サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

◎北海道2歳優駿(2019年)穴馬予想&結果


< 10月31日(木)に行われる北海道2歳優駿(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【北海道2歳優駿】


 門別のダート1800mで行われる交流2歳重賞(JpnIII)です。

 交流2歳重賞では道営馬を積極的に狙うようにしているのですが、今年最初の交流2歳重賞だったエーデルワイス賞でも7番人気の道営馬を◎にしたら見事に勝利してくれたので、この勢いで連続的中といきたいものですね。

 それでいつもの交流重賞であれば、“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、交流2歳重賞に関しては複勝2倍以上の馬が多く来ることもあって、“複勝1点買い”でいくことにしています。

 ただ、これを書いている時点ではまだオッズが出ていないので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約1時間半前のオッズを確認しまして、“人気になっていないのであれば狙ってみようかな”と思っていた馬が結構な人気薄となっていたので、ここはそのアベニンドリームを◎にしてみましょう。

 川崎に遠征しての南関重賞・鎌倉記念出走から中8日の連闘での交流重賞挑戦、しかも10月だけで3走目ということで状態面に不安が残るものの、ただ前走は無敗で重賞を制することとなったインペリシャブルにクビ差まで迫っての2着で、インペリシャブルの強さが本物であるならばこの馬の強さもかなりのものだと思います。

 それにそのレースで◎にして当てさせてもらっていることもあって、今回これだけ人気がないのであればもう狙わないわけにはいかないだろうということで、2週連続でこの馬に期待することに。


  ◎ アベニンドリーム / 阿部龍 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  5/21   23.8%  -300円  98.6%

☆19年通算   >  38/176  21.6% -4,840円  97.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎平和賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月30日 (水)

(再掲載)“「このミス」完全読破”の更新情報についての紹介


Gapaku3298_tp_v


* この記事は以前更新したものと同じ内容です


 当ブログ(朴念仁と居候)のカテゴリーの一つである“「このミス」完全読破”のみの更新情報を、まとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”にて表示しています


 まあ最新記事は、ブログのサイドメニューにある“最近の記事”を見てもらえばよいのですが、例えばこのミステリーがすごい!ランキング(順位)予想“月別ランクイン候補作品”に対象作品を追加したり、“「このミス」ベスト10作品をみんなで予想しよう!”に新たな投票者の予想を追記したような場合、サイドメニューではそれらをお知らせすることは出来ません


 そういった追記・追加情報も、この“更新情報”欄を見てもらえればわかることから、いくらか便利なのではないかと思うので、もしよかったら“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”“更新情報”欄で“「このミス」完全読破”の更新情報をチェックしてみてください


 そしてこのまとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”では、読んだ順番に並べた記事リストの他、年版別(ランキング別)・作家別のリストも作っていて、ランキング予想や各企画などもまとめていますし、「このミス」に関する資料的なランキング&リストを載せた“このミス資料集”というページもあります


 なので、まだ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”を見たことがないという方や、普段カテゴリー記事一覧などから目的の記事を探している方などは、この機会に一度見てみてください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎平和賞(2019年)穴馬予想&結果


< 10月30日(水)に行われる平和賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【平和賞】


 船橋のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SIII)です。

 南関の2・3歳重賞では道営馬や元道営馬を積極的に狙うようにしているのですが、今回は道営馬3頭に元道営馬1頭が出走します。

 そしていずれもがそれなりの人気となりそうなので、どの馬の複勝最低オッズが2倍以上になるのか見極めてから予想するのがベストなのですが、ここはもう前日オッズの馬単や3連単の並びからしてこの4頭の中では一番人気薄となりそうなサンオブロジータを◎にしてしまいましょう。

 距離を一気に600m延長した前走(1800m)は7着に敗れたものの、これは距離というよりも1週前のレースを出走取消になった影響の方が強かったのかもしれませんし、1200mであれば先週の鎌倉記念でクビ差2着だったアベニンドリームに2戦2先着している実績があるので、最内を活かして前めの良い位置で進められれば一発もあるのでは。


  ◎ サンオブロジータ / 御神本訓史 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  4/20   20.0% -5,100円  75.5%

☆19年通算   >  37/175  21.1% -9,640円  94.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎天皇賞・秋(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎北海道2歳優駿(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月29日 (火)

「魔都精兵のスレイブ(本誌出張版)」 タカヒロ 竹村洋平 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年49号(11月2日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「魔都精兵のスレイブ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当のタカヒロは、PCゲームのシナリオやアニメの脚本・シリーズ構成などを手掛けていて、漫画の原作担当としては“月刊ガンガンJOKER”で「アカメが斬る!」(2010-2017年/作画・田代哲也)、“月刊ビッグガンガン”で「アカメが斬る!零」(2013-2019年/作画・戸流ケイ)、“月刊ビッグガンガン”で「ヒノワが征く!」(2017年~/作画・strelka)を連載。

 漫画担当の竹村洋平(たけむら・ようへい)は、「メグ・ライアンの君」で“手塚賞(2007年下半期)”の準入選を受賞し、その後は“ジャンプスクエア”で「パパのいうことを聞きなさい!」(2011-2012年/作画担当/原作・松智洋)、「ナイトメア・ファンク」(2014-2015年)などを連載。

 そしてこの2人がコンビを組んだ「魔都精兵のスレイブ」の連載が2019年1月から“少年ジャンプ+(プラス)”で始まり(少年ジャンプ+参照)、今回その出張版が掲載されたことで2人共に本誌初登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月28日 (月)

「しろすぎ!アクノソシキ」 畠山達也 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年49号(11月2日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「しろすぎ!アクノソシキ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の畠山達也(はたけやま・たつや)は、「マフラーマン」「ガスマスクガール」「シチガツ」といったコンビを組んでいたお笑い芸人(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)で、ガスマスクガール時代には“ABCお笑い新人グランプリ”での審査員特別賞受賞や“M-1グランプリ”準決勝進出の実績あり。

 2015年5月にシチガツが解散した後はピン芸人として活動し、その期間には「マジシャン奇術無仕掛の事件簿」で“赤塚賞(2015年下半期)”の佳作を受賞して、2016年6月に吉本興業を退社。

 その後は、「凡太は普通に生きている」を“ジャンプGIGA vol.4”に掲載して漫画家デビューを果たし(「凡太は普通に生きている」 畠山達也 > ジャンプGIGA vol.4参照)、“本誌2019年06・07合併号”で行われたオムニバス企画“新春!新鋭ショートギャグ頂上決戦!!”の中の一作として「主人公(になりたい)!脇役くん」を、“本誌2019年46号”で行われたオムニバス企画“Jギャグ祭り!!”の中の一作として「判断に時間を要する!キメレン仮面」を掲載。

 そして本作にて(オムニバス企画参加作品を除けば)本誌デビューとなりました


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「畠山達也」関連記事】

  > 「凡太は普通に生きている」 畠山達也 > ジャンプGIGA vol.4 (16.10.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月27日 (日)

◎天皇賞・秋(2019年)穴馬予想&結果


< 10月27日(日)に行われる天皇賞・秋(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇賞(秋)】


 東京の芝2000mで行われる重賞(GI)です。

 昨年の牝馬三冠&ジャパンC&海外GIを制したアーモンドアイと、昨年の2歳GI&今年の皐月賞を制したサートゥルナーリアの2強と言われていますが、その他にもGIや重賞での実績がある馬がズラリと揃っているので、狙ってみたくなる馬が多すぎて困ってしまいますね。

 それでここは、アルアインを◎にしてみましょう。

 デビューから17戦して掲示板から外れたのは3戦のみで、2年前の菊花賞以降はGIを中心に走っているのにも関わらず9戦連続で掲示板に入っているという(なかなか勝ち切れないながらも)高いレベルで安定感のある馬です。

 昨年のこのレースでも0.4秒差の4着と惜しい走りを見せましたし、大外枠なのは少々不安であるとはいえそれで人気が下がるのであれば逆に狙っていくべきだろうということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ アルアイン / 北村友一 (16)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  4/19   21.1% -4,100円  79.3%

☆19年通算   >  37/174  21.3% -8,640円  95.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎スワンS&アルテミスS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎平和賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月26日 (土)

◎スワンS&アルテミスS(2019年)穴馬予想&結果


< 10月26日(土)に行われる毎日放送賞スワンステークス(GII)アルテミスステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【毎日放送賞スワンステークス】


 京都の芝1400mで行われる重賞(GII)です。

 なんかどの馬を選んでも当たる気が全くしないような予想が難しいメンバーですが、ここはトゥザクラウンを◎にしてみましょう。

 条件戦を連勝して初重賞に挑んだ前々走の京王杯SCでは0.1秒差4着(2・3着馬とは同タイム)と惜しい走りを見せたものの、続く前走のOPでは2.6秒差の最下位(13着)と惨敗。

 ただその前走は間隔が2週間しかなかったのにも関わらず馬体重がプラス8kgだったことから万全の体調ではなかったのかもしれませんし、5ヶ月の休養を挟んで状態が戻っているならばここでも勝負になるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ トゥザクラウン / 福永祐一 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 17    ダイアトニック スミヨン 1
 2着 10    モズアスコット 岩田康誠 2
 3着 8     マイスタイル  田中勝春 4
 4着 14    タイムトリップ 藤岡康太 16
 5着 7     グァンチャーレ 松岡正海 3

 6着 9  ◎ トゥザクラウン 福永祐一 8


 道中は3・4番手で手応え良く周って、直線で鮮やかに抜け出すという(ここまでは)会心の走りを見せていたのですが、ゴール前で後続勢に交わされてしまいました....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アルテミスステークス】


 東京の芝1600mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 これを書いている時点では9頭中半数以上となる5頭の複勝最低オッズが1倍台、つまり下位人気4頭しか選択肢がない穴狙い泣かせのオッズとなっていますが、ここはそんな下位人気勢の中からオータムレッドを◎にしてみましょう。

 この馬は函館の新馬戦を勝ち、続く札幌でのOPも勝利して現在2戦全勝となっていて、とはいえ結果を出したのは洋芝でのレースなので鋭いキレ味が要求されそうな東京コースでは不安があるものの、ただ前走の2着馬は続く札幌2歳Sで地方馬ながら3着馬と同タイムの5着と重賞で健闘しているので、この馬も重賞で好走できるだけのポテンシャルは充分にあるのでは。


  ◎ オータムレッド / 石橋脩 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     リアアメリア    川田将雅  1
 2着 8     サンクテュエール  ルメール  2
 3着 5     ビッククインバイオ 大野拓弥  5
 4着 4     ラインオブダンス  M.デムーロ 3
 5着 6  ◎ オータムレッド    石橋脩   6


 こちらのレースの◎馬も3番手で直線に入り“あとはどれだけ伸びて来られるか”と期待して見ていたのですが、直線途中でバッタリと脚が止まってしまいました....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  4/18   22.2% -3,100円  83.5%

☆19年通算   >  37/173  21.4% -7,640円  95.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎鎌倉記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎天皇賞・秋(2019年)穴馬予想&結果






2019年10月25日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年7月/その3)


Goripaku7957_tp_v


 “この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”(半年に一度発表している自分好みのランキング)の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年8月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年7月/その2) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


流れ星の正体 / BUMP OF CHICKEN

   アルバム『aurora arc』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ハローフィクサー / 10-FEET

   シングル『ハローフィクサー』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


No Sleep Till Tokyo / MIYAVI

   アルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


闇色の朝 / Maison book girl

   シングル『umbla』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


前やん feat. DOZAN11 / KEIZOmachine!

   配信シングル『前やん feat. DOZAN11』

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


音楽が嫌いな女の子 / ネクライトーキー

   ミニアルバム『MEMORIES』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


AntiIyours / ぜんぶ君のせいだ。

   シングル『AntiIyours』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CONTINUE TO LOVE / Migimimi sleep tight

   配信アルバム『CONTINUE TO LOVE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年8月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年7月/その2) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年10月24日 (木)

「Dr.STONE reboot:百夜」 稲垣理一郎 Boichi > 週刊少年ジャンプ外伝連載!

 週刊少年ジャンプの2019年48号(10月28日〈月〉発売)からスタートの外伝連載作品が、「Dr.STONE reboot:百夜(ドクターストーン・リブート・びゃくや)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 「Dr.STONE」は、本誌で「アイシールド21」(原作担当/作画:村田雄介)を連載した稲垣理一郎と、“ヤングキング”や“週刊ヤングマガジン”など青年誌で多くの連載作を生み出して来た韓国出身のBoichiが、それぞれ原作・作画担当としてコンビを組み、“本誌2017年14号”から始まった連載作品で、テレビアニメ化されるほどの人気を得て現在も好評連載中です。

 そして今回は、“原作:稲垣理一郎・Boichi、ストーリー・漫画:Boichi”というクレジットで(実際には原作も作画もBoichiが担当し、稲垣理一郎は監修の役割となるようです/稲垣理一郎のTwitter参照)、「Dr.STONE」の外伝が本編と同時に連載されることに(全9話予定/稲垣理一郎のTwitter参照))。

 なお、本編と外伝が同時に連載されるのはジャンプ史上初とのことです。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「稲垣理一郎」関連記事】

  > 「Dr.STONE」 稲垣理一郎 Boichi > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.1.31)

  > 「KIBA&KIBA」 稲垣理一郎 彭傑 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.6.28)


 【「Boichi」関連記事】

  > 「ロロノア・ゾロ、海に散る」 尾田栄一郎 Boichi > 週刊少年ジャンプ読切! (19.7.13)

  > 「Dr.STONE」 稲垣理一郎 Boichi > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.1.31)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月23日 (水)

「このミス2020年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう!


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!2020年版」対象作品の発売も10月31日をもって終了したということで、今年もこの企画を実施してみましょう


 その名も、“「このミス2020年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう!”


 これは、当ブログで用意しました投票専用ページに、「このミス2020年版」において10位以内にランクインするであろう、と予想する10作品を記入していただくだけという、非常に簡単なものです

 そして、その結果(どの作品に何票入ったのか)や途中経過、さらには各投票者の予想や最優秀的中者なども、この記事内で発表していく予定です

 まあ、「このミス」の予想をしてみよう!と思うような人はそう多くはいなくて、大体年に6~16名といったところでした

 なるべく多くの方に参加してもらった方が面白い企画ですので、予想しようかするまいか迷っているような方は、この企画を盛り上げるためにも、ぜひとも気軽に参加してみてください

 なお、4年前までの投票期間は11月1日から30日までとしていましたが、(対象作品の刊行締め切りが「このミス」より1ヶ月早い)「ミステリが読みたい!」のランキングが発表される前に予想するのと後に予想するのとでは難易度にかなりの差が出てしまいます(「ミステリが読みたい!」のランキングがかなり大きなヒントとなってしまうため)

 なので、投票期間は11月1日(金)から(「ミステリが読みたい!」のランキングが「ミステリマガジン2020年1月号」で発表されるよりも前の)24日(日)までとする予定です

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 投票する上での注意点 】

 ・「このミス2020年版」の対象となるのは、奥付表記で2018年11月~2019年10月に発刊された広義のミステリー作品です

 ・この投票では、国内編のみが対象となっています(海外編の予想は実施しません)

 ・出来れば10作品ピッタリご記入いただきたいですが、別に10作品に満たなくても構いません

 ・“面白かった作品を選ぶ”のではなく、あくまで“予想”なので、読んでいない作品でも評判などから予想できるため、今年の対象作品をあまり読んでいないという方でも気軽にご参加ください

 ・順位予想ではないので、ベスト10に入るだろうと予想する10作品を順不同でご記入ください(ここに記載する際には名前順に並び変えます)

 ・この企画の過去の結果などは、下記の記事を参考にしてください
  > 「このミス2019年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (18.10.3)

  > 「このミス2018年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (17.10.13)
  > 「このミス2017年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (16.10.7)
  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)

  > 「このミス2015年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (14.11.2)
  > 「このミス2014年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (13.10.17)
  > 「このミス2013年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (12.10.9)

  > 「このミス2012年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (11.10.30)
  > 「このミス2011年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (10.11.1)
  > 「このミス2010年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (09.11.16)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  なお、投票専用ページの他に、“対象作品の中から120作を厳選したリスト”のページも作りましたので、予想の参考にしたり投票の際のコピペなどにご利用ください(もちろんこのリストに載っていない作品を予想しても全く問題ありません)

 → 「このミス2020年版」対象作品の中から120作厳選リスト


  こちらのページにて投票をお願いします(別ウインドウで開きます)
             ↓↓↓↓↓

>>> 「このミス2020年版」ベスト10作品をみんなで予想しよう!投票専用ページ <<<


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 ベスト10予想・集計ランキング(途中経過) 】

  * 2票以上入った作品のみ掲載 (1票のみ・・・・15作品)
  * 作品名部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ

  * 11月13日(水)12:00時点 (総投票数:

 > 5票
       魔眼の匣の殺人 / 今村昌弘  <感想記事>

 > 4票
       罪の轍 / 奥田英朗
       Blue / 葉真中顕  <感想記事>

 > 3票
       medium 霊媒探偵城塚翡翠 / 相沢沙呼
       W県警の悲劇 / 葉真中顕  <感想記事>
       ノースライト / 横山秀夫  <感想記事>

 > 2票
       紅蓮館の殺人 / 阿津川辰海
       むかしむかしあるところに、死体がありました。 / 青柳碧人  <感想記事>
       刀と傘 明治京洛推理帖 / 伊吹亜門  <感想記事>
       欺す衆生 / 月村了衛
       マーダーズ / 長浦京   <感想記事>
       殺人犯 対 殺人鬼 / 早坂吝
       いけない / 道尾秀介  <感想記事>
       Iの悲劇 / 米澤穂信


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 1位予想・集計ランキング(途中経過) 】

  * 作品名部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ

  * 11月13日(水)12:00時点 (総投票数:

 > 1票
       medium 霊媒探偵城塚翡翠 / 相沢沙呼
       魔眼の匣の殺人 / 今村昌弘  <感想記事>
       ワルキューレ 巡査長 真行寺弘道 / 榎本憲男
       W県警の悲劇 / 葉真中顕  <感想記事>
       ノースライト / 横山秀夫  <感想記事>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 対象期間の中で面白かった作品(5作以内)・・集計ランキング(途中経過) 】

  * 2票以上入った作品のみ掲載 (1票のみ・・・・9作品)
  * 作品名部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ

  * 11月13日(水)12:00時点 (総投票数:

 > 3票
       medium 霊媒探偵城塚翡翠 / 相沢沙呼
       罪の轍 / 奥田英朗

 > 2票
       魔眼の匣の殺人 / 今村昌弘  <感想記事>
       Blue / 葉真中顕  <感想記事>
       W県警の悲劇 / 葉真中顕  <感想記事>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 投票者別ベスト10予想 】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.5 「ハッピーリタイア」さんのベスト10予想

  > 相沢沙呼 / medium
  > 浅倉秋成 / 教室が、ひとりになるまで
  > 阿津川辰海 / 紅蓮館の殺人
  > 伊吹亜門 / 刀と傘
  > 今村昌弘 / 魔眼の匣の殺人
  > 奥田英朗 / 罪の轍
  > 月村了衛 / 欺す衆生
  > 葉真中顕 / W県警の悲劇
  > 葉真中顕 / Blue
  > 早坂吝 / 殺人犯 対 殺人鬼

 << 1位予想 > 相沢沙呼 / medium >>

 << 面白かった作品 >>
  > 相沢沙呼 / medium
  > 浅倉秋成 / 教室が、ひとりになるまで
  > 阿津川辰海 / 紅蓮館の殺人
  > 奥田英朗 / 罪の轍
  > 葉真中顕 / W県警の悲劇

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.4 「ぴゅーい」さんのベスト10予想

  > 相沢沙呼 / medium
  > 青柳碧人 / むかしむかしあるところに、死体がありました。
  > 今村昌弘 / 魔眼の匣の殺人
  > 奥田英朗 / 罪の轍
  > 白井智之 / お前の彼女は二階で茹で死に
  > 長浦京 / マーダーズ
  > 葉真中顕 / W県警の悲劇
  > 葉真中顕 / Blue
  > 早坂吝 / 殺人犯 対 殺人鬼
  > 横山秀夫 / ノースライト

 << 1位予想 > 葉真中顕 / W県警の悲劇 >>

 << 面白かった作品 >>
  > 相沢沙呼 / medium
  > 今村昌弘 / 魔眼の匣の殺人
  > 奥田英朗 / 罪の轍
  > 葉真中顕 / W県警の悲劇
  > 葉真中顕 / Blue

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.3 「ビッグジュン」さんのベスト10予想

  > 青山文平 / 跳ぶ男
  > 阿津川辰海 / 紅蓮館の殺人
  > 伊坂幸太郎 / フーガはユーガ
  > 今村昌弘 / 魔眼の匣の殺人
  > 榎本憲男 / ワルキューレ
  > 長浦京 / マーダーズ
  > 葉真中顕 / Blue
  > 宮部みゆき / 昨日がなければ明日もない
  > 夕木春央 / 絞首商會
  > 米澤穂信 / 本と鍵の季節

 << 1位予想 > 榎本憲男 / ワルキューレ >>

 << 面白かった作品 >>
  > 朝倉かすみ / 平場の月
  > 西條奈加 / 隠居すごろく

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.2 「御陵みかげ」さんのベスト10予想

  > 相沢沙呼 / medium
  > 伊吹亜門 / 刀と傘
  > 今村昌弘 / 魔眼の匣の殺人
  > 奥田英朗 / 罪の轍
  > 白井智之 / そして誰も死ななかった
  > 法月綸太郎 / 法月綸太郎の消息
  > 道尾秀介 / いけない
  > 道尾秀介 / カエルの小指
  > 横山秀夫 / ノースライト
  > 米澤穂信 / Iの悲劇

 << 1位予想 > 今村昌弘 / 魔眼の匣の殺人 >>

 << 面白かった作品 >>
  > 相沢沙呼 / medium
  > 伊吹亜門 / 刀と傘
  > 今村昌弘 / 魔眼の匣の殺人
  > 白井智之 / そして誰も死ななかった
  > 法月綸太郎 / 法月綸太郎の消息

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.1 「モカくん」さんのベスト10予想

  > 青柳碧人 / むかしむかしあるところに、死体がありました。
  > 今村昌弘 / 魔眼の匣の殺人
  > 大沢在昌 / 帰去来
  > 奥田英朗 / 罪の轍
  > 月村了衛 / 欺す衆生
  > 葉真中顕 / W県警の悲劇
  > 葉真中顕 / Blue
  > 道尾秀介 / いけない
  > 横山秀夫 / ノースライト
  > 米澤穂信 / Iの悲劇

 << 1位予想 > 横山秀夫 / ノースライト >>

 << 面白かった作品 >>
  > 伊坂幸太郎 / クジラアタマの王様
  > 奥田英朗 / 罪の轍
  > 貫井徳郎 / 罪と祈り
  > 葉真中顕 / Blue
  > 横山秀夫 / ノースライト

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2020年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2020年版」ランキング(順位)予想 (18.12.11)

  > 「このミス2020年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (19.10.23)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年10月22日 (火)

◎鎌倉記念(2019年)穴馬予想&結果


< 10月22日(火・祝)に行われる鎌倉記念(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【鎌倉記念】


 川崎のダート1500mで行われる南関2歳重賞(SII)です。

 いよいよ南関でも2歳重賞が始まりますが、交流重賞と同様に南関の2歳重賞でも道営馬や元道営馬を積極的に狙うようにしています。

 それで今回は2頭の道営馬が参戦するので、前日オッズの馬単・3連単の感じだと人気が下になりそうなアベニンドリームの方を◎にしてみましょう。

 地元の門別ではまだ重賞に出走していないとはいえ、1700m戦で勝利し、1500mのOPでハナ差2着など距離の経験がすでにありますし、デビューから3戦3勝で今回圧倒的人気になりそうな南関馬・インペリシャブルを始めとして逃げて結果を出している馬が多いので、それらの馬の直後に付けて直線抜け出しという展開も充分にありそうなので、この馬に期待してみることに。

 ただ複勝最低オッズが1倍台になりそうな時は他の馬に変更するかもしれません。


  ◎ アベニンドリーム / 赤岡修次 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     インペリシャブル 矢野貴之 1
 2着 3  ◎ アベニンドリーム 赤岡修次 6
 3着 6     ミナミン      今野忠成 8
 4着 1     イッキカセイ   岡部誠  3
 5着 10    チョウライリン  的場文男 9


 今回の道営馬2頭は戦績というよりも人気が下の方を単純に選んだのですが、人気が上だったイッキカセイが出遅れの影響で4着止まりだったので、この人気順になってくれて自分的にはラッキーでしたね。


  (○複勝:3 2.7倍)  ○的中!  1,000円 → 2,700円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  4/16   25.0% -1,100円  93.5%

☆19年通算   >  37/171  21.6% -5,640円  96.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎菊花賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎スワンS&アルテミスS(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月21日 (月)

「TOKYO GRIND HORROR CHANNEL」 仲間只一 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年48号(10月28日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「TOKYO GRIND HORROR CHANNEL(トーキョー・グラインド・ホラー・チャンネル)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の仲間只一(なかま・ただいち)は、「エイリアンズエイジ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年8月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞し、その受賞作を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に掲載してデビュー(「エイリアンズエイジ」 仲間只一 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)。

 続いて「空想科学少年探偵」を“ジャンプGIGA 2017 vol.1”に掲載し(「空想科学少年探偵」 仲間只一 > ジャンプGIGA 2017 vol.1参照)、“第12回 ジャンプ金未来杯“のエントリー作品として「魔法少年X」を“本誌2017年44号”に掲載して本誌デビュー(「魔法少年X」 仲間只一 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらには、“本誌2018年04・05合併号”で行われた『ONE PIECE』のスピンオフ短編を集めたオムニバス企画の中の一作として「ワンピース地獄編」(1ページ)を、“本誌2018年06号”で行われたオムニバス企画“新年ショートギャグフェスタ2018”の中の一作として「なかまんが地獄変」(3ページ)を掲載。

 そして、「TOKYO GRIND HORROR CHANNEL」を“ジャンプGIGA 2019 SUMMER vol.1”に掲載し(「TOKYO GRIND HORROR CHANNEL」 仲間只一 > ジャンプGIGA 2019 SUMMER vol.1参照)、そのリニューアル版である本作にて(オムニバス企画参加作品以外では)2年ぶりの本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「仲間只一」関連記事】

  > 「TOKYO GRIND HORROR CHANNEL」
       仲間只一 > 週刊少年ジャンプ読切! (19.10.21)

  > 「TOKYO GRIND HORROR CHANNEL」
       仲間只一 > ジャンプGIGA 2019 SUMMER vol.1 (19.6.21)

  > 「魔法少年X」 仲間只一 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.8.29)

  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.18)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.20)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月20日 (日)

◎菊花賞(2019年)穴馬予想&結果


< 10月20日(日)に行われる菊花賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【菊花賞】


 京都の芝3000mで行われる3歳重賞(GI)です。

 クラシック第3戦ですが、皐月賞馬が不在で、ダービー組は1・2・4着馬が不在、さらにトライアルである神戸新聞杯とセントライト記念の勝ち馬もいないということで、盛り上がりには少々欠けるもののどの馬にもチャンスがありそうな面白いレースとなりそうですね。

 それでここは、ザダルを◎にしてみましょう。

 デビューから3連勝(しかもいずれもクビ差)の勢いで挑んだ前走のセントライト記念では3着に敗れたとはいえ、休み明けで初重賞挑戦ということを考えればさらなる上昇を望めそうですし、人気もほど良い感じなので、この馬に期待したいと思います。


  ◎ ザダル / 石橋脩 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     ワールドプレミア  武豊   3
 2着 14    サトノルークス   福永祐一 8
 3着 13    ヴェロックス    川田将雅 1
 4着 6     ディバインフォース 横山典弘 16
 5着 8     メロディーレーン  坂井瑠星 12

13着 1  ◎ ザダル         石橋脩  6


 2着に入ったサトノルークスは最後の最後まで◎候補に残っていたので、これを外してしまったのはダメージが大きすぎですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  3/15   20.0% -2,800円  82.3%

☆19年通算   >  36/170  21.2% -7,340円  95.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎富士S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎鎌倉記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月19日 (土)

☆ 湘南戦・データボックス>2019年J1リーグ第29節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/19(土) J1リーグ 第29節・湘南ベルマーレ戦 (ニッパツ)


  ○3-1 (前半1-0、後半2-1)

  主審: 家本 政明  入場者数:12,962人


  <得点>
   1-0 仲川輝人         (横浜・前半39分)
   2-0 マテウス         (横浜・後半07分)
   3-0 マルコス ジュニオール (横浜・後半23分)
   3-1 山﨑凌吾         (湘南・後半47分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 松原健が、J1リーグ通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 大津祐樹が、J1リーグ通算150試合出場を達成しました。

 松原健が、Jリーグ通算150試合出場(J2・J3も含む)を達成しました。


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代34位タイとなりました。

 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算128試合出場となり、安永聡太郎(95-98,01-04)を抜いてマリノス歴代単独41位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 マルコス ジュニオールが、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代29位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム失点記録情報】


 後半47分の失点により、マリノスのリーグ戦通算1100失点となりました。


  <Jリーグ失点ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 3位 (前節 3位)
         < 17勝 4分 8敗  勝点 55 得点 54 失点 34 得失点差 +20 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「新体制で挑んだ湘南、7戦未勝利で16位に転落

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMが3発で首位追走!
            湘南は浮嶋監督の初陣飾れず4連敗

 (ゲキサカ) 「単独トップ14点目! 横浜FMマルコスが狙う唯一のタイトル
         「負けて得点王になっても意味がない」

 (ゲキサカ) 「“幻の失点”招いた横浜FM朴一圭
            飛び出し続けて大仕事!「ああいうミスがあっても…」

 (ゲキサカ) 「湘南の“奇策”にも混乱なし…
             横浜FM松原「全然気付いてなかった」

 (ドメサカブログ) 「神奈川ダービー制した横浜FMが6戦無敗で首位に肉薄!
            好調攻撃陣がホーム3試合連続の3得点


 (スポニチ) 「横浜 V射程圏もFW仲川が負傷…状態は「分からないです」

 (日刊スポーツ) 「横浜連勝で6戦負けなし「選手たちが誇らしい」監督

 (日刊スポーツ) 「横浜監督が負傷交代の仲川心配「重要な選手の1人」

 (スポーツ報知) 「豪快3発背景に「攻撃的サッカー」+
              「堅守のDNA」融合 ついに首位と1差!

 (スポーツ報知) 「採点&寸評 首位猛追ついに1差!
             先制G仲川、中盤制圧ボランチコンビら高評価

 (サンスポ) 「横浜M、湘南に3発快勝6戦負けなし!
         首位・鹿島に勝ち点1差

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 湘南戦・プレビュー>2019年J1リーグ第29節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎富士S(2019年)穴馬予想&結果


< 10月19日(土)に行われる富士ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【富士ステークス】


 東京の芝1600mで行われる重賞(GIII)です。

 これを書いている時点で複勝最低オッズが1倍台の馬が1頭のみというマイル戦らしい混戦メンバーとなっていますが、ここはジャンダルムを◎にしてみましょう。

 3歳だった昨年は、皐月賞で9着、ダービーで17着、マイルCSで16着と結果は出ず、続く東京新聞杯でも14着(ブービー)と大敗したものの、半年近い休みを経たここ2走は、中京記念で0.5秒差6着、京成杯AHで3着と重賞で安定した走りを見せています。

 それに昨年のこのレースではダービー以来の休み明けで馬体重プラス12kgながら2・3着馬とは0.4秒差の7着だったので、昨年までのような後方一気ではなく前めに付けられるようになった今なら昨年以上の結果は充分に出せるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ ジャンダルム / 藤井勘一郎 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16    ノームコア    ルメール  2
 2着 9     レイエンダ    スミヨン  3
 3着 2     レッドオルガ   福永祐一  4
 4着 17    クリノガウディー 戸崎圭太  6
 5着 10    カテドラル    シュタルケ 7

18着 13 ◎ ジャンダルム   藤井勘一郎 9


 先行して5番手で直線に入り、あとはそこから伸びてくるだけ...と期待を高めていたら、直線半ばでバッタリと脚が止まって最下位に沈んでしまいました....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  3/14   21.4% -1,800円  87.8%

☆19年通算   >  36/169  21.3% -6,340円  96.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイルグランプリ(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎菊花賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月18日 (金)

「SPY×FAMILY(2019年47号出張版)」 遠藤達哉 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年47号(10月21日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「SPY×FAMILY」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の遠藤達哉(えんどう・たつや)は、「月華美刃」を“本誌2000年51号”に掲載してデビューを果たし、“ジャンプスクエア(2007年12月号)”から始まった「TISTA」(2007-2008年)で連載デビュー。

 その後は、“ジャンプスクエア(2010年6月号)”から「月華美刃」(2010-2012年)を連載したのに続き、読切「I SPY」を“ジャンプスクエア(2018年3月号)”に掲載。

 そして今年(2019年)3月から“少年ジャンプ+(プラス)”で「SPY×FAMILY」の連載が隔週で始まり(少年ジャンプ+参照)、今回は“本誌2019年32号”(「SPY×FAMILY(2019年32号出張版)」 遠藤達哉 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)に続いて2度目の本誌出張掲載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「遠藤達哉」関連記事】

  > 「SPY×FAMILY(2019年47号出張版)」
          遠藤達哉 > 週刊少年ジャンプ読切! (19.10.18)

  > 「SPY×FAMILY(2019年32号出張版)」
          遠藤達哉 > 週刊少年ジャンプ読切! (19.7.1)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月17日 (木)

☆ 湘南戦・プレビュー>2019年J1リーグ第29節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 10/19(土) 14:00~ J1リーグ 第29節

     vs 湘南ベルマーレ(ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス :「  3位 16勝 4分 8敗 勝点 52 51得 33失 得失 +18 」
  湘南   :「 15位  9勝 4分 15敗 勝点 31 36得 54失 得失 -18 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 湘南戦は、1997年2ndステージから2015年まで11試合負けなし(2015年の2ndステージで引き分けるまで10連勝)、その期間に2点差以上離して勝利したのが11試合中9試合と、2016年1st第9節(ホーム)で19年ぶりに敗れるまではお得意様といってもいいほどに相性抜群でした。

 そして19年ぶりの敗戦後も「2勝 1分 0敗」と相性の良さを持続していたものの、記憶も新しい昨年のルヴァンカップ決勝(埼玉)での対戦では●0-1で敗れ、タイトル獲得まであと一歩のところで優勝を湘南に阻まれてしまうことに....。

 そして今年最初の対戦となったルヴァンカップGS第2節(アウェー)でも●0-2で敗れたため、一転して湘南に対し苦手なイメージが生まれかけていましたが、続くルヴァンカップGS第4節(ホーム)では○1-0で勝利し、さらにリーグ第14節(アウェー)でも○2-1で勝利して2連勝中なので、苦手意識が芽生えずに済んだようです。

 なお、現在の湘南は、0-6(清水戦)・0-5(川崎F戦)と2試合連続で大敗中、前節後にパワハラ問題で指導自粛中だったチョウキジェ監督が退任&U-18監督の浮嶋敏がトップチームの新監督に就任、12日(土)の台風の影響で練習場が水没、など普通ではない状況が立て続けに起きているのですが、相手が激動の真っ只中にいるとなると逆に怖い存在だと感じてしまいますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 大津祐樹が出場すると、J1リーグ通算150試合出場を達成します。

 松原健が出場すると、Jリーグ通算150試合出場(J2・J3も含む)を達成します。

 広瀬陸斗が出場すると、Jリーグ通算150試合出場(J2も含む)達成にリーチとなります。

 中川風希が出場すると、Jリーグ通算50試合出場(J2・J3も含む)達成にリーチとなります。


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代34位タイとなります。

 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算128試合出場となり、安永聡太郎(95-98,01-04)を抜いてマリノス歴代単独41位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 仲川輝人が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 仲川輝人が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算23ゴールとなり、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代21位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(97-98)と並びマリノス歴代24位タイとなります。


 マルコス ジュニオールが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代29位タイとなります。

 マルコス ジュニオールが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算15ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独29位となります。

 マルコス ジュニオールが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算16ゴールとなり、安貞桓(04-05)、栗原勇蔵と並びマリノス歴代27位タイとなります(栗原勇蔵もゴールした場合は28位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 Jリーグ失点ファイル】を見よ!!


 この試合で1失点以上すると、1失点目でマリノスのJリーグ通算1100失点達成となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし  湘南 : 金子大毅

 【出場停止にリーチ】 マリノス: 仲川輝人、広瀬陸斗

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: エジガル ジュニオ

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      < マリノス >
       (in) 泉澤仁(←ポゴニ・シュチェチン)
       (in) 伊藤槙人(←水戸)
       (in) 中林洋次(←広島)
       (in) エリキ(←パルメイラス)
       (in) 渡辺皓太(←東京V)
       (in) マテウス(←名古屋)
       (in) オビ パウエル オビンナ(特別指定/流通経済大)

       (out) イッペイ シノヅカ(→大宮)
       (out) 天野純(→スポルティング・ロケレン)
       (out) 原田岳(→相模原)
       (out) 飯倉大樹(→神戸)
       (out) 山田康太(→名古屋)
       (out) 三好康児(→川崎F→アントワープ)
       (out) 椿直起(→北九州)


      < 湘南 >
       (in) トカチ(←レバークーゼンU19)
       (in) 毛利駿也(←金沢)
       (in) 澤田恒(←K.Offenbach)
       (in) クリスラン(←SCブラガ)
       (in) 山田直輝(←浦和)

       (out) 鈴木国友(→鳥取)
       (out) レレウ(→水戸)
       (out) 秋野央樹(→長崎)
       (out) デュマス(契約解除)
       (out) 武富孝介(→浦和)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    湘南  :

 【U-22日本代表】
    マリノス:渡辺皓太、(遠藤渓太 )
    湘南  : 杉岡大暉

 【U-20日本代表】
    マリノス:
    湘南  : 鈴木冬一、齊藤未月

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    湘南  : 秋元陽太
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー(Jリーグ公式サイト)】
   > 「新体制で挑む湘南に、
        横浜FMがぶつけたい「呑み込むぐらいの勢い」


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ 第29節」 (10/17)

   > 「湘南、平塚練習場冠水で当分使用不可に MF菊地、勝利で恩返し誓う」 (10/16)

   > 「【湘南】練習場が水没…台風19号で各地のJクラブ被害」 (10/14)

   > 「湘南練習場が冠水 14日以降の練習場所は未定」 (10/13)

   > 「湘南新体制発表 浮嶋新監督、スタイル継承「基本的なところは変わらない」」 (10/11)

   > 「湘南、浮嶋新監督が10日始動 パワハラ問題が発覚から2カ月でチーム再出発」 (10/10)

   > 「湘南・チョウ監督辞任 復帰要請も固辞「心よりおわび」 湘南U18監督浮嶋氏が後任濃厚」 (10/9)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)10/19(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 湘南戦・データボックス>2019年J1リーグ第29節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年10月16日 (水)

◎マイルグランプリ(2019年)穴馬予想&結果


< 10月16日(水)に行われるマイルグランプリ(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マイルグランプリ】


 大井のダート1600mで行われる南関重賞(SII)です。

 ここは、ダノングッドを◎にしてみましょう。

 中央からの転厩2戦目となる馬で、転厩前には中央で掲示板にさえ載れないレースが多かったとはいえ、今年のOPでハナ差2着というレースがありましたし、昨年末の重賞・カペラSでも7着ながら0.5秒差(3着馬とは0.3秒差)と惜しい走りを見せています。

 それに2年前の交流重賞・東京スプリントで0.2秒差4着という実績もあるので、転厩初戦となった前走の交流重賞での結果(8着)から人気にならないのであれば充分な狙い目だろうということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ ダノングッド / 吉原寛人 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ワークアンドラブ  笹川翼   5
 2着 4     グレンツェント    森泰斗   2
 3着 5     ノンコノユメ    御神本訓史 1
 4着 15    リッカルド      石崎駿   6
 5着 1     トロヴァオ      的場文男  4

14着 12 ◎ ダノングッド    吉原寛人   7


 勝利した逃げ馬に競り掛けての2番手という位置取りでしたが、道中で脚を使ってしまったようですね...。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  3/13   23.1%  -800円  94.2%

☆19年通算   >  36/168  21.4% -5,340円  96.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京ハイJ(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎富士S(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月15日 (火)

◎東京ハイJ(2019年)穴馬予想&結果


< 10月15日(火)に行われる東京ハイジャンプ(J・GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京ハイジャンプ】


 東京の芝3110mで行われる障害重賞(J・GII)です。

 台風のため12日(土)から順延となったレースですが、ここは、クリュティエを◎にしてみましょう。

 障害未勝利戦を勝ってから障害で9戦していながら今回が初重賞挑戦となるものの、ここ最近は5戦中4戦で馬券圏内に入るなど(ローカル競馬場でのレースばかりとはいえ)安定感がありますし、初重賞でも3着以内に入る可能性はあるのでは。


  ◎ クリュティエ / 山本康志 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     シングンマイケル  金子光希 3
 2着 2     メイショウダッサイ  森一馬  2
 3着 9     トラスト         熊沢重文 1
 4着 5     ブライトクォーツ   西谷誠   6
 5着 8     ハルキストン     難波剛健 4

 6着 7  ◎ クリュティエ      山本康志 5


 複勝最低オッズが1.1倍で並んでいた人気3頭が直線に入る前から他馬を付き離す展開となっては、穴狙い的にはどうしようもないですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  3/12   25.0%  +200円  101.6%

☆19年通算   >  36/167  21.6% -4,340円  97.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎府中牝馬S&マイルCS南部杯(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイルグランプリ(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月14日 (月)

◎府中牝馬S&マイルCS南部杯(2019年)穴馬予想&結果


< 10月14日(月・祝)に行われるアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス】


 東京の芝1800mで行われる牝馬重賞(GII)です。

 ここは、フロンティアクイーンを◎にしてみましょう。

 一昨年から昨年にかけては5レース連続で2着&7レース連続で2・3着と(勝てないながら)安定感ある走りを見せていたものの、ここ5戦での馬券圏内は1戦のみ(しかも1着)で掲示板にすら載れないレースも多く、2走前のヴィクトリアマイルではGIだったとはいえ15着の大敗となるなど、最近は連続2着していた頃とはキャラクター(戦績)が正反対なほどに変わってしまいました。

 ただ、4走前のターコイズSでは0.2秒差4着、前走のクイーンSでは7着ながら0.4秒差と、GIでなければ惜しい走りとなっていますし、昨年に0.1秒差3着と好走したレースなので、馬券圏内のチャンスは充分にあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ フロンティアクイーン / 津村明秀 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     スカーレットカラー   岩田康誠 4
 2着 6  ◎ フロンティアクイーン 津村明秀 9
 3着 15    ラッキーライラック   石橋脩   2
 4着 4     オールフォーラヴ   川田将雅 7
 5着 13    クロコスミア      戸崎圭太 3


 直線途中まではかなりドキドキしながら見守っていましたが、かつての定位置(2着)に入ってくれました....。


  (○複勝:6 4.2倍)  ○的中!  1,000円 → 4,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マイルチャンピオンシップ南部杯】


 盛岡のダート1600mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 毎年開催競馬場が変わらないレースとしては南関以外で唯一の交流GIということもあって、他の交流GIとはまた異なる盛り上がりとなりそうですし、面白いレースとなりそうですね。

 それで今回もいつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、これを書いている時点ではゴールドドリームが1倍台の圧倒的人気となっているので、その他の馬から選ぶことになりそうです。

 ただ、これからのオッズの動き次第でどの馬を何頭選べるかが変わってきそうなので、オッズがもう少し固まって来てから最終予想を決めることにし、レース約30分前までにはそれをここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約45分前のオッズを確認したところ、ゴールドドリームが1倍台、アルクトスが3倍台、他の馬が10倍以上となっていました。

 となると、やはりゴールドドリーム以外の馬の中から数頭選ぶことになりますが、ここは現在3連勝中で中央重賞も制したアルクトスと、あとは(これを書いている時点で)3番人気のサンライズノヴァはあえて外して4・5番人気馬を狙ってみましょう。


  ◎ アルクトス / 田辺裕信 (4)
  △ ミツバ / 和田竜二 (1)
  △ ロンドンタウン / 御神本訓史 (14)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     サンライズノヴァ   吉原寛人  4
 2着 4  ◎ アルクトス       田辺裕信  2
 3着 13    ゴールドドリーム   ルメール   1
 4着 5     モジアナフレイバー 繁田健一  6
 5着 14 △ ロンドンタウン    御神本訓史 3


 せっかく1倍台の馬が敗れたのに、あえて外した馬が勝利という結果に....。

 しかも、直前まではアルクトスとサンライズノヴァの(予想していた時点での)2・3番人気を素直に狙おうとしていたのに、急遽変更してしまったので、この外し方は府中牝馬Sの方を当てていなかったらショックは甚大だったでしょうね....。


  (×単勝:3 16.5倍)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  3/11   27.3% +1,200円  110.2%

☆19年通算   >  36/166  21.7% -3,340円  98.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎秋華賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京ハイJ(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月13日 (日)

◎秋華賞(2019年)穴馬予想&結果


< 10月13日(日)に行われる秋華賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【秋華賞】


 京都の芝2000mで行われる3歳牝馬重賞(GI)です。

 牝馬クラシック第3戦の大一番ですが、桜花賞馬もオークス馬も不在で、両レースの2着馬はいるとはいえいずれも7番人気以下での激走だったこともあってか、これを書いている時点で複勝最低オッズが1倍台の馬が1頭のみという超混戦状態となっています。

 それでここは、ビーチサンバを◎にしてみましょう。

 この馬は、アルテミスSで2着、GI・阪神JFで3着、クイーンCで2着、GI・桜花賞で2・3着馬と0.1秒差の5着と、勝利こそないながらマイル(1600m)重賞で常に上位争いを演じていたものの、牝馬クラシック第2戦のオークスでは15着と大敗。

 ただこれはやはり2400mと大幅に距離延長となったのが敗因だと思い、マイルより200mだけ長い前走のローズSで◎にしたところ、勝ち馬とクビ差の2着と好走してくれました。

 それで今回はさらに200m、マイル戦と比べると400mの距離延長となるのがどうなのかといったところなのですが、前走は脚を溜めての直線勝負ではなく、積極的に先行したうえで最後まで脚を伸ばしてのクビ差2着(しかも勝ち馬は今回1番人気が濃厚なGI馬のダノンファンタジー)だったので、200mの距離延長ならば問題なくこなせるとみて、再度この馬に期待することに。


  ◎ ビーチサンバ / 福永祐一 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     クロノジェネシス  北村友一 4
 2着 8     カレンブーケドール 津村明秀 2
 3着 14    シゲルピンクダイヤ 和田竜二 10
 4着 9     シャドウディーヴァ 松山弘平 13
 5着 7  ◎ ビーチサンバ     福永祐一 6


 ◎馬は思い切った逃げ戦法で、ペースが速かったことを考えると不安だったものの、直線に入っても2頭に交わされるもそこから粘っていたので“3着に残れるか?”と手に汗握りましたが、ゴール直前でさらに2頭に交わされてしまいました....。

 ただ力を出し切っていたのが観ていて感じられたので、かなり惜しい結果だったとはいえ悔しさはあまり感じませんでしたね。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  2/9   22.2%  -800円  91.7%

☆19年通算   >  35/164  21.3% -5,340円  96.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎エーデルワイス賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎府中牝馬S&マイルCS南部杯(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月12日 (土)

「僕のヒーローアカデミア チームアップミッション(本誌出張版)」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年46号(10月12日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「僕のヒーローアカデミア チームアップミッション」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のあきやま陽光(あきやま・ようこう)は、“少年ジャンプ+”にて2017年7月から2019年1月まで「さぐりちゃん探検隊」を連載(少年ジャンプ+参照)。

 その連載中である“本誌2018年30号”に「僕のヒーローアカデミア(以下「ヒロアカ」(堀越耕平)のスピンオフ4コマ漫画「私のヒーローアカデミア」を掲載して本誌初登場を果たすと(「私のヒーローアカデミア(30号版)」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「私のヒーローアカデミア」はその後も本誌やジャンプGIGAに何度か掲載され、さらには劇場版公開記念の公式スピンオフ漫画「きっと誰もが誰かのヒーロー」を“本誌2018年35号“に掲載するなど(「きっと誰もが誰かのヒーロー」 あきやま陽光 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「ヒロアカ」のスピンオフ作品を数多く発表しています。

 そして、“本誌2019年11号”で行われたオムニバス企画“Jラブコメ祭り!”に「右隣の右京さん」で参加したのに続き、“最強ジャンプ2019年9月号”から「ヒロアカ」連載5周年記念突破記念企画として新たな公式スピンオフ漫画「僕のヒーローアカデミア チームアップミッション」の連載が始まり、今回はその出張版が本誌に掲載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

ココだけの特別(スペシャル)チーム、 出動!!

☆『ヒロアカ』TVアニメ第4期放送記念!
      最強ジャンプから特別出張読切Cカラー35P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「あきやま陽光」関連記事】

  > 「私のヒーローアカデミア(46号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.10.15)

  > 「私のヒーローアカデミア(45号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.10.07)

  > 「きっと誰もが誰かのヒーロー」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.07.24)

  > 「私のヒーローアカデミア(30号版)」 あきやま陽光
      > 週刊少年ジャンプ読切! (18.06.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年10月11日 (金)

『最後のページをめくるまで』 水生大海 > 「このミス」完全読破 No.1084

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1084

 『最後のページをめくるまで』 水生大海

   「このミス」2020年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2019年9月20日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2019年7月>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ミステリ小説の中には、終盤に読者を騙す叙述トリックが仕掛けられていたり驚愕の展開が待ち受けていたりする“どんでん返しミステリ”という、(サブジャンルというわけではないけれど)ミステリ小説ならではのテクニックがありまして、ミステリ初心者であっても予備知識なしに単純に楽しめることもあってどんでん返し要素のある作品はいつの時代でも高い人気を誇っています。

 とはいっても定期的にどんでん返しブームが訪れているように思うのですが、最近になって(それまで以上に)単行本や文庫本の帯などに「どんでん返し」「まさかの展開」「ラスト○ページで...」「必ず騙される」などといった煽り文句が目立つように書かれているのを高い頻度で見掛けるようになったので、近年も何度目かの“どんでん返しブーム”を迎えていると言ってもよいのでは(No.990「屍人荘の殺人」の大ヒットの影響がじわじわと広まっている感じでしょうか)。

 そんな中で発売された本作も、『最後のページをめくるまで』という単行本のタイトルが示すように、どんでん返し要素のある短篇のみを集めた作品集となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「使い勝手のいい女」「骨になったら」「わずかばかりの犠牲」「監督不行き届き」「復讐は神に任せよ」の5篇を収録したノンシリーズの短篇集です。

 ノンシリーズなので各短篇に繋がりはないので、どの作品から読んでも問題なく楽しめますが、すでに犯罪者であったり、犯罪を実行しようとしていたり、犯罪に巻き込まれそうだったりと、主人公はそれぞれ重い犯罪と関わることになる(関わっている)という共通点があるため、犯罪の加害者と被害者を中心とする緊迫感があって先の展開の読めないサスペンス劇が繰り広げられます。

 そしてやはり終盤では衝撃の真相が明かされたり急展開が待ち受けていたりしてアッと驚かされてしまうものの、それまで見せられてきた世界がひっくり返されるほどの驚きというわけではないですし、単行本のタイトル通りに最後のページできっちりとどんでん返しが炸裂するというわけでもないので、ラストのどんでん返しに期待して読んでいた自分なんかは、この思わせぶりな単行本のタイトルは(どんでん返しに対する)ハードルを高くしてしまうだけでかえって悪影響なのではないかな~と思ってしまいました。

 ただ後から各話を振り返りつつ考えてみましたら、各話の主人公はそれぞれ皆、作中の最後の最後で自身の人生を大きく左右するほどのまさかの局面を迎える、つまり主人公にとっては“最後の局面(ページ)を迎える(めくる)まで”(自分の人生に)何が起きるか分からない、という物語が並んでいるということに気付きました。

 なので、もちろん単純にどんでん返し作品集としてラストで驚き楽しめる人も多くいるでしょうが、そういったタイプの作品を読み慣れていてちょっとやそっとじゃ驚けないというミステリマニアな人であれば、どんでん返しのみに大きな期待を寄せたり高いハードルを課すのではなく、最後の局面で人生が一変してしまう主人公の犯罪サスペンス劇を楽しむつもりで読めば、全体的な構成やミステリ的な魅せ方やラストの捻りなどの切れ味が鋭い犯罪ミステリ短篇集を素直な気持ちで堪能できるのではないでしょうか。


 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “水生大海” 関連記事 】

  > No.1084 「最後のページをめくるまで」
  > No.0242 「少女たちの羅針盤」


 「君待秋ラは透きとおる」詠坂雄二 << PREV/NEXT >> 「不意撃ち」辻原登

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年10月10日 (木)

◎エーデルワイス賞(2019年)穴馬予想&結果


< 10月10日(木)に行われるエーデルワイス賞(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エーデルワイス賞】


 門別のダート1200mで行われる交流2歳牝馬重賞(JpnIII)です。

 いよいよ交流重賞でも2歳戦が始まりますが、この時期は道営勢が中央馬相手に互角以上の結果を出す傾向にあるため、交流重賞にしては思い切った穴馬も狙えるので楽しみですね。

 それでいつもの交流重賞であれば、“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、交流2歳重賞に関しては複勝2倍以上の馬が多く来ることもあって、“複勝1点買い”でいくことにしています。

 ただ、これを書いている時点ではまだオッズが出ていないので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 まだ昼なのでオッズがある程度固まる時間ではないのですが、まあ複勝1倍台になど絶対にならないであろう馬を狙いたくなったので、ここは門別馬のコーラルツッキーを◎にすることに決めてしまいましょう。

 地元のOPで2連勝したものの前走は7着に敗れたのですが、ただこの時はいつもとは違う後方の位置取りだったので、先行さえできれば交流重賞であっても一発あるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ コーラルツッキー / 服部茂史 (14)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14 ◎ コーラルツッキー 服部茂史  7
 2着 8     アザワク      桑村真明  2
 3着 15    ミナトノヨーコ   五十嵐冬樹 11
 4着 5     ニシノミンクス   内田博幸  4
 5着 4     プリモジョーカー  阿部龍   1


 直線に入ってから3番手に上がって来た時には“そのまま3着以内に粘ってくれ....”と祈るような気持ちで観ていましたが、なんとそのまま前の2頭も差し切って勝利してしまったので驚きましたね....。


  (○複勝:14 6.2倍)  ○的中!  1,000円 → 6,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  2/8   25.0%  +200円  102.3%

☆19年通算   >  35/163  21.5% -4,340円  97.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎埼玉新聞栄冠賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎秋華賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月 9日 (水)

◎埼玉新聞栄冠賞(2019年)穴馬予想&結果


< 10月9日(水)に行われる埼玉新聞栄冠賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【埼玉新聞栄冠賞】


 浦和のダート1900mで行われる南関重賞(SIII)です。

 ほとんどの馬が近走で二ケタ着順となっているなど安定感のないメンバー揃いなので、どの馬を選んでも当たりそうな気が全然しないため予想は難しいですが、ここはカンムルを◎にしてみましょう。

 この馬も近2走は二ケタ着順で、前走などは重賞でもないのに勝ち馬から5秒も離される大敗となっているものの、3歳だった2年前には古馬相手にこのレースを制していますし、今年に入ってからも金盃で3着馬と0.4秒差の6着となっています。

 それに、昨年もサンタアニタTと東京記念で連続二ケタ着順となりながらその2走後のこのレースで5着と掲示板に載っているので、近走はイマイチながら実績あるこのレース&このメンバーであれば一発もあるのではないかとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ カンムル / 左海誠二 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ディアデルレイ   本田正重 2
 2着 11    センチュリオン   森泰斗  1
 3着 1     キングミニッツ   石崎駿  4
 4着 2  ◎ カンムル      左海誠二 8
 5着 5     キャッスルクラウン 繁田健一 3


 最後に猛然と追い込んで3番手の馬に迫るところまで来ていたので、スタートで出負けして最後方の位置取りになっていなければあるいは....、って感じでしたねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  1/7   14.3% -5,000円  34.2%

☆19年通算   >  34/162  21.0% -9,540円  94.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都大賞典&毎日王冠(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎エーデルワイス賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月 8日 (火)

『君待秋ラは透きとおる』 詠坂雄二 > 「このミス」完全読破 No.1083

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1083

 『君待秋ラは透きとおる』 詠坂雄二

   「このミス」2020年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2019年9月18日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2019年6月>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 “匿技”の持ち主を発見・勧誘し匿技を研究するのが目的の“日本特別技能振興会”に所属する麻楠均は、人材活用課の参謀役である土倉牡丹から、新たに発見された匿技士であるものの(言葉による)交渉が決裂した君待秋ラに対する、暴力を使った勧誘(制圧)の指示を受けることに。

 君待の自宅前で君待と相対した麻楠は、体の表面から鉄筋を取り出す“鉄筋生成”の匿技を使って君待を説得、あるいは拘束しようとするも、任意の物質を見えなくさせる“透明化”の匿技を持つ君待によって頭部を透明にされ、任務は失敗。

 しかし、麻楠が頭部を透明にされ視覚を奪われた状態でなお君待に訴え掛け続けたのが伝わったのか、君待はあまり乗り気ではないながらも振興会に入ることになって....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、特殊能力的な“匿技”を持つ人間が稀に生まれるという世界で、そんな“匿技”を持つ“匿技士”が集う組織が舞台となっているため、各人ごとに異なる匿技やそれを利用した知略を駆使した異能バトル&サスペンスが展開していきそうに思えます。

 ただ物語の前半は、主人公(君待秋ラ)の匿技士としての葛藤やトラウマなどに焦点が当てられつつも、匿技士たちそれぞれの匿技の仕組みや発動条件や効果などを科学的に分析・解説していく場面が中心となっていまして、その部分はSF的な読み応えも味わえるのでは。

 そして終盤に入ると、待ってましたと言わんばかりの異能バトルが繰り広げられるのですが、前半部分で匿技の分析・解説がじっくりとなされていたこともあって、激しいアクションも頭脳戦も(非現実的なバトルであるにも関わらず)リアルな感触をひりひりと感じさせられるほどの迫力が生み出されていました。

 ただ異色なジャンルである異能バトルものの中でもさらに異色な作品なため、異能バトルを期待して読んでしまうと情報量と説明文の多い前半部分は退屈に思えてしまうかもしれませんし、“事件が起きてその真相を推理する”といった感じの分かりやすいミステリ展開でもないので読む人によってはミステリ的な面白さを全く感じられないかもしれません。

 とはいえ、前半における“匿技”の分析・解説場面では、ロジックを積み上げていくことで匿技の謎を解き明かしていくというミステリ的な刺激を伴う読み味がありますし、後半における異能バトルでは、バトルの最中にも謎が生まれ闘いながらそれを解いていくという展開によりバトルの迫力や熱量を高めているなど、ミステリの魅力や精神をしっかりと宿してそれを物語の中で効果的に活かしている作品でもあるので、やはり詠坂作品ということもあって好き嫌いは激しく分かれそうではあるものの、好きな人であればこのバトルより特殊能力の解明により力を注いだ異色異能バトルミステリを偏愛的に堪能できるのではないでしょうか。


 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “詠坂雄二” 関連記事 】

  > No.1083 「君待秋ラは透きとおる」

  > No.0770 「ナウ・ローディング」
  > No.0728 「亡霊ふたり」
  > No.0595 「インサート・コイン(ズ)」
  > No.0403 「電氣人閒の虞」
  > No.0372 「ドゥルシネーアの休日」


 「或るエジプト十字架の謎」柄刀一 << PREV
           NEXT >> 「最後のページをめくるまで」水生大海

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年10月 7日 (月)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年11月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2019年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2019年 11月 発売 】


 天上の葦(上・下) / 太田愛

 << 2018年版 18位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 19位

 ★ 「犯罪者 クリミナル」「幻夏」
   に続く“クライムサスペンスシリーズ”の3作目

 ★ 白昼、老人が渋谷のスクランブル交差点で
   何もない空を指さして絶命した。
   正光秀雄96歳。
   死の間際、正光はあの空に何を見ていたのか。
   それを突き止めれば一千万円の報酬を支払う。
   興信所を営む鑓水と修司のもとに不可解な依頼が舞い込む。
   そして老人が死んだ同じ日、
   ひとりの公安警察官が忽然と姿を消した。
   その捜索を極秘裏に命じられる停職中の刑事・相馬。
   廃屋に残された夥しい血痕、
   老人のポケットから見つかった大手テレビ局社長の名刺、
   遠い過去から届いた一枚の葉書、
   そして闇の中の孔雀……。
   二つの事件がひとつに結ばれた先には、
   社会を一変させる犯罪が仕組まれていた!?
   鑓水、修司、相馬の三人が最大の謎に挑む。
   感動のクライムサスペンス巨編!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 破滅の王 / 上田早夕里

 << 2019年版 19位 >>

   ・「直木三十五賞」 候補
   ・「ベストSF2018」 3位
   ・「ミステリが読みたい!」 15位

 ★ 1943年、魔都・上海。
   ひとりの科学者の絶望が産みだした
   治療法皆無の細菌兵器。
   その論文は分割され、
   英・仏・独・米・日の大使館に届けられた。
   手を取り合わなければ、
   人類に待っているのは、破滅。
   世界大戦のさなかに突きつけられた究極の選択に、
   答えはでるのか?
   第159回直木賞候補作

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 分かれ道ノストラダムス / 深緑野分

 << 2017年版 23位 >>

 ★ 中学時代に好きだった少年の三回忌で
   彼の日記を譲り受けたあさぎ。
   それを機に、
   少年が死なずに済んだ可能性を探り始めるが、
   協力者の級友とともに
   宗教団体を巡る陰謀に巻きこまれてゆく。
   度重なる窮地に立たされた二人が下す決断と、
   その先に待つ未来。
   十代のまっすぐな想いをのせて描く、
   鮮やかなノンストップミステリー!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 沈黙法廷 / 佐々木譲

 << 2018年版 24位 >>

 ★ 独り暮らしの初老男性が絞殺死体で発見された。
   捜査線上に浮上したのは家事代行業の地味な女性。
   女の周辺では、
   複数の六十代男性の不審死が報じられ、
   疑惑は濃厚になっていく。
   女は、男たちから次々に金を引き出していたのか。
   見え隠れする「中川綾子」という名前の謎とは。
   逮捕後も一貫して無実を訴える彼女だが、
   なぜか突如、黙秘に転じた……。
   判決の先まで目が離せない法廷小説の傑作。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 遠い唇 / 北村薫

 << 2017年版 25位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 15位
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 22位

 ★ コーヒーの香りでふと思い出す学生時代。
   今は亡き、慕っていた先輩から届いた葉書には
   謎めいたアルファベットの羅列があった。
   小さな謎を見つめれば、
   大切な事が見えてくる。
   北村薫からの7つの挑戦。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 教場0 刑事指導官・風間公親 / 長岡弘樹

 << 2018年版 29位 >>

 ★ 「教場」「教場2
   に続く“教場シリーズ”の3作目
   .(1作目が2014年版2位にランクイン)

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 6位

 ★ T県警では、
   各署に所属するキャリア三か月の刑事の中から一名が選ばれ、
   定期的に本部に送られる。
   「風間道場」と呼ばれる刑事育成システムだ。
   待ちうけるのは指導官・風間公親によるマンツーマン指導。
   殺人事件の現場を風間とともに捜査しながら、
   三か月間みっちり指導を受ける。
   卒業生はエース級の刑事として活躍しているが、
   見込みがなければ交番勤務に戻されると噂される。
   後のない新米刑事たちは、
   背水の陣で事件に臨む!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 皇帝と拳銃と / 倉知淳  <<感想記事はこちら!>>

 << 2019年版 30位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト10」 14位

 ★ 私の誇りを傷つけるなど、
   万死に値する愚挙である。
   絶対に許してはいけない。
   学内で“皇帝”と称される稲見主任教授は、
   来年に副学長選挙を控え、
   恐喝者の排除を決意し実行に移す。
   犯行計画は完璧なはずだった。そう確信していた。
   あの男が現れるまでは。
   全四編を収録した、
   著者初の倒叙ミステリ・シリーズ、待望の文庫化。
   〈刑事コロンボ〉〈古畑任三郎〉の衣鉢を継ぐ警察官が、
   またひとり誕生する。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの11月文庫化作品 >>

 脇坂副署長の長い一日 / 真保裕一  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年12月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年10月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年10月 6日 (日)

◎京都大賞典&毎日王冠(2019年)穴馬予想&結果


< 10月6日(日)に行われる京都大賞典(GII)毎日王冠(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都大賞典】


 京都の芝2400mで行われる重賞(GII)です。

 ここは、これを書いている時点で15番人気と全く人気がないですが、思い切ってリッジマンを◎にしてみましょう。

 昨年のダイヤモンドSで2着、ステイヤーズSで1着と長距離重賞で実績ある馬であるものの、ここ3戦は掲示板にすら載れていません。

 とはいえ、GI・有馬記念(12着)、GII・阪神大賞典(6着)、GI・天皇賞・春(8着)といずれもメンバーのレベルが高いレースでしたし、休みを挟んだことで状態が良くなっていればここでの激走も充分にあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ リッジマン / 蛯名正義 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     ドレッドノータス  坂井瑠星 11
 2着 14    ダンビュライト   松若風馬 6
 3着 6     シルヴァンシャー 浜中俊   5
 4着 1     ノーブルマーズ  高倉稜   4
 5着 4     エタリオウ     横山典弘  2

13着 12 ◎ リッジマン      蛯名正義 16


 さすがに単勝300倍近い馬(複勝は30倍以上)を狙うのは無謀だったな~といった結果でしたが、ただ予想した時は人気(オッズ)を気にせずに選んではいたのですよね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【毎日王冠】


 東京の芝1800mで行われる重賞(GII)です。

 今年のダービー2着馬(ダノンキングリー)と安田記念1・2着馬(インディチャンプアエロリット)が激突するという今後のGI戦線を見据えたうえでも注目の一戦ですが、他にも安田記念勝ち馬(モズアスコット)に大阪杯&マイルCS2着馬(ペルシアンナイト)にNHKマイルCの1・2着馬(ケイアイノーテックギベオン)にと昨年のGIで結果を残した馬も多くいるので、なかなか面白いレースとなりそうですね。

 それでここはその中から、ケイアイノーテックを◎にしてみましょう。

 昨年の3歳限定GI・NHKマイルCを制して以降は馬券圏内にすら入れていませんが、それでも昨年のこのレースでは0.4秒差(2・3着馬とは0.2秒差)の5着でしたし、それ以外のレースでも昨年のGI・マイルCSでは11着ながら0.5秒差(3着馬とは0.3秒差)、前走のGI・安田記念では7着ながら0.4秒差と着順の印象に比べると差はない走りだったので、追い込みがハマる展開となるなら充分にチャンスはあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ ケイアイノーテック / 幸英明 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     ダノンキングリー   戸崎圭太  1
 2着 3     アエロリット      津村明秀  2
 3着 4     インディチャンプ    福永祐一  3
 4着 6     ペルシアンナイト   シュタルケ 4
 5着 5     ランフォザローゼス  北村宏司  8

 9着 1  ◎ ケイアイノーティック  幸英明   7


 自分としては想定外だった先行ポジションだったので、期待半分不安半分となりましたが、この結果からすると追走に脚を使ってしまったようですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  1/6   16.7% -4,000円  39.4%

☆19年通算   >  34/161  21.1% -8,540円  94.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎サウジアラビアRC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎埼玉新聞栄冠賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月 5日 (土)

☆ 磐田戦・データボックス>2019年J1リーグ第28節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/5(土) J1リーグ 第28節・ジュビロ磐田戦 (ヤマハ)


  ○2-0 (前半1-0、後半1-0)

  主審: 東城 穣  入場者数:12,464人


  <得点>
   1-0 オウンゴール (横浜・前半30分/公式動画)
   2-0 仲川輝人   (横浜・後半42分/公式動画)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 仲川輝人が、J1リーグ通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「アウェー得点」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「同一カード 得点」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 松原健が、Jリーグ通算150試合出場達成(J2・J3も含む)にリーチとなりました。

 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算127試合出場となり、安永聡太郎(95-98,01-04)と並びマリノス歴代41位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 仲川輝人が、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(97-98)を抜いてマリノス歴代単独23位となりました。


  <ゴールランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 3位 (前節 3位)
         < 16勝 4分 8敗  勝点 52 得点 51 失点 33 得失点差 +18 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【J1リーグ残留確定】


 J1リーグ第28節を終了して、残り6試合を全敗し、J1参入プレーオフ圏内である16位のチームが全勝したとしても順位が入れ替わることがなくなったため、J1リーグ残留が確定しました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMが首位に迫る会心の勝利。磐田には痛すぎる敗戦

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「3位横浜FMが完勝で首位と1差に!
             最下位磐田はクラブワースト記録を更新…

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが仲川の2得点に絡む活躍で磐田に勝利!
            首位FC東京と勝ち点1差に迫る


 (スポニチ) 「横浜、仲川弾で首位・FC東京に1差「チームのために動いた結果」

 (スポニチ) 「横浜 首位FC東京と1差 最終節には直接対決
            畠中「勝ってやろうという気持ちで臨んでいきたい」

 (スポニチ) 「横浜・遠藤 無念の負傷交代
             軽度の肺挫傷か?U22遠征辞退も

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、指揮官“策”的中で首位に1差

 (サンスポ) 「横浜M、最下位磐田を下しリーグ戦5試合負けなしに

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 磐田戦・プレビュー>2019年J1リーグ第28節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎サウジアラビアRC(2019年)穴馬予想&結果


< 10月5日(土)に行われるサウジアラビアロイヤルカップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サウジアラビアロイヤルカップ】


 東京の芝1600mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 これを書いている時点で9頭中半数以上である5頭の複勝最低オッズが1倍台(つまり狙えるのは下位人気4頭のみ)という穴狙い泣かせのレースとなっていますが、ここはイロゴトシを◎にしてみましょう。

 デビュー戦こそ4着に敗れたものの、続く未勝利戦とOPはどちらも35秒台ながら最速の上がりを記録して連勝しています。

 それでも1200m戦しか経験していないこともあってかブービー人気となっているのですが、ただマイルもこなせて、速い上がりの展開にも対応出来るのであれば、OP勝ちの実績からしてもここでの激走もあるのではないかとみて、まあ“(馬券圏内に)来てくれたらラッキーだな”的な一か八か狙いではあるとはいえ、この馬に期待してみることに。


  ◎ イロゴトシ / 小崎綾也 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     サリオス        石橋脩    1
 2着 6     クラヴァシュドール  藤岡佑介  2
 3着 8     アブソルティスモ   戸崎圭太  3
 4着 2     ジェラペッシュ    吉田豊    6
 5着 9     エンジュサークル  M.デムーロ 5

 9着 1  ◎ イロゴトシ       小崎綾也  8


 距離に不安があるのにスタート直後から按上が激しく押していたのでその時点で諦め掛けましたが、まあ上位人気3頭が人気順に入るという結果だったので、どの穴馬を選んでいても外れることに変わりはなかったですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  1/4   25.0% -2,000円  56.5%

☆19年通算   >  34/159  21.4% -6,540円  96.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎レディスプレリュード(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都大賞典&毎日王冠(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月 4日 (金)

☆ 磐田戦・プレビュー>2019年J1リーグ第28節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 10/5(土) 14:00~ J1リーグ 第28節

     vs ジュビロ磐田(ヤマハスタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス :「  3位 15勝 4分 8敗 勝点 49 49得 33失 得失 +16 」
  磐田   :「 18位  5勝 6分 16敗 勝点 21 20得 39失 得失 -19 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 磐田戦は、公式戦通算で「34勝 4分 27敗」、リーグ戦通算で「26勝 2分 22敗」とやや勝ち越しているもののほぼ互角の成績で、リーグ戦ホームで「14勝 1分 11敗」、アウェーで「12勝 2分 11敗」とホーム/アウェーごとの相性も特にありません。

 ただ、リーグ戦では2008年第25節から2017年第12節までの14試合でわずか1敗のみ(10勝 3分 1敗)とここ近年はかなり相性が良かったものの、2017年のリーグ後半戦(アウェー)で●1-2、昨年のリーグ前半戦(ホーム)で●1-3と2連敗を喫してしまったのですが、昨年のリーグ後半戦(アウェー)は○2-1で勝利し、今年の前半戦(ホーム)は○4-0で完勝と、現在は連勝中となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 8位タイ)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 8試合連続“アウェー得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 11試合連続“同一カード 得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 大津祐樹が出場すると、J1リーグ通算150試合出場を達成します。

 松原健が出場すると、Jリーグ通算150試合出場達成(J2・J3も含む)にリーチとなります。

 広瀬陸斗が出場すると、Jリーグ通算150試合出場達成(J2も含む)にリーチとなります。

 中川風希が出場すると、Jリーグ通算50試合出場達成(J2・J3も含む)にリーチとなります。


 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算127試合出場となり、安永聡太郎(95-98,01-04)と並びマリノス歴代41位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(97-98)を抜いてマリノス歴代単独23位となります。

 仲川輝人が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代22位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(97-98)、仲川輝人と並びマリノス歴代23位タイとなります(仲川輝人もゴールした場合は24位タイ)。


 マルコス ジュニオールが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代29位タイとなります。

 マルコス ジュニオールが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算15ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独29位となります。

 マルコス ジュニオールが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算16ゴールとなり、安貞桓(04-05)、栗原勇蔵と並びマリノス歴代27位タイとなります(栗原勇蔵もゴールした場合は28位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 Jリーグ失点ファイル】を見よ!!


 この試合で1失点以上すると、1失点目でマリノスのJリーグ通算1100失点達成となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし  磐田 : なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス: 広瀬陸斗

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: エジガル ジュニオ

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      < マリノス >
       (in) 泉澤仁(←ポゴニ・シュチェチン)
       (in) 伊藤槙人(←水戸)
       (in) 中林洋次(←広島)
       (in) エリキ(←パルメイラス)
       (in) 渡辺皓太(←東京V)
       (in) マテウス(←名古屋)
       (in) オビ パウエル オビンナ(特別指定/流通経済大)

       (out) イッペイ シノヅカ(→大宮)
       (out) 天野純(→スポルティング・ロケレン)
       (out) 原田岳(→相模原)
       (out) 飯倉大樹(→神戸)
       (out) 山田康太(→名古屋)
       (out) 三好康児(→川崎F→アントワープ)
       (out) 椿直起(→北九州)


      < 磐田 >
       (in) 今野泰幸(←G大阪)
       (in) ルキアン(←チョンブリFC)
       (in) 秋山陽介(←名古屋)
       (in) エベシリオ(←レッドスター)
       (in) ファビオ(無所属)

       (out) 中村俊輔(→横浜FC)
       (out) 小川航基(→水戸)
       (out) 石田崚真(→山口)
       (out) ロドリゲス(→ディナモ・キエフ)
       (out) エレン(契約解除)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    磐田  :

 【U-22日本代表】
    マリノス:遠藤渓太、渡辺皓太
    磐田  :

 【U-20日本代表】
    マリノス:
    磐田  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    磐田  : 森谷賢太郎、ファビオ
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  磐田オフィシャル

 【チケット情報】  磐田オフィシャル

 【試合プレビュー(Jリーグ公式サイト)】
   > 「粘り強さを発揮し、勝機をつかめ。磐田が狙う“初勝利→初連勝”


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜・畠中、代表戦に向けて「チャンスをもらえるようにアピール」 5日磐田戦」 (10/5)

   > 「【J試合情報】ジュビロ磐田vs横浜F・マリノス 第28節」 (10/3)


 【TV中継】
  (生) 10/05(土) 14:00~  静岡放送

  (録) なし

  (配信)10/05(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 磐田戦・データボックス>2019年J1リーグ第28節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年10月 3日 (木)

「このミス2021年版」月別ランクイン候補作品(2019年11月)


Gapaku3298_tp_v


 これで12年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2021年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2021年版」ランキング(順位)予想(後日更新予定)の方をご覧ください


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年11月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 暗約領域 新宿鮫XI / 大沢在昌 (16作) * シリーズ12作目
      〈1作目「新宿鮫」が91年版1位にランクイン〉
      〈2作目「毒猿 新宿鮫II」が92年版2位にランクイン〉
      〈3作目「屍蘭 新宿鮫III」が94年版15位にランクイン〉
      〈4作目「無間人形 新宿鮫IV」が94年版16位にランクイン〉
      〈6作目「氷舞 新宿鮫IV」が98年版10位にランクイン〉
      〈9作目「狼花 新宿鮫IX」が07年版4位にランクイン〉
      〈10作目「絆回廊 新宿鮫X」が12年版4位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年11月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 ブルーブラッド / 藤田宜永 (9作)
 ミッドナイツ 《狂騒の八〇年代》作品集成 / 山口雅也 (9作)
 歩道橋シネマ / 恩田陸 (8作)
 殺しの許可書 アンタッチャブル2 / 馳星周 (6作) * シリーズ2作目
 桃源 / 黒川博行 (4作)
 間宵の母 / 歌野晶午 (4作)
 小さな場所 / 東山彰良 (3作)
 ノッキンオン・ロックドドア2 / 青崎有吾 (1作) * シリーズ2作目
 風神雷神 Juppiter,Aeolus(上・下) / 原田マハ (1作)
 大天使はミモザの香り / 高野史緒 (1作)
 荒城に白百合ありて / 須賀しのぶ (1作)
 蟻たちの矜持 / 建倉圭介 (1作)
 最後の楽園 服部まゆみ全短編集 / 服部まゆみ (1作)
 三つのアリバイ 女子大生桜川東子の推理 / 鯨統一郎 (1作) * シリーズ9作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年11月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 老警 / 古野まほろ <3作>
 魔法使いと最後の事件 / 東川篤哉 <2作> * シリーズ4作目
 サイレント・ブルー / 樋口明雄 <2作>
 エージェント 巡査長 真行寺弘道 / 榎本憲男 <1作> * シリーズ4作目
 人面瘡探偵 / 中山七里 <1作>
 犯人は、あなたです / 新堂冬樹 <1作>
 高校事変 IV / 松岡圭祐 <1作> * シリーズ4作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年11月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年11月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “アガサ・クリスティー賞”受賞作 ]
 月の落とし子 / 穂波了


[ “アガサ・クリスティー賞”受賞作 ]
 それ以上でも、それ以下でもない / 折輝真透


[ “小説推理新人賞(奨励賞)”受賞作収録 ]
 深淵の怪物 / 木江恭

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年11月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 OJOGIWA / 藤崎翔 (早)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年11月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 坂の上の赤い屋根 / 真梨幸子
 卒業タイムリミット / 辻堂ゆめ
 沃野の刑事 / 堂場瞬一 * シリーズ3作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年11月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2021年版」月別ランクイン候補作品(2019年12月)

 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年10月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎レディスプレリュード(2019年)穴馬予想&結果


< 10月3日(木)に行われるレディスプレリュード(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【レディスプレリュード】


 大井のダート1800mで行われる交流牝馬重賞(JpnII)です。

 3日連続交流重賞の3日目は、JBCレディスクラシックに向けての重要な一戦となりますが、1・2日目は残念ながら当てられなかった、というかどちらも1番人気が勝利したためどうしようもなかったので、最後のこのレースこそは荒れた結果になってほしいですし、そのうえで当てたいところですね。

 それで今回も他のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、これを書いている時点ではまだ前日オッズが出ているだけの状況で、これから大きくオッズが動くことが予想されます。

 なので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ファッショニスタが2倍台、プリンシアコメータが3倍台、アンデスクイーンとラビットランが6倍前後、マドラスチェックが9倍台、それ以降が10倍以上となっていました。

 となると、ファッショニスタはオッズ的に選べず、プリンシアコメータを選ぶのであれば他は1頭のみ(2頭狙い)、プリンシアコメータを選ばないのであれば3頭以上選べる、といった感じに。

 そこで、中央からの移籍初戦(しかもダートでは5戦2勝全連対)の南関馬・サラーブはなんかこういったタイプの馬が来ることが結構あるようなイメージなので狙いたいのと、半年以上の休み明けが理由で人気を落としていそうなラビットランも狙いたいとなると、残るはアンデスクイーンかマドラスチェックのどちらかになるのですが、ここは前走で交流重賞を勝っているアンデスクイーンの方を選んでみましょう。


[ さらに追記 ]
 と書いた直後にサラーブのオッズが一気に4倍台まで下がってしまいまして、それだと狙う旨みがないかな~とも思うので、サラーブとマドラスチェックを入れ替えることに。


  ◎ ラビットラン / M.デムーロ (8)
  △ アンデスクイーン / 戸崎圭太 (2)
  △ マドラスチェック / 森泰斗 (4)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2  △ アンデスクイーン  戸崎圭太   3
 2着 10    ファッショニスタ   大野拓弥   1
 3着 8  ◎ ラビットラン      M.デムーロ  5
 4着 5     クレイジーアクセル 吉原寛人   8
 5着 7     サラーブ        御神本訓史 4


 レース30分前から上位人気馬のオッズが激しく高低し始めたのでどうなる事かと思いましたが、まあ変更前にも変更後にも選んでいた馬が勝ってくれたのでホッとしましたね。


  (○単勝:2 5.2倍)  ○的中!  1,200円 → 2,600円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  1/3   33.3% -1,000円  72.2%

☆19年通算   >  34/158  21.5% -5,540円  96.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京盃(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎サウジアラビアRC(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月 2日 (水)

「2.5次元の誘惑(本誌出張版)」 橋本悠 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年45号(10月7日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「2.5次元の誘惑」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の橋本悠(はしもと・ゆう)は、これを書いている時点では経歴が謎で、某ジャンプ本誌連載経験漫画家の別名なのではないかとの噂がネット上で広まるなどしています。

 そんな中でこの名義での現時点で唯一の経歴となるのが、2019年6月から“少年ジャンプ+”で始まった「2.5次元の誘惑」の連載でして(少年ジャンプ+参照)、その出張版が今回掲載されたことにより(この名義では)本誌初登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎東京盃(2019年)穴馬予想&結果


< 10月2日(水)に行われる東京盃(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京盃】


 大井のダート1200mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 3日連続交流重賞の2日目は、JBCスプリントに向けての重要な一戦となりますが、昨日は惜しくも当てられなかったので今日はなんとしてでも当てたいところですね。

 それで今回も他のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、これを書いている時点ではまだ前日オッズが出ているだけの状況で、これから大きくオッズが動くことが予想されます。

 なので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約1時間前のオッズを確認したところ、コパノキッキングが1倍台、ヒザクリゲが4倍台、グランドボヌールが8倍台、それ以降が10倍以上となっていました。

 となると、コパノキッキング以外の馬の中から選ぶことになりますが、ここは素直に2~4番人気の3頭と、あとは2年前のこのレースで0.2秒差4着、今年の東京スプリント(今回と同じ大井1200mの交流重賞)でも0.2秒差4着の南関馬・ショコラブランを念のため入れておきましょう。


  ◎ ヒザクリゲ / 横山典弘 (9)
  △ ショコラブラン / 吉原寛人 (4)
  △ サクセスエナジー / 松山弘平 (11)
  △ グランドボヌール / 和田竜二 (13)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     コパノキッキング  藤田菜七子 1
 2着 12    ブルドッグボス   御神本訓史 7
 3着 11 △ サクセスエナジー 松山弘平   4
 4着 4  △ ショコラブラン    吉原寛人  8
 5着 7     キャンドルグラス  赤岡修次  5

 8着 9  ◎ ヒザクリゲ      横山典弘  2


 まあ外れてしまったわけですが、それでも藤田菜七子の初重賞制覇をリアルタイムで観ることが出来たので(それと1倍台の1番人気馬に見事なまでに完勝されたのもあって)“外れて悔しい”という感情は湧いてきませんでしたね。


  (×単勝:2 1.5倍)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  0/2     0.0% -2,400円   0.0%

☆19年通算   >  33/157  21.0% -6,940円  95.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎白山大賞典(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎レディスプレリュード(2019年)穴馬予想&結果

2019年10月 1日 (火)

「サマータイムレンダ(本誌出張版)」 田中靖規 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年45号(10月7日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「サマータイムレンダ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の田中靖規(たなか・やすき)は、“本誌2007年25号”から始まった「瞳のカトブレパス」で連載デビューを果たし(15話で終了)、“本誌2009年33号”から始まった「鍵人-カギジン-」(2007年)で2度目の連載(17話で終了/週刊少年ジャンプ新連載! 「鍵人-カギジン-」 田中靖規参照)。

 連載終了後は、2012年に“最強ジャンプ”で「メダロット7」を短期連載し、2013年には“最強ジャンプ”の「ガイストクラッシャー」と“Vジャンプ”の「ガイストクラッシャー ファースト」を同時に連載するなど、ゲームのメディアミックス漫画を手掛けることに。

 そして2017年10月から“少年ジャンプ+”で「サマータイムレンダ」の連載が始まると(少年ジャンプ+参照)、2年経つ現在でも連載が続いているほどに好評を得て、今回その出張版が掲載されたことにより「鍵人-カギジン-」最終回以来10年ぶりの本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「田中靖規」関連記事】

  > 「サマータイムレンダ(本誌出張版)」
         田中靖規 > 週刊少年ジャンプ読切! (19.10.1)

  > 「鍵人-カギジン-」 田中靖規 > 週刊少年ジャンプ新連載! (09.7.14)
  > 「鍵人-カギジン-」 田中靖規 <JC1巻買い> (09.12.6)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎白山大賞典(2019年)穴馬予想&結果


< 10月1日(火)に行われる白山大賞典(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【白山大賞典】


 金沢のダート2100mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 今日から3日連続で交流重賞が開催されるので、まず初戦であるこのレースを当てて気持ちを楽にして2・3戦目に挑めればいいのですけどね。

 それで今回も他のレースような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、これを書いている時点ではまだオッズが分かりません。

 なので、オッズがある程度固まってから最終予想を決めるとして、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


 [ 追記 ]
  レース約30分前のオッズを確認したところ、グリムが2倍台、デルマルーヴルとリアンヴェリテが3倍台、テルペリオンが7倍台、ノーヴァレンダが10倍台、それ以降が70倍以上となっていました。

 となるとグリムは選べず、(中央馬のみ対象とするならば)デルマルーヴル&リアンヴェリテの組み合わせ以外で2頭選ぶことになるのですが、ここは昨年の交流GI・全日本2歳優駿で1・2着だった3歳馬2頭狙いでいってみましょう。


  ◎ デルマルーヴル / 吉原寛人 (4)
  △ ノーヴァレンダ / 和田竜二 (6)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    グリム      浜中俊  1
 2着 4  ◎ デルマルーヴル  吉原寛人 2
 3着 6  △ ノーヴァレンダ  和田竜二 5
 4着 8     テルペリオン   松若風馬 4
 5着 1     ティモシーブルー 畑中信司 7


 いや~2頭ともに最後まで喰らいついていましたし、特にデルマルーヴルは“ゴールがあと少しでも遠ければ抜いていたのでは”と思えるほどのラストの伸びを見せてくれたのですけどね....。


  (×単勝:10 2.1倍)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年10月  .>  0/1     0.0% -1,200円   0.0%

☆19年通算   >  33/156  21.2% -5,740円  96.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎スプリンターズS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京盃(2019年)穴馬予想&結果

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ