サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« ◎戸塚記念(2018年)穴馬予想&結果 | トップページ | ☆ 浦和戦・プレビュー>2018年J1リーグ第26節(マリノス・データ・バンク) »

2018年9月13日 (木)

『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』 三上延 > 「このミス」完全読破 No.1032

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1032

 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』 三上延

   「このミス」2018年版 : 126位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
                 (小説ランキング) 6位

   読了日 : 2018年9月1日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 電子書籍 <2017年2月>

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
三上 延

KADOKAWA 2017-02-25
売り上げランキング : 4165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

No.493「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」
No.554「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」
No.559「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」
No.631「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~」
No.718「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」
No.835「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」
に続く、“ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ”の7作目です。

 2011年に1巻が発売されると瞬く間に大ヒットを記録し、続刊が発売される度にさらなるヒットをし続けている人気シリーズですが、それをきっかけに他作家のショップ系ライトミステリ作品が次々と刊行されてこれまたヒットするなど、その影響力は一つのジャンルにおいてブームを巻き起こすほどでした。

 ただそんな話題性だけでなく、1作目が「週刊文春ミステリーベスト10」と「本格ミステリ・ベスト10(本ミス)」、3作目が「本ミス」、4作目が「このミス」にランクインし、2作目収録短篇と4作目は「日本推理作家協会賞」の候補に選ばれるなど、ミステリ作品としても高い評価を受けていますし、1作目は「本屋大賞」で現時点(2018年)で唯一となる文庫作品でのベスト10入りを果たしているなどの実績も持っているのです。

 そんな一時代を築いたともいえるシリーズですが、本作にてついにエンディングを迎えることになりました。

 とはいえ、1巻から続く本編としての流れは本作で終了となるものの、まだ番外編やスピンオフ作品などが発表されていくので、シリーズとしての完結はまだ先となるようですね。

 なおこのシリーズは、シリーズ全体を通しての物語展開が重要となっていますし、今回は特に最終巻だけあってこれまでの総まとめといった感じもあるため、1作目から順に読んでいくことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今回主に取り扱われるのは、1623年に出版されたシェイクスピアの戯曲作品集であるファースト・フォリオで、赤・青・白に装丁された三冊のファースト・フィリオのファクシミリ(複製本)のうちから本物を当てるという、栞子さんと大輔にとって一世一代となるほどの賭けを行なうことに。

 シェイクスピアやファースト・フィリオなどに関する蘊蓄を含めた会話劇は知的好奇心をくすぐられながらの面白さですし、それが心震わす人間ドラマと絶妙に絡み合っていて、さらにクライマックスにおける振り市(古書店を対象としたオークションのようなもの)では迫力満点のやり取りが繰り広げられるなど、相変わらずライトミステリとは呼べないくらいに読み応えある古書ミステリとなっています。

 ただやはり今巻は、これまで語られてきた栞子さんと大輔を中心としたストーリーがどのような終着点へと向かうのかが一番の読み所だと思うのですが、そこはもう(今更変に掻き乱したり特別感を出したりすることなく)ここまで続いてきた流れのままに物語は進んでいきますし、それでいて懐かしの人物も顔を見せるなど最終回らしさもあったりするので、1巻からずっと読んで来た人であればとても満足なエンディングを迎えることが出来るのではないでしょうか。

 そして、番外編やスピンオフも待ち遠しくなってしまうのですが、それとはまた別に、激動の人間ドラマはなくてもいいのでまた(本格的な)古書ミステリを新シリーズとして読みたくなってしまいますねェ。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “三上延” 関連記事 】

  > No.1032 「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」
  > No.0875 「江ノ島西浦写真館」
  > No.0835 「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」

  > No.0718 「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」
  > No.0631 「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~」
  > No.0559 「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」
  > No.0554 「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」
  > No.0493 「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」


 「遠縁の女」青山文平 <<< PREV/NEXT >>> 「火のないところに煙は」芦沢央

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

« ◎戸塚記念(2018年)穴馬予想&結果 | トップページ | ☆ 浦和戦・プレビュー>2018年J1リーグ第26節(マリノス・データ・バンク) »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ