サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

☆ G大阪戦・データボックス>2017年J1リーグ第9節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 4/30(日) J1リーグ 第9節・ガンバ大阪戦 (日産ス)

  ●0-1 (前半0-0、後半0-1)

  主審: 村上 伸次  入場者数:31,808人

  .<得点> 0-1 堂安律  (大阪・後半19分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 12試合連続 でストップ <マリノス歴代 2位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算200試合出場を達成しました。

 伊藤翔が、マリノス所属時リーグ戦通算100試合出場達成にリーチとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 10位 (前節 9位)
         < 4勝 1分 4敗  勝点 13 得点 10 失点 10 得失点差 0 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「止まらない18歳。堂安律の左足が、横浜FMを沈める

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「18歳MF堂安律が公式戦3戦連発!!
            G大阪が首位浦和に勝ち点1差に迫る

 (ドメサカブログ) 「堂安律の2試合連続ゴールが決勝点!
             G大阪が鬼門・日産スタジアムで8年ぶり勝利挙げる


 (スポニチ) 「横浜 今季ホーム初黒星 モンバエルツ監督「攻撃が良くなかった」

 (日刊スポーツ) 「横浜松原「結婚して最初の試合だったので」悔し敗戦

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、無得点で2連敗…
          モンバエルツ監督「連動したプレー出せなかった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ G大阪戦・プレビュー>2017年J1リーグ第9節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎天皇賞・春(2017年)穴馬予想&結果

< 4月30日(日)に行われる天皇賞・春(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇賞(春)】

 京都の芝3200mで行われる重賞(GI)です。

 データやレース傾向など気にしない(馬柱を見ただけの)直感予想なのに、不思議とレースによって相性の良し悪しが生まれることがあり、今年も相性良い桜花賞&皐月賞をどちらも的中出来たのですが、この春天は当たった記憶がないほどに相性の悪いレースとなっているのです....。

 それで今年はキタサンブラックサトノダイヤモンドの2強状態で、この2頭に注目が集まるもののその他の馬も結構な曲者揃いなので穴馬狙いとしては選り取り見取り状態なのですが、ここはあまり捻らずにアルバートを◎にしてみましょう。

 この馬は昨年末のステイヤーズSと今年初戦のダイヤモンドSの3000m超重賞を連勝していますし、その間で7着に敗れたGI・有馬記念も前に有利な展開の中で直線最後方から2位の上がりタイムで追い込んで来たものでした。

 昨年のこのレースでも6着ながら3着馬とは0.3秒差と惜しい内容でしたし、現在の充実度からしても展開さえハマればGIでも馬券圏内に来る力は十分にあると思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ アルバート / 川田将雅 (7)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     キタサンブラック  武豊    1
 2着 6     シュヴァルグラン  福永祐一  4
 3着 15    サトノダイヤモンド ルメール  2
 4着 10    アドマイヤデウス  岩田康誠 10
 5着 7  ◎ アルバート     川田将雅  6


 結局、複勝最低オッズが1倍台の3頭で決まったので、これは仕方ないですね.....(* 単勝3番人気馬の複勝最低オッズは2倍以上でした)。


  (×複勝:)  ×的中/不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  6/17  .35.3% +46,240円  190.7%

☆17年通算   > 19/70  27.1% +38,370円  118.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎青葉賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎かきつばた記念(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月29日 (土)

◎青葉賞(2017年)穴馬予想&結果

< 4月29日(土)に行われるテレビ東京杯青葉賞(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【テレビ東京杯青葉賞】

 東京の芝2400mで行われる3歳重賞(GII)です。

 東のダービートライアルレースとなりますが、3歳重賞は連続して34秒台以下(たまはそれに近い数字)の上がりを出している馬を狙うようにしているので、ここはダノンキングダムを◎にしてみましょう。

 デビュー4戦目にして初重賞挑戦となりますが、前走は今回と同じ東京2400mで行われた500万下で勝利していますし、脚質の自在性もあり、長い直線で粘り強く伸びてくる脚も魅力的なので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ダノンキングダム / 内田博幸 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    アドミラブル     M.デムーロ  1
 2着 9     ベストアプローチ   岩田康誠   4
 3着 6     アドマイヤウイナー 秋山真一郎 8
 4着 4     ポポカテペトル    ルメール   3
 5着 2     サーレンブラント   柴山雄一   10

 6着 5  ◎ ダノンキングダム  内田博幸   6


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  6/16  .37.5% +49,240円  202.6%

☆17年通算   > 19/69  27.5% +41,370円  120.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎しらさぎ賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎天皇賞・春(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月28日 (金)

☆ G大阪戦・プレビュー>2017年J1リーグ第9節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 4/30(日) 17:00~ J1リーグ 第9節

     vs ガンバ大阪 (日産スタジアム)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 9位 4勝 1分 3敗 勝点 13  10得 9失 得失 +1 」
  G大阪 .:「 2位 4勝 3分 1敗 勝点 15  19得 8失 得失 +11 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 G大阪戦は、公式戦通算で「35勝 13分 23敗」、リーグ戦通算で「27勝 10分 15敗」と大きく勝ち越していて、特にリーグ戦ホームでは「15勝 6分 5敗」、日産スタジアムでの公式戦は「11勝 6分 2敗」と、ホームでかなり得意としています。

 そして2010年以降だけをみても、公式戦通算で「6勝 7分 2敗」、リーグ戦通算で「5勝 5分 2敗」と(引き分けが多いものの)勝ち越していて、リーグ戦ホームでは「2勝 4分 0敗」と(やはり引き分けが多いとはいえ)負けなしと好相性ですね。

 なお、昨年は公式戦で5度も対戦し(リーグ戦2試合、ルヴァンカップ2試合、天皇杯1試合)、「2勝 3分 0敗」で負けなしでした(ただし2試合共に引き分けだったルヴァンカップはアウェーゴール数で下回り敗退)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 13試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 2位)
   > 7試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 9試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル出場記録ファイル】を見よ!!


 中町公祐が出場すると、J1リーグ通算150試合出場を達成します。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算200試合出場を達成します。

 伊藤翔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算100試合出場達成にリーチとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、齋藤学と並びマリノス歴代12位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は13位)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 大阪: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 中町公祐富樫敬真

 【日本代表】  マリノス: なし
           大阪  : 今野泰幸、倉田秋

 【U-20日本代表候補】  マリノス: 遠藤渓太
             .   大阪  .: なし

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 下平匠
           大阪  : アデミウソン、藤本淳吾、ファビオ、鈴木椋大
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「G大阪 応援旗問題で処分発表
      当該サポーターグループは解散、全員が無期限入場禁止」 (4/28)

   > 「横浜、家族で楽しめる新たなJリーグ観戦を確立へ」 (4/27)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (配信)04/30(日) 17:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ G大阪戦・データボックス>2017年J1リーグ第9節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年4月27日 (木)

『ダブル・ミステリ(月琴亭の殺人/ノンシリアル・キラー)』 芦辺拓 > 「このミス」完全読破 No.952

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.952

 『ダブル・ミステリ(月琴亭の殺人/ノンシリアル・キラー)』 芦辺拓

   「このミス」2018年版 : 67位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 13位

   読始:2017.2.28 ~ 読終:2017.2.28

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2016年12月>

ダブル・ミステリ (月琴亭の殺人/ノンシリアル・キラー)ダブル・ミステリ (月琴亭の殺人/ノンシリアル・キラー)
芦辺 拓

東京創元社 2016-12-21
売り上げランキング : 373156

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 かつての推理小説は、解答編の前に作者からの“読者への挑戦”ページが差し込まれていたり、その解答編が(立ち読み等では読めない)袋とじになっているなど、物語以外の部分にも趣向を凝らした作品が多く存在したものの、近年ではそういったタイプの作品は(ないことはないけれど)あまり見かけなくなりました。

 ところが2016年の新作である本作は、表表紙側(縦書き)と裏表紙側(横書き)とで異なる物語が繰り広げられ、それぞれのラストには作者からの(“読者への挑戦状”ならぬ)“読者への案内状”があり、さらには両話共通の解答篇が袋綴じになっているなど、手にしただけでワクワクしてしまうような遊び心に溢れた本の造りとなっているのですね。

 ちなみに、奥付は同じものが表表紙側と裏表紙側の両方にありますし、表紙カバーの折り返し部分に書かれている粗筋と作者の経歴も両方にあるという、細かな部分まで左右対称的な造りになっています。

 なお、表表紙側の「月琴亭の殺人」と裏表紙側の「ノンシリアル・キラー」のどちらから読み始めても問題ないのですが、よほどの捻くれ者でない限りは普通に表表紙側の「月琴亭の殺人」から読むのが良いと思います(「ノンシリアル・キラー」を先に読むと「月琴亭の殺人」を読んだ際に登場人物の一人にだけ意識が集中してしまうかもしれませんし)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まず表表紙側から始まる「月琴亭の殺人」は、著者のライフワークとも言うべき“森江春策シリーズ”の一作でして(だからといって過去作を読んでおく必要はありません)、弁護士・森江春策が幻の映画の上映会に誘われて一本の道のみで陸と繋がる島に建つホテルにやって来ると、そこでは上映会を行なう予定などないことが判明。

 しかもそこには春策と同じように騙されてこのホテルに招待された(それぞれ面識のない)四人の男女がいまして、さらにホテル内で(春策を含む)五人皆が因縁や恨みの気持ちを向ける人物が(椅子に縛られた状態で)発見されたのをきっかけに、謎めいた殺人事件が起きたり、舞台は“クローズド・サークル”状態と化すなど、王道的な館ミステリが繰り広げられていきます。

 一方で裏表紙側から始まる「ノンシリアル・キラー」は、女性雑誌記者がとある死亡事件の取材を行っていると、その周囲で不審死事故がいくつも起きていることが判明していくというサスペンス的な内容で、最近になって話題に取り上げられることが多くなったマタハラ(マタニティ・ハラスメント)が深く関わってくるなど社会派な読み応えもあります。

 そんな(無関係に思われた)両話の謎が袋綴じの解答篇で一気に解かれるわけですが、驚くべき真相や衝撃的なトリックが待ち受けているわけではないので、(リバーシブル構成&装丁や袋綴じなどによる凝りに凝った演出から)期待を高め過ぎてしまうと思わず脱力してしまうかもしれません。

 そもそも、「月琴亭の殺人」におけるクローズド・サークル設定が、携帯電話が通じたり濡れるの覚悟でなら島から陸地に歩いて行けるなどゆるいものだったので、その時点で“脱力系”であることは予測できたりもするのですよね。

 ただこれらは著者による意図的な狙いでして、本格ミステリ小説の王道をあえてすかしたり捻ったりすることで面白さを生み出すという、本格ミステリを読み慣れている人だからこそ(ニヤニヤしながら)楽しみ味わうことの出来る解答篇になっているので、本格ミステリの王道的な魅力を期待してしまうと物足りなく感じてしまうかもしれませんが、(少し捻くれたところのある)本格ミステリマニアであればこの構成や装丁だけでなく物語(ミステリ要素)にも遊び心が詰まった本作を堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “芦辺拓” 関連記事 】

  > No.952 「ダブル・ミステリ」

  > No.780 「異次元の館の殺人」
  > No.704 「スチームオペラ 蒸気都市探偵譚」
  > No.697 「時の審廷」
  > No.684 「奇譚を売る店」
  > No.369 「綺想宮殺人事件」


 「キマイラの新しい城」殊能将之 <<< PREV/NEXT >>> 「七月に流れる花」恩田陸

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

☆ 新潟戦・データボックス>2017年ルヴァンカップGS第3節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 4/26(水) ルヴァンカップ グループステージ 第3節・アルビレックス新潟戦 (ニッパツ)

  ○4-1 (前半1-1、後半3-0)

  主審: 佐藤 隆治  入場者数:5,538人

  .<得点> 0-1 ジャン パトリック (新潟・前半18分/公式Youtube動画
         1-1 ウーゴ ヴィエイラ (横浜・前半32分 PK/公式Youtube動画
         2-1 中島賢星      (横浜・後半20分/公式Youtube動画
         3-1 遠藤渓太      (横浜・後半38分/公式Youtube動画
         4-1 扇原貴宏      (横浜・後半43分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 栗原勇蔵が、ルヴァンカップ・グループステージ通算1回目の警告を受けたため、次にルヴァンカップ・グループステージで警告を受けると1試合の出場停止となります(出場停止の対象試合はルヴァンカップ・グループステージのみ)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 遠藤渓太が、公式戦初ゴールを記録しました。

  * 中島賢星はJ-22の選手として出場したJ3でゴールを記録済み


  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 5,538人

  > マリノス総合ランキング ワースト・39位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)

  > ニッパツ・ランキング ワースト・14位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ)

  >新潟戦・ランキング ワースト・2位
     (対象試合:リーグ戦、チャンピオンシップ、ナビスコカップ、天皇杯)


  <観客動員ファイル> <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 ナビスコカップ グループステージ順位 : 4位 (前節 7位)
         < 1勝 0分 2敗  勝点 3 得点 4 失点 1 得失点差 -1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「若手選手躍動の横浜FM。
             ルヴァンカップ初勝利で突破の可能性をつなぐ

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「遠藤渓太&中島賢星がプロ初ゴール!!
             横浜FMは4発で新潟粉砕、ルヴァン杯初勝利

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが4ゴールの逆転勝利で今大会初勝利!
             中島賢星&遠藤渓太がプロ初ゴール挙げる


 (スポニチ) 「横浜4発逆転!MF中島プロ初ゴール 試合後のインタビューで涙

 (日刊スポーツ) 「U20候補の横浜遠藤初ゴール「同世代負けられん」

 (日刊スポーツ) 「横浜中島賢星&遠藤渓太がそろってプロ初ゴール

 (日刊スポーツ) 「横浜MF扇原、足つりながら4点目 こけて祝福

 (スポーツ報知) 「号泣、笑顔、苦笑 ヒーローインタビューで見えたそれぞれの思い

 (スポーツ報知) 「“初もの尽くし”で4発快勝 ルヴァン杯初白星

 (スポーツ報知) 「DF下平が313日ぶり出場「ピッチに入る時は緊張しました」

 (スポーツ報知) 「MF中島賢星が涙のプロ初ゴール「苦しい2年間だったので…」

 (サンスポ) 「横浜M・中島が“涙”のプロ初ゴール!新戦力と若手が躍動し新潟に圧勝

 (サンスポ) 「横浜M、若手躍動で初勝利 初ゴールの遠藤「小さいころから夢だった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 新潟戦・プレビュー>2017年ルヴァンカップGS第3節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年4月26日 (水)

「STAR ORPHAN」 金澤隆行 > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「STAR ORPHAN(スター・オーファン)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の金澤隆行(かなざわ・たかゆき)は、名義変更等ないのであれば新人漫画賞の受賞やデビュー実績はなし。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎しらさぎ賞(2017年)穴馬予想&結果

< 4月26日(水)に行われるしらさぎ賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【しらさぎ賞】

 浦和のダート1400mで行われる南関牝馬重賞(SIII)です。

 ここは、ディーズプリモを◎にしてみましょう。

 昨年春の3歳重賞・東京湾Cを牡馬相手に制して以降は凡走が続いていましたが、今年に入ってからは2戦連続で好走し、前走などは(重賞ではなかったとはいえ)ルックスザットキルサトノタイガーなど実績抜群の牡馬たちを相手に3着と好走しているので、ここでも先行しての粘り込みが期待できるのでは。


  ◎ ディーズプリモ / 真島大輔 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     ニシノラピート    柏木健宏  2
 2着 4     プリンセスバリュー 矢野貴之  7
 3着 8     ポッドガゼール   瀧川寿希也 3
 4着 5     ビーインラプチャー 繁田健一   9
 5着 7     ミスミランダー    森泰斗    4

 8着 6  ◎ ディーズプリモ    真島大輔  6


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  6/15  .40.0% +52,240円  216.1%

☆17年通算   > 19/68  27.9% +44,370円  121.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイラーズC&フローラS(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎青葉賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月25日 (火)

「けんタウロス」 森光 > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「けんタウロス」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の森光(もり・ひかる)は、名義変更等ないのであれば新人漫画賞の受賞やデビュー実績はなし。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

☆ 新潟戦・プレビュー>2017年ルヴァンカップGS第3節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/26(水) 19:30~ YBCルヴァンカップ グループステージ 第3節

     vs アルビレックス新潟 (ニッパツ三ツ沢球技場)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 9位 4勝 1分 3敗 勝点 13  10得 9失 得失 +1 」
  新潟  :「 17位 1勝 2分 5敗 勝点 5  7得 15失 得失 -8 」


 << ルヴァンカップグループステージ成績 >>

  マリノス:「 7位 0勝 0分 2敗 勝点 0  0得 4失 得失 -4 」
  新潟  :「 6位 0勝 1分 1敗 勝点 1  2得 3失 得失 -1 」」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 新潟戦は、公式戦通算で「15勝 9分 9敗」、リーグ戦通算で「12勝 6分 9敗」と勝ち越していて、(勝てば優勝が決まる試合だった)2013年第33節で敗れて以降は公式戦9試合負けなし(5勝 4分 0敗)とここ3年は(引き分けが多いものの)好相性です。

 そしてリーグ戦ホームで「9勝 2分 3敗」、アウェーで「3勝 4分 6敗」と、このカードはお互いにホームで結果を出していて、昨年まで新潟相手のホームで3連勝(いずれも日産ス)、(ホームゲームというわけではないけれど日産スで行われた)昨年末の天皇杯を合わせれば4連勝、2010年以降のリーグ戦ホーム7試合で6勝(唯一負けたのはあの試合)と、近年のホームゲームは特に相性が良かったのですが、今年のリーグ戦(ホーム)では1-1で引き分けています。

 なお、ルヴァンカップ(ナビスコカップ)ではこれまで5度対戦していて、「2勝 3分 0敗」と未だに負けなしです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算200試合出場を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 新潟: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 中町公祐富樫敬真、(松原健)

 【日本代表】  マリノス: なし
           新潟  : なし

 【U-20日本代表候補】  マリノス: 遠藤渓太
             .   新潟  : なし

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 松原健
           新潟  : 富澤清太郎、三浦文丈(監督)
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜巻き返し切り札に斎藤!ルヴァン杯途中出場も」 (4/26)
   > 「【横浜M】“ハマのプリンス”2種登録の17歳MF山田が新潟戦ベンチ入りへ」 (4/26)

   > 「横浜もう負けられないルヴァン杯 エース斎藤起用へ」 (4/25)
   > 「【横浜M】ルヴァン杯新潟戦へ調整 斎藤学が“ジョーカー”でベンチ入りへ」 (4/25)


 【TV中継】 (生) 04/26(水) 19:20~  フジテレビONE

        (録) 04/26(水) 21:40~  フジテレビNEXT

            04/27(木) 15:00~  フジテレビNEXT
            04/27(木) 18:00~  スカサカ!

            04/28(金) 11:30~  スカチャン1

            04/29(土) 07:30~  スカチャン1
            04/29(土) 15:30~  スカチャン2

            04/30(日) 13:00~  スカチャン1

            05/02(火) 19:30~  スカチャン1

            05/03(水) 08:00~  スカチャン2

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 新潟戦・データボックス>2017年ルヴァンカップGS第3節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年4月24日 (月)

「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「仄見える少年(ほのみえる・しょうねん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の後藤冬吾(ごとう・とうご)は、「神の仮宿」が“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年2月期)”、「Stellar」が“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年1月期)”の最終候補となったのに続き、「仄見える少年」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年10月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞(同じ“2016年10月期”では「浮いてるよ芝崎くん」も最終候補に)。

 漫画担当の甲斐基博(かい・もとひろ)は、新人漫画賞の受賞やデビュー実績はなし。

 そしてこの2人が(後藤冬吾の受賞作を基に)原作・漫画に別れて手掛けた本作にて共にデビューとなりました(担当編集・村越)。


 内容の方は、霊感薄い少年が悪霊を退治する除霊ホラーコメディ漫画です。

 伏世生夜(ふせ・せいや)は、霊感はあるけれど霊を見たり触ったりはほとんど出来ない、自称・最底辺の霊感少年。

 ある日、隣のクラスの阿南舞(あなみ・まい)が、霊がはっきりと写った心霊写真を持って相談に来たため、生夜は最強の霊感を持つ姉を頼ることに。

 しかし姉は生夜に対し、「その写真はお前が対処(解決)しなさい」と命令してきて....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

仄かに見える、 そこにいるもの―――

☆第112回トレジャー新人漫画賞佳作受賞作×新進気鋭美麗絵師!!
   異色霊能読切31P!!!


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「後藤冬吾」関連記事】

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 松浦健人 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.8.20)

  > 「水球どんぶらこ」 後藤冬吾 松浦健人
       > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.19)

  > 「ミイラ伍式」 後藤冬吾 松浦健人 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.7.20)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.24)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年4月23日 (日)

◎マイラーズC&フローラS(2017年)穴馬予想&結果

< 4月23日(日)に行われる読売マイラーズカップ(GII)サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【読売マイラーズカップ】

 京都の芝1600mで行われる重賞(GII)です。

 ここは、ヤングマンパワーを◎にしてみましょう。

 昨年の夏から秋にかけて重賞を連勝したものの、その後は2戦連続で掲示板にすら載れていませんが、休み明けだった前走は先行して32秒台の上がりを出しながら(後ろからの馬に)差されての0.4秒差6着という特殊なレースでしたし、休養を挟んで一叩きされたことにより復活する可能性は十分あるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ヤングマンパワー / 松岡正海 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    イスラボニータ    ルメール   2
 2着 4     エアスピネル    武豊     1
 3着 6  ◎ ヤングマンパワー  松岡正海  7
 4着 8     ブラックスピネル  M.デムーロ 3
 5着 1     サンライズメジャー 松若風馬  9


  (○複勝:6 3.7倍)  ○的中!  3,000円 → 11,100円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ賞フローラステークス】

 東京の芝2000mで行われる3歳牝馬重賞(GII)です。

 3歳重賞は(主に)連続して34秒台以下の上がりを出している穴馬を狙うようにしていることもあり、ここはレッドコルディスを◎にしてみましょう。

 今回がデビュー3戦目となりますが、新馬戦は先行して1位タイの上がりタイムで勝利し、出走取り消しを挟んで5ヶ月ぶりのレースとなった前走の500万下では5着に敗れるも、前に有利な展開の中、上がり1位で0.5秒差と内容的には悪くなかったので、展開さえハマれば初重賞挑戦ながらいきなり好走もあるのでは。


  ◎ レッドコルディス / 北村宏司 (16)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     モズカッチャン    和田竜二 12
 2着 7     ヤマカツグレース  横山典弘 10
 3着 14    フローレスマジック 戸崎圭太 2
 4着 6     タガノアスワド    国分恭介  3
 5着 16 ◎ レッドコルディス   北村宏司 11


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  6/14  .42.9% +55,240円  231.5%

☆17年通算   > 19/67  28.4% +47,370円  123.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島牝馬S(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎しらさぎ賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月22日 (土)

☆ 柏戦・データボックス>2017年J1リーグ第8節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

1386867304football689262_1920l9qw32


 ☆ 4/22(土) J1リーグ 第8節・柏レイソル戦 (柏)

  ●0-2 (前半0-2、後半0-0)

  主審: 上村 篤史  入場者数:10,268人

  .<得点> 0-1 クリスティアーノ (柏・前半25分 PK/公式Youtube動画
         0-2 中川寛斗     .(柏・前半27分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 前田直輝が、Jリーグ通算100試合出場(J2・J3も含む)を達成しました。

 前田直輝が、J1リーグ通算50試合出場を達成しました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算200試合出場達成にリーチとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記念試合情報】


 この試合に敗れたため、Jリーグアウェー通算150敗まで残り3敗となりました。


  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 9位 (前節 4位)
         < 4勝 1分 3敗  勝点 13 得点 10 失点 9 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「齋藤学を封殺した柏、2つの“今季初”を達成

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「齋藤学封じた柏が待望のホーム初勝利&今季初の連勝!
          横浜FMは3試合ぶり黒星

 (ドメサカブログ) 「柏が横浜FMを下し待望のホーム初勝利!
             今季初の2連勝を飾る


 (スポニチ) 「横浜 リーグ戦3連勝ならず…斎藤は強行出場も不発

 (スポニチ) 「横浜 柏に敗れる リーグ戦初先発のMF扇原
          「チーム全体としても消極的なプレーに」

 (日刊スポーツ) 「横浜完敗 斎藤封じ込まれ「失点後の戦い方に課題」

 (スポーツ報知) 「柏に完敗9位転落…MF喜田「よかったところを探すのが難しい」

 (サンスポ) 「横浜M、柏の術中にはまり連勝ストップ
          GK飯倉「相手のやりたいサッカーやられた」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 柏戦・プレビュー>2017年J1リーグ第8節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎福島牝馬S(2017年)穴馬予想&結果

< 4月22日(土)に行われる福島牝馬ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島牝馬ステークス】

 福島の芝1800mで行われる牝馬重賞(GIII)です。

 牝馬限定のローカル重賞らしく、2番人気以降の複勝最低オッズが2倍以上という混戦となっています。

 なのでどの馬を選んでも当たりそうに感じないような予想が難しいレースなのですが、ここはそこまで無理して穴馬らしい穴馬を狙うのではなく、これを書いている時点で5番人気のウインファビラスを◎にしてみましょう。

 2年前の2歳牝馬GI・阪神JFで2着に好走した後は大敗続きとなっていたものの、昨年末(4走前)の重賞・ターコイズSで0.3秒差5着、3走前のOP・ニューイヤーSで牡馬相手に0.4秒差3着と連続好走。

 ここ2走はいずれも掲示板外だったとはいえどちらも勝ち馬とはそれほど差のない0.5秒差で、前走のOP・東風Sも10頭立て9着ながらゴール前で一気に交わされただけで直線途中までは2番手で粘るなど牡馬相手に健闘していたので、近走の内容からすればここでも上位争いは必至だろうと思い、この馬に期待してみることにしました。

 ただ、エテルナミノルとどちらにしようか決めかねる中で特別な強調材料などなくウインファビラスの方を選んだため、エテルナミノルだけが馬券圏内に来るパターンになりそうな予感がすごいするのですよね.....。


  ◎ ウインファビラス / 松岡正海 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ウキヨノカゼ      吉田隼人  3
 2着 8     フロンティアクイーン 北村宏司   4
 3着 9     クインズミラーグロ   武豊     1
 4着 3     デンコウアンジュ   秋山真一郎 8
 5着 15    リーサルウェポン   丹内祐次  16

14着 5  ◎ ウインファビラス    松岡正海  5


 ◎馬は、直線で最内から抜け出そうかというその瞬間に前をふさがれ大きく後退してしまった時点でチャンスはなくなってしまいましたが、それがなくても馬券圏内は厳しかったですかねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  5/12  .41.7% +50,140円  239.3%

☆17年通算   > 18/65  27.7% +42,270円  121.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京スプリント(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイラーズC&フローラS(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月21日 (金)

「マナーモード」 本多優 > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「マナーモード」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の本多優(ほんだ・すぐる)は、“奥野秀和”名義にて「マナーモード」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年6月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→ 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 そして今回、“本多優”名義に変更し、受賞作をリニューアルした本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「奥野秀和(本多優)」関連記事】

  > 「幽霊と水平思考」 奥野秀和 村雲匠
      > ジャンプGIGA 2018 SUMMER vol.3 (18.7.23)

  > 「マナーモード」 本多優 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.21)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

☆ 柏戦・プレビュー>2017年J1リーグ第8節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ☆ 4/22(土) 15:00~ J1リーグ 第8節

     vs 柏レイソル (日立柏サッカー場)

1386867304football689262_1920l9qw32

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  4位 4勝 1分 2敗 勝点 13  10得 .7失 得失 +3 」
  柏   .:「 11位 3勝 0分 4敗 勝点 9   9得 10失 得失 -1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 柏とは昔から相性があまり良くなく、公式戦通算で「22勝 10分 25敗」、リーグ戦通算で「16勝 8分 18敗」といずれも負け越しています。

 しかも、2009年から2014年までの5シーズン(2010年は対戦なし)の公式戦は「1勝 6分 8敗」で、その期間で唯一勝利した2013年ナビスコカップ準決勝第2戦もゴールが足りずに(2試合合計の得失点差により)敗退が決まった試合なので実質負けに等しいため、ここ最近は特に相性の悪い相手に。

 しかし、リーグ戦ホームでは「6勝 4分 11敗」と大きく負け越しているのに対し、アウェーでは「10勝 4分 7敗」で勝ち越していますし、モンバエルツ監督が就任した2015年以降のリーグ戦は「3勝 0分 1敗」で現在2連勝中なので、今はもう苦手意識はないかもしれませんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に勝つと........
   > 3試合“同一カード アウェー連勝”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル出場記録ファイル】を見よ!!


 中町公祐が出場すると、J1リーグ通算150試合出場を達成します。

 前田直輝が出場すると、Jリーグ通算100試合出場(J2・J3も含む)を達成します。

 前田直輝が出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算200試合出場達成にリーチとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、齋藤学と並びマリノス歴代12位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は13位)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に敗れると、リーグ戦アウェー通算150敗まで残り3敗となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: マルティノス、 柏: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 中町公祐富樫敬真、(下平匠)、(齋藤学

 【日本代表】  マリノス: なし
           柏   .: なし

 【U-20日本代表候補】  マリノス: 遠藤渓太
             .   柏   .: なし

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 山中亮輔
           柏   .:
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  柏オフィシャル

 【チケット情報】  柏オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「学、右膝違和感で柏戦出場微妙 指揮官「出られることを望むが…」」 (4/22)

   > 「【横浜M】学の出場は当日判断…柏戦へ最終調整」 (4/21)
   > 「横浜モンバエルツ監督、柏戦白星で自身62歳祝福だ」 (4/21)
   > 「[柏]小池龍太、横浜FM・齋藤学とのマッチアップを楽しみに待つ」 (4/21)

   > 「【柏】下平監督、6戦5アシストの横浜M新10番・斎藤学に警戒心」 (4/20)

   > 「横浜遠藤渓太、人生初FK決め代表へ「爪痕残せた」」 (4/19)
   > 「【横浜M】柏戦に向けミニゲーム、U―20MF遠藤も合流」 (4/19)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (配信)04/22(土) 15:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 柏戦・データボックス>2017年J1リーグ第8節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年4月20日 (木)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年5月)

 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2017年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2017年 5月 発売 】


  死と砂時計 / 鳥飼否宇  <<感想記事はこちら!>>

 << 2016年版 13位 >>

   ・「本格ミステリ大賞」 受賞
   ・「本格ミステリ・ベスト10」 9位
   ・「ミステリが読みたい!」 9位
   ・「黄金の本格ミステリー」 選出

 ★ 死刑執行前夜、なぜ囚人は
   密室状態の独房で殺されたのか?
   どうして囚人は、
   人目につく満月の夜を選んで
   脱獄を決行したのか?
   墓守が一度埋めた死体を
   掘り返して解体した理由は――。
   世界各国から集められた死刑囚を
   収容する特殊な監獄で
   次々と現れる不可思議な犯罪。
   外界から隔絶された世界の謎を、
   シュルツ老人と助手の青年アランが解き明かす。
   終末監獄を舞台に
   奇想と逆説が横溢する
   渾身の連作長編。
   第16回本格ミステリ大賞受賞作。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  虚ろな十字架 / 東野圭吾  <<感想記事はこちら!>>

 << 2015年版 19位 >>

   ・「週刊文春ミステリーベスト10」 5位

 ★ 中原道正・小夜子夫妻は
   一人娘を殺害した犯人に
   死刑判決が出た後、離婚した。
   数年後、今度は小夜子が刺殺されるが、
   すぐに犯人・町村が出頭する。
   中原は、死刑を望む
   小夜子の両親の相談に乗るうち、
   彼女が犯罪被害者遺族の立場から
   死刑廃止反対を訴えていたと知る。
   一方、町村の娘婿である仁科史也は、
   離婚して町村たちと縁を切るよう
   母親から迫られていた―。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの5月文庫化作品 >>

  東京自叙伝 / 奥泉光  <<感想記事はこちら!>>
  江神二郎の洞察 / 有栖川有栖  <<感想記事はこちら!>>
  機龍警察 / 月村了衛  <<感想記事はこちら!>>
       * 「完全版」を文庫化
  ケモノの城 / 誉田哲也  <<感想記事はこちら!>>
  失踪都市 所轄魂 / 笹本稜平  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年6月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2017年4月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「ゴリラマスク」 村上トシアキ > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「ゴリラマスク」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の村上トシアキ(むらかみ・トシアキ)は、「ゴリラマスク」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年11月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年4月19日 (水)

「NATOMATOS」 長谷場亮 > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「NATOMATOS(ナトマトス)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の長谷場亮(はせば・りょう)は、「NATOMATOS」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年9月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎東京スプリント(2017年)穴馬予想&結果

< 4月19日(水)に行われる東京スプリント(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スプリント】

 大井のダート1200mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 交流重賞なのでいつものような“複勝1点買い”ではなく“(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)単勝複数買い”でいくのですが、今回は(南関開催なので)前日オッズがわかっているため、オッズの予想から始めなければならなかった南関以外の交流重賞と比べて予想はしやすいですね。

 とはいえ、荒れやすい短距離戦なうえに、参戦する中央馬は今回が初の交流重賞出走という新顔が多くいるため、レース直前までオッズが激しく動くこともありえそうです。

 なのでここは、ナイター開催ということでオッズがある程度固まってから最終予想を決めて追記する余裕があるので、直前までオッズの推移を見守り、レース30分前までに狙う馬をここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約1時間前のオッズを確認したところ、キタサンサジンが2倍台、ブライトラインが3倍台、ドリームバレンチノが4倍台、レーザーバレットが8倍台、ダノングッドが10倍以上となっていました。

 元々、交流重賞経験のある2頭を狙えるオッズになればと思っていたので、この2頭で勝負といきましょう。


  ◎ ドリームバレンチノ / 岩田康誠 (4)
  △ レーザーバレット / 戸崎圭太 (8)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    キタサンサジン   内田博幸 1
 2着 2     ブライトライン    川田将雅 3
 3着 8  △ レーザーバレット  戸崎圭太 4
 4着 5     ダノングッド     福永祐一 5
 5着 4  ◎ ドリームバレンチノ 岩田康誠 2


 1番人気馬に勝たれてしまっては仕方ないですね.....。


  (×単勝:10 2.4倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  5/11  45.5% +53,140円  261.0%

☆17年通算   > 18/64  28.1% +45,270円 123.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎皐月賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島牝馬S(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月18日 (火)

「空想科学少年探偵」 仲間只一 > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「空想科学少年探偵(くうそうかがく・しょうねんたんてい)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の仲間只一(なかま・ただいち)は、「エイリアンズエイジ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年8月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞

 そしてその受賞作「エイリアンズエイジ」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に掲載してデビューを果たし(「エイリアンズエイジ」 仲間只一 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)、本作にて2度目の作品発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「仲間只一」関連記事】

  > 「魔法少年X」 仲間只一 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.8.29)

  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.18)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.20)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年4月17日 (月)

「ちんぎり」 島袋光年 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ 2017年5月14・15日号 21・22号週刊少年ジャンプ 2017年5月14・15日号 21・22号

2017
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2017年21・22合併号(4月24日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「ちんぎり」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の島袋光年(しまぶくろ・みつとし)は、「世紀末リーダー伝たけし!」(1997-2002年)、「RING」(スーパージャンプ/2004-2005年)、「世紀末リーダー伝たけし!完結編」(スーパージャンプ/2005年)に続く4作目の連載「トリコ」が“本誌2008年25号”から始まると(週刊少年ジャンプ新連載! 「トリコ」 島袋光年参照)、テレビアニメ化されるほどの人気作となり、昨年(2016年)の51号で8年半に渡る連載が終了。

 「トリコ」連載終了後は、「笑いの王子ぺんぺんぺん」を“最強ジャンプ(2017年5月号)”に掲載し、本作にて5ヶ月ぶりの本誌登場となりました。

 なお、ジャンプ本誌での読切作品発表としては、「トリコ」連載中の“本誌2015年28号“に掲載した「笑いの神々~最終回~」以来約2年ぶりとなります(「笑いの神々~最終回~」 島袋光年 > 週刊少年ジャンプ読切!)。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「島袋光年」関連記事】

  > 「尾田さんとの思い出漫画!by しまぶー」 島袋光年
     > 週刊少年ジャンプ読切! (17.7.10)

  > 「ちんぎり」 島袋光年 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.4.17)

  > 「笑いの神々~最終回~」 島袋光年 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.6.1)

  > 「トリコ」 島袋光年 <JC1巻買い> (08.11.10)
  > 「トリコ」 島袋光年 > 週刊少年ジャンプ新連載! (08.5.20)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「DOGS -ドッグス-」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の辻田大誠(つじた・たいせい)は、「BUDDDA!!!-ブッダ-」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年3月期)”の準入選&グランドトレジャー賞を受賞。

 そしてその受賞作「BUDDDA!!!」を“ジャンプGIGA vol.3(2016年)”に掲載してデビューを果たし(「BUDDDA!!!」 辻田大誠 > ジャンプGIGA vol.3参照)、本作にて2度目の作品発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

18歳の新鋭が描く 誇り高き サムライの世界――――

☆次代のジャンプを担う新鋭登場!!
       本格サムライアクション読切47P!!


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「辻田大誠」関連記事】

  > 「NORA」 辻田大誠 > ジャンプGIGA 2018 SUMMER 新連載! (18.5.11)

  > 「グリム・リーパー」 辻田大誠 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.10.30)

  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.17)

  > 「BUDDDA!!!」 辻田大誠 > ジャンプGIGA vol.3 (16.9.14)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年4月16日 (日)

☆ 広島戦・データボックス>2017年J1リーグ第7節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 4/16(日) J1リーグ 第7節・サンフレッチェ広島戦 (Eスタ)

  ○1-0 (前半1-0、後半0-0)

  主審: 松尾 一  入場者数:12,651人

  .<得点> 1-0 中澤佑二  (横浜・前半04分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・


 <記録ストップ>

  ・「アウェー無得点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「同一カード 2失点以上」記録 > 4試合連続 でストップ <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「同一カード アウェー失点」記録 > 10試合連続 でストップ <マリノス歴代 3位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 マルティノスが、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、4月22日(土)に行われるJ1リーグ第8節・柏レイソル戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算198試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)を抜いてマリノス歴代単独22位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 中澤佑二が、マリノス所属時リーグ戦通算30得点となり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代13位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 4位 (前節 8位)
         < 4勝 1分 2敗  勝点 13 得点 10 失点 7 得失点差 +3 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「開始早々にセットプレーから決勝点。横浜FMが連勝で4位浮上

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「中澤の今季初ゴールで横浜FMが連勝飾る、
          広島は今季5敗目で17位転落

 (ドメサカブログ) 「中澤の先制点を守り抜いた横浜FMが広島から
              3年ぶり勝利!広島はシュート19本も決定力欠く


 (スポニチ) 「横浜、中沢の今季初ゴールで1―0勝利 “天敵”広島から3年ぶり白星

 (日刊スポーツ) 「横浜が完封勝ち、中沢弾守り抜く

 (スポーツ報知) 「中沢がマリノス通算30点目のメモリアル弾!4位に浮上

 (サンスポ) 「横浜Mが1点を守り切り連勝!
           中澤が天野の絶妙FKをダイレクトに決める

 (サンスポ) 「横浜M・中沢、連勝に導く
           「いい球が来たので。たまたま僕が決めた」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 広島戦・プレビュー>2017年J1リーグ第7節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎皐月賞(2017年)穴馬予想&結果

< 4月16日(日)に行われる皐月賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【皐月賞】

 中山の芝2000mで行われる3歳重賞(GI)です。

 クラシック第1戦の大一番となりますが、見事に的中出来た先週の桜花賞ほどではないとはいえこの皐月賞も比較的相性良いレースなので、なんとか当ててダービー的中に向けての勢いも付けたいところですね。

 注目なのは無敗の牝馬として参戦するファンディーナですが、この馬が1番人気に推されていることからも分かるように他の牡馬勢は混戦状態で、これを書いている時点では2番人気以降の複勝最低オッズは全て2倍以上となっているほどです。

 そしてそんな選択肢が多い中で狙っていきたい穴馬となれば、やはり皐月賞なのでなるべく内枠の先行馬、そして重賞レベルで安定して結果を出している馬でしょうか。

 ただ今回のメンバーだとそれで絞っても自信を持って狙いたくなるような馬はいなくて、どの馬を選んでも当たる気がしなくなってしまうのです.....。

 まあそれで色々と考えた結果、内枠ではないけれどタンビュライトを◎にしてみました。

 この馬は新馬戦を勝ったのみの1勝馬ではありますが、崩れたのは2歳GI・朝日杯FS(13着)のみで、サウジアラビアロイヤルCで2着、きさらぎ賞で3着、弥生賞で3着と、他の重賞では(勝ち切れないながらも)常に馬券に絡んでいます。

 今回は主戦(ルメール)が乗り替わりとなるものの、新たな按上はこのコースを知り尽している武豊なのでこの馬の“安定感”という長所を上手く引き出してくれそうですし、これを書いている時点で12番人気と低評価ということもあり、オッズ的妙味も考慮してこの馬に期待してみましょう。


  ◎ タンビュライト / 武豊 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    アルアイン     松山弘平  9
 2着 7     ペルシアンナイト M.デムーロ 4
 3着 10 ◎ ダンビュライト   武豊     12
 4着 16    クリンチャー    藤岡佑介  13
 5着 5     レイデオロ     ルメール   5


 もちろん当てるつもりで◎馬を決めたとはいえ、先週の桜花賞も前日の中山グランドJも当たったことから、(◎馬の人気的にも)さすがにここも当たるというのは厳しいだろうな~と思っていたので、この結果は自分でもかなり驚きましたし、ゴール前の場面では久々に我を忘れるほど熱くなってしまいました.....。

 そして先週末を迎えるまでは年間収支をプラスに戻すことなど夢のまた夢だと思っていたのが、先週末からの当たりまくりに加えて今回の高配当により一気に大幅なプラスとなったのだから、ホントに面白いもんですよね。

 ただ、◎馬の名前を間違えて憶えてしまい予想でも“タンビュライト”と書いてしまっていたのはなんともカッコ悪かったですが.....。


  (○複勝:10 13.4倍)  ○的中!  3,000円 → 40,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  5/10  50.0% +56,140円  287.1%

☆17年通算   > 18/63  28.6% +48,270円 125.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アンタレスS&中山グランドJ(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京スプリント(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月15日 (土)

「鶏の海」 木下敬次 > ジャンプGIGA 2017 vol.1

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)に掲載の読切作品が、「鶏の海(にわとりの・うみ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の木下敬次(きのした・けいじ)は、「大団円」で“第1回 Gカップ(2011年)”のEカップを受賞したのに続き、「2学期のミラージュ」で“トレジャー新人漫画賞(2012年8月)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→ 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて「ロードローグ」を“ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN”に掲載してデビューを果たし(「ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN」 > 週刊少年ジャンプ増刊!参照)、「箱の中の青」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.4”に掲載(「箱の中の青」 木下敬次 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4参照)。

 そして本作にて1年8ヶ月ぶりの作品発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「木下敬次」関連記事】

  > 「鶏の海」 木下敬次 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.15)

  > 「箱の中の青」 木下敬次 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4 (15.8.6)

  > 「ロードローグ」(ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN) (13.9.16)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 読切」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「鶏の海」 木下敬次 (17.4.15)
  > 「DOGS -ドッグス-」 辻田大誠 (17.4.17)
  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 (17.4.18)

  > 「NATOMATOS」 長谷場亮 (17.4.19)
  > 「ゴリラマスク」 村上トシアキ (17.4.20)
  > 「マナーモード」 本多優 (17.4.21)

  > 「仄見える少年」 後藤冬吾 甲斐基博 (17.4.24)
  > 「けんタウロス」 森光 (17.4.25)
  > 「STAR ORPHAN」 金澤隆行 (17.4.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎アンタレスS&中山グランドJ(2017年)穴馬予想&結果

< 4月15日(土)に行われるアンタレスステークス(GIII)中山グランドジャンプ(J・GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アンタレスステークス】

 阪神のダート1800mで行われる重賞(GIII)です。

 OP以上のクラスで安定して好走しているのが人気2頭のみなので、どの馬が今回突然激走するのか予測しにくく、予想がかなり難しいメンバーとなっています。

 となれば、人気上位勢の中から手堅く選ぶのか、外れるの覚悟で思い切った穴馬を狙うのかのどちらかが良さそうですが、ここは後者の方を選びまして、ショウナンアポロンを◎にしてみましょう。

 (この馬を◎にして当てることの出来た昨年に続いて)2年連続的中を願い◎にした前走のマーチSでは、逃げ(先行)馬であるにもかかわらず大きく出遅れて最後方の位置取りとなり、何も出来ぬまま惨敗という結果に。

 ただこの時の敗因は明らかで、(ほとんど周ってきただけだったので)疲労もそれほどでもなかっただろうし、今回のメンバーであれば(前に行けるのなら)直線で粘ってくれるのではないかということで、全く人気がないということもあり前回のリベンジも兼ねて再度この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ショウナンアポロン / 藤岡佑介 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    モルトベーネ     M.デムーロ 3
 2着 4     ロンドンタウン    川田将雅  6
 3着 5     ロワジャルダン   浜中俊    8
 4着 11    リーゼントロック   中谷雄太 13
 5着 13    アスカノロマン    和田竜二  4

16着 2  ◎ ショウナンアポロン 藤岡佑介  14


 手堅くいっていれば当たっていたのに.....、と後悔してしまいますが、外れる覚悟で◎馬を選んだのでまあきっぱりと気持ちを切り替えるしかないですね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【中山グランドジャンプ】

 中山の芝4250mで行われる障害重賞(J・GI)です。

 春の障害GIですが、昨年末の障害GI・中山大障害の1・2着馬のオジュウチョウサンアップトゥデイトが今年初戦も強い走りを見せたので、今回もこの2頭によるマッチレースとなるのでしょうかね。

 それでここは、この2頭に先着するのは難しいかもしれないものの、3着の可能性なら大いにありそうなサンレイデュークを◎にしてみましょう。

 障害GIはこれまで5回走って掲示板外は最初の1回のみ(3着2回)と安定感のある馬で、1年の休み明け後の3戦は馬券に絡めていないとはいえ、GI・中山大障害での4着を始め上位には入っていますし、◎にした前走では3着馬とわずかハナ差の4着というかなり悔しい結果だったこともあり、この大舞台でもこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ サンレイデューク / 難波剛健 (5)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    オジュウチョウサン 石神深一 1
 2着 5  ◎ サンレイデューク   難波剛健 6
 3着 6     アップトゥデイト    林満明   2
 4着 4     タイセイドリーム   平沢健治 5
 5着 7     ルペールノエル    高田潤  4


 オジュウチョウサンの圧倒的な強さはまさに驚愕でしたが、そんな馬に唯一食らいついた馬を◎にして当てることが出来たのはなんとも嬉しいものですね。


  (○複勝:5 3.1倍)  ○的中!  3,000円 → 9,300円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  4/9   44.4% +18,940円 170.1%

☆17年通算   > 17/62  27.4% +11,070円 106.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マリーンC(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎皐月賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月14日 (金)

「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-(ヴィジランテ・ぼくのヒーローアカデミア・イリーガルズ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 「僕のヒーローアカデミア」は、「逢魔ヶ刻動物園」(2010-2011年)・「戦星のバルジ」(2012年)に続く堀越耕平による3作目の連載作品で(「僕のヒーローアカデミア」 堀越耕平 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、2014年7月に連載がスタートすると昨年4月に早くもテレビアニメ化を果たすなど人気作となり、現在もジャンプ本誌で好評連載中です。

 そんな「僕のヒーローアカデミア」のスピンオフ企画として、「ブラックロッド」「ある日、爆弾がおちてきて」などライトノベルを中心に作品を発表している小説家の古橋秀之(ふるはし・ひでゆき)が脚本、「プリンス・スタンダード」(コミックガム)・「ガールフレンド」(週刊ヤングジャンプ)などを連載した漫画家の別天荒人(べってん・こうと)が作画を担当した「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」が、“ジャンプGIGA vol.2(2016年)”から連載スタート(「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 > ジャンプGIGA vol.2)。

 “ジャンプGIGA”終了後は“ジャンプ+”に移って連載が続けられ、今回復活した“ジャンプGIGA 2017”にて再び増刊での連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「僕のヒーローアカデミア」関連記事】

  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」
     古橋秀之 別天荒人 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.14)

  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」
     古橋秀之 別天荒人 > ジャンプGIGA vol.2 (16.8.15)

  > 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!(2016年出張版)」 根田啓史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.28)
  > 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!(2015年出張版)」 根田啓史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.10.27)

  > 「僕のヒーローアカデミア」 堀越耕平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.6.30)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

☆ 広島戦・プレビュー>2017年J1リーグ第7節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/16(日) 17:00~ J1リーグ 第7節

     vs サンフレッチェ広島 (エディオンスタジアム広島)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  8位 3勝 1分 2敗 勝点 10  9得 7失 得失 +2 」
  広島  :「 16位 1勝 1分 4敗 勝点 4  3得 7失 得失 -4 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 広島戦は、公式戦通算で「38勝 7分 21敗」、リーグ戦通算で「29勝 5分 16敗」といずれも大きく勝ち越しています。

 しかも、(広島に森保監督が就任した)2012年から2014年までのリーグ戦は6試合全て負けなし(5勝 1分 0敗)で2013年以降4連勝、さらに2013シーズンの天皇杯決勝でも勝って優勝を決めるなど、(2014年のゼロックススーパーカップでは完敗したとはいえ)この時期はかなり相性の良い相手でした。

 しかし、マリノスにモンバエルツ監督が就任した2015年以降は、リーグ戦で4試合勝ちなし(0勝 1分 3敗)で4試合全て2失点と、逆に相性が悪くなってしまっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合に負けると........
   > 3試合“アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 5試合連続“アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 5試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)


 ★今回の試合で失点すると........
   > 11試合連続“同一カード アウェー失点”達成 (マリノス歴代 3位)

 ★今回の試合で2失点以上だと........
   > 5試合連続“同一カード 2失点以上”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中町公祐が出場すると、J1リーグ通算150試合出場を達成します。

 前田直輝が出場すると、Jリーグ通算100試合出場(J2・J3も含む)を達成します。

 前田直輝が出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算198試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、齋藤学と並びマリノス歴代12位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は13位)。

 中澤佑二が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に敗れると、リーグ戦アウェー通算150敗まで残り3敗となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 広島: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: マルティノス

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 中町公祐富樫敬真、(下平匠)

 【日本代表】  マリノス: なし
           広島  : なし

 【U-20日本代表候補】  マリノス: 遠藤渓太
             .   広島  : 森島司

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           広島  :
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  広島オフィシャル

 【チケット情報】  Jリーグチケット

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「モンバエルツ監督“天敵”広島戦へ慎重「個人の能力が高い」」 (4/16)

   > 「横浜モンバエルツ監督「力ある」3年ぶり広島撃破へ」 (4/15)
   > 「学「勝って空気変える」ルヴァン杯2戦2敗に「もっと悔しがって良い」」 (4/15)

   > 「横浜FW富樫、左太もも裏の肉離れで全治3週間」 (4/13)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (配信)04/16(日) 17:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 広島戦・データボックス>2017年J1リーグ第7節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年4月13日 (木)

「月影の守護騎士(ルナティックガーディアン)」 前田良平 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「月影の守護騎士(ルナティック・ガーディアン)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の前田良平(まえだ・りょうへい)は、pixivでは“前量”名義でイラストなど発表していて、「たのしい調理実習」で“第2回Gカップ(2012年)”のDカップ、「はじめてのハンドボール入門」で“第4回Gカップ(2013年)”のFカップ(準入選)を受賞。

 その受賞作「はじめてのハンドボール入門」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.2”に特別掲載し、同じく“ジャンプNEXT!! 2014 vol.2”に“ギャグバトルロイヤル”エントリー作品として「伝説のアルバイター錠」を掲載してデビュー(「伝説のアルバイター錠」 前田良平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2参照)。

 その“ギャグバトルロイヤル”で勝利したことにより「まいはなワールド」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.4”に掲載し(「まいはなワールド」 前田良平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4参照)、さらには「Q.E.D!!」を“本誌2015年47号”に掲載して本誌デビュー(「Q.E.D!!」 前田良平 > 週刊少年ジャンプ読切! 参照)。

 そして本作にて1年半ぶりの作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「前田良平」関連記事】

  > 「月影の守護騎士」 前田良平 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.13)

  > 「Q.E.D!!」 前田良平 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.10.10)

  > 「まいはなワールド」 前田良平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4 (14.7.28)

  > 「伝説のアルバイター錠」 前田良平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.24)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年4月12日 (水)

☆ 神戸戦・データボックス>2017年ルヴァンカップGS第2節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 4/12(水) ルヴァンカップ グループステージ 第2節・ヴィッセル神戸戦 (ニッパツ)

  ●0-2 (前半0-1、後半0-1)

  主審: 西村 雄一  入場者数:5,314人

  .<得点> 0-1 大槻周平  (神戸・前半17分/公式Youtube動画
         0-2 小林成豪  (神戸・後半41分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 ユース所属の山田康太が、公式戦デビューを果たしました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 5,314人

  > マリノス総合ランキング ワースト・34位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)

  > ニッパツ・ランキング ワースト・11位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ)


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 ナビスコカップ グループステージ順位 : 7位 (前節 7位)
         < 0勝 0分 2敗  勝点 0 得点 0 失点 4 得失点差 -4 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「若き横浜FMを経験で圧倒。
              神戸がルヴァンカップ初戦を白星で飾る

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「J1首位の神戸、“FW今季初ゴール”でルヴァン杯も好発進!!
          先発総入れ替え横浜FMは連敗…

 (ドメサカブログ) 「神戸が横浜FMを2-0で下し白星発進!
             大槻は移籍後初ゴール、小林成豪は出場2分でゴール


 (スポニチ) 「横浜、初勝利お預け 監督白旗「相手が素晴らしいプレーをした」

 (日刊スポーツ) 「横浜2連敗も若手継続起用へ 監督「時間が必要」

 (スポーツ報知) 「神戸に完敗…連敗スタートでGS突破に黄色信号

 (サンスポ) 「横浜M、先発総入れ替えも…ミス目立ち2連敗

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 神戸戦・プレビュー>2017年ルヴァンカップGS第2節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎マリーンC(2017年)穴馬予想&結果

< 4月12日(水)に行われるマリーンカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マリーンカップ】

 船橋のダート1600mで行われる交流牝馬重賞(JpnIII)です。

 交流重賞なのでいつものような“複勝1点買い”ではなく“(あえて2倍台以下の馬を外しつつ、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるよう配分した)単勝複数買い”でいくのですが、今回は(南関開催なので)前日オッズがわかっているため、オッズの予想から始めなければならなかった南関以外の交流重賞と比べて予想はしやすいですね。

 それで前日オッズを見た感じだと、交流重賞2連勝中のワンミリオンスが1番人気で、交流GI・2勝のホワイトフーガが2番人気、昨年のGI・秋華賞で2着&エリザベス女王盃で僅差の4着で今回初ダートのパールコードが3番人気、そして交流重賞連続2着中の南関馬・リンダリンダが単勝系以外の馬券ではそのパールコード以上の人気となりそうで、それに続くのが交流重賞常連の中央馬・タイニーダンサー、といったところでしょうか。

 ワンミリオンスは2倍台以下だろうから狙えず、今回初ダートのパールコードも避けたいので、ホワイトフーガが3倍台以上となるのであれば、この馬に加えてリンダリンダタイニーダンサーのどちらか狙いとなりそうです。

 ただ、このレースはナイター開催ということもあり、オッズがある程度固まってから最終予想を決めて追記する余裕があるので、(オッズの大きな変動などを念のため考慮して)直前までオッズの推移を見守り、レース30分前までに狙う馬をここに追記する予定です。


[ 追記 ]
レース約1時間半前のオッズを確認したところ、ホワイトフーガのオッズは3倍ちょうどとなっていました。

ここから少しオッズが下がったとしても、15倍台のタイニーダンサーとの2頭狙いであればどちらでは当たっても総資金の2倍以上となるので、ホワイトフーガのオッズが急激に下がらない限りはこの2頭狙いでいってみましょう。


  ◎ ホワイトフーガ / 蛯名正義 (11)
  △ タイニーダンサー / 田辺裕信(10)

  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11 ◎ ホワイトフーガ   蛯名正義 2
 2着 9     ララベル      森泰斗   6
 3着 8     リンダリンダ    吉原寛人 4
 4着 10 △ タイニーダンサー 田辺裕信 5
 5着 2     パールコード    川田将雅 3


 まあ今回はホワイトフーガが単勝複数買い出来るオッズだった時点でラッキーでしたね。


  (○単勝:11 2.9倍)  ○的中!  3,000円 → 7,540円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  3/7   42.9% .+15,640円 174.5%

☆17年通算   > 16/60  26.7%  +7,770円 104.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎桜花賞(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アンタレスS&中山グランドJ(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月11日 (火)

「エクソアーツ」 安原宏和 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「エクソアーツ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の安原宏和(やすはら・ひろかず)は、「童哭ベニテング」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2010年6月期)”の最終候補となった後、「桃魂ケルベロス」を“ジャンプNEXT! 2011 SPRING”に掲載してデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SPRING」参照)。

 続いて「六畳間の魔女」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.2”に掲載し(「六畳間の魔女」 安原宏和 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2参照)、本作にて3年ぶりの作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「安原宏和」関連記事】

  > 「エクソアーツ」 安原宏和 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.11)

  > 「六畳間の魔女」 安原宏和 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.17)

  > 「桃魂ケルベロス」(ジャンプNEXT! 2011 SPRING) (11.4.30)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

☆ 神戸戦・プレビュー>2017年ルヴァンカップGS第2節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/12(水) 19:30~ YBCルヴァンカップ グループステージ 第2節

     vs ヴィッセル神戸 (ニッパツ三ツ沢球技場)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「 8位 3勝 1分 2敗 勝点 10  9得 7失 得失 +2 」
  神戸  :「 1位 5勝 0分 1敗 勝点 15  9得 4失 得失 +5 」


 << ルヴァンカップグループステージ成績 >>

  マリノス:「 6位 0勝 0分 1敗 勝点 0  0得 2失 得失 -2 」
  神戸  :「 .-位 0勝 0分 0敗 勝点 0  0得 0失 得失 0 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 神戸戦は、公式戦通算で「20勝 12分 10敗」、リーグ戦通算では「19勝 10分 7敗」と(引き分けが多いものの)大きく勝ち越しています。

 そしてリーグ戦アウェーでは「8勝 6分 4敗」なのと比べると、ホームでは「11勝 4分 3敗」とホームの方がやや勝率が高めとなっていて、今回の舞台であるニッパツでは「4勝 2分 1敗」と相性良く、ニッパツで対戦した昨年のリーグ戦では0-2とリードされながら終盤に3得点して逆転勝ち。

 しかし、ルヴァンカップ(ナビスコカップ)では「1勝 2分 2敗」となかなか勝てておらず、天皇杯も含めると現在3連敗中なので、リーグ戦以外の公式戦では苦戦が続いている状況ですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算198試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 神戸: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 中町公祐、(下平匠)

 【日本代表】  マリノス: なし
           神戸  : なし

 【U-20日本代表】  マリノス: 遠藤渓太
              神戸  : 藤谷壮

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           神戸  : 渡邉千真
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「30歳神戸渡辺「強くなれる」若手選手の活躍に刺激」 (4/10)


 【TV中継】 (生) 04/12(水) 19:20~  スカチャン0

        (録) 04/13(木) 12:00~  スカチャン0
            03/13(木) 17:00~  スカパー!4K 総合

            04/14(金) 11:40~  フジテレビNEXT
            04/14(金) 20:30~  スカチャン3

            04/15(土) 13:00~  スカチャン2

            04/16(日) 05:00~  スカチャン2
            04/16(日) 18:30~  スカサカ!

            04/19(水) 18:00~  スカチャン2

            04/22(土) 10:00~  スカチャン1

            04/26(水) 13:00~  スカサカ!

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 神戸戦・データボックス>2017年ルヴァンカップGS第2節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年4月10日 (月)

「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「ブリキライオン」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の宮島京平(みやじま・きょうへい)は、「GOD LUCK!」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年5月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、「恋愛銀河区石川荘」を“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”に掲載してデビューを飾り(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 SPRING」参照)、この作品が“新世代杯”(新人読切11作品の中でアンケート投票1位の作品が本誌掲載される企画)で優勝したことにより、リニューアル版「恋愛銀河区石川荘」を“本誌2012年46号”に掲載して本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「恋愛銀河区石川荘」 宮島京平参照)。

 その後は、「孤室の女王」を“ジャンプLIVE 第1号(2013年8月)”に、「NとSはくっつかない」(前後編)を“少年ジャンプ+(2015年1月)”に配信掲載。

 さらには「ブリキライオン」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に(「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)、「天使にエールを」を“本誌2016年50号”に掲載し(「天使にエールを」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、以前発表した読切を基にした本作にて約半年ぶりの作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「宮島京平」関連記事】

  > 「機甲少年イージス」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.11.27)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.10)
  > 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.12)

  > 「天使にエールを」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.14)

  > 「恋愛銀河区石川荘」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.10.13)
  > 「恋愛銀河区石川荘」(ジャンプNEXT! 2012SPRING) (12.4.28)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「このミス2018年版」月別ランクイン候補作品(2017年5月)

 もう9年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2018年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだ上でのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2018年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年5月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年5月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

  落語魅捨理全集 坊主の愉しみ / 山口雅也 (9作)  <感想記事はこちら>
  アンカー / 今野敏 (5作)
  僕が殺した人と僕を殺した人 / 東山彰良 (3作)
  宿命と真実の炎 / 貫井徳郎 (3作) * シリーズ2作目
  探偵が早すぎる(上) / 井上真偽 (2作)
  ストラディヴァリウスを上手に盗む方法 / 深水黎一郎 (2作)  <感想記事はこちら>
  かがみの孤城 / 辻村深月 (2作)
  浮世奉行と三悪人 / 田中啓文 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年5月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

  ダマシ×ダマシ / 森博嗣 <4作> * シリーズ6作目
  フォークロアの鍵 / 川瀬七緒 <2作>
  ライプツィヒの犬 / 乾緑郎 <1作>
  凄腕 / 永瀬隼介 <1作>
  バベルノトウ 名探偵三途川理vs赤毛そして天使 / 森川智喜 <1作> * シリーズ6作目
  モモンガの件はおまかせを / 似鳥鶏 <1作> * シリーズ4作目
  捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター / 結城充考 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年5月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ ]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年5月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “ばらのまち福山ミステリー文学新人賞”受賞作]
  神の手廻しオルガン / 須田狗一


[ “小説推理新人賞”受賞作収録]
  三つの悪夢と階段室の女王 / 増田忠則  <感想記事はこちら>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年5月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  ピエロがいる街 / 横関大 (春)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年5月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  アンタッチャブル 不可触領域 / 前川裕
  開化鐵道探偵 / 山本巧次
  ウサギの天使が呼んでいる / 青柳碧人
  人質オペラ / 荒木源
  緋紗子さんには、9つの秘密がある / 清水晴木

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2017年5月発売の宝島社作品 <<

 * 宝島社から発売された作品はずっと対象外となっていましたが
   「公正を期すため、弊社の作品は対象外としています」
   という文面が2015年版から消えていたので
   現在は対象となっているのかも?
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  リケジョ探偵の謎解きラボ / 喜多喜久
  サブマリンによろしく / 大津光央
       * 『このミステリーがすごい!』大賞(優秀賞)受賞作

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な5月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2018年版」月別ランクイン候補作品(2017年6月)

 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2017年4月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2017年4月 9日 (日)

「ジュゲム!!」 門里慧 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「ジュゲム!!」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の門里慧(もんり・けい)は、日本マンガ芸術学院名古屋校マンガ専攻出身で、「ブリキのジハード」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2010年6月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて「虎ノ花」を“ジャンプNEXT! 2012 AUTUMN”に掲載してデビューを飾り(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 AUTUMN」参照)、「WONDERFUL WONDER WORLD」を“本誌2014年10号”に掲載して本誌デビュー(「WONDERFUL WONDER WORLD」 門里慧 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらには「GOLD」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.4”に(「GOLD」 門里慧 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4参照)、「秘密結社D 対ファントム戦闘員 エンタロウ」を“本誌2016年50号”に掲載し(「秘密結社D 対ファントム戦闘員 エンタロウ」 門里慧 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、本作にて約半年ぶりの作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「門里慧」関連記事】

  > 「ジュゲム!!」 門里慧 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.9)

  > 「秘密結社D 対ファントム戦闘員 エンタロウ」 門里慧
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.7)

  > 「GOLD」 門里慧 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4 (15.8.5)

  > 「WONDERFUL WONDER WORLD」 門里慧
     > 週刊少年ジャンプ読切! (14.1.27)

  > 「虎ノ花」(ジャンプNEXT! 2012 AUTUMN) (12.10.9)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎桜花賞(2017年)穴馬予想&結果

< 4月9日(日)に行われる桜花賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【桜花賞】

 阪神の芝1600mで行われる3歳牝馬重賞(GI)です。

 このレースからJRAのクラシック戦線が開幕となりますが、桜花賞は南関(浦和)開催のものも含めて比較的相性良く、現に南関の方は当てることが出来たので、こちらの桜花賞も当てたいものですね。

 それでやはりクラシックとなると輝かしい実績を身に付けて来た馬たちが集まるため、重賞で安定した実績がありながら(勝ち切れないことで)人気薄となっている馬もいて、そういう馬こそが穴としては狙い目だろうということで、ここはレーヌミノルを◎にしてみましょう。

 この馬は、新馬戦を勝った直後に重賞・小倉2歳Sを制し、その後も京王杯2歳Sで2着、GI・阪神JFで3着、クイーンCで4着、フィリーズレビューで2着と、勝ち切れないながらも常に上位争いを演じていました。

 逃げても先行しても中段からでも結果を出せる自在性があり、阪神コースも経験しているということもあり、今回も相手なりに走って上位人気勢に割って入る可能性は(他の穴馬と比べて)高いのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ レーヌミノル / 池添謙一 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10 ◎ レーヌミノル     池添謙一  8
 2着 6     リスグラシュー    武豊     3
 3着 14    ソウルスターリング ルメール  1
 4着 8     カラクレナイ      田辺裕信 7
 5着 12    アエロリット      横山典弘 6


 複勝なので◎馬が勝たなくても良いのですが、それでも“無敗の桜花賞馬誕生なるか!?”と騒がれ人気を集めていた馬を破っての勝利なのでやはり嬉しかったですね。

 そしてこれで南関の桜花賞とのダブル的中達成、さらには年間収支もプラス復帰となるなど、まあ本当に最高の週末となりました.....。


  (○複勝:10 4.8倍)  ○的中!  3,000円 → 14,400円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  2/6   33.3% .+11,100円 161.7%

☆17年通算   > 15/59  25.4%  +3,230円 101.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マリーンC(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月 8日 (土)

☆ 磐田戦・データボックス>2017年J1リーグ第6節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 4/8(土) J1リーグ 第6節・ジュビロ磐田戦 (日産ス)

  ○2-1 (前半1-1、後半1-0)

  主審: 山本 雄大  入場者数:38,803人

  .<得点> 1-0 マルティノス (横浜・前半26分/公式Youtube動画
         1-1 大井健太郎 .(磐田・前半34分/公式Youtube動画
         2-1 金井貢史   (横浜・後半28分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 12試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「同一カード ホーム負けなし」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算197試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)と並びマリノス歴代22位タイとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算158試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独18位となりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 38,803人

  > マリノス総合ランキング ベスト・71位


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 8位 (前節 9位)
         < 3勝 1分 2敗  勝点 10 得点 9 失点 7 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「勝負を決めたのは金井貢史。横浜FMが因縁の一戦を制す

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「トリコロールの“新旧10番対決”は2アシストの齋藤学に軍配!!
          日産凱旋の俊輔はゴール演出も古巣に屈す

 (ゲキサカ) 「試合後はユニ交換も…
          新旧10番対決制した齋藤学、俊輔削って「すぐに謝った」

 (ゲキサカ) 「自身へのブーイングは「いいこと」
             古巣戦終えた俊輔は胸の内語らず

 (ドメサカブログ) 「新旧10番対決は2アシストの齋藤学に軍配!
             横浜FMが磐田を下し4戦ぶり勝利


 (スポニチ) 「斎藤学“新旧マリノス10番対決”制す!
                俊輔に猛チャージ「削っちゃった」

 (スポニチ) 「DF金井、今季初ゴールが決勝弾
              守備では俊輔封じ「うまく止められた」

 (日刊スポーツ) 「横浜MF斎藤2アシスト「新旧10番対決」勝利

 (スポーツ報知) 「“俊輔ダービー”は新10番斎藤学の勝ち!

 (スポーツ報知) 「オーストラリア代表DFデゲネク、来日中家族に勝利届ける

 (サンスポ) 「俊輔との対決を振り返る横浜M・斎藤…憧れの存在との対戦は「不思議な感覚」

 (サンスポ) 「横浜M・金井、決勝ゴールは「取れるなっていう感覚があった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 磐田戦・プレビュー>2017年J1リーグ第6節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2017年)穴馬予想&結果

< 4月8日(土)に行われるサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)ニュージーランドトロフィー(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】

 阪神の芝1600mで行われる牝馬重賞(GII)です。

 GI・ヴィクトリアマイルを見据えた馬たちによる一戦ということもあり、実績ある馬でも人気薄となっているため狙いたくなる馬が結構多いのですが、ここはその中からクリノラホールを◎に選んでみましょう。

 条件戦を3連勝した勢いで挑んだ前走の重賞・愛知杯では3番人気に推されながら7着に敗れましたが、勝ち馬に次ぐ2位の上がりで2着馬と約1馬身差、3着馬とは同タイムと惜しい走りを見せていましたし、それで今回これだけ人気を落としている(これを書いている時点で12番人気)のならば面白い存在となるのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ クリノラホール / 北村友一 (2)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ミッキークイーン  浜中俊   1
 2着 16    アドマイヤリード  ルメール  3
 3着 8     ジュールポレール 幸英明   4
 4着 4     クロコスミア     松若風馬 7
 5着 13    エテルナミノル   池添謙一 13

11着 2  ◎ クリノラホール   北村友一 12


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ニュージーランドトロフィー】

 中山の芝1600mで行われる3歳重賞(GII)です。

 こちらは3歳GI・NHKマイルCを見据えた馬たちのレースですが、ここはメイソンジュニアを◎にしてみましょう。

 芝でのマイル戦は初出走(これまではダートを除けば全て1400m以下)とはいえ、初の芝1400m戦だった前走の重賞・ファルコンSでは3着に好走しましたし、ダートも経験している内枠先行馬というのは雨の中山では魅力的なので、マイルの距離に対応出来るのであれば重賞での連続好走もあるのでは。


  ◎ メイソンジュニア / 菱田裕二 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ジョーストリクトリ シュタルケ 12
 2着 4  ◎ メイソンジュニア  菱田裕二  8
 3着 16    ボンセルヴィーソ 松山弘平  5
 4着 7     スズカゼ      吉田隼人  9
 5着 15    タイムトリップ   田辺裕信  6


 当初はダイイチターミナルを◎にしようと考えていたものの、ただ雨の中山で後ろから行きそうな馬を狙うのは厳しいかと思い急遽メイソンジュニアに変更したのですが、こういった変更をしたときは大概裏目に出ることが多いのに今回は珍しく上手くいきましたね。


  (○複勝:4 4.9倍)  ○的中!  3,000円 → 14,700円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  1/5   20.0%   .-300円  98.0%

☆17年通算   > 14/58  24.1%  -8,170円  95.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クラウンC(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎桜花賞(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月 7日 (金)

「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「火久摩の手(ひぐまの・て)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の帆上夏希(ほがみ・なつき)は、「ムーン・ストライク」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年9月期)”の最終候補となった後、「火久摩の手」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年2月期)”の審査員「附田祐斗先生」特別賞を受賞。

 続いて、「ユアガーディアン」を“ジャンプGIGA vol.1”に掲載してデビュー(「ユアガーディアン」 帆上夏希 > ジャンプGIGA vol.1参照)。

 そして、「火久摩の手」を“ジャンプX(クロス)”に掲載し(「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプX(クロス)参照)、そのリニューアル版である本作にて初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「帆上夏希」関連記事】

  > 「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.7)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプX(クロス) (16.12.21)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.11)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

☆ 磐田戦・プレビュー>2017年J1リーグ第6節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 4/8(土) 19:00~ J1リーグ 第6節

     vs ジュビロ磐田 (日産スタジアム)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【リーグ順位】を見よ!!


 << リーグ戦の順位 >>

  マリノス:「  9位 2勝 1分 2敗 勝点 7  7得 6失 得失 +1 」
  磐田  :「 10位 2勝 1分 2敗 勝点 7  5得 4失 得失 +1 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 磐田戦は、公式戦通算で「30勝 4分 25敗」、リーグ戦通算で「23勝 2分 20敗」とやや勝ち越しているもののほぼ互角の成績で、リーグ戦ホームで「12勝 1分 10敗」、アウェーで「11勝 2分 10敗」とホーム/アウェーごとの相性も特にありません。

 ただ、リーグ戦では2008年第25節からの13試合でわずか1敗のみ(9勝 3分 1敗)で、公式戦でも2009年以降でわずか2敗(9勝 4分 2敗)と、ここ最近はかなり相性が良いですし、ホームでは2009年から5連勝(昨年の引き分けで連勝ストップ)で2009~2012年には4年連続無失点とかなりの好相性です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 12試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 7試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】を見よ!!


 中町公祐が出場すると、J1リーグ通算150試合出場を達成します。

 前田直輝が出場すると、Jリーグ通算100試合出場(J2・J3も含む)を達成します。

 前田直輝が出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時公式戦通算197試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算158試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独18位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】を見よ!!


 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、齋藤学と並びマリノス歴代12位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は13位)。

 中澤佑二が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛(08-16)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 磐田: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: マルティノス

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 中町公祐(下平匠)

 【日本代表】  マリノス: なし
           磐田  : なし

 【U-20日本代表】  マリノス: 遠藤渓太
             .磐田  : 小川航基

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 杉本大地(JY)
           磐田  : 中村俊輔
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜 公式戦5戦ぶり白星へ!左利き下平で“俊輔対策”万全だ」 (4/7)
   > 「【横浜M】“俊輔封じ”セット対策徹底!本拠で磐田迎え撃つ」 (4/7)
   > 「【磐田】高橋、移籍後右SBで初先発へ「感謝しつつ勝ちたい」」 (4/7)

   > 「【横浜M】主将・学「勝てない時に沈むのが一番だめ」磐田戦へ闘志」 (4/6)
   > 「【横浜M】磐田戦へMF天野「勝ち点3です」居残りFK練習も」 (4/6)
   > 「【横浜M】バブンスキー、磐田戦へ俊輔を警戒「絶対に負けられない」」 (4/6)
   > 「磐田川辺「準備できている」初の2戦連発へ闘志」 (4/6)
   > 「【磐田】川辺、今季初連勝へ自身初2戦連発に意欲「常にゴールを狙いたい」」 (4/6)

   > 「横浜DF中沢「そんな状況ではない」俊輔より自軍」 (4/5)
   > 「【横浜M】磐田戦に向け、バブンスキーは俊輔を警戒「左足のプレーには驚かされる」」 (4/5)

   > 「横浜斎藤学が誕生日 ケーキなし「食べないから」」 (4/4)
   > 「横浜斎藤学「変わった姿を」俊輔と新旧10番対決」 (4/4)

   > 「横浜MF中町、左ふくらはぎの肉離れで全治2カ月」 (4/3)
   > 「横浜4戦ぶり白星へ実戦練習 斎藤「いい雰囲気」」 (4/3)
   > 「磐田、肉離れで離脱の高橋が実戦復帰「怖さない」」 (4/3)


 【TV中継】 (生) 04/08(土) 19:00~  NHK BS-1

        (録) なし

        (配信)04/08(土) 19:00~  DAZN

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 磐田戦・データボックス>2017年J1リーグ第6節

  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2017年4月 6日 (木)

「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん(こあくまけい・だいあくま・みやちゃん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の秋山貴志(あきやま・たかし)は、「1秒!」で“トレジャー新人漫画賞(2011年5月)”の最終候補となった後、「トゥー・バッド」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2012年10月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いてその「トゥー・バッド」を“ジャンプNEXT! 2013 SPRING”に掲載してデビューを飾り(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2013 SPRING」参照)、「フダツキ」を“ジャンプNEXT!! 2016 vol.2”に掲載(「フダツキ」 秋山貴志 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.2参照)。

 そして本作にて1年ぶりの作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「秋山貴志」関連記事】

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.6)

  > 「フダツキ」 秋山貴志 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.2 (16.4.28)

  > 「トゥー・バッド」(ジャンプNEXT! 2013 SPRING) (13.5.1)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「クロモリクライム」 宮田英俊 仁志裕介 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2017年19号(4月10日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「クロモリクライム」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の宮田英俊(みやた・ひでとし)は、「長靴を履いた猫」で“ストーリーキング・ネーム部門(2003年)”の最終候補となり、「東京優駿物語」で“ストキン炎(2010年)”の炎努力賞を受賞(投稿歴が長いようなので他にも受賞・最終候補歴があるかも)。

 作画担当の仁志裕介(にし・ゆうすけ)は、“第2回ガリョキンPro・バトル部門(2016年)”の準キングを受賞。

 そしてこの2人がコンビを組んだ本作にて、両者共にデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年4月 5日 (水)

「モミジの棋節」 里庄真芳 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「モミジの棋節(モミジの・きせつ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の里庄真芳(さとしょう・まさよし)は、「石月くんと晴原さん」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.4”に掲載してデビュー(「石月くんと晴原さん」 里庄真芳 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4参照)。

 続いて、原作担当として「たかはしAND」(作画担当:足鷹高也)を“ジャンプGIGA vol.2”に掲載し(「たかはしAND」 里庄真芳 足鷹高也 > ジャンプGIGA vol.2参照)、本作にてデビュー作以来となる単独名義での作品発表(初連載)となりました。

 なお、元プロ棋士で現在は将棋番組のプロデューサー、そして『3月のライオン』(羽海野チカ)のアニメ版・映画版の棋譜監修を担当した田中誠が監修としてクレジットされています。


 内容の方は、中学生がプロ棋士を目指す青春将棋漫画です。

 相手の反撃を許さない攻める将棋と驚異的な早さで竜王に近づくその姿から「伝説」と呼ばれるも、竜王戦決勝の最中に病に倒れた蔵道桜七段。

 そんな天才棋士の弟で自身もプロ棋士を目指している中学生の蔵道紅葉(男)は、15歳以下のアマチュア全国大会でベスト8に入るも、プロ棋士の養成機関である奨励会の受験資格は最低でもベスト4の実力が要るため、この結果に焦りと苛立ちを募らせることに。

 そんな紅葉の前に現れたのが、18歳(高校生)で史上初の女性プロ棋士となったばかりの佐倉銀杏四段。

 佐倉四段は紅葉を強引に弟子にし、一週間鍛えたうえで、(プロ棋士である師匠に推薦してもらえば受験資格を得れる)奨励会の試験を受けさせるも、紅葉の一局目の相手は、紅葉と同じ中学(部活)で、(紅葉はベスト8だった)全国大会で優勝、しかも紅葉がこれまで一度も勝ったことのない菅谷飛鳥で.....。


モミジの棋節 (ジャンプコミックス)モミジの棋節 (ジャンプコミックス)
里庄 真芳

集英社 2017-12-04
売り上げランキング : 201874

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「里庄真芳」関連記事】

  > 「紅葉の棋節」 里庄真芳 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.5.2)

  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.5)

  > 「たかはしAND」 里庄真芳 足鷹高也 > ジャンプGIGA vol.2 (16.7.26)

  > 「石月くんと晴原さん」 里庄真芳 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4 (14.7.29)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎クラウンC(2017年)穴馬予想&結果

< 4月5日(水)に行われるクラウンカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【クラウンカップ】

 川崎のダート1600mで行われる南関3歳重賞(SIII)です。

 南関クラシック第1戦・羽田盃のトライアルレースですが、実績的には交流重賞勝ち馬で交流GIでも3着のローズジュレップが抜けていて、その他の馬は(ローズジュレップも含め)京浜盃や雲取賞で馬券圏外の馬がほとんどなので、どの馬が来てもおかしくないような予想の難しいメンバーとなっています。

 それでここは、サヴァアルジャンを◎にしてみましょう。

 この馬はこれまで重賞に2度出走してどちらも馬券に絡まなかったものの、両レース共に5着と掲示板には載っていますし、デビュー以来11戦全て掲示板と安定感があるので、今回のメンバーであれば重賞でも馬券圏内まであるのではないかと思い、この馬に期待してみました。


  ◎ サヴァアルジャン / 町田直希 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8     ローズジュレップ  吉原寛人 1
 2着 5     セイジーニアス   本田正重 12
 3着 7     ラッキーモンキー  楢崎功祐 10
 4着 4     キャッスルクラウン 中野省吾 9
 5着 3     バンドオンザラン  赤岡修次 3

 8着 9  ◎ サヴァアルジャン  町田直希 7


 勝ち馬以外はかなり荒れた結果となったので、ここは当てておきたいレースでしたね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  0/3    .0.0%  -9,000円   .0.0%

☆17年通算   > 13/56  23.2% .-16,870円  90.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎大阪杯(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月 4日 (火)

「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 > ジャンプGIGA2017 新連載!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ)2017 vol.1(4月28日<金>発売)からスタートの連載作品が、「東京都立呪術専門高等学校(とうきょうとりつ・じゅじゅつ・せんもん・こうとうがっこう)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の芥見下々(あくたみ・げげ)は、「神代捜査」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.2”に掲載してデビュー(「神代捜査」 芥見下々 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2参照)。

 続いて「No.9」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.2”に掲載し(「No.9」 芥見下々 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2参照)、その同名リニューアル版「No.9」を“本誌2015年46号”に掲載して本誌デビュー(「No.9」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらには“第11回 ジャンプ金未来杯“エントリー作品として「二界梵骸バラバルジュラ」を“本誌2016年44号”に掲載し(「二界梵骸バラバルジュラ」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、本作にて約半年ぶりの作品発表(初連載)となりました。


 内容の方は、呪いを学ぶ学校に転校した呪われ少年の呪術アクション漫画です。

 6年前に交通事故で死んだ少女に呪われている乙骨憂太(おつこつ・ゆうた)は、憂太を攻撃してきた者に発動するその少女の呪いにより、嫌がらせをしてきた同級生4名に対し(憂太の意思とは関係なく)重傷を負わせてしまうことに。

 そのため転校することになったものの、その学校というのが、呪いを祓うために呪いを学ぶ“都立呪術高等専門学校”。

 呪具使いの禪院真希(ぜんいん・まき)、呪言師の狗巻棘(いぬまき・とげ)、パンダという新たなクラスメイト3人(2人と1匹?)と、児童が失踪する小学校での呪術実習に参加することになった憂太は、コンビを組んだ真希と共に巨大な(実体化した)呪いに呑み込まれてしまい.....。


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「芥見下々」関連記事】

  > 「呪術廻戦」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.2.26)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.4)

  > 「二界梵骸バラバルジュラ」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.8.30)

  > 「No.9」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.10.5)
  > 「No.9」 芥見下々 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.13)

  > 「神代捜査」 芥見下々 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.25)


 【「ジャンプGIGA2017 vol.1 新連載」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (17.4.3)

  > 「いちご100% EAST SIDE STORY」 河下水希 (17.3.27)
  > 「ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS-」 古橋秀之 別天荒人 (17.4.14)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 (17.4.4)
  > 「モミジの棋節」 里庄真芳 (17.4.5)

  > 「小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん」 秋山貴志 (17.4.6)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 (17.4.7)
  > 「ジュゲム!!」 門里慧 (17.4.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (17.4.10)
  > 「エクソアーツ」 安原宏和 (17.4.11)
  > 「月影の守護騎士」 前田良平 (17.4.13)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年4月 3日 (月)

「ジャンプGIGA 2017 vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊!

ジャンプGIGA 2017 vol.1 (未分類)ジャンプGIGA 2017 vol.1
週刊少年ジャンプ編集部

集英社 2017-04-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) 2017 vol.1(2017年4月28日<金>発売)に収録されている作品の、漫画家や作品内容の情報を記した当ブログ記事をまとめてみました

 この記事で取り上げるのは新作読切作品およびGIGAオリジナル連載のみなので、以下の作品は対象外としています

 ・本誌連載陣の袋とじ番外編
   「ぼくたちは勉強ができない」
   「U19」
   「ポロの留学記」
   「腹ペコのマリー」
   「Dr.STONE」
   「ROBOT×LASERBEAM」


 * この記事の下の方で、面白かった作品に投票するアンケートを実施しているので、ぜひともご参加ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 * タイトル部分のリンク先は、作者&作品情報掲載の当ブログ記事(徐々に記事更新していきます)


<< 本誌での連載経験漫画家の連載作品 >>

 ★ いちご100% East Side Story / 河下水希
     ・


<< スピンオフ連載作品 >>

 ★ ヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- / 古橋秀之 別天荒人
     ・


<< 新人漫画家(本誌での連載デビュー前)の連載作品 >>

 ★ 東京都立呪術専門高等学校 / 芥見下々
     ・

 ★ 火久摩の手 / 帆上夏希
     ・

 ★ ブリキライオン / 宮島京平
     ・

 ★ モミジの棋節 / 里庄真芳
     ・

 ★ エクソアーツ / 安原宏和
     ・

 ★ 月影の守護騎士 / 前田良平
     ・

 ★ ジュゲム!! / 門里慧
     ・

 ★ 小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん / 秋山貴志
     ・


<< 新人漫画家(本誌での連載デビュー前)の読切作品 >>

 ★ 空想科学少年探偵 / 仲間只一
     ・

 ★ けんタウロス / 森光
     ・

 ★ DOGS -ドッグス- / 辻田大誠
     ・

 ★ 鶏の海 / 木下敬次
     ・

 ★ マナーモード / 本多優
     ・

 ★ NATOMATOS / 長谷場亮
     ・

 ★ STAR ORPHAN / 金澤隆行
     ・

 ★ 仄見える少年 / 後藤冬吾 甲斐基博
     ・

 ★ ゴリラマスク / 村上トシアキ
     ・


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください


 【「ジャンプGIGA 2017 vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2017年5月4日(木)~5月24日(水)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品選択してください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ジャンプ増刊/次号 >>> ジャンプGIGA 2017 vol.2

  ジャンプX(クロス) <<< ジャンプ増刊/前号


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2017年4月 2日 (日)

☆ C大阪戦・データボックス>2017年J1リーグ第5節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 4/1(土) J1リーグ 第5節・セレッソ大阪戦 (金鳥スタ)

  ●0-2 (前半0-0、後半0-2)

  主審: 木村 博之  入場者数:14,455人

  .<得点> 0-1 木本恭生   (大阪・後半14分/公式Youtube動画
         0-2 柿谷曜一朗  (大阪・後半30分・PK/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「同一カード アウェー勝ちなし」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>

  ・「アウェー無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 中町公祐が、Jリーグ通算250試合出場(J2も含む)を達成しました。

 中町公祐が、J1リーグ通算150試合出場達成にリーチとなりました。

 前田直輝が、Jリーグ通算100試合出場(J2も含む)達成にリーチとなりました。

 前田直輝が、J1リーグ通算50試合出場達成にリーチとなりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時公式戦通算196試合出場となり、三浦文丈(93-98)を抜いてマリノス歴代単独23位となりました。

 飯倉大樹が、マリノス所属時リーグ戦通算157試合出場となり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代18位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <出場記録ファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記念試合情報】


 この試合に敗れたため、Jリーグアウェー通算150敗まで残り4敗となりました。


  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 順位 : 9位 (前節 7位)
         < 2勝 1分 2敗  勝点 7 得点 7 失点 6 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「横浜FMの反撃をしのいだC大阪、リーグ戦2連勝

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「C大阪、ラッキーボーイ木本&柿谷弾で2連勝!!
          開幕連勝横浜FMは失速3戦未勝利

 (ドメサカブログ) 「木本&柿谷のゴールでC大阪が今季初の連勝!
             横浜FMはルヴァン杯のリベンジならず


 (スポニチ) 「横浜 手痛い敗戦で4戦勝ちなし…斎藤「次までに修正したい」

 (日刊スポーツ) 「横浜3戦勝利なし 監督「崩しきれなかった」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、開幕2連勝後は失速気味…3戦勝利なし

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ C大阪戦・プレビュー>2017年J1リーグ第5節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎大阪杯(2017年)穴馬予想&結果

< 4月2日(日)に行われる大阪杯(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【大阪杯】

 阪神の芝2000mで行われる重賞(GI)です。

 1957年に創設ということで歴史あるレースですが、昨年まではGIIとして開催されていたものの、今年からGIに昇格となったので、まずその一発目を当てて勢いをつけたいところですね。

 そして、GI・3勝馬で昨年末の有馬記念では惜しくもクビ差2着だったキタサンブラック、昨年のダービー馬・マカヒキ、そして昨年末に香港で開催された国際GI・香港ヴァーズを制したサトノクラウンの3頭が人気を集めているのに対し、それ以外の馬もGIや重賞で好走歴がありながらオッズ的に美味しいという穴馬狙い的にはどの馬も狙いたくなってしまうようなやはりGIらしいメンバーとなっています。

 それでここは、そんなGIでなければ(人気的に)穴馬として狙えないであろうミッキーロケットを◎にしてみましょう。

 3歳だった昨年は夏以降に頭角を現し始めて、神戸新聞杯では(後に菊花賞と有馬記念のGIを連勝する)サトノダイヤモンドとクビ差の2着、続くGI・菊花賞では5着に好走しました。

 4歳となった今年は、GIIの日経新聞杯をハナ差で制し重賞初勝利を飾り、続いて同じくGIIの京都記念は0.4秒差の4着という戦績からも、主役になれるタイプではなさそうだけれど高いレベルで安定した力を発揮できるのは確かでしょうし、(距離は違うけれど)最速上がりでサトノダイヤモンドにクビ差まで迫った阪神の舞台での一発は充分にあると思うので、この馬に期待してみることにしました。

  ◎ ミッキーロケット / 和田竜二 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     キタサンブラック 武豊    1
 2着 4     ステファノス    川田将雅 7
 3着 13    ヤマカツエース  池添謙一 4
 4着 14    マカヒキ      ルメール 2
 5着 12    アンビシャス   福永祐一 5

 7着 1  ◎ ミッキーロケット 和田竜二 6


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  0/2    .0.0%  -6,000円   .0.0%

☆17年通算   > 13/55  23.6% .-13,870円  91.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ダービー卿CT(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クラウンC(2017年)穴馬予想&結果

2017年4月 1日 (土)

◎ダービー卿CT(2017年)穴馬予想&結果

< 4月1日(土)に行われるダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

Photo00004274

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ダービー卿チャレンジトロフィー】

 中山の芝1600mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 (これを書いている時点で)1600下を勝ち上がってきたばかりの馬が1番人気、前走のOPで2着の馬が2番人気となるなど、近走にて重賞で馬券に絡んだ馬がほとんどいないというメンバーによるハンデ戦ということで、雨による馬場悪化もあり、大荒れの結果もあり得そうなレースですね。

 まあそんな時ほど大穴を狙わずにそこそこ人気の馬を狙いに行くべきだとは思うのですが、ここは思い切ってこれを書いている時点で13番人気のコスモソーンパークを◎にしてみましょう。

 この馬は、昨年1月のニューイヤーCで2着となって以降、9レース連続で馬券に絡めておらず、その間に掲示板に載ったのも1度だけという成績ではあるものの、3走前のニューイヤーCは0.5秒差5着、前走の東風Sは10着(最下位)ながら0.5秒差と、中山OPではいずれも(一番重い)58kgを背負いながらそれほど差のない走りを見せています。

 そして今回は54kgと斤量が一気に軽くなり、両レースでそこまで着差のなかった馬たちとも斤量面でかなり有利になりますし、稍重~不良では8回走って馬券圏外は1度のみということで馬場も味方に付く可能性もありそうなので、この馬の一発に期待してみることにしました。


  ◎ コスモソーンパーク / 丹内祐次 (6)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     ロジチャリス     内田博幸  5
 2着 5     キャンベルジュニア シュタルケ 1
 3着 8     グランシルク     戸崎圭太  2
 4着 11    マイネルアウラート 柴田大知  3
 5着 10    ダイワリベラル    北村宏司  8

14着 6  ◎ コスモソーンパーク 丹内祐次 13


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆17年04月  .>  0/1    .0.0%  -3,000円   .0.0%

☆17年通算   > 13/54  24.1% .-10,870円  93.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎名古屋大賞典(2017年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎大阪杯(2017年)穴馬予想&結果

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ