サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

◎北海道2歳優駿(2017年)穴馬予想&結果

< 10月31日(火)に行われる北海道2歳優駿(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【北海道2歳優駿】

 門別のダート1800mで行われる交流2歳重賞(JpnIII)です。

 前回のエーデルワイス賞の時に“交流2歳重賞では(交流GIの全日本2歳優駿を除けば)中央馬と地方馬(特に道営馬)が互角の争いを繰り広げている”と書いたものの、後から“互角以上”にしておくべきだったかなぁ”と思っていたのですが、実際にレースが終わってみれば道営馬が掲示板を埋め尽くすという中央馬を圧倒した結果となりました。

 ただ、(前回の中央馬4頭中3頭が初ダートだったのに対し)今回参戦する中央馬全てがダートで1勝以上しているので、前回のような不甲斐ない結果にはならなそうですが、それでもここは自分の中での(交流2歳重賞における)定石通りに人気薄の道営馬の複勝を狙っていきましょう。

 とはいえ、これを書いている時点ではオッズが全く分かっていないため、オッズがある程度固まってから最終予想を決め、それをレース約15分前までにここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約15分前のオッズを確認したところ、全9頭中6頭の複勝最低オッズが2倍を切るという(自分にとっては歓迎できない)混戦状態に。

 そして2倍以上の道営馬2頭はさすがにここでは厳しそうなので、現時点での複勝最低オッズは2倍を切っているとはいえほぼ2倍であるサザンヴィグラスとヤマノファイトの二択にしまして、悩んだ結果、(2連勝中のヤマノファイトではなく)ここ2戦は負けているとはいえ僅差だったサザンヴィグラスの方を◎にしてみました。


  ◎ サザンヴィグラス / 吉原寛人 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     ドンフォルティス   武豊    1
 2着 2     フィールシュバース 田辺裕信 3
 3着 6  ◎ サザンヴィグラス   吉原寛人 5
 4着 5     マイネルアンファン  柴田大知 7
 5着 8     ヤマノファイト     阿部龍   4


 馬券圏内に唯一来た道営馬、そして唯一来た穴馬をズバリ当てることが出来たのは嬉しかったですねェ。

 ちなみに、連勝中の馬ではなく連続惜敗中の馬を選んだのは自分がそういうタイプの馬が好きだからというのが一番の理由だったものの、交流2歳重賞では“勝ち続けて来た道営馬”よりも“勝ち切れないながらも好走続きの道営馬”の方が結構馬券圏内に来ている印象があるのですが、実際のところはどうなのでしょうか.....。


  (○複勝:6 2.0倍)  ○的中!  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  4/21  19.0% -25,200円  60.0%

☆17年通算   > 36/170 21.2% -37,830円  92.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎天皇賞・秋(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ハイセイコー記念(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月30日 (月)

「グリム・リーパー」 辻田大誠 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2017年 11/20 号 [雑誌]少年ジャンプ 2017年 11/20 号 [雑誌]

集英社 2017-11-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “新時代を担う超新星読切2連弾!!”の第1弾として週刊少年ジャンプの2017年49号(11月6日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「グリム・リーパー」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の辻田大誠(つじた・たいせい)は、「BUDDDA!!!-ブッダ-」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年3月期)”の準入選&グランドトレジャー賞を受賞し、その受賞作「BUDDDA!!!」を“ジャンプGIGA vol.3(2016年)”に掲載してデビュー(「BUDDDA!!!」 辻田大誠 > ジャンプGIGA vol.3参照)。

 続いて「DOGS -ドッグス-」を“ジャンプGIGA 2017 vol.1”に掲載し(「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 > ジャンプGIGA 2017 vol.1参照)、本作にて本誌デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「辻田大誠」関連記事】

  > 「グリム・リーパー」 辻田大誠 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.10.30)

  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.17)

  > 「BUDDDA!!!」 辻田大誠 > ジャンプGIGA vol.3 (16.9.14)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

2017年10月29日 (日)

☆ 磐田戦・データボックス>2017年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/29(日) J1リーグ 第31節・ジュビロ磐田戦 (エコパ)


  ●1-2 (前半1-1、後半0-1)

  主審: 佐藤 隆治  入場者数:19,525人

  .<得点> 1-0 伊藤翔    (横浜・前半30分 PK/公式Youtube動画
         1-1 川又堅碁  (磐田・前半40分/公式Youtube動画
         1-2 川又堅碁  (磐田・後半20分/公式Youtube動画

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 5位 (前節 3位)
         < 16勝 7分 8敗  勝点 54 得点 41 失点 30 得失点差 +11 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (インタビュー動画) (Jリーグ公式)

    


 (Jリーグ公式) 「川又の2ゴールを守り抜き、磐田が豪雨の激戦を制す

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「俊輔主将の磐田が“3度目の正直”!
            劣悪なピッチの中、3位・横浜FMに逆転勝ち

 (ドメサカブログ) 「磐田が川又2発の活躍で大雨の上位対決を制す!
             横浜FMはミス響き逆転負け


 (スポニチ) 「横浜、伊藤が先制弾も今季初の逆転負け…ACL出場圏外に転落

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「優勝消滅で5位後退
             1人で全シュートのFW伊藤「次は絶対に落とせない」

 (スポーツ報知) 「モンバエルツ監督「水球のよう」
               試合中の累計雨量50ミリも中断せず

 (サンスポ) 「2戦連続ゴールの横浜M・伊藤、
           C大阪との大一番へ気合「絶対落とせないゲーム」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 磐田戦・プレビュー>2017年J1リーグ第31節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎天皇賞・秋(2017年)穴馬予想&結果

< 10月29日(日)に行われる天皇賞・秋(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇賞(秋)】

 東京の芝2000mで行われる重賞(GI)です。

 台風が近づく中で行われる“秋の古馬三冠”の第1戦ですが、3頭いる候補馬のうちどの馬を選ぶのかでかなり悩まされました。

 それでここは、東京実績を重視することにしまして、ステファノスを◎にしてみましょう。

 重賞を勝ったのは今からちょうど3年前の富士Sのみではあるものの、GIで2着3回に3着2回という実績があり、この秋天でも2年前が2着、昨年が3着と連続好走するほど相性が良いです。

 今年に入ってからも、金鯱賞が6着ながら0.3秒差(2着馬とは0.1秒差)、GIの大阪杯が3/4馬身差の2着、GIの安田記念が7着ながら0.3秒差、前走のオールカマーが1/2馬身差の2着と、相変わらず勝てはしないけれど毎度のように好走していますし、今回もその安定感に期待してみたいと思います。


  ◎ ステファノス / 戸崎圭太 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  3/20  15.0% -28,200円  53.0%

☆17年通算   > 35/169 20.7% -40,830円  91.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎スワンS&アルテミスS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎北海道2歳優駿(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月28日 (土)

◎スワンS&アルテミスS(2017年)穴馬予想&結果

< 10月28日(土)に行われる毎日放送賞スワンステークス(GII)アルテミスステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【毎日放送賞スワンステークス】

 京都の芝1400mで行われる重賞(GII)です。

 ここは、ヒルノデイバローを◎にしてみましょう。

 まず前に行くのか後方からなのかレースが始まってみないと分からない馬ですが、重賞で馬券圏内が一度のみとはいえ惜しかったレースもいくつかありましたし、ハマった時の一発が大いにありそうながら結構な人気薄となりそうなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ヒルノデイバロー / 四位洋文 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アルテミスステークス】

 東京の芝1600mで行われる2歳牝馬重賞(GIII)です。

 2歳重賞はかなり苦手ながら、一つ前の中央2歳重賞も一つ前の交流2歳重賞も一つ前の南関2歳重賞も当てることが出来ているので、この調子でここも当てたいところですね。

 それで前回当てた小倉2歳SではOP実績を素直に評価したことが成功したので、今回もそれで行こうと思うのですが、札幌2歳Sで共に勝ち馬から0.3秒差だったミスマンマミーアシスターフラッグのどちらを選ぶのかで悩むことに。

 となれば、より人気がない方ということで、ミスマンマミーアの方を◎にしてみましょう。

 この馬は地方馬ながら中央芝OPで2着の実績もあり、前走は道営でのダートのレースだったとはいえ後の交流重賞1・3着馬や南関重賞勝ち馬を破っていますし、芝でもダートでも結果を出しているのにあまり人気にならないのであれば狙うしかないだろうということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ ミスマンマミーア / 宮崎光行 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  3/19  15.8% -25,200円  55.8%

☆17年通算   > 35/168 20.8% -37,830円  92.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎平和賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎天皇賞・秋(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月27日 (金)

☆ 磐田戦・プレビュー>2017年J1リーグ第31節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 10/29(日) 15:00~ J1リーグ 第31節

     vs ジュビロ磐田 (エコパスタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 3位 16勝 7分 7敗 勝点 55  40得 28失 得失 +12 」
  磐田  :「 6位 14勝 9分 7敗 勝点 51  46得 28失 得失 +18 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 磐田戦は、公式戦通算で「31勝 4分 25敗」、リーグ戦通算で「24勝 2分 20敗」とやや勝ち越しているもののほぼ互角の成績で、リーグ戦ホームで「13勝 1分 10敗」、アウェーで「11勝 2分 10敗」とホーム/アウェーごとの相性も特にありません。

 ただ、リーグ戦では2008年第25節からの14試合でわずか1敗のみ(10勝 3分 1敗)で、公式戦でも2009年以降でわずか2敗(11勝 4分 2敗)と、ここ最近はかなり相性が良いですし、昨年のアウェーでは○5-1で圧勝しています。

 ちなみに、エコパでの磐田戦は、大島秀夫のゴールにより○1-0で勝利した2008年第25節以来9年ぶりです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算35ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学と並びマリノス歴代10位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 磐田 : 高橋祥平

 【出場停止にリーチ】  マリノス: マルティノス(2回目)、喜田拓也、
                      中町公祐、扇原貴宏、天野純

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 齋藤学金井貢史
                ウーゴ ヴィエイラマルティノス

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           磐田  : 山田大記

 【日本代表】  マリノス:
           磐田  :

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .磐田  .: 針谷岳晃

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
          .磐田  .: 針谷岳晃

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 杉本大地(JY)
           磐田  : 中村俊輔
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  磐田オフィシャル

 【チケット情報】  磐田オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「磐田 MF山田が肉離れで離脱 天皇杯準々決勝で前半5分に交代」 (10/28)
   > 「磐田MF宮崎、リーグ戦今季初のボランチ先発へ」 (10/28)
   > 「【磐田】MF宮崎、ボランチで先発へ」 (10/28)

   > 「横浜DF中沢V諦めない!「4つ全部勝たないと」」 (10/27)
   > 「今季5得点6アシストのMFマルティノス、磐田戦欠場が確定」 (10/27)
   > 「【J試合情報】ジュビロ磐田vs横浜F・マリノス 10月29日」 (10/27)

   > 「【磐田】俊輔、移籍後初キャプテン!29日古巣・横浜M戦」 (10/23)


 【TV中継】 (生) 10/29(日) 15:00~  SBSテレビ(静岡放送)

        (録) なし

        (配信)10/29(日) 15:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 磐田戦・データボックス>2017年J1リーグ第31節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年10月26日 (木)

☆ 磐田戦・データボックス>2017年天皇杯準々決勝(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/25(水) 天皇杯 準々決勝・ジュビロ磐田戦 (ニッパツ)


  ○1-0 (前半0-0、後半1-0)

  主審: 家本 政明  入場者数:9,696人

  .<得点> 1-0 オウンゴール (横浜・後半36分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 天皇杯では、準々決勝終了後に警告累積がリセットされるため、準々決勝までに警告を1回だけ受けた選手(ウーゴ ヴィエイラ、齋藤学、喜田拓也、ダビド バブンスキー、栗原勇蔵)の警告累積はリセットされます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇杯準決勝進出決定】


 この試合に勝利したため、準決勝進出が決定しました。

 12月23日(土・祝)に行われる天皇杯準決勝は、(準々決勝で川崎フロンターレに○1-0で勝利した)柏レイソルと対戦します(試合時間や会場は後日発表)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (Jリーグ公式) 「終盤に一歩前へ出たのはトリコロール。2年連続のベスト4入り

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ハイライト動画) スカパー公式

    


 (ゲキサカ) 「横浜FMが2大会連続4強入り、OGで俊輔先発の磐田に競り勝つ

 (ゲキサカ) 「鋭いクロスでOG誘発した遠藤渓太
             「鹿島戦のゴールは『OG』と言われた」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが2年連続のベスト4進出決める!
             バブンスキー絶妙パスを遠藤が折り返し決勝点のOG誘発


 (スポニチ) 「横浜・遠藤“正真正銘”OG誘発「ラッキーが続いている」

 (日刊スポーツ) 「横浜4強!遠藤、俊輔顔負けの鋭いクロスでOG誘発

 (スポーツ報知) 「2季連続4強!
             栗原「最後まで集中して守れたからこういう結果になった」

 (スポーツ報知) 「プロ初の先発キャプテンマークの喜田
             「責任と自覚を持ってやろうと」

 (スポーツ報知) 「バブンスキー、オウンゴール呼び込み
                2大会連続4強入り「ベリーハッピー」

 (サンスポ) 「横浜M、オウンゴールで2大会連続の準決

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 磐田戦・プレビュー>2017年天皇杯準々決勝


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年10月25日 (水)

◎平和賞(2017年)穴馬予想&結果

< 10月25日(水)に行われる平和賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【平和賞】

 船橋のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SIII)です。

 2歳重賞なのでいつも通りに道営馬を狙うことにしまして、今回参戦する3頭は戦績的には厳しそうではあるものの、その中で一番可能性のありそうなリンノストーンを◎にしてみましょう。

 短距離戦では安定した成績を続けながら、初マイルとなった前走では6着に敗れましたが、馬体重が結構増えていたので距離よりも本調子ではなかったことが敗因である可能性はあるかもしれませんし、この時は中央の芝重賞で健闘したり後の交流重賞で馬券に絡んだ馬が数頭いる豪華メンバーだったことを考えれば、この馬も巻き返しが期待できるのでは。


  ◎ リンノストーン / 真島大輔 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  2/17  11.8% -38,700円  24.1%

☆17年通算   > 34/166 20.5% -51,330円  89.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎菊花賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎スワンS&アルテミスS(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月24日 (火)

☆ 磐田戦・プレビュー>2017年天皇杯準々決勝(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 10/25(水) 19:00~ 天皇杯 準々決勝

     vs ジュビロ磐田 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 3位 16勝 7分 7敗 勝点 55  40得 28失 得失 +12 」
  磐田  :「 6位 14勝 9分 7敗 勝点 51  46得 28失 得失 +18 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 磐田戦は、公式戦通算で「31勝 4分 25敗」、リーグ戦通算で「24勝 2分 20敗」とやや勝ち越しているもののほぼ互角の成績で、リーグ戦ホームで「13勝 1分 10敗」、アウェーで「11勝 2分 10敗」とホーム/アウェーごとの相性も特にありません。

 ただ、リーグ戦では2008年第25節からの14試合でわずか1敗のみ(10勝 3分 1敗)で、公式戦でも2009年以降でわずか2敗(10勝 4分 2敗)と、ここ最近はかなり相性が良いですし、ホームでは2009年から公式戦6連勝(昨年の引き分けで連勝ストップ)で2009~2012年には4年連続無失点、そして今年のリーグ戦ホーム(第6節)も○2-1で勝利とかなりの好相性です。

 ちなみに、磐田とは今回が天皇杯初対戦となりますが、それぞれの前身クラブである日産自動車・ヤマハ発動機時代には対戦していて、1989年大会の決勝では日産が○3-2でヤマハに勝利し優勝しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【準決勝情報】


 この試合に勝利すると、準決勝進出が決定。

 12月23日(土)に行われる準決勝では、川崎フロンターレと柏レイソルの勝者と対戦することになります(試合時間や会場は後日発表)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: ミロシュ デゲネク、下平匠、 磐田: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: ウーゴ ヴィエイラ、齋藤学、
                     喜田拓也、ダビド バブンスキー

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 齋藤学金井貢史
                ウーゴ ヴィエイラ、(マルティノス

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           磐田  : 山田大記

 【日本代表】  マリノス:
           磐田  :

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .磐田  .: 針谷岳晃

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
          .磐田  .: 針谷岳晃

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 杉本大地(JY)
           磐田  : 中村俊輔
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【チケット情報】  Jリーグチケット

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜・栗原“俊輔封じ”誓う 天皇杯2年連続4強へ対戦心待ち」 (10/25)
   > 「【横浜M】天皇杯4強へ秘策 天野を“影武者・俊輔”に」 (10/25)

   > 「【横浜M】天皇杯磐田戦へ指揮官「対俊輔ではなく対磐田」
      栗原「癖で決めちゃいそう」」 (10/24)
   > 「俊輔、今季カップ戦初先発初出場へ闘志「自分たちとの戦い」」 (10/24)
   > 「【磐田】中村俊輔、天皇杯準々決勝で古巣・横浜M戦で先発へ
      4日後はリーグ戦で対決」 (10/24)


 【TV中継】 (生) 10/25(水) 18:55~  スカチャン1

        (録) 10/26(木) 24:05~  スカサカ!

            10/27(金) 22:45~  スカチャン1

        (準々決勝ダイジェスト/ハイライト)
            10/25(水) 22:00~  スカサカ!

            10/26(木) 17:00~  スカチャン1
            10/26(木) 27:10~  スカサカ!

            10/27(金) 06:30~  スカチャン1
            10/27(金) 11:30~  スカサカ!
            10/27(金) 22:15~  スカチャン2

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 磐田戦・データボックス>2017年天皇杯準々決勝

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年10月23日 (月)

『AX アックス』 伊坂幸太郎 > 「このミス」完全読破 No.982

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.982

 『AX アックス』 伊坂幸太郎

   「このミス」2018年版 : 21位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 6位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 7位

   読始:2017.9.16 ~ 読終:2017.9.17

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2017年7月>

AX アックスAX アックス
伊坂 幸太郎

KADOKAWA 2017-07-28
売り上げランキング : 2299

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.381「グラスホッパー」No.384 「マリアビートル」に続く“殺し屋シリーズ”の3作目です。

 2004年に発売されたシリーズ1作目は「このミス」でNo.84「アヒルと鴨のコインロッカー」(2位)、『チルドレン』(16位)と3作同時にランクインし(18位)、それから6年後に発売された2作目は「このミス」でベスト10入り、「週刊文春ミステリーベスト10」ではベスト3入りするほどに評価を上げました。

 そしてさらに7年後にシリーズ復活となったのが本作で、(繋がりの強かった1・2作目とは違って)今回は前2作との結びつきはそれほどでもないため、本作から読んでも問題なく楽しめると思いますが、ただ前2作の内容に軽く触れる場面はあるので、前2作を読んでいた方がより楽しめるのは間違いないのでは。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「AX」「BEE」「Crayon」「EXIT」「FINE」から成るシリーズ初の連作集です(前2作はどちらも長編)。

 今回の主人公である「兜」は、同業者からも一目置かれるほどの超一流の殺し屋でありながら、家に帰れば妻に頭が上がらず、高校生の息子にも呆れられているという、頼りなくも優しい“一家のお父さん”なのです(家族は主人公の裏稼業のことを知らず)。

 “凄腕の殺し屋”と“恐妻家”のギャップにより滑稽で微笑ましくて可笑しい雰囲気が魅力的に作られていますし、殺し屋という仕事に関して悩みつつ家族を大切に思う主人公の人間味溢れる姿に対して(読みながら)愛おしく感じてしまうこと間違いないでしょう。

 複数の殺し屋が暴れまくる前2作と比べると、今回は殺し屋の日常を中心に描いているかのようなので比較的ライトな印象となっているものの、終盤に入ると一気にサスペンス的な緊迫感が増していき、著者得意の伏線ミステリを効かせた仕掛けも炸裂するなど、ライトな読み味だけでは終わらせない伊坂作品ならではの読み応えも健在でした。

 そんなわけで今回は前2作とは少々作風が変わっていて、(このシリーズならではの犯罪サスペンス的な面白さももちろんあるとはいえ)殺し屋の話なのに温かな気持ちにもさせられてしまうという人情ドラマ的な部分が一番の読み所となっているので、前2作を楽しめたという人なら(犯罪サスペンス的な刺激を期待しすぎなければ)今回は姉妹編のような感じで楽しめると思いますし、もしかしたら前2作がいまいち合わなかったという人ほど本作を大いに堪能できるかもしれませんね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “伊坂幸太郎” 関連記事 】

  > No.809 「火星に住むつもりかい?」
  > No.794 「キャプテンサンダーボルト」
  > No.732 「首折り男のための協奏曲」

  > No.695 「ガソリン生活」
  > No.672 「死神の浮力」
  > No.627 「死神の精度」
  > No.618 「残り全部バケーション」
  > No.612 「夜の国のクーパー」

  > No.528 「P K」
  > No.384 「マリアビートル」
  > No.381 「グラスホッパー」
  > No.367 「バイバイ、ブラックバード」
  > No.312 「蝦蟇倉市事件 1」

  > No.310 「オー! ファーザー」
  > No.289 「SOSの猿」
  > No.125 「ゴールデンスランバー」
  > No.084 「アヒルと鴨のコインロッカー」
  > No.021 「重力ピエロ」


 「愚者の毒」宇佐美まこと <<< PREV/NEXT >>> 「満月の泥枕」道尾秀介

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

Gapaku3298_tp_v

2017年10月22日 (日)

◎菊花賞(2017年)穴馬予想&結果

< 10月22日(日)に行われる菊花賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【菊花賞】

 京都の芝3000mで行われる3歳重賞(GI)です。

 台風が近づく雨の中で迎えるクラシック第3戦ですが、ダービーの1~3着馬が不在ということもあって(これを書いている時点で)全ての馬の複勝最低オッズが2倍以上という混戦状態となっています。

 それでここは、サトノアーサーを◎にしてみましょう。

 デビュー後6戦してダービー10着以外は全て馬券に絡んでいるという安定感のある馬で、ダービーでの惨敗も2番目に速い上がりを出していたことを考えれば直線ほぼ最後方という位置取りが敗因でしょう。

 先行した前走はきっちりと3着に来ていますし、休み明けだった前走の馬体重プラス14kgが絞り切れていなかったのだとしても成長分だとしても今回さらに状態がアップするのは確実だと思うので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ サトノアーサー / 川田将雅 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  1/16  .6.3% -41,400円  13.8%

☆17年通算   > 33/165 20.0% -54,030円  89.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎富士S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎平和賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月21日 (土)

☆ 鹿島戦・データボックス>2017年J1リーグ第30節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/21(土) J1リーグ 第30節・鹿島アントラーズ戦 (日産ス)


  ○3-2 (前半2-1、後半1-1)

  主審: 西村 雄一  入場者数:29,716人

  .<得点> 1-0 伊藤翔    (横浜・前半03分/公式Youtube動画
         2-0 天野純    (横浜・前半14分/公式Youtube動画
         2-1 山本修斗  (鹿島・前半47分/公式Youtube動画
         2-2 植田直通  (鹿島・後半21分/公式Youtube動画
         3-2 遠藤渓太  (横浜・後半29分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「ホーム得点」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 6位>

  ・「同一カード 失点」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 7位>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 9試合連続 でストップ <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 7試合連続 でストップ <マリノス歴代 2位>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 3位 (前節 4位)
         < 16勝 7分 7敗  勝点 54 得点 40 失点 28 得失点差 +12 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (インタビュー動画) 天野純(Jリーグ公式)

    


 (Jリーグ公式) 「主力不在をものともせず、首位撃破の横浜FMが3位浮上

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「0-2から一時同点も…首位鹿島は横浜FMに競り負け
          2位川崎Fと勝ち点2差に

 (ゲキサカ) 「えっ、オウンゴール?ヒーローインタビューで思わず絶句…
          遠藤渓太が“二転三転”の日産初ゴール

 (ゲキサカ) 「負傷離脱の同僚FWに捧げるゴールパフォ、
             横浜FM伊藤翔「試合が終わったらLINEが…」

 (ゲキサカ) 「ダブルピースに思わず“赤面”…
          1G1Aの横浜FM天野純「いい年して恥ずかしい

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが2点差追いつかれるも突き放し首位撃破!
             3戦負けなしで3位に浮上


 (スポニチ) 「横浜・遠藤3位浮上弾!最後は昌子に当たるも「僕の得点です」

 (日刊スポーツ) 「横浜3位浮上 中沢「鹿島の独走させたくなかった」

 (日刊スポーツ) 「横浜5年ぶり鹿島討ちMF遠藤「決められ良かった」

 (スポーツ報知) 「鹿島から劇的白星で3位浮上
              ハリル監督「フィジカル的な戦い良かった」

 (スポーツ報知) 「主力4人不在で鹿島に勝利3位浮上
              中町「チームの底力」扇原「チーム力を示せた」

 (サンスポ) 「横浜M・天野、1G1Aに「逆転優勝へ大きな勝利」…
          ゴール後のピースは「恥ずかしい(笑)」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鹿島戦・プレビュー>2017年J1リーグ第30節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎富士S(2017年)穴馬予想&結果

< 10月21日(土)に行われる富士ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【富士ステークス】

 東京の芝1600mで行われる重賞(GIII)です。

 台風が近づく雨の中でのレースとなりますが、ここはマイネルアウラートを◎にしてみましょう。

 今年の前半には東京新聞杯とダービー卿CTで連続4着(ダービー卿CTは3着馬とハナ差)と好走したものの、休みを挟んだ夏以降は中京記念と京成杯AHでまさかの連続最下位となり、それ故に今回は春の頃に比べると格段に人気を下げています。

 ただ、昨年も夏になったら急に重賞で連続16着と大敗しながら、10月になるとOPで2着、そして昨年のこのレースでは3着馬とクビ差の4着と突然の復活を遂げていますし、雨で馬場の悪い中での先行脚質も魅力なので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ マイネルアウラート / 柴田大知 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  1/15  .6.7% -38,400円  14.7%

☆17年通算   > 33/164 20.1% -51,030円  89.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎埼玉新聞栄冠賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎菊花賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月20日 (金)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年11月)

Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2017年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2017年 11月 発売 】


  蒲生邸事件(上・下) / 宮部みゆき

 << 1997年版 4位 >>

   ・「日本SF大賞」 受賞
   ・「直木三十五賞」 候補
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 3位

 ★ 一九九四年、
   予備校受験のために上京した
   受験生の尾崎孝史だったが、
   二月二十六日未明、
   宿泊している古いホテルで火災に見舞われた。
   間一髪、同宿の男に救われたものの、
   避難した先はなんと昭和十一年の東京。
   男は時間軸を自由に移動できる能力を持った
   時間旅行者だったのだ。
   雪降りしきる帝都では、
   いままさに二・二六事件が起きようとしていた――。
   大胆な着想で挑んだ
   著者会心の日本SF大賞受賞長篇!

 ★ 新装版として再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  アルバトロスは羽ばたかない / 七河迦南  <<感想記事はこちら!>>

 << 2011年版 9位 >>

   ・「日本推理作家協会賞」 候補
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 5位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 11位

 ★ 「七つの海を照らす星」に続くシリーズ2作目

 ★ 児童養護施設・七海学園に勤めて三年目の
   保育士・北沢春菜は、
   仕事に追われながらも、
   学園の日常に起きる
   不可思議な事件の解明に励んでいる。
   そんな慌ただしい日々に、
   学園の少年少女が通う高校の文化祭の日に起きた、
   校舎屋上からの転落事件が影を落とす。
   これは単なる「不慮の事故」なのか?
   だが、この件に先立つ
   春から晩秋にかけて春菜が奔走した、
   学園の子どもたちに関わる四つの事件に、
   意外な真相に繋がる重要な手掛かりが隠されていた。
   鮎川哲也賞受賞作『七つの海を照らす星』に続く、
   清新な本格ミステリ、待望の文庫化。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  十字路に立つ女 / 逢坂剛  <<感想記事はこちら!>>

 << 1989年 11位 >>

 ★ 「クリヴィツキー症候群」に続く
   “岡坂神策シリーズ”の2作目
   .(4作目「あでやかな落日」も
    1998年版18位にランクイン)

 ★ 神保町に事務所を構える、
   現代調査研究所の岡坂神策。
   彼が親しくする古本屋店主の娘、みずえは
   慢性の腎不全を患っており、
   人工透析に通っていた。
   移植を待ち望む彼女のもとに
   不審な手術の話が舞い込む。
   同じころ、
   古書街に対して強引な地上げ攻勢が起き、
   連続婦女暴行殺人の男が脱獄する。
   岡坂と美しいスペイン研究家の理絵は
   強く惹かれあうが、
   これらは実は全て一つの線でつながっていた。
   神田神保町界隈を舞台に錯綜する謎を追う、
   岡坂神策シリーズの傑作長編!

 ★ 版元を変えて再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  キャプテンサンダーボルト(上・下) / 阿部和重 伊坂幸太郎  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 19位 >>

   ・「ミステリが読みたい!」 8位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 9位

 ★ 人生に大逆転はあるのか?
   小学生のとき、同じ野球チームだった二人の男。
   二十代後半で再会し、
   一攫千金のチャンスにめぐり合った彼らは、
   それぞれの人生を賭けて、
   世界を揺るがす危険な謎に迫っていく。
   東京大空襲の夜、
   東北の蔵王に墜落したB29と、
   公開中止になった幻の映画。
   そして、迫りくる冷酷非情な破壊者。
   すべての謎に答えが出たとき、
   動き始めたものとは――
   現代を代表する人気作家ふたりが、
   自らの持てる着想、技術をすべて詰め込んだ
   エンターテイメント大作。

 ★ 上巻には本編の一時間前を描く書き下ろし掌編小説、
   下巻には本編の後日譚となる書き下ろし掌編小説を収録

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの11月文庫化作品 >>

  化石少女 / 麻耶雄嵩  <<感想記事はこちら!>>
  淵の王 / 舞城王太郎  <<感想記事はこちら!>>
  歌うエスカルゴ / 津原泰水
     *『エスカルゴ兄弟』を改題して文庫化

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年12月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年10月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年10月19日 (木)

☆ 鹿島戦・プレビュー>2017年J1リーグ第30節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 10/21(土) 19:00~ J1リーグ 第30節

     vs 鹿島アントラーズ (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 4位 15勝 7分 7敗  勝点 52  37得 26失 得失 +11 」
  鹿島  :「 1位 21勝 1分 7敗  勝点 64  48得 27失 得失 +21 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鹿島はマリノスが長年苦手としている相手の一つで、公式戦通算では「24勝 10分 36敗」、リーグ戦通算では「19勝 8分 27敗」といずれも大きく負け越し。

 しかも、2011年から2013年6月までの公式戦9試合で負けたのは延長戦の末に敗れた1試合のみ(5勝 3分 1敗)と好調の時期もあったものの、2013年の後半戦以降は公式戦で「0勝 1分 8敗」、リーグ戦でも「0勝 1分 7敗」、無得点での敗戦は公式戦9試合中6試合(2014年後半戦以降に限ると7試合中6試合で無得点)と、ここ数年は全く太刀打ち出来ていないといっても過言ではないくらいに苦手な相手となっています。

 ホーム・アウェー別に見てみると、リーグ戦アウェー通算「9勝 2分 16敗」と大きく負け越しているのに対し、ホーム通算では「10勝 6分 11敗」とほぼ五分の成績ではありますが、リーグ戦ホームでは2009年に○2-1で勝って以降7年間も勝利がありません(0勝 4分 3敗)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合勝ちか引き分けだと........
   > 11試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合負けか引き分けだと........
   > 10試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 8試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 11試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 6位)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 11試合連続“同一カード 失点”達成 (マリノス歴代 7位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算35ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学と並びマリノス歴代10位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 鹿島 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: マルティノス(2回目)、喜田拓也、
                      中町公祐、扇原貴宏、天野純

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 齋藤学金井貢史
                ウーゴ ヴィエイラ松原健

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           鹿島  :

 【日本代表】  マリノス:
           鹿島  : 昌子源、植田直通

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
           鹿島  :

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
           鹿島  : 安部裕葵

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           鹿島  :
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜DF下平 1年4カ月ぶりリーグ戦先発、自身初の右SB」 (10/21)
   > 「【横浜M】バブンスキー「キャプテン翼」作者・高橋陽一氏来場予定の鹿島戦必勝誓った!」 (10/21)
   > 「鹿島・大岩監督 初采配の地で連覇足固め「全く心配してない」」 (10/21)
   > 「鹿島、連覇へ王手だ!横浜M戦勝利で2位以下の結果次第で」 (10/21)

   > 「横浜 FW伊藤翔が主力組に 5ヶ月のブランク経て再チャンス」 (10/20)
   > 「横浜中沢の自負「鹿島に独走させる訳にはいかない」」 (10/20)
   > 「【横浜M】イッペイ“11番奪取”へアピール「持ち味を出していきたい」」 (10/20)

   > 「516試合出場の鹿島・曽ケ端 566試合の中沢と“鉄人対決”」 (10/20)
   > 「鹿島安部、ボンバー中沢に「うわあ、と思わせたい」」 (10/20)
   > 「鹿島、最短で29日にV決定 横浜&札幌に連勝が最低条件」 (10/20)

   > 「横浜痛っ チーム得点王ウーゴ・ヴィエイラが一時帰国 右膝治療のため」 (10/19)
   > 「横浜負ければV逸「決定的な仕事する」鹿島に警戒心」 (10/19)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ 10月21日」 (10/19)

   > 「【横浜M】負傷者続出…右膝痛ウーゴ長期離脱も」 (10/17)

   > 「【横浜M】DF松原「痛みが消えるまで待ったらシーズンが終わる」早期復帰に意欲」 (10/16)


 【TV中継】 (生) 10/21(土) 19:00~  NHK BS1

        (録) なし

        (配信)10/21(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 鹿島戦・データボックス>2017年J1リーグ第30節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年10月18日 (水)

◎埼玉新聞栄冠賞(2017年)穴馬予想&結果

< 10月18日(水)に行われる埼玉新聞栄冠賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【埼玉新聞栄冠賞】

 浦和のダート1900mで行われる障害重賞(SIII)です。

 全馬が58.0kgを背負う南関重賞ですが、ここはハーキュリーズを◎にしてみましょう。

 2年前に中央から移籍後は、ほとんどのレースで二ケタ着順&勝ち馬から2.5秒以上差という大敗続きではあるものの、2年前は0.5秒差4着(3着馬とは0.2秒差)、昨年も0.5秒差4着(3着馬とは半馬身差)と何故かこのレースだけは健闘しているのです。

 まあさすがに3年連続好走は厳しいかなとは思いますが、逆に“三度目の正直で今度こそ馬券圏内”の可能性もありそうな感じがするので、ここは思い切ってこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ ハーキュリーズ / 保園翔也 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  1/14  .7.1% -35,400円  15.7%

☆17年通算   > 33/163 20.2% -48,030円  90.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京ハイJ&秋華賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎富士S(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月17日 (火)

『Y駅発深夜バス』 青木知己 > 「このミス」完全読破 No.987

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.987

 『Y駅発深夜バス』 青木知己

   「このミス」2018年版 : 23位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 9位
              「ミステリが読みたい!」 18位

   読始:2017.10.8 ~ 読終:2017.10.13

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2017年6月>

Y駅発深夜バス (ミステリ・フロンティア)Y駅発深夜バス (ミステリ・フロンティア)
青木 知己

東京創元社 2017-06-30
売り上げランキング : 180841

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 著者の青木知己は、(本格ミステリの短編を対象に毎年一回公募し)入選作品を一冊の本に収録して刊行する公募アンソロジー“新・本格推理”に「Y駅発深夜バス」で入選し、同作は2003年発売の『新・本格推理03 りら荘の相続人』に収録。

 すると、日本推理作家協会による年刊アンソロジー『ザ・ベストミステリーズ 2003』と本格ミステリ作家クラブによる年刊アンソロジー『本格ミステリ04』にも選出・収録されるなど、アマチュア作家の作品ながらかなり高い評価を受けました。

 さらには、「迷宮の観覧車」が『新・本格推理04 赤い館の怪人物』(2004年)に、「九人病」が『新・本格推理05 九つの署名』(2005年)に収録され、2007年には長編の『偽りの学舎』で待望の単行本デビューを果たすも、その後はデビュー2作目の刊行も短編作品の発表もないまま年月が過ぎていくことに(その期間にはミステリ新人賞に応募し一次選考で落選するなどあったようです)。

 そして、最初に高い評価を受けた「Y駅発深夜バス」を表題とした本作を刊行したことで、前作から10年ぶりとなる再デビューを果たしたのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「Y駅発深夜バス」「猫矢来」「ミッシング・リング」「九人病」「特急富士」の五篇を収録したノンシリーズ短篇集です。

 やはり一番の注目となるのが表題作ですが、深夜バスに乗った主人公が奇妙な体験をしたところ、その二年後に驚くべき事実が判明するというもので、幻想小説的でもある不思議な出来事の真相が(まるで霧が晴れたかのように)鮮やかに姿を現す本格ミステリ的な仕掛けの巧みさが秀逸です。

 しかも、それによって胸を突くほどの人間ドラマまでもが浮かび上がってくるなど、50ページに満たない短編ながらも読み応え十分で、評価の高さにも納得でした。

 その他の作品も、女子中学生が主人公の青春ミステリに、館の見取り図や登場人物の行動表や読者への挑戦もあるオーソドックスな犯人当て、怪奇ホラーな雰囲気の物語の中でミステリ的捻りを加えた作品に、次々とトラブルに見舞われながら犯行を行なう主人公の姿をコミカルに描く時刻表ミステリと、収録作の内容はバラエティーに富んでいて、推理小説の様々な魅力をあらゆる角度から堪能できる短篇集となっています。

 ただ、どちらかといえば通好みの作品集といった感じなため、とんでもない衝撃や驚きを呼び起こすようなインパクトある内容を期待してしまうと物足りなく思えてしまうかもしれませんが、シンプルながら精錬されたミステリ技法の冴える良作揃いなので、読めば短編だからこそ味わえる本格ミステリの面白さに心地良く浸れるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「タフガイ」藤田宜永 <<< PREV/NEXT >>> 「ゲームの王国」小川哲

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年10月16日 (月)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2017年10月/その2)

Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2017年10月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年10月/その3)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Glory Days / 尾崎裕哉

   EP『SEIZE THE DAY』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


LA PA PARADISE / BRADIO

   シングル『LA PA PARADISE』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


絶望シネマで臨死 / 挫・人間

   アルバム『もょもと』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


音の鳴る方へ / パスピエ

   アルバム『OTONARIさん』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジャストミート / SILENT SIREN

   シングル『ジャストミート』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


涙。 / THE 夏の魔物

   アルバム『THE 夏の魔物』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


東京ジェリーフィッシュ / つしまみれ

   アルバム『NEW』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


つしまげる / つしまげる

   アルバム『つしまげる』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2017年10月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年10月/その3)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2017年10月15日 (日)

◎東京ハイJ&秋華賞(2017年)穴馬予想&結果

< 10月15日(日)に行われる東京ハイジャンプ(J・GII)秋華賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京ハイジャンプ】

 東京の芝3110mで行われる障害重賞(J・GII)です。

 これを書いている時点では4番人気までの馬の複勝最低オッズが2倍を切っているため、5番人気以降の6頭が狙う対象となります。

 なのでここは、サンレイデュークを◎にしてみましょう。

 障害重賞を2度制し障害GIでは3度も馬券に絡んでいる今年9歳のベテラン馬ですが、ここ最近は(掲示板率は高いものの)3着内率は低く、今回は久々の馬券圏内となったGI・中山GJ(2着)以来半年の休み明けとなります。

 とはいえ、2年前のこのレースでも中山GJ以来の休み明けで4着に好走し、昨年は1年の休み明けながら6着になっているので、久々も問題ないのではないかと思いますし、10頭中9頭の前走が“重賞で4着以内”か“OP勝ち”という好メンバーの中で穴馬を狙うのであればやはりこの馬かなって感じですね。


  ◎ サンレイデューク / 難波剛健 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【秋華賞】

 京都の芝2000mで行われる3歳牝馬重賞(GI)です。

 牝馬クラシックの第3戦ですが、春に行われた1・2戦は、桜花賞がレーヌミノルを◎にして的中(1着)、オークスもレーヌミノルを◎にして不的中(13着)という予想結果でした。

 なので今回の第3戦でもまずはレーヌミノルを◎にするのかどうかの二択になるものの、このレースで最近来た穴馬の傾向を見てみるとやはり距離実績がないと厳しそうなので、オークスに続いてローズSでも結果が出ず、しかも今回外目の枠となったことから、狙うには厳しいかな、という結論に。

 そこで他の馬に目を向けまして、穴馬の傾向から狙うなら“ローズSで好走も今回それほど人気にならなかった馬”で、それに一番合致するのはローズS・2着のカワキタエンカですが、ただここはちょっと捻ってローズSで5着のメイショウオワラを◎にしてみましょう。

 その前走では、逃げ馬と追い込み馬が上位に来て先行馬には厳しい展開となる中、(一番外めを周ったにも関わらず)先行勢で唯一最後まで見せ場を作りましたし、今回は脚を溜めやすい内めの枠に入ったので、先行馬に向く流れになれば一発あるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ メイショウオワラ / 松若風馬 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  1/13  .7.7% -32,400円  16.9%

☆17年通算   > 33/162 20.4% -45,030円  90.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎府中牝馬S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎埼玉新聞栄冠賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月14日 (土)

☆ 大宮戦・データボックス>2017年J1リーグ第29節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 10/14(土) J1リーグ 第29節・大宮アルディージャ戦 (日産ス)


  △1-1 (前半0-1、後半1-0)

  主審: 村上 伸次  入場者数:20,670人

  .<得点> 0-1 横谷繁   .(大宮・前半18分/公式Youtube動画
         1-1 中町公祐  (横浜・後半12分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 マルティノスが、リーグ戦通算7回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると2試合の出場停止となります(出場停止の対象試合はリーグ戦のみ)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 5位>

  ・「ホーム得点」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 4位 (前節 4位)
         < 15勝 7分 7敗  勝点 51 得点 37 失点 26 得失点差 +11 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「それぞれの目標へ、『3』のみを狙った両者。結果は痛み分け

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「17位大宮は両CBを上げるパワープレーも不発…
          4位横浜FMと痛み分け

 (ゲキサカ) 「逆転V遠のくドロー…次節は鹿島との直接対決、
          横浜FM中町「可能性を残したい」

 (ドメサカブログ) 「大宮が横谷ヘッドで先制も追いつかれドロー
                横浜FMはシュート26本放つも同点止まり


 (スポニチ) 「横浜シュート22本もドロー 中町「煮え切らない部分ある」

 (スポニチ) 「横浜 イッペイ&遠藤が初先発「良いプレーもあった」

 (日刊スポーツ) 「横浜、シュート22本も1点…ゴール前で精彩欠く

 (日刊スポーツ) 「横浜DF遠藤、最多4本シュートも「失点に絡んだ」

 (スポーツ報知) 「エースFWウーゴが直近3戦で4人目の負傷退場…3位浮上逃す

 (サンスポ) 「横浜M、好機逃し3位浮上ならず…
          中町「これだけチャンスをつくっての引き分けはいただけない」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 大宮戦・プレビュー>2017年J1リーグ第29節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎府中牝馬S(2017年)穴馬予想&結果

< 10月14日(土)に行われるアイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス】

 東京の芝1800mで行われる牝馬重賞(GII)です。

 ここは、クインズミラーグロを◎にしてみましょう。

 5レース連続で重賞で馬券に絡みながら1着はない(ほとんど3着)という戦績なので、安定感が頼りになるというよりは“今度こそ馬券圏から外れてしまうのでは.....”と不安になってしまいますが、ただやはりこの安定感は混戦メンバーの中に入るとかなりの強みとなりますし、複勝でもそこまで人気になっていないので、ここは素直にこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ クインズミラーグロ / 武豊 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    クロコスミア     岩田康誠  5
 2着 1     ヴィブロス      ルメール   1
 3着 7     アドマイヤリード  戸崎圭太  2
 4着 4     クイーンズリング  M.デムーロ 3
 5着 5     トーセンビクトリー 福永祐一  7

12着 10 ◎ クインズミラーグロ 武豊     6


 直線の半ばくらいまでは位置取りも脚の溜めも勢いもバッチリだったので“勝ちもあるかも!?”と期待は高まりましたが、そこから急に脚がバッタリと止まってしまいました.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  1/11  .9.1% -26,400円  20.0%

☆17年通算   > 33/160 20.6% -39,030円  91.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎エーデルワイス賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京ハイJ&秋華賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月13日 (金)

「このミス2018年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう!

Gapaku3298_tp_v


 * 投票の受付は終了しました

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「このミステリーがすごい!2018年版」対象作品の発売も10月31日をもって終了したということで、今年もこの企画を実施してみましょう


 その名も、“「このミス2018年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう!”


 これは、当ブログで用意しました投票専用ページに、「このミス2018年版」において10位以内にランクインするであろう、と予想する10作品を記入していただくだけという、非常に簡単なものです

 そして、その結果(どの作品に何票入ったのか)や途中経過、さらには各投票者の予想や最優秀的中者なども、この記事内で発表していく予定です

 まあ、「このミス」の予想をしてみよう!と思うような人はそう多くはなくて、大体年に10~16名といったところでした(ただ昨年は“6名”と激減してしまいました.....)

 なるべく多くの方に参加してもらった方が面白い企画ですので、予想しようかするまいか迷っているような方は、この企画を盛り上げるためにも、ぜひとも気軽に参加してみてください

 なお、2年前までの投票期間は11月1日から30日までとしていましたが、(対象作品の刊行締め切りが「このミス」より1ヶ月早い)「ミステリが読みたい!」のランキングが発表される前に予想するのと後に予想するのとでは難易度にかなりの差が出てしまう(「ミステリが読みたい!」のランキングがかなり大きなヒントとなってしまう)ため、今年も昨年と同様に投票期間は11月1日(水)から(「ミステリが読みたい!」のランキングが発表される「ミステリマガジン2018年1月号」の発売日前日である)24日(金)までとする予定です

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 投票する上での注意点 】

 ・「このミス2018年版」の対象となるのは、奥付表記で2016年11月~2017年10月に発刊された広義のミステリー作品です

 ・この投票では、国内編のみが対象となっています(海外編の予想は実施しません)

 ・出来れば10作品ピッタリご記入いただきたいですが、別に10作品に満たなくても構いません

 ・“面白かった作品を選ぶ”のではなく、あくまで“予想”なので、読んでいない作品でも評判などから予想できるため、今年の対象作品をあまり読んでいないという方でも気軽にご参加ください

 ・順位予想ではないので、ベスト10に入るだろうと予想する10作品を順不同でご記入ください

 ・自分のブログやホームページ・Twitter・読書メーターなどのアドレスを載せたい場合は、名前記入欄に名前と一緒にアドレスも記入してください

 ・この企画の過去の結果などは、下記の記事を参考にしてください
  > 「このミス2017年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (16.10.7)
  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)
  > 「このミス2015年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (14.11.2)
  > 「このミス2014年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (13.10.17)

  > 「このミス2013年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (12.10.9)
  > 「このミス2012年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (11.10.30)
  > 「このミス2011年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (10.11.1)
  > 「このミス2010年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (09.11.16)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  なお、投票専用ページの他に、“対象作品の中から120作を厳選したリスト”のページも作りましたので、予想の参考にしたり投票の際のコピペなどにご利用ください(もちろんこのリストに載っていない作品を予想しても全く問題ありません)

 → 「このミス2018年版」対象作品の中から120作厳選リスト(別ウインドウで開きます)


     こちらのページにて投票をお願いします(別ウインドウで開きます)

  * 投票の受付は終了しました。以下は投票者の予想です


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 ベスト10予想・集計ランキング(最終結果) 】

  * 2票以上入った作品のみ掲載 (1票のみ・・・・18作品)
  * 作品名部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ
  * ()内は、「このミス」の順位結果

  * 11月25日(土)0:00に投票締め切り (総投票数:9 )

 > 9票
       狩人の悪夢 / 有栖川有栖 (6位)
       屍人荘の殺人 / 今村昌弘  <感想記事> (1位)

 > 8票
       ブルーローズは眠らない / 市川憂人 (11位)
       機龍警察 狼眼殺手 / 月村了衛 (3位)

 > 7票
       ミステリークロック / 貴志祐介 (4位)
       盤上の向日葵 / 柚月裕子 (9位)

 > 6票


 > 5票
       いまさら翼といわれても / 米澤穂信  <感想記事> (17位)

 > 4票
       この世の春 / 宮部みゆき (26位)

 > 3票
       AX アックス / 伊坂幸太郎  <感想記事> (21位)

 > 2票
       (仮)ヴィラ・アーク 設計主旨 / 家原英生 (34位)
       Ank a mirroring ape / 佐藤究 (25位)
       かがみの孤城 / 辻村深月 (8位)
       地獄の犬たち / 深町秋生 (12位)
       タフガイ / 藤田宜永  <感想記事> (14位)
       あとは野となれ大和撫子 / 宮内悠介 (13位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 1位予想・集計ランキング(最終結果) 】

  * 作品名部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ
  * ()内は、「このミス」の順位結果

  * 11月25日(土)0:00に投票締め切り (総投票数:9 )

 > 2票
       狩人の悪夢 / 有栖川有栖 (6位)
       屍人荘の殺人 / 今村昌弘  <感想記事> (1位)
       ミステリークロック / 貴志祐介 (4位)

 > 1票
       機龍警察 狼眼殺手 / 月村了衛 (3位)
       この世の春 / 宮部みゆき (26位)
       盤上の向日葵 / 柚月裕子 (9位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 対象期間の中で面白かった作品(5作)・集計ランキング(最終結果) 】

  * 2票以上入った作品のみ掲載 (1票のみ・・・・17作品)
  * 作品名部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ

  * 11月25日(土)0:00に投票締め切り (総投票数:9 )

 > 3票
       狩人の悪夢 / 有栖川有栖
       AX アックス / 伊坂幸太郎  <感想記事>
       屍人荘の殺人 / 今村昌弘  <感想記事>
       機龍警察 狼眼殺手 / 月村了衛

 > 2票
       ブルーローズは眠らない / 市川憂人
       愚者の毒 / 宇佐美まこと
       ミステリークロック / 貴志祐介
       悪魔を憐れむ / 西澤保彦  <感想記事>
       双蛇密室 / 早坂吝  <感想記事>
       あとは野となれ大和撫子 / 宮内悠介

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 投票者別ベスト10予想 】

 最終的に9名の方(当ブログ管理人も含む)に投票いただきまして、正解数の内訳はこんな感じとなりました。

  > 6作:1名、 5作:6名、 3作:2名

 全員が5作前後という超混戦状態でしたが、そんな中で頭一つ抜け出し6作品的中の「ドラひこ」さんが優勝!

 ちなみに1位予想は9名中2名の的中だったので、結果的に「このミス」「本ミス」「文春」でトリプル1位(三冠)を達成したとはいえ、予想は難しかったようですね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.1 「御陵みかげ」さんのベスト10予想  (5作的中)

 × 芦辺拓 / ダブル・ミステリ  (67位)
 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 ▲ 市川憂人 / ブルーローズは眠らない  (11位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 ○ 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位)
 ○ 辻村深月 / かがみの孤城  (8位)
 × 貫井徳郎 / 宿命と真実の炎  (84位)
 × 宮部みゆき / この世の春  (26位)
 ○ 柚月裕子 / 盤上の向日葵  (9位)
 ▲ 米澤穂信 / いまさら翼といわれても  (17位)

 << 1位予想 > × 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 有栖川有栖 / 狩人の悪夢
   > 今村昌弘 / 屍人荘の殺人
   > 西澤保彦 / 悪魔を憐れむ
   > 古野まほろ / 禁じられたジュリエット
   > 宮内悠介 / あとは野となれ大和撫子

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.2 「あらはた」さんのベスト10予想  (4作的中)

 × 阿津川辰海 / 名探偵は嘘をつかない  (30位)
 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 ▲ 市川憂人 / ブルーローズは眠らない  (11位)
 × 井上真偽 / 探偵が早すぎる  (22位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 ▲ 岡田秀文 / 帝都大捜査網  (16位)
 ○ 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位)
 ○ 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位)
 ▲ 西澤保彦 / 悪魔を憐れむ  (27位)
 × 早坂吝 / 双蛇密室  (67位)

 << 1位予想 > 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 有栖川有栖 / 狩人の悪夢
   > 市川憂人 / ブルーローズは眠らない
   > 貴志祐介 / ミステリークロック
   > 西澤保彦 / 悪魔を憐れむ
   > 早坂吝 / 双蛇密室

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.3 「モカくん」さんのベスト10予想  (4作的中)

 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 × 伊坂幸太郎 / AX アックス  (21位)
 ▲ 市川憂人 / ブルーローズは眠らない  (11位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 ○ 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位)
 × 長沢樹 / ダークナンバー  (55位)
 ▲ 藤田宜永 / タフガイ  (14位)
 ▲ 宮内悠介 / あとは野となれ大和撫子  (13位)
 × 宮部みゆき / この世の春  (26位)
 ○ 柚月裕子 / 盤上の向日葵  (9位)

 << 1位予想 > 宮部みゆき / この世の春  (26位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 伊坂幸太郎 / AX アックス
   > 伊坂幸太郎 / ホワイトラビット
   > 黒川博行 / 果鋭
   > 佐藤正午 / 月の満ち欠け
   > 貫井徳郎 / 宿命と真実の炎

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.4 「AAA」さんのベスト10予想  (5作的中)

 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 × 家原英生 / (仮)ヴィラ・アーク 設計主旨  (34位)
 ▲ 市川憂人 / ブルーローズは眠らない  (11位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 × 宇佐美まこと / 愚者の毒  (39位)
 ○ 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位)
 × 月村了衛 / 追想の探偵  (93位)
 ○ 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位)
 ○ 柚月裕子 / 盤上の向日葵  (9位)
 ▲ 米澤穂信 / いまさら翼といわれても  (17位)

 << 1位予想 > 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 相沢沙呼 / マツリカ・マトリョシカ
   > 市川憂人 / ブルーローズは眠らない
   > 今村昌弘 / 屍人荘の殺人
   > 宇佐美まこと / 愚者の毒
   > 柚木麻子 / BUTTER

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.5 「かめのて」さんのベスト10予想  (5作的中)

 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 ▲ 伊坂幸太郎 / AX アックス  (21位)
 × 逸木裕 / 少女は夜を綴らない  (93位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 ○ 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位)
 ▲ 佐藤究 / Ank:a mirroring ape  (25位)
 ○ 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位)
 × 遠田潤子 / 冬雷  (93位)
 × 遠田潤子 / オブリヴィオン  (107位)
 ○ 柚月裕子 / 盤上の向日葵  (9位)

 << 1位予想 > 柚月裕子 / 盤上の向日葵  (9位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 逸木裕 / 少女は夜を綴らない
   > 今村昌弘 / 屍人荘の殺人
   > 遠田潤子 / 冬雷
   > 遠田潤子 / オブリヴィオン
   > 柚月裕子 / 盤上の向日葵

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.6 「SEI」さんのベスト10予想  (5作的中)

 × 芦辺拓 / ダブル・ミステリ  (67位)
 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 × 家原英生 / (仮)ヴィラ・アーク設計主旨  (34位)
 ▲ 市川憂人 / ブルーローズは眠らない  (11位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 ○ 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位)
 ▲ 佐藤究 / Ank:a mirroring ape  (25位)
 ○ 辻村深月 / かがみの孤城  (8位)
 ▲ 宮部みゆき / この世の春  (26位)
 ○ 柚月裕子 / 盤上の向日葵  (9位)

 << 1位予想 > 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 家原英生 / (仮)ヴィラ・アーク設計主旨
   > 乾くるみ / 物件探偵
   > 伽古屋圭市 / 散り行く花
   > 貴志祐介 / ミステリークロック
   > 佐藤究 / Ank:a mirroring ape

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.7 「キュベレイ」さんのベスト10予想  (5作的中)

 ▲ 相沢沙呼 / マツリカ・マトリョシカ  (18位)
 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 ▲ 市川憂人 / ブルーローズは眠らない  (11位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 ○ 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位)
 ○ 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位)
 ▲ 深町秋生 / 地獄の犬たち  (12位)
 × 宮部みゆき / この世の春  (26位)
 ○ 柚月裕子 / 盤上の向日葵  (9位)
 ▲ 米澤穂信 / いまさら翼といわれても  (17位)

 << 1位予想 > 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 有栖川有栖 / 狩人の悪夢
   > 伊坂幸太郎 / AX アックス
   > 宇佐美まこと / 愚者の毒
   > 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手
   > 早坂吝 / 双蛇密室

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.8 「けんじ(当ブログ管理人)」のベスト10予想  (5作的中)

 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 ▲ 市川憂人 / ブルーローズは眠らない  (11位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 ○ 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位)
 ○ 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位)
 ▲ 藤田宜永 / タフガイ  (14位)
 ▲ 宮内悠介 / あとは野となれ大和撫子  (13位)
 × 山口雅也 / 落語魅捨理全集  (60位)
 ○ 柚月裕子 / 盤上の向日葵  (9位)
 ▲ 米澤穂信 / いまさら翼といわれても  (17位)

 << 1位予想 > 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 池上永一 / ヒストリア
   > 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手
   > 長沢樹 / ダークナンバー
   > 藤田宜永 / タフガイ
   > 宮内悠介 / あとは野となれ大和撫子

 * 順位予想や11位以下の予想は、「このミステリーがすごい!2018年版」ランキング(順位)予想をご覧ください
  (ここでのベスト10予想はあくまで11月24日時点でのものなので
   上のリンク先のベスト10予想とは違っている場合があります)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ エントリーNo.9 「ドラひこ」さんのベスト10予想  (6作的中)

 ○ 有栖川有栖 / 狩人の悪夢  (6位)
 × 伊坂幸太郎 / AX アックス  (21位)
 ○ 伊坂幸太郎 / ホワイトラビット  (2位)
 ▲ 市川憂人 / ブルーローズは眠らない  (11位)
 ○ 今村昌弘 / 屍人荘の殺人  (1位)
 ○ 貴志祐介 / ミステリークロック  (4位)
 ○ 古処誠二 / いくさの底  (5位)
 ○ 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位)
 ▲ 深町秋生 / 地獄の犬たち  (12位)
 ▲ 米澤穂信 / いまさら翼といわれても  (17位)

 << 1位予想 > 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手  (3位) >>

 << 面白かった作品 >>
   > 伊坂幸太郎 / AX アックス
   > 月村了衛 / 機龍警察 狼眼殺手
   > 深町秋生 / 地獄の犬たち

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2018年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2018年版」ランキング(順位)予想 (17.1.21)

  > 「このミス2018年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (17.10.13)

  > 「このミス2018年版」投票者なりきりベスト6 (17.12.3)

  > 「このミス2018年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (17.12.8)
  > 「このミス2018年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (17.12.12)
  > 「このミス2018年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (17.12.18)

  > このミステリーがすごい!2018年版 (17.12.7)
  > 2018 本格ミステリ・ベスト10 (17.12.6)
  > 週刊文春ミステリーベスト10(2017年) (17.12.7)
  > ミステリが読みたい!2018年版 (17.11.25)

  > この“ランク外作品”がすごい!2018年版 (17.12.26)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2017年) (17.11.26)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年10月12日 (木)

◎エーデルワイス賞(2017年)穴馬予想&結果

< 10月12日(木)に行われるエーデルワイス賞(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エーデルワイス賞】

 門別のダート1200mで行われる交流2歳牝馬重賞(JpnIII)です。

 いよいよ交流重賞でも2歳戦が始まるので、その初戦をなんとか的中して当たり癖を付けておきたいところですね。

 それで交流重賞では他の重賞ような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”にしているのですが、2歳限定の交流重賞の場合は”単勝複数買い”ではなくいつもの“複勝1点買い”を採用しています。

 その理由というのが、(交流GIの全日本2歳優駿の除けば)中央馬と地方馬(特に道営馬)が互角の争いを繰り広げていることで(複勝最低オッズが2倍以上の)穴馬が馬券圏内に来る確率が高いためでして、今回のレースも参戦する中央馬4頭中3頭が初ダートということもあり、“道営馬で3着以内を占める”なんて結果もあるかもしれません(まあ芝でもダートでも結果を出している中央馬のシャインカメリアはかなり強そうですが)。

 そして交流2歳重賞では、昨日の南関2歳重賞と同様に人気薄の道営馬や元道営馬を積極的に狙うようにしているのですが、このレースはどの馬が人気になるのか(これを書いている時点では)はっきりとは分からないので、オッズがある程度固まってから最終予想を決め、それをレース約15分前までにここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース直前のオッズを確認しまして、ここは安定感に期待してグラヴィオーラを◎にしてみましょう。


  ◎ グラヴィオーラ / 佐々木国明 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     ストロングハート   阿部龍    2
 2着 11 ◎ グラヴィオーラ    佐々木国明  4
 3着 12    リコーデリンジャー 五十嵐冬樹 10
 4着 13    パキラパワー    桑村真明   6
 5着 4     コスモウーノ     岩橋勇二   11


 人気サイドの馬だったものの複勝オッズがそれほど低くなっていなかったので助かりましたが、ただ3着馬も大きなレースでは何故か活躍する(ことの多い)五十嵐冬樹騎乗ということで気になっていたので、そちらで当てられなかったことは少々残念でしたねェ。


  (○複勝:11 2.2倍)  ○的中!  3,000円 → 6,600円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  1/10 .10.0% -23,400円  22.0%

☆17年通算   > 33/159 20.8% -36,030円  92.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎鎌倉記念(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎府中牝馬S(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月11日 (水)

◎鎌倉記念(2017年)穴馬予想&結果

< 10月11日(水)に行われる鎌倉記念(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【鎌倉記念】

 川崎のダート1500mで行われる南関2歳重賞(SIII)です。

 いよいよ南関でも2歳重賞が幕開けとなりますが、やはり2歳戦は中央重賞と同様に南関重賞もかなり難解であるものの、南関重賞の場合は“人気薄の道営馬か元道営馬狙い”というシンプルな方針があるので予想は案外楽なのです(当たるかどうかは別として)。

 そして今回4頭参戦する道営馬のうち、1700mでの勝利経験があるマッドドッグと4戦全連対のモリノラスボスは人気となりそうなので狙えないですかね。

 となると前走イノセントCで4・5着だったユニバーサルライトダモンデとなりますが、どちらもダートでは1200mしか走っていなかったり前走の着順もほぼ同じだったり脚質も似ていたりするのでどちらを選ぶのかは大変悩ましいです。

 なのでここは、今年9月から南関に初参戦していて、川崎では今開催が初騎乗となり、ここ2日は二ケタ人気馬を除けば4レース中3レースで馬券圏内と好調であるクアトロ騎乗のユニバーサルライトの方を◎にしてみましょう。

 ただ、人気になるだろうとみている2頭の複勝最低オッズが2倍以上となりそうだったら、そちらに変更するかもしれません。


  ◎ ユニバーサルライト / クアトロ (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    リコーワルサー   森泰斗    7
 2着 6     マッドドッグ      真島大輔  2
 3着 7     ゴールドパテック  山崎誠士   5
 4着 3     ポッドジゼル     増田充宏   6
 5着 5     モリノラスボス    五十嵐冬樹 3

 8着 10 ◎ ユニバーサルライト クアトロ    8


 道営馬の人気勢は2頭共に掲示板に載りましたが、人気薄2頭はどちらもダメでしたねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  0/9   0.0% -27,000円   0.0%

☆17年通算   > 32/158 20.3% -39,630円  91.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都大賞典&マイルCS南部杯(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎エーデルワイス賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月10日 (火)

☆ 大宮戦・プレビュー>2017年J1リーグ第29節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 10/14(土) 14:00~ J1リーグ 第29節

     vs 大宮アルディージャ (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  4位 15勝 6分 7敗  勝点 51  36得 25失 得失 +11 」
  大宮  :「 17位  5勝 7分 16敗  勝点 22  25得 48失 得失 -23 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 大宮戦のリーグ戦アウェーは(リーグ初対戦となった2005年から9年間勝利がないなど)マリノスにとって長年に渡り鬼門となっていましたが、ここ3戦は「2勝 1分 0敗」と勝ち越しているので(今年のアウェーは○2-1で勝利)、今はもう苦手意識はなくなっているかもしれません。

 一方でリーグ戦ホームでは、リーグ初対戦からの6戦で4敗するなど(1勝 1分 4敗)苦手な時期もあったものの、2011年以降は5戦無敗(3勝 2分 0敗)、今回の舞台である日産スでは3戦全勝(ニッパツでは2戦2分)と相性良いですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合勝ちか引き分けだと........
   > 10試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 5位)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 10試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算35ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学と並びマリノス歴代10位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 大宮 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 喜田拓也、中町公祐、扇原貴宏、天野純

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 齋藤学金井貢史

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           大宮  : マルセロ トスカーノ、カウエ、キム ドンス

 【日本代表】  マリノス:
           大宮  :

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
           大宮  :

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
           大宮  : 黒川淳史

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 下平匠
           大宮  : 長谷川アーリアジャスール
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「大宮・伊藤監督、J1残留へ“哲学”貫く」 (10/11)
   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs大宮アルディージャ 10月14日」 (10/11)

   > 「横浜 DF金井が負傷離脱 全治6〜8週間」 (10/4)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (配信)10/14(土) 14:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 大宮戦・データボックス>2017年J1リーグ第29節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年10月 9日 (月)

『喝采』 藤田宜永 > 「このミス」完全読破 No.956

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.956

 『喝采』 藤田宜永

   「このミス」2015年版 : 14位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 6位

   読始:2017.3.1 ~ 読終:2017.3.9

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2014年7月>

喝采〈上〉(ハヤカワ文庫JA)喝采〈上〉(ハヤカワ文庫JA)
藤田 宜永

早川書房 2017-06-08
売り上げランキング : 236217

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 藤田宜永は、ミステリ・ハードボイルド・冒険小説といったジャンルの作品を発表していた「このミス」初期にはランキングの常連でしたが、90年代後半以降は恋愛小説を中心とした作風に変わったこともあり、「このミス」のランキングで名前を見なくなりました。

 しかし、2014年(2015年版)に発売された本作にて実に18年ぶりとなる「このミス」ランクインを果たすと、翌年(2016年版)にはNo.842「血の弔旗」で20年ぶりのベスト10入り。

 さらに昨年(2017年版)はNo.897「亡者たちの切り札」が(ランクインこそ逃したものの)32位となるなど、3年連続で評価の高い作品を送り出しているので、まさに本作こそが“ハードボイルド作家”としての復活作なのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 舞台となるのは1972年の東京で、前年に亡き父の跡を継いで私立探偵となった浜崎順一郎が主人公。

 女子大生から生き別れの母親(元女優)を捜索する依頼を受けて調査を始めると、捜索者に関わる様々な人間ドラマが浮かび上がってきたり、事件に巻き込まれたり、父が過去に手掛けていた未解決事件との繋がりが見えてくるなど、浜崎の調査は思いもよらぬ展開へと向かっていくことに。

 そんな複雑な事件の構図を鮮やかで巧みに描いていくのはさすがの一言ですが、やはり本作の一番の魅力といえば、古き良きハードボイルド探偵の世界を現代に蘇らせたことにあるでしょう。

 70年代前半という時代設定ならではの雰囲気や小道具や時事ネタなどが物語の中で魅力的に溶け込み、主人公のキャラクターも捻くれ者だけれど渋かっこいいという王道的なハードボイルド探偵で、それでいて古臭さは感じず今の時代に描いたからこその探偵小説となっているので、もちろんジャンル的に好き嫌いは別れると思いますが、古くからのハードボイルド好き、特に原尞の“探偵沢崎シリーズ”新刊の発売を今か今かと待ち焦がれている人なんかに強くお薦めしたい作品です。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “藤田宜永” 関連記事 】

  > No.986 「タフガイ」

  > No.956 「喝采」
  > No.897 「亡者たちの切り札」
  > No.842 「血の弔旗」
  > No.275 「ダブル・スチール」
  > No.271 「敗者復活」


 「カブールの園」宮内悠介 <<< PREV/NEXT >>> 「沈黙法廷」佐々木譲

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎京都大賞典&マイルCS南部杯(2017年)穴馬予想&結果

< 10月9日(月・祝)に行われる京都大賞典(GII)マイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都大賞典】

 京都の芝2400mで行われる重賞(GII)です。

 昨日の毎日王冠はGI馬が何頭もいたのに対し、こちらのレースはGIを勝ったことがないのに2着には入ったことのある馬が多いですね。

 となればGI・2着馬の中から選ぶしかないだろうということで、まあそうなると6番人気以降では2頭しかいませんが、ここはカレンミロティックを◎にしてみましょう。

 この馬は過去にGIで2度2着になっていて、キタサンブラックとハナ差の激戦を繰り広げた昨年の春天などは今でも印象深いものの、今回は昨年の香港遠征以来約1年ぶりという長期休み明けなのがかなりの不安材料ではあります。

 ただこの馬自身、4ヶ月の休み明けで3着と好走した2年前のこのレースを始め、(今回ほど長期ではなかったけれど)休み明け初戦の成績はかなり良いですし、まさかというところで激走する意外性キャラなのでこんな時にこそ好走するようにも思うので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ カレンミロティック / 池添謙一 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     スマートレイアー  武豊     4
 2着 8     トーセンバジル   岩田康誠  6
 3着 3     シュヴァルグラン  M.デムーロ 1
 4着 5     ミッキーロケット  和田竜二  3
 5着 14    レコンダイト     北村友一  14

 8着 12 ◎ カレンミロティック 池添謙一  9


 さすがに1年の休み明けの9歳馬を狙うのは無謀でしたね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マイルチャンピオンシップ南部杯】

 盛岡のダート1600mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 中央と同日に行われるということで盛り上がりますが、下半期の交流GI戦線の幕開けという意味でも注目のレースですね。

 それで今回(の交流重賞)も、いつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいきましょう。

 ただ、これを書いている時点でオッズは出ているとはいえ、これから大きく動いていくと思うので、ここは慎重を期してオッズがある程度固まってから最終予想を決め、それをレース約15分前までにここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、コパノリッキー・ゴールドドリーム・カフジテイクが3倍台で並び、ベストウォーリアが4倍台、キングズガードが9倍台、それ以降が10倍以上となっていました。

 上位人気5頭を候補とするのであれば、オッズ的に自然と1~4番人気の中から1頭&キングズガードの2頭狙いとなるので、ここは上位4頭の中からこのレース3年連続連対中のベストウォーリアを選び、さらにオッズがかなり高いノボバカラも念のために入れておきましょう。


  ◎ ベストウォーリア / 戸崎圭太 (2)
  △ キングズガード / 中野省吾 (9)
  △ ノボバカラ / 吉原寛人 (3)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    コパノリッキー   田辺裕信 1
 2着 3  △ ノボバカラ     吉原寛人 7
 3着 9  △ キングズガード  中野省吾 5
 4着 14    カフジテイク    福永祐一 3
 5着 13    ゴールドドリーム 川田将雅 2

 6着 2  ◎ ベストウォーリア 戸崎圭太 4


 結果的にはノボバカラの複勝が正解でした.....。

 まあそれも一瞬本気で考えたものの、“単勝複数買い”は、交流重賞ではどういう買い方(券種)にしようかで頭を悩ませつつ結局裏目に出て外れてばかりだったことから、レースの度に無駄に頭を悩ませる必要がないようにということで考えた“交流重賞限定の(半ば)強制的な買い方”なので、よほどのことがない限り複勝にすることはないのですよね。


  (×単勝:11 3.1倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  0/8   0.0% -24,000円   0.0%

☆17年通算   > 32/157 20.4% -36,630円  92.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎毎日王冠(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎鎌倉記念(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月 8日 (日)

◎毎日王冠(2017年)穴馬予想&結果

< 10月8日(日)に行われる毎日王冠(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【毎日王冠】

 東京の芝1800mで行われる重賞(GII)です。

 12頭立てながらGI馬やGI好走経験馬が多くいる豪華メンバーとなっていますが、穴狙い的にはそういった馬は狙えないので、ある程度荒れた結果になってほしいですね。

 それでここは、ヤングマンパワーを◎にしてみましょう。

 GIでは大敗が続いているものの、普通の重賞では勝てないながらも安定して結果を出していますし、先行して33秒台以下の上がりを出す脚質がハマれば豪華メンバー相手にも割って入ることが可能なのでは。


  ◎ ヤングマンパワー / 石橋脩 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     リアルスティール  M.デムーロ 3
 2着 12    サトノアラジン    川田将雅  5
 3着 7     グレーターロンドン 田辺裕信  4
 4着 3     ダイワキャグニー  北村宏司  7
 5着 9  ◎ ヤングマンパワー  石橋脩   8


 直線で前を行く2頭を捉えそうなところでは"1着もあるかも!?"と期待は高まりましたが、前2頭を抜けそうでなかなか抜けず、そのうちに外から伸びて来た馬に抜かれ、結局3着馬とは僅差の5着という結果に.....。

 先週のスプリンターズSもそうですがこういった外し方はかなり悔しいものの、ボロボロな成績だった夏競馬の時はこんな惜しい外し方すらなかったので、まあこれも競馬の醍醐味ってことで良しとしますかね。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  0/6   0.0% -18,000円   0.0%

☆17年通算   > 32/155 20.6% -30,630円  93.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎サウジアラビアRC(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都大賞典&マイルCS南部杯(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月 7日 (土)

◎サウジアラビアRC(2017年)穴馬予想&結果

< 10月7日(土)に行われるサウジアラビアロイヤルカップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サウジアラビアロイヤルカップ】

 東京の芝1600mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 先週の中央重賞は、シリウスS→11番人気の◎馬が1着、スプリンターズS→最下位人気の◎馬がクビ差4着、と大穴狙いが"ほぼ"成功したものの、こんなことは滅多にないと思うので、今週の3日連続重賞は大物狙いにこだわらずになんとか的中したいものですね。

 それでまずはかなり苦手な2歳重賞ですが、ここはコスモインザハートを◎にしてみましょう。

 この馬は6月に阪神での新馬戦を上がり最速で勝利し、デビュー2戦目の前走は重賞の札幌記念で5着となりましたが、この結果は休み明けや洋芝が影響したのかもしれませんし、重賞で勝ち馬から0.3秒差と接戦を演じた割には今回も人気になっていないので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ コスモインザハート / 柴田大知 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     ダノンプレミアム   川田将雅 2
 2着 16    ステルヴィオ      ルメール  1
 3着 13    カーボナード      岩田康誠 6
 4着 14    テンクウ        田辺裕信 3
 5着 3     シュバルツボンバー 福永祐一 5

 7着 9  ◎ コスモインザハート  柴田大知 9


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  0/5   0.0% -15,000円   0.0%

☆17年通算   > 32/154 20.8% -27,630円  94.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎レディスプレリュード(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎毎日王冠(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月 6日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2017年10月/その1)

Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2017年9月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年10月/その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


支配するのは君と恋の味 / MOSHIMO

   EP『支配するのは君と恋の味』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


檸檬 [le:mon] / 印象派

   アルバム『印象派は君に問いかける』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


どういたしまして / 東京カランコロン

   アルバム『東京カランコロン01』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


風と鳴いて融けてゆけ / グッドモーニングアメリカ

   アルバム『502号室のシリウス』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Re: Dream / Dream Ami

   アルバム『Re: Dream』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


チャーハンたべたい / 挫・人間

   アルバム『もょもと』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


フェスでれた / バックドロップシンデレラ

   アルバム『真夜中の太陽を君は知らない』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


slowmotion / ariel makes gloomy

   EP『carbonium』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2017年9月/その2) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年10月/その2)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2017年10月 5日 (木)

◎レディスプレリュード(2017年)穴馬予想&結果

< 10月5日(木)に行われるレディスプレリュード(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【レディスプレリュード】

 大井のダート1800mで行われる交流牝馬重賞(JpnII)です。

 三日連続交流重賞の3戦目は昨日の短距離戦と同様に比較的荒れやすい牝馬限定戦なので、地方所属馬2頭で決まった昨日ほど荒れなくてもいいので1番人気以外の馬に勝ってほしいですね。

 それで今回(の交流重賞)も、いつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいってみましょう。

 ただ今回は“オッズがある程度固まってから最終予想を決めてそれを追記”する余裕がないかもしれないため、前日オッズを参考にして最終オッズを予測しつつ予想することに。

 それでまあホワイトフーガは(単勝複数買いでは狙えない)2倍台以下の1番人気となるのは確実そうで、2番人気が濃厚そうなクイーンマンボもあえて外し、アンジュデジール・ララベル・サルサディオーネの3頭狙いでいくことにして、オッズ次第ではマイティティーを加えたり、アンジュデジールのオッズが予測より下がった場合はクイーンマンボマイティティーと入れ替えたりする予定です。


[ 追記 ]
 レース約2時間半前のオッズを確認したところ、予測とは違ってクイーンマンボが2倍台で1番人気、ホワイトフーガが3倍台の2番人気となっていました。

 まだこの後オッズが動く可能性はありますが、もしホワイトフーガが3倍台のままであればホワイトフーガとサルサディオーネ(オッズ次第ではマイティティー)に変更し、ホワイトフーガが2倍台に下がるのが確実そうなら当初の予定通りの3頭でいってみましょう(この後追記できるかは分かりません)。


  ◎ ホワイトフーガ / 蛯名正義 (5)
  △ サルサディオーネ / 岩田康誠 (1)


  ◎ サルサディオーネ / 岩田康誠 (1)
  △ アンジュデジール / 横山典弘 (10)
  △ ララベル / 真島大輔 (16)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 15    クイーンマンボ   ルメール  1
 2着 5     ホワイトフーガ   蛯名正義 2
 3着 10 △ アンジュデジール 横山典弘 3
 4着 16 △ ララベル       真島大輔 6
 5着 11    ティルヴィング   坂井英光 11

14着 1  ◎ サルサディオーネ 岩田康誠 4


 結局ホワイトフーガの単勝が2倍台になりそうだったので当初通りの馬狙いにしたのですが、1番人気馬にこれだけ圧勝されてしまうと、色々と悩んでいた時間がもったいなく感じてしまいますねェ。


  (×単勝:15 2.6倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  0/4   0.0% -12,000円   0.0%

☆17年通算   > 32/153 20.9% -24,630円  94.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京盃(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎サウジアラビアRC(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月 4日 (水)

◎東京盃(2017年)穴馬予想&結果

< 10月4日(水)に行われる東京盃(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京盃】

 大井のダート1200mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 三日連続交流重賞の2戦目は比較的荒れやすい短距離戦で、前日オッズではニシケンモノノフが1.1倍、2番人気以降が9.9倍以上という、交流重賞とは思えないオッズの並びとなっています。

 それで今回(の交流重賞)も、いつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくので、こんなオッズだと2番人気以降の馬を何頭も選べるため非常に助かるのですが、さすがに2番人気以降の中央馬のオッズは下がっていくでしょうね。

 ただそれがどくらい下がっていくかは予測が難しいため、オッズがある程度固まってから最終予想を決め、それをレース約15分前までにここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ニシケンモノノフが2倍台、ショコラブランとナックビーナスが5倍台、ブルドッグボスが6倍台、それ以降は10倍以上となっていました。

 昨年の1・2着馬であるドリームバレンチノ&コーリンベリーと、地方馬ながら元中央馬で交流重賞勝ちもあるトウケイタイガーは入れたいな~と思っていたのですが、いずれも10倍以上のオッズでさらにもう一頭選べるので、ここはこの3頭とショコラブランの4頭で勝負してみましょう。


  ◎ ドリームバレンチノ / 岩田康誠 (10)
  △ ショコラブラン / 戸崎圭太 (4)
  △ コーリンベリー / 松山弘平 (7)
  △ トウケイタイガー / 川原正一 (12)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     キタサンミカヅキ  繁田健一 7
 2着 14    ブルドッグボス   左海誠二 3
 3着 6     ニシケンモノノフ   横山典弘 1
 4着 4  △ ショコラブラン    戸崎圭太 2
 5着 10 ◎ ドリームバレンチノ 岩田康誠 8


 (どちらもつい最近まで中央馬だったとはいえ)地方馬2頭による決着となりましたが、まあ普通だったら勝ち馬も(自分的には)狙っていなければいけない戦績ではあったものの、さすがに今回は来そうな穴馬が(交流重賞にしては)多かったのでそこまで回りませんでしたね.....。


  (×単勝:9 17.6倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  0/3   0.0%  -9,000円   0.0%

☆17年通算   > 32/152 21.1% -21,630円  95.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎白山大賞典(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎レディスプレリュード(2017年)穴馬予想&結果

2017年10月 3日 (火)

◎白山大賞典(2017年)穴馬予想&結果

< 10月3日(火)に行われる白山大賞典(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【白山大賞典】

 金沢のダート2100mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 三日連続で交流重賞が行われるので、まずこの初戦を当てたいところですが、中央馬は成績に大きな波があったり中央重賞実績のない馬ばかりなので、予想は難しいですね。

 それで今回(の交流重賞)も、いつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくものの、予想同様にオッズの方もどんな感じになるのか予測が難しいため、オッズがある程度固まってから最終予想を決め、それをレース約15分前までにここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、インカンテーションが2倍台、コパノチャーリーが3倍台、タガノディグオとクリノスターオーが5倍台、カツゲキキトキトが8倍台、ナムラアラシが10倍台となっていました。

 となると、インカンテーション以外の馬の中から(どちらの馬で当たっても総資金の2倍以上となる組み合わせで)2頭選ぶことになるのですが、単勝勝負となれば(勝つか惨敗かタイプの)コパノチャーリーを選びたいですし、そうするともう1頭はオッズ的にカツゲキキトキトかナムラアラシのどちらかとなるので、ここはコパノチャーリー&カツゲキキトキトの2頭を狙ってみましょう。


  ◎ コパノチャーリー / 和田竜二 (4)
  △ カツゲキキトキト / 大畑雅章 (3)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    インカンテーション 岩田康誠  1
 2着 3  △ カツゲキキトキト   大畑雅章  5
 3着 8     クリノスターオー  幸英明    2
 4着 2     タガノディグオ    M.デムーロ 4
 5着 5     ナムラアラシ    松山弘平  6

 8着 4  ◎ コパノチャーリー  和田竜二  3


 まあ順当に1番人気馬が快勝したわけですが、カツゲキキトキトが予想以上に食い下がってくれたので最後まで楽しめましたね。


  (×単勝:10 2.0倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  0/2   0.0%  -6,000円   0.0%

☆17年通算   > 32/151 21.2% -18,630円  95.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎スプリンターズS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京盃(2017年)穴馬予想&結果

「第12回 J金未来杯」エントリー作品の中で一番面白かった作品を決める投票(アンケート)を実施中です

Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 2017年9月から週刊少年ジャンプで5週(40~44号)に渡り、「第12回 J金未来杯(ジャンプ ゴールドフューチャーカップ)」(新人漫画家の読み切り作品を毎週1作ずつ掲載し、読者アンケートにより優勝者を決めるこの時期恒例の企画)が開催されています。

 そこで、エントリー5作品の中で一番面白かった作品を決める投票をぜひとも実施しようと思いまして、全ての作品の掲載が出揃って以降(10月2日)に各作品の当ブログ記事それぞれに投票(アンケート)機能を付け加えました。

 ただ、トップを飾った作品になると掲載されたのは投票開始の1ヶ月も前となるので、投票期間内における(作品名での)検索数や(作品記事への)アクセス数の違いにより、どうしても掲載されて間もない作品の方が有利になってしまいます。

 なので、効果があるかどうかわかりませんが、作品個別ではなく“金未来杯”全体に対して興味を持つ方にアクセスされやすいのではないかということで、こうして新たに投票専用の記事を書いてみました。

 なお、各作品の内容や漫画家の情報に関しては、それぞれの記事をご覧ください(そちらでも同じアンケートに投票できます)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


★エントリーNo.1  「ジキルの使い魔」 石川光貴

  2017年40号(9月4日<月>発売)に掲載

  主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

  > 「ジキルの使い魔」 石川光貴 > 週刊少年ジャンプ読切!(当ブログ記事)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★エントリーNo.2  「除冷師 煉太郎の約束」 眞藤雅興

  2017年41号(9月11日<月>発売)に掲載

  主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

  > 「除冷師 煉太郎の約束」 眞藤雅興 > 週刊少年ジャンプ読切! (当ブログ記事)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★エントリーNo.3  「レイブンブライ」 小林英拳

  2017年42号(9月16日<土>発売)に掲載

  主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイ

  > 「レイブンブライ」 小林英拳 > 週刊少年ジャンプ読切!(当ブログ記事)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★エントリーNo.4  「超加速人間レオ」 松原大

  2017年43号(9月25日<月>発売)に掲載

  主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

  > 「超加速人間レオ」 松原大 > 週刊少年ジャンプ読切!(当ブログ記事)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★エントリーNo.5  「魔法少年X」 仲間只一

  2017年44号(10月2日<月>発売)に掲載

  主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

  > 「魔法少年X」 仲間只一 > 週刊少年ジャンプ読切!(当ブログ記事)


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「第12回 J金未来杯」の中で面白かった作品は?】
  アンケート投票期間:2017年10月3日(火)~10月22日(日)
  * 2作品まで投票できます

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「第12回ジャンプ金未来杯」関連記事】

  > 「ジキルの使い魔」 石川光貴 (17.8.28)

  > 「除冷師 煉太郎の約束」 眞藤雅興 (17.8.28)

  > 「レイブンブライ」 小林英拳 (17.8.28)

  > 「超加速人間レオ」 松原大 (17.8.29)

  > 「魔法少年X」 仲間只一 (17.8.29)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年10月 2日 (月)

「ゴーレムハーツ」 大須賀玄 > 週刊少年ジャンプ新連載!

少年ジャンプ 2017年 11/13 号 [雑誌]少年ジャンプ 2017年 11/13 号 [雑誌]

集英社 2017-10-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2017年10月の週刊少年ジャンプ新連載“第3弾”が、2017年48号(10月30日〈月〉発売)からスタートの「ゴーレムハーツ」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2017年48号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の大須賀玄(おおすが・げん)は、「ケイドロ」を“赤マルジャンプ2009 SPRING”に掲載してデビューを果たし、「GHOSTRONG」を“ジャンプNEXT! 2012 WINTER”に掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012WINTER」参照)。

 続いて、「怪物監獄」を“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に掲載し(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプVS -バーサス-」参照)、「オタ弁 佐喜憲子」(漫画担当/原作:城アラキ)を2016年1月に“少年ジャンプ+”でWEB配信(少年ジャンプ+参照)

 さらには、「GOLEM HEARTS」を2016年8月に“少年ジャンプ+”でWEB配信し(少年ジャンプ+参照)、その続編「GOLEM HEARTS」を“本誌2017年08号”に掲載して本誌デビュー(「GOLEM HEARTS」 大須賀玄 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そしてその読切を基にした本作にて初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「大須賀玄」関連記事】

  > 「ゴーレムハーツ」 大須賀玄 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.10.2)
  > 「GOLEM HEARTS」 大須賀玄 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.1.7)

  > 「怪物監獄」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「GHOSTRONG」(ジャンプNEXT! 2012 WINTER) (11.12.26)


 【「2017年10月の新連載」関連記事】

  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 (17.10.2)

  > 「フルドライブ」 小野玄暉 (17.10.2)

  > 「ゴーレムハーツ」 大須賀玄 (17.10.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

Pak88_manganotana20141108161323_tp_

「フルドライブ」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ新連載!

少年ジャンプ 2017年 11/6 号 [雑誌]少年ジャンプ 2017年 11/6 号 [雑誌]

集英社 2017-10-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2017年10月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2017年47号(10月23日〈月〉発売)からスタートの「フルドライブ」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2017年47号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト

 作者の小野玄暉(おの・げんき)は、「恋に咲けミコト」で“JUMPトレジャー新人漫画(2011年10月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、増刊や本誌などの誌面でデビューする前に、スマホアプリ増刊“ジャンプLIVE 第1号(2013年8月)”に「心の中の銃切剣」を配信掲載。

 その後は、「ドブの吸鬼」を“ジャンプNEXT! 2014 WINTER”に掲載して誌面デビューを果たし(「ドブの吸鬼」 小野玄暉 > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER参照)、「赤毛のアチョー!!」を“本誌2015年16号”に掲載して本誌デビュー(「赤毛のアチョー!!」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらには「遥か彼方」を“ジャンプGIGA vol.2”に掲載し(「遥か彼方」 小野玄暉 > ジャンプGIGA vol.2参照)、本作にて初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「小野玄暉」関連記事】

  > 「フルドライブ」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.10.2)

  > 「遥か彼方」 小野玄暉 > ジャンプGIGA vol.2 (16.7.23)

  > 「赤毛のアチョー!!」 小野玄暉 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.3.9)

  > 「ドブの吸鬼」 小野玄暉 > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER (13.12.3)


 【「2017年10月の新連載」関連記事】

  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 (17.10.2)

  > 「フルドライブ」 小野玄暉 (17.10.2)

  > 「ゴーレムハーツ」 大須賀玄 (17.10.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ新連載!

少年ジャンプ 2017年 10/23 号 [雑誌]少年ジャンプ 2017年 10/23 号 [雑誌]

集英社 2017-10-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2017年10月の週刊少年ジャンプ新連載“第1弾”が、2017年45号(10月7日〈土〉発売)からスタートの「トマトイプーのリコピン」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2017年45号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト

 作者の大石浩二(おおいし・こうじ)は、「メゾン・ド・ペンギン」(2006-2007)に続く2度目の連載作品「いぬまるだしっ」(2008-2012)が、ギャグ漫画としては長期ともいえる連載となるほどの人気に(週刊少年ジャンプ新連載! 「いぬまるだしっ」 大石浩二参照)。

 連載終了後は、“週刊ヤングジャンプ(2012年45~47号)”に「中2神アッテーナ」を短期集中連載し、“最強ジャンプ2013年1月号”に「最強番長アヤメちゃん」、“本誌2013年6・7合併号”に「氷上布武」を掲載(週刊少年ジャンプ読切! 「氷上布武」 大石浩二参照)。

 続いて、“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に1ページのみの巻末カラー作品「森ガール久美子ちゃん」、スマホ増刊“ジャンプLIVE 1号(2013年)”に短期連載作品「天才編集者周平 ミニキャッパー周平~周平編集記~」(全4回)、“本誌2013年36号”に「いぬまるだしっ番外編 ~タイでもまるだしっ~」「いぬまるだしっ ~タイでもまるだしっ~」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、“本誌2014年22・23合併号”に「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)を掲載(配信)。

 さらには“2017年04・05合併号”に「トマトイプーのリコピン」を掲載し(「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、その読切を基にした本作にて5年ぶりの本誌連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「大石浩二」関連記事】

  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.10.2)
  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.12.13)

  > 「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」 大石浩二
     > 週刊少年ジャンプ読切! (14.4.29)

  > 「いぬまるだしっ ~タイでもまるだしっ~」 大石浩二
     > 週刊少年ジャンプ読切! (13.8.2)

  > 「氷上布武」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.1.4)

  > 「信魂さんいらっしゃい」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.5)

  > 「いぬまるだしっ」 大石浩二 <JC1巻買い> (09.2.9)
  > 「いぬまるだしっ」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (08.8.26)


 【「2017年10月の新連載」関連記事】

  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 (17.10.2)

  > 「フルドライブ」 小野玄暉 (17.10.2)

  > 「ゴーレムハーツ」 大須賀玄 (17.10.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年10月 1日 (日)

◎スプリンターズS(2017年)穴馬予想&結果

< 10月1日(日)に行われるスプリンターズステークス(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スプリンターズステークス】

 中山の芝1200mで行われる重賞(GI)です。

 いよいよ2017年下半期のGI戦線がこのレースから開幕となるので、まずは幸先良く当てて勢いを付けたいところですが、だからといって無難な穴馬を狙うのではなく、ここは思い切ってこれを書いている時点で単勝最下位人気のスノードラゴンを◎にしてみましょう。

 GI馬でありながら芝では1年半も馬券に絡めていないのでこの人気にも頷けるものの、着差的には惜しい走りを高い割合で見せていますし、GI馬ということでハンデ戦でも定量戦でも他馬より斤量を背負うことが多いうえでの結果(着差)なので、斤量が横並びとなるGIではこれまで(の重賞で)惜しくも詰められなかった差を縮められる可能性も上がるのでは。

 現に昨年のこのレースでも勝ち馬と0.1秒差の5着と好走していますし、それでいてこれだけ人気がないのであれば、他の(中途半端な実績&人気の)穴馬を狙うよりも面白いし大一番での一発もあり得るのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。

 ちなみに、前日まではラインミーティアを◎にしようと考えていたものの、寝て起きたら急に気が変わり変更することになったので、“変更していなければ.....”と後悔するような結果にはなってほしくないですね.....。


  ◎ スノードラゴン / 大野拓弥 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     レッドファルクス    M.デムーロ 1
 2着 2     レッツゴードンキ   岩田康誠  5
 3着 6     ワンスインナムーン 石橋脩    7
 4着 1  ◎ スノードラゴン     大野拓弥  16
 5着 12    ブリザード       モッセ   12


 3着馬を追い込んでのクビ差4着.....。

 GIで最下位人気馬がこれだけ激走したのだから、せめて3着には入ってほしかったですねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年10月  .>  0/1   0.0%  -3,000円   0.0%

☆17年通算   > 32/150 21.3% -15,630円  96.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎シリウスS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎白山大賞典(2017年)穴馬予想&結果

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

Google AdSense

楽天市場

Twitter

「このミス」完全読破:       次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:       現在読書中の本

「このミス」完全読破:       最近読み終えた本

読書メーター

  • けんじ(朴念仁と居候)さんの読書メーター
無料ブログはココログ