サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月31日 (金)

☆ 湘南戦・データボックス>2019年J1リーグ第14節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/31(金) J1リーグ 第14節・湘南ベルマーレ戦 (BMWス)


  ○2-1 (前半1-1、後半1-0)

  主審: 西村 雄一  入場者数:14,031人

  <得点>
   1-0 エジガル ジュニオ  (横浜・前半12分/公式動画
   1-1 武富孝介        (湘南・前半44分/公式動画
   2-1 仲川輝人        (横浜・後半18分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合に勝利したため、湘南戦アウェー13試合負けなしとなり、「同一カード アウェー負けなし」のマリノス歴代記録を更新しました。

 この試合で得点したため、湘南戦アウェー13試合連続得点となり、「同一カード アウェー連続得点」のマリノス歴代記録を更新しました。


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 13試合連続 達成 <マリノス歴代 1位>

  ・「同一カード アウェー得点」記録 > 13試合連続 達成 <マリノス歴代 1位>


 <記録ストップ>

  ・「4得点以上」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード アウェー無失点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 8位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 大津祐樹が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算110試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独48位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 仲川輝人が、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)・遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(31日終了時暫定) : 2位 (前節 5位)
         < 8勝 3分 3敗  勝点 27 得点 24 失点 17 得失点差 +7 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMが仲川輝人の勝ち越しゴールを守り切り、
           神奈川ダービーを制す

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「エジガル&仲川また決めた!! 攻撃好調の横浜FM、
                 神奈川ダービー制して暫定2位浮上

 (ゲキサカ) 「“1G1A”の横浜FM仲川輝人、
             3連勝でリーグ中断も「つなげていく」

 (ゲキサカ) 「畠中槙之輔、三好康児、そして遠藤渓太…
             横浜FM3選手が語った“日の丸”への決意

 (ドメサカブログ) 「エジガルジュニオ&仲川の2戦連続弾で
                  横浜FMが競り勝つ!今季初の3連勝


 (スポニチ) 「横浜・仲川2戦連発
           今季初3連勝 目標は「できれば23得点」

 (日刊スポーツ) 「横浜仲川の抜け目ない嗅覚「こぼれ球への準備は」

 (スポーツ報知) 「今季初の3連勝で暫定2位に浮上

 (サンスポ) 「横浜M3連勝!日本代表・畠中、1失点勝利に貢献

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 湘南戦・プレビュー>2019年J1リーグ第14節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

『W県警の悲劇』 葉真中顕 > 「このミス」完全読破 No.1068

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1068

 『W県警の悲劇』 葉真中顕

   「このミス」2020年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2019年5月28日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2019年1月>


W県警の悲劇 (文芸書)

葉真中 顕

徳間書店 2019.01.19

Amazonで詳しく見る

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 W県警は、男尊女卑がまかり通っているなど日本中の県警の中でも特に旧態依然としていることで知られていて、県警を仕切っている“円卓会議”と呼ばれる幹部会合も、現状維持を旨とし前例にない組織改革などをとにかく嫌う事なかれ主義の集まり。  

 そんなW県警で女性警官として史上初めて警視まで登りつめた松永菜穂子は、男尊女卑的な体質を改革するのを自分の使命とし、そのために警視正へ昇進して円卓会議の正規メンバーになるべく努力していて....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「洞の奥」「交換日記」「ガサ入れの朝」「私の戦い」「破戒」「消えた少女」から成る連作集です。

 各話ごとに主人公が変わることもあって、連作とはいえ全編を通して深く繋がっているわけではないものの、主人公はW県警の女性警官という共通点があり、各主人公が間接的に関わっていたりもします。

 そんな女性警官たちがそれぞれ担当することになる事件に挑んでいくのですが、捜査や取り調べの場面は事件自体がかなり謎めいているため先の読めないスリル満点な展開が繰り広げられ、女性という(W県警では特に)弱い立場にいながら奮闘する姿も描かれるなど、警察小説としての魅力が刺激的なほどに感じられました。

 そして本作の一番の特徴といえば、各話の終盤で読者をアッと驚かせるような仕掛けが炸裂することでして、そこに至るまでの物語だけでも充分に面白く読んでいたのに、驚きの真相が明かされることによってさらに身体が震えるほどの衝撃的なカタルシスを味わわされてしまいますし、注意深く読んでいても見事に騙されたりドキッとさせられてしまうくらいに捻りが効き趣向が凝らされた仕掛けとなっているのですね。

 とはいえ、中にはさすがに伏線が強引すぎるのではないかと思うような箇所もあったりして、そんなところからも現実的な警察サスペンスや人間ドラマを描くタイプなではないことがわかるため、そういったリアルさを期待して読んでしまうと人工的で荒唐無稽な物語に見えて話に入っていき辛くなってしまうかもしれません。

 ただその分エンタメ要素全開でとにかく読者を驚かせ楽しませようとする意気込みが強く伝わってきますし、社会派サスペンスを得意とする著者からすると軽く読める系の作品に思われそうですが中身の方は警察小説としても本格ミステリ作品としても(遊び心がたっぷりと詰まっていながら)一級品の読み応えがあります。

 なので、葉真中作品好きな人やサスペンス系作品が好きな人はもちろんのこと当然ですが、これまでの葉真中作品を(ジャンル的に)敬遠していた本格ミステリ好きな人にも強くお薦めしたくなる作品ですし、読めば単行本表紙に描かれた女性警官二人と同じようなニヤリとした笑顔を思わず作ってしまうほどのミステリ的快感を堪能できるのではないでしょうか。


 個人的評価 : ★★★★★ ★★★☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “葉真中顕 ”関連記事 】

  > No.1068 「W県警の悲劇」

  > No.1048 「凍てつく太陽」(後日更新予定)
  > No.0922 「コクーン」(後日更新予定)
  > No.0913 「ブラック・ドッグ」(後日更新予定)
  > No.0792 「絶叫」
  > No.0643 「ロスト・ケア」


 「魔眼の匣の殺人」今村昌弘 << PREV
             NEXT >> 「こうして誰もいなくなった」有栖川有栖

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年5月30日 (木)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年4月/その5)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年5月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年4月/その4) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


O・TE・A・GE・DA! / BRADIO

   シングル『O・TE・A・GE・DA!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


How-to / Mrs. GREEN APPLE

   シングル『ロマンチシズム』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


桜舟~Sail Of Life~ / THE CHERRY COKE$

   配信シングル『桜舟~Sail Of Life~』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


火ヲ灯ス / 突然少年

   アルバム『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いい女をよろしく / 寺嶋由芙

   シングル『いい女をよろしく』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


family name / ZOC

   シングル『family name / チュープリ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


OPEN THE WORLDS / ORESAMA

   シングル『OPEN THE WORLDS』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年5月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年4月/その4) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年5月29日 (水)

◎さきたま杯(2019年)穴馬予想&結果


< 5月29日(水)に行われるさきたま杯(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【さきたま杯】


 浦和のダート1400mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 GI馬のモーニンがいて、近2走以内に交流重賞を制している馬がキタサンミカヅキ・サクセスエナジー・ウインムートと3頭もいて、連勝中の勢いで昨年の中央重賞を勝ったサンライズノヴァがいて、1年以上ぶりの再始動となるブルドッグボスがいて、中央から移籍2戦目のコウエイエンブレムがいてと、交流GIIとしてはなかなか豪華で面白いメンバーが揃いました。

 そして今回の交流重賞も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、これを書いている時点ではまだまだ単勝オッズに動きがありそうな感じです。

 なので、ある程度オッズが固まって来てから最終予想を決定し、それをレースの約15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、サクセスエナジーが2倍台、キタサンミカヅキが3倍台、サンライズノヴァが4倍台、ウインムートが6倍台、モーニンが8倍台、それ以降の馬は30倍以上となっていました。

 なのでここはオッズのバランスも考えて、キタサンミカヅキとウインムートの2頭狙いでいってみましょう。


  ◎ キタサンミカヅキ / 森泰斗 (1)
  △ ウインムート / 和田竜二 (9)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9  △ ウインムート     和田竜二   4
 2着 3     サクセスエナジー 池添謙一   1
 3着 1  ◎ キタサンミカヅキ  森泰斗    2
 4着 5     サンライズノヴァ  戸崎圭太   3
 5着 2     モーニン       藤井勘一郎 5


 結構ギリギリまでウインムートにしようかモーニンにしようか悩んでいたので、この選択を誤らずにすんでホッとしました....。


  (○単勝:9 6.9倍)  ○的中!  1,200円 → 2,760円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  5/18  27.8%  +10,560円  156.2%

☆19年通算   >  23/93  24.7% +12,200円  112.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京優駿/日本ダービー&目黒記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎鳴尾記念(2019年)穴馬予想&結果

☆ 湘南戦・プレビュー>2019年J1リーグ第14節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/31(金) 19:00~ J1リーグ 第14節

     vs 湘南ベルマーレ (Shonan BMW スタジアム平塚)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  5位 7勝 3分 3敗 勝点 24 22得 16失 得失 +6 」
  湘南  :「 10位 5勝 2分 6敗 勝点 17  17得 19失 得失 -2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 湘南戦は、1997年2ndステージから2015年まで11試合負けなし(2015年の2ndステージで引き分けるまで10連勝)、その期間に2点差以上離して勝利したのが11試合中9試合と、2016年1st第9節(ホーム)で19年ぶりに敗れるまではお得意様といってもいいほどに相性抜群でした。

 そして19年ぶりの敗戦後も「2勝 1分 0敗」と相性の良さを持続していたものの、記憶も新しい昨年のルヴァンカップ決勝(埼玉)での対戦では●0-1で敗れ、タイトル獲得まであと一歩のところで優勝を湘南に阻まれてしまうことに....。

 そして今年最初の対戦となったルヴァンカップGS第2節(アウェー)でも●0-2で敗れたため、一転して湘南に対し苦手なイメージが生まれかけていましたが、ルヴァンカップGS第4節(ホーム)では○1-0で勝利。

 それに、リーグ戦アウェーでは「11勝 1分 1敗」で現在2連勝中&12試合負けなし中なので、(今年のルヴァンカップでBMWスでは25年ぶりに敗れたとはいえ)アウェーでの相性の良さはまだまだ健在です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合に勝つか引き分けだと、湘南戦アウェー13試合負けなしとなり、「同一カード アウェー負けなし」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で得点すると、湘南戦アウェー13試合連続得点となり、「同一カード アウェー連続得点」のマリノス歴代記録を更新します。


 ★今回の試合で勝利か引き分けだと........
   > 13試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 13試合連続“同一カード アウェー得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で3得点以上だと........
   > 3試合連続“3得点以上”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 3試合連続“4得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 李忠成が出場すると、J1リーグ通算300試合出場を達成します。

 大津祐樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算110試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独48位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 仲川輝人が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算16ゴールとなり、安貞桓(04-05)、栗原勇蔵と並びマリノス歴代26位タイとなります(栗原勇蔵もゴールした場合は27位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 湘南 : 山﨑凌吾、山根視来

 【出場停止にリーチ】 マリノス: なし

 【代表参加のため欠場】
     マリノス: 山田康太、 湘南 : 鈴木冬一、齊藤未月

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 湘南 >
       松原修平(←群馬)
       フレイレ(←清水)
       小野田将人(←今治)
       デュマス(←フラメンゴ)
       中川寛斗(←柏)
       レレウ(←アトレチコMG)
       武富孝介(←浦和)
       古林将太(←仙台)
       指宿洋史(←千葉)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔、三好康児
    湘南  : 杉岡大暉

 【U-22日本代表】
    マリノス:
    湘南  :

 【U-20日本代表】
    マリノス: 山田康太
    湘南  : 鈴木冬一、齊藤未月

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    湘南  : 秋元陽太
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  湘南オフィシャル

 【チケット情報】  湘南オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「畠中 代表に向け“つなぐ”意識を「考えながらやりたい」」 (5/31)

   > 「湘南・杉岡、代表合流前の横浜戦に気合「勝つためにやりたい」」 (5/30)
   > 「【J試合情報】湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス 5月31日」 (5/30)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)05/31(金) 19:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 湘南戦・データボックス>2019年J1リーグ第14節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年5月28日 (火)

『魔眼の匣の殺人』 今村昌弘 > 「このミス」完全読破 No.1067

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1067

 『魔眼の匣の殺人』 今村昌弘

   「このミス」2020年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2019年5月22日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2019年2月>


魔眼の匣の殺人

今村 昌弘

東京創元社 2019.02.20

Amazonで詳しく見る

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 著者の今村昌弘は、鮎川哲也賞を受賞したNo.990「屍人荘の殺人」で2017年にデビューすると、発売直後から話題を集め、(新人作家の作品がランクインするだけでも大変なことなのに)1997年版の『不夜城』(馳星周)以来史上二作目となる“デビュー作での「このミス」1位”に輝くことに。

 さらには、「本格ミステリ・ベスト10(本ミス)」と「週刊文春ミステリーベスト10(文春)」でも1位となったため(発売時期のために翌年度対象となった「ミステリが読みたい!」は2位)、ベテラン作家でもほとんど達成出来ていない“ミステリランキング三冠”をデビュー作で為し遂げるというとんでもない偉業を果たしてしまいました(ちなみに三冠達成は東野圭吾No.45「容疑者Xの献身」、米澤穂信No.748「満願」No.828「王とサーカス」に次ぐ三人目/四作目で、「このミス」「本ミス」「文春」での三冠達成は東野圭吾『容疑者Xの献身』に次いで二作目)。

 それでも勢いはまだまだ止まらず、本格ミステリ大賞を受賞し、本格ミステリ系作品に票が集まりにくい傾向の「本屋大賞」でも3位に入り、実写映画化&漫画化も決まるなど、近年のミステリ界では稀に見るほどのフィーバー状態となったのですね。

 そんな2010年代のミステリ小説を代表する一冊となった作品に続く待望のデビューニ作目にしてシリーズニ作目が本作なのですが、前作の超重要部分のネタバレは上手いこと避けられているので本作から読んでも問題なく楽しめるものの、やはり連続殺人が起きるシリーズということもあって生存確認的ネタバレにはなってしまうので、出来るだけ前作から読むことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子は、二人と因縁深いものの存在自体が謎に包まれている“班目機関”の実験施設であるらしい場所の情報を得たため、W県の山奥にある好見地区に向かったところ、そこは入口がフェンスで塞がれているうえに中に入ると住民が一人も見当たらないという異様な状況。

 そのため、二人と同じタイミングで偶然または目的があって好見にやって来た男女数名と、川向こうの真雁という地区に建つ通称“魔眼の匣”を訪ねたところ、そこに住む未来を見通す予言者であるサキミが「これから二日の間に真雁で男女が二人ずつ、四人死ぬ」と予言し、しかもその直後に好見へ戻るための唯一の行路であった木橋が燃え落ちてしまって....。

 というわけで前作と同様に外界から孤立した地(クローズド・サークル)で連続殺人事件が起きるという本格ミステリの定番中の定番的な展開が繰り広げられていくのですが、今回は本物らしい予言者が二人登場するという特殊な状況にあるため、その予言が物語に大きく影響していき、単なる殺人事件に終わらないサスペンス的な盛り上がりを生み出しています。

 しかも、終盤に入り探偵役による推理披露シーンになると、予言が事件の核心に驚くほど深く侵食していたことが明かされまして、推理内容も予言の要素が様々な場面で重要な鍵となり、いくつもの伏線を回収してそれらの鍵を解いていくことにより狂気の真相が浮かび上がってくるなど、予言という特殊設定を見事なまでに活かした凄みのある本格ミステリ作品となっているのですよね。

 ただやはり前作ほどの分かりやすいインパクトはないので、前作のド派手な部分に面白さを感じた人だと今回は少々物足りなく感じてしまうかもしれません。

 とはいえ、前作が高く評価されたのは(ド派手な部分だけでなく)根幹となる本格ミステリ要素の土台がしっかりとしているうえに高レベルであったからで、本作ではそれがフロックではなく著者の実力であることを証明するほどの内容となっていますし、それでいて予言という変化球の要素を巧妙に組み込むことで本作ならではのミステリ的魅力を何十倍にも膨れ上げさせているので、本格ミステリ好きな人であれば“前作が凄すぎたからさすがに今回はどうだろうか....”という不安など瞬く間に吹き飛んでしまうくらいの面白さや本格ミステリ的刺激を堪能できるのではないでしょうか。


 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “今村昌弘”関連記事 】

  > No.1067 「魔眼の匣の殺人」
  > No.0990 「屍人荘の殺人」


 「猫には推理がよく似合う」深木章子 << PREV
                NEXT >> 「W県警の悲劇」葉真中顕

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年5月27日 (月)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年4月/その4)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その5)

  月別候補曲リスト(2019年4月/その3) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


絶対的三分間 / そこに鳴る

   アルバム『一閃』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


3min / Aimer

   アルバム『Sun Dance』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


サマーゾンビ / alom

   シングル『サマーゾンビ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


メトロポリタン / なきごと

   シングル『nakigao』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


未来へ / Cloque.

   アルバム『トワイライト』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


なんきん☆超錬金 / なんきんペッパー

   シングル『超燦然』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いらない ツインテール / =LOVE(イコールラブ)

   シングル『探せ ダイヤモンドリリー』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オトナのピーターパン / ナナヲアカリ

   EP『しあわせシンドローム』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その5)

  月別候補曲リスト(2019年4月/その3) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年5月26日 (日)

☆ 磐田戦・データボックス>2019年J1リーグ第13節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/26(日) J1リーグ 第13節・ジュビロ磐田戦 (日産ス)


  ○4-0 (前半1-0、後半3-0)

  主審: 飯田 淳平  入場者数:26,046人

  <得点>
   1-0 マルコス ジュニオール (横浜・前半40分/公式動画
   2-0 仲川輝人         (横浜・後半15分/公式動画
   3-0 エジガル ジュニオ    (横浜・後半20分/公式動画
   4-0 エジガル ジュニオ    (横浜・後半29分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード ホーム得点」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「4得点以上」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 李忠成が、J1リーグ通算300試合出場達成にリーチとなりました。

 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算109試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)と並びマリノス歴代48位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 仲川輝人が、マリノス所属時リーグ戦通算13ゴールとなり、中町公祐(12-18)と並びマリノス歴代30位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 5位 (前節 6位)
         < 7勝 3分 3敗  勝点 24 得点 22 失点 16 得失点差 +6 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「前線が躍動し、2試合連続のゴールショー!横浜FMが完勝

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「“フュージョン”トリオで合計4発!!
           横浜FM、猛攻と演出で沸かせて磐田撃破

 (ゲキサカ) 「“エジガル爆誕”の舞台裏…
          マルコスとフュージョンした横浜FM仲川「打ち合わせはない」

 (ゲキサカ) 「“決定率3割超”で首位タイ7点目!
            横浜FMマルコス「そこの順位は気にしない」

 (ドメサカブログ) 「エジガル・ジュニオの2ゴールなど4得点で横浜FMが快勝!
             2連勝でホーム無敗を守る


 (スポニチ) 「横浜快勝、得点ランク首位タイのジュニオール口火弾

 (日刊スポーツ) 「横浜の「クリリン」先制弾で仲川と「フュージョン」

 (スポーツ報知) 「DF畠中、完封勝利に貢献「よく守れたと思う」 日本代表戦に弾み

 (サンスポ) 「横浜M・マルコス奮迅、3得点に絡む働き!

 (サンスポ) 「M・ジュニオールが1G1A躍動!
            横浜Mに完敗の磐田は今季初連勝ならず

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 磐田戦・プレビュー>2019年J1リーグ第13節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎東京優駿/日本ダービー&目黒記念(2019年)穴馬予想&結果


< 5月26日(日)に行われる東京優駿/日本ダービー(GI)目黒記念(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京優駿(日本ダービー)】


 東京の芝2400mで行われる3歳重賞(GI)です。

 いよいよ3歳馬の頂点を決めるダービーの日を迎えることになりましたが、今年は(これを書いている時点で)人気上位馬3頭の複勝最低オッズが1倍台前半なのに対し、4番人気以降は3倍以上という、皐月賞で同タイムでの激戦を繰り広げたサートゥルナーリア・ヴェロックス・ダノンキングリーの3強が圧倒的な人気を集めるという構図となっていますね。

 となれば、穴狙いとしてはこの3強の間に割って入る馬を見つけ出さねばならないものの、皐月賞組を狙うべきか別路線組を狙うべきかですでにかなり悩んでしまいますし、どちらかに絞ったとしてもその中から1頭だけ選ぶのもかなり難しい作業となります....。

 なのでまあ運が良ければ当たるだろうという軽い気持ちで、クラージュゲリエを◎にしてみました。

 新馬戦を勝った後は、札幌2歳Sで3着、京都2歳Sで1着、共同通信杯で3着と常に重賞で安定して馬券に絡み、前走のGI・皐月賞でも14番人気と低評価ながら5着に入る健闘を見せています。

 ただ3強の間に割って入れるだけの力があるのかどうかが問題なのですが、2戦目以降はずっと馬体重が増えていることからも今まさにパワーアップし続けている状態であることがうかがえますし、常に34秒台以下の上がりを出し唯一35秒以上(36秒台)だった札幌2歳Sも上がり最速と堅実に伸びる脚はハマれば一発ありそうなので、この馬に期待してみることに。


  ◎ クラージュゲリエ / 三浦皇成 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ロジャーバローズ  浜中俊  12
 2着 7     ダノンキングリー   戸崎圭太 3
 3着 13    ヴェロックス      川田将雅 2
 4着 6     サートゥルナーリア  レーン   1
 5着 9     ニシノデイジー    勝浦正樹 13

 6着 10 ◎ クラージュゲリエ   三浦皇成 7


 良い位置から伸びて来ていたし3着馬とは少しの差しかなかったので悔しい結果でしたが、ただ(元々運勝負が強いと思っていたこともあってか)ダービーをゴール前までドキドキしながら楽しむことが出来た喜びの方が上回っている感じですかね。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【目黒記念】


 東京の芝2500mで行われるハンデ重賞(GII)です。

 ダービー後の最終レースでおこなわれるのもすっかりお馴染となった重賞ですが、普段は穴馬狙いばかりしていることもあってか頂上決戦であるダービーには他の競馬好きの方々ほどには思い入れや意気込みが薄いと思うので、ダービーが外れてもこちらのレースさえ当たれば嬉しさはそこまで変わらないと思うのですよね。

 それでここは、ソールインパクトを◎にしてみましょう。

 昨年の海外遠征では2戦共に大敗だったものの、日本の重賞では現在3レース連続掲示板と安定感がありますし、東京での重賞も古馬になってからは4戦全て掲示板と相性は良いです。

 ただ掲示板には載っても馬券圏内にはなかなか入らないのが不安ですが、今年に入って連続4着となった両レース共に◎にして悔しい思いをしたということもあって、もう一度この馬に期待してみたいと思います。


  ◎ ソールインパクト / 福永祐一 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ルックトゥワイス   レーン   3
 2着 5     アイスバブル    アヴドゥラ 5
 3着 3  ◎ ソールインパクト  福永祐一 9
 4着 7     ゴーフォザサミット 石橋脩   6
 5着 4     ムイトオブリガード 武豊    2


 音を消して中継を観ていたのですが、レース直前にちゃんと“ソールインパクトは3番だ”と改めて確認していたのに、レースが始まった途端に4番の馬をソールインパクトだとなぜか勘違いして観てしまい、レース直後には「やっぱり掲示板には載ったけど馬圏内には入れなかったか....」とガックリ。

 そして馬券圏内に来た馬の人気を見るために公式サイトで確認してみたところ、「馬券圏内に入った馬は3・5・10番の3頭か~、お、3はなかなかの人気薄だなぁ、ん?、あれ?ソールインパクト?」とここでソールインパクトが実は3番だと気付き、レースからしばらく経ってようやく当たったことを喜んだのでした....。


  (○複勝:3 4.5倍)  ○的中!  1,000円 → 4,500円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  4/17  23.5%  +9,000円  151.1%

☆19年通算   >  22/92  23.9% +10,640円  111.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎葵S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎さきたま杯(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月25日 (土)

◎葵S(2019年)穴馬予想&結果


< 5月25日(土)に行われる葵ステークス(重賞)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【葵ステークス】


 京都の芝1200mで行われる3歳重賞(重賞)です。

 昨年に重賞へ昇格したレースで(なので今年もGIIIなどの格付けはまだなし)、ダービーと同じ週に行われる3歳重賞なのですが、こちらは重賞で結果を出していなかったり重賞での出走自体今回が初という馬がほとんどなので、それゆえに予想の方もかなりの難しさとなっていますね。

 それでここは、タマモメイトウを◎にしてみましょう。

 今回が初重賞挑戦の馬で、500万下を勝つまで6戦を要してしまいましたが、ただその6戦のうち半分は馬券圏内に入り、残りの3レース中5着のレースは0.2秒差、6着のレースも0.2秒差(3着馬とは同タイム)と接戦でしたし、唯一凡走したレース(9着)も馬体重プラス18kgで直線最後方だったので度外視してよさそうです。

 なので、勝負強さは感じられないとはいえ相手なりに走れる安定感はありそうなので、重賞のここでもチャンスはあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ タマモメイトウ / 吉田隼人 (14)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ディアンドル      藤岡佑介 1
 2着 13    アスターペガサス  福永祐一 13
 3着 7     アウィルアウェイ   川田将雅 2
 4着 11    ディープダイバー   藤岡康太 3
 5着 1     ケイアイサクソニー  和田竜二 4

 8着 14 ◎ タマモメイトウ     吉田隼人 14


 一応33秒台の上がりを出してはいるのですが、上位も33秒台の上がりなので、これでは位置取り的にノーチャンスでしたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  3/15  20.0%  +6,500円  141.7%

☆19年通算   >  21/90  23.3%  +8,140円  108.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎大井記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京優駿/日本ダービー&目黒記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月24日 (金)

☆ 磐田戦・プレビュー>2019年J1リーグ第13節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/26(日) 13:00~ J1リーグ 第13節

     vs ジュビロ磐田 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  6位 6勝 3分 3敗 勝点 21 18得 16失 得失 +2 」
  磐田  :「 12位 3勝 3分 6敗 勝点 12  10得 11失 得失 -1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 磐田戦は、公式戦通算で「33勝 4分 27敗」、リーグ戦通算で「25勝 2分 22敗」とやや勝ち越しているもののほぼ互角の成績で、リーグ戦ホームで「13勝 1分 11敗」、アウェーで「12勝 2分 11敗」とホーム/アウェーごとの相性も特にありません。

 ただ、リーグ戦では2008年第25節から2017年第12節までの14試合でわずか1敗のみ(10勝 3分 1敗)とここ近年はかなり相性が良かったものの、2017年のリーグ後半戦(アウェー)で●1-2、昨年のリーグ前半戦(ホーム)で●1-3と2連敗を喫してしまったのですが、昨年のリーグ後半戦(アウェー)は○2-1で勝利しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で得点すると........
   > 9試合連続“同一カード ホーム得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“4得点以上”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 李忠成が出場すると、J1リーグ通算300試合出場達成にリーチとなります。

 大津祐樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算109試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)と並びマリノス歴代48位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算13ゴールとなり、中町公祐(12-18)と並びマリノス歴代30位タイとなります。

 仲川輝人が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 磐田 : なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス: なし

 【代表参加のため欠場】
     マリノス: 山田康太、 磐田 : なし

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 磐田 >
       石田崚真(←金沢)
       森谷賢太郎(←川崎F)
       ロドリゲス(←シェリフ・ティラスポリ)
       中山仁斗(←山形)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔、三好康児
    磐田  :

 【U-22日本代表】
    マリノス:
    磐田  : 大南拓磨、小川航基

 【U-20日本代表】
    マリノス: 山田康太
    磐田  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    磐田  : 中村俊輔、森谷賢太郎
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsジュビロ磐田 5月26日」 (5/23)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)05/26(日) 13:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 磐田戦・データボックス>2019年J1リーグ第13節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年5月23日 (木)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年4月/その3)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その4)

  月別候補曲リスト(2019年4月/その2) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ハンカチ / ココロオークション

   ミニアルバム『VIVI』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


We Two / Aimer

   アルバム『Sun Dance』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LINDAMAN / SHIMA

   アルバム『Blast』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Bloomin' / 植田真梨恵

   ミニアルバム『W.A.H.』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ひとつになれないけものたち / グッバイフジヤマ

   アルバム『キャッチャー・イン・ザ・ヘル』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぼくはシモベくん-呪縛からの解放- / John Natsuki

   配信限定EP『Theatre of Strange』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


されど幸せ / ZOMBIE-CHANG

   デジタルシングル『されど幸せ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さけっぱらだい酒☆ / バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI

   アルバム『NO LIMIT』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その4)

  月別候補曲リスト(2019年4月/その2) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年5月22日 (水)

☆ 長崎戦・データボックス>2019年ルヴァンカップGS第6節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/22(水) ルヴァンカップ グループステージ 第6節

         vs V・ファーレン長崎 (トラスタ)


  ●1-3 (前半0-1、後半1-2)

  主審: 家本 政明  入場者数:4,,014人

  .<得点>
    0-1 吉岡雅和  (長崎・前半07分/公式動画
    0-2 長谷川悠  (長崎・後半15分/公式動画
    1-2 天野純    (横浜・後半27分/公式動画
    1-3 大本祐槻  (長崎・後半48分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)、久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代49位タイとなりました。


  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 4,014人

  > マリノス総合ランキング ワースト・13位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ)

  > 長崎戦・ランキング ベスト・4位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <観客動員ファイル>  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ルヴァンカップ GS 順位 : 3位 (前節 1位)
         < 2勝 2分 2敗  勝点 8 得点 9 失点 8 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【グループステージでの敗退決定】


 * グループステージの4クラブ中
  1・2位の2クラブがプレーオフステージに進出
  (3・4位がGSで敗退)

 * ルヴァンカップのGSでは
  最終節を終わった時点で同勝ち点で2クラブ以上が並んだ場合
  “グループ内全試合”の得失点・得点よりも
  “勝ち点が同一のクラブ同士で行った試合”のみの
  勝ち点・得失点・得点の方が優先され順位が決定

 * グループステージの全日程を終え
  マリノスと長崎が勝ち点8の2位で並んだものの
  この2クラブが対戦した2試合のみの合計勝ち点が
  マリノス「1」(0勝 1分 1敗)、長崎「4」(1勝 1分 0敗)なので
  最終的には長崎が2位、マリノスが3位となり
  マリノスのグループステージでの敗退が決定しました

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!「サッカー専門チャンネル」

    


 (Jリーグ公式) 「最下位からの大逆転。分水嶺となった富澤のPKストップ

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「最下位から逆転突破!! J2長崎がプレーオフステージへ…
          横浜FMは李忠成が痛恨PK失敗

 (ドメサカブログ) 「長崎がクラブ初のGL突破!
              GK富澤雅也がPKストップで勝利呼び込む


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、立ち上がりの失点で流れ失う

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 長崎戦・プレビュー>2019年ルヴァンカップGS第6節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎大井記念(2019年)穴馬予想&結果


< 5月22日(水)に行われる大井記念(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【大井記念】


 大井のダート2000mで行われる南関重賞(SI)です。

 SIらしく豪華メンバーが集まりましたが、それ故に穴っぽい馬でも実績馬が揃っているので、狙ってみたい馬が多くてかなり悩んでしまいますね。

 そんな時は自分の場合、ベテラン馬を狙いにいって外すことが多いような気がするので、ここは若いヤマノファイトを◎にしてみましょう。

 昨年はクラシックの羽田盃を制し、東京ダービーこそ7着に敗れたものの、古馬相手に埼玉新聞栄冠賞で2着、交流重賞・浦和記念で地方馬最先着の5着、そして今年正月の報知オールスターCを制するなど、結果を出し続けています。

 ただ前走のブリリアントCでは1・2着馬と1.1秒差の6着と久々の凡走となっているのですが、これは初の58kgやダイオライト記念での競争除外の影響があったのかもしれませんし、ここで巻き返しの可能性は充分にあるとみて、この馬に期待することに。


  ◎ ヤマノファイト / 本橋孝太 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     モジアナフレイバー 繁田健一   4
 2着 8     センチュリオン    左海誠二   2
 3着 2     タービランス      森泰斗    1
 4着 15    シュテルングランツ 川島正太郎 13
 5着 4  ◎ ヤマノファイト     本橋孝太   7


 前残りの展開の中で追い込んで3着まであと少しのところまで来ていたので、スタート後に手応え悪くほぼ最後方の位置取りとなったのがもったいなかったですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  3/14  21.4%  +7,500円  151.4%

☆19年通算   >  21/89  23.6%  +9,140円  110.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎優駿牝馬/オークス(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎葵S(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月21日 (火)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年4月/その2)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その3)

  月別候補曲リスト(2019年4月/その1) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


I don't know / THE YELLOW MONKEY

   アルバム『9999』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Monochrome Syndrome / Aimer

   アルバム『Sun Dance』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ロマンチシズム / Mrs. GREEN APPLE

   シングル『ロマンチシズム』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


BRUSH MAN / THE SLUT BANKS

   アルバム『NOIZ THE RIPPER』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


THE CHAIR / w.o.d.

   ライブ会場・限定店舗販売CD&配信シングル『THE CHAIR』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


PROJECTION / PassCode

   アルバム『CLARITY』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


愛し泡沫ト / 星歴13夜

   シングル『愛し泡沫ト』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ときめき宣伝部のVICTORY STORY / ときめき♡宣伝部

   シングル『ときめき♡宣伝部のVICTORY STORY/青春ハートシェイカー』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その3)

  月別候補曲リスト(2019年4月/その1) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年5月20日 (月)

☆ 長崎戦・プレビュー>2019年ルヴァンカップGS第6節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/22(水) 19:00~ ルヴァンカップ グループステージ 第6節

     vs V・ファーレン長崎 (トランスコスモススタジアム長崎)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << ルヴァンカップ グループステージの順位 >>

  マリノス:「 1位 2勝 2分 1敗 勝点 8  8得 5失 得失 +3 」
  長崎  :「 4位 1勝 2分 2敗 勝点 5  7得 10失 得失 -3 」


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス(J1):「 6位 6勝 3分 3敗 勝点 21 18得 16失 得失 +2 」
  長崎(J2)  :「 8位 6勝 3分 5敗 勝点 21 16得 14失 得失 +2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 長崎は昨年初めてJ1でのシーズンを戦ったものの、最下位でJ2降格が決まったため、今年のルヴァンカップはJ2所属での参戦となります。

 そして長崎が昨年初J1だったということはマリノスがリーグ戦で長崎と対戦したのも昨年の2試合のみということで、第15節(ホーム)はゴールの奪い合いの末○5-2で快勝、第32節(アウェー)は一転して1ゴールを巡る攻防となり○1-0で勝利という結果でした。

 なお今年はルヴァンカップグループステージ第2節(ホーム)でも対戦していて、終盤まで1点リードで迎えるもアディショナルタイムに失点して△2-2の引き分けで終了しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)、久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代49位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算37試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【プレーオフステージ進出が決まる条件】


 * グループステージ(以下「GS」)の4クラブ中
  1・2位の2クラブがプレーオフステージ(以下「POS」)に進出
  (3・4位がGSで敗退)

 * GSは残り1試合


 * 第5節終了時点でAグループにおいて
  POS進出が決定しているクラブも
  GSでの敗退が決定しているクラブもありません
  (4クラブ全てにPOS進出の可能性もGSでの敗退の可能性もあり)

 * ルヴァンカップのGSでは
  最終節を終わった時点で同勝ち点で2クラブ以上が並んだ場合
  “グループ内全試合”の得失点・得点よりも
  “勝ち点が同一のクラブ同士で行った試合”のみの
  勝ち点・得失点・得点の方が優先され順位が決定

 * マリノスと札幌の勝ち点が並んだ場合はマリノスの方が順位が上
  マリノスと湘南の勝ち点が並んだ場合は湘南の方が順位が上
  マリノスと長崎の勝ち点が並んだ場合は長崎の方が順位が上
  マリノス・札幌・長崎の3クラブの勝ち点が並んだ場合は以下参照


 * 最終節(第6節)のカードは
  長崎(4位/勝ち点5) vs マリノス(1位/勝ち点8)
  湘南(3位/勝ち点6) vs 札幌(1位/勝ち点8)


 * マリノスのPOS進出(2位以上)が決定する条件
   およびGSでの敗退(3位以下)が決定する条件は以下の通り

 [ 最終節(第6節)の結果 ] ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

 マリノス○ ・・・ 湘-札戦の結果に関わらず1位でPOS進出決定

 マリノス△ ・・・ 湘-札戦の結果に関わらずPOS進出決定
          (湘-札戦が△なら1位、湘○or札○なら2位)                  

 マリノス●&札幌○△
       ・・・ GSでの敗退決定(札幌&長崎がPOS進出)

 マリノス●&札幌●
       ・・・ マリノス・札幌・長崎の3クラブが勝ち点8の2位で並び
          (湘南が1位でPOS進出決定)
          2位の3クラブが対戦した6試合のみの勝ち点も
          3クラブ全て「5」で並ぶのですが
          第5節終了時点での対象5試合のみの得失点数が
          マリノス「+4」、札幌「-1」、長崎「-3」なので
          マリノスが長崎に3点差以内での負けならば
          マリノスが2位でPOS進出決定
          マリノスが長崎に4点差以上で負ると
          GSでの敗退決定(長崎がPOS進出)


 * POS進出が決まった場合は
  すでにPOS進出を決めているものの順位は確定していない
  DグループのG大阪・磐田のどちらかと対戦
  (1位突破だとDグループ2位と、2位突破だとDグループ1位と対戦)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】
     マリノス: 扇原貴宏、 長崎 : なし

 【代表参加のため欠場】
     マリノス: 山田康太、 長崎 : なし

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 長崎 >
       鈴木彩貴(←マリノス)
       香川勇気(←東京V)
       角田誠(←清水)
       亀川諒史(←柏)
       イ サンミン(←蔚山)
       大竹洋平(←岡山)
       イ ジョンホ(←蔚山)
       玉田圭司(←名古屋)
       吉岡雅和(←富山)
       長谷川悠(←清水)
       畑潤基(←沼津)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    長崎  :

 【U-22日本代表】
    マリノス:
    長崎  :

 【U-20日本代表】
    マリノス: 山田康太
    長崎  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    長崎  : 鈴木彩貴、新里涼(Y)
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  長崎オフィシャル

 【チケット情報】  長崎オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「」 (/)


 【TV中継】
  (生) 05/22(水) 18:50~  スカサカ!

  (録) 05/23(木) 25:30~  スカチャン1

      05/25(土) 08:50~  フジテレビNEXT
      05/25(土) 15:30~  スカチャン1

      05/26(日) 07:40~  BSスカパー!

  (配信)なし

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 長崎戦・データボックス>2019年ルヴァンカップGS第6節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年5月19日 (日)

◎優駿牝馬/オークス(2019年)穴馬予想&結果


< 5月19日(日)に行われる優駿牝馬/オークス(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【優駿牝馬(オークス)】


 東京の芝2400mで行われる3歳牝馬重賞(GI)です。

 牝馬クラシックの第2戦ですが、やはり桜花賞馬の不在も影響してか、これを書いている時点で複勝最低オッズが1倍台の馬が1頭しかいないという混戦状態となっていますね。

 それ故に穴として狙いたい馬が何頭もいて、レース後に“あちらの馬を選んでいればよかったなぁ....”と後悔している自分の姿が今から目に浮かぶくらいなのですが、ここは意を決してビーチサンバを◎にしてみましょう。

 デビュー戦を勝利した後は、アルテミスSで0.1秒差2着、GI・阪神JFで0.2秒差3着、クイーンCでクビ差2着と重賞で常に上位争いを演じ、初の馬券圏外(5着)となった前走のGI・桜花賞も2~4着馬とはわずか0.1秒差でした。

 勝ち切れなさと初のマイルを超える距離が不安ではあるものの、鋭い切れはないけれど粘り強く伸びてくる脚はこの距離&コースと合う可能性もありそうですし、勝てなくとも上位争いに堅実に加わってきそうにも思えるので、牝馬での大舞台に強い按上も含めて期待してみることに。


  ◎ ビーチサンバ / 福永祐一 (16)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13    ラヴズオンリーユー M.デムーロ 1
 2着 10    カレンブーケドール 津村明秀  12
 3着 2     クロノジェネシス   北村友一  2
 4着 12    ウィクトーリア     戸崎圭太  6
 5着 8     ダノンファンタジー  川田将雅  4

15着 16 ◎ ビーチサンバ     福永祐一  9


 ◎馬は直線に入ると脚がばったりと止まってしまったのでやはり距離の問題だったのかもしれませんが、まあ他の候補馬たち(ジョディーとかシャドウディーヴァとか)もことごとく掲示板にすら載れなかったので、むしろすっきりした気分で来週のダービー予想に挑めますね(と前向きな気持ちにしておきましょう....)。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  3/13  23.1%  +8,500円  162.5%

☆19年通算   >  21/88  23.9% +10,140円  111.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎平安S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎大井記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月18日 (土)

☆ 神戸戦・データボックス>2019年J1リーグ第12節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/18(土) J1リーグ 第12節・ヴィッセル神戸戦 (日産ス)


  ○4-1 (前半1-0、後半3-1)

  主審: 荒木 友輔  入場者数:44,210人

  <得点>
   1-0 マルコス ジュニオール (横浜・前半31分/公式動画
   2-0 李忠成           (横浜・後半22分/公式動画
   3-0 三好康児         (横浜・後半38分/公式動画
   4-0 三好康児         (横浜・後半45分/公式動画
   4-1 ウェリントン        (神戸・後半47分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード ホーム得点」記録 > 16試合連続 達成 <マリノス歴代 2位>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 天野純が、マリノス所属時公式戦通算130試合出場となり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独39位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 44,210人

  > マリノス総合ランキング ベスト・49位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ)

  > 日産スタジアム・ランキング ベスト・15位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ)

  > 神戸戦・ランキング ベスト・2位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <観客動員ファイル>  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 6位 (前節 7位)
         < 6勝 3分 3敗  勝点 21 得点 18 失点 16 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「前節の完敗を払しょくする4ゴール!
                 横浜FMが勝点3を積み上げる

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「4万超のホームで横浜FMが4発快勝!
              主力欠く神戸は悪夢の7連敗…

 (ゲキサカ) 「神戸守備陣を切り裂いた鮮烈ドリブル、
              横浜FM遠藤渓太「自分の良さが出た」

 (ゲキサカ) 「横浜FM移籍後リーグ初弾で安堵の李忠成、
          おなじみのゴールパフォも披露

 (ゲキサカ) 「横浜FMマルコス、ゴールパフォ第4弾は
              SNS公募一番人気の「トランクスの技」

 (ゲキサカ) 「4得点で圧倒もATに被弾…横浜FM畠中槙之輔「もったいない」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが4ゴール奪う快勝でホーム無敗を守る!
             苦境の神戸は公式戦8連敗に


 (スポニチ) 「横浜 東京世代で4発!
             遠藤2アシスト、三好は2ゴール

 (日刊スポーツ) 「横浜三好2発、東京五輪へ「結果残し続ける準備を」

 (日刊スポーツ) 「横浜4得点大勝 マルコス先制弾、三好が2ゴール

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・三好、途中出場で2発!

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 神戸戦・プレビュー>2019年J1リーグ第12節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎平安S(2019年)穴馬予想&結果


< 5月18日(土)に行われる平安ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【平安ステークス】


 京都のダート1900mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、クイーンマンボを◎にしてみましょう。

 ダートではデビューから9戦連続で馬券圏内に入り交流重賞を2度制した頃と比べると、現在3戦連続馬券圏外と安定感がなくなってしまったようにもみえますが、ただ凡走したのは3走前のレディスプレリュードくらいなもので、2走前は交流GIで0.2秒差4着、前走は牝馬ながら55.0kgのハンデで牡馬相手に0.5秒差(2・3着馬とは0.1秒差)の4着と惜しい走りを見せています。

 今回は5ヶ月の休み明けなのが不安点ではあるものの、昨年の今頃も半年の休み明けだった交流重賞・マリーンCで2着に好走していますし、昨年2着という実績あるレースなので、この馬に期待してみることに。


  ◎ クイーンマンボ / 北村友一 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     チュウワウィザード  川田将雅  1
 2着 6     モズアトラクション  藤岡康太  12
 3着 1     オメガパフューム   M.デムーロ 3
 4着 5     アナザートゥルース 大野拓弥  4
 5着 8     サンライズソア    田辺裕信  2

 8着 11 ◎ クイーンマンボ    北村友一  9


 馬体重プラス12kgだったのでここは叩きでしたかね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  3/12  25.0%  +9,500円  175.4%

☆19年通算   >  21/87  24.1% +11,140円  112.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎川崎マイラーズ(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎優駿牝馬/オークス(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月17日 (金)

『マーダーズ』 長浦京 > 「このミス」完全読破 No.1064

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1064

 『マーダーズ』 長浦京

   「このミス」2020年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2019年4月18日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2019年1月>


マーダーズ

長浦 京

講談社 2019.01.24

Amazonで詳しく見る

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 長浦京は、放送作家として活動していたものの、難病にかかったため闘病生活に入り、退院後に書き上げた時代小説の『赤刃』で小説現代長編新人賞を受賞して2012年に小説家デビュー。

 それから4年が経ってようやく発売されたデビュー2作目であるNo.899「リボルバー・リリー」は、「ミステリが読みたい!」で3位、「このミス」で6位、「週刊文春ミステリーベスト10」で12位にランクインし、大藪春彦賞を受賞するなど、近年では流行りのジャンルではなくなったアクション系冒険小説作品でありながらかなり高い評価を受けました。

 そしてまた新作が出ない期間が3年も続いた後でついに発売された待望のデビュー3作目となるのが本作です(ここまで発表された3作はいずれもシリーズものではないのでどの作品から読んでも大丈夫です)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 総合商社に勤める阿久津清春は、一度だけ会ったことのある柚木怜美がストーカーに襲われている場面に出くわし助けたところ、搬送された病院で怜美から恋人のふりを強要されることに。

 さらに、清春の過去の秘密を脅しの材料として、怜美の母が自殺に見せかけ殺され姉が行方不明となった19年前の未解決事件の真相を探るよう怜美に命令されたため、清春は同じように怜美から脅されている警察官の則本敦子と共に捜査を始めることになって....。

 そこからはこの訳あり三人組による未解決事件の捜査を中心に展開していくのですが、捜査の対象となるのは“殺人を犯しながら誰にも知られずに一般社会で普通に生活している者”となり、捜査の過程でも同じような未知の殺人者たちと次々に出会っていくことに。

 しかも、実は清春と敦子も過去に人知れず殺人を犯していて、その証拠を怜美によって脅迫の材料にされていますし、そんな怜美自身も殺人事件に加害者側として関わっていたりもするので、つまりは捜査する側もされる側も皆“一般社会に紛れた殺人者(またはそれに近い者)”という凶悪すぎる構図となっているのですね。

 そのため、(激しすぎるバイオレンスアクションが全編に渡って繰り広げられた著者の前作『リボルバー・リリー』と比べると)驚くほど直球な捜査ミステリでありながら、捜査する三人がいずれもどのように動くのか(いつ裏切ったり暴走したりするのか)わからないピリピリとした関係ということもあり、予測不能な捜査劇として圧倒されるほどの読み応えがありますし、終盤になると(『リボルバー・リリー』を読んでいた人であれば“待ってました!”と声に出してしまいそうな)バイオレンスアクション劇で熱狂的に盛り上がったりもするのです。

 ただそれ故にバイオレンス系クライムノベルが苦手な人だと話に乗りきれない感じになってしまうかもしれないものの、そうでないのであれば、意外と正統派な捜査ミステリの中にクライムノベル要素が刺激的にぶち込まれさらにバイオレンス展開でクライマックスまで昇りつめるという長浦作品ならではの面白さを身体の奥が沸騰するほどに堪能できるのではないでしょうか。


 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “長浦京”関連記事 】

  > No.1064 「マーダーズ」
  > No.0899 「リボルバー・リリー」


 「ネクスト・ギグ」鵜林伸也 << PREV/NEXT >> 「いくさの底」古処誠二

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年5月16日 (木)

☆ 神戸戦・プレビュー>2019年J1リーグ第12節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/18(土) 14:00~ J1リーグ 第12節

     vs ヴィッセル神戸 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  7位 5勝 3分 3敗 勝点 18 14得 15失 得失 -1 」
  神戸  :「 13位 3勝 1分 7敗 勝点 10  14得 18失 得失 -4 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 神戸戦は、公式戦通算で「23勝 14分 12敗」、リーグ戦通算では「21勝 11分 8敗」と(引き分けが多いものの)大きく勝ち越しています。

 ホーム・アウェー別では、リーグ戦アウェーでの「8勝 7分 4敗」に比べて、リーグ戦ホームでは「12勝 4分 4敗」とより相性良く、リーグ戦ホームで2008年以降9試合負けなし(7勝 2分 0敗)&2015年以降3連勝中とここ数年は圧倒的な戦績だったものの、昨年のホームでの対戦では●1-2で敗れてしまいました(リーグ戦では2011年以来、リーグ戦ホームでは2007年以来となる神戸戦での敗戦)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で得点すると........
   > 16試合連続“同一カード ホーム得点”達成 (マリノス歴代 2位)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“3失点以上”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算130試合出場となり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独39位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算13ゴールとなり、中町公祐(12-18)と並びマリノス歴代30位タイとなります。

 仲川輝人が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 神戸 : なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス: なし

 【代表参加のため欠場】
     マリノス: 山田康太、 神戸 : 小林友希、郷家友太

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 神戸 >
       初瀬亮(←G大阪)
       西大伍(←鹿島)
       山口蛍(←C大阪)
       ウエスクレイ(←セアラーSC)
       中坂勇哉(←ペララーダ)
       ダビド ビジャ(←ニューヨーク・シティ)
       小川慶治朗(←湘南)
       ダンクレー(←ビトーリアFC)
       セルジ サンペール(←バルセロナ)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    神戸  : 西大伍、山口蛍

 【U-22日本代表】
    マリノス:
    神戸  :

 【U-20日本代表】
    マリノス: 山田康太
    神戸  : 小林友希、郷家友太

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: ティーラトン
    神戸  : 那須大亮
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「神戸 ポドルスキ発熱で4試合連続欠場へ イエニスタも先発微妙」 (5/18)

   > 「【神戸】イニエスタ加入後、練習初公開 泥沼6連敗脱出へサポーターの力借りる」 (5/16)
   > 「泥沼の神戸、800人に埋め合わせ…3カ月ぶり公開練習、「VIPトリオ」サイン会」 (5/16)

   > 「神戸練習に800人、触れ合い求める声応じ会場変更」 (5/15)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸 第12節」 (5/15)

   > 「神戸FW古橋、長期離脱も…左太腿裏肉離れの疑い」 (5/14)
   > 「神戸ポドルスキ 連敗脱出へ熱弁「自分に全責任を持ってプレーを」」 (5/14)
   > 「【神戸】ビジャ&ポドルスキ「ヴィッセルジェット」で上昇気流に」 (5/14)

   > 「神戸・ビジャ リーグ戦6連敗と危機的状況も「前に進んでいく」と決意」 (5/13)
   > 「神戸ポドルスキ危機脱出へ「ピッチで表現しないと」」 (5/13)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)05/18(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 神戸戦・データボックス>2019年J1リーグ第12節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年5月15日 (水)

◎川崎マイラーズ(2019年)穴馬予想&結果


< 5月15日(水)に行われる川崎マイラーズ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【川崎マイラーズ】


 川崎のダート1600mで行われる南関重賞(SIII)です。

 3歳時には岩手所属馬ながら北海優駿を制し、南関再転入後3連勝中、通算20戦15勝18連対という今後の活躍が楽しみなベンテンコゾウがいよいよ南関重賞初出走となるので、この馬がどんな走りを見せてくれるのかが一番の注目なレースですかね。

 それでここは、アンサンブルライフを◎にしてみましょう。

 交流重賞には積極的に参戦するのに南関重賞にはほとんど出走しない(2017年は2レース、昨年は1レースのみ)という変わった馬ですが、その少ない出走数の南関重賞では(3歳以降は)一度も掲示板にすら載れていないとはいえ、昨年はさきたま杯で3着、オーバルスプリントで4着と交流重賞では上位に来ています。

 それでいて今回(これを書いている時点では)驚くほどに人気がないので、かつて交流GI・全日本2歳優駿で3着と好走した舞台でもありますし、一か八かで狙ってみるのも面白いということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ アンサンブルライフ / 繁田健一 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     キャプテンキング   坂井英光 1
 2着 6     トロヴァオ       矢野貴之 8
 3着 12    クリスタルシルバー 的場文男 5
 4着 1     トキノパイレーツ   町田直希 4
 5着 11 ◎ アンサンブルライフ  繁田健一 10


 終始良い位置にいたし、(前4頭には離されたとはいえ)掲示板には載ったし、ベンテンコゾウには先着したのですけどね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  3/11  27.3%  +10,500円  190.5%

☆19年通算   >  21/86  24.4% +12,140円  113.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ヴィクトリアM(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎平安S(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月14日 (火)

『ネクスト・ギグ』 鵜林伸也 > 「このミス」完全読破 No.1063

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1063

 『ネクスト・ギグ』 鵜林伸也

   「このミス」2019年版 : 15位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :「エアミス研ランキング」 2位
              「本格ミステリ・ベスト10」 12位

   読了日 : 2019年4月8日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2018年10月>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 著者の鵜林伸也は、本作の著者紹介欄によりますと、新人賞への応募を続けていた中で、2009年に鮎川哲也賞へ応募した長篇作品「スレイプニルは漆黒を駆ける」が編集者の目に留まったことがきっかけとなり、翌年発売のアンソロジー『放課後探偵団』に短篇「ボールがない」が収録されてデビュー。

 続いて2013年には短篇「宇宙倶楽部へようこそ!」を"ミステリーズ!"に掲載し、2018年に発売された本作にてついに単独著書デビューとなりました。

 すると、新人賞受賞作でもランクインするのは難しいことなのに、しかもミステリランキングの締め切りギリギリの10月末日発売というハンデもありながら、「本格ミステリ・ベスト10(本ミス)」で12位、「このミス」で15位にランクインするなど、新人賞を受賞したわけでもないデビュー作としては異例とも言うべき高評価を得たのです。

 ちなみに、短篇デビュー作が収められた『放課後探偵団』は、新人賞受賞以外の実績はまだなくデビュー間もないという新人作家五人(そのうち二人は単行本デビュー前)による書き下ろし学園ミステリ・アンソロジーなのですが、梓崎優が直後に発表された「このミス」でランクインを果たしたのに続き、2018年版では相沢沙呼が、昨年(2019年版)には似鳥鶏と本作の著者がランクインし、今のところ唯一「このミス」未ランクインの市井豊も2013年版で23位とランクインまであとわずかなところまでいっているので(「本ミス」には五人全員がランクイン)、今からすると先見の明に優れた新人アンソロジー作品だったことが分かりますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2003年にメジャーデビューしたロックバンド<サウザンドリバー>は、全国的な知名度は低いとはいえ高い演奏技術とカリスマ性を併せ持つバンドとして熱狂的なファンを獲得しながら、ボーカルの病死をきっかけに2010年に解散。

 バンドの中心的存在だったギタリストのクスミトオルは、二年間の消息不明を経て新メンバーと共にバンド<赤い青>を結成し、自身が経営するライブハウスを中心に活動して再び人気を集めていたものの、ある日のライブ中のステージ上でボーカルのシノハラヨースケが胸に千枚通しを刺されて殺され、しかも衆人環視の中だったのにも関わらず犯人が分からなくて....。

 というわけで本作はロックバンドの物語なのですが、バンドメンバーやスタッフたちのロックに懸ける熱い想いが情熱的に描かれ、成長物語や友情物語などのドラマ性も心に響いてくるものがありますし、そんな中でCDが売れずバンドを続けていくことが難しい状況であるなど今の時代だからこそのロックバンドを取り巻く情勢もリアルに描いているなど、ロックバンドの理想と現実のどちらもが魅力的に映し出されていくので、ロックバンド物語としての完成度はかなり高いように思います。

 となると、そこにミステリ要素が加わったとしても、申し訳程度の謎や推理でしかなかったりとか、ミステリ要素が無理矢理強引にねじ込まれているだけなのではないかと斜に構えて思ってしまいがちではありますが、本作の場合は(ランクイン実績が証明するように)謎や推理やトリックなどのミステリ要素は本格派で読み応え充分ですし、ロックバンド物語とミステリ要素は“ロックとは何なのか”という共通命題で強く結び付いているため、ロックバンド(音楽)ミステリとしての完成度も超一級なのですよね。

 ただそういった作品だからこそ、ロックに全く興味がなかったり毛嫌いしているような人だと作品世界に入っていきづらいかもしれないものの、ロック好きな人はもちろん興味がある程度の人であってもロック魂と本格ミステリ魂とが激しく共鳴し合った本作の面白さを身体の芯から堪能できるのではないでしょうか。


 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「フーガはユーガ」伊坂幸太郎 << PREV/NEXT >> 「マーダーズ」長浦京

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年5月13日 (月)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年4月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その2)

  月別候補曲リスト(2019年2-3月追加分) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


業に燃ゆ / そこに鳴る

   アルバム『一閃』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


鯨工場 / Maison book girl

   シングル『SOUP』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


魔がさした夜空に / バックドロップシンデレラ

   シングル『魔がさした夜空に』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Everything / Czecho No Republic

   EP『Odyssey』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


真っ赤な太陽 / RAMMELLS

   アルバム『Mirrors』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


祇園町 / BAND-MAIKO(BAND-MAID)

   配信シングル『祇園町』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヒカリノアメ / ZIGGY

   シングル『ヒカリノアメ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ノーベル / mol-74

   アルバム『mol-74』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その2)

  月別候補曲リスト(2019年2-3月追加分) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年5月12日 (日)

◎ヴィクトリアM(2019年)穴馬予想&結果


< 5月12日(日)に行われるヴィクトリアマイル(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ヴィクトリアマイル】


 東京の芝1600mで行われる牝馬重賞(GI)です。

 GIの中でも荒れやすい印象のあるレースですが、これを書いている時点で複勝最低オッズが1倍台の馬が1頭のみ(しかもその1頭もすぐにでも2倍台になりそうな1.8倍)という超混戦メンバーなので、ここを当てるのはかなり難しそうですね。

 それでここは、クロコスミアを◎にしてみましょう。

 ヴィクトリアマイルは初出走ではあるものの、エリザベス女王杯では2年連続2着中というGI実績がありますし、東京コースでは府中牝馬Sでいずれも33秒台の上がりを出して1着・5着でこれまた2年連続で好走していて、久々のマイル戦となった前走の阪神牝馬Sでも(逃げられずに最後は瞬発力勝負の展開になるなど不利な状況に思えながら)0.1秒差の5着(2・3着馬とは同タイム)とマイルでも適応可能なところを見せています。

 それでいながらやはり(逃げ馬には厳しい展開が多そうな)東京のマイル戦ということもあってか驚くほど人気が低いので、これは2014年に見事に逃げ切り勝ちしたヴィルシーナ(その時の◎馬)の再現も充分にあるとみて、この馬に期待することにしました。


  ◎ クロコスミア / 戸崎圭太 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ノームコア      レーン   5
 2着 9     プリモシーン    福永祐一  4
 3着 3  ◎ クロコスミア     戸崎圭太 11
 4着 6     ラッキーライラック 石橋脩   1
 5着 11    アエロリット     横山典弘  2


 GIを11番人気馬(予想した時は14・15人気くらいでしたが)で当てたというだけでもかなりの嬉しさでしたが、直線で前方の馬たちを捉える前に後続勢に呑み込まれながら粘り強く脚を伸ばし、一度交わされた1番人気馬をゴール前で差し返しての(4着馬とハナ差の)3着という展開も凄すぎたので、過去の自分の最高記録を更新したのではないかと思うくらいガッツポーズを連発してしまいましたねェ。

 あとこれで早くも5月の収支プラスが確定したのも気分的に楽になりましたね。


  (○複勝:3 6.7倍)  ○的中!  1,000円 → 6,700円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  3/10  30.0%  +11,500円  208.5%

☆19年通算   >  21/85  24.7% +13,140円  115.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都ハイJ&京王杯スプリングC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎川崎マイラーズ(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月11日 (土)

☆ C大阪戦・データボックス>2019年J1リーグ第11節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/11(土) J1リーグ 第11節・セレッソ大阪戦 (ヤンマー)


  ●0-3 (前半0-1、後半0-2)

  主審: 東城 穣  入場者数:14,934人

  <得点>
   0-1 水沼宏太  (大阪・前半02分/公式動画
   0-2 高木俊幸  (大阪・後半14分/公式動画
   0-3 水沼宏太  (大阪・後半20分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合に敗れたため、C大阪戦11試合勝ちなしとなり、「同一カード 勝ちなし」のマリノス歴代新記録を達成しました。


 <記録更新>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「同一カード アウェー勝ちなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 天野純が、マリノス所属時公式戦通算129試合出場となり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代39位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 7位 (前節 6位)
         < 5勝 3分 3敗  勝点 18 得点 14 失点 15 得失点差 -1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「満足げなロティーナ監督。C大阪、スコアどおりの完勝

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「水沼宏太が全得点に絡む活躍!!
          C大阪、横浜FMにチャンスを与えず2連勝

 (ドメサカブログ) 「水沼宏太2ゴールの活躍でC大阪が開幕戦以来のホーム勝利!
             今季初の連勝で一桁順位が目前に


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜がC大阪に完敗…2失点でハイライン機能せず

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・ポステコグルー監督、C大阪にまたも完敗
         「自分たちのサッカーできず」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ C大阪戦・プレビュー>2019年J1リーグ第11節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京都ハイJ&京王杯スプリングC(2019年)穴馬予想&結果


< 5月11日(土)に行われる京都ハイジャンプ(J・GII)京王杯スプリングカップ(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都ハイジャンプ】


 京都の芝3930mで行われる障害重賞(J・GII)です。

 障害重賞実績のない馬がほとんどというメンバーなので予想は難しいですが、ここはピエナクルーズを◎にしてみましょう。

 ここ2戦はOPで結果が出ていないものの、2走前はずっと後方のままでレースに参加していないような状況で、前走は6着とはいえ3着馬とは0.5秒差でしたし、3走前には初OP挑戦ながら2着に好走しているので、今回のメンバーであれば重賞でも充分にチャンスはあるのでは。


  ◎ ピエナクルーズ / 西谷誠 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     シゲルヒノクニ    植野貴也   8
 2着 1  ◎ ピエナクルーズ   西谷誠    4
 3着 2     メイショウタンヅツ  佐久間寛志 5
 4着 4     タマモプラネット   小坂忠士   1
 5着 3     アズマタックン    熊沢重文   2


 バンケット上で大きくバランスを崩した時と最終コーナー前の時点で後続に交わされた時の二度“あ~これはダメか~”と諦めかけたのですが、それでも最後まで脚を伸ばしてあわや勝利するところまでいくのだから驚きました....。

 そして、予想していた時より人気が上がっていたのでちょっとガッカリしていたものの、荒れた結果だったおかげで複勝は最大値に近い配当になったのも嬉しい誤算となりましたね。


  (○複勝:1 7.5倍)  ○的中!  1,000円 → 7,500円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京王杯スプリングカップ】


 東京の芝1400mで行われる重賞(GII)です。

 ここは、エントシャイデンを◎にしてみましょう。

 昨年8月以降は500万下で3レース連続で二ケタ着順となったものの、そこから馬が変わったかのように条件戦を3連勝し、歳上馬相手では初重賞となる前走の阪急杯では勝ち馬に次ぐ上がりで(3着馬と0.1秒差の)5着といきなり好走していますし、条件戦3連勝のうち2勝した舞台である東京に戻るので前走以上の結果も期待できるのではないですかね。


  ◎ エントシャイデン / 田辺裕信 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     タワーオブロンドン レーン  1
 2着 7     リナーテ       武豊    6
 3着 6     ロジクライ      戸崎圭太 2
 4着 4     トゥザクラウン    福永祐一 3
 5着 8     キャナルストリート 石橋脩  8

11着 11 ◎ エントシャイデン   田辺裕信 7


 11着とはいえ上位勢との差はわずかでしたし、一応2位タイの上がりで追い込んで来てはいたので、スタートさえ出遅れ気味でなければ.....って感じですね。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  2/9   22.2%  +5,800円  160.4%

☆19年通算   >  20/84  23.8%  +7,440円  108.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京湾C(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ヴィクトリアM(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月10日 (金)

☆ C大阪戦・プレビュー>2019年J1リーグ第11節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/11(土) 15:00~ J1リーグ 第11節

     vs セレッソ大阪 (ヤンマースタジアム長居)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  6位 5勝 3分 2敗 勝点 18 14得 12失 得失 +2 」
  大阪  :「 11位 3勝 2分 5敗 勝点 11  7得 8失 得失 -1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 C大阪との対戦成績は、公式戦通算で「19勝 9分 14敗」、リーグ戦通算で「16勝 9分 12敗」といずれも勝ち越しているものの、現在(2012年以来)公式戦12試合連続で勝利がない状況です(0勝 5分 7敗)。

 そしてアウェーでも2011年に勝利して以降リーグ戦で5試合勝ちがないのですが(0勝 2分 3敗)、ただその期間における金鳥スタでのリーグ戦は3戦全敗(公式戦では4戦全敗)なのに対し、今回の会場であるヤンマーでは2戦2引き分けなので、金鳥スタでやるよりは相性が悪くないのでは(どちらにしてもヤンマーでも最近勝てていませんが)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で負けか引き分けだと、C大阪戦11試合勝ちなしとなり、「同一カード 勝ちなし」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 11試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 新記録達成)
   > 6試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算129試合出場となり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代39位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 仲川輝人が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算13ゴールとなり、中町公祐(12-18)と並びマリノス歴代30位タイとなります。

 仲川輝人が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 大阪 : なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス: なし

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼、(エジガル ジュニオ

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 大阪 >
       囲謙太朗(←福岡)
       藤田直之(←神戸)
       レアンドロ デサバト(←バスコ・ダ・ガマ)
       奥埜博亮(←仙台)
       丸岡満(←山口)
       都倉賢(←札幌)
       ブルーノ メンデス(←デポルティーボ マルドナド)
       ポンラヴィチュ(←BGパトゥン・ユナイテッド)
       タワン(←BGパトゥン・ユナイテッド)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    大阪  :

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    大阪  : 松本泰志

 【U-20日本代表】
    マリノス: 山田康太
    大阪  : 茂木秀、瀬古歩夢、西川潤(特別指定選手)

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: 扇原貴宏
    大阪  : 水沼宏太
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  C大阪オフィシャル

 【チケット情報】  C大阪オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【J試合情報】セレッソ大阪vs横浜F・マリノス 第11節」 (5/9)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)05/11(土) 15:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ C大阪戦・データボックス>2019年J1リーグ第11節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年5月 9日 (木)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年2-3月追加分)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年3月/その2) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Riff / INNOSENT in FORMAL

   ミニアルバム『INNOSENT 1 ~Into the new world~』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Cry Cry Cry / Bentham

   アルバム『MYNE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


やたらとシンクロニシティ / YUKI

   アルバム『forme』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


精鋭 / C&K

   アルバム『TEN』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ピグロンX / The Taupe

   アルバム『サイケデリックシネマ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


愛のため / AAAMYYY

   アルバム『BODY』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


knock!knock! / sora tob sakana

   アルバム『World Fragment Tour』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


遠視のコントラルト / 君島大空

   EP『午後の反射光』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年4月/その1)

  月別候補曲リスト(2019年3月/その2) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年5月 8日 (水)

☆ 札幌戦・データボックス>2019年ルヴァンカップGS第5節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/8(水) ルヴァンカップ グループステージ 第5節

         vs 北海道コンサドーレ札幌 (札幌厚別)


  ○4-0 (前半1-0、後半3-0)

  主審: 松尾 一  入場者数:5,311人

  .<得点>
    1-0 松原健       (横浜・前半16分/公式動画
    2-0 李忠成       (横浜・後半14分/公式動画
    3-0 イッペイ シノヅカ (横浜・後半23分/公式動画
    4-0 山谷侑士     (横浜・後半33分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 扇原貴宏が、ルヴァンカップグループステージ通算2回目の警告を受けたため、5月22日に行われるルヴァンカップグループステージ第6節・長崎戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 椿直起が、公式戦初出場を記録しました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時ルヴァンカップ通算36試合出場となり、野田知(93-98)を抜いてマリノス歴代単独15位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 5,311人

  > マリノス総合ランキング ワースト・37位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ)

  > 札幌戦・ランキング ワースト・3位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <観客動員ファイル>  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ルヴァンカップ GS 順位 : 1位 (前節 2位)
         < 2勝 2分 1敗  勝点 8 得点 8 失点 5 得失点差 +3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【プレーオフステージ進出が決まる条件】


 * グループステージ(以下「GS」)の4クラブ中
  1・2位の2クラブがプレーオフステージ(以下「POS」)に進出
  (3・4位がGSで敗退)

 * GSは残り1試合


 * 第5節終了時点でグループAにおいて
  POS進出が決定しているクラブも
  GSでの敗退が決定しているクラブもありません
  (4クラブ全てにPOS進出の可能性もGSでの敗退の可能性もあり)

 * ルヴァンカップのGSでは
  最終節を終わった時点で同勝ち点で2クラブ以上が並んだ場合
  “グループ内全試合”の得失点・得点よりも
  “勝ち点が同一のクラブ同士で行った試合”
  勝ち点・得失点・得点の方が優先され順位が決定    


 * 最終節(第6節)のカードは
  長崎(4位/勝ち点5) vs マリノス(1位/勝ち点8)
  湘南(3位/勝ち点6) vs 札幌(1位/勝ち点8)


 * 最終節終了時にマリノスと札幌の2クラブの勝ち点が並んだ場合
  (最終節でマリノス○&札幌○ or マリノス△&札幌△)
  この2クラブが対戦した2試合のみの合計勝ち点が
  マリノス「4」(1勝 1分 0敗)、札幌「1」(0勝 1分 1敗)なので
  (得失点等は関係なく)マリノスの方が上の順位(1位)となります
  (ただしこの場合はマリノス・札幌の両方共にPOS進出決定)


 * 最終節終了時にマリノスと長崎の2クラブの勝ち点が並んだ場合
  (最終節で長崎がマリノスに勝利 / 札幌○△)
  この2クラブが対戦した2試合のみの合計勝ち点が
  マリノス「1」(0勝 1分 1敗)、長崎「4」(1勝 1分 0敗)なので
  (得失点等は関係なく)長崎の方が上の順位(2位)となります
  (この場合マリノスは3位でGSでの敗退決定)


 * 最終節終了時にマリノスと湘南の2クラブの勝ち点が並んだ場合
  (最終節でマリノス△&湘南○)
  この2クラブが対戦した2試合のみの合計勝ち点・得失点が
  マリノス「3」(1勝 0分 1敗 得失-1)、湘南「3」(1勝 0分 1敗 得失+1)なので
  湘南の方が上の順位(1位)となります
  (ただしこの場合はマリノス・湘南の両方共にPOS進出決定)


 * 最終節終了時にマリノス・札幌・長崎の3クラブの勝ち点が並んだ場合
  (最終節でマリノス●&札幌●)
  この3クラブが対戦した6試合のみの合計勝ち点が
  マリノス「5」(1勝 2分 1敗)、札幌「5」(1勝 2分 1敗)
  長崎「5」(1勝 2分 1敗)で3クラブ全て勝ち点が同じとなるのですが
  第5節終了時の(該当5試合の)得失点数が
  マリノス「+4」、札幌「-1」、長崎「-3」なので
  最終節でマリノスが長崎に4点差以上で負けなければ
  マリノスが3クラブで1番上の順位(2位)となります


 * マリノスのPOS進出(2位以上)が決定する条件
   およびGSでの敗退(3位以下)が決定する条件は以下の通り


 [ 最終節(第6節)の結果 ] ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

 マリノス○ ・・・ 湘-札戦の結果に関わらず1位でPOS進出決定

 マリノス△ ・・・ 湘-札戦の結果に関わらずPOS進出決定
          (湘-札戦が△なら1位、湘○or札○なら2位)                  

 マリノス●&札幌○△
       ・・・ GSでの敗退決定                  

 マリノス●&札幌●
       ・・・ マリノス・札幌・長崎の3クラブが勝ち点8の2位で並び
          (湘南が1位でPOS進出決定)
          2位の3クラブが対戦した6試合のみの勝ち点も
          3クラブ全て「5」で並ぶのですが
          第5節終了時点での5試合のみの得失点数が
          マリノス「+4」、札幌「-1」、長崎「-3」なので
          マリノスが長崎に3点差以内での負けならば
          マリノスが2位でPOS進出決定
          マリノスが長崎に4点差以上で負ると
          GSでの敗退決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!「サッカー専門チャンネル」

    


 (Jリーグ公式) 「主導権を渡さなかった横浜FMが圧勝。Aグループは混戦に

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「敵地札幌で圧巻4発ゴールショー!
           18歳また決めた横浜FMがA組首位奪取

 (ゲキサカ) 「“恩返し”弾の横浜FM李忠成
         「ミシャのおかげで日本代表にも入れたし、海外にも行けた」

 (ドメサカブログ) 「リーグ戦0-3敗戦の雪辱!
             横浜FMが4ゴール完封で札幌下しA組PO争いは最終節へ


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜李が移籍後初ゴール「取れなくて、つらかった」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、アウェーで札幌圧倒
              李の移籍後初得点など4発

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 札幌戦・プレビュー>2019年ルヴァンカップGS第5節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎東京湾C(2019年)穴馬予想&結果


< 5月8日(水)に行われる東京湾カップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京湾カップ】


 船橋のダート1700mで行われる3歳重賞(SIII)です。

 南関クラシック第1戦・羽田盃で結果が出なかった組と羽田盃不出走組による、東京ダービーに向けた重要な一戦です。

 それでここは、イグナシオドーロを◎にしてみましょう。

 同営時代には地元の重賞を勝ったり中央馬相手に交流重賞を勝つなど実績を積んでいたものの、初遠征となった全日本2歳優駿では最下位に。

 ただこの時は交流GIで強力な中央馬相手に果敢に逃げての玉砕だったので着順や着差はそこまで気にしなくてもよいのでは。

 そして今回は南関移籍初戦で全日本2歳優駿以来となる5ヶ月近い休み明け、さらに同斤のホールドユアハンド以外の馬より1~3kg重い57kgを背負うなど、逃げ馬ということを考えるとかなり不安な要素が多いのですが、ただその分人気の方も下がっているので狙ってみるだけの価値はあるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ イグナシオドーロ / 的場文男 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    サクセッサー     石崎駿  2
 2着 9     グリードパルフェ   笹川翼  5
 3着 11    サージュ        真島大輔 9
 4着 6     エレガンテヴァイゼ  矢野貴之 8
 5着 10    フォルベルス      町田直希 11

13着 2  ◎ イグナシオドーロ   的場文男 6


 “逃げるも途中で馬群に沈み最下位”という結果はまあ予想していた時点で覚悟していたわけですが、どちらにせよ他の◎候補も馬券圏内に来ていなかったので、これはもうきっぱりと諦めがつきますねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  1/7   14.3%   +300円  103.9%

☆19年通算   >  19/82  23.2%  +1,940円  102.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎かしわ記念(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都ハイJ&京王杯スプリングC(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月 7日 (火)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年6月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2019年版までの記録


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2019年 6月 発売 】


 狩人の悪夢 / 有栖川有栖  <<感想記事はこちら!>>

 << 2018年版 6位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト10」 2位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 4位
   ・「ミステリが読みたい!」 4位

 ★ “火村英生シリーズ”の24作目
   (16作目「乱鴉の島」も2007年版19位、
    23作目「鍵の掛かった男」も
    2016年版8位にランクイン)

 ★ 「俺が撃つのは、人間だけだ」
   彼は、犯罪を「狩る」男。
   臨床犯罪学者・火村英生と、
   相棒のミステリ作家、アリスが、
   悪夢のような事件の謎を解き明かす!
   人気ホラー小説家・白布施に誘われ、
   ミステリ作家の有栖川有栖は、
   京都・亀岡にある彼の家、
   「夢守荘」を訪問することに。
   そこには、「眠ると必ず悪夢を見る部屋」があるという。
   しかしアリスがその部屋に泊まった翌日、
   白布施のアシスタントが住んでいた
   「獏ハウス」と呼ばれる家で、
   右手首のない女性の死体が発見されて……。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジェリーフィッシュは凍らない / 市川憂人  <<感想記事はこちら!>>

 << 2017年版 10位 >>

   ・「鮎川哲也賞」 受賞
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 3位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 5位
   ・「ミステリが読みたい!」 12位

★ “〈マリア&漣〉シリーズ”の1作目
   .(2作目「ブルーローズは眠らない」も2018年版11位、
    3作目「グラスバードは還らない」も2019年版10位
    にランクイン)

 ★ 特殊技術で開発され、航空機の歴史を変えた
   小型飛行船〈ジェリーフィッシュ〉。
   その発明者であるファイファー教授を中心とした
   技術開発メンバー6人は、
   新型ジェリーフィッシュの長距離航行性能の
   最終確認試験に臨んでいた。
   ところが航行試験中に、
   閉鎖状況の艇内でメンバーの一人が
   死体となって発見される。
   さらに、自動航行システムが暴走し、
   彼らは試験機ごと雪山に閉じ込められてしまう。
   脱出する術もない中、次々と犠牲者が……。
   21世紀の『そして誰もいなくなった』登場!
   精緻に描かれた本格ミステリにして
   第26回鮎川哲也賞受賞作、待望の文庫化。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いまさら翼といわれても / 米澤穂信  <<感想記事はこちら!>>

 << 2018年版 17位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 8位
   ・「ミステリが読みたい!」 11位
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 16位

 ★ 「氷菓」「愚者のエンドロール」「クドリャフカの順番」
   「遠まわりする雛」「ふたりの距離の概算
   に続く“〈古典部〉シリーズ”の6作目

 ★ 神山市が主催する合唱祭の本番前、
   ソロパートを任されている千反田えるが
   行方不明になってしまった。
   夏休み前のえるの様子、
   伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、
   課題曲、ある人物がついた嘘―
   折木奉太郎が導き出し、
   ひとりで向かったえるの居場所は。
   そして、彼女の真意とは?(表題作)。
   奉太郎、える、里志、摩耶花―
   “古典部”4人の過去と未来が明らかになる、
   瑞々しくもビターな全6篇!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  審判 / 深谷忠記

 << 2006年版 18位 >>

   ・「日本推理作家協会賞」 候補

 ★ 柏木喬は、女児誘拐殺人犯として
   懲役十五年の判決を受けた。
   刑を終えて出所した彼は、
   ホームページの中で意図的に冤罪を被ったと主張。
   殺された女児の母親・古畑聖子に向けて
   意味深なメッセージを送り、
   自白に追い込んだ元刑事・村上の周辺に
   頻繁に現れる。
   柏木は本当に無実なのか?
   予想外の展開、衝撃の真相。

 ★ 新装版として再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの6月文庫化作品 >>

 ビビビ・ビ・バップ / 奥泉光
 双蛇密室 / 早坂吝  <<感想記事はこちら!>>
 ヒッキーヒッキーシェイク / 津原泰水
 ギフト / 日明恩  <<感想記事はこちら!>>
     * 新装版として再文庫化
 〔少女庭国〕 / 矢部嵩  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年7月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年5月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年5月 6日 (月)

☆ 札幌戦・プレビュー>2019年ルヴァンカップGS第5節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/8(水) 19:00~ ルヴァンカップ グループステージ 第5節

     vs コンサドーレ札幌 (札幌厚別公園競技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << ルヴァンカップ グループステージの順位 >>

  マリノス:「 2位 1勝 2分 1敗 勝点 5  4得 5失 得失 -1 」
  札幌  :「 1位 2勝 2分 0敗 勝点 8 11得 5失 得失 +6 」


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 6位 5勝 3分 2敗 勝点 18 14得 12失 得失 +2 」
  札幌  :「 5位 6勝 0分 4敗 勝点 18 17得 15失 得失 +2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 札幌戦は、2017年まではリーグ戦通算で「11勝 1分 0敗」で負けなし、9連勝中、リーグ戦ホームは6戦全勝、リーグ戦アウェーも「5勝 1分 0敗」(4連勝中)と、あらゆる条件において最高級の相性でした。

 しかし昨年のアウェーでの対戦(第10節)は●1-2でリーグ戦では初めての敗戦を喫してしまい、ホームでは○2-1で勝利したものの、今年のリーグ初戦(アウェー)は●0-3で完敗しているので、相性的にいうと現在はむしろ悪いイメージとなっているかもしれません(特にアウェーでは)。

 なお今年はルヴァンカップグループステージ第1節(ホーム)でも対戦していて、ジェイに先制ゴールを決められるも大津祐樹が同点ゴールを奪い△1-1の引き分けで終了という結果に。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算129試合出場となり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代39位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算36試合出場となり、野田知(93-98)を抜いてマリノス歴代単独15位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【この試合でプレーオフステージ進出/グループリーグ敗退が決まる条件】


 * グループステージ(以下「GS」)の4クラブ中
  1・2位の2クラブがプレーオフステージ(以下「POS」)に進出
  (3・4位がGSで敗退)

 * GSは今節(第5節)も含めて残り2試合

 * 今節(第5節)のカードは
  札幌(1位/勝ち点8) vs マリノス(2位/勝ち点5)
  湘南(4位/勝ち点3) vs 長崎(3位/勝ち点5)

 * 今節(第5節)でマリノスが勝っても負けても引き分けても
   今節終了時にマリノスのPOS進出が決まる可能性も
   GSでの敗退が決まる可能性もありません

 * 今節(第5節)で札幌が勝利すると札幌のPOS進出が決定

 * 今節(第5節)で札幌△&長崎△でも札幌のPOS進出が決定
   (最終節が長崎vsマリノスなので
    マリノスと長崎の両方が札幌より上の順位にはならないため)

 * 今節(第5節)で湘南が敗れると湘南のGSでの敗退が決定

 * 今節(第5節)でマリノス○&湘南△でも湘南のGSでの敗退が決定

 * 今節(第5節)で札幌&湘南が勝利する(マリノス&長崎が敗れる)と
   マリノスの自力でのPOS進出決定の可能性がなくなります
   (マリノスが最終節で長崎に勝利して勝ち点8にしても
    湘南が札幌に勝てば湘南の勝ち点が9で
    湘南が2位、マリノスが3位となるため)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】
     マリノス: ドゥシャン、仲川輝人、 札幌 : なし

 【出場停止にリーチ】
     マリノス: 栗原勇蔵、遠藤渓太、大津祐樹、扇原貴宏

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼エジガル ジュニオ

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 札幌 >
       中原彰吾(←長崎)
       ルーカス(←フルミネンセ)
       中野嘉大(←仙台)
       鈴木武蔵(←長崎)
       アンデルソン ロペス(←FCソウル)
       岩崎悠人(←京都)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    札幌  : 鈴木武蔵

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    札幌  : 岩崎悠人

 【U-20日本代表】
    マリノス: 山田康太
    札幌  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: 三好康児
    札幌  :
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  札幌オフィシャル

 【チケット情報】  札幌オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「札幌FW岩崎「アピールできれば」ルヴァン杯へ気合」 (5/7)
   > 「金髪から黒へ札幌白井、ルヴァン杯PO進出へ気合」 (5/7)

   > 「【札幌】アンデルソンロペスが帰国…左膝じん帯損傷で1か月ほど母国で静養」 (5/5)


 【TV中継】
  (生) 05/08(水) 18:50~  スカサカ!

  (録) 05/09(木) 24:30~  スカサカ!

      05/10(金) 23:00~  スカサカ!

      05/11(土) 06:30~  フジテレビNEXT

      05/15(水) 10:10~  スカサカ!

  (配信)なし

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 札幌戦・データボックス>2019年ルヴァンカップGS第5節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎かしわ記念(2019年)穴馬予想&結果


< 5月6日(月)に行われるかしわ記念(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【かしわ記念】


 船橋のダート1600mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 令和になって最初の交流GIですが、今年の中央GI・フェブラリーSでクビ差の激戦を繰り広げた1・2着馬(インティゴールドドリーム)が早くも再戦となりますし、その他の中央馬も4頭中3頭がGI馬で、地方勢にも前走で交流重賞3勝目をあげたキタサンミカヅキがいるので、レベルが高くて面白いレースが期待できそうですね。

 そして今回の交流重賞も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、6連勝の勢いのままにGI・フェブラリーまで制してしまった7連勝馬のインティは1倍台が濃厚なのでもちろん狙えないですし、これでゴールドドリームが2倍台になって(オッズ的に)狙えないとなったとして、3番人気以降の馬で単勝複数買いをしても当たる確率はかなり低そうです。

 それでも買い方を変えることはないものの、ゴールドドリームを選べるかどうか、さらにはその他のどの馬を何頭選べるかはオッズによって大きく変わってしまいそうなので、オッズがある程度固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約1時間前のオッズを確認したところ、インティとゴールドドリームが1倍台、3番人気以降が20倍以上となっていました。

 この2頭がどちらも勝てないことに賭けるのはかなり厳しいと思うので、複勝勝負に変えようかとも考えましたが、まあ競馬は何が起こるか分からないですし、ここは3~7番人気の5頭の単勝狙いでいってみましょう。


  ◎ キタサンミカヅキ / 森泰斗 (2)
  △ モーニン / 和田竜二 (3)
  △ アポロケンタッキー / 戸崎圭太 (7)
  △ ドリームキラリ / 坂井瑠星 (8)
  △ オールブラッシュ / 田辺裕信 (9)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ゴールドドリーム  ルメール 2
 2着 6     インティ        武豊   1
 3着 7  △ アポロケンタッキー 戸崎圭太 7
 4着 9  △ オールブラッシュ  田辺裕信 4
 5着 2  ◎ キタサンミカヅキ  森泰斗  6


 やはり二強の争いとなりましたが、インティが逃げられなかったりオールブラッシュが早めに捲ったりゴールドドリームが見事に差し切ったりと、スタートからゴールまでの間にいくつもの見所が常にあったので、馬券とは関係なくてもかなり面白いレースでしたね。


  (×単勝:10 1.9倍)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  1/6   16.7%  +1,300円  119.7%

☆19年通算   >  19/81  23.5%  +2,940円  103.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎NHKマイルC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京湾C(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月 5日 (日)

◎NHKマイルC(2019年)穴馬予想&結果


< 5月5日(日)に行われるNHKマイルカップ(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【NHKマイルカップ】


 東京の芝1600mで行われる3歳重賞(GI)です。

 令和になって最初のGIとなりますが、平成最後のGIも、令和最初のJRA重賞も当てることが出来たので(平成最後のJRA重賞は外しましたが)、この記念すべきレースも当てたいところですね。

 それでここは、トオヤリトセイトを◎にしてみましょう。

 ここまでのデビューから4戦は、新馬戦と3戦目の500万下を勝ち、2戦目の500万下で4着、前走の重賞・アーリントンCで3着という戦績となっていますが、アーリントンCは3着ながら直線で粘り強く伸びて来て勝ち馬と同タイム(クビ+アタマ差)でしたし、500万での4着も勝ち馬と0.4秒差ということを考えれば大きく出遅れた分の差ともいえそうなので、いまだ底を見せていないのでは。

 東京コースも、距離は1400mで2着馬とわずかアタマ差だったとはいえ着差以上の強さで勝利した経験がありますし、なにより前走でも◎にして当てさせてもらったという縁もあるので、(後者の理由で選んだ時はほとんど当っていないような気がするのは不安であるものの)再度この馬に期待してみることに。


  ◎ トオヤリトセイト / 福永祐一 (16)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 17    アドマイヤマーズ M.デムーロ 2
 2着 18    ケイデンスコール 石橋脩   14
 3着 10    カテドラル      アヴドゥラ 7
 4着 3     ダノンチェイサー 川田将雅  3
 5着 7     グランアレグリア ルメール  1

 8着 16 ◎ トオヤリトセイト 福永祐一  16


 ◎馬は意外にも先行して絶好の位置に付けて、直線に入っても手応え良かったので“これは1着もあるのでは!?”と期待も高まったのですが、それがかえって良くなかったのか最後の伸びがありませんでした....(それでも8着ながら3着馬とは0.3秒差なので惜しかったのですが....)。

 あとはやはり上にも書いたように、以前に◎にして当てた馬を異なる条件で再度◎にしてもほとんどの場合が当たっていないような気がするので、同条件ではない時は必ず違う馬を狙うことに決めてしまった方が良さそうですね。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  1/5   20.0%  +2,500円  146.3%

☆19年通算   >  19/80  23.8%  +4,140円  105.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都新聞杯(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎かしわ記念(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月 4日 (土)

「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年6月)


Gapaku3298_tp_v


 これで11年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2020年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2020年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年6月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 今昔百鬼拾遺 天狗 / 京極夏彦 (11作) * シリーズ番外編
        〈1作目「姑獲鳥の夏」が95年版7位にランクイン〉
        〈2作目「魍魎の匣」が96年版4位にランクイン〉
        〈3作目「狂骨の夢」が96年版9位にランクイン〉
        〈4作目「鉄鼠の檻」が97年版7位にランクイン〉
        〈5作目「絡新婦の理」が98年版4位にランクイン〉
        〈6作目「塗仏の宴」が99年版19位にランクイン〉
        〈7作目「陰摩羅鬼の瑕」が04年版20位にランクイン〉
        〈8作目「邪魅の雫」が07年版12位にランクイン〉


 鮎川哲也探偵小説選II / 鮎川哲也 (1作) * シリーズ2作目
        〈1作目「鮎川哲也探偵小説選」が18年版15位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年6月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 炎天夢 東京湾臨海署安積班 / 今野敏 (5作) * シリーズ12作目
 DEVIL'S DOOR / 東山彰良 (3作)
 アロワナを愛した容疑者 警視庁いきもの係 / 大倉崇裕 (3作) * シリーズ5作目
 いつかの岸辺に跳ねていく / 加納朋子 (3作)
 119 / 長岡弘樹 (2作)
 大坂の陣 / 岡田秀文 (1作) * シリーズ3作目
 神獣の都 京都四神異端録 / 小林泰三(1作)
 緋の河 / 桜木紫乃(1作)
 君待秋ラは透きとおる / 詠坂雄二 (1作)
 旧友再会 / 重松清 (1作)
 K2 復活のソロ / 笹本稜平 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年6月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 虚構推理 スリーピング・マーダー / 城平京 <3作> * シリーズ3作目
 ハッピーアワーは終わらない / 東川篤哉 <2作> * シリーズ2作目
 警察庁私設特務部隊KUDAN / 神野オキナ <1作>
 捜査一課殺人班イルマ オーバードライヴ / 結城充考 <1作> * シリーズ4作目
 カリスマvs.溝鼠 悪の頂上対決 / 新堂冬樹 <1作> * シリーズコラボ作品
 出身成分 / 松岡圭祐 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年6月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ “” ]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年6月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “”受賞作 ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年6月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 みどり町の怪人 / 彩坂美月 (本)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年6月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 綾峰音楽堂殺人事件 / 藤谷治
 九度目の十八歳を迎えた君と / 浅倉秋成
 ぬるくゆるやかに流れる黒い川 / 櫛木理宇
 魔法使ひ / 堀川アサコ
 HELLO WORLD / 野崎まど
 サリエルの命題 / 楡周平
 慟哭は聴こえない デフ・ヴォイス / 丸山正樹 * シリーズ3作目
 ガラスの城壁 / 神永学
 猫河原家の人びと 探偵一家、ハワイ謎解きリゾート / 青柳碧人 * シリーズ2作目
 美しすぎる教育評論家の依頼 / 叶紙器
 Iターン 2 / 福澤徹三 * シリーズ2作目
 福沢諭吉の事件簿(1・2) / 鷲田小彌太
 渡辺啓助探偵小説選I / 渡辺啓助

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年6月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な6月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年7月)

 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年5月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎京都新聞杯(2019年)穴馬予想&結果


< 5月4日(土)に行われる京都新聞杯(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都新聞杯】


 京都の芝2200mで行われる3歳重賞(GII)です。

 令和になって最初のJRA重賞となりますが、初っ端から予想がかなり難しいレースですね。

 それでここは、レッドジェニアルを◎にしてみましょう。

 3戦目にしてようやく初勝利をあげ、続く前走の500万下では4着という結果でしたが、ただこの時は大外枠の影響が最初から最後まで悪い方に出た印象でしたし、走り慣れた京都に戻ることでここでの上位入りも充分にあるのではないかとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ レッドジェニアル / 酒井学 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12 ◎ レッドジェニアル   酒井学   11
 2着 3     ロジャーバローズ  浜中俊   2
 3着 6     サトノソロモン    アヴドゥラ  7
 4着 5     ナイママ        柴田大知  10
 5着 7     タガノディアマンテ 松山弘平  1


 令和最初の中央重賞で11番人気の馬を◎にして的中、しかも(複勝なので着順は関係ないとはいえ)2番人気馬を鮮やかに交わしての勝利ということで、これ以上ないくらいに幸先の良い令和のスタートを切れました(令和最初の交流重賞と南関重賞は外しているので中央重賞限定のスタートではありますが)。

 それに、◎馬と同じ前走・アザレア賞組のヒーリングマインドとどちらにしようか悩んでいたのですが、そのアザレア賞の勝ち馬ではなくあえて4着馬を◎にして当てたというのもかなり気持ち良かったですねェ。


  (○複勝:12 7.9倍)  ○的中!  1,000円 → 7,900円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  1/4   25.0%  +3,500円  179.5%

☆19年通算   >  19/79  24.1%  +5,140円  106.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎兵庫CS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎NHKマイルC(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月 3日 (金)

☆ 広島戦・データボックス>2019年J1リーグ第10節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 5/3(金) J1リーグ 第10節・サンフレッチェ広島戦 (Eスタ)


  ○1-0 (前半1-0、後半0-0)

  主審: 岡部 拓人  入場者数:23,559人

  <得点>
   1-0 仲川輝人  (横浜・前半34分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・


 <記録ストップ>

  ・「同一カード 3失点以上」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 5位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 天野純が、マリノス所属時公式戦通算128試合出場となり、安永聡太郎(95-98,01-04)を抜いてマリノス歴代単独40位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(5月3日終了時暫定) : 4位 (前節 8位)
         < 5勝 3分 2敗  勝点 18 得点 14 失点 12 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「白熱の上位対決は横浜FMが勝利。広島は苦しい3連敗

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「仲川輝人が“令和パフォ”、横浜FMが逃げ切って2連勝!
         広島は3連敗に

 (ゲキサカ) 「“J1令和初ゴール”の横浜FM仲川輝人、
          元号またいでの連発弾に「何かしら縁があるのかな」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが仲川の令和J1初ゴールで今季2度目の連勝!
             広島はツキにも見放され3連敗


 (スポニチ) 「J1「令和1号」は横浜FW仲川「狙ってました」お見事V弾

 (スポニチ) 「プラチナ世代の“苦労人”仲川が令和1号弾!
         専修大4年時、横浜入り発表9日前に右膝重傷、見事復活!

 (日刊スポーツ) 「令和1号横浜仲川、愛犬「レイ」背番「ニッサン」

 (日刊スポーツ) 「横浜仲川が魅力凝縮1発 選手生命の危機克服し飛躍

 (スポーツ報知) 「仲川輝人、J1令和初得点 予告通り「令」ポーズ

 (スポーツ報知) 「令和J1初ゴールのFW仲川、
            “令和ポーズ”は「(大津)祐樹くんと考えていた」

 (サンスポ) 「令和1号は横浜M・仲川!J1メモリアル弾「狙っていた」

 (サンスポ) 「横浜M・仲川“J1令和初ゴール”に「何かしら縁があるのかな」

 (サンスポ) 「仲川渾身の“令和パフォ”横浜Mが広島下し2連勝

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 広島戦・プレビュー>2019年J1リーグ第10節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年3月/その2)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年2-3月追加分)

  月別候補曲リスト(2019年3月/その1) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


渚の泡沫 / WANIMA

   シングル『グッジョブ!!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


P.S. RED I / TK from 凛として時雨

   シングル『P.S. RED I』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヤダヤダ / MOSHIMO

   アルバム『TODOME』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


I surrender 愛されど愛 / モーニング娘。'19

   アルバム『ベスト!モーニング娘。20th Anniversary』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今夜はローリング・ストーン feat. RHYMESTER / NONA REEVES

   アルバム『未来』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


恋のエスパー / SILENT SIREN

   シングル『31313』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕ラノ承認戦争 feat. majiko / CIVILIAN

   EP『邂逅ノ午前零時』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


キラキラ / 桜エビ〜ず

   ライブ会場&通販限定シングル『Winter Sleep』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 月別候補曲リスト(2019年2-3月追加分)

  月別候補曲リスト(2019年3月/その1) <<< PREV


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年5月 2日 (木)

◎兵庫CS(2019年)穴馬予想&結果


< 5月2日(木)に行われる兵庫チャンピオンシップ(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【兵庫チャンピオンシップ】


 園田のダート1870mで行われる交流3歳重賞(JpnII)です。

 この世代では3歳になって最初の交流重賞で、今回参戦する中央馬5頭はいずれもダートで2勝していますが、やはりデビューからダートだけで走って2戦2勝のクリソベリルと、デビューからの3戦で2勝&OPでの2着1回のヴァイトブリックの2頭が人気を集めそうですかね。

 それで今回の交流重賞も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、ただこれを書いている時点ではまだオッズが出ていません。

 なので、オッズがある程度固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、クリソベリルが1倍台、ヴァイトブリックが3倍台、その他の馬が10倍以上となっていました。

 さすがに勝つとなれば2強のどちらかになりそうなので、片方を選べるオッズになってくれたのは嬉しいですが、それでも一応荒れた結果になることも考慮して、3番人気以降の中央馬3頭も念のために押さえておきましょう。


  ◎ ヴァイトブリック / 戸崎圭太 (12)
  △ メスキータ / 松山弘平 (4)
  △ ゴールドラグーン / 和田竜二 (6)
  △ ダイシンインディー / 岩田康誠 (11)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     クリソベリル      ルメール 1
 2着 12 ◎ ヴァイトブリック    戸崎圭太 2
 3着 5     バンローズキングス 吉村智洋 7
 4着 3     エナキョウ       吉原寛人 6
 5着 4  △ メスキータ       松山弘平 5


 単勝1倍台の1番人気馬にこれだけ圧勝されてはどうしようもないですねェ。


  (×単勝:9 1.1倍台)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  0/3   0.0%  -3,400円   0.0%

☆19年通算   >  18/78  23.1%  -1,760円   97.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎かきつばた記念&しらさぎ賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都新聞杯(2019年)穴馬予想&結果

2019年5月 1日 (水)

◎かきつばた記念&しらさぎ賞(2019年)穴馬予想&結果


< 5月1日(水)に行われるかきつばた記念(JpnIII)しらさぎ賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【かきつばた記念】


 名古屋のダート1400mで行われる交流ハンデ重賞(JpnIII)です。

 令和になって最初の競馬予想はこの交流重賞となりますが、地方馬も馬券圏内に入ってくる可能性が充分にある短距離戦、しかもハンデ戦ということで、いきなり予想難易度がかなり高いレースですね。

 それで今回の交流重賞も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、ただこれを書いている時点ではまだオッズがどのようになるのか予測できません。

 なので、オッズがある程度固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ヤマニンアンプリメが2倍台、ウインムートとゴールドクイーンが3倍台、リエノテソーロが6倍台、その他の馬が10倍以上となっていました。

 となると、2・3番人気馬を選ぶのであれば、その2頭のうちのどちらか1頭と、4番人気以降の馬の中から(オッズによって)何頭か、という組み合わせになるので、ここはウインムートとリエノテソーロの2頭狙いでいってみましょう。


  ◎ ウインムート / 和田竜二 (8)
  △ リエノテソーロ / 大野拓弥 (5)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ゴールドクイーン  古川吉洋 2
 2着 2     ヤマニンアンプリメ 鮫島良太 1
 3着 12    テーオーヘリオス  浜中俊  5
 4着 8  ◎ ウインムート     和田竜二 3
 5着 1     キクノステラ     岡部誠  7


 △馬は最初から後方でそのまま最下位フィニッシュでしたし、2番手先行の◎馬は最終コーナーの時点でズルズル下がっていき、しかも二択で選ばなかった方の馬が見事に逃げ切り勝ちと、令和最初の予想は酷い有り様だったので、これは今後が思いやられますね.....。


  (×単勝:10 3.4倍)  ×不的中  1,200円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【しらさぎ賞】


 浦和のダート1400mで行われる南関牝馬重賞(SIII)です。

 令和最初の南関重賞はこの牝馬のレースとなりますが、ここはシェアハッピーを◎にしてみましょう。

 3歳の1月以来2年以上も勝利がなく、最近もほとんど重賞やOP以外のレースを走っている馬ではありますが、3歳時には桜花賞で3着、東京ダービーで牡馬相手に4着、ロジータ記念では2着と、同世代相手のトップクラスの重賞で好走していましたし、昨年末には重賞の東京シンデレラマイルで掲示板に載るなど(5着)、現在でも重賞で上位に入れるだけの力はありそうです。

 そしてここ2走は連続して馬券圏内に入り、しかも前走は今回と同じ浦和1400mで56kgを背負って0.3秒差2着と惜しい走りを見せているので、(単勝はまだしも)複勝圏内であれば重賞である今回でも充分にチャンスはあるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ シェアハッピー / 柏木健宏(2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     タイセイラナキラ  吉原寛人 2
 2着 5     アムールリアン   和田譲治 4
 3着 10    ストロングハート  森泰斗  1
 4着 6     ファーストスキップ 笹川翼  3
 5着 9     オルキスリアン   繁田健一 10

 9着 2  ◎ シェアハッピー   柏木健宏  6


 こちらの◎馬も、すでに向こう上面で鞭が何発も入っていたくらいに最初から流れに乗れていなかったので、令和初日の予想は2レース共に(盛り上がりどころすら全くない)散々な結果となりました.....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年05月  .>  0/2   0.0%  -2,200円   0.0%

☆19年通算   >  18/77  23.4%   -560円   99.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎新潟大賞典(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎兵庫CS(2019年)穴馬予想&結果

☆ 広島戦・プレビュー>2019年J1リーグ第10節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 5/3(金) 14:00~ J1リーグ 第10節

     vs サンフレッチェ広島 (エディオンスタジアム広島)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  8位 4勝 3分 2敗 勝点 15 13得 12失 得失 +1 」
  広島  :「. 3位 5勝 2分 2敗 勝点 17 11得 5失 得失 +6 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 広島戦は、公式戦通算で「40勝 8分 24敗」、リーグ戦通算で「30勝 6分 18敗」といずれも大きく勝ち越していて、リーグ戦ホームでは「16勝 4分 7敗」、アウェーでは「14勝 2分 11敗」とどちらも勝ち越し。

 しかも、2012年から2014年までのリーグ戦は6試合全て負けなし(5勝 1分 0敗)で2013年以降4連勝、さらに2013シーズンの天皇杯決勝でも勝って優勝を決めるなど、(2014年のゼロックススーパーカップでは完敗したとはいえ)この時期はかなり相性の良い相手でした。

 しかし2015-16年は「0勝 1分 3敗」で4試合全て2失点と結果が出ず、2017年のリーグ戦では「1勝 1分 0敗」と勝ち越すことが出来たものの、昨年はアウェーで●1-3、ホームで●1-4と2試合連続で完敗となるなど、ここ数年(特に昨年)の相性は悪くなっていますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で負けると........
   > 3試合“同一カード 連敗”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 3試合連続“同一カード 3失点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で4失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4失点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算127試合出場となり、安永聡太郎(95-98,01-04)を抜いてマリノス歴代単独40位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 広島 : なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス: なし

 【期限付き移籍の契約により出場不可】
        マリノス: 和田拓也

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼椿直起エジガル ジュニオ

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 広島 >
       エミル サロモンソン(←イエーテボリ)
       井林章(←東京V)
       高橋壮也(←岡山)
       野津田岳人(←仙台)
       清水航平(←清水)
       ドウグラス ヴィエイラ(←東京V)
       皆川佑介(←名古屋)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    広島  : 佐々木翔

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    広島  : 松本泰志

 【U-20日本代表候補】
    マリノス: 山田康太
    広島  : 大迫敬介、東俊希

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: 李忠成、和田拓也
    広島  :
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  広島オフィシャル

 【チケット情報】  広島オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【横浜M】仲川輝人“令和1号”ならゴールパフォーマンスやります」 (5/2)
   > 「横浜MF天野 高精度FKで狙う!新時代幕開け弾闘志」 (5/2)

   > 「横浜DF畠中 DeNA戦で始球式 初挑戦もお見事ノーバン」 (5/1)
   > 「【横浜M】畠中槙之輔、DeNA・ヤクルト戦で始球式「ベストのピッチングができた」」 (5/1)
   > 「【J試合情報】サンフレッチェ広島vs横浜F・マリノス 第10節」 (5/1)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)05/03(金) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 広島戦・データボックス>2019年J1リーグ第10節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ