サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

☆ 清水戦・データボックス>2018年J1リーグ第5節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 3/31(土) J1リーグ 第5節・清水エスパルス戦 (アイスタ)


  ○1-0 (前半1-0、後半0-0)

  主審: 池内 明彦  入場者数:17,032人

  .<得点> 1-0 ウーゴ ヴィエイラ .(横浜・前半11分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー連勝」記録 > 5連勝 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「アウェー無失点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 中町公祐が、マリノス所属時リーグ戦通算147試合出場となり、三浦文丈(93-98)を抜いてマリノス歴代単独23位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点記録情報】


 ウーゴ ヴィエイラが、マリノス所属時リーグ戦通算13ゴールとなり、大黒将志(11-12)、中町公祐を抜いてマリノス歴代単独29位となりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 10位 (前節 12位)
         < 2勝 1分 2敗  勝点 7 得点 4 失点 5 得失点差 -1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「ウーゴ・ヴィエイラが三戦連発。横浜FMがアウェイの地で連勝を果たす

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「ウーゴ・ヴィエイラが3戦連発!大津復帰の横浜FM、
          今季リーグ戦無敗の清水を下して2連勝

 (ドメサカブログ) 「ウーゴ・ヴィエイラの3試合連続弾で横浜FMが2連勝!
             清水は今季初黒星


 (スポニチ) 「横浜ウーゴ・ヴィエイラ 3戦連続ゴール!清水に1−0で勝つ

 (スポニチ) 「横浜15連戦の初戦飾った!4・8負けられない神奈川ダービー

 (日刊スポーツ) 「横浜FWウーゴ・ヴィエイラ3戦連発「ポジティブ」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜Mのビエイラが3戦連発「ストライカーらしい仕事ができた」

 (サンスポ) 「横浜MのGK飯倉「走り疲れた」
            終盤のファインセーブは常に関与した結果

 (サンスポ) 「横浜M・山中、決勝ゴールアシストは「できすぎ」
          チームの意識統一が奏功

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 清水戦・プレビュー>2018年J1リーグ第5節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎ダービー卿CT(2018年)穴馬予想&結果

< 3月31日(土)に行われるダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ダービー卿チャレンジトロフィー】

 中山の芝1600mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 混戦傾向のマイル重賞なうえにハンデ戦ということで予想はかなり難しいですが、ここはストーミーシーを◎にしてみましょう。

 古馬になってから重賞での好走歴はない馬ではありますが、3歳時には今回と同じ中山のマイル重賞・ニュージーランドTで2着に入っていますし、古馬になってからも昨年の東京新聞杯で0.4秒差4着、2走前の京都金杯で0.2秒差5着、前走の東京新聞杯は10着ながら0.5秒差と、馬券圏内まであと一歩のところまでは来ています。

 そんな惜しい競馬続きの壁も54kgのハンデによって越えてくれるのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ストーミーシー / 大野拓弥 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     ヒーズインラブ    藤岡康太 4
 2着 3     キャンベルジュニア 石橋脩   6
 3着 15 ◎ ストーミーシー    大野拓弥 9
 4着 6     テオドール      吉田隼人 5
 5着 4     グレーターロンドン  田辺裕信 1


  (○複勝:15 5.8倍)  ○的中!  3,000円 → 17,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  4/22  18.2% .-10,200円  84.5%

☆18年通算   >  8/54  14.8%  -70,950円  56.2%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎名古屋大賞典(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎大阪杯(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月30日 (金)

☆ 清水戦・プレビュー>2018年J1リーグ第5節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 3/31(土) 14:00~ J1リーグ 第5節

     vs 清水エスパルス (IAIスタジアム日本平)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 12位 1勝 1分 2敗 勝点 .4 .3得 5失 得失 -2 」
  清水  :「  3位 2勝 2分 0敗 勝点 10  8得 4失 得失 +4 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 清水戦は、公式戦通算で「28勝 13分 24敗」、リーグ戦通算で「24勝 11分 19敗」といずれもやや勝ち越している成績なのですが、リーグ戦ホームで「8勝 6分 13敗」、アウェーで「16勝 5分 6敗」と、お互いに“ホームで弱くアウェーで強い”という傾向に。

 とはいえ、2008年以降のリーグ戦は苦手なホームを合わせても(引き分けが多いとはいえ)18戦してわずか2敗(9勝 7分 2敗)で、2012年以降だと「7勝 2分 1敗」と勝率が高くなるなど近年はホーム・アウェーに関わらず相性は良いですし、得意のアウェーでは2007年以降負けなし(5勝 5分 0敗)&2013年以降4連勝中&2009年以降の8試合でわずか3失点と相性はかなり良くなっていますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に勝利すると........
   > 5試合“同一カード アウェー連勝”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で勝利か引き分けだと........
   > 11試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算147試合出場となり、三浦文丈(93-98)を抜いてマリノス歴代単独23位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)をと並びマリノス歴代20位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代24位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 清水 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 栗原勇蔵、(喜田拓也)、(ミロシュ デゲネク)

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
           マリノス: 大津祐樹(←柏)
                 仲川輝人(←福岡)
                 ユン イルロク(←FCソウル)
                 和田昌士(←山口)
                 オリヴィエ ブマル(←遼寧宏運)

           清水  : ファン ソッコ(←天津)
                 清水航平(←広島)
                 楠神順平(←ウエスタンシドニー)
                 兵働昭弘(←甲府)
                 石毛秀樹(←岡山)
                 水谷拓磨(←今治)
                 クリスラン(←ブラガ/仙台)
                 呉少聰(←北京)

 【日本代表】  マリノス:
           清水  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .清水  : 立田悠悟

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
          .清水  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 伊藤翔
           清水  : 六反勇治
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  清水オフィシャル

 【チケット情報】  清水オフィシャル

 【試合プレビュー】  「開幕4戦負けなしの清水。
                  鬼門・横浜FM戦の苦手払拭を狙う(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 大津&ブマルが移籍後初出場へ「チームの力になれるよう」」 (3/31)
   > 「【清水】金子、自身初4戦連発へ「サイドハーフでこの先何点取れるか楽しみ」」 (3/31)

   > 「清水立田あす横浜戦に意欲 U21代表遠征から帰国」 (3/30)
   > 「【清水】立田、強行出場へ…U21代表パラグアイ遠征帰国後中2日」 (3/30)

   > 「[横浜FM]トリコロールの大津祐樹が31日の清水戦でデビューへ」 (3/29)
   > 「横浜M・金井に第3子が誕生「母は強し。と改めて思いました」」 (3/29)
   > 「【J試合情報】清水エスパルスvs横浜F・マリノス 3月31日」 (3/29)

   > 「清水・六平、右大腿直筋肉離れで全治4週間 練習試合で負傷」 (3/28)

   > 「清水MF白崎1カ月半ぶり実戦「感触悪くなかった」」 (3/26)
   > 「【清水】「4―1―4―1」新布陣で湘南に2―1」 (3/26)

   > 「【清水】ヨンソン監督「4―1―4―1」湘南戦でテストか」 (3/24)

   > 「【清水】白崎凌兵が1か月ぶり完全合流…25日・湘南戦で実戦復帰」 (3/23)

   > 「[横浜FM]カメルーン代表のオリヴィエ・ブマル、チーム合流。起用は31日のJ1第5節・清水戦から?」 (3/9)


 【TV中継】 (生) 03/31(土) 14:00~  SBSテレビ(静岡放送)

        (録) なし

        (配信)03/31(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 清水戦・データボックス>2018年J1リーグ第5節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年3月29日 (木)

◎名古屋大賞典(2018年)穴馬予想&結果

< 3月29日(木)に行われる名古屋大賞典(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【名古屋大賞典】

 名古屋のダート1900mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 交流重賞ということで、いつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいってみましょう。

 これを書いている時点でのオッズを見ると、サンライズソワが人気を集めているため、(オッズの並び的に)人気上位勢5頭の中からサンライズソワを除く2頭を選ぶことになりそうですね。

 ただ、ミツバモズアトラクションの組み合わせはオッズ的に無理そうなので、ここは重賞実績(経験)を重視することにして、ミツバメイショウスミトモの2頭狙いにしてみたいと思います。


  ◎ ミツバ / 松山弘平 (6)
  △ メイショウスミトモ / 古川吉洋 (1)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     サンライズソア   M.デムーロ 1
 2着 6  ◎ ミツバ        松山弘平  2
 3着 4     キーグランド     藤岡康太  6
 4着 9     モズアトラクション 佐藤友則  3
 5着 7     カツゲキキトキト   大畑雅章  5


  (×単勝:5 2.0倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  3/21  14.3% .-24,600円  61.0%

☆18年通算   >  7/53  13.2%  -85,350円  46.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京浜盃(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ダービー卿CT(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月28日 (水)

◎京浜盃(2018年)穴馬予想&結果

< 3月28日(水)に行われる京浜盃(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京浜盃】

 大井のダート1700mで行われる南関3歳重賞(SII)です。

 南関クラシック第1戦・羽田盃に向けた一戦ですが、ここはトーセンブルを◎にしてみましょう。

 中央芝のレースに2度参戦していずれも惨敗しているため馬柱を見ると成績が安定していないように見えるものの、ダートに限れば9戦して着外は1戦のみ、その1戦も交流GI・全日本2歳優駿での7着なので、ダートでは安定して結果を残しています。

 とはいえ、デビューから3戦2着が続いたり重賞では2戦共に3着となるなど勝ち切れない印象もあり、前走のニューイヤーCでは前の2頭に大きく離されての3着だったので、強く推せはしないのですが、交流GIでも中央馬相手に(1位の勝ち馬と0.1秒差の)2位の上がりを記録した切れ味が出ればここでも相手なりの勝負が出来そうなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ トーセンブル / 赤岡修次 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ヤマノファイト     本橋孝太  1
 2着 2     ワグナーコーヴ    御神本訓史 3
 3着 13    クロスケ        柏木健宏   4
 4着 5     クリスタルシルバー 矢野貴之  7
 5着 12    ハセノパイロ     本田正重  2

 8着 9  ◎ トーセンブル     赤岡修次  8


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  3/20  15.0% .-21,600円  64.0%

☆18年通算   >  7/52  13.5%  -82,350円  47.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マーチS&高松宮記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎名古屋大賞典(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月27日 (火)

『それまでの明日』 原尞(りょう) > 「このミス」完全読破 No.1009


「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1009

 『それまでの明日』 原尞(りょう)

   「このミス」2019年版 : 1位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 1位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 2位

   読了日 : 2018年3月3日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年3月>

それまでの明日それまでの明日
原 りょう

早川書房 2018-03-01
売り上げランキング : 59

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.11「そして夜は甦る」No.135「私が殺した少女」No.260「天使たちの探偵」No.321「さらば長き眠り」No.351「愚か者死すべし」に続く、“探偵沢崎”シリーズの6作目です。

 このシリーズは、1作目の2位(1988年)、2作目の1位(1989年)を始めとしてこれまで発表された5作が全て「このミス」でベスト5入りしていて、「このミスが選ぶ過去10年のベスト20」(1998年版で実施)では2作目が4位、1作目が13位に、「このミス20年のベスト・オブ・ベスト」(2008年に発表)でも2作目が3位、1作目が28位にランクイン。

 さらに1作目は山本周五郎賞候補、2作目は直木賞受賞&ファルコン賞受賞&日本推理作家協会賞候補、3作目は日本冒険小説協会大賞受賞&日本推理作家協会賞候補と、賞レースでもとんでもない実績を持つシリーズですし、著者は小説としてはこのシリーズ作品しか発表していないため、新作を刊行すれば100%の確率で高評価を受けるというとんでもない作家でもあるのです。

 ただ、1988年のデビューから3作目までは1年ごとに新作を発売していたものの、4作目はそれから5年後(1995年)、5作目はまたそこから9年後(2004年)と発売間隔が大きく開き、6作目(本作)も2008年時点で“ほぼ完成している”と著者が発言しながらその後も全く発売される気配はなく、デビューから昨年(2017年)までの29年間で刊行されたのはわずか5作のみという超寡作作家でもあるのですよね。

 そんな実績と寡作さにより、今では“伝説の作家”&“伝説のシリーズ”と化していて、ファンであっても新作が発売されるのは奇蹟が起きない限りありえないのではないかと思ってしまうほどの存在となっていたのですが、前作から14年ぶりの新作である本作がついに発売となりました。

 ちなみに、著者の名前である“りょう”の漢字は(閲覧環境によっては文字化けしてしまう)環境依存文字であるため、ネット上では平仮名や片仮名で表記される場合が多くなっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 私立探偵である沢崎が今回受けた依頼は、金融会社の支店長・望月からの“赤坂にある料亭の女将の身辺調査”で、沢崎が動き始めてすぐに、調査対象である女将がすでに亡くなっていることが判明。

 そのことを依頼者へ伝えに金融会社へ向かうも、不在であった依頼者と会えないばかりか、その場で強盗事件に出くわすことに.....。

 そこから沢崎は、依頼者の意図も不明で依頼者自身も行方不明となるこの謎めいた調査を進めつつ、その過程で関わることになるいくつもの事件や騒動に巻き込まれていくのですが、そんな謎が謎を呼ぶストーリー展開やそれを支えるプロットはベテランならではの巧みさで形作られていますし、それを魅力的な文章力で描いていくので、やはり一旦読み始めてしまえば自然にグイグイと惹きつけられてしまうこと間違いなしです。

 それに、皮肉屋で昔堅気という典型的なハードボイルド探偵である主人公のキャラクターや、登場人物たちと繰り広げる思わずニヤリとしてしまうような会話ややり取りの数々、細部にまでこだわった小道具・演出などなど、“これぞハードボイルド系探偵小説!”といった雰囲気で作品全体が覆われているので、まさに本物のハードボイルド小説を堪能できますし、“探偵・沢崎の物語”を長い間待ち望んで来た読者であれば(懐古の気持ちに浸りつつ)大満足の読み応えとなるでしょう。

 とはいえ、ストーリー的にはクライマックスに向けて爆発的に上昇していくというよりは物語が淡々と進んでいくといった感じですし、読者を圧倒するようなエンタメ的カタルシスがあるようなタイプでもないので、本作でシリーズ初読みの人が過去のシリーズ作品のあまりに偉大すぎる実績や評価から期待を高め過ぎてしまうと、少々物足りないというか拍子抜けした読後となってしまうかもしれません。

 なので、シリーズ初期作における共通した謎となっていた“身元不明であった(主人公の)パートナーの安否”に関しては(本作を先に読むと)ネタバレとなってしまうこともあるので、過去シリーズ作未読の人は1作目から順に読んでこのシリーズの面白さや楽しみ方を体に染み込ませたうえで本作を読んだ方が、この発売されたこと自体が“事件”である本作ならではの(原りょう作品でしか味わうことの出来ない)魅力を最大限に堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “原尞(りょう)”関連記事 】

  > No.1009 「それまでの明日」
  > No.0777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」

  > No.0351 「愚か者死すべし」
  > No.0321 「さらば長き眠り」
  > No.0260 「天使たちの探偵」
  > No.0135 「私が殺した少女」
  > No.0011 「そして夜は甦る」


 「サーチライトと誘蛾灯」櫻田智也 <<< PREV
          NEXT >>> 「分かったで済むなら、名探偵はいらない」林泰広

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年3月26日 (月)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年2月/その2)

Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年2月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年3月/その1)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


FEEL IT / LILI LIMIT

   アルバム『LIB EP』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ミッドナイト・クローラー / a flood of circle

   アルバム『a flood of circle』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


VENUS / 大橋トリオ

   アルバム『STEREO』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Alone With Me / Limited Loverz

   デジタルEP『Alone With Me EP』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Clown / BACK-ON

   デジタルEP『NEW ERA』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


BREAKING THE ROAD / GANG PARADE

   シングル『BREAKING THE ROAD』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


UNICORN / 篠崎愛

   配信シングル『UNICORN』


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年2月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年3月/その1)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年3月25日 (日)

◎マーチS&高松宮記念(2018年)穴馬予想&結果

< 3月25日(日)に行われるマーチステークス(GIII)高松宮記念(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マーチステークス】

 中山のダート1800mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 重賞クラスで成績が安定している馬がいないうえにハンデ戦ということで予想がかなり難しいレースですが、そんな時はハンデの思い実績馬を狙うのが良いのではないかと思いまして、ここはロンドンタウンを◎にしてみましょう。

 昨年はエルムSと韓国のGIを連勝した馬で、その後は3戦連続で凡走とはいえいずれも国内GIでしたし、昨年のこのレースでは3着馬とクビ差の4着と好走しているので、その昨年よりハンデが0.5kg増えただけなのであれば十分にチャンスもあるのでは。


  ◎ ロンドンタウン / 松岡正海 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     センチュリオン    幸英明   2
 2着 14    クインズサターン  津村明秀  5
 3着 4     ロワジャルダン   真島大輔 10
 4着 12    アルタイル      田中勝春  6
 5着 10    コスモカナディアン 柴田大知  8

 6着 15 ◎ ロンドンタウン    松岡正海  7


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【高松宮記念】

 中京の芝1200mで行われる重賞(GI)です。

 今年最初の芝GIなので幸先良く当てたいところですが、このレースは当たった記憶がないくらいに苦手なので、今年こそはなんとか当てて春のGI戦線に向けて勢いを付けたいところですね。

 それでここは、レーヌミノルを◎にしてみましょう。

 昨年の牝馬クラシック第1戦・桜花賞を制した後は掲示板にさえ載れないレースが続いたものの、この時はレベルの高いレースだったうえにやはり適距離より長かったですし、マイル以下のレースに参戦するようになったここ3戦は(馬券圏内には入れていないとはいえ)着差的に見れば健闘しているので、古馬になっても重賞で通用する力はありそうです。

 それに、桜花賞では後のオークス馬や秋華賞馬やNHKマイルC馬に競り勝ってGI馬となったり、マイルCSでは牡馬を含む古馬を相手に0.2秒差4着と好走するなど、大舞台で結果を出す勝負強さがありますし、昨年の桜花賞でも◎にして当てさせてもらったという縁もあるので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ レーヌミノル / 和田竜二 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     ファインニードル   川田将雅 2
 2着 8     レッツゴードンキ  岩田康誠 3
 3着 7     ナックビーナス   三浦皇成 10
 4着 11    ダンスディレクター 武豊    4
 5着 3     ブリザード      ティータン 6

 7着 13 ◎ レーヌミノル     和田竜二 7


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  3/19  15.8% .-18,600円  67.4%

☆18年通算   >  7/51  13.7%  -79,350円  48.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎毎日杯&日経賞(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京浜盃(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月24日 (土)

◎毎日杯&日経賞(2018年)穴馬予想&結果

< 3月24日(土)に行われる毎日杯(GIII)日経賞(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【毎日杯】

 阪神の芝1800mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 皐月賞に向けた一戦ですが、これを書いている時点で10頭中人気5頭の複勝最低オッズが1倍台、下位人気5頭の複勝最低オッズが4倍以上と、人気が分かりやすいほどにはっきりと二分されています。

 なので穴狙い的には正解のないレースとなりそうではあるものの、それでも人気下位組から狙っていくとして、ここはマイハートビートを◎にしてみましょう。

 重賞では(GIも含めて)二度走っていずれも7着という結果ですが、500万下を勝ち、前走のOP・若駒Sでは2着に好走していますし、その前走では上がり最速だったように堅実に34秒台の上がりを出せる脚もあるので、人気上位組に重賞出走経験がないというメンバーであれば一発も期待できるのでは。


  ◎ マイハートビート / 松山弘平 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ブラストワンピース 池添謙一  1
 2着 5     ギベオン       バルジュー 2
 3着 3     インディチャンプ   岩田康誠  3
 4着 2     ノストラダムス    和田竜二  8
 5着 6     ウォーターパルフェ 酒井学   9

10着 9  ◎ マイハートビート   松山弘平  7


 (3着馬とクビ差4着の)8番人気馬・ノストラダムスは惜しかったとはいえ、やはり穴狙い的に正解のないレースでしたね。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【日経賞】

 中山の芝2500mで行われる重賞(GII)です。

 このレースは思い切ってショウナンバッハを◎にしてみましょう。

 2年前のAJCCで3着となって以降19レース連続で馬券に絡めていないので無謀な狙いなのかもしれませんが、昨年は7戦して半分以上の4度も掲示板に載っていますし、4走前の福島記念は0.2秒差、3走前の中日新聞杯は0.3秒差(3着馬とはハナ差)、前走の中山記念は0.4秒差と着差的にはいつ馬券圏内に来てもおかしくないものとなっています。

 まあ今回も“惜しくも馬券圏外”となってしまいそうではあるものの、初の外国人騎手が騎乗ということで接戦を制することのできない壁を今回は乗り越えてくれるのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ショウナンバッハ / ミナリク (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    ガンコ藤岡佑介3
 2着 3     チェスナットコート   蛯名正義  7
 3着 11    サクラアンプルール 田辺裕信  6
 4着 4     ロードヴァンドール  横山典弘  4
 5着 7     トーセンバジル   M.デムーロ 2

12着 2  ◎ ショウナンバッハ   ミナリク  10


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  3/17  17.6% .-12,600円  75.3%

☆18年通算   >  7/49  14.3%  -73,350円  50.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎桜花賞〈浦和〉(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マーチS&高松宮記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月23日 (金)

『サーチライトと誘蛾灯』 櫻田智也 > 「このミス」完全読破 No.1008

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1008

 『サーチライトと誘蛾灯』 櫻田智也

   「このミス」2019年版 : 投票数0

   受賞(候補) : 「ミステリーズ!新人賞」受賞作
               『サーチライトと誘蛾灯』 収録
            (「日本推理作家協会賞〈短編部門〉」候補作
               『火事と標本』 収録)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 29位

   読了日 : 2018年2月11日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2017年11月>

サーチライトと誘蛾灯 (ミステリ・フロンティア)サーチライトと誘蛾灯 (ミステリ・フロンティア)
櫻田 智也

東京創元社 2017-11-13
売り上げランキング : 290018

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 著者の櫻田智也は、インターネットコンテンツ“デイリーポータルZ”の元ライターという経歴を持っているのですが、2013年に「友はエスパー」で“創元SF短編賞”の候補となった後、同じ年に「サーチライトと誘蛾灯」で“ミステリーズ!新人賞”を受賞。

 ただ、(受賞作がすぐに発売される“長編が対象の新人賞”とは違って)短篇が対象の新人賞を受賞しても単行本デビューとなるまで年数が掛かる場合が多くあるのですが、この著者の場合もその例に漏れず、受賞から4年後にようやくのデビューとなりました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「サーチライトと誘蛾灯」「ホバリング・バタフライ」「ナナフシの夜」「火事と標本」「アドベントの繭」の五篇を収録したシリーズ短篇集です。

 主人公であり探偵役となるのは、30代らしき見た目の青年ながら珍しい昆虫を探して放浪している魞沢泉(えりさわ・せん/"えり"は環境依存文字:魚偏へんに入)で、そんな主人公と関わることになった人物の目線で語られていきます。

 この主人公というのが(“昆虫好き”というイメージそのままに)少年のような純粋さや無邪気さを伴う穏やかで天然な性格なので、登場人物たちとの会話ややり取りは、微妙にズレたところがあるかと思えば絶妙な掛け合いを見せるなど、軽妙で楽しい雰囲気に満ち溢れているのですね。

 そして本作の特徴というのが、(単行本のあとがきにも書かれているように)泡坂妻夫の“亜愛一郎シリーズ”を意識して作られていることでして、それ故に主人公たちの軽妙なやり取りの中に伏線が巧妙に仕込まれていて、コミカルな雰囲気とミステリトリックとの融合具合が絶妙なものとなっているので、気軽な感じで読み進めていると意外に読み応えあるミステリ的な刺激に“おッ”と思わされるのではないでしょうか。

 それでもまあいわゆるユーモアミステリに分類されてしまうような作品かなと思うものの、後半に収録されている二篇は主人公があまり関わってこない(または全く関係しない)過去話が中心なこともあってか、(前半三作とは少々作風が異なり)情緒的な雰囲気やシリアス系物語としての読み味がとても魅力的に感じられたので、本作が面白かったのはもちろんですが、それ以上に次作以降への期待が大いに高まる読後感となりました。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「彼女の色に届くまで」似鳥鶏 <<< PREV
                  NEXT >>> 「それまでの明日」原尞(りょう)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年3月22日 (木)

「このB'zソングが(個人的に)すごい!」 26位-50位 > B'z30周年記念企画

Goripaku7957_tp_v


 今年(2018年)、B'zが30周年を迎えます

 自分がB'zの歌を初めて聴いたのは1990年にレンタル店で借りた『EASY COME,EASY GO!』で、その時はまだファンというわけではなかったものの、その直後に発売されたアルバム『RISKY』の初回限定版が(当時の限定版CDはディスクケースを差し入れる紙パッケージ仕様が主流だった中)プラスチックのパッケージで、しかも中央が丸く空きそこからジャケットが見えるというカッコいい造りだったので、半ばジャケ買いのような感じで思わず購入

 あれから28年経った今でも第一線で活躍してくれているというのも凄いことですが、自分的にも28年もの間B'z好きの熱量が未だ変わっていないので、よくよく考えてみればこれは凄いことですよね....

 そして30周年という記念すべき年に、これまで発表されてきた作品を改めて聴き直す意味合いも込めて(20周年の時にも実施した)“個人的なB'zの好きな曲ランキング”を作ってみることにしたのですが、ただ「BLOWIN'」や「LOVE PHANTOM」や「ultra soul」などの代表曲やシングル曲に対して“何位にしようかな~”と考えるのも今更な感じがあるし、今となっては順位を付けようがないと思うのです

 なので今回は、2017年までに発売されたベストアルバムの収録曲(ベストアルバムというよりはB面&再録集といった感じの『B'z The"Mixture"』の収録曲は除く)、および2015年以降に発売されたシングル表題曲(配信シングル曲も含む)は対象外とし、それ以外の曲の中から個人的に好きな歌をランキング形式で発表してみましょう


 S:シングル収録曲  A:アルバム収録曲

 『』:収録CDのタイトル

 曲名のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 MV(Youtube) : Youtubeの公式動画へのリンク

 : iTunesへのリンク(無料で試聴可能)

 右下の数字 : 収録CDの発売日


  >>> 「このB'zソングが(個人的に)すごい!」 1位-25位

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

26位 A 愛と憎しみのハジマリ 愛と憎しみのハジマリ
『BIG MACHINE』
MV(Youtube)
2003.09.17
/ // /////////////// / /
27位 A Blue Sunshine Blue Sunshine
『GREEN』
MV(Youtube)
2002.07.03
/ // /////////////// / /
28位 S GUITAR KIDS RHAPSODY
CAMDEN LOCK STYLE
『愛しい人よGood Night...』
MV(Youtube)
  1990.10.24
/ // /////////////// / /
29位 A 一心不乱 一心不乱
『ACTION』
MV(Youtube)
2007.12.05
/ // /////////////// / /
30位 A 眩しいサイン 眩しいサイン
『BIG MACHINE』
MV(Youtube)
2003.09.17

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
31位 A Gimme Your Love ~不屈のLove Driver~ Gimme Your Love
~不屈のLove Driver~
『RISKY』
MV(Youtube)
1990.11.07
/ // /////////////// / /
32位 A ACTION FRICTION -LAP 2-
『ACTION』
MV(Youtube)
2007.12.05
/ // /////////////// / /
33位 A Big Machine 儚いダイヤモンド
『BIG MACHINE』
MV(Youtube)
2003.09.17
/ // /////////////// / /
34位 A C'mon 命名
『C'mon』
MV(Youtube)
2011.07.27
/ // /////////////// / /
35位 A The Circle パルス
『THE CIRCLE』
MV(Youtube)
2005.04.06

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
36位 S 挑めよ儚いこの時に
『熱き鼓動の果て』
MV(Youtube)
  2002.06.05
/ // /////////////// / /
37位 A C'mon ザ・マイスター
『C'mon』
MV(Youtube)
2011.07.27
/ // /////////////// / /
38位 A EPIC DAY アマリニモ
『EPIC DAY』
MV(Youtube)
2015.03.04
/ // /////////////// / /
39位 A Gimme Your Love ~不屈のLove Driver~ FRIDAY MIDNIGHT BLUE
『RISKY』
MV(Youtube)
1990.11.07
/ // /////////////// / /
40位 A Green GO★FIGHT★WIN
『GREEN』
MV(Youtube)
2002.07.03

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
41位 A The 7th Blues WILD ROAD
『The 7th Blues』
MV(Youtube)
1994.03.02
/ // /////////////// / /
42位 A Run Out Of Control
『RUN』
MV(Youtube)
1992.10.28
/ // /////////////// / /
43位 A MONSTER MONSTER
『MONSTER』
MV(Youtube)
2006.06.28
/ // /////////////// / /
44位 S The Wild Wind
『HOME』
MV(Youtube)
  1998.07.08
/ // /////////////// / /
45位 S イチブトゼンブ/DIVE - EP National Holiday
『イチブトゼンブ/DIVE』
MV(Youtube)
2009.08.05

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
46位 A Loose キレイな愛じゃなくても
『LOOSE』
MV(Youtube)
1995.11.22
/ // /////////////// / /
47位 A Eleven コブシヲニギレ
『ELEVEN』
MV(Youtube)
2000.12.06
/ // /////////////// / /
48位 A BREAK THROUGH
『BREAK THROUGH』
MV(Youtube)
  1990.02.21
/ // /////////////// / /
49位 A Friends Ⅱ 傷心
『FRIENDS II』
MV(Youtube)
1996.11.25
/ // /////////////// / /
50位 A MONSTER 雨だれぶるーず
『MONSTER』
MV(Youtube)
2006.06.28

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  >>> 「このB'zソングが(個人的に)すごい!」 1位-25位


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年3月21日 (水)

◎桜花賞〈浦和〉(2018年)穴馬予想&結果

< 3月21日(水・祝)に行われる桜花賞(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【桜花賞】

 浦和のダート1600mで行われる南関3歳牝馬重賞(SI)です。

 いよいよ南関クラシックが開幕となりますが、スタートすぐにコーナーがあるトリッキーなコースなうえに、雨(雪)の中でのレースとなっています。

 しかも“中央で好成績ながら南関に移籍して初戦でクラシック出走”という近年流行りのパターンであるプロミストリープが参戦することもあり、人気や実績通りに決まらなそうな予想の難しいレースですね。

 そしてこれを書いている時点では上位人気5頭の複勝最低オッズが2倍を切りそうで、となると穴狙いとしては人気下位5頭の中から選ぶこととなるのですが、ここはアンジュキッスを◎にしてみましょう。

 道営時代にはOPで2着の成績がある馬で、南関移籍後は3戦全勝と勢いがあるので、今回が初重賞挑戦とはいえ内枠先行馬の利を活かせばここでの一発もあるのでは。


  ◎ アンジュキッス / 笹川翼 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     プロミストリープ  御神本訓史 1
 2着 2  ◎ アンジュキッス   笹川翼   5
 3着 7     グラヴィオーラ   今野忠成  2
 4着 5     シングンレガシイ 赤岡修次  7
 5着 4     ストロングハート  森泰斗   3


 桜花賞は中央も南関も不思議なほどに毎年当たっていたものの、今年は(例年なら余裕の収支プラス状態だったこの時期に)ほとんど当たらず大幅マイナスという状況だったので、さすがに“桜花賞が得意”とはとてもではないけれど書けなかったのです。

 ただそれでも相性良いレースは当たるもんなんですねェ。


  (○複勝:2 3.0倍)  ○的中!  3,000円 → 9,000円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  3/15  20.0%  .-6,600円  85.3%

☆18年通算   >  7/47  14.9%  -67,350円  52.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎黒船賞(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎毎日杯&日経賞(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月20日 (火)

◎黒船賞(2018年)穴馬予想&結果

< 3月20日(火)に行われる黒船賞(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【黒船賞】

 高知のダート1400mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 今回の交流重賞も、いつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいこうと思います。

 ただ、これを書いている時点でオッズが出ているとはいえこれから変動していきそうなので、ある程度オッズが固まってから最終予想を決めることにして、それをレース15分前までのここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ブルドッグボス・キングズガード・グレイスフルリープの3頭が3倍前後だったので、この3頭の中から1頭とそれ以外の馬の中から1頭の2頭狙いとなりますね。

 それでここは、好走続きではあるけれど勝ち切れていない馬よりは、近走で勝ち慣れている馬の方が良いのではないかということで、グレイスフルリープとコパノマイケルの2頭で勝負してみましょう。


  ◎ グレイスフルリープ / 武豊 (10)
  △ コパノマイケル / 福永祐一 (3)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     エイシンヴァラー   下原理   9
 2着 8     キングズガード   藤岡佑介  1
 3着 5     ブルドッグボス    岩田康誠 2
 4着 6     ラインシュナイダー 幸英明   6
 5着 10 ◎ グレイスフルリープ 武豊    3


 こんな風に単勝200倍の地方馬(元中央馬)が勝つこともあるのだから、やはり資金に余裕がある場合は元中央馬は一応入れておいた方がいいのですかねェ。


  (×単勝:1 234.3倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  2/14  14.3%  -12,600円  70.0%

☆18年通算   >  6/46  13.0%  -73,350円  46.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎阪神大賞典&スプリングS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎桜花賞〈浦和〉(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月19日 (月)

「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2018年)


Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 「週刊少年ジャンプ」の、2018年(2017年12月発売の01号~)に始まった新連載作品の一覧です


 タイトル / 作者名 / 連載開始号発売日 / 連載開始号 / *備考


 画像のリンク先は、Amazon.co.jpの作品ページ

 タイトルのリンク先は、当ブログの作者&作品情報記事

 作者・作品の詳しい情報はリンク先の個別記事をご覧ください


 NEXT >>> 新連載作品リスト(2019年)

 新連載作品リスト(2017年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


/ BOZEBEATS

  平野 稜二


2018年1月15日発売 07号~

* 14話で終了(JC全2巻)

* 連載デビュー

* 「本誌2016年17号」に読切版『BOZE』掲載
   → 読切版記事


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// アクタージュ act-age

 マツキ タツヤ 宇佐崎 しろ


2018年1月22日発売 08号~

* 連載継続中

* 共に連載デビュー

* 「本誌2017年09号」に
 読切版『阿佐ヶ谷芸術高校映像科へようこそ』掲載
   → 読切版記事


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// 呪術廻戦

 芥見 下々


2018年3月5日発売 14号~

* 連載継続中

* 連載デビュー

* 「ジャンプGIGA 2017 vol.1~4」にて
 プロトタイプ的作品『東京都立呪術専門高等学校』連載
  → 連載記事


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// ノアズノーツ

 池沢 春人


2018年3月12日発売 15号~

* 22話で終了(JC全3巻)

* 「クロガネ」「カミドリ」に続く
 3度目の連載


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// ジガ -ZIGA-

 佐野 ロクロウ 肥田野 健太郎


2018年3月19日発売 16号~

* 15話で終了(JC全2巻)

* 共に連載デビュー


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// 紅葉の棋節

 里庄 真芳


2018年5月14日発売 24号~

* 16話で終了(JC全2巻)

* 連載デビュー

* 「ジャンプGIGA 2017 vol.1~4」にて
 GIGA版『モミジの棋節』連載
  → 連載記事


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// キミを侵略せよ!

 稲岡 和佐


2018年5月21日発売 25号~

* 16話で終了(JC全3巻)

* 連載デビュー

* 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1~3」にて
 GIGA版『キミを侵略せよ!』連載
  → 連載記事


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// 総合時間事業会社
 代表取締役社長専属秘書
 田中誠司


 天塚 啓示


2018年6月25日発売 30号~

* 20話で終了(JC全3巻)

* 連載デビュー

* 「ジャンプNEXT!! 2016 vol.2」に読切版
  『警備会社セプトスリー 社長 田中誠司』掲載
   → 読切版記事

* 「2016年42号」に読切版
  『特別国家公務員改造者対策課 田中誠司』掲載
   → 読切版記事


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// アリスと太陽

 凸ノ 高秀


2018年7月2日発売 31号~

* 連載継続中

* 連載デビュー

* 「本誌2017年26号」に読切版掲載
  → 読切版記事


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// 思春期ルネサンス!ダビデ君

 黒木 雄心


2018年9月15日発売 42号~

* 連載継続中

* 連載デビュー

* 「本誌2018年06号」にオムニバス版(3P)掲載


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


/// ジモトがジャパン

 林 聖二


2018年9月15日発売 42号~

* 連載継続中

* 連載デビュー

* 「思春期ルネサンス!ダビデ君」と
 同時に連載スタートということもあり
 第1話は(巻頭ではなく)巻末カラー


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 NEXT >>> 新連載作品リスト(2019年)

 新連載作品リスト(2017年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2018年の週刊少年ジャンプ」関連記事】

  > 新連載作品リスト(2018年) (18.3.19)

  > 読切作品リスト(2018年) (18.1.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2018年3月18日 (日)

☆ 浦和戦・データボックス>2018年J1リーグ第4節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 3/18(日) J1リーグ 第4節・浦和レッズ戦 (埼玉)


  ○1-0 (前半0-0、後半1-0)

  主審: 山本 雄大  入場者数:33,168人

  .<得点> 1-0 ウーゴ ヴィエイラ .(横浜・後半36分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー無失点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 吉尾海夏が、Jリーグ(リーグ戦)初出場を記録しました。

 中澤佑二が、マリノス所属時公式戦通算600試合出場を達成しました。

   * 公式戦 : J1リーグ、ナビスコカップ/ルヴァンカップ、天皇杯、
          チャンピオンシップ、AFCチャンピオンズリーグ、
          ゼロックス・スーパーカップ


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【選手得点記録情報】


 ウーゴ ヴィエイラが、マリノス所属時リーグ戦通算12ゴールとなり、大黒将志(11-12)、中町公祐と並びマリノス歴代29位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 12位 (前節 16位)
         < 1勝 1分 2敗  勝点 4 得点 3 失点 5 得失点差 -2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「勝負を決めたウーゴ・ヴィエイラ。横浜FMが今季リーグ戦初勝利

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「浦和は13年ぶり開幕4試合未勝利…未勝利対決は横浜FMに軍配!

 (ゲキサカ) 「「Jの中でもトップレベルのGK」決勝点のウーゴ・ヴィエイラはGK西川に賛辞

 (ドメサカブログ) 「今季未勝利同士の対決は横浜FMに軍配!
               ウーゴヴィエイラの殊勲弾で待望の初白星


 (スポニチ) 「横浜お待たせ初勝利!中沢主将「勝つんだという姿勢出た」

 (スポニチ) 「横浜も今季初勝利!ポステコ監督「選手たちが報われて非常に良かった」

 (スポニチ) 「横浜・吉尾がリーグデビュー 決勝点“演出”「次は結果を」

 (日刊スポーツ) 「横浜監督「報われたことに喜び」新スタイルに手応え

 (日刊スポーツ) 「横浜アウェーで浦和破り初勝利、ヴィエイラが決勝点

 (日刊スポーツ) 「横浜ウーゴ・ヴィエイラV弾「もっとゴールを」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、新スタイルで初勝利 
          ポステコグルー監督は「勝利で報われたことが良かった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 浦和戦・プレビュー>2018年J1リーグ第4節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎阪神大賞典&スプリングS(2018年)穴馬予想&結果

< 3月18日(日)に行われる阪神大賞典(GII)フジテレビ賞スプリングステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【阪神大賞典】

 阪神の芝3000mで行われる重賞(GII)です。

 GI・春天を見据えた長距離重賞ですが、これを書いている時点で上位人気4頭の複勝最低オッズが2倍を切っているので、穴狙い的には5番人気以下の7頭が対象となります。

 ただ、GIで好走したり重賞で勝利している上位人気4頭に割って入るならある程度の重賞実績がないと難しそうであるものの、人気薄7頭のうち重賞実績のある馬はカレンミロティックヤマカツライデンの2頭のみ。

 なのでここは、その2頭からカレンミロティックを◎にしてみましょう。

 今年10歳となったベテラン馬で、昨年は3戦して一度も馬券圏内に入れませんでしたが、GII・アルゼンチン共和国杯で3着馬と0.1秒差の5着となるなどまだまだ重賞で好走できる力はありますし、2年前の春天でキタサンブラックとハナ差の2着に激走するなど大舞台での思わぬ一発がある馬ですからね。


  ◎ カレンミロティック / 池添謙一 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     レインボーライン  岩田康誠 3
 2着 6     サトノクロニクル  川田将雅 4
 3着 8     クリンチャー     武豊    1
 4着 10    アルバート     福永祐一 2
 5着 4  ◎ カレンミロティック 池添謙一 6


 やはり穴狙い的に正解のないレースでしたね....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【フジテレビ賞スプリングステークス】

 中山の芝1800mで行われる3歳重賞(GII)です。

 3歳重賞では連続して34秒台以下(またはそれに近い成績)の馬を狙うことにしているので、ここはバールドバイを◎にしてみましょう。

 3戦目にして初勝利をあげたばかりの馬ではありますが、前々走でハナ差交わされ敗れた相手であるライトカラカゼが次走のGIII・京成杯で4着に好走していますし、中山で先行して2位の上がりを出しているここ2戦の実績からして(展開がハマれば)ここでの一発も期待できるのでは。


  ◎ バールドバイ / 北村宏司 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ステルヴィオ     ルメール  1
 2着 5     エポカドーロ     戸崎圭太 3
 3着 12    マイネルファンロン 柴田大知 6
 4着 1  ◎ バールドバイ    北村宏司 10
 5着 4     レノヴァール     北村友一 7


 同じ中山3歳重賞である弥生賞に続いて◎馬がハナ差の4着という悔しすぎる結果に.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  2/13  15.4%  .-9,600円  75.3%

☆18年通算   >  6/45  13.3%  -70,350円  47.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ファルコンS&フラワーC(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎黒船賞(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月17日 (土)

◎ファルコンS&フラワーC(2018年)穴馬予想&結果

< 3月17日(土)に行われる中日スポーツ賞ファルコンステークス(GIII)フラワーカップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【中日スポーツ賞ファルコンステークス】

 中京の芝1400mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 3歳重賞では連続して34秒台以下(またはそれに近い成績)の馬を狙うようにしているのですで、ここはタイセイプライドを◎にしてみましょう。

 逃げ先行馬ながら(34秒台の上がりが1頭もいなかった)新馬戦以外連続して34秒台の上がりを出している馬で、OPで2勝しているのですが、初重賞となった前々走の京王杯2歳Sでは8着に敗れています。

 ただこの時は3ヶ月の休み明けなうえ馬体重プラス14kgで、次走はマイナス18kgでOPを勝っていることからも明らかに身体が仕上がっていなかったことがわかりますし、今回はその時と同じ3ヶ月の休み明けとはいえ春のビッグレースを控える今の時期ならきっちりと仕上げられているのではないかということで、この馬に期待してみました。


  ◎ タイセイプライド / 岩田康誠 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ミスターメロディ    福永祐一 3
 2着 7     アサクサゲンキ    武豊    7
 3着 8     フロンティア      川田将雅 5
 4着 11    アンブロジオ     横山典弘 4
 5着 2     モズスーパーフレア 中谷雄太 9

 6着 15 ◎ タイセイプライド    岩田康誠 6


 着差的にはかなり惜しかったのですけどね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【フラワーカップ】

 中山の芝1800mで行われる3歳牝馬重賞(GIII)です。

 こちらも3歳重賞ということで、連続して34秒台以下(またはそれに近い成績)の馬を狙うことにしまして、ここはファストライフを◎にしてみましょう。

 初勝利をあげるまで5戦を要し、その後も500万下で2着すらないものの、馬体重の変動が大きいながら連続して上がり最速を出していますし、初の1800m戦&中山が合うことが前提ですが人気薄の中では一番一発の可能性を秘めているのでは。


  ◎ ファストライフ / 大野拓弥 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    カンタービレ  M.デムーロ 2
 2着 9     トーセンブレス 柴田善臣  3
 3着 3     ノームコア   北村宏司  4
 4着 7     ウスベニノキミ 内田博幸  8
 5着 12 ◎ ファストライフ  大野拓弥  9


 こちらのレースも3着馬との着差はかなり惜しかったのですけどね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  2/11  18.2%  .-3,600円  89.1%

☆18年通算   >  6/43  14.0%  -64,350円  50.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ダイオライト記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎阪神大賞典&スプリングS(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月16日 (金)

☆ 浦和戦・プレビュー>2018年J1リーグ第4節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 3/18(日) 16:00~ J1リーグ 第4節

     vs 浦和レッズ (埼玉スタジアム2002)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 16位 0勝 1分 2敗 勝点 1  2得 5失 得失 -3 」
  浦和  :「 13位 0勝 2分 1敗 勝点 2  3得 4失 得失 -1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 浦和戦は、公式戦通算で「33勝 7分 27敗」、リーグ戦通算で「28勝 6分 20敗」といずれも勝ち越していますが、2005-2007年の公式戦8試合で全く勝ちがないなど苦手としている時期もありましたし、一方でアウェーでは2007年から2013年まで7年間負けなし&2008年から2013年まで6年間全勝と最高に相性が良い時期もありました。

 そして近年では、2014年から2016年までの6試合でわずか1勝のみ(1勝 2分 3敗)と勝てない試合が多かったものの、昨年はホーム(開幕戦)で○3-2、アウェー(最終節)で○1-0と2連勝し、現在5試合負けなし中(3勝 2分 0敗)なので、相性はまた良い方向へと進んでいるのかも。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時公式戦通算600試合出場を達成します。

   * 公式戦 : J1リーグ、ナビスコカップ/ルヴァンカップ、天皇杯、
          チャンピオンシップ、AFCチャンピオンズリーグ、
          ゼロックス・スーパーカップ

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算147試合出場となり、三浦文丈(93-98)を抜いてマリノス歴代単独23位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)をと並びマリノス歴代20位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代24位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算12ゴールとなり、大黒将志(11-12)、中町公祐と並びマリノス歴代29位タイとなります(中町公祐も得点した場合は30位タイ)。

 ウーゴ ヴィエイラが3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 浦和 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 栗原勇蔵、(喜田拓也)

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
           マリノス: 大津祐樹(←柏)
                 仲川輝人(←福岡)
                 ユン イルロク(←FCソウル)
                 和田昌士(←山口)
                 オリヴィエ ブマル(←遼寧宏運)
                  *オリヴィエ ブマルは選手登録前なので
                   この試合には出場不可

           浦和  : 武富孝介(←柏)
                 マルティノス(←マリノス)
                 山田直輝(←湘南)
                 岩波拓也(←神戸)
                 アンドリュー ナバウト(←ニューカッスル・ジェッツ)

 【日本代表】  マリノス:
           浦和  : 槙野智章、宇賀神友弥、遠藤航

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .浦和  :

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
          .浦和  : 橋岡大樹、荻原拓也

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           浦和  : マルティノス、榎本哲也
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  浦和オフィシャル

 【チケット情報】  浦和オフィシャル

 【試合プレビュー】  「(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 真っ向勝負で今季初白星だ 指揮官は浦和DF槙野ら把握」 (3/18)
   > 「【浦和】槙野、リーグ戦初勝利キーワードは「原点回帰」」 (3/18)

   > 「浦和・槙野、リーグ戦初勝利へ「我慢のとき」」 (3/17)
   > 「遠藤 右足ケガは合流まで2週間見込み…代表戦へ厳しい状況」 (3/17)

   > 「横浜DFデゲネクが豪州代表招集「新監督に感謝」」 (3/16)
   > 「遠藤、負傷も右SBで招集…指揮官「バックアップは既に用意」」 (3/16)
   > 「浦和新助っ人ナバウト合流、18日にも初陣「勝つために来た」」 (3/16)

   > 「浦和 新加入のMFナバウトが練習合流「2桁得点目指す」18日初陣も」 (3/15)
   > 「【浦和】新加入の豪州代表MFナバウト「W杯に向け、いい移籍」2ケタ得点目指す」 (3/15)
   > 「【J試合情報】浦和レッズVs横浜F・マリノス 3月18日」 (3/15)


 【TV中継】 (生) 03/18(日) 16:00~  テレ玉

        (録) なし

        (配信)03/10(土) 16:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 浦和戦・データボックス>2018年J1リーグ第4節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年3月15日 (木)

「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年4月)

Gapaku3298_tp_v


 とうとう10年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2019年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2019年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年4月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数

 ドラゴンスリーパー / 長崎尚志 (1作) * シリーズ2作目
        〈1作目「パイルドライバー」が17年版14位にランクイン〉


 ドロシイ殺し / 小林泰三 (1作) * シリーズ3作目
        〈1作目「アリス殺し」が14年版4位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年4月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 あやかし草紙 三島屋変調百物語伍之続 / 宮部みゆき (17作) * シリーズ5作目
 悲体 / 連城三紀彦 (6作)
 カットバック 警視庁FC2 / 今野敏 (5作) * シリーズ2作目
 豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件 / 倉知淳 (4作)
 黙過 / 下村敦史 (2作)  <感想記事はこちら>
 隠蔽人類 / 鳥飼否宇 (2作)
 ペインレス(上・下) / 天童荒太 (2作)
 平凡な革命家の食卓 / 樋口有介 (2作)
 軍艦探偵 / 山本巧次 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年4月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 紅のアンデッド 法医昆虫学捜査官 / 川瀬七緒 <2作> * シリーズ6作目
 あの夏、二人のルカ / 誉田哲也 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年4月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ “” ]


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年4月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “メフィスト賞”受賞 ]
 コンビニなしでは生きられない / 秋保水菓  <感想記事はこちら>


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年4月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年4月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 ステイ・ゴールド / 池田久輝
 二人の推理は夢見がち / 青柳碧人
 ウェンディのあやまち / 美輪和音
 砂の家 / 堂場瞬一
 ギロチンハウス 課長 榊江梨子の逆襲 / 大石直紀
 ファントムレイヤー 心霊科学捜査官 / 柴田勝家 * シリーズ3作目
 向こう側の、ヨーコ / 真梨幸子
 傍流の記者 / 本城雅人
 葬偽屋に涙はいらない / 森晶麿 * シリーズ2作目
 バビロンの階段 / 蜂須賀敬明
 法廷弁論 / 加茂隆康
 バルス / 楡周平
 歪んだレンズ / 宮城啓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2018年4月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 玉村警部補の巡礼 / 海堂尊 * シリーズ2作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な4月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年5月)

 「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年3月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年3月14日 (水)

☆ 仙台戦・データボックス>2018年ルヴァンカップGS第2節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 3/14(水) ルヴァンカップ グループステージ 第2節・ベガルタ仙台戦 (ニッパツ)


  △0-0 (前半0-0、後半0-0)

  主審:飯田 淳平  入場者数:6,391人

  .<得点> 0-0 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 イッペイ シノヅカが、ルヴァンカップグループステージ通算1回目の警告を受けたため、次にルヴァンカップグループステージで警告を受けると1試合の出場停止となります(出場停止の対象試合はルヴァンカップグループステージのみ)。

 金井貢史が、ルヴァンカップグループステージ通算1回目の警告を受けたため、次にルヴァンカップグループステージで警告を受けると1試合の出場停止となります(出場停止の対象試合はルヴァンカップグループステージのみ)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 下平匠が、マリノス所属時公式戦通算103試合出場となり、小野裕二(10-12)、マルキーニョス(03,12-13)を抜いてマリノス歴代単独49位となりました。


  <出場ランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 6,391人

  > 仙台戦・ランキング ワースト・2位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ルヴァンカップ グループステージ順位 : 1位 (前節 1位)
         < 1勝 1分 0敗  勝点 4 得点 1 失点 0 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「川浪吾郎の牙城を崩せなかった横浜FM、
            数的優位を生かせずドロー

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「板倉退場も…仙台、GK川浪が好セーブ連発!
          吉尾躍動の横浜FMとスコアレスドロー

 (ドメサカブログ) 「仙台は前半で退場者出すも横浜FMの攻撃を凌ぎドローに持ち込む
             新加入のGK川浪が好セーブ連発


 (スポニチ) 「横浜、ゴール遠くドロー 指揮官は内容重視「スタイルを貫けた」

 (スポニチ) 「横浜 仙台と0―0で引き分け 山田康太がプロデビュー

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M指揮官、シュート17本実らずも「チームのスタイルは出せた」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 仙台戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップGS第2節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎ダイオライト記念(2018年)穴馬予想&結果

< 3月14日(水)に行われるダイオライト記念(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ダイオライト記念】

 船橋のダート2400mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 交流GI・川崎記念の1・2着馬による再戦となりますが、2頭以外の中央馬はマイネルバサラ1頭のみ、その他の地方馬は昨年のこのレースで3着のウマノジョー以外は地方の条件戦でも勝てていない馬ということで、馬券的にはあまり面白味のないレースとなりそうですね。

 そして今回の交流重賞も、いつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいこうと思っていたものの、マイネルバサラウマノジョーもGI馬2頭の両方に先着するのはさすがに厳しそうなので、単勝勝負でいくならケイティブレイブアポロケンタッキーのどちらか1頭になってしまいます。

 なので他の券種での購入も考慮すべきではありますが、“(交流重賞の)レースによって買い方に頭を悩めて結果外す”というパターンを繰り返していたためにその対策として(交流重賞での)買い方を“単勝複数買い”で固定したという経緯があるので、今回は複数買いとはいかないとはいえ単勝勝負でいきましょう。

 それで2頭のうちどちらか一方が1倍台、もう一頭が2倍台となりそうで、そのうち2倍台の方を自動的に狙うことになるわけで、まあダートGIで直接対決となった4戦全てで先着しているケイティブレイブの方が人気になるだろうから、その予測が外れない限りは◎アポロケンタッキーでいってみたいと思います。


  ◎ アポロケンタッキー / 内田博幸 (2)

  << 単勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     ケイティブレイブ   福永祐一   1
 2着 2  ◎ アポロケンタッキー 内田博幸   2
 3着 7     マイネルバサラ   柴田大知   3
 4着 3     ウマノジョー     御神本訓史 4
 5着 4     スノーモンキー    西村栄善   5


 ケイティブレイブとアポロケンタッキーの単勝オッズが変わらないくらいになるとは思わなかったので、こんなことならいつものように“レース直前に最終決定”にしとけばよかったですねェ。


  (×単勝:1 1.8倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  2/9  22.2%  .+2,400円 .108.9%

☆18年通算   >  6/41  14.6%  -58,350円  52.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎金鯱賞&フィリーズレビュー(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ファルコンS&フラワーC(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月13日 (火)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年4月)

Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2018年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2018年 4月 発売 】


  ウロボロスの偽書(上・下) / 竹本健治

 << 1992年版 10位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 6位

 ★ “ウロボロスシリーズ”の1作目
   .(2作目「ウロボロスの基礎論」も
    1996年版18位にランクイン)

 ★ リアリティと非現実感が交錯する!
   竹本健治が連載を始めた本格推理に、
   いつのまにか埼玉で起こった女性連続殺人事件の、
   犯人を名乗る男の手記がまぎれこんでいた!
   現実と虚構の境界線はあいまいになり、
   事件は思わぬ展開に。
   私たちが暮らすこの世界も
   どこからどこまでが現実なのか、
   次第にあやふやになってくる、
   奇々怪々な超ミステリ。

 ★ 新装版として再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  彼女がエスパーだったころ / 宮内悠介  <<感想記事はこちら!>>

 << 2017年版 16位 >>

   ・「吉川英治文学新人賞」受賞
   ・「ミステリが読みたい!」 4位
   ・「ベストSF2016」 7位

 ★ 吉川英治文学新人賞受賞作。
   進化を、科学を、未来を――人間を疑え!
   百匹目の猿、エスパー、
   オーギトミー、代替医療……
   人類の叡智=科学では捉えきれない
   「超常現象」を通して、
   人間は「再発見」された――。
   デビューから二作連続で
   直木賞候補に挙がった新進気鋭作家の、
   SFの枠を超えたエンターテイメント短編集。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの4月文庫化作品 >>

  EPITAPH東京 / 恩田陸  <<感想記事はこちら!>>
  現代詩人探偵 / 紅玉いづき  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年5月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年3月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2018年3月12日 (月)

☆ 仙台戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップGS第2節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 3/14(水) 19:30~ YBCルヴァンカップ グループステージ 第2節

     vs ベガルタ仙台 (ニッパツ三ツ沢球技場 )

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位】を見よ!!


 << ルヴァンカップの順位 >>

  マリノス:「 1位 1勝 0分 0敗 勝点 3  1得 0失 得失 +1 」
  仙台  :「 2位 0勝 1分 0敗 勝点 1  1得 1失 得失 0 」


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 16位 0勝 1分 2敗 勝点 1  2得 5失 得失 -3 」
  仙台  :「  5位 2勝 1分 0敗 勝点 7  3得 1失 得失 +2 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 仙台戦は、公式戦通算で「9勝 8分 9敗」、リーグ戦通算で「6勝 8分 6敗」と綺麗に互角の成績です。

 ただ、2010年に仙台がJ1に再昇格して以降は、初戦こそ勝利したもののその後は2014年第22節で勝利するまで8試合勝ちなし(0勝 4分 4敗)とかなり苦手な相手となっていましたが、2015年以降のリーグ戦は「2勝 3分 1敗」とほぼ五分の状態に。

 そしてこのカードの特徴といえば、(マリノス側から見て)リーグ戦ホームでは「1勝 4分 5敗」、アウェーでは「5勝 4分 1敗」とお互いに“ホームで弱くアウェーで強い”ことで、ホームでは初対戦で勝利して以降9試合勝ちなし、アウェーでは初対戦で敗れて以降9試合負けなしというはっきりとした戦績となっています。

 とはいえ、(ホームというよりは)仙台との公式戦で10戦勝ちなし(0勝 4分 6敗)の日産スタジアム(横浜国際時代含む)との相性が最悪なのかもしれないので、仙台とのリーグ戦ホームで唯一の勝利をあげているニッパツでの試合ならこの相性が当てはまらない可能性もありそうですかね(ちなみにニッパツでの仙台戦は2005年の天皇杯4回戦○4-0以来)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時公式戦通算600試合出場を達成します。

   * 公式戦 : J1リーグ、ナビスコカップ/ルヴァンカップ、天皇杯、
          チャンピオンシップ、AFCチャンピオンズリーグ、
          ゼロックス・スーパーカップ

 下平匠が出場すると、マリノス所属時公式戦通算103試合出場となり、小野裕二(10-12)、マルキーニョス(03,12-13)を抜いてマリノス歴代単独49位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 仙台 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 松原健、ダビド バブンスキー

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 栗原勇蔵、(喜田拓也)

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
           マリノス: 大津祐樹(←柏)
                 仲川輝人(←福岡)
                 ユン イルロク(←FCソウル)
                 和田昌士(←山口)
                 オリヴィエ ブマル(←遼寧宏運)
                  *オリヴィエ ブマルは登録前なので
                   この試合に出場出来ず

           仙台  : 板倉滉(←川崎F)
                 庄司悦大(←岐阜)
                 ラファエルソン(←ECヴィトーリア)
                 阿部拓馬(←蔚山現代)
                 川浪吾郎(←新潟)
                 常田克人(←大分)
                 金正也(←G大阪)

 【日本代表】  マリノス:
           仙台  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .仙台  : 板倉滉、椎橋慧也

 【U-19代表】  マリノス: 堀研太、山田康太
          .仙台  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           仙台  :
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「仙台常田先発「相手の良さつぶす」屈辱バネに飛躍だ」 (3/14)
   > 「今こそ飛躍の常田!「勝負の年」ベガルタのプロ3年目DF」 (3/14)
   > 「【仙台】ジャーメイン、ゴールへの飢餓感「やっぱり飢えている部分はある」」 (3/14)
   > 「ベガルタ、“ドリブル王子”中野が切り札」 (3/14)

   > 「横浜山田「問題ない」プロデビュー戦は人生初SBか」 (3/13)
   > 「横浜ルーキー西山&生駒デビュー浮上 14日ルヴァン杯仙台戦」 (3/13)

   > 「横浜のFW大津が全体練習に合流「試合勘やゲーム体力などは試合に出ながら…」」 (3/12)


 【TV中継】 (生) 03/14(水) 19:20~  スカサカ!

        (録) 03/15(木) 15:00~  スカチャン2

            03/16(金) 08:20~  フジテレビNEXT
            03/16(金) 11:20~  スカチャン1

            03/18(日) 08:00~  スカチャン2

            03/19(月) 13:00~  スカチャン3

            03/20(火) 26:00~  スカチャン1

            03/22(木) 07:20~  スカサカ!
            03/22(木) 18:00~  スカチャン3

            03/29(木) 10:40~  フジテレビNEXT

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 仙台戦・データボックス>2018年ルヴァンカップGS第2節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年3月11日 (日)

◎金鯱賞&フィリーズレビュー(2018年)穴馬予想&結果

< 3月11日(日)に行われる金鯱賞(GII)報知杯フィリーズレビュー(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【金鯱賞】

 中京の芝2000mで行われる重賞(GII)です。

 9頭立てながら重賞好走馬が揃った豪華メンバーとなっていますが、これを書いている時点で上位人気4頭の複勝最低オッズが2倍を切っています。

 なので穴として狙うのは下位人気5頭の中からとなるわけですが、ここはサトノノブレスを◎にしてみましょう。

 この馬は(今回も一緒に走る)同厩&同馬主のサトノダイヤモンドに付き添ってフランスに遠征し凱旋門に出走したため、国内戦は昨年のこのレース以来1年ぶりとなりますし、やはりこの関係性からして狙いにくくはあります。

 ただ、サトノダイヤモンドに実績では見劣りするとはいえこの馬も重賞を4度制していて、金鯱賞も4年前が2着、3年前が3着、2年前が3着、開催時期が変更となった昨年は11着も0.5秒差(3着馬とは0.3秒差)とレース&コース相性は良いですし、人気薄勢の中で今回一発があるとしたらこの馬なのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ サトノノブレス / 幸英明 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     スワーヴリチャード  M.デムーロ 1
 2着 4  ◎ サトノノブレス     幸英明    8
 3着 5     サトノダイヤモンド  ルメール   2
 4着 1     ヤマカツエース    池添謙一  3
 5着 6     ダッシングブレイズ 北村宏司  6


 逃げた時は“やっぱりサトノダイヤモンドのラビット的役割なのかな~”と不安になりましたが、良い手応えで直線に入り(勝ち馬以外の)後続を寄せ付けず、サトノダイヤモンドにも先着してしまったのは嬉しかったですねェ。


  (○複勝:4 5.2倍)  ○的中!  3,000円 → 15,600円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【報知杯フィリーズレビュー】

 阪神の芝1400mで行われる3歳牝馬重賞(GII)です。

 こちらのレースは一転して本命不在の混戦メンバーとなっていますが、ここはリバティハイツを◎にしてみましょう。

 3歳重賞では連続して34秒台以下(またはそれに近い)上がりを出している馬を狙うようにしていまして、この馬はデビューから3戦連続34秒台と条件に合致しますし、初重賞挑戦の1勝馬ながら負けたレースは同タイム(クビ+ハナ差)に3/4馬身差とまだ底を見せてはいないので、このメンバーの中でも好走する可能性はあるのでは。


  ◎ リバティハイツ / 北村友一 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10 ◎ リバティハイツ   北村友一 8
 2着 9     アンコールプリュ 藤岡康太 2
 3着 2     デルニエオール  岩田康誠 5
 4着 1     アンヴァル     藤岡佑介 3
 5着 16    ギンコイエレジー 古川吉洋 14


 このレースの前に、自分的には選択肢が一つしかなかった交流重賞で当てた以外だと2ヶ月ぶりに馬券を当てることが出来たため、この勢いでこちらのレースも当たってしまうのではないかと思っていたら、こんな予想の難しいレースで本当に当たったばかりか◎馬が勝ってしまうとは.....。


  (○複勝:10 4.6倍)  ○的中!  3,000円 → 13,800円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  2/8  25.0%  .+5,400円 .122.5%

☆18年通算   >  6/40  15.0%  -55,350円  53.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎フジノウェーブ記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ダイオライト記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月10日 (土)

☆ 鳥栖戦・データボックス>2018年J1リーグ第3節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 3/10(土) J1リーグ 第3節・サガン鳥栖戦 (ニッパツ)


  ●1-2 (前半0-1、後半1-1)

  主審: 今村 義朗  入場者数:11,247人

  .<得点> 0-1 趙東建       (鳥栖・前半12分/公式Youtube動画
         0-2 ビクトル イバルボ (鳥栖・後半12分 PK/公式Youtube動画
         1-2 ウーゴ ヴィエイラ .(横浜・後半42分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「ホーム得点」記録 > 13試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 中町公祐が、マリノス所属時リーグ戦通算146試合出場となり、三浦文丈(93-98)と並びマリノス歴代23位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム得点記録情報】


 この試合のウーゴ ヴィエイラのゴールにより、マリノスのリーグ戦通算1300ゴールを達成しました。


  <Jリーグ得点ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 16位 (前節 16位)
         < 0勝 1分 2敗  勝点 1 得点 2 失点 5 得失点差 -3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「横浜FMのミスを突いた鳥栖。
                今季リーグ戦初勝利をつかむ

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「“プレゼントパス”から先制の鳥栖、
             横浜FMの反撃しのいで今季初白星

 (ゲキサカ) 「横浜FM天野純、痛恨ミスに「自分がゲームを壊した」

 (ゲキサカ) 「決定機に顔出すも…横浜FM遠藤渓太「『おしい』だけじゃダメ」

 (ドメサカブログ) 「鳥栖が趙東建&イバルボのゴールで今季初勝利!
             横浜FMは終盤1点返すも3戦未勝利に


 (スポニチ) 「横浜3戦未勝利 MF天野痛恨ミス…2失点招く

 (スポニチ) 「横浜 今季リーグ初勝利ならず
          指揮官ため息「特に前半はパフォーマンスが良くなかった」

 (日刊スポーツ) 「横浜MF天野2失点絡み猛省「自分がゲーム壊した」

 (日刊スポーツ) 「横浜ヴィエイラ「喜べない」メモリアル弾も勝利逃す

 (日刊スポーツ) 「横浜中沢「共通認識欲しい」新監督のサッカー体現へ

 (スポーツ報知) 「鳥栖に完敗で開幕から3戦未勝利も
             ポステコグルー監督「スタイルを貫くことも重要」

 (サンスポ) 「横浜M・ポステコグルー監督、リーグ戦未勝利も
          遠藤に期待「ケイタをより生かそうと」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鳥栖戦・プレビュー>2018年J1リーグ第3節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎阪神スプリングJ&中山牝馬S(2018年)穴馬予想&結果

< 3月10日(土)に行われる阪神スプリングジャンプ(J・GII)ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【阪神スプリングジャンプ】

 阪神の芝3900mで行われる障害重賞(J・GII)です。

 今年最初の障害重賞は、昨年末の障害GI・中山大賞典の2・3着馬が参戦しますが、ここは10歳馬のサンレイデュークを◎にしてみましょう。

 2年前の10月に1年ぶりの復帰を果たしてからは一度しか馬券に絡んでいないものの、着順はベテラン馬らしく安定していて、唯一の馬券圏内もGIでの2着で、前走の中山大障害でも1・2着馬には大きく離されたとはいえ3着馬とは0.3秒差でした。

 昨年のこのレースでも3着馬とハナ差の4着と好走するなど、10歳馬ということで人気になりにくいながら今も重賞レベルの走りを見せていますし、1年の休み明け以降必ず一緒に走っていた現役最強障害馬・オジュウチョウサンが今回はいないことでいつもより馬券圏枠が1頭分減ることもあり、この馬に期待してみたいと思います。


  ◎ サンレイデューク / 難波剛健 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス】

 中山の芝1800mで行われる牝馬ハンデ重賞(GIII)です。

 ここは、シャルールを◎にしてみましょう。

 2年前のクイーンSで2着となって以降は馬券圏内にさえ入れていませんが、昨年のこのレースは9着ながら0.4秒差、前走の愛知杯は6着ながら0.5秒差(3着馬とは0.3秒差)と、着順の印象ほどは離されていませんでした。

 その2レースの間で惨敗した2戦も、3走前は大きな不利を受け、2走前は一番速い馬でも38秒台の上がりという不良馬場と凡走理由がはっきりしているので、人気も全くないですしここでの一発に期待するのも面白そうですからね。


  ◎ シャルール / 内田博幸 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  0/6   0.0% .-18,000円   0.0%

☆18年通算   >  4/38  10.5%  -78,750円  30.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎フジノウェーブ記念(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎金鯱賞&フィリーズレビュー(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月 9日 (金)

☆ 鳥栖戦・プレビュー>2018年J1リーグ第3節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 3/10(土) 13:00~ J1リーグ 第3節

     vs サガン鳥栖 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 16位 0勝 1分 1敗 勝点 1  1得 3失 得失 -1 」
  鳥栖  :「 10位 0勝 2分 0敗 勝点 2  3得 3失 得失 0 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鳥栖戦は、公式戦通算で「12勝 1分 4敗」、リーグ戦通算で「7勝 1分 4敗」といずれも勝ち越していますが、リーグ戦アウェーでは「2勝 1分 3敗」と負け越しているのに対し、ホームでは「5勝 0分 1敗」と相性良く、今回の舞台であるニッパツでの公式戦は「6戦 全勝」。

 そして、2015~2016年のリーグ戦は4戦負けなし(3勝 1分 0敗)、公式戦は5戦負けなし(4勝 1分 0敗)と、モンバエルツ体制になって以降はホーム・アウェーに関わらずかなり好相性で、昨年もリーグ戦アウェーでこそ●0-1で敗れたとはいえ、ルヴァンカップGS(アウェー)は○2-1、リーグ戦ホーム(ニッパツ)では○1-0で勝利しているので、2015年以降の公式戦は「5勝 1分 1敗」とかなりの好成績となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で得点すると........
   > 13試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時公式戦通算600試合出場達成にリーチとなります。

 下平匠が出場すると、マリノス所属時公式戦通算103試合出場となり、小野裕二(10-12)、マルキーニョス(03,12-13)を抜いてマリノス歴代単独49位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算146試合出場となり、三浦文丈(93-98)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)をと並びマリノス歴代20位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代24位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算12ゴールとなり、大黒将志(11-12)、中町公祐と並びマリノス歴代29位タイとなります(中町公祐も得点した場合は30位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 Jリーグ得点ファイル】を見よ!!


 この試合で1得点以上決めると、1得点目でマリノスのリーグ戦通算1300ゴールを達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 鳥栖 : なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 栗原勇蔵、(大津祐樹)、(喜田拓也)

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
           マリノス: 大津祐樹(←柏)
                 仲川輝人(←福岡)
                 ユン イルロク(←FCソウル)
                 和田昌士(←山口)
                 オリヴィエ ブマル(←遼寧宏運)
                  *オリヴィエ ブマルは登録前なので
                   この試合に出場出来ず

           鳥栖  : 高橋祐治(←京都)
                 安在和樹(←東京V)
                 伊藤遼哉(←フォルトゥナ デュッセルドル)
                 高橋秀人(←神戸)

 【日本代表】  マリノス:
           鳥栖  : 権田修一

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .鳥栖  : 田川亨介

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 金井貢史
           鳥栖  : 藤田優人、小林祐三、谷口博之、小野裕二
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  「ニッパツ開催のリーグホーム開幕戦。
               横浜FMが支配するか、鳥栖が裏を突くか(Jリーグ公式)

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 鳥栖の堅守崩しホームで1勝だ!新助っ人MFブマル合流」 (3/10)

   > 「横浜 DF栗原勇蔵が肉離れ FC東京戦で負傷」 (3/9)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスVsサガン鳥栖 3月10日」 (3/9)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (配信)03/10(土) 13:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 鳥栖戦・データボックス>2018年J1リーグ第3節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年3月 8日 (木)

『彼女の色に届くまで』 似鳥鶏 > 「このミス」完全読破 No.1007

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1007

 『彼女の色に届くまで』 似鳥鶏

   「このミス」2018年版 : 40位

   受賞(候補) : (「本格ミステリ大賞」候補)
            (「日本推理作家協会賞〈短編部門〉」候補作
              『極彩色を超えて』<『鼠でも天才でもなく』を改題>収録)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 18位

   読了日 : 2018年2月10日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2017年3月>

彼女の色に届くまで彼女の色に届くまで
似鳥 鶏

KADOKAWA 2017-03-29
売り上げランキング : 106873

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「雨の日、光の帝国で」「極彩色を超えて」「持たざる密室」「嘘の真実と真実の嘘」「そして君になる」の五章から成る連作集です。

 主人公の緑川礼は、画商の息子(実家が画廊)ということもあって幼き頃から絵が抜群に上手かったため、将来は超有名画家になって成功すると信じて疑わず、中学に入っても“自称天才”的な態度や考えのままに斬新さのみを追い求めたスケッチばかりを描き続けることに。

 しかし、その間に技術を磨き努力してきた同年代(中学生)の画家志望者との技量差が圧倒的に開いていることに気付いたのをきっかけに態度を改め、遅まきながら技術を鍛え始めて、高校も美術科ではなく普通科に通いつつ(部員が一人だけの)美術部で活動することになってから本作の本編がスタートします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そんな主人公は美術(絵画)に関わる事件に度々巻き込まれるのですが、そんな事件の謎を解き明かす探偵役となるのが同じ学年の千坂桜(千坂さん)でして、実在する絵画をヒントにして天才的な閃きで事件の真相を浮かび上がらせてしまうその推理は鮮やかで見事なものなのです(その実在する絵画は単行本では本編中に白黒写真が、巻末にはカラー写真が掲載されています)。

 ただし千坂さんは根っからの無口でしかも他人と感性が異なることもあり、推理の説明を上手くできないため、千坂さんの推理内容を察したうえで周りの人に説明する役割を担うのが主人公なのですね。

 絵画に関わる事件が起き(実在の)絵画が謎を解くカギとなるという美術ミステリとしてオーソドックスともいえる展開は、シチュエーションの多様さや謎のタイプの豊富さ、本格的な推理内容などにより読み応えありますし、そこに千坂さんの閃きを読み取りつつそれを他の人にも分かりやすいように噛み砕いて解説するという主人公の“二段階推理”が加わることによって(単なる美術ミステリでは終わらない)本作ならではのミステリ的な魅力が満ち溢れていたように思います。

 そしてもう一つの読み所となるのが青春物語で、主人公と千坂さんコンビに、主人公の親友で筋肉ナルシスとの風戸翔馬やその他登場人物たちも加わって織り成すやり取りはコミカルさもあって楽しいですが、絵描きとしても天才でありながら自覚のない千坂さんに対し、(自分も画家を目指しているのに千坂さんの才能に圧倒されている)主人公が(千坂さんのために)画家になるための道を描き導いていくという、主人公の嫉妬や葛藤が激しく入り混じった心情や行動にこそ(青春物語だからこそ感じられる)強い印象と心に響くものがありました。

 さらには、似鳥作品ならではの大仕掛けが終盤で明らかになったり、今回は高校編だけに留めておけばシリーズ化となりそうなのに一冊の中でその先まで描いてしまう出し惜しみの無さなどにより、連作としても青春物語としても完成度と濃度が高いので、“年度を代表するほどの大傑作”といったタイプではないものの、青春ミステリ好きの人にはぜひチェックしてみてほしい作品ですね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “似鳥鶏” 関連記事 】

  > No.1030 「名探偵誕生」
  > No.1007 「彼女の色に届くまで」

  > No.0668 「昨日まで不思議の校舎」
  > No.0662 「いわゆる天使の文化祭」
  > No.0660 「まもなく電車が出現します」
  > No.0647 「さよならの次にくる〈卒業式編〉〈新学期編〉」
  > No.0646 「理由あって冬に出る」


 「少女を殺す100の方法」白井智之 <<< PREV
                   NEXT >>> 「サーチライトと誘蛾灯」櫻田智也

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年3月 7日 (水)

☆ FC東京戦・データボックス>2018年ルヴァンカップGS第1節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 3/7(水) ルヴァンカップ グループステージ 第1節・FC東京戦 (ニッパツ)


  ○1-0 (前半1-0、後半0-0)

  主審: 岡部 拓人  入場者数:7,170人

  .<得点> 1-0 イッペイ シノヅカ (横浜・前半04分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 松原健が、ルヴァンカップグループステージ通算1回目の警告を受けたため、次にルヴァンカップグループステージで警告を受けると1試合の出場停止となります(出場停止の対象試合はルヴァンカップグループステージのみ)。

 ダビド バブンスキーが、ルヴァンカップグループステージ通算1回目の警告を受けたため、次にルヴァンカップグループステージで警告を受けると1試合の出場停止となります(出場停止の対象試合はルヴァンカップグループステージのみ)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 下平匠が、マリノス所属時公式戦通算102試合出場となり、小野裕二(10-12)、マルキーニョス(03,12-13)と並びマリノス歴代49位タイとなりました。


  <出場ランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 7,170人

  > FC東京戦・ランキング ワースト・3位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ルヴァンカップ、天皇杯)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ルヴァンカップ グループステージ順位 : 1位 (前節 -位)
         < 1勝 0分 0敗  勝点 3 得点 1 失点 0 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「序盤の得点が決勝点に。
             横浜FM、ポステコグルー体制下で初勝利

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「久保建英、トップチーム初先発も…
          横浜FMが完封勝利でポステコグルー体制初白星

 (ゲキサカ) 「決勝弾の横浜FMイッペイ・シノヅカ「当たり前だけど気持ち良い」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが今季公式戦初勝利!
              イッペイシノヅカの決勝ゴールでFC東京を下す


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜が公式戦初白星 シノズカV弾「謙虚に頑張る」

 (スポーツ報知) 「今季初先発のFWシノヅカがV弾
              「お立ち台に立ちたかったので、本当にうれしい」

 (スポーツ報知) 「ポステコグルー体制で公式戦初白星「信念を貫くことができた」

 (サンスポ) 「」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ FC東京戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップGS第1節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎フジノウェーブ記念(2018年)穴馬予想&結果

< 3月7日(水)に行われるフジノウェーブ記念(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【フジノウェーブ記念】

 大井のダート1400mで行われる重賞(SIII)です。

 ここは、ソッサスブレイを◎にしてみましょう。

 昨年には東京ダービーを走った4歳馬ですが、ダービー後は2着以上が一度もないながら大崩れはしておらず、前走も中央からの移籍2戦目の勝ち馬には離されたものの2・3着馬とは0.3秒差でしたし、展開さえハマれば3着以内なら充分に可能性はあるのでは。


  ◎ ソッサスブレイ / 柏木健宏 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  0/4   0.0% .-12,000円   0.0%

☆18年通算   >  4/36  11.1%  -72,750円  32.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎弥生賞(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎阪神スプリングJ&中山牝馬S(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月 6日 (火)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2018年2月/その1)

Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2018年1月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年2月/その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Chocolate Passion / 凛として時雨

   アルバム『#5』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ワルキューレは裏切らない / ワルキューレ

   シングル『ワルキューレは裏切らない』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どうして恋してこんな / 宇野実彩子 (AAA)

   シングル『どうして恋してこんな』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


New Days / Rei

   ミニアルバム『FLY』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


とろいくらうに食べたい / GANG PARADE

   シングル『BREAKING THE ROAD』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


SUNNY CLUB / SpecialThanks

   ミニアルバム『HEART LIGHT』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2018年1月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2018年2月/その2)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2018年3月 5日 (月)

☆ FC東京戦・プレビュー>2018年ルヴァンカップGS第1節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 3/7(水) 19:30~ YBCルヴァンカップ グループステージ 第1節

     vs FC東京 (ニッパツ三ツ沢球技場 )

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 16位 0勝 1分 1敗 勝点 1  1得 3失 得失 -2 」
  東京  :「 14位 0勝 1分 1敗 勝点 1  1得 2失 得失 -1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 東京はマリノスにとって長年天敵となっていた相手で、東京がJ1に上がる前には天皇杯で敗れ(1997年)ナビスコカップでも敗退させられ(1999年)、FC東京のJ1昇格後もリーグ戦で5試合勝ちがありませんでした。

 それでも、2012-13年にはリーグ戦で(4戦)3勝するなど以前ほどの苦手意識はなくなって来たようにも感じられたものの、2014年から一昨年までは6戦してわずか1勝(1勝 2分 3敗)と苦手な相手に逆戻り。

 しかし昨年は、リーグ戦アウェーは天野純のゴールにより、ホームはウーゴ ヴィエイラのゴールにより、共に○1-0で勝利しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時公式戦通算600試合出場達成にリーチとなります。

 下平匠が出場すると、マリノス所属時公式戦通算102試合出場となり、小野裕二(10-12)、マルキーニョス(03,12-13)と並びマリノス歴代49位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 東京 : なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: (大津祐樹)

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
           マリノス: 大津祐樹(←柏)
                 仲川輝人(←福岡)
                 ユン イルロク(←FCソウル)
                 和田昌士(←山口)
                 オリヴィエ ブマル(←遼寧宏運)
                  *オリヴィエ ブマルは登録前なので
                   この試合に出場出来ず

           東京  : ディエゴ オリヴェイラ(←柏)
                 富樫敬真(←マリノス)
                 大森晃太郎(←G大阪)

 【日本代表】  マリノス:
           東京  :

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .東京  : 波多野豪、柳貴博

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           東京  : 富樫敬真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【F東京】長谷川健太監督、横浜M戦で若手品評会だ」 (3/7)

   > 「FC東京 久保くん、7日ルヴァン杯横浜戦でプロ初先発濃厚!」 (3/6)
   > 「【F東京】16歳久保建英、7日横浜M戦で公式戦初先発」 (3/6)


 【TV中継】 (生) 03/07(水) 19:20~  フジテレビNEXT
            .03/07(水) 19:20~  スカチャン4

        (録) 03/07(水) 27:00~  フジテレビNEXT

            03/08(木) 10:40~  フジテレビNEXT
            03/08(木) 20:00~  スカチャン2

            03/09(金) 12:40~  スカサカ!
            03/09(金) 27:00~  フジテレビNEXT
            03/09(金) 27:50~  スカチャン3

            03/11(日) 06:30~  スカチャン2

            03/12(月) 16:30~  スカチャン1

            03/13(火) 19:30~  スカチャン1

            03/14(水) 12:40~  スカサカ!

            03/26(月) 08:20~  フジテレビNEXT

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ FC東京戦・データボックス>2018年ルヴァンカップGS第1節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2018年3月 4日 (日)

◎弥生賞(2018年)穴馬予想&結果

< 3月4日(日)に行われる報知杯弥生賞(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【報知杯弥生賞】

 中山の芝2000mで行われる3歳重賞(GII)です。

 クラシック第1戦・皐月賞のトライアルレースですが、昨年のGI・朝日杯FSを制したダノンプレミアムとGIII・東スポ杯2歳Sを制したワグネリアンの3戦無敗馬両頭がここで激突となり、他にも前走の500万下をレコードで快勝した2戦無敗馬のオブセッションに、GIのホープフルS・2着馬であるジャンダルムも参戦。

 しかも、ヘヴィータンクがJRA史上初となる重賞でのデビュー戦に挑んだりもするので、前哨戦という枠には収まらないくらいに注目度の高いレースですね。

 そしてオッズ的には、10頭中4頭の複勝最低オッズが2倍を切りそうなため、穴として狙うのは残りの6頭の中からとなるものの、さすがにここでデビュー馬&初芝馬の3頭を狙うのは無謀ですし、4戦目にして未勝利戦を勝ち上がったばかりの馬も厳しいとなると、候補は2頭のみに絞られてしまいます。

 なのでここはその2頭のうち、サンリヴァルを◎にしてみましょう。

 デビュー戦とOPを連勝して挑んだ前走のGI・ホープフルSでは(上位3頭には離されたとはいえ)積極的に前に行って4着に粘っていますし、中山2000mの舞台を2度も走っているという経験値もあるので、強力な4頭に割って入る可能性があるとすればこの馬なのでは。


  ◎ サンリヴァル / 藤岡佑介 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     ダノンプレミアム 川田将雅 1
 2着 8     ワグネリアン   福永祐一 2
 3着 3     ジャンダルム   武豊    4
 4着 10 ◎ サンリヴァル   藤岡佑介 5
 5着 4     リビーリング    戸崎圭太 6


 テレビで観ていたらなんとかギリギリで3着に逃げ粘れていたように見えたのですが、ハナ差交わされて4着という結果に....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  0/3   0.0%  -9,000円   0.0%

☆18年通算   >  4/35  11.4%  -69,750円  33.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎チューリップ賞&オーシャンS(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎フジノウェーブ記念(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月 3日 (土)

◎チューリップ賞&オーシャンS(2018年)穴馬予想&結果

< 3月3日(土)に行われるチューリップ賞(GII)夕刊フジ賞オーシャンステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チューリップ賞】

 阪神の芝1600mで行われる3歳牝馬重賞(GII)です。

 昨年末に行われた2歳牝馬GI・阪神JFの1・2・3着馬が揃い踏みということで、まさに牝馬クラシック第1戦・桜花賞の前哨戦といった感じのメンバーが揃いました。

 ただ複勝的には、この3頭のみに人気が集中しているというわけでもなくて、10頭中6頭の複勝最低オッズが“確実に2倍を切る”か“2倍を切るかどうかギリギリ”となっているのですよね。

 となれば、穴として狙うのは(確実に2倍以上となる)下位人気4頭の中から選ぶべきだと思うのですが、上位人気勢の実績からしてもさすがに下位人気勢の出番はないだろうと思うのですよね。

 なので、現時点で複勝最低オッズが2倍を切るかどうかギリギリの3頭(4~6番人気)から選ぶとして、ここはサラキアを◎にしてみましょう。

 新馬戦を勝ったばかりの1戦1勝馬なので、重賞クラスで通用するかは未知であるものの、前走は出遅れながらすぐさま前に上がっていって唯一の上がり34秒台で快勝と鮮やかな走りでしたし、GI好走3頭に割って入る可能性があるのはやはり未知の馬なのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ サラキア / 池添謙一 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     ラッキーライラック 石橋脩   1
 2着 4     マウレア       武豊    3
 3着 9     リリーノーブル   川田将雅 2
 4着 10 ◎ サラキア      池添謙一 4
 5着 6     レッドランディーニ 浜中俊   8


 3強の次には来ていましたが.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【夕刊フジ賞オーシャンステークス】

 中山の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 こちらは短距離GI・高松宮記念に向けた重要な前哨戦ですが、これを書いている時点では1番人気馬でも複勝最低オッズが2倍以上という主役不在の混戦状態となっています。

 それでここは、スノードラゴンを◎にしてみましょう。

 かつてはGIを制した今年10歳となるベテラン馬で、ここ数年はなかなか馬券に絡めないながらも惜しいレースは多かったのでよく◎にしていたものの、ついに1年9カ月ぶりに中央で馬券に絡んだ前走は◎にしていなかったのですよね.....。

 なので今回◎にしても完全に後追いになってしまって当たらなそうではあるとはいえ、今回と同じ舞台で行われた昨年の芝GI・スプリンターズSで最下位人気ながら(3着馬とクビ差の)4着と好走したり(この時も◎にしていました)、それでいて前走はダートの重賞で0.1秒差の2着となるなど、10歳馬とは思えないほどの実力が健在であるのは確かでしょう。

 それに、昨年は8着ながら0.4秒差(2・3着馬とは0.3秒差)、2年前は8番人気3着、4年前は11番人気2着と相性良いレースなので(3年前のこのレースは出走せず)、狙わないわけにはいかないだろうということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ スノードラゴン / 大野拓弥 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     キングハート   北村宏司  10
 2着 13    ナックビーナス  横山典弘  2
 3着 10    ダイメイフジ    M.デムーロ 1
 4着 9     ネロ        ミナリク   6
 5着 4     ビップライブリー 戸崎圭太  4

11着 11 ◎ スノードラゴン  大野拓弥  8


 本当に“馬券圏内に好走した時だけピンポイントで◎にしていない”という事態になってきましたね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆18年03月  .>  0/2   0.0%  -6,000円   0.0%

☆18年通算   >  4/34  11.8%  -66,750円  34.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎エンプレス杯(2018年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎弥生賞(2018年)穴馬予想&結果

2018年3月 2日 (金)

☆ 柏戦・データボックス>2018年J1リーグ第2節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 3/2(金) J1リーグ 第2節・柏レイソル戦 (三協F柏)


  ●0-2 (前半0-0、後半0-2)

  主審: 家本 政明  入場者数:10,659人

  .<得点> 0-1 小泉慶    .(柏・後半04分/公式Youtube動画
         0-2 オウンゴール (柏・後半30分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算188試合出場となり、小林祐三(11-16)を抜いてマリノス歴代単独16位となりました。

 中町公祐が、マリノス所属時リーグ戦通算145試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代24位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 16位 (前節 6位)
         < 0勝 1分 1敗  勝点 1 得点 1 失点 3 得失点差 -2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「ボールは持たれど試合を制したのは柏。
            4試合ぶりの白星を手にする

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「柏、ホーム初戦白星で公式戦未勝利を3でストップ!
          横浜FMの初勝利はお預けに…

 (ゲキサカ) 「ボールを支配しながらも仕留められず…
          横浜FM天野純「先制点がゲームの勝敗を左右する

 (ゲキサカ) 「「今日の自分のプレーは納得できるものではない」
          敗戦に肩を落とす横浜FM遠藤渓太

 (ドメサカブログ) 「新加入の小泉慶が移籍後初ゴール!
             柏が横浜FMを下しホーム開幕戦を白星で飾る


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜不運失点で敗戦 中盤パス通るもゴールは遠く

 (日刊スポーツ) 「横浜中沢「信じて続けるしか」新監督の戦術実らずも

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、相手押し込むもゴール奪えず
          喜田「もう少し質を上げないと」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 柏戦・プレビュー>2018年J1リーグ第2節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

『少女を殺す100の方法』 白井智之 > 「このミス」完全読破 No.1006


「このミステリーがすごい!」完全読破 No.1006

 『少女を殺す100の方法』 白井智之

   「このミス」2019年版 : 25位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 8位
              「ミステリが読みたい!」 16位

   読了日 : 2018年2月2日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2018年1月>

少女を殺す100の方法少女を殺す100の方法
白井智之

光文社 2018-01-17
売り上げランキング : 50578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 白井智之は、横溝正史ミステリ大賞(新人が対象の賞)の最終候補止まりながら(選考委員であった有栖川有栖・道尾秀介の強い推薦を受けて)刊行された『人間の顔は食べづらい』で2014年にデビュー。

 その翌年に発売されたデビュー2作目の『東京結合人間』は「このミス」と「本格ミステリ・ベスト10(本ミス)」にランクインし、さらに1年後に発売のNo.0946「おやすみ人面瘡」は「このミス」「本ミス」共に前作から順位を上げてのランクイン(どちらもベスト10入り)と、まだ新人作家といえるほどの活動期間ながらすでに“最新のミステリ小説をチェックするうえで避けては通れない”と思わすほどの存在感を身に付けています。

 ただそんな高評価とは裏腹に、“エログロホラーと本格ミステリとの歪な融合”という好む人をかなり選ぶようなマニア向けともいうべき作風なのですが、デビュー4作目となる本作も、『少女を殺す100の方法』というタイトルに、「14歳は 殺したいほど 可愛い。」と書かれた単行本の帯など、読む前から(軽い気持ちで興味を持つような読者を拒絶するかのような)狂気や物騒さや不謹慎さが感じられる作品となっていますね。

 ちなみに本作も含めてこれまで発表された作品は全てシリーズものではないので、どの作品から読んでも問題ありません。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「少女教室」「少女ミキサー」「「少女」殺人事件」「少女ビデオ 公開版」「少女が町に降ってくる」の五篇を収録した著者初の短篇集で、各篇に繋がりはないものの、わずかながらリンクするような描写も。

 他には各篇ごとに少女が20人ずつ死ぬという共通点もありながら、学園ミステリ、ソリッド・シチュエーション・ホラー、メタミス、エログロノワール、奇想SFと、その内容は驚くほどバリエーションに富んでいます。

 もう少し具体的に書くと、女子校の(密室と化した)教室で生徒が大量に殺されていたり、ある法則により動くカッターが仕込まれた巨大殺人ミキサーに少女たちが放り込まれたり、探偵小説研究会の先輩が書いたミステリ小説の犯人当てに後輩が挑んだり、次々と連れられて来る少女たちに謎の肉を食わせるのが仕事の男と肛門から腸がぶら下がっている少女との物語だったり、定期的に空から少女たちが降ってくる村の物語だったり。

 まあいずれにしろ普通でも正気でもない奇怪でねじくれた話ばかりなのですが、やはり著者の持ち味である“エログロ”と“本格ミステリ”はどの話にも遠慮なくぶち込まれていて、その強度はそれぞれの話で多少異なるものの白井作品ならではの不謹慎さに満ちたエログロ&本格ミステリを堪能出来ると思います。

 とはいえ、前作まではエログロノワール要素と本格ミステリ要素とがガッチリと噛み合っていたというよりは(無理やり造られたキメラのように)歪で強引に融合させられていた印象で、そこがまた魅力的だったり評価が激しく分かれる要因だったりしたものの、本作は短篇ということもあってか、そんなエログロと本格ミステリとの融合に歪さや強引さはあまり感じられなかったのですよね。

 それでも各物語の設定が奇抜で狂気全開なのでインパクトや禍々しさは(過去作にも)負けてはおらず、そんな物語にエログロと本格ミステリが自然に融合することによって(特に後半の二篇には)前作までにはなかった物語的な魅力や濃厚さが生み出されていて、そんな物語の中にあるからこそエログロも本格ミステリ要素もより刺激的で印象的になっていたように思います。

 まあこれは個人的な感想ですし、読む人を選ぶ作風なのは変わらないので、多くの人にお薦めできるタイプの作品ではないのですが、前作までと比べて“一皮剥けた”と感じさせるほどの作風の変化があったことは間違いないので、過去作を読んで肌に合わなかった人にも(今回も同じ感想となる可能性はあるとはいえ)本作で白井作品に再挑戦してほしいですし、「少女ミキサー」「少女ビデオ 公開版」の二篇は特に平山夢明作品が好きな人にお薦めしたいですね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “白井智之” 関連記事 】

  > No.1006 「少女を殺す100の方法」
  > No.0946 「おやすみ人面瘡」


 「後妻業」黒川博行 <<< PREV/NEXT >>> 「彼女の色に届くまで」似鳥鶏

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2018年3月 1日 (木)

☆ 柏戦・プレビュー>2018年J1リーグ第2節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 3/2(金) 19:30~ J1リーグ 第2節

     vs 柏レイソル (三協フロンテア柏スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  6位 0勝 1分 0敗 勝点 1  1得 1失 得失 +-0 」
  柏   .:「 16位 0勝 0分 1敗 勝点 0  0得 1失 得失 -1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 柏とは昔から相性があまり良くなく、公式戦通算で「23勝 11分 26敗」、リーグ戦通算で「16勝 9分 19敗」といずれも負け越しています。

 しかも、2009年から2014年までの5シーズン(2010年は対戦なし)の公式戦は「1勝 6分 8敗」で、その期間で唯一勝利した2013年ナビスコカップ準決勝第2戦もゴールが足りずに(2試合合計の得失点差により)敗退が決まった試合なので実質負けに等しいため、この期間は特に相性の悪い相手に。

 とはいえ、2014年から2016年までのリーグ戦は6試合でわずか1敗(3勝 2分 1敗)、2015年から2016年までのリーグ戦は4戦3勝(1敗)とここ数年は相性の悪さを払拭する結果を残していましたが、昨年のリーグ戦は「0勝 1分 1敗」と勝利することが出来ませんでした。

 しかし、12月末に行われた天皇杯準決勝では延長戦終了間際にウーゴ ヴィエイラのゴールが決まり2-1で劇的な勝利をあげているので、イメージ的には悪くないかもしれませんね。

 なお、マリノスはこの試合が今年の公式戦2試合目なのに対し、柏はACLを3試合消化後に先週のリーグ開幕戦を戦っているので(この試合が公式戦5試合目)、臨戦過程に違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 下平匠が出場すると、マリノス所属時公式戦通算102試合出場となり、小野裕二(10-12)、マルキーニョス(03,12-13)と並びマリノス歴代49位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算188試合出場となり、小林祐三(11-16)を抜いてマリノス歴代単独16位となります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算145試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代24位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学(08-10,12-17)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 伊藤翔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)をと並びマリノス歴代20位タイとなります。

 栗原勇蔵が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代24位タイとなります。

 栗原勇蔵が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代23位タイとなります。

 中町公祐が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算14ゴールとなり、ウィル(02)、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ウーゴ ヴィエイラが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算12ゴールとなり、大黒将志(11-12)、中町公祐と並びマリノス歴代29位タイとなります(中町公祐も得点した場合は30位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 Jリーグ得点ファイル】を見よ!!


 この試合で1得点以上決めると、1得点目でマリノスのリーグ戦通算1300ゴールを達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 柏 : 中山雄太

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 大津祐樹

 【他クラブからの新加入(復帰)選手】
           マリノス: 大津祐樹(←柏)
                 仲川輝人(←福岡)
                 ユン イルロク(←FCソウル)
                 和田昌士(←山口)

           柏    : 小泉慶(←新潟)
                 江坂任(←大宮)
                 山崎亮平(←新潟)
                 瀬川祐輔(←大宮)
                 パク ジョンス(←マリノス)
                澤昌克(←デポルティボ ムニシパル)

 【日本代表】  マリノス:
           柏    : 中村航輔、伊東純也

 【U-21代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .柏    : 古賀太陽

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 山中亮輔、大津祐樹
           柏    : パク ジョンス、小泉慶(JY)
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  柏オフィシャル

 【チケット情報】  柏オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「山中“マンC流”で横浜に初勝利を!左SBデルフを参考に」 (3/2)
   > 「横浜山中「チャンスあれば」古巣相手に2戦連発狙う」 (3/2)

   > 「天野 横浜のJ1通算1300得点目へ意欲「決めたい」」 (3/1)
   > 「横浜中沢、新スタイルの真価は「ひと回りしないと」」 (3/1)
   > 「[柏]早速の古巣戦。パク・ジョンスが横浜FM戦への心境を語る」 (3/1)
   > 「【柏】伊東純也、横浜M・山中亮輔とのマッチアップに「勝って勝ち癖をつけたい」」 (3/1)
   > 「【J試合情報】柏レイソルVs横浜F・マリノス 3月2日」 (3/1)

   > 「横浜監督「自分たちのサッカーを」柏戦へ向け調整」 (2/28)
   > 「柏パク・ジョンス「同じ心情で」古巣横浜戦へ平常心」 (2/28)
   > 「【柏】日本代表GK中村、同い年・羽生結弦に刺激「背中を追いかけたい」」 (2/28)

   > 「横浜 試合翌日もオン!指揮官狙う「控えコンディションキープ」」 (2/27)
   > 「柏江坂「個もださないといけない」横浜戦へ引き締め」 (2/27)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (配信)03/02(金) 19:30~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 柏戦・データボックス>2018年J1リーグ第2節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ