サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

『宝島』 真藤順丈 > 「このミス」完全読破 No.1037

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1037

 『宝島』 真藤順丈

   「このミス」2019年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年9月16日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年6月>


宝島

真藤順丈

講談社 2018-06-21

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 米軍の倉庫や基地に侵入しては様々な物資を奪い、食料や衣類、医薬品など日常生活に欠かせない戦果を身内だけでなく地元じゅうに配ってまわることから、コザで一番の“戦果アギヤー”として英雄視されている青年・オンちゃん。

 そんなオンちゃんを慕い共に行動しているのが、親友で弟分のグスク、実の弟のレイ、そして恋人のヤマコの三人。

 ある日、他の地域の戦果アギヤーを助っ人にして極東最大の米軍基地、キャンプ・カデナでの強奪計画という大勝負に出るも、なぜかすぐに米兵に見つかって追い回される羽目になり、グスクはなんとか逃げ切り金網の外にいたヤマコに助けられ、逃げ遅れたレイは警察に捕まったものの、オンちゃんだけが行方不明になっていて....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 といった通称・嘉手納戦果アギヤー強奪未遂事件から始まる本作は、戦後間もない1952年から本土復帰(アメリカから日本に返還)となった1972年までの沖縄を舞台としています。

 この時代の沖縄というのは、日本で唯一戦場となった戦争の傷跡がまだまだ深く残り、戦後もアメリカの支配が続いていたために、先祖が眠る地を強制的に追い出されたり、アメリカ軍人による犯罪に泣き寝入りしなければならなかったり、本土復帰に希望と絶望を抱いたりと、まさに激動の時代だったわけですが、一般島民の目線から史実や実在の人物を交えて描かれていくので、沖縄の基地問題などについて身を持って知ることが出来ると思います。

 そんな激動の沖縄において繰り広げられていくグスク、レイ、ヤマコの三人を中心とした物語は、激流ともいえる時代の波にも負けないほどの力強さや衝動が常に作中から感じられ、警官・教師・ごろつきと三者三様に道を切り開いて進んでいくそれぞれのストーリーも熱が冷めぬほどに生き生きとしていますし、“英雄の失踪”に端を発する胸に秘めた想いを三人が共有していることからくる青春物語としての読み応えも圧巻です。

 そして全体的には非エンタメ系文芸小説的な雰囲気があるのですが、サスペンス・バイオレンス・警察・探偵・スパイ・テロ・クライムノベル・ノワールなど様々なエンタメ要素で演出され、“英雄の失踪”の謎を追うミステリ的な展開が一貫して軸となっているなど、エンタメ要素が物語の中で血や骨となってたぎりながら息づいてもいました。

 というわけで本作は、No.632「墓頭」や『夜の淵をひと廻り』などが(自分も含めた)一部の人に高く評価されながら一般的にみるとそこまで弾けきらなかった(ように見える)著者による、ようやく限界突破をぶちかまして生み出された誰もが認める傑作だと思いますし、沖縄の社会問題を扱いつつも物語としての面白さやエンタメとしての面白さが贅沢なほどに詰め込まれているので、なるべく多くの人に読み味わってほしいですね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “真藤順丈”関連記事 】

  > No.1037 「宝島」
  > No.0815 「しるしなきもの」
  > No.0738 「七日じゃ映画は撮れません」
  > No.0632 「墓頭」


 「コンビニなしでは生きられない」秋保水菓 <<< PREV
                   NEXT >>> 「深夜の博覧会」辻真先

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

◎スプリンターズS(2018年)穴馬予想&結果

< 9月30日(日)に行われるスプリンターズステークス(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スプリンターズステークス】

 中山の芝1200mで行われる重賞(GI)です。

 台風が近づく中で迎える下半期最初のGIですが、(元々相性の悪いレースということもあって)どの馬を選んでも当たる気がしないほどに予想が難しいメンバーですね。

 それでかなり悩んだ結果、もうどうせ外れるならということで、ここは思い切って14番人気の大穴馬・スノードラゴンを◎にしてみましょう。

 昨年のこのレースでも◎にしたところ、最下位人気ながら3着馬とクビ差の4着と激走したので、今年こそはと応援する気持ちがやはり強いですからね。

 それに、10歳馬とはいえダート重賞で馬券に絡む力は健在で、芝の重賞でも着差的には惜しい走りをいまだ見せていますし、このレースは2年連続で掲示板と相性良いことから、昨年の好走がたまたまではないと思うので、2年連続でこの馬に期待してみることに。


  ◎ スノードラゴン / 大野拓弥 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ファインニードル   川田将雅   1
 2着 9     ラブカンプー     和田竜二   11
 3着 1     ラインスピリット   武豊     13
 4着 6     ダイメイプリンセス 秋山真一郎 10
 5着 10    レッツゴードンキ  岩田康誠   4

15着 4  ◎ スノードラゴン    大野拓弥   14


 やけっぱちになってスノードラゴンに◎にする直前にはラブカンプーを最有力候補として考えていたので、この結果はかなり精神的に応えますね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   3/16 .18.8% .-19,140円  60.1%

☆18年通算   >  21/152 13.8% -211,970円  53.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎シリウスS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎白山大賞典(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月29日 (土)

☆ 仙台戦・データボックス>2018年J1リーグ第28節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/29(土) J1リーグ 第28節・ベガルタ仙台戦 (ニッパツ)


  ○5-2 (前半2-1、後半3-1)

  主審: 山本 雄大  入場者数:8,688人

  .<得点> 1-0 山中亮輔     (横浜・前半21分/公式Youtube動画
         1-1 オウンゴール   (仙台・前半23分/公式Youtube動画
         2-1 仲川輝人     .(横浜・前半37分/公式Youtube動画
         3-1 仲川輝人     .(横浜・後半06分/公式Youtube動画
         4-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半32分/公式Youtube動画
         5-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半41分/公式Youtube動画
         5-2 ジャーメイン良   .(仙台・後半46分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で得点したため、リーグ戦ホーム26試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新しました。

 この試合で5得点以上だったため、ベガルタ仙台戦2試合連続5得点以上となり、「同一カード 連続5得点以上」のマリノス歴代新記録を達成しました。


 <記録更新>

  ・「ホーム得点」記録 > 26試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「同一カード 4得点以上」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「同一カード 5得点以上」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「ホーム失点」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 9試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 扇原貴宏が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成しました。

 松原健が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 山中亮輔が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算114試合出場となり、小宮山尊信(06-09)と並びマリノス歴代44位タイとなりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代48位タイとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算214試合出場となり、ドゥトラ(01-06,12-14)を抜いてマリノス歴代単独11位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点情報】


 ウーゴ ヴィエイラが、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム得点記録情報】


 この試合で5得点したため、マリノスのリーグ戦通算1350ゴール達成まであと2ゴールとなりました。


  <Jリーグ得点ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 この試合を終えて、リーグ戦ホーム通算観客動員数が947万8568人となったため、10月5日(金)に行われるJ1リーグ第29節・北海道コンサドーレ札幌戦(日産ス)の観客動員数が2万1432人以上だとホーム通算950万人を達成します。


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 11位 (前節 12位)
         < 10勝 5分 13敗  勝点 35 得点 50 失点 48 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMが仙台に5発快勝。
               約2カ月半ぶりの連勝を飾る

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「仙台相手に2戦合計13点!!
          またも大量点の横浜FM、残留争いを一歩リード

 (ゲキサカ) 「ハーフコート突破→股抜き弾!!
          ヘディングも魅せた横浜FM仲川輝人「まだ取れる」

 (ゲキサカ) 「「もっといい選手になれる」
           横浜FM遠藤渓太が見せた『カットイン』への矜持

 (ドメサカブログ) 「横浜FMがゴールラッシュで7月以来の2連勝!
               仙台はまたも大量失点でホームの雪辱ならず


 (スポニチ) 「横浜、5発で残留へ光
            仲川、J1初のヘディング弾含む2発

 (日刊スポーツ) 「横浜2連勝で1歩抜け出す 仲川&ヴィエイラが2発

 (日刊スポーツ) 「横浜ヴィエイラが「仲いい」離脱伊藤に届ける2発

 (スポーツ報知) 「リーグ最強攻撃力で5発大勝
               残留に大きく前進 暫定11位浮上

 (スポーツ報知) 「仲川2発!ビエイラ2発!
              仙台に大勝しJ1残留へ大きく前進!

 (サンスポ) 「横浜M攻撃陣が大爆発!
          山中&仲川スーパーゴールなど、仙台に5発大勝

 (サンスポ) 「横浜M・仲川、鋭い突破と頭で2ゴール
          「まだまだ点を取らないと」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 仙台戦・プレビュー>2018年J1リーグ第28節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎シリウスS(2018年)穴馬予想&結果

< 9月29日(土)に行われるシリウスステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【シリウスステークス】

 阪神のダート2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ここは、クインズサターンを◎にしてみましょう。

 3歳になって以降はGI級の馬が揃っていた昨年の武蔵野S以外全て掲示板に載っているという(なかなか勝ち切れないながらも)かなりの安定感を持つ馬ですが、今年には“阪神の不良馬場”という今回と同じ舞台設定であったアンタレスSで3着に好走していますし、初の2000mでもこなしてくれるのでは。


  ◎ クインズサターン / 藤岡佑介 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     オメガパフューム  和田竜二 2
 2着 16    ウェスタールンド  北村友一 7
 3着 14    サンライズソア    ルメール  3
 4着 5     ヒラボクラターシュ  池添謙一 8
 5着 13    コスモカナディアン 丹内祐次 12

 9着 6  ◎ クインズサターン  藤岡佑介 6


 これだけ成績が安定した馬の珍しい凡走レースを引き当ててしまうとは....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   3/15 .20.0% .-16,140円  64.1%

☆18年通算   >  21/151 13.9% -208,970円  53.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎オーバルスプリント(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎スプリンターズS(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月28日 (金)

『コンビニなしでは生きられない』 秋保水菓 > 「このミス」完全読破 No.1036

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1036

 『コンビニなしでは生きられない』 秋保水菓

   「このミス」2019年版 : ?位

   受賞(候補) : 「メフィスト賞」 受賞

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年9月16日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : ノベルス <2018年4月>


コンビニなしでは生きられない
(講談社ノベルス)

秋保水菓

講談社 2018-04-06

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 第56回メフィスト賞の受賞作であり、秋保水菓のデビュー作です。

 主人公は、大学生活に馴染めず早々に中退し、その後はコンビニでバイトしているフリーターの白秋。

 まだ19歳ながら高一の時から3年ほど同じコンビニでバイトしていることもあり、新たに入ってくる研修生の教育係を担当することになったものの、その研修生というのが高校生の黒葉深咲で、しかもその黒葉は店内でミステリ的な謎が起きると生き生きし始めるという少々変わり者で....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「コンビニ強盗から始めましょう」「傘は返さないといけないんです」「このコンビニから消えた女の子を覚えてる」「モノクロコンビニズム」「黒幕の向こうの会計」「黒白(こくはく)の時間」「コンビニなしでは生きられない」から成る連作集です。

 強盗事件や、何度もレジに並んで小額の買い物をしていく客、店内で姿を消した女の子など、日常の謎よりは事件性のあるような騒動がコンビニ店内で起き、その謎を主人公を始めとした店員たちが推理し解決していくのですが、個性的な店員がワイワイしながら謎解きをしていくコミカルな雰囲気で進んでいきます。

 ただそこはやはりメフィスト賞受賞作なので、そんなお店系ライトミステリの定番ような感じだけでは終わりません。

 中盤に入ると、主人公の屈折した心情や、店内での盗難を疑われ自殺した元バイト店員に関する過去話など、連作として描かれる部分に焦点が当てられていきまして、それによりそこからは結構シリアスな展開へと様変わりし、ミステリ要素も本格的な展開になっていくのですね。

 とはいえ新人のデビュー作ということもあって、ミステリ的な部分で粗さを感じたり、恋愛部分にくどさを覚えるなど、マイナス部分を探そうとすれば見つけやすいように思うのですが、前半でライトミステリかと見せかけといて後半で雰囲気を変えてしまう狙いや、作品全体に散りばめられたミステリ的な仕掛けなど、新人だからこその意気込みや熱さがとても伝わってくるような作品でもあるので、そういったプラスの部分に注目しつつこのミステリ作家としての第一歩となった本作を楽しんでみてはいかがでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「宇宙探偵ノーグレイ」田中啓文 <<< PREV/NEXT >>> 「宝島」真藤順丈

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年9月27日 (木)

☆ 仙台戦・プレビュー>2018年J1リーグ第28節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 9/29(土) 14:00~ J1リーグ 第28節

     vs ベガルタ仙台 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 12位  .9勝 5分 13敗 勝点 32  45得 46失 得失 -1 」
  仙台  :「  6位 12勝 5分 10敗 勝点 41  36得 38失 得失 -2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 仙台戦は、公式戦通算で「10勝 9分 11敗」、リーグ戦通算で「7勝 8分 6敗」とほぼ互角の成績です。

 ただ、仙台がJ1に再昇格した2010年以降は、初戦こそ勝利したもののその後は2014年第22節で勝利するまで8試合勝ちなし(0勝 4分 4敗)とかなり苦手な相手となっていましたが、2015年以降のリーグ戦は「3勝 3分 1敗」と逆に相性良くなっています。

 そしてこのカードの特徴といえば、(マリノス側から見て)リーグ戦ホームでは「1勝 4分 5敗」、アウェーでは「6勝 4分 1敗」とお互いに“ホームで弱くアウェーで強い”ことで、ホームでは初対戦で勝利して以降9試合勝ちなし、アウェーでは初対戦で敗れて以降10試合負けなしというはっきりとした戦績に。

 ただ、数は少ないとはいえ今回の舞台であるニッパツ(三ツ沢)で行われた公式戦は「2勝 1分 2敗」なので、勝ち越しているわけではないけれど日産スタジアムでの公式戦(0勝 4分 6敗)に比べれば苦手意識はないかもしれません。

 なお、今年はすでに公式戦で4度も対戦済みで、ルヴァンカップグループステージ第2節(ホーム)は△0-0、第5節(アウェー)は●2-4、リーグ第16節(アウェー)は○8-2、天皇杯4回戦(ニッパツで開催)は●2-3という結果でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で負けか引き分けだと、仙台戦ホーム10試合連続勝ちなしとなり、「同一カード ホーム勝ちなし」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で得点すると、ホーム25試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で5得点以上だと、仙台戦2試合連続5得点以上となり、「同一カード 連続5得点以上」のマリノス歴代新記録を達成します(6・7・8得点以上でもそれぞれ新記録達成)。


 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 10試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 25試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で5得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 5得点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で6得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 6得点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で7得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 7得点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で8得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 8得点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 9試合連続“ホーム失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 扇原貴宏が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成します。

 松原健が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 山中亮輔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算114試合出場となり、小宮山尊信(06-09)と並びマリノス歴代44位タイとなります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代48位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算214試合出場となり、ドゥトラ(01-06,12-14)を抜いてマリノス歴代単独11位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算158試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独19位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: ドゥシャン、 仙台 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ、天野純、
                      大津祐樹、(ドゥシャン)

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 伊藤翔、(中澤佑二)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)
            (out) 生駒仁(→富山)

      仙台  .: (in) 矢島慎也(←G大阪)
            (in) ハーフナー マイク(←神戸)
            (in) ハモン ロペス(←柏)

            (out) 庄司悦大(→京都)
            (out) 茂木駿佑(→水戸)
            (out) 金久保順(→京都)
            (out) 西村拓真(→CSKAモスクワ)

 【日本代表】  マリノス: 天野純
           仙台  : シュミット ダニエル

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .仙台  : 板倉滉

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
          .仙台  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           仙台  : ハーフナー マイク
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「今季五度目の顔合わせ。横浜FMは
                CBとFWで先発の入れ替え(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「天野 体調は異常なし 仙台戦も先発濃厚「上目指す」」 (9/29)
   > 「仙台・シュミット、平常心でマリノス0封だ!「いつも通り」」 (9/29)

   > 「横浜に大打撃…FW伊藤が左肘骨折で全治8週間 指揮官も落胆」 (9/28)
   > 「【横浜M】伊藤、今季絶望的 左ひじ骨折全治8週間」 (9/28)
   > 「仙台野津田「決めます」トップ5入りへゴール任せろ」 (9/28)
   > 「【仙台】DF板倉&GKシュミット“代表コンビ”で雪辱!29日アウェー・横浜M戦」 (9/28)

   > 「残留争い横浜Mに打撃…伊藤翔が左肘骨折で全治8週間」 (9/27)
   > 「【仙台】横浜Mキラー、ジャーメインが闘志「またゴールを決めたい」」 (9/27)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsベガルタ仙台 9月29日」 (9/27)

   > 「仙台板倉「A代表入りたい」森保ジャパン入りへ気合」 (9/26)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)09/29(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 仙台戦・データボックス>2018年J1リーグ第28節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年9月26日 (水)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年7月/その1)

Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年6月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年7月/その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


GET A NOTE / レキシ

   シングル『S & G』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


care / 井上陽水

   シングル『care』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Boom!Boom!ヘブン / BRADIO

   アルバム『YES』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


メスゲノムフェノメノン / ぜんぶ君のせいだ。

   アルバム『NEORDER NATION』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


東京 / the quiet room

   アルバム『色づく日々より愛を込めて』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


天気予報 / 羊文学

   アルバム『若者たちへ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


モナリザ / ZOMBIE-CHANG

   アルバム『PETIT PETIT PETIT』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年6月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年7月/その2)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年9月25日 (火)

『宇宙探偵ノーグレイ』 田中啓文 > 「このミス」完全読破 No.1035

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1035

 『宇宙探偵ノーグレイ』 田中啓文

   「このミス」2019年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年9月12日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 文庫本 <2017年11月>

宇宙探偵ノーグレイ (河出文庫)宇宙探偵ノーグレイ (河出文庫)
田中 啓文

河出書房新社 2017-11-07
売り上げランキング : 461391

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「怪獣惑星キンゴジ」「天国惑星パライゾ」「輪廻惑星テンショウ」「芝居惑星エンゲッキ」「猿の惑星チキュウ」から成るシリーズ短篇集です。

 主人公は、宇宙を飛び回って仕事をしている(けれどいつもお金に困っている)探偵のキーコ・ノーグレイ。

 そんな探偵ノーグレイが様々な惑星から依頼を受けて奮闘する姿が描かれていきます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ただノーグレイに依頼して来たのは、怪獣に似た巨大生物を管理する“怪獣ランド”が観光名所となっている星だったり、住人が精神プロテクトにより罪を起こすことが出来なくなっている星だったり、住民全員が法律により脚本通りに生活している星など、とんでもなく奇抜な特徴のある訳ありの惑星ばかり。

 しかも、密室殺人や連続殺人や劇中殺人など、それぞれの惑星の設定において絶対にあり得ないような事件が起きて、それをノーグレイが(住民には事件の存在すら知られないように)密かに事件の真相を解明するべく動いていくのですね。

 本作の一番の読み所といえば、やはりバカバカしいほどに個性的すぎる惑星たちの設定でして、それぞれの地(星)を初めて訪れるノーグレイと共に、ぶっ飛びまくったアイデアが(著者らしい遊び心と共に)詰め込まれた惑星を観光するかのように(読みながら)体感していくのは、かなり刺激的な面白さです。

 そして、そういったタイプの作品だと設定重視でミステリ部分はおざなりになりがちなものの、本作の場合はミステリ部分も奇蹟的に破綻していなくて、異常な設定だからこその不可能殺人ミステリを存分に味わえますし、自らも異常な状況に追い込まれながら謎解きをしていくノーグレイの探偵ぶりを見ているだけでも充分なほどに楽しめるはず。

 ただ、多くの人に好まれるというよりは一部のマニアに絶賛されるようなタイプだと思うこともあって、声を大にしてお薦めはできないのですが、好きな人ならば終始ニヤつきっぱなしで堪能できる特殊設定SFミステリなので、少しでも気になるならまずは最初の「怪獣惑星キンゴジ」の冒頭だけでも読んでみてはいかがでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “田中啓文”関連記事 】

  > No.1035 「宇宙探偵ノーグレイ」

  > No.0678 「シャーロック・ホームズたちの冒険」
  > No.0453 「獅子真鍮の虫 永見緋太郎の事件簿」
  > No.0413 「郭公の盤」
  > No.0129 「辛い飴 永見緋太郎の事件簿」
  > No.0082 「落下する緑 永見緋太郎の事件簿」


 「雪割草」横溝正史 <<< PREV
       NEXT >>> 「コンビニなしでは生きられない」秋保水菓

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年9月24日 (月)

◎オーバルスプリント(2018年)穴馬予想&結果

< 9月24日(月・振)に行われるテレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【テレ玉杯オーバルスプリント】

 浦和のダート1400mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 昨年のJBCスプリントからダート(交流重賞)戦線にも参戦するようになったネロに、2走前が交流重賞(というか重賞自体)初出走だったオウケンビリーヴ、約1年ぶり2回目の交流重賞出走となるウインムート、今回が交流重賞初出走のドライヴナイトという交流重賞戦線では比較的フレッシュな中央馬の面子となっています。

 そのため、3歳時以降は南関重賞でも好走していなかったのに今年の交流重賞・さきたま杯でいきなり3着に入ったアンサンブルライフのような意外な伏兵地方馬の激走もありそうで、予想は難しいですね。

 そして今回もいつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、これを書いているのはオッズが出たばかりの時間帯なので(週初めのレースなので前日販売はなし)、まだこれからオッズは大きく動くでしょう。

 なので、オッズがある程度固まって来てから最終予想を決めることにし、レース約15分前までにはそれをここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ウインムートが1倍台、オウケンビリーヴが3倍台、ネロが5倍台、ドライヴナイトが6倍台となっていました。

 なのでここはその中からネロとドライヴナイトの2頭、そしてまさかの逃げ切りもありえそうな南関馬のノブワイルドも選んでみましょう。


  ◎ ネロ / 戸崎圭太 (9)
  △ ドライヴナイト / 藤岡佑介 (3)
  △ ノブワイルド / 左海誠二 (2)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2  △ ノブワイルド     左海誠二 4
 2着 12    オウケンビリーヴ  北村友一 2
 3着 8     トーセンハルカゼ  真島大輔 9
 4着 6     アンサンブルライフ 繁田健一 7
 5着 9  ◎ ネロ          戸崎圭太 3


 まさかの逃げ切りが実際に起きてしまったので本当に押さえておいてよかったといった感じなのですが、どうやら締切直前になって単勝オッズが驚くほどにガクンと下がっていたようで(レース後に気付きました)、喜びも半減してしまいましたねェ。


  (○単勝:2 8.1倍)  ○的中!  3,000円 → 4,860円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   3/14 .21.4% .-13,140円  68.7%

☆18年通算   >  21/150 14.0% -205,970円  54.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎神戸新聞杯&オールカマー(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎シリウスS(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月23日 (日)

◎神戸新聞杯&オールカマー(2018年)穴馬予想&結果

< 9月23日(日)に行われる神戸新聞杯(GII)産経賞オールカマー(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【神戸新聞杯】

 阪神の芝2400mで行われる3歳重賞(GII)です。

 クラシック第3戦・菊花賞のトライアルレースですが、ダービーの1・2・4着馬が参戦することもあり、前哨戦としても盛り上がりそうですね。

 そして穴狙いとしてはその4頭以外の馬からとなるのですが、ここはダービー組であるアドマイヤアルバを◎にしてみましょう。

 そのダービーは9着に敗れたものの、終始最後方の位置取りから最速上がりを繰り出してのものなので、ポジション次第ではまた違う走りを見せてくれていたかもしれません。

 ダービー前までは9戦全て馬券圏内(8連対)と安定感があり、初重賞挑戦だった前々走の京都新聞杯でもいきなり2着に好走したことから、(ダービーが極端な位置取りだったことも考えると)まだ底を見せていないといえるかもしれませんし、ダービー上位馬が参戦するこのレースで波乱を起こすとすればこの馬が一番可能性があるように思うのですよね。


  ◎ アドマイヤアルバ / 岩田康誠 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     ワグネリアン     藤岡康太  2
 2着 2     エタリオウ      M.デムーロ 3
 3着 6     メイショウテッコン  松山弘平  6
 4着 8     エポカドーロ     戸崎圭太  1
 5着 4     ステイフーリッシュ 川田将雅  4

 9着 9  ◎ アドマイヤアルバ  岩田康誠  7


 やはり前走の上がり最速は直線まで最後方待機だったからこそのものだったようですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【産経賞オールカマー】

 中山の芝2200mで行われる重賞(GII)です。

 こちらのレースも昨年のダービー馬・レイデオロを始めとしてGI好走経験馬が何頭もいる豪華メンバーですが、ここはエアアンセムを◎にしてみましょう。


 7歳馬ながら前々走が古馬になって最初の重賞挑戦となった遅咲きの馬ですが、いきなり5着と健闘すると、続く前走の函館記念では見事に勝利し重賞馬となっています。

 元々大崩れしにくいタイプですし、今回は前に行きたそうな馬が多いのでその直後に付けられればこのメンバーでも一発あるのではないかとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ エアアンセム / 田辺裕信 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     レイデオロ     ルメール  1
 2着 1     アルアイン     北村友一 3
 3着 2     ダンビュライト   武豊    2
 4着 11 ◎ エアアンセム   田辺裕信 5
 5着 6     ショウナンバッハ 三浦皇成 9


 直線の争いも終盤になって“これは3着に粘れただろう”と確信しかけた所で、計ったようにダンビュライトに交わされクビ差4着という結果に.....。

 今月は本当にこんな感じでクビ差とかハナ差で的中を逃すことが多いのですよねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   2/13 .15.4% .-15,000円  61.5%

☆18年通算   >  20/149 13.4% -207,830円  53.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎オーバルスプリント(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月22日 (土)

☆ 磐田戦・データボックス>2018年J1リーグ第27節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/22(土) J1リーグ 第27節・ジュビロ磐田戦 (ヤマハ)


  ○2-1 (前半1-0、後半1-1)

  主審: 村上 伸次  入場者数:13,451人

  .<得点> 1-0 遠藤渓太  (横浜・前半08分/公式Youtube動画
         1-1 川又堅碁  (磐田・後半23分/公式Youtube動画
         2-1 山中亮輔  (横浜・後半41分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】


 この試合で勝利したため、リーグ戦アウェー通算200勝を達成しました。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 ドゥシャンが、後半46分にこの試合2回目の警告を受け、2018年J1リーグ通算2度目の退場となったため、9月26日(土)に行われるJ1リーグ第28節・ベガルタ仙台戦と10月5日(金)に行われるJ1リーグ第29節・北海道コンサドーレ札幌戦の2試合で出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 扇原貴宏が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算113試合出場となり、ファビオ(13-16)を抜いてマリノス歴代単独45位となりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算107試合出場となり、下平匠(14-18)を抜いてマリノス歴代単独50位となりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算213試合出場となり、ドゥトラ(01-06,12-14)と並びマリノス歴代11位タイとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時リーグ戦通算157試合出場となり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代19位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 12位 (前節 14位)
         < 9勝 5分 13敗  勝点 32 得点 45 失点 46 得失点差 -1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「活気づくヤマハを沈めた山中亮輔の左足

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「24番レフティーが決勝点!
           横浜FMが俊輔スタメンの磐田に競り勝つ

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが山中の決勝弾で磐田に競り勝つ!
             降格圏脱出で一気に暫定12位へ浮上


 (スポニチ) 「横浜 山中が窮地救った!アウェー200勝「全員で戦えた」

 (日刊スポーツ) 「横浜山中が決勝弾 意見ぶつけ団結高めた一戦で勝利

 (日刊スポーツ) 「横浜大きな勝ち点3 “オリジナル10”誇りと意地

 (日刊スポーツ) 「横浜山中V弾、得意左足で「全部がうまく重なった」

 (スポーツ報知) 「敵地で磐田に2―1で勝利…
                DF山中が無回転ミドルで決勝弾

 (サンスポ) 「横浜M、磐田撃破で残留へ大きく前進!
                山中亮輔がロングシュートで決勝点

 (サンスポ) 「横浜M、残留へ貴重な勝ち点3
           指揮官「勝利に値するパフォーマンスだった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 磐田戦・プレビュー>2018年J1リーグ第27節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

『雪割草』 横溝正史 > 「このミス」完全読破 No.1034

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1034

 『雪割草』 横溝正史

   「このミス」2019年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年9月7日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年3月>

雪割草雪割草
横溝正史

戎光祥出版 2018-03-08
売り上げランキング : 254346

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 横溝正史といえば、説明するまでもないとは思いますが、『八つ墓村』『犬神家の一族』などの“金田一耕助シリーズ”を始めとした数々の名作を世に送り出した、日本を代表する探偵小説・推理小説作家です。

 そんな横溝正史による、何に掲載されたのか分からず、これまでに単行本化された様子もない小説の草稿(下書き原稿)11枚が2010年に二松學舍大学所蔵の資料の中から見つかったため、この作品について調査したところ、戦時中である1941年に新潟の地方新聞で連載されていたことが判明。

 しかも、国会図書館と新潟県立図書館でマイクロフィルムにて保存されていた誌面は、最終回の一部に欠損箇所があったものの全掲載回の閲覧が可能な状態だったため、今ではその存在すら知られていなかった本作が新聞連載から実に77年ぶりに日の目を見て、もうあり得ないと思われていた“横溝正史の新刊”として発売となったのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 主人公は信州に住む緒方有爲子で、地元の実力者の息子に見初められて婚約することになったものの、式の直前になって有爲子の出生の秘密が明らかになり、それを理由に婚約は破棄されてしまうことに。

 一方的な縁談取り消しに怒った有爲子の(実は血の繋がっていなかった)育ての父親は直後に倒れたまま亡くなり、この騒動により地元に居辛くなったこともあって、本当の父親について知っているらしい人物を訪ねて東京へと向かった有爲子は、そこから激動の日々を送ることになって....。

 この作品が連載されていたのは、探偵小説の発行が禁止され、捕物帳でさえ規制されていた戦時中ということもあり、本作は探偵小説家としての印象が強い横溝正史にしては珍しい、というか生涯唯一となる通俗小説(家庭小説)となっています。

 そのため、探偵は出てこないし連続殺人も猟奇殺人も起こらないので、“横溝正史の幻の作品”だからといってそういった横溝作品の代名詞的な要素を期待しながら読むとガッカリしてしまうかもしれません。

 とはいえ、主人公が幸せの絶頂から一瞬にして哀しみの底へと落ちてしまう導入部分から始まり、主人公の味方であったり敵であったりする様々な人物たちとの運命的な出逢いやすれ違い、主人公を襲う試練の数々、過去から続く忌まわしき因縁、次々に巻き起こる劇的な展開などなど、ストーリーが強く惹き込まれてしまうほどに面白く、今の時代に“NHK連続テレビ小説”でドラマ化しても結構いけるのではないかと思ってしまうほどでした。

 さらには、“くちゃくちゃになったお釜帽、もじゃもじゃとした蓬髪、よれよれの袴”という風貌の、後に発表する作品群で活躍する名探偵・金田一耕介のモデル(原型)であろう人物が登場したり、戦時下において戦場へ行かず家に籠り療養生活を送りながら創作活動を行うという当時の作者自身の苦悩や葛藤をその人物のセリフとして吐き出すなど、横溝作品の歴史として見ても注目すべきポイントがいくつもあります。

 それに、発見時には一般のニュースでも紹介され話題になったほどに、平成も終わろうかという時期に発見・刊行されたこと自体が事件であり快挙である“幻の作品”なので、そんな歴史的背景も味わいつつ、そういった前情報などなくとも文句なしに楽しむことの出来るこの壮大なるメロドラマを堪能してみてはいかがでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「火のないところに煙は」芦沢央 <<< PREV
                NEXT >>> 「宇宙探偵ノーグレイ 」田中啓文

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年9月21日 (金)

「このB'zソングが(個人的に)すごい!」 1位-25位 > B'z30周年記念企画

Goripaku7957_tp_v


 今年(2018年)、B'zが30周年を迎えました

 30周年という記念すべき年に、これまで発表されてきた作品を改めて聴き直す意味合いも込めて(20周年の時にも実施した)“個人的なB'zの好きな曲ランキング”を作ってみることにしたのですが、ただ「BLOWIN'」や「LOVE PHANTOM」や「ultra soul」などの代表曲やシングル曲に対して“何位にしようかな~”と考えるのも今更な感じがあるし、今となっては順位を付けようがないと思うのです

 なので今回は、2017年までに発売されたベストアルバムの収録曲(ベストアルバムというよりはB面&再録集といった感じの『B'z The"Mixture"』の収録曲は除く)、および2015年以降に発売されたシングル表題曲(配信シングル曲も含む)は対象外とし、それ以外の曲の中から個人的に好きな歌をランキング形式で発表してみましょう


 そしてベスト50に選んだ曲を年代別(10年ごと)に分けると以下のようになりました(カッコ内はベスト25の曲数)

  1988-1997年 : 19曲 (11曲)
  1998-2007年 : 23曲 (10曲)
  2008-2017年 : 08曲 (04曲)

 このランキングを作る前までは、自分が一番熱心に聴いていた年代であり、単純に対象曲の数が多く聴いて来た期間も長いということもあって、「1988-1997年」に発売された歌が圧倒的に多く入るだろうと思っていたのですが、意外にも「1998-2007年」の時期の歌の方が多くなりましたし、対象期間に発売された曲数からすれば「2008-2017年」の時期の歌も予想より多く入ったように感じます

 なので、どうしても古い歌の方が思い入れや愛着が強いように思ってしまうものの、やっぱりいつの時期においてもその時々に発表されたB'zの歌を常に好きになっていたんだな~ということを改めて確認できましたね


 S:シングル収録曲  A:アルバム収録曲

 『』:収録CDのタイトル

 曲名のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 MV(Youtube) : Youtubeの公式動画へのリンク

 : iTunesへのリンク(無料で試聴可能)

 右下の数字 : 収録CDの発売日

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

/
/

1位

/
/

/
/

A

/
/

光芒 光芒
『ACTION』
MV(Youtube)
2007.12.05
/ // /////////////// / /
/
/

2位

/
/

/
/

A

/
/

Deep Kiss DEEP KISS
『SURVIVE』
MV(Youtube)
1997.11.19
/ // /////////////// / /
/
/

3位

/
/

/
/

A

/
/

Time Flies Time Flies
『MAGIC』
MV(Youtube)
2009.11.18
/ // /////////////// / /
/
/

4位

/
/

/
/

S

/
/

hole in my heart
『MOTEL』
MV(Youtube)
1990.11.07
/ // /////////////// / /
/
/

5位

/
/

/
/

A

/
/

光芒 なんという幸せ
『ACTION』
MV(Youtube)
2007.12.05

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
/
/

6位

/
/

/
/

A

/
/

Hot Fashion- 流行過多 - HOT FASHION -流行過多-
『RISKY』
MV(Youtube)
1990.11.07
/ // /////////////// / /
/
/

7位

/
/

/
/

A

/
/

In the Life それでも君には戻れない
『IN THE LIFE』
MV(Youtube)
1991.11.27
/ // /////////////// / /
/
/

8位

/
/

/
/

A

/
/

光芒 パーフェクトライフ
『ACTION』
MV(Youtube)
2007.12.05
/ // /////////////// / /
/
/

9位

/
/

/
/

A

/
/

MONSTER ALL-OUT ATTACK
『MONSTER』
MV(Youtube)
2006.06.28
/ // /////////////// / /
/
/

10位

/
/

/
/

A

/
/

Run Native Dance
『RUN』
MV(Youtube)
1992.10.28

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
/
/

11位

/
/

/
/

A

/
/

The Circle アクアブルー
『THE CIRCLE』
MV(Youtube)
2005.04.06
/ // /////////////// / /
/
/

12位

/
/

/
/

A

/
/

Oh! Girl
『OFF THE LOCK』
MV(Youtube)
  1989.05.21
/ // /////////////// / /
/
/

13位

/
/

/
/

A

/
/

DINOSAUR CHAMP
『DINOSAUR』
MV(Youtube)
2017.11.29
/ // /////////////// / /
/
/

14位

/
/

/
/

A

/
/

孤独のRunaway 孤独のRunaway
『MARS』
MV(Youtube)
1991.05.29
/ // /////////////// / /
/
/

15位

/
/

/
/

S

/
/

哀しきdreamer
『FIREBALL』
MV(Youtube)
  1997.03.05

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
/
/

16位

/
/

/
/

A

/
/

In the Life WILD LIFE
『IN THE LIFE』
MV(Youtube)
1991.11.27
/ // /////////////// / /
/
/

17位

/
/

/
/

S

/
/

GO FOR IT, BABY -キオクの山脈- - Single 流星マスク
『GO FO IT, BABY-キオクの山脈-』
MV(Youtube)
2012.04.04
/ // /////////////// / /
/
/

18位

/
/

/
/

A

/
/

Brotherhood 銀の翼で翔べ
『Brotherhood』
MV(Youtube)
1999.07.14
/ // /////////////// / /
/
/

19位

/
/

/
/

A

/
/

Deep Kiss だったらあげちゃえよ
『SURVIVE』
MV(Youtube)
1997.11.19
/ // /////////////// / /
/
/

20位

/
/

/
/

A

/
/

光芒 黒い青春
『ACTION』
MV(Youtube)
2007.12.05

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
/
/

21位

/
/

/
/

A

/
/

Big Machine WAKE UP, RIGHT NOW
『BIG MACHINE』
MV(Youtube)
2003.09.17
/ // /////////////// / /
/
/

22位

/
/

/
/

A

/
/

Big Machine ROOTS
『BIG MACHINE』
MV(Youtube)
2003.09.17
/ // /////////////// / /
/
/

23位

/
/

/
/

A

/
/

今では…今なら…今も…
-Mixture style-
『B'z The "Mixture"』
MV(Youtube)
  2000.02.23
/ // /////////////// / /
/
/

24位

/
/

/
/

A

/
/

DINOSAUR ハルカ
『DINOSAUR』
MV(Youtube)
2017.11.29
/ // /////////////// / /
/
/

25位

/
/

/
/

A

/
/

Friends どうしても君を失いたくない
『FRIENDS』
MV(Youtube)
1992.12.09

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  >>> 「このB'zソングが(個人的に)すごい!」 26位-50位


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年9月20日 (木)

☆ 磐田戦・プレビュー>2018年J1リーグ第27節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 9/22(土) 16:00~ J1リーグ 第27節

     vs ジュビロ磐田 (ヤマハスタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 14位 8勝 5分 13敗 勝点 29  43得 45失 得失 -2 」
  磐田  :「 11位 8勝 9分 9敗 勝点 33  28得 35失 得失 -7 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 磐田戦は、公式戦通算で「32勝 4分 27敗」、リーグ戦通算で「24勝 2分 22敗」とやや勝ち越しているもののほぼ互角の成績で、リーグ戦ホームで「13勝 1分 11敗」、アウェーで「11勝 2分 11敗」とホーム/アウェーごとの相性も特にありません。

 ただ、リーグ戦では2008年第25節から昨年(2017年)の第12節までの14試合でわずか1敗のみ(10勝 3分 1敗)とここ最近はかなり相性が良かったのですが、昨年のリーグ後半戦(アウェー)で●1-2、今年のリーグ前半戦(ホーム)で●1-3と、現在は2連敗中となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で負けると........
   > 3試合“同一カード 連敗”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 扇原貴宏が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算113試合出場となり、ファビオ(13-16)を抜いてマリノス歴代単独45位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算107試合出場となり、下平匠(14-18)を抜いてマリノス歴代単独50位となります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算213試合出場となり、ドゥトラ(01-06,12-14)と並びマリノス歴代11位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算157試合出場となり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 磐田 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ、ドゥシャン
                      天野純、大津祐樹

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(中澤佑二)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)

      磐田  : (in) 志村滉(←水戸)
            (in) エレン(←コンヤスポル)
            (in) 大久保嘉人(←川崎F)

            (out) モルベッキ(→相模原)

 【日本代表】  マリノス: 天野純
           磐田  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .磐田  : 大南拓磨

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
          .磐田  : 伊藤洋輝

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           磐田  : 中村俊輔
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  磐田オフィシャル

 【チケット情報】  磐田オフィシャル

 【試合プレビュー】  「勝点差は『4』。今後を左右する
                 シックスポイントゲーム(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜、残留争い脱出へ 久保、柔軟に戦う「チームの力になる」」 (9/22)
   > 「横浜久保「少しでも力に」3戦ぶりリーグ戦出場気合」 (9/22)
   > 「【横浜M】天野「憧れ」俊輔と対戦熱望!勝利導く」 (9/22)

   > 「横浜セットプレーでの守備修正 DF山中「結果を」」 (9/21)
   > 「横浜、降格圏脱出へ緊急ミーティング 天野「一致団結してやらないと」」 (9/21)
   > 「磐田山田「活躍し喜んでもらいたい」亡き恩師に誓う」 (9/21)

   > 「横浜天野「光栄」憧れ俊輔とのレフティー対決へ気合」 (9/20)
   > 「横浜、残留争い脱出へ先発ガラリ 天野、遠藤外れる」 (9/20)
   > 「磐田高橋「自信につながる」最多得点の横浜完封誓う」 (9/20)
   > 「【J試合情報】ジュビロ磐田vs横浜F・マリノス 9月22日」 (9/20)

   > 「14位横浜、磐田戦へ監督が勝つメンタリティー伝授」 (9/19)

   > 「磐田新加入エレン「出場するために」手応えの90分」 (9/16)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)09/22(土) 16:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 磐田戦・データボックス>2018年J1リーグ第27節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年9月19日 (水)

◎東京記念(2018年)穴馬予想&結果

< 9月19日(水)に行われる東京記念(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京記念】

 大井のダート2400mで行われる南関重賞(SI)です。

 ここは、ユーロビートを◎にしてみましょう。

 かつては交流重賞を中心に走ってマーキュリーCを制するなど南関を代表する一頭として活躍していたものの、昨年の5月以降は南関でのレースのみ走りながら一度も馬券に絡むことが出来ていません。

 とはいえ、金盃を制し交流重賞・ダイオライト記念で2着と好走したのはまだ昨年の話ですし、今年の初戦である金盃で競争中止となりながら復帰戦の大井記念でいきなり4着と健闘していて、前走のOPでは6着ながら2・3着馬とは0.4秒差でした。

 なので、4年前が1着、3年前が59kgを背負って2着、2年前が1着、昨年が58kgを背負って4着と相性の良いこのレースでの復活も充分にありえるとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ ユーロビート / 吉原寛人 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     シュテルングランツ 的場文男 2
 2着 6     カツゲキキトキト   大畑雅章 1
 3着 7  ◎ ユーロビート     吉原寛人 8
 4着 11    スギノグローアップ 真島大輔 9
 5着 15    ペイシャゴンジセ  本田正重 13


  (○複勝:7 3.6倍)  ○的中!  3,000円 → 10,800円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   2/11 .18.2%  -9,000円  72.7%

☆18年通算   >  20/147 13.6% -201,830円  54.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎セントライト記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎神戸新聞杯&オールカマー(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月18日 (火)

『火のないところに煙は』 芦沢央 > 「このミス」完全読破 No.1033

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1033

 『火のないところに煙は』 芦沢央

   「このミス」2019年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年9月6日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年6月>

火のないところに煙は火のないところに煙は
芦沢 央

新潮社 2018-06-22
売り上げランキング : 3320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「染み」「お祓いを頼む女」「妄言」「助けてって言ったのに」「誰かの怪異」「禁忌」から成る連作集です。

 主人公は本作の作者(芦沢央)と思しき作家で、「小説新潮」から“神楽坂を舞台にした怪談”をテーマにした短篇小説の依頼を受けることに。

 ちょうど主人公は、かつて友人に関係する奇妙で凄惨な事件を、まさに神楽坂で体験していて、今まで心のどこかで引きずり続けていながらきちんと向き合わずにいたこともあり、その事件について書くことにしまして、それが第一話の内容となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そして第二話からは、とある理由もあって怪談短篇集として一冊の本にするべく、周囲の人たちから聞くなどした怪談話を「小説新潮」に載せていくという、“怪談の短篇”と“それを執筆し発表する主人公の心情や行動”とが同時進行する形で描かれていきます。

 怪談といっても収録されている話はいずれも(怪奇現象に翻弄されるだけでなく)怪異の謎を解くべく動く人物が登場することもあってミステリ的な展開が中心となりますし、怪異が関わってくることでサスペンス的なドキドキ感も増し、さらに終盤で一捻りをみせる予測のつかない展開があったりと、「このミス」でもベスト5入りするなど評価の高かった(怪談ではない)ノンシリーズ短篇集No.912「許されようとは思いません」を思わすような鋭く刺激的な読み味をそれぞれの短篇作品で楽しむことが出来ると思います。

 しかも本作の場合は、怪談話を雑誌で発表していく主人公自身の物語が次第に色濃く浮かび上がってくることにより、ページが進むごとに恐ろしさやおぞましさが侵食していくように感じられ、それに伴い面白さの方も増幅していくので、連作ならではの味わいも堪能出来るのですね。

 とはいえ、これは怪談ミステリとして同系であるNo.576「残穢」(小野不由美)もそうでしたが、エンタメ的に派手だったり暴力的だったりなど直接的な恐怖を演出するタイプではなく、得体のしれない恐怖に背すじを凍らせるようなタイプのホラーなので、単行本帯の強気な煽り文(『本年度ミステリ・ランキングの大本命!』)などから力強い読み応えのあるエンタメホラーだと期待してしまうと手応えを感じられないかもしれません。

 なので、ハリウッドの大作ホラー映画を観るというよりは、評判の良い怪談イベントに行って怪談噺を聴くような気持ちで読み始めた方が、この裏表紙にまでゾッとする仕掛けのある怪談連作集の魅力に浸るのには最良なのではないでしょうか(裏表紙の仕掛けは第一話を読んでから確認してください)。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “芦沢央” 関連記事 】

  > No.1033 「火のないところに煙は」
  > No.0912 「許されようとは思いません」


 「ビブリア古書堂の事件手帖7」三上延 <<< PREV
                    NEXT >>> 「雪割草」横溝正史

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年9月17日 (月)

◎セントライト記念(2018年)穴馬予想&結果

< 9月17日(月・祝)に行われる朝日杯セントライト記念(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【朝日杯セントライト記念】

 中山の芝2200mで行われる3歳重賞(GII)です。

 クラシック第3戦・菊花賞のトライアルレースですが、ダービーの上位勢の多くが神戸新聞杯や古馬相手の重賞を選んだこともあり、本番に向けた前哨戦というよりは(本番に向けては)伏兵や新勢力が現れるか注目するレースといった感じですかね。

 それでここは、これを書いている時点で複勝最低オッズが2倍を切るかどうか微妙なラインの馬が多くいるので(複勝最低オッズが2倍以上の馬が対象の)穴狙いとしてはもどかしいものの、となれば確実に2倍以上になる馬から選ぶとして、ゼーゲンを◎にしてみましょう。

 4月の未勝利戦でデビューし勝利すると、続く前走の500万下では古馬相手に勝利で、デビューから2戦2勝とまだ底を見せていませんし、2戦共に上がり最速で前走は唯一の34秒台を出すなどパフォーマンスも良いので、舞台が重賞に変わるとはいえ穴として面白い存在なのではないでしょうか。


  ◎ ゼーゲン / 大野拓弥 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ジェネラーレウーノ 田辺裕信  4
 2着 15    レイエンダ      ルメール   1
 3着 2     グレイル       岩田康誠  6
 4着 7     ブレステイキング  M.デムーロ 2
 5着 14    オウケンムーン   北村宏司  10

10着 6  ◎ ゼーゲン       大野拓弥  9


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   1/10 .10.0% -16,800円  .44.0%

☆18年通算   >  19/146 13.0% -209,630円  52.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ローズS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月16日 (日)

☆ 浦和戦・データボックス>2018年J1リーグ第26節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/16(日) J1リーグ 第26節・浦和レッズ戦 (日産ス)


  ●1-2 (前半0-1、後半1-1)

  主審: 飯田 淳平  入場者数:41,685人

  .<得点> 0-1 宇賀神友弥    (浦和・前半43分/公式Youtube動画
         1-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半24分/公式Youtube動画
         1-2 武藤雄樹      (浦和・後半34分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で得点したため、リーグ戦ホーム25試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新しました。


 <記録更新>

  ・「ホーム得点」記録 > 25試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「ホーム失点」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 ドゥシャンが、2018年J1リーグ通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

 天野純が、2018年J1リーグ通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

 大津祐樹が、2018年J1リーグ通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 伊藤翔が、マリノス所属時公式戦通算172試合出場となり、那須大亮(02-07)を抜いてマリノス歴代単独28位となりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算106試合出場となり、下平匠(14-18)と並びマリノス歴代50位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手ゴール情報】

 ウーゴ ヴィエイラが、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となりました。


  <ゴールランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 41,686人

  > マリノス総合ランキング ベスト・58位


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 14位 (前節 14位)
         < 8勝 5分 13敗  勝点 29 得点 43 失点 45 得失点差 -2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「多くのチャンスをモノにできず。
              横浜FMが降格圏に近づく手痛い敗戦

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「浦和が競り勝ち連敗ストップ!横浜FMに3季ぶり勝利

 (ゲキサカ) 「A代表デビュー後の一戦…
            横浜FM天野「責任を感じている」

 (ドメサカブログ) 「武藤が完璧な抜け出しで5か月ぶりゴール!
                浦和が横浜FMに競り勝ち残留争いを脱出


 (スポニチ) 「横浜 好機生かせず●…
            天野「決めないとこういう展開になる」

 (日刊スポーツ) 「横浜MF天野「反省しています」決定機決めきれず

 (日刊スポーツ) 「横浜ポステコグルー監督「勝つため」珍し感情あらわ

 (スポーツ報知) 「オリジナル10、自動降格の危機

 (サンスポ) 「横浜M、初のJ2降格危機に内紛勃発!?監督と選手間で…

 (サンスポ) 「横浜M、浦和に敗れ残留争いに
            指揮官「こういう試合が何回も起こっている」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 浦和戦・プレビュー>2018年J1リーグ第26節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎ローズS(2018年)穴馬予想&結果

< 9月16日(日)に行われる関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【関西テレビ放送賞ローズステークス】

 阪神の芝1800mで行われる3歳牝馬重賞(GII)です。

 牝馬クラシック第3戦・秋華賞のトライアルレースですが、ここに参戦するオークス組は4頭だけで(オークスの)最高着順は6着なので、例年のように秋華賞の前哨戦とはならなそうです。

 ただ、オークスの上位勢に負傷中の馬が何頭か出ているので、このメンバーでもほぼ前哨戦となってしまう可能性もありそうですかね。

 それでここは、クラシック組ではないゴージャスランチを◎にしてみましょう。

 今回が初重賞挑戦という馬で、初勝利をあげるまで4戦かかったとはいえ(その後のレースも含めて)7戦全て馬券圏内という安定感があります。

 それに先行して33秒台の上がりを出せる脚は魅力ですし、3走前のOPの時のように後方ポツンの位置取りとなっても他馬を圧倒する上がりの速さで勝ち馬と僅差の所まで追い上げているので、気まぐれな按上とも相性良さそうなため、この馬に期待してみることに。


  ◎ ゴージャスランチ / 横山典弘 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13    カンタービレ    ルメール   5
 2着 5     サラキア      池添謙一   2
 3着 4     ラテュロス     秋山真一郎 13
 4着 12 ◎ ゴージャスランチ 横山典弘   8
 5着 14    ウラヌスチャーム 藤岡佑介   6


 ◎馬は今回は逃げの戦法を採り、直線では早めに後続に呑み込まれそうになりながらもそこから粘り腰を入れていたのですが、結局3着馬とクビ差の4着という結果に.....。

 今月に入ってからこんな感じでほんの少しの差で外してしまうというパターンが本当に多いのですよね。

 まあ惜しいところもなく外しまくっていた先月までに比べれば良くなっているのかもしれませんが...。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   1/9  .11.1% -13,800円  .48.9%

☆18年通算   >  19/145 13.1% -206,630円  52.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎阪神ジャンプS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎セントライト記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月15日 (土)

◎阪神ジャンプS(2018年)穴馬予想&結果

< 9月15日(土)に行われる阪神ジャンプステークス(J・GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【阪神ジャンプステークス】

 阪神の芝3140mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 4番人気以降の6頭が全て障害レースで勝ったのが未勝利戦のみという重賞らしくないメンバーですし、そんな馬の中から穴狙いをするのもかなり難しいですね。

 それでここは、メイショウダッサイを◎にしてみましょう。

 選んだ理由といってもほとんど勘なので説明など出来ませんが、障害デビューから確実に着差を詰めて前走で初勝利となったので、その勢いでここでも好走してくれればいいのですが。


  ◎ メイショウダッサイ / 森一馬 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     アップトゥデイト   白浜雄造 1
 2着 9     ラヴアンドポップ   高田潤   4
 3着 3  ◎ メイショウダッサイ  森一馬   6
 4着 2     マイネルフィエスタ 植野貴也 3
 5着 7     シゲルクロカジキ  石神深一 2


 9月に入ってから惜しいレースは多いのに1つも当たっていなかったので、ここを当てることが出来たのは嬉しいし自信にもなりますね(たとえ選んだ理由がほとんど勘だったとしても)。


  (○複勝:3 4.4倍)  ○的中!  3,000円 → 13,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   1/8  .12.5% -10,800円  .55.0%

☆18年通算   >  19/144 13.2% -203,630円  52.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎戸塚記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ローズS(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月14日 (金)

☆ 浦和戦・プレビュー>2018年J1リーグ第26節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 9/16(日) 16:00~ J1リーグ 第26節

     vs 浦和レッズ (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 14位 8勝 5分 12敗 勝点 29  42得 43失 得失 -1 」
  浦和  :「  .9位 8勝 8分 9敗 勝点 32  31得 26失 得失 +5 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 浦和戦は、公式戦通算で「34勝 7分 27敗」、リーグ戦通算で「29勝 6分 20敗」といずれも勝ち越していますが、2005-2007年の公式戦8試合で全く勝ちがないなど苦手としている時期もありましたし、一方でアウェーでは2007年から2013年まで7年間負けなし&2008年から2013年まで6年間全勝と最高に相性が良い時期もありました。

 そして近年では、2014年から2016年までの6試合でわずか1勝のみ(1勝 2分 3敗)と勝てない試合が多かったものの、昨年はホーム(開幕戦)で○3-2、アウェー(最終節)で○1-0と2連勝し、今年の第4節(アウェー)も○1-0で勝利して現在3連勝中&6試合負けなし中(4勝 2分 0敗)なので、相性はまた良い方向へと進んでいますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で得点すると、リーグ戦ホーム25試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新します


 ★今回の試合で得点すると........
   > 25試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 8試合連続“ホーム失点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード 無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算172試合出場となり、那須大亮(02-07)を抜いてマリノス歴代単独28位となります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算113試合出場となり、ファビオ(13-16)を抜いてマリノス歴代単独45位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算106試合出場となり、下平匠(14-18)と並びマリノス歴代50位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算157試合出場となり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: 松原健、 浦和 : オリヴェイラ監督(ベンチ入り停止)

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(中澤佑二)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)

      浦和  : (in) 茂木力也(←山形)
            (in) ファブリシオ(←ポルティモネンセ)

            (out)

 【日本代表】  マリノス: 天野純
           浦和  : 槙野智章

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .浦和  :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
          .浦和  : 橋岡大樹、荻原拓也

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           浦和  : マルティノス、榎本哲也
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 天野、日本代表定着誓う 「もっと成長速度を上げる」」 (9/14)
   > 「横浜天野「Jでもっと抜けた存在に」代表定着誓う」 (9/14)
   > 「初代表の横浜天野が結婚「奥さんにカッコイイ姿を」」 (9/14)
   > 「【横浜M】「俊輔2世」天野純、鈴木ちなみ似一般女性と結婚 A代表初選出と幸せ続き」 (9/14)

   > 「浦和痛っ!ファブリシオ全治7カ月、来年開幕も絶望的 7月加入、9戦6発」 (9/14)
   > 「【浦和】槙野、横浜M天野を警戒「戦える選手」」 (9/14)

   > 「「Jリーグで突き抜けた存在にならないといけない」。天野純が代表活動でつかんだ収穫」 (9/13)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs浦和レッズ 9月16日」 (9/13)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)09/16(日) 16:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 浦和戦・データボックス>2018年J1リーグ第26節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年9月13日 (木)

『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』 三上延 > 「このミス」完全読破 No.1032

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1032

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』 三上延

   「このミス」2018年版 : 126位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
                 (小説ランキング) 6位

   読了日 : 2018年9月1日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 電子書籍 <2017年2月>

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
三上 延

KADOKAWA 2017-02-25
売り上げランキング : 4165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

No.493「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」
No.554「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」
No.559「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」
No.631「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~」
No.718「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」
No.835「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」
に続く、“ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ”の7作目です。

 2011年に1巻が発売されると瞬く間に大ヒットを記録し、続刊が発売される度にさらなるヒットをし続けている人気シリーズですが、それをきっかけに他作家のショップ系ライトミステリ作品が次々と刊行されてこれまたヒットするなど、その影響力は一つのジャンルにおいてブームを巻き起こすほどでした。

 ただそんな話題性だけでなく、1作目が「週刊文春ミステリーベスト10」と「本格ミステリ・ベスト10(本ミス)」、3作目が「本ミス」、4作目が「このミス」にランクインし、2作目収録短篇と4作目は「日本推理作家協会賞」の候補に選ばれるなど、ミステリ作品としても高い評価を受けていますし、1作目は「本屋大賞」で現時点(2018年)で唯一となる文庫作品でのベスト10入りを果たしているなどの実績も持っているのです。

 そんな一時代を築いたともいえるシリーズですが、本作にてついにエンディングを迎えることになりました。

 とはいえ、1巻から続く本編としての流れは本作で終了となるものの、まだ番外編やスピンオフ作品などが発表されていくので、シリーズとしての完結はまだ先となるようですね。

 なおこのシリーズは、シリーズ全体を通しての物語展開が重要となっていますし、今回は特に最終巻だけあってこれまでの総まとめといった感じもあるため、1作目から順に読んでいくことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今回主に取り扱われるのは、1623年に出版されたシェイクスピアの戯曲作品集であるファースト・フォリオで、赤・青・白に装丁された三冊のファースト・フィリオのファクシミリ(複製本)のうちから本物を当てるという、栞子さんと大輔にとって一世一代となるほどの賭けを行なうことに。

 シェイクスピアやファースト・フィリオなどに関する蘊蓄を含めた会話劇は知的好奇心をくすぐられながらの面白さですし、それが心震わす人間ドラマと絶妙に絡み合っていて、さらにクライマックスにおける振り市(古書店を対象としたオークションのようなもの)では迫力満点のやり取りが繰り広げられるなど、相変わらずライトミステリとは呼べないくらいに読み応えある古書ミステリとなっています。

 ただやはり今巻は、これまで語られてきた栞子さんと大輔を中心としたストーリーがどのような終着点へと向かうのかが一番の読み所だと思うのですが、そこはもう(今更変に掻き乱したり特別感を出したりすることなく)ここまで続いてきた流れのままに物語は進んでいきますし、それでいて懐かしの人物も顔を見せるなど最終回らしさもあったりするので、1巻からずっと読んで来た人であればとても満足なエンディングを迎えることが出来るのではないでしょうか。

 そして、番外編やスピンオフも待ち遠しくなってしまうのですが、それとはまた別に、激動の人間ドラマはなくてもいいのでまた(本格的な)古書ミステリを新シリーズとして読みたくなってしまいますねェ。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “三上延” 関連記事 】

  > No.1032 「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」
  > No.0875 「江ノ島西浦写真館」
  > No.0835 「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」

  > No.0718 「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」
  > No.0631 「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~」
  > No.0559 「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」
  > No.0554 「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」
  > No.0493 「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」


 「遠縁の女」青山文平 <<< PREV/NEXT >>> 「火のないところに煙は」芦沢央

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年9月12日 (水)

◎戸塚記念(2018年)穴馬予想&結果

< 9月12日(水)に行われる戸塚記念(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【戸塚記念】

 川崎のダート2100mで行われる南関3歳重賞(SI)です。

 物心がつく前から戸塚で暮らしている自分にとっては何としてでも当てたい特別なレースなのですが(このレースはかつて戸塚にあった競馬場を記念した重賞)、そんな意気込みとは裏腹に馬券相性的には悪すぎるのです....。

 とはいえ今年からSIに昇格となったこともあり、心機一転の気持ちで今年こそは当てたいところですね。

 それで今回は、中央から移籍初戦のトライアルを快勝したトキノパイレーツ、東京ダービー3着で前走の黒潮盃も制したクロスケ、東京プリンセス賞3着&交流重賞・関東オークス2着のゴールドパテックの3頭が人気を集めそうなので、それ以外の馬を狙うとして、ここはワンダーツーを◎にしてみましょう。

 この馬も元中央馬で、ダートでは1レースを除いて掲示板に載っていたという大崩れしない安定感がありましたが、南関移籍後は古馬相手の条件戦で勝利し、前走の黒潮盃は前2頭に大きく離されての4着という結果に。

 ただこの時は終始外を周りつつ早めに仕掛けて先頭に出るという積極的な走りを見せた結果で、最後はバテナテになりながらも4着には粘っていましたし、さらに距離は伸びるとはいえ上手く立ち回れば充分にこなせるコースなので、強力な実績を持つ3頭の間に割って入る可能性があるとすればこの馬なのでは。


  ◎ ワンダーツー / 左海誠二 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     チャイヤプーン    森泰斗    5
 2着 7     トキノパイレーツ   町野修斗  1
 3着 14    クレイジーアクセル 御神本訓史 4
 4着 3     ゴールドパテック   今野忠成  3
 5着 5     トーセンブル     本田正重  10

10着 10 ◎ ワンダーツー     左海誠二  8


 やはり今年も当たりませんでした....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   0/7   0.0% .-21,000円   0.0%

☆18年通算   >  18/143 12.6% -213,830円  50.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎セントウルS&京成杯オータムH(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎阪神ジャンプS(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月11日 (火)

『遠縁の女』 青山文平 > 「このミス」完全読破 No.1031

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1031

 『遠縁の女』 青山文平

   「このミス」2018年版 : 7位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年8月26日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2017年4月>

遠縁の女遠縁の女
青山 文平

文藝春秋 2017-04-14
売り上げランキング : 119445

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 青山文平は、松本清張賞を受賞した『白樫の樹の下で』にて2011年にデビューすると、その後も時代小説を書き続け、『鬼はもとより』で大藪春彦賞、『つまをめとらば』で直木三十五賞を受賞するなどの実績も残している人気時代小説作家の一人です。

 時代小説ながらミステリ的な演出を絡めた作品も多いとはいえ、これまではミステリランキングで名前を見掛けることはなかったのですが、2016年に発表したNo.1000「半席」は時代小説とミステリ要素(ホワイダニット)とを絡めた内容が高く評価され、「このミス」4位、「本格ミステリ・ベスト10」14位、「週刊文春ミステリーベスト10」20位と、複数のミステリランキングにランクイン。

 さらにその翌年(2017年)に発売の本作にて「このミス」で2年連続ベスト10入りを果たすなど、今では時代小説界だけでなくミステリ界でも一躍大注目の作家となっているのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作ですが、「機織る武家」「沼尻新田」「遠縁の女」という武家の時代を扱った三篇から成るノンシリーズの時代小説作品集です。

 「機織る武家」は、前妻と死に別れた婿の男、前妻の親であり実質一家の主でもある義母、そして男の後妻という血が繋がらず微妙な関係の家族三人による物語で、「沼尻新田」は、新田開発を持ちかけられた男が誰も手を出さない未踏の地を前に妙案を思い付く物語。

 どちらの話も、あまり上手くいっていない状況だったのが一つの契機をきっかけに好転していく展開により盛り上がりが生み出されていて、ミステリ要素は控えめではあるものの、途中で出てくる興味をかきたてられるほどの謎の存在によって物語に大きなアクセントが加えられています。

 そして表題作は、父から提案され武者修行の旅を始めた主人公が、五年が経った頃に父の訃報が届いたため故郷に帰ると、親友の身に重大な出来事が起きていて、その事情をよく知っているらしい(幼き頃から顔見知りの)女に逢いに行くところから物語は更なる動きを見せていくことに。

 前二篇よりページ数の多い中篇ということもあって、武者修行に行く前のやり取りや武者修行中の様子などの描写にも力が入っていて時代小説としての魅力がとても感じられるのですが、国元に帰って女から(主人公を責めるような)謎めいた言葉を受けてから作品の雰囲気はがらりと変わり、謎が求心力となって意識を物語の先へと引っ張っていきますし、真相が明かされた瞬間にそれまでの伏線が浮上し全体的な仕掛けも姿を現すなど、前二編と比べるとミステリ要素は濃くなっていました。

 それでも、犯行動機の真相を暴くというホワイダニットに徹していた『半席』と比べると、本作収録作はミステリ要素を前面に押し出しているようなタイプではないため、「このミス」でベスト10入りしたからといって強くてインパクトあるミステリ要素を期待してしまうと拍子抜けしてしまうかもしれません。

 とはいえ、どの話もミステリ要素が物語の中で効果的な役割を果たしていて、(分かりやすく前面には出ていないけれど)ミステリ要素が物語と一体になっていることが最後まで読めば分かりますし、なにより単純に物語としての面白さや文章力が圧倒的な面白さなので、読めばミステリ的かどうかなど関係なくなってしまうくらいに“青山文平が手掛ける時代小説の世界”の虜になってしまうのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “青山文平” 関連記事 】

  > No.1031 「遠縁の女」
  > No.1000 「半席」


 「名探偵誕生」似鳥鶏 <<< PREV
           NEXT >>> 「ビブリア古書堂の事件手帖7」三上延

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年9月10日 (月)

「ジモトがジャパン」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ新連載!

週刊少年ジャンプ(42) 2018年 10/1 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ(42) 2018年 10/1 号 [雑誌]

2018-09-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2018年9月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2018年42号(9月15日〈土〉発売)からスタートの「ジモトがジャパン」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2018年42号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の林聖二(はやし・せいじ)は、「ヒデ」で“赤塚賞(2014年下半期)”の佳作を受賞し、「土俵に咲く薔薇」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.3”に掲載してデビュー(「土俵に咲く薔薇」 林聖二 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3参照)。

 続いて「人間 碓氷一臣」を“本誌2016年14号”に掲載して本誌デビューを果たし(「人間 碓氷一臣」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「地球人間テラちゃん」を“本誌2016年51号&52号”に2週連続で掲載(「地球人間テラちゃん(51号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切!/「地球人間テラちゃん(52号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらにその「地球人間テラちゃん」を2017年5月から“少年ジャンプ+(プラス)”で短期集中連載し(全7話/少年ジャンプ+参照)、2018年4月には「おいでませ山口」を“少年ジャンプ+(プラス)”に掲載(少年ジャンプ+参照)。

 そして本作にて本誌での連載デビューとなりました。

 なお、「思春期ルネサンス!ダビデ君」(黒木雄心)と同時に連載スタートということもあってか、連載第1話は巻末カラーとなっています(「思春期ルネサンス!ダビデ君」の方が巻頭カラー)。


 内容の方は、全国各地を愛する男の学園地元愛ギャグ漫画です。

 愛する故郷・山形から東京の津々浦中学校に転校してきたのは、“東京モンにナメられるワケにはいかねー”と気合が入っている安孫子時生(あびこ・ときお)。

 しかし転校初日に校門をくぐろうとしたその時、“都道府拳マスター”と名乗る日ノ本ジャパン(ひのもと・ジャパン)が現れ、地元はどこなのかしつこく聞いてきて....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「林聖二」関連記事】

  > 「ジモトがジャパン」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.9.10)

  > 「地球人間テラちゃん(52号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.28)
  > 「地球人間テラちゃん(51号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.21)

  > 「人間 碓氷一臣」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.7)

  > 「土俵に咲く薔薇」 林聖二 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.24)


 【「2018年9月の新連載」関連記事】

  > 「思春期ルネサンス!ダビデ君」 黒木雄心 (18.9.10)

  > 「ジモトがジャパン」 林聖二 (18.9.10)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「思春期ルネサンス!ダビデ君」 黒木雄心 > 週刊少年ジャンプ新連載!

週刊少年ジャンプ(42) 2018年 10/1 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ(42) 2018年 10/1 号 [雑誌]

2018-09-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2018年9月の週刊少年ジャンプ新連載“第1弾”が、2018年42号(9月15日〈土〉発売)からスタートの「思春期ルネサンス!ダビデ君(ししゅんき・ルネサンス・ダビデくん)です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2018年42号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の黒木雄心(くろき・ゆうしん)は、「メガトンパンチラー吉田」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2012年3月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、「もめるひと」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.3”に掲載してデビューを果たし(「もめるひと」 黒木雄心 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3参照)、その同名リニューアル版「もめるひと」を“本誌2015年02号”に掲載して本誌デビュー(「もめるひと」 黒木雄心 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらには、“ジャンプGIGA vol.1~4”で「セントウのススメ」を連載(全4話/「セントウのススメ」 黒木雄心 > ジャンプGIGA新連載!)。

 そして、“本誌2018年06号”で行われた“WJ期待の新鋭作家集結!! 新年ショートギャグフェスタ2018!!”というオムニバス企画に「思春期ルネサンス ダビデ君」(3ページ)で参加し、その作品を基にした本作にて本誌での連載デビューとなりました。


 内容の方は、容姿がダビデ像学生による思春期全開学園青春ギャグ漫画です。

 ルブール高校に通うダビデは、見た目はダビデ像にそっくりな普通の高校生。

 そんなダビデは、クラスの女神(アイドル)であるヴィーナスさんに片思いしているものの、思春期をこじらした性格のためまともに会話が出来なくて....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「黒木雄心」関連記事】

  > 「思春期ルネサンス!ダビデ君」 黒木雄心 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.9.10)

  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.6)

  > 「もめるひと」 黒木雄心 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.12.1)
  > 「もめるひと」 黒木雄心 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (14.7.16)


 【「2018年9月の新連載」関連記事】

  > 「思春期ルネサンス!ダビデ君」 黒木雄心 (18.9.10)

  > 「ジモトがジャパン」 林聖二 (18.9.10)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年9月 9日 (日)

☆ G大阪戦・データボックス>2018年ルヴァンカップ準々決勝第2戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/9(日) YBCルヴァンカップ プライムステージ
           準々決勝 第2戦・ガンバ大阪戦 (日産ス)


  ○3-1 (前半2-0、後半1-1)

  主審: 荒木 友輔  入場者数:11,207人

  .<得点> 1-0 仲川輝人  (横浜・前半12分/公式Youtube動画
         2-0 伊藤翔    (横浜・前半20分/公式Youtube動画
         2-1 一美和成  (大阪・後半07分/公式Youtube動画
         3-1 伊藤翔    (横浜・後半40分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 伊藤翔が、マリノス所属時公式戦通算171試合出場となり、那須大亮(02-07)と並びマリノス歴代28位タイとなりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算112試合出場となり、ファビオ(13-16)と並びマリノス歴代45位タイとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時ルヴァンカップ通算30試合出場となり、三浦文丈(93-98)・榎本達也(97-06)・齋藤学(08-10,12-17)・中町公祐と並びマリノス歴代20位タイとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時ルヴァンカップ通算30試合出場となり、三浦文丈(93-98)・榎本達也(97-06)・齋藤学(08-10,12-17)・飯倉大樹と並びマリノス歴代20位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【準決勝進出決定】


 準々決勝は第1戦が○4-0、第2戦が3-1で2戦2勝となったため、準決勝進出が決定しました。

 10月10日(水/第1戦/アウェー)と10月14日(日/第2戦/ホーム)に行われる準決勝では、準々決勝を川崎フロンターレ相手に勝ち抜いた鹿島アントラーズ(J1)と対戦します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!

    


 (Jリーグ公式) 「2戦合計7-1で横浜FMがベスト4にコマを進める

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMが攻め手緩めず2戦合計7-1!!
            主力投入のG大阪を圧倒して2年ぶり4強へ

 (ドメサカブログ) 「伊藤翔が公式戦3試合連続の2ゴール!
                横浜FMが2連勝でG大阪下しベスト4へ


 (スポニチ) 「伊藤また2発!横浜4強導く“大暴れ”直近3戦で6発

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・伊藤、2戦連続2ゴール
           「どんどん栄養剤飲んで成長できている感じ」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ G大阪戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップ準々決勝第2戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎セントウルS&京成杯オータムH(2018年)穴馬予想&結果

< 9月9日(日)に行われる産経賞セントウルステークス(GII)京成杯オータムハンデキャップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【産経賞セントウルステークス】

 阪神の芝1200mで行われる重賞(GII)です。

 今年の高松宮記念の勝ち馬・ファインニードルが秋初戦を迎えるスプリントGIIですが、ここはラインスピリットを◎にしてみましょう。

 なかなか馬券圏内に入ることが出来ていないとはいえ、京王杯SCは5着ながら0.2秒差、函館SSは6着ながら0.3秒差など惜しい走りを見せていますし、展開次第では充分にチャンスがあるのでは。


  ◎ ラインスピリット / 森一馬 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14    ファインニードル  川田将雅   1
 2着 2     ラブカンプー     M.デムーロ 2
 3着 13    グレイトチャーター 幸英明    7
 4着 4     コウエイタケル   小牧太   11
 5着 8  ◎ ラインスピリット   森一馬   9


 直線でも3番手から前の2頭に迫っていってたので、“これはいけるぞ”と思ったのですけどねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京成杯オータムハンデキャップ】

 中山の芝1600mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ここは、ストーミーシーを◎にしてみましょう。

 前走のダービー卿CTは9番人気ながら3着に入り穴をあけましたが、その前も京都金杯で0.2秒差5着、東京新聞杯で10着ながら0.5秒差と健闘していましたし、今回も54kgで走れるので、開幕週の差し馬なので展開の助けも必要かもしれないけれど2レース連続での穴あけもありそうに思います。


  ◎ ストーミーシー / 大野拓弥 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ミッキーグローリー  ルメール  1
 2着 14    ワントゥワン      戸崎圭太 3
 3着 2     ロジクライ       浜中俊   2
 4着 5     ロードクエスト     三浦皇成 5
 5着 13    ゴールドサーベラス 柴山雄一 8

 7着 11 ◎ ストーミーシー    大野拓弥 10


 直線では大外から粘り強く伸びてきて“3着ならあわよくば”という位置まで来てはいたのですけどねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   0/6   0.0% .-18,000円   0.0%

☆18年通算   >  18/142 12.7% -210,830円  50.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎紫苑S(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎戸塚記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月 8日 (土)

◎紫苑S(2018年)穴馬予想&結果

< 9月8日(土)に行われる紫苑ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【紫苑ステークス】

 中山の芝2000mで行われる3歳牝馬重賞(GIII)です。

 牝馬クラシック第3戦・秋華賞のトライアルレースですが、ここはオークス組から選ぶとして、ロサグラウカを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝利した3ヶ月後に500万下を勝ち、その3ヶ月後のオークスに参戦し、今回はそれから4ヶ月後と、ゆったりとした間隔で走っている馬ですね。

 2戦無敗で挑んだ前走のオークスは10着に敗れたものの、17番枠も影響してか初めて後方からの競馬になり、展開的にチャンスのない位置取りでしたし、中山開幕週の内めの枠で先行出来るのであれば一発もあるのでは。


  ◎ ロサグラウカ / 石川裕紀人 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14    ノームコア     ルメール  2
 2着 1     マウレア      武豊     1
 3着 8     ランドネ       吉田隼人  7
 4着 3     パイオニアバイオ 木幡巧也  6
 5着 11    ハーレムライン   大野拓弥 10

11着 5  ◎ ロサグラウカ    石川裕紀人 8


 今回も後方からの競馬でしたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   0/4   0.0% .-12,000円   0.0%

☆18年通算   >  18/140 12.9% -204,830円  51.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎小倉2歳S&新潟記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎セントウルS&京成杯オータムH(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月 7日 (金)

☆ G大阪戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップ準々決勝第2戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 9/9(日) 19:00~ YBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝 第2戦

     vs ガンバ大阪 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 14位 8勝 5分 12敗 勝点 29  42得 43失 得失 -1 」
  大阪  .:「 17位 6勝 6分 13敗 勝点 24  25得 37失 得失 -12 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 G大阪戦は、公式戦通算で「36勝 14分 24敗」、リーグ戦通算で「28勝 10分 16敗」と大きく勝ち越していて、「13勝 4分 10敗」とやや勝ち越しているリーグ戦アウェーに比べると、ホームでは「15勝 7分 6敗」と相性はかなり良いです。

 そしてG大阪とは比較的カップ戦で対戦することが多く、ルヴァンカップ(ナビスコカップ時代も含む)はこれで17戦目となりまして、ここまで「7勝 3分 6敗」とほとんど五分の戦績となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算171試合出場となり、那須大亮(02-07)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算112試合出場となり、ファビオ(13-16)と並びマリノス歴代45位タイとなります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算82試合出場となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算57試合出場となり、兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代5位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算30試合出場となり、三浦文丈(93-98)・榎本達也(97-06)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算30試合出場となり、三浦文丈(93-98)・榎本達也(97-06)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【準決勝進出が決まる条件】


 [ 今回の試合の結果 ]

     ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

  ○ ・・・ 準決勝進出決定

  △ ・・・ 準決勝進出決定

  ●(3点差以内) ・・・ 準決勝進出決定

  ●(0-4) ・・・ 延長戦(それでも決まらない場合はPK戦)

  ●(マリノスが1ゴール以上の4点差) ・・・ 敗退決定(アウェーゴールの差により)

  ●(5点差以上) ・・・ 敗退決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 大阪 : なし

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 天野純、堀研太、山田康太
                  大阪  .: 東口順昭、三浦弦太、
                        ファン ウィジョ、谷晃生

 【前所属クラブで2018年ルヴァンカップに出場しているため
     現所属クラブでルヴァンカップに出場することは出来ず】
                 マリノス: 久保建英
                  大阪  : 渡邉千真

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(山中亮輔)

 【ニューヒーロー賞:第3回投票途中集計結果(得票上位選手)】
           マリノス: 山田康太、久保建英
           大阪  :

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)

      大阪  : (in) 小野瀬康介(←山口)
            (in) 渡邉千真(←神戸)

            (out) マテウス ジェズス(契約解除)
            (out) 矢島慎也(→仙台)
            (out) 泉沢仁(→東京V)
            (out) 長沢駿(→神戸)

 【日本代表】  マリノス: 天野純
           大阪  .: 東口順昭、三浦弦太

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           大阪  : 初瀬亮

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
           大阪  : 谷晃生

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           大阪  .: アデミウソン、藤本淳吾、ファビオ、
                 鈴木椋大、渡邉千真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「(Jリーグ公式)」


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「」 (/)


 【TV中継】 (生) 09/09(日) 18:50~  フジテレビTWO

        (録) 09/09(日) 28:10~  フジテレビNEXT

            09/10(月) 16:20~  スカサカ!

            09/12(水) 15:00~  スカサカ!

            09/13(木) 09:10~  フジテレビNEXT

            09/21(金) 13:00~  スカサカ!

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ G大阪戦・データボックス>2018年ルヴァンカップ準々決勝第2戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年9月 6日 (木)

『名探偵誕生』 似鳥鶏 > 「このミス」完全読破 No.1030

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1030

 『名探偵誕生』 似鳥鶏

   「このミス」2019年版 : ?位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年8月26日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年6月>

名探偵誕生名探偵誕生
似鳥 鶏

実業之日本社 2018-06-01
売り上げランキング : 120096

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「となりの町は別の国」「恋するドトール」「海王星を割る」「愛していると言えるのか」「初恋の終わる日」の五話から成る連作集です。

 第一話における主人公・星川瑞人(みーくん)は小学四年生で、瑞人たちの学年では高速道路のむこう側の町にある「幽霊団地」とそこに棲む得体のしれない「シンカイ」の噂で持ち切りに。

 そこで瑞人は友達に誘われて幽霊団地へ行ってみることになり、シンカイを目撃することにも成功するも、尾行していた瑞人たちの目の前でシンカイは公園に入ったその瞬間に姿を消失。

 それを見て慌てて自分たちの町に逃げ戻り、友人たちと別れて家路についた瑞人は、その途中で偶然出会った隣に住む高校生の千歳お姉ちゃんに幽霊団地での出来事について話してみると、お姉ちゃんは「現場を見てみたい」と言い出して.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 第二話では中学生、第三話では高校生、第四話では大学生と成長していく瑞人が、その都度遭遇した謎について千歳お姉ちゃんと挑んでいく、著者お得意の青春ミステリとなっています。

 青春物語的にみると、幼なじみの年上女性に対して最初は憧れの対象だったのがいつしか初恋に変わるも、相手が(主人公から見ると)常に大人な存在であるためなかなか告白できなかったりとか、謎解きを通して絆を深めているとはいえ相手からすれば(恋愛対象としてというよりは)弟に対する愛情のようだと自覚しているなど、描かれていくのは恋愛感情的に切なくほろ苦い青春が中心でして(基本はコミカル寄りの描写ではありますが)、これはまさしく著者が十八番としているジャンルなだけあって読んでいて心の内側を刺激されてしまうほどの面白さでした。

 そしてミステリ部分としては、青春ミステリらしい“日常の謎”の延長線上にあるような謎解きを披露していきながらも、意外に少々重めの展開や真相が待ち受けているなど読み応えあるのですが、第四話になると謎のタイプが大きく変わりまして、そんな流れを辿ることでタイトルにもなっている“名探偵の誕生”へと繋がっていくのですね。

 主人公の成長要素や恋愛話も含まれる青春物語が繰り広げられつつ、そんな青春物語に隠れた形で(しかしそんな青春物語と深く関わりながら)“名探偵の誕生”というテーマが徐々に膨らんでいき最後に勢いよく爆発するという趣向や構成がなかなかの素晴らしさなので、極上の青春ミステリを堪能しつつ、名探偵が産声を上げるその瞬間を目の当たりにしてみてはいかがでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “似鳥鶏” 関連記事 】

  > No.1030 「名探偵誕生」
  > No.1007 「彼女の色に届くまで」

  > No.0668 「昨日まで不思議の校舎」
  > No.0662 「いわゆる天使の文化祭」
  > No.0660 「まもなく電車が出現します」
  > No.0647 「さよならの次にくる〈卒業式編〉〈新学期編〉」
  > No.0646 「理由あって冬に出る」


 「錆びた滑車」若竹七海 <<< PREV/NEXT >>> 「遠縁の女」青山文平

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年9月 5日 (水)

☆ G大阪戦・データボックス>2018年ルヴァンカップ準々決勝第1戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/5(水) YBCルヴァンカップ プライムステージ
           準々決勝 第1戦・ガンバ大阪戦 (吹田S)


  ○4-0 (前半2-0、後半2-0)

  主審: 西村 雄一  入場者数:5,792人

  .<得点> 1-0 伊藤翔    (横浜・前半02分/公式Youtube動画
         2-0 伊藤翔    (横浜・前半40分/公式Youtube動画
         3-0 大津祐樹  (横浜・後半29分/公式Youtube動画
         4-0 仲川輝人  (横浜・後半30分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 5,977人

  > ガンバ大阪戦・ランキング ワースト・3位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ナビスコカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【準決勝進出が決まる条件】


 [ 準々決勝第2戦(ホーム)の結果 ]

     ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

  ○ ・・・ 準決勝進出決定

  △ ・・・ 準決勝進出決定

  ●(3点差以内) ・・・ 準決勝進出決定

  ●(0-4) ・・・ 延長戦(それでも決まらない場合はPK戦)

  ●(マリノスが1ゴール以上の4点差) ・・・ 敗退決定(アウェーゴール差により)

  ●(5点差以上) ・・・ 敗退決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!

    


 (Jリーグ公式) 「大量4得点で圧勝。横浜FMがベスト4進出へ大きな一歩

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMが圧巻4ゴールで先勝! U-21計9人メンバー入りの
          G大阪は宮本監督“デビュー戦”飾れず

 (ゲキサカ) 「ストライカーの譲れぬ矜持…
           横浜FM伊藤翔が“意固地のループ”

 (ドメサカブログ) 「伊藤翔がリーグ戦につづく2ゴールの活躍!
             横浜FMがアウェーで先勝


 (スポニチ) 「伊藤が2分弾!横浜 敵地で4発快勝 準決勝進出“ほぼ確実”

 (日刊スポーツ) 「横浜伊藤2発!敵地4発快勝 G大阪若手奮起できず

 (日刊スポーツ) 「横浜が敵地で4発快勝、ドタバタ当日移動乗り越えた

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ G大阪戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップ準々決勝第1戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年10月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2018年版までの記録

 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2018年 10月 発売 】


  県警猟奇犯罪アドバイザー・久井重吾 パイルドライバー / 長崎尚志

 << 2017年版 14位 >>

 ★ “県警猟奇犯罪アドバイザー・久井重吾シリーズ”の1作目

 ★ 神奈川県の閑静な住宅街で起きた
   一家惨殺事件。
   奇しくも、15年前に同様の未解決事件があり、
   その時と同じく遺体には
   ピエロの化粧が施されていた。
   これは模倣犯によるものなのか?
   退職を考えている刑事・中戸川俊介が現場に向かうと、
   そこに長身痩躯の初老の男が現れた。
   彼―久井重吾は現役時代に
   “パイルドライバー”の異名をとった元刑事で、
   15年前の事件を捜査していた。
   アドバイザーとなった久井と共に俊介は捜査を開始。
   だが直後、犯人と名乗り出た男が殺害されてしまった…。
   次々と浮かび上がる謎また謎。
   予想を超えるラスト!

 ★ 文庫化の際に『パイルドライバー』から改題

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  冷血(上・下) / 高村薫  <<感想記事はこちら!>>

 << 2014年版 15位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 6位

 ★ 「マークスの山」「照柿」
   「レディ・ジョーカー」「太陽を曳く馬」に続く
   “合田雄一郎シリーズ”の5作目
   .(1作目も1994年版1位、
    2作目も1995年版3位、
    3作目も1999年版1位にランクイン)

 ★ 2002年クリスマス前夜。
   東京郊外で発生した「医師一家殺人事件」。
   衝動のままATMを破壊し、
   通りすがりのコンビニを襲い、
   目についた住宅に侵入、
   一家殺害という凶行におよんだ犯人たち。
   彼らはいったいどういう人間か?
   何のために一家を殺害したのか?
   ひとつの事件をめぐり、
   幾層にも重なっていく事実。
   都市の外れに広がる<荒野>を前に、
   合田刑事は立ちすくむ―
   人間存在の根源を問う、
   高村文学の金字塔!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  十二人の死にたい子どもたち / 冲方丁

 << 2017年版 16位 >>

   ・「ミステリが読みたい!」 16位
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 30位

 ★ 廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。
   建物に入り、金庫をあけると、
   中には1から12までの数字が並べられている。
   この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にとり、
   「集いの場」へおもむく決まりだった。
   初対面同士の子どもたちの目的は、
   みなで安楽死をすること。
   十二人が集まり、すんなり「実行」できるはずだった。
   しかし、「集いの場」に用意されていたベッドには、
   すでに一人の少年が横たわっていた――。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの10月文庫化作品 >>

  ガンルージュ / 月村了衛  <<感想記事はこちら!>>
  八月は冷たい城 / 恩田陸

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年11月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年9月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年9月 4日 (火)

☆ G大阪戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップ準々決勝第1戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 9/5(水) 19:00~ YBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝 第1戦

     vs ガンバ大阪 (パナソニックスタジアム吹田)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 14位 8勝 5分 12敗 勝点 29  42得 43失 得失 -1 」
  大阪  .:「 17位 6勝 6分 13敗 勝点 24  25得 37失 得失 -12 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 G大阪戦は、公式戦通算で「36勝 14分 24敗」、リーグ戦通算で「28勝 10分 16敗」と大きく勝ち越していますが、「15勝 7分 6敗」と特に相性良いリーグ戦ホームに比べると、アウェーでは「13勝 4分 10敗」と勝ち越しているとはいえほぼ五分の戦績となっています。

 ただ、今回の会場である吹田Sでは「2勝 1分 0敗」といまだ負けがありません。

 そしてG大阪とは比較的カップ戦で対戦することが多く、ルヴァンカップ(ナビスコカップ時代も含む)はこれで16戦目となりまして、ここまで「6勝 3分 6敗」と全くの五分。

 なお、2年前の2016年にはルヴァンカップ準決勝で対戦していて、第1戦(アウェー)が△0-0、第2戦(ホーム)が△1-1といずれも引き分けるも、アウェーゴールの差により敗退となってしまいました(ちなみに同年の天皇杯準々決勝でも対戦し○2-1で勝利)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算82試合出場となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ルヴァンカップ通算57試合出場となり、兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代5位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 大阪 : なし

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 天野純、堀研太、山田康太
                  大阪  .: 東口順昭、三浦弦太、
                        ファン ウィジョ、谷晃生

 【前所属クラブで2018年ルヴァンカップに出場しているため
     現所属クラブでルヴァンカップに出場することは出来ず】
                 マリノス: 久保建英
                  大阪  : 渡邉千真

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地

 【ニューヒーロー賞:第3回投票途中集計結果(得票上位選手)】
           マリノス: 山田康太、久保建英
           大阪  :

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)

      大阪  : (in) 小野瀬康介(←山口)
            (in) 渡邉千真(←神戸)

            (out) マテウス ジェズス(契約解除)
            (out) 矢島慎也(→仙台)
            (out) 泉沢仁(→東京V)
            (out) 長沢駿(→神戸)

 【日本代表】  マリノス: 天野純
           大阪  .: 東口順昭、三浦弦太

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           大阪  : 初瀬亮

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
           大阪  : 谷晃生

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           大阪  .: アデミウソン、藤本淳吾、ファビオ、
                 鈴木椋大、渡邉千真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  大阪オフィシャル

 【チケット情報】  大阪オフィシャル

 【試合プレビュー】  「タイトルと苦境脱出を目指し、
                 東西の名門、ここに激突(Jリーグ公式)


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「G大阪初瀬、2日帰国 中3日で横浜戦強行出場へ」 (9/4)

   > 「G大阪初瀬亮「すごかった」ファン・ウィジョを祝福」 (9/3)


 【TV中継】 (生) 09/05(水) 18:50~  フジテレビTWO

        (録) 09/05(水) 22:00~  フジテレビNEXT

            09/06(木) 21:30~  スカサカ!

            09/07(金) 06:00~  フジテレビNEXT
            09/07(金) 17:30~  スカサカ!

            09/08(土) 23:00~  スカサカ!

            09/09(日) 16:30~  スカチャン2

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ G大阪戦・データボックス>2018年ルヴァンカップ準々決勝第1戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年9月 3日 (月)

「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年10月)


Gapaku3298_tp_v


 とうとう10年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2019年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2019年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第(&Amazonに作品のページが作られ次第)、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>


* 発売日(店頭販売日)は2018年10月でも、奥付の発行日は11月(「このミス」では翌年度版の対象)となっている作品がこのリストに掲載されている可能性があるので、その点ご了承ください
  (確認次第、翌月のリストに移動させる予定です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年10月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 沈黙のパレード / 東野圭吾 (18作) * シリーズ9作目
        〈3作目「容疑者Xの献身」が16年版1位にランクイン〉
        〈5作目「聖女の救済」が09年版18位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年10月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 宮部みゆき全一冊 / 宮部みゆき (17作)
 新・二都物語 / 芦辺拓 (8作)
 東京輪舞 / 月村了衛 (6作)
 夜のリフレーン / 皆川博子 (6作)
 エムエス 継続捜査ゼミ2 / 今野敏 (5作) * シリーズ2作目
 崖の上で踊る / 石持浅海 (4作)
 二千回の殺人 / 石持浅海 (4作)
 凜の弦音 / 我孫子武丸 (4作)
 私はあなたの瞳の林檎 / 舞城王太郎 (2作)
 血の雫 / 相場英雄 (1作)
 その先の道に消える / 中村文則 (1作)
 黄金餅殺人事件 昭和稲荷町らくご探偵 / 愛川晶 (1作) * シリーズ2作目
 最終標的 所轄魂 / 笹本稜平 (1作) * シリーズ5作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年10月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 ハロー・ワールド / 藤井太洋 <2作>
 見返り検校 / 乾緑郎 <1作>
 グアムの探偵 / 松岡圭祐 <1作>
 掟上今日子の乗車券 / 西尾維新 <1作> * シリーズ11作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年10月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ “” ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年10月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “鮎川哲也賞”受賞作 ]
 探偵は教室にいない / 川澄浩平


[ “横溝正史ミステリ大賞”優秀賞受賞作 ]
 人間狩り / 犬塚理人


[ “鮎川哲也賞”最終候補作 ]
 恋牡丹 / 戸田義長

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年10月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 星詠師の記憶 / 阿津川辰海 (本)
 などらきの首 / 澤村伊智 (早) * シリーズ4作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年10月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 無事に返してほしければ / 白河三兎
 零號琴 / 飛浩隆
 ネクスト・ギグ / 鵜林伸也
 リベンジ / 柴田哲孝
 走馬灯症候群 / 嶺里俊介
 白いジオラマ / 堂場瞬一
 人喰観音 / 篠たまき
 あなたはここで、息ができるの? / 竹宮ゆゆこ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年10月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な10月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2020年版」月別ランクイン候補作品(2018年11月)

 「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年9月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「BE MADE」 独楽京助 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ(41) 2018年 9/24 号 [雑誌]少年ジャンプ(41) 2018年 9/24 号 [雑誌]

集英社 2018-09-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2018年41号(9月10日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「BE MADE(ビー・メイド)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の独楽京助(こま・きょうすけ)は、日本デザイナー学院マンガ科出身で、“KYOSKE”名義にて「BE MADE」で“第95回手塚賞(2018年上半期)”の準入選を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集・高野)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆第95回手塚賞受賞作特別読切31P!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年9月 2日 (日)

◎小倉2歳S&新潟記念(2018年)穴馬予想&結果

< 9月2日(日)に行われる小倉2歳ステークス(GIII)農林水産省賞典 新潟記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【小倉2歳ステークス】

 小倉の芝1200mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 この時期の2歳重賞は完全に運任せなので当たる気がしないのですが、ここはチュウワフライヤーを◎にしてみましょう。

 新馬戦や未勝利戦を勝ち上がったばかりの馬よりは、OPで好走しながら低評価な馬の方が狙いやすいですし、その前走のOPでは(今回1番人気が濃厚な勝ち馬に敗れたとはいえ)唯一の34秒台の上がりで0.2秒差だったので、ここでも期待出来るのでは。


  ◎ チュウワフライヤー / 川又賢治 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ファンタジスト     武豊    3
 2着 9     アズマヘリテージ  荻野極  13
 3着 8     ミヤジシルフィード  和田竜二 9
 4着 10    アーデントリー    太宰啓介 12
 5着 1  ◎ チュウワフライヤー 川又賢治 7


 最内枠を活かして途中から逃げる形となり、直線でも一度交わされた馬を抜き返すなど粘りを見せていたのですが、結局3着馬とクビ+クビ差という惜しい5着という結果に....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【農林水産省賞典 新潟記念】

 新潟の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 こちらのレースも全く当たる気がしないくらいに難しいのですが、ここはエンジニアを◎にしてみましょう。

 今回が初重賞挑戦ではあるものの、前々走で10着に敗れた以外は戦績が安定していますし、先行して速い上がりを出せるのも魅力ですからね。


  ◎ エンジニア / 北村宏司 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ブラストワンピース 池添謙一  1
 2着 5     メートルダール    福永祐一 6
 3着 4     ショウナンバッハ  三浦皇成 13
 4着 11 ◎ エンジニア      北村宏司  5
 5着 6     メドウラーク     丸田恭介 10


 こちらのレースも◎馬が4着と惜しかったですが、まあ惜しくても惜しくなくても当たらなければ一緒ですからねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   0/3   0.0%  -9,000円   0.0%

☆18年通算   >  18/139 12.9% -201,830円  51.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎札幌2歳S(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎紫苑S(2018年)穴馬予想&結果

2018年9月 1日 (土)

☆ 柏戦・データボックス>2018年J1リーグ第25節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/1(土) J1リーグ 第25節・柏レイソル戦 (日産ス)


  ○3-1 (前半1-0、後半2-1)

  主審: 中村 太  入場者数:22,752人

  .<得点> 1-0 伊藤翔    (横浜・前半30分/公式Youtube動画
         2-0 天野純    (横浜・後半14分/公式Youtube動画
         2-1 瀬川祐輔  (柏  ・後半27分/公式Youtube動画
         3-1 伊藤翔    (横浜・後半33分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で得点したため、リーグ戦ホーム24試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新しました。


 <記録更新>

  ・「ホーム得点」記録 > 24試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「ホーム失点」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「ホーム連敗」記録 > 3連敗 でストップ <マリノス歴代 5位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 松原健が、2018年J1リーグ通算4回目の警告を受けたため、9月16日(日)に行われるJ1リーグ第26節・浦和レッズ戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 喜田拓也が、Jリーグ(J3も含む)通算100試合出場を達成しました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算109試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独46位となりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算211試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独12位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手ゴール情報】


 伊藤翔が、マリノス所属時リーグ戦通算27ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)を抜いてマリノス歴代単独16位となりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 14位 (前節 15位)
         < 8勝 5分 12敗  勝点 29 得点 42 失点 43 得失点差 -1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「伊藤翔のこの日2点目が大きな1点に。
            横浜FM、柏と順位逆転

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「伊藤翔が2発!!
          下位で苦しむ横浜FM、3か月半ぶりホーム白星

 (ゲキサカ) 「横浜FMの窮地救った2ゴール!!
            FW伊藤翔「しつこいブマルのおかげ」

 (ゲキサカ) 「突然のサイドバック起用を完遂…
          横浜FM喜田拓也が明かした仲間、クラブへの想い

 (ゲキサカ) 「9試合ぶり弾は積み重ねの成果、
          横浜FM天野純「狙っていたポイントで取れた」

 (ドメサカブログ) 「残留争いの直接対決は横浜FMに軍配!
             伊藤翔が全3ゴールに絡む活躍


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜が快勝“原点回帰”4-3-3に選手も手応え

 (日刊スポーツ) 「横浜ポステコグルー監督、快勝に結果も内容も満足

 (日刊スポーツ) 「横浜伊藤2発「しつこいブマルのおかげです」

 (スポーツ報知) 「U―19日本代表MF久保ベンチ入りも出場なし

 (サンスポ) 「横浜M、伊藤の2発で快勝

 (サンスポ) 「横浜FMが伊藤翔の2発で順位拮抗の柏下す!
          久保建英は出場せず

 (サンスポ) 「横浜M・伊藤が気を吐き、ホーム勝利
            「だいぶサポーターを待たせてしまった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 柏戦・プレビュー>2018年J1リーグ第25節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎札幌2歳S(2018年)穴馬予想&結果

< 9月1日(土)に行われる札幌2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【札幌2歳ステークス】

 札幌の芝1800mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 この時期の2歳重賞は完全に運任せなので当たる気がしないのですが、ここはトーセンギムレットを◎にしてみましょう。

 東京で新馬戦を勝ち挑んだ前走のOP・コスモス賞は4着に敗れたものの、最速上がりでの0.5秒差(3着馬とクビ差)でしたし、OPのレースを経験していることが強みになるのであれば(人気面も考えると)狙ってみるだけの価値はあるのでは。


  ◎ トーセンギムレット / 松岡正海 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     ニシノデイジー    勝浦正樹   6
 2着 14    ナイママ       五十嵐雄祐 4
 3着 1     クラージュゲリエ  M.デムーロ  1
 4着 2     エメラルファイト   石川裕紀人 8
 5着 5     アフランシール   岩田康誠   3

10着 12 ◎ トーセンギムレット 松岡正海   9


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年09月  .>   0/1   0.0%  -3,000円   0.0%

☆18年通算   >  18/137 13.2% -195,830円  52.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アフター5スター賞(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎小倉2歳S&新潟記念(2018年)穴馬予想&結果

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ