サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その4)

Ymd96_bakansuokinawa20120729_tp_v


 2018年に発売された邦楽(J-POP)の夏ソング/夏の歌の中から独断と偏見で何曲か選んで紹介してみましょう


 大枠の対象となるのはもちろん“夏の歌”ですが、タイトルや歌詞に夏のキーワードが入っていない、なんとなく夏っぽい歌(MVやタイアップCMが夏の風景等)も対象に入れています

 そしてその中から、自分が気に入った曲はもちろん、人気曲、話題曲、有名アーティストの曲などを含めてセレクトしてみました


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  >>> この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その5)

  この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


メロンソーダ / 夢みるアドレセンス

   シングル『メロンソーダ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ナツシルベ / Q'ulle

   デジタルシングル『ナツシルベ』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジコチューで行こう! / 乃木坂46

   シングル『ジコチューで行こう!』収録

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ずっとサマーで恋してる / 虹のコンキスタドール

   シングル『ずっとサマーで恋してる』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


花火と漫画とチョコと雨 / はちみつロケット

   シングル『花火と漫画とチョコと雨』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


早送りカレンダー / HKT48

   シングル『早送りカレンダー』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ばぶりんスカッシュ! / SUPER☆GiRLS

   シングル『ばぶりんスカッシュ!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ビマベ! / ベボガ!

   シングル『ビマベ!/夏の永遠ガール』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  >>> この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その5)

  この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3) <<<


 【 「夏ソング/夏の歌」関連記事 】

 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その1) (18.8.16)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2) (18.8.20)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3) (18.8.29)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その4) (18.8.31)

 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その1) (17.7.11)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その2) (17.7.15)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その3) (17.7.21)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その4) (17.8.3)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その5) (17.8.6)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その6) (17.8.14)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その7) (17.8.31)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年上半期) (16.5.23)
 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年下半期) (16.7.2)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2015年) (15.7.2)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2010年代・前期) (15.7.21)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2000年代・後期) (15.7.25)
 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2000年代・前期) (15.7.28)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(1990年代・後期) (16.8.13)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

☆ 柏戦・プレビュー>2018年J1リーグ第25節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 9/1(土) 18:30~ J1リーグ 第25節

     vs 柏レイソル (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 15位 7勝 5分 12敗 勝点 26  39得 42失 得失 -3 」
  柏   .:「 12位 9勝 2分 13敗 勝点 29  29得 35失 得失 -6 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 柏とは昔から相性があまり良くなく、公式戦通算で「23勝 11分 27敗」、リーグ戦通算で「16勝 9分 20敗」といずれも負け越しています。

 しかも、2009年から2014年までの5シーズン(2010年は対戦なし)の公式戦は「1勝 6分 8敗」で、その期間で唯一勝利した2013年ナビスコカップ準決勝第2戦もゴールが足りずに(2試合合計の得失点差により)敗退が決まった試合なので実質負けに等しいため、この期間は特に相性の悪い相手に。

 とはいえ、2014年から2016年までのリーグ戦は6試合でわずか1敗(3勝 2分 1敗)、2015年から2016年までのリーグ戦は4戦3勝(1敗)とここ数年は相性の悪さを払拭する結果を残していましたが、昨年のリーグ戦は「0勝 1分 1敗」で、今年の第2節(アウェー)も●0-2で敗れるなど、ここ2年はリーグ戦で勝利することが出来ていません(ただし昨年末の天皇杯準決勝では勝利)。

 なお、柏が8月25日(土)に行われた前節から中6日なのに対し、マリノスは26日(日)に行われた前節の後に中2日で延期試合(第18節)を戦ってそれからまた中2日でこの試合と、日程面で大きな違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で得点すると、リーグ戦ホーム24試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新します


 ★今回の試合で負けると........
   > 4試合“ホーム連敗”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 4試合連続“ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 24試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 7試合連続“ホーム失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 喜田拓也が出場すると、Jリーグ(J3も含む)通算100試合出場を達成します。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算109試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独46位となります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算211試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独12位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: ドゥシャン、 柏 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 松原健、ウーゴ ヴィエイラ

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 遠藤渓太、 柏 : なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)

      柏    : (in) ナタン ヒベイロ(←フルミネンセ)
            (in) 高木利弥(←千葉)
            (in) オルンガ(←貴州)

            (out) 今井智基(→松本)
            (out) ユン ソギョン(→FCソウル)
            (out) 古賀太陽(→福岡)
            (out) 中谷進之介(→名古屋)
            (out) ハモン ロペス(契約解除)

 【日本代表】  マリノス:
           柏   : 伊東純也

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           柏   :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
           柏    :

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス: 山中亮輔、大津祐樹
           柏    : パク ジョンス
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「横浜FMが追い抜くか、柏が突き放すか。
                   注目の下位直接対決(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜、残留争いから離脱へ「2、3人は替えて」」 (8/31)
   > 「横浜久保「まずは目の前の試合に集中」中2日で柏戦」 (8/31)
   > 「発表日すら知らなかったがやる気は十分
          伊東「他の人にないものを見せたい」」 (8/31)

   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs柏レイソル 9月1日」 (8/30)


 【TV中継】 (生) 09/01(土) 18:30~  tvk(テレビ神奈川)

        (録) .なし

        (配信)09/01(土) 18:30~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 柏戦・データボックス>2018年J1リーグ第25節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月30日 (木)

☆ 清水戦(延期試合)・データボックス>2018年J1リーグ第18節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 8/29(水) J1リーグ 第18節・清水エスパルス戦 (日産ス)


  ●1-2 (前半1-1、後半0-1)

  主審: 今村 義朗  入場者数:15,645人

  .<得点> 1-0 ドゥシャン  .(横浜・前半02分/公式Youtube動画
         1-1 金子 翔太  (清水・前半27分/公式Youtube動画
         1-2 ドウグラス  .(清水・後半04分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で得点したため、リーグ戦ホーム23試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新しました。


 <記録更新>

  ・「ホーム連敗」記録 > 3連敗 達成 <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「ホーム得点」記録 > 23試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「同一カード 得点」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「同一カード ホーム得点」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 5位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 ドゥシャンが、後半21分にこの試合2回目の警告を受けて退場したため、9月1日(土)に行われるJ1リーグ第25節・柏レイソル戦は出場停止となります。

 ウーゴ ヴィエイラが、J1リーグ通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 仲川輝人が、Jリーグ(J2も含む)通算50試合出場を達成しました。

 喜田拓也が、Jリーグ(J3も含む)通算100試合出場達成にリーチとなりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算109試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)と並びマリノス歴代46位タイとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代12位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手ゴール情報】


 ドゥシャンが、Jリーグ初ゴールを記録しました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 15位 (前節 15位)
         < 7勝 5分 12敗  勝点 26 得点 39 失点 42 得失点差 -3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「幸先よく先制も、痛恨の結果となった横浜FM

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「金子翔太1G1A!! “まる子”に哀悼捧げた清水が6試合ぶり白星

 (ゲキサカ) 「1週間で3試合先発の17歳…
           横浜FM久保建英がコンディション不良を吐露

 (ドメサカブログ) 「清水が金子・ドウグラスのゴールで逆転勝利!
             横浜FMを下し6試合ぶり白星挙げる


 (スポニチ) 「横浜惜敗 久保先発も2戦連発ならず、
          後半に退場者で数的不利

 (日刊スポーツ) 「横浜怒る、指揮官が助っ人が主審へ「理解できない」

 (日刊スポーツ) 「横浜ドゥシャン晴れのち雨…初ゴール→退場→敗戦

 (日刊スポーツ) 「久保建英不発、初イエローに「ぶつかってきたので」

 (スポーツ報知) 「久保、2戦連続先発もシュート0本「体が動かなかった」

 (サンスポ) 「横浜M・久保建英、2戦連発ならず
           「少し体が思うように動かない部分があった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 清水戦(延期試合)・プレビュー>2018年J1リーグ第18節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月29日 (水)

この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3)

Ymd96_bakansuokinawa20120729_tp_v


 2018年に発売された邦楽(J-POP)の夏ソング/夏の歌の中から独断と偏見で何曲か選んで紹介してみましょう


 大枠の対象となるのはもちろん“夏の歌”ですが、タイトルや歌詞に夏のキーワードが入っていない、なんとなく夏っぽい歌(MVやタイアップCMが夏の風景等)も対象に入れています

 そしてその中から、自分が気に入った曲はもちろん、人気曲、話題曲、有名アーティストの曲などを含めてセレクトしてみました


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  >>> この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その4)

  この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


夏のプリンス / ケツメイシ

   シングル『夏のプリンス/風は吹いている』収録

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


マリーゴールド / あいみょん

   シングル『マリーゴールド』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Cheers! / KEYTALK

   シングル『Cheers!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Summer Gate / 佐藤千亜妃

   EP『SickSickSickSick』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ハイビスカス / ナオト・インティライミ

   シングル『ハイビスカス/しおり』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CALL ME IN YOUR SUMMER / SHE IS SUMMER

   ミニアルバム『hair salon』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夏の終わり / アイビーカラー

   ミニアルバム『弾けた恋、解けた魔法』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Let's Feel High feat. MIGHTY CROWN & PKCZ(R) / E-girls

   配信シングル『Let’s Feel High feat. MIGHTY CROWN & PKCZ®』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  >>> この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その4)

  この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2) <<<


 【 「夏ソング/夏の歌」関連記事 】

 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その1) (18.8.16)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2) (18.8.20)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3) (18.8.29)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その4) (18.8.31)

 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その1) (17.7.11)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その2) (17.7.15)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その3) (17.7.21)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その4) (17.8.3)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その5) (17.8.6)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その6) (17.8.14)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その7) (17.8.31)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年上半期) (16.5.23)
 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年下半期) (16.7.2)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2015年) (15.7.2)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2010年代・前期) (15.7.21)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2000年代・後期) (15.7.25)
 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2000年代・前期) (15.7.28)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(1990年代・後期) (16.8.13)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

◎アフター5スター賞(2018年)穴馬予想&結果

< 8月29日(水)に行われるアフター5スター賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アフター5スター賞】

 大井のダート1200mで行われる南関重賞(SIII)です。

 実績的には人気上位勢で決まってしまいそうではあるものの、ここは思い切ってスウィープアウェイを◎にしてみましょう。

 中央からの転厩2戦目という馬で、中央時代には重賞は1回走ったのみで近走もOPで掲示板にすら載れていないなど結果が出ていませんでしたが、ただ中央ダートのOPは結構な猛者共がしのぎを削っていまして、同じような着順だった馬が後に交流重賞を制したり中央重賞で馬券に絡むなどの活躍を見せていたりもします。

 転厩初戦の前走は10着で大敗したとはいえ、半年以上の休み明けでしたし、元々安定感あるタイプというよりは突然好走するタイプなので、人気上位勢を相手に一発もありえる穴馬となればこの馬が浮上してくるのでは。


  ◎ スウィープアウェイ / 柏木健宏 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    キタサンミカヅキ  森泰斗    1
 2着 13    アピア        御神本訓史 2
 3着 3     キャンドルグラス  赤岡修次   5
 4着 14    マルモリロイヤル  笠野雄大  11
 5着 4  ◎ スウィープアウェイ 柏木健宏   9


 “こりゃダメだな”とほぼ諦めた位置から粘り強く伸びてきて、一転して3着の可能性ならありそうな大勢となりましたが、残念ながらわずか(クビ+アタマ差)に届きませんでした....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  4/16  25.0%  -1,280円  97.3%

☆18年通算   >  18/136 13.2% -192,830円  52.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎キーンランドC&新潟2歳S(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎札幌2歳S(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月28日 (火)

☆ 清水戦(延期試合)・プレビュー>2018年J1リーグ第18節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 8/29(水) 19:30~ J1リーグ 第18節

     vs 清水エスパルス (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 15位 7勝 5分 11敗 勝点 26  38得 40失 得失 -2 」
  清水  .:「 12位 8勝 4分 11敗 勝点 28  31得 33失 得失 -2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 清水戦は、公式戦通算で「29勝 13分 24敗」、リーグ戦通算で「25勝 11分 19敗」といずれも勝ち越しているのですが、リーグ戦ホームで「8勝 6分 13敗」、アウェーで「17勝 5分 6敗」と、お互いに“ホームで弱くアウェーで強い”という傾向に。

 とはいえ、2008年以降のリーグ戦は苦手なホームを合わせても(引き分けが多いとはいえ)19戦してわずか2敗(10勝 7分 2敗)で、2012年以降だと「8勝 2分 1敗」と勝率が高くなるなど近年はホーム・アウェーに関わらず相性は良いですね。

 なお、今年の初戦(リーグ第5節/アウェー)はウーゴ ヴィエイラのゴールにより○1-0で勝利しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で得点すると、リーグ戦ホーム23試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代記録を更新します


 ★今回の試合で負けると........
   > 3試合“ホーム連敗”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 23試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)
   > 11試合連続“同一カード 得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 10試合連続“同一カード ホーム得点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 仲川輝人が出場すると、Jリーグ(J2も含む)通算50試合出場を達成します。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場を達成します。

 喜田拓也が出場すると、Jリーグ(J3も含む)通算100試合出場達成にリーチとなります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算109試合出場となり、柳想鐡(99-00,03-04)と並びマリノス歴代46位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: 扇原貴宏、 清水 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 松原健

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 遠藤渓太、 清水 : 立田悠悟

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)

      清水  : (in) ドウグラス(←アランヤスポル)

            (out) 呉少聡(→京都)
            (out) 楠神順平(→山形)
            (out) 清水航平(→甲府)

 【日本代表】  マリノス:
           清水  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           清水  : 立田悠悟

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
          .清水  : 滝裕太

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス: 伊藤翔
           清水  : 六反勇治
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「勝点3必須の両者。
               横浜FMは「大事な7日間」の2戦目(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「久保 2戦連発へ意欲「本来のプレーが出せると思う」」 (7/29)
   > 「久保建英のプロ意識「君」づけ止めて、報道陣に要望」 (7/29)
   > 「清水 さくらももこさん追悼…地元出身で深い縁
      喪章着け6戦ぶり勝利捧げる」 (7/29)
   > 「【清水】さくらももこさんに恩返しの喪章…
        29日横浜M戦でチーム関係者以外で初」 (7/29)

   > 「横浜久保「ワクワクする」移籍後初日産で2戦連発だ」 (7/28)
   > 「【清水】守護神・六反、古巣の横浜M戦で、久保止める」 (7/28)

   > 「久保建英J1初弾から一夜、清水戦へ「いい準備を」」 (7/27)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノス-清水エスパルス 8月29日」 (7/27)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)08/29(水) 19:30~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 清水戦(延期試合)・データボックス>2018年J1リーグ第18節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「ミストの怪剖録」 冴豆祐人 > 週刊少年ジャンプ読切!

Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 “J金未来杯(ジャンプゴールドフューチャーカップ)50周年記念大会(第13回) “のエントリーNo.5として週刊少年ジャンプの2018年44号(10月1日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「ミストの怪剖録(ミストの・かいぼうろく)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の冴豆祐人(さえず・ゆうと)は、「Mr.ミスアンダースタンディング」で“JUMPトレジャー新人漫画(2013年3月期)”の最終候補となった後、「騒霊鑑識」を“ジャンプNEXT! 2014 WINTER”に掲載してデビュー(「騒霊鑑識」 冴豆祐人 >ジャンプNEXT! 2014 WINTER参照)。

 続いて、「死後看護師 御影」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に掲載すると、“NEXT!!1GP”(その号に掲載された新人読切作品の中から読者の投票で最も多くの支持を受けた作品を決める企画)で見事1位に(「死後看護師 御影」 冴豆祐人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)。

 そして本作にて本誌デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「冴豆祐人」関連記事】

  > 「ミストの怪剖録」 冴豆祐人 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.8.28)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.17)

  > 「騒霊鑑識」 冴豆祐人 > ジャンプNEXT! 2014 WINTER (13.12.16)


 【「J金未来杯(第13回)」関連記事】

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 (18.8.20)

  > 「血液ヌル」 天願真太郎 (18.8.27)

  > 「恋は戦争」 アラビア吾朗 (18.8.27)

  > 「Apollo -アポロ-」 那波歩才 (18.8.27)

  > 「ミストの怪剖録」 冴豆祐人 (18.8.28)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年8月27日 (月)

「Apollo -アポロ-」 那波歩才 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ(42) 2018年 10/1 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ(42) 2018年 10/1 号 [雑誌]

2018-09-15
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “J金未来杯(ジャンプゴールドフューチャーカップ)50周年記念大会(第13回) “のエントリーNo.4として週刊少年ジャンプの2018年42号(9月15日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「Apollo -アポロ-」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の那波歩才(なば・ふさい)は、「ペコローラ」で“トレジャー新人漫画賞(2012年11月期)”の最終候補となった後、「ひらけ!にょらいくん」を“ジャンプNEXT! 2013 SPRING”に掲載しデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2013 SPRING」参照)。

 続いて、「うるし」を“本誌2014年02号”に掲載して本誌デビューを果たし(「うるし」 那波歩才 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、「KUNG-FU MASTER」を“本誌2015年49号”に掲載(「KUNG-FU MASTER」 那波歩才 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらには「TAOTAO -タオタオ-」を“ジャンプGIGA 2017”で連載し(全3回/「TAOTAO -タオタオ-」 那波歩才 > ジャンプGIGA2017 新連載!参照)、本作にて三度目の本誌登場となりました(担当編集・村越)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

魂の科学的解明は、 幽霊(ゴースト)が蠢く社会を生み出した―

☆J金未来杯創刊50周年記念大会エントリーNo.4!
    幽霊(ゴースト)&科学!! ゴーストバスター読切Cカラー47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「那波歩才」関連記事】

  > 「TAOTAO -タオタオ-」 那波歩才 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.5.12)

  > 「KUNG-FU MASTER」 那波歩才 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.10.26)

  > 「うるし」 那波歩才 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.12.2)

  > 「ひらけ!にょらいくん」(ジャンプNEXT! 2013 SPRING) (13.5.1)


 【「J金未来杯(第13回)」関連記事】

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 (18.8.20)

  > 「血液ヌル」 天願真太郎 (18.8.27)

  > 「恋は戦争」 アラビア吾朗 (18.8.27)

  > 「Apollo -アポロ-」 那波歩才 (18.8.27)

  > 「ミストの怪剖録」 冴豆祐人 (18.8.28)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「恋は戦争」 アラビア吾朗 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ(41) 2018年 9/24 号 [雑誌]少年ジャンプ(41) 2018年 9/24 号 [雑誌]

集英社 2018-09-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “J金未来杯(ジャンプゴールドフューチャーカップ)50周年記念大会(第13回) “のエントリーNo.3として週刊少年ジャンプの2018年41号(9月10日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「恋は戦争(こいは・せんそう)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のアラビア吾朗(アラビア・ごろう)は、“福井佑輔”名義にて「魔王(仮)」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年8月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて「百神一首」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.2”に掲載してデビューを果たし(「百神一首」 アラビア吾朗 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2参照)、さらには「みくだりはんっ!!」を“ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3”に掲載(「みくだりはんっ!!」 アラビア吾朗 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3参照)。

 そして本作にて本誌デビューとなりました(担当編集・内藤)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

生きて渡れ―― たった4人で、最強の校長に挑んだ男たち。

☆J金未来杯創刊50周年記念大会エントリーNo.3。
    全J(ジャンプ)を震撼させた感動作、
       恋愛戦争(ラブウォーズ)読切Cカラー47P―――。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「アラビア吾朗」関連記事】

  > 「恋は戦争」 アラビア吾朗 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.8.27)

  > 「みくだりはんっ!!」 アラビア吾朗 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3 (18.2.2)

  > 「百神一首」 アラビア吾朗 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.5.1)


 【「J金未来杯(第13回)」関連記事】

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 (18.8.20)

  > 「血液ヌル」 天願真太郎 (18.8.27)

  > 「恋は戦争」 アラビア吾朗 (18.8.27)

  > 「Apollo -アポロ-」 那波歩才 (18.8.27)

  > 「ミストの怪剖録」 冴豆祐人 (18.8.28)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「血液ヌル」 天願真太郎 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ(40) 2018年 9/17 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ(40) 2018年 9/17 号 [雑誌]

集英社 2018-09-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “J金未来杯(ジャンプゴールドフューチャーカップ)50周年記念大会(第13回) “のエントリーNo.2として週刊少年ジャンプの2018年40号(9月3日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「血液ヌル(けつえき・ヌル)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の天願真太郎(てんがん・しんたろう)は、「異能者来訪!!~in定食屋~」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年8月期)”の最終候補となった後、「豆腐の神様」を“ジャンプNEXT!! 2016 vol.1”に掲載してデビュー(「豆腐の神様」 天願真太郎 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1参照)。

 続いて、「神獣操聯隊 特科部隊“桃”」を“ジャンプGIGA 2017 vol.2”に掲載し(「神獣操聯隊 特科部隊“桃”」 天願真太郎 > ジャンプGIGA 2017 vol.2参照)、「あしたば仲介業者」を“ジャンプGIGA 2018 WINTER”で連載(全3回/「あしたば仲介業者」 天願真太郎 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!参照)。

 そして本作にて本誌デビューとなりました(担当編集・井坂)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

奇妙な寄生者と 駆り、狩れ。

☆J金未来杯創刊50周年記念大会エントリーNo.2!!
   寄生バトル読切Cカラー47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「天願真太郎」関連記事】

  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.17)

  > 「神獣操聯隊 特科部隊“桃”」 天願真太郎 > ジャンプGIGA 2017 vol.2 (17.5.25)

  > 「豆腐の神様」 天願真太郎 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.16)


 【「J金未来杯(第13回)」関連記事】

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 (18.8.20)

  > 「血液ヌル」 天願真太郎 (18.8.27)

  > 「恋は戦争」 アラビア吾朗 (18.8.27)

  > 「Apollo -アポロ-」 那波歩才 (18.8.27)

  > 「ミストの怪剖録」 冴豆祐人 (18.8.28)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年8月26日 (日)

☆ 神戸戦・データボックス>2018年J1リーグ第24節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 8/26(日) J1リーグ 第24節・ヴィッセル神戸戦 (ノエスタ)


  ○2-0 (前半0-0、後半2-0)

  主審: 山本 雄大  入場者数:25,541人

  .<得点> 1-0 久保建英  (横浜・後半11分/公式Youtube動画
         2-0 仲川輝人  (横浜・後半40分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「同一カード アウェー無失点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 扇原貴宏が、J1リーグ通算4回目の警告を受けたため、8月29日(水)に行われるJ1リーグ第18節・清水エスパルス戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 扇原貴宏が、J1リーグ通算150試合出場を達成しました。

 ウーゴ ヴィエイラが、J1リーグ通算50試合出場を達成しました。

 仲川輝人が、Jリーグ(J2も含む)通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 栗原勇蔵が、マリノス所属時公式戦通算450試合出場達成にリーチとなりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代47位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手ゴール情報】


 久保建英が、J1リーグ初ゴールを記録しました。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 25,541人

  > ヴィッセル神戸戦・ランキング ベスト・3位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ナビスコカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 15位 (前節 15位)
         < 7勝 5分 11敗  勝点 26 得点 38 失点 40 得失点差 -2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「決勝点は久保建英!横浜FM、アウェイで連敗ストップに成功

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「“バルサ対決”は久保に軍配!! 横浜FM、
            イニエスタら外国人6人ピッチに立った神戸を完封

 (ゲキサカ) 「J1歴代年少2位初弾久保建英「ビギナーズラックにならないように」
          …イニエスタは無言で会場去る

 (ゲキサカ) 「“がっつりマッチアップ”
           横浜FM喜田が感じた「別次元」イニエスタ

 (ゲキサカ) 「イニエスタの前でJ1初ゴールの久保建英、
             西メディア「バルサの真珠が神戸を倒す」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが敵地で神戸破り連敗脱出!
               久保建英の移籍後初ゴールが決勝点に


 (スポニチ) 「17歳・久保建英、J1初ゴール!憧れイニエスタの前で真価証明

 (スポニチ) 「横浜 久保、J1リーグ初先発で初ゴール
          指揮官称賛「彼の質が見られた」

 (日刊スポーツ) 「横浜久保初得点「これから久保君じゃなく久保建英」

 (日刊スポーツ) 「横浜松原「出すだけ」久保建英J1発弾アシスト

 (日刊スポーツ) 「久保建英、イニエスタの前でJ1リーグ戦初得点

 (日刊スポーツ) 「横浜監督「技術と知性は素晴らしい」久保J初弾絶賛

 (スポーツ報知) 「久保、イニエスタの前で初ゴール
             「移籍して良いことずくめ」…森本に次ぐJ1年少2位

 (サンスポ) 「横浜M・久保がJ1初ゴール!
             “元バルサ”対決でイニエスタに勝った

 (サンスポ) 「17歳久保が“先輩”イニエスタの前でJ1初ゴール!
          先制弾で横浜M勝利に貢献

 (サンスポ) 「久保建英、ポドルスキのシュート当たり「めっちゃ痛かった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 神戸戦・プレビュー>2018年J1リーグ第24節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎キーンランドC&新潟2歳S(2018年)穴馬予想&結果

< 8月26日(日)に行われるキーンランドカップ(GIII)新潟2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【キーンランドカップ】

 札幌の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、最内枠のクリーンファンキーを◎にしてみましょう。

 今回が初重賞の馬ではありますが、今年の夏は1000万下で勝利、1600万下で0.3秒差3着、OPで勝利と北海道で勢いに乗っていますし、それ以前の戦績と比べると洋芝があっているのかもしれないので、この勢いが重賞でも続く可能性もあるのでは。


  ◎ クリーンファンキー / 武豊 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    ナックビーナス    モレイラ   1
 2着 7     ダノンスマッシュ   北村友一   4
 3着 4     ペイシャフェリシタ  田辺裕信  9
 4着 13    キャンベルジュニア M.デムーロ 5
 5着 2     スターオブペルシャ 内田博幸  14

12着 1  ◎ クリーンファンキー  武豊     10


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【新潟2歳ステークス】

 新潟の芝1600mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 この時期の2歳重賞は何を予想の基準とすればいいのか分からず本当に難しいのですが、ここはすでに新潟1600mを経験しているエイカイキャロルを◎にしてみましょう。

 先行して33秒台の上がりを出しているのも魅力ですし、持ちタイム的には不安ではあるものの今回1番人気のケイデンスコールもデビュー1戦目から2戦目で(競馬場が違うとはいえ)大きくタイムを縮めているので、この馬のそのパターンになればいいのですけどね。


  ◎ エイカイキャロル / 北村宏司 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ケイデンスコール 石橋脩    1
 2着 9     アンブロークン   石川裕紀人 2
 3着 8     スティルネス    三浦皇成   8
 4着 11    ジョディー     池添謙一   3
 5着 4     エイシンゾーン   幸英明    4

10着 7  ◎ エイカイキャロル 北村宏司   7


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  4/15  26.7%  +1,720円  103.8%

☆18年通算   >  18/135 13.3% -189,830円  53.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎新潟ジャンプS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アフター5スター賞(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月25日 (土)

◎新潟ジャンプS(2018年)穴馬予想&結果

< 8月25日(土)に行われる新潟ジャンプステークス(J・GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【新潟ジャンプステークス】

 新潟の芝3250mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 障害転向後は3戦3勝で重賞も制しているとはいえ今回は1年3ヶ月の休み明けであるマドリードカフェが1番人気ということからも荒れそうな雰囲気がするレースですが、ここはタマモプラネットを◎にしてみましょう。

 逃げ馬(しかもいつも大逃げする馬)なので前走(10着)のように大敗することもありますが、昨年には新潟ジャンプSも含めた重賞で3連続馬券圏内に入るなど脚質の割には安定感があります。

 それに、前走も結果大敗したとはいえ直線の途中までは粘っていましたし、昨年の京都ジャンプSでは大逃げ後にゴール前で交わされながらそこからアタマ差まで迫り返すという根性を見せていたので、今回は前走のような結果にはならないのではないかとみて、この馬に期待してみることに。


  ◎ タマモプラネット / 小坂忠士 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     タイセイドリーム 平沢健治 2
 2着 12    シャインレッド   上野翔  8
 3着 10 ◎ タマモプラネット  小坂忠士 7
 4着 11    アズマタックン  高田潤   5
 5着 4     マドリードカフェ  熊沢重文 1


 ◎タマモプラネットは今回は大逃げではなく普通の逃げだったので、調子が悪いのか作戦なのかどっちなんだろう?と少々不安にもなりましたが、直線でも粘ってなんとか3着に残ってくれたので一安心でした....。


  (○複勝:10 3.9倍)  ○的中!  3,000円 → 11,700円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  4/13  30.8%  +7,720円  119.8%

☆18年通算   >  18/133 13.5% -183,830円  53.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎スパーキングサマーC(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎キーンランドC&新潟2歳S(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月24日 (金)

☆ 神戸戦・プレビュー>2018年J1リーグ第24節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 8/26(日) 18:00~ J1リーグ 第24節

     vs ヴィッセル神戸 (ノエビアスタジアム神戸)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位(暫定) >>

  マリノス:「 15位   .6勝 5分 11敗 勝点 23  36得 40失 得失 -4 」
  神戸  :「  4位  10勝 6分 .7敗 勝点 36  31得 24失 得失 +7 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 神戸戦は、公式戦通算で「22勝 14分 12敗」、リーグ戦通算では「20勝 11分 8敗」と(引き分けが多いものの)大きく勝ち越しています。

 ホーム・アウェー別では、リーグ戦ホームでの「11勝 4分 4敗」と比べるとリーグ戦アウェーでは「8勝 7分 4敗」と勝率が下がるとはいえ勝ち越していて、2012年以降のリーグ戦アウェーは「3勝 2分 0敗」で負けなし中。

 そして神戸がJ1に復帰した2014年から昨年までの4年間は、リーグ戦では8戦負けなし(5勝 3分 0敗)とホーム・アウェーに関わらず相性良かったのですが、今年のリーグ戦(ホーム)は●1-2で(リーグ戦では)7年ぶりに敗れてしまいました。

 なお、今年はそのリーグ戦(ホーム)以外にもルヴァンカッププレーオフステージで2度対戦していて、第1戦(ホーム)は○4-2で勝利し、第2戦は△1-1で引き分けて、ノックアウトステージ進出を決めています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 6試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)
   > 2試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 扇原貴宏が出場すると、J1リーグ通算150試合出場を達成します。

 ウーゴ ヴィエイラが出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 仲川輝人が出場すると、Jリーグ(J2も含む)通算50試合出場達成にリーチとなります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場達成にリーチとなります。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算108試合出場となり、松永成立(93-95)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代47位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 神戸 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 松原健、扇原貴宏

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 遠藤渓太、 神戸 : なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除→大宮)

      神戸  .: (in) アフメド ヤセル(←アルドハイル)
            (in) 大﨑玲央(←徳島)
            (in) アンドレス イニエスタ(←バルセロナ)
            (in) 古橋亨梧(←岐阜)
            (in) 長沢駿(←G大阪)

            (out) 吉丸絢梓(→徳島)
            (out) 中坂勇哉(→ペララーダ)
            (out) 佐々木大樹(→パルメイラス)
            (out) チョン ウヨン(→武漢卓爾)
            (out) ハーフナー マイク(→仙台)
            (out) 渡辺千真(→G大阪)
            (out) 小川慶治朗(→湘南)
            (out) レアンドロ(→東京V)

 【日本代表】  マリノス:
           神戸  .:

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           神戸  :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太、久保建英
           神戸  : 郷家友太

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           神戸  : 那須大亮
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  神戸オフィシャル

 【チケット情報】  神戸オフィシャル

 【試合プレビュー】  「強い目標持つ両者。
               ACL目指す神戸は進化にも挑む(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 久保、移籍後初のリーグ戦へ意欲 イニエスタと対戦も」 (8/25)
   > 「【神戸】イニエスタ、横浜M戦での先発復帰濃厚…8月ホーム3戦は全てチケット完売」 (8/25)

   > 「【J試合情報】ヴィッセル神戸vs横浜F・マリノス 8月26日」 (8/24)

   > 「[横浜FM]信じてくれるサポーターのために。喜田拓也の目は死んでいない」 (8/23)

   > 「恐るべしイニエスタ効果!神戸、横浜M戦チケット売り切れ
      8月ホーム3試合全席種完売」 (8/20)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)08/26(日) 18:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 神戸戦・データボックス>2018年J1リーグ第24節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月23日 (木)

『帝都大捜査網』 岡田秀文 > 「このミス」完全読破 No.1014

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1014

 『帝都大捜査網』 岡田秀文

   「このミス」2018年版 : 16位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年4月25日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2017年7月>

帝都大捜査網帝都大捜査網
岡田 秀文

東京創元社 2017-07-28
売り上げランキング : 323666

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 舞台となるのは昭和11年の東京で、刺し傷の形状や死後に移動された形跡、死体の身元が隠されていないなどの共通点から、連続殺人とみられる事件が発生。

 この事件を仕切るのは、残忍かつ狡猾な犯罪ばかりを扱い自分たちの存在を外部に漏らさないようにしている特別捜査隊の隊長・郷咲警視。

 ただこの郷咲警視は、探偵小説好きである一人娘の多都子からの助言(推理)を難事件の解決に役立ててきていて、今回の事件でも多都子の推理を参考に真相へと近づいていく中、また新たに変死体が発見されて.....。
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで著者お得意の時代ミステリ作品ですが、読んでいるうちにこれが時代小説であることを忘れてしまうタイミングがあるくらいに現代ミステリに近い作風なので、時代小説に抵抗感ある人でも問題なく楽しめると思います。

 とはいえ、現代ミステリ的には直球に近い捜査ミステリが繰り広げられていきながらも、昭和初期が舞台だからこその描写や空気感が作品に独自の面白さを生み出していますし、そんな現代的な要素と時代小説的な要素との絡み具合が本作の読み所でもあるのです。

 しかし、そんな本作の一番の特徴といえば、この捜査ミステリパートと並行して語られていく別パートの方でして、借金を抱えてにっちもさっちもいかなくなった人物から始まる物語は、もちろん徐々に捜査ミステリパートとの繋がりが出てくるものの、それだけでなく昭和初期が舞台の小説を読んでいるとは思えないようなとんでもない展開へと突っ走っていくのですね。

 これはもう“現代的な要素と時代小説的な要素との融合”どころの話ではないくらいの強烈なインパクトがあるので、なるべく内容を知らずに読んだ方が楽しめると思いますし、そんな意外性ある展開を経たうえで事件が解決したと思いきやそこでも強烈な一撃が炸裂するなど、一度読み始めれば最後の最後まで著者に翻弄されっぱなしの状態になってしまうのではないでしょうか。

 ただ、「このミス」にランクインしたとはいえ、ミステリ的にもサスペンス的にもガッツリとした読み応えや圧倒的されるほどに迫力ある描写が込められた(多くの人が楽しめる)タイプというよりは、好む人をある程度限定するけれど好きな人は偏愛してしまうようなマニア受けに近いタイプのように感じたので、読む際には楽しみ方(期待のかけ方)を間違えないようご注意を。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “岡田秀文” 関連記事 】

  > No.1014 「帝都大捜査網」
  > No.0785 「黒龍荘の惨劇」


 「蒼き山脈」馳星周 <<< PREV/NEXT >>> 「異常探偵 宇宙船」前田司郎

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年8月22日 (水)

☆ 仙台戦・データボックス>2018年天皇杯4回戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 8/22(水) 天皇杯 4回戦 vs ベガルタ仙台 (ニッパツ)


  ●2-3 (前半1-2、後半1-1)

  主審:東城 穣  入場者数:5,977人

  .<得点> 0-1 石原直樹     .(仙台・前半16分)
         1-1 畠中槙之輔    (横浜・前半40分)
         1-2 ジャーメイン良  (仙台・前半48分)
         2-2 喜田拓也     .(横浜・後半03分)
         2-3 石原直樹     .(仙台・後半09分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 中町公祐が、マリノス所属時公式戦通算206試合出場となり、河合竜二(03-10)を抜いてマリノス歴代単独21位となりました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算107試合出場となり、下平匠(14-18)を抜いてマリノス歴代単独49位となりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時天皇杯通算23試合出場となり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代6位タイとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時天皇杯通算17試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)・金井貢史(08-12,16-18)と並びマリノス歴代16位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 5,977人

  > ベガルタ仙台戦・ランキング ワースト・1位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ナビスコカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇杯の敗退決定】


 この試合に敗れたため、天皇杯の4回戦での敗退が決定しました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) スカサカ!

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMは相次ぐ決定機を生かせず。
            仙台が天皇杯ベスト8進出

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「1か月前は8失点惨敗…リベンジ期した仙台、
            久保建英フル出場・横浜FM撃破で8強入り!

 (ゲキサカ) 「最初の出番で初アシスト…
          横浜FM加入の17歳久保建英「イージーミスもあった」

 (ドメサカブログ) 「仙台が粘る横浜FMを振り切りベスト8へ!
              2度追いつかれるもエース石原のゴールで決着


 (スポニチ) 「久保 新天地デビューでアシストも…
               仙台に敗れ天皇杯は4回戦敗退

 (日刊スポーツ) 「横浜・久保建英、初アシストは「見えたので蹴った」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「久保建英、横浜Mデビューで同点弾アシストも…
          チームは4回戦で姿消す

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 仙台戦・プレビュー>2018年天皇杯4回戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎スパーキングサマーC(2018年)穴馬予想&結果

< 8月22日(水)に行われるスパーキングサマーカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スパーキングサマーカップ】

 川崎のダート1600mで行われる南関重賞(SIII)です。

 中央2歳GIで2着の実績を持つアルマワイオリ(今回が初ダート)が南関移籍初戦を迎えるのを始めとして、なんと14頭中13頭が元中央馬というなかなか凄いメンバーとなっていますが、ここは唯一の生粋南関馬であるリアライズリンクスを◎にしてみましょう。

 かつては7連勝を記録したり交流重賞・さきたま杯で3着に入るなど活躍したものの、それ以降の戦績は安定しなくなってしまいましたが、それでも昨年には南関重賞を連勝して交流重賞で4着となったり、今年に入ってからも半年以上の休み明けながら京成盃グランドマイラーズで2着に入るなど、まだまだ重賞で好走できるだけの力はあります。

 それに今回は、昨年に南関重賞を連勝して交流重賞で4着となった時の按上である的場文男とのコンビが久々に復活するので、得意の重以上の馬場ではなさそうとはいえここでも一発あるのではないかとみて、この馬に期待することにしました。


  ◎ リアライズリンクス / 的場文男 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  3/12  25.0%   -980円  97.3%

☆18年通算   >  17/132 12.9% -192,530円  51.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎北九州記念&札幌記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎新潟ジャンプS(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月21日 (火)

☆ 仙台戦・プレビュー>2018年天皇杯4回戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 8/22(水) 19:00~ 天皇杯 4回戦

     vs ベガルタ仙台 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 15位  6勝 5分 11敗 勝点 23  36得 40失 得失 -4 」
  仙台  .:「  .8位 10勝 5分  8敗 勝点 35  33得 35失 得失 -2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 仙台戦は、公式戦通算で「10勝 9分 10敗」、リーグ戦通算で「7勝 8分 6敗」と互角の成績です。

 ただ、仙台がJ1に再昇格した2010年以降は、初戦こそ勝利したもののその後は2014年第22節で勝利するまで8試合勝ちなし(0勝 4分 4敗)とかなり苦手な相手となっていましたが、2015年以降のリーグ戦は「3勝 3分 1敗」と逆に相性良くなっています

 そしてこのカードの特徴といえば、(マリノス側から見て)リーグ戦ホームでは「1勝 4分 5敗」、アウェーでは「6勝 4分 1敗」とお互いに“ホームで弱くアウェーで強い”ことで、ホームでは初対戦で勝利して以降9試合勝ちなし、アウェーでは初対戦で敗れて以降10試合負けなしというはっきりとした戦績となっています。

 ただ、数は少ないとはいえニッパツ(三ツ沢)で行われた試合では、ブランメル仙台時代(JFL)の1998年に対戦した天皇杯3回戦で敗れて以降3戦負けなし(2勝 1分 1敗)と、日産スタジアムでの公式戦(0勝 4分 6敗)に比べれば苦手意識はないかもしれません。

 なお、今年はすでにで3度対戦済みで、ルヴァンカップグループステージ第2節(ホーム)は△0-0、第5節(アウェー)は●2-4、リーグ第16節(アウェー)は○8-2という結果でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場達成にリーチとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算206試合出場となり、河合竜二(03-10)を抜いてマリノス歴代単独21位となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算103試合出場となり、喜田拓也と並びマリノス歴代50位タイとなります(喜田拓也も出場した場合は51位)。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算23試合出場となり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代6位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算17試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)・金井貢史(08-12,16-18)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算16試合出場となり、河合竜二(03-10)・中町公祐と並びマリノス歴代18位タイとなります(中町公祐も出場した場合は19位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【準々決勝情報】


 この試合に勝利すると、準々決勝が決定。

 準々決勝に進出した場合、モンテディオ山形(J2)-FC東京(J1)戦の勝者と10月24日(水)に対戦します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 仙台 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 仲川輝人

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 遠藤渓太、 仙台 : 板倉滉

 【天皇杯での登録外】  マリノス: 西山大雅

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(仲川輝人)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除)

      仙台  .: (in) 矢島慎也(←G大阪)
            (in) ハーフナー マイク(←神戸)

            (out) 庄司悦大(→京都)
            (out) 茂木駿佑(→水戸)
            (out) 金久保順(→京都)

 【日本代表】  マリノス:
           仙台  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           仙台  : 板倉滉

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
          .仙台  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           仙台  :ハーフナー マイク
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【チケット情報】  JFA

 【試合プレビュー】  「前回対戦は8-2で横浜FMの大勝。
               注目集まる今季四度目の対戦(Jリーグ公式サイト)


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「久保 初ホームで初先発へ!仙台戦で“お披露目”濃厚に」 (8/22)
   > 「横浜久保建英、きょう天皇杯仙台戦で初先発濃厚」 (8/22)
   > 「【横浜M】久保、22日天皇杯で先発デビュー」 (8/22)
   > 「横浜M・久保「全力を尽くす」 22日天皇杯で移籍後初出場も」 (8/22)

   > 「横浜 久保、連携UP!初出場弾狙う「いろいろとつかめた」」 (8/21)
   > 「【横浜M】久保「準備できてる」22日デビューへ」 (8/21)


 【TV中継】 (生) 08/22(水) 18:50~  スカイA

        (録) 08/23(木) 15:00~  スカチャン1

            08/24(金) 16:00~  スカチャン3

            08/25(土) 20:00~  スカチャン3

            07/18(水) 12:00~  スカチャン1


 【4回戦ダイジェスト】
            08/24(金) 26:40~  NHK総合
            08/25(土) 16:00~  NHK BS1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 仙台戦・データボックス>2018年天皇杯4回戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月20日 (月)

この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2)

Ymd96_bakansuokinawa20120729_tp_v


 2018年に発売された邦楽(J-POP)の夏ソング/夏の歌の中から独断と偏見で何曲か選んで紹介してみましょう


 大枠の対象となるのはもちろん“夏の歌”ですが、タイトルや歌詞に夏のキーワードが入っていない、なんとなく夏っぽい歌(MVやタイアップCMが夏の風景等)も対象に入れています

 そしてその中から、自分が気に入った曲はもちろん、人気曲、話題曲、有名アーティストの曲などを含めてセレクトしてみました


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  >>> この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3)

  この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その1) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


青と夏 / Mrs. GREEN APPLE

   シングル『青と夏』収録

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


サマラブ超特急 / the peggies

   配信限定EP『なつめきサマーEP』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夏の夢 / ビッケブランカ

   シングル『夏の夢/WALK』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Summer Mermaid / 宇野実彩子 (AAA)

   シングル『Summer Mermaid』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CAN YOU FEEL IT / Yogee New Waves

   配信シングル『CAN YOU FEEL IT』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


My perfect sky / 加治ひとみ

   配信シングル『My perfect sky』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


真昼の月 / NoisyCell

   アルバム『Wolves』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夏フェスなんて大嫌い!! なんちゃって / ONIGAWARA

   アルバム『GAWARA!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  >>> この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3)

  この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その1) <<<


 【 「夏ソング/夏の歌」関連記事 】

 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その1) (18.8.16)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2) (18.8.20)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3) (18.8.29)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その4) (18.8.31)

 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その1) (17.7.11)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その2) (17.7.15)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その3) (17.7.21)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その4) (17.8.3)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その5) (17.8.6)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その6) (17.8.14)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その7) (17.8.31)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年上半期) (16.5.23)
 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年下半期) (16.7.2)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2015年) (15.7.2)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2010年代・前期) (15.7.21)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2000年代・後期) (15.7.25)
 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2000年代・前期) (15.7.28)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(1990年代・後期) (16.8.13)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ(39) 2018年 9/10 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ(39) 2018年 9/10 号 [雑誌]

集英社 2018-08-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “J金未来杯(ジャンプゴールドフューチャーカップ)50周年記念大会(第13回) “のエントリーNo.1として週刊少年ジャンプの2018年39号(8月27日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「仄見える少年(ほのみえる・しょうねん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の後藤冬吾(ごとう・とうご)は、「神の仮宿」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年2月期)”、「Stellar」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年1月期)”の最終候補に。

 続いて、「仄見える少年」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年10月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞し(同じ“2016年10月期”では「浮いてるよ芝崎くん」も最終候補に)、その受賞作「仄見える少年」を原作担当として“ジャンプGIGA 2017 vol.1”に掲載してデビュー(漫画担当:甲斐基博/「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 > ジャンプGIGA 2017 vol.1参照)。

 漫画担当の松浦健人(まつうら・けんと)は、「プロローグ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年2月期)”の最終候補となった後、「ギゾク屋ケルベロス」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年9月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。


 そんな2人が初めてコンビを組んだ「ミイラ伍式」を“ジャンプGIGA 2017 vol.4”に掲載して後藤冬吾は2度目の読切掲載、松浦健人はデビューを果たし(「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4参照)、さらにはコンビを継続して「水球どんぶらこ」を“ジャンプGIGA 2018 WINTER”で連載(全3回/「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!参照)。

 そして今回は、後藤冬吾のデビュー作を基にして今度は松浦健人が漫画を担当した本作にて、二人共に本誌デビューとなりました(担当編集・村越)。


 内容の方は、霊感少年が悪霊を退治する除霊ホラーコメディ漫画です。

 七瀬宮子(ななせ・みやこ)は、とある相談にのってもらうため、“不可解・不可思議・奇妙なことがおきたなら「彼」を頼れ”という校内での噂の主である伊織景(いおり・けい)の元を訪れることに。

 しかし景は“僕は普通の高校生だから怪奇現象なんて厄介ごとに関わる気はない”と断るも、宮子が語る“遭う度に頭が大きくなっている黒猫”の話が本物であると感じたため、人間ながら化け物みたいな能力を持つ姉を頼ることに。

 しかし姉は景に対し、「お前が対処(解決)するんだよ」と命令してきて....。


 「GIGA版」「金未来杯版」との比較をしてみますと、やはり漫画担当が変わっているので全体的な絵柄や主人公の容姿なども大幅に変わっていまして、主人公の名前も「GIGA版」での伏世生夜(ふせ・せいや)から「金未来杯版」では伊織景(いおり・けい)に変更。

 その他にも、相談者(「GIGA版」では隣のクラスの阿南舞)や相談内容(「GIGA版」では心霊写真)、襲ってくる霊(「GIGA版」では“口裂け”)、姉の容姿(「GIGA版」ではお札のようなもので目隠しはしておらず普通の格好)などの変化があり、主人公の除霊方法も「GIGA版」での“言霊使い”から「金未来杯版」では“主人公に憑いているモノたち(任せ)”に変わって、「金未来杯版」には新たに“霊怪”という呼び名が作られていました。

 ただ、“相談者が主人公の元に” → “主人公は一度は断るも危険を察知したため電話で姉に相談” → “姉は主人公に自分で対処しろと命令” → “霊(霊怪)と出遭い主人公が除霊” → “解決して一安心している二人の前に新たな相談者が....”という大まかなストーリーの流れは共通していましたね。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

霊怪は、 誰にだって仄見える。

☆J金未来杯創刊50周年記念大会エントリーNo.1!!
     巷で噂の霊感少年は少しだけしか見えない人!? 戦慄ホラー47P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「後藤冬吾」関連記事】

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.8.20)

  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人
       > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.19)

  > 「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.7.20)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.24)


 【「松浦健人」関連記事】

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.8.20)

  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人
       > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.19)

  > 「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.7.20)


 【「J金未来杯(第13回)」関連記事】

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 (18.8.20)

  > 「血液ヌル」 天願真太郎 (18.8.27)

  > 「恋は戦争」 アラビア吾朗 (18.8.27)

  > 「Apollo -アポロ-」 那波歩才 (18.8.27)

  > 「ミストの怪剖録」 冴豆祐人 (18.8.28)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2018年8月19日 (日)

☆ 鹿島戦・データボックス>2018年J1リーグ第23節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 8/19(日) J1リーグ 第23節・鹿島アントラーズ戦 (カシマ)


  ●0-1 (前半0-0、後半0-1)

  主審: 村上 伸次  入場者数:21,178人

  .<得点> 0-1 遠藤康  (鹿島・後半04分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合に負けたため、鹿島戦アウェー6連敗となり、「同一カード アウェー連敗」のマリノス歴代記録を更新しました。

 この試合で無得点だったため、鹿島戦アウェー5試合連続無得点となり、「同一カード アウェー無得点」のマリノス歴代記録を更新しました。


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー連敗」記録 > 6連敗 達成 <マリノス歴代 記録更新>

  ・「同一カード アウェー勝ちなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 3位>

  ・「同一カード アウェー失点」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>

  ・「同一カード アウェー無得点」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 記録更新>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 中澤佑二の、J1リーグ連続出場試合数が199、J1リーグ連続フルタイム出場試合数が178でストップしました(いずれもフィールドプレイヤーでJ1リーグ歴代最多記録)。

 チアゴ マルチンスJリーグデビューを記録しました。

 扇原貴宏が、J1リーグ通算150試合出場達成にリーチとなりました。

 ウーゴ ヴィエイラが、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 中町公祐が、マリノス所属時公式戦通算205試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代21位タイとなりました。

 伊藤翔が、マリノス所属時公式戦通算165試合出場となり、榎本達也(97-06)を抜いてマリノス歴代単独29位となりました。

 中町公祐が、マリノス所属時リーグ戦通算154試合出場となり、永山邦夫(93-03)を抜いてマリノス歴代単独20位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 15位 (前節 14位)
         < 6勝 5分 11敗  勝点 23 得点 36 失点 40 得失点差 -4 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「鹿島がウノゼロ勝利。
              本拠地における対横浜FM戦はこれで6連勝

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「鹿島は遠藤康が豪快決勝ボレー!!
            中澤欠場の横浜FM、直近6試合で5敗目

 (ゲキサカ) 「横浜FMが直面するジレンマ「その分、攻撃の迫力が…」

 (ドメサカブログ) 「遠藤康が2試合連続の決勝ゴール!
              鹿島がウノゼロ勝利で今季3度目の連勝を飾る


 (スポニチ) 「横浜 新システム不発、連敗で降格圏迫る 移籍の久保出番なし

 (日刊スポーツ) 「横浜中沢外しも連敗…新加入の久保建英も出番なし

 (日刊スポーツ) 「横浜完封負け、新布陣もろさ露呈も「手応えはある」

 (スポーツ報知) 「中沢温存も実らず…今季4度目の2連敗で15位に後退

 (スポーツ報知) 「久保建英はベンチ入りも出番なし

 (サンスポ) 「横浜M・中沢、ベンチ外…連続試合出場&連続フル出場記録止まる

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鹿島戦・プレビュー>2018年J1リーグ第23節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

『錆びた滑車』 若竹七海 > 「このミス」完全読破 No.1029


「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1029

 『錆びた滑車』 若竹七海

   「このミス」2019年版 : 3位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 5位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 6位
              「本格ミステリ・ベスト10」 24位

   読了日 : 2018年8月17日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 電子書籍 <2018年8月>

錆びた滑車 (文春文庫)錆びた滑車 (文春文庫)
若竹 七海

文藝春秋 2018-08-03
売り上げランキング : 113

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 『プレゼント』、No.808「依頼人は死んだ」No.812「悪いうさぎ」No.813「さよならの手口」No.920「静かな炎天」に続く、“葉村晶シリーズ”の6作目です。

 ただ1作目の『プレゼント』における葉村晶はダブル主人公のうちの一人であったり、この作品だけ版元が違うなどの理由から、“葉村晶シリーズ”は『依頼人は死んだ』以降という見方もあるようですね(その場合は本作が5作目に)。

 とはいえ、『依頼人は死んだ』には『プレゼント』の内容に触れる場面(ネタバレ含む)もあるので、シリーズ作品を全て読むつもりであるのなら『プレゼント』から読み始めた方が良いと思いますし、その際には『悪いうさぎ』と『さよならの手口』の間にNo.752「暗い越流」(“葉村晶シリーズ”の短編を二作収録)を読み忘れないようご注意を。

 ちなみに、本作からいきなり読んでも問題なく楽しむことが出来ますが、準レギュラー人物も新登場人物もそれなりに多めなため、人物把握にややこしさを感じたくないのであればシリーズ順に読んでいくことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、13年ぶりのシリーズ復活となった前々作が「このミス」4位、前作が1位とわずか3点差(1票未満差)の2位と、今や近年のミステリ界を代表するほどの評価と話題性を持つまでになったシリーズの新作ですが、今回は前々作以来となる長篇です(前作は連作集)。

 真面目で仕事熱心で有能でありながら不幸・不運な目にばかり合っている探偵・葉村晶は、“高齢女性の行動確認”の依頼を受け尾行していたところ、尾行対象者による喧嘩の巻き添えで大怪我を負ってしまい、それが縁となって事件や騒動に巻き込まれたり自ら首を突っ込んだりしていくことに。

 今回も相変わらずの探偵っぷり&不運っぷりで楽しませてくれるのですが、昔ながらのハードボイルド小説を思わすようなシリアスな場面で魅せてくれたかと思えば、次の瞬間には近年の流行りであるキャラクター小説的とでもいうべきコミカルな場面でニヤニヤさせてくれて、さらにはシリアスな展開の中にコミカルな演出が入り混じってきたりもするため、このシリアスとコミカルの緩急が絶妙な匙加減となって面白さを一段と引き上げていますし、新旧ハードボイルド系小説の魅力を併せ持つ本作(本シリーズ)が今の時代に評価されていることにも納得できますね。

 それに、ストーリー構成や事件全体の構図や伏線の仕掛けなどミステリ小説としての土台がしっかりしているのも凄いことだと思うので、人によってはシリーズ作品としてのマンネリ感を覚えたり(過去作への評価から高い期待を持ちすぎたことにより)物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、多くのこのシリーズの愛読者は本作単体の面白さを心から堪能しつつ改めてこのシリーズの魅力にずっぽりと浸れるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “若竹七海” 関連記事 】

  > No.1029 「錆びた滑車」
  > No.0920 「静かな炎天」
  > No.0813 「さよならの手口」
  > No.0812 「悪いうさぎ」

  > No.0808 「依頼人は死んだ」
  > No.0777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」
  > No.0752 「暗い越流」
  > No.0431 「ポリス猫DCの事件簿」
  > No.0205 「プラスマイナスゼロ」


 「ペンギンは空を見上げる」八重野統摩 <<< PREV
                    NEXT >>> 「名探偵誕生」似鳥鶏

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年8月18日 (土)

◎北九州記念&札幌記念(2018年)穴馬予想&結果

< 8月19日(日)に行われるテレビ西日本賞北九州記念(GIII)札幌記念(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【テレビ西日本賞北九州記念】

 小倉の芝1200mで行われるハンデ重賞(GII)です。

 短距離のハンデ戦ということで予想が難しすぎですが、それを表すようにこれを書いている時点では全馬の複勝最低オッズが2倍以上となっています。

 それでここは、あんまり穴らしい穴馬を狙っても当たる気がしないこともあり、人気サイド気味ではありますがセカンドテーブルを◎にしてみましょう。

 もう2年以上も勝利がないものの、CBC賞で2年連続馬券に絡むなど(勝てないながら)重賞でも結果を出していますし、前に行って34秒台以下の上がりを出せるのは魅力なので、この馬に期待してみることに。


  ◎ セカンドテーブル / 水口優也 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     アレスバローズ   菱田裕二   6
 2着 11    ダイメイプリンセス 秋山真一郎 4
 3着 9     ラブカンプー     和田竜二   7
 4着 10    グレイトチャーター 松山弘平  14
 5着 6  ◎ セカンドテーブル  水口優也  5


 (前に行くことに期待して選んだこともあり)先行出来なかった時点で諦め掛けたのですが、それでも3着馬と0.2秒差の5着には来ているんですよねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【札幌記念】

 札幌の芝2000mで行われる重賞(GII)です。

 夏競馬唯一のGIIで、GI昇格の話も出ているほどのビッグレースなので、GI馬3頭に(GIを勝ったことのない)GI 2・3着馬が3頭という、この時期にしては豪華なメンバーとなっています。

 それでここは、サクラアンプルールを◎にしてみましょう。

 前走の函館記念が2着、前々走の日経賞が3着、3走前の中山記念が4着と、なかなか勝てないとはいえ重賞で安定した走りを見せていますし、唯一勝利した重賞が昨年のこのレースというコース相性もあるので、洋芝適性が勝負の分かれ目となるような展開ならこのメンバー相手でも2年連続での好走も充分にありえるのでは。


  ◎ サクラアンプルール / 吉田隼人 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     サングレーザー    福永祐一  2
 2着 5     マカヒキ         ルメール   1
 3着 15    モズカッチャン     M.デムーロ  4
 4着 12    サウンズオブアース 藤岡佑介  13
 5着 10    スティッフェリオ    丸山元気  12

 6着 9  ◎ サクラアンプルール  吉田隼人  7


 最終コーナーを手応え良く周って来て先頭に躍り出た時には期待がかなり高まったのですが....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  3/11  27.3%  +2,020円  106.1%

☆18年通算   >  17/131 13.0% -189,530円  51.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クラスターC&黒潮盃(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎スパーキングサマーC(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月17日 (金)

☆ 鹿島戦・プレビュー>2018年J1リーグ第23節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 8/19(日) 18:30~ J1リーグ 第23節

     vs 鹿島アントラーズ (県立カシマサッカースタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位(暫定) >>

  マリノス:「 14位  6勝 5分 10敗 勝点 23  36得 39失 得失 -3 」
  鹿島  :「  7位  9勝 5分 .8敗 勝点 32  39得 29失 得失 +1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鹿島はマリノスが長年苦手としている相手の一つで、公式戦通算では「26勝 10分 36敗」、リーグ戦通算では「21勝 8分 27敗」といずれも負け越し。

 しかも、2013年の後半戦から昨年の前半戦までの公式戦で「0勝 1分 8敗」、リーグ戦でも「0勝 1分 7敗」、無得点での敗戦は公式戦9試合中6試合(2014年後半戦以降に限ると7試合中6試合で無得点)と、ここ数年は全く太刀打ち出来ていないといっても過言ではないくらいに苦手な相手となっていました。

 そしてホーム・アウェー別に見てみると、リーグ戦ホームでは「12勝 6分 11敗」と五分の成績なのに対し、アウェーでは「9勝 2分 16敗」と大きく負け越していて、2013年以降5連敗中&4試合連続無得点中と、近年の鹿島戦アウェーは過去最低なほどに相性悪いですね。

 とはいえ、昨年の第30節は○3-2で勝利、今年の第11節は○3-0で勝利と、どちらもホームゲームだったとはいえ現在鹿島戦2連勝中&2試合連続3得点中ではあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合に負けると、鹿島戦アウェー6連敗となり、「同一カード アウェー連敗」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で無得点だと、鹿島戦アウェー5試合連続無得点となり、「同一カード アウェー無得点」のマリノス歴代記録を更新します。


 ★今回の試合に負けると........
   > 6試合“同一カード アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 6試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 3位)

 ★今回の試合で3得点以上だと........
   > 3試合連続“同一カード 3得点以上”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 7試合連続“同一カード アウェー失点”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 5試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り7試合となります。

 扇原貴宏が出場すると、J1リーグ通算150試合出場達成にリーチとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが出場すると、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなります。

 仲川輝人が出場すると、Jリーグ(J2も含む)通算50試合出場達成にリーチとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算205試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算165試合出場となり、榎本達也(97-06)を抜いてマリノス歴代単独29位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算154試合出場となり、永山邦夫(93-03)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 鹿島 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 松原健

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 遠藤渓太、 鹿島 : なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(仲川輝人)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
      マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
            (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
            (in) 畠中槙之輔(←東京V)
            (in) 久保建英(←FC東京)

            (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
            (out) 金井貢史(→名古屋)
            (out) 下平匠(→千葉)
            (out) ダビド バブンスキー(契約解除)

      鹿島  .: (in) チョン スンヒョン(←鳥栖)
            (in) セルジーニョ(←サントス)

            (out) 植田直通(→エクセル・ブルージュ)
            (out) ペドロ ジュニオール(→武漢卓爾)
            (out) 金崎夢生(→鳥栖)

 【日本代表】  マリノス:
           鹿島  .: 昌子源

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           鹿島  :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
           鹿島  : 安部裕葵

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス:
           鹿島  :
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  鹿島オフィシャル

 【チケット情報】  鹿島オフィシャル

 【試合プレビュー】  「(Jリーグ公式)」

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 中沢のJ1リーグ200試合連続出場、指揮官が止めた」 (8/19)
   > 「横浜中沢連続出場ストップ 疲労考慮鹿島戦ベンチ外」 (8/19)
   > 「【横浜M】中沢佑二、鉄人記録ストップへ…鹿島戦帯同せず」 (8/19)
   > 「【横浜M】先発有力19歳MF山田康太「力を出し切りたい」鹿島戦」 (8/19)
   > 「横浜移籍のMF久保“準備OK”、指揮官が途中出場の起用示唆」 (8/19)
   > 「横浜久保が鹿島戦遠征メンバー入り 途中出場濃厚」 (8/19)

   > 「[横浜FM]3バックに中澤佑二の姿なし。
          リーグ戦連続出場は199でストップか」 (8/18)
   > 「横浜移籍の久保 鹿島戦は途中出場?
        指揮官「プレー機会ある」 遠征メンバー入り」 (8/18)
   > 「横浜移籍の久保がサブ組で紅白戦「準備をしている」」 (8/18)
   > 「【横浜M】FW久保建英が鹿島戦ベンチ入り「100%の力を」」 (8/18)

   > 「建英シャドー好感触!充実の横浜初練習「自分の良さ出せそう」」 (8/18)
   > 「横浜久保2シャドーでプレー 鹿島戦出場アピール」 (8/18)
   > 「【横浜M】指揮官、U19代表・久保を絶賛「技術高い」「視野広い」」 (8/18)
   > 「山中 横浜残留を明言!トルコ1部からのオファー拒否」 (8/18)

   > 「横浜移籍の久保が初練習、監督は鹿島戦起用へ前向き」 (8/17)
   > 「久保建英最短19日デビュー 26日にバルサ対決も」 (8/17)
   > 「横浜移籍の久保に即戦力の期待
      19日鹿島戦先発も「少しでも順位上げられるように」」 (8/17)
   > 「【横浜M】久保、19日・鹿島戦でデビューも…
      J1初ゴール「早く決めたい」」 (8/17)
   > 「久保建英、横浜M移籍会見「新たなチャレンジ」」 (8/17)

   > 「鹿島・安部は全治2~3週間 15日の長崎戦で負傷」 (8/17)
   > 「【J試合情報】鹿島アントラーズvs横浜F・マリノス 8月19日」 (8/17)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)08/19(日) 18:30~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 鹿島戦・データボックス>2018年J1リーグ第23節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月16日 (木)

この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その1)

Ymd96_bakansuokinawa20120729_tp_v


 2018年に発売された邦楽(J-POP)の夏ソング/夏の歌の中から独断と偏見で何曲か選んで紹介してみましょう


 大枠の対象となるのはもちろん“夏の歌”ですが、タイトルや歌詞に夏のキーワードが入っていない、なんとなく夏っぽい歌(MVやタイアップCMが夏の風景等)も対象に入れています

 そしてその中から、自分が気に入った曲はもちろん、人気曲、話題曲、有名アーティストの曲などを含めてセレクトしてみました


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  >>> この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


care / 井上陽水

   シングル『care』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


SUMMER BREEZE / go!go!vanillas

   シングル『SUMMER BREEZE/スタンドバイミー』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


プレシャスサマー! / でんぱ組.inc

   シングル『プレシャスサマー!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夏のビーナス / 阪本奨悟

   アルバム『FLUFFY HOPE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


19 summer note. / SILENT SIREN

   シングル『19 summer note.』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


約束 / サイダーガール

   シングル『約束』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


常夏ヴァカンス / フレンズ

   アルバム『コン・パーチ!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


サマータイムロック / LIFriends

   シングル『サマータイムロック』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  >>> この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2)


 【 「夏ソング/夏の歌」関連記事 】

 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その1) (18.8.16)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その2) (18.8.20)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その3) (18.8.29)
 この“夏ソング/夏うた”がすごい!2018年(その4) (18.8.31)

 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その1) (17.7.11)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その2) (17.7.15)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その3) (17.7.21)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その4) (17.8.3)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その5) (17.8.6)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その6) (17.8.14)
 この夏ソング(MV)がすごい!2017年(その7) (17.8.31)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年上半期) (16.5.23)
 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年下半期) (16.7.2)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2015年) (15.7.2)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2010年代・前期) (15.7.21)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2000年代・後期) (15.7.25)
 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(2000年代・前期) (15.7.28)

 夏ソング/夏の歌ベストセレクション(1990年代・後期) (16.8.13)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

◎ブリーダーズGC(2018年)穴馬予想&結果

< 8月16日(木)に行われるブリーダーズゴールドカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ブリーダーズゴールドカップ】

 門別のダート2000mで行われる交流牝馬重賞(JpnIII)です。

 お盆の交流重賞3連戦の3戦目ですが、ここまで1勝1敗と来ているので、ここを当ててなんとか勝ち越したいところですね。

 それでこのレースは、昨年の3歳ダート女王決定戦・関東オークスを制したクイーンマンボと今年の関東オークスを制したハービンマオが早くも激突するということで盛り上がりそうではあるものの、他にも昨年末の交流重賞・クイーンSを制したプリンシアコメータもいて、今年の交流重賞・TCK女王盃で地方馬ながら馬券に絡んだブランシェクールラインハートの大井馬2頭も遠征してくるなど、なかなか面白いレースとなりそうなメンバーです。

 そして今回もいつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、これを書いている時点ではオッズが出ていないので、クイーンマンボが圧倒的人気になるだろうこと以外は予測がつきません。

 なので、オッズがある程度固まって来てから最終予想を決めることにし、レース約15分前までにはそれをここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、クイーンマンボが1倍台、フォンターナリーリが4倍台、ラビットランが5倍台、プリンシアコメータが8倍台、それ以降が10倍以上となっていました。

 オッズ的に2番人気以降の中から選ぶわけですが、ここは2番人気馬もあえて外し、3~6番人気の4頭狙いでいってみましょう。


  ◎ プリンシアコメータ / 戸崎圭太 (6)
  △ ブランシェクール / 御神本訓史 (9)
  △ ラビットラン / M.デムーロ (11)
  △ ハービンマオ / 松岡正海 (12)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11 △ ラビットラン     M.デムーロ 3
 2着 6  ◎ プリンシアコメータ 戸崎圭太  4
 3着 5     クイーンマンボ   ルメール   1
 4着 2     フォンターナリーリ モレイラ   2
 5着 12 △ ハービンマオ    松岡正海  6


 直線では選んだ2頭が他馬を突き離していたので、おとといのレースと同様に余裕でレースを観ていられました。

 そして、資金配分を決めた後でラビットランのオッズが結構上がっていたのもラッキーでしたねェ。


  (○単勝:11 6.5倍)  ○的中!  3,000円 → 9,100円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  3/9   .33.3%  +8,020円  129.7%

☆18年通算   >  17/129 13.2% -183,530円  52.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クラスターC&黒潮盃(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎北九州記念&札幌記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月15日 (水)

☆ 名古屋戦・データボックス>2018年J1リーグ第22節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 8/15(水) J1リーグ 第22節・名古屋グランパス戦 (日産ス)


  ●1-2 (前半0-1、後半1-1)

  主審: 飯田 淳平  入場者数:24,527人

  .<得点> 0-1 ジョー   (名古・前半04分/公式Youtube動画
         1-1 松原健  (横浜・後半04分/公式Youtube動画
         1-2 ジョー   (名古・後半45分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で得点したため、ホーム22試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代新記録を達成しました。


 <記録更新>

  ・「ホーム得点」記録 > 22試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード ホーム無失点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 9位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 中澤佑二が、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り8試合となりました。

 松原健が、J1リーグ通算100試合出場を達成しました。

 伊藤翔が、マリノス所属時公式戦通算164試合出場となり、榎本達也(97-06)と並びマリノス歴代29位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 14位 (前節 13位)
         < 6勝 5分 10敗  勝点 23 得点 36 失点 39 得失点差 -3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「止まらないジョー。名古屋、怒とうの4連勝

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「名古屋のジョーが止まらない。
           4戦連発で横浜FMを下し最下位脱出!!
               G大阪が最下位転落

 (ゲキサカ) 「「100年に1度」のノールック同点弾も……。
           横浜FMの松原「いい加減、学ばないといけない」

 (ドメサカブログ) 「好調のジョーが4試合連続弾含む2ゴール!
               名古屋が5戦負けなし4連勝で16位に浮上


 (スポニチ) 「横浜 3バックを初採用も不発 最下位のG大阪と勝ち点2差

 (日刊スポーツ) 「横浜松原「100年に1度」スーパー弾100戦記念

 (日刊スポーツ) 「横浜松原1発も敗戦に「ジョーを任せすぎた」

 (スポーツ報知) 「3バックも惜敗、最下位とは勝ち点2差…

 (サンスポ) 「横浜M、3バックの新布陣で黒星
              指揮官「負ける内容ではなかった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 名古屋戦・プレビュー>2018年J1リーグ第22節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎クラスターC&黒潮盃(2018年)穴馬予想&結果

< 8月15日(水)に行われるクラスターカップ(JpnIII)黒潮盃(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【クラスターカップ】

 盛岡のダート1200mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 お盆の交流重賞3連戦の2戦目ですが、昨日のレースは当てることが出来たので、ここも当てて3レーストータルでのプラスを確定させたいところですね。

 それでこのレースは、交流短距離路線で永い間活躍している常連の中央馬が1頭もおらず、それもあってか交流重賞での掲示板率が高い地方馬のラブバレットが人気の一角となっているので、昨日に引き続いて予想の難しいメンバーとなっています。

 そして今回もいつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、そんなメンバーゆえにオッズの方もこれを書いている時点から大きく動く可能性も否定できません。

 なので、オッズがある程度固まって来てから最終予想を決めることにし、レース約15分前までにはそれをここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ディオスコリダーが2倍台、ラブバレットとネロが4倍台、オウケンビリーヴが5倍台、コパノマイケルが9倍台、それ以降が10倍以上となっていました。

 単勝複数買い的にこのオッズの並びだと、(2倍台の1番人気馬はオッズ的に対象外として)“2~4番人気の中から2頭(以上)”という組み合わせが出来ないため、(10倍以上の馬から選ばないとすれば)2~4番人気の中から1頭&コパノマイケルの2頭狙いとなります。

 それでここは3頭の中から、前走は交流重賞で大敗したものの、昨秋には芝の中央重賞を制し交流GIでも勝ち馬と同タイムの4着という実績を重視して、ネロを選んでみました。


  ◎ ネロ / 吉原寛人 (9)
  △ コパノマイケル / 田辺裕信 (7)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     オウケンビリーヴ 北村友一 3
 2着 9  ◎ ネロ         吉原寛人 4
 3着 5     ラブバレット     山本聡哉 2
 4着 10    ディオスコリダー  津村明秀 1
 5着 12    ブライトライン    石橋脩   6


 逃げたネロは、最終コーナーですでに横に並んで来ていたオウケンビリーヴにすぐにでも抜かれそうなところを、そこから驚異の粘りを見せて先頭を譲らなかったのですが、ゴール前でクビ差交わされてしまいました....。

 あと後々考えてみたら、4倍台と5倍台の組み合わせも出来たので、ネロとオウケンビリーヴの2頭狙いも可能でしたねェ。


  (×単勝:4 4.4倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【黒潮盃】

 大井のダート1800mで行われる南関3歳重賞(SII)です。

 東京ダービーの2・3着馬が登場となりますが、ここはマースインディを◎にしてみましょう。

 羽田盃と東京ダービーのクラシック2戦はいずれも大敗に終わったものの、その前には雲取賞とクラウンCで4着と重賞・準重賞クラスでも惜しい走りを見せていましたし、前走は条件戦ながら古馬相手に3/4馬身差の2着と健闘しているので、ここでの一発も期待できるのでは。


  ◎ マースインディ / 藤本現暉 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     クロスケ        笹川翼   2
 2着 5     クリスタルシルバー 的場文男  1
 3着 10    ミスマンマミーア   森泰斗   6
 4着 14    ワンダーツー     左海誠二 5
 5着 3  ◎ マースインディ     藤本現暉 9


 直線後方から追い込んでは来たものの、5着が精一杯でした....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  2/8   .25.0%  +1,920円  108.0%

☆18年通算   >  16/128 12.5% -189,630円  50.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎サマーチャンピオン(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ブリーダーズGC(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月14日 (火)

『ペンギンは空を見上げる』 八重野統摩 > 「このミス」完全読破 No.1028

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1028

 『ペンギンは空を見上げる』 八重野統摩

   「このミス」2019年版 : 48位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年8月13日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年5月>

ペンギンは空を見上げる (ミステリ・フロンティア)ペンギンは空を見上げる (ミステリ・フロンティア)
八重野 統摩

東京創元社 2018-05-21
売り上げランキング : 44144

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 小学六年生の佐倉ハルは、NASAやJAXAなどでロケットの開発に大きく関わるようなエンジニアになることが夢で、なるべく大人やネットの力を借りず自分だけの力で風船ロケットを成層圏まで飛ばし空撮することに挑戦中。

 そんなハルのクラスに、長くて金色の髪を持つ背の低いハーフの女子・鳴沢イリスがアメリカから転校してきたものの、日本語を話せるのにも関わらずクラスメイトと仲良くする気など一切なく、話しかけられても視線すら合わせず無視し続けたため、一週間もしないうちにクラス内で孤立した存在に。

 しかし、ハルも実は、とある理由によりクラスで孤立していて....。
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作ですが、ライトノベル系レーベルであるメディアワークス文庫で作品を発表して来た著者による、一般レーベルから発売された初の作品となっています。

 単行本のあらすじなどを読んだ感じだと、手作りロケットを宇宙まで飛ばすことに挑戦している少年による熱くて前向きで感動的な青春物語が繰り広げられそうに思えてしまうものの、実際に読んでみますと、クラスで孤立し家族との関係も上手くいっていない少年と少女による辛くて哀しい青春物語の方が中心となっているのです。

 とはいっても(イヤミスのように)読んでいるこちらまで辛くなるほどではないのですが、ミステリ的にはハルがクラスで孤立することになった真相を中盤過ぎまで引っ張りつつ、コミュニケーションが不器用な主人公たちの日常や風船ロケット打ち上げに挑む姿がジュブナイル小説風に進んでいきまして、終盤ではサプライズ的な新事実が明らかになります。

 これはミステリを読み慣れている人であれば(細かな部分まで当てることは無理そうだけれど)大まかな部分は見当がつきそうなタイプではあるとはいえ、この(読者に明かされてこなかった)真相が判明することで、主人公の意地っ張りで生意気で少し意地悪な態度や言動などの(これまで読んでいて)モヤモヤしていたものの理由がすっきりと理解でき、主人公を見る目が大きく変わるという、青春物語としての読み応えを爆発的に膨らます効果を伴うサプライズ演出なのですね。

 そういった要素があるものの、あくまで青春物語を盛り上げるためにミステリ的要素が用いられているというタイプなので、(ミステリ・フロンティアから発売されたということもあり)ミステリ要素にのみ期待して読み始めるよりは、ジュブナイル青春小説を楽しむつもりで手にした方が本作にとって最良の読み方だと思いますし、そうすれば爽やかで感動的な読後感を味わえるに違いありません。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「完全犯罪の死角 刑事花房京子」香納諒一 <<< PREV
                    NEXT >>> 「錆びた滑車」若竹七海

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

◎サマーチャンピオン(2018年)穴馬予想&結果

< 8月14日(火)に行われるサマーチャンピオン(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サマーチャンピオン】

 佐賀のダート1400mで行われる交流ハンデ重賞(JpnIII)です。

 お盆の交流重賞3連戦の初戦なので、まず当てて勢いを付けたいところですね。

 それでまずこのレースは、中央馬5頭中交流重賞出走経験のある馬は1頭のみという新鮮なメンバーでのハンデ戦ということで、元中央の地方馬が何頭かいることも含めてかなり予想の難しいレースとなっています。

 そして今回もいつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、そんなメンバーゆえにオッズの方もこれを書いている時点では予測がつきません。

 なので、オッズがある程度固まって来てから最終予想を決めることにし、レース約15分前までにはそれをここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ヨシオが2倍台、タイセイエクレールが3倍台、ルグランフリソンが4倍台、ブルミラコロが5倍台、それ以降は10倍以上となっていました。

 単勝複数買い敵にはこのオッズの並びの場合、(初ダートのタイセイプライドを除く)中央馬のみを狙うのであれば“ルグランフリソン&ブルミラコロ”の組み合わせのみ、元中央の有力地方馬2頭を狙うのであれば“地方馬2頭”と”中央馬2~4番人気の中から1頭”の組み合わせ、または“地方馬1頭&ルグランフリソン&ブルミラコロ”となります。

 なのでここは、3つ目の組み合わせにするとして、地方馬2頭のうちエイシンバランサーを選んでみましょう。


  ◎ ルグランフリソン / 福永祐一 (9)
  △ ブルミラコロ / 秋山真一郎 (3)
  △ エイシンバランサー / 下原理 (10)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10 △ エイシンバランサー 下原理    5
 2着 3  △ ブルミラコロ      秋山真一郎 4
 3着 8     ヨシオ         戸崎圭太   1
 4着 9  ◎ ルグランフリソン   福永祐一  3
 5着 11    エイシンヴァラー   吉村智洋  7


 最終コーナーでは選んだ3頭が横並びで(4番手以降を離して)周って来たので、直線の攻防をこれだけ余裕を持って観れたのは本当に久しぶりでしたねェ。


  (○単勝:10 13.2倍)  ○的中!  3,000円 → 7,920円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  2/6   .33.3%  +7,920円  144.0%

☆18年通算   >  16/126 12.7% -183,630円  51.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎エルムS&関屋記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クラスターC&黒潮盃(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月13日 (月)

☆ 名古屋戦・プレビュー>2018年J1リーグ第22節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 8/15(水) 19:30~ J1リーグ 第22節

     vs 名古屋グランパス (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位(暫定) >>

  マリノス:「 13位  6勝 5分 .9敗 勝点 23  35得 37失 得失 -2 」
  名古屋 :「 18位  5勝 4分 11敗 勝点 19  24得 38失 得失 -14 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 名古屋戦は、公式戦通算で「26勝 15分 22敗」とやや勝ち越していて、リーグ戦通算だと「21勝 14分 20敗」とほぼ五分の成績です。

 そして、リーグ戦ホームでは「14勝 5分 8敗」、アウェーでは「7勝 9分 12敗」と、お互いに“ホームでやや強くアウェーでやや弱い”という相性に。

 なお、今年最初の対戦(第13節/アウェー)は、前半に喜田拓也のゴールで先制するも後半に入ってジョーに決められ△1-1の引き分けでした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で得点すると、ホーム22試合連続得点となり、「ホーム連続得点」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で得点すると........
   > 22試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“同一カード ホーム無得点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り8試合となります。

 松原健が出場すると、J1リーグ通算100試合出場を達成します。

 仲川輝人が出場すると、Jリーグ(J2も含む)通算50試合出場達成にリーチとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算205試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時公式戦通算164試合出場となり、榎本達也(97-06)と並びマリノス歴代29位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算154試合出場となり、永山邦夫(93-03)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 名古屋 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 松原健

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 遠藤渓太、 名古屋 : なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、仲川輝人

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
           マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)
                 (in) チアゴ マルチンス(←パルメイラス)
                 (in) 畠中槙之輔(←東京V)
                 *チアゴと畠中は選手登録前なので
                  この試合は出場不可

                 (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
                 (out) 金井貢史(→名古屋)
                 (out) 下平匠(→千葉)

           名古屋 : (in) 丸山祐市(←FC東京)
                 (in) 中谷進之介(←柏)
                 (in) 金井貢史(←マリノス)
                 (in) エドゥアルド ネット(←川崎F)
                 (in) 前田直輝(←松本)

                 (out) 内田健太(→山形)
                 (out) 畑尾大翔(→大宮)
                 (out) ワシントン(→契約解除→山口)
                 (out) 押谷祐樹(→徳島)
                 (out) 松本孝平(→相模原)

 【日本代表】  マリノス:
           名古屋 :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           名古屋 :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
           名古屋 :

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス: 扇原貴宏
           名古屋 : 長谷川アーリアジャスール、新井一耀
                  金井貢史、前田直輝
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「スタイルはともに攻撃的。
                激戦必至の下位直接対決(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「金井、古巣対戦「意識しかしてない」」 (8/15)

   > 「[横浜FM]3バックへ移行!? 山中亮輔は偽サイドバックから卒業か」 (8/14)
   > 「横浜残留へ負けられん!監督が名古屋戦の戦術熟考」 (8/14)
   > 「横浜がDF畠中槙之輔を獲得 東京Vから完全移籍」 (8/14)
   > 「横浜 パルメイラスのDFチアゴの獲得を発表」 (8/14)
   > 「横浜 強気姿勢崩さず、連勝へ指揮官「やるべきことやるだけ」」 (8/14)

   > 「ジョー、4戦連続弾決めるぞ 5年ぶり4連勝&J1残留へ前進」 (8/14)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs名古屋グランパス 8月15日」 (8/14)

   > 「特別指定選手・相馬、次は初ゴール 鹿島戦で初アシスト」 (8/13)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)08/15(水) 19:30~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 名古屋戦・データボックス>2018年J1リーグ第22節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月12日 (日)

◎エルムS&関屋記念(2018年)穴馬予想&結果

< 8月12日(日)に行われるエルムステークス(GIII)関屋記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エルムステークス】

 札幌のダート1700mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、アルタイルを◎にしてみましょう。

 デビューから35戦しながら重賞はまだ4回しか走っていない馬ですが、その重賞での4走のうち2度馬券圏内&3度掲示板に載るなど結果を残していて、唯一掲示板に載れなかった前走のアンタレスS(7着)は不良馬場が悪影響となった可能性があるかもしれません。

 2走前のマーチSでは4着ながら0.1秒差(3着馬とはアタマ差)、3走前のOPでは今回も対戦するリッカルドやリーゼントロックに先着して勝利するなど、重賞出走歴が少ないとはいえ重賞クラスの力は確実にあると思うので、この馬に期待してみることに。


  ◎ アルタイル / 小崎綾也 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【関屋記念】

 新潟の芝1600mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、ロードクエストを◎にしてみましょう。

 3歳時にはGI・NHKマイルCで2着、古馬相手の京成杯AHで勝利と活躍したものの、その後の重賞では結果が出ていない馬ではありますが、2走前のオーシャンSは7着ながら0.2秒差、そして昨年のこのレースも6着ながら0.3秒差(3着馬とは0.1秒差)と惜しい走りは見せていますし、久々にマイル路線に戻ったことで復活もありえるのでは。


  ◎ ロードクエスト / 三浦皇成 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  1/5   .20.0%  +3,000円  120.0%

☆18年通算   >  15/125 12.0% -188,550円  49.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎小倉記念&レパードS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎サマーチャンピオン(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月11日 (土)

☆ 湘南戦・データボックス>2018年J1リーグ第21節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 8/11(土・祝) J1リーグ 第21節・湘南ベルマーレ戦 (BMWス)


  ○1-0 (前半0-0、後半1-0)

  主審: 廣瀬 格  入場者数:14,862人

  .<得点> 1-0 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半03分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で勝利したため、湘南戦アウェー12試合負けなしとなり、「同一カード アウェー負けなし」のマリノス歴代新記録を達成しました。

 この試合で得点したため、湘南戦アウェー12試合連続得点となり、「同一カード アウェー得点」のマリノス歴代新記録を達成しました。


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 12試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「同一カード アウェー得点」記録 > 12試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「同一カード アウェー無失点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「2失点以上」記録 > 5試合連続 でストップ <マリノス歴代 4位>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 中澤佑二が、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り9試合となりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成しました。

 松原健が、J1リーグ通算100試合出場達成にリーチとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算256試合出場となり、齋藤学(08-10,12-17)を抜いてマリノス歴代単独13位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点記録情報】


 ウーゴ ヴィエイラが、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)と並びマリノス歴代22位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 13位 (前節 15位)
         < 6勝 5分 9敗  勝点 23 得点 35 失点 37 得失点差 -2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「『神奈川ダービー』は横浜FMに軍配。
                ヴィエイラのゴールで連敗ストップ

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMが3連敗から脱出!!
          天野からのヴィエイラ弾で“中断明け無敗”の湘南撃破

 (ドメサカブログ) 「ウーゴ・ヴィエイラの決勝弾で勝利した横浜FMが連敗脱出!
             湘南は6試合ぶりの黒星喫す


 (スポニチ) 「横浜、4戦ぶり白星 天野が好アシスト 4月以来の完封勝利

 (日刊スポーツ) 「横浜、流血しながら完封「プレッシャーかけられた」

 (日刊スポーツ) 「横浜9戦ぶり完封で連敗3で止めた ヴィエイラV弾

 (スポーツ報知) 「4試合ぶり勝利 指揮官「難しい試合だった」

 (サンスポ) 「横浜M、連敗ストップ 指揮官「難しい時期を乗り越えた」

 (サンスポ) 「U-21代表FWの横浜M・遠藤、“走”で勝った

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 湘南戦・プレビュー>2018年J1リーグ第21節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

『完全犯罪の死角 刑事花房京子』 香納諒一 > 「このミス」完全読破 No.1027

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1027

 『完全犯罪の死角 刑事花房京子』 香納諒一

   「このミス」2019年版 : 87位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年8月10日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年6月>

完全犯罪の死角 刑事花房京子完全犯罪の死角 刑事花房京子
香納諒一

光文社 2018-06-19
売り上げランキング : 23013

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 “沢渡家具”を国内有数の高級家具・インテリア専門店へと成長させた亡き父の跡を継いで社長となった沢渡留理は、先代が敷いた路線から大きく転換を図り最近不振気味の会社を再生させようと奮闘中。

 そんな瑠璃は、会社の路線変更に反対している義理の兄・要次と、その兄の(愛人でもある)秘書の福田麻衣子の二人を、痴情のもつれに見せかけて殺害する計画を練り、今では兄が週末に過ごすだけの実家でついに実行。

 その翌朝、実家を訪れた家政婦から電話が掛かって来たものの、その内容はなぜか瑠璃の想定とは違い“(兄が)強盗に殺されたらしい”というもので....。
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作ですが、事件の犯人も犯行方法も物語の序盤で読者に披露したうえで、完全犯罪を目論むその犯人とそれを暴こうとする探偵役との駆け引きが描かれる、『刑事コロンボ』や『古畑任三郎』などが代表例である“倒叙ミステリ”形式となっています。

 この“倒叙ミステリ”の特徴の一つとして“探偵役がとても個性的”というのがあるのですが、本作で探偵役を務める警視庁捜査一課の刑事・花房京子も、170cmを超える長身で、子供が集中してのめり込んでいるかのように見えるほどに捜査に没頭し、常に駆けまわっている姿から同僚たちに“のっぽのバンビ”とあだ名され、刑事としての鋭い嗅覚や推理力を持つという、やはり個性的なキャラクターです。

 ただ、本作を手掛けるのは、(倒叙ミステリ作品の著者に多い)本格ミステリ系作家ではなく、警察小説やハードボイルド作品のイメージが強い香納諒一ということもあってか、オーソドックスな倒叙ミステリとは少し異なる部分もありまりました。

 例えば、倒叙ミステリにおいて探偵役が果たす役割の多くは、犯人が仕掛けた犯行トリックやアリバイ工作をいかに崩して犯人を追いつめるかだと思うのですが、本作の場合、探偵役はトリックやアリバイなど犯人の仕掛けに早い段階から勘付いている代わりに、犯人の“動機”の真相を求めての捜査を中心に行っていくのです。

 それにより、関係者たちに話を聞いて回る(警察小説やハードボイルド作品的な)足を使っての捜査が多くなりますし、(“完全犯罪”とタイトルにも入りハードルが高くなっている割には)完全犯罪度はそれほど高くなくトリックや謎解きも斬新というわけではないこともあって、倒叙ミステリというよりは倒叙サスペンスといったような読み応えでもあるのですよね。

 なので、本格ミステリ色の強い本格派な倒叙ミステリを期待してしまうと物足りなく感じてしまいそうではありますが、警察小説・ハードボイルド系作家の色がそこかしこに感じられるという意味でも味のある倒叙ミステリ作品となっているので、あまり本格ミステリ(倒叙ミステリ)部分を意識せず軽い気持ちで物語を楽しむのが良いのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “香納諒一” 関連記事 】

  > No.1027 「完全犯罪の死角 刑事花房京子」
  > No.0819 「刑事群像」
  > No.0750 「無縁旅人」
  > No.0639 「幸 SACHI」

  > No.0504 「心に雹の降りしきる」
  > No.0371 「熱愛」
  > No.0309 「虚国(蒼ざめた眠り)」
  > No.0108 「ステップ」
  > No.0059 「贄の夜会」


 「黙過」下村敦史 <<< PREV/NEXT >>> 「ペンギンは空を見上げる」八重野統摩

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年8月10日 (金)

「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年9月)


Gapaku3298_tp_v


 とうとう10年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2019年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2019年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。


 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第(&Amazonに作品のページが作られ次第)、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年9月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 インド倶楽部の謎 / 有栖川有栖 (7作) * シリーズ26作目
        〈17作目「乱鴉の島」が07年版19位にランクイン〉
        〈24作目「鍵の掛かった男」が16年版8位にランクイン〉
        〈25作目「狩人の悪夢」が18年版6位にランクイン〉


 グラスバードは還らない / 市川憂人 (2作) * シリーズ3作目
        〈1作目「ジェリーフィッシュは凍らない」が17年版10位にランクイン〉
        〈2作目「ブルーローズは眠らない」が18年版11位にランクイン〉


 メーラーデーモンの戦慄 / 早坂吝 (1作) * シリーズ5作目
        〈3作目「誰も僕を裁けない」が17年版15位にランクイン〉


 ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ / 三上延 (1作) * シリーズ8作目
        〈4作目「ビブリア古書堂の事件手帖4」が14年版19位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年9月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 漂砂の塔 / 大沢在昌 (15作)
 絵里奈の消滅 / 香納諒一 (6作)
 ドッペルゲンガーの銃 / 倉知淳 (4作)
 犯罪乱歩幻想 / 三津田信三 (4作)
 死神刑事 / 大倉崇裕 (3作)
 国宝(上・下) / 吉田修一 (2作)
 幽霊たち / 西澤保彦 (2作)
 小説の神様 あなたを読む物語(下) / 相沢沙呼 (1作) * シリーズ2作目の下巻
 ベルリンは晴れているか / 深緑野分 (1作)
 アリバイ崩し承ります / 大山誠一郎 (1作)
 ある男 / 平野啓一郎 (1作)
 黄金の代償 / 福田和代 (1作)
 PIT 特殊心理捜査班・水無月玲 / 五十嵐貴久 (1作)
 草原のコック・オー・ヴァン 高原カフェ日誌II / 柴田よしき (1作) * シリーズ2作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年9月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

叙述トリック短編集 / 似鳥鶏 <2作>
 ダークリバー / 樋口明雄 <2作>
 七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV / 石田衣良 <2作> * シリーズ14作目
 少女たちは夜歩く / 宇佐美まこと <1作>
 特捜投資家 / 永瀬隼介 <1作>
 死者の雨 モヘンジョダロの墓標 / 周木律 <1作>
 放課後の名探偵 / 市川哲也 <1作> * シリーズ5作目
 TAS 特別師弟捜査員 / 中山七里 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年9月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ “” ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年9月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “江戸川乱歩賞”受賞作 ]
 到達不能極 / 斉藤詠一

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年9月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 時間を止めてみたんだが / 藤崎翔 (早)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年9月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 雛口依子の最低な落下とやけくそキャノンボール / 呉勝浩
 夏を取り戻す / 岡崎琢磨
 悪魔と呼ばれた男 / 神永学
 ドアを開けたら / 大崎梢
 真犯人の貌 川口事件調査報告書 / 前川裕
 怨霊診断 / 最東対地
 菩薩天翅 / 戸南浩平
 人さらい / 翔田寛
 人類滅亡小説 / 山田宗樹
 鬼嵐 / 仙川環
 噴煙姉妹 / 名梁和泉
 ひとつむぎの手 / 知念実希人
 廃墟戦隊 ラフレンジャー / 竹内真
 住職探偵 / 建待吉作

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年9月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 時限感染 殺戮のマトリョーシカ / 岩木一麻 (春) * シリーズ2作目
 北海道オーロラ町の事件簿 町おこし探偵の奮闘 / 八木圭一

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な9月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年10月)

 「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年8月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年8月 9日 (木)

☆ 湘南戦・プレビュー>2018年J1リーグ第21節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 8/11(土・祝) 19:00~ J1リーグ 第21節

     vs 湘南ベルマーレ (Shonan BMWスタジアム平塚)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位(暫定) >>

  マリノス:「 15位  5勝 5分 9敗 勝点 20  34得 37失 得失 -3 」
  湘南  .:「 11位  7勝 5分 7敗 勝点 26  25得 25失 得失 0 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 湘南戦は、1997年2ndステージから2015年まで11試合負けなし(2015年の2ndステージで引き分けるまで10連勝)、その期間に2点差以上離して勝利したのが9試合と、2016年1st第9節(ホーム)で19年ぶりに敗れるまではお得意様といってもいいほどに相性抜群でした。

 ただ、ホームでは「7勝 1分 5敗」とほぼ五分の成績で、近3年では「0勝 1分 1敗」と負け越しているのに対し、アウェーでは初対戦の1994年サントリーシリーズで敗れて以来24年間負けなしの「10勝 1分 1敗」という圧倒的な戦績となっています。

 なお、今年の初戦(リーグ第9節/ホーム)は前半だけで7ゴールも決まる乱打戦の末に△4-4で引き分け。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 この試合で勝ちか引き分けだと、湘南戦アウェー12試合負けなしとなり、「同一カード アウェー負けなし」のマリノス歴代新記録を達成します。

 この試合で得点すると、湘南戦アウェー12試合連続得点となり、「同一カード アウェー得点」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 12試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で負けると........
   > 4試合“連敗”達成 (マリノス歴代 4位タイ)
   > 3試合“アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 12試合連続“同一カード アウェー得点”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で3得点以上だと........
   > 3試合連続“同一カード 3得点以上”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で4得点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4得点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で2失点以上だと........
   > 6試合連続“2失点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 3失点以上”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で4失点以上だと........
   > 2試合連続“同一カード 4失点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り9試合となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します。

 松原健が出場すると、J1リーグ通算100試合出場達成にリーチとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算256試合出場となり、齋藤学(08-10,12-17)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算205試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算154試合出場となり、永山邦夫(93-03)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります(ウーゴ ヴィエイラも得点した場合は24位タイ)。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 湘南 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 松原健

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地、(ウーゴ ヴィエイラ)

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
           マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)

                 (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
                 (out) 金井貢史(→名古屋)
                 (out) 下平匠(→千葉)

           湘南  : (in) 山﨑凌吾(←徳島)
                 (in) 小川慶治朗(←神戸)

                 (out)

 【日本代表】  マリノス:
           湘南  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           湘南  : 杉岡大暉

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
          .湘南  : 齊藤未月

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス: 中町公祐
           湘南  : 秋元陽太、端戸仁
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  湘南オフィシャル

 【チケット情報】  湘南オフィシャル

 【試合プレビュー】  「湘南は攻撃陣好調。
               横浜FM戦のポイントはサイドの攻防(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「ポステコグルー監督 3連敗中も強気「結果だけで見ていない」」 (8/10)
   > 「湘南FW山崎 3戦連発へ意欲「どんな形でもいい」」 (8/10)
   > 「湘南小川「ガンガン仕掛け」クラブ無敗記録へ導く」 (8/10)

   > 「横浜下平が千葉へ期限付き移籍「本当に悩みました」」 (8/8)
   > 「【J試合情報】湘南ベルマーレvs横浜F・マリノス 8月11日」 (8/8)

   > 「横浜遠藤、Jリーグで結果出しU21主力に定着を」 (8/6)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)08/11(土) 19:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 湘南戦・データボックス>2018年J1リーグ第21節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月 8日 (水)

「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド No.801-1000補完版」 > 「このミス」完全読破・1000作突破記念企画

Gapaku3298_tp_v


「このミス」完全読破 1000作突破記念企画

   >> 「 アッと驚くどんでん返し本読破ガイド No.801-1000補完版 」 <<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ”「このミス」完全読破”が(結構前にではありますが)ついに1000作を突破したということで、100作突破ごとの記念企画を今回も実施していきたいと思います

 ちなみに、対象となる1000作について、および“「このミス」完全読破とは一体何なんだ?”といった基本的な部分、または100作突破ごとの企画については、 まとめページである「このミス」完全読破 読破本リストをご覧ください

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして1000作突破記念企画として行うのは、アッと驚くどんでん返しの仕掛けが盛り込まれている作品をまとめた「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド」です

 この企画は、200冊突破&400冊突破&600冊&800冊突破の時にも実施しています
  ・200冊突破記念企画「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド」
  ・400冊突破記念企画「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド No.201-400補完版」
  ・600冊突破記念企画「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド No.401-600補完版」
  ・800冊突破記念企画「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド No.601-800補完版」

 この4つの記事ではNo.1~800の800作が対象だったため、それ以後に読んだNo.801~1000の200作分を補完するのがこの記事というわけなのですね

 なので、この記事は以前の4記事と合わせて参考にしてみてください

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 それで“アッと驚くどんでん返し本”というのは、読者を騙すトリックが仕掛けられた、いわゆる”叙述ミステリ”作品なのですが、ここではそれだけでなく、衝撃的な真相や展開に驚いたりするような作品なども含まれています

 なお、ここで紹介するようなタイプの作品というのは、あらかじめ”驚く仕掛けがある”ということを知らずに読んだ方が楽しめるのはもちろんですが、逆に知ってから読むとなると、仕掛けのみが気になって物語に入り込めなかったり、途中で真相に気付きやすくなってしまったりなどのデメリットも多くあります

 なので、”驚くようなトリックが仕掛けられている”ということを事前に知っていてしまうと楽しんで読むことが出来ない!という方は、この記事には目を通さない方がよいでしょう

 ”驚くようなトリックが仕掛けられている”ことを事前に知っていても楽しむ自信がある!という方のみ、この記事を参考にしてみてください

 ちなみに、200作(No.801~1000)の中で対象となる作品を全て入れているので、個人的に評価の高かった作品や誰もが必ず驚けるであろう作品を選び抜いたわけではありません


 * タイトル部分のリンク : Amazonの詳細サイト
 * <<感想記事>>部分のリンク : 当ブログの感想記事
 * << >>内の順位:「このミステリーがすごい!」の順位

 * 作品の内容やシリーズ情報、
   どんでん返しのタイプや読むうえでの注意点などは
   <<感想記事>>部分のリンク先記事にてご確認ください
   (基本的にネタバレはないようにしていますし
   ネタバレがある場合は前もって文中で警告してあります)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 本格ミステリ系作品 】


 ミステリー・アリーナ / 深水黎一郎  <感想記事>

 << 2016年版 6位 >>

  ・「本格ミステリ大賞」 候補
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 1位
  ・「ミステリが読みたい!」 3位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 4位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ブルーローズは眠らない / 市川憂人

 << 2018年版 11位 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 5位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた / 井上真偽  <感想記事>

 << 2017年版 11位 >>

  ・「本格ミステリ大賞」 候補
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 1位
  ・「ミステリが読みたい!」 9位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 10位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 その可能性はすでに考えた / 井上真偽  <感想記事>

 << 2016年版 14位 >>

  ・「本格ミステリ大賞」 候補
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 5位
  ・「ミステリが読みたい!」 5位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 15位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 誰も僕を裁けない / 早坂吝  <感想記事>

 << 2017年版 15位 >>

  ・「本格ミステリ大賞」 候補
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 6位
  ・「ミステリが読みたい!」 11位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 18位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 東京結合人間 / 白井智之

 << 2016年版 16位 >>

  ・「日本推理作家協会賞」 候補
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 8位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 屋上の道化たち(屋上) / 島田荘司

 << 2017年版 26位 >

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 8位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 8位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 黒面の狐 / 三津田信三

 << 2017年版 49位 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 11位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 14位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ドローン探偵と世界の終わりの館 / 早坂吝

 << 2018年版 53位 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 23位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 双蛇密室 / 早坂吝  <感想記事>

 << 2018年版 67位 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 5位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 12位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ダブル・ミステリ / 芦辺拓  <感想記事>

 << 2018年版 67位 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 13位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 紅城奇譚 / 鳥飼否宇

 << 2018年版 84位 >>

  ・「ミステリが読みたい!」 3位
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 9位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 絶望的 寄生クラブ / 鳥飼否宇  <感想記事>

 << 2016年版 投票数0 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 28位


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 サスペンス系作品 】


 僕が殺した人と僕を殺した人 / 東山彰良

 << 2018年版 31位 >>

  ・「織田作之助賞」 受賞
  ・「読売文学賞」 受賞
  ・「渡辺淳一文学賞」 受賞
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 15位
  ・「ミステリが読みたい!」 15位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 愚者の毒 / 宇佐美まこと

 << 2018年版 39位 >>

  ・「日本推理作家協会賞」 受賞

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 透明カメレオン / 道尾秀介  <感想記事>

 << 2016年版 59位 >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 満月の泥枕 / 道尾秀介

 << 2018年版 74位 >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 リバース / 湊かなえ  <感想記事>

 << 2016年版 120位 >>

  ・「吉川英治文学新人賞」 候補

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 コクーン / 葉真中顕

 << 2017年版 141位 >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 聖母 / 秋吉理香子

 << 2016年版 投票数0 >>

  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 12位
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 17位


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 刑事・警察小説系作品 】


 孤狼の血 / 柚月裕子  <感想記事>

 << 2016年版 3位 >>

  ・「日本推理作家協会賞」 受賞
  ・「直木三十五賞」 候補
  ・「吉川英治文学新人賞」 候補
  ・「山田風太郎賞」 候補
  ・「ミステリが読みたい!」 11位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 14位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官 / 川瀬七緒  <感想記事>

 << 2016年版 52位 >>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 冒険小説・ハードボイルド系作品 】


 影の中の影 / 月村了衛  <感想記事>

 << 2016年版 12位 >>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 青春ミステリ系作品 】


 かがみの孤城 / 辻村深月

 << 2018年版 8位 >>

  ・「日本推理作家協会賞」 候補
  ・「本屋大賞」 1位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 10位
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 26位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 砕け散るところを見せてあげる / 竹宮ゆゆこ  <感想記事>

 << 2017年版 投票数0 >>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 ホラー系作品 】


 おやすみ人面瘡 / 白井智之  <感想記事>

 << 2017年版 8位 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 5位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ずうのめ人形 / 澤村伊智

 << 2017年版 127位 >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 わざわざゾンビを殺す人間なんていない。 / 小林泰三

 << 2018年版 投票数0 >>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 その他のジャンル系作品 】


 クララ殺し / 小林泰三

 << 2017年版 27位 >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 わたしの隣の王国 / 七河迦南

 << 2017年版 29位 >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 橋を渡る / 吉田修一

 << 2017年版 97位 >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さなとりょう / 谷治宇  <<感想記事>>

 << 2018年版 投票数0 >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 私の消滅 / 中村文則  <感想記事>

 << 2017年版 投票数0 >>

  ・「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」受賞


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 連作ミステリ系作品 】


 片桐大三郎とXYZの悲劇 / 倉知淳  <感想記事>

 << 2016年版 7位 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 2位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 6位
  ・「ミステリが読みたい!」 12位


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 死と砂時計 / 鳥飼否宇  <感想記事>

 << 2016年版 13位 >>

  ・「本格ミステリ大賞」 受賞
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 9位
  ・「ミステリが読みたい!」 9位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 チルドレン / 伊坂幸太郎

 << 2005年版 16位 >>

  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 5位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 虹の歯ブラシ 上木らいち発散 / 早坂吝  <感想記事>

 << 2016年版 35位 >>

  ・「本格ミステリ・ベスト10」 11位


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 ミステリ短篇集作品 】


 許されようとは思いません / 芦沢央  <感想記事>

 << 2017年版 5位 >>

  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 7位
  ・「ミステリが読みたい!」 7位
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 13位


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 新人賞受賞作 】


 屍人荘の殺人 / 今村昌弘  <感想記事>

 << 2018年版 1位 >>

  ・「本格ミステリ大賞」 受賞
  ・「鮎川哲也賞」 受賞
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 1位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 1位
  ・「本屋大賞」 3位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジェリーフィッシュは凍らない / 市川憂人  <感想記事>

 << 2017年版 10位 >>

  ・「鮎川哲也賞」受賞
  ・「本格ミステリ・ベスト10」 3位
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 5位
  ・「ミステリが読みたい!」 12位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ぼぎわんが、来る / 澤村伊智

 << 2016年版 63位 >>

  ・「日本ホラー小説大賞」受賞

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 がん消滅の罠 完全寛解の謎 / 岩木一麻  <感想記事>

 << 2018年版 対象外 >>

  ・「このミステリーがすごい!大賞(大賞)」受賞
  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 16位


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【 “アッと驚くどんでん返し本” 関連記事 】

  > 「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド No.601-800補完版」
    > 800冊突破記念企画 (15.4.30)

  > 「どんでん返し!ベスト5(2009-2014年版)」
    > 700冊突破記念企画 (14.1.9)

  > 「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド No.401-600補完版」
    > 600冊突破記念企画 (13.5.21)

  > 「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド No.201-400補完版」
    > 400冊突破記念企画 (10.12.15)

  > 「驚いた!!セレクション」 > 300冊突破記念企画 (10.3.24)

  > 「アッと驚くどんでん返し本読破ガイド」 > 200冊突破記念企画 (09.9.20)

  > 「驚いた!!ベスト5」 > 100冊突破記念企画 (08.6.26)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年8月 7日 (火)

『黙過』 下村敦史 > 「このミス」完全読破 No.1026

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1026

 『黙過』 下村敦史

   「このミス」2019年版 : 32位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読了日 : 2018年7月31日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年4月>

黙過 (文芸書)黙過 (文芸書)
下村 敦史

徳間書店 2018-04-21
売り上げランキング : 164094

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 本作は、「優先順位」「詐病」「命の天秤」「不正疑惑」「究極の選択」という五つの中短篇から成っています。

 まず「優先順位」は、大学病院が舞台で、すぐにでも肝臓移植をしなければ死んでしまう患者自身の臓器提供を巡っての(院内で出世争いもしている)二人の准教授による(足の引っ張り合いのような)駆け引きが描かれていくのですが、そんな中で突然、意識不明の患者が病室から忽然と姿を消す事件が発生。

 「詐病」は、パーキンソン病が発症したため(厚生労働省の)事務次官の職を辞した父と、父のために仕事を休職して介護している兄が住む実家に(数年ぶりに)帰って来た弟が、父が安楽死を考えていることを聞かされ動揺したその直後、父が実は(兄にも内緒で)パーキンソン病を演じていたことが分かって....。

 「命の天秤」は、前の二篇とは違って医療関係の話ではなく、動物愛護団体から嫌がらせのような抗議を受けている養豚場が舞台で、ある日突然、分娩豚舎にいた母豚十頭全ての胎内から子豚が消え、さらに母豚たちにも異変が。

 「不正疑惑」は再び医療系の話で、心臓移植手術の甲斐もなく娘を亡くした准教授が、学術調査官という立場を利用して不正受給に関わっていた疑惑を突き付けられた直後に自ら命を絶ったため、本当に不正をしていたのかどうかや自殺の謎を、准教授の大学時代の同期である研究者と、不正疑惑を追っていた医療ジャーナリストの二人が協力して取材していく話です。
 
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そしてラストにして唯一の中篇である「究極の選択」は、繋がりなど感じさせなかった前四篇のその後を一つにまとめつつ進んでいきまして、ここに来て本作は(ノンシリーズ短篇集ではなく)連作集だと判明します。

 なので、未読の人にこれを教えてしまうのはネタバレのようではあるものの、この章の冒頭に「前知識が必要なので必ず他の四篇の読了後にお読みください」という注意書きもあるため、ネタバレではないと判断しました。

 最後の章を読むうえでの前提条件とでもいうべき四つの短篇は、生命が取り扱われ生と死が身近に感じられる作中舞台において、臓器移植 尊厳死、動物愛護など深く考えさせられてしまう社会派なテーマが絡んだ人間ドラマがそれぞれ繰り広げられるので、サスペンス的なヒリヒリとした迫力は半端ないものがありますし、そこに先(真相)が気になってしまうような謎が巧妙に仕掛けられているため、社会派ミステリ短篇としての魅力や求心力がどの作品からも強く放たれていました。

 そんな四篇が最終章で一つに絡み合い、(短篇として完結したかに思われた)それぞれの謎やストーリーにもさらにその先の道が示され、(一つでも深く重い読み応えだった)命の倫理が関わる社会派なテーマも熱量や刺激がそのままに注ぎ込まれつつ、新たな物語が生み出されていくのですから、この最終章が面白くならないわけがないのですよね。

 ただ、クライマックスにおける怒涛の展開というのが、物語やエンタメ要素における(感覚的に堪能できる)“うねり”というよりは、医療などの専門知識を屈指した(頭脳的に堪能する)“うねり”といったタイプなので、物語性やエンタメ性にのみ期待してしまうと少々小難しく感じられるかもしれません。

 とはいえ、いきなりこの真相やクライマックスでのやり取りを提示されても(多くの読者が)戸惑ったり理解しにくかったりしそうなところを、テーマや物語を分けた四つの短篇をまず描くことで自然と医療に関する専門知識やテーマ性など理解しやすく物語に入り込めるようにしたこの構成の技がとにかく素晴らしいですし、社会派ミステリを書き続けてきた著者ならばこその面白さが存分に発揮された作品といえるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “下村敦史”関連記事 】

  > No.1026 「黙過」
  > No.1011 「サハラの薔薇」
  > No.0848 「生還者」
  > No.0816 「叛徒」
  > No.0783 「闇に香る嘘」


 「超動く家にて」宮内悠介 <<< PREV
             NEXT >>> 「完全犯罪の死角 刑事花房京子」香納諒一

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年8月 6日 (月)

☆ 川崎F戦・データボックス>2018年J1リーグ第20節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 8/5(日) J1リーグ 第20節・川崎フロンターレ戦 (等々力)


  ●0-2 (前半0-1、後半0-1)

  主審: 上田 益也  入場者数:23,033人

  .<得点> 0-1 小林悠  (川崎・前半34分/公式Youtube動画
         0-2 小林悠  (川崎・後半26分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー連敗」記録 > 3連敗 達成 <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「2失点以上」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 4位>

  ・「同一カード アウェー無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「得点」記録 > 16試合連続 でストップ <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「3失点以上」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「4失点以上」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 中澤佑二が、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り10試合となりました。

 天野純が、マリノス所属時公式戦通算100試合出場達成にリーチとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算255試合出場となり、齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代13位タイとなりました。

 伊藤翔が、マリノス所属時リーグ戦通算122試合出場となり、ビスコンティ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独28位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 15位 (前節 13位)
         < 5勝 5分 9敗  勝点 20 得点 34 失点 37 得失点差 -3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「エースの面目躍如。小林悠、勝利に導く2ゴール

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「小林悠、今季初の1試合2ゴール!
           川崎Fが横浜FMとの神奈川ダービーに完勝

 (ゲキサカ) 「迫る降格圏…今季初3連敗の横浜FM天野
          「監督を信じて貫くしかない」

 (ドメサカブログ) 「エース小林悠の2ゴールで川崎が神奈川ダービー制す!
             横浜FMは8得点の大勝後3連敗に


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜降格ちらつく3連敗にサポから大ブーイングが

 (日刊スポーツ) 「横浜中沢「危機感持たないと」シュート3本で3連敗

 (日刊スポーツ) 「横浜、公式戦13戦連続失点 不安の守備改善できず

 (スポーツ報知) 「シュート3本で今季初の3連敗

 (サンスポ) 「横浜M、今季初の3連敗 
          “神奈川ダービー”で見せ場なく、サポーターからブーイング響く

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 川崎F戦・プレビュー>2018年J1リーグ第20節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月 5日 (日)

◎小倉記念&レパードS(2018年)穴馬予想&結果

< 8月5日(日)に行われる農林水産省賞典 小倉記念(GIII)レパードステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【農林水産省賞典 小倉記念】

 小倉の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ハンデ戦のローカル重賞ということでもう自分には難しすぎて当てられる気がしないのですが、ここはマイネルサージュを◎にしてみましょう。

 昨年は重賞で二ケタ着順が続いていたものの、今年に入ってからはOPで1・3着、重賞でも中山記念は10頭中9着ながら0.5秒差、そして前走の七夕記念ではクビ差2着と、追い込み脚質の割には成績が安定していますし、今の勢いであれば重賞での連続好走もあり得るのでは。


  ◎ マイネルサージュ / 和田竜二 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    トリオンフ      武豊     1
 2着 10    サトノクロニクル  M.デムーロ 2
 3着 7     マウントゴールド  浜中俊   5
 4着 2     レイホーロマンス  北村友一  8
 5着 3     ストーンウェア   蛯名正義  6

10着 6  ◎ マイネルサージュ 和田竜二  7


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【レパードステークス】

 新潟のダート1800mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 ここは、ビッグスモーキーを◎にしてみましょう。

 全日本2歳優駿で5着、兵庫CSで2着とダートの交流重賞実績がありつつ、(後に皐月賞や日本ダービーで人気の一角となる)キタノコマンドールから0.3秒差&(後に日本ダービーで3着に入った)コズミックフォースに先着しての3着と芝のOPでも好走経験のある馬です。

 そして初の古馬戦となった前走(ダート)では勝ち馬から0.4秒差(3着馬とは0.2秒差)と1600万下であることを考えれば大健闘といえる結果だったので、再び同世代のみが相手のここならさらなる上の着順を期待できるのではないですかね。


  ◎ ビッグスモーキー / 大野拓弥 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     グリム        内田博幸 5
 2着 15    ヒラボクラターシュ 福永祐一 10
 3着 11 ◎ ビッグスモーキー  大野拓弥 9
 4着 4     ドンフォルティス   石橋脩   2
 5着 2     アルクトス      田辺裕信 4


 ようやく5月26日以来約2ヶ月半ぶりの的中となりました....。

 そんな久々的中の時は得てして(複勝的に旨みのない)堅い決着となることが多いものの、今回は(複勝的に美味しい)荒れた結果での的中だったのも嬉しかったですねェ。


  (○複勝:11 6.0倍)  ○的中!  3,000円 → 18,000円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  1/3   .33.3%  +9,000円  200.0%

☆18年通算   >  15/123 12.2% -182,550円  50.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎サンタアニタT(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎エルムS&関屋記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年8月 4日 (土)

(再掲載)“「このミス」完全読破”の更新情報についての紹介

Gapaku3298_tp_v


* この記事は以前更新したものと同じ内容です


 当ブログ(朴念仁と居候)のカテゴリーの一つである“「このミス」完全読破”のみの更新情報を、まとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”にて表示しています

 まあ最新記事は、ブログのサイドメニューにある“最近の記事”を見てもらえばよいのですが、例えばこのミステリーがすごい!ランキング(順位)予想“月別ランクイン候補作品”に対象作品を追加したり、“「このミス」ベスト10作品をみんなで予想しよう!”に新たな投票者の予想を追記したような場合、サイドメニューではそれらをお知らせすることは出来ません

 そういった追記・追加情報も、この“更新情報”欄を見てもらえればわかることから、いくらか便利なのではないかと思うので、もしよかったら“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”“更新情報”欄で“「このミス」完全読破”の更新情報をチェックしてみてください


 そしてこのまとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”では、読んだ順番に並べた記事リストの他、年版別(ランキング別)・作家別のリストも作っていて、ランキング予想(候補作品)・各企画などもまとめていますし、「このミス」に関する資料的なランキング&リストを載せた“このミス資料集”というページもあります

 なので、まだ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”を見たことがないという方や、普段カテゴリー記事一覧などから目的の記事を探している方などは、この機会に一度見てみてください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年8月 3日 (金)

☆ 川崎F戦・プレビュー>2018年J1リーグ第20節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 8/5(日) 19:00~ J1リーグ 第20節

     vs 川崎フロンターレ (等々力陸上競技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位(暫定) >>

  マリノス:「 13位  5勝 5分 8敗 勝点 20  34得 35失 得失 -1 」
  川崎  .:「  .3位 10勝 3分 5敗 勝点 33  25得 15失 得失 +10 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 川崎F戦は、公式戦通算で「16勝 7分 19敗」、リーグ戦通算で「12勝 5分 12敗」とほぼ五分であるものの、リーグ戦ホームで「8勝 3分 4敗」、アウェーで「4勝 2分 8敗」と、お互いにホームの成績がやや良い傾向です。

 とはいえ、近年はその相性が逆転気味となっていたのですが、昨年のホームは○2-0で勝利、アウェーは●0-3で敗戦と、昨年は従来の相性通りの結果でしたね。

 なお、今年最初の対戦(リーグ第6節/ホーム)は、後半に入って家長昭博に先制ゴールを決められるも、その3分後にコーナーキックから中澤佑二が同点弾を決め、結局△1-1の引き分けに終わりました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で負けると........
   > 3試合“同一カード アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 17試合連続“得点”達成 (マリノス歴代 3位)
   > 8試合連続“アウェー得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で2失点以上だと........
   > 5試合連続“2失点以上”達成 (マリノス歴代 4位)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 3試合連続“3失点以上”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で4失点以上だと........
   > 3試合連続“4失点以上”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、Jリーグ通算600試合出場達成まで残り10試合となります。

 天野純が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場達成にリーチとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算255試合出場となり、齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算205試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算154試合出場となり、永山邦夫(93-03)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算122試合出場となり、ビスコンティ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独28位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 伊藤翔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算19ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算20ゴールとなり、バルディビエソ(99-98)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代25位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)、ウーゴ ヴィエイラと並びマリノス歴代23位タイとなります(ウーゴ ヴィエイラも得点した場合は24位タイ)。

 中町公祐が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代28位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 川崎 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 松原健

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 杉本大地

 【6月以降の新加入(復帰)&退団選手】
           マリノス: (in) ドゥシャン(←RCランス)

                 (out) ミロシュ デゲネク(→レッドスター)
                 (out) 金井貢史(→名古屋)

           川崎  : (in)

                 (out) エドゥアルド ネット(→名古屋)
                 (out) 大久保嘉人(→磐田)

 【日本代表】  マリノス:
           川崎  : 大島僚太

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
           川崎  :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
          .川崎  :

 【対戦相手の元所属選手】  * Y = ユース出身(トップに所属なし)
           マリノス: 仲川輝人(Y)
           川崎  : 斎藤学、鈴木雄斗(Y)
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  川崎オフィシャル

 【チケット情報】  川崎オフィシャル

 【試合プレビュー】  「攻撃対攻撃の戦いを制すためのポイントは?(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【横浜M】松田直樹さん命日に喪章つけ「神奈川ダービー」挑む」 (8/5)
   > 「川崎F 小林 神奈川ダービーで“汚名返上”だ「性格もFW 切り替えてます」」 (8/5)
   > 「川崎F斎藤「結果を求めていかないと」古巣戦に意欲」 (8/5)

   > 「横浜Mポステコグルー監督「セットプレーでやられた後の時間帯などを修正すれば問題ない」」 (8/4)
   > 「横浜FW遠藤 存在感出す「代表での活動をチームにつなげる」」 (8/4)
   > 「川崎F 阿部、5日横浜との“神奈川ダービー”で先発復帰高まる」 (8/4)
   > 「矛と矛が交わる神奈川夏の陣 川崎と横浜Mが30回目のダービーへ」 (8/4)

   > 「横浜Mの杉本、胸椎椎間板ヘルニアで全治6週間」 (8/3)
   > 「川崎F小林「性格もFWなので」次戦へ切り替え済み」 (8/3)
   > 「【J試合情報】川崎フロンターレvs横浜F・マリノス 8月5日」 (8/3)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) .なし

        (配信)08/05(日) 19:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 川崎F戦・データボックス>2018年J1リーグ第20節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年8月 2日 (木)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年9月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2018年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2018年 9月 発売 】


  半席 / 青山文平  <<感想記事はこちら!>>

 << 2017年版 4位 >>

   ・「日本推理作家協会賞」 候補
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 14位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 20位

 ★ 御家人から旗本に出世すべく、
   仕事に励む若き徒目付の片岡直人。
   だが上役から振られたのは、
   不可解な事件にひそむ「真の動機」を
   探り当てる御用だった。
   職務に精勤してきた老侍が、
   なぜ刃傷沙汰を起こしたのか。
   歴とした家筋の侍が堪えきれなかった思いとは。
   人生を支えていた名前とは。
   意外な真相が浮上するとき、
   人知れずもがきながら生きる男たちの姿が
   照らし出される。
   珠玉の武家小説。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  キッド・ピストルズの冒瀆 / 山口雅也  <<感想記事はこちら!>>

 << 1993年版 8位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト100」 24位

 ★ “キッド・ピストルズシリーズ”の1作目
   .(2作目「13人目の探偵士」も1994年版11位
    3作目「キッド・ピストルズの妄想」も1994年版2位
    4作目「キッド・ピストルズの慢心」も1996年版14位にランクイン)

 ★ 五十年間、
   家から一歩も出なかった老婆は
   いかにして毒殺された?
   動物園園長が残した死に際の伝言の意味は?
   他にも有栖川有栖氏絶賛の
   シリーズ中の白眉「曲がった犯罪」、
   レゲエ・バンドの見立て殺人
   「パンキー・レゲエ殺人」を収録。
   名探偵が実在するパラレル英国を舞台に、
   パンク刑事キッド・ピストルズの推理が冴える
   第一短編集が改訂新版で登場!

 ★ 版元を変えて新装改訂版として再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  赤い博物館 / 大山誠一郎

 << 2016年版 19位 >>

   ・「本格ミステリ大賞」 候補
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 6位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 13位

 ★ 企みを、看破せよ―!
   キャリアながら“警視庁付属犯罪資料館”の
   館長に甘んじる謎多き美女と、
   一刻も早く汚名を返上し
   捜査一課に戻りたい巡査部長。
   図らずも「迷宮入り、絶対阻止」に向けて
   共闘することになった二人が挑む、難事件。
   予測不能の神業トリックが冴え渡る、
   著者初の本格警察小説!!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  図書館の殺人 / 青崎有吾  <<感想記事はこちら!>>

 << 2017年版 20位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト10」 2位

 ★ 「体育館の殺人」 「水族館の殺人
   「風ヶ丘五十円玉祭りの謎」に続く
   “裏染天馬シリーズ”の4作目

 ★ 九月の朝、
   風ヶ丘図書館の開架エリアで死体が発見された。
   被害者は常連利用者の男子大学生。
   閉館中の館内に忍び込み、
   山田風太郎の『人間臨終図巻』で
   何者かに撲殺されたらしい。
   現場にはなんと、
   二つの奇妙なダイイングメッセージが残されていた!
   警察に呼び出された裏染天馬は独自の捜査を進め、
   一冊の本と一人の少女の存在に辿り着く。
   一方、風ヶ丘高校では期末テストにまつわる騒動が勃発。
   袴田柚乃たちは事件とテストの二つに
   振り回されることになり……。
   ロジカルな推理と、巧みなプロットで読者を魅了する
   〈裏染天馬シリーズ〉第4弾。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  中野のお父さん / 北村薫

 << 2016年版 28位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 15位
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 21位

 ★ 〈本の達人〉が贈る新名探偵シリーズ
   体育会系な文芸編集者の娘&
   定年間際の高校国語教師の父が挑むのは、
   出版界に秘められた《日常の謎》!
   大手出版社の文宝出版を舞台に繰り広げられる
   8つのミステリーの推理の結末やいかに……。
   〈円紫さんと私〉〈覆面探偵〉〈ベッキーさん〉シリーズほか、
   多くのファンを唸らせてきた名手による、
   新たな名探偵コンビが誕生。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  陽気なギャングは三つ数えろ / 伊坂幸太郎

 << 2016年版 29位 >>

 ★ 「陽気なギャングが地球を回す」
   「陽気なギャングの日常と襲撃」に続く
   “陽気なギャングシリーズ”の3作目
   .(1作目が2004年版6位にランクイン)

 ★ 陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、
   ひょんなことから
   ハイエナ記者火尻を暴漢から救うが、
   その正体に気づかれてしまう。
   直後から、ギャングたちの身辺で、
   当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。
   蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、
   人間嘘発見器成瀬ら面々は追いつめられた!
   必死に火尻の急所を探る四人組だが、
   やがて絶対絶命のカウントダウンが!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  カミカゼの邦 / 神野オキナ

 << 2018年版 37位 >>

   ・「大藪春彦賞」 候補

 ★ 魚釣島で日本人が
   中国人民解放軍に拘束されたことを機に
   海自と中国軍が交戦状態に入った。
   在日米軍もこれに呼応。
   沖縄を舞台に“戦争”が勃発した。
   米軍によって組織された
   民間の自警軍――琉球義勇軍に参加した
   沖縄生まれの渋谷賢雄は激戦を生き抜く。
   そして突然の終戦。
   東京に移った賢雄の周辺で暗躍する
   中国の非合法工作員〈紙の虎〉の真の目的は――?
   やがて賢雄のもとにかつての部下たちが集う。
   国際謀略アクション小説、新たな傑作の誕生。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの9月文庫化作品 >>

  QJKJQ / 佐藤究  <<感想記事はこちら!>>
  聖母 / 秋吉理香子
  失踪者 / 下村敦史
  七月に流れる花 / 恩田陸  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年10月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年8月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年8月 1日 (水)

☆ 広島戦・データボックス>2018年J1リーグ第19節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 8/1(水) J1リーグ 第19節・サンフレッチェ広島戦 (ニッパツ)


  ●1-4 (前半0-1、後半1-3)

  主審: 佐藤 隆治  入場者数:10,069人

  .<得点> 0-1 パトリック  (広島・前半48分/公式Youtube動画
         0-2 パトリック  (広島・後半01分/公式Youtube動画
         0-3 渡大生   .(広島・後半04分/公式Youtube動画
         0-4 千葉和彦  (広島・後半26分/公式Youtube動画
         1-4 伊藤翔   .(横浜・後半48分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 この試合で4失点したため、2試合連続4失点以上となり、「連続4失点以上」のマリノス歴代新記録を達成しました


 <記録更新>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「得点」記録 > 16試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「ホーム得点」記録 > 21試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「2失点以上」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「3失点以上」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「4失点以上」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「同一カード 3失点以上」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「1試合最多失点」記録 > 4失点 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 ドゥシャンが、Jリーグ初出場を記録しました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算103試合出場となり、小野裕二(10-12)・マルキーニョス(03,12-13)を抜いてマリノス歴代単独50位となりました。

 伊藤翔が、マリノス所属時リーグ戦通算121試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代28位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点記録情報】


 伊藤翔が、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代18位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位(暫定) : 13位 (前節 13位)
         < 5勝 5分 8敗  勝点 20 得点 34 失点 35 得失点差 -1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「チャンスを築いていった広島、大量4得点で横浜FMを撃破

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「連敗しない広島、4発快勝で首位快走!
               横浜FMは2戦9失点と守備崩壊…

 (ドメサカブログ) 「パト2発&渡復帰弾&千葉2戦連続弾で広島が快勝!
             横浜FMは前節に続き守備乱れる


 (スポニチ) 「横浜、守備崩壊4失点 指揮官「自分たちのサッカーを極める」

 (日刊スポーツ) 「横浜また大敗 得点数トップも失点数ついにワースト

 (日刊スポーツ) 「横浜-広島戦で“珍PK先制点”/写真リプレー

 (スポーツ報知) 「守備崩壊で今季3度目連敗 初先発ドゥシャン「4失点残念」

 (サンスポ) 「横浜M・ドゥシャン、初出場も失点絡み「今夜は眠れるか分からない」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 広島戦・プレビュー>2018年J1リーグ第19節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎サンタアニタT(2018年)穴馬予想&結果

< 8月1日(水)に行われるサンタアニタトロフィー(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンタアニタトロフィー】

 大井のダート1600mで行われる南関ハンデ重賞(SIII)です。

 ハンデ戦ながら、中央馬相手に交流GIを制しているヒガシウィルウィンや、OPを連勝するなど復活気配のある東京ダービー馬のバルダッサーレ、中央からの転厩3戦目となるモンドアルジェンテなど、なかなかのメンバーが揃っていますね。

 それでここは、ムサシキングオーを◎にしてみましょう。

 3走前や昨年の大井記念など突然の大敗はあるものの、マイル戦では堅実に掲示板圏内に入ってくる安定感が古豪となった今でもありますし、昨年のこのレースは惜しくもアタマ差で4着となっているので、ハンデが1kg下がった今年は昨年以上の成績も期待できるのでは。


  ◎ ムサシキングオー / 本田正重 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13    ヒガシウィルウィン 森泰斗    1
 2着 11    バルダッサーレ   笹川翼    2
 3着 12    ニシノラピート    瀧川寿希也 11
 4着 9     フォクスホール   繁田健一   4
 5着 3     グランディオーソ  吉原寛人   12

 6着 2  ◎ ムサシキングオー 本田正重   7


 直線の途中で“こりゃダメか~”と諦めるような内容だったのに、後で結果を見てみたら意外にも3着馬と0.1秒差のところまで迫っていたので、それならば最終コーナーを抜ける時に(大きく外に回すのではなく)内に進路を取っていたらどうなっていたかな~とか考えてしまいますね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年08月  .>  0/1    0.0%  -3,000円   0.0%

☆18年通算   >  14/121 11.6% -194,550円  46.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クイーンS&アイビスサマーD(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎小倉記念&レパードS(2018年)穴馬予想&結果

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ