サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「クロッシングフェンシング」です。


 原作担当の垣内宏仁(かきうち・ひろひと)は、「ゴアでクリアなマリアの日記」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年3月期)”の佳作を受賞。

 作画担当の金丸栄一(かねまる・えいいち)は、「HIPHOOP」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年7月期)”の最終候補に

 そしてこの2人がコンビを組んだ本作にて共にデビューとなりました(担当編集・村越)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

想いの分まで、 強くなる――――――

☆少年は今、騎士になる―――― 本格フェンシング読切47P!!


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)
  > 「THE END OF 幼馴染」 雲母坂盾 (17.12.1)
  > 「園丁事変」 大川哲 (17.11.29)

  > 「災害少女」 みたらし三大 (17.12.3)
  > 「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 (17.11.30)
  > 「マルミエボリューション」 豊木類 (17.12.2)

  > 「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 (17.11.25)
  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 (17.11.28)
  > 「ライテイ」 星城礼 (17.11.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

☆ 浦和戦・プレビュー>2017年J1リーグ第34節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 12/2(土) 14:00~ J1リーグ 第34節

     vs 浦和レッズ (埼玉スタジアム2○○2)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  6位 16勝 8分 .9敗 勝点 56  44得 36失 得失 +8 」
  浦和  :「  7位 14勝 7分 12敗 勝点 49  64得 53失 得失 +11 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 浦和戦は、公式戦通算で「32勝 7分 27敗」、リーグ戦通算で「27勝 6分 20敗」といずれも勝ち越していますが、2005-2007年の公式戦8試合で全く勝ちがないなど苦手としている時期もありましたし、アウェーでは2007年から2013年まで7年間負けなし&2008年から2013年まで6年間全勝と最高に相性が良い時期もありました。

 そして近年では、2014年から昨年までの6試合でわずか1勝のみ(1勝 2分 3敗)と勝てない試合が多かったものの、今年最初の対戦(開幕戦)では○3-2で逆転勝ちしましたし、現在4試合負けなし中(2勝 2分 0敗)なので、相性はまた良い方向へと進んでいるのかも。

 ただ、アウェーでは6連勝が止まった2014年以降は3戦勝ちなし(0勝 1分 2敗)と苦戦続きに。

 なお、マリノスは先週日曜のリーグ第33節・仙台戦から中1週間で、この試合後の公式戦は12月23日の天皇杯準決勝まで3週間空くのに対し、浦和の方は先週土曜にAFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦(優勝)、今週水曜にリーグ第33節・川崎F戦と中2,3日で試合が続き、この試合の後はUAEに遠征して12月9日(土)にクラブワールドカップ第2ラウンドを戦うので、日程の面で大きな違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 4試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 10試合連続“失点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で2失点以上だと........
   > 5試合連続“2失点以上”達成 (マリノス歴代 4位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算35ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学と並びマリノス歴代10位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: マルティノス、喜田拓也、天野純
          .浦和  .: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 齋藤学

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           浦和  : マウリシオ

 【日本代表】  マリノス:
           浦和  :

 【U-20代表】  マリノス:
          .浦和  .:

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
          .浦和  .:

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           浦和  : 榎本哲也、那須大亮
                 長澤和輝(特別指定選手として公式戦出場)
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  浦和オフィシャル

 【チケット情報】  浦和オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「浦和不発…川崎Fに零敗 ACL決勝から中3日6人入れ替えも」 (11/30)
   > 「【J試合情報】浦和レッズvs横浜F・マリノス 12月2日」 (11/30)

   > 「【横浜M】最終節・浦和戦へモンバエルツ監督
         「アジア王者を倒すというモチベーションがある」」 (11/29)


 【TV中継】 (生) 12/02(土) 14:00~  tvk(テレビ神奈川)
            .12/02(土) 14:00~  テレ玉

        (録) なし

        (配信)12/02(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 浦和戦・データボックス>2017年J1リーグ第34節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年11月29日 (水)

「園丁事変」 大川哲 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「園丁事変(えんてい・じへん)です。


 作者の大川哲(おおかわ・てつ)は、「LeicA」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年8月期)”の最終候補に。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集・上野)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

庭師に生まれたこの人生
    一花咲かせてみせやしょう!!

☆粋な庭師が世界を救う!?
     前代未聞の神樹剪定バトル読切45P!!


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)
  > 「THE END OF 幼馴染」 雲母坂盾 (17.12.1)
  > 「園丁事変」 大川哲 (17.11.29)

  > 「災害少女」 みたらし三大 (17.12.3)
  > 「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 (17.11.30)
  > 「マルミエボリューション」 豊木類 (17.12.2)

  > 「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 (17.11.25)
  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 (17.11.28)
  > 「ライテイ」 星城礼 (17.11.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎勝島王冠(2017年)穴馬予想&結果

< 11月29日(水)に行われる勝島王冠(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【勝島王冠】

 大井のダート1800mで行われる南関重賞(SIII)です。

 ここは、タイムズアローを◎にしてみましょう。

 2年前に中央から転厩して来た後は、南関重賞と交流重賞を同じくらいの割合で使われ、南関重賞では最低でも掲示板に載るほどの安定感があり、交流重賞でも昨年のマーキュリーCで2着に入るなど元中央馬らしい健闘を見せていました。

 しかし今年に入ると、南関重賞しか使われていないにもかかわらず掲示板にすら載れないレースがあるなど不調の時期を迎えてしまったのですが、ただ前走は休み明けで馬体重マイナス15kgながら3着馬とクビ差の4着と好走しましたし、その反動さえなければここで上位争いに加われるだけの力はまだあると思うので、人気も手ごろということもありこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ タイムズアロー / 笹川翼 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ディアドムス    岡部誠   1
 2着 13 ◎ タイムズアロー  笹川翼   8
 3着 1     ハイテルカイト  瀧川寿希也 5
 4着 10    タマモネイヴィー 繁田健一  4
 5着 7     サブノクロヒョウ  和田譲治  2


 これでとうとう年間収支をプラスに回復することが出来たわけですが、暑い時期と寒い時期とで好不調の差が表れる馬がいることは理解できるものの、予想の方でも毎年必ず暑い時期に外れまくって寒くなると当たり出すのはなぜなのでしょうかね?(自分でも不思議です)


  (○複勝:13 3.3倍)  ○的中!  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  8/24 .33.3% +42,110円  .158.5%

☆17年通算   > 44/194 22.7%  +4,280円  100.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ジャパンC&京阪杯(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎チャレンジC&ステイヤーズS(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月28日 (火)

「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」です。


 作者の町田麗弥(まちだ・れいや)は、「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」で“第2回(2017年5月期)J新世界漫画賞”の準入選&超新星賞を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集・田口)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆第2回J新世界漫画賞準入選!!
     現役高校生が描く、超ド級バトル読切45P!!


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「町田麗弥」関連記事】

  > 「ROCKY」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2018 SUMMER vol.2 (18.6.27)

  > 「Shadow Victim」 町田麗弥 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3 (18.1.31)

  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.11.28)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)
  > 「THE END OF 幼馴染」 雲母坂盾 (17.12.1)
  > 「園丁事変」 大川哲 (17.11.29)

  > 「災害少女」 みたらし三大 (17.12.3)
  > 「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 (17.11.30)
  > 「マルミエボリューション」 豊木類 (17.12.2)

  > 「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 (17.11.25)
  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 (17.11.28)
  > 「ライテイ」 星城礼 (17.11.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2017年12月)

Gapaku3298_tp_v


 とうとう10年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2019年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2019年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年12月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年12月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 俺はエージェント / 大沢在昌 (15作)  <感想記事はこちら>
 道標 東京湾臨海署安積班 / 今野敏 (5作) * シリーズ11作目
 御子柴くんと遠距離バディ / 若竹七海 (4作) * シリーズ2作目
 魔邸 / 三津田信三 (4作)
 大江戸怪談どたんばたん(土壇場譚) 魂豆腐 / 平山夢明 (3作) * シリーズ2作目
 小説 名探偵コナン から紅の恋歌 / 大倉崇裕 (3作)
 カーテンコール! / 加納朋子 (3作)
 サハラの薔薇 / 下村敦史 (2作)  <感想記事はこちら>
 銀の弾丸 クトゥルー短編集 / 山田正紀 (2作)
 月食館の朝と夜 奇蹟審問官アーサー / 柄刀一 (1作) * シリーズ4作目
 俳諧でぼろ儲け 浮世奉行と三悪人 / 田中啓文 (1作) * シリーズ2作目
 セブンズ! / 五十嵐貴久 (1作)
 卑劣犯 素行調査官 / 笹本稜平 (1作) * シリーズ4作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年12月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 天帝のみはるかす桜火 / 古野まほろ <3作> * シリーズ7作目
 テーラー伊三郎 / 川瀬七緒 <2作>
 探偵少女アリサの事件簿2 今回は泣かずにやってます / 東川篤哉 <2作> * シリーズ2作目
 万屋大悟のマシュマロな事件簿 / 太田忠司 <1作>
 総力捜査 / 安東能明 <1作> * シリーズ5作目
 ヒトラーの試写室 / 松岡圭祐 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年12月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ 「推協賞」候補作&「ザ・ベストミステリーズ」選出作収録 ]
 婚活中毒 / 秋吉理香子 (本)(春)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年12月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “メフィスト賞”受賞 ]
 毎年、記憶を失う彼女の救いかた / 望月拓海


[ “ハヤカワSFコンテスト”最終候補 ]
 赤いオーロラの街で / 伊藤瑞彦

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年12月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 婚活中毒 / 秋吉理香子 (本)(春)
 プラスチックの恋人 / 山本弘 (本)
 分かったで済むなら、名探偵はいらない / 林泰広 (本)  <感想記事はこちら>
 仮面の君に告ぐ / 横関大 (春)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年12月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 絶望の歌を唄え / 堂場瞬一
 カルマ真仙教事件(下) / 濱嘉之 * 全3巻の完結編
 ジンカン 宮内庁神祇鑑定人・九鬼隗一郎 / 三田誠
 コンダクター / 矢月秀作
 背中、押してやろうか? / 悠木シュン
 チュベローズで待ってる(AGE22/AGE32) / 加藤シゲアキ
 猿島六人殺し 多田文治郎推理帖 / 鳴神響一
 脳科学捜査官 真田夏希 / 鳴神響一
 算額タイムトンネル / 向井湘吾
 草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 唐紅色の約束 / 平谷美樹 * シリーズ3作目
 本格ミステリ戯作三昧 贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力 / 飯城勇三
 森下雨村探偵小説選II(2) / 森下雨村

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年12月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な12月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2018年1月)

 「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2017年11月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年11月27日 (月)

「ライテイ」 田中美帆 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「ライテイ」です。


 作者の田中美帆(たなか・みほ)は、「ライテイ」で“第3回(2017年6月期)J新世界漫画賞”の佳作&超新星賞を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集・井坂)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

ある日、神様の子どもが 降ってきた…!!

☆第3回J新世界漫画賞佳作&超新星賞受賞作!!
  ハートフル電気アクション読切45P!!


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「田中美帆」関連記事】

  > 「不死の葬儀屋」 田中美帆 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3 (18.1.28)

  > 「ライテイ」 田中美帆 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.11.27)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)
  > 「THE END OF 幼馴染」 雲母坂盾 (17.12.1)
  > 「園丁事変」 大川哲 (17.11.29)

  > 「災害少女」 みたらし三大 (17.12.3)
  > 「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 (17.11.30)
  > 「マルミエボリューション」 豊木類 (17.12.2)

  > 「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 (17.11.25)
  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 (17.11.28)
  > 「ライテイ」 星城礼 (17.11.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「機甲少年イージス」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2017年 12/11 号 [雑誌]少年ジャンプ 2017年 12/11 号 [雑誌]

集英社 2017-11-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2017年52号(11月27日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「機甲少年イージス」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の宮島京平(みやじま・きょうへい)は、「GOD LUCK!」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年5月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、「恋愛銀河区石川荘」を“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”に掲載してデビューを飾り(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 SPRING」参照)、この作品が“新世代杯”(新人読切11作品の中でアンケート投票1位の作品が本誌掲載される企画)で優勝したことにより、リニューアル版「恋愛銀河区石川荘」を“本誌2012年46号”に掲載して本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「恋愛銀河区石川荘」 宮島京平参照)。

 その後は、「孤室の女王」を“ジャンプLIVE 第1号(2013年8月)”に、「NとSはくっつかない」(前後編)を“少年ジャンプ+(2015年1月)”に配信掲載し、さらには「ブリキライオン」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に(「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)、「天使にエールを」を“本誌2016年50号”に掲載(「天使にエールを」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そして、“ジャンプGIGA 2017 vol.1~4”で「ブリキライオン」を連載し(全4話/「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプGIGA2017 新連載!参照)、本作にて3度目の本誌登場となりました。

 なお、「斉木楠雄のΨ難」(麻生周一)が作者急病により(前号で予告されることなく)急遽休載となったことから、代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的に用意された代理原稿)としての掲載だと思われます。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「宮島京平」関連記事】

  > 「機甲少年イージス」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.11.27)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.10)
  > 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.12)

  > 「天使にエールを」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.14)

  > 「恋愛銀河区石川荘」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.10.13)
  > 「恋愛銀河区石川荘」(ジャンプNEXT! 2012SPRING) (12.4.28)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2017年11月26日 (日)

ミステリー・推理小説総合ランキング(2017年)

Gapaku3298_tp_v


 11月の末から年末恒例となっているミステリ小説のランキングが続々と発表されていきます

 小説の一つのジャンルに対してこれだけ多くのランキングが出るということ自体凄いことなのですが、各ランキングによって特徴や傾向が異なるので、それぞれ棲み分けが出来ているというのも改めて考えると凄いことですよね

 ただそれゆえに、どのランキングを参考にすればよいのか迷ってしまう、という人も多くいると思うので、全てのランキングを一つにまとめ上げたスーパーランキングを作ってみることにしました

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このランキングは、各ランキングの順位ごとに点数を付け、それを合計した総合点により改めて順位付けするというものです

 参考にしたランキング誌と点数の付け方は、以下の通り。

 「こ」(このミステリーがすごい!) > ベスト40作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・39位:2点、40位:1点

 「本」(本格ミステリ・ベスト10) > ベスト30作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・29位:12点、30位:11点

 「春」(週刊文春ミステリーベスト10) > ベスト20作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・19位:22点、20位:21点

 「早」(ミステリが読みたい!) > ベスト30作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・29位:12点、30位:11点
  * 21~30位は手集計により算出
  * 「このミス」等で昨年版の対象だった作品(昨年10月発行)を除外し
   その分を繰り上げて独自の順位付けにしてあります

 「他」 > 以下のランキングにランクインした作品は一律15点

  (S) SFが読みたい!(ベストSF2017) > ランクイン作品

  (本) 本屋大賞 > ベスト10(ノミネート)作品

  (R) SRの会ミステリベスト10 > ベスト10作品

  (ダ) ダ・ヴィンチ > BOOK OF THE YEAR ランクイン作品

  (雑) 本の雑誌が選ぶ2017年度ベスト10 > ランクイン作品

  (キ) キノベス!(紀伊國屋書店) > ベスト30作品

  (エ) エアミス研ランキング > ベスト10作品

  (Tw) Twitter文学賞 > ベスト10作品

  (a) bookaholic認定2017年度国内ミステリーベスト10
        > ベスト10&次点作品

 「賞」 > 文学賞受賞&候補作品

  * ○文学賞受賞作(吉川英治文学新人賞含む) : 35点
  * ●文学賞候補作(吉川英治文学新人賞含む) : 20点
  * △文学賞受賞短編収録作 : 15点
  * ▲文学賞候補短編収録作 : 10点
  * ☆文学新人賞受賞作 : 15点

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ミステリー・推理小説総合ランキング(2017年)・暫定版 】

  * 2016年11月~2017年10月に発行された国内作品
    および「このミス」「文春」「本ミス」「早ミス」のいずれかに
    ランクインした(得点が入った)作品が対象

  * 現在発表されているランキング・文学賞のみの暫定順位なので
    ランキングや文学賞が発表されるごとに
    ポイント追加&順位変動していきます

    ランキングの完成は、翌年(2018年末)の「早ミス」「ダ・ヴィンチ」が発表され
    本年度対象作品(17年10月発売作品)のポイントを
    追加してからとなります

  * 各ランキングの数字は、点数ではなく順位

  * 「*」は17年10月発売作品(「早ミス」「ダヴィンチ」は翌年度の対象)

  * 「動」 : 前回更新時からの順位変動

  * 「L」 : 当ブログ感想記事へのリンク
        ("<"は読了済みなので近いうちに記事アップ予定)

  * タイトル部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

  * 最新更新:6月30日(土)
   ・・・「織田作之助賞」「読売文学賞」「渡辺淳一文学賞」の結果を反映

点数 - 作品名 作者名

239 いくさの底 古処誠二 5 11 12 2 a ○○
-

230 屍人荘の殺人 今村昌弘 1 1 1 * 本R
キエ

>>

188 ホワイトラビット 伊坂幸太郎 2 8 3 8
エa
- -

183 僕が殺した人と
僕を殺した人
東山彰良 31 - 15 14 a
○○

178 狩人の悪夢 有栖川有栖 6 2 4 4 Ra - >>
点数 - 作品名 作者名

165 機龍警察
狼眼殺手
月村了衛 3 - 4 1
a

157 いまさら翼と
いわれても
米澤穂信 17 16 8 11 R
ダエ
- >>

144 かがみの孤城 辻村深月 8 26 10 -
ダキ

140 ミステリークロック 貴志祐介 4 4 10 * a >>
10
134 AX アックス 伊坂幸太郎 21 - 7 6
Rダ
- >>
点数 - 作品名 作者名
11
128 悪魔を憐れむ 西澤保彦 27 7 12 10 - >>
12
124 盤上の向日葵 柚月裕子 9 - 2 23
13
112 月の満ち欠け 佐藤正午 18 - 16 27
14
106 Ank:
a mirroring ape
佐藤究 25 - - - - ○○
15
104 開化鐵道探偵 山本巧次 10 19 - 5 a - -
点数 - 作品名 作者名
-
-
104 あとは野となれ
大和撫子
宮内悠介 13 - - 30 Sダ
Tw
17
100 双蛇密室 早坂吝 - 5 12 21 - >>
-
-
100 マツリカ・
マトリョシカ
相沢沙呼 18 14 - -
19
96 ブルーローズは
眠らない
市川憂人 11 5 - -
-
20
94 名探偵は
嘘をつかない
阿津川辰海 30 3 - -
エa
- -
点数 - 作品名 作者名
21
93 地獄の犬たち 深町秋生 12 - - 12 a -
22
90 探偵が早すぎる 井上真偽 22 11 - 15 - -
-
-
90 Y駅発深夜バス 青木知己 23 9 - 16 - >>
24
79 この世の春 宮部みゆき 26 - 9 24 -
25
70 紅城奇譚 鳥飼否宇 - 9 - 3 - -
点数 - 作品名 作者名
26
69 彼女の色に
届くまで
似鳥鶏 40 18 - 26 -
>>
27
65 探偵さえ
いなければ
東川篤哉 31 22 - 30 -
28
60 天上の葦 太田愛 18 - 19 - - -
29
55 義経号、
北溟を疾る
辻真先 36 - - 6 - -
30
50 ダブル・ミステリ 芦辺拓 - 13 - 19 - - >>
-
-
50 タフガイ 藤田宜永 14 - - 18 - - >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2018年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2018年版」ランキング(順位)予想 (17.1.21)

  > 「このミス2018年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (17.10.13)

  > 「このミス2018年版」投票者なりきりベスト6 (17.12.3)

  > 「このミス2018年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (17.12.8)
  > 「このミス2018年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (17.12.12)
  > 「このミス2018年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (17.12.18)

  > このミステリーがすごい!2018年版 (17.12.7)
  > 2018 本格ミステリ・ベスト10 (17.12.6)
  > 週刊文春ミステリーベスト10(2017年) (17.12.7)
  > ミステリが読みたい!2018年版 (17.11.25)

  > この“ランク外作品”がすごい!2018年版 (17.12.26)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2017年) (17.11.26)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

☆ 仙台戦・データボックス>2017年J1リーグ第33節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/26(日) J1リーグ 第33節・ベガルタ仙台戦 (ユアスタ)


  △2-2 (前半1-2、後半1-0)

  主審: 中村 太  入場者数:18,059人

  .<得点> 1-0 天野純    .(横浜・前半05分/公式Youtube動画
         1-1 大岩一貴   (仙台・前半19分/公式Youtube動画
         1-2 石原直樹   (仙台・前半23分/公式Youtube動画
         2-2 オウンゴール (横浜・後半43分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「2失点以上」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 天野純が、J1リーグ通算4回目の警告を受けたため、12月2日(土)に行われる最終節・浦和レッズ戦は出場停止となります。

 喜田拓也が、J1リーグ通算4回目の警告を受けたため、12月2日(土)に行われる最終節・浦和レッズ戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 天野純が、J1リーグ通算50試合出場を達成しました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 6位 (前節 5位)
         < 16勝 8分 9敗  勝点 55 得点 44 失点 36 得失点差 +8 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (インタビュー動画) 前田直輝(Jリーグ公式)

    


 (Jリーグ公式) 「圧倒的に攻め込んだ仙台。しかし、逃げ切れずにドロー

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「先制FKの天野が同点OG誘発、
            横浜FMは土壇場ドローも6位後退

 (ドメサカブログ) 「仙台は勝ちきれず終盤追いつかれドロー
             横浜FMはACL順位に可能性残すもかなり厳しく


 (スポニチ) 「横浜、後半追い付きドロー!天野2得点演出「打てば入ると」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「3戦勝ちなしで6位後退、3位以内消滅…
             次節浦和戦は主力3人累積アウト

 (スポーツ報知) 「サンプラザ中野くんが仙台―横浜M戦で復興ライ
             「Runnerは後ほど歌います」

 (サンスポ) 「」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 仙台戦・プレビュー>2017年J1リーグ第33節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎ジャパンC&京阪杯(2017年)穴馬予想&結果

< 11月26日(日)に行われるジャパンカップ(GI)京阪杯(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ジャパンカップ】

 東京の芝2400mで行われる重賞(GI)です。

 外国馬が4頭参戦する大一番ですが、それだけにGIで実績ある馬でも人気薄となったりするので穴狙い的には腕が鳴るレースですね。

 それでここは、サウンズオブアースを◎にしてみましょう。

 ここ4戦は馬券にすら絡めていないせいか(これを書いている時点で)11番人気となっていますが、2走前の札幌記念はドバイ帰りで約半年の休み明けで0.3秒差4着でしたし、前走の京都大賞典では13着と大敗したものの馬体重がマイナス12kgだったのでいわゆる二走ボケの可能性が。

 元々は3年前の菊花賞や2年前の有馬記念で2着となるなどGIでも好走し、JCでも2年前が0.3秒差5着、昨年が2着と相性良いので、まあ穴狙い的には王道的な感じでかえって当たらなそうではありますが、この馬の復活に期待してみたいと思います。


  ◎ サウンズオブアース / 田辺裕信 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     シュヴァルグラン   ボウマン  5
 2着 2     レイデオロ       ルメール  2
 3着 4     キタサンブラック    武豊    1
 4着 11    マカヒキ        内田博幸 6
 5着 14    アイダホ        ムーア   10

12着 5  ◎ サウンズオブアース 田辺裕信 11


 まあ結果的に馬券圏内は複勝最低オッズ2倍未満の馬のみという穴狙い的に正解のないレースとなったので、盛り上がったレースを観れたということでよしとしましょう.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京阪杯】

 京都の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 JC後に行われる短距離重賞ですが、ここはネロを◎にしてみましょう。

 昨年は重賞で2度2着となった後、このレースを制して重賞馬となったものの、今年に入ってからは掲示板にすら載ることのできない凡走続きとなっています。

 とはいっても昨年の勝ち馬ですし、前走で初ダートを経験したり、今回は地方の勝負師ジョッキー・吉原寛人が騎乗するなど、気分を変える要素が加わったことにより昨年の強さを取り戻す可能性もあるのではないかと考え、斤量的に厳しいのは承知でこの馬に期待してみることに。


  ◎ ネロ / 吉原寛人 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4  ◎ ネロ         吉原寛人  9
 2着 6     ビップライブリー  大野拓弥  6
 3着 14    イッテツ       石橋脩   14
 4着 11    フィドゥーシア   三浦皇成  8
 5着 12    ダイシンサンダー 和田竜二 10


 ここまで予想がドンピシャで当たるとは自分のことながら驚きました.....。

 そしてこのレースも含めて11月は結構予想が好調だったため、夏から秋にかけて増やしまくってしまった借金(マイナス額)をほぼ返済し、そんな状況で毎年何故か不思議と絶好調となる12月を迎えることになったので、これは久々の年間収支プラス達成に期待が高まってきました.....(その前にもう一つ11月のレースが残っていますが)。


  (○複勝:4 11.6倍)  ○的中!  3,000円 → 34,800円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  7/23 .30.4% +35,210円  151.0%

☆17年通算   > 43/193 22.3%  -2,620円   99.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都2歳S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎勝島王冠(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月25日 (土)

「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「元サッカー部蹴崎周人(もとサッカーぶ・けりさきしゅうと)です。


 作者の星城礼(ほしじろ・れい)は、「元サッカー部蹴崎周人」で“赤塚賞(2017年上半期)”の準入選を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集・髙〈高〉野)。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)
  > 「THE END OF 幼馴染」 雲母坂盾 (17.12.1)
  > 「園丁事変」 大川哲 (17.11.29)

  > 「災害少女」 みたらし三大 (17.12.3)
  > 「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 (17.11.30)
  > 「マルミエボリューション」 豊木類 (17.12.2)

  > 「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 (17.11.25)
  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 (17.11.28)
  > 「ライテイ」 星城礼 (17.11.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「ミステリが読みたい!2018年版」


ミステリマガジン 2018年 01 月号 [雑誌]ミステリマガジン 2018年 01 月号 [雑誌]

早川書房 2017-11-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これから12月に掛けてミステリランキングが続々と発表されていきますが、まずは他に先駆けて「早ミス」("早"川書房が版元/一番"早"くランキングを発表)こと「ミステリが読みたい!」が発表となりました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この「早ミス」は、2007年(2008年版)に創刊ということで、他誌(「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリベスト10」「本格ミステリ・ベスト10」)に比べるとかなりの新参者なのですが、それ故に他誌(特に「このミス」)との差異(差別化)を生み出そうとしています。

 その一番の特徴というのが、ランキング(投票)の対象となる作品の発売期間(締め切り)が他誌より1ヶ月早いことで(他誌は前年11月~本年10月、「早ミス」は前年10月~本年9月)、それにより発売時期の関係で他誌で正当な評価を受けなかった作品(主に前年10月発売作品)を拾い上げられる、という利点があります。

 それに、こう言っては失礼かもしれませんが、発表時期が「このミス」より2週間早いということで、「このミス」の前哨戦的な楽しみ方もできるのですよね。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして投票方式も過去に大きな変更が何度かあったのですが、今年も前5年と変わらず、投票者は一人10作品まで投票でき、順位ごとに点数を付けて(1位が20点、2位が19点.....)、その合計点数により総合ランキングを決定、という方式に。

 なので、以前の方式(文庫も対象だったり部門別投票だったり)と比べると「このミス」を始めとした他誌の集計方法に近くなっているものの、「このミス」では一人6作品までしか投票できないため、それより4作品多く投票出来ることでランキングにも変化が現れるでしょう。

 それに、「このミス」の投票者は70人以上なのに対し「早ミス」では35人(昨年より6人増、2年前より2人増)と半分以下なので、人数が少ない分、投票者の好みの傾向がダイレクトに出やすい(少数の人が高く評価している作品や地味ながらも多くの人から評価されている作品がランクインしやすい)のではないでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あと昨年は、(一昨年に突然なくなった)“新人賞”(ミステリのデビュー作の中でランキング最上位作品&作家を表彰)が復活したり、“総括”の他に“周辺ジャンル総括(文芸/SF/ミステリ・サイドウェイ/復刊・新訳/ライトノベル/コミック)”が新たに追加されるなどの変化がありましたが、今年は昨年と同様の構成となっていまして、“周辺ジャンル総括”に「ミステリDISC」(映像作品が対象)が加わっていたのが唯一の違いでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで、今年の「早ミス」のランキングを見ていきたいのですが、ランクインしたうちのどのくらいの作品を事前に読んでいたのか、といったところもチェックしてみたいと思います。

 ただ、ランクインした作品以上に売れてしまうという超ベストセラーな「このミス」と比べると、「早ミス(ミステリマガジン)」の方は知名度も売れ行きもかなりの差があると思うので、発売直後にランキングを丸ごと書いてしまうのはやはり躊躇してしまいます

 そのため、作品名等記入したランキングには1ヶ月後くらいに書き替えることにし、とりあえずは事前に読んでいた作品のみ“「このミス」完全読破”の通しNoと当ブログ記事へのリンクを付けるだけにしたいと思います。

 なので、書き替えるまでの間は面倒ではありますが、「このミス」完全読破 読了順リストにて通しNoを照らし合わせたり、感想記事へのリンク先にてご確認ください(後日追記:書き換えました)。


 ○:事前に読んでいた作品
 ●:読みたかったけど(時間的に)読めなかった作品
 ×:特に読むつもりはなかった作品

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです


  01位 : ○  機龍警察 狼眼殺手 / 月村了衛
  02位 : ●  いくさの底 / 古処誠二
  03位 : ○  紅城奇譚 / 鳥飼否宇
  04位 : ○  狩人の悪夢 / 有栖川有栖  <感想記事はこちら>
  05位 : ●  開化鐵道探偵 / 山本巧次

  06位 : ○  AX アックス / 伊坂幸太郎  <感想記事はこちら>
  06位 : ×  義経号、北溟を疾る / 辻真先
  08位 : ○  月と太陽の盤 / 宮内悠介  <感想記事はこちら>
  08位 : ●  ホワイトラビット / 伊坂幸太郎
  10位 : ○  悪魔を憐れむ / 西澤保彦  <感想記事はこちら>

  11位 : ○  いまさら翼といわれても / 米澤穂信  <感想記事はこちら>
  12位 : ○  ジェリーフィッシュは凍らない / 市川憂人  <感想記事はこちら>
  13位 : ●  地獄の犬たち / 深町秋生
  14位 : ○  落語魅捨理全集 坊主の愉しみ / 山口雅也  <感想記事はこちら>
  15位 : ○  僕が殺した人と僕を殺した人 / 東山彰良

  16位 : ○  十二人の死にたい子どもたち / 冲方丁
  16位 : ●  探偵が早すぎる / 井上真偽
  18位 : ○  Y駅発深夜バス / 青木知己  <感想記事はこちら>
  19位 : ○  楽譜と旅する男 / 芦辺拓
  20位 : ○  タフガイ / 藤田宜永  <感想記事はこちら>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「このミス」の方は事前に予想をしているのですが(「このミステリーがすごい!2018年版」ランキング(順位)予想)、まあ「このミス」と「早ミス」とでは似て非なるランキングになるとはいえ、「このミス」予想と「早ミス」の結果がかなりズレまくっているので、これは「このミス」の結果を見るのがとても恐ろしいです.....。

 それに、昨年は「早ミス」の1位から17位までの作品を事前に読み終えていたのに対し、今年はベスト10のうち4作も読み逃していたので、この酷い結果はちょっと“予想が当たるかどうか”以前の問題ですねェ。

 ちなみに、「早ミス」のみが対象となる昨年10月刊行作品(本年度の「このミス」「本ミス」「文春」では対象外)ですが、今年は2作ランクインとなっていました(12位と16位)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2018年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2018年版」ランキング(順位)予想 (17.1.21)

  > 「このミス2018年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (17.10.13)

  > 「このミス2018年版」投票者なりきりベスト6 (17.12.3)

  > 「このミス2018年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (17.12.8)
  > 「このミス2018年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (17.12.12)
  > 「このミス2018年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (17.12.18)

  > このミステリーがすごい!2018年版 (17.12.7)
  > 2018 本格ミステリ・ベスト10 (17.12.6)
  > 週刊文春ミステリーベスト10(2017年) (17.12.7)
  > ミステリが読みたい!2018年版 (17.11.25)

  > この“ランク外作品”がすごい!2018年版 (17.12.26)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2017年) (17.11.26)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

◎京都2歳S(2017年)穴馬予想&結果

< 11月25日(土)に行われるラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス】

 京都の芝2000mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 今年の2歳戦でよくあるパターンなのですが、これを書いている時点で9頭中(半数以上の)5頭の複勝最低オッズが2倍を切っているという、穴馬の複勝狙いとしては選択肢がかなり狭まってしまう厳しいオッズの並びとなっています。

 そして今年の中央2歳重賞では重賞やOPで好走歴がありながら人気となっていない馬を狙うようにしていまして、今回それに合致するシスターフラッグが6番人気とちょうどギリギリ“複勝最低オッズ2倍以上組”に入っているので、この馬を◎にしてみましょう。

 牝馬ながら札幌2歳Sで0.3秒差4着と好走した馬で、前走のアルテミスSでは0.9秒差の12着と大敗したものの、このレースは全馬の上がりタイムがほぼ同じという展開だったので直線ほぼ最後方の位置取りの時点でノーチャンスでしたし、按上が岩田騎手に戻る今回は巻き返しも可能なのでは。


  ◎ シスターフラッグ / 岩田康誠 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     グレイル      武豊     2
 2着 2     タイムフライヤー C.デムーロ 1
 3着 1     ケイティクレバー 小林徹弥  5
 4着 4     アイトーン     国分恭介  7
 5着 7  ◎ シスターフラッグ 岩田康誠  6


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  6/21 .28.6%  +6,410円  110.2%

☆17年通算   > 42/191 22.0% -31,420円   94.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎浦和記念(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京阪杯&ジャパンC(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月24日 (金)

「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊!

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に収録されている作品の、漫画家や作品内容の情報を記した当ブログ記事をまとめてみました

 この記事で取り上げるのは新作読切作品およびGIGAオリジナル連載のみなので、以下の作品は対象外としています

 ・本誌連載陣等の番外編漫画
   「トマトイプーのリコピン」


 * この記事の下の方で、面白かった作品に投票するアンケートを実施しているので、ぜひともご参加ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 * タイトル部分のリンク先は、作者&作品情報掲載の当ブログ記事(徐々に記事更新していきます)


<< 本誌での連載経験漫画家の連載作品(第1話) >>

 ★ 霧の都のK・K / 馬上鷹将
     ・


<< 新人漫画家(本誌での連載デビュー前)の連載作品(第1話) >>

 ★ 水球どんぶらこ / 後藤冬吾 松浦健人
     ・

 ★ 天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班- / 熊野栞太郎
     ・

 ★ キミを侵略せよ! / 稲岡和佐
     ・

 ★ あしたば仲介業者 / 天願真太郎
     ・

 ★ バカス!! / 骨皮筋右衛門 和田眞次
     ・

 ★ 元八女君と十手の秘密 / 末樹裕
     ・


<< 元連載作品の番外編 >>

 ★ 磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生 / 仲間りょう
     ・


<< 本誌での連載経験漫画家の読切作品 >>

 ★ 大江戸えれ鬼 / 沼駿
     ・


<< 新人漫画家(本誌での連載デビュー前)の読切作品 >>

 ★ 舞台を降りるその時は / 末永裕樹 比良賀みん也
     ・

 ★ THE END OF 幼馴染 / 雲母坂盾
     ・

 ★ 園丁事変 / 大川哲
     ・

 ★ 災害少女 / みたらし三大
     ・

 ★ クロッシングフェンシング / 垣内宏仁 金丸栄一
     ・

 ★ マルミエボリューション / 豊木類
     ・

 ★ 元サッカー部蹴崎周人 / 星城礼
     ・

 ★ スケルトン・ボルト / 川口勇貴
     ・

 ★ はなたれボーイズ Snot-nosed Boys / 町田麗弥
     ・

 ★ ライテイ / 田中美帆
     ・


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER」の中で面白かった連載第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 2作品選択してください


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ジャンプ増刊/次号 >>> ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.2

  ジャンプ増刊/前号 >>> ジャンプGIGA 2017 vol.4


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

☆ 仙台戦・プレビュー>2017年J1リーグ第33節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 11/26(日) 13:00~ J1リーグ 第33節

     vs ベガルタ仙台 (ユアテックスタジアム仙台)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  .5位 16勝 7分 9敗 勝点 55  42得 34失 得失 +8 」
  仙台  :「 11位 11勝 7分 14敗 勝点 40  42得 50失 得失 -8 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 仙台戦は、公式戦通算で「9勝 7分 9敗」、リーグ戦通算で「6勝 7分 6敗」と綺麗に互角の成績です。

 しかし、2010年に仙台がJ1に再昇格して以降は、初戦こそ勝利したもののその後は2014年第22節で勝利するまで8試合勝ちなし(0勝 4分 4敗)とかなり苦手な相手となっていました。

 ただ、リーグ戦ホームでは「1勝 4分 5敗」、2010年以降のホームでは「0勝 3分 5敗」、2010年以降のホーム8試合でわずか3得点、日産スタジアムでの公式戦はいまだ勝ちなし(0勝 4分 6敗)と、ホーム(特に日産スタジアム)でかなり相性が悪く、今年の初対戦となったホームでのリーグ戦(第12節)も△1-1で引き分け。

 それに対しリーグ戦アウェーでは「5勝 3分 1敗」でリーグ初対戦となった2002年に敗れて以降は8試合負けなし中&現在3連勝中と、引き分けが多いものの相性は良いですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 今回の試合で4失点以上すると、2試合連続4失点以上となり、「連続4失点以上」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合に勝つと........
   > 4試合“同一カード アウェー連勝”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 9試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 3位)

 ★今回の試合で2失点以上だと........
   > 4試合連続“2失点以上”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で4失点以上だと........
   > 2試合連続“4失点以上”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 天野純が出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算35ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学と並びマリノス歴代10位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: マルティノス、扇原貴宏、 仙台 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 喜田拓也、中町公祐、天野純

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 齋藤学、(山中亮輔

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           仙台  : ヴィニシウス、野津田岳人、古林将太

 【日本代表】  マリノス:
           仙台  :

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .仙台  .:

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
          .仙台  .:

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           仙台  :
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  仙台オフィシャル

 【チケット情報】  仙台オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「仙台梁勇基チーム合流で空気一変 横浜戦へ意欲」 (11/24)

   > 「【横浜M】遠藤、20歳誕生日に堂安や伊藤ら打倒ライバル誓う」 (11/23)
   > 「【J試合情報】ベガルタ仙台vs横浜F・マリノス 11月26日」 (11/23)

   > 「【横浜M】遠藤が20歳の誕生日
      「世界で活躍する同年代、年下に負けない」東京五輪見据え」 (11/22)


 【TV中継】 (生) 11/26(日) 13:05~  NHK仙台

        (録) なし

        (配信)11/26(日) 13:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 仙台戦・データボックス>2017年J1リーグ第33節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年11月23日 (木)

「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「スケルトン・ボルト」です。


 作者の川口勇貴(かわぐち・ゆうき)は、「スケルトン・ボルト」で“第1回(2017年4月期)J新世界漫画賞”の準入選&超新星賞を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集・井坂)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

雷轟電撃、 生まれしは―――!!

☆第1回J新世界漫画賞準入選&超新星賞受賞作!!
     審査員・尾田栄一郎先生激推しの新鋭読切53P!!


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)
  > 「THE END OF 幼馴染」 雲母坂盾 (17.12.1)
  > 「園丁事変」 大川哲 (17.11.29)

  > 「災害少女」 みたらし三大 (17.12.3)
  > 「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 (17.11.30)
  > 「マルミエボリューション」 豊木類 (17.12.2)

  > 「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 (17.11.25)
  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 (17.11.28)
  > 「ライテイ」 星城礼 (17.11.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎浦和記念(2017年)穴馬予想&結果

< 11月23日(木・祝)に行われる浦和記念(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【浦和記念】

 浦和のダート2000mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 中央馬に競り勝ち交流GI・ジャパンダートダービーを制した南関馬・ヒガシウィルウィンがここから再始動ということで注目を集めていますが、こういう地方馬がいると中央馬の単勝オッズが全体的に上がるので、単勝複数買い的にはありがたいですね。

 それで交流重賞では(いつものような“複勝1点買い”ではなく)交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”をしていまして、今回もそれでいくのですが、まあ狙う対象となるのは中央馬4頭とヒガシウィルウィンの5頭となるでしょう。

 そしてこれを書いている時点でのオッズを見てみると、ヒガシウィルウィンオールブラッシュが3倍台前後で1番人気を争い、少し離れた3番人気にクリノスターオー、さらに離れてマイネルバサラナムラアラシ、といった感じなので、単勝複数買い的にはヒガシウィルウィンオールブラッシュのうち3倍台となりそうな方1頭と、マイネルバサラナムラアラシのどちらか1頭、という組み合わせになりそうです。

 他の券種の人気を見てみてもヒガシウィルウィンの方が1番人気となりそうなこともあり、ここはオールブラッシュマイネルバサラの2頭狙いにして、もしオールブラッシュが2倍台でヒガシウィルウィンが3倍台となるようだったら入れ替え、この両頭がどちらも2倍台となりそうならクリノスターオーに入れ替え、ということにしてみたいと思います。


  ◎ オールブラッシュ / ルメール (11)
  △ マイネルバサラ / 柴田大知 (7)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7  △ マイネルバサラ   柴田大知 5
 2着 4     ヒガシウィルウィン 森泰斗  2
 3着 11 ◎ オールブラッシュ  ルメール  1
 4着 3     ナムラアラシ    福永祐一 4
 5着 5     クリノスターオー   幸英明  3


 オールブラッシュかヒガシウィルウィンか、はたまたオッズが急接近したクリノスターオーかの選択がかなり重要になると思っていましたが、結局何があっても狙うつもりだったマイネルバサラが勝ったので、頭を悩ませていたのも取り越し苦労でしたねェ。


  (○単勝:7 8.3倍)  ○的中!  3,000円 → 6,640円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  6/20 .30.0%  +9,410円  115.7%

☆17年通算   > 42/190 22.1% -28,420円   95.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎兵庫ジュニアGP(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都2歳S(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月22日 (水)

「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「舞台を降りるその時は(ぶたいをおりる・そのときは)です。


 原作担当の末永裕樹(すえなが・ゆうき)は、「舞台を降りる、その時は」で“第3回ストキンPro(2017年)”の準キング&キャラ賞を受賞。

 漫画担当の比良賀みん也(ひらが・みんや)は、京都美術学院出身で、「移ろう時の中で」で“手塚賞(2017年上半期)”の準入選を受賞し、その受賞作「移ろう時の中で」を“本誌2017年35号”に掲載してデビュー(「移ろう時の中で」 比良賀みん也 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)

 そしてこの2人がコンビを組んだ本作にて、末永裕樹はデビュー、比良賀みん也は2度目の読切掲載となりました(担当編集・村越)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

ストキンPro・準キング×手塚賞準入選受賞作家!!
 ドラマの名手が描くお笑い青春群像劇!!

☆緻密な感情描写に審査員大絶賛!!
        ストキン準キング受賞読切51P!!


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「比良賀みん也」関連記事】

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.11.22)

  > 「移ろう時の中で」 比良賀みん也 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.7.24)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)
  > 「THE END OF 幼馴染」 雲母坂盾 (17.12.1)
  > 「園丁事変」 大川哲 (17.11.29)

  > 「災害少女」 みたらし三大 (17.12.3)
  > 「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 (17.11.30)
  > 「マルミエボリューション」 豊木類 (17.12.2)

  > 「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 (17.11.25)
  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 (17.11.28)
  > 「ライテイ」 星城礼 (17.11.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2017年11月21日 (火)

「元八女君と十手の秘密」 末樹裕 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)からスタートの新連載作品が、「元八女君と十手の秘密(もとやめくんと・じってのひみつ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の末樹裕(まつき・ゆう)は、名義変更等ないのであれば新人漫画賞の受賞歴や作品発表歴はなし。

 そして(別名義で作品を発表していないのであれば)本作にてデビュー(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER」の中で面白かった連載第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 2作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER 連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 (17.11.15)
  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 (17.11.19)
  > 「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎 (17.11.18)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 (17.11.16)
  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎 (17.11.17)
  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次 (17.11.20)
  > 「元八女君と十手の秘密」 末樹裕 (17.11.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎兵庫ジュニアGP(2017年)穴馬予想&結果

< 11月21日(火)に行われる兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【兵庫ジュニアグランプリ】

 園田のダート1400mで行われる交流2歳重賞(JpnII)です。

 交流2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしているのですが、今回参戦する道営馬は3頭(元道営馬は1頭)となっています。

 そのうちダートでは3戦全勝のソイカウボーイは人気となりそうなので、ここはモリノラスボスを◎にしてみましょう。

 芝でも勝ち鞍がある馬で、前走も中央の芝重賞・京王杯2歳Sに参戦したのですが(10着)、ダートでも門別では4戦全て連対と安定した成績を残しています。

 ただ、(芝では経験済みも)ダートでは一気に距離延長となった2走前の南関重賞・鎌倉記念で5着に終わっているのは不安であるものの、盛岡(芝)・川崎・東京(芝)と異なる環境で経験を積んで来たことにより力を付けている可能性はありそうなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ モリノラスボス / 五十嵐冬樹 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ハヤブサマカオー ルメール   1
 2着 9     アスターソード   和田竜二   3
 3着 4     ソイカウボーイ   川原正一   2
 4着 10 ◎ モリノラスボス   五十嵐冬樹 8
 5着 6     リコーバイソン   真島大輔   9


 人気を考えれば(着差はともかく)着順的にはかなり惜しかったのですけどねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  5/19 .26.3%  +5,770円  110.1%

☆17年通算   > 41/189 21.7% -32,060円   94.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイルCS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎浦和記念(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月20日 (月)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年12月)


Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2017年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2017年 12月 発売 】


  頼子のために / 法月綸太郎  <<感想記事はこちら!>>

 << 1991年版 16位 >>

 ★ 「雪密室」「誰彼」に続く
   “法月綸太郎シリーズ”の3作目
   .(4作目「一の悲劇」も1992年版19位
    5作目「ふたたび赤い悪夢」も1993年版18位
    7作目「二の悲劇」も1995年版10位
    8作目「法月綸太郎の新冒険」も2000年版11位
    10作目「生首に聞いてみろ」も2005年版1位
    12作目「キングを探せ」も2013年版8位にランクイン)

 ★ 「頼子が死んだ」。
   17歳の愛娘を殺された父親は、
   通り魔事件で片づけようとする警察に疑念を抱き、
   ひそかに犯人をつきとめて相手を刺殺、
   自らは死を選ぶ──
   という手記を残していた。
   手記を読んだ名探偵法月綸太郎が、
   事件の真相解明にのりだすと、
   やがて驚愕の展開が!
   精緻構成が冴える野心作。

 ★ 新装版として再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ずっとあなたが好きでした / 歌野晶午  <<感想記事はこちら!>>

 << 2015年版 27位 >>

 ★ バイト先の女子高生との淡い恋、
   転校してきた美少女へのときめき、
   年上劇団員との溺れるような日々、
   集団自殺の一歩手前で抱いた恋心、
   そして人生の夕暮れ時の穏やかな想い…。
   サプライズ・ミステリーの名手が綴る恋愛小説集は、
   一筋縄でいくはずがない!?
   企みに気づいた瞬間、
   読み返さずにはいられなくなる一冊。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  勁草 / 黒川博行  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 35位 >>

 ★ 橋岡は「名簿屋」の高城に雇われていた。
   名簿屋とはオレ詐欺の標的リストを作る裏稼業だ。
   橋岡は被害者から金を受け取る
   「受け子」の手配も任されていた。
   騙し取った金の大半は高城に入る仕組みで、
   銀行口座には金がうなっているのだ。
   賭場で借金をつくった橋岡と矢代は
   高城に金の融通を迫るが…。
   一方で府警特殊詐欺班の刑事たちも
   捜査に動き出していた。
   最新犯罪の手口を描き尽くす問題作!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  名探偵の証明 / 市川哲也  <<感想記事はこちら!>>

 << 2014年版 35位 >>

   ・「鮎川哲也賞」 受賞
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 17位

 ★ “名探偵の証明シリーズ”の1作目

 ★ そのめざましい活躍から、
   1980年代には推理小説界に
   「新本格ブーム」までを招来した名探偵・屋敷啓次郎。
   行く先々で事件に遭遇するものの、
   驚異的な解決率を誇っていた――。
   しかし時は過ぎて現代、
   ヒーローは過去の事件で傷を負い、
   ひっそりと暮らしていた。
   そんな彼を、元相棒が訪ねてくる。
   資産家一家に届いた脅迫状をめぐって
   若き名探偵・蜜柑花子と対決から、
   屋敷を現役復帰させようとの目論見だった。
   人里離れた別荘で巻き起こる密室殺人、
   さらにその後の名探偵たちの姿を描いた長編ミステリ。
   第23回鮎川哲也賞受賞作、
   待望の文庫化。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの12月文庫化作品 >>

  愛に乱暴(上・下) / 吉田修一  <<感想記事はこちら!>>
  ダークゾーン(上・下) / 貴志祐介  <<感想記事はこちら!>>
      * 版元を変えて再文庫化
  メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官 / 川瀬七緒  <<感想記事はこちら!>>
  教場2 / 長岡弘樹  <<感想記事はこちら!>>
  ミッドナイト・ジャーナル / 本城雅人  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 「このミス2018年版」で1~40位に入った文庫オリジナル作品 】


  探偵が早すぎる(上・下) / 井上真偽

 << 2018年版 22位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト10」 9位
   ・「ミステリが読みたい!」 16位

 ★ 父の死により莫大な遺産を相続した
   女子高生の一華。
   その遺産を狙い、
   一族は彼女を事故に見せかけ
   殺害しようと試みる。
   一華が唯一信頼する使用人の橋田は、
   命を救うためにある人物を雇った。
   それは事件が起こる前にトリックを看破、
   犯人(未遂)を特定してしまう究極の探偵!
   完全犯罪かと思われた計画はなぜ露見した!?
   史上最速で事件を解決、
   探偵が「人を殺させない」ミステリ誕生!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  義経号、北溟を疾る / 辻真先

 << 2018年版 36位 >>

   ・「ミステリが読みたい!」 6位

 ★ 明治天皇が北海道に行幸し
   義経号に乗車することに。
   だが、北海道大開拓使・黒田清隆に恨みをもつ
   幕府同心上りの屯田兵達が、
   お召し列車妨害を企てているとの情報があった。
   警視総監樺山は勝海舟の言を容れ、
   西南戦争で軍巧を上げた元新撰組の藤田五郎に
   探索方を依頼する。
   札幌入りした藤田は、不平屯田兵の妻が、
   黒田に乱暴された後に首吊り死体で
   発見された事件を探る。
   不穏な空気が高まる中、
   天皇行幸は間近に迫る。
   書下し長篇歴史冒険ミステリー。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  愚者の毒 / 宇佐美まこと

 << 2018年版 39位 >>

   ・「日本推理作家協会賞」 受賞

 ★ 一九八五年、
   上野の職安で出会った葉子と希美。
   互いに後ろ暗い過去を秘めながら、
   友情を深めてゆく。
   しかし、
   希美の紹介で葉子が家政婦として働き出した
   旧家の主の不審死をきっかけに、
   過去の因縁が二人に襲いかかる。
   全ての始まりは一九六五年、
   筑豊の廃坑集落で仕組まれた、
   陰惨な殺しだった…。
   絶望が招いた罪と転落。
   そして、裁きの形とは?
   衝撃の傑作!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2018年1月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年11月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)からスタートの新連載作品が、「バカス!!」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の骨皮筋右衛門(ほねかわ・すじえもん)は、「小便小僧のおんがえし」で“赤塚賞(2010年下半期)”の佳作を受賞し、“金未来玉杯”エントリー作品として「キング=カイザー=エンペラー」を2016年8月に“ジャンプ+”にWEB掲載(少年ジャンプ+参照)

 続いて、「ベビー素太郎」を“ジャンプX(クロス)”に掲載して誌面デビュー(「ベビー素太郎」 骨皮筋右衛門 > ジャンプX(クロス)参照)。

 漫画担当の和田眞次(わだ・しんじ)は、名義変更等ないのであれば新人漫画賞の受賞歴はなし。

 そしてこの2人がコンビを組んだ「コードネーム:ムサシ」を“ジャンプGIGA 2017 vol.3”に掲載して骨皮筋右衛門は(誌面では)2度目の読切掲載、和田眞次はデビューを果たし(「コードネーム:ムサシ」 骨皮筋右衛門 和田眞次 > ジャンプGIGA 2017 vol.3参照)、本作にてこのコンビでは2度目の作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER」の中で面白かった連載第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 2作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「骨皮筋右衛門」関連記事】

  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.20)

  > 「コードネーム:ムサシ」 骨皮筋右衛門 和田眞次
     > ジャンプGIGA 2017 vol.3 (17.6.23)

  > 「ベビー素太郎」 骨皮筋右衛門 > ジャンプX(クロス) (16.12.26)


 【「和田眞次」関連記事】

  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.20)

  > 「コードネーム:ムサシ」 骨皮筋右衛門 和田眞次
     > ジャンプGIGA 2017 vol.3 (17.6.23)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER 連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 (17.11.15)
  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 (17.11.19)
  > 「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎 (17.11.18)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 (17.11.16)
  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎 (17.11.17)
  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次 (17.11.20)
  > 「元八女君と十手の秘密」 末樹裕 (17.11.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2017年11月19日 (日)

「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)からスタートの新連載作品が、「水球どんぶらこ(すいきゅう・どんぶらこ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の後藤冬吾(ごとう・とうご)は、「神の仮宿」が“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年2月期)”、「Stellar」が“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年1月期)”の最終候補に。

 続いて、「仄見える少年」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年10月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞し(同じ“2016年10月期”では「浮いてるよ芝崎くん」も最終候補に)、その受賞作「仄見える少年」を原作担当として“ジャンプGIGA 2017 vol.1”に掲載してデビュー(漫画担当:甲斐基博/「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 > ジャンプGIGA 2017 vol.1参照)。

 漫画担当の松浦健人(まつうら・けんと)は、「プロローグ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年2月期)”の最終候補となった後、「ギゾク屋ケルベロス」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年9月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 そしてこの2人がコンビを組んだ「ミイラ伍式」を“ジャンプGIGA 2017 vol.4”に掲載して後藤冬吾は2度目の読切掲載、松浦健人はデビューを果たし(「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4参照)、本作にてこのコンビでは2度目の作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER」の中で面白かった連載第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 2作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「後藤冬吾」関連記事】

  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.19)

  > 「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.7.20)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.24)


 【「松浦健人」関連記事】

  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.19)

  > 「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.7.20)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER 連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 (17.11.15)
  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 (17.11.19)
  > 「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎 (17.11.18)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 (17.11.16)
  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎 (17.11.17)
  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次 (17.11.20)
  > 「元八女君と十手の秘密」 末樹裕 (17.11.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎マイルCS(2017年)穴馬予想&結果

< 11月19日(日)に行われるマイルチャンピオンシップ(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マイルチャンピオンシップ】

 京都の芝1600mで行われる重賞(GI)です。

 秋のマイル王決定戦はやはり混戦状態となっていますが、(全体的に混戦というよりは)上位人気・中位人気・下位人気がはっきりと分かれたうえでの混戦状態といった感じですかね。

 それでここは、ヤングマンパワーを◎にしてみましょう。

 GIIやGIIIでは安定した走りを見せているものの、GIでは連続16着と何故か大敗続きなので狙い辛い馬ではあるものの、3連勝と勢いに乗って挑んだ昨年のこのレースでは(前走と1ヶ月の間隔ながら)馬体重マイナス12kgと状態が万全ではなかったようですし、今年の安田記念も直線の途中までは上位争いに加わっていたので17番枠で常に外側を走らされていたのが影響したのかもしれません。

 京都マイル戦では今年のマイラーズCで今回の(これを書いている時点での)1・2番人気馬と僅差の3着になっていることからもメンバー的にやれないことはないと思うので、それを考えればこの人気のなさはかなりの旨みがあるので、ここはこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ ヤングマンパワー / 石橋脩 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  5/18 .27.8%  +8,770円  116.2%

☆17年通算   > 41/188 21.8% -29,060円   94.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東スポ杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎兵庫ジュニアGP(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月18日 (土)

「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)からスタートの新連載作品が、「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-(てんぐきどうたい・てんぐやまがくえん・ひのななはん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の熊野栞太郎(くまの・かんたろう)は、“熊野栞”名義にて「僕らのロボコン」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年4月期)”の最終候補となった後、(現在の名義に変更して)「世界を変える話をしよう」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年9月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そしてその受賞作「世界を変える話をしよう」を“ジャンプNEXT!! 2016 vol.1”に掲載してデビューを果たし(「世界を変える話をしよう」 熊野栞太郎 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1参照)、本作にて2度目の作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER」の中で面白かった連載第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 2作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「熊野栞太郎」関連記事】

  > 「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.18)

  > 「世界を変える話をしよう」 熊野栞太郎 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.18)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER 連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 (17.11.15)
  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 (17.11.19)
  > 「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎 (17.11.18)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 (17.11.16)
  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎 (17.11.17)
  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次 (17.11.20)
  > 「元八女君と十手の秘密」 末樹裕 (17.11.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

☆ C大阪戦・データボックス>2017年J1リーグ第32節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 11/18(土) J1リーグ 第32節・セレッソ大阪戦 (日産ス)


  ●1-4 (前半1-0、後半0-4)

  主審: 山本 雄大  入場者数:34,153人

  .<得点> 1-0 ダビド バブンスキー (横浜・前半13分/公式Youtube動画
         1-1 清武弘嗣       .(大阪・後半19分/公式Youtube動画
         1-2 水沼宏太       .(大阪・後半23分/公式Youtube動画
         1-3 杉本健勇       .(大阪・後半25分/公式Youtube動画
         1-4 マテイ ヨニッチ    .(大阪・後半42分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「ホーム得点」記録 > 12試合連続 達成 <マリノス歴代 6位>

  ・「1試合最多失点」記録 > 4失点 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 11試合連続 でストップ <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード ホーム負けなし」記録 > 9試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 マルティノスが、J1リーグ通算8回目の警告を受けたため、11月26日(日)に行われるJ1リーグ第33節・ベガルタ仙台戦、12月2日(土)に行われる第34節・浦和レッズ戦の2試合は出場停止となります。

 扇原貴宏が、J1リーグ通算4回目の警告を受けたため、11月26日(日)に行われるJ1リーグ第33節・ベガルタ仙台戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 天野純が、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 34,153人

  > マリノス総合ランキング ベスト・98位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)

  > C大阪戦・ランキング ベスト・2位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ナビスコカップ、天皇杯)


  <観客動員ファイル> <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 5位 (前節 5位)
         < 16勝 7分 9敗  勝点 54 得点 42 失点 34 得失点差 +8 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「後半一挙に4得点を挙げたC大阪、
             横浜FMとのACL出場権争いの一戦を制す

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMの“えげつないゴール”上回る連続スーパー弾!!
          C大阪が逆転勝利でACL圏内キープ

 (ゲキサカ) 「“大きなため息”に込められた複雑な感情…
          齋藤学「何かが足りない」

 (ドメサカブログ) 「前半に先制許したC大阪が後半4ゴールの豪快逆転勝利!
             バースデー弾の杉本健勇は得点ランクトップタイに


 (スポニチ) 「横浜 今季最悪4失点黒星、関塚氏と接触 後任監督選び大詰め

 (日刊スポーツ) 「横浜中沢「久々にへこみました」今季初4失点に猛省

 (日刊スポーツ) 「横浜モンバエルツ監督退任あいさつ「一生忘れない」

 (日刊スポーツ) 「横浜監督「結果のままの内容」けが人続出を悔やむ

 (日刊スポーツ) 「横浜社長、監督の後任人事は「国籍にとらわれず」

 (スポーツ報知) 「C大阪に完敗…
            指揮官「圧力をはね返す力足りず」7年ぶりの本拠4失点

 (サンスポ) 「横浜M、ホーム最終戦で最多失点…
          栗原「守備のバランスと連係うまくいかなかった」

 (サンスポ) 「横浜M、来季指揮官決定は越年か
           モンバエルツ監督「スタートはよかったが…」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ C大阪戦・プレビュー>2017年J1リーグ第32節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎東スポ杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果

< 11月18日(土)に行われる東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スポーツ杯2歳ステークス】

 東京の芝1800mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 今年の中央2歳重賞は、重賞やOPで好走歴がありながら人気となっていない馬を狙うようにしているのですが、7頭立てと少数メンバーの今回はアイビーSの1・2着馬であるコスモイグナーツシャルルマーニュの2頭が該当。

 それでここは、コスモイグナーツの方を◎にしてみましょう。

 この馬は(展開に左右されやすい)逃げ馬ということもあってかあまり人気にはなっていませんが、(札幌2歳Sの2着馬も参戦していた)前々走のOP・芙蓉Sでは0.5秒差5着(3着馬とは0.1秒差)と健闘していましたし、前走も今回と同じ東京1800mで結果を出しているので、素直にこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ コスモイグナーツ / 柴田大知 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  5/17 .29.4% +11,770円  .123.1%

☆17年通算   > 41/187 21.9% -26,060円   95.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイルグランプリ(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイルCS(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月17日 (金)

「あしたば仲介業者」 天願真太郎 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)からスタートの新連載作品が、「あしたば仲介業者(あしたば・ブローカー)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の天願真太郎(てんがん・しんたろう)は、「異能者来訪!!~in定食屋~」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年8月期)”の最終候補となった後、「豆腐の神様」を“ジャンプNEXT!! 2016 vol.1”に掲載してデビュー(「豆腐の神様」 天願真太郎 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1参照)。

 続いて、「神獣操聯隊 特科部隊“桃”」を“ジャンプGIGA 2017 vol.2”に掲載し(「神獣操聯隊 特科部隊“桃”」 天願真太郎 > ジャンプGIGA 2017 vol.2参照)、本作にて半年ぶりの作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER」の中で面白かった連載第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 2作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「天願真太郎」関連記事】

  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.17)

  > 「神獣操聯隊 特科部隊“桃”」 天願真太郎 > ジャンプGIGA 2017 vol.2 (17.5.25)

  > 「豆腐の神様」 天願真太郎 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.16)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER 連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 (17.11.15)
  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 (17.11.19)
  > 「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎 (17.11.18)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 (17.11.16)
  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎 (17.11.17)
  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次 (17.11.20)
  > 「元八女君と十手の秘密」 末樹裕 (17.11.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2017年11月16日 (木)

「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)からスタートの新連載作品が、「キミを侵略せよ!(キミを・しんりゃくせよ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の稲岡和佐(いなおか・かずさ)は、「月がx2+(y-3√x2)2ですね。」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年7月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、「ぼくらの湯」を“ジャンプGIGA vol.1”に掲載してデビューを飾り(「ぼくらの湯」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA vol.1参照)、さらに「ホシノオカ」を“ジャンプGIGA 2017 vol.4”に掲載(「ホシノオカ」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA 2017 vol.4参照)。

 そして本作にて4ヶ月ぶりの作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、実は宇宙人な少年とそれを暴きたがる少女の学園コメディ漫画です。

 普通の高校生である宙島一(そらしま・ハジメ)は、実は生まれも育ちも地球のケーズ星人で、自分が宇宙人であることを隠して生活中。

 そんなある日、遅刻しそうだったためUFOに乗って学校に向かい、屋上に飛び降りたところ、それを相場りあ(あいば・りあ)に偶然目撃されてしまうことに。

 しかし相場さんはハジメを怖がるどころか逆に興味津々で、あの手この手を使ってハジメが宇宙人であることを証明しようとしてきて.....。


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER」の中で面白かった連載第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 2作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「稲岡和佐」関連記事】

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.5.2)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.16)

  > 「ホシノオカ」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.7.19)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.8)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER 連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 (17.11.15)
  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 (17.11.19)
  > 「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎 (17.11.18)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 (17.11.16)
  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎 (17.11.17)
  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次 (17.11.20)
  > 「元八女君と十手の秘密」 末樹裕 (17.11.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

☆ C大阪戦・プレビュー>2017年J1リーグ第32節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 11/18(土) 14:00~ J1リーグ 第32節

     vs セレッソ大阪 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 5位 16勝 7分 8敗 勝点 55  41得 30失 得失 +11 」
  大阪  :「 3位 17勝 6分 8敗 勝点 57  58得 40失 得失 +18 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 C大阪は2014年のJ1リーグを17位で終えJ2へ降格となり、昨年の昇格プレーオフを勝ち抜いてJ1昇格を決めたので(リーグ順位は4位)、リーグ戦では今年が3年ぶりの対戦となります。

 これまでの対戦成績は、公式戦通算で「19勝 8分 13敗」、リーグ戦通算で「16勝 8分 11敗」といずれも勝ち越しているものの、現在(2012年以来)リーグ戦7試合連続で勝利がない状況です(0勝 4分 3敗)。

 そして、リーグ戦アウェーでは「8勝 2分 8敗」と互角の成績で、アウェーではここ7試合でわずか1勝のみ(1勝 1分 5敗)なのに対し、リーグ戦ホームでは「8勝 6分 3敗」と(引き分けが多いとはいえ)大きく勝ち越していて、(やはり引き分けが多いながら)2003年以降9試合負けなし(3勝 6分 0敗)と、ホームとアウェーにおける相性の差がかなり大きい相手ですね。

 なお、今年はすでに2度対戦していて、3月に行われたルヴァンカップGS第1節(アウェー)は●0-2、その2週間後に行われたリーグ戦第5節(アウェー)は●0-2とアウェーで2連敗していて、どちらの試合でも木本恭生に先制ゴールを決められています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 今回の試合で勝ちか引き分けだと、C大阪戦ホーム10試合連続負けなしとなり、「同一カード ホーム負けなし」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合勝ちか引き分けだと........
   > 12試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 10試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合負けか引き分けだと........
   > 8試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)
   > 4試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 12試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 6位)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“同一カード 無得点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 2試合連続“同一カード ホーム無得点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 天野純が出場すると、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算35ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学と並びマリノス歴代10位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 大阪 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: マルティノス(2回目)、喜田拓也、
                      中町公祐、扇原貴宏、天野純

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 齋藤学山中亮輔ミロシュ デゲネク
                (ウーゴ ヴィエイラ

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           大阪  : 米澤令衣

 【日本代表】  マリノス:
           大阪  : 山口蛍、杉本健勇

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .大阪  .: 舩木翔

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
          .大阪  .:

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 扇原貴宏
           大阪  : 田中裕介、水沼宏太
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【横浜M】ACL出場へC大阪と直接対決 蛍ら代表組封じる」 (11/17)
   > 「スピード感の違い痛感…健勇 代表戦の経験糧にJで大暴れ誓う」 (11/17)

   > 「主力不在の横浜、栗原2度目先発も「いい仕上がり」」 (11/16)
   > 「C大阪FWサントス右膝内側側副靱帯で全治3週間」 (11/16)
   > 「C大阪杉本健勇ら合流 アウェー横浜戦「行きたい」」 (11/16)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvsセレッソ大阪 11月18日」 (11/16)

   > 「【横浜M】ウーゴ1か月ぶり合流 引き締まった体に指揮官「いい驚き」過去に“前科”」 (11/15)

   > 「横浜ウーゴが練習復帰 C大阪戦出場へ「いい状態」」 (11/14)
   > 「【横浜M】ウーゴ部分合流&マルティノス全メニュー消化 C大阪戦出場に意欲」 (11/14)
   > 「ACL圏内目指す横浜Mに朗報 チーム得点王のウーゴ・ビエイラが再来日」 (11/14)

   > 「C大阪秋山「全然ダメ」阪南大と練習試合で引き分け」 (11/12)


 【TV中継】 (生) 11/18(土) 14:00~  NHK BS1

        (録) なし

        (配信)11/18(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ C大阪戦・データボックス>2017年J1リーグ第32節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年11月15日 (水)

「霧の都のK・K」 馬上鷹将 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載!

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)からスタートの新連載作品が、「霧の都のK・K(きりのみやこの・ケーケー)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の馬上鷹将(もうえ・たかまさ)は、「勇者エグモント」で“トレジャー新人漫画賞(2012年10月)”の佳作を受賞し(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)、「サイボーグチルドレン」を“ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN”に掲載してデビュー(「ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN」 > 週刊少年ジャンプ増刊!参照)。

 続いて、「GALAXY GANGS」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.2”に掲載し(「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2参照)、その同タイトルリニューアル版「GALAXY GANGS」を“第10回 J金未来杯“エントリー作品として“2015年36号”に掲載して本誌デビュー(「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 > 週刊少年ジャンプ読切! 参照)。

 そして「オレゴラッソ」が“本誌2016年52号”から始まり連載デビューを果たし(12話で終了/「オレゴラッソ」 馬上鷹将 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、本作にて連載終了後最初の新作発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER」の中で面白かった連載第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 2作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「馬上鷹将」関連記事】

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.15)

  > 「オレゴラッソ」 馬上鷹将 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.11.14)

  > 「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.7.14)
  > 「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.24)

  > 「サイボーグチルドレン」(ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN) (13.9.16)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER 連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 (17.11.15)
  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人 (17.11.19)
  > 「天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班-」 熊野栞太郎 (17.11.18)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 (17.11.16)
  > 「あしたば仲介業者」 天願真太郎 (17.11.17)
  > 「バカス!!」 骨皮筋右衛門 和田眞次 (17.11.20)
  > 「元八女君と十手の秘密」 末樹裕 (17.11.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

◎マイルグランプリ(2017年)穴馬予想&結果

< 11月15日(水)に行われるマイルグランプリ(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マイルグランプリ】

 大井のダート1600mで行われる南関重賞(SII)です。

 ここは、唯一の3歳馬・ソッサスブレイを◎にしてみましょう。

 東京湾Cを制して挑んだ東京ダービーは6着に終わりましたが、次の優駿スプリントでは0.3秒差4着と惜しい走りを見せていますし、前走の黒潮盃は1・2着馬に離された3着だったとはいえ他の掲示板に載った4頭より2kg重い中での結果なので、同世代相手であれば重賞で好走する力はあることを証明しています。

 そして今回は初の古馬相手の一戦となりまして、果たして通用するのかどうかは未知数ではあるものの、それほど人気にはならなそうですし、他馬より4kg以上軽い恩恵があれば問題なく上位争いに加われるのではないかとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ソッサスブレイ / 山崎誠士 (16)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  5/16 .31.3% +14,770円  .130.8%

☆17年通算   > 41/186 22.0% -23,060円   95.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島記念&エリザベス女王杯(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東スポ杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月14日 (火)

「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 特別番外編 拙者は高校生(いそべいそべえものがたり・うきよはつらいよ・とくべつばんがいへん・せっしゃはこうこうせい)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の仲間りょう(なかま・りょう)は、急遽2週連続で休載となった「ONE PIECE」の代原(予定外に休載となった連載作品の穴埋め的役割の読切作品)として“本誌2013年26号”に「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」、翌週の“本誌2013年27号”に「磯部磯兵衛物語~浮世はぬるいよ~」を掲載してデビュー。

 さらに“本誌2013年47号”からは「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」の連載がスタートしたので(「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」 仲間りょう > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、代原読切でデビューしてからわずか半年でジャンプ連載作家にまで駆け上がることに。

 そんな「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」の連載も、4周年目前(わずか1週前)の“本誌2017年46号”で終了し、今回は連載終幕記念として特別番外編の掲載となりました。

 ちなみに、特別番外編のその弐(2)が“少年ジャンプ+”にて2018年1月上旬に配信予定とのことです。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「仲間りょう」関連記事】

  > 「リカのじかん」 仲間りょう > 週刊少年ジャンプ読切! (18.4.23)

  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう
     > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.11.14)

  > 「Canvas」 仲間りょう > 週刊少年ジャンプ読切! (16.12.12)

  > 「みんなのこち亀」 仲間りょう > 週刊少年ジャンプ読切! (16.10.24)

  > 「知恵熱!! タビットさん」 仲間りょう > 週刊少年ジャンプ読切! (13.6.21)

  > 「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」 仲間りょう
     > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.10.11)
  > 「磯部磯兵衛物語~浮世はぬるいよ~」 仲間りょう
     > 週刊少年ジャンプ読切! (13.6.3)
  > 「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」 仲間りょう
     > 週刊少年ジャンプ読切! (13.5.27)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2017年11月13日 (月)

「大江戸えれ鬼」 沼駿 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1

ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2018 WINTER 2018年 1/1 号 [雑誌]: 週刊少年ジャンプ 増刊

集英社 2017-11-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2018 WINTER vol.1(2017年11月24日<金>発売)に掲載の読切作品が、「大江戸えれ鬼(おおえど・えれき)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の沼駿(ぬま・しゅん)は、“カマトロ”名義にてpixivに「アイマス(ゲーム『アイドルマスター[THE iDOLM@STER]』)関連のイラストや漫画を掲載して同人誌を発売したり、“カマトロP”名義にてニコニコ動画のアイマス手描きMADプロデューサーとして活躍(2012年には“超NovelsM@sterコンテスト”で最優秀賞「アイドルマスター賞」を受賞)。

 そんな中、“ジャンプNEXT!! 2014 vol.3”に「モロモノの事情」を掲載してジャンプ系雑誌デビュー(商業誌デビュー)を果たし(「モロモノの事情」 沼駿 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3参照)、続いて同名リニューアル版「モロモノの事情」が“本誌2014年46号”から3週の短期集中連載(「モロモノの事情」 沼駿 > 週刊少年ジャンプ短期連載!参照)。

 そして“本誌2015年43号”から始まった「左門くんはサモナー」で連載デビュー(「左門くんはサモナー」 沼駿 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 “本誌2017年27号”で2年に渡る連載が終了した後は、「左門くんはサモナー 前日譚」を“ジャンプGIGA 2017 vol.4”に掲載し(「左門くんはサモナー 前日譚」 沼駿 > ジャンプGIGA 2017 vol.4参照)、本作にて連載終了後最初の新作発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

「左門くんはサモナー」の沼駿、 最新作は江戸が舞台!!
 大江戸ヒーロー活劇、開幕!!

☆沼駿が描く天才・平賀源内!!
    大江戸ヒーロー活劇巻頭カラー読切48P!!


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年12月4日(月)~12月31日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「沼駿」関連記事】

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 (17.11.13)

  > 「左門くんはサモナー 前日譚」 沼駿 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.6.29)
  > 「サモ松さん」 沼駿 シタラマサコ > ジャンプGIGA vol.2 (16.8.10)
  > 「左門くんはサモナー」 沼駿 > 週刊少年ジャンプ新連載! (15.9.14)

  > 「モロモノの事情」 沼駿 > 週刊少年ジャンプ短期連載!  (14.10.6)
  > 「モロモノの事情」 沼駿 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (14.7.5)


 【「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.11.24)

  > 「大江戸えれ鬼」 沼駿 (17.11.13)
  > 「磯部磯兵衛物語 特別番外編 拙者は高校生」 仲間りょう (17.11.14)

  > 「舞台を降りるその時は」 末永裕樹 比良賀みん也 (17.11.22)
  > 「THE END OF 幼馴染」 雲母坂盾 (17.12.1)
  > 「園丁事変」 大川哲 (17.11.29)

  > 「災害少女」 みたらし三大 (17.12.3)
  > 「クロッシングフェンシング」 垣内宏仁 金丸栄一 (17.11.30)
  > 「マルミエボリューション」 豊木類 (17.12.2)

  > 「元サッカー部蹴崎周人」 星城礼 (17.11.25)
  > 「スケルトン・ボルト」 川口勇貴 (17.11.23)
  > 「はなたれボーイズ Snot-nosed Boys」 町田麗弥 (17.11.28)
  > 「ライテイ」 星城礼 (17.11.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2018年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2017年11月12日 (日)

◎福島記念&エリザベス女王杯(2017年)穴馬予想&結果

< 11月12日(日)に行われる福島記念(GIII)エリザベス女王杯(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島記念】

 福島の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ローカルハンデ重賞らしく、1番人気以外の馬の複勝最低オッズが(これを書いている時点で)2.5倍以上という超混戦状態となっていますが、人気下位にかつて重賞で連続好走していたような馬がズラリと並んでいるので、なぜか無駄に豪華に見えてしまいますね。

 それでここはそんな中から、フルーキーを◎にしてみましょう。

 昨年の夏までは重賞でも掲示板は決して外さないという安定感のある馬だったものの、その後は掲示板に載るのがやっと(馬券圏内はなし)と戦績がガラリと変わってしまいました。

 それでも、昨年のチャレンジCでは0.1秒差の4着、3走前の新潟大賞典では0.3秒差の4着、前走の新潟記念では0.1秒差の5着と重賞で惜しい走りを見せていますし、ここでの復活もあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ フルーキー / 北村宏司 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エリザベス女王杯】

 京都の芝2200mで行われる牝馬重賞(GI)です。

 最近の重賞好走馬がズラリと揃った好メンバーなので、実績馬でも穴として狙えるのは嬉しい反面、どの馬でも狙えそうなので1頭に絞るのがかなり悩ましいですね。

 それで本当にこれを書きつつも決心をつけられずにいるのですが、ここはもう腹をくくってスマートレイアーを◎にしてみましょう。

 今年に入ってからも京都記念で0.2秒差2着、鳴尾記念でクビ差2着、京都大賞典で勝利と、牡馬相手に互角以上の結果を出しているのに対し、牝馬限定戦だと期待を裏切ることが多いという特徴の馬ではあるものの、今年のヴィクトリアマイルでは0.2秒差(3着馬とはクビ差)の4着、2年前のこのレース(昨年は不出走)では0.1秒差(3着とは半馬身差)の4着と牝馬限定GIでも惜しい走りは見せています。

 それに京都のGIIで牡馬相手に連続連対している今の充実度からすればここでも好走必至だと思うし、人気の方もいい具合のオッズの付き方となっているので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ スマートレイアー / 川田将雅 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  5/15 .33.3% +17,770円  .139.5%

☆17年通算   > 41/185 22.2% -20,060円   96.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイルグランプリ(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月11日 (土)

◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果

< 11月11日(土)に行われる京都ジャンプステークス(J・GIII)東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)デイリー杯2歳ステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都ジャンプステークス】

 京都の芝3170mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 これを書いている時点で単勝1番人気が初重賞挑戦馬ということからも予想の難しさが伺えますが、ここはテイエムオペラドンを◎にしてみましょう。

 2走前には今回と同じ京都での重賞で2着に好走したのに対し、前走は上位陣にかなり離されての6着に終わりましたが、休み明けなのに馬体重18kg減だったことからも体調が整っていなかったことが分かりますし、馬体が戻り本来の走りを見せられるのであればここでの馬券圏内も充分にあるのでは。


  ◎ テイエムオペラドン / 中村将之 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス】

 東京のダート1600mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、3歳馬のサンライズソワを◎にしてみましょう。

 いまだダートでは馬券圏を外したことのない馬で、古馬との対戦となったここ2戦のOPでも勝ち切れないながら3着に入り安定感を見せていますし、世代トップを決める交流GI・ジャパンダートダービーではわずかクビ差届かずの2着になった馬なので、ここでも上位争いに加わってくれるのでは。


  ◎ サンライズソワ / 吉田豊 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【デイリー杯2歳ステークス】

 京都の芝1600mで行われる2歳重賞(GII)です。

 これを書いている時点で9頭中半数以上となる5頭の複勝最低オッズが2倍を切っているという自分泣かせのオッズとなっています。

 それで2倍以上の4頭は、3戦目で未勝利戦を逃げ勝った馬、新馬戦で勝った馬、5戦目で未勝利戦(ダート)を勝った馬、4戦目で未勝利戦を勝った後は馬券圏外続きでここ2戦はダートを走っている馬なので、ここは素直に1戦1勝馬でまだ底を見せていないヒシコスマーを◎にしてみましょう。


  ◎ ヒシコスマー / 浜中俊 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  5/13 .38.5% +23,770円  .160.9%

☆17年通算   > 41/183 22.4% -14,060円   97.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ロジータ記念(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島記念&エリザベス女王杯(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月10日 (金)

(再掲載)“「このミス」完全読破”の更新情報についての紹介

Gapaku3298_tp_v


* この記事は以前更新したものと同じ内容です


 当ブログ(朴念仁と居候)のカテゴリーの一つである“「このミス」完全読破”のみの更新情報を、まとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”にて表示しています

 まあ最新記事は、ブログのサイドメニューにある“最近の記事”を見てもらえばよいのですが、例えばこのミステリーがすごい!ランキング(順位)予想“月別ランクイン候補作品”に対象作品を追加したり、“「このミス」ベスト10作品をみんなで予想しよう!”に新たな投票者の予想を追記したような場合、サイドメニューではそれらをお知らせすることは出来ません

 そういった追記・追加情報も、この“更新情報”欄を見てもらえればわかることから、いくらか便利なのではないかと思うので、もしよかったら“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”“更新情報”欄で“「このミス」完全読破”の更新情報をチェックしてみてください


 そしてこのまとめページ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”では、読んだ順番に並べた記事リストの他、年版別・作家別のリストも作っていて、ランキング予想(候補作品)・各企画などもまとめていますし、「このミス」に関する資料的なランキング&リストを載せた“このミス資料集”というページもあります

 なので、まだ“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト”を見たことがないという方や、普段カテゴリー記事一覧などから目的の記事を探している方などは、この機会に一度見てみてください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年11月 9日 (木)

『タフガイ』 藤田宜永 > 「このミス」完全読破 No.986

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.986

 『タフガイ』 藤田宜永

   「このミス」2018年版 : 14位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 20位

   読了日 : 2017年10月7日

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2017年7月>

タフガイ (ハヤカワ・ミステリワールド) (ハヤカワ・ミステリーワールド)タフガイ (ハヤカワ・ミステリワールド)
藤田 宜永

早川書房 2017-07-20
売り上げランキング : 354638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.956「喝采」に続く“私立探偵 浜崎順一郎シリーズ”の2作目です。

 藤田宜永は、ミステリ・ハードボイルド・冒険小説といったジャンルの作品を発表していた「このミス」初期にはランキングの常連でしたが、90年代後半以降は恋愛小説を中心とした作風に変わったこともあり、「このミス」のランキングで名前を見なくなりました。

 しかし、2014年(2015年版)に発売された『喝采』にて実に18年ぶりとなる「このミス」ランクインを果たすと、翌年(2016年版)にはNo.842「血の弔旗」で20年ぶりのベスト10入り。

 さらに昨年(2017年版)はNo.897「亡者たちの切り札」が(ランクインこそ逃したものの)32位と、票を集めた作品を3年連続で生み出しているので、シリーズ前作は結果的に(「このミス」における)“ハードボイルド作家”としての復活作となったのですね。

 なお、本作からいきなり読んでも問題なく楽しむことが出来ると思いますが、(前作を読んでいた場合と比べて)人物把握がよりややこしく感じられてしまうかもしれないですし、前作の内容に軽く触れる場面がいくつかあるので、余裕があるならば前作から順に読むのがよいのでは。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今回の舞台となるのは1974年(前作の2年後)で、私立探偵・浜崎順一郎が新宿で少年少女の二人組を保護し、葉山にある別荘へと送り届けたところ、その少年の父親というのが偶然にも浜崎の(少年院時代の)悪友・安藤石雄だったことから、久々に再会に驚きつつ昔話に花を咲かせることに。

 それが縁で石雄の父・庄三郎から庄三郎の娘(石雄の義妹)・智亜紀の行方を捜す依頼を受け、調査を始めたところ、その智亜紀が何者かに拳銃で頭を撃たれ死んでいるのが見つかったため、そこから浜崎は事件の奥深き渦中へと迫っていくことになります。

 というわけで今回も、いくつもの事件や騒動や人間模様が複雑に絡み合い、それを私立探偵が自らの足とコネを使って解きほどき掻き分けつつ真相へと向かっていくハードボイルド系ミステリとしての読み応えは申し分なく、そんなストーリーを支える(昭和の時代である70年代が舞台だからこその)王道ハードボイルド的な世界観や雰囲気や文体も痺れるほどのカッコ良さなので、読み始めたらすぐにグイッと作中世界に惹き込まれてしまうくらいの貫禄(のようなもの)がにじみ出ていました。

 そして今回は“男の友情”という前作にはなかったテーマが加わっていまして、それにより主人公の(探偵としての)仕事に対する執念や葛藤や生き様などがより凄みを増して感じられましたし、人間ドラマとしての内でたぎる熱さもハードボイルド的な渋みも一段と深く濃く魅力的にレベルアップしていたように思います。

 そのため、前作と同様の面白さもありつつ本作ならではの読み所も増えているので、前作を楽しめたハードボイルド好きな人であれば(ハードボイルドの)定番的な面白さを新鮮な気持ちでじっくりと堪能出来るでしょうし、(やはり前作と同様に)原尞の“探偵沢崎シリーズ”新刊の発売に待ちくたびれている人には特にお薦めしたいですね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “藤田宜永” 関連記事 】

  > No.986 「タフガイ」

  > No.956 「喝采」
  > No.897 「亡者たちの切り札」
  > No.842 「血の弔旗」
  > No.275 「ダブル・スチール」
  > No.271 「敗者復活」


 「ドローン探偵と世界の終わり館」早坂吝 <<< PREV
                   NEXT >>> 「Y駅発深夜バス」青木知己

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2017年11月 8日 (水)

◎ロジータ記念(2017年)穴馬予想&結果

< 11月8日(水)に行われるロジータ記念(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ロジータ記念】

 川崎のダート2100mで行われる南関3歳牝馬重賞(SI)です。

 クラシック戦線を走って来た馬に、別路線で結果を出して来た馬、さらには侮れない他地区馬もいるので、なかなか予想が難しいレースです。

 それを表してか、前日オッズの方も複勝がかなりバラバラになっていて最終的にどのようになるのか予測が付きにくいため、ここは慎重を期して、ある程度オッズが固まってから最終予想を決定し、それをレース30分前までにここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 本当は直前までオッズを見極めてギリギリ(最低オッズ2倍以上)のところを狙おうかと考えていたのですが、ただ結局はオッズの推移を見守る必要もない低人気馬であるグラスサファイヤを◎にすることにしました。

 東京2歳優駿牝馬で4着、ユングフラウ賞で3着、桜花賞で2着と(7着に終わった東京プリンセス賞以外は)同世代の王道路線で地味ながら健闘していた馬ですが、初の古馬戦となった2走前こそ良い所なく惨敗したものの、前走は中央馬が何頭もいるメンバーの中で直線で前が詰まりつつも2番目の上がりタイムで(7着ながら)0.5秒差だったので、再び同世代が相手となる今回で巻き返してくる可能性は十分にあるのでは。


  ◎ グラスサファイヤ / 今野忠成 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  4/10 .40.0% +16,270円  .154.2%

☆17年通算   > 40/180 22.2% -21,560円   96.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ローレル賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月 7日 (火)

◎ローレル賞(2017年)穴馬予想&結果

< 11月7日(火)に行われるローレル賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ローレル賞】

 川崎のダート1600mで行われる南関2歳牝馬重賞(SIII)です。

 南関2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うようにしているのですが、今回は道営馬3頭と元道営馬(現南関馬)1頭が参戦。

 このうち前走の交流重賞・エーデルワイス賞で1・2着だったストロングハートとグラヴィオーラは当然の如く人気を集めそうなので、穴として狙うのであれば他の2頭に。

 ただ、2走前には今回人気の2頭に先着して勝利しているボーダレスガールか、南関移籍後に今回の舞台である川崎や(今回より100m短いとはいえ)1500mを経験しているハタノサンドリヨンか、どちらを選ぶかがかなり悩ましいものの、そんな時はより人気のない方を狙ってみようということで、ここはボーダレスガールを◎にしてみました。


  ◎ ボーダレスガール / 吉原寛人 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  3/9  .33.3%  .+47,570円 116.9%

☆17年通算   > 39/179 21.8% -33,260円   93.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アルゼンチン共和国杯&みやこS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ロジータ記念(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月 6日 (月)

「グーとグー」 谷本達哉 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ 2017年 11/27 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ 2017年 11/27 号 [雑誌]

集英社 2017-11-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “新時代を担う超新星読切2連弾!!”の第2弾として週刊少年ジャンプの2017年50号(11月13日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「グーとグー」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の谷本達哉(たにもと・たつや)は、「平和マシン」で“手塚賞(2014年下半期)”の最終候補となった後、「反逆将棋」で“手塚賞(2015年上半期)”の佳作を受賞。

 続いて「平和マシン」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に掲載してデビューを飾り(「平和マシン」 谷本達哉 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)、本作にて本誌デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「谷本達哉」関連記事】

  > 「グーとグー」 谷本達哉 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.11.6)

  > 「平和マシン」 谷本達哉 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.11)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2017年11月 5日 (日)

◎アルゼンチン共和国杯&みやこS(2017年)穴馬予想&結果

< 11月5日(日)に行われるアルゼンチン共和国杯(GII)みやこステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アルゼンチン共和国杯】

 東京の芝2500mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ここはハンデ戦ならではの穴馬ということでハッピーモーメントを◎にしてみましょう。

 古馬になってから初の重賞挑戦となった3走前の目黒記念でいきなり3着に好走すると、続く新潟記念でも9着ながら0.3秒差と健闘したものの、前走の京都大賞典では最下位に沈むことに.....。

 ただ、好走した2戦は左回りのハンデ戦だったのに対し、前走は右回りの別定戦だったので、これが惨敗の理由だとすれば再び左回りのハンデ戦となる今回は巻き返しが可能だろうし、ハンデも好走した2戦と同じ54kgなため、狙ってみるのも面白そうだということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ハッピーモーメント / 津村明秀 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【みやこステークス】

 京都のダート1800mで行われる重賞(GIII)です。

 このレースは狙ってみたい穴馬が見当たらないくらいに難しいので、それならば“外れて元々”の一か八か精神で思い切った穴馬狙いでいくことにしまして、ここはリーゼントロックを◎にしてみましょう。

 この馬は重賞での3着以内がまだなく、前走のエルムSも14頭中13着と大敗していますが、マーチSでは6着ながら3着馬とは0.2秒差、アンタレスSでは3着馬とハナ差の4着と健闘していますし、その2レースでは(今回も対戦する)アスカノロマンと僅差の勝負を演じたのにも関わらず今回オッズ差がかなり開いているので、そんなオッズの妙味も考慮してこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ リーゼントロック / 中谷雄太(7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  3/8  .37.5%  .+7,570円 .131.5%

☆17年通算   > 39/178 21.9% -30,260円  94.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京王杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ローレル賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月 4日 (土)

◎京王杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果

< 11月4日(土)に行われる京王杯2歳ステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京王杯2歳ステークス】

 東京の芝1400mで行われる2歳重賞(GII)です。

 ダート競馬の祭典・JBCから一夜明けて行われる中央の2歳重賞ですが、今年の中央2歳重賞では重賞やOPで好走しながら人気になっていない馬を狙うようにしていまして、今回はいずれも重賞勝ち馬ながらそれほど人気になっていないアサクサゲンキ(小倉2歳S勝ち馬)とカシアス(函館2歳S勝ち馬)が該当しそうです。

 ただ、これを書いている時点(前日深夜)では両馬共に複勝最低オッズが2倍以上となっているとはいえ、これから2倍を切ってくる可能性が高そうなオッズなため、ここは確実に穴馬となるであろうトーセンアンバーを◎にしてみましょう。

 この馬は重賞もOPも未出走で、未勝利戦での1勝のみではありますが、デビュー戦を除く3戦は連続して最速の上がりを繰り出していますし、東京コースも経験済みなので、馬券圏内に入る可能性は十分にあるのでは。


  ◎ トーセンアンバー / C.デムーロ (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  3/6  .50.0% +13,570円 .175.4%

☆17年通算   > 39/176 22.2% -24,260円  95.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アルゼンチン共和国杯&みやこS(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月 3日 (金)

◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック(2017年)穴馬予想&結果

< 11月3日(金・祝)に行われるJBCレディスクラシック(JpnI)JBCスプリント(JpnI)JBCクラシック(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCレディスクラシック】

 大井のダート1800mで行われる交流牝馬重賞(JpnI)です。

 いよいよダート競馬の祭典・JBCが開催となりますが、交流GI・3連戦が始まる直前には中央重賞が発走となることもあって、例年以上の盛り上がりとなりそうですね。

 それでこのJBC3レースも、(他の重賞のような“複勝1点買い”ではなく)交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいってみましょう。

 しかし、いつもならばある程度オッズが固まってから最終予想を決定してそれをレース15分前までに追記していたのですが、今回は追記する時間が(たぶん)ないと思うので、オッズや人気を予測したうえで予想しないといけないことに.....(単勝複数買いではオッズ次第で狙う馬が変わってしまうのです)。

 そうなると、(結果的に)普通に狙えた馬でも人気(オッズ)の読み違いにより選べなかったりなど不都合な点が多いものの、これはもう仕方ないことなので、腹をくくって予想してみたいと思います。


 それでまずは牝馬限定戦ですが、前哨戦を圧勝したクイーンマンボが怪我のため回避となったのは残念ですが、そのために単勝的にはなかなかの混戦状態に。

 そして前日オッズを見た感じだと、その前哨戦であるレディスプレリュードで2着だったホワイトフーガが1番人気、3着だったアンジュデジールが2番人気となりそうなので、狙うのはその他の馬の中から。

 そこでここは、春からの休み明けながら今年の初め頃には交流重賞で連勝していたワンミリオンスと、地方馬ながら交流重賞で連続好走中のララベル、そしてオッズに余裕があるようならタガノヴェローナも押さえておきましょう。


  ◎ ワンミリオンス / 福永祐一 (1)
  △ ララベル / 真島大輔 (8)
  △ タガノヴェローナ / 岩田康誠 (14)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCスプリント】

 大井のダート1200mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 荒れやすい短距離戦ですが、現在交流GI連勝中のコパノリッキーの距離短縮&南関騎手騎乗がどうでるのか未知数なことにより余計に結果予想もオッズ予想も難しくしていますね。

 それで前日オッズの感じだと、そのコパノリッキーニシケンモノノフが1番人気を争い、中央から南関に移籍して2戦目で交流重賞を制したキタサンミカヅキは3番人気止まりなのではないかなと予測しています。

 ただ自分が狙いたい馬は、(芝から)ダート代わりの初戦こそが狙い目だろうと考えているスノードラゴンと、一発があるならこの馬だろうというドリームバレンチノの高齢馬コンビで、どちらも人気がなさそうなのですが、この2頭とキタサンミカヅキを狙えるようなオッズであればこの3頭で、無理そうならばブルドッグボスに変更、もし4頭とも狙えるオッズならば4頭狙いでいってみましょう(最終予想を追記出来そうだったら追記します)。


  ◎ キタサンミカヅキ / 繁田健一 (3)
  △ スノードラゴン / 大野拓弥 (8)
  △ ドリームバレンチノ / 岩田康誠 (6)
  △ ブルドッグボス / 内田博幸 (11)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCクラシック】

 大井のダート2000mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 昨年のJBCを含むここ1年間の中距離ダートGIは5レース全て違う馬が勝ちましたが、その5頭が揃い踏みとなったので、まさに最強決定戦といった感じでしょうか。

 それでこのレースは(他の2レースと比べて)人気の方がある程度正確に予測できそうで、まず昨年のこのレースを制したアウォーディーが1番人気、昨年末の帝王賞を制したアポロケンタッキーが2番人気となるのでは。

 そして、3番人気を争うであろうサウンドトゥルーケイティブレイブのどちらか1頭と、残りの中央馬3頭(オールブラッシュ・グレンツェント・ミツバ)の中から2頭選べるようなオッズになるのではないかと思っているので、そのようなオッズであるならばここはサウンドトゥルー・グレンツェント・ミツバの3頭狙いでいってみましょう。


  ◎ サウンドトゥルー / 大野拓弥 (8)
  △ グレンツェント / 森泰斗 (7)
  △ ミツバ / 松山弘平 (5)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  3/5  .60.0% +16,570円 .210.5%

☆17年通算   > 39/175 22.3% -21,260円  96.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ファンタジーS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京王杯2歳S(2017年)穴馬予想&結果

◎ファンタジーS(2017年)穴馬予想&結果

< 11月3日(金・祝)に行われるKBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【KBS京都賞ファンタジーステークス】

 京都の芝1400mで行われる2歳牝馬重賞(GIII)です。

 今日は大井競馬場でダート競馬の祭典・JBCが開催されますが、中央競馬の方も今週は祝日開催があり重賞も1レース行われるので、なかなか忙しいけれど楽しい競馬DAYとなりそうですね。

 そして今年の2歳重賞は、重賞やOPで結果を出しながら人気薄となっている馬を狙うようにしていまして、今回はその候補馬が何頭もいるので選択が悩ましいものの、ここはレグルドールを◎にしてみましょう。

 この馬は新馬戦を勝った後、フェニックス賞で0.2秒差2着、ひまわり賞で勝利とOPで連続好走していますし、小倉でしか走っていないのは不安ではあるとはいえ、(これを書いている時点で11番人気と)低人気なのであればまだ底を見せていない戦績からして狙ってみるのも面白いと思い、この馬に期待してみることに。


  ◎ レグルドール / 高倉稜 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  1/1  100.0%  .+5,400円 .280.0%

☆17年通算   > 37/171 21.6% -32,430円  93.7%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ハイセイコー記念(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック(2017年)穴馬予想&結果

2017年11月 2日 (木)

「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2017年11月)

Gapaku3298_tp_v


 とうとう10年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2019年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだうえでのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2019年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年11月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年11月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

 U / 皆川博子 (6作)
 皇帝と拳銃と / 倉知淳 (4作)  <感想記事はこちら>
 女の子のことばかり考えていたら、1年が経っていた。 / 東山彰良 (3作)
 おもかげ / 浅田次郎 (2作)
 アクシデント・レポート / 樋口毅宏 (1作)
 インフルエンス / 近藤史恵 (1作)
 宇宙探偵ノーグレイ / 田中啓文 (1作)
 ねこ町駅前商店街日々便り / 柴田よしき (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年11月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

 全日本探偵道コンクール セーラー服と黙示録 / 古野まほろ <3作> * シリーズ5作目
 破壊者の翼 戦力外捜査官 / 似鳥鶏 <1作> * シリーズ5作目
 逃亡刑事 / 中山七里 <1作>
 痴漢冤罪 / 新堂冬樹 <1作>
 逆さに吊るされた男 / 田口ランディ <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年11月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ 「推協賞」候補作収録]
 虹の向こう / 池田久輝  <感想記事はこちら>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年11月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “ミステリーズ! 新人賞”受賞作収録 ]
 サーチライトと誘蛾灯 / 櫻田智也  <感想記事はこちら>


[ “アガサ・クリスティー賞(大賞)”受賞作 ]
 窓から見える最初のもの / 村木美涼


[ “日本ホラー小説大賞(優秀賞)”受賞作 ]
 迷い家 / 山吹静吽

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年11月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 透明人間の異常な愛情 ニュクス事件ファイル / 天祢涼 (本) * シリーズ2作目
 ひよっこ社労士のヒナコ / 水生大海 (本)
 お隣さんが殺し屋さん / 藤崎翔 (早)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年11月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 TAKER 復讐の贈与者 / 日野草 * シリーズ3作目
 破滅の王 / 上田早夕里
 Dの遺言 / 柴田哲孝
 駐在日記 / 小路幸也
 ノーマンズランド / 誉田哲也 * シリーズ8作目
 代理人 / 本城雅人
 私のクラスの生徒が、一晩で24人死にました。 / 日向奈くらら
 殺人鬼探偵の捏造美学 / 御影瑛路
 コルヌトピア / 津久井五月
 バビロン 3 ―終― / 野崎まど * シリーズ3作目
 甦る殺人者 天久鷹央の事件カルテ / 知念実希人 * シリーズ8作目
 小酒井不木探偵小説選II(2) / 小酒井不木

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年11月発売の宝島社作品 <<

 * 「このミス」では集計対象外(「本ミス」「文春」「早ミス」は対象)
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 想いを伝えるシチュー / 友井羊 (本) * シリーズ3作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な11月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2019年版」月別ランクイン候補作品(2017年12月)

 「このミス2018年版」月別ランクイン候補作品(2017年10月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年11月 1日 (水)

◎ハイセイコー記念(2017年)穴馬予想&結果

< 11月1日(水)に行われるハイセイコー記念(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ハイセイコー記念】

 大井のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SIII)です。

 ダート競馬の祭典・JBCを二日後に控える中で行われる2歳重賞ですが、自分は南関2歳重賞では道営馬か元道営馬を狙うことにしているものの、今回は純南関馬のみのメンバーに。

 なのでここは、トーセンブルを◎にしてみましょう。

 この馬の近2走はいずれも掲示板外ではありますが、どちらも中央の芝でのレースでしたし、その前は南関(ダート)で6戦2勝5連対全馬券圏内と(勝ち馬に大差を付けられたレースもあったとはいえ)まだ底を見せていません。

 それに、南関での前走で破った相手(ドンビー)は後の南関重賞・平和賞で1番人気2着と好走していることもあり、同様に重賞で結果を出せる力があるのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ トーセンブル / 中野省吾 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ハセノパイロ     本田正重 3
 2着 13    クレセントシティー  矢野貴之 1
 3着 2  ◎ トーセンブル     中野省吾 7
 4着 5     マースインディ    笹川翼   5
 5着 1     クロスケ       柏木健宏 2


 ◎馬が直線で“これは届きそうもないかな~”という位置から猛然と追い込んで来て、最後はギリギリ(ハナ差)前に出て3着、ということで、これは一番シビれる当たり方ですねェ。


  (○複勝:2 2.8倍)  ○的中!  3,000円 → 8,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年11月  .>  1/1  100.0%  .+5,400円 .280.0%

☆17年通算   > 37/171 21.6% -32,430円  93.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎北海道2歳優駿(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ファンタジーS(2017年)穴馬予想&結果

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:       次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:       現在読書中の本

読書メーター

  • けんじ(朴念仁と居候)さんの読書メーター
無料ブログはココログ