サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

平成の作家別「このミス」ランクイン作品数ベスト10

Gapaku3298_tp_v


 2019年4月30日(この記事の更新日)にて平成が終わり、翌日から元号が令和に変わります

 そこでその記念として、平成の間に「このミステリーがすごい!」(以下「このミス」)にランクインした作品数の多い作家のランキング(ベスト10)を作ってみました


 * 「このミス」におけるランクインとはベスト20に入った作品のことです

 * 今回は平成の期間内に発表された「このミス」(1989年~2019年版)のランキングが対象なので、1988年(昭和63年)の創刊号および2020年版(2019年/令和元年)以降にランクインした作品(作家)は対象外となります

 * 2018年11月~2019年4月に発売された作品は“平成に発売された作品”ではありますが、この期間に発売された作品が対象となる「このミス」ランキングは令和元年の12月に発表となるので、当記事のランキングでは対象外となります

 * 「このミス」は、1990年より翌年度表記(満年齢から数え年)に変更しているので、例えば“2019年版”は“2018年(平成30年)”のランキングとなっています

 * 平成の期間に限定しない“作家別ベスト20作品数ランキング”、および“作家別1位作品数ランキング” “ベスト5作品数ランキング” “ベスト10作品数ランキング”などは、「このミス」完全読破 説明&読破本リスト(このミス資料集)をご覧ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 平成の作家別「このミス」ランクイン作品数ベスト10 】


 * 対象 : 1989年~2019年版(2018年)のランクイン作品(作家)

 * タイトル部分のリンク先 : 当ブログの感想記事

 * このベスト10に入った作家のうち東野圭吾と大沢在昌の二人が平成最初(1989年)と最後(2019年版)の両方の年でランクインしていますが、他に原尞(りょう)と有栖川有栖の二人も平成の最初と最後の年にランクインしています

 * しかも原りょうに至っては両方の年で1位となっているので、「このミス」的には”原りょうの1位で平成の幕を開け、原りょうの1位で平成を締める”という結果に

       

<< 1位 >>   東野 圭吾   18作品


鳥人計画

名探偵の掟

「どちらかが彼女を殺した」

秘密

「白夜行」

「片想い」

超・殺人事件

「トキオ (時生)」

「ゲームの名は誘拐」

「殺人の門」

容疑者Xの献身

赤い指

聖女の救済

新参者

麒麟の翼

祈りの幕が下りる時

虚ろな十字架

「沈黙のパレード」


15位

3位

13位

9位

2位

15位

5位

18位

11位

18位

1位

9位

18位

1位

20位

10位

19位

4位


平成元年

平成08年

平成08年

平成10年

平成11年

平成13年

平成13年

平成14年

平成15年

平成15年

平成17年

平成18年

平成20年

平成21年

平成23年

平成25年

平成26年

平成30年


1989年

1997年版

1997年版

1999年版

2000年版

2002年版

2002年版

2003年版

2004年版

2004年版

2006年版

2007年版

2009年版

2010年版

2012年版

2014年版

2015年版

2019年版

       

<< 2位 >>   宮部 みゆき   17作品


魔術はささやく

「レベル7」

龍は眠る

「返事はいらない」

火車

「蒲生邸事件」

「理由」

「クロスファイア」

「あやし ~怪~」

模倣犯

「R.P.G.」

名もなき毒

「楽園」

小暮写眞館

ソロモンの偽証

ペテロの葬列

「希望荘」


9位

14位

4位

20位

2位

4位

3位

15位

14位

1位

19位

6位

8位

8位

2位

7位

9位


平成02年

平成02年

平成03年

平成03年

平成04年

平成08年

平成10年

平成10年

平成12年

平成13年

平成13年

平成18年

平成19年

平成22年

平成24年

平成26年

平成28年


1991年版

1991年版

1992年版

1992年版

1993年版

1997年版

1999年版

1999年版

2001年版

2002年版

2002年版

2007年版

2008年版

2011年版

2013年版

2015年版

2017年版

       

<< 3位 >>   大沢 在昌   15作品


氷の森

新宿鮫

毒猿 新宿鮫II

「B・D・T 掟の街」

屍蘭 新宿鮫III

無間人形 新宿鮫IV

「天使の牙」

「雪蛍」

氷舞 新宿鮫IV

「闇先案内人」

「心では重すぎる」

「砂の狩人」

狼花 新宿鮫IX

絆回廊 新宿鮫X

「漂砂の塔」


14位

1位

2位

4位

15位

16位

10位

9位

10位

6位

17位

4位

4位

4位

12位


平成元年

平成02年

平成03年

平成05年

平成05年

平成05年

平成07年

平成08年

平成09年

平成13年

平成13年

平成14年

平成18年

平成23年

平成30年


1989年

1991年版

1992年版

1994年版

1994年版

1994年版

1996年版

1997年版

1998年版

2002年版

2002年版

2003年版

2007年版

2012年版

2019年版

       

<< 4位 >>   米澤 穂信   14作品


さよなら妖精

「犬はどこだ」

夏期限定トロピカルパフェ事件

ボトルネック

インシテミル

儚い羊たちの祝宴

秋期限定栗きんとん事件

追想五断章

折れた竜骨

リカーシブル

満願

王とサーカス

真実の10メートル手前

いまさら翼といわれても


20位

8位

10位

15位

10位

17位

10位

4位

2位

7位

1位

1位

3位

17位


平成16年

平成17年

平成18年

平成18年

平成19年

平成21年

平成21年

平成21年

平成23年

平成25年

平成26年

平成27年

平成28年

平成29年


2005年版

2006年版

2007年版

2007年版

2008年版

2010年版

2010年版

2010年版

2012年版

2014年版

2015年版

2016年版

2017年版

2018年版

       

<< 5位 >>   伊坂 幸太郎   13作品


「ラッシュライフ」

「陽気なギャングが地球を回す」

重力ピエロ

アヒルと鴨のコインロッカー

「チルドレン」

グラスホッパー

死神の精度

ゴールデンスランバー

マリアビートル

夜の国のクーパー

死神の浮力

キャプテンサンダーボルト

「ホワイトラビット」


11位

6位

3位

2位

16位

18位

12位

1位

6位

19位

5位

19位

2位


平成14年

平成15年

平成15年

平成16年

平成16年

平成16年

平成17年

平成20年

平成22年

平成24年

平成25年

平成27年

平成29年


2003年版

2004年版

2004年版

2005年版

2005年版

2005年版

2006年版

2009年版

2011年版

2013年版

2014年版

2016年版

2018年版

  * 「キャプテンサンダーボルト」は阿部和重との共著
       

<< 6位 >>   佐々木 譲   12作品


エトロフ発緊急電

五稜郭残党伝

ストックホルムの密使

「昭南島に蘭ありや」

うたう警官 (笑う警官)

制服捜査

警官の血

暴雪圏

北帰行

警官の条件

代官山コールドケース

「犬の掟 (警官の掟)」


4位

15位

2位

20位

10位

2位

1位

8位

15位

8位

14位

19位


平成元年

平成03年

平成06年

平成07年

平成17年

平成18年

平成19年

平成21年

平成22年

平成23年

平成25年

平成27年


1989年

1992年版

1995年版

1996年版

2006年版

2007年版

2008年版

2010年版

2011年版

2012年版

2014年版

2016年版

       

<< 7位 >>   北村 薫   11作品


空飛ぶ馬

夜の蝉

秋の花

「六の宮の姫君」

「冬のオペラ」

「スキップ」

「ターン」

「盤上の敵」

「街の灯」

「ニッポン硬貨の謎」

鷺と雪


2位

2位

12位

18位

6位

7位

14位

8位

18位

14位

11位


平成元年

平成02年

平成03年

平成04年

平成05年

平成07年

平成09年

平成11年

平成15年

平成17年

平成21年


1989年

1991年版

1992年版

1993年版

1994年版

1996年版

1998年版

2000年版

2004年版

2006年版

2010年版

       

<< 7位 >>   京極 夏彦   11作品


姑獲鳥の夏

魍魎の匣

「狂骨の夢」

「鉄鼠の檻」

「絡新婦の理」

「嗤う伊右衛門」

「塗仏の宴」

「巷説百物語」

「陰摩羅鬼の瑕」

「邪魅の雫」

死ねばいいのに


7位

4位

9位

7位

4位

7位

19位

20位

20位

12位

12位


平成06年

平成07年

平成07年

平成08年

平成09年

平成09年

平成10年

平成11年

平成15年

平成18年

平成22年


1995年版

1996年版

1996年版

1997年版

1998年版

1998年版

1999年版

2000年版

2004年版

2007年版

2011年版

       

<< 7位 >>   麻耶 雄嵩   11作品


翼ある闇

「夏と冬の奏鳴曲」

「鴉」

「木製の王子」

神様ゲーム

貴族探偵

隻眼の少女

メルカトルかく語りき

貴族探偵対女探偵

さよなら神様


12位

17位

16位

12位

11位

5位

20位

4位

7位

13位

2位


平成03年

平成05年

平成09年

平成12年

平成16年

平成17年

平成22年

平成22年

平成23年

平成25年

平成26年


1992年版

1994年版

1998年版

2001年版

2005年版

2006年版

2011年版

2011年版

2012年版

2014年版

2015年版

       

<< 10位 >>   法月 綸太郎   10作品


頼子のために

「一の悲劇」

「ふたたび赤い悪夢」

「二の悲劇」

「法月綸太郎の新冒険」

生首に聞いてみろ

怪盗グリフィン、絶体絶命

キングを探せ

ノックス・マシン

挑戦者たち


16位

19位

18位

10位

11位

1位

8位

8位

1位

12位


平成02年

平成03年

平成04年

平成06年

平成11年

平成16年

平成18年

平成24年

平成25年

平成28年


1991年版

1992年版

1993年版

1995年版

2000年版

2005年版

2007年版

2013年版

2014年版

2017年版

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年4月29日 (月)

◎新潟大賞典(2019年)穴馬予想&結果


< 4月29日(月・祝)に行われる新潟大賞典(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【新潟大賞典】


 新潟の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 平成最後のGIをなんとか当てることが出来たので、この平成最後の重賞もぜひとも当てたいところではあるものの、ローカル重賞のハンデ戦なので予想は難しすぎですね....。

 それで2頭にまで絞り込んだので、また“選ばなかった方が(馬券圏内に)来て選んだ方は来ず”といういつものパターンになりそうではありますが、ここはエアアンセムを◎にしてみましょう。

 昨年の8月から重賞戦線に挑み始めると、馬券圏内こそ6戦中2回とそれほど多くないとはいえ、掲示板には6戦中5回も載っていますし、唯一の掲示板外だった2走前の中山金杯も7着ながら上がり最速で0.2秒差(2・3着馬とは0.1秒差)だったので、脚質の自在性があるうえで高い安定感も持ち合わせています。

 ただ8歳馬でハンデ57.0kgというところが不安ではあるものの、その分人気も下がっているわけですし、出走数の少ない左回り(新潟コース)も逆にハマる可能性もあるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ エアアンセム / 吉田隼人 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 15    メールドグラース レーン  7
 2着 1     ミッキースワロー 横山典弘 3
 3着 6     ロシュフォール  ルメール 1
 4着 16    ルックトゥワイス 北村友一 2
 5着 8     ブラックスピネル 三浦皇成 9

 7着 10 ◎ エアアンセム   吉田隼人 10


 ◎馬は直線に入るまでは手応え良くて期待は高まったものの、そこから(じわじわとは伸びていたとはいえ)上位馬と比べるとキレがありませんでしたねェ。

 ちなみに最後まで悩んだもう一頭というのはブラックスピネルだったのですが、こちらを選んでいたら(逃げ粘れるかというゴール直前で後続に一気に交わされたので)かなり悔しい外し方となっていたでしょう....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  6/19  31.6%  +8,440円  143.5%

☆19年通算   >  18/75  24.0%  +1,640円  102.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎天皇賞・春(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎かきつばた記念&しらさぎ賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月28日 (日)

☆ 鹿島戦・データボックス>2019年J1リーグ第9節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 4/28(日) J1リーグ 第9節・鹿島アントラーズ戦 (日産ス)


  ○2-1 (前半0-1、後半2-0)

  主審: 福島 孝一郎  入場者数:38,561人

  <得点>
   0-1 安西幸輝         (鹿島・前半11分/公式動画
   1-1 仲川輝人         (横浜・後半24分/公式動画
   2-1 マルコス ジュニオール (横浜・後半37分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 38,561人

  > マリノス総合ランキング ベスト・76位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ)


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 8位 (前節 9位)
         < 4勝 3分 2敗  勝点 15 得点 13 失点 12 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「決勝点はマルコス・ジュニオール。
               横浜FMが逆転で鹿島を下す

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「大舞台男マルコスまた決めた!!
          平成最後の名門対決、横浜FMが鹿島に逆転勝ち

 (ゲキサカ) 「「バリエーションを考えないと…」
           今季5点目の横浜FMマルコスがゴールパフォ急募

 (ゲキサカ) 「カットインで勝負あり…
          同点弾の横浜FM仲川「縦は警戒されている」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMがマルコス逆転弾で鹿島に勝利!
             今季のホーム無敗を5に伸ばす


 (スポニチ) 「横浜2発逆転!鹿島撃破 平成最後“伝統の一戦”制す

 (日刊スポーツ) 「横浜、攻撃的スタイル貫き降格未経験対決を制す

 (日刊スポーツ) 「横浜マルコス絶妙V弾 ネタ尽きサポに新パフォ募集

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、平成最後の鹿島戦をマルコ弾で逆転勝利

 (サンスポ) 「平成最後の“オリジナル10”対決は横浜Mに軍配!
          仲川&マルコスJ弾で鹿島撃破

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鹿島戦・プレビュー>2019年J1リーグ第9節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎天皇賞・春(2019年)穴馬予想&結果


< 4月28日(日)に行われる天皇賞・春(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇賞(春)】


 京都の芝3200mで行われる重賞(GI)です。

 GI馬が1頭のみ、しかも古馬GIを勝った馬は1頭もなしという伝統あるGIとしては寂しいメンバーではあるものの、近走の重賞で勝利したり好走した馬は何頭もいるので、天皇賞という格を気にしないのであればなかなか面白いレースとなりそうですね。

 それで自分は長距離重賞はかなり苦手でこの春天も当てた記憶がないくらいなので、狙う馬がすんなりと決まったのは逆に不安でしかないのですが、ここはパフォーマプロミスを◎にしてみましょう。

 昨年の1月から重賞戦線に挑み始めた馬で、それ以降のGI以外の重賞は4戦して2勝3着1回、唯一馬券圏外となった前走の京都記念も4着ながら勝ち馬とわずか0.1秒差(3着馬とはクビ差)と、長距離重賞でかなりの安定感があります。

 ただその一方でGIでは宝塚記念が9着、有馬記念が14着と掲示板にさえ載れていないのでさすがにGIレベルでは厳しそうとはいえ、どちらのレースも特に強豪が集まりやすいグランプリGIですし、今回はメンバー的にGIレベルから少し落ちそうなので、となれば充分にチャンスはあるのではないかということでこの馬に期待してみることに。


  ◎ パフォーマプロミス / 北村友一 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    フィエールマン    ルメール  1
 2着 7     グローリーヴェイズ 戸崎圭太  6
 3着 8  ◎ パフォーマプロミス 北村友一  8
 4着 2     エタリオウ       M.デムーロ 2
 5着 9     ユーキャンスマイル 岩田康誠  3


 直線の最初から最後まで人気のエタリオウと馬体を合わせての激しい競り合いを演じたうえで、最後はクビ差先着して3着に入ってくれました....。

 そんな痺れるレース展開だったのに加え、苦手なレース、しかも平成最後のGIを当てることが出来たということもあって、久々に本気のガッツポーズが出たくらいに嬉しかったですねェ。


  (○複勝:8 6.3倍)  ○的中!  1,000円 → 6,300円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  6/18  33.3%  +9,440円  151.3%

☆19年通算   >  18/74  24.3%  +2,640円  103.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎青葉賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎新潟大賞典(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月27日 (土)

「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 松浦健人 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


 2019年5-6月の週刊少年ジャンプ新連載“第4弾”が、2019年27号(6月3日〈月〉発売)からスタートの「トーキョー忍スクワッド(トーキョー・しのび・スクワッド)です。


 原作担当の田中勇輝(たなか・ゆうき)は、「壊し屋ガロン」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年1月期)”の最終候補となった後、「GAGA」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に掲載してデビュー(「GAGA」 田中勇輝 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)。

 続いて、「トーキョー忍スクワッド」を“ジャンプGIGA 2017 vol.2”に掲載(「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 > ジャンプGIGA 2017 vol.2参照)。


 漫画担当の松浦健人(まつうら・けんと)は、「プロローグ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年2月期)”の最終候補となった後、「ギゾク屋ケルベロス」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年9月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて漫画担当として「ミイラ伍式」(原作担当:後藤冬吾)を“ジャンプGIGA 2017 vol.4”に掲載してデビューを果たし(「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4参照)、同コンビにて「水球どんぶらこ」を“ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1~3”で連載(全3回/「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!参照)。

 さらに三度目のコンビで“J金未来杯”エントリー作品として「仄見える少年」を“本誌2018年39号”に掲載して本誌デビュー(「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。


 そんな二人が今回初めてコンビを組み、田中勇輝が単独名義で発表した読切を基にした本作にて、共に本誌初連載(田中勇輝は本誌デビュー)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2019年5-6月の新連載」関連記事】

  > 「サムライ8 八丸伝」 岸本斉史 大久保彰 (19.4.27)

  > 「ふたりの太星」 福田健太郎 (19.4.27)

  > 「ビーストチルドレン」 寺坂研人 (19.4.27)

  > 「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 松浦健人 (19.4.27)


 【「田中勇輝」関連記事】

  > 「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 松浦健人
     > 週刊少年ジャンプ新連載! (19.4.27)

  > 「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 > ジャンプGIGA 2017 vol.2 (17.5.26)

  > 「GAGA」 田中勇輝 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.13)


 【「松浦健人」関連記事】

  > 「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 松浦健人
     > 週刊少年ジャンプ新連載! (19.4.27)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.8.20)

  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人
       > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.19)

  > 「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.7.20)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「ビーストチルドレン」 寺坂研人 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


 2019年5-6月の週刊少年ジャンプ新連載“第3弾”が、2019年26号(5月27日〈月〉発売)からスタートの「ビーストチルドレン」です。

 2019年26号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の寺坂研人(てらさか・けんと)は、「そばのせんす」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年11月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞し、その受賞作「そばのせんす」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.2”に掲載してデビュー(「そばのせんす」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2参照)。

 続いて、「リンゴ。」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に掲載し(「リンゴ。」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)、タイトルを少し変え内容もリニューアルした「RINGO」を“ジャンプGIGA vol.1~4(2016年)”で短期連載(全4話/「RINGO」 寺坂研人 > ジャンプGIGA新連載!参照)。

 そして本作にて、本誌デビュー&本誌初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2019年5-6月の新連載」関連記事】

  > 「サムライ8 八丸伝」 岸本斉史 大久保彰 (19.4.27)

  > 「ふたりの太星」 福田健太郎 (19.4.27)

  > 「ビーストチルドレン」 寺坂研人 (19.4.27)

  > 「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 松浦健人 (19.4.27)


 【「寺坂研人」関連記事】

  > 「ビーストチルドレン」 寺坂研人 > 週刊少年ジャンプ新連載! (19.4.27)

  > 「RINGO」 寺坂研人 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.17)
  > 「リンゴ。」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.16)

  > 「そばのせんす」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.17)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎青葉賞(2019年)穴馬予想&結果


< 4月27日(土)に行われるテレビ東京杯青葉賞(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【テレビ東京杯青葉賞】


 東京の芝2400mで行われる3歳重賞(GII)です。

 ここは、キタサンバルカンを◎にしてみましょう。

 まだ1勝馬で今回が初重賞挑戦ではありますが、500万下の2走前は4着ながら上がり最速で0.2秒差、同じく500万下の前走は勝ち馬にこそ離されたとはいえ今回と同じ東京2400mで33秒台の上がりを出して2着に来ていますし、今回のメンバーであれば重賞でも充分にチャンスはあるのでは。


  ◎ キタサンバルカン / 大野拓弥 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     リオンリオン     横山典弘 5
 2着 3     ランフォザローゼス ルメール 1
 3着 5     ピースワンパラディ 戸崎圭太 3
 4着 15 ◎ キタサンバルカン  大野拓弥 6
 5着 16    サトノラディウス   三浦皇成 9


 “これはダメだな~”という位置から(唯一の34秒台での上がりで)猛然と追い込んで来たのですが、惜しくも4着止まりでした....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  5/17  29.3%  +4,140円  123.8%

☆19年通算   >  17/73  23.3%  -2,660円   96.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎羽田盃(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎天皇賞・春(2019年)穴馬予想&結果

「ふたりの太星」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


 2019年5-6月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2019年25号(5月20日〈月〉発売)からスタートの「ふたりの太星(ふたりの・たいせい)です。

 2019年25号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の福田健太郎(ふくだ・けんたろう)は、「福男」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年3月)”の最終候補となった後、“第9回ジャンプ金未来杯“のエントリー作品として“本誌2014年36号”に「デビリーマン」を掲載していきなりのデビュー(「デビリーマン」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 すると見事に金未来杯を受賞(優勝)し、その読切を基にした「デビリーマン」が“本誌2015年26号”から始まり連載デビュー(全16話/「デビリーマン」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 連載終了後は、“ジャンプGIGA vol.1~4(2016年)”で「シニギワ」を短期連載し(全4話/「シニギワ」 福田健太郎 > ジャンプGIGA新連載!参照)、本作にて本誌では2作目の連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2019年5-6月の新連載」関連記事】

  > 「サムライ8 八丸伝」 岸本斉史 大久保彰 (19.4.27)

  > 「ふたりの太星」 福田健太郎 (19.4.27)

  > 「ビーストチルドレン」 寺坂研人 (19.4.27)

  > 「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 松浦健人 (19.4.27)


 【「福田健太郎」関連記事】

  > 「ふたりの太星」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ新連載! (19.4.27)

  > 「シニギワ」 福田健太郎 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.1)

  > 「デビリーマン」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ新連載! (15.4.20)
  > 「デビリーマン」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.7.20)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「サムライ8 八丸伝」 岸本斉史 大久保彰 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


 2019年5-6月の週刊少年ジャンプ新連載“第1弾”が、2019年24号(5月13日〈月〉発売)からスタートの「サムライ8 八丸伝(サムライエイト・ハチマルデン)です。


 原作担当の岸本斉史(きしもと・まさし)は、説明するまでもないですが、“本誌1999年43号”から始まった「NARUTO-ナルト-」で連載デビューを果たすと、日本だけでなく世界レベルで人気を獲得し、週刊少年ジャンプを代表するほどの作品に。

 “本誌2014年50号”で15年に渡る連載が終了した後は、“本誌2015年22・23合併号”から短期集中連載作品として「NARUTO -ナルト- 外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~」を掲載し(全10話/「NARUTO -ナルト- ~外伝 七代目火影と緋色の花つ月~」 岸本斉史 > 週刊少年ジャンプ短期連載!参照)、“本誌2016年21・22合併号”には外伝読切「NARUTO-ナルト-外伝 ~満ちた月が照らす道~」を掲載(「NARUTO-ナルト-外伝 ~満ちた月が照らす道~」 岸本斉史 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 作画担当の大久保彰(おおくぼ・あきら)は、「NARUTO-ナルト-」のアシスタントを長年務めていて、自身の漫画掲載歴としては、「トトの剣」を“赤マルジャンプ2005 WINTER”に掲載してデビューを果たし、J金未来杯エントリー作品として「魔法使いムク」を“本誌2005年40号”に掲載して本誌デビュー。

 そしてこの師弟がコンビを組んだ本作にて、岸本斉史は2作目の連載(短期集中連載は除く)、大久保彰は連載デビュー(14年ぶりの本誌登場)となりました。

 なお、前号(22・23合併号)には「サムライ8 八丸伝」予告編が掲載されています。


 内容の方は、後ほど追記します。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2019年5-6月の新連載」関連記事】

  > 「サムライ8 八丸伝」 岸本斉史 大久保彰 (19.4.27)

  > 「ふたりの太星」 福田健太郎 (19.4.27)

  > 「ビーストチルドレン」 寺坂研人 (19.4.27)

  > 「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 松浦健人 (19.4.27)


 【「岸本斉史」関連記事】

  > 「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」
     岸本斉史 池本幹雄 小太刀右京 > 週刊少年ジャンプ月1連載! (16.3.28)

  > 「NARUTO-ナルト-外伝 ~満ちた月が照らす道~」
     岸本斉史 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.22)

  > 「NARUTO -ナルト- 外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~」
     岸本斉史 > 週刊少年ジャンプ短期連載! (15.3.30)

  > 「ROAD TO NARUTO THE MOVIE」 岸本斉史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (12.7.23)

  > 「ベンチ」 岸本斉史 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.10.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年4月26日 (金)

☆ 鹿島戦・プレビュー>2019年J1リーグ第9節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/28(日) 13:00~ J1リーグ 第9節

     vs 鹿島アントラーズ (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  9位 3勝 3分 2敗 勝点 12 11得 11失 得失 0 」
  鹿島  :「 5位 4勝 2分 2敗 勝点 14 11得 9失 得失 +2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鹿島はマリノスが長年苦手としている相手の一つで、公式戦通算では「27勝 11分 37敗」、リーグ戦通算では「21勝 8分 29敗」といずれも負け越し。

 しかも、2013年の後半戦から2年前(2017年)の前半戦までの公式戦で「0勝 1分 8敗」、リーグ戦でも「0勝 1分 7敗」、無得点での敗戦は公式戦9試合中6試合(2014年後半戦以降に限ると7試合中6試合で無得点)と、この期間は全く太刀打ち出来ていないといっても過言ではないくらいに苦手な相手となっていました。

 そしてホーム・アウェー別に見てみると、リーグ戦ホームでは「12勝 6分 11敗」と五分の成績なのに対し、アウェーでは「9勝 2分 18敗」と大きく負け越していて、2013年以降6連敗中&5試合連続無得点中と、近年の鹿島戦アウェーは目も当てられないくらい最悪の相性に。

 ただその一方で、ホームでは3試合負けなし&2連勝中&2試合連続3得点中ですし、昨年10月に対戦したルヴァンカップ準決勝では苦手なアウェー(第1戦)で○2-1で勝利、続くホーム(第2戦)が△2-2で決勝進出を決めているので、リーグ戦アウェーでないならそこまで相性を気にしなくてもよさそうですかね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 4試合連続“ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“3失点以上”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 鹿島 : なし

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼椿直起エジガル ジュニオ

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 鹿島 >
       ブエノ(←徳島)
       平戸太貴(←町田)
       白崎凌兵(←清水)
       伊藤翔(←マリノス)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    鹿島  : 安西幸輝

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    鹿島  : 町田浩樹

 【U-20日本代表候補】
    マリノス: 山田康太
    鹿島  : 安部裕葵、関川郁万

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    鹿島  : 伊藤翔
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【鹿島】日本代表DF安西、横浜M畠中と東京V同期対決「すごく楽しみ」」 (4/27)
   > 「鹿島、横浜M戦へ最終調整 三竿と永木の先発濃厚」 (4/27)

   > 「鹿島、鄭昇ヒョンが練習合流」 (4/26)

   > 「鹿島 DFチョン・スンヒョンが全体練習合流「一カ月やっていなかったので…」」 (4/25)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ 第9節」 (4/25)

   > 「けが人続出の鹿島に朗報、DF伊東が復帰へ秒読み」 (4/23)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)04/28(日) 13:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 鹿島戦・データボックス>2019年J1リーグ第9節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年4月25日 (木)

『らんちう』 赤松利市 > 「このミス」完全読破 No.1059

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1059

 『らんちう』 赤松利市

   「このミス」2020年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2019年3月12日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年11月>


らんちう

赤松 利市

双葉社 2018.11.21

Amazonで詳しく見る

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「藻屑蟹」で大藪春彦新人賞の記念すべき初代受賞者となり、昨年(2018年)発売されたデビュー作『鯖』が(「このミス」でランクインまであと少しの25位となったのを始めとして)一部から熱狂的な評価を受け話題を集めた赤松利市によるデビュー二作目です。

 "リゾート旅館の総支配人が殺された"との通報を受けて警察が現場である旅館に向かうと、総支配人室に絞殺された死体が。

 通報もした従業員が犯行を認めたものの、なんとその場にいた従業員六人(一人は元従業員)全員が協力して総支配人を殺害したと自供し始めて....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そこからは、容疑者六人それぞれが、犯行前後の行動、そして犯行に至るまでの状況について自供していくのですが、そこで語られるのは、醜く不潔で大食漢というまさにキモデブな容姿、部下に対する理不尽で無神経で高圧的な態度、気弱なくせに傲慢で自尊心が強く我が儘でサディスティックな性格など、これなら殺されてもしかたないなと思ってしまうほどに酷すぎる総支配人の人間性なのです。

 とはいえ、六人が共謀して一人の人間を殺すという余程のことがない限り起きないであろう事件の割には、そんな犯行に至るほどの強い殺意が誰からも感じられないので、読者も取り調べしている刑事も次第にモヤモヤした心情になっていきますし、容疑者たち自身についての供述に入っていくと、相対的貧困層の実態や洗脳色の強い自己啓発セミナーなどについて語られ始めるので、それによってますます読んでいて困惑していく事態に。

 さらに終盤になって今度は関係者の証言が語られ始めると、最初の頃には想像もつかなかったような人間関係や事件の構図(つまりは真相)がゾクゾクするほどの不気味さと共に浮かび上がってくるのですね。

 そういった感じの作品なので、センセーショナルな殺人事件で幕を開けたにしてはミステリ的にもサスペンス的にもそこまでガッツリとした読み応えはなく、事件の大まかな真相も途中で予想しやすいと思うので、殺人事件の謎や推理などが中心のミステリ劇(またはサスペンス劇)を期待して読んでしまうと拍子抜けしてしまうかもしれません。

 とはいえ、真の殺害動機には“まさかそんなことが一番のきっかけだったとは....”と唖然としてしまうほどの“風が吹けば桶屋が儲かる”的な捻くれた意外性があります(なので読む前にはネタバレが書いてある単行本の裏帯になるべく目を向けない方が良いかも)。

 それになにより全編が容疑者たちの自供(および関係者たちの証言)による一人語りのセリフだけで構成されていることによって、得体のしれない歪な不気味さが効果的に膨れ上がっていくように感じられるなど、一癖も二癖もある変わった物好きの人向けとでも言うべき作品なので、多くの人が楽しめるタイプではなさそうではありますが、好きな人であれば本作から生み出される魅惑の沼にどっぷりとはまってしまうのではないでしょうか。


 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「ノースライト」横山秀夫 << PREV/NEXT >> 「木曜日の子ども」重松清

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年4月24日 (水)

☆ 湘南戦・データボックス>2019年ルヴァンカップGS第4節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 4/24(水) ルヴァンカップ グループステージ 第4節

         vs 湘南ベルマーレ (ニッパツ)


  ○1-0 (前半1-0、後半0-0)

  主審: 笠原 寛貴  入場者数:5,099人

  .<得点> 1-0 大津祐樹  (横浜・前半41分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 ドゥシャンが、後半34分に退場処分を受けたため、ルヴァンカップグループステージ第5節・札幌戦は出場停止となります。

 なお、警告2回による退場ではなく一発退場なので、2試合以上の出場停止となる可能性もあります。


 仲川輝人が、ルヴァンカップグループステージ通算2回目の警告を受けたため、ルヴァンカップグループステージ第5節・札幌戦は出場停止となります。

 扇原貴宏が、ルヴァンカップグループステージ通算1回目の警告を受けたため、ルヴァンカップグループステージ第5節・札幌戦でも警告を受けると、ルヴァンカップグループステージ第6節・長崎戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時ルヴァンカップ通算35試合出場となり、野田知(93-98)と並びマリノス歴代15位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 5,099人

  > マリノス総合ランキング ワースト・30位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ)

  > 湘南戦・ランキング ワースト・2位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <観客動員ファイル>  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ルヴァンカップ GS 順位 : 2位 (前節 4位)
         < 1勝 2分 1敗  勝点 5 得点 4 失点 5 得失点差 -1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!「サッカー専門チャンネル」

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMが今大会初勝利。
            最後は数的不利に陥るもゴールを許さず

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FM、ルヴァン杯初勝利で2位に浮上! 湘南は最下位に転落

 (ゲキサカ) 「「日頃の行いが良いのかな」
          横浜FM大津祐樹、ルヴァン初勝利呼ぶ決勝PK弾

 (ドメサカブログ) 「横浜FMがPK先制点のリード守りルヴァン初勝利!
            終盤は退場者出す荒れ模様に


 (スポニチ) 「横浜 大津弾で初勝利、
           PKセーブされるもこぼれ球決めた

 (日刊スポーツ) 「横浜大津がチームに手応え「サボらずにやれていた」

 (日刊スポーツ) 「「ハマのプリンス」山田康太が中盤の底で橋渡し役に

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・大津「日頃の行いが良かった」
         貴重な1点決め笑顔

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 湘南戦・プレビュー>2019年ルヴァンカップGS第4節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎羽田盃(2019年)穴馬予想&結果


< 4月24日(水)に行われる羽田盃(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【羽田盃】


 大井のダート1800mで行われる南関3歳重賞(SI)です。

 南関クラシックの第1戦ですが、クラシックの第1戦は中央・南関どちらもかなり相性が良くて毎年のように当たっているものの、今年は皐月賞と中央・南関両方の桜花賞を外してしまったので、最後に残ったこの羽田盃だけでも当てたいところですね。

 それでここは、ジョーパイロライトを◎にしてみましょう。

 これまで道営時代も含めて8戦して馬券圏外は1度のみ、しかもその唯一馬券圏外のレースも重賞の京浜盃での0.5秒差4着(3着馬とは3/4馬身差)と、かなりの安定感があります。

 それに南関移籍後の京浜盃以外のレースは3戦全勝ということで、京浜盃の時以上の走りを見せることが出来るのであればここでも充分に上位争いの可能性はありそうですし、結果的に大井でのみ馬券圏外であるとはいえその分人気にならないのであれば狙い目なのではということで、この馬に期待してみたいと思います。


  ◎ ジョーパイロライト / 張田昴 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ミューチャリー   御神本訓史 1
 2着 6     ウィンターフェル  森泰斗   2
 3着 12    ステッペンウルフ  矢野貴之  3
 4着 2     カジノフォンテン  本田正重  6
 5着 11    ヤマショウブラック 高松亮   13

 9着 15 ◎ ジョーパイロライト  張田昴   9


 複勝1倍台前半の上位人気3頭で決まってしまってはどうしようもないですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  5/16  31.3%  +5,140円  131.3%

☆19年通算   >  17/72  23.6%  -1,660円   97.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京プリンセス賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎青葉賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月23日 (火)

◎東京プリンセス賞(2019年)穴馬予想&結果


< 4月23日(火)に行われる東京プリンセス賞(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京プリンセス賞】


 大井のダート1800mで行われる南関3歳牝馬重賞(SI)です。

 南関牝馬クラシックの第2戦(中央でいうとオークスにあたるレース)ですが、やはり第1戦・桜花賞(浦和)の1・2・4・5着馬が中心となりそうですね。

 ただそれ以外の馬というのが、8頭中7頭が今回重賞初挑戦、そのうち2頭はいまだ0勝馬というメンバーなので、さすがにそれらの馬が桜花賞上位勢の間に割って入るのは厳しそうです。

 とはいえ、桜花賞では10着の大敗だったものの昨年末のSI・東京2歳優駿牝馬で人気薄ながら2着に好走したラブミーピンクであれば一発の可能性はありそうですが、それでもやはり当たる確率を少しでも上げるのであれば桜花賞上位組の中で複勝最低オッズが2倍以上となる馬を狙うべきだとも思うのです。

 なので、ある程度オッズが固まるまで様子を見てから最終予想を決定し、それをレースの30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、桜花賞上位馬の中ではダバイダバイだけが複勝最低オッズ2倍台となっているものの、最終的に1倍台になってもおかしくないくらいのギリギリな2倍台です。

 なので確実に2倍以上になりそうな馬を狙ってもいいのですが、ただ東京2歳優駿牝馬では後方から上がり2位のタイムで追い上げての5着、前走の桜花賞はそこから3ヶ月の休み明けでぶっつけ本番での5着だったことに加え、按上が御神本訓史に替わったことから、今回は前2走以上のパフォーマンスを高い確率で見せてくれるのではないかと思うので、ここは1倍台になったら仕方ないということでダバイダバイを◎にしてみましょう。


  ◎ ダバイダバイ / 御神本訓史 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     トーセンガーネット 左海誠二  1
 2着 10    アークヴィグラス  森泰斗   2
 3着 7     リトミックグルーヴ 吉原寛人  6
 4着 2     グレースレジーナ  藤本現暉  5
 5着 5     グランモナハート  山本聡哉  7

12着 11 ◎ ダバイダバイ    御神本訓史 4


 穴狙いに消極的な時ほど穴馬が来るんだよな~と思っていたら案の定な結果でした....。

 ただ自分は(中央の重賞もそうですが)重賞経験のない馬は狙い辛い(重賞実績がありながら人気が落ちている馬を狙いたくなる)ので、どちらにせよ3着馬を◎にはしにくかったですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  5/15  33.3%  +6,140円  139.9%

☆19年通算   >  17/71  23.9%   -660円   99.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイラーズC&フローラS(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎羽田盃(2019年)穴馬予想&結果

「To LOVEる -とらぶる- -リトと紗弥香の放課後-」 矢吹健太朗 長谷見沙貴 > 週刊少年ジャンプ読切!

 

 週刊少年ジャンプの2019年22・23合併号(4月27日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「To LOVEる -とらぶる- -リトと紗弥香の放課後-(とらぶる・リトとさやかの・ほうかご)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 「To LOVEる -とらぶる-」は、それまで「邪馬台幻想記」(1999年)、「BLACK CAT」(2000-2004)の2作をジャンプ本誌で連載していた矢吹健太朗が、漫画担当として長谷見沙貴(脚本担当)とコンビを組んだ作品で、ジャンプのラブコメ漫画の象徴となるほどの人気を得て“本誌2006年21・22合併号”から“2009年40号”まで連載。

 連載終了の翌年には同コンビによる続編的スピンオフ漫画「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」の連載が“ジャンプSQ. ”で始まり、スピンオフながらこちらもアニメ化され2017年まで7年間連載が続くなど人気作に。

 そして今回は、矢吹健太朗画業20周年記念として「To LOVEる -とらぶる-」が復活して特別読切(番外編)の掲載となったわけですが、矢吹健太朗作品としては“本誌2019年11号”に掲載されたバレンタインオムニバス企画に収録の「れお×レオ」以来2カ月ぶり、長谷見沙貴作品および「To LOVEる -とらぶる-」関連作品としては“本誌2015年32号”に掲載された「To LOVEる -とらぶる- ダークネス 出張版」「To LOVEる -とらぶる- ダークネス 出張版」 矢吹健太朗 長谷見沙貴 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)以来4年ぶりの本誌登場となります。

 ちなみに、執筆&アニメ化20年+αリスト、秋本治・ミウラタダヒロ・筒井大志からのお祝いメッセージ(ミウラ・筒井はお祝いイラスト付き)、WJ連載作品解説(「邪馬台幻想記」「BLACK CAT」の描き下ろしイラスト付き)という内容の矢吹健太朗レジェンド大特集も同時掲載されていて、本編の方はカラーの扉絵が2バージョン(「ララ&西連寺春菜」と「新井紗弥香&古手川唯&結城リト」)となっています。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

また会えたね! とらぶる続きの日常に!」(扉絵1)

今回は… リトに戸惑う? 彼女が主役っ!」(扉絵2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「矢吹健太朗」関連記事】

  > 「To LOVEる -とらぶる- ダークネス 出張版」
     矢吹健太朗 長谷見沙貴 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.6.29)

  > 「フタガミ☆ダブル」 矢吹健太朗 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.1.4)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2019年4月22日 (月)

「ギソウ武伝」 町田麗弥 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2019年22・23合併号号(4月27日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「ギソウ武伝(ギソウ・ぶでん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の町田麗弥(まちだ・れいや)は、「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」で“第2回(2017年5月期)J新世界漫画賞”の準入選&超新星賞を受賞し、その受賞作「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」を“ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1”に掲載してデビュー(「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1参照)。

 続いて「Shadow Victim」を“ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3”に(「Shadow Victim」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3参照)、「ROCKY」を“ジャンプGIGA 2018 SUMMER vol.2”に掲載(「ROCKY」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2018 SUMMER vol.2参照)。

 さらに「イカサマスター」を“ジャンプGIGA 2019 WINTER vol.1~3”で連載し(全3話/「イカサマスター」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2019 WINTER 新連載!参照)、その連載作を基にしてタイトルを変えた本作にて本誌デビューとなりました(担当編集・田口)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

選べ!! 逃走か 闘争か!?

☆ジャンプGIGAで大反響につき本誌上陸!!
      勘違いバトルコメディ読切Cカラー47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「町田麗弥」関連記事】

  > 「イカサマスター」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2019 WINTER 新連載! (18.12.16)

  > 「ROCKY」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2018 SUMMER vol.2 (18.6.27)

  > 「Shadow Victim」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3 (18.1.31)

  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥
       > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.11.28)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

☆ 湘南戦・プレビュー>2019年ルヴァンカップGS第4節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/24(水) 19:30~ ルヴァンカップ グループステージ 第4節

     vs 湘南ベルマーレ (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << ルヴァンカップ グループステージの順位 >>

  マリノス:「 4位 0勝 2分 1敗 勝点 2 3得 5失 得失 -2 」
  湘南  :「 3位 1勝 0分 2敗 勝点 3 4得 6失 得失 -2 」


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 9位 3勝 3分 2敗 勝点 12 11得 11失 得失 0 」
  湘南  :「 12位 3勝 1分 4敗 勝点 10 10得 11失 得失 -1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 湘南戦は、1997年2ndステージから2015年まで11試合負けなし(2015年の2ndステージで引き分けるまで10連勝)、その期間に2点差以上離して勝利したのが9試合と、2016年1st第9節(ホーム)で19年ぶりに敗れるまではお得意様といってもいいほどに相性抜群でした。

 そして19年ぶりの敗戦後も「2勝 1分 0敗」と相性の良さを持続していたものの、記憶も新しい昨年のルヴァンカップ決勝(埼玉)での対戦では●0-1で敗れ、タイトル獲得まであと一歩のところで優勝を湘南に阻まれてしまうことに....。

 そして今年最初の対戦となったルヴァンカップGS第2節でも●0-2で敗れ、現在2連敗中となっています。

 なお、湘南との公式戦ホームは、「5勝 1分 1敗」と好相性な日産スと比べると、今回の会場であるニッパツでは「3勝 0分 5敗」なので苦戦傾向にありますね(ちなみにニッパツでの湘南戦は○3-0で勝利した2010年のナビスコカップ予選リーグ第5節以来9年ぶり)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算35試合出場となり、野田知(93-98)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】
     マリノス: なし、 湘南 : なし

 【出場停止にリーチ】
     マリノス: 栗原勇蔵、仲川輝人、遠藤渓太、大津祐樹

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼椿直起朴一圭
            エジガル ジュニオ

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 湘南 >
       松原修平(←群馬)
       フレイレ(←清水)
       小野田将人(←今治)
       デュマス(←フラメンゴ)
       中川寛斗(←柏)
       レレウ(←アトレチコMG)
       武富孝介(←浦和)
       古林将太(←仙台)
       指宿洋史(←千葉)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    湘南  :

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    湘南  : 杉岡大暉、(齊藤未月)

 【U-20日本代表候補】
    マリノス: 山田康太
    湘南  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    湘南  : 秋元陽太
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「」 (/)


 【TV中継】
  (生) 04/24(水) 19:20~  スカチャン1

  (録) 04/25(木) 22:30~  スカチャン1

      04/27(土) 06:00~  フジテレビNEXT

      05/07(火) 12:40~  フジテレビNEXT

  (配信)なし

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 湘南戦・データボックス>2019年ルヴァンカップGS第4節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年4月21日 (日)

◎マイラーズC&フローラS(2019年)穴馬予想&結果


< 4月21日(日)に行われる読売マイラーズカップ(GII)サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【読売マイラーズカップ】


 京都の芝1600mで行われる重賞(GII)です。

 前走で重賞を制した馬3頭に加え昨年の安田記念勝ち馬がいるという上位人気勢がかなり豪華なメンバーとなっていますが、その4頭はいずれも複勝最低オッズが1倍台なので、その他の馬から選ばないといけないのですよね....。

 となると近走成績からすればグァンチャーレ一択になるかな~とも思ったものの、ここはあえてケイアイノーティックの方を◎にしてみましょう。

 昨年は3歳馬によるマイルGIであるNHKマイルCを制してGI馬になるも、その後の古馬勢との対戦では一度も馬券圏内に入れていないのですが、毎日王冠は5着ながら0.4秒差、GI・マイルCSは11着ながら0.5秒差と、着差だけ見ればレベルの高いレースで上位と差のない走りを見せています。

 ただ近2走は着差的にもあまり良くなかったとはいえ、前々走は初距離(1400m)、前走は初ダートと初の条件続きでしたし、今回もモズアスコット以外の人気勢よりも斤量を背負うなど厳しそうではあるけれど、逆にそこで力を出して上位勢に割って入る可能性も実績からして充分にあるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ ケイアイノーティック / シュタルケ (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ダノンプレミアム   川田将雅  1
 2着 8     グァンチャーレ    池添謙一  5
 3着 2     パクスアメリカーナ 藤岡佑介  4
 4着 3     インディチャンプ   福永祐一  2
 5着 1     ストーミーシー    北村友一  8

 6着 9  ◎ ケイアイノーテック  シュタルケ  6


 素直にグァンチャーレを選んでいれば良かったのですけどね....(って先週も同じようなことを書いていたような....)。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ賞フローラステークス】


 東京の芝2000mで行われる3歳牝馬重賞(GII)です。

 こちらはこれを書いている時点で全ての馬の複勝最低オッズが2倍以上という混戦メンバーとなっていますが、ここは思い切ってジョディーを◎にしてみましょう。

 500万下の赤松賞を勝ち、重賞のフラワーCで0.1秒差の3着と好走するなど、逃げ馬ながら直線の長い東京コースと相性の良い馬で、逃げて34.0秒前後の上がりを出せるのも魅力です。

 とはいえ今回は逃げ馬の距離延長という点が不安なのですが、ただ現在重賞で2連続して掲示板に載っている実績と人気のなさを考えるとそれでもあえて狙ってみるのも面白そうなので、無難そうな馬ではなく一か八かな感じはあるけれどこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ ジョディー / 武藤雅 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ウィクトーリア   戸崎圭太 3
 2着 2     シャドウディーヴァ 岩田康誠 2
 3着 9  ◎ ジョディー      武藤雅  9
 4着 8     パッションスルー  石橋脩  6
 5着 18    フェアリーポルカ  和田竜二 4


 期待通りに逃げ粘ってくれたことも、年間回収率が100%を超えたこともかなり嬉しかったのですが、ただどうせならマイラーズCの方も素直にグァンチャーレを選んで2レース共に的中となっていればな~という悔しい気持ちも強くなってしまうのですよねェ。


  (○複勝:9 5.4倍)  ○的中!  1,000円 → 5,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  5/14  35.7%  +7,140円  149.6%

☆19年通算   >  17/70  24.3%   +340円  100.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島牝馬S(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京プリンセス賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月20日 (土)

☆ 札幌戦・データボックス>2019年J1リーグ第8節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 4/20(土) J1リーグ 第8節・北海道コンサドーレ札幌 (札幌ド)


  ●0-3 (前半0-3、後半0-0)

  主審: 西村 雄一  入場者数:15,674人

  <得点>
   0-1 チャナティップ     (札幌・前半04分/公式動画
   0-2 福森晃斗       (札幌・前半09分/公式動画
   0-3 アンデルソン ロペス (札幌・前半29分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・


 <記録ストップ>

  ・「同一カード 得点」記録 > 14試合連続 でストップ <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「同一カード アウェー得点」記録 > 7試合連続 でストップ <マリノス歴代 9位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 天野純が、マリノス所属時公式戦通算125試合出場となり、サパタ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独41位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 9位 (前節 5位)
         < 3勝 3分 2敗  勝点 12 得点 11 失点 11 得失点差 0 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「早い時間に得点を重ねた札幌が危なげなく勝利を飾る

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「“攻撃的スタイル対決”は札幌に軍配!
            福森の芸術的FKなど前半3発で快勝

 (ドメサカブログ) 「序盤に得点重ねた札幌が横浜FM下し2連勝!
             チャナ決勝点&福森絶妙FK弾&ロペスがダメ押し


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜三好悔し、古巣札幌「強いチームになっていた」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「早々の失点響いた横浜M
         扇原「自分たちのパスミスから。試合展開を苦しくしてしまった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 札幌戦・プレビュー>2019年J1リーグ第8節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎福島牝馬S(2019年)穴馬予想&結果


< 4月20日(土)に行われる福島牝馬ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島牝馬ステークス】


 福島の芝1800mで行われる牝馬重賞(GIII)です。

 GIの谷間の週の土曜のローカル重賞ということで注目度はかなり低そうではありますが、そういったレースこそしっかりと当てていきたいところですね。

 それでここは、カワキタエンカを◎にしてみましょう。

 昨年のこのレースでは、前走で中山牝馬Sを制したことで1番人気に推されつつクビ差2着と好走したものの、その後はほとんどのレースで二ケタ着順となるなど結果を出せていません。

 ただ逃げ馬が負ける時は大敗となることが多いですし、GI・苦手なマイル戦・初ダート・休み明けなど凡走の言い訳も考えられるので、“中山牝馬S→このレース”と昨年と同じ臨戦過程となったここでの復活もありえるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ カワキタエンカ / 鮫島克駿 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     デンコウアンジュ  柴田善臣 4
 2着 6     フローレスマジック 石橋脩  1
 3着 10    ダノングレース   蛯名正義 2
 4着 7     ペルソナリテ    丹内祐次 9
 5着 9     ミッシングリンク  丸山元気 8

 9着 4  ◎ カワキタエンカ   鮫島克駿 5


 まあメンバー的にそうなる可能性がかなり高いとは思っていましたが、やはり複勝最低オッズが1倍台の馬だけで決まってしまいましたねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  4/12  33.3%  +3,740円  130.2%

☆19年通算   >  16/68  23.5%  -3,060円   95.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マリーンC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイラーズC&フローラS(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月19日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年3月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2019年2月/その3) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2019年3月/その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


未来 / NONA REEVES

   アルバム『未来』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


釣った魚にエサやれ / MOSHIMO

   アルバム『TODOME』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Aurora / BUMP OF CHICKEN

   配信シングル『Aurora』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


明日もきっと70点 feat.東雲めぐ / 私立恵比寿中学

   アルバム『MUSiC』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オン・ザ・ロード / ゴリパラ(ゴリけん&パラシュート部隊)

   シングル『オン・ザ・ロード』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


FOR YOU / トクヒサレナ

   ミニアルバム『FOR YOU』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LET IT DIE~New day~ / BO-PEEP

   アルバム『Colors』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


インダ ビュリフォデイ / Task have Fun

   シングル『インダ ビュリフォデイ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2019年2月/その3) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2019年3月/その2)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年4月18日 (木)

☆ 札幌戦・プレビュー>2019年J1リーグ第8節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/20(土) 13:00~ J1リーグ 第8節

     vs 北海道コンサドーレ札幌 (札幌ドーム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  .5位 3勝 3分 1敗 勝点 12 11得 8失 得失 +3 」
  札幌  :「 11位 3勝 0分 4敗 勝点 9  .10得 13失 得失 -3 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 札幌戦は、2017年まではリーグ戦通算で「11勝 1分 0敗」で負けなし、9連勝中、リーグ戦ホームは6戦全勝、リーグ戦アウェーも「5勝 1分 0敗」(4連勝中)と、あらゆる条件において最高級の相性でした。

 しかし昨年のアウェーでの対戦(第10節)は●1-2でリーグ戦では初めての敗戦を喫してしまったのですが、ただこの時はマリノスとしては1998年以来20年ぶりとなる厚別での試合だったので、札幌ドームではいまだに負けなし(「3勝 1分 0敗」で3連勝中)。

 そして今年はすでにルヴァンカップグループステージ第1節(ホーム)で対戦していて、ジェイに先制ゴールを決められるも大津祐樹が同点ゴールを奪い△1-1の引き分けで終了となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 15試合連続“同一カード 得点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)
   > 8試合連続“同一カード アウェー得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算125試合出場となり、サパタ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独41位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 札幌 : なし

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼椿直起朴一圭
            エジガル ジュニオ

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 札幌 >
       中原彰吾(←長崎)
       ルーカス(←フルミネンセ)
       中野嘉大(←仙台)
       鈴木武蔵(←長崎)
       アンデルソン ロペス(←FCソウル)
       岩崎悠人(←京都)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    札幌  : 鈴木武蔵

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    札幌  : 岩崎悠人

 【U-20日本代表候補】
    マリノス: 山田康太
    札幌  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: 三好康児
    札幌  :
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  札幌オフィシャル

 【チケット情報】  札幌オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜FWマルコス 旧友と直接対決楽しみ「仕事はしっかり果たす」」 (4/19)
   > 「【札幌】鈴木武蔵、平成最後のホーム戦「点を決めて勝ちたい」」 (4/19)

   > 「札幌チャナティップ「会いたい」三好との対戦心待ち」 (4/18)
   > 「【札幌】早坂、平成最後のホーム戦「勝って」J通算250試合出場締める…20日・横浜M戦」 (4/18)
   > 「【J試合情報】北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス 第8節」 (4/18)

   > 「【札幌】元年生まれ道産子・宮沢、平成ラストホーム試合で白星締め誓う」 (4/17)

   > 「札幌ルーカスが元同僚の「かめはめ波」封じに自信」 (4/16)

   > 「横浜 GK朴一圭が骨折、全治3週間 フル出場した名古屋戦で負傷」 (4/15)


 【TV中継】
  (生) 04/20(土) 13:00~  UHB 北海道文化放送

  (録) なし

  (配信)04/20(土) 13:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 札幌戦・データボックス>2019年J1リーグ第8節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年4月17日 (水)

◎マリーンC(2019年)穴馬予想&結果


< 4月17日(水)に行われるマリーンカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マリーンカップ】


 船橋のダート1600mで行われる交流牝馬重賞(JpnIII)です。

 枠複枠単が発売されない8頭立てと交流重賞にしても少数頭なレースとなりますが、参戦する中央馬3頭(オウケンビリーヴ・アイアンテーラー・リエノテソーロ)は全て昨年の交流重賞を勝っていますし、南関勢の方も中央から移籍後11戦8勝10連対で前走では南関重賞2勝目をあげたラーゴブルーに、条件戦ながら逃げて4連続圧勝のチークスと一発ありそうな馬がいるので、頭数は少ないながら少数精鋭といった感じでしょうか。

 それで今回の交流重賞も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、やはり上位人気勢のオッズが動く度に選べる馬やその数が変わってしまいそうです。

 なので、オッズがある程度固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、オウケンビリーヴが2倍台、アイアンテーラーが3倍台、リエノテソーロが4倍台、ラーゴブルーが7倍台、チークスが12倍台(以下90倍以上)となっていました。

 となると、中央馬を入れるのであれば、アイアンテーラーとリエノテソーロのどちらか1頭と、ラーゴブルーとチークスのどちらか1頭の組み合わせの4通りのみとなるので、ここはアイアンテーラーとラーゴブルーの2頭狙いでいってみましょう。


  ◎ アイアンテーラー / 浜中俊 (7)
  △ ラーゴブルー / 御神本訓史 (6)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  △ ラーゴブルー   御神本訓史 3
 2着 7  ◎ アイアンテーラー  浜中俊   1
 3着 8     リエノテソーロ  大野拓弥  2
 4着 4     ベニアカリ    見越彬央  6
 5着 2     ナムラアヴィ   吉留孝司  7


 当たったことは当たったとはいえ、1番人気だったオウケンビリーヴが(スタート前にゲートから飛び出してしまった際に馬体に故障が出て)レース直前に競争除外になり、その影響でオッズがガクガクッと下がってしまいました....。

 ただアイアンテーラーが勝っていたら(1倍台にまでオッズが下がってしまったため)完全にトリガミだったので、最後にラーゴブルーが差してくれて少しでもプラスになったのは良かったですね。


  (○単勝:6 4.8倍)  ○的中!  1,200円 → 1,920円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  4/11  36.4%  +4,740円  141.6%

☆19年通算   >  16/67  23.9%  -2,060円   97.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アンタレスS&皐月賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島牝馬S(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月16日 (火)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2019年2月/その3)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2019年2月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2019年3月/その1)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


白日 / King Gnu

   配信シングル『白日』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Left Alive / MAN WITH A MISSION

   配信シングル『Left Alive』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


SLEEPWALK / ヒトリエ

   アルバム『HOWLS』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


逃避行 / フレデリック

   アルバム『フレデリズム2』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CONVERSATION FANCY / 神宿

   シングル『CONVERSATION FANCY』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


めちゃめちゃ生きてる / パノラマパナマタウン

   アルバム『情熱とユーモア』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MIRROR BALL / Bentham

   アルバム『MYNE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Natural Born Independent / ぜんぶ君のせいだ。

   シングル『Natural Born Independent/ロマンスセクト』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2019年2月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2019年3月/その1)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2019年4月15日 (月)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年5月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2019年版までの記録


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2019年 5月 発売 】


 許されようとは思いません / 芦沢央  <<感想記事はこちら!>>

 << 2017年版 5位 >>

   ・「吉川英治文学新人賞」 候補
   ・「日本推理作家協会賞〈短編部門〉」候補作収録
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 7位
   ・「ミステリが読みたい!」 7位
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 13位

 ★ かつて祖母が暮らしていた村を訪ねた「私」。
   祖母は、同居していた曾祖父を惨殺して
   村から追放されたのだ。
   彼女は何故、余命わずかだったはずの曾祖父を
   殺さねばならなかったのか…
   究極の選択を迫られた女たちの悲劇を、
   端正な筆致と鮮やかなレトリックで描き出す、
   ミステリ短篇集の新たなるマスターピース!
   磨き抜かれたプロットが、
   日常に潜む狂気をあぶりだす全5篇。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 罪の声 / 塩田武士  <<感想記事はこちら!>>

 << 2017年版 7位 >>

   ・「山田風太郎賞」受賞
   ・「吉川英治文学新人賞」 候補
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 1位
   ・「本屋大賞」 3位
   ・「ミステリが読みたい!」 12位

 ★ 「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、
   本屋大賞第3位。
   圧倒的な取材と着想で、
   昭和最大の未解決事件を描いた傑作長編小説。
   「これは、自分の声だ」
   京都でテーラーを営む曽根俊也は、
   ある日父の遺品からカセットテープとノートを見つける。
   テープを再生すると、
   自分の幼いころの声が聞こえてくる。
   それは、31年前に発生して未解決のままの
   「ギン萬事件」で恐喝に使われた
   録音テープの音声とまったく同じものだったーー。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 血の弔旗 / 藤田宜永  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 9位 >>

   ・「ミステリが読みたい!」 7位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 18位

 ★ 1966年8月15日。
   根津謙治は、
   仲間たちと豪邸の前にトラックを止めた。
   戦後の混乱期に財を成した実業家から
   現金11億円を奪うためだ。
   その際、根津は不本意ながら
   一人の女性を射殺してしまう。
   それから14年。時効が近づいた頃、
   彼らの身の周りに新たな事件が続発する。
   首尾よく離散したはずの男たちの軌跡が再び交差する時、
   人間の業と事件の真相が明らかになる。
   昭和の時代と風俗を克明に描写した熱き犯罪小説。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 虹を待つ彼女 / 逸木裕

 << 2017年版 16位 >>

   ・「横溝正史ミステリ大賞」受賞
   ・「ミステリが読みたい!」 17位

 ★ 圧倒的な評価を集めた、
   第36回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作!!
   2020年、人工知能の研究者・工藤は、
   死者を人工知能化する計画に参加する。
   モデルは、6年前にテロ事件を起こして死亡した
   美貌のゲームプログラマー。
   謎に包まれた彼女に
   惹かれていく工藤だったが――。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 キッド・ピストルズの醜態 / 山口雅也

 << 2011年版 27位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト10」 19位

 ★ 「キッド・ピストルズの冒涜」「13人目の探偵士」
   「キッド・ピストルズの妄想
   「キッド・ピストルズの慢心」
   「キッド・ピストルズの最低の帰還
   に続く“キッド・ピストルズシリーズ”の6作目
   .(1作目が1993年版8位
    2作目が1994年版11位
    3作目が1994年版2位
    4作目が1996年版14位にランクイン)

 ★ 金融業者コーエンの散らかった部屋で、
   作家ノーマンは途方に暮れていた。
   机には白髪の老人の生首。
   自分の鞄には男のものらしき手首。
   手には、この死体がコーエンのもので、
   自分がその殺害にかかわったことを示唆する
   マザーグースの歌詞……。
   何が起こったのか?
   スコットランドヤードの腕利きパンク探偵、
   キッド・ピストルズが
   風変わりな密室見立て殺人の真相に挑む! 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 夢と魔法の国のリドル / 七河迦南

 << 2017年版 29位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト10」 12位

 ★ 高校を卒業したばかりの空手少女、杏那と研修医の優。
   人気テーマパーク“ハッピーファンタジア”のデートで
   ふたりの距離は縮まるはずだった。
   “それ”が起こらなければ―
   突然、別々の世界に引き裂かれた二人。
   魔王からもうひとつの世界を守るため、
   ヒーロー“ハッピー・パピー”の命を受けて旅立つ杏那。
   現実のパークで密室殺人の謎を解き、
   杏那を見つけ出そうとする優。
   それぞれの戦いが今始まる―。
   現実と夢の国、二つの密室の犯人消失、
   パズルと魔法、消去法とねじれた論理。
   天文学的数字とただ一つの答え。
   ミステリー・ラバーズに捧ぐ、
   これは、夢の国からの挑戦状。

 ★ 『わたしの隣の王国』を改題して文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの5月文庫化作品 >>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年6月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年4月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年4月14日 (日)

◎アンタレスS&皐月賞(2019年)穴馬予想&結果


< 4月14日(日)に行われるアンタレスステークス(GIII)皐月賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アンタレスステークス】

 阪神のダート1800mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、ピオネロを◎にしてみましょう。

 最近は重賞で走っていないものの、これまでに(交流重賞を含む)重賞で何度も馬券圏内に入った実績がありますし、近走で大敗したのも馬体重が大幅増だったレースくらいとOPレベルでは安定感があるので、最内を活かせる走りが出来ればここでの一発もあるのでは。


  ◎ ピオネロ / 荻野極 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     アナザートゥルース 大野拓弥 6
 2着 4     グリム       浜中俊  2
 3着 3     ロンドンタウン   吉田隼人 3
 4着 10    ウェスタールンド  北村友一 1
 5着 5     ナムラアラシ    幸英明  7

 7着 1  ◎ ピオネロ      荻野極  9


 アナザートゥルースは、予想している時に“兄がサウンドトゥルーで名前もそれに関連している”ということを初めて知って気になってはいたのですよね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【皐月賞】

 中山の芝2000mで行われる3歳重賞(GI)です。

 クラシック第1戦は中央・南関問わずなぜか相性良くて、この皐月賞もここ5年中4年で的中(現在2年連続的中)しているのですが、今年は中央・南関どちらの桜花賞も外してしまったので、このレースも自信は持てないですね....。

 そして、狙ってみたい馬が何頭もいるのでレース後に“あ~あっちの馬が正解だったか....”となりそうではありますが、ここはクラージュゲリエを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝った後は札幌2歳Sで3着、京都2歳Sで1着、共同通信杯で3着と、重賞でも馬券圏を外していない安定した馬で、近2走は33秒台、3走前は36秒台ながら最速と堅実な上がりの速さがありますし、前走は今回も人気勢となっている2頭に離されたとはいえ条件が変わり一叩きされたことでその差を詰め逆転できるだけの力はありそうなので、(一筋縄ではいかない按上も含めて)この馬に期待してみたいと思います。


  ◎ クラージュゲリエ / 横山典弘 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    サートゥルナーリア ルメール  1
 2着 7     ヴェロックス    川田将雅  4
 3着 4     ダノンキングリー  戸崎圭太  3
 4着 1     アドマイヤマーズ  M.デムーロ 2
 5着 6  ◎ クラージュゲリエ  横山典弘   14


 結果的に人気上位4頭で4着まで占めたので、14番人気の◎馬がその次の5着に入ったということは、(馬券は外れたとはいえ)“皐月賞が得意な穴狙い予想”としての面目は一応保てたのではないですかね....。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  3/10  30.0%  +4,020円  139.4%

☆19年通算   >  15/66  22.7%  -2,780円   95.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アーリントンC&中山グランドJ(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マリーンC(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月13日 (土)

☆ 名古屋戦・データボックス>2019年J1リーグ第7節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 4/13(土) J1リーグ 第7節・名古屋グランパス (日産ス)


  △1-1 (前半1-1、後半0-0)

  主審: 山本 雄大  入場者数:22,667人

  <得点>
   0-1 ジョー           (名古・前半08分/公式動画
   1-1 マルコス ジュニオール (横浜・前半20分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 朴一圭が、Jリーグ通算150試合出場(J3も含む)を達成しました。


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算130試合出場となり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独38位となりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算124試合出場となり、サパタ(93-96)と並びマリノス歴代41位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 5位 (前節 5位)
         < 3勝 3分 1敗  勝点 12 得点 11 失点 8 得失点差 +3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「攻撃性を互いに示すも、雌雄決せず

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「名古屋は守護神ランゲラックが負傷退場…
         横浜FMとの上位対決はドロー

 (ゲキサカ) 「かめはめ波、気円斬に続くゴールパフォ第3弾は…
               横浜FMマルコス「面白い絵になった」

 (ゲキサカ) 「PK献上の横浜FM遠藤渓太「取り返そうという気持ちが空回した」

 (ゲキサカ) 「ジョーとの初対決を楽しんだ畠中槙之輔
              「こういう選手ともっとやりたい」

 (ドメサカブログ) 「チーム得点数リーグ1位と3位の対戦は1-1ドロー
            名古屋がジョーのPKで先制も横浜FMがマルコス2戦連続弾で追いつく


 (スポニチ) 「マルコス2戦連発!横浜 名古屋と1-1ドロー 指揮官は手応え

 (日刊スポーツ) 「五輪世代の横浜三好が同点演出 海外修行の板倉刺激

 (スポーツ報知) 「MF三好康児が同点ゴール演出…
            移籍し成長、同じ「41」家長の背中追う

 (サンスポ) 「名古屋ジョー弾で先制も
         横浜MがMジュニオール2戦連発で追い付く

 (サンスポ) 「2戦連発の横浜M・マルコスJ
           「どんどんゴールして新しい技見せたい」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 名古屋戦・プレビュー>2019年J1リーグ第7節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎アーリントンC&中山グランドJ(2019年)穴馬予想&結果


< 4月13日(土)に行われるアーリントンカップ(GIII)中山グランドジャンプ(J・GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アーリントンカップ】

 阪神の芝1600mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 ここは、トオヤリトセイトを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝った後は500万下で4着・1着ということで今回が初重賞挑戦となりますが、3レース全て上がり最速を記録するなど重賞でも通用するポテンシャルを持っている可能性はありそうです。

 ただ心配なのはマイル戦が初(これまでの3レースはいずれも1400m)なのと展開に左右されやすい追い込み脚質ということで、とはいえ人気もないですし狙ってみるだけの価値はあるのではないかということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ トオヤリトセイト / 福永祐一 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     イベリス      浜中俊   12
 2着 10    カテドラル     シュタルケ 7
 3着 11 ◎ トオヤリトセイト  福永祐一  11
 4着 6     ニシノカツナリ   武藤雅   6
 5着 15    ユニコーンライオン 岩田康誠  5


 上位大激戦となりましたが、その中でよくぞ3着にはいってくれました.....。


  (○複勝:11 7.2倍)  ○的中!  1,000円 → 7,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【中山グランドジャンプ】

 中山の芝4250mで行われる障害重賞(J・GI)です。

 平地GI・有馬記念出走を経て障害路線に戻ってきたオジュウチョウサンが、長年障害GIで戦ってきたライバル・アップトゥデイトが長期離脱でいない中でどんな走りを見せるのか、そしてオジュウチョウサン不在で行われた昨年末の障害GI・中山大障害の1~5着馬の中からオジュウチョウサンに土を付ける馬が現れるのか、といった感じで見所が多くてレースを観るのが今からかなり楽しみな障害GIですね。

 そしてこれを書いている時点では上位人気4頭の複勝最低オッズが1倍台となっているため、穴として狙うのは5番人気以降の馬となりまして、となればやはり昨年の中山大障害の4・5着馬であるシンキングダンサーミヤジタイガのどちらか狙いになるかな、とも思いましたが、ここはあえて7着だったルペールノエルを◎にしてみましょう。

 中山大障害の7着に続いて、前走の阪神スプリングJでも9着と大敗続きではありますが、ただ前走は休み明けで馬体重プラス18kgと明らかに叩き出したし、昨年の中山大障害こそ結果が出なかったものの、3年前の中山大障害で3着、2年前の中山GJで5着&中山大障害で3着、昨年の中山GJで4着と、その前には大障害レースで安定した走りを見せていましたし、その経験値がここで活かされての復活も大いにあるのではないかということで、この馬に期待することに。


  ◎ ルペールノエル / 高田潤 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     オジュウチョウサン 石神深一 1
 2着 3     シンキングダンサー 金子光希 6
 3着 4     マイネルプロンプト 森一馬  4
 4着 6     ラピッドシップ   北沢伸也 8
 5着 10    タイセイドリーム  平沢健治 3

 7着 8  ◎ ルペールノエル    高田潤  7


 ここに書く直前までは中山大障害の4・5着馬のどちらかにしようと考えていたし、この2頭だったらシンキングダンサーの方だな~とも思っていたので、素直にこの馬を狙っていればよかったですね....(かなり悔しい外し方となってしまいました)。


  (×複勝:)  ×不的中  1,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  3/8   37.5%  +6,020円  173.4%

☆19年通算   >  15/64  23.4%   -780円   98.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京スプリント(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アンタレスS&皐月賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月12日 (金)

☆ 名古屋戦・プレビュー>2019年J1リーグ第7節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/13(土) 19:00~ J1リーグ 第7節

     vs 名古屋グランパス (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  5位 3勝 2分 1敗 勝点 11 10得 7失 得失 +3 」
  名古屋 :「  3位 4勝 0分 2敗 勝点 12 14得 5失 得失 +9 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 名古屋戦は、公式戦通算で「26勝 15分 23敗」とやや勝ち越していて、リーグ戦通算だと「21勝 14分 21敗」とちょうど五分の成績です。

 そして、リーグ戦ホームでは「14勝 5分 9敗」、アウェーでは「7勝 9分 12敗」と、お互いに“ホームでやや強くアウェーでやや弱い”という相性に。

 ただ、ホームで現在2試合勝ちなし(昨年は●1-2で敗戦)、2007年以降のホームは11試合でわずか2勝(2勝 3分 6敗)と、相性良いはずのホームでほとんど勝てていませんし(ちなみに2006年までのホームは「12勝 2分 3敗」)、アウェーを含めても2016年以降4試合勝ちなし中(0勝 2分 2敗)ということで、近年はホーム・アウェーに関わらずあまり相性は良くない相手となっていますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 5試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“ホーム無得点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 朴一圭が出場すると、Jリーグ通算150試合出場(J3も含む)を達成します。


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算130試合出場となり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独38位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算124試合出場となり、サパタ(93-96)と並びマリノス歴代41位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 名古屋 : なし

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼椿直起李忠成
            エジガル ジュニオ

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 名古屋 >
       千葉和彦(←広島)
       吉田豊(←鳥栖)
       米本拓司(←FC東京)
       ジョアン シミッチ(←リオアベ)
       伊藤洋輝(←磐田)
       杉森考起(←町田)
       マテウス(←大宮)
       赤崎秀平(←川崎F)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    名古屋 :

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    名古屋 :

 【U-20日本代表候補】
    マリノス: 山田康太
    名古屋 : 菅原由勢、伊藤洋輝

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: 扇原貴宏
    名古屋 : 長谷川アーリアジャスール、前田直輝、金井貢史
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜、東京五輪世代の遠藤が先発濃厚 左サイドから好機うかがう」 (4/13)

   > 「横浜F・マリノスvs名古屋グランパス 第7節」 (4/12)


 【TV中継】
  (生) 04/13(土) 19:00~  NHK BS1

  (録) なし

  (配信)04/13(土) 19:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 名古屋戦・データボックス>2019年J1リーグ第7節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年4月11日 (木)

「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年5月)


Gapaku3298_tp_v


 これで11年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2020年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2020年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年5月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 今昔百鬼拾遺 河童 / 京極夏彦 (11作) * シリーズ番外編
        〈1作目「姑獲鳥の夏」が95年版7位にランクイン〉
        〈2作目「魍魎の匣」が96年版4位にランクイン〉
        〈3作目「狂骨の夢」が96年版9位にランクイン〉
        〈4作目「鉄鼠の檻」が97年版7位にランクイン〉
        〈5作目「絡新婦の理」が98年版4位にランクイン〉
        〈6作目「塗仏の宴」が99年版19位にランクイン〉
        〈7作目「陰摩羅鬼の瑕」が04年版20位にランクイン〉
        〈8作目「邪魅の雫」が07年版12位にランクイン〉


 或るエジプト十字架の謎 / 柄刀一 (1作)  <感想記事はこちら>
      〈4作目「密室キングダム」が08年版16位にランクイン〉


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年5月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 悪の五輪 / 月村了衛 (7作)  <感想記事はこちら>
 殺人犯 対 殺人鬼 / 早坂吝 (2作)
 刑事の慟哭 / 下村敦史 (2作)  <感想記事はこちら>
 育休刑事 / 似鳥鶏 (1作)
 目撃 / 西村健 (1作)
 美しき愚かものたちのタブロー / 原田マハ (1作)
 アンサーゲーム / 五十嵐貴久(1作)
 魔法を召し上がれ / 瀬名秀明 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年5月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 笑え、シャイロック / 中山七里 <1作>
 蒼色の大地 / 薬丸岳 <1作>
 高校事変 / 松岡圭祐 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年5月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ “” ]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年5月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “”受賞作 ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年5月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年5月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 誰そ彼の殺人 / 小松亜由美
 つみびと / 山田詠美
 初恋さがし / 真梨幸子
 動乱の刑事 / 堂場瞬一 * シリーズ2作目
 警視庁特殺 使徒の刻印 / 吉田恭教
 悪魔のトリック / 青柳碧人
 沈黙の誓い crossing / 池田久輝
 追憶の杜 / 門田充宏
 ZI-KILL 真夜中の殴殺魔 / 中村啓
 美食亭グストーの特別料理 / 木犀あこ
 君の××を消してあげるよ / 悠木シュン
 世界で一番かわいそうな私たち 第三幕 / 綾崎隼 * シリーズ3作目
 本屋のワラシさま / 霜月りつ
 G -ジャイガンティス- / 小森陽一
 何度でも、紙飛行機がとどくまで / 大城密

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2019年5月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な5月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年6月)

 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年4月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2019年4月10日 (水)

☆ 長崎戦・データボックス>2019年ルヴァンカップGS第3節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 4/10(水) ルヴァンカップ グループステージ 第3節

         vs V・ファーレン長崎 (ニッパツ)


  △2-2 (前半2-1、後半0-1)

  主審: 高山 啓義  入場者数:3,528人

  .<得点> 1-0 山谷侑士     (横浜・前半21分/公式動画)
         1-1 吉岡雅和     (長崎・前半43分/公式動画)
         2-1 イッペイ シノヅカ (横浜・前半48分/公式動画)
         2-2 翁長聖       (長崎・後半47分/公式動画)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 大津祐樹が、ルヴァンカップグループステージ通算1回目の警告を受けたため、次にルヴァンカップグループステージ(第6節は除く)で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成しました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時ルヴァンカップ通算34試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代16位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 山谷侑士が、公式戦初ゴールを記録しました。


  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 3,528人

  > マリノス総合ランキング ワースト・5位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ)

  > 長崎戦・ランキング ベスト・4位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <観客動員ファイル>  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ルヴァンカップ GS 順位 : 4位 (前節 4位)
         < 0勝 2分 1敗  勝点 2 得点 3 失点 5 得失点差 -2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!「サッカー専門チャンネル」

    


 (Jリーグ公式) 「長崎の粘り。後半ATに追いつき無敗をキープ

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMは長崎と痛恨ドロー…18歳ルーキー山谷がプロ初弾
             &“異色の経歴”23歳MF中川がデビューも勝ち切れず

 (ドメサカブログ) 「横浜FMは後半ATに追いつかれ長崎とドロー…
                 ミスからゴール奪われ初勝利逃す


 (スポニチ) 「横浜、高卒新人・山谷が初ゴール「素直にうれしかった」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、18歳山谷が公式戦初ゴール

 (サンスポ) 「横浜M、18歳山谷がプロ初得点「素直にうれしい」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 長崎戦・プレビュー>2019年ルヴァンカップGS第3節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎東京スプリント(2019年)穴馬予想&結果


< 4月10日(水)に行われる東京スプリント(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スプリント】

 大井のダート1200mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 今回も、他のレースのような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、やはり短距離路線だと地方馬も含めてオッズが混戦となるので、これを書いている時点以降にオッズが大きく動きそうです。

 なので、オッズが在る程度固まってから狙う馬を最終決定して、それをレースの15分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、コパノキッキングとヒロシゲゴールドが2倍台、ホウショウナウが4倍台、キタサンミカヅキが7倍台、それ以降が30倍以上となっていました。

 なのでここは、素直に3・4番人気のホウショウナウとキタサンミカヅキ、それとキャンドルグラスとショコラブランの南関馬2頭もえらんでみましょう。


  ◎ キタサンミカヅキ / 森泰斗 (8)
  △ キャンドルグラス / 御神本訓史 (1)
  △ ショコラブラン / 戸崎圭太 (4)
  △ ホウショウナウ / M.デムーロ (12)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8  ◎ キタサンミカヅキ 森泰斗   4
 2着 6     コパノキッキング 藤田菜七子 2
 3着 7     ヒロシゲゴールド 武豊    1
 4着 4  △ ショコラブラン  戸崎圭太  6
 5着 16    テーオーヘリオス 浜中俊   8


 終わってみたら、3・4番人気の2頭だけにすればよかったな~と思ってしまいますねェ。


  (○単勝:8 7.8倍)  ○的中!  1,200円 → 3,120円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  2/6   33.3%   +820円  113.2%

☆19年通算   >  14/62  22.6%   -5,980円  90.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ブリリアントC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アーリントンC&中山グランドJ(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月 9日 (火)

◎ブリリアントC(2019年)穴馬予想&結果


< 4月9日(火)に行われるブリリアントカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ブリリアントカップ】

 大井のダート1800mで行われる南関重賞(SIII)です。

 昨年から重賞に昇格したレースで、今年からは2000mから1800mに変更されてと、ここ数年でレース状況が大きく変わっているのですが、SIIIとは思えないほどの豪華メンバーが集まっているのは昨年と同様(昨年以上?)ですね。

 それでここはクリスタルシルバーを◎にしてみましょう。

 昨年は東京ダービーでクビ差2着、黒潮盃でアタマ差2着と惜しくも勝利を逃したレースが続いたとはいえ、マイルグランプリでは古馬(しかも今回も人気の一角となっているヒガシウィルウィンなど)に競り勝ち勝利していますし、上位2頭が直後に古馬相手に交流GIを制するなどレベルの高かったJダートダービーで0.3秒差4着と好走するなど、確かな実力があることはすでに証明されています。

 ただ2走前の勝島王冠での凡走は気になるものの、まあ前走は初の58kgを背負って重賞で馬券圏内に来ているので大丈夫だろうということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ クリスタルシルバー / 的場文男 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     キャプテンキング  坂井英光 4
 2着 16    タービランス    赤岡修次 3
 3着 9  ◎ クリスタルシルバー 的場文男 5
 4着 8     ヒガシウィルウィン 森泰斗  2
 5着 15    ディアデルレイ   本田正重 9


 まあSIIIでこの馬を穴として◎に出来た時点でラッキーでしたね。


  (○複勝:9 3.9倍)  ○的中!  1,000円 → 3,900円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  1/5   20.0%   -1,100円  78.0%

☆19年通算   >  13/61  21.3%   -7,900円  87.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎桜花賞(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京スプリント(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月 8日 (月)

☆ 長崎戦・プレビュー>2019年ルヴァンカップGS第3節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/10(水) 19:30~ ルヴァンカップ グループステージ 第3節

     vs V・ファーレン長崎 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << ルヴァンカップ グループステージの順位 >>

  マリノス:「 4位 0勝 1分 1敗 勝点 1 1得 3失 得失 -2 」
  長崎  :「 1位 1勝 1分 0敗 勝点 4 2得 1失 得失 +1 」


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス(J1):「 5位 3勝 2分 1敗 勝点 11 10得 7失 得失 +3 」
  長崎(J2)  :「 20位 2勝 2分 4敗 勝点 8  4得 9失 得失 -5 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 長崎は昨年初めてJ1でのシーズンを戦ったものの、最下位でJ2降格が決まったため、今年のルヴァンカップはJ2所属での参戦となります。

 そして長崎が昨年初J1だったということはマリノスがリーグ戦で長崎と対戦したのも昨年の2試合のみということで、第15節(ホーム)はゴールの奪い合いの末○5-2で快勝、第32節(アウェー)は一転して1ゴールを巡る攻防となり○1-0で勝利という結果でした。

 なお、マリノスが(前節から1週間ぶりの試合だった)4月5日(金)に行われたJ1リーグ第6節から中4日なのに対し、長崎は(3日の水曜にJ2リーグ第7節を柏に遠征して戦ったうえで)7日(日)に行われたJ2リーグ第8節から中2日と、(共にリーグ戦からメンバーが大幅に変わる可能性があるとはいえ)臨戦過程に大きな違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算130試合出場となり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独38位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算124試合出場となり、サパタ(93-96)と並びマリノス歴代41位タイとなります。


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算34試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 長崎 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 栗原勇蔵、仲川輝人、遠藤渓太

 【怪我等で欠場予定】
      マリノス: 高野遼椿直起李忠成
            エジガル ジュニオ

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 長崎 >
       鈴木彩貴(←マリノス)
       香川勇気(←東京V)
       角田誠(←清水)
       亀川諒史(←柏)
       イ サンミン(←蔚山)
       大竹洋平(←岡山)
       イ ジョンホ(←蔚山)
       玉田圭司(←名古屋)
       吉岡雅和(←富山)
       長谷川悠(←清水)
       畑潤基(←沼津)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    長崎  :

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    長崎  :

 【U-20日本代表】
    マリノス: (山田康太)
    長崎  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス:
    長崎  : 鈴木彩貴、新里涼(Y)
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜新人FW山谷 ルヴァン杯長崎戦で1トップ起用へ「プロ初ゴール欲しい」」 (4/10)

   > 「横浜DF和田 ルヴァン杯で移籍後初出場へ「戦術理解を見せる」」 (4/9)

   > 「横浜M・エジガルジュニオが肉離れ 全治4週、5日の浦和戦で負傷」 (4/7)


 【TV中継】
  (生) 04/10(水) 19:20~  フジテレビONE

  (録) 04/10(水) 22:00~  フジテレビNEXT

      04/11(木) 16:00~  スカサカ!

      04/12(金) 06:00~  フジテレビNEXT

      04/22(月) 06:00~  フジテレビNEXT

  (配信)なし

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 長崎戦・データボックス>2019年ルヴァンカップGS第3節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年4月 7日 (日)

◎桜花賞(2019年)穴馬予想&結果


< 4月7日(日)に行われる桜花賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【桜花賞】

 阪神の芝1600mで行われる3歳牝馬重賞(GI)です。

 いよいよ中央もクラシックが開幕しますが、第1戦である桜花賞と皐月賞はどちらも不思議と相性良く毎年のように当てているので(その一方で第3戦の秋華賞と菊花賞はほとんど当たっていません)、今年も相性通りに当てたいですね。

 それでどの馬を選ぼうかかなり悩んだものの、ここはエールヴォアを◎にしてみましょう。

 前々走の500万下が2000m、前走のフラワーCが1800mなのでどちらかといえばオークス狙いなのかもしれませんが、前々走は牡馬相手に逃げ切り勝ちし、前走は中段から脚を伸ばして重賞で2着と、脚質の自在性がありつつ高めのレベルで結果を出していますし、マイルでも2歳時に重賞で3着の実績があるので、内枠を活かして好走できる一番の穴馬はこの馬なのではないかと予想してみました。


  ◎ エールヴォア / 松山弘平 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  0/1   .0.0%   .-1,000円   0.0%

☆19年通算   >  12/57  21.1%   -7,800円  86.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ブリリアントC(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月 6日 (土)

◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2019年)穴馬予想&結果


< 4月6日(土)に行われるサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)ニュージーランドトロフィー(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】

 阪神の芝1600mで行われる牝馬重賞(GII)です。

 ここは、クロコスミアを◎にしてみましょう。

 昨年のGI・エリザベス女王杯ではクビ差2着となってアッと驚かせたものの、前走の中山牝馬Sでは6着に敗れましたが、ただこの時は香港遠征帰りからの休み明けで馬体重15kg増と万全の状態ではなかったうえでの(6着ながら)0.1秒差だったことを考えれば悪くない内容だったのでは。

 あと今回は久々のマイル戦であることが不安要素であるとはいえ、200m長いだけの1800m戦では普通に好走していますし、前回走ったマイル戦である2年前のこのレースでも4着と(馬券圏外ながら)好走しているので、エリザベス女王杯の時に当てさせてもらったこともあって再度この馬に期待することに。


  ◎ クロコスミア / 岩田康誠 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ニュージーランドトロフィー】

 中山の芝1600mで行われる3歳重賞(GII)です。

 ここは、カルリーノを◎にしてみましょう。

 今年に入って早くも5戦目、しかも連闘となりますが、それだけ今回勝負にきていることが窺えますし、2歳時には重賞で2度も馬券に絡んだ実績もあるので、この馬に期待してみることに。


  ◎ カルリーノ / 石川裕紀人 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆19年04月  .>  0/1   .0.0%   .-1,000円   0.0%

☆19年通算   >  12/57  21.1%   -7,800円  86.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クラウンC(2019年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎桜花賞(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月 5日 (金)

☆ 浦和戦・データボックス>2019年J1リーグ第6節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 4/5(金) J1リーグ 第6節・浦和レッズ (埼玉)


  ○3-0 (前半1-0、後半2-0)

  主審: 家本 政明  入場者数:32,555人

  <得点>
   1-0 マルコス ジュニオール (横浜・前半07分/公式動画
   2-0 マルコス ジュニオール (横浜・後半16分/公式動画
   3-0 広瀬陸斗        (横浜・後半25分/公式動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー無失点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「無得点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 9位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 山谷侑士が、Jリーグ初出場を記録しました。


 扇原貴宏が、Jリーグ通算200試合出場(J2も含む)を達成しました。

 朴一圭が、Jリーグ通算150試合出場(J3も含む)達成にリーチとなりました。

 遠藤渓太が、マリノス所属時公式戦通算100試合出場達成にリーチとなりました。


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算129試合出場となり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代38位タイとなりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算123試合出場となり、田中裕介(05-10)と並びマリノス歴代42位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 広瀬陸斗が、J1リーグ初ゴールを記録しました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 5位 (前節 7位)
         < 3勝 2分 1敗  勝点 11 得点 10 失点 7 得失点差 +3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ / 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (ゴール集動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「3試合ぶりのゴールの数は3つ。横浜FM、アウェイで快勝

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「マルコス2発に広瀬陸斗が“恩返し”弾!!
             横浜FM、敵地で浦和を3発撃破

 (ゲキサカ) 「「心の底から嬉しいかと言われると…」
           横浜FM広瀬陸斗、“古巣”からJ1初ゴール!!

 (ゲキサカ) 「踏み出した新たな一歩…
         Jデビューの横浜FM山谷侑士「違う緊張感があった」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが3ゴール奪う快勝で4試合ぶり白星!
            浦和守備陣切り裂いたマルコス・ジュニオールは
            気円斬パフォ披露


 (スポニチ) 「横浜・広瀬、J史上3例目父子弾!
           父は元浦和FK名手 3戦ぶり勝利貢献

 (日刊スポーツ) 「横浜広瀬が父子弾でダメ押し 浦和育ちに複雑思いも

 (日刊スポーツ) 「横浜広瀬が「親子弾」古巣へ恩返しのV初ゴール

 (スポーツ報知) 「浦和ユース出身・広瀬、
           思い出の埼スタでトドメのJ1初ゴールに複雑な思い

 (サンスポ) 「3発快勝!攻め続けた横浜M、浦和を圧倒
            マルコス・ジュニオールが全得点に絡む

 (サンスポ) 「横浜M・広瀬、J1初弾!

 (サンスポ) 「3発快勝に満足の横浜M指揮官
         「全員が良いパフォーマンス」と浦和撃破に喜び

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 浦和戦・プレビュー>2019年J1リーグ第6節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年4月 4日 (木)

☆ 浦和戦・プレビュー>2019年J1リーグ第6節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/5(金) 19:30~ J1リーグ 第6節

     vs 浦和レッズ (埼玉スタジアム2002)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  8位 2勝 2分 1敗 勝点 8 7得 7失 得失 0 」
  浦和  :「  9位 2勝 2分 1敗 勝点 8 4得 4失 得失 0 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 浦和戦は、公式戦通算で「34勝 7分 28敗」、リーグ戦通算で「29勝 6分 21敗」といずれも勝ち越していますが、2005-2007年の公式戦8試合で全く勝ちがないなど苦手としている時期もありましたし、一方でアウェーでは2007年から2013年まで7年間負けなし&2008年から2013年まで6年間全勝と最高に相性が良い時期もありました。

 そして近年では、2015年2nd第9節から昨年の第4節まで6戦負けなし(4勝 2分 0敗)で2017年開幕戦から3連勝とかなりの好相性でしたが、昨年の第26節(ホーム)では●1-2で久々の敗戦を喫することに(アウェーでは2連勝中)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 扇原貴宏が出場すると、Jリーグ通算200試合出場(J2も含む)を達成します。

 朴一圭が出場すると、Jリーグ通算150試合出場(J3も含む)達成にリーチとなります。

 遠藤渓太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場達成にリーチとなります。


 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算129試合出場となり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代38位タイとなります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算123試合出場となり、田中裕介(05-10)と並びマリノス歴代42位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラ(17-18)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】 マリノス: なし、 浦和 : なし

 【怪我等で欠場予定】
     マリノス: 高野遼椿直起李忠成

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
      < マリノス >
       朴一圭(←琉球)
       ティーラトン(←ムアントン)
       高野遼(←甲府)
       広瀬陸斗(←徳島)
       三好康児(←川崎F)
       マルコス ジュニオール(←フルミネンセ)
       李忠成(←浦和)
       エジガル ジュニオ(←バイーア)
       中川風希(←琉球)
       和田拓也(←広島)

      < 浦和 >
       鈴木大輔(←柏)
       山中亮輔(←マリノス)
       エヴェルトン(←ポルト)
       汰木康也(←山形)
       杉本健勇(←C大阪)

 【日本代表】
    マリノス: 畠中槙之輔
    浦和  :

 【U-22日本代表】
    マリノス: 三好康児、遠藤渓太
    浦和  : 橋岡大樹

 【U-20日本代表】
    マリノス: (山田康太)
    浦和  : 荻原拓也

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身(トップチームに昇格せず)
    マリノス: 李忠成、広瀬陸斗(Y)
    浦和  : マルティノス、山中亮輔、汰木康也(Y)
     (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  浦和オフィシャル

 【チケット情報】  浦和オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜・広瀬、“古巣”浦和に恩返しだ ユース出身「成長見せる」」 (4/5)
   > 「“4月男”浦和DF森脇 2戦連発でバースデー前祝いだ!」 (4/5)
   > 「浦和・槙野、畠中槙之輔と槙槙対決「若い選手には負けられない」」 (4/5)
   > 「浦和、ホーム初勝利だ!新加入・山中が古巣の“弱点”を槙野に伝授」 (4/5)

   > 「浦和山中「貢献したい」横浜戦で4戦ぶり先発濃厚」 (4/4)
   > 「浦和が非公開練習、横浜の新加入ブラジルコンビ警戒」 (4/4)
   > 「【浦和】柏木、前節で左ひざ負傷も復調アピール「問題ない」」 (4/4)
   > 「浦和・オリベイラ監督、今季ホーム初勝利へ 5日横浜M戦での勝利誓う」 (4/4)
   > 「【J試合情報】浦和レッズvs横浜F・マリノス 第6節」 (4/4)

   > 「埼玉出身のGK朴 浦和戦心待ちも「小さい頃は…」」 (4/3)
   > 「山中&マルティノス 古巣討ち楽しみ!横浜戦そろって先発へ」 (4/3)
   > 「浦和橋岡が横浜戦に先発か 前節ベンチ外悔しさ爆発」 (4/3)

   > 「浦和・マルティノス、古巣との対戦に闘志燃やす「特別な試合」」 (4/2)


 【TV中継】
  (生) なし

  (録) なし

  (配信)04/05(金) 19:20~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 浦和戦・データボックス>2019年J1リーグ第6節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2019年4月 3日 (水)

『ノースライト』 横山秀夫 > 「このミス」完全読破 No.1058

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1058

 『ノースライト』 横山秀夫

   「このミス」2020年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2019年3月7日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2019年2月>

ノースライト

横山秀夫

新潮社 2019.2.28

Amazonで詳しく見る

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大学時代の同期が所長を務める設計事務所で働く一級建築士の青瀬稔は、吉野陶太というクライアントからの“あなた自身が住みたい家を建ててください”という依頼を受けて設計を担当すると、その完成した通称“Y邸”は『平成すまい二〇〇選』に掲載されるほどの評価を受けることに。

 ところが、その本を見てY邸に興味を持ち事務所に来た新たなクライアントから、“信濃追分までY邸の現物を見に行ったところ、誰も住んでいないようだった”との連絡が。

 Y邸を吉野に引き渡してからの四ヶ月の間に吉野とは全く連絡を取っておらず、改めて電話を掛けてみると留守電になっていたため、気になった青瀬は実際にY邸へと向かってみると、やはり家の中は家具や家電が一切ないなど人が住んでいるようには見えず、ただ北の窓を向くように置かれた“タウトの椅子”があるのみで...。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「このミス」1位を始めとしてオールタイムベスト級の評価を受けたNo.594「64(ロクヨン)」以来7年ぶりとなる待望の新作ですが、本作が連載されていたのは2004-2006年なので、初出自体は『64(ロクヨン)』が発売されるより6年も前の作品です(ちなみに『64(ロクヨン)』が連載されていたのも本作と全くの同時期なので、両作共に長期休養前の連載作を後に加筆修正したものとなります)。

 そんな本作の一番の特徴といえば、著者の代名詞というべき警察小説ではなく建築士が主人公の作品であることで、バブル崩壊期における挫折やそれ以降続く注文通りに仕事をこなしていくだけの日々、そんな中でY邸の設計をきっかけに元々あった才能ややる気を取り戻していくなどの建築士個人としての物語や、一大プロジェクトの獲得に向けて同僚たちと切磋琢磨していく建築士のチームとしての物語などが繰り広げられるので、お仕事小説的な読み味がありました。

 そこにさらに、別れた元妻や娘との関係に、全国のダム建設に携わっていた亡き父との思い出など、家族に関する物語が印象深く交わっていくことにより、警察小説ではなくともさすがは横山秀夫だなと改めて感心させられてしまうほどに圧倒的な読み応えの人間ドラマが描かれていくのです。

 ミステリ的には、元依頼者の失踪を中心として謎が謎を呼ぶ展開となりストーリーの先が気になる求心力を生みますし、そんなミステリ要素が人間ドラマと歯車がガッチリとかみ合うかのように見事なまでの絡みをみせることで、ミステリ的展開が進めば進むほど人間ドラマもうねりを上げて動き出し、人間ドラマが動き出せばミステリ的な謎がより輝きを増していくなど、どちらもが動力源となりつつ素晴らしき連動をみせるのですね。

 ただやはり、警察沙汰の事件が中心の警察小説と比べるとサスペンス要素はガクッと下がりますし、意外性のある真相や驚愕を誘うトリックなどがあるタイプでもないので(どちらかといえば謎に迫り解いていく過程を楽しむタイプ)、警察小説と同系統の面白さやミステリ要素のみに期待して読んでしまうと手応えを感じられないかもしれません。

 とはいえ本作は、これまでの横山作品の定番を覆すような(10年以上前に連載していた作品にいうのは変かもしれませんが)新境地ともいうべきレベルの高いヒューマンミステリとして仕上がっていて、ただその芯の部分にある魅力というのはこれまでの(警察小説も含めた)横山作品と変わらぬものがあったように思うので、(期待の掛け方さえ間違えなければ)サスペンスやミステリやお仕事小説など細かなジャンル分けなど意味をなさないようなそれらを全て含めた“小説”としての面白さや魅力を心から堪能できるのではないでしょうか。


 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “横山秀夫”関連記事 】

  > No.1058 「ノースライト」
  > No.0594 「64(ロクヨン)」
  > No.0134 「第三の時効」
  > No.0025 「動機」
  > No.0003 「半落ち」


 「刀と傘」伊吹亜門 << PREV/NEXT >> 「らんちう」赤松利市

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2019年4月 2日 (火)

◎クラウンC(2019年)穴馬予想&結果

< 4月3日(水)に行われるクラウンカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【クラウンカップ】

 川崎のダート1600mで行われる南関3歳重賞(SIII)です。

 南関クラシック第1戦・羽田盃のトライアルレースですが、全ての馬が近4走以内に一度は掲示板外になっているという安定感のないメンバー揃いなので、予想はかなり難しいですね。

 ただ南関2・3歳重賞は道営馬か元道営馬を狙うようにしているため予想はすんなりと決まりまして、ここはマイティウォーリアを◎にしてみましょう。

 道営時代には地元ではデビュー戦を勝ったくらいの実績だったものの、南関に遠征して挑んだ重賞・平和賞では0.2秒差3着と好走しました。

 続く交流GIの全日本2歳優駿はさすがに大敗したとはいえ、その後に南関に移籍して3着・2着と勝てないながらも結果を出しているので、逃げ先行の位置を取ることが出来たならばここでの一発も充分にあるのでは。

  ◎ マイティウォーリア / 真島大輔 (7)

  [ 複勝:◎ ]

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<レース結果 >    
着順 馬番 予想 馬名 騎手 人気
1着          
2着          
3着          
4着          
5着          
         

   

  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  1,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

          的中数  的中率   収支額   回収率

◎19年04月  >  -/-   -.-%    +-円   -.-%

◎19年通算   > 12/56  21.4%  -6,800円  88.2%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎大阪杯(2019年)穴馬予想&結果 < PREV

  NEXT > ◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2019年)穴馬予想&結果

2019年4月 1日 (月)

(再掲載)“「このミス」完全読破”の更新情報についての紹介

Gapaku3298_tp_v


* この記事は以前更新したものと同じ内容です


 当ブログ(朴念仁と居候)のカテゴリーの一つである“「このミス」完全読破”のみの更新情報を、まとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”にて表示しています


 まあ最新記事は、ブログのサイドメニューにある“最近の記事”を見てもらえばよいのですが、例えばこのミステリーがすごい!ランキング(順位)予想“月別ランクイン候補作品”に対象作品を追加したり、“「このミス」ベスト10作品をみんなで予想しよう!”に新たな投票者の予想を追記したような場合、サイドメニューではそれらをお知らせすることは出来ません


 そういった追記・追加情報も、この“更新情報”欄を見てもらえればわかることから、いくらか便利なのではないかと思うので、もしよかったら“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”“更新情報”欄で“「このミス」完全読破”の更新情報をチェックしてみてください


 そしてこのまとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”では、読んだ順番に並べた記事リストの他、年版別(ランキング別)・作家別のリストも作っていて、ランキング予想や各企画などもまとめていますし、「このミス」に関する資料的なランキング&リストを載せた“このミス資料集”というページもあります


 なので、まだ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”を見たことがないという方や、普段カテゴリー記事一覧などから目的の記事を探している方などは、この機会に一度見てみてください


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<




« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ