サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

☆ G大阪戦・データボックス>2017年J1リーグ第28節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/30(土) J1リーグ 第28節・ガンバ大阪戦 (吹田S)


  ○2-1 (前半0-0、後半2-1)

  主審: 上田 益也  入場者数:23,071人

  .<得点> 1-0 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半06分/公式Youtube動画
         1-1 長沢駿       (大阪・後半33分/公式Youtube動画
         2-1 遠藤渓太      (横浜・後半44分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 天野純が、リーグ戦通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 マルティノスが、J1リーグ通算50試合出場を達成しました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 遠藤渓太が、Jリーグ初ゴールを記録しました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 4位 (前節 5位)
         < 15勝 6分 7敗  勝点 50 得点 36 失点 25 得失点差 +11 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    


 (Jリーグ公式) 「決勝点は緊急投入の遠藤渓太。
               G大阪は負のサイクルから抜け出せず

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「無念の負傷離脱の齋藤学へ…
          「GET WELL SOON MANABU」イレブンが特製Tシャツで練習

 (ゲキサカ) 「「学君を勇気づけられたら」横浜FM19歳が劇的V弾、
          G大阪に競り勝ち4戦ぶり勝利で4位浮上

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが遠藤渓太の決勝ゴールでG大阪に競り勝つ!
             4試合ぶり勝利で4位に浮上


 (スポニチ) 「横浜、19歳・遠藤が初ゴール “兄貴”齋藤学に勝ち星届けた

 (日刊スポーツ) 「横浜が4位浮上、SBで緊急出場の遠藤がJ1初弾

 (スポーツ報知) 「体重4キロ減も何のその!遠藤プロ初ゴールで4位浮上

 (サンスポ) 「離脱斎藤の分も!横浜M・遠藤がリーグ初弾「受け継がないと」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ G大阪戦・プレビュー>2017年J1リーグ第28節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎シリウスS(2017年)穴馬予想&結果

< 9月30日(土)に行われるシリウスステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【シリウスステークス】

 阪神のダート2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 8月以降の2ヶ月でたったの1レースしか当たっていないというどん底状態にあるので、9月最終重賞を当てて10月を、そして秋のGI戦線を迎えたいところですね。

 とはいえこのレースはダートのハンデ戦ということもあってかなり予想が難しく、今の自分にはとてもじゃないけれど当てられる感じが全くしないのですが、それでも当てる気持ちを振り絞って勝負することにしまして、ここはメイショウスミトモを◎にしてみましょう。

 今年に入ってから馬券に絡んだのは(8レース中)OP3着の1回のみですし、重賞ではいまだ掲示板にさえ載ったことがないものの、今年のマーチSでは7着ながら3着馬とは0.3秒差、アンタレスSでは6着ながら2・3着馬とは0.2秒差と重賞でも惜しい走りを見せましたし、前走のOPも7着ながら0.3秒差(2・3着馬とは0.2秒差)でした。

 まあ勝負弱いということなのかもしれませんが、55kgのハンデとなる今回は一発あるのではないかとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ メイショウスミトモ / 古川吉洋 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4  ◎ メイショウスミトモ 古川吉洋 11
 2着 5     ドラゴンバローズ 和田竜二  5
 3着 13    ピオネロ      福永祐一  3
 4着 15    トップディーヴォ  横山典弘  7
 5着 10    スリータイタン   岩田康誠 10


 ここ2ヶ月外し続けて来た鬱憤を一気に晴らすような大的中となりましたが、それでも年間収支プラスに戻すにはまだ足りないのだから、夏の間にどんだけ負けたんだよ、って感じですね.....。


  (○複勝:4 11.1倍)  ○的中!  3,000円 → 30,300円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  2/16  12.5%  -5,600円  88.1%

☆17年通算   > 32/149 21.5% -12,630円  97.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎日本テレビ盃(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎スプリンターズS(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月29日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2017年9月/その2)

Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2017年9月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年10月/その1)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


BIRI x BIRI / Takanori Nishikawa feat.Shuta Sueyoshi (AAA)

   配信シングル『BIRI x BIRI』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ハローグッバイ / シナリオアート

   シングル『サヨナラムーンタウン』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ぼくたち わたしたち / BUGY CRAXONE

   アルバム『ぼくたち わたしたち』収録

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Another World / WEAVER

   シングル『A/W』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ハッピーウェディング前ソング / ヤバイTシャツ屋さん

   シングル『パイナップルせんぱい』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕らはここにいる / ベイビーレイズJAPAN

   アルバム『THE BRJ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


I Was Born To Dance With You / avengers in sci-fi

   店舗限定販売シングル『I Was Born To Dance With You / indigo』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2017年9月/その1) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年10月/その1)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2017年9月28日 (木)

☆ G大阪戦・プレビュー>2017年J1リーグ第28節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 9/30(土) 19:00~ J1リーグ 第28節

     vs ガンバ大阪 (市立吹田サッカースタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 5位 14勝 6分 7敗  勝点 48  34得 24失 得失 +10 」
  大阪  :「 8位 11勝 7分 9敗  勝点 40  43得 32失 得失 +11 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 G大阪戦は、公式戦通算で「35勝 13分 24敗」、リーグ戦通算で「27勝 10分 16敗」と大きく勝ち越していて、特にリーグ戦ホームでは「15勝 6分 6敗」、日産スタジアムでの公式戦は「11勝 6分 3敗」と、ホームでかなり得意としています。

 そんなホームと比べると、リーグ戦アウェーでは「12勝 4分 10敗」なので(一応勝ち越しているけれど)相性の良さはないですが、今回の舞台である吹田Sでは「1勝 1分 0敗」とまだ負けがありません。

 なお、昨年は公式戦で5度も対戦し(リーグ戦2試合、ルヴァンカップ2試合、天皇杯1試合)、「2勝 3分 0敗」で負けなし(ただし2試合共に引き分けだったルヴァンカップはアウェーゴール数で下回り敗退)でしたが、今年の初対戦となったリーグ戦ホームは●0-1で敗れています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に負けると........
   > 3試合“アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“3失点以上”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 マルティノスが出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算35ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学と並びマリノス歴代10位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 大阪 : 今野泰幸

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 喜田拓也、中町公祐、扇原貴宏

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 齋藤学、金井貢史

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           大阪  : ファン ウィジョ、西野貴治

 【日本代表】  マリノス:
           大阪  : 東口順昭、倉田秋、井手口陽介

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
           大阪  : 市丸瑞希、髙木彰人

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
           大阪  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 下平匠
           大阪  : アデミウソン、藤本淳吾、ファビオ、鈴木椋大
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  大阪オフィシャル

 【チケット情報】  Jリーグチケット

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【横浜M】アウェーG大阪戦へ 斎藤、金井離脱もミニゲームで和やか」 (9/29)
   > 「負けが許されないG大阪と横浜M…4試合ぶりの白星を手にするのは?」 (9/29)

   > 「G大阪三浦、代表落選の悔しさ「ルヴァン杯頑張る」」 (9/29)
   > 「G大阪・東口、代表の正守護神獲る“ありのまま”で川島超えだ」 (9/29)
   > 「G大阪・井手口、代表主力へ足固め「毎回結果を出せるように」」 (9/29)

   > 「【横浜M】MFマルティノスがキュラソー代表入り カタールとの親善試合に臨む」 (9/28)
   > 「G大阪長沢「中沢さんから…」横浜戦でのゴール誓う」 (9/28)
   > 「【J試合情報】ガンバ大阪vs横浜F・マリノス 9月30日」 (9/28)

   > 「斎藤学W杯絶望… 右膝前十字じん帯損傷で全治8カ月」 (9/27)
   > 「【横浜M】DFデゲネクが豪代表選出 シリアとのアジア・プレーオフへ」 (9/27)
   > 「G大阪呉屋がチーム合流 負傷の左肩「不安はない」」 (9/27)
   > 「G大阪長谷川監督、東京新監督候補も「話来てから」」 (9/27)

   > 「横浜マルティノス被害届 SNSで差別的行為受けた」 (9/26)
   > 「長谷川監督、台所事情に悩み「選ばれて欲しいけど」」 (9/26)

   > 「苦境のG大阪、遠藤が経験生かし喝「多くの勝ちを」」 (9/25)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (配信)09/30(土) 19:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ G大阪戦・データボックス>2017年J1リーグ第28節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年9月27日 (水)

『双蛇密室』 早坂吝 > 「このミス」完全読破 No.975

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.975

 『双蛇密室』 早坂吝

   「このミス」2018年版 : 67位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 5位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 12位

   読始:2017.8.16 ~ 読終:2017.8.16

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : ノベルス <2017年4月>

双蛇密室 (講談社ノベルス)双蛇密室 (講談社ノベルス)
早坂 吝

講談社 2017-04-06
売り上げランキング : 201165

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.773「○○○○○○○○殺人事件」No.823「虹の歯ブラシ 上木らいち発散」No.893「誰も僕を裁けない」に続く、“上木らいちシリーズ”の4作目です。

 メフィスト賞を受賞したデビュー作から続く人気シリーズですが、これまでの3作は全て「本格ミステリ・ベスト10」で20位以内に入り、1・2作目は惜しくもランクインを逃した「このミス」でも3作目にしてようやくベスト20入りを果たすなど、本格ミステリとしての高い評価を継続して受けています。

 なお、本作から読んでも問題なく楽しめるとは思うものの、これまでの内容に(小ネタ的に)触れる場面がたまにありますし、シリーズ常連キャラも何人かいるので、余裕があるのならば1作目から順に読んでいくことをお薦めしたいです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 女子高生の高級娼婦にして謎解きの才能を持つ上木らいちが今回挑むのは、らいちの(援助交際の)常連客である藍川刑事が両親から告白された“蛇にまつわる二つの密室事件”の謎。

 その一つ目は、藍川刑事がまだ母親のお腹の中にいた頃、密室と化したプレハブで両親(父は現在の継父ではなく実父)が蛇らしきものに噛まれ倒れていて、父だけが亡くなったという事件、二つ目は、一歳となった藍川が(侵入など不可能な)高層マンション最上階(二十七階)の自宅で突如現れた蛇に襲われたという事件で、数十年前に藍川の身の回りで起きたこれら二つの密室事件に対し、らいちが鮮やかな推理を閃かせつつ真相へと導いていきます。

 というわけで今回も、奇妙な謎にトリックに推理にと本格ミステリならではの面白さがこれでもかと詰まっているのですが、ただこのシリーズにおける最大の特徴であるバカミス&エロミス要素も制御などされずにぶち込まれているので、読む人をかなり選ぶ作風であるのは相変わらずで、“(社会派要素も加わっていた)3作目だけは楽しめた”という人でも今回は再び壁投げ本となってしまう確率が高いのではないでしょうか。

 それでも、このバカミス&エロミス全開の作風を楽しめるという人であれば、(普通の人にはとてもではないけれど考えつかないであろう)前代未聞の超絶トリックに世界がひっくり返るほどの驚きと衝撃を味わえると思いますし、とにかくバカミス&エロミスを徹底して突き詰めつつ本格ミステリ作品としての完成度をも高めてしまう著者の(変態的な)職人技に身悶えするほど感嘆してしまうこと間違いなしです(改めて言いますがあくまで作風が合えばの話です)。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “早坂吝”関連記事 】

  > No.975 「双蛇密室」
  > No.893 「誰も僕を裁けない」
  > No.823 「虹の歯ブラシ 上木らいち発散」
  > No.773 「○○○○○○○○殺人事件」


 「あとは野となれ大和撫子」宮内悠介 <<< PREV
                NEXT >>> 「かがみの孤城」辻村深月

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年9月26日 (火)

◎日本テレビ盃(2017年)穴馬予想&結果

< 9月27日(水)に行われる日本テレビ盃(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【日本テレビ盃】

 船橋のダート1800mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 中央馬は4頭のみの参戦ではあるものの、その4頭全てが昨年以降にGIを勝っているということで、まさに少数精鋭といった豪華メンバーとなっていますね。

 それで今回(の交流重賞)も、いつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいくのですが、やはり(地方馬の面子からして)“中央馬4頭のうちどの馬が勝つのか”を考えればよさそうです。

 そして前日販売の単勝系のオッズを見ると、前走で交流GI・帝王賞を制したケイティブレイブが人気を集め、それに昨年の中央GIを制した2頭であるモーニンサウンドトゥルーが迫り、さらに続いて昨年の交流GI・東京大賞典を制したアポロケンタッキー、といった序列となっています。

 ただ、当日になったらオッズが変わりそうではありますし、“どの馬で当たっても総資金の2倍以上”となる組み合わせも大勢がある程度決まってこないとわからないので、ここは慎重を期して、オッズがそれなりに固まってから最終予想を決め、それをレース約15分前までに追記する予定です。


[ 追記 ]
レース約1時間前のオッズを確認したところ、ケイティブレイブが2倍台、モーニンとアポロケンタッキーが3倍台、サウンドトゥルーが4倍台となっていました。

単勝複数買い的にはこのオッズだとどの組み合わせでも買えないので、どうしようかと思いましたが、ここは変則的に、モーニン&サウンドトゥルーからケイティブレイブ•モーニン•サウンドトゥルーに流した馬単4点でいってみましょう。


  ◎ サウンドトゥルー / 大野拓弥(2)
  ○ モーニン / 戸崎圭太(9)
  △ ケイティブレイブ / 福永祐一(10)

  << 馬単:◎○→◎○△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    アポロケンタッキー 内田博幸 4
 2着 2  ◎ サウンドトゥルー   大野拓弥 3
 3着 10 △ ケイティブレイブ   福永祐一  1
 4着 9  ○ モーニン       戸崎圭太 2
 5着 1     キャッスルクラウン 中野省吾 5


 単勝人気だけ見ればまさに単勝複数買いに持って来いの結果だったので、オッズがもう少しバラけていればよかったのですけどね.....。


  (×馬単:11-2 15.3倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/15   .6.7% -36,000円  20.0%

☆17年通算   > 31/148 20.9% -42,930円  90.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎神戸新聞杯&オールカマー(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎シリウスS(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月25日 (月)

「威風!堂堂くん」 塚沢サンゾ夫 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ 2017年 10/9 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ 2017年 10/9 号 [雑誌]

集英社 2017-09-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2017年43号(9月25日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「威風!堂堂くん(いふう・どうどうくん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の塚沢サンゾ夫(つかさわ・サンゾお)は、ティラノサピエンス(よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京所属)というコンビで活動していた元芸人で(当時の芸名はツカサニコフ)、このコンビは2013年に解散。

 そして現在の名義にて、「六限グループ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年12月期)”の最終候補となった後、「BUILD UP!」で“赤塚賞(2016年上半期)”の佳作を受賞し、「ボイス ビー アンビシャス」を“本誌2016年44号”に掲載してデビュー(「ボイス ビー アンビシャス」 塚沢サンゾ夫 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 続いて、「わたしの超理想ボーイフレンド」を“本誌2017年25号”に掲載し(「わたしの超理想ボーイフレンド」 塚沢サンゾ夫 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、本作にて3作目の作品発表となりました。

 なお、「僕のヒーローアカデミア」(堀越耕平)が作者の体調不良により(前号で予告されることなく)急遽休載となったことから、代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的に用意された代理原稿)としての掲載だと思われます。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「塚沢サンゾ夫」関連記事】

  > 「威風!堂堂くん」 塚沢サンゾ夫 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.9.25)

  > 「わたしの超理想ボーイフレンド」 塚沢サンゾ夫
     > 週刊少年ジャンプ読切! (17.5.15)

  > 「ボイス ビー アンビシャス」 塚沢サンゾ夫 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.9.27)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年9月24日 (日)

◎神戸新聞杯&オールカマー(2017年)穴馬予想&結果

< 9月24日(日)に行われる神戸新聞杯(GII)産経賞オールカマー(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【神戸新聞杯】

 阪神の芝2400mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 クラシック第3戦・菊花賞のトライアルレースで、ダービー馬のレイデオロを始めダービー出走馬が6頭参戦しますが、やはり穴として狙うのであればダービー組の中からでしょうね。

 となると候補(複勝最低オッズが2倍以上の馬)はこれを書いている時点でベストアプローチ・マイスタイル・カデナの3頭となりまして、それでまあ一発あるとすれば後ろからの差し馬よりも積極的に前に行く馬かな~ということで、ここはマイスタイルを◎にしてみましょう。

 ここまでのクラシックは皐月賞が16着、ダービーが0.3秒差4着と、(皐月賞は逃げれなかったとはいえ)展開に左右されやすい逃げ馬らしい振れ幅の大きい結果となっていますが、弥生賞でも半馬身差2着と好走していることからも前走(14番人気4着)は運だけの結果ではないと思いますし、今回も直線での粘り強さを見せてくれるのでは。


  ◎ マイスタイル / 横山典弘 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     レイデオロ      ルメール   1
 2着 5     キセキ        M.デムーロ  2
 3着 2     サトノアーサー    川田将雅   3
 4着 3     ダンビュライト    武豊      4
 5着 14    アドマイヤウイナー 秋山真一郎 8

 7着 9  ◎ マイスタイル     横山典弘   7


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【産経賞オールカマー】

 中山の芝2200mで行われる重賞(GII)です。

 神戸新聞杯の方がどちらかといえば手堅い穴馬狙いとなったため、こちらの方はその分も大穴狙いでいってみようと思いまして、ここはディサイファを◎にしてみましょう。

 この馬は昨年の春以降掲示板にすら載れていないものの、そのほとんどはGIだったりGI級のメンバーが集まったGIIだったりトップハンデだったりでした。

 中山はAJCCを勝ったり中山金杯で3着に好走するなど比較的相性良く、斤量も久々に56.0kgとなることで、ここでいきなりの激走もあるのではないかと思ったので、可能性は少ないかもしれないけれど一か八か精神でこの馬に期待してみることに。


  ◎ ディサイファ / 柴山雄一 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ルージュバック  北村宏司  5
 2着 8     ステファノス    戸崎圭太  1
 3着 9     タンタアレグリア  蛯名正義  3
 4着 10    マイネルミラノ   柴田大知 10
 5着 3     ショウナンバッハ 柴田善臣 13

 6着 7  ◎ ディサイファ    柴山雄一  14


 着差的にはかなり惜しかったのですけどねェ....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/14   .7.1% -33,000円  21.4%

☆17年通算   > 31/147 21.1% -39,930円  90.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎オーバルスプリント(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎日本テレビ盃(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月23日 (土)

☆ 甲府戦・データボックス>2017年J1リーグ第27節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/23(土・祝) J1リーグ 第27節・ヴァンフォーレ甲府戦 (中銀スタ)


  ●2-3 (前半0-1、後半2-2)

  主審: 家本 政明  入場者数:12,049人

  .<得点> 0-1 ドゥドゥ       (甲府・前半11分/公式Youtube動画
         0-2 ドゥドゥ       (甲府・後半04分/公式Youtube動画
         1-2 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半13分/公式Youtube動画
         1-3 リンス        (甲府・後半36分/公式Youtube動画
         2-3 イッペイ シノヅカ .(横浜・後半50分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・


 <記録ストップ>

  ・「アウェー無得点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 7位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 イッペイ シノヅカが、Jリーグ初出場を記録しました。

 マルティノスが、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 イッペイ シノヅカが、Jリーグ初ゴールを記録しました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 5位 (前節 5位)
         < 14勝 6分 7敗  勝点 47 得点 34 失点 24 得失点差 +10 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    

 (Jリーグ公式) 「堅守の横浜FMから3得点を奪取。
              甲府が7戦ぶりの勝利をサポーターに届ける

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「ドゥドゥ2発から“仕上げ”はリンス!
          甲府がシノヅカJ初弾の横浜FMを撃破、7試合ぶりの勝利

 (ドメサカブログ) 「甲府がドゥドゥ2発&リンス仕上げで7試合ぶり勝利!
             横浜FMに追い上げられるも逃げ切る


 (スポニチ) 「横浜シノヅカ、Jデビュー即弾「枠に入れることだけ考えた」

 (日刊スポーツ) 「横浜斎藤が右膝負傷「歩くのも厳しい」今日検査

 (スポーツ報知) 「MFイッペイが公式戦デビュー弾も3失点で敗戦、
             斎藤も負傷交代

 (サンスポ) 「初出場の横浜M・シノヅカがゴール
          こぼれ球を冷静に押し込む「まずは結果を出せて良かった」

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤が右膝負傷で交代
             試合後は松葉づえで「歩くのも厳しい」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 甲府戦・プレビュー>2017年J1リーグ第27節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年9月22日 (金)

☆ 甲府戦・プレビュー>2017年J1リーグ第27節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 9/23(土・祝) 18:00~ J1リーグ 第27節

     vs ヴァンフォーレ甲府 (山梨中銀スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 5位 14勝 6分 6敗  勝点 48  32得 21失 得失 +11 」
  甲府  :「 16位  4勝 9分 13敗  勝点 21  15得 30失 得失 -15 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 甲府戦は、ルヴァンカップ(ナビスコカップ)で4戦全勝ということもあって公式戦通算で「11勝 6分 2敗」と相性良いように見えますが、リーグ戦通算では「7勝 6分 2敗」と負けは少ないものの勝てない試合が多いです。

 そして、リーグ戦ホームでは「5勝 3分 0敗」と(引き分けが多いとはいえ)いまだ負けなし(今年のリーグ戦ホームも○1-0で勝利)なのに対し、アウェーでは2015年まで「1勝 3分 2敗」(唯一の勝利も終了間際の2得点で逆転勝ち)、2013~2015年の3年間におけるアウェー(3試合)での得点はわずか1と、(昨年のリーグ戦アウェーを○4-0で完勝するまでは)アウェーでは常に苦戦していました(今年のルヴァンカップでのアウェー戦は○1-0で勝利)。

 とはいえ、2015年以降の公式戦は「4勝 2分 0敗」(リーグ戦に限れば「3勝 2分 0敗」)なので、その前の2年が「1勝 3分 1敗」(リーグ戦に限れば「0勝 3分 1敗」)だったことを考えると、マリノスにモンバエルツ監督が就任して以降はホーム・アウェーに関わらず勝率が上がっていますね。

 なお、甲府が(天皇杯は2回戦ですでに敗退していることもあり)リーグ前節から1週間公式戦がなかったのに対し、マリノスはリーグ前節後の20日(水)に天皇杯4回戦を延長戦まで120分戦ってからの中2日なので、日程面での大きな違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 8位タイ)


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード 無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)
   > 2試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 マルティノスが出場すると、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算35ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)・齋藤学と並びマリノス歴代10位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 甲府 : 橋爪勇樹

 【期限付き移籍の契約により出場不可】  甲府 : 高野遼

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 喜田拓也、中町公祐、扇原貴宏

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス:

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           甲府  : 高野遼、リンス、ビリー

 【日本代表】  マリノス:
           甲府  :

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
           甲府  :

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
           甲府  :

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           甲府  : 小椋祥平、高野遼
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  甲府オフィシャル

     * 試合前に行われる「ヴァンフォーレ甲府 レジェンドマッチ2017」には
      元マリノスの外池大亮も出場予定

 【チケット情報】  甲府オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜斎藤「大事な試合」中2日でのフル出場に意欲」 (9/23)
   > 「【横浜M】元U18ロシア代表のイッペイ・シノヅカ、デビューあるぞ」 (9/23)
   > 「【甲府】小出、リーグ戦14戦ぶり先発へ「ガンガンいきたい」」 (9/23)

   > 「【横浜M】120分を戦った天皇杯・広島戦から中2日で甲府戦 先発入れ替えも」 (9/22)
   > 「横浜MFシノヅカ「準備できている」初出場に意欲」 (9/22)
   > 「横浜中沢、安室奈美恵引退ショック…嘘だと言って~」 (9/22)

   > 「横浜ヴィエイラ、前夜3発の興奮冷めらやらず」 (9/21)
   > 「【甲府】FWリンス「戦う気持ちを忘れないでやりたい」…23日・横浜M戦」 (9/21)
   > 「【J試合情報】ヴァンフォーレ甲府vs横浜F・マリノス 9月23日」 (9/21)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (配信)09/23(土) 18:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 甲府戦・データボックス>2017年J1リーグ第27節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年9月21日 (木)

☆ 広島戦・データボックス>2017年天皇杯4回戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/20(水) 天皇杯 4回戦・サンフレッチェ広島戦 (ニッパツ)


  □3-2 (前半0-2、後半2-0、延前0-0、延後1-0)

  主審: 山本 雄大  入場者数:6,026人

  .<得点> 0-1 皆川佑介      (広島・前半07分)
         0-2 フェリペ シウバ  .(広島・前半14分)
         1-2 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半09分 PK)
         2-2 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・後半43分)
         3-2 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・延後15分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 ミロシュ デゲネクが、天皇杯通算2回目の警告を受けたため、10月25日(水)に行われる準々決勝・磐田戦は出場停止となります。

 下平匠が、天皇杯通算2回目の警告を受けたため、10月25日(水)に行われる準々決勝・磐田戦は出場停止となります。


 喜田拓也が、天皇杯通算1回目の警告を受けたため、準々決勝・磐田戦でも警告を受けると、準決勝は出場停止となります。

 齋藤学が、天皇杯通算1回目の警告を受けたため、準々決勝・磐田戦でも警告を受けると、準決勝は出場停止となります。

 ダビド バブンスキーが、天皇杯通算1回目の警告を受けたため、準々決勝・磐田戦でも警告を受けると、準決勝は出場停止となります。

 * 警告累積は準々決勝終了後にリセットされます

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 齋藤学が、マリノス所属時天皇杯通算18試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独14位となりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時天皇杯通算17試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代15位タイとなりました。

 金井貢史が、マリノス所属時天皇杯通算15試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代18位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇杯準々決勝進出決定】


 この試合に勝利したため、準々決勝進出が決定しました。

 10月25日(水)に行われる天皇杯準々決勝は、長野パルセイロ(長野県代表/J3)相手に○1-0で勝利したジュビロ磐田(J1)と対戦します(試合時間や会場は後日発表)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (Jリーグ公式) 「延長戦を制したのは横浜FM。
             ウーゴ・ヴィエイラが歓喜を呼ぶハットトリック

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ハイライト動画) スカパー

    


 (ゲキサカ) 「ハット達成ウーゴ・ヴィエイラが延長後半V弾!!
             横浜FM、広島との120分死闘制し8強入り

 (ゲキサカ) 「「普通、あの角度だったらクロス」
            ウーゴ・ヴィエイラ驚愕の“角度ゼロ”V弾

 (ゲキサカ) 「中3日も120分フル出場の齋藤学
           「良いチームになってきた」総力戦の勝利喜ぶ

 (ドメサカブログ) 「横浜FMがウーゴハットの活躍で延長戦制しベスト8へ!
             広島は不運な判定も響き逆転負け


 (スポニチ) 「横浜 助っ人・ウーゴが加入後初ハット「3点とも良いゴール」

 (日刊スポーツ) 「横浜ヴィエイラ逆転ハット「次につなげられた」

 (スポーツ報知) 「ウーゴ劇的“角度ゼロミドル”
               エースのハットで120分激闘制し8強

 (スポーツ報知) 「天皇杯8強入り
             MF遠藤が存在感「ラストチャンスと思っていた」

 (サンスポ) 「横浜Mはビエイラが3得点、驚きの決勝ゴール

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 広島戦・プレビュー>2017年天皇杯4回戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年9月20日 (水)

◎オーバルスプリント(2017年)穴馬予想&結果

< 9月20日(水)に行われるテレ玉杯オーバルスプリント(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【テレ玉杯オーバルスプリント】

 浦和のダート1400mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 今回(の交流重賞)もいつものような“複勝1点買い”ではなく、交流重賞の時のみの買い方である(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)”単勝複数買い”でいってみましょう。

 それで前日オッズの感じだと、初重賞挑戦となった前走の交流重賞・クラスターCでは惜しくも3着に敗れたもののその前はダートで4戦全勝だったサイタスリーレッドが再び圧倒的人気となりそうで、2歳ダートチャンピオン&芝マイルGI・2着のリエノテソーロと前走でサイタスリーレッドを破り勝利した元中央馬で現南関馬のブルドッグボスがそれに次ぐ人気に、さらに中央馬のレーザーバレットモンドクラッセが続いて.....、という人気の並びとなりそうです(追記:と思ったらサイタスリーレッドよりリエノテソーロの方が人気となりそうな感じですね)。

 ただ、サイタスリーレッドが買えないオッズ(2倍以下)となるのは確実っぽいけれど、それ以外の馬のオッズはこれ(前日オッズ)から多少の動きがありそうなので、ここは慎重を期して、オッズがある程度固まってから最終予想を決め、それをレース約15分前までに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、リエノテソーロとサイタスリーレッドが2.7倍で並び、モンドクラッセとブルドッグボスが5倍台、レーザーバレットが10倍ちょうどとなっていました。

 このままのオッズでいくのであれば、そしてこの5頭のみを選択肢とするならば、オッズのバランス的に“モンドクラッセとブルドッグボスのどちらか一方とレーザーバレット”という二択になるので、ここは前走で交流重賞を制したブルドッグボスと昨年のこのレースの勝ち馬であるレーザーバレットの2頭狙いでいってみましょう。


  ◎ ブルドッグボス / 左海誠二 (5)
  △ レーザーバレット / 岩田康誠 (3)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     サイタスリーレッド  戸崎圭太 2
 2着 3  △ レーザーバレット  岩田康誠 5
 3着 5  ◎ ブルドッグボス   左海誠二 3
 4着 8     リアライズリンクス 的場文男 6
 5着 6     リエノテソーロ    吉田隼人 1


  (×単勝:7 2.7倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/12   .8.3% -27,000円  25.0%

☆17年通算   > 31/145 21.4% -33,930円  92.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎セントライト記念(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎神戸新聞杯&オールカマー(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月19日 (火)

☆ 広島戦・プレビュー>2017年天皇杯4回戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 9/20(水) 19:00~ 天皇杯 4回戦

     vs サンフレッチェ広島 (ニッパツ三ツ沢球技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  5位 14勝 6分 .6敗 勝点 48  32得 21失 得失 +11 」
  広島  :「 .15位  5勝 8分 13敗 勝点 23  24得 38失 得失 -14 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 広島戦は、公式戦通算で「39勝 8分 22敗」、リーグ戦通算で「30勝 6分 16敗」といずれも大きく勝ち越しています。

 しかも、2012年から2014年までのリーグ戦は6試合全て負けなし(5勝 1分 0敗)で2013年以降4連勝、さらに2013シーズンの天皇杯決勝でも勝って優勝を決めるなど、(2014年のゼロックススーパーカップでは完敗したとはいえ)この時期はかなり相性の良い相手でした。

 しかし、マリノスにモンバエルツ監督が就任した2015年以降は、リーグ戦で4試合勝ちなし(0勝 1分 3敗)で4試合全て2失点と逆に相性が悪くなってしまいましたが、今年のリーグ第7節(アウェー)でようやく勝利。

 とはいえ、2015年以降の公式戦ホームは4戦して勝ちなし(0勝 1分 3敗)、今年の対戦でもルヴァンカップ(ニッパツ)で●1-2、リーグ戦(日産ス)で△1-1と、ここ3年のホームではかなり苦手な相手となっていますね。

 なお、広島は前回対戦直後にヤン・ヨンソンが新監督として就任しています(前回対戦時は森保一・前監督の退任直後で、横内昭展ヘッドコーチが暫定監督に)。

 ちなみに、広島とは天皇杯で5度対戦していて、1993年は準々決勝(広島ビ)で●1-3、1994年は準々決勝(瑞穂陸)で○3-0、2002年は4回戦(愛媛)で●1-2、2003年は4回戦(長崎)で○2-1、2013年は決勝(国立)で○2-0という結果でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル出場記録ファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算30試合出場となり、中村俊輔(97-02,10-16)を抜いてマリノス歴代単独2位となります。

 齋藤学が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算18試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)を抜いてマリノス歴代単独14位となります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算17試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)・齋藤学と並びマリノス歴代14位タイとなります(齋藤学も出場した場合は15位タイ)。

 金井貢史が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算15試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代18位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算14試合出場となり、井原正巳(93-99)・田中隼磨(00-02,04-08)・金井貢史と並びマリノス歴代19位タイとなります(金井貢史も出場した場合は20位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【準々決勝情報】


 この試合に勝利すると、準々決勝進出が決定。

 10月25日(水)に行われる準々決勝では、長野パルセイロ(長野県代表/J3)とジュビロ磐田(J1)の勝者と対戦することになります(試合時間や会場は後日発表)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 広島: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 下平匠、ウーゴ ヴィエイラ、ミロシュ デゲネク

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス:

 【夏の新加入選手】
  * ★はJリーグ以外からの移籍選手なので
    天皇杯4回戦は登録の関係で出場不可
           マリノス: ★イッペイ シノヅカ
           広島  : パトリック、丹羽大輝、椋原健太
                 ネイサン バーンズ

 【日本代表】  マリノス:
           広島  :

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .広島  .: 森島司

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
          .広島  .:

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           広島  :
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【チケット情報】  Jリーグチケット

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜・学、公式戦2戦連発で勝利導く 20日天皇杯広島戦」 (7/12)


 【TV中継】 (生) 09/20(水) 18:55~  スカサカ!

        (録) 09/21(木) 15:00~  スカチャン2

            09/23(土) 12:30~  スカチャン1

            09/28(木) 15:30~  スカチャン2

        (4回戦ダイジェスト/ハイライト)
            09/20(水) 21:30~  スカサカ!など

            09/21(木) 12:00~  スカサカ!
            09/21(木) 24:00~  スカチャン3

            09/22(金) 23:00~  スカサカ!
            09/22(金) 25:25~  NHK総合

            09/23(土) 13:00~  NHK BS1
            09/23(土) 17:30~  スカチャン1
            09/23(土) 27:00~  スカチャン3

            09/24(日) 13:00~  NHK BS1

            09/25(月) 06:00~  スカチャン3

            09/25(月) 12:00~  スカチャン1

            09/26(火) 06:00~  スカチャン1
            09/26(火) 15:00~  スカチャン1

            09/27(水) 08:30~  スカチャン3
            09/27(水) 19:00~  スカチャン2

            09/28(木) 09:30~  スカチャン3

            09/30(土) 14:00~  スカチャン2

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 広島戦・データボックス>2017年天皇杯4回戦

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年9月18日 (月)

◎セントライト記念(2017年)穴馬予想&結果

< 9月18日(月・祝)に行われる朝日杯セントライト記念(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【朝日杯セントライト記念】

 中山の芝2200mで行われる3歳重賞(GII)です。

 クラシック第3戦・菊花賞のトライアルレースですが、クラシック参戦組は皐月賞馬のアルアインを含め3頭しかいないので、予想はなかなかの難しさですね。

 それでここは、そんなクラシック参戦組の中で唯一の人気薄となっているプラチナヴォイスを◎にしてみましょう。

 皐月賞で10着、NHKマイルCでは11着と、春のGIでは二ケタ着順が続いたものの、皐月賞は勝ち馬と0.5秒差、NHKマイルCは3着馬と0.5秒差ということで、着順の印象ほどは大敗したという感じがない着差でした。

 中山では、皐月賞での0.5秒差に加え、スプリングSでも2歳チャンピオンのサトノアレスに先着しての0.2秒差3着と、重賞で(着差的に)連続好走するなど相性良いですし、その前のきさらぎ賞も0.5秒差4着で同世代重賞では相手なりに走れるだけの力があったので、秋になりその力をアップさせることが出来ているのならここで馬券に絡むことも可能だろうということで、この馬に期待してみることに。


  ◎ プラチナヴォイス / 内田博幸 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     ミッキースワロー 横山典弘   2
 2着 7     アルアイン     ルメール   1
 3着 2     サトノクロニクル  M.デムーロ 3
 4着 15    スティッフェリオ  北村友一   6
 5着 9  ◎ プラチナヴォイス  内田博幸  8


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/11   .9.1% -24,000円  27.3%

☆17年通算   > 31/144 21.5% -30,930円  92.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ローズS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎オーバルスプリント(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月17日 (日)

◎ローズS(2017年)穴馬予想&結果

< 9月17日(日)に行われる関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【関西テレビ放送賞ローズステークス】

 阪神の芝1800mで行われる3歳牝馬重賞(GII)です。

 台風の影響による中止の心配もあったものの、台風の進みが遅いこともあってなんとか開催されそうですが、牝馬クラシック第3戦・秋華賞のトライアルレースということを考えれば、予定通りに(それほど馬場の悪化等もなく)行われるのは本当に良かったですね。

 それでここは、カラクレナイを◎にしてみましょう。

 1番人気に推されながら17着と大敗したGI・NHKマイルC以来4カ月ぶりのレースで、そこだけを見れば不安しかないとはいえ、その前は「500万で勝利 → 重賞で勝利 → GIで0.2秒差4着」と阪神で連続好走しています。

 なので、休み明けの(悪い)影響がないのであれば、得意のコースに戻っての巻き返しはあると思うし、穴馬として面白い存在なのではないかということで、前走の結果は度外視してこの馬に期待してみることに。


  ◎ カラクレナイ / 川田将雅 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14    ラビットラン    和田竜二 8
 2着 16    カワキタエンカ  横山典弘 6
 3着 6     リスグラシュー  武豊    3
 4着 5     ミリッサ      福永祐一 5
 5着 11    メウショウオワラ 小牧太  12

14着 15 ◎ カラクレナイ    川田将雅  9


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/10  .10.0% .-21,000円  30.0%

☆17年通算   > 31/143 21.7% -27,930円  93.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎阪神ジャンプS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎セントライト記念(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月16日 (土)

☆ 柏戦・データボックス>2017年J1リーグ第26節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/16(土) J1リーグ 第26節・柏レイソル戦 (日産ス)


  △1-1 (前半1-0、後半0-1)

  主審: 木村 博之  入場者数:20,844人

  .<得点> 1-0 齋藤学      .(横浜・前半09分/公式Youtube動画
         1-1 クリスティアーノ (木白・後半43分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 4位>

  ・「ホーム得点」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 齋藤学が、J1リーグ通算200試合出場を達成しました。

 山中亮輔が、J1リーグ通算50試合出場を達成しました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 齋藤学が、マリノス所属時リーグ戦通算32得点となり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 5位 (前節 5位)
         < 14勝 6分 6敗  勝点 47 得点 32 失点 21 得失点差 +11 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式

    

 (Jリーグ公式) 「戦い抜いた両雄。しかし、結果は上位との差が開く痛恨のドローに

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「齋藤学が待望の今季リーグ戦初ゴールも…
          柏が土壇場の芸術FKで追いつく

 (ゲキサカ) 「「不安と戦う日々だった」今季初ゴールの齋藤学、
          “約束”の「F」も勝利に届かず…

 (ゲキサカ) 「古巣戦で気合十分、先制点演出の山中に
                  齋藤学も「今日の山中はすごかった」

 (ゲキサカ) 「試合後に異議で警告も…
          痛恨ファウルに不満の喜田「あれを取られたらきつい」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが齋藤学の今季初ゴールで先制も
             柏がクリス弾で追いつく 上位同士の対戦は1-1ドローに


 (スポニチ) 「横浜・学J200戦目で今季1号「1点も取れない不安あった」

 (日刊スポーツ) 「横浜MF斎藤、節目200試合出場祝う今季初ゴール

 (日刊スポーツ) 「横浜喜田が痛恨ファウル、試合後に異例の警告受ける

 (スポーツ報知) 「斎藤学、試行錯誤の今季初ゴール

 (スポーツ報知) 「MF喜田、同点弾につながった判定に
                 「僕らも人生をかけてやっている」

 (サンスポ) 「横浜M、斎藤のお待たせ今季初ゴールも痛恨ドロー

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 柏戦・プレビュー>2017年J1リーグ第26節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎阪神ジャンプS(2017年)穴馬予想&結果

< 9月16日(土)に行われる阪神ジャンプステークス(J・GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【阪神ジャンプステークス】

 阪神の芝3140mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 7頭しか出走しない少数頭レースなのですが、大体こういう場合は半数以上の馬の複勝最低オッズが2倍を切ってしまい、(2倍以上の馬を狙う自分としては)選択肢が限りなく減ってしまって予想とはいえない状況となることがほとんどです。

 ただ今回は重賞やOPで安定して結果を出している実績馬のみが集まった少数精鋭ということもあり、これを書いている時点で複勝最低オッズが2倍を切っているのは1頭だけという珍しいパターンになっていますね。

 それでここは、現時点で最低人気のマイネルフィエスタを◎にしてみましょう。

 1年以上ぶりの復活となった前々走の東京ジャンプSでは0.3秒差4着(3着馬とは半馬身差)といきなり健闘し、前走の小倉サマーJでは(今回1番人気濃厚のアップトゥデイトと)0.2秒差の3着に好走と、長期休み明けの反動はみられませんでしたし、休み前とは違って先行して結果を出しているのは強みになると思うので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ マイネルフィエスタ / 植野貴也 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     アップトゥデイト   林満明   1
 2着 2     ルペールノエル   高田潤  4
 3着 7  ◎ マイネルフィエスタ 植野貴也 6
 4着 6     ミヤジタイガ     小坂忠士 5
 5着 3     ハギノパトリオット  熊沢重文 2


 ◎馬がハナ差の接戦を制し3着に入ってくれたので大喜びしていたのですが、結果を見てみたら唖然茫然、“7頭以下だと複勝は2着まで”ということをすっかり忘れて(見逃して)いました.....(それで少数頭の割に複勝オッズが高めだったのですね.....)。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/9   .11.1% -18,000円  33.3%

☆17年通算   > 31/142 21.8% -24,930円  94.1%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京記念(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ローズS(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月15日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2017年9月/その1)

Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2017年8月/その4) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年9月/その2)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


空に歌えば / amazarashi

   シングル『空に歌えば』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


吹き抜く風のように / GLIM SPANKY

   アルバム『BIZARRE CARNIVAL』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Guns Of Saxophone / TRI4TH

   アルバム『4th Rebellion』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


独白園 / ぜんぶ君のせいだ。

   アルバム『Egoistic Eat Issues』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タイムトラベリング / Czecho No Republic x SKY-HI

   シングル『タイムトラベリング』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


正攻法 / SUPER BEAVER

   アルバム『真ん中のこと』収録

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


STARSHIP / SIXLOUNGE

   スプリットシングル『地獄盤』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


まねー!!マネー!?Money!! / たこやきレインボー

   シングル『まねー!!マネー!?Money!!』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2017年8月/その4) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年9月/その2)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2017年9月14日 (木)

☆ 柏戦・プレビュー>2017年J1リーグ第26節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 9/16(土) 19:00~ J1リーグ 第26節

     vs 柏レイソル (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 5位 14勝 5分 6敗  勝点 47  31得 20失 得失 +11 」
  柏   .:「 3位 15勝 4分 6敗  勝点 49  39得 24失 得失 +15 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 柏とは昔から相性があまり良くなく、公式戦通算で「22勝 10分 26敗」、リーグ戦通算で「16勝 8分 19敗」といずれも負け越しています。

 しかも、2009年から2014年までの5シーズン(2010年は対戦なし)の公式戦は「1勝 6分 8敗」で、その期間で唯一勝利した2013年ナビスコカップ準決勝第2戦もゴールが足りずに(2試合合計の得失点差により)敗退が決まった試合なので実質負けに等しいため、ここ最近は特に相性の悪い相手に。

 しかも、リーグ戦アウェーでは「10勝 4分 8敗」とわずかながら勝ち越しているのに対し、ホームでは「6勝 4分 11敗」と大きく負け越しているのですが、2013年以降のリーグ戦ホームは「1勝 2分 1敗」と五分の成績で、昨年のホームは○3-0で快勝しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 9試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 4位)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 9試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“3失点以上”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が出場すると、J1リーグ通算200試合出場を達成します。

 山中亮輔が出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、齋藤学と並びマリノス歴代12位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は13位)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 柏 : 鎌田次郎

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 中町公祐、扇原貴宏

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス:

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           柏   .: キム ボギョン

 【日本代表】  マリノス:
           柏   .:

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
           柏   .: 中山雄太、古賀太陽

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
           柏   .:

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 山中亮輔
           柏   .:
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

  


 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜・斎藤「優勝したい」 柏戦でJ1通算200試合出場へ」 (9/16)
   > 「【横浜M】し烈V争い「ハリル流起用」でV戦線に残る」 (9/16)

   > 「横浜斎藤「200試合目」柏戦で今季初ゴール狙う」 (9/15)
   > 「【横浜M】主将・斎藤、V争い生き残りへ「全部決勝のメンタリティーで」メンバー入れ替えも」 (9/15)
   > 「横浜パク・ジョンス、8戦ぶりリーグ戦出場へ気合」 (9/15)
   > 「【横浜M】DFパク「絶対に負けない」優勝戦線生き残りへ、柏の猛プレス迎え撃つ」 (9/15)
   > 「横浜DF中沢「乗り心地いい」自転車新調で心機一転」 (9/15)

   > 「横浜斎藤、監督から「チームに自信を持たせて」」 (9/14)
   > 「横浜・山中、私情断って古巣・柏討ちだ!「成長した姿見せる」」 (9/14)
   > 「横浜山中「特徴知っている」古巣柏戦の必勝誓う」 (9/14)

   > 「【柏】FW伊東、アウェー横浜M戦で“恩返しの白星”を誓う」 (9/14)
   > 「【柏】横浜M戦で教え子・DF山中封じる!下平監督「恩返しされないように」」 (9/14)
   > 「柏小池「大事な試合」で横浜エース斎藤学封じ完封だ」 (9/14)

   > 「【J試合情報】横浜F・マリノスvs柏レイソル 9月16日」 (9/14)

   > 「横浜モンバエルツ監督「精度高める」柏戦へ実戦練習」 (9/13)


 【TV中継】 (生) 09/16(土) 19:00~  NHK BS-1

        (録) なし

        (配信)09/16(土) 19:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 柏戦・データボックス>2017年J1リーグ第26節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年9月13日 (水)

◎東京記念(2017年)穴馬予想&結果

< 9月13日(水)に行われる東京記念(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京記念】

 大井のダート2400mで行われる南関重賞(SII)です。

 ここは、タマモネイヴィーを◎にしてみましょう。

 今年に入って中央から移籍して来た馬で、転入当初はなかなか結果が出なかったものの、近走は南関重賞・大井記念での2着など(交流GIを除けば)安定して結果を出しているので、金沢遠征からわずか1週間という点は不安ではありますが、それで人気を下げるのであれば穴として狙ってみるのも面白いのでは。


  ◎ タマモネイヴィー / 繁田健一 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 15    サブノクロヒョウ  和田譲治 12
 2着 1     カツゲキキトキト  大畑雅章 2
 3着 13    キングニミッツ   石崎駿   3
 4着 5     ユーロビート    吉原寛人  1
 5着 6  ◎ タマモネイヴィー 繁田健一 5


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/8   .12.5% -15,000円  37.5%

☆17年通算   > 31/141 22.0% -21,930円  94.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎セントウルS&京成杯AH(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎阪神ジャンプS(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月12日 (火)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」月別候補曲リスト(2017年8月/その4)

Goripaku7957_tp_v


 半年に一度ランキングを発表している“この邦楽ソングが(個人的に)すごい!”の候補曲を発売月別にまとめたリストです

 ランキング自体はMV(ミュージック・ビデオ)が作られていない楽曲も対象となりますが、この候補曲リストはYoutubeにて公式チャンネルからMVがアップされている曲のみ載せています


 "★"横の曲名部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 ジャケット写真とその横の曲名部分のリンク先は「iTunes」の詳細ページ


  月別候補曲リスト(2017年8月/その3) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年9月/その1)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


SOS! feat. Creepy Nuts / androp

   シングル『SOS! feat. Creepy Nuts』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ひとり相撲 / ドス☆恋☆部屋

   配信シングル『ひとり相撲』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


千載一遇きたりて好機 / PENGUIN RESEARCH

   配信シングル『千載一遇きたりて好機』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


MELANCOZMO / TORIENA

   配信アルバム『MELANCOZMO』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブライト / 福耳

   シングル『ブライト / Swing Swing Sing』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ジェンガ / 眩暈SIREN

   配信シングル『ジェンガ』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


暖かい都会から / teto

   アルバム『dystopia』収録


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  月別候補曲リスト(2017年8月/その3) <<<

  >>> 月別候補曲リスト(2017年9月/その1)


 【 2017年の「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事 】

 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2017年/上半期」 (17.6.1)

 月別候補曲リスト(2017年6月/その1) (17.7.5)
 月別候補曲リスト(2017年6月/その2) (17.7.5)

 月別候補曲リスト(2017年7月/その1) (17.7.13)
 月別候補曲リスト(2017年7月/その2) (17.7.18)
 月別候補曲リスト(2017年7月/その3) (17.7.28)

 月別候補曲リスト(2017年8月/その1) (17.8.2)
 月別候補曲リスト(2017年8月/その2) (17.8.9)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

2017年9月11日 (月)

「こちら葛飾区亀有公園前派出所(新作読切版)」 秋本治 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ 2017年 10/2 号 [雑誌]週刊少年ジャンプ 2017年 10/2 号 [雑誌]

集英社 2017-09-16
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2017年42号(9月16日〈土〉発売)に掲載の読切作品が、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(以下「こち亀」)といえば、1976年に連載がスタートすると、少年誌の最長連載記録を打ち立てるなどまさに“週刊少年ジャンプの顔”的な存在にまでなりましたが、連載40周年を迎えた昨年(2016年)に連載終了(単行本は200巻で完結)。

 作者の秋本治(あきもと・おさむ)は、「こち亀」の連載終了後も、“グランドジャンプ”で「BLACK TIGER」、“週刊ヤングジャンプ”で「ファインダー -京都女学院物語-」、“ジャンプスクエア”で「Mr.Clice」(掲載誌を変えて10年ぶりに連載復活)、“ウルトラジャンプ”で「いいゆだね!」(20年前の読切を連載版として復活)と、4誌で4作も不定期連載するなど精力的に活動していて、今回は「こち亀」の新作描き下ろしである本作にて(作者としても「こち亀」としても)1年ぶりの週刊少年ジャンプ復活となりました。

 なお、ジャンプ本誌に掲載された秋本治の読切作品としては、2010年49号の「SUCCEED」「SUCCEED」 秋本治 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)以来約7年ぶりとなります。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「秋本治」関連記事】

  > 「こちら葛飾区亀有公園前派出所(新作読切版)」 秋本治
     > 週刊少年ジャンプ読切! (17.09.11)

  > 「SUCCEED」 秋本治 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.11.7)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年9月10日 (日)

◎セントウルS&京成杯AH(2017年)穴馬予想&結果

< 9月10日(日)に行われる産経賞セントウルステークス(GII)京成杯オータムハンデキャップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【産経賞セントウルステークス】

 阪神の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、スノードラゴンを◎にしてみましょう。

 3年前のGI・スプリンターズS勝ち馬も、芝のレースでは1年半の間馬券に絡んでいないという最近の成績ではありますが、ただ1200mのレースでは(GIを含め)わずかな差で馬券圏内を逃しているので今でも安定感はあります。

 それに昨年のこのレースも0.3秒差(3着馬とは0.1秒差)と好走していますし、そろそろ3着以内に来てもいい頃なのではないかな~ということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ スノードラゴン / 大野拓弥 (11)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     ファインニードル   M.デムーロ  1
 2着 6     ラインミーティア   西田雄一郎 6
 3着 13    ダンスディレクター 浜中俊    4
 4着 2     メラグラーナ     戸崎圭太   3
 5着 1     アドマイヤゴッド  北村友一   8

 8着 11 ◎ スノードラゴン    大野拓弥  7


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京成杯オータムハンデキャップ】

 中山の芝1600mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 予想が二転三転してしまったので、これで選ばなかった馬だけが馬券圏内に来たらかなり悔しくなりそうではありますが、ここは最終的に決めたダイワリベラルを◎にしてみましょう。

 重賞ではまだ3着以内に期待ないものの、中山マイル戦では2年前の12月以降7戦して6戦で掲示板に載っていますし、そのうちの1戦である昨年のこのレースは4着、前々走のダービー卿CTは3着馬とほぼ半馬身差の5着と惜しい所までいっているので、最内枠を活かした先行策がハマれば今度こそ重賞で結果も出るのでは。


  ◎ ダイワリベラル / 津村明秀 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     グランシルク      田辺裕信   1
 2着 3     ガリバルディ      北村宏司  11
 3着 13    ダノンリバティ     松若風馬   6
 4着 5     マルターズアポジー 武士沢友治 2
 5着 12    トーセンデューク   三浦皇成   9

 7着 1  ◎ ダイワリベラル    津村明秀  13


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/7   .14.3% -12,000円  42.9%

☆17年通算   > 31/140 22.1% -18,930円  95.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎紫苑S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京記念(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月 9日 (土)

☆ 川崎F戦・データボックス>2017年J1リーグ第25節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 9/9(土) J1リーグ 第25節・川崎フロンターレ戦 (等々力)


  ●0-3 (前半0-1、後半0-2)

  主審: 佐藤 隆治  入場者数:24,715人

  .<得点> 0-1 大島僚太  (川崎・前半14分/公式Youtube動画
         0-2 小林悠    (川崎・後半12分/公式Youtube動画
         0-3 家長昭博  (川崎・後半30分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「アウェー無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「負けなし(通算)」記録 > 13試合連続 でストップ <マリノス歴代 4位>

  ・「負けなし(シーズン)」記録 > 13試合連続 でストップ <マリノス歴代 3位>


  ・「無失点」記録 > 5試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「アウェー無失点」記録 > 3試合連続 でストップ <マリノス歴代 3位>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 齋藤学が、J1リーグ通算200試合出場達成にリーチとなりました。

 山中亮輔が、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 5位 (前節 2位)
         < 14勝 5分 6敗  勝点 46 得点 31 失点 20 得失点差 +11 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Jリーグ公式
    

 (Jリーグ公式) 「自慢の攻撃陣が爆発。川崎Fが“神奈川ダービー”を制す

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「“ほこたて対決”は川崎Fの攻撃力が完勝、
             横浜FMは484分ぶり失点から今季初3失点

 (ドメサカブログ) 「川崎がリーグ最少失点の横浜FMから3ゴール奪い快勝!
             横浜FMは4か月ぶりのリーグ戦黒星喫す


 (スポニチ) 「横浜、今季最多3失点…不敗14で止まる
          飯倉「自滅の典型」

 (日刊スポーツ) 「横浜、今季ワースト3失点「ミスが多すぎた」監督

 (スポーツ報知) 「5月7日以来の黒星で5位転落…
                 DF中沢「3失点ともミスから」

 (サンスポ) 「横浜M・中沢、季初の3失点に沈痛の面持ち
          「これが僕らの今の実力」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 川崎F戦・プレビュー>2017年J1リーグ第25節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎紫苑S(2017年)穴馬予想&結果

< 9月9日(土)に行われる紫苑ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【紫苑ステークス】

 中山の芝2000mで行われる3歳牝馬重賞(GIII)です。

 夏競馬の最終週でようやく連続不的中記録を(17レースで)止めることが出来たので、今日から始まる秋競馬ではなんとかコツコツと当てていきたいところですね。

 それでまずはクラシック第3戦に向けた3歳重賞という秋競馬ならではのレースとなっていますが、そんなレースで穴馬を狙うのであれば、クラシック戦線を走ってきたものの人気になっていない馬か、夏の上がり馬となります。

 ただ今回は(東の重賞ということもあって)クラシック戦線組が少ないうえに人気となっているので、必然的に狙うのは夏の上がり馬となりまして、ここはその中からミッシングリンクを◎にしてみましょう。

 この馬は今回が重賞初挑戦となりますが、古馬との対戦となったここ3戦は2・1・4着と安定していて、特に前々走の500万では古馬や同世代の牡馬相手に勝利し、前走の1000万でも古牡馬を相手に4着ながら勝ち馬と同タイムと好走しています。

 まあ逃げ馬なので展開の助けも必要かと思うものの、同世代の牝馬相手であればなんとか野下粘ってくれるのではないかということで、この馬に期待してみました。


  ◎ ミッシングリンク / 石橋脩 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16    ディアドラ       岩田康誠  1
 2着 11    カリビアンゴールド 田中勝春  6
 3着 7     ポールヴァンドル  三浦皇成  4
 4着 2     ブラックオニキス   大野拓弥 13
 5着 3     ライジングリーズン 丸田恭介  5

 7着 13 ◎ ミッシングリンク   石橋脩   9


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/5   .20.0%  -6,000円  60.0%

☆17年通算   > 31/138 22.5% -12,930円  96.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎戸塚記念(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎セントウルS&京成杯AH(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月 8日 (金)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年10月)

Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2017年版までの記録

 << この記事は現時点で未完の状態なので、情報を仕入れ次第、新たに対象作品を追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます) >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2017年 10月 発売 】


  鍵の掛かった男 / 有栖川有栖  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 8位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 5位
   ・「ミステリが読みたい!」 6位
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 7位

 ★ “火村英生シリーズ”の23作目
   (16作目「乱鴉の島」も2007年版19位にランクイン)

 ★ 中之島のホテルで梨田稔(69)が死んだ。
   警察は自殺と断定。
   だが同ホテルが定宿の作家・影浦浪子は疑問を持った。
   彼はスイートに5年住み周囲に愛され
   2億円預金があった。
   影浦は死の謎の解明を
   推理作家の有栖川有栖と友人の火村英生に依頼。
   が調査は難航。
   彼の人生は闇で鍵の掛かった状態だった。
   梨田とは誰か?
   他殺なら犯人は?
   驚愕の悲劇的結末!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  女王(上・下) / 連城三紀彦  <<感想記事はこちら!>>

 << 2015年版 9位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 15位

 ★ 戦後生まれの荻葉史郎の中にある
   東京大空襲の記憶。
   だが彼を診察した精神科医・瓜木は思い出す、
   空襲の最中にこの男と会っていたことを。
   一方、史郎の祖父・祇介は、
   大晦日の夜にかかってきた一本の電話を受け、
   急遽旅に出たあと、遺体となって発見された。
   邪馬台国研究に生涯を捧げた
   古代史研究家であった祇介が、
   吉野へ向かい若狭で死んだのはなぜなのか。
   瓜木は史郎と彼の妻・加奈子とともに
   奇妙な記憶と不審な死の真相を探る旅に出た--。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  殺戮にいたる病 / 我孫子武丸  <<感想記事はこちら!>>

 << 1993年版 16位 >>

 ★ 永遠の愛をつかみたいと男は願った―。
   東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねる
   サイコ・キラーが出現した。
   犯人の名前は、蒲生稔!
   くり返される凌辱の果ての惨殺。
   冒頭から身も凍るラストシーンまで
   恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、
   とらえようのない時代の悪夢と闇を
   鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。
   叙述ミステリの極致!

 ★ 新装版として再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  砂漠 / 伊坂幸太郎

 << 2007年版 21位 >>

 ★ 入学した大学で出会った5人の男女。
   ボウリング、合コン、麻雀、通り魔犯との遭遇、
   捨てられた犬の救出、超能力対決……。
   共に経験した出来事や事件が、
   互いの絆を深め、
   それぞれを成長させてゆく。
   自らの未熟さに悩み、過剰さを持て余し、
   それでも何かを求めて
   手探りで先へ進もうとする青春時代。
   二度とない季節の光と闇を
   パンクロックのビートにのせて描く、
   爽快感溢れる長編小説。

 ★ 版元を変えて再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  太宰治の辞書 / 北村薫

 << 2016年版 27位 >>

 ★ 「空飛ぶ馬」「夜の蝉」「秋の花
   「六の宮の姫君」「朝霧」に続く
   “円紫さんと私シリーズ”の6作目
   .(1作目が1989年2位
    2作目が1991年版2位
    3作目が1992年版12位
    4作目が1993年版18位にランクイン)

 ★ みさき書房の編集者として新潮社を訪ねた《私》は
   新潮文庫の復刻を手に取り、
   巻末の刊行案内に「ピエルロチ」の名を見つけた。
   たちまち連想が連想を呼ぶ。
   卒論のテーマだった芥川と菊池寛、
   芥川の「舞踏会」を評する江藤淳と三島由紀夫……
   本から本へ、《私》の探求はとどまるところを知らない。
   太宰が愛用した辞書は何だったのかと遠方にも足を延ばす。
   そのゆくたてに耳を傾けてくれる噺家。
   そう、やはり「円紫さんのおかげで、本の旅が続けられる」のだ……。
   《円紫さんと私》シリーズ最新刊、文庫化。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの10月文庫化作品 >>

  乙霧村の七人 / 伊岡瞬  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年11月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年9月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年9月 7日 (木)

☆ 川崎F戦・プレビュー>2017年J1リーグ第25節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 9/9(土) 19:00~ J1リーグ 第25節

     vs 川崎フロンターレ (等々力陸上競技場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 2位 14勝 5分 5敗  勝点 47  31得 17失 得失 +14 」
  川崎  :「 3位 13勝 7分 4敗  勝点 46  45得 27失 得失 +18 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 川崎F戦は、公式戦通算で「16勝 6分 18敗」、リーグ戦通算で「12勝 4分 11敗」とほぼ五分ですが、リーグ戦ホームで「8勝 2分 4敗」、アウェーで「4勝 2分 7敗」と、お互いにホームの成績がやや良い傾向です。

 とはいえ、ホームでは昨年まで公式戦3連敗だったのに対し、2014年以降のアウェーは「2勝 1分 1敗」と勝ち越しているので、ここ3年はホーム・アウェーの相性が逆転現象を起こしていますね(ただし今年の初戦はホームで○2-0勝利)。

 なお、マリノスはリーグ前節(8月26日・土)から2週間ぶりの公式戦なのに対し、川崎Fは前節後にも8月30日・水にルヴァンカップ準々決勝第1戦、9月3日・日に同第2戦を行っているので、日程面での違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 この試合で無失点だと、6試合連続無失点となり、“連続無失点”のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 15試合連続“負けなし(通算)”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 15試合連続“負けなし(シーズン)”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 7試合連続“アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 6試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 新記録達成)
   > 3試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が出場すると、J1リーグ通算200試合出場達成にリーチとなります。

 山中亮輔が出場すると、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、齋藤学と並びマリノス歴代12位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は13位)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 川崎 : なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 中町公祐、扇原貴宏

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス:

 【夏の新加入選手】
           マリノス: イッペイ シノヅカ
           川崎  :

 【日本代表】  マリノス:
           川崎  :

 【U-20代表】  マリノス: 遠藤渓太
          .川崎  .: 板倉滉、三好康児

 【U-19代表】  マリノス: 吉尾海夏
          .川崎  .:

 【対戦相手の元所属選手】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           川崎  : 狩野健太、森谷賢太郎
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  川崎オフィシャル

 【チケット情報】  川崎オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト
  

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「川崎F鬼木監督が選手に活「上だけ見て戦って」9日2位横浜戦」 (9/8)

   > 「【横浜M】5戦14発の川崎と9日“ほこたて対決”…ゼロ封なら“歴代最堅”ペース」 (9/6)
   > 「ボルトさん、川崎Fに来た!練習場訪問、憲剛とパス交換も」 (9/6)
   > 「川崎F、9日開催の“神奈川ダービー”のチケットが完売」 (9/6)
   > 「【J試合情報】川崎フロンターレvs横浜F・マリノス 9月9日」 (9/6)

   > 「横浜 22歳の新星シノヅカが躍動 指揮官も期待「良い意味で驚きだった」」 (9/4)


 【TV中継】 (生) 09/09(土) 19:00~  NHK BS-1

        (録) なし

        (配信)09/09(土) 19:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 川崎F戦・データボックス>2017年J1リーグ第25節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年9月 6日 (水)

◎戸塚記念(2017年)穴馬予想&結果

< 9月7日(木)に行われる戸塚記念(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【戸塚記念】

 川崎のダート2100mで行われる南関3歳重賞(SII)です。

 人生のほとんどを戸塚で過ごしている自分としては何としても当てたいレースなのですが(このレースは現・戸塚区にかつてあった戸塚競馬場を記念した重賞)、ただ馬券的相性はかなり悪いのですよね.....。

 それでここは、ケンネプチューンを◎にしてみましょう。

 今回が初重賞出走ではありますが、今年に入ってからのレースは(勝ち切れないことが多いけれど)比較的安定していますし、古馬と対戦するようなってからは1勝2着1回と健闘しているので、この馬の未知の魅力に期待してみたいと思います。


  ◎ ケンネプチューン / 笹川翼(本橋孝太に乗り替わり) (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     カンムル        左海誠二 4
 2着 14    キングガンズラング 石崎駿   2
 3着 1     キャッスルクラウン  中野省吾 9
 4着 8     ラッキーモンキー   楢崎功祐 13
 5着 6     ブラウンレガート   矢野貴之 1

 6着 2  ◎ ケンネプチューン   本橋孝太 6


 今年も当たりませんでした.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/4   .25.0%  -3,000円  75.0%

☆17年通算   > 31/137 22.6%  -9,930円  97.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎小倉2歳S&新潟記念(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎紫苑S(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月 5日 (火)

『暗手』 馳星周 > 「このミス」完全読破 No.968

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.968

 『暗手』 馳星周

   「このミス」2018年版 : 41位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2017.7.12 ~ 読終:2017.7.16

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2017年4月>

暗手暗手
馳 星周

KADOKAWA 2017-04-26
売り上げランキング : 11827

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 『夜光虫』に続くシリーズの2作目です。

 その前作は、『不夜城』で鮮烈なデビューを飾った2年後に発売されたデビュー3作目だったので、実に19年ぶりというシリーズ続編なのですね。

 ちなみに、自分はシリーズ続編だということを読み終えてから知ったのですが、読んでいる最中には特に気になることもなかったので、本作からいきなり読んでも楽しめることは保証します。

 とはいえ、(シリーズ続編であることを知った)今から思えば、前作の内容に関する説明(ネタバレ?)が結構ありましたし、前作を読んでいた方が本作における主人公の心情もより理解できるのではないかと思うので、出来ることなら(「このミス」でも11位にランクインしている)前作から読むのが良いのではないでしょうか。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 殺し以外の仕事なら何でも請け負って完璧にこなすことから、イタリアの黒社会でいつしか”暗手”と呼ばれるようになった加倉昭彦の元に、サッカー賭博の帝王から八百長に関する依頼が。

 八百長のターゲットとなるのは、イタリア・セリエAの中堅クラブで救世主的活躍を見せている若き日本人GK・大森怜央で、加倉は大森に対し、自ら(慣れないイタリアの地における)よき相談役となったり、日本人娼婦のミカを近づけるなど、大森に八百長をさせるための罠を仕掛け始めて.....。

 こういった(現実にある)プロスポーツを扱う小説の場合、とりあえずその作品を書く時だけの付け刃的な情報に違和感を覚えることが少なくないのですが、本作の場合はサッカー関連の書籍も多く刊行している馳星周なので、セリエAで活躍する日本人GKを取り巻く環境や状況などの設定は実際にありそうなものでしたし、八百長に関しても、選手はやりたくなかったとしても裏社会の怖い人間による周到な罠にはまってしまえばもう他に選択肢などないという恐ろしさがリアルに感じられるので、そんなイタリアサッカーに関する物語を追うだけでもなかなかの面白さです。

 しかし、後半に入ると主人公の巧みな仕掛けもあることがきっかけで崩れ始めていくため、クライムノベル(ノワール)色が一層濃くなり、そこからは破滅へ向かって暴走していくかのような主人公の姿が身震いするほどの圧倒的な迫力で描かれていくのですね。

 ストーリー自体は結構シンプルなので、(最近の作品でいえば)No.607 「エウスカディ(殉狂者)」などと比べると物語的な厚みや読み応えは劣るものの、その分 加速し始めた時の怒涛の如き熱量は半端ないものになっていますし、初期の馳ノワールを思わせる面白さがぶち込まれているので、最近の馳作品にあまり魅力を感じず昔(の馳作品)を偲んでいた人には特にお薦めです。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “馳星周” 関連記事 】

  > No.968 「暗手」
  > No.607 「エウスカディ(殉狂者)」
  > No.521 「暗闇で踊れ」
  > No.497 「淡雪記」


 「バスを待つ男」西村健 <<< PREV/NEXT >>> 「ダークナンバー」長沢樹

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年9月 4日 (月)

『七月に流れる花』 恩田陸 > 「このミス」完全読破 No.953

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.953

 『七月に流れる花』 恩田陸

   「このミス」2018年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2017.3.5 ~ 読終:2017.3.5

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本(ミステリーランド) <2016年12月>

七月に流れる花 (ミステリーランド)七月に流れる花 (ミステリーランド)
恩田 陸 酒井 駒子

講談社 2016-12-20
売り上げランキング : 141159

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 講談社ミステリーランドとは、“かつて子どもだったあなたと少年少女のための~”をコンセプトに、名物編集者であった宇山日出臣が最後に手掛けたレーベルです。

 特製函入りという凝った装丁の他、文字が大きめだったりとか、簡単な漢字にもルビが振ってあったり、挿絵があるなど、いかにも子供向けの本といった体裁なのですが、ただやはりコンセプト通りに大人でも楽しめる作品揃いであるのはもちろん、No.38「神様ゲーム」(麻耶雄嵩)、No.52「銃とチョコレート」(乙一)、No.42「怪盗グリフィン、絶体絶命」(法月綸太郎)は「このミス」でベスト10入りするなど、ミステリ小説として高く評価された作品も輩出しています。

 そんなミステリーランドは、一度は本文用紙がメーカーで製造中止になったため終了の危機を迎えながらそれを乗り越えたりもしたものの、2016年12月の恩田陸による2作同時刊行(本作と『八月は冷たい城』)をもってレーベル完結となりました。

 ちなみに、本作と『八月~』はストーリー的な繋がりはない姉妹編的な関係なので、どちらも単体で楽しむことが出来ますが、本作のクライマックスで判明する真相が『八月~』では最初から明かされた状態で物語が始まるので、両作共に読むのであれば『七月~』『八月~』という順番を絶対に守ってください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 六月という中途半端な時期に転校して来たため、友達が出来ぬまま夏休みを迎ることになりそうなミチルは、終業式の日に緑色の不気味な“みどりおとこ”と遭遇。

 すぐにその場から逃げだしたものの、いつのまにか夏休み中に夏の城“夏流城”で行われる林間学校への招待状を受け取っていて、この林間学校に呼ばれた子供は必ず参加しなければならないという決まりがこの町にはあることから、ミチルは同じように呼ばれた五人の少女と共に夏の城で過ごすことに.....。

 というわけで、『八月~』が少年たちの物語なのに対し、本作の方は少女たちの物語なのですが、やはり少女たちの共同生活が描かれていくということでジュブナイル小説的な雰囲気がありますし、文字数もページ数も少なめでスラッと読み終えてしまえるので、ミステリーランドの中でも子供向け度が高いように思います。

 それでも、城での生活の中で他の少女たちは知っているらしいのに(転校生である)主人公だけ知らないし謎がいくつもあり、それによって沸き起こる不安感や謎に頭を悩ます感じが主人公だけでなく読者にも生まれてくるというミステリ的な構成は巧妙ですし、不思議で不気味な世界観や真相の切なさなど恩田作品ならではの魅力で彩られているので、そんな作品世界が好きなのであれば大人でも(装丁なども含めて)充分に楽しめると思うし、自然と『八月~』の方も読みたくなるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “恩田陸” 関連記事 】

  > No.953 「七月に流れる花」

  > No.814 「EPITAPH東京」
  > No.719 「雪月花黙示録」
  > No.635 「夜の底は柔らかな幻」
  > No.508 「夢違」
  > No.317 「私の家では何も起こらない」

  > No.209 「訪問者」
  > No.161 「ブラザー・サン シスター・ムーン」
  > No.131 「きのうの世界」
  > No.065 「中庭の出来事」
  > No.064 「Q&A」


 「ダブル・ミステリ」芦辺拓 <<< PREV/NEXT >>> 「八月は冷たい城」恩田陸

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年9月 3日 (日)

『ダークナンバー』 長沢樹 > 「このミス」完全読破 No.969

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.969

 『ダークナンバー』 長沢樹

   「このミス」2018年版 : 55位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2017.7.17 ~ 読終:2017.7.21

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2017年3月>

ダークナンバー (ハヤカワ・ミステリワールド)ダークナンバー (ハヤカワ・ミステリワールド)
長沢樹

早川書房 2017-03-23
売り上げランキング : 84316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 主人公は、警視庁刑事部捜査支援分析センター分析捜査三係の係長、渡瀬敦子。

 小平市、小金井市など東京西部で起きている連続放火事件を担当することになるのですが、元々は研究職を希望していたこともあり(それを見越して鍛え上げた)プロファイリング(分析)能力を有効活用した捜査を行っていきます。

 そのため(通常の捜査と比べて)変化球的な面白味のある捜査劇となっている一方、プロファイリング捜査がまだ日本では馴染みでないうえになかなか成果を出せないこと(そして役職のある女性捜査官ということ)から周囲の反発を招く要因にもなり、そこから警察内部(組織)のドラマを描く警察小説的な読み味も生み出されていました。

 ただ特に前半部分は、登場する刑事それぞれに分かりやすいキャラクター付けがなされていないこともあって誰が誰なのか判別しにくいですし、事件の複雑さに加えて(複数ある)事件現場周辺の様子や捜査過程が(具体的な地名を出しつつ)結構細かに描写されているので、東京西部から埼玉県辺りの土地勘が少しでもないと状況を理解しにくいかもしれません。

 なので、登場人物の特徴を簡単にメモ書きしたり、(主人公と同様に)タブレットやスマホなどで事件現場周辺の地図を眺めつつ読み進めれば、少しでも理解度が増すのではないでしょうか(その分手間暇がかなり掛かりますが)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そんな捜査劇と並行して、テレビ局の外信部海外素材版権デスクである土方玲衣の物語も繰り広げられていくのですが、こちらの方は(現役テレビマンである著者の経歴が活かされている)報道番組制作の裏側に迫った業界ドラマとなっていますし、こちらの主人公は“鬼姫”と呼ばれるほどに強烈なキャラなので、(捜査サイドと比べて)生き生きと描かれているように感じました。

 そしてこの“鬼姫”こと玲衣は報道記者復帰を目指していることもあって、(版権デスクの仕事をこなしつつ)埼玉県で起きている連続路上強盗致死傷事件について取材していたところ、連続放火事件との関わりが見えてくることに。

 実は敦子と玲衣には(仲が良かったわけではないけれど)中学校時代の同級生という繋がりがあり、その縁を利用してお互いに(ガッツリではなく間接的に)協力していくのですが、その関係性にはバディ(相棒)もののような熱さがありますし、犯人側の策略に対し苦戦していた警察(敦子)側が攻勢に転じて捜査が一気に動き始めてからの展開は、“これぞ(事件捜査系)警察小説のカタルシス!”といった感じの熱量を伴いつつ迫力満点に突き進んでいくのですね。

 というわけで本格ミステリ系の作品を発表して来た著者による警察小説となりますが、監視カメラが捜査に深く関わるなど著者の得意技である“視線トリック”が使われていたり、本格ミステリ的ともいえる複雑に絡み合った事件の構図が物語の中に溶け込んでいるなど、あくまで“長沢樹ならでは”の警察小説であったと思います。

 ただ(特に単純明快でドラマ性を重視した警察小説を期待してしまうと)そんな複雑さや読み進め辛さに対してマイナスに感じてしまう人も多くいそうではあるものの、そこら辺も問題なく楽しめるのであれば、本格ミステリ系作家としての魅力を残しつつ警察小説(捜査ミステリ)に挑んだことで生まれた新境地を心から堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “長沢樹” 関連記事 】

  > No.969 「ダークナンバー」
  > No.706 「上石神井さよならレボリューション」
  > No.600 「夏服パースペクティヴ」
  > No.510 「消失グラデーション」


 「暗手」馳星周 <<< PREV/NEXT >>> 「三つの悪夢と階段室の女王」増田忠則

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年9月 2日 (土)

◎小倉2歳S&新潟記念(2017年)穴馬予想&結果

< 9月3日(日)に行われる小倉2歳ステークス(GIII)農林水産省賞典 新潟記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【小倉2歳ステークス】

 小倉の芝1200mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 この時期の2歳戦は全くといっていいほどに当たらないので困ったものですが、ここはOP実績を素直に評価してアイアンクローを◎にしてみましょう。

 OP実績とはいえ1番人気に推されながら3着に敗れたものの、前に行った2頭がそのまま押し切った形ですし、この馬自身も前が詰まったり交わす際によれたりと不格好な走りでありながらのこの結果だったので、重賞での巻き返しも充分にあるのでは。


  ◎ アイアンクロー / 浜中俊 (14)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 17    アサクサゲンキ   武豊    3
 2着 14 ◎ アイアンクロー   浜中俊  5
 3着 10    バーニングペスカ 川須栄彦 7
 4着 9     ヴァイザー      北村友一 2
 5着 2     イイコトズクシ    荻野極  12


 苦手な2歳重賞で連続不的中地獄を抜け出せるとは思いませんでしたねェ。

 ちなみに、17レース連続不的中でした.....。


  (○複勝:14 3.0倍)  ○的中!  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【農林水産省賞典 新潟記念】

 新潟の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 夏競馬を締めくくる重賞ということでなんとか当てて有終の美を飾りたいところですが、ハンデ戦なので当てるのはかなりの難易度となりそうですね。

 それでここは、フルーキーを◎にしてみましょう。

 近走の成績はいまいちではありますが、(着順ではなく)着差や斤量を背負いやすいことを考えればそこまで大崩れはしていませんし、新潟記念は初出走ながら同じ新潟2000mの新潟大賞典では2年連続上がり最速での2着&4着(3着馬とはクビ差)と相性良いので、休み明けさえ問題なければ良い勝負をしてくれるのでは。


  ◎ フルーキー / 北村宏司 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     タツゴウゲキ     秋山真一郎 6
 2着 11    アストラエンブレム M.デムーロ  1
 3着 7     カフジプリンス    中谷雄太   12
 4着 17    ウインガナドル   津村明秀   10
 5着 8  ◎ フルーキー      北村宏司   11


 今回も最速に近い上がりで追い込んで来て、一時は“これは勝つんじゃないか!?”と思うほどの伸びでしたが、残念ながら前の馬が止まりませんでしたねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  1/3   .33.3%   +-0円  100.0%

☆17年通算   > 31/136 22.8%  .-6,930円  98.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎札幌2歳S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎戸塚記念(2017年)穴馬予想&結果

2017年9月 1日 (金)

◎札幌2歳S(2017年)穴馬予想&結果

< 9月2日(土)に行われる札幌2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【札幌2歳ステークス】

 札幌の芝1800mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 8月はまさかの15レース全て不的中という事態となり、しばらくはプラスで安泰だろうと余裕ぶっていた年間収支も一気にマイナスへと突入してしまいました.....。

 ただまあ終わったことは忘れて、9月に入ったということで気持ちを切り替えていきたいところですが、その初っ端が苦手というか予想方法が決まっていないこともあってほとんど当たっていない(この時期の)2歳重賞なので、まだまだ厳しい戦いは続きそうです....。

 しかし今回狙う馬はすんなりと決まりまして、ここはディバインブリーズを◎にしてみましょう。

 この馬は5戦目にしてようやく初勝利をあげましたが、それまでは3戦連続2着、しかもクビ差や半馬身差の2着だったので、勝負強ささえあればもっと楽に勝ち上がれたのでしょう。

 それでも、なかなか勝ち切れなかったとはいえ連続して1着争いに加われるほどの安定感はありますし、こういった“毎度のように好走するのになかなか勝ち切れない馬”は昔から好きなので、この馬に期待してみることに。


  ◎ ディバインブリーズ / 藤岡康太 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    ロックディスタウン  ルメール  1
 2着 14    ファストアプローチ  蛯名正義 4
 3着 7     ダブルシャープ    石川倭  7
 4着 1     シスターフラッグ   岩田康誠 5
 5着 6     コスモインザハート 柴田大知 8

11着 8  ◎ ディバインブリーズ 藤岡康太 12


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年09月  .>  0/1    0.0%  -3,000円   0.0%

☆17年通算   > 30/134 22.4%  .-9,930円  97.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アフター5スター賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎小倉2歳S&新潟記念(2017年)穴馬予想&結果

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

Google AdSense

楽天市場

Twitter

「このミス」完全読破:       次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:       現在読書中の本

「このミス」完全読破:       最近読み終えた本

読書メーター

  • けんじ(朴念仁と居候)さんの読書メーター
無料ブログはココログ