サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« ◎マーメイドS&エプソムC(2017年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「なんて古っ代!ファラオくん(2017年出張版)」 小林拙太 > 週刊少年ジャンプ読切! »

2017年6月11日 (日)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年7月)

Gapaku3298_tp_v


 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2017年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2017年 7月 発売 】


  さよなら神様 / 麻耶雄嵩  <<感想記事はこちら!>>

 << 2015年版 2位 >>

   ・「本格ミステリ大賞」 受賞
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 1位
   ・「ミステリが読みたい!」 2位
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 3位

 ★ 「神様ゲーム」に続く
   “神様シリーズ”の2作目
   (1作目も2006年版5位にランクイン)

 ★ 隣の小学校の先生が殺された。
   容疑者のひとりが
   担任の美旗先生と知った俺、
   桑町淳は、クラスメイトの鈴木太郎に
   真犯人は誰かと尋ねてみた。
   殺人犯の名前を小学生に聞くなんて
   と思うかもしれないが、
   鈴木の情報は絶対に正しい。
   鈴木は神様なのだから―(「少年探偵団と神様」)。
   衝撃的な展開と後味の悪さで
   ミステリ界を震撼させた神様探偵が帰ってきた。
   他の追随を許さぬ超絶推理の頂点がここに。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   / 東山彰良  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 5位 >>

   ・「直木三十五賞」 受賞
   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 2位
   ・「ミステリが読みたい!」 4位
   ・「本屋大賞」 8位

 ★ 何者でもなかった。ゆえに自由だった――。
   1975年、台北。
   偉大なる総統の死の直後、
   愛すべき祖父は何者かに殺された。
   内戦で敗れ、追われるように台湾に渡った
   不死身の祖父。
   なぜ? 誰が?
   無軌道に生きる17歳のわたしには、
   まだその意味はわからなかった。
   台湾から日本、
   そしてすべての答えが待つ大陸へ。
   歴史に刻まれた、
   一家の流浪と決断の軌跡。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  機龍警察 自爆条項〔完全版〕(上・下) / 月村了衛  <<感想記事はこちら!>>

 << 2012年版 9位 >>

   ・「日本SF大賞」 受賞
   ・「ベストSF2011」 2位
   ・「ミステリが読みたい!」 12位

 ★ 「機龍警察」に続く
   “機龍警察シリーズ”の2作目
   (3作目「機龍警察 暗黒市場」も2013年版3位
    4作目「機龍警察 未亡旅団」も2015年版5位にランクイン)

 ★ 軍用有人兵器・機甲兵装の
   密輸事案を捜査する警視庁特捜部は、
   北アイルランドのテロ組織IRFによる
   イギリス高官暗殺計画を掴んだ。
   だが、不可解な捜査中止命令がくだる。
   首相官邸、警察庁、外務省、
   そして中国黒社会の暗闘の果てに、
   特捜部の契約する〈傭兵〉ライザ・ラードナー警部の
   凄絶な過去が浮かび上がる!
   極限までに進化した、
   今世紀最高峰の警察小説シリーズ第2作が、
   大幅加筆を加えた完全版として登場。

 ★ 大幅加筆を加えた完全版として再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  星降り山荘の殺人 / 倉知淳

 << 1997年版 12位 >>

   ・「本格ミステリ・ベスト10」 3位

 ★ 雪に閉ざされた山荘。
   ある夜、
   そこに集められたUFO研究家、
   スターウォッチャー、売れっ子女流作家など、
   一癖も二癖もある人物たち。
   交通が遮断され、
   電気も電話も通じていない
   陸の孤島で次々と起きる殺人事件…。
   果たして犯人は誰なのか!?
   あくまでもフェアに、
   読者に真っ向勝負を挑む本格長編推理。

 ★ 新装版として再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  生還者 / 下村敦史  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 15位 >>

 ★ ヒマラヤ山脈東部のカンチェンジュンガで
   大規模な雪崩が発生、
   4年前に登山をやめたはずの兄が
   34歳の若さで命を落とした。
   同じ山岳部出身の増田直志は、
   兄の遺品のザイルが何者かによって
   切断されていたことに気付く。
   兄は事故死ではなく何者かによって殺されたのか―?
   相次いで二人の男が奇跡の生還を果たすが、
   全く逆の証言をする。
   どちらの生還者が真実を語っているのか?
   兄の死の真相を突き止めるため、
   増田は高峰に隠された謎に挑む!
   新乱歩賞作家、3作目の山岳ミステリー!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの7月文庫化作品 >>

  エクソダス症候群 / 宮内悠介  <<感想記事はこちら!>>
  BABEL 復讐の贈与者 / 日野草

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年8月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年6月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« ◎マーメイドS&エプソムC(2017年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「なんて古っ代!ファラオくん(2017年出張版)」 小林拙太 > 週刊少年ジャンプ読切! »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ