読んでいないのですが、「このミス」1位の1作目No.27「新宿鮫」と2位の2作目No.43「毒猿 新宿鮫II」が両作共にオールタイムベストに名を連ねるほどの殿堂入り級の名作で、4作目No.171「無間人形 新宿鮫IV」は直木賞を受賞、(途中でランクイン率が下がったとはいえ)長篇前々作No.426「狼花 新宿鮫IX」と長篇前作No.456「絆回廊 新宿鮫X」が共に4位と近作は高アベレージな、“新宿鮫シリーズ”の8年ぶりとなる長篇新作なので、(明らかな駄作ではない限りは)発売されただけで上位入り確実なのでは

 5位予想の「不穏な眠り」は、こちらは読んでないどころか(これを書いている時点で)まだ発売前であるものの、3作前のNo.813「さよならの手口」が4位、2作前のNo.920「静かな炎天」が2位、前作のNo.1029「錆びた滑車」が3位と、3作連続で4位以内に入っているという驚異の“葉村晶シリーズ”最新作なので、これまた余程のことがない限りは上位入りとなるのではないでしょうか

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけでランキング(順位)予想を行ってみたのですが、ランキングが発表された後には、予想の結果や反省を行う<反省会>を更新する予定です

 あとは、“自分がもし「このミス」投票者だったら?”ってことで個人的なベスト6を発表する“「このミス2021年版」投票者なりきりベスト6”も更新する予定なので、もしよかったらそちらもご覧になってみてください

 さらにはて、「このミス2021年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう!という閲覧者参加型企画を実施予定なので、ぜひともお気軽にご参加ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2021年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2021年版」ランキング(順位)予想 (19.11.29)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年11月28日 (木)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年10月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年10月/その2)

  月別候補曲リスト(2019年9月/その2) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


PA PA YA!! (feat. F.HERO) / BABYMETAL

   アルバム『METAL GALAXY』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Tranquility / SawanoHiroyuki[nZk]:Anly

   シングル『Tranquility / Trollz』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フルスロットル / グッドモーニングアメリカ

   シングル『フルスロットル』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


かむかもしかもにどもかも! / MONO NO AWARE

   アルバム『かけがえのないもの』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


祝え!朝が来るまで / バックドロップシンデレラ

   ミニアルバム『祝え!朝が来るまで』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヘッドセット・キッズ / NITRODAY

   ミニアルバム『少年たちの予感』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


WANING MOON / MELLOW MELLOW

   シングル『WANING MOON』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いま踏み出せ夏 / 真っ白なキャンバス

   シングル『いま踏み出せ夏』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年10月/その2)

  月別候補曲リスト(2019年9月/その2) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

☆ 川崎F戦・プレビュー>2019年J1リーグ第33節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/30(土) 14:00~ J1リーグ 第33節

     vs 川崎フロンターレ(等々力陸上競技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス :「 1位 20勝 4分 8敗 勝点 64 61得 37失 得失 +24 」
  川崎   :「 4位 15勝 12分 5敗 勝点 57 54得 29失 得失 +25 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 川崎F戦は、公式戦通算で「16勝 8分 20敗」、リーグ戦通算で「12勝 6分 13敗」とほぼ五分であるものの、リーグ戦ホームで「8勝 4分 4敗」、アウェーで「4勝 2分 9敗」と、お互いにホームの成績がやや良い傾向です。

 とはいえ、2014-15年にアウェーで連勝したり、2015-16年にホームで連敗したりと少し前にはその相性が逆転気味となっていたのですが、2017-19のホームは「1勝 2分 0敗」、アウェーは「0勝 0分 2敗」と、ここ3年は従来の相性通りの結果となっています(アウェーでは3連敗中)。

 ちなみに、川崎のエースストライカーである小林悠に、アウェーでは昨年まで3年連続でゴールを奪われている(3試合で4ゴール)のに対し、ホームでは3年連続でゴールを許していない、というチームの戦績とは別の相性もあるのですが、今年のホーム(第3節)でもゴールされていないので、このジンクス的な相性は継続中です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に勝利すると........
   > 6試合“連勝(通算記録)”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 6試合“連勝(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 5位タイ)
   > 6試合連続“90分勝利”達成 (マリノス歴代 3位)
   > 4試合“アウェー連勝”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で勝利か引き分けだと........
   > 10試合連続“負けなし(通算記録)”達成 (マリノス歴代 7位タイ)
   > 10試合連続“負けなし(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 7位タイ)
   > 6試合連続“アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で敗戦か引き分けだと........
   > 5試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 4試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で敗戦だと........
   > 4試合“同一カード アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 2位タイ)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 12試合連続“得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 11試合連続“アウェー得点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 広瀬陸斗が出場すると、Jリーグ通算150試合出場(J2も含む)達成にリーチとなります。

 中川風希が出場すると、Jリーグ通算50試合出場(J2・J3も含む)達成にリーチとなります。


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算156試合出場となり、大島秀夫(05-08)を抜いてマリノス歴代単独33位となります。

 扇原貴宏が出場すると、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)、久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代50位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 仲川輝人が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 仲川輝人が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)、久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代17位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(97-98)と並びマリノス歴代24位タイとなります。


 マルコス ジュニオールが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算16ゴールとなり、安貞桓(04-05)、栗原勇蔵と並びマリノス歴代27位タイとなります(栗原勇蔵もゴールした場合は28位タイ)。

 マルコス ジュニオールが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 マルコス ジュニオールが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【今節(第33節)で優勝が決まる条件】


 残り2試合の時点で優勝の可能性を残しているのは3クラブのみ

  > マリノス 勝ち点64 得失点差+24
  > 東京   勝ち点63 得失点差+20
  > 鹿島   勝ち点60 得失点差+25

  > 最終節(第34節)はマリノスと東京の直接対決
   (なので最終節でマリノスと東京が共に勝ち点0で終わることはありません)


 << リーグ第33節の結果 >> ○:勝利 △:引き分け ●:敗戦

 マリノス○ : 東京●ならマリノスの優勝決定
           東京○△なら優勝争いは
           マリノス1位で最終節の直接対決に持ち越し
           (鹿島の優勝の可能性消滅)

 マリノス△ : 優勝争いは最終節まで持ち越し
           東京△●ならマリノス1位、
           東京○なら東京1位で最終節へ
           (東京△●&鹿島○なら鹿島も優勝の可能性あり)

 マリノス● : 優勝争いは最終節まで持ち越し
           東京●ならマリノス1位、
           東京△&マリノス●(4点差以内)ならマリノス1位、
           東京△&マリノス●(5点差以上)なら東京1位、
           東京○なら東京1位で最終節へ
           (東京△●&鹿島○なら鹿島も優勝の可能性あり)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし  川崎 : なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス: 扇原貴宏、松原健、仲川輝人、広瀬陸斗、遠藤渓太

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス:

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      < マリノス >
       (in) 泉澤仁(←ポゴニ・シュチェチン)
       (in) 伊藤槙人(←水戸)
       (in) 中林洋次(←広島)
       (in) エリキ(←パルメイラス)
       (in) 渡辺皓太(←東京V)
       (in) マテウス(←名古屋)
       (in) オビ パウエル オビンナ(特別指定/流通経済大)

       (out) イッペイ シノヅカ(→大宮)
       (out) 天野純(→スポルティング・ロケレン)
       (out) 原田岳(→相模原)
       (out) 飯倉大樹(→神戸)
       (out) 山田康太(→名古屋)
       (out) 三好康児(→川崎F→アントワープ)
       (out) 椿直起(→北九州)


      < 川崎 >
       (in) イサカ ゼイン(特別指定/桐蔭横浜大)
       (in) 馬渡洋樹(←愛媛)

       (out) カイオ セザール(→長崎)
       (out) 鈴木雄斗(→G大阪)
       (out) 舞行龍ジェームズ(→新潟)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    川崎  : 車屋紳太郎、大島僚太

 【U-22日本代表】
    マリノス: (遠藤渓太)
    川崎  : (田中碧)

 【U-20日本代表】
    マリノス:
    川崎  : 宮代大聖

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: 仲川輝人(Y)
    川崎  : 齋藤学
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  川崎オフィシャル

 【チケット情報】  川崎オフィシャル

 【試合プレビュー(Jリーグ公式サイト)】
   > 「川崎Fの目標はACL出場権確保。
            優勝へ突き進む横浜FMを迎撃


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「仲川 横浜15年ぶりVへ「恩返し」弾を!大学で大ケガ…獲得してくれた感謝をプレーで」 (11/30)
   > 「横浜仲川「一番の恩返しは優勝」ニューヘアで気合」 (11/30)
   > 「【横浜M】FW仲川輝人、出場5戦連発でV決める「ファンの方々に優勝を届けたい」」 (11/30)
   > 「首位の横浜M、30日に勝ってVだ!エース・仲川が5戦連発誓う」 (11/30)

   > 「横浜M、30日にも優勝 15年ぶり栄冠へ最終調整」 (11/29)
   > 「横浜M、川崎と決戦前日練習 栗原「今は何も言う必要がない」」 (11/29)

   > 「川崎F小林30日横浜戦へ「目の前で優勝やはり嫌」」 (11/28)
   > 「【J試合情報】川崎フロンターレvs横浜F・マリノス 第33節」 (11/28)

   > 「横浜・仲川、古巣で決める“Vゴール”「成長した姿見せたい」」 (11/27)
   > 「横浜M・仲川、川崎戦で優勝弾決める!高校まで下部組織に所属「成長した姿を」」 (11/27)

   > 「横浜・畠中、15年ぶり優勝へ鬼門突破だ「最後までぶれずに戦いたい」」 (11/26)
   > 「首位横浜MF喜田、13年逆転V逸の悪夢払拭を誓う」 (11/26)
   > 「【横浜M】15年ぶりVへ仲川弾で勝つ」 (11/26)
   > 「川崎F 憲剛、左膝手術で全治約7カ月 来季序盤は絶望も「明るくポジティブに」」 (11/26)

   > 「【横浜M】次節にもJ1制覇の可能性…FW仲川「“古巣”で点は決めたい」」 (11/25)


 【TV中継】
  (生) .11/30(土) 13:50~  NHK総合

  (録) .11/30(土) 19:00~  テレビ神奈川(tvk)

  (配信)11/30(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 川崎F戦・データボックス>2019年J1リーグ第33節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年11月27日 (水)

◎浦和記念(2019年)穴馬予想&結果


< 11月28日(木)に行われる浦和記念(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【浦和記念】


 浦和のダート2000mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 交流重賞は、(他の重賞のような)“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”にしているのですが、これだとある程度オッズが固まらないことには選べる馬やその数が分からないため、(交流重賞の場合は)レース前に最終的な予想を追記しています。

 しかし今回はレース直前に追記出来なさそうで、だからといってレースが終わった後に最終予想を披露するのもなんか面白くないので、前日オッズしか出ていない時点で最終的なオッズを予想しつつ狙う馬を決めなければなりません。

 なので、荒れやすい浦和での交流重賞ということも考慮して、ここ2戦は中央重賞で馬券に絡めていないアナザートゥルースと、前走の交流GIで3着と健闘した南関馬のセンチュリオン、(この組み合わせならオッズ的に問題なく選べるだろうから)この2頭狙いにすることを決めてしまいまして、もしケイティブレイブも狙えそうなオッズだったら3頭狙いに変更、という感じでいってみましょう。


  ◎ アナザートゥルース / 大野拓弥 (7)
  △ センチュリオン / 森泰斗 (2)
  ( △ ケイティブレイブ / スミヨン (1) )

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  1,200円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  6/22   27.3%  -550円   97.6%

☆19年通算   >  44/198  22.2% -5,390円   97.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎兵庫ジュニアGP(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ステイヤーズS&チャレンジC(2019年)穴馬予想&結果

◎兵庫ジュニアGP(2019年)穴馬予想&結果


< 11月27日(水)に行われる兵庫ジュニアグランプリ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【兵庫ジュニアグランプリ】


 園田のダート1400mで行われる交流2歳重賞(JpnIII)です。

 交流2歳重賞では道営馬を積極的に狙うようにしているのですが、今年最初の交流2歳重賞だったエーデルワイス賞では7番人気の道営馬を◎に、続く北海道2歳優駿でも8番人気の道営馬を◎にしてどちらも的中と、今年の交流2歳重賞はかなりの絶好調なので、北海道開催ではない今回も道営馬狙いで連続的中といきたいものですね。

 それでいつもの交流重賞であれば、“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、交流2歳重賞に関しては複勝2倍以上の馬が多く来ることもあって、“複勝1点買い”でいくことにしています。

 そして今回遠征している道営馬はスティールペガサスアザワクの2頭で、実績からするとアザワクの方を狙いたいものの、これからのオッズの動き次第で複勝最低オッズが1倍台になるかもしれないので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、アザワクの複勝最低オッズは2倍台後半となっていたので、ここはすでに交流重賞2着の実績があるこの馬を◎にしましょう。


  ◎ アザワク / 阿部龍 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  6/21   28.6%  +650円  103.0%

☆19年通算   >  44/197  22.3% -4,190円   97.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ジャパンC&京阪杯(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎浦和記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月26日 (火)

ミステリー・推理小説総合ランキング(2019年)

 

Gapaku3298_tp_v


 11月の末から年末恒例となっているミステリ小説のランキングが続々と発表されていきます

 小説の一つのジャンルに対してこれだけ多くのランキングが出るということ自体凄いことなのですが、各ランキングによって特徴や傾向が異なるので、それぞれ棲み分けが出来ているというのも改めて考えると凄いことですよね

 ただそれゆえに、どのランキングを参考にすればよいのか迷ってしまう、という人も多くいると思うので、全てのランキングを一つにまとめ上げたスーパーランキングを作ってみることにしました

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このランキングは、各ランキングの順位ごとに点数を付け、それを合計した総合点により改めて順位付けするというものです

 参考にしたランキング誌と点数の付け方は、以下の通り。

 「こ」(このミステリーがすごい!) > ベスト40作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・39位:2点、40位:1点

 「本」(本格ミステリ・ベスト10) > ベスト30作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・29位:12点、30位:11点

 「春」(週刊文春ミステリーベスト10) > ベスト20作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・19位:22点、20位:21点

 「早」(ミステリが読みたい!) > ベスト30作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・29位:12点、30位:11点
  * 21~30位は手集計により算出
  * 「このミス」等で昨年版の対象だった作品(昨年10月発行)を除外し
   その分を繰り上げて独自の順位付けにしてあります

 「他」 > 以下のランキングにランクインした作品は一律15点

  (S) SFが読みたい!(ベストSF2018) > ランクイン作品

  (本) 本屋大賞 > ベスト10(ノミネート)作品

  (R) SRの会ミステリベスト10 > ベスト10作品

  (ダ) ダ・ヴィンチ > BOOK OF THE YEAR ランクイン作品

  (雑) 本の雑誌が選ぶ2019年度ベスト10 > ランクイン作品(別格含む)

  (キ) キノベス!(紀伊國屋書店) > ベスト30作品

  (エ) エアミス研ランキング > ベスト10作品

  (Tw) Twitter文学賞 > ベスト10作品

  (a) bookaholic認定2019年度国内ミステリーベスト10
        > ベスト10作品

 「賞」 > 文学賞受賞&候補作品

  * ○文学賞受賞作(吉川英治文学新人賞含む) : 35点
  * ●文学賞候補作(吉川英治文学新人賞含む) : 20点
  * △文学賞受賞短編収録作 : 15点
  * ▲文学賞候補短編収録作 : 10点
  * ☆文学新人賞受賞作 : 15点

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ミステリー・推理小説総合ランキング(2019年)・暫定版 】

  * 2018年11月~2019年10月に発行された国内作品
    および「このミス」「文春」「本ミス」「早ミス」のいずれかに
    ランクインした(得点が入った)作品が対象

  * 現在発表されているランキング・文学賞のみの暫定順位なので
    ランキングや文学賞が発表されるごとに
    ポイント追加&順位変動していきます

    ランキングの完成は、翌年(2020年末)の「早ミス」「ダ・ヴィンチ」が発表され
    本年度対象作品(19年10月発売作品)のポイントを
    追加してからとなります

  * 各ランキングの数字は、点数ではなく順位

  * 「*」は19年10月発売作品(「早ミス」「ダヴィンチ」は翌年度の対象)

  * 「動」 : 前回更新時からの順位変動

  * 「L」 : 当ブログ感想記事へのリンク
        ("<"は読了済みなので近いうちに記事アップ予定)

  * タイトル部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ


  * 最新更新:2019年12月12日(木)
   ・・・「このミステリーがすごい!」
      「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
      「本の雑誌が選ぶ2019年度ベスト10」
      「bookaholic認定2019年度国内ミステリーベスト10」
      の結果を反映

                         
点数 - 作品名 作者名

209 刀と傘 伊吹亜門 5 4 10 1 ○☆ >>

183 魔眼の匣の殺人 今村昌弘 3 2 3 3
- >>

169 紅蓮館の殺人 阿津川辰海 6 3 11 5
a
- -

157 本と鍵の季節 米澤穂信 9 14 18 11
エ a
- >>

152 medium
霊媒探偵城塚翡翠
相沢沙呼 1 1 5 20 - >>
点数 - 作品名 作者名

148 ノースライト 横山秀夫 2 - 1 2
- >>

128 罪の轍 奥田英朗 4 - 2 4 - >>

124 昨日がなければ
明日もない
宮部みゆき 8 - 12 9
a
- >>

122 むかしむかし
あるところに、
死体がありました。
青柳碧人 33 9 7 8 - >>
10
121 Iの悲劇 米澤穂信 11 12 4 16 - -
点数 - 作品名 作者名
11
113 殺人鬼が
もう一人
若竹七海 12 24 17 13 a -
12
111 欺す衆生 月村了衛 7 - - 14 a
13
109 時空旅行者の
砂時計
方丈貴恵 22 7 15

*

-
14
99 或るエジプト
十字架の謎
柄刀一 23 6 - 10 - >>
15
96 いけない 道尾秀介 29 - 6 7 - >>
点数 - 作品名 作者名
16
92 殺人犯 対 殺人鬼 早坂吝 17 11 20 24 - - -
17
89 早朝始発の
殺風景
青崎有吾 12 19 - 18 a -
18
88 予言の島 澤村伊智 19 8 - 23 - -
-
-
88 我らが少女A 高村薫 15 - 8 12 - -
20
86 Blue 葉真中顕 39 - 14 19 >>
点数 - 作品名 作者名
21
77 潮首岬に
郭公の鳴く
平石貴樹 10 10 - * - -
22
65 法月綸太郎の
消息
法月綸太郎 27 17 - 14 - -
23
63 そして誰も
死ななかった
白井智之 29 5 - - -
24
62 マーダーズ 長浦京 14 - - 6 - - >>
25
59 希望の糸 東野圭吾 29 - 9 - - >>
点数 - 作品名 作者名
26
57 教室が、
ひとりになるまで
浅倉秋成 38 13 - 30 a - -
27
54 スワン 呉勝浩 15 - 13 * - - -
28
50 カナダ金貨の謎 有栖川有栖 - 16 - 16 - - -
29
48 焼跡の二十面相 辻真先 26 27 - 22 - - -
30
46 カインは
言わなかった
芦沢央 - - 16 20 - -
-
-
46 オーガ(ニ)ズム 阿部和重 23 - - 28 - a -

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2020年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2020年版」ランキング(順位)予想 (18.12.11)

  > 「このミス2020年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (19.10.23)

  > 「ミステリが読みたい!2020年版」 (19.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2019年)」 (19.12.5)
  > 「2020 本格ミステリ・ベスト10」 (19.12.6)
  > 「このミステリーがすごい!2020年版」 (19.12.9)

  > 「このミス2020年版」投票者なりきりベスト6 (19.12.9)

  > 「このミス2020年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (19.12.10)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2019年) (19.11.26)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年11月25日 (月)

「ミステリが読みたい!2020年版」


 これから12月に掛けてミステリランキングが続々と発表されていきますが、まずは他に先駆けて「早ミス」("早"川書房が版元/一番"早"くランキングを発表)こと「ミステリが読みたい!」が発表となりました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この「早ミス」は、2007年(2008年版)に創刊ということで、他誌(「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」)に比べるとかなりの新参者なのですが、それ故に他誌(特に「このミス」)との差異を生み出そうとしています。

 その一番の特徴というのが、ランキング(投票)の対象となる作品の発売期間(締め切り)が他誌より1ヶ月早いことで(他誌は前年11月~本年10月、「早ミス」は前年10月~本年9月)、それにより発売時期の関係で他誌で正当な評価を受けなかった作品(主に前年10月発売作品)を拾い上げられる、という利点があります。

 それに、こう言っては失礼かもしれませんが、発表時期が「このミス」より2週間早いということで、「このミス」の前哨戦的な楽しみ方もできるのですよね。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして投票方式も過去に大きな変更が何度かあったのですが、今年も前7年と変わらず、投票者は一人10作品まで投票でき、順位ごとに点数を付けて(1位が20点、2位が19点.....)、その合計点数により総合ランキングを決定、という方式に。

 なので、以前の方式(文庫も対象だったり部門別投票だったり)と比べると「このミス」を始めとした他誌の集計方法に近くなっているものの、「このミス」では一人6作品までしか投票できないため、それより4作品多く投票出来ることでランキングにも変化が現れるでしょう。

 それに、「このミス」の投票者は70人以上なのに対し「早ミス」では30人前後と半分以下なので、人数が少ない分、投票者の好みの傾向がダイレクトに出やすい(少数の人が高く評価している作品や地味ながらも多くの人から評価されている作品がランクインしやすい)のではないでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで、今年の「早ミス」のランキングを見ていきたいのですが、ランクインしたうちのどのくらいの作品を事前に読んでいたのか、といったところもチェックしてみたいと思います。

 ただ、ランクインした作品以上に売れてしまうという超ベストセラーな「このミス」と比べると、「早ミス(ミステリマガジン)」の方は知名度も売れ行きもかなりの差があると思うので、発売直後にランキングを丸ごと書いてしまうのはやはり躊躇してしまいます

 そのため、作品名等記入したランキングには1ヶ月後くらいに書き替えることにし、とりあえずは事前に読んでいた作品のみ“「このミス」完全読破”の通しNoと当ブログ記事へのリンクを付けるだけにしたいと思います。

 なので、書き替えるまでの間は面倒ではありますが、「このミス」完全読破 読了順リストにて通しNoを照らし合わせたり、感想記事へのリンク先にてご確認ください。


 ○:事前に読んでいた作品
 ●:読みたかったけど(時間的に)読めなかった作品
 ×:特に読むつもりはなかった作品


  01位 : ○  No.1057 感想記事はこちら
  02位 : ○  No.1058 感想記事はこちら
  03位 : ○  No.1067 感想記事はこちら
  04位 : ○  No.1088 感想記事はこちら
  05位 : ×

  06位 : ○  No.1064 感想記事はこちら
  07位 : ○  No.1081 感想記事はこちら
  08位 : ○  No.1076 感想記事はこちら
  09位 : ○  No.1049 感想記事はこちら
  10位 : ○  No.1082 感想記事はこちら

  11位 : ○  No.1047 感想記事は後日更新予定
  12位 : ○  No.1050 感想記事はこちら
  13位 : ○  No.1092 感想記事は後日更新予定
  14位 : ○  No.1103 感想記事は後日更新予定
  15位 : ○  No.1102 感想記事は後日更新予定
  15位 : ○  No.1100 感想記事は後日更新予定

  17位 : ○  No.1099 感想記事は後日更新予定
  17位 : ●
  19位 : ○  No.1080 感想記事は後日更新予定
  10位 : ○  No.1078 感想記事はこちら

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「このミス」の方は事前に予想しているのですが(「このミステリーがすごい!2020年版」ランキング(順位)予想)、順位は違っているとはいえ1・2位の作品が予想と「早ミス」とで同じだったのは自信になったものの、「このミス」でベスト10に予想したうちの2作が「早ミス」では20位以内に入っていなかったので、果たして「このミス」の方はどのような結果になっているのか確認するのが楽しみであり不安でもあります....。

 それと、年々読了済み作品数が減っていることもあってか、最近はランクイン作品の未読率が低かったのですが(昨年は20作中7作、2年前は6作未読)、今年の未読は2作のみで、そのうち1作は途中までは読んでいるので、自分としては結構満足度の高いランキングでしたね(とはいえ5位の作品を未読なのは反省しないといけませんが)。

 ちなみに、「早ミス」のみが対象となる昨年10月刊行作品(本年度の「このミス」「本ミス」「文春」では対象外)ですが、今年は1作ランクインしていました(11位)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2020年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2020年版」ランキング(順位)予想 (18.12.11)

  > 「このミス2020年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (19.10.23)

  > 「ミステリが読みたい!2020年版」 (19.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2019年)」 (19.12.5)
  > 「2020 本格ミステリ・ベスト10」 (19.12.6)
  > 「このミステリーがすごい!2020年版」 (19.12.9)

  > 「このミス2020年版」投票者なりきりベスト6 (19.12.9)

  > 「このミス2020年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (19.12.10)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2019年) (19.11.26)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

「AGRAVITY BOYS」 中村充志 > 週刊少年ジャンプ新連載!

Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 2019年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2020年02号(2019年12月9日〈月〉発売)からスタートの「AGRAVITY BOYS(アグラビティ・ボーイズ)です。


 作者の中村充志(なかむら・あつし)は、「ニュルンベルクの川下り」で“ストキン炎ネーム部門(第2回)”の最終候補となり、「代打中島」を“赤マルジャンプ2009 SUMMER”に掲載しデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009 SUMMER」参照)。

 さらに「マトリトワーク」を“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”に掲載したのに続き(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 SPRING」参照)、「クロクロク」を“本誌2013年4・5合併号”に掲載して本誌デビューを飾り(週刊少年ジャンプ読切! 「クロクロク」 中村充志参照)、その「クロクロク」が“本誌2013年35号”から始まり連載デビュー(17話で終了/「クロクロク」 中村充志 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 連載終了後は、「ケンパトリック」を“ジャンプNEXT!! 2016 vol.1”に掲載し(「ケンパトリック」 中村充志 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1参照)、2018年8月には「ジェナダイバージョン3to1」を“少年ジャンプ+(プラス)”に配信掲載(少年ジャンプ+参照)。

 そして本作にて2度目の連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2019年12月の新連載」関連記事】

  > 「ZIPMAN!!」 芝田優作 (19.11.25)

  > 「AGRAVITY BOYS」 中村充志 (19.11.25)


 【「中村充志」関連記事】

  > 「ケンパトリック」 中村充志 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.6)

  > 「クロクロク」 中村充志 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.7.26)
  > 「クロクロク」 中村充志 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.12.21)

  > 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔 <JC1巻買い> (12.6.26)

  > 「マトリトワーク」(ジャンプNEXT! 2012 SPRING) (12.4.28)

  > 「少年疾駆」 附田祐斗 <JC1巻買い> (10.8.6)

  > 「LOCK ON!」 土田健太 <JC1巻買い> (10.6.7)

  > 「代打中島」(赤マルジャンプ2009 SUMMER) (09.8.19)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2020年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「ZIPMAN!!」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載!


 2019年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第1弾”が、2020年01号(2019年12月2日〈月〉発売)からスタートの「ZIPMAN!!(ジップマン)です。


 作者の芝田優作(しばた・ゆうさく)は、「ARMORED-アーマード-」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2009年2月期)”の準入選を受賞し、その受賞作を“赤マルジャンプ2009 SUMMER”に掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009 SUMMER」参照)。

 しかし、その約1ヶ月前に発売された“本誌2009年35号”にJ金未来杯エントリー作品として「明治百機八匣譚DENGI」を掲載したので、こちらがデビュー作に(週刊少年ジャンプ読切! 「明治百機八匣譚DENGI」 芝田優作参照)。

 その後は、「ENMA GAVEL」を“本誌2011年09号”に(週刊少年ジャンプ読切! 「ENMA GAVEL」 芝田優作参照)、「ヨアケモノ」を“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に掲載し(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプVS -バーサス-」参照)、「ヨアケモノ」が“本誌2014年34号”から始まり連載デビュー(16話で終了/「ヨアケモノ」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)

 連載終了後は、「ZIPPO!!」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.4”に掲載し(「ZIPPO!!」 芝田優作 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4参照)、“ジャンプGIGA vol.1~4(2016年)”で「花侍のサハラ」を連載(全4話/「花侍のサハラ」 芝田優作 > ジャンプGIGA新連載!参照)。

 そして本作にて本誌では2度目の連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2019年12月の新連載」関連記事】

  > 「ZIPMAN!!」 芝田優作 (19.11.25)

  > 「AGRAVITY BOYS」 中村充志 (19.11.25)


 【「芝田優作」関連記事】

  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.2)

  > 「ZIPPO!!」 芝田優作 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4 (15.8.3)

  > 「ヨアケモノ」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.6.30)
  > 「ヨアケモノ」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ENMA GAVEL」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.30)

  > 「少年疾駆」 附田祐斗 <JC1巻買い> (10.8.6)

  > 「ARMORED」(赤マルジャンプ2009 SUMMER) (09.8.19)

  > 「明治百機八匣譚DENGI」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ読切!  (09.7.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2020年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年11月24日 (日)

◎ジャパンC&京阪杯(2019年)穴馬予想&結果


< 11月24日(日)に行われるジャパンカップ(GI)京阪杯(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ジャパンカップ】


 東京の芝2400mで行われる重賞(GI)です。

 今年は「春天」「エリザベス女王杯」「マイルCS」と苦手なはずの京都GIを多く当てることが出来ているのですが、本来の相性的には東京のGIを(あくまで自分の中では)得意としているので、今年の東京ラストGIとなるこのレースはなんとか当てたいところですね。

 それでここは、シュヴァルグランを◎にしてみましょう。

 今年は海外GIのみを走って2・6・8着という戦績なのですが、ただその前は(たまに掲示板すら外すけれど)長きに渡ってGI戦線で安定した活躍を見せていて、国内では一番最近のレースである昨年末のGI・有馬記念でも0.2秒差3着と好走しているので、いまだにGIクラスの力を保っているのは確かだと思います。

 ただやはり海外帰りの休み明けで国内レースは11ヶ月ぶりなのが大きな不安材料であるものの、それでこれだけ人気が落ちているのであれば穴として絶好の狙い目だと思いますし、エリザベス女王杯のクロコスミア、マイルCSのペルシアンナイトと、毎年好走しているのに人気を落としていた馬を◎にして2週連続で当てているので、となればその流れに乗って(3着・1着・4着と3年連続好走中の)この馬を狙わないわけにはいかないですからね。


  ◎ シュヴァルグラン / スミヨン (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京阪杯】


 京都の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 ジャパンC後の京都最終レースに行われる重賞ですが、ここは牝馬のカラクレナイを◎にしてみましょう。

 古馬になってからはまだ重賞で一度も馬券に絡んだことのない馬ではありますが、2走前の北九州記念では7着ながら0.4秒差(3着馬と0.2秒差)でしたし、今回と同じ京都1200で行われた前走も55kgのハンデ(これより重いハンデだったのは牡馬2頭のみで同ハンデも牡馬1頭のみ)を背負いながら0.2秒差3着と好走しているので、今回は重賞だとはいえ3着以内も大いにありえるのでは。


  ◎ カラクレナイ / 大野拓弥 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○複勝:7 3.4倍)  ○的中!  1,000円 → 3,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  6/20   30.0% +1,650円  108.0%

☆19年通算   >  44/196  22.4% -3,190円   98.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都2歳S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎兵庫ジュニアGP(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月23日 (土)

☆ 松本戦・データボックス>2019年J1リーグ第32節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/23(土) J1リーグ 第32節・松本山雅FC戦 (サンアル)


  ○1-0 (前半1-0、後半0-0)

  主審: 荒木 友輔  入場者数:19,744人


  <得点>
   1-0 仲川輝人  (横浜・前半02分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 遠藤渓太が、リーグ戦通算3回目の警告を受けたため、第33節・川崎F戦でも警告を受けると、第34節・FC東京戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「連勝(通算)」記録 > 5連勝 達成 <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「連勝(シーズン)」記録 > 5連勝 達成 <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「90分勝利」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「負けなし(通算)」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 9位>

  ・「負けなし(シーズン)」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 8位>


  ・「アウェー得点」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「同一カード 無失点」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「同一カード アウェー無失点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 チアゴ マルチンスが、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成しました。


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算155試合出場となり、大島秀夫(05-08)と並びマリノス歴代33位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 仲川輝人が、マリノス所属時リーグ戦通算23ゴールとなり、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代21位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 19,744人

  > 松本戦・ランキング ベスト・3位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 1位 (前節 2位)
         < 20勝 4分 8敗  勝点 64 得点 61 失点 37 得失点差 +24 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ACL出場権獲得】


 リーグ戦3位以内が決定したため、2020シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得しました。

 なお、リーグ最終順位が1位(優勝)だとACLはグループステージからの参戦となり、2・3位だとプレーオフラウンド(ここを勝ち上がるとグループステージに進出)からの参戦となります(鹿島がリーグと天皇杯の両方で優勝した場合はリーグ2位のクラブがグループステージから参加)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【次節(第33節)で優勝が決まる条件】


 残り2試合の時点で優勝の可能性を残しているのは3クラブのみ

  > マリノス 勝ち点64 得失点差+24
  > 東京   勝ち点63 得失点差+20
  > 鹿島   勝ち点60 得失点差+25

  > 最終節(第34節)はマリノスと東京の直接対決


 << リーグ第33節の結果 >> ○:勝利 △:引き分け ●:敗戦

 マリノス○ : 東京●ならマリノスの優勝決定
         東京○△なら最終節の直接対決での結果次第
         (鹿島○でも鹿島の優勝の可能性消滅)

 マリノス△ : 優勝争いは最終節まで持ち越し
         (鹿島△●だと鹿島の優勝の可能性消滅
          東京○でも鹿島の優勝の可能性消滅)

 マリノス● : 優勝争いは最終節まで持ち越し
         (鹿島△●だと鹿島の優勝の可能性消滅
          東京○でも鹿島の優勝の可能性消滅)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「アウェイで松本を撃破。横浜FMが首位浮上

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「仲川輝人また決めた! 横浜FM、15年ぶりリーグ制覇へ首位浮上!
          敗れた松本はJ1残留へ崖っぷち

 (ゲキサカ) 「出れば4戦連発! 横浜FM仲川の「誰が行くか迷う」ドリブル弾炸裂

 (ゲキサカ) 「横浜FM、首位奪取も重圧なし?
           指揮官が明かした“要因”にMF喜田「本当にその通り」

 (ゲキサカ) 「横浜FM松原「あえて外に開くことで…」
                   自在な“立ち位置”で先制起点に

 (ドメサカブログ) 「絶好調の横浜FMが9戦負けなし5連勝で首位奪取!
             仲川が前節に続き決勝ゴール


 (スポニチ) 「横浜 初首位!次節にも15年ぶりV
             遠藤「今はどこと戦っても負ける気しない」

 (スポニチ) 「横浜が残り2戦で逆転首位、1点差守り9戦負けなし

 (スポニチ) 「横浜が残り2戦で逆転首位、1点差守り9戦負けなし

 (日刊スポーツ) 「横浜5連勝で首位、優勝へ仲川「残り2試合も勝つ」

 (日刊スポーツ) 「横浜ポステコグルー監督、川崎Fとの次戦を警戒

 (スポーツ報知) 「5連勝で15年ぶりの歓喜へ王手
                  仲川「自分たちは全部勝つだけ」

 (サンスポ) 「横浜M、ついに今季初奪首!
             J1優勝争い残り2戦…次戦にもVだ

 (サンスポ) 「仲川の今季14得点目で横浜Mが5連勝!
          残り2試合でついに首位浮上

 (サンスポ) 「「ここまで来たら優勝しか狙ってない」
               決勝弾の仲川輝人、サポーターへ呼びかけ

 (サンスポ) 「首位浮上の横浜Mが
            ACL出場権獲得 松原「初めてなので楽しみ」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 松本戦・プレビュー>2019年J1リーグ第32節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京都2歳S(2019年)穴馬予想&結果


< 11月23日(土・祝)に行われるラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス】


 京都の芝2000mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 今年の中央2歳重賞は、“少数頭なうえに半数近くの馬の複勝最低オッズが1倍台で穴狙い的には最初からチャンスなし”というパターンが例年より多い感じがするのですが、今回もこれを書いている時点で9頭中半数以上となる5頭の複勝最低オッズが1倍台ということで、穴狙いとしてはまたもや厳しいレースとなりそうですかね...。

 それで下位人気勢の戦績を見てみると、4頭中3頭の前走が黄菊賞で、そのうち2頭は凡走だったため、唯一3着と好走したトウカイデュエルを素直に◎としてみましょう。


  ◎ トウカイデュエル / 秋山真一郎 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  5/18   27.8%  +250円  101.3%

☆19年通算   >  43/194  22.2% -4,590円   97.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ロジータ記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ジャパンC&京阪杯(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月22日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年9月/その2)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年10月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年9月/その1) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ユーモラル討論会 / なきごと

   ミニアルバム『夜のつくり方』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


敵がいない国 / KREVA

   アルバム『AFTERMIXTAPE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


lilithpride / KAQRIYOTERROR

   シングル『lilithpride』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Girl's Searchlight / For Tracy Hyde

   アルバム『New Young City』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


THREE CHORDS AND THE TRUTH / THE DISASTER POINTS

   アルバム『FAREWELL BLUES』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


From Dream And You / 前島麻由

   アルバム『From Dream And You』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ATLAS / PassCode

   シングル『ATLAS』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年10月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年9月/その1) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年11月21日 (木)

☆ 松本戦・プレビュー>2019年J1リーグ第32節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/23(土) 14:00~ J1リーグ 第32節

     vs 松本山雅FC(サンプロ アルウィン)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス :「  2位 19勝 4分 8敗 勝点 61 60得 37失 得失 +23 」
  松本   :「 17位  6勝 12分 13敗 勝点 30 19得 34失 得失 -15 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 松本は、1年で降格となった2015年以来2度目のJ1なので、昨年までにマリノスがリーグ戦で松本と対戦したのも2015年の2試合のみなのですが、初対戦となったアウェーでは○3-0で勝利、ホームでは△0-0の引き分けという結果に。

 リーグ戦以外の公式戦では2011年の天皇杯4回戦(富山)で対戦して○4-0で勝利し、4年ぶりの対戦となった今年のリーグ戦(ホーム)も○1-0で勝利しているので、松本戦は今のところ(4試合で)いまだ失点0ということになりますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に勝利すると........
   > 5試合“連勝(通算記録)”達成 (マリノス歴代 7位タイ)
   > 5試合“連勝(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 5試合連続“90分勝利”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で勝利か引き分けだと........
   > 9試合連続“負けなし(通算記録)”達成 (マリノス歴代 9位)
   > 9試合連続“負けなし(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 8位)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 10試合連続“アウェー得点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で2得点以上だと........
   > 5試合連続“2得点以上”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“4得点以上”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 4試合連続“同一カード 無失点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 2試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 チアゴ マルチンスが出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 広瀬陸斗が出場すると、Jリーグ通算150試合出場(J2も含む)達成にリーチとなります。

 中川風希が出場すると、Jリーグ通算50試合出場(J2・J3も含む)達成にリーチとなります。


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算155試合出場となり、大島秀夫(05-08)と並びマリノス歴代33位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算23ゴールとなり、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 仲川輝人が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 仲川輝人が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代19位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(97-98)と並びマリノス歴代24位タイとなります。


 マルコス ジュニオールが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算16ゴールとなり、安貞桓(04-05)、栗原勇蔵と並びマリノス歴代27位タイとなります(栗原勇蔵もゴールした場合は28位タイ)。

 マルコス ジュニオールが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 マルコス ジュニオールが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【今節でACL出場権の獲得が決まる条件】


 * 日本のクラブのACL出場枠は4つ
  (グループステージからが2クラブ、プレーオフラウンドからが2クラブ)


 > J1リーグ優勝 : ACL出場(グループステージから)

 > 天皇杯優勝 : ACL出場(グループステージから)
    * リーグ3位以内に入る可能性があるクラブの中で
     天皇杯優勝の可能性も残しているのは鹿島のみ

 > J1リーグ2・3位 : ACL出場(プレーオフラウンドから)
    * 鹿島がリーグと天皇杯の両方で優勝した場合は
     2位のクラブがグループステージから参加

 > J1リーグ4位 : 鹿島が3位以内に入ったうえで天皇杯優勝となった場合のみ
            ACL出場(プレーオフラウンドから)


 << リーグ第32節の結果 >>

 マリノス○ : 他の試合結果に関係なくACL出場決定(3位以内確定)

 マリノス△● : 1試合多く消化していて今節試合がない川崎F(現在4位)と
           勝ち点5差か4差で残り2試合となるため
           ACL出場(3位以内)は決定しないものの
           現在5位のC大阪が△か●なら4位以内が確定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし  松本 : なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス: 扇原貴宏、松原健、仲川輝人、広瀬陸斗

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス:

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      < マリノス >
       (in) 泉澤仁(←ポゴニ・シュチェチン)
       (in) 伊藤槙人(←水戸)
       (in) 中林洋次(←広島)
       (in) エリキ(←パルメイラス)
       (in) 渡辺皓太(←東京V)
       (in) マテウス(←名古屋)
       (in) オビ パウエル オビンナ(特別指定/流通経済大)

       (out) イッペイ シノヅカ(→大宮)
       (out) 天野純(→スポルティング・ロケレン)
       (out) 原田岳(→相模原)
       (out) 飯倉大樹(→神戸)
       (out) 山田康太(→名古屋)
       (out) 三好康児(→川崎F→アントワープ)
       (out) 椿直起(→北九州)


      < 松本 >
       (in) 高木利弥(←柏)
       (in) 阪野豊史(←山形)
       (in) 水本裕貴(←広島)
       (in) 山本真希(←千葉)
       (in) イズマ(←エステグラルFC)

       (out) 塚川孝輝(→岐阜)
       (out) 前田大然(→CSマリティモ)
       (out) 那須川将大(→藤枝)
       (out) レアンドロ ペレイラ(→広島)
       (out) 山本大貴(→岡山)
       (out) 當間建文(→岐阜)
       (out) 榎本樹(→草津)
       (out) 山本龍平(→山形)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    松本  :

 【U-22日本代表】
    マリノス: (遠藤渓太)
    松本  : 菅大輝

 【U-20日本代表】
    マリノス:
    松本  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    松本  : 浦田延尚、田中隼磨
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  松本オフィシャル

 【チケット情報】  松本オフィシャル

 【試合プレビュー(Jリーグ公式サイト)】
   > 「残留へ勝利が欲しい松本。横浜FM攻撃陣を封じ込められるか


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜、リーグVへ仲川誓う「フォア・ザ・チーム」」 (11/23)
   > 「22歳横浜遠藤、調子上向きバースデー弾狙う」 (11/23)

   > 「横浜監督、今季初首位浮上へ「3試合は全て大事」」 (11/22)

   > 「【J試合情報】松本山雅FCvs横浜F・マリノス 第32節」 (11/21)

   > 「松本 横浜戦チケット完売 ともに負けられない一戦」 (11/19)


 【TV中継】
  (生) .11/23(土) 13:55~  NHK長野

  (録) .なし

  (配信)11/23(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 松本戦・データボックス>2019年J1リーグ第32節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年11月20日 (水)

◎ロジータ記念(2019年)穴馬予想&結果


< 11月20日(水)に行われるロジータ記念(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ロジータ記念】


 川崎のダート2100mで行われる南関3歳牝馬重賞(SI)です。

 ここは、グランモナハートを◎にしてみましょう。

 いまだに0勝馬ではあるのですが、これまで9戦して一度も掲示板から外れたことはなく、デビューから5戦連続で馬券圏内、さらに南関牝馬クラシック第2戦・東京プリンセス賞でも5着に入るなど、未勝利馬とは思えないほどの安定した活躍を見せています。

 トライアルレースである前走は馬券圏内に入れなかったとはいえ、休み明けに予定されていたレースをじんましんの影響で出走取り消しとなった後でありつつも5着には来ていたので、体調さえ万全であれば重賞のここでも巻き返しは可能だろうと思い、この馬に期待してみることに。


  ◎ グランモナハート / 本田正重 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  5/17   29.4% +1,250円  107.1%

☆19年通算   >  43/193  22.3% -3,590円   98.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ローレル賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都2歳S(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月19日 (火)

◎ローレル賞(2019年)穴馬予想&結果


< 11月19日(火)に行われるローレル賞(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ローレル賞】


 川崎のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SII)です。

 南関の2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしていて、ただそれだと先週のハイセイコー記念のように(元)道営馬狙いの時点で結果的に当たる可能性がゼロだったりなどするものの、これで結構何度も当てることが出来ているのも事実なので、今後もブレずに“(元)道営馬狙い”で徹底することに。

 それで今回は道営馬2頭に元道営馬が1頭参戦していて、そのうちバブルガムダンサーブロンディーヴァは(馬単や3連単の前日オッズを見ると)人気上位が濃厚で穴としては狙えなさそうなので、ここは残りの1頭であるプリモジョーカーを◎にしてみましょう。

 今回が初遠征となる道営馬で、ダートではデビューから3連勝した後に交流重賞・エーデルワイス賞で0.4秒差5着と好走していますし、続く地元重賞ではダートで初となる1200mより長い距離(1700m)で勝ち馬と1.2秒差の4着に敗れているので距離の不安があるとはいえ、すんなりと逃げることが出来たならば逃げ粘りのチャンスはあるとみて、この馬に期待してみることに(もし複勝最低オッズが1倍台になりそうだったら◎馬を変更するかも)。


  ◎ プリモジョーカー / 阿部龍 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ブロンディーヴァ    御神本訓史 1
 2着 5     ルイドフィーネ     笹川翼    7
 3着 7     ミナミン         赤岡修次  2
 4着 14    マッドシティ       本橋孝太  13
 5着 6     バブルガムダンサー 森泰斗    4

 6着 1  ◎ プリモジョーカー    阿部龍   5


 逃げることが出来なかったとはいえ、直線で追い上げて来て、4頭横並びの3着争いには加われていたのですが、あと少し伸びなかったのは馬体重マイナス16kgの影響もあったのですかね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  4/16   23.8% -1,450円   91.3%

☆19年通算   >  42/192  21.9% -6,290円   96.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイルCS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ロジータ記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月18日 (月)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年9月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年9月/その2)

  月別候補曲リスト(2019年/8月/その3) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


バッドパラドックス / BLUE ENCOUNT

   シングル『バッドパラドックス』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


One feat. JQ from Nulbarich / KREVA

   アルバム『AFTERMIXTAPE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


初恋 / Lucky Kilimanjaro

   シングル『初恋』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


恋の大三角関係 / 寺嶋由芙

   シングル『恋の大三角関係』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


リトルミスサンシャイン / 東京カランコロン

   ミニアルバム『Melodrive』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Day After Day / FILTER

   アルバム『Our Breathing』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ハレとケ! あっぱれ! ジャパニーズ! / FES☆TIVE

   シングル『ハレとケ!あっぱれ!ジャパニーズ!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年9月/その2)

  月別候補曲リスト(2019年/8月/その3) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年11月17日 (日)

◎マイルCS(2019年)穴馬予想&結果


< 11月17日(日)に行われるマイルチャンピオンシップ(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マイルチャンピオンシップ】


 京都の芝1600mで行われる重賞(GI)です。

 秋のマイル王決定戦はマイル重賞らしい混戦状態となっているので、オッズ的妙味を考えると(人気馬以外なら)どの馬でも狙えそうでかなり迷ってしまいますね。

 ただここは思い切った穴馬を狙うのではなく、これを書いている時点で6番人気のペルシアンナイトを◎にしてみましょう。

 2年前のこのレースを制してGI馬となり、昨年もクビ差2着と好走したものの、それ以降のレースでは6戦して一度も馬券圏内に入れていません。

 とはいえ、6レース中3レースがGIで、残りの3レースはいずれもGI馬やGI好走馬が多く出走するレベルの高いGIIで掲示板には載っていますし、相性の良いこのレースで復活の可能性は充分にあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ ペルシアンナイト / マーフィー (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     インディチャンプ 池添謙一  3
 2着 14    ダノンプレミアム 川田将雅  1
 3着 7  ◎ ペルシアンナイト  マーフィー 6
 4着 3     マイスタイル   田中勝春  10
 5着 1     ダノンキングリー 横山典弘  2


 京都のGIはなぜかいずれもかなり苦手なのですが、今年は「春天」「エリザベス女王杯」「マイルCS」と京都での古馬GIを全的中させてしまったので、来年からは苦手意識なく京都GIに挑めそうですね。


  (○複勝:7 2.9倍)  ○的中!  1,000円 → 2,900円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  4/15   26.7%  -450円   97.1%

☆19年通算   >  42/191  22.0% -5,290円   97.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東スポ杯2歳S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ローレル賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月16日 (土)

◎東スポ杯2歳S(2019年)穴馬予想&結果


< 11月16日(土)に行われる東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スポーツ杯2歳ステークス】


 東京の芝1800mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 (これを書いている時点で)8頭中半数となる4頭の複勝最低オッズが1倍台、つまり下位人気4頭のうち1頭でも馬券圏内に入らなければ穴馬複勝狙いの時点で正解はなし、という2歳重賞にありがちな穴狙い泣かせのメンバー&人気となっています。

 それでここは、リグージェを◎にしてみましょう。

 1戦1勝馬で、しかもその新馬戦は2・3着馬と同タイムという大接戦を制してのものだったのですが、ただ(速い上がりの出やすい新潟コースだったとはいえ)33.0秒の最速上がりを出して今回と同じ距離のレースを勝っていますし、やはり下位人気勢の中では1番激走の可能性が高いのではないでしょうか。


  ◎ リグージェ / マーフィー (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  3/14   21.4% -2,350円   83.9%

☆19年通算   >  41/190  21.6% -7,190円   96.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ハイセイコー記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイルCS(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月15日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年8月/その3)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年9月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年/8月/その2) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


飛行艇 / King Gnu

   デジタルシングル『飛行艇』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


板の上の魔物 / Creepy Nuts

   ミニアルバム『よふかしのうた』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕は君を問わない (with 高橋 優) / HIROBA

   シングル『僕は君を問わない (with 高橋 優)』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NIGHT NIGHT / PEDRO

   アルバム『THUMB SUCKER』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スマイル / .(dot)any

   配信シングル『スマイル』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ふさえ / ゆるめるモ!

   ミニアルバム『SHAKER PEACEMAKER』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


春風Ambitious / 神宿

   エムカードシングル『春風Ambitious』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年9月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年/8月/その2) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年11月14日 (木)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年8月/その2)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年8月/その3)

  月別候補曲リスト(2019年/8月/その1) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


us / milet

   EP『us』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


リブート / miwa

   シングル『リブート』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ペーパームーン / The Birthday

   アルバム『WATCH YOUR BLINDSIDE 2』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


それでも闘う者達へ / PENGUIN RESEARCH

   アルバム『それでも闘う者達へ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


地獄且天国 / LACCO TOWER

   アルバム『変現自在』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


愛を叫んでみた / Karin.

   アルバム『アイデンティティクライシス』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


D-A-S-H!!~イケナイコトカシラ? / Task have Fun

   アルバム『RED ALBUM』『BLUE ALBUM』『GREEN ALBUM』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ガチャガキ / ゆるめるモ!

   ミニアルバム『SHAKER PEACEMAKER』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年8月/その3)

  月別候補曲リスト(2019年/8月/その1) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年11月13日 (水)

◎ハイセイコー記念(2019年)穴馬予想&結果


< 11月13日(水)に行われるハイセイコー記念(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ハイセイコー記念】


 大井のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SII)です。

 南関の2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしていまして、ただ今回は元道営馬が2頭のみと対象が少ないのですが、そのうちファンシーアップは人気の一角となりそうなことから、ここはピアノマンを◎にしてみましょう。

 元道営馬とはいえデビュー戦を勝った直後に南関に移籍していて、その後は4戦して2勝全連対と安定した走りを見せていたものの、前走の重賞・平和賞は6着に敗れてしまいました。

 ただこの時は馬体重プラス18kgや不良馬場が影響したのかもしれませんし、今回状態が良いのであれば馬券圏内も充分に可能性あるのではないかとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ ピアノマン / 今野忠成 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  3/13   23.1% -1,350円   90.1%

☆19年通算   >  41/189  21.7% -6,190円   96.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島記念&エリザベス女王杯(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東スポ杯2歳S(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月12日 (火)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年8月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年8月/その2)

  月別候補曲リスト(2019年7月/その3) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


よふかしのうた / Creepy Nuts

   ミニアルバム『よふかしのうた』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


veil / 須田景凪

   EP『porte』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


イヤヨイヤヨモスキノウチ! / スピラ・スピカ

   シングル『イヤヨイヤヨモスキノウチ!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ボン・デ・フェスタ / でんぱ組.inc

   シングル『ボン・デ・フェスタ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


猫背矯正中 / PEDRO

   アルバム『THUMB SUCKER』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヨクトアステリズム / 星歴13夜

   シングル『ヨクトアステリズム』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


若者 / LACCO TOWER

   アルバム『変現自在』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ニッポンノD・N・A! / BEYOOOOONDS

   シングル『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年8月/その2)

  月別候補曲リスト(2019年7月/その3) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年11月11日 (月)

「聖剣の勇者の護衛」 みたらし三大 > 週刊少年ジャンプ読切!

Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 “ジャンプ、秋味。異才吹きさぶ特別読切2連弾”の第2弾として週刊少年ジャンプの2019年52号(11月25日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「聖剣の勇者の護衛(せいけんの・ゆうしゃの・ごえい)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のみたらし三大(みたらし・さんた)は、、「災害少女」を“ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1”に掲載してデビュー(「災害少女」 みたらし三大 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1参照)。

 続いて、2019年1月に「探偵は不在です。」を“少年ジャンプ+(プラス)”に掲載し(少年ジャンプ+参照)、本作にて本誌デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「みたらし三大」関連記事】

  > 「聖剣の勇者の護衛」 みたらし三大 > 週刊少年ジャンプ読切! (19.11.11)

  > 「災害少女」 みたらし三大 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.12.3)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年11月10日 (日)

◎福島記念&エリザベス女王杯(2019年)穴馬予想&結果


< 11月10日(日)に行われる福島記念(GIII)エリザベス女王杯(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島記念】


 福島の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ここは、フローレスマジックを◎にしてみましょう。

 今年4月の福島牝馬Sでは1番人気で2着と好走したものの、その後はマーメイドSで13着、関屋記念で12着、京成杯AHで14着と二ケタ着順が続き、今回もこれを書いている時点で単勝13番人気の低評価となっています。

 ただ、マーメイドSは差し追い込み馬が上位を占める展開の中で先行していましたし、関屋記念と京成杯AHは逆に後方の位置取りで33秒台の上がりを出しながら(他の馬の上がりも速かったため)順位が上がらずと、全くと言っていいほどに展開が向いていない中でのこの結果でした。

 なので、福島牝馬Sの時のように先行したうえで展開も向けば、牡馬も相手となるここでもハンデを活かして馬券圏内に入ってくる可能性はあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ フローレスマジック / 丸山元気 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エリザベス女王杯】


 京都の芝2200mで行われる牝馬重賞(GI)です。

 ここは、クロコスミアを◎にしてみましょう。

 このレースは2年連続2着中で、今年のGI・ヴィクトリアマイルでも3着に入っているものの、GI以外のレースではなぜかいつも掲示板に載れるかどうかという着順となるため、GI実績の割には人気になりにくい馬です。

 そして今回も札幌記念で7着、府中牝馬Sで5着と馬券圏内に入ることなくGIを迎えることになりましたが、これは昨年のこのレースや今年のヴィクトリアマイルの前と同様なので不安材料にはなりませんし、それになんといっても昨年のこのレースでも今年のヴィクトリアマイルでもこの馬を◎にして大きく当てさせてもらったという縁があるので、GIで馬券圏外になるまではこの馬を◎にしないわけにはいかないですからね。


  ◎ クロコスミア / 藤岡佑介 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  3/12   25.0%  -350円   97.2%

☆19年通算   >  41/188  21.8% -5,190円   97.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ハイセイコー記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月 9日 (土)

☆ 札幌戦・データボックス>2019年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/9(土) J1リーグ 第31節・コンサドーレ札幌戦 (ニッパツ)


  ○4-2 (前半3-1、後半1-1)

  主審: 佐藤 隆治  入場者数:13,617人


  <得点>
   1-0 エリキ           (横浜・前半02分)
   2-0 エリキ           (横浜・前半04分)
   2-1 鈴木武蔵         (札幌・前半08分)
   3-1 仲川輝人         (横浜・前半23分)
   4-1 マルコス ジュニオール (横浜・後半25分)
   4-2 鈴木武蔵         (札幌・後半29分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「90分勝利」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「負けなし(通算)」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「負けなし(シーズン)」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>

  ・「同一カード ホーム連勝」記録 > 8連勝 達成 <マリノス歴代 2位>

  ・「同一カード ホーム負けなし」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 5位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 ティーラトンが、J1リーグ通算50試合出場を達成しました。

 チアゴ マルチンスが、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなりました。


 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算130試合出場となり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独40位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】

 この試合を終えて、リーグ戦ホームの通算観客動員数が995万0866人となったため、12月7日(土)に行われるJ1リーグ第34節・FC東京戦(日産ス)の観客動員数が4万9134人以上だとリーグ戦ホーム通算観客動員1000万人を達成します。


  <観客動員ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 2位 (前節 3位)
         < 19勝 4分 8敗  勝点 61 得点 60 失点 37 得失点差 +23 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「貫いた攻撃的姿勢。横浜FMが4連勝で2位に浮上

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「自慢の攻撃力が爆発!!
           今季初4連勝の横浜FMが8戦無敗で2位浮上

 (ゲキサカ) 「4連勝で自力Vも復活の横浜FM、
           自陣から独走弾の仲川輝人「日程くんがすごい」

 (ゲキサカ) 「日本代表2選手の決定機を連続セーブ!!
              横浜FMのGK朴一圭「体が自然と動いた」

 (ドメサカブログ) 「攻撃好調のマリノスがエリキ2発など4ゴールで4連勝!
             連続無敗を8に伸ばし2位に浮上


 (スポニチ) 「横浜 4発快勝2位追走!
            15年ぶり歓喜へ“ハマの韋駄天”仲川躍動1G1A

 (日刊スポーツ) 「横浜4連勝2位浮上 断トツ運動量で昨季超え60発

 (スポーツ報知) 「4発1差!自力V復活…
             最終節でF東京と優勝決定戦も…担当記者が読み解く

 (サンスポ) 「横浜M、4発4連勝2位浮上!
              復帰の仲川が50メートル独走弾

 (サンスポ) 「横浜M、エリキ2ゴールなど攻撃陣が爆発…
          札幌を4発粉砕で首位追走

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 札幌戦・プレビュー>2019年J1リーグ第31節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2019年)穴馬予想&結果


< 11月9日(土)に行われる京都ジャンプステークス(J・GIII)東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)デイリー杯2歳ステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都ジャンプステークス】


 京都の芝3170mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 ここは、シゲルロウニンアジを◎にしてみましょう。

 5歳にしてすでに障害レースだけで29戦もしているのですが、近走は新潟のレースと障害GI以外のレースは安定した結果となっていますし、ゴール直前に差されて惜しくも4着となった前走の小倉サマーJで◎にして悔しい想いをしたこともあって、再度この馬に期待したいと思います。


  ◎ シゲルロウニンアジ / 難波剛健 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス】


 東京のダート1600mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、タイムフライヤーを◎にしてみましょう。

 2歳時にはGI・ホープフルSを制し、昨年にはクラシック3レース全てに出走するなど、これまでは芝で活躍して来た馬ですが、2走前からダートに路線変更し、エムルSで6着、シリウスSで6着といずれも掲示板まであと一歩届かぬ着順となっています。

 ただエムルSは3着馬と同タイム、シリウスSは3着馬と0.3秒差と馬券圏内とも差のない走りでしたし、これらのレースはプラス18kg→マイナス20kgと馬体重の増減が激しかったので、今回状態が良いのであれば芝での実績&ダート2走の走りからここでの好走の可能性は充分にあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ タイムフライヤー / 藤岡佑介 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【デイリー杯2歳ステークス】


 京都の芝1600mで行われる2歳重賞(GII)です。

 ここは、トリプルエースを◎にしてみましょう。

 阪神での新馬戦を勝ち、小倉2歳Sでクビ差2着という戦績で、これまではどちらも1200mのレースだったので距離の不安はあるものの、2戦連続上がり最速で重賞実績もすでにあるとなれば狙うだけの価値はあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ トリプルエース / 和田竜二 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  2/10   20.0% -1,650円   84.4%

☆19年通算   >  40/186  21.5% -6,490円   96.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島記念&エリザベス女王杯(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月 8日 (金)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年12月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2019年版までの記録


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2019年 12月 発売 】


 この世の春(上・中・下) / 宮部みゆき

 << 2018年版 26位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 9位

 ★ 小説史に類を見ない、息を呑む大仕掛け。
   そこまでやるか、ミヤベ魔術!
   それは亡者たちの声? それとも心の扉が軋む音?
   正体不明の悪意が怪しい囁きと化して、
   かけがえのない人々を蝕み始めていた。
   目鼻を持たぬ仮面に怯え続ける青年は、
   恐怖の果てにひとりの少年をつくった。
   悪が幾重にも憑依した一族の救世主に、
   この少年はなりうるのか――。
   21世紀最強のサイコ&ミステリー、
   ここに降臨!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの12月文庫化作品 >>

 ゲームの王国(上・下) / 小川哲
 サハラの薔薇 / 下村敦史  <<感想記事はこちら!>>
 サイレント・トーキョー And so this is Xmas / 秦建日子
     * 『And so this is Xmas』を改題して文庫化

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 「このミス2020年版」で1~40位に入った文庫オリジナル作品 】


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2020年1月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年11月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年11月 7日 (木)

☆ 札幌戦・プレビュー>2019年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/9(土) 14:00~ J1リーグ 第31節

     vs 北海道コンサドーレ札幌(ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス :「  3位 18勝 4分 .8敗 勝点 58 56得 35失 得失 +21 」
  札幌   :「  7位 12勝 7分 11敗 勝点 43 48得 41失 得失 +7 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 札幌戦は、2017年まではリーグ戦通算で「11勝 1分 0敗」で負けなし、9連勝中、リーグ戦ホームは6戦全勝、リーグ戦アウェーも「5勝 1分 0敗」(4連勝中)と、あらゆる条件において最高級の相性でした。

 しかし昨年のアウェーでの対戦(第10節)は●1-2でリーグ戦では初めての敗戦を喫してしまい、ホームでは○2-1で勝利したものの、今年のリーグ初戦(アウェー)は●0-3で完敗しているので、相性的にいうと特にアウェーでは現在はむしろ悪いイメージとなっているかもしれません(ただホームではいまだにリーグ戦全勝ですが)。

 なお今年はリーグ戦以外にもルヴァンカップグループステージでも対戦していて、第1節(ホーム)は△1-1の引き分け、第5節(アウェー)は○4-0で快勝という結果に。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に勝利すると........
   > 4試合連続“90分勝利”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 8試合“同一カード ホーム連勝”達成 (マリノス歴代 2位)

 ★今回の試合で勝利か引き分けだと........
   > 8試合連続“負けなし(通算記録)”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 8試合連続“負けなし(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 8位タイ)
   > 8試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 5位タイ)


 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 3失点以上”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 ティーラトンが出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 広瀬陸斗が出場すると、Jリーグ通算150試合出場(J2も含む)達成にリーチとなります。

 中川風希が出場すると、Jリーグ通算50試合出場(J2・J3も含む)達成にリーチとなります。

 チアゴ マルチンスが出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなります。


 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算130試合出場となり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独40位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 仲川輝人が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算23ゴールとなり、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 仲川輝人が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(97-98)と並びマリノス歴代24位タイとなります。


 マルコス ジュニオールが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算15ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独29位となります。

 マルコス ジュニオールが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算16ゴールとなり、安貞桓(04-05)、栗原勇蔵と並びマリノス歴代27位タイとなります(栗原勇蔵もゴールした場合は28位タイ)。

 マルコス ジュニオールが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし  札幌 : なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス: 扇原貴宏、松原健、仲川輝人、広瀬陸斗

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 渡辺皓太

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      < マリノス >
       (in) 泉澤仁(←ポゴニ・シュチェチン)
       (in) 伊藤槙人(←水戸)
       (in) 中林洋次(←広島)
       (in) エリキ(←パルメイラス)
       (in) 渡辺皓太(←東京V)
       (in) マテウス(←名古屋)
       (in) オビ パウエル オビンナ(特別指定/流通経済大)

       (out) イッペイ シノヅカ(→大宮)
       (out) 天野純(→スポルティング・ロケレン)
       (out) 原田岳(→相模原)
       (out) 飯倉大樹(→神戸)
       (out) 山田康太(→名古屋)
       (out) 三好康児(→川崎F→アントワープ)
       (out) 椿直起(→北九州)


      < 札幌 >
       (in)

       (out) 中原彰吾(→仙台)
       (out) 中村桐耶(→Honda FC)
       (out) 小野伸二(→琉球)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    札幌  : 鈴木武蔵、進藤亮佑

 【U-22日本代表】
    マリノス: 遠藤渓太
    札幌  : 菅大輝

 【U-20日本代表】
    マリノス:
    札幌  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    札幌  :
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー(Jリーグ公式サイト)】
   > 「首位追走へ。横浜FMは一戦必勝がチームの総意


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【札幌】菅「しっかりアピールしてこないと」 ピンクゴールドヘアでU22代表へ気合十分」 (11/8)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌 第31節」 (11/8)

   > 「札幌チャナティップが代表合流前「タイ決戦」心待ち」 (11/7)

   > 「【札幌】GK具聖潤「残り全勝」9日横浜M戦勝って韓国代表合流へ」 (11/6)


 【TV中継】
  (生) .なし

  (録) .11/09(土) 19:00~  tvk(テレビ神奈川)

  (配信)11/09(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 札幌戦・データボックス>2019年J1リーグ第31節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年11月 6日 (水)

「このミス2021年版」月別ランクイン候補作品(2019年12月)


Gapaku3298_tp_v


 これで12年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2021年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2021年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年12月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 不穏な眠り / 若竹七海 (5作) * シリーズ7作目
        〈2作目「依頼人は死んだ」が01年版16位にランクイン〉
        〈4作目「さよならの手口」が16年版4位にランクイン〉
        〈5作目「静かな炎天」が17年版2位にランクイン〉
        〈6作目「錆びた滑車」が19年版3位にランクイン〉


 風間教場 / 長岡弘樹 (2作) * シリーズ4作目
        〈1作目「教場」が14年版2位にランクイン〉


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年12月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 赤い部屋異聞 / 法月綸太郎 (11作)
 文豪たちの怪しい宴 / 鯨統一郎 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年12月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 家族パズル / 黒田研二 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年12月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年12月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “”受賞作 ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年12月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年12月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 地面師たち / 新庄耕

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年12月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2021年版」月別ランクイン候補作品(2020年1月)

 「このミス2021年版」月別ランクイン候補作品(2019年11月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年11月 5日 (火)

「誓約の紅」 かかずかず > 週刊少年ジャンプ読切!

 “ジャンプ、秋味。異才吹きさぶ特別読切2連弾”の第1弾として週刊少年ジャンプの2019年50号(11月11日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「誓約の紅(せいやくの・あか)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のかかず・かずは、新人漫画賞の受賞歴は“目立ったものはない”そうで(“ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.1”の自己紹介欄参照)、“カカズカズ”名義にて漫画担当として「ヤシロ」(原作・渡邉たろう)を“ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.1~3”で連載してデビュー(全3話 / 「ヤシロ」 渡邉たろう カカズカズ > ジャンプGIGA 2019 WINTER 新連載!参照)。

 そして本作にて単独作品初掲載&本誌デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆ジャンプ、秋味。異才吹きさぶ特別読切2連弾第1弾、
   なずむ甘き血の センターカラー49ページ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「かかずかず(カカズカズ)」関連記事】

  > 「ヤシロ」 渡邉たろう カカズカズ
         > ジャンプGIGA 2019 WINTER 新連載! (18.12.16)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年11月 4日 (月)

◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック(2019年)穴馬予想&結果


< 11月4日(月・振)に行われるJBCレディスクラシック(JpnI)JBCスプリント(JpnI)JBCクラシック(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCレディスクラシック】


 浦和のダート1400mで行われる交流牝馬重賞(JpnI)です。

 今年のダート競馬の祭典・JBCは、南関の中で唯一未開催だった浦和でついに行われるのですが、交流重賞の中では一番一筋縄ではいかない結果になりやすいイメージのある競馬場なので、穴狙い的にはほどよく荒れた結果に期待したいですね。

 それでまずは牝馬の交流GIで、交流GI初出走の馬がズラリと並んだ中に、芝ダート兼用でここ最近はほとんど芝で走っていたGI実績馬・レッツゴードンキがいるという、交流牝馬GIとしては見慣れないメンバーとなっているので、地方馬激走の可能性も含めて予想は難しいですね。

 それで今回も他のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、混戦メンバーということもあってこれを書いている時点以降にオッズが大きく動ていきそうです。

 なので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約45分前のオッズを確認したところ、ファッショニスタが2倍台、ゴールドクイーンが3倍台、ヤマニンアンプリメとモンペルデュが4倍台、レッツゴードンキが6倍ちょうど、その他の馬が60倍以上となっていました。

 人気5頭の中から選び、レッツゴードンキが5倍に下がる可能性を考えるならば、オッズ的に3~5番人気のうち2頭を選ぶことになるのですが、ここは、最近は芝ばかり走っているとはいえ3年前のこのレースで2着で昨年のJBCスプリントでも5着に来ているレッツゴードンキと、あとはかなり悩みましたが交流重賞経験を重視してヤマニンアンプリメの方を狙ってみましょう。


  ◎ レッツゴードンキ / 岩田康誠 (6)
  △ ヤマニンアンプリメ / 武豊 (3)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  1,200円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCスプリント】


 浦和のダート1400mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 今年の芝GI・高松宮記念の勝ち馬や前哨戦の東京盃勝ち馬を差し置いて、南関馬のノブワイルドが前日オッズで単勝1倍台の1番人気となっていることが表すように、地方馬にも勝つチャンスが充分にありそうな短距離交流GIらしい混戦メンバーとなっていますね。

 それで今回も交流重賞以外のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、混戦メンバーということもあってこれを書いている時点以降にオッズが大きく動ていきそうです。

 なので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ミスターメロディとコパノキッキングが2倍台、ノブワイルドが3倍台、他の馬が10倍以上となっていました。

 となるとオッズ的に3番人気以降の馬の中から選ぶことになりますが、ここはノブワイルドとサクセスエナジー、あとは今回と同じ浦和1400mで行われたオーバルスプリントでサクセスエナジーに先着し(先ほどJBCレディスクラシックを制した)ヤマニンアンプリメとクビ差だったノボバカラも念のために入れておきましょう。


  ◎ ノブワイルド / 左海誠二 (2)
  △ サクセスエナジー / 松山弘平 (4)
  △ ノボバカラ / 藤本現暉 (12)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  1,200円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCクラシック】


 浦和のダート2000mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 上半期のグランプリレース・帝王賞の1・2着馬の再戦となりますが、他にも前走で中央重賞を制している馬や交流牝馬重賞を2連勝中の馬もいるので、浦和開催ということもあって単純に人気順では決まらない予感がしてしまいますね。

 それで今回も交流重賞以外のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、これを書いている時点以降にオッズが動ていく可能性がそうです。

 なので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、チュウワウィザードが1倍台、オメガパフュームが2倍台、ロードゴラッソが7倍台、それ以降が10倍以上となっていました。

 このレースはさすがに単勝が荒れた結果にはならないだろうし、2倍台とはいえ3倍に近いということでオメガパフュームを選び、もう1頭は牝馬限定ながら交流重賞連勝中のアンデスクイーン、さらには元中央馬のストライクイーグルも念のために入れておきましょう。


  ◎ オメガパフューム / M.デムーロ (3)
  △ アンデスクイーン / 松山弘平 (7)
  △ ストライクイーグル / 吉原寛人 (4)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  1,200円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  1/7    14.3% -4,450円   41.4%

☆19年通算   >  39/183  21.3% -9,290円   95.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎AR共和国杯&みやこS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月 3日 (日)

◎AR共和国杯&みやこS(2019年)穴馬予想&結果


< 11月3日(日・祝)に行われるアルゼンチン共和国杯(GII)みやこステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アルゼンチン共和国杯】


 東京の芝2500mで行われるハンデ重賞(GII)です。

 ここは、トラストケンシンを◎にしてみましょう。

 まだOPに勝ち上がっていないとはいえ、5戦連続で掲示板に載り、3走前は0.1秒差4着、(今回とほぼ同じ距離で行われた)東京2400mの前走・六社Sでは0.2秒差2着と惜しい走りを見せていますし、昨年のこのレースでは六社S組が2頭も馬券に絡んだこともあるので、ハンデを活かせれば久々重賞となるここでも充分にチャンスはあるのでは。


  ◎ トラストケンシン / 三浦皇成 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【みやこステークス】


 京都のダート1800mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、ラビットランを◎にしてみましょう。

 昨年夏からダートに路線変更すると、その後は交流重賞で5レース連続馬券圏内と安定感を見せていて、その中には今回と同じ京都1800mで行われた交流GI・JBCレディスクラシックでのアタマ差2着も含まれていますし、牝馬であることと按上がM.デムーロから替わることで人気が下がっているのならば逆に狙い目かなと思い、この馬に期待してみることに。


  ◎ ラビットラン / 酒井学 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  0/4    0.0% -4,000円   0.0%

☆19年通算   >  38/180  21.1% -8,840円  95.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月 2日 (土)

☆ 鳥栖戦・データボックス>2019年J1リーグ第30節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/2(土) J1リーグ 第30節・サガン鳥栖戦 (駅スタ)


  ○2-1 (前半2-0、後半0-1)

  主審: 飯田 淳平  入場者数:12,792人


  <得点>
   1-0 遠藤渓太  (横浜・前半17分)
   2-0 エリキ    (横浜・前半22分)
   2-1 原川力    (鳥栖・後半23分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 扇原貴宏が、J1リーグ通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「アウェー得点」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 9位>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 ティーラトンが、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなりました。


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算153試合出場となり、ビスコンティ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独34位となりました。

 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算129試合出場となり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代40位タイとなりまた。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 3位 (前節 3位)
         < 18勝 4分 8敗  勝点 58 得点 56 失点 35 得失点差 +21 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「苦しみながらも勝点3。横浜FM、優勝争いに食らいつく

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMが今季4度目3連勝!!
            7戦無敗で首位を勝ち点1差で追走

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが7戦負けなし3連勝で首位追走!
                  鳥栖はミスも響き4試合ぶり黒星喫す


 (スポニチ) 「3位・横浜 首位ピタリ追走!
             鳥栖下し勝ち点1差、MF遠藤が先制弾

 (日刊スポーツ) 「横浜遠藤「勝てばいい」4戦ぶり先発で今季5点目

 (日刊スポーツ) 「横浜監督「いい展開で進んだ」3連勝で逆転Vへ望み

 (スポーツ報知) 「3連勝で首位・鹿島と「1差」死守…遠藤渓太、今季5点目

 (サンスポ) 「横浜M、仲川が右脚負傷で初欠場も3連勝

 (サンスポ) 「絶好調の横浜M、遠藤&エリキ弾で鳥栖撃破!

 (サンスポ) 「4試合ぶり先発で先制弾!
          横浜FM遠藤渓太「アップでは調子悪かったですけど」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鳥栖戦・プレビュー>2019年J1リーグ第30節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2019年)穴馬予想&結果


< 11月2日(土)に行われる京王杯2歳ステークス(GII)KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京王杯2歳ステークス】


 東京の芝1400mで行われる2歳重賞(GII)です。

 2歳重賞は毎年かなり苦手としているものの、今年はここまでのところ、中央2歳重賞では6レース中1レースのみの的中とはいえ収支的にはプラスで、南関2歳重賞は2レース中1レース的中、交流2歳重賞は2レースどちらも的中と、今年に限っては2歳重賞に良いイメージが出来ています。

 なのでそんな2歳重賞が2レースも行われる今日はどちらか一方でもいいから(欲を言えば2レース共に)当てたいところですが、まずこちらのレースではカイトレッドを◎にしてみましょう。

 新馬戦をハナ差で勝ち上がった後の前走は5着に敗れたとはいえ、34.0秒の最速上がりで0.3秒差でしたし、デビュー戦でも今回と同じ東京1400mで先行して34.1秒の上がりを出しているので、穴馬勢の中では一発の可能性が一番高いのでは。


  ◎ カイトレッド / 柴田大知 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【KBS京都賞ファンタジーステークス】


 京都の芝1400mで行われる2歳牝馬重賞(GIII)です。

 京王杯2歳Sの方は10頭立てで複勝最低オッズが1倍台の馬が(これを書いている時点で)半数近い4頭もいるというメンバーなのに対し、こちらのレースは15頭立てで(これを書いている時点で)複勝最低オッズが1倍台の馬が1頭もいないという対照的なメンバー数&人気となっています。

 それでここは、ヒルノマリブを◎にしてみましょう。

 新馬戦では2・3着馬が後に勝ち上がっているというメンバー相手に4馬身差の快勝、続く前走のOPは最速タイの上がりで0.2秒差2着と、ここまでの2戦はいずれも札幌でのレースで結果を出しているので、速い上がりの出る馬場にも適応できるのであればここでも充分に通用するのでは。


  ◎ ヒルノマリブ / 勝浦正樹 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年11月  .>  0/2    0.0% -2,000円   0.0%

☆19年通算   >  38/178  21.3% -6,840円  96.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎北海道2歳優駿(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎AR共和国杯&みやこS(2019年)穴馬予想&結果

2019年11月 1日 (金)

☆ 鳥栖戦・プレビュー>2019年J1リーグ第30節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/2(土) 14:00~ J1リーグ 第30節

     vs サガン鳥栖(駅前不動産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス :「  3位 17勝 4分 8敗 勝点 55 54得 34失 得失 +20 」
  鳥栖   :「 15位  9勝 5分 15敗 勝点 32 30得 48失 得失 -18 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鳥栖戦は、公式戦通算で「12勝 2分 6敗」と大きく勝ち越していますが、リーグ戦通算では「7勝 2分 6敗」とほぼ五分の成績です(カップ戦は5戦全勝)。

 そして、リーグ戦ホームでは「5勝 1分 2敗」、アウェーでは「2勝 1分 4敗」と、お互いにホームでの勝率が高い傾向にあるものの、昨年のリーグ戦は2戦2敗、今年のリーグ初戦(ホーム)は△0-0で昨年以降3試合勝利できていませんし、2016年2ndステージ以降のリーグ戦での対戦は6戦してわずか1勝のみ(1勝 2分 3敗)なので、近年はホーム・アウェーに関わらずあまり相性は良くないですね。

 ちなみに、このカードはリーグ戦15試合全て1点差以内での決着となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に負けると........
   > 3試合“同一カード アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 4試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 9試合連続“アウェー得点”達成 (マリノス歴代 9位)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 ティーラトンが出場すると、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなります。

 広瀬陸斗が出場すると、Jリーグ通算150試合出場(J2も含む)達成にリーチとなります。

 中川風希が出場すると、Jリーグ通算50試合出場(J2・J3も含む)達成にリーチとなります。


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算153試合出場となり、ビスコンティ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独34位となります。

 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算129試合出場となり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代40位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 仲川輝人が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算23ゴールとなり、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 仲川輝人が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(97-98)と並びマリノス歴代24位タイとなります。


 マルコス ジュニオールが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算15ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独29位となります。

 マルコス ジュニオールが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算16ゴールとなり、安貞桓(04-05)、栗原勇蔵と並びマリノス歴代27位タイとなります(栗原勇蔵もゴールした場合は28位タイ)。

 マルコス ジュニオールが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし  鳥栖 : 金崎夢生

 【出場停止にリーチ】 マリノス: 松原健、仲川輝人、広瀬陸斗

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 渡辺皓太

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      < マリノス >
       (in) 泉澤仁(←ポゴニ・シュチェチン)
       (in) 伊藤槙人(←水戸)
       (in) 中林洋次(←広島)
       (in) エリキ(←パルメイラス)
       (in) 渡辺皓太(←東京V)
       (in) マテウス(←名古屋)
       (in) オビ パウエル オビンナ(特別指定/流通経済大)

       (out) イッペイ シノヅカ(→大宮)
       (out) 天野純(→スポルティング・ロケレン)
       (out) 原田岳(→相模原)
       (out) 飯倉大樹(→神戸)
       (out) 山田康太(→名古屋)
       (out) 三好康児(→川崎F→アントワープ)
       (out) 椿直起(→北九州)


      < 鳥栖 >
       (in) パク ジョンス(←柏)
       (in) チアゴ アウベス(←全北現代)
       (in) 金森健志(←鹿島)
       (in) 石川慧(←栃木)
       (in) 林大地(特別指定/大阪体育大)
       (in) 金井貢史(←名古屋)

       (out) 伊藤遼哉(契約解除)
       (out) フェルナンド トーレス(現役引退)
       (out) カルロ ブルシッチ(契約解除)
       (out) ビクトルイバルボ(→長崎)
       (out) ニノ ガロヴィッチ(→FC Dinamo Minsk)
       (out) 島屋八徳(→徳島)
       (out) 大久保択生(→清水)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    鳥栖  :

 【U-22日本代表】
    マリノス:渡辺皓太、(遠藤渓太 )
    鳥栖  : 原輝綺

 【U-20日本代表】
    マリノス:
    鳥栖  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: 中林洋次
    鳥栖  : 藤田優人、小林祐三、パク ジョンス
         谷口博之、小野裕二、金井貢史
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  鳥栖オフィシャル

 【チケット情報】  鳥栖オフィシャル

 【試合プレビュー(Jリーグ公式サイト)】
   > 「優勝へ、残留へ。一歩も譲れぬマッチアップ


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【J試合情報】サガン鳥栖vs横浜F・マリノス 第30節」 (10/31)

   > 「横浜・仲川、別メニュー調整で練習参加「長引くものじゃない」 19日に右太腿裏負傷」 (10/29)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)11/02(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 鳥栖戦・データボックス>2019年J1リーグ第30節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ