サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年11月/その2)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年11月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年5-9月追加分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


LIGHT / フレデリック

   配信シングル『LIGHT』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


卑屈人間 踊ってみた / 挫・人間

   アルバム『OSジャンクション』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


囚人のジレンマ / 眩暈SIREN

   EP『囚人のジレンマ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


katharsis / TK from 凛として時雨

   シングル『katharsis』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Telepath Telepath / PELICAN FANCLUB

   ミニアルバム『Boys just want to be culture』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


美しい悪夢 / a flood of circle

   シングル『13分間の悪夢』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


BDM / ばってん少女隊

   シングル『BDM』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファイティング・ラッシュアワー / A応P

   配信シングル『ファイティング・ラッシュアワー/七転八倒返り咲き』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年11月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年5-9月追加分)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年11月29日 (木)

☆ C大阪戦・プレビュー>2018年J1リーグ第34節(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 12/1(土) 14:00~ J1リーグ 第34節

     vs セレッソ大阪 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 12位 12勝 .5分 16敗 勝点 41  55得 54失 得失 +1 」
  大阪  :「  .9位 12勝 11分 10敗 勝点 47  37得 37失 得失 0 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 C大阪との対戦成績は、公式戦通算で「19勝 9分 13敗」、リーグ戦通算で「16勝 9分 11敗」といずれも勝ち越しているものの、現在(2012年以来)公式戦11試合連続で勝利がない状況です(0勝 5分 6敗)。

 ただホームでは、昨年の対戦でこそ●1-4で完敗を喫したとはいえ、「8勝 6分 3敗」と大きく勝ち越し、昨年に負けるまではリーグ戦ホームで(引き分けが多いとはいえ)2003年以来9試合負けなし(3勝 6分 0敗)と悪くない相性ではありました。

 なお今年はリーグ開幕戦で対戦していて、前半に山中亮輔のゴールで先制するも、ゲーム終盤に柿谷曜一朗にゴールを奪われ△1-1の引き分けに終わっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 10試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 5試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 12試合連続“ホーム失点”達成 (マリノス歴代 2位)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“ホーム無得点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 畠中槙之輔が出場すると、Jリーグ戦通算100試合出場(J2・J3も含む)にリーチとなります。


 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算215試合出場となり、清水範久(02-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算117試合出場となり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代44位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 伊藤翔が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、中澤佑二と並びマリノス歴代13位タイとなります(中澤佑二もゴールした場合は単独14位)。


 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(93-98)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(02-06)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代17位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録】を見よ!!


 現在リーグ戦ホーム通算698得点なので、この試合で2ゴール以上決めるとJ1リーグホーム通算700得点を達成します。

 なお、この試合でJ1リーグホーム通算700得点を達成すると、鹿島・G大阪・磐田・名古屋・浦和に次いで6クラブ目となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【J1残留が確定する条件】


 リーグ戦も残り1試合という時点で、J2への自動降格(17・18位)の可能性はすでにないものの、J1参入プレーオフ出場(16位)の可能性はまだ残されています


  > 12位 マリノス 勝ち点41 得失点  +1 総得点 55
  > 13位 磐田   勝ち点41 得失点 -12 総得点 34

  > 14位 湘南   勝ち点40 得失点  -5 総得点 36
  > 15位 鳥栖   勝ち点40 得失点  -5 総得点 29
  > 16位 名古   勝ち点40 得失点  -7 総得点 50

  > J1参入プレーオフに出場するのは
    上記5クラブ中(最終節終了後に16位となった)1クラブのみ

  > 最終節は14位の湘南と16位の名古屋が直接対決となるので
    湘南と名古屋の両方が最終節で勝ち点3を得る可能性はありません
    (つまり湘南と名古屋のどちらか一方は必ず勝ち点41以下となるので
     勝ち点42以上となったクラブはその時点でJ1残留確定)


 [ J1残留が確定する条件(最終節の結果) ]

   ○:勝利  △:引き分け  ●:敗戦


  ○ ・・・ 他の試合に関わらずJ1残留確定

  △ ・・・ 他の試合に関わらずJ1残留確定

  ●(7点差以内)
    ・・・ 他の試合に関わらずJ1残留確定

  ●(8点差以上) ・・・ 他の試合の結果次第


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << ●(7点差以内)でもJ1残留が確定することの説明 >>


 最終節●(マリノスの勝ち点が41)でも
 以下の6つのうちのどれか1つでも該当するならJ1残留確定

  1.「名古屋-湘南戦」が△以外(「名○-湘●」or「名●-湘○」)

     * 「名古屋-湘南戦」の負けた方が勝ち点40となるため

  2.マリノス●(7点差以内) & 「名古屋-湘南戦」が△

     * マリノス・湘南・名古屋が勝ち点41で並ぶも
      前節時点での得失点差が
      「マリノス+1、湘南-5、名古屋-7」なので
      マリノスが7点差以内での●なら名古屋に得失点差で抜かれず

  3.マリノス●(0-8)
       & 「名古屋-湘南戦」が△(4-4以下の得点数)

     * 同じ●(8点差)でも
      ●1-9なら△5-5以下、●2-10なら△6-6以下...と条件が変わります

     * マリノス・湘南・名古屋が勝ち点41で並び
      湘南に得失点差で抜かれ、名古屋と得失点差で並ぶも
      最終節での得点で名古屋がマリノスを5点以上上回らなければ
      総得点数で名古屋に追いつかれず

   4.鳥栖●

     * 鳥栖の勝ち点が40のまま

   5.マリノス●(6点差以内) & 鳥栖△

     * 鳥栖と勝ち点41位で並ぶも
      前節時点での得失点差が「マリノス+1、鳥栖-5」なので
      マリノスが5点差以内での●なら鳥栖に得失点差で抜かれず
      6点差●で得失点が並んでもマリノスの方が総得点が上に

   6.磐田●で得失点差を逆転されず

     * 磐田と勝ち点41で並ぶも
      前節時点での得失点差が「マ+1、磐-12」なので
      総得点数でマリノスが磐田を大きく上回っていることを考えれば
      マリノスが15失点以上しない限りは逆転されることはなし


  * 上記の1.2(「名古屋-湘南戦」との関連)により
   マリノスが7点差以内での負けならば
   「名古屋-湘南戦」がどのような結果になっても
   必ず湘南と名古屋のどちらかよりも上の順位となるので
   J1残留が確定

   マリノスが8点差で負けたとしても
   「名古屋-湘南戦」が△5-5や△6-6など
   とんでもない得点数での引き分けにならない限りはJ1残留が確定

   仮に●0-9や●1-10で敗れ「名古屋-湘南戦」が△という
   まさかの事態になったとしても
   鳥栖と磐田のどちらかが●となればJ1残留が確定しますし
   鳥栖と磐田がどちらも○or△でマリノスが16位になったとしても
   J1参入プレーオフでJ2のクラブ相手に○△ならJ1残留となります

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし 
           大阪  .: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地山中亮輔

 【日本代表】  マリノス: 山中亮輔
           大阪  .: 杉本健勇

 【U-21代表】  マリノス: 久保建英
           大阪  :

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           大阪  :

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           大阪  : 田中裕介、水沼宏太
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「激変の1年の最終戦、
               「来季につながる試合にしたい」(天野)(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜、紅白戦で3バック入念確認 遠藤「動きは変わらない」」 (12/1)
   > 「横浜3カ月ぶり3バック先発濃厚喜田「勝ちにいく」」 (12/1)
   > 「【C大阪】元代表DF茂庭が退団へ 37歳新天地探す」 (12/1)

   > 「横浜 C大阪戦で3バックも 天野「来季につなげる」」 (11/30)
   > 「横浜天野「出来30%」も飛躍の年を全試合出場締め」 (11/30)
   > 「C大阪 尹晶煥監督、ラストマッチで“原点回帰”」 (11/30)

   > 「横浜伊藤翔「気持ち良く終われたら」3戦連発誓った」 (11/29)
   > 「横浜山中肉離れアジア杯微妙 アピール成功も痛恨」 (11/29)
   > 「浦和、C大阪・健勇獲り!既に好条件オファー 本人も移籍前向き」 (11/29)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsセレッソ大阪 12月1日」 (11/29)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)12/01(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ C大阪戦・データボックス>2018年J1リーグ第34節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年11月28日 (水)

ミステリー・推理小説総合ランキング(2018年)

 

Gapaku3298_tp_v


 11月の末から年末恒例となっているミステリ小説のランキングが続々と発表されていきます

 小説の一つのジャンルに対してこれだけ多くのランキングが出るということ自体凄いことなのですが、各ランキングによって特徴や傾向が異なるので、それぞれ棲み分けが出来ているというのも改めて考えると凄いことですよね

 ただそれゆえに、どのランキングを参考にすればよいのか迷ってしまう、という人も多くいると思うので、全てのランキングを一つにまとめ上げたスーパーランキングを作ってみることにしました

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このランキングは、各ランキングの順位ごとに点数を付け、それを合計した総合点により改めて順位付けするというものです

 参考にしたランキング誌と点数の付け方は、以下の通り。

 「こ」(このミステリーがすごい!) > ベスト40作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・39位:2点、40位:1点

 「本」(本格ミステリ・ベスト10) > ベスト30作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・29位:12点、30位:11点

 「春」(週刊文春ミステリーベスト10) > ベスト20作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・19位:22点、20位:21点

 「早」(ミステリが読みたい!) > ベスト30作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・29位:12点、30位:11点
  * 21~30位は手集計により算出したのですが
   「早ミス」ランキングに集計ミスの可能性が見つかりました
   (当ブログ記事「ミステリが読みたい!2019年版」参照)
   そのため集計ミス(仮)を訂正したうえで改めて集計し直して
   さらに「このミス」等で昨年対象だった作品(昨年10月発行)を除外し
   その分の繰り上げを行なったうえで
   独自の順位付けを行いました

 「他」 > 以下のランキングにランクインした作品は一律15点

  (S) SFが読みたい!(ベストSF2018) > ランクイン作品

  (本) 本屋大賞 > ベスト10(ノミネート)作品

  (R) SRの会ミステリベスト10 > ベスト10作品

  (ダ) ダ・ヴィンチ > BOOK OF THE YEAR ランクイン作品

  (雑) 本の雑誌が選ぶ2018年度ベスト10 > ランクイン作品

  (キ) キノベス!(紀伊國屋書店) > ベスト30作品

  (エ) エアミス研ランキング > ベスト10作品

  (Tw) Twitter文学賞 > ベスト10作品

  (a) bookaholic認定2018年度国内ミステリーベスト10
        > ベスト10作品

 「賞」 > 文学賞受賞&候補作品

  * ○文学賞受賞作(吉川英治文学新人賞含む) : 35点
  * ●文学賞候補作(吉川英治文学新人賞含む) : 20点
  * △文学賞受賞短編収録作 : 15点
  * ▲文学賞候補短編収録作 : 10点
  * ☆文学新人賞受賞作 : 15点

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ミステリー・推理小説総合ランキング(2018年)・暫定版 】

  * 2017年11月~2018年10月に発行された国内作品
    および「このミス」「文春」「本ミス」「早ミス」のいずれかに
    ランクインした(得点が入った)作品が対象

  * 現在発表されているランキング・文学賞のみの暫定順位なので
    ランキングや文学賞が発表されるごとに
    ポイント追加&順位変動していきます

    ランキングの完成は、翌年(2019年末)の「早ミス」「ダ・ヴィンチ」が発表され
    本年度対象作品(18年10月発売作品)のポイントを
    追加してからとなります

  * 各ランキングの数字は、点数ではなく順位

  * 「*」は18年10月発売作品(「早ミス」「ダヴィンチ」は翌年度の対象)

  * 「動」 : 前回更新時からの順位変動

  * 「L」 : 当ブログ感想記事へのリンク
        ("<"は読了済みなので近いうちに記事アップ予定)

  * タイトル部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

  * 最新更新:2019年1月16日(水)
   ・・・「直木三十五賞」の結果を反映

 

点数 - 作品名 作者名

208 雪の階 奥泉光 7 - 4 4
a


176 碆霊の如き
祀るもの
三津田信三 6 2 8 2
a
- -

173 宝島 真藤順丈 5 - 7 8 -
>>

156 インド倶楽部の謎 有栖川有栖 14 5 13 6
a
-

144 ベルリンは
晴れているか
深緑野分 2 - 3 9 a -
点数 - 作品名 作者名

133 火のない
ところに煙は
芦沢央 10 - 5 5
- >>

128 錆びた滑車 若竹七海 2 24 6 3 - - >>

127 グラスバードは
還らない
市川憂人 10 4 15 23 -

119 それまでの明日 原りょう 1 - 2 1 - - >>
10
117 探偵AIのリアル・
ディープラーニング
早坂吝 19 7 - 10
a
- -
点数 - 作品名 作者名
11
111 アリバイ崩し
承ります
大山誠一郎 15 1 11 - - -
12
108 沈黙のパレード 東野圭吾 4 10 1 * - -
13
98 凍てつく太陽 葉真中顕 9 - 9 7 - -
14
91 少女を殺す
100の方法
白井智之 25 8 - 14 - >>
-
-
91 友達以上
探偵未満
麻耶雄嵩 24 11 - 12 - -
点数 - 作品名 作者名
16
86 パズラクション 霞流一 21 3 - 28 -
17
83 破滅の王 上田早夕里 19 - - 15 -
18
82 未来 湊かなえ 36 - 13 27 -
19
74 生き残り 古処誠一 21 - 15 13 - -
20
72 皇帝と拳銃と 倉知淳 30 14 - 22 a - >>
点数 - 作品名 作者名
21
70 ネクスト・ギグ 鵜林伸也 15 12 - * - -
22
67 スケルトン・キー 道尾秀介 13 - - 17 -
23
65 星詠師の記憶 阿津川辰海 - 6 - *
a
- -
24
63 東京輪舞 月村了衛 8 - 11 * - -
25
56 探偵は
教室にいない
川澄浩平 - 23 18 * - -
点数 - 作品名 作者名
-
-
56 歪んだ波紋 塩田武士 - - 15 -
- -
27
52 夏を取り戻す 岡崎琢磨 23 18 - 30 - - -
28
51 隠蔽人類 鳥飼否宇 - 12 - 19 - -
29
50 漂砂の塔 大沢在昌 12 - - 20 - - -
30
47 凶犬の眼 柚月裕子 - - 8 - -

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2019年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2019年版」ランキング(順位)予想 (18.2.1)

  > 「このミス2019年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (18.10.3)

  > 「ミステリが読みたい!2019年版」 (18.11.25)
  > 「2019 本格ミステリ・ベスト10」 (18.12.5)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2018年)」 (18.12.6)
  > 「このミステリーがすごい!2019年版」 (18.12.7)

  > 「このミス2019年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (18.12.8)
  > 「このミス2019年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (18.12.14)
  > 「このミス2019年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (18.12.18)

  > 「この“ランク外作品”がすごい!2019年版」 (18.12.25)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2018年) (18.11.28)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎兵庫ジュニアGP&ロジータ記念(2018年)穴馬予想&結果


< 11月28日(水)に行われる兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)ロジータ記念(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【兵庫ジュニアグランプリ】

 園田のダート1400mで行われる交流2歳重賞(JpnII)です。

 ダートの2歳重賞は中央馬も参戦する交流重賞であっても道営馬か元道営馬を狙うようにしているのですが、今回は道営所属のリンゾウチャネル1頭がそれに該当するので、この馬を◎にしましょう。

 門別では5戦3勝全連対と安定した成績を残していて、前々走は盛岡での芝の重賞を勝ち、前走は川崎の重賞で2着に入るなど、遠征したうえでの地方重賞でも結果を出しているので、中央勢の5頭中2頭がダート未勝利というメンバーなら3着以内の可能性はあるのでは。


  ◎ リンゾウチャネル / 五十嵐冬樹 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ロジータ記念】

 川崎のダート2100mで行われる南関3歳牝馬重賞(SI)です。

 中央でいうと秋華賞のような位置付けのレースですが、桜花賞1着&東京プリンセス賞2着のプロミストリープと桜花賞3着&東京プリンセス賞1着のグラヴィオーラの二冠を目指せる馬2頭が不在となっています。

 とはいえ、交流重賞・関東オークスで中央馬相手に2・3・4着と健闘した3頭は揃い踏みしているので、古馬相手に2レース連続で快勝しているファーストスキップや北海優駿(ダービー)でクビ差2着のクロスウィンドも含めて面白いレースとなりそうですね。

 そんな実績上位勢は今回も強そうで、穴狙いとしては最初から出番のないレースになってしまいそうではありますが、それ故に穴馬選びは慎重に選びたいので、オッズがある程度固まり複勝最低オッズが2倍以上となりそうな馬をきっちりと見極めてから最終予想を決めたくなってしまいます。

 なので、念のためレース直前までオッズを見守ったうえで◎馬を決めることにしまして、それをレースの約30分前までにはここに追記することにいたしましょう。


[ 追記 ]
 レース約1時間前のオッズを確認したところ、ゴールドパテック・クレイジーアクセル・クロスウィンドの複勝最低オッズが1倍台で、ファートスキップが2倍ちょうどなのでこれから1倍台に下がるかも、といった感じでした。

 なのでここは、ミスマンマミーアを◎にしてみましょう。

 交流重賞・関東オークスで中央馬相手に4着(先着された中央馬は1頭のみ)と健闘したものの、前走の戸塚記念では1.7秒差の7着に敗れたわけですが、それでもほぼ最後方の位置から上がり2位のタイムで追い込んでのものでした。

 前々走の黒潮盃では牡馬相手に3着と結果を出していますし、中央馬相手に唯一の39秒台の最速上がりを繰り出した関東オークスの時のような脚を繰り出せるならここで馬券に絡む可能性は十分にあるとみて、この馬に期待することに。


  ◎ ミスマンマミーア / 町田直希 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年12月  .>   -/-   -.-%    +-円   -.-%

☆18年通算   >  30/195 15.4% -255,320円  56.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ローレル賞(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎チャレンジC&ステイヤーズS(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月27日 (火)

「ドラコニル」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(1) 2019年 1/1 号 [雑誌]

集英社 2018-12-03

Amazonで詳しく見る


 週刊少年ジャンプの2019年01号(2018年12月3日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「ドラコニル」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の小野玄暉(おの・げんき)は、「恋に咲けミコト」で“JUMPトレジャー新人漫画(2011年10月期)”の佳作を受賞し(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)、続いてスマホアプリ増刊“ジャンプLIVE 第1号(2013年8月)”に「心の中の銃切剣」を配信掲載。

 その後は、「ドブの吸鬼」を“ジャンプNEXT! 2014 WINTER”に掲載して誌面デビューを果たすと(「ドブの吸鬼」 小野玄暉 > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER参照)、「赤毛のアチョー!!」を“本誌2015年16号”に(「赤毛のアチョー!!」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「遥か彼方」を“ジャンプGIGA vol.2”に掲載(「遥か彼方」 小野玄暉 > ジャンプGIGA vol.2参照)。

 そして“本誌2017年47号”から始まった「フルドライブ」で連載デビューを果たし(16週で終了/「フルドライブ」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、本作にて連載最終回以来の本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

動き出す、 竜と魔法の物語。

☆『フルドライブ』の小野玄暉先生最新作!!
      現代魔力バトル読切センターカラー49P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「小野玄暉」関連記事】

  > 「フルドライブ」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.10.2)

  > 「遥か彼方」 小野玄暉 > ジャンプGIGA vol.2 (16.7.23)

  > 「赤毛のアチョー!!」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.3.9)

  > 「ドブの吸鬼」 小野玄暉 > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER (13.12.3)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎ローレル賞(2018年)穴馬予想&結果


< 11月27日(火)に行われるローレル賞(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ローレル賞】

 川崎のダート1600mで行われる南関2歳牝馬重賞(SII)です。

 南関2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしているのですが、今回は道営馬3頭と元道営馬1頭が参戦。

 ただ4頭共にそれなりの人気にはなりそうで、交流重賞・エーデルワイス賞を制した元道営馬のアークヴィグラスはさすがに複勝1倍台なりそうですが、他の3頭は(これを書いている時点では)もしかしたら複勝2倍台になりそうだしならなそうだし....といった感じです。

 なので、念のためレース直前までオッズを見守って、複勝最低オッズが2倍以上になっている馬を◎にすることにしまして、最終決定はレースの約30分前までにはここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認した結果、ここは道営馬のパレスラブリーを◎にしてみましょう。

 ここまで5戦して交流重賞・エーデルワイス賞以外は全て馬券圏内と安定感がありますし、前走では金沢に遠征して勝利しているという経験も強みになるのでは。

 それに、この馬狙いに決めてから“なんか見覚えのある名前だな~”と思っていたら、エーデルワイス賞の時にも◎にしていたので、今度こそは当てさせてもらいたいものですね。


  ◎ パレスラブリー / 阿部龍 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   4/21  19.0% .-18,600円  70.5%

☆18年通算   >  30/193 15.5% -249,320円  56.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ジャパンC&京阪杯(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎兵庫ジュニアGP&ロジータ記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月26日 (月)

「獄丁ヒグマ」 帆上夏希 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


週刊少年ジャンプ(3) 2019年 1/15 号 [雑誌]

集英社 2018-12-17

Amazonで詳しく見る


 2018年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第3弾”が、2019年03号(2018年12月17日〈月〉発売)からスタートの「獄丁ヒグマ(ごくてい・ヒグマ)です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2019年03号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の帆上夏希(ほがみ・なつき)は、「ムーン・ストライク」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年9月期)”の最終候補となった後、「火久摩の手」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年2月期)”の審査員「附田祐斗先生」特別賞を受賞。

 続いて、「ユアガーディアン」を“ジャンプGIGA vol.1(2016年)”に掲載してデビューを果たし(「ユアガーディアン」 帆上夏希 > ジャンプGIGA vol.1参照)、「火久摩の手」を“ジャンプX(クロス)”に掲載(「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプX(クロス)参照)

 さらに、リニューアル版「火久摩の手」を“ジャンプGIGA 2017(vol.1~4)”で連載し(「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプGIGA2017 新連載!参照)、本作にて本誌初登場&本誌での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2018年12月の新連載」関連記事】

  > 「チェンソーマン」 藤本タツキ (18.11.26)

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 (18.11.26)

  > 「獄丁ヒグマ」 帆上夏希 (18.11.26)


 【「帆上夏希」関連記事】

  > 「獄丁ヒグマ」 帆上夏希 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.11.26)

  > 「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.7)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプX(クロス) (16.12.21)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.11)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


週刊少年ジャンプ(2) 2019年 1/8 号 [雑誌]

集英社 2018-12-10

Amazonで詳しく見る


 2018年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2019年02号(2018年12月10日〈月〉発売)からスタートの「ne0;lation(ネオレイション)です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2019年02号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト

 原作担当の平尾友秀(ひらお・ともひで)は、「あくゆう!」を“ジャンプNEXT! 2011SPRING”に掲載してデビュー(週刊少年ジャンプ増刊!「ジャンプNEXT! 2011SPRING」参照)。

 続いて「ZOMBIE SMILE」を“ジャンプNEXT! 2012 WINTER”に掲載し(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012WINTER」参照)、「TOTEM」を“本誌2013年50号”に掲載して本誌デビュー(「TOTEM」 平尾友秀 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。


 漫画担当の依田瑞稀(よだ・みずき)は、東京デザイナー学院マンガ科出身で、在学中に「公式ネーム」で“第1回 ガリョキンP〈フェニックス〉(2014年)”の努力賞を受賞。

 続いて「地獄の沙汰も龍次第」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年1月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞し、その受賞作「地獄の沙汰も龍次第」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.3”に掲載してデビュー(「地獄の沙汰も龍次第」 依田瑞稀 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3参照)。


 ここまで単独で作品を発表して来たこの2人が、原作・漫画担当に分かれコンビを組んで“第11回 ジャンプ金未来杯”エントリー作品として「Legacy」を“本誌2016年40号”に掲載し(「Legacy」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、さらに「neO -ネオ-」を“ジャンプGIGA 2018 SUMMER(vol.1~3)”で連載(「neO -ネオ-」 平尾友秀 依田瑞樹 > ジャンプGIGA 2018 SUMMER 新連載!参照)。

 そしてGIGA連載作品を基にした本作にて2人共に本誌での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2018年12月の新連載」関連記事】

  > 「チェンソーマン」 藤本タツキ (18.11.26)

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 (18.11.26)

  > 「獄丁ヒグマ」 帆上夏希 (18.11.26)


 【「平尾友秀」関連記事】

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.11.26)

  > 「neO -ネオ-」 平尾友秀 依田瑞樹
      > ジャンプGIGA 2018 SUMMER 新連載! (18.5.13)

  > 「Legacy」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.8.29)

  > 「TOTEM」 平尾友秀 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.11.2)

  > 「ZOMBIE SMILE」(ジャンプNEXT! 2012 WINTER) (11.12.26)

  > 「あくゆう!」(ジャンプNEXT! 2011 SPRING) (11.4.30)


 【「依田瑞稀」関連記事】

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.11.26)

  > 「neO -ネオ-」 平尾友秀 依田瑞樹
      > ジャンプGIGA 2018 SUMMER 新連載! (18.5.13)

  > 「Legacy」 平尾友秀 依田瑞稀 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.8.29)

  > 「地獄の沙汰も龍次第」 依田瑞稀 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「チェンソーマン」 藤本タツキ > 週刊少年ジャンプ新連載!

 


週刊少年ジャンプ(1) 2019年 1/1 号 [雑誌]

集英社 2018-12-03

Amazonで詳しく見る


 2018年12月の週刊少年ジャンプ新連載“第1弾”が、2019年01号(2018年12月3日〈月〉発売)からスタートの「チェンソーマン」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2019年01号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト

 作者の藤本タツキ(ふじもと・タツキ)は、東北芸術工科大学美術科洋画コース出身で、「佐々木くんが銃弾をとめた」で“第5回 クラウン新人漫画賞”の審査員特別賞(クラウン新人漫画賞 第5回 結果発表参照)、「恋は盲目」で“第9回 クラウン新人漫画賞”の佳作を受賞し(クラウン新人漫画賞 第9回 結果発表参照)、佳作受賞作を“ジャンプSQ.19 Vol.13(2014年)”に掲載してデビュー。

 続いて、“ジャンプSQ.”や“ジャンプSQ.19”に読切を掲載し、さらに2016年4月から“少年ジャンプ+”で「ファイアパンチ」の連載を始めると、WEB配信作品ながら熱狂的な人気と高い評価を得て、好評のうちの2018年1月1日に連載終了。

 連載終了後は、「妹の姉」を“ジャンプSQ.(2018年6月号)”に掲載し、本作にてジャンプ本誌初登場&誌面での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2018年12月の新連載」関連記事】

  > 「チェンソーマン」 藤本タツキ (18.11.26)

  > 「ne0;lation」 平尾友秀 依田瑞稀 (18.11.26)

  > 「獄丁ヒグマ」 帆上夏希 (18.11.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2019年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月25日 (日)

「ミステリが読みたい!2019年版」

 


ミステリマガジン 2019年 01月号 [雑誌]

早川書房

発売日 : 2018-11-24

Amazonで詳しく見る


 これから12月に掛けてミステリランキングが続々と発表されていきますが、まずは他に先駆けて「早ミス」("早"川書房が版元/一番"早"くランキングを発表)こと「ミステリが読みたい!」が発表となりました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この「早ミス」は、2007年(2008年版)に創刊ということで、他誌(「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」)に比べるとかなりの新参者なのですが、それ故に他誌(特に「このミス」)との差異を生み出そうとしています。

 その一番の特徴というのが、ランキング(投票)の対象となる作品の発売期間(締め切り)が他誌より1ヶ月早いことで(他誌は前年11月~本年10月、「早ミス」は前年10月~本年9月)、それにより発売時期の関係で他誌で正当な評価を受けなかった作品(主に前年10月発売作品)を拾い上げられる、という利点があります。

 それに、こう言っては失礼かもしれませんが、発表時期が「このミス」より2週間早いということで、「このミス」の前哨戦的な楽しみ方もできるのですよね。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして投票方式も過去に大きな変更が何度かあったのですが、今年も前6年と変わらず、投票者は一人10作品まで投票でき、順位ごとに点数を付けて(1位が20点、2位が19点.....)、その合計点数により総合ランキングを決定、という方式に。

 なので、以前の方式(文庫も対象だったり部門別投票だったり)と比べると「このミス」を始めとした他誌の集計方法に近くなっているものの、「このミス」では一人6作品までしか投票できないため、それより4作品多く投票出来ることでランキングにも変化が現れるでしょう。

 それに、「このミス」の投票者は70人以上なのに対し「早ミス」では35人(昨年と同人数、2年前より6人増)と半分以下なので、人数が少ない分、投票者の好みの傾向がダイレクトに出やすい(少数の人が高く評価している作品や地味ながらも多くの人から評価されている作品がランクインしやすい)のではないでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あと2年前には、(3年前にに突然なくなった)“新人賞”(ミステリのデビュー作の中でランキング最上位作品&作家を表彰)が復活したり、“総括”の他に“周辺ジャンル総括(文芸/SF/ミステリ・サイドウェイ/復刊・新訳/ライトノベル/コミック)”が新たに追加されるなどの変化がありましたが、今年は(その“周辺ジャンル総括”にミステリDISCが追加された)昨年と全く変わらぬ構成となっていました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで、今年の「早ミス」のランキングを見ていきたいのですが、ランクインしたうちのどのくらいの作品を事前に読んでいたのか、といったところもチェックしてみたいと思います。

 ただ、ランクインした作品以上に売れてしまうという超ベストセラーな「このミス」と比べると、「早ミス(ミステリマガジン)」の方は知名度も売れ行きもかなりの差があると思うので、発売直後にランキングを丸ごと書いてしまうのはやはり躊躇してしまいます

 そのため、作品名等記入したランキングには1ヶ月後くらいに書き替えることにし、とりあえずは事前に読んでいた作品のみ“「このミス」完全読破”の通しNoと当ブログ記事へのリンクを付けるだけにしたいと思います。

 なので、書き替えるまでの間は面倒ではありますが、「このミス」完全読破 読了順リストにて通しNoを照らし合わせたり、感想記事へのリンク先にてご確認ください(後日追記:書き換えました)。


 ○:事前に読んでいた作品
 ●:読みたかったけど(時間的に)読めなかった作品
 ×:特に読むつもりはなかった作品


  01位 : ○  それまでの明日 / 原尞(りょう)  <感想記事はこちら>
  02位 : ○  屍人荘の殺人 / 今村昌弘  <感想記事はこちら>
  03位 : ●  碆霊の如き祀るもの / 三津田信三
  04位 : ○  ミステリークロック / 貴志祐介  <感想記事はこちら>
  05位 : ○  錆びた滑車 / 若竹七海  <感想記事はこちら>

  06位 : ○  雪の階 / 奥泉光
  07位 : ○  火のないところに煙は / 芦沢央  <感想記事はこちら>
  08位 : ○  凍てつく太陽 / 葉真中顕
  09位 : ○  インド倶楽部の謎 / 有栖川有栖
  10位 : ●  ベルリンは晴れているか / 深緑野分

  11位 : ●  探偵AIのリアル・ディープラーニング / 早坂吝
  12位 : ×  名もなき王国 / 倉数茂
  13位 : ●  友達以上探偵未満 / 麻耶雄嵩
  14位 : ○  宝島 / 真藤順丈  <感想記事はこちら>
  15位 : ○  生き残り / 古処誠二

  16位 : ○  少女を殺す100の方法 / 白井智之  <感想記事はこちら>
  17位 : ●  破滅の王 / 上田早夕里
  17位 : ○  翼竜館の宝石商人 / 高野史緒
  19位 : ○  スケルトン・キー / 道尾秀介
  20位 : ●  帝都探偵大戦 / 芦辺拓

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「このミス」の方は事前に予想をしているのですが(「このミステリーがすごい!2019年版」ランキング(順位)予想)、まあ「このミス」と「早ミス」とでは似て非なるランキングになるとはいえ、「このミス」でベスト10に予想したうちの2作が「早ミス」では20位以内に入っていなかったので(もう1作は「早ミス」では期間対象外)、「このミス」予想の結果に不安を覚えてしまいます....。

 それと、例年に比べて今年は対象作品を満足に読むことが出来ず、読了済み作品のみを対象としていた「このミス」予想でも今年だけは例外的に未読作品も対象にしたほどだったものの、「早ミス」ベスト10のうち未読は2作のみ(その2作も例年なら必ず読んでいただろう作品)だったので、昨年は「早ミス」ベスト10のうち4作も読み逃していたことを考えれば読む本の選択はなかなか良かったのでは。

 ちなみに、「早ミス」のみが対象となる昨年10月刊行作品(本年度の「このミス」「本ミス」「文春」では対象外)ですが、今年は2作ランクインとなっていました(2位と4位)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 11/26 追記 (もしかして集計ミス?) 】

 「ミステリー・推理小説総合ランキング(2018年)」のために、この「早ミス」における各回答者の投票を自分で集計して21~30位の順位を出そうとしたところ、何度見直しても1位の「それまでの明日」(「早ミス」誌面のランキングに書かれている点数より+18点)、3位の「碆霊の如き祀るもの」(同+19点)、9位の「インド倶楽部の謎」(同+16点)、14位の「宝島」(同+20点)の4作の点数が一致しませんでした。

 そこでこの4作全てに投票した回答者を探してみたところ、神命明氏(書評家)がそれに該当していまして、しかも「宝島」を1位(20点)、「碆霊の如き祀るもの」を2位(19点)、「それまでの明日」を3位(18点)、「インド倶楽部の謎」を5位(16点)にしていて(他の投票作品はランク外)、「早ミス」ランキングに書かれた点数に神命明氏の点数を加えれば自分が集計した点数と一致するのです。

 ただここで気になるのが、神命明氏だけ投票作品が10作に満たない点で(7作品のみに投票)、それを理由に神命明氏の投票は対象外(ランキングの得点には加えられず)となったのかとも思ったものの、誌面ランキングに書かれた(4作品の)投票者数は全て神命明氏の投票を加えた数と同じとなっているので、神命明氏の投票分を得点に加え忘れた集計ミスの可能性が高そうです(「アンケート全文掲載」の方の記載ミスの可能性もあるので集計ミスと断定はできませんが)。

 ちなみに仮に集計ミスだとするならば、実際の順位は、「それまでの明日」「碆霊の如き祀るもの」は1・3位で変わりないですが、「インド倶楽部の謎」は9位から8位にアップ、「宝島」は14位から10位に大幅アップでベスト10入りとなりますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2019年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2019年版」ランキング(順位)予想 (18.2.1)

  > 「このミス2019年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (18.10.3)

  > 「ミステリが読みたい!2019年版」 (18.11.25)
  > 「2019 本格ミステリ・ベスト10」 (18.12.5)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2018年)」 (18.12.6)
  > 「このミステリーがすごい!2019年版」 (18.12.7)

  > 「このミス2019年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (18.12.8)
  > 「このミス2019年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (18.12.14)
  > 「このミス2019年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (18.12.18)

  > 「この“ランク外作品”がすごい!2019年版」 (18.12.25)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2018年) (18.11.28)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

◎ジャパンC&京阪杯(2018年)穴馬予想&結果


< 11月25日(日)に行われるジャパンカップ(GI)京阪杯(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ジャパンカップ】

 東京の芝2400mで行われる重賞(GI)です。

 秋天の掲示板5頭中3着馬のみの参戦、今年の宝塚記念馬も春天馬も不在ということで、オールスター感はないものの、その分今年の牝馬三冠を果たしたアーモンドアイが歴戦の古馬相手にどれだけの走りを見せるのかが注目だし楽しみですね。

 それでここは、ミッキースワローを◎にしてみましょう。

 3歳だった昨年のクラシックは菊花賞のみに参戦し6着という結果でしたが、今年に入って歳上と対戦するようになってからはGIIのAJCCで2着、GIの大阪杯で0.5秒差5着と結果を出しています。

 休み明けだった前走・札幌記念は13着の大敗となったとはいえ、この時は最速でも36秒台というレースで、掲示板入りを逃した菊花賞でも上がり最速が39秒台だったことから、上がりのかかる馬場が苦手、つまり早い上がりの出る馬場なら(大阪杯の走りを見る限り)GIの舞台でも通用するだけの力があるのでは。

 按上的に後方ポツンとなる危険性はありますが、初の東京コースはこの馬に合うのではないかとも思うので、この馬に期待してみることに。


  ◎ ミッキースワロー / 横山典弘 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京阪杯】

 京都の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 メインではなく最終レースに行われるスプリント重賞ですが、ここはアサクサゲンキを◎にしてみましょう。

 2歳時の昨年には重賞で1勝3着1回、今年に入ってからも3歳重賞のファルコンSで2着と結果を出している3歳馬で、古馬相手でもCBC賞で0.4秒差4着に北九州記念で0.6秒差6着と健闘しています。

 ただ前走のセントウル記念は12着に敗れたとはいえ、この時は初経験の重馬場が影響したのかもしれませんし、今回は按上が全国各地の地方競馬場を飛び回る吉原寛人ということもあり一発かましてくれそうな感じがするので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ アサクサゲンキ / 吉原寛人 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/20  15.0% .-28,500円  52.5%

☆18年通算   >  29/192 15.1% -259,220円  55.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ラジオN杯京都2歳S(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ローレル賞(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月24日 (土)

☆ 鳥栖戦・データボックス>2018年J1リーグ第33節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/24(土) J1リーグ 第33節・サガン鳥栖戦 (ベアスタ)


  ●1-2 (前半1-0、後半0-2)

  主審: 村上 伸次  入場者数:19,187人

  .<得点> 1-0 伊藤翔         (横浜・前半29分/公式Youtube動画
         1-1 金崎夢生        (鳥栖・後半26分/公式Youtube動画
         1-2 フェルナンド トーレス (鳥栖・後半33分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算121試合出場となり、富澤清太郎(12-15)を抜いてマリノス歴代単独42位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 19,187人

  > 鳥栖戦・ランキング ベスト・5位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 12位 (前節 11位)
         < 12勝 5分 16敗  勝点 41 得点 55 失点 54 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【J1残留が確定する条件】


 この試合を終え、リーグ戦も残り1試合となった時点で、J2への自動降格(17・18位)の可能性は前節の時点ですでになくなっているものの、J1参入プレーオフ出場(16位)の可能性はまだ残されています


  > 12位 マリノス 勝ち点41 得失点  +1 総得点 55
  > 13位 磐田   勝ち点41 得失点 -12 総得点 34

  > 14位 湘南   勝ち点40 得失点  -5 総得点 36
  > 15位 鳥栖   勝ち点40 得失点  -5 総得点 29
  > 16位 名古   勝ち点40 得失点  -7 総得点 50

  > 最終節は14位の湘南と16位の名古屋が直接対決となるので
    湘南と名古屋の両方が最終節で勝ち点3を得る可能性はありません
    (つまり湘南と名古屋のどちらか一方は必ず勝ち点41以下となります)


 [ 次節(最終節・C大阪戦)でJ1残留が確定する条件 ]

   ○:勝利  △:引き分け  ●:敗戦


  ○ ・・・ 他の試合に関わらずJ1残留確定

  △ ・・・ 他の試合に関わらずJ1残留確定

  ●(7点差以内)
    ・・・ 他の試合に関わらずJ1残留確定

  ●(8点差以上) ・・・ 他の試合の結果次第


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << ●(7点差以内)でもJ1残留が確定することの説明 >>


  最終節●でも以下の6つのうちのどれか1つでも該当するならJ1残留確定

   1.「名古屋-湘南戦」が△以外(「名○-湘●」or「名●-湘南○」)

   2.マリノス●(7点差以内) & 「名古屋-湘南戦」が△

   3.マリノス●(0-8)
        & 「名古屋-湘南戦」が△(4-4以下の得点数)

     * 同じ●(8点差)でも
      ●1-9なら△5-5以下、●2-10なら△6-6以下...と条件が変わります

   4.鳥栖●

   5.マリノス●(6点差以内) & 鳥栖△

   6.磐田●で得失点差を逆転されず
     (第33節終了時の得失点差はマ+1、磐-12なので
      総得点数でマリノスが磐田を大きく上回っていることを考えれば
      マリノスが15失点以上しない限りは逆転されず)


  * 上記の1.2(「名古屋-湘南戦」との関連)により
   マリノスが7点差以内での負けならば
   「名古屋-湘南戦」がどのような結果になっても
   必ず湘南と名古屋のどちらかよりも上の順位となるので
   J1残留が確定

   マリノスが8点差で負けたとしても
   「名古屋-湘南戦」が△5-5や△6-6など
   とんでもない得点数での引き分けにならない限りはJ1残留が確定

   仮に●0-9や●1-10で敗れ「名古屋-湘南戦」が△という
   まさかの事態になったとしても
   鳥栖と磐田のどちらかが●となればJ1残留が確定しますし
   鳥栖と磐田がどちらも○or△でマリノスが16位になったとしても
   J1参入プレーオフでJ2のクラブ相手に○△ならJ1残留となります

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) 横浜F・マリノス Official YouTube Channel

    


 (Jリーグ公式) 「鳥栖が逆転で価値ある勝点3。
               決勝点はフェルナンド・トーレス

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「F・トーレスが逆転弾!! 大型補強の鳥栖、
          1試合残して自動降格を回避

 (ドメサカブログ) 「金崎1G1Aの活躍とFトーレス値千金弾で
             鳥栖が残留へ前進! 横浜FMは残留争い抜け出せず


 (スポニチ) 「横浜 先制も逆転負け 伊藤「勝ちにつながらなくて残念」

 (日刊スポーツ) 「横浜伊藤2戦連発も空砲「ふがいない」残留決めれず

 (スポーツ報知) 「伊藤「ミッション失敗」残留確定できず

 (サンスポ) 「横浜M・ポステコグルー監督、逆転負けに落胆
              「試合を支配していたにもかかわらず…」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鳥栖戦・プレビュー>2018年J1リーグ第33節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎ラジオN杯京都2歳S(2018年)穴馬予想&結果


< 11月24日(土)に行われるラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス】

 京都の芝2000mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 今年は例年であればかなり苦手な2歳重賞の的中率がなぜか高くなっていて、先週の東スポ杯2歳Sは外したとはいえ“最後の二択で当たりを引けず”という惜しい予想だったので、今週は先週の分も当てたいところですね。

 そしてこのレースは(これを書いている時点で)9頭中上位人気4頭の複勝最低オッズが1倍台となっているため、穴として狙えるのは下位人気5頭の中からとなりますが、ここはペルソナデザインを◎にしてみましょう。

 この馬は新馬戦で1.4秒差8着と大敗したものの、多くの馬の上がりタイムがほぼ同じで前残りの展開の中で後方の位置取りだったので仕方がないところもありましたし、続く未勝利戦では最速上がりできっちりと勝利しているので、いきなりの重賞とはいえチャンスはあるのでは。


  ◎ ペルソナデザイン / 池添謙一 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     クラージュゲリエ  モレイラ    1
 2着 6     ブレイキングドーン 福永祐一   4
 3着 2     ワールドプレミア   武豊     2
 4着 8     ミッキーブラック   C.デムーロ 3
 5着 9     ショウリュウイクゾ  浜中俊    5

 6着 4  ◎ ペルソナデザイン  池添謙一  6


 複勝1倍台前半の馬だけで決まってしまっては、穴狙いとしてはどうしようもないですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/18  17.6% .-22,500円  58.3%

☆18年通算   >  29/190 15.3% -253,220円  55.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎浦和記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ジャパンC&京阪杯(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月23日 (金)

◎浦和記念(2018年)穴馬予想&結果


< 11月23日(金・祝)に行われる浦和記念(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【浦和記念】

 浦和のダート2000mで行われる交流重賞(JonII)です。

 中距離路線の交流重賞としては珍しく地方馬の成績が良いレースで、現在4年連続で地方馬が馬券に絡み、2014年には地方馬で1・2・3着を占めたほどなので、今回も一筋縄ではいかなそうですかね。

 それで今回もいつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、これを書いている時点ではグリムが1倍台、アポロケンタッキーが5倍台、3番人気以降が10倍以上という極端な一強状態となっています。

 そのため、グリム以外の馬から選ぶことになりまして、ここは素直にアポロケンタッキークリソライト、そして今回は地方馬以上に人気がないけれどGI馬で今年のGI・かしわ記念でも2着に入り昨年のこのレースでも3着のオールブラッシュの中央馬3頭狙いでいきましょう。

 ただそれでもまだオッズに余裕がありそうなので、前走は中央からの移籍初戦&初ダートながら南関重賞を逃げ勝ったことから、単勝狙いでの一発という期待度に限ればヤマノファイトより上なのではないかということで、トーセンデュークの方を加えることに。


[ 追記 ]
 その後にアポロケンタッキーとクリソライトのオッズが下がり、4頭も選べなくなったため、アポロケンタッキーとクリソライトの2頭狙いに変更しました。


  ◎ アポロケンタッキー / モレイラ (2)
  △ トーセンデューク / 森泰斗 (3)
  △ オールブラッシュ / 田辺裕信 (6)
  △ クリソライト / 武豊 (11)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     オールブラッシュ   田辺裕信 4
 2着 9     グリム         内田博幸 1
 3着 11 △ クリソライト      武豊    3
 4着 2  ◎ アポロケンタッキー モレイラ  2
 5着 4     ヤマノファイト     本橋孝太 5


 せめてオールブラッシュを残せておけるくらいのオッズの下がり幅なら良かったのですが.....。


  (×単勝:6 16.4倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/17  17.6% .-19,800円  61.8%

☆18年通算   >  29/189 15.3% -250,220円  55.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイルCS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ラジオN杯京都2歳S(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月22日 (木)

☆ 鳥栖戦・プレビュー>2018年J1リーグ第33節(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/24(土) 14:00~ J1リーグ 第33節

     vs サガン鳥栖 (ベストアメニティスタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 11位 12勝 .5分 15敗 勝点 41  54得 52失 得失 +2 」
  鳥栖  :「 15位  .9勝 10分 13敗 勝点 37  27得 33失 得失 -6 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鳥栖戦は、公式戦通算で「12勝 1分 5敗」、リーグ戦通算で「7勝 1分 5敗」といずれも勝ち越していますが、リーグ戦ホームでは「5勝 0分 2敗」と(今年の対戦では●1-2で敗れたとはいえ)大きく勝ち越しているのに対し、アウェーでは「2勝 1分 3敗」と(ほぼ五分ながら)負け越しています。

 なお、ウーゴ ヴィエイラが鳥栖との公式戦で3試合連続ゴール中(計4ゴール)と相性良いですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 畠中槙之輔が出場すると、Jリーグ戦通算100試合出場(J2・J3も含む)にリーチとなります。


 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算215試合出場となり、清水範久(02-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算121試合出場となり、富澤清太郎(12-15)を抜いてマリノス歴代単独42位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、中澤佑二と並びマリノス歴代13位タイとなります(中澤佑二もゴールした場合は単独14位)。


 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(93-98)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(02-06)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代17位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【今節でJ1残留が確定する条件】


 リーグ戦残り2節の時点で、J2への自動降格(17・18位)の可能性はなくなったものの、J1参入プレーオフ出場(16位)の可能性はまだ残されています。


 [ 今節(第33節)でJ1残留が確定する条件 ]

   ○:勝利  △:引き分け  ●:敗戦


  ○ ・・・ 他の試合に関わらずJ1残留確定

  △ ・・・ 他の試合に関わらずJ1残留確定

  ● (&湘南と名古屋のどちらかまたは両方が△or●)
    ・・・ J1残留確定

  ● (&湘南と名古屋の両方が○)
    ・・・ 最終節(第34節)まで持ち越し


  * 今節で残留が決まらなかったとしても
   最終節○or△で残留確定

   最終節も●(2連敗)だったとしても、
   以下の3つのうちのどれか1つでも該当するなら残留確定

   1. 最終節の「名古屋-湘南戦」が△以外(名古屋○か湘南○)

   2. 最終節で鳥栖が△or●
     (△の時はマリノスと鳥栖が同勝ち点になるので
      得失点差を逆転されなかった場合に限る
      現時点での得失点差はマリノス+2、鳥栖-6)

   3. 神戸と磐田のどちらかまたは両方が2連敗
     (マリノスと同勝ち点となるも得失点差でマリノスがかなり有利
      現時点での得失点差はマリノス+2、神戸-8、磐田-10)   

   上の3つ全てに該当せず
   湘南・名古屋と同勝ち点で14~16位に並んだとしても
   湘南・名古屋に対し得失点差でかなり有利な状況にあるので
   (現時点での得失点差はマリノス+2、湘南-6、名古屋-8)
   マリノスが2試合連続で大敗するか
   名古屋と湘南が両方共に今節(33節)で大勝しない限りは残留確定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし 
           鳥栖  .: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 天野純、大津祐樹
                      仲川輝人、ドゥシャン

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地山中亮輔

 【日本代表】  マリノス: 山中亮輔
           鳥栖  .: 権田修一

 【U-21代表】  マリノス: 久保建英
           鳥栖  : 田川亨介

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           鳥栖  : 田川亨介

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           鳥栖  : 藤田優人、小林祐三、谷口博之、小野裕二
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  鳥栖オフィシャル

 【チケット情報】  鳥栖オフィシャル

 【試合プレビュー】  「金明輝体制で好調の鳥栖。
               ホーム最終戦で横浜FMを迎撃(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 山中、残留争い大一番欠場 代表デビュー戦で左太腿負傷」 (11/24)

   > 「[横浜FM]「花のハタチ」卒業で迎えるラスト2。
      遠藤渓太「ゴールもアシストも含めて全部で5点ぐらいに絡みたい」」 (11/22)
   > 「【J試合情報】サガン鳥栖vs横浜F・マリノス 11月24日」 (11/22)

   > 「元AKB・高城亜樹&J1鳥栖・高橋祐治が熱愛…
      交際期間1年以上、何度もスタジアムで応援」 (11/21)

   > 「[横浜FM]中澤佑二が紅白戦に復帰!「自分はいつでも行けるつもり」」 (11/16)


 【TV中継】 (生) 11/24(土) 13:50~  NHK佐賀

        (録) .なし

        (配信)11/24(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 鳥栖戦・データボックス>2018年J1リーグ第33節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年11月21日 (水)

(再掲載)“「このミス」完全読破”の更新情報についての紹介


Gapaku3298_tp_v


* この記事は以前更新したものと同じ内容です


 当ブログ(朴念仁と居候)のカテゴリーの一つである“「このミス」完全読破”のみの更新情報を、まとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”にて表示しています

 まあ最新記事は、ブログのサイドメニューにある“最近の記事”を見てもらえばよいのですが、例えばこのミステリーがすごい!ランキング(順位)予想“月別ランクイン候補作品”に対象作品を追加したり、“「このミス」ベスト10作品をみんなで予想しよう!”に新たな投票者の予想を追記したような場合、サイドメニューではそれらをお知らせすることは出来ません

 そういった追記・追加情報も、この“更新情報”欄を見てもらえればわかることから、いくらか便利なのではないかと思うので、もしよかったら“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”“更新情報”欄で“「このミス」完全読破”の更新情報をチェックしてみてください


 そしてこのまとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”では、読んだ順番に並べた記事リストの他、年版別(ランキング別)・作家別のリストも作っていて、ランキング予想(候補作品)・各企画などもまとめていますし、「このミス」に関する資料的なランキング&リストを載せた“このミス資料集”というページもあります

 なので、まだ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”を見たことがないという方や、普段カテゴリー記事一覧などから目的の記事を探している方などは、この機会に一度見てみてください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年11月20日 (火)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年11月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年10月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年11月/その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


YEAH!!!! / グッドモーニングアメリカ

   アルバム『!!!!YEAH!!!!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


COLOR / 木村カエラ

   ミニアルバム『¿WHO?』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ハイネ / PELICAN FANCLUB

   ミニアルバム『Boys just want to be culture』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あのころ見た光 / 緑黄色社会

   ミニアルバム『溢れた水の行方』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


恋の奴隷 / 挫・人間

   アルバム『OSジャンクション』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


狭い物語 / Maison book girl

   アルバム『yume』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


WATER / マテリアルクラブ

   アルバム『マテリアルクラブ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ファンタジック / 井上苑子

   シングル『ファンタジック』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年10月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年11月/その2)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年11月19日 (月)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年10月/その2)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年10月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年11月/その1)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


飲みニケーション / ケツメイシ

   アルバム『ケツノポリス11』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


悲しみもいつかは / Halo at 四畳半

   アルバム『swanflight』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


美しい歌はいつも悲しい / TWEEDEES

   アルバム『DELICIOUS.』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


絶対×絶命 / ヒステリックパニック

   アルバム『Hypnotic Poison』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


王冠 / 辻詩音

   アルバム『わたしの王国』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Step-out Shepherd / BIGMAMA

   アルバム『-11℃』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


WHAT A BEAUTIFUL NIGHT / 堀込泰行

   アルバム『What A Wonderful World』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


呼吸 / そのうちやる音

   配信シングル『呼吸』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年10月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年11月/その1)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年11月18日 (日)

◎マイルCS(2018年)穴馬予想&結果


< 11月18日(日)に行われるマイルチャンピオンシップ(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マイルチャンピオンシップ】

 京都の芝1600mで行われる重賞(GI)です。

 春のマイルGI・安田記念の方は何度か大当たりを出しているのに対し、秋のマイルGIであるこのレースは当たった記憶がないくらいに相性は良くないのですが、同じようなパターンだった先週のエリザベス女王杯を当てることが出来たので、2週連続で苦手GIでの的中といきたいところですね。

 それでこのレースは、近走の重賞で好走している馬がズラリと揃っていながら、これを書いている時点で3番人気以降の馬の複勝最低オッズが2倍以上という混戦状態なので、いつもなら人気勢のため穴としては狙えないような馬でも狙うことが可能になっています。

 なのでここは、エアスピネルを◎にしてみましょう。

 2年前にはダービーと菊花賞で◎にして菊花賞を当てさせてもらったという思い入れのある馬であるものの、それ以降は常に1・2番人気だったため◎に出来なかったのですが、今回は複勝3倍以上の7番人気(これを書いている時点)なので久々に狙えることに。

 前走の富士Sは4着に敗れたとはいえ、5ヶ月→半年と休み明けのレースが続くレース過程でしたし、一叩きされた今回はハナ差2着だった昨年の再現も充分にあるとみて、この馬に期待することにしました。


  ◎ エアスピネル / 福永祐一 (14)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/16  18.8% .-16,800円  65.6%

☆18年通算   >  29/188 15.5% -247,220円  56.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東スポ杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎浦和記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月17日 (土)

◎東スポ杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果


< 11月17日(土)に行われる東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スポーツ杯2歳ステークス】

 東京の芝1800mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 今年は例年であればかなり苦手な2歳重賞の的中率がなぜか高くなっているので、ここも当ててなんとかこの勢いを持続させたいところですね。

 そしてこのレースを穴狙い的な目線で見てみると、人気上位勢はいずれも北海道で走ってこなかった馬で、札幌2歳Sの1・2着馬でさえ(これを書いている時点で)9番人気以降の人気薄となっているのが気になります。

 まあ3ヶ月の休み明けとなりますし、速い上がりが必要な東京コースにおいて北海道の洋芝実績は頼りにならないのも分かるものの、“3戦2勝全連対”に“芝では2戦1勝全連対”とどちらの馬もまだつまずきを見せていないので、人気がないのであれば狙ってみるのも面白そうです。

 ただどちらの馬を選ぶのかがかなり悩み所なのですが、ここは中央でOPを勝ち重賞でクビ差2着と申し分ない実績の道営馬・ナイママの方を◎に選んでみましょう。


  ◎ ナイママ / 柴田大知 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     ニシノデイジー  勝浦正樹  8
 2着 4     アガラス      ビュイック  7
 3着 5     ヴァンドギャルド C.デムーロ 4
 4着 7     ヴェロックス    ルメール   2
 5着 9     ダノンラスラー  モレイラ   6

13着 11 ◎ ナイママ      柴田大知  10


 最後の二択で選ばなかった方が勝ち、選んだ方が大敗ということで、こういう外し方はダメージがかなり深くなってしまいますね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/15  20.0% .-13,800円  70.0%

☆18年通算   >  29/187 15.5% -244,220円  56.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ハイセイコー記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイルCS(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月16日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年8月/その2)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年8月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年9月/その1)


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Let Me Know / Perfume

   アルバム『Future Pop』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Magical Feelin' / 夜の本気ダンス

   シングル『Magical Feelin’』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


UPLOAD / SILVA DOUBLE SUGARSOUL

   EP『UPLOAD』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


歓びの陽 / SHE'S

   シングル『歓びの陽』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Only One / iri

   シングル『Only One』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Wake up My friend / Xmas Eileen

   配信シングル『Wake up My friend』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Rain / SIRUP

   EP『SIRUP EP2』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Sparkle / ONEPIXCEL

   シングル『Sparkle』収録



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年8月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年9月/その1)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年11月15日 (木)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年10月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年9月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年10月/その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Milestone / 04 Limited Sazabys

   アルバム『SOIL』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MARS DRIVE / m-flo

   配信シングル『MARS DRIVE』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


体の芯からまだ燃えているんだ(Duet ver.) / シン&ふうか

   アルバム『音量を上げて聴けタコ! ~音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! オリジナルコンピレーションアルバム~』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


レモンパイ / マカロニえんぴつ

   シングル『レモンパイ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


GOLD / Age Factory

   アルバム『GOLD』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Sway / Castaway

   ミニアルバム『Paint It』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Faith / All Found Bright Lights

   ミニアルバム『Continue』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大志を抱け!カルビアンビシャス! / わーすた

   ミニアルバム『GIRLS, BE AMBITIOUS!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年9月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年10月/その2)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年11月14日 (水)

◎ハイセイコー記念(2018年)穴馬予想&結果


< 11月14日(水)に行われるハイセイコー記念(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ハイセイコー記念】

 大井のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SII)です。

 南関の2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしているのですが、今回はどちらもいないので、久しぶりに南関2歳重賞で南関馬から◎馬を選ぶことになりました。

 それでここは、トーセンスプモーニを◎にしてみましょう。

 デビューから3戦1勝で全て馬券圏内と安定感を見せている馬で、前走の準重賞・ゴールドジュニアーでは10番人気ながら3着と好走しています。

 そしてその時先着された1・2着馬との再戦となる今回は、その1・2着馬が人気に、しかも2着だったラプラスがこれを書いている時点で1番人気となっているのに対し、この馬は今回も人気薄のままなのですが、ただ前走でラプラスと0.2秒差だったことを考えれば重賞のここでも一発あるのではと思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ トーセンスプモーニ / 左海誠二 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/14  21.4% .-10,800円  75.0%

☆18年通算   >  29/186 15.6% -241,220円  56.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島記念&エリザベス女王杯(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東スポ杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月13日 (火)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年9月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年8月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年10月/その1)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


GOEMON feat. ビッグ門左衛門 (三浦大知) / レキシ

   アルバム『ムキシ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


This Challenger / 東京スカパラダイスオーケストラ

   シングル『メモリー・バンド/This Challenger』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プレシャスサマー! / でんぱ組.inc

   シングル『プレシャスサマー!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


7秒 / モーモールルギャバン

   ミニアルバム『IMPERIAL BLUE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


電光石火ジェラシー / MOSHIMO

   デジタルシングル『電光石火ジェラシー』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Ahhh!!! / Yap!!!

   アルバム『Monochrome』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


WALKING / LONGMAN

   アルバム『WALKING』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


きえないで / アイナ・ジ・エンド (BiSH)

   シングル『夜王子と月の姫/きえないで』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年8月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年10月/その1)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年11月12日 (月)

「忘レ者探偵」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(51) 2018年 12/3 号 [雑誌]

集英社 2018-11-19


 週刊少年ジャンプの2018年51号(11月19日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「忘レ者探偵(わすれもの・たんてい)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の屋宜知宏(やぎ・ともひろ)は、東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程出身で、“本誌2014年01号”から始まった「アイアンナイト」で連載デビュー(16話で終了/「アイアンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 続いて、“本誌2016年39号”から始まった「レッドスプライト」で2度目の連載を果たし(13話で終了/「レッドスプライト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、本作にて連載終了以来2年ぶりの作品発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「屋宜知宏」関連記事】

  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.7.25)
  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.15)

  > 「アイアンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.11.25)
  > 「アイアンナイト」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ゴブリンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.7.28)

  > 「IRON CURTAIN」(ジャンプNEXT! 2012WINTER) (11.12.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月11日 (日)

◎福島記念&エリザベス女王杯(2018年)穴馬予想&結果


< 11月11日(日)に行われる福島記念(GIII)エリザベス女王杯(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島記念】

 福島の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ローカル重賞のハンデ戦ということでかなり予想が難しいですが、ここはトーセンビクトリーを◎にしてみましょう。

 昨年夏のクイーンS以来9戦連続で馬券に絡めていませんが、今年に入ってからの芝重賞では5戦して掲示板に4回載るなど安定感があり、唯一今年の芝重賞で大敗だったレースは逃げての玉砕、そして同じく大敗の前走は初ダートだったので、この2レースの大敗はあまり気にしなくてもよさそうです。

 となればここでも堅実に上位争いに加わっていけるのではと思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ トーセンビクトリー / 三浦皇成 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エリザベス女王杯】

 京都の芝2200mで行われる牝馬重賞(GI)です。

 何度か大当たりしているヴィクトリアマイルとは対照的に、当たった記憶がないくらいに苦手な牝馬GIなのですが、ここはクロコスミアを◎にしてみましょう。

 昨年のこのレースで9番人気ながらクビ差2着と波乱の起こして以降は馬券に絡めてさえいませんが、いずれも海外GIを含むレベルの高いGII以上のレースでしたし、前走の府中牝馬Sも前に厳しい展開ながら0.5秒差と粘っているので、今年もこれを書いている時点で9番人気ということもあり昨年の完全再現もありえるのでは。


  ◎ クロコスミア / 岩田康誠 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/13  23.1%  -7,800円  80.8%

☆18年通算   >  29/185 15.7% -238,220円  57.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ハイセイコー記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月10日 (土)

☆ 長崎戦・データボックス>2018年J1リーグ第32節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/10(土) J1リーグ 第32節・V・ファーレン長崎戦 (トラスタ)


  ○1-0 (前半0-0、後半1-0)

  主審: 今村 義朗  入場者数:13,226人

  .<得点> 1-0 伊藤翔  (横浜・後半29分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算274試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独11位となりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算120試合出場となり、富澤清太郎(12-15)と並びマリノス歴代42位タイとなりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算115試合出場となり、小宮山尊信(06-09)を抜いてマリノス歴代単独45位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 13,226人

  > 長崎戦・ランキング ベスト・2位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 11位 (前節 13位)
         < 12勝 5分 15敗  勝点 41 得点 54 失点 52 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【次節でJ1残留が確定する条件】


 この試合を終えて、16位以上が確定したため、J2への自動降格(17・18位)の可能性がなくなりました

 ただし、J1参入プレーオフ出場(16位)の可能性はまだ残されています。


 [ 次節(第33節・鳥栖戦)でJ1残留が確定する条件 ]

   ○:勝利  △:引き分け  ●:敗戦


  ○ ・・・ J1残留確定

  △ ・・・ J1残留確定

  ● (&湘南と名古屋の両方またはどちらかが△or●)
    ・・・ J1残留確定

  ● (&湘南と名古屋の両方が勝利)
    ・・・ 最終節(第34節)まで持ち越し

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「伊藤翔の決勝点で横浜FMが勝利。長崎は17位以下が確定

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「長崎の自動降格圏17位以下が確定…
           横浜FMは自動降格回避、伊藤翔が「反省」のV弾

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが伊藤翔の復帰後初ゴールで残留に大きく前進!
             長崎は今季の17位以下が確定


 (スポニチ) 「横浜 自動降格回避 山中「勝ちたい意欲で相手を上回った」

 (日刊スポーツ) 「横浜伊藤V弾!残留へ前進 ポステコグルー監督称賛

 (スポーツ報知) 「11位浮上で残留決定的、長崎は17位以下が確定…

 (サンスポ) 「横浜M、何度も好機演出
             ポステコグルー監督「勝ちに値する」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 長崎戦・プレビュー>2018年J1リーグ第32節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果


< 11月10日(土)に行われる京都ジャンプステークス(J・GIII)東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)デイリー杯2歳ステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都ジャンプステークス】

 京都の芝3170mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 これを書いている時点で9頭中半分以上の5頭の複勝最低オッズが1倍台、つまり狙えるのは下位人気4頭のみという、穴馬泣かせのオッズの並びとなっています....。

 しかも今回は重賞の常連自体がほとんどいないというレベルが高くないメンバー構成で、したがって下位人気はOPですら結果が出ていない馬ばかりとなるため、その中から重賞で馬券に絡む馬を探すというのはかなり厳しいのですよね。

 それでもそんな中で一番可能性があるのではないかということで、ここは9頭中8番人気のツジスーパーサクラを◎にしてみましょう。

 近走はOPでも馬券に絡むことが出来ていませんが、昨年にはOPで勝利していますし、ここ2戦は連続して勝ち馬と0.8秒差で掲示板に載るなど検討しています。

 それに先行馬なので、上手く展開と流れが向けばここでの一発もあるえるのでは。


  ◎ ツジスーパーサクラ / 金子光希 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス】

 東京のダート1600mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、マイネルオフィールを◎にしてみましょう。

 重賞は3年前のユニコーンS以来という馬ですが、ここ4戦のOPのうち3戦で0.5秒差、唯一大敗したレースは休み明けで馬体重マイナス18kgでしたし、いつもとは距離が短いレースになって一変の可能性に賭けてみたくなりました。


  ◎ マイネルオフィール / 松岡正海 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【デイリー杯2歳ステークス】

 京都の芝1600mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 例年だと中央の2歳重賞はかなり苦手でほとんど当たらなかったのですが、今年はなぜか好調で、現在なんと4レース連続で的中しているのです。

 ただ今回のレースは、京都ジャンプSと同様に(これを書いている時点で)9頭中半分以上の5頭の複勝最低オッズが1倍台、つまり狙えるのは下位人気4頭のみという穴馬泣かせのオッズの並びで、しかも下位組がここで上位争いをするのはやはり厳しそうに見えるのですよね。

 それでもその中で一番可能性のある馬を選ぶとして、ここは現時点で最下位人気のマイネルフラップを◎にしてみましょう。

 デビュー2戦目で初勝利をあげた直後の前走・中京2歳S(OP)は5着に敗れたものの、出遅れの影響で大きく離された最後方となりながら早々に先団に追いつき、直線ではわずかとはいえ一旦先頭となるもそこから交わされるというかなりスムーズさに欠けたレース展開でしたし、それでいて最後まで粘り強い走りは見せていました。

 これまでの3レース全て出遅れているので出遅れ癖は仕方ないにしても、その後にスムーズな走りさえ出来れば思わぬ激走もありそうな予感がしたので、思い切ってこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ マイネルフラップ / 和田竜二 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/11  18.2% .-18,600円  43.6%

☆18年通算   >  28/183 15.3% -249,320円  54.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎平和賞(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島記念&エリザベス女王杯(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月 9日 (金)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年12月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2018年版までの記録

 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2018年 12月 発売 】


  去就 隠蔽捜査6 / 今野敏  <<感想記事はこちら!>>

 << 2017年版 27位 >>

 ★ 「隠蔽捜査」「果断 隠蔽捜査2」「疑心 隠蔽捜査3
   「初陣 隠蔽捜査3.5」「転迷 隠蔽捜査4
   「宰領 隠蔽捜査5」「自覚 隠蔽捜査5.5」に続く
   “隠蔽捜査シリーズ”の8作目
   .(1作目が2006年版20位
    2作目が2008年版4位
    4作目が2012年版14位にランクイン)

 ★ 大森署管内で女性が姿を消した。
   その後、交際相手とみられる男が殺害される。
   容疑者はストーカーで猟銃所持の可能性が高く、
   対象女性を連れて逃走しているという。
   指揮を執る署長・竜崎伸也は的確な指示を出し、
   謎を解明してゆく。
   だが、ノンキャリアの弓削方面本部長が
   何かと横槍を入れてくる。
   やがて竜崎のある命令が警視庁内で問われる事態に。
   捜査と組織を描き切る、
   警察小説の最高峰。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの12月文庫化作品 >>

  七日じゃ映画は撮れません / 真藤順丈  <<感想記事はこちら!>>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 「このミス2019年版」で1~40位に入った文庫オリジナル作品 】


  錆びた滑車 / 若竹七海  <<感想記事はこちら!>>

 << 2019年版 3位 >>

   ・「ミステリが読みたい!」 5位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 6位
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 24位

 ★ 「プレゼント」「依頼人は死んだ」「悪いうさぎ
   「さよならの手口」「静かな炎天」に続く
   “葉村晶シリーズ”の6作目
   .(2作目も2001年版16位
    4作目も2016年版4位
    5作目も2017年版2位にランクイン)

 ★ 女探偵・葉村晶は
   尾行していた老女・石和梅子と
   青沼ミツエの喧嘩に巻き込まれる。
   ミツエの持つ古い木造アパートに
   移り住むことになった晶に、
   交通事故で重傷を負い、
   記憶を失ったミツエの孫ヒロトは、
   なぜ自分がその場所にいたのか
   調べてほしいと依頼する―。
   大人気、タフで不運な女探偵・葉村晶シリーズ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  探偵AIのリアル・ディープラーニング / 早坂吝

 << 2019年版 19位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト10」 7位
   ・「ミステリが読みたい!」 11位

 ★ 人工知能の研究者だった父が、
   密室で謎の死を遂げた。
   「探偵」と「犯人」、双子のAIを遺して―。
   高校生の息子・輔は、
   探偵のAI・相以とともに
   父を殺した真犯人を追う過程で、
   犯人のAI・以相を奪い悪用する
   テロリスト集団「オクタコア」の陰謀を知る。
   次々と襲いかかる難事件、母の死の真相、
   そして以相の真の目的とは!?
   大胆な奇想と緻密なロジックが発火する
   新感覚・推理バトル。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年1月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年11月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年11月 8日 (木)

☆ 長崎戦・プレビュー>2018年J1リーグ第32節(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/10(土) 14:00~ J1リーグ 第32節

     vs V・ファーレン長崎 (トランスコスモススタジアム長崎)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 13位 11勝 5分 15敗 勝点 38  53得 52失 得失 +1 」
  長崎  :「 18位  .8勝 5分 18敗 勝点 29  34得 52失 得失 -18 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 長崎は今年が初のJ1参戦なので、リーグ戦での対戦も今年が初となるのですが、その初戦(第15節/ホーム)は○5-2と(初物に弱いマリノスとしては珍しく)快勝しました。

 なお、昨年までの公式戦では長崎と2度対戦していて、まずは長崎が当時JFLに所属していた2009年の天皇杯2回戦(現・トラスタ)での初顔合わせは○4-0で完勝(渡邉千真がハットトリック達成)、その翌年の2010年でも天皇杯2回戦(ニッパツ)で対戦し、前半に先制されるも後半に3ゴール奪い○3-1で逆転勝利という結果でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で5得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 5得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 畠中槙之輔が出場すると、Jリーグ戦通算100試合出場(J2・J3も含む)にリーチとなります。


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算274試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独11位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算215試合出場となり、清水範久(02-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算120試合出場となり、富澤清太郎(12-15)と並びマリノス歴代42位タイとなります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算115試合出場となり、小宮山尊信(06-09)を抜いてマリノス歴代単独45位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ 
           長崎  .: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 天野純、大津祐樹
                      仲川輝人、ドゥシャン

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(中澤佑二)

 【日本代表】  マリノス: 山中亮輔
           長崎  .:

 【U-21代表】  マリノス: 久保建英
           長崎  :

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           長崎  :

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           長崎  : 新里涼(Y)、福田健介(Y)
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  長崎オフィシャル

 【チケット情報】  長崎オフィシャル

 【試合プレビュー】  「J1残留へ、長崎は絶対に
               勝たなければならない一戦(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 自動降格消滅へ“背水” 長崎倒して残留争い脱出だ!」 (11/10)

   > 「横浜DF山中、代表初選出から一夜明け心境「結果を残したい」」 (11/9)
   > 「横浜山中、「長友!」といじられるも代役じゃない」 (11/9)

   > 「初選出の横浜山中「代わりじゃなく良さを出したい」」 (11/8)
   > 「ポスト長友は俺だ!初招集の山中“悪魔の左足”でアピール必ず」 (11/8)
   > 「横浜山中が初選出、長友脅かす存在つかむチャンス」 (11/8)
   > 「久保 森保体制後U21初招集!将来のA代表入りにも意欲」 (11/8)
   > 「久保建英また飛び級U21選出「いい準備をしたい」」 (11/8)
   > 「【J試合情報】V・ファーレン長崎vs横浜F・マリノス 11月8日」 (11/8)

   > 「[横浜FM]山中亮輔がA代表に初選出。「数字を残して帰ってきたい」と意気込む」 (11/7)
   > 「[横浜FM]久保建英がU-21日本代表メンバーに選出。飛び級選出も「いまは不安もないし、楽しみ」」 (11/7)


 【TV中継】 (生) 11/10(土) 13:50~  長崎国際テレビ

        (録) .なし

        (配信)11/10(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 長崎戦・データボックス>2018年J1リーグ第32節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年11月 7日 (水)

◎平和賞(2018年)穴馬予想&結果


< 11月7日(水)に行われる平和賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【平和賞】

 船橋のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SIII)です。

 南関と交流の2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしているので、ここは元道営馬のライズインザノースを◎にしてみましょう。

 ダートでは6戦して2勝4馬券圏内という成績の馬ですが、馬券圏外となった2レースはどちらも後方の位置取り、つまり前に行ければ必ず圏内ということですし、按上が的場さんなら無理にでも前に付けそうなので、それならばここで一発の可能性もあるのでは。


  ◎ ライズインザノース / 的場文男 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/8  .25.0%  -9,600円  60.0%

☆18年通算   >  28/180 15.6% -240,320円  55.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎JBCクラシック&JBCレディスクラシック(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月 6日 (火)

「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2018年12月)


Gapaku3298_tp_v


 これで11年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2020年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2020年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第(&Amazonに作品のページが作られ次第)、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 開化鐵道探偵 第一〇二列車の謎 / 山本巧次 (1作) * シリーズ2作目
        〈1作目「開化鐵道探偵」が18年版10位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 本と鍵の季節 / 米澤穂信 (14作)
 ゴールデン街・コーリング / 馳星周 (6作)
 キンモクセイ / 今野敏 (5作)
 麒麟児 / 冲方丁 (3作)
 お前の彼女は二階で茹で死に / 白井智之 (2作)
 悲願花 / 下村敦史 (2作)
 人外サーカス / 小林泰三 (1作)
 光まで5分 / 桜木紫乃 (1作)
 警視庁陰陽寮オニマル 鬼刑事VS吸血鬼 / 田中啓文 (1作) * シリーズ4作目
 コヨーテの翼 / 五十嵐貴久 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 虚構推理短編集 岩永琴子の出現 / 城平京 <3作> * シリーズ2作目
 女警 / 古野まほろ <3作>
 聖者が街にやって来た / 宇佐美まこと <1作>
 あなたの罪を数えましょう / 菅原和也 <1作>
 鏡面堂の殺人 / 周木律 <1作> * シリーズ6作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ 「ベスト本格ミステリ」選出作 収録 ]
 虚構推理短編集 岩永琴子の出現 / 城平京 <3作> * シリーズ2作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “小説推理新人賞”受賞作収録 ]
 エースの遺言 / 久和間拓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 蟻の棲み家 / 望月諒子
 閻魔堂沙羅の推理奇譚 点と線の推理ゲーム / 木元哉多 * シリーズ4作目
 黒猫のいない夜のディストピア / 森晶麿 * シリーズ7作目
 テレビ探偵 / 小路幸也
 神のダイスを見上げて / 知念実希人
 脳科学捜査官 真田夏希 イミテーション・ホワイト / 鳴神響一 * シリーズ3作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な12月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年1月)

 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2018年11月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年11月 5日 (月)

「持ちこみのすすめ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(50) 2018年 11/26 号 [雑誌]

集英社 2018-11-12


 “レジェンド作家が振り返る!! 新人時代エピソード”の第3弾として週刊少年ジャンプの2018年50号(11月12日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「持ちこみのすすめ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の藤巻忠俊(ふじまき・ただとし)は、連載デビュー作「黒子のバスケ」が“本誌2009年02号”から始まると(「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、テレビアニメ化されるほどの人気作となり、2014年40号にて7年に渡る連載が終了。

 続いて2度目の連載作「ROBOT×LASERBEAM」が“本誌2017年16号”から始まると(「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、“本誌2018年30号”で連載は終了し、本作にて連載最終回以来の本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「レジェンド作家が振り返る!! 新人時代エピソード」関連記事】

  > 「初めての持ち込み」 島袋光年 (18.10.6)

  > 「編集者なんてろくなもんじゃない!」 松井優征 (18.10.22)

  > 「持ちこみのすすめ」 藤巻忠俊 (18.11.5)


 【「藤巻忠俊」関連記事】

  > 「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.2.1)

  > 「前衛のアーチャー」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.21)

  > 「火ノ丸相撲×黒子のバスケ SPコラボ読切 キセキの待ったなし対決!」
      川田 藤巻忠俊 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.11.2)

  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 <JC1巻買い> (09.4.6)
  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載! (08.12.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月 4日 (日)

◎JBCクラシック&JBCレディスクラシック(2018年)穴馬予想&結果


< 11月4日(日)に行われるJBCクラシック(JpnI)JBCレディスクラシック(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCクラシック】

 京都のダート1900mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 JBCのメインレースですが、この日に62歳にして京都デビューを果たした大井の帝王・的場文男の活躍や、南関以外の地方馬ながら交流中距離重賞でも活躍しているカツゲキキトキトの雄姿を見守るのも楽しみですね。

 それでここは、サウンドトゥルーを◎にしてみましょう。

 まあ元々◎にすることの多い贔屓馬ではあるのですが、昨年のこのレースを勝った後は成績が安定していないものの、東京大賞典と帝王賞の交流GIグランプリレースで共に馬券に絡んでいることからも力の衰えは感じられませんし、今回のメンバーであれば十分にチャンスはあるのでは。


  ◎ サウンドトゥルー / 大野拓弥 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ケイティブレイブ  福永祐一  3
 2着 14    オメガパフューム 和田竜二 2
 3着 4     サンライズソア   ルメール  1
 4着 9     ノンコノユメ     内田博幸 5
 5着 7  ◎ サウンドトゥルー  大野拓弥 7


 ◎馬は内から伸びてきて惜しかったですが、まあ複勝1倍台前半の3頭で決着ということで穴狙い的には正解のないレースでしたから外れたのは仕方ないですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCレディスクラシック】

 京都のダート1800mで行われる交流牝馬重賞(JpnI)です。

 今年のJBCの最後を飾る牝馬重賞ですが、ここは地方馬のブランシェクールを◎にしてみましょう。

 地方馬とはいえ今年の初めまでは中央に所属していて、1000万下勝ちや交流重賞・TCK女王盃2着の実績がありました。

 南関移籍後は地元のレースで2着に敗れた後に交流重賞で5・6着と結果が出ていなかったものの、転厩後に大きく増えていた馬体重が絞られた前走の交流重賞・レディスプレリュードではアタマ差2着と復活を遂げたので、これが本来の力なのであれば久々の中央の舞台でも問題なく通用すると思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ブランシェクール / 御神本訓史 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16    アンジュデジール 横山典弘  6
 2着 4     ラビットラン     M.デムーロ 1
 3着 15    ファッショニスタ   大野拓弥  5
 4着 3     クイーンマンボ   ルメール   2
 5着 13    アンデスクイーン  松若風馬  12

11着 12 ◎ ブランシェクール  御神本訓史 10


 競馬場やメンバーが異なれば結果も変わることはもちろん承知していますが、それでも地方競馬場で通常の交流重賞として開催されても同様の結果となったと仮定するなら、JBCの3レース全て1・2番人気馬の勝利がなかったというのは、交流重賞の時のみの買い方である“単勝複数買い”であれば少なくとも1レース、上手くいけば3レース全て当たっていた可能性もありそうな結果なので、自分的にはいつもどおりの地方開催の方が良かったですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/7  .28.6%  -6,600円  68.6%

☆18年通算   >  28/179 15.6% -237,320円  55.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎JBCスプリント&アルゼンチン共和国杯(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎平和賞(2018年)穴馬予想&結果

◎JBCスプリント&アルゼンチン共和国杯(2018年)穴馬予想&結果


< 11月4日(日)に行われるJBCスプリント(JpnI)アルゼンチン共和国杯(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCスプリント】

 京都のダート1200mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 ダート競馬の祭典であるJBCは、地方の競馬場で毎年舞台を変えつつ開催されていたものの、今年はJRAの京都を舞台に開催ということで、なんかいつもとは違う盛り上がりとなりそうですね。

 それでまずはスプリント戦ですが、ここは思い切ってニシケンモノノフを◎にしてみましょう。

 昨年のこのレースでは交流GI連勝中のコパノリッキーを破ってチャンピオンとなり、これから短距離ダート界の王者として君臨していくのかと思わせながら、その後の4戦はいずれも5着以下と一転して不調状態となっています。

 とはいえ、15着のシルクロードSは芝重賞、最下位の中央GI・フェブラリーSは前に行った馬が全滅という展開の中での逃げ、8着の交流重賞・東京盃は不良馬場、交流重賞・北海道CSは59kgと、敗因を(無理にでも)挙げようと思えば挙げられるのでは。

 休み明けを苦にしない馬ですし、昨年のような走りが出来ればここでも充分に通用するだろうし、オッズ的にも美味しい存在だと思うので、この馬に期待することにしました。


  ◎ ニシケンモノノフ / 横山典弘 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     グレイスフルリープ ルメール  4
 2着 5     マテラスカイ     武豊     1
 3着 4     キタサンミカヅキ   森泰斗   5
 4着 14    モーニン       C.デムーロ 3
 5着 13    レッツゴードンキ   岩田康誠  2

 8着 2  ◎ ニシケンモノノフ   横山典弘  10


 4・5番人気の1・3着馬でも複勝最低オッズが2倍台後半だったことを考えれば、ここで思い切った穴馬狙いにしたのは愚作でしたね...。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アルゼンチン共和国杯】

 東京の芝2500mで行われるハンデ重賞(GII)です。

 JBCのレースに挟まれる形で行われる芝の長距離重賞ですが、ここはトップハンデのアルバートを◎にしてみましょう。

 中山の長距離重賞・ステイヤーズSを3連覇中で、他にも昨年のダイヤモンドSを制するなどトップハンデも納得の実績で、今年に入ってもGI以外なら阪神大賞典で0.5秒差4着、前走・京都大賞典で0.4秒差3着と安定した走りを見せています。

 ただやはり他馬より2.5kg以上重いというハンデが気になりますが、昨年も同じハンデで3着馬と半馬身差の4着と好走していますし、重ハンデが理由で人気を落としているのであれば逆に狙い目だろうということで、この馬に期待することに。


  ◎ アルバート / 田辺裕信 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     パフォーマプロミス オドノヒュー 3
 2着 7     ムイトオブリガード  四位洋文  1
 3着 5     マコトガラハッド   石川裕紀人 11
 4着 10    ウインテンダネス  松岡正海   4
 5着 1     エンジニア      北村宏司  8

10着 9  ◎ アルバート      田辺裕信  7


 唯一来た穴馬は、自分が選んだ一番の重ハンデ馬ではなく、真逆である一番の軽ハンデ馬の方だったので、自分の予想センスのなさを実感させられてしまいましたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/5  .40.0%   -600円  96.0%

☆18年通算   >  28/175 16.0% -225,320円  57.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎JBCクラシック&JBCレディスクラシック(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月 3日 (土)

☆ FC東京戦・データボックス>2018年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/3(土) J1リーグ 第31節・FC東京戦 (日産ス)


  ●0-1 (前半0-1、後半0-0)

  主審: 窪田 陽輔  入場者数:27,252人

  .<得点> 0-1 チャン ヒョンス (東京・前半15分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「ホーム失点」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「ホーム得点」記録 > 27試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 ウーゴ ヴィエイラが、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、11月10日(土)に行われるJ1リーグ第32節・V・ファーレン長崎戦は出場停止となります。

 仲川輝人が、リーグ戦通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 仲川輝人が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成しました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算273試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代11位タイとなりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算114試合出場となり、小宮山尊信(06-09)と並びマリノス歴代45位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 この試合にて、リーグ戦ホーム通算950万人動員を達成しました。


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 13位 (前節 11位)
         < 11勝 5分 15敗  勝点 38 得点 53 失点 52 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「チャン・ヒョンスのゴールを守り抜き、FC東京が暫定3位浮上

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「試合後サポーターに涙でお辞儀…FC東京は
          DFチャン・ヒョンスのヘディング弾で横浜FMに完封勝ち

 (ドメサカブログ) 「チャンヒョンスの先制点を守り抜いたFC東京が
             8月以来の無失点勝利!横浜FMは残留争い抜けられず


 (スポニチ) 「横浜、公式戦3連敗…FW伊藤「裏を取れるシーンがなかった」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、攻撃サッカー機能せず ルヴァン杯を含め公式戦3連敗

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ FC東京戦・プレビュー>2018年J1リーグ第31節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2018年)穴馬予想&結果


< 11月3日(土)に行われる京王杯2歳ステークス(GII)KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京王杯2歳ステークス】

 東京の芝1400mで行われる2歳重賞(GII)です。

 自分は馬柱を見るだけという予想スタイルなため、デビューから数戦の馬ばかりであるこの時期の2歳重賞は予想の取っ掛かりがないのでかなり苦手なのですが、今年はなぜか不思議と高い確率で当たっているのですよね。

 なので2歳重賞のみ2レース行われる今日はダブル的中といきたいところではあるものの、このレースはこれを書いている時点で8頭中半数以上となる5頭の複勝最低オッズが1倍台、つまり◎馬候補は下位人気3頭のみという穴馬狙い泣かせのメンバー&オッズなのです....。

 それでここは、カルリーノを◎にしてみましょう。

 今回人気がないとはいえ前走の重賞・函館2歳Sでは0.1秒差の3着と好走していますし、まあ◎候補は3頭ながら実質一択ですかね。


  ◎ カルリーノ / 三浦皇成 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ファンタジスト    武豊     2
 2着 5     アウィルアウェイ  M.デムーロ 1
 3着 6  ◎ カルリーノ      三浦皇成  6
 4着 3     ココフィーユ     戸崎圭太  5
 5着 7     アスターペガサス 福永祐一   3


 こういった狙える馬の選択肢が少ないレースって“最初から正解のなどない”というパターンが多くなりそうに思えるのですが、意外とこういったレースの方が当たりやすいのは不思議な感じですね。


  (○複勝:6 2.2倍)  ○的中!  3,000円 → 6,600円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【KBS京都賞ファンタジーステークス】

 京都の芝1400mで行われる2歳牝馬重賞(GIII)です。

 こちらのレースは、ジュランビルを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝った直後である前走のOPで0.1秒差3着と結果を出していますし、新馬戦や未勝利戦を勝ったばかりの馬が多い今回のメンバーであれば実績的にもチャンスは十分にあるのでは。


  ◎ ジュランビル / 和田竜二 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ダノンファンタジー 川田将雅  1
 2着 1     ベルスール     田辺裕信  4
 3着 3  ◎ ジュランビル    和田竜二  6
 4着 5     ラブミーファイン   池添謙一  5
 5着 9     レッドベレーザ   C.デムーロ 3


 “ダブル的中できれば”と書きはしたものの、本当にダブル的中となるとは驚きました....。


  (○複勝:3 2.6倍)  ○的中!  3,000円 → 7,800円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/3  .66.7%  +5,400円  160.0%

☆18年通算   >  28/175 16.0% -225,320円  57.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎北海道2歳優駿(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎JBCスプリント&アルゼンチン共和国杯(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月 2日 (金)

☆ FC東京戦・プレビュー>2018年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/3(土) 14:00~ J1リーグ 第31節

     vs FC東京 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 11位 11勝 5分 14敗 勝点 38  53得 51失 得失 +2 」
  東京  :「  .5位 13勝 7分 10敗 勝点 46  36得 29失 得失 +7 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 東京はマリノスにとって長年天敵となっていた相手で、東京がJ1に上がる前には天皇杯で敗れ(1997年)ナビスコカップでも敗退させられ(1999年)、FC東京のJ1昇格後もリーグ戦で5試合勝ちがありませんでした。

 それでも、2012-13年にはリーグ戦で(4戦)3勝するなど以前ほどの苦手意識はなくなって来たようにも感じられたものの、2014年から一昨年までは6戦してわずか1勝(1勝 2分 3敗)と苦手な相手に逆戻り。

 しかし、昨年のリーグ戦はホーム・アウェー共に○1-0で勝利し、今年の初戦となったルヴァンカップGS第1節(ホーム)も○1-0で勝利、第4節(アウェー)は2点差を追いついて△2-2で引き分けと、公式戦で4戦3勝負けなし(3完封)と相性良くなっていたのですが、前回対戦のリーグ第17節(アウェー)では●2-5と大敗してしまいました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で得点すると、リーグ戦ホーム28試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で5失点以上だと、FC東京戦2試合連続5失点以上となり、「同一カード 連続5失点以上」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で得点すると........
   > 28試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 11試合連続“ホーム失点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 3失点以上”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で4失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4失点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で5失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 5失点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 仲川輝人が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 畠中槙之輔が出場すると、Jリーグ戦通算100試合出場(J2・J3も含む)にリーチとなります。


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算273試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代11位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算215試合出場となり、清水範久(02-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算114試合出場となり、小宮山尊信(06-09)と並びマリノス歴代45位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。


 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(93-98)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(02-06)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代17位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 観客動員ファイル】を見よ!!


 前回のホームゲームを終えて、リーグ戦ホーム通算観客動員が949万7692人となったため、今回の試合で入場者数が2308人を超えるとホーム通算950万人動員を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし 
           東京  .: 森重真人

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ、天野純、
                      大津祐樹、ドゥシャン

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 山田康太、(久保建英)
                  東京  .: 原大智

 【期限付き移籍の契約によりこの試合の出場は不可】
                  マリノス: 久保建英

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(中澤佑二)

 【日本代表】  マリノス:
           東京  .: 室屋成

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           東京  : 岡崎慎

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           東京  : 原大智

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス: 久保建英
           東京  .: 富樫敬真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「ルヴァン決勝の敗戦をバネに、横浜FMが
                果たしたい前回対戦のリベンジ(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「天野 ルヴァン杯V逸からの復活見せる「勝利に導きたい」」 (11/3)
   > 「長谷川監督 主将信じる!韓国“兵役免除騒動”も先発起用示唆」 (11/3)

   > 「横浜・遠藤、全体練習復帰「悔しさぶつけるしかない」 (11/2)
   > 「【横浜M】遠藤「残り試合全て勝つつもりでやる」」 (11/2)
   > 「FC東京・張賢秀、韓国代表永久追放「申し訳ない」不正に兵役逃れ」 (11/2)
   > 「【F東京】張賢秀、韓国兵役免除の活動が虚偽として代表永久停止」 (11/2)

   > 「横浜、3日FC東京戦で“解説つきシート”波戸氏&石川氏が生解説」 (11/1)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsFC東京 11月3日」 (11/1)

   > 「横浜が練習再開 、飯倉「全ては悔しさ晴らすため」」 (10/29)
   > 「決勝欠場の横浜遠藤「悔しい」リーグ戦で雪辱誓う」 (10/29)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)11/03(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ FC東京戦・データボックス>2018年J1リーグ第31節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年11月 1日 (木)

『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』 辻真先 > 「このミス」完全読破 No.1038


「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1038

 『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』 辻真先

   「このミス」2019年版 : 59位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 15位

   読了日 : 2018年10月1日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年8月>


深夜の博覧会

辻真先

東京創元社 2018-08-24

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 時は昭和12年、漫画家を目指しながら銀座で似顔絵描きをしている少年・那珂一兵は、帝国新報からの、名古屋で開催中の“名古屋汎太平洋平和博覧会”の取材に同行して挿絵を描くという依頼を受けることに。

 そこで、帝国新報の婦人記者・降旗留理子と共に名古屋へ向かったところ、伯爵である宗像昌清とその助手・別宮操の歓迎を受けて、伯爵の案内により平和博を見てまわり、さらにそのすぐ隣に伯爵が建てた黒い塔屋“慈王羅馬(ジオラマ)館”にも招待されるなど楽しむ一兵と留理子。

 しかしその頃東京では、名古屋にいるはずの女性の足が墜落したアドバルーンから現れるという猟奇的な事件が起きていて....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、昭和初期を舞台とした時代小説ではあるのですが、これを手掛けるのは今年(2018年)86歳というベテラン作家でして、作中時にはすでに生まれていて太平洋平和博覧会にも実際に訪れたそうなので、リアル体験を基にした時代小説でもあるのですね。

 それもあってか物語の前半では、当時の銀座や名古屋の情景に、街を上げて盛り上がる博覧会の様子、そして(架空の建物である)慈王羅馬館内の奇想天外で悪趣味的で大仕掛け満載な装飾や展示など、(慈王羅馬館はちょっと違うけれど)作中当時の雰囲気を映し出す描写が中心となっていました。

 ただそんな裏では驚くべき事件が起きていて、これを少年時代の那珂一兵(辻作品の様々な作品で準レギュラー的に登場する漫画家)が探偵役となって推理・解決するわけですが、銀座と名古屋という距離を超えた猟奇的事件に、慈王羅馬館の奇抜な仕掛けが絡み、さらに数ヶ月後には日中戦争が勃発するという時代背景も大きく関わってくるなど、この時代&この特殊舞台だからこその推理劇となっています。

 とはいえ、前半における博覧会や慈王羅馬館の描写や説明にしても、後半における事件の概要やトリックにしても、読者が脳内で映像化しないと理解しにくいと思うので、そういった作業が苦手な人だと読み進めづらいかもしれませんが、華やかさやどす黒さなど様々な色彩をふんだんに使った外連味溢れる世界観で飾られた本格ミステリ作品なので、昭和初期の探偵小説を再現したテーマパークを訪れるような気分で読んでみるのも良いのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “辻真先(牧薩次)” 関連記事 】

  > No.1038 「深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説」
  > No.0778 「名探偵登場!」
  > No.0702 「戯作・誕生殺人事件」
  > No.0106 「完全恋愛」


 「宝島」真藤順丈 <<< PREV/NEXT >>> 「生き残り」古処誠二

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ