サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月15日 (木)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年10月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年9月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年10月/その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Milestone / 04 Limited Sazabys

   アルバム『SOIL』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MARS DRIVE / m-flo

   配信シングル『MARS DRIVE』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


体の芯からまだ燃えているんだ(Duet ver.) / シン&ふうか

   アルバム『音量を上げて聴けタコ! ~音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!! オリジナルコンピレーションアルバム~』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


レモンパイ / マカロニえんぴつ

   シングル『レモンパイ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


GOLD / Age Factory

   アルバム『GOLD』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Sway / Castaway

   ミニアルバム『Paint It』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Faith / All Found Bright Lights

   ミニアルバム『Continue』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大志を抱け!カルビアンビシャス! / わーすた

   ミニアルバム『GIRLS, BE AMBITIOUS!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年9月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年10月/その2)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年11月14日 (水)

◎ハイセイコー記念(2018年)穴馬予想&結果


< 11月14日(水)に行われるハイセイコー記念(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ハイセイコー記念】

 大井のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SII)です。

 南関の2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしているのですが、今回はどちらもいないので、久しぶりに南関2歳重賞で南関馬から◎馬を選ぶことになりました。

 それでここは、トーセンスプモーニを◎にしてみましょう。

 デビューから3戦1勝で全て馬券圏内と安定感を見せている馬で、前走の準重賞・ゴールドジュニアーでは10番人気ながら3着と好走しています。

 そしてその時先着された1・2着馬との再戦となる今回は、その1・2着馬が人気に、しかも2着だったラプラスがこれを書いている時点で1番人気となっているのに対し、この馬は今回も人気薄のままなのですが、ただ前走でラプラスと0.2秒差だったことを考えれば重賞のここでも一発あるのではと思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ トーセンスプモーニ / 左海誠二 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/13  23.1%  -7,800円  80.8%

☆18年通算   >  29/185 15.7% -238,220円  57.1%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島記念&エリザベス女王杯(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東スポ杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月13日 (火)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年9月/その1)


Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年8月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年10月/その1)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


GOEMON feat. ビッグ門左衛門 (三浦大知) / レキシ

   アルバム『ムキシ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


This Challenger / 東京スカパラダイスオーケストラ

   シングル『メモリー・バンド/This Challenger』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プレシャスサマー! / でんぱ組.inc

   シングル『プレシャスサマー!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


7秒 / モーモールルギャバン

   ミニアルバム『IMPERIAL BLUE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


電光石火ジェラシー / MOSHIMO

   デジタルシングル『電光石火ジェラシー』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Ahhh!!! / Yap!!!

   アルバム『Monochrome』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


WALKING / LONGMAN

   アルバム『WALKING』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


きえないで / アイナ・ジ・エンド (BiSH)

   シングル『夜王子と月の姫/きえないで』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年8月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年10月/その1)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年11月12日 (月)

「忘レ者探偵」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(51) 2018年 12/3 号 [雑誌]

集英社 2018-11-19


 週刊少年ジャンプの2018年51号(11月19日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「忘レ者探偵(わすれもの・たんてい)です。


 作者の屋宜知宏(やぎ・ともひろ)は、東海大学教養学部芸術学科デザイン学課程出身で、“本誌2014年01号”から始まった「アイアンナイト」で連載デビュー(16話で終了/「アイアンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 続いて、“本誌2016年39号”から始まった「レッドスプライト」で2度目の連載を果たし(13話で終了/「レッドスプライト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、本作にて連載終了以来2年ぶりの作品発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「屋宜知宏」関連記事】

  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.7.25)
  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.15)

  > 「アイアンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.11.25)
  > 「アイアンナイト」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ゴブリンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.7.28)

  > 「IRON CURTAIN」(ジャンプNEXT! 2012WINTER) (11.12.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月11日 (日)

◎福島記念&エリザベス女王杯(2018年)穴馬予想&結果


< 11月11日(日)に行われる福島記念(GIII)エリザベス女王杯(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島記念】

 福島の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ローカル重賞のハンデ戦ということでかなり予想が難しいですが、ここはトーセンビクトリーを◎にしてみましょう。

 昨年夏のクイーンS以来9戦連続で馬券に絡めていませんが、今年に入ってからの芝重賞では5戦して掲示板に4回載るなど安定感があり、唯一今年の芝重賞で大敗だったレースは逃げての玉砕、そして同じく大敗の前走は初ダートだったので、この2レースの大敗はあまり気にしなくてもよさそうです。

 となればここでも堅実に上位争いに加わっていけるのではと思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ トーセンビクトリー / 三浦皇成 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エリザベス女王杯】

 京都の芝2200mで行われる牝馬重賞(GI)です。

 何度か大当たりしているヴィクトリアマイルとは対照的に、当たった記憶がないくらいに苦手な牝馬GIなのですが、ここはクロコスミアを◎にしてみましょう。

 昨年のこのレースで9番人気ながらクビ差2着と波乱の起こして以降は馬券に絡めてさえいませんが、いずれも海外GIを含むレベルの高いGII以上のレースでしたし、前走の府中牝馬Sも前に厳しい展開ながら0.5秒差と粘っているので、今年もこれを書いている時点で9番人気ということもあり昨年の完全再現もありえるのでは。


  ◎ クロコスミア / 岩田康誠 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   3/13  23.1%  -7,800円  80.8%

☆18年通算   >  29/185 15.7% -238,220円  57.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ハイセイコー記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月10日 (土)

☆ 長崎戦・データボックス>2018年J1リーグ第32節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/10(土) J1リーグ 第32節・V・ファーレン長崎戦 (トラスタ)


  ○1-0 (前半0-0、後半1-0)

  主審: 今村 義朗  入場者数:13,226人

  .<得点> 1-0 伊藤翔  (横浜・前半29分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算274試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独11位となりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算120試合出場となり、富澤清太郎(12-15)と並びマリノス歴代42位タイとなりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算115試合出場となり、小宮山尊信(06-09)を抜いてマリノス歴代単独45位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 13,226人

  > 長崎戦・ランキング ベスト・2位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 11位 (前節 13位)
         < 12勝 5分 15敗  勝点 41 得点 54 失点 52 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【次節でJ1残留が確定する条件】


 この試合を終えて、16位以上が確定したため、J2への自動降格(17・18位)の可能性がなくなりました

 ただし、J1参入プレーオフ出場(16位)の可能性はまだ残されています。


 [ 次節(第33節・鳥栖戦)でJ1残留が確定する条件 ]

   ○:勝利  △:引き分け  ●:敗戦


  ○ ・・・ J1残留確定

  △ ・・・ J1残留確定

  ● (&湘南と名古屋の両方またはどちらかが△or●)
    ・・・ J1残留確定

  ● (&湘南と名古屋の両方が勝利)
    ・・・ 最終節(第34節)まで持ち越し

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「伊藤翔の決勝点で横浜FMが勝利。長崎は17位以下が確定

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「長崎の自動降格圏17位以下が確定…
           横浜FMは自動降格回避、伊藤翔が「反省」のV弾

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが伊藤翔の復帰後初ゴールで残留に大きく前進!
             長崎は今季の17位以下が確定


 (スポニチ) 「横浜 自動降格回避 山中「勝ちたい意欲で相手を上回った」

 (日刊スポーツ) 「横浜伊藤V弾!残留へ前進 ポステコグルー監督称賛

 (スポーツ報知) 「11位浮上で残留決定的、長崎は17位以下が確定…

 (サンスポ) 「横浜M、何度も好機演出
             ポステコグルー監督「勝ちに値する」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 長崎戦・プレビュー>2018年J1リーグ第32節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果


< 11月10日(土)に行われる京都ジャンプステークス(J・GIII)東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)デイリー杯2歳ステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都ジャンプステークス】

 京都の芝3170mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 これを書いている時点で9頭中半分以上の5頭の複勝最低オッズが1倍台、つまり狙えるのは下位人気4頭のみという、穴馬泣かせのオッズの並びとなっています....。

 しかも今回は重賞の常連自体がほとんどいないというレベルが高くないメンバー構成で、したがって下位人気はOPですら結果が出ていない馬ばかりとなるため、その中から重賞で馬券に絡む馬を探すというのはかなり厳しいのですよね。

 それでもそんな中で一番可能性があるのではないかということで、ここは9頭中8番人気のツジスーパーサクラを◎にしてみましょう。

 近走はOPでも馬券に絡むことが出来ていませんが、昨年にはOPで勝利していますし、ここ2戦は連続して勝ち馬と0.8秒差で掲示板に載るなど検討しています。

 それに先行馬なので、上手く展開と流れが向けばここでの一発もあるえるのでは。


  ◎ ツジスーパーサクラ / 金子光希 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス】

 東京のダート1600mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、マイネルオフィールを◎にしてみましょう。

 重賞は3年前のユニコーンS以来という馬ですが、ここ4戦のOPのうち3戦で0.5秒差、唯一大敗したレースは休み明けで馬体重マイナス18kgでしたし、いつもとは距離が短いレースになって一変の可能性に賭けてみたくなりました。


  ◎ マイネルオフィール / 松岡正海 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【デイリー杯2歳ステークス】

 京都の芝1600mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 例年だと中央の2歳重賞はかなり苦手でほとんど当たらなかったのですが、今年はなぜか好調で、現在なんと4レース連続で的中しているのです。

 ただ今回のレースは、京都ジャンプSと同様に(これを書いている時点で)9頭中半分以上の5頭の複勝最低オッズが1倍台、つまり狙えるのは下位人気4頭のみという穴馬泣かせのオッズの並びで、しかも下位組がここで上位争いをするのはやはり厳しそうに見えるのですよね。

 それでもその中で一番可能性のある馬を選ぶとして、ここは現時点で最下位人気のマイネルフラップを◎にしてみましょう。

 デビュー2戦目で初勝利をあげた直後の前走・中京2歳S(OP)は5着に敗れたものの、出遅れの影響で大きく離された最後方となりながら早々に先団に追いつき、直線ではわずかとはいえ一旦先頭となるもそこから交わされるというかなりスムーズさに欠けたレース展開でしたし、それでいて最後まで粘り強い走りは見せていました。

 これまでの3レース全て出遅れているので出遅れ癖は仕方ないにしても、その後にスムーズな走りさえ出来れば思わぬ激走もありそうな予感がしたので、思い切ってこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ マイネルフラップ / 和田竜二 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/11  18.2% .-18,600円  43.6%

☆18年通算   >  28/183 15.3% -249,320円  54.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎平和賞(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島記念&エリザベス女王杯(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月 9日 (金)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年12月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2018年版までの記録

 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2018年 12月 発売 】


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの12月文庫化作品 >>

  七日じゃ映画は撮れません / 真藤順丈  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 「このミス2019年版」で1~40位に入った文庫オリジナル作品 】


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2019年1月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年11月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年11月 8日 (木)

☆ 長崎戦・プレビュー>2018年J1リーグ第32節(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/10(土) 14:00~ J1リーグ 第32節

     vs V・ファーレン長崎 (トランスコスモススタジアム長崎)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 13位 11勝 5分 15敗 勝点 38  53得 52失 得失 +1 」
  長崎  :「 18位  .8勝 5分 18敗 勝点 29  34得 52失 得失 -18 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 長崎は今年が初のJ1参戦なので、リーグ戦での対戦も今年が初となるのですが、その初戦(第15節/ホーム)は○5-2と(初物に弱いマリノスとしては珍しく)快勝しました。

 なお、昨年までの公式戦では長崎と2度対戦していて、まずは長崎が当時JFLに所属していた2009年の天皇杯2回戦(現・トラスタ)での初顔合わせは○4-0で完勝(渡邉千真がハットトリック達成)、その翌年の2010年でも天皇杯2回戦(ニッパツ)で対戦し、前半に先制されるも後半に3ゴール奪い○3-1で逆転勝利という結果でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で5得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 5得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 畠中槙之輔が出場すると、Jリーグ戦通算100試合出場(J2・J3も含む)にリーチとなります。


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算274試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独11位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算215試合出場となり、清水範久(02-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算120試合出場となり、富澤清太郎(12-15)と並びマリノス歴代42位タイとなります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算115試合出場となり、小宮山尊信(06-09)を抜いてマリノス歴代単独45位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ 
           長崎  .: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 天野純、大津祐樹
                      仲川輝人、ドゥシャン

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(中澤佑二)

 【日本代表】  マリノス: 山中亮輔
           長崎  .:

 【U-21代表】  マリノス: 久保建英
           長崎  :

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           長崎  :

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           長崎  : 新里涼(Y)、福田健介(Y)
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  長崎オフィシャル

 【チケット情報】  長崎オフィシャル

 【試合プレビュー】  「J1残留へ、長崎は絶対に
               勝たなければならない一戦(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 自動降格消滅へ“背水” 長崎倒して残留争い脱出だ!」 (11/10)

   > 「横浜DF山中、代表初選出から一夜明け心境「結果を残したい」」 (11/9)
   > 「横浜山中、「長友!」といじられるも代役じゃない」 (11/9)

   > 「初選出の横浜山中「代わりじゃなく良さを出したい」」 (11/8)
   > 「ポスト長友は俺だ!初招集の山中“悪魔の左足”でアピール必ず」 (11/8)
   > 「横浜山中が初選出、長友脅かす存在つかむチャンス」 (11/8)
   > 「久保 森保体制後U21初招集!将来のA代表入りにも意欲」 (11/8)
   > 「久保建英また飛び級U21選出「いい準備をしたい」」 (11/8)
   > 「【J試合情報】V・ファーレン長崎vs横浜F・マリノス 11月8日」 (11/8)

   > 「[横浜FM]山中亮輔がA代表に初選出。「数字を残して帰ってきたい」と意気込む」 (11/7)
   > 「[横浜FM]久保建英がU-21日本代表メンバーに選出。飛び級選出も「いまは不安もないし、楽しみ」」 (11/7)


 【TV中継】 (生) 11/10(土) 13:50~  長崎国際テレビ

        (録) .なし

        (配信)11/10(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 長崎戦・データボックス>2018年J1リーグ第32節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年11月 7日 (水)

◎平和賞(2018年)穴馬予想&結果


< 11月7日(水)に行われる平和賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【平和賞】

 船橋のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SIII)です。

 南関と交流の2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしているので、ここは元道営馬のライズインザノースを◎にしてみましょう。

 ダートでは6戦して2勝4馬券圏内という成績の馬ですが、馬券圏外となった2レースはどちらも後方の位置取り、つまり前に行ければ必ず圏内ということですし、按上が的場さんなら無理にでも前に付けそうなので、それならばここで一発の可能性もあるのでは。


  ◎ ライズインザノース / 的場文男 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/8  .25.0%  -9,600円  60.0%

☆18年通算   >  28/180 15.6% -240,320円  55.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎JBCクラシック&JBCレディスクラシック(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月 6日 (火)

「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2018年12月)


Gapaku3298_tp_v


 これで11年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2020年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2020年版」ランキング(順位)予想(後日更新予定)の方をご覧ください。


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第(&Amazonに作品のページが作られ次第)、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 開化鐵道探偵 第一〇二列車の謎 / 山本巧次 (1作) * シリーズ2作目
        〈1作目「開化鐵道探偵」が18年版10位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 本と鍵の季節 / 米澤穂信 (14作)
 ゴールデン街・コーリング / 馳星周 (5作)
 麒麟児 / 冲方丁 (3作)
 お前の彼女は二階で茹で死に / 白井智之 (2作)
 悲願花 / 下村敦史 (2作)
 人外サーカス / 小林泰三 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 女警 / 古野まほろ <3作>
 鏡面堂の殺人 / 周木律 <1作> * シリーズ6作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ “” ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “” ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 黒猫のいない夜のディストピア / 森晶麿 * シリーズ7作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年12月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な12月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2019年1月)

 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2018年11月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年11月 5日 (月)

「持ちこみのすすめ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切!

 


週刊少年ジャンプ(50) 2018年 11/26 号 [雑誌]

集英社 2018-11-12


 “レジェンド作家が振り返る!! 新人時代エピソード”の第3弾として週刊少年ジャンプの2018年50号(11月12日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「持ちこみのすすめ」です。


 作者の藤巻忠俊(ふじまき・ただとし)は、連載デビュー作「黒子のバスケ」が“本誌2009年02号”から始まると(「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、テレビアニメ化されるほどの人気作となり、2014年40号にて7年に渡る連載が終了。

 続いて2度目の連載作「ROBOT×LASERBEAM」が“本誌2017年16号”から始まると(「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、“本誌2018年30号”で連載は終了し、本作にて連載最終回以来の本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「レジェンド作家が振り返る!! 新人時代エピソード」関連記事】

  > 「初めての持ち込み」 島袋光年 (18.10.6)

  > 「編集者なんてろくなもんじゃない!」 松井優征 (18.10.22)

  > 「持ちこみのすすめ」 藤巻忠俊 (18.11.5)


 【「藤巻忠俊」関連記事】

  > 「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.2.1)

  > 「前衛のアーチャー」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.21)

  > 「火ノ丸相撲×黒子のバスケ SPコラボ読切 キセキの待ったなし対決!」
      川田 藤巻忠俊 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.11.2)

  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 <JC1巻買い> (09.4.6)
  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載! (08.12.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年11月 4日 (日)

◎JBCクラシック&JBCレディスクラシック(2018年)穴馬予想&結果


< 11月4日(日)に行われるJBCクラシック(JpnI)JBCレディスクラシック(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCクラシック】

 京都のダート1900mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 JBCのメインレースですが、この日に62歳にして京都デビューを果たした大井の帝王・的場文男の活躍や、南関以外の地方馬ながら交流中距離重賞でも活躍しているカツゲキキトキトの雄姿を見守るのも楽しみですね。

 それでここは、サウンドトゥルーを◎にしてみましょう。

 まあ元々◎にすることの多い贔屓馬ではあるのですが、昨年のこのレースを勝った後は成績が安定していないものの、東京大賞典と帝王賞の交流GIグランプリレースで共に馬券に絡んでいることからも力の衰えは感じられませんし、今回のメンバーであれば十分にチャンスはあるのでは。


  ◎ サウンドトゥルー / 大野拓弥 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ケイティブレイブ  福永祐一  3
 2着 14    オメガパフューム 和田竜二 2
 3着 4     サンライズソア   ルメール  1
 4着 9     ノンコノユメ     内田博幸 5
 5着 7  ◎ サウンドトゥルー  大野拓弥 7


 ◎馬は内から伸びてきて惜しかったですが、まあ複勝1倍台前半の3頭で決着ということで穴狙い的には正解のないレースでしたから外れたのは仕方ないですね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCレディスクラシック】

 京都のダート1800mで行われる交流牝馬重賞(JpnI)です。

 今年のJBCの最後を飾る牝馬重賞ですが、ここは地方馬のブランシェクールを◎にしてみましょう。

 地方馬とはいえ今年の初めまでは中央に所属していて、1000万下勝ちや交流重賞・TCK女王盃2着の実績がありました。

 南関移籍後は地元のレースで2着に敗れた後に交流重賞で5・6着と結果が出ていなかったものの、転厩後に大きく増えていた馬体重が絞られた前走の交流重賞・レディスプレリュードではアタマ差2着と復活を遂げたので、これが本来の力なのであれば久々の中央の舞台でも問題なく通用すると思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ブランシェクール / 御神本訓史 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16    アンジュデジール 横山典弘  6
 2着 4     ラビットラン     M.デムーロ 1
 3着 15    ファッショニスタ   大野拓弥  5
 4着 3     クイーンマンボ   ルメール   2
 5着 13    アンデスクイーン  松若風馬  12

11着 12 ◎ ブランシェクール  御神本訓史 10


 競馬場やメンバーが異なれば結果も変わることはもちろん承知していますが、それでも地方競馬場で通常の交流重賞として開催されても同様の結果となったと仮定するなら、JBCの3レース全て1・2番人気馬の勝利がなかったというのは、交流重賞の時のみの買い方である“単勝複数買い”であれば少なくとも1レース、上手くいけば3レース全て当たっていた可能性もありそうな結果なので、自分的にはいつもどおりの地方開催の方が良かったですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/7  .28.6%  -6,600円  68.6%

☆18年通算   >  28/179 15.6% -237,320円  55.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎JBCスプリント&アルゼンチン共和国杯(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎平和賞(2018年)穴馬予想&結果

◎JBCスプリント&アルゼンチン共和国杯(2018年)穴馬予想&結果


< 11月4日(日)に行われるJBCスプリント(JpnI)アルゼンチン共和国杯(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCスプリント】

 京都のダート1200mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 ダート競馬の祭典であるJBCは、地方の競馬場で毎年舞台を変えつつ開催されていたものの、今年はJRAの京都を舞台に開催ということで、なんかいつもとは違う盛り上がりとなりそうですね。

 それでまずはスプリント戦ですが、ここは思い切ってニシケンモノノフを◎にしてみましょう。

 昨年のこのレースでは交流GI連勝中のコパノリッキーを破ってチャンピオンとなり、これから短距離ダート界の王者として君臨していくのかと思わせながら、その後の4戦はいずれも5着以下と一転して不調状態となっています。

 とはいえ、15着のシルクロードSは芝重賞、最下位の中央GI・フェブラリーSは前に行った馬が全滅という展開の中での逃げ、8着の交流重賞・東京盃は不良馬場、交流重賞・北海道CSは59kgと、敗因を(無理にでも)挙げようと思えば挙げられるのでは。

 休み明けを苦にしない馬ですし、昨年のような走りが出来ればここでも充分に通用するだろうし、オッズ的にも美味しい存在だと思うので、この馬に期待することにしました。


  ◎ ニシケンモノノフ / 横山典弘 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     グレイスフルリープ ルメール  4
 2着 5     マテラスカイ     武豊     1
 3着 4     キタサンミカヅキ   森泰斗   5
 4着 14    モーニン       C.デムーロ 3
 5着 13    レッツゴードンキ   岩田康誠  2

 8着 2  ◎ ニシケンモノノフ   横山典弘  10


 4・5番人気の1・3着馬でも複勝最低オッズが2倍台後半だったことを考えれば、ここで思い切った穴馬狙いにしたのは愚作でしたね...。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アルゼンチン共和国杯】

 東京の芝2500mで行われるハンデ重賞(GII)です。

 JBCのレースに挟まれる形で行われる芝の長距離重賞ですが、ここはトップハンデのアルバートを◎にしてみましょう。

 中山の長距離重賞・ステイヤーズSを3連覇中で、他にも昨年のダイヤモンドSを制するなどトップハンデも納得の実績で、今年に入ってもGI以外なら阪神大賞典で0.5秒差4着、前走・京都大賞典で0.4秒差3着と安定した走りを見せています。

 ただやはり他馬より2.5kg以上重いというハンデが気になりますが、昨年も同じハンデで3着馬と半馬身差の4着と好走していますし、重ハンデが理由で人気を落としているのであれば逆に狙い目だろうということで、この馬に期待することに。


  ◎ アルバート / 田辺裕信 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     パフォーマプロミス オドノヒュー 3
 2着 7     ムイトオブリガード  四位洋文  1
 3着 5     マコトガラハッド   石川裕紀人 11
 4着 10    ウインテンダネス  松岡正海   4
 5着 1     エンジニア      北村宏司  8

10着 9  ◎ アルバート      田辺裕信  7


 唯一来た穴馬は、自分が選んだ一番の重ハンデ馬ではなく、真逆である一番の軽ハンデ馬の方だったので、自分の予想センスのなさを実感させられてしまいましたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/5  .40.0%   -600円  96.0%

☆18年通算   >  28/175 16.0% -225,320円  57.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎JBCクラシック&JBCレディスクラシック(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月 3日 (土)

☆ FC東京戦・データボックス>2018年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク)


MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/3(土) J1リーグ 第31節・FC東京戦 (日産ス)


  ●0-1 (前半0-1、後半0-0)

  主審: 窪田 陽輔  入場者数:27,252人

  .<得点> 0-1 チャン ヒョンス (東京・前半15分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「ホーム失点」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「ホーム得点」記録 > 27試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 ウーゴ ヴィエイラが、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、11月10日(土)に行われるJ1リーグ第32節・V・ファーレン長崎戦は出場停止となります。

 仲川輝人が、リーグ戦通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 仲川輝人が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成しました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算273試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代11位タイとなりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算114試合出場となり、小宮山尊信(06-09)と並びマリノス歴代45位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 この試合にて、リーグ戦ホーム通算950万人動員を達成しました。


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 13位 (前節 11位)
         < 11勝 5分 15敗  勝点 38 得点 53 失点 52 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「チャン・ヒョンスのゴールを守り抜き、FC東京が暫定3位浮上

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「試合後サポーターに涙でお辞儀…FC東京は
          DFチャン・ヒョンスのヘディング弾で横浜FMに完封勝ち

 (ドメサカブログ) 「チャンヒョンスの先制点を守り抜いたFC東京が
             8月以来の無失点勝利!横浜FMは残留争い抜けられず


 (スポニチ) 「横浜、公式戦3連敗…FW伊藤「裏を取れるシーンがなかった」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、攻撃サッカー機能せず ルヴァン杯を含め公式戦3連敗

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ FC東京戦・プレビュー>2018年J1リーグ第31節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2018年)穴馬予想&結果


< 11月3日(土)に行われる京王杯2歳ステークス(GII)KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京王杯2歳ステークス】

 東京の芝1400mで行われる2歳重賞(GII)です。

 自分は馬柱を見るだけという予想スタイルなため、デビューから数戦の馬ばかりであるこの時期の2歳重賞は予想の取っ掛かりがないのでかなり苦手なのですが、今年はなぜか不思議と高い確率で当たっているのですよね。

 なので2歳重賞のみ2レース行われる今日はダブル的中といきたいところではあるものの、このレースはこれを書いている時点で8頭中半数以上となる5頭の複勝最低オッズが1倍台、つまり◎馬候補は下位人気3頭のみという穴馬狙い泣かせのメンバー&オッズなのです....。

 それでここは、カルリーノを◎にしてみましょう。

 今回人気がないとはいえ前走の重賞・函館2歳Sでは0.1秒差の3着と好走していますし、まあ◎候補は3頭ながら実質一択ですかね。


  ◎ カルリーノ / 三浦皇成 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ファンタジスト    武豊     2
 2着 5     アウィルアウェイ  M.デムーロ 1
 3着 6  ◎ カルリーノ      三浦皇成  6
 4着 3     ココフィーユ     戸崎圭太  5
 5着 7     アスターペガサス 福永祐一   3


 こういった狙える馬の選択肢が少ないレースって“最初から正解のなどない”というパターンが多くなりそうに思えるのですが、意外とこういったレースの方が当たりやすいのは不思議な感じですね。


  (○複勝:6 2.2倍)  ○的中!  3,000円 → 6,600円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【KBS京都賞ファンタジーステークス】

 京都の芝1400mで行われる2歳牝馬重賞(GIII)です。

 こちらのレースは、ジュランビルを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝った直後である前走のOPで0.1秒差3着と結果を出していますし、新馬戦や未勝利戦を勝ったばかりの馬が多い今回のメンバーであれば実績的にもチャンスは十分にあるのでは。


  ◎ ジュランビル / 和田竜二 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ダノンファンタジー 川田将雅  1
 2着 1     ベルスール     田辺裕信  4
 3着 3  ◎ ジュランビル    和田竜二  6
 4着 5     ラブミーファイン   池添謙一  5
 5着 9     レッドベレーザ   C.デムーロ 3


 “ダブル的中できれば”と書きはしたものの、本当にダブル的中となるとは驚きました....。


  (○複勝:3 2.6倍)  ○的中!  3,000円 → 7,800円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年11月  .>   2/3  .66.7%  +5,400円  160.0%

☆18年通算   >  28/175 16.0% -225,320円  57.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎北海道2歳優駿(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎JBCスプリント&アルゼンチン共和国杯(2018年)穴馬予想&結果

2018年11月 2日 (金)

☆ FC東京戦・プレビュー>2018年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク)


MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/3(土) 14:00~ J1リーグ 第31節

     vs FC東京 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 11位 11勝 5分 14敗 勝点 38  53得 51失 得失 +2 」
  東京  :「  .5位 13勝 7分 10敗 勝点 46  36得 29失 得失 +7 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 東京はマリノスにとって長年天敵となっていた相手で、東京がJ1に上がる前には天皇杯で敗れ(1997年)ナビスコカップでも敗退させられ(1999年)、FC東京のJ1昇格後もリーグ戦で5試合勝ちがありませんでした。

 それでも、2012-13年にはリーグ戦で(4戦)3勝するなど以前ほどの苦手意識はなくなって来たようにも感じられたものの、2014年から一昨年までは6戦してわずか1勝(1勝 2分 3敗)と苦手な相手に逆戻り。

 しかし、昨年のリーグ戦はホーム・アウェー共に○1-0で勝利し、今年の初戦となったルヴァンカップGS第1節(ホーム)も○1-0で勝利、第4節(アウェー)は2点差を追いついて△2-2で引き分けと、公式戦で4戦3勝負けなし(3完封)と相性良くなっていたのですが、前回対戦のリーグ第17節(アウェー)では●2-5と大敗してしまいました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で得点すると、リーグ戦ホーム28試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で5失点以上だと、FC東京戦2試合連続5失点以上となり、「同一カード 連続5失点以上」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で得点すると........
   > 28試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 11試合連続“ホーム失点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 3失点以上”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で4失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4失点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で5失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 5失点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 仲川輝人が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 畠中槙之輔が出場すると、Jリーグ戦通算100試合出場(J2・J3も含む)にリーチとなります。


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算273試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代11位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算215試合出場となり、清水範久(02-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算114試合出場となり、小宮山尊信(06-09)と並びマリノス歴代45位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。


 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(93-98)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(02-06)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代17位タイとなります。


 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 観客動員ファイル】を見よ!!


 前回のホームゲームを終えて、リーグ戦ホーム通算観客動員が949万7692人となったため、今回の試合で入場者数が2308人を超えるとホーム通算950万人動員を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし 
           東京  .: 森重真人

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ、天野純、
                      大津祐樹、ドゥシャン

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 山田康太、(久保建英)
                  東京  .: 原大智

 【期限付き移籍の契約によりこの試合の出場は不可】
                  マリノス: 久保建英

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(中澤佑二)

 【日本代表】  マリノス:
           東京  .: 室屋成

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           東京  : 岡崎慎

 【U-19代表】  マリノス: 山田康太、久保建英
           東京  : 原大智

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス: 久保建英
           東京  .: 富樫敬真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「ルヴァン決勝の敗戦をバネに、横浜FMが
                果たしたい前回対戦のリベンジ(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「天野 ルヴァン杯V逸からの復活見せる「勝利に導きたい」」 (11/3)
   > 「長谷川監督 主将信じる!韓国“兵役免除騒動”も先発起用示唆」 (11/3)

   > 「横浜・遠藤、全体練習復帰「悔しさぶつけるしかない」 (11/2)
   > 「【横浜M】遠藤「残り試合全て勝つつもりでやる」」 (11/2)
   > 「FC東京・張賢秀、韓国代表永久追放「申し訳ない」不正に兵役逃れ」 (11/2)
   > 「【F東京】張賢秀、韓国兵役免除の活動が虚偽として代表永久停止」 (11/2)

   > 「横浜、3日FC東京戦で“解説つきシート”波戸氏&石川氏が生解説」 (11/1)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsFC東京 11月3日」 (11/1)

   > 「横浜が練習再開 、飯倉「全ては悔しさ晴らすため」」 (10/29)
   > 「決勝欠場の横浜遠藤「悔しい」リーグ戦で雪辱誓う」 (10/29)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)11/03(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ FC東京戦・データボックス>2018年J1リーグ第31節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年11月 1日 (木)

『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』 辻真先 > 「このミス」完全読破 No.1038


「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1038

 『深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説』 辻真先

   「このミス」2019年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年10月1日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年8月>


深夜の博覧会

辻真先

東京創元社 2018-08-24

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 時は昭和12年、漫画家を目指しながら銀座で似顔絵描きをしている少年・那珂一兵は、帝国新報からの、名古屋で開催中の“名古屋汎太平洋平和博覧会”の取材に同行して挿絵を描くという依頼を受けることに。

 そこで、帝国新報の婦人記者・降旗留理子と共に名古屋へ向かったところ、伯爵である宗像昌清とその助手・別宮操の歓迎を受けて、伯爵の案内により平和博を見てまわり、さらにそのすぐ隣に伯爵が建てた黒い塔屋“慈王羅馬(ジオラマ)館”にも招待されるなど楽しむ一兵と留理子。

 しかしその頃東京では、名古屋にいるはずの女性の足が墜落したアドバルーンから現れるという猟奇的な事件が起きていて....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、昭和初期を舞台とした時代小説ではあるのですが、これを手掛けるのは今年(2018年)86歳というベテラン作家でして、作中時にはすでに生まれていて太平洋平和博覧会にも実際に訪れたそうなので、リアル体験を基にした時代小説でもあるのですね。

 それもあってか物語の前半では、当時の銀座や名古屋の情景に、街を上げて盛り上がる博覧会の様子、そして(架空の建物である)慈王羅馬館内の奇想天外で悪趣味的で大仕掛け満載な装飾や展示など、(慈王羅馬館はちょっと違うけれど)作中当時の雰囲気を映し出す描写が中心となっていました。

 ただそんな裏では驚くべき事件が起きていて、これを少年時代の那珂一兵(辻作品の様々な作品で準レギュラー的に登場する漫画家)が探偵役となって推理・解決するわけですが、銀座と名古屋という距離を超えた猟奇的事件に、慈王羅馬館の奇抜な仕掛けが絡み、さらに数ヶ月後には日中戦争が勃発するという時代背景も大きく関わってくるなど、この時代&この特殊舞台だからこその推理劇となっています。

 とはいえ、前半における博覧会や慈王羅馬館の描写や説明にしても、後半における事件の概要やトリックにしても、読者が脳内で映像化しないと理解しにくいと思うので、そういった作業が苦手な人だと読み進めづらいかもしれませんが、華やかさやどす黒さなど様々な色彩をふんだんに使った外連味溢れる世界観で飾られた本格ミステリ作品なので、昭和初期の探偵小説を再現したテーマパークを訪れるような気分で読んでみるのも良いのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “辻真先(牧薩次)” 関連記事 】

  > No.1038 「深夜の博覧会 昭和12年の探偵小説」
  > No.0778 「名探偵登場!」
  > No.0702 「戯作・誕生殺人事件」
  > No.0106 「完全恋愛」


 「宝島」真藤順丈 <<< PREV/NEXT >>> 「生き残り」古処誠二

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

« 2018年10月 | トップページ

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ