サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「モノクロック」 松本直記 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.2 | トップページ | ◎ターコイズS(2017年)穴馬予想&結果 »

2017年12月15日 (金)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年1月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2018年版までの記録

 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2018年 1月 発売 】


  鳩の撃退法(上・下) / 佐藤正午  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 11位 >>

   ・「山田風太郎賞」 受賞
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 8位
   ・「ミステリが読みたい!」 16位

 ★ かつての売れっ子作家・津田伸一は、
   無店舗型性風俗店「女優倶楽部」の
   送迎ドライバーとして
   地方都市で暮らしている。
   街で古書店を営んでいた老人の訃報が届き、
   形見の鞄を受け取ったところ、
   中には数冊の絵本と古本のピーターパン、
   それに三千万円を超える現金が詰め込まれていた。
   「あんたが使ったのは偽の一万円札だったんだよ」
   転がりこんだ大金に歓喜したのも束の間、
   思いもよらぬ事実が判明する。
   偽札の動向には、
   一年前に家族三人が失踪した事件をはじめ、
   街で起きる騒ぎに必ず関わっているという裏社会の
   “あのひと"も目を光らせていた。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  インドクリスタル(上・下) / 篠田節子  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 32位 >>

   ・「中央公論文芸賞」 受賞

 ★ 人工水晶の製造開発会社の社長・藤岡は、
   惑星探査機用の人工水晶の核となる
   マザークリスタルを求め、インドの寒村に赴く。
   宿泊先で使用人兼売春婦として働いていた
   謎めいた少女ロサとの出会いを機に、
   インドの闇の奥へと足を踏み入れてゆく。
   商業倫理や契約概念のない部族相手の
   ビジネスに悪戦苦闘しながら直面するのは、
   貧富の格差、男尊女卑、
   中央と地方の隔たり、資本と搾取の構造―
   まさに世界の縮図というべき過酷な現実だった。
   そして採掘に関わる人々に次々と災いが起こり始める。
   果たしてこれは現地民の言う通り、
   森の神の祟りなのか?
   古き因習と最先端ビジネスの狭間でうごめく巨大国家を、
   綿密な取材と圧倒的筆力で描きだした
   社会派エンタメ大作。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの1月文庫化作品 >>

  透明カメレオン / 道尾秀介  <<感想記事はこちら!>>
  叛徒 / 下村敦史  <<感想記事はこちら!>>
  がん消滅の罠 完全寛解の謎 / 岩木一麻  <<感想記事はこちら!>>
      * 宝島社の作品なので「このミス」では集計対象外

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年2月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年12月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 「モノクロック」 松本直記 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.2 | トップページ | ◎ターコイズS(2017年)穴馬予想&結果 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ