サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「総合時間事業会社 代表取締役社長専属秘書 田中誠司」 天塚啓示 > 週刊少年ジャンプ新連載! | トップページ | ◎京成盃グランドM(2018年)穴馬予想&結果 »

2018年6月19日 (火)

「アリスと太陽」 凸ノ高秀 > 週刊少年ジャンプ新連載!

週刊少年ジャンプ(31) 2018年 7/16 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ(31) 2018年 7/16 号 [雑誌]

集英社 2018-07-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2018年6-7月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2018年31号(7月2日〈月〉発売)からスタートの「アリスと太陽」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2018年31号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の凸ノ高秀(とつの・たかひで)は、“凸ノ(とつの)”名義で漫画家・イラストレーターとして活動していて、オモコロウレぴあ総研のライターとしても活躍中。

 2013年4月には、自身のブログ「腐海曼陀羅」で更新していた「童貞骨牌(カルタ)を書籍として発売し(「童貞骨牌」〈Amazon.co.jp〉)、Youtubeでプロモーションビデオが作られていたりもします。

 『童貞骨牌』(凸ノ著) プロモーションビデオ 男性篇
 


 その一方で、“十知乃高秀”名義にて「ポポん太くん 千客万来!」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.3”に掲載してジャンプ系雑誌デビュー(商業誌デビュー)を飾り(「ポポん太くん 千客万来!」 十知乃高秀 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3参照)、“本誌2015年04・05合併号”で行われた“オレが主役だ!! 年忘れギャグ大乱闘!!”という企画の“第2乱闘 次の主役はオレだ!! 新人1P瞬殺ギャグ連打!!”に「鶴に恩返し」で参加。

 そして“凸ノ高秀”名義に変更し「アリスと太陽」を“本誌2017年26号”に掲載してジャンプ本誌デビューを果たし(「アリスと太陽」 凸ノ高秀 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、その読切を基にした本作にて連載デビューとなりました。


 内容の方は、気弱な作曲少年が歌うま少女と出会う青春音楽漫画です。

 涼木太陽(すずき・たいよう)は、「平凡に生きる」のが自分の最大限の未来像とし、クラスメイトからパシリに使われている気弱な高校生。

 そんな太陽は、文化祭でのクラスの出し物であるたこ焼きの配達担当を押しつけられ、帰国子女の篠原アリス(しのはら・アリス)が唯一の部員である軽音部に届けたところ、アリスは居眠りしていたため、太陽は部室にあったキーボードで自作の曲をこっそりと演奏。

 すると、その演奏を聴いていたアリスに音楽スタジオまで連れていかれ、さらに「部室で弾いてた曲をもう一度聴きたい」と言われて....。


 「読切版」「連載版第1話」との比較ですが、まず主人公である涼木太陽と篠原アリスの名前や容姿や性格などほぼ変わりないですが、髪型が2人共に若干の変化があります。

 設定面でもほぼ変わりないものの、「読切版」でのアリスは部活に入っている描写がなかったのが「連載版第1話」では軽音部に入っていたり、「読切版」ではアリスが太陽の自作曲を最初に聴いたのは帰宅中の電車内だったのが「連載版第1話」では2年前にネットで聴いていたなど、これまた若干の違いが。

 そしてストーリー面では、<1>太陽とアリスが校内で初対面 <2>帰宅中の電車内で再会 <3>音楽スタジオで初セッション <4>校内で他の生徒に聴かせる という大きな流れは共通していましたが、<1>は「読切版」では校舎の屋上(アリスが告られ中)/「連載版第1話」では軽音部の部室、<3>は「読切版」では太陽は演奏せず(音源を流すだけ)、<4>は「読切版」では太陽の曲にアリスが歌入れしたCDを校内放送で流す/「連載版第1話」では文化祭でのライブ、など所々で違いがありました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「凸ノ高秀(十知乃高秀)」関連記事】

  > 「アリスと太陽」 凸ノ高秀 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.6.19)
  > 「アリスと太陽」 凸ノ高秀 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.5.22)

  > 「ポポん太くん 千客万来!」 十知乃高秀 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (14.7.4)


 【「2018年6-7月の新連載」関連記事】

  > 「総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書田中誠司」 天塚啓示 (18.6.18)

  > 「アリスと太陽」 凸ノ高秀 (18.6.19)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

« 「総合時間事業会社 代表取締役社長専属秘書 田中誠司」 天塚啓示 > 週刊少年ジャンプ新連載! | トップページ | ◎京成盃グランドM(2018年)穴馬予想&結果 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ