サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

ミステリー・推理小説総合ランキング(2016年)


 11月の末から年末恒例となっているミステリ小説のランキングが続々と発表されていきます。

 小説の一つのジャンルに対してこれだけ多くのランキングが出るということ自体凄いことなのですが、各ランキングによって特徴や傾向が異なるので、それぞれ棲み分けが出来ているというのも改めて考えると凄いことですよね。

 ただそれゆえに、どのランキングを参考にすればよいのか迷ってしまう、という人も多くいると思うので、全てのランキングを一つにまとめ上げたスーパーランキングを作ってみることにしました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 このランキングは、各ランキングの順位ごとに点数を付け、それを合計した総合点により改めて順位付けするというものです。

 参考にしたランキング誌と点数の付け方は、以下の通り。

 「こ」(このミステリーがすごい!) > ベスト40作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・39位:2点、40位:1点

 「本」(本格ミステリ・ベスト10) > ベスト30作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・29位:12点、30位:11点

 「春」(週刊文春ミステリーベスト10) > ベスト20作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・19位:22点、20位:21点

 「早」(ミステリが読みたい!) > ベスト30作品
  * 1位:40点、2位:39点、3位:38点、・・・29位:12点、30位:11点
  * 21~30位は手集計により算出
  * 「このミス」等で昨年版の対象だった作品(昨年10月発行)を除外し
   その分を繰り上げて独自の順位付けにしてあります

 「金」(本格ミステリー・ワールド) > 黄金の本格ミステリー 選出作品
  * 選出作品は全て30点

 「S」(SFが読みたい!) > ベストSF2015 ランクイン作品
  * 20位以内にランクインした作品は一律20点

 「他」 > 以下のランキングにランクインした作品は一律15点

  (本) 本屋大賞 > ベスト10(ノミネート)作品

  (R) SRの会ミステリベスト10 > ベスト10作品

  (ダ) ダ・ヴィンチ > BOOK OF THE YEAR ランクイン作品

  (雑) 本の雑誌が選ぶ2016年度ベスト10 > ランクイン作品

  (キ) キノベス!(紀伊國屋書店) > ベスト30作品

  (エ) エアミス研ランキング > ベスト10作品

  (Tw) Twitter文学賞 > ベスト10作品

  (a) bookaholic認定2016年度国内ミステリーベスト10
        > ベスト10&次点作品

 「賞」 > 文学賞受賞&候補作品

  * ○文学賞受賞作(吉川英治文学新人賞含む) : 35点
  * ●文学賞候補作(吉川英治文学新人賞含む) : 20点
  * △文学賞受賞短編収録作 : 15点
  * ▲文学賞候補短編収録作 : 10点
  * ☆文学新人賞受賞作 : 15点

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ミステリー・推理小説総合ランキング(2016年) 】

  * 2015年11月~2016年10月に発行された国内作品
    および「このミス」「文春」「本ミス」「早ミス」のいずれかに
    ランクインした(得点が入った)作品が対象

  * 現在発表されているランキング・文学賞のみの暫定順位なので
    ランキングや文学賞が発表されるごとに
    ポイント追加&順位変動していきます

    ランキングの完成は、翌年(2017年末)の「早ミス」「ダ・ヴィンチ」が発表され
    本年度対象作品(16年10月発売作品)のポイントを
    追加してからとなります

  * 各ランキングの数字は、点数ではなく順位

  * 「動」 : 前回更新時からの順位変動

  * 「L」 : 当ブログ感想記事へのリンク

  * タイトル部分のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

  * 最新更新:12月24日(日)
   ・・・未反映だった文学賞の結果と
     「ミステリが読みたい!2018年版」
     「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
     の結果を反映してランキング完成

点数 作品名 作者名

239 涙香迷宮 竹本健治 1 4 3 2 - -
>>

224 ジェリーフィッシュ
は凍らない
市川憂人 10 3 5 12 -
エキ
>>

219 罪の声 塩田武士 7 - 1 11 - - 本ダ
雑キ

>>

214 聖女の毒杯 井上真偽 11 1 10 8 -
a
>>

201 真実の
10メートル手前
米澤穂信 3 7 2 1 - -
>>
点数 作品名 作者名

180 誰も僕を裁けない 早坂吝 15 6 18 10 - >>

178 許されようとは
思いません
芦沢央 5 13 7 6 - -
>>

143 静かな炎天 若竹七海 2 18 11 5 - - a - >>

137 リボルバー・
リリー
長浦京 6 - 12 3 - - - >>
10
135 半席 青山文平 4 14 20 - - -
a
-
点数 作品名 作者名
11
133 屋上の道化たち 島田荘司 26 8 8 19 - - - -
12
132 彼女がエスパー
だったころ
宮内悠介 16 - - 4 - a >>
13
124 希望荘 宮部みゆき 9 28 4 14 - - - -
14
119 黒面の狐 三津田信三 - 11 14 24 - - -
-
-
119 おやすみ人面瘡 白井智之 8 5 - - - -
a
>>
点数 作品名 作者名
16
114 挑戦者たち 法月綸太郎 12 15 16 7 - - - - >>
17
103 望み 雫井脩介 13 - 9 18 - - - -
18
100 暗幕のゲルニカ 原田マハ - - 6 - - -
ダキ
-
19
79 ノッキンオン・
ロックドドア
青崎有吾 - 17 - 16 - -
a
-
20
97 倒叙の四季 深水黎一郎 34 10 - 12 - - - >>
点数 作品名 作者名
21
96 十二人の死にたい
子どもたち
冲方丁 16 30 - 16 - - - -
22
91 図書館の殺人 青崎有吾 20 2 - 25 - - - >>
23
82 アンデッドガール・
マーダーファルス1
青崎有吾 24 20 - 27 - - R
- -
24
72 アメリカ
最後の実験
宮内悠介 - - - 9 - - >>
25
71 わたしの隣の
王国
七河迦南 29 12 - - - -
a
- -
点数 作品名 作者名
26
66 虹を待つ彼女 逸木裕 16 - - 15 - - - -
-
-
66 ガラパゴス 相場英雄 19 - 17 - - - - -
28
63 QJKJQ 佐藤究 - - 13 21 - - - >>
29
61 遠い唇 北村薫 25 22 15 - - - - - -
30
52 クララ殺し 小林泰三 27 23 - 21 - - - - -

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2017年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2017年版」ランキング(順位)予想 (16.10.17)

  > 「このミス2017年版」上半期のランクイン候補作品 (16.3.1)
  > 「このミス2017年版」下半期のランクイン候補作品 (16.8.25)

  > 「このミス2017年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (16.10.7)

  > 「このミス2017年版」投票者なりきりベスト6 (16.12.2)

  > 「ミステリが読みたい!2017年版」 (16.11.27)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2016年)」 (16.12.1)
  > 「2017 本格ミステリ・ベスト10」 (16.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2017年版」 (16.12.8)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2016年) (16.11.30)

  > 「このミス2017年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (16.12.9)
  > 「このミス2017年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (16.12.14)
  > 「このミス2017年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (16.12.18)

  > 「この“ランク外作品”がすごい!2017年版」 (16.12.22)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎勝島王冠(2016年)穴馬予想&結果

< 11月30日(水)に行われる勝島王冠(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【勝島王冠】

 大井のダート1800mで行われる南関重賞(SIII)です。

 中央から転厩して2戦2勝のセイスコーピオンとやはり元中央馬のケイアイレオーネ以外は重賞レベルで成績が安定している馬がいないので穴馬予想が難しいですが、それならばということでここは昨年の勝ち馬・ムサシキングオーを◎にしてみましょう。

 昨年のこのレースの前後が7戦連続馬券圏内と連続好走していたのに比べると、ここ5戦で馬券圏内は1戦のみ、しかも重賞は4戦全て掲示板外ということで、昨年の勢いや力は持続出来ていないのかもしれません。

 ただ前々走では重賞ではないとはいえ準重賞で1頭だけ最重量の58kgを背負いつつ2着に好走しているので、昨年勝ったこのレースでの復活に期待してみたいと思います。


  ◎ ムサシキングオー / 和田譲治 (13)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    セイスコーピオン  森泰斗   1
 2着 8     ケイアイレオーネ  的場文男 2
 3着 13 ◎ ムサシキングオー 和田譲治 11
 4着 10    ウマノジョー     山本聡哉 10
 5着 7     ブレーヴマン    吉原寛人  6


  (○複勝:13 7.4倍)  ○的中!  3,000円 → 22,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  7/25  28.0% .+37,900円  150.5%

☆16年通算   > 43/195 22.1% .-95,420円  .83.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ジャパンC&京阪杯(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎金鯱賞&ステイヤーズS(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月29日 (火)

「非正規雇用死神パマパマ~青垣大和が殺せない~」 春原ロビンソン 後藤慶介 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2017年1月1日号 No.01少年ジャンプ 2017年1月1日号 No.01

2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2017年01号(2016年12月5日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「非正規雇用死神パマパマ~青垣大和が殺せない~(ひせいきこよう・しにがみ・パマパマ・あおがきやまとが・ころせない)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の春原ロビンソン(はるはら・ロビンソン)は、ニコニコ漫画(ニコニコ静画)などネットを中心に作品を発表(連載)していて(ニコニコ静画/春原ロビンソン さんの作品一覧参照)、誌面では“ジャンプスクエア”で「戦勇。」(2012-2013年)と「がくモン!~オオカミ少女はくじけない~」(2014-2016年)、“月刊少年シリウス”で「エンゼルゲームII リバース」(原作担当/2014-2015年)を連載。

 作画担当の後藤慶介(ごとう・けいすけ)は、「公式ネーム」で“第1回ガリョキンP<フェニックス>(2014年)”の最終候補作に。

 そしてこの2人が初めてコンビを組んだ本作にて、春原ロビンソンはジャンプ本誌初登場、後藤慶介はデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年11月28日 (月)

「地球人間テラちゃん(52号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切!

Pak88_manganotana20141108161323_tp_


 週刊少年ジャンプの2016年52号(11月28日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「地球人間テラちゃん(ちきゅうにんげん・テラちゃん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の林聖二(はやし・せいじ)は、「ヒデ」で“赤塚賞(2014年下半期)”の佳作を受賞し、「土俵に咲く薔薇」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.3”に掲載してデビュー(「土俵に咲く薔薇」 林聖二 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3参照)。

 続いて「人間 碓氷一臣」を“本誌2016年14号”に掲載して本誌デビュー(「人間 碓氷一臣」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そして「地球人間テラちゃん」を“本誌2016年51号”に掲載し(「地球人間テラちゃん(51号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、同タイトルの本作にて2週連続での本誌登場となりました。

 なお、先週号で「ワールドトリガー」(葦原大介)が作者の体調不良によりしばらく休載となることが発表されましたが、本作の掲載が先週号で告知されていなかったことから、今回も一応代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的に用意された代理原稿)としての掲載だと思われます(先週掲載の51号版も「ワールドトリガー」の代原)。


 内容の方は、不良が“地球の分身少女”の世話をするギャグ漫画です。

 稗湖高校の番長・鬼村龍二(キムラ・リュウジ)のクラスに入学した、地球の分身である地球人間テラちゃん。

 テラちゃんの感情や行動が地球と呼応しているためすぐに災害が起こってしまうので、鬼村は自由奔放なテラちゃんをハラハラしながら見守っているのですが、今度はテラちゃんの初恋を応援することになってしまい.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆まさかの2週連続掲載!! ギャグ読切17P!!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「 林聖二」関連記事】

  > 「ジモトがジャパン」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.9.10)

  > 「地球人間テラちゃん(52号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.28)
  > 「地球人間テラちゃん(51号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.21)

  > 「人間 碓氷一臣」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.7)

  > 「土俵に咲く薔薇」 林聖二 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.24)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「私が甲子園に連れてったる!!」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2017年1月1日号 No.01少年ジャンプ 2017年1月1日号 No.01

2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2017年01号(2016年12月5日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「私が甲子園に連れてったる!!(わたしが•こうしえんに•つれてったる)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の宮崎周平(みやざき・しゅうへい)は、「むこうみず君」で“赤塚賞(2012年下半期)”の佳作を受賞。

 その受賞作&同タイトル新作の2話を、作者のインフルエンザ感染により予告なく急遽休載となった「BLEACH」「銀魂」の代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的役割の代理原稿作品)として“本誌2013年11号”に掲載してデビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「むこうみず君」 宮崎周平参照)。

 続いて、“本誌2013年48号”に「隣の席の珍子ちゃん」「隣の席の珍子ちゃん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、“本誌2014年4・5合併号”に“ニューカマーギャグ祭!!(ギャグマンガ家15名によるオムニバス企画)”のエントリー作品として「オンオフ」を掲載。

 さらには“本誌2014年31号”から「それいけ! 融合くん」を超短期連載し(全3話/「それいけ! 融合くん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ短期連載!参照)、「本当にはなかったし別に怖くもない話」を“本誌2014年43号”に掲載(「本当にはなかったし別に怖くもない話」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そして今年(2016年)に入ってからは「ジャン寺ジャン平編集伝」を“ジャンプGIGA vol.1~4”で短期連載し(「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 > ジャンプGIGA新連載!参照)、本作にて6作目の本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「宮崎周平」関連記事】

  > 「私が甲子園に連れてったる!!」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.28)

  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.14)

  > 「本当にはなかったし別に怖くもない話」 宮崎周平
      > 週刊少年ジャンプ読切! (14.9.22)

  > 「それいけ! 融合くん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ短期連載! (14.6.24)

  > 「隣の席の珍子ちゃん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.10.21)

  > 「むこうみず君」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.2.8)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2017年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年11月27日 (日)

◎ジャパンC&京阪杯(2016年)穴馬予想&結果

< 11月27日(日)に行われるジャパンカップ(GI)京阪杯(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ジャパンカップ】

 東京の芝2400mで行われる重賞(GI)です。

 外国馬も参戦するほどのビッグレースではありますが、ここは思い切って条件戦を勝ち上がって来たばかりのトーセンバジルを◎にしてみましょう。

 この馬が馬券圏を外したのは、1つの例外を除けば34秒以下の上がりが出にくいレースか32秒台の上がりを出しながら展開が向かなかったレースで、1つの例外となるレースは勝ち馬と0.1秒差(2・3着馬と同タイム)の4着だったことを考えれば、馬場や展開さえ合えば堅実な結果を出しているといえそうです。

 あとはGI レベルで通用するのかどうかですが、条件戦とはいえ3連勝と勢いに乗っていますし、差し馬に向く展開となればこのレベルでも上位争いに加わることが可能だろうと信じて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ トーセンバジル / 内田博幸 (10)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1     キタサンブラック   武豊     1
 2着 12    サウンズオブアース M.デムーロ 5
 3着 17    シュヴァルグラン   福永祐一  6
 4着 3     ゴールドアクター   吉田隼人  3
 5着 16    リアルスティール   ムーア    2

11着 10 ◎ トーセンバジル    内田博幸  12


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京阪杯】

 京都の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは昨年3着のアースソニックを◎にしてみましょう。

 重賞とOPにて4連続で馬券に絡む勢いで迎えた昨年と違い、今年は6レース連続で馬券に絡めないまま迎える臨戦過程となっていますが、前走のGII・セントウルSでは2・3着馬と0.1秒差の4着と好走していますし、昨年の再現も充分にあるのでは。


  ◎ アースソニック / アッゼニ (7)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     ネロ          バルザローナ 2
 2着 18    エイシンスパルタン 岩田康誠    3
 3着 1     フミノムーン      国分優作    6
同3着 7  ◎ アースソニック    アッゼニ    10
 5着 4     ラインハート      松田大作    17


 3着が同着で複勝圏内に4頭となったため複勝の配当もその分下がってしまいましたが、まあ◎馬がわずかの差で4着となっていた可能性もあるわけですし、一応3倍以上は付いたので、良しとしましょうか。


  (○複勝:7 3.4倍)  ○的中!  3,000円 → 10,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  6/24  25.0% .+18,700円  126.0%

☆16年通算   > 42/194 21.6% -114,620円  .80.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都2歳S(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎勝島王冠(2016年)穴馬予想&結果

「ミステリが読みたい!2017年版」

ミステリマガジン 2017年 01 月号 [雑誌]ミステリマガジン 2017年 01 月号 [雑誌]

早川書房 2016-11-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 これから12月に掛けてミステリランキングが続々と発表されていきますが、まずは他に先駆けて「早ミス」("早"川書房が版元&一番"早"くランキングを発表)こと「ミステリが読みたい!」が発表となりました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この「早ミス」は、2007年(2008年版)に創刊ということで、他誌(「このミス」「文春」「本ミス」)に比べるとかなりの新参者なのですが、それ故に他誌(特に「このミス」)との差異(差別化)を生み出そうとしています。

 その一番の特徴というのが、ランキング(投票)の対象となる作品の発売期間(締め切り)が他誌より1ヶ月早いことで(他誌は前年11月~本年10月、「早ミス」は前年10月~本年9月)、それにより発売時期の関係で他誌で正当な評価を受けなかった作品(主に前年10月発売作品)を拾い上げられる、という利点があります。

 それに、こう言っては失礼かもしれませんが、発表時期が「このミス」より2週間早いということで、「このミス」の前哨戦的な楽しみ方もできるのですよね。 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして投票方式も過去に大きな変更が何度かあったのですが、今年も前4年と変わらず、投票者は一人10作品まで投票でき、順位ごとに点数を付けて(1位が20点、2位が19点.....)、その合計点数により総合ランキングを決定、という方式に。

 なので、以前の方式(文庫も対象だったり部門別投票だったり)と比べると「このミス」を始めとした他誌の集計方法に近くなっているものの、「このミス」では一人6作品までしか投票できないため、それより4作品多く投票出来ることでランキングにも変化が現れるでしょう。

 それに、「このミス」の投票者は70人以上なのに対し「早ミス」では29人(昨年より4人減、2年前より6人減)と半分以下なので、人数が少ない分、投票者の好みの傾向がダイレクトに出やすい(少数の人が高く評価している作品や地味ながらも多くの人から評価されている作品がランクインしやすい)のではないでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 あと昨年からの大きな違いは、昨年突然なくなった“新人賞”(ミステリのデビュー作の中でランキング最上位作品&作家を表彰)が今年は復活。

 さらには、昨年は“ジャンル別総括”もなくなりジャンル分けを行なわない普通の“総括”のみでしたが、今年は“総括”の他に“周辺ジャンル総括(文芸/SF/ミステリ・サイドウェイ/復刊・新訳/ライトノベル/コミック)”が新たに追加されていました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで、今年の「早ミス」のランキングを見ていきたいのですが、ランクインしたうちのどのくらいの作品を事前に読んでいたのか、といったところもチェックしてみたいと思います。

 ただ、ランクインした作品以上に売れてしまうという超ベストセラーな「このミス」と比べると、「早ミス(ミステリマガジン)」の方は知名度も売れ行きもかなりの差があるだろうし、今年度(昨年の「早ミス」掲載号)から隔月発売となった理由を邪推してしまうと、発売直後にランキングを丸ごと書いてしまうのはやはり躊躇してしまいます

 そのため、作品名等記入したランキングには1ヶ月後くらいに書き替えることにし、とりあえずは事前に読んでいた作品のみ“「このミス」完全読破”の通しNoと当ブログ記事へのリンクを付けるだけにしたいと思います。

 なので、書き替えるまでの間は面倒ではありますが、「このミス」完全読破 読了順リストにて通しNoを照らし合わせたり、感想記事へのリンク先にてご確認ください。


 ○:事前に読んでいた作品
 ●:読みたかったけど(時間的に)読めなかった作品
 ×:特に読むつもりはなかった作品


  01位 : ○  No.872 感想記事はこちら
  02位 : ○  No.884 感想記事はこちら
  03位 : ○  No.899 感想記事はこちら
  04位 : ○  No.894 感想記事はこちら
  05位 : ○  No.920 感想記事はこちら

  06位 : ○  No.853 感想記事はこちら
  07位 : ○  No.912 感想記事はこちら
  08位 : ○  No.924 感想記事はこちら
  09位 : ○  No.932 感想記事はこちら
  10位 : ○  No.876 感想記事はこちら

  11位 : ○  No.893 感想記事はこちら
  12位 : ○  No.918 感想記事はこちら
  13位 : ○  No.917 感想記事はこちら
  14位 : ○  No.910 感想記事は後日更新予定
  15位 : ○  No.906 感想記事は後日更新予定

  16位 : ○  No.855 感想記事は後日更新予定
  17位 : ○  No.927 感想記事は後日更新予定
  18位 : ●
  19位 : ○  No.928 感想記事は後日更新予定
  20位 : ●

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「このミス」の方は事前に予想をしているのですが(「このミステリーがすごい!2017年版」ランキング(順位)予想)、まあ「このミス」と「早ミス」とでは似て非なるランキングになるとはいえ、「このミス」予想と「早ミス」の結果が結構ズレまくっているので、これは「このミス」の結果を見るのがとても恐ろしいです.....。

 まあ、今年は本命不在の超混戦状態だろうから、(「本ミス」や「文春」も含む)各誌によってかなり顔ぶれの異なるランキングになるのではないかと思うのですけどね。

 ちなみに、「早ミス」のみが対象となる昨年10月刊行作品(本年度の「このミス」「本ミス」「文春」では対象外)ですが、今年は2作ランクインとなっていました(6位と16位/昨年は前年10月刊行作品のランクインなし)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2017年版」関連記事】

  > 「このミステリーがすごい!2017年版」ランキング(順位)予想 (16.10.17)

  > 「このミス2017年版」上半期のランクイン候補作品 (16.3.1)
  > 「このミス2017年版」下半期のランクイン候補作品 (16.8.25)

  > 「このミス2017年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (16.10.7)

  > 「このミス2017年版」投票者なりきりベスト6 (16.12.2)

  > 「ミステリが読みたい!2017年版」 (16.11.27)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2016年)」 (16.12.1)
  > 「2017 本格ミステリ・ベスト10」 (16.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2017年版」 (16.12.8)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2016年) (16.11.30)

  > 「このミス2017年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (16.12.9)
  > 「このミス2017年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (16.12.14)
  > 「このミス2017年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (16.12.18)

  > 「この“ランク外作品”がすごい!2017年版」 (16.12.22)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2016年11月26日 (土)

◎京都2歳S(2016年)穴馬予想&結果

< 11月26日(土)に行われるラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス】

 京都の芝2000mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 ここはマイネルザウバアを◎にしてみましょう。

 この馬は、新馬戦をきっちりと勝ち、2戦目のOPでは唯一34秒台の上がりを出してクビ差2着と好走していますし、前走の500万では4着だったとはいえ先行勢では唯一上位に残っているので、展開次第でここでの一発もあるのでは。


  ◎ マイネルザウバア / アッゼニ (6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     カデナ        福永祐一  3
 2着 9     ヴァナヘイム     シュタルケ 1
 3着 10    ベストアプローチ  川田将雅  6
 4着 5     ワンダープチュック 武豊     8
 5着 4     ソーグリッタリング M.デムーロ 7

 7着 6  ◎ マイネルザウバア アッゼニ   9


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  5/22  22.7% .+14,500円  122.0%

☆16年通算   > 41/192 21.4% -118,820円  .79.4%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎兵庫ジュニアGP(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ジャパンC&京阪杯(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月25日 (金)

『私の消滅』 中村文則 > 「このミス」完全読破 No.919

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.919

 『私の消滅』 中村文則

   「このミス」2017年版 : 投票数0

   受賞(候補) : 「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」受賞

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2016.10.9 ~ 読終:2016.10.11

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2016年6月>

私の消滅私の消滅
中村 文則

文藝春秋 2016-06-18
売り上げランキング : 1227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「このページをめくれば、あなたはこれまでの人生の全てを失うかもしれない」

 という不気味で衝撃的な一文から始まる作品です。

 この台詞を言われているのは読者なのか登場人物なのかそれ以外のものなのか、言っているのは作者なのか登場人物なのかそれ以外のものなのか、その正体は読んでみてからのお楽しみ、ということで。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そんなインパクトある文章から始まる物語は、主人公らしき人物が何やら切羽詰まった状況に追い込まれていて、しかもその人物自身もそんな自分の状況があまりよくわかっていない中で予期せぬ展開が次々と起きていきます。

 しかも手記という形で過去に起きたらしき話も平行して語られていくため、とにかく序盤は謎という名の暗雲に迷い込んでしまったかのような読み心地を読者は味わうことに。

 そして次第に暗雲が立ち退き物語の真の姿が現れてくると、実際に起きた超有名事件の考察を交えつつ脳科学や精神医学などを用いて人間の奥底にうごめく心理や狂気をさらけ出していくという、著者ならではの作品世界が繰り広げられていくのですね。

 そんな純文学的テーマ性はミステリ/サスペンス的な手法•仕掛けで描かれることにより読者を圧倒するほどの得体の知れぬ凄みを感じさせますし、ミステリ/サスペンス的な手法•仕掛けも(取って付けた感じではなく)なかなか本格的なのでいくつもの驚きや衝撃を効果的に生み出しているので、もちろん作風的にも好き嫌いは激しく別れるでしょうが、200ページに満たない分量だとは信じられないほどの読み応えを味わえるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “中村文則” 関連記事 】

  > No.919 「私の消滅」
  > No.831 「あなたが消えた夜に」
  > No.804 「教団X」
  > No.705 「去年の冬、きみと別れ」


 「罪の声」塩田武士 <<< PREV/NEXT >>> 「静かな炎天」若竹七海

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2016年11月24日 (木)

『挑戦者たち』 法月綸太郎 > 「このミス」完全読破 No.924

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.924

 『挑戦者たち』 法月綸太郎

   「このミス」2017年版 : 12位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 8位
              「本格ミステリ・ベスト10」 15位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 16位
              「bookaholic認定国内ミステリーベスト10」 候補作

   読始:2016.10.27 ~ 読終:2016.10.28

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2016年8月>

挑戦者たち挑戦者たち
法月 綸太郎

新潮社 2016-08-31
売り上げランキング : 75571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 法月綸太郎は、デビュー以来何年にも渡って本格ミステリの傑作を書き続けていますが、その一方で本格ミステリに関する評論も数多く発表しています。

 そして近年では、本格ミステリというジャンル自体とSFとを大胆に融合させ「このミス」1位を始め高い評価を得たNo.659「ノックス・マシン」など、作家であり評論家であるという両方の顔を持つからこそ生まれ得た実験作を世に送り出していまして、その究極ともいえるのが本作なのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 テーマとなるのは、“読者への挑戦(状)”。

 これは、(主に古典の)推理小説において(探偵役が推理を披露し真相を明らかにする)クライマックスシーンの直前に挿入されているもので、“謎を解くために必要な情報はここに至るまでに全て出揃っているため、犯人(トリック)を当ててみたまえ”という作者から読者へ向けた挑戦状です。

 そして本作は、そんな“読者への挑戦”のみが99通りも並んでいるのですね。

 しかもその内容というのが、通常の“読者への挑戦”の形式通りのものもあれば“読者への挑戦”を題材にして話を作り上げたものもあり、本格ミステリを知り尽くしている作者だからこそのマニアックなネタもあれば思わず呆れてしまうようなバカミス的なネタもあり。

 さらには、古今東西様々な(本格ミステリ以外も含んだ)小説のパロディ/オマージュだけでなく予想外のメディ作品がネタ元となっていたり、小説の範疇を越えた表現方法や形式が用いられたものもあるなど、“読者への挑戦の羅列”といってもそのヴァリエーションやアイデアは豊富で全く飽きさせないのです(これは読む人にもよると思いますが)。

 ただ物語性は皆無に等しく、小説といってよいのかわからない代物なので、期待の掛け方を間違えてしまえば“(悪い意味で)なんじゃこりゃ”となってしまいそうではありますが、“読者への挑戦”のみにスポットを当てるという(本格ミステリ好きな人のみが楽しめる)遊び心に溢れた唯一無二の書ですし、こういったものが好きな人であれば他のミステリ小説では決して味わうことの出来ない刺激を堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “法月綸太郎” 関連記事 】

  > No.924 「挑戦者たち」
  > No.843 「怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関」
  > No.659 「ノックス・マシン」
  > No.644 「犯罪ホロスコープII 三人の女神の問題」
  > No.542 「頼子のために」

  > No.511 「キングを探せ」
  > No.281 「密閉教室」
  > No.096 「犯罪ホロスコープI 六人の女王の問題」
  > No.042 「怪盗グリフィン、絶体絶命」
  > No.004 「生首に聞いてみろ」


 「わずか一しずくの血 」連城三紀彦 <<< PREV
                NEXT >>> 「分かれ道ノストラダムス」深緑野分

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2016年11月23日 (水)

◎兵庫ジュニアGP(2016年)穴馬予想&結果

< 11月23日(水・祝)に行われる兵庫ジュニアグランプリ(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【兵庫ジュニアグランプリ】

 園田のダート1400mで行われる交流2歳重賞(JpnII)です。

 交流2歳重賞では道営馬や元道営馬を狙うようにしているので、ここは6戦4勝全連対の道営馬・バリスコアを◎にしてみましょう。

 そしてこの馬の複勝最低オッズがもしも2倍を切りそうな感じだった時は、同じく道営馬のローズジュレップに変更で。


  ◎ バリスコア / 服部茂史 (11)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  4/16  25.0%   -800円  98.3%

☆16年通算   > 40/186 21.5% -134,120円  .76.0%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎浦和記念(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都2歳S(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月22日 (火)

◎浦和記念(2016年)穴馬予想&結果

< 11月22日(火)に行われる浦和記念(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【浦和記念】

 浦和のダート2000mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 かつては後にダートGI•6連勝を達成するスマートファルコンが7着に敗れたり、昨年も南関馬が1•2フィニッシュを果たすなど、とにかく荒れることで有名な交流重賞ですね。

 それで今回も"(あえて単勝2倍台以下の馬を外した)単勝複数買い"でいきたいと思うのですが、そんなレースとなれば人気馬以外のオッズも重要となってきそうなので、ある程度オッズが固まってきてから最終予想を決定し、それをレース前までにここに追記する予定です。


[追記]
 レース約1時間半前のオッズを確認したところ、ケイティブレイブが1倍台の圧倒的1番人気で、2番人気以降は6倍以上となっていました。

 そこで、2•3番人気の中央馬2頭と昨年の1•2着馬である南関馬2頭は外したくないため、2~6番人気馬のうちメイショウヒコボシを除く4頭で勝負してみましょう。


  ◎ クリソライト / 藤井勘一郎 (9)
  △ ストロングサウザー / 田辺裕信(11)
  △ ハッピースプリント / 吉原寛人 (4)
  △ サミットストーン / 石崎駿 (5)


  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  4/16  25.0%   -800円  98.3%

☆16年通算   > 40/186 21.5% -134,120円  .76.0%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイルCS(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎兵庫ジュニアGP(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月21日 (月)

「地球人間テラちゃん(51号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2016年12月5日号 No.51少年ジャンプ 2016年12月5日号 No.51
集英社

集英社 2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2016年51号(11月21日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「地球人間テラちゃん(ちきゅうにんげん・テラちゃん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の林聖二(はやし・せいじ)は、「ヒデ」で“赤塚賞(2014年下半期)”の佳作を受賞し、「土俵に咲く薔薇」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.3”に掲載してデビュー(「土俵に咲く薔薇」 林聖二 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3参照)。

 続いて「人間 碓氷一臣」を“本誌2016年14号”に掲載して本誌デビューを果たし(「人間 碓氷一臣」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、本作にて2度目の本誌登場となりました(担当編集・村越)。

 なお、先週に続いて「ワールドトリガー」(葦原大介)が作者急病のため(前号で予告されることなく)急遽休載となったことから、代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的に用意された代理原稿)としての掲載だと思われます。


 内容の方は、不良が地球の分身少女を(流れ的に)守るエコギャグ漫画です。

 稗湖高校の番長・鬼村龍二(キムラ・リュウジ)が飲んでいた豆乳のパックをポイ捨てしたのを見て注意したのは、なぜか地面からせり出してきている少女。

 その少女は自分のことを地球の分身である地球人間テラちゃんと名乗り、鬼村は信じられずにいたものの、実際にテラちゃんが泣くと雨が降って泣き止むと雨も止み、テラちゃんの脳が揺れると地震が起きて....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆赤塚賞出身!新鋭が送り込む地球系女子!
   特別ギャグ読切17P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「林聖二」関連記事】

  > 「ジモトがジャパン」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.9.10)

  > 「地球人間テラちゃん(52号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.28)
  > 「地球人間テラちゃん(51号版)」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.21)

  > 「人間 碓氷一臣」 林聖二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.7)

  > 「土俵に咲く薔薇」 林聖二 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.24)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「みんなのこち亀」 松井優征 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2016年52号(11月28日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「みんなのこち亀」です。


 1976年に連載がスタートした「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」は今年の42号で40年にも渡る連載が終了となりましたが、それに合わせてジャンプ作家陣が参加する“こち亀40周年トリビュート企画”「みんなのこち亀」が行われることに。

 そして今年の3月に4年に渡る連載を終えた「暗殺教室」とのコラボ(松井優征・作)となる本作は、堀越耕平・麻生周一・附田祐斗・沼駿・島袋光年がそれぞれ1ページずつ担当した44号、田村隆平が担当した「べるぜバブ」とのコラボ(「みんなのこち亀」 田村隆平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、仲間りょうが担当した「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」とのコラボ(「みんなのこち亀」 仲間りょう > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、古味直志が担当した「ニセコイ」とのコラボ(「みんなのこち亀」 古味直志参照)、篠原健太が担当した「SKET DANCE」とのコラボ(「みんなのこち亀」 篠原健太参照)、椎橋寛が担当した「ぬらりひょんの孫」とのコラボ(「みんなのこち亀」 椎橋寛参照)に続く“こち亀 40周年トリビュート企画”の第7弾です。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「みんなのこち亀」関連記事】

  > 「みんなのこち亀」 田村隆平 (16.10.17)
  > 「みんなのこち亀」 仲間りょう (16.10.24)

  > 「みんなのこち亀」 古味直志 (16.10.31)
  > 「みんなのこち亀」 篠原健太 (16.11.7)

  > 「みんなのこち亀」 椎橋寛 (16.11.13)
  > 「みんなのこち亀」 松井優征 (16.11.21)


 【「松井優征」関連記事】

  > 「みんなのこち亀」 松井優征 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.21)

  > 「殺せんせーQ(2016年31号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.6.27)
  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「暗殺教室」 松井優征 <JC1巻買い> (12.11.2)
  > 「暗殺教室」 松井優征 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.6.30)

  > 「東京デパート戦争体験記」(ジャンプNEXT! 2011 SUMMER) (11.8.12)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年11月20日 (日)

◎マイルCS(2016年)穴馬予想&結果

< 11月20日(日)に行われるマイルチャンピオンシップ(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マイルチャンピオンシップ】

 京都の芝1600mで行われる重賞(GI)です。

 ここは、このレースで2年連続2着のフィエロを◎にしてみましょう。

 (前2年はきっちり馬券圏内に入っていた)前走のスワンSで9着に敗れているのは不安ですが、休み明け前のマイルGI・安田記念では3年目にして初めて馬券に絡むなど力の(急激な)衰えはなさそうですし、前走の結果で人気を落とすのであれば穴狙いとしては絶好の存在ですからね。


  ◎ フィエロ / 戸崎圭太 (7)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  4/16  25.0%   -800円  98.3%

☆16年通算   > 40/186 21.5% -134,120円  .76.0%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東スポ杯2歳S(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎浦和記念(2016年)穴馬予想&結果






2016年11月19日 (土)

◎東スポ杯2歳S(2016年)穴馬予想&結果

< 11月19日(土)に行われる東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スポーツ杯2歳ステークス】

 東京の芝1800mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 ここはジュンヴァリアスを◎にしてみましょう。

 この馬は新馬戦で3着の直後に(未勝利ながら)OPに参戦し、続く前走で未勝利戦を勝つという少々変わったローテーションですが、これまでの3レース全て上がりタイム1位を記録しているので、重賞連対馬が3頭もいるレベルの高いメンバー相手とはいえ一発あるのでは。


  ◎ ジュンヴァリアス / 北村宏司 (7)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  4/16  25.0%   -800円  98.3%

☆16年通算   > 40/186 21.5% -134,120円  .76.0%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ハイセイコー記念(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイルCS(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月18日 (金)

2016年05月の記事一覧

 2016年5月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

  2016年4月の記事一覧 <<   >> 2016年6月の記事一覧

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01日 : ◎天皇賞・春(2016年)穴馬予想&結果
01日 : 「破界の裔」 六壮六 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.2

02月 : 「魔法少女デス・デーモン」 名越良祐 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.2
02月 : 『怪奇探偵リジー&クリスタル』 山本弘 > 「このミス」完全読破 No.879

03火 : ◎かきつばた記念(2016年)穴馬予想&結果
03火 : ☆ 名古屋戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第10節(マリノス・データ・バンク)

04水 : ◎兵庫CS&東京湾C(2016年)穴馬予想&結果
04水 : ☆ 名古屋戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第10節(マリノス・データ・バンク)

05木 : ◎かしわ記念(2016年)穴馬予想&結果
05木 : 『殊能将之 未発表短篇集』 殊能将之 > 「このミス」完全読破 No.883

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06金 : ☆ 甲府戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第11節(マリノス・データ・バンク)

07土 : ◎京都新聞杯(2016年)穴馬予想&結果
07土 : 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2016年6月)

08日 : ◎新潟大賞典&NHKマイルC(2016年)穴馬予想&結果
08日 : ☆ 甲府戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第11節(マリノス・データ・バンク)

09月 : 「たくあんとバツの日常閻魔帳」 井谷賢太郎 > 週刊少年ジャンプ新連載!

10火 : 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年6月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11水 : 2016年02月の記事一覧
11水 : 『エクソダス症候群』 宮内悠介 > 「このミス」完全読破 No.841

12木 : 2016年03月の記事一覧
12木 : 『ガンルージュ』 月村了衛 > 「このミス」完全読破 No.880

13金 : ☆ 鹿島戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第12節(マリノス・データ・バンク)

14土 : ◎京王杯スプリングC(2016年)穴馬予想&結果
14土 : ☆ 鹿島戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第12節(マリノス・データ・バンク)

15日 : ◎ヴィクトリアM(2016年)穴馬予想&結果

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16月 : 「ドラゴンクエスト 蒼天のソウラ(本誌出張版)」 中島諭宇樹 > 週刊少年ジャンプ読切!
16月 : 『涙香迷宮』 竹本健治 > 「このミス」完全読破 No.884

17火 : ☆ 福岡戦・プレビュー>2016年ナビスコカップGS第5節(マリノス・データ・バンク)

18水 : ◎大井記念(2016年)穴馬予想&結果
18水 : ☆ 福岡戦・データボックス>2016年ナビスコカップGS第5節(マリノス・データ・バンク)

19木 : 2016年04月の記事一覧

20金 : ☆ 神戸戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第13節(マリノス・データ・バンク)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21土 : ◎平安S(2016年)穴馬予想&結果
21土 : ☆ 神戸戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第13節(マリノス・データ・バンク)

22日 : ◎オークス(2016年)穴馬予想&結果

23月 : 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年上半期)
23月 : 『教場2』 長岡弘樹 > 「このミス」完全読破 No.886

24火 : ☆ 新潟戦・プレビュー>2016年ナビスコカップGS第6節(マリノス・データ・バンク)

25水 : ◎川崎マイラーズ(2016年)穴馬予想&結果
25水 : ☆ 新潟戦・データボックス>2016年ナビスコカップGS第6節(マリノス・データ・バンク)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26木 : 『バッドカンパニー』 深町秋生 > 「このミス」完全読破 No.881

27金 : ☆ 柏戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第14節(マリノス・データ・バンク)

28土 : ◎京都ハイJ(2016年)穴馬予想&結果

29日 : ◎日本ダービー&目黒記念(2016年)穴馬予想&結果
29日 : ☆ 柏戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第14節(マリノス・データ・バンク)

30月 : 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊!
30月 : 「東京季語譚訪」 椎橋寛 > ジャンプGIGA新連載!
30月 : 邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト(2016年6月)

31火 : 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい > ジャンプGIGA新連載!
31火 : ◎さきたま杯(2016年)穴馬予想&結果

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2016年4月の記事一覧 <<   >> 2016年6月の記事一覧

2016年11月17日 (木)

「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2011年)

 「週刊少年ジャンプ」の、2011年(2010年12月発売の01号~)に始まった新連載作品の一覧です


 連載開始号発売日 / 連載開始号 / タイトル / 作者名 / *備考

 タイトルのリンク先は、当ブログの作品情報記事

 作者・作品の詳しい情報はリンク先の個別記事をご覧ください


 NEXT >>> 新連載作品リスト(2012年)

 新連載作品リスト(2010年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

02/14 11//// DOIS SOL」 村瀬克俊
* 17話で終了(JC全2巻)
* 「K.O.SEN」に続く2度目の連載


02/21 12//// メルヘン王子グリム」 渡邉築
* 18話で終了(JC全2巻)
* 連載デビュー
* 2010年19号に読切版掲載 → 読切版記事
* 2010年41号に読切版掲載 → 読切版記事


02/28 13//// magico」 岩本直輝
* 65話で終了(JC全8巻)
* 連載デビュー
* 連載終了後に“ジャンプNEXT! 2012 SUMMER”に
  「magico -magic marriage ceremony-」掲載


03/07 14//// 戦国ARMORS」 榊ショウタ
* 17話で終了(JC全2巻)
* 連載デビュー
* 2010年09号に読切版掲載 → 読切版記事

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/16 23//// 奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶
* 15話で終了(JC全2巻)
* 連載デビュー
* 「赤マルジャンプ2010 WINTER」に
  読切版掲載 → 読切版記事
* 2010年34号に読切版掲載 → 読切版記事

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/04 30//// ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将
* 39話で終了(JC全5巻)
* 連載デビュー


07/11 31//// 鏡の国の針栖川」 叶恭弘
* 28+1話で終了(JC全3巻)
* 「プリティフェイス」「エム×ゼロ」に続く
  3度目の連載
* 最終話(番外編)は単行本未収録

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/05 39//// クロガネ」 池沢春人
* 68話で終了(JC全8巻)
* 連載デビュー
* 2011年03・04合併号に
  読切版掲載 → 読切版記事
* 単行本に描き下ろし2話収録

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/07 48//// ニセコイ」 古味直志
* 229話で終了(JC全25巻)
* 「ダブルアーツ」に続く2度目の連載
* 「ジャンプNEXT! 2011 WINTER」に
  読切版掲載 → 読切版記事
* テレビアニメ化&ゲーム化


11/14 49//// 現存!古代生物史パッキー」 レツ
* 23話で終了(JC全2巻)
* 連載デビュー
* 「ジャンプNEXT! 2011 SPRING」に
  読切版掲載 → 読切版記事

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 NEXT >>> 新連載作品リスト(2012年)

 新連載作品リスト(2010年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2011年の週刊少年ジャンプ」関連記事】

  > 読切作品リスト(2011年) (16.6.20)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年11月16日 (水)

◎ハイセイコー記念(2016年)穴馬予想&結果

< 11月16日(水)に行われるハイセイコー記念(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ハイセイコー記念】

 大井のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SII)です。

 南関2歳重賞では道営馬/元道営馬を狙うようにしているのですが、今回のレースではエニークラップス・ビーザライト・サマーダイアリーの3頭が該当。

 道営時代の成績を見ればエニークラップスビーザライトかな~と思うものの、オッズ的妙味や按上、そして後方からの追い込み馬が上位に来た展開で先行して3着に粘った前走の内容を考慮して、サマーダイアリーを◎にしてみましょう。


  ◎ サマーダイアリー / 吉原寛人 (16)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  4/16  25.0%   -800円  98.3%

☆16年通算   > 40/186 21.5% -134,120円  .76.0%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島記念&エリザベス女王杯(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東スポ杯2歳S(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月15日 (火)

「このミス2018年版」月別ランクイン候補作品(2016年12月)

 もう9年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2018年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを刊行された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだ上でのランクインするかどうかの予想に関しては、「このミステリーがすごい!2018年版」ランキング(順位)予想の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年12月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数

  ダブル・ミステリ / 芦辺拓 (8作)  <感想記事はこちら>
        〈1作目「殺人喜劇の13人」が92年版20位にランクイン〉
        〈3作目「時の誘拐」が97年版17位にランクイン〉
        〈12作目「グラン・ギニョール城」が03年版9位にランクイン〉
        〈13作目「三百年の謎匣」が06年版14位にランクイン〉
        〈18作目「綺想宮殺人事件」が11年版10位にランクイン〉
        〈22作目「異次元の館の殺人」が15年版10位にランクイン〉


  喧嘩 / 黒川博行 (4作)  <感想記事はこちら>
        〈1作目「疫病神」が98年版13位にランクイン〉
        〈5作目「破門」が15年版8位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年12月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

  雪煙チェイス / 東野圭吾 (18作)
  三鬼 三島屋変調百物語四之続 / 宮部みゆき (17作) * シリーズ4作目
  夜明けまで眠らない / 大沢在昌 (15作)  <感想記事はこちら>
  大雪物語 / 藤田宜永 (8作)
  七月に流れる花 / 恩田陸 (8作)  <感想記事はこちら>
  八月は冷たい城 / 恩田陸 (8作)
  サーベル警視庁 / 今野敏 (5作)
  独捜! 警視庁愉快犯対策ファイル / 霞流一 (3作)
  時が見下ろす町 / 長岡弘樹 (2作)
  GOSICK GREEN / 桜庭一樹 (2作) * シリーズ4作目
  探偵は女手ひとつ / 深町秋生 (1作)
  マカロンはマカロン / 近藤史恵 (1作) * シリーズ3作目
  風雲大坂城 / 田中啓文 (1作) * シリーズ8作目
  さまよえる古道具屋の物語 / 柴田よしき (1作)
  Good old boys / 本多孝好 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年12月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

  血祭り / 戸梶圭太 <3作>
  悲衛伝 / 西尾維新 <1作> * シリーズ8作目
  制裁女 / 新堂冬樹 <1作>
  水鏡推理5 ニュークリアフュージョン / 松岡圭祐 <1作> * シリーズ5作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年12月発売の
    日本推理作家協会賞(推協賞)短編部門の受賞作・候補作
    および年間傑作選アンソロジー選出作を収録した作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横のカッコ<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (「このミス」ランクイン作家の場合は省略)
 * 他の項目と重複している作品もあります

[ ]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年12月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ “「幽」文学賞(短篇部門)大賞”受賞作収録 ]
  やみ窓 / 篠たまき


[ “カクヨムWeb小説コンテスト(SF部門・大賞)”受賞 ]
  横浜駅SF / 柞刈湯葉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年12月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  無敵犯 刑事課・亜坂誠 事件ファイル101 / 浅暮三文 (早) * シリーズ2作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年12月発売の「このミス」の候補かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  満潮 / 朝倉かすみ
  ホルケウ英雄伝 この国のいと小さき者(上・下) / 山浦玄嗣
  209号室には知らない子供がいる / 櫛木理宇
  人魚姫の椅子 / 森晶麿
  砂漠の影絵 / 石井光太
  社長室の冬 / 堂場瞬一 * シリーズ3作目
  蝶結び かわら版売り事件帖 / 犬飼六岐
  異境の水都 突変世界 / 森岡浩之 * シリーズ2作目
  シャーベット・ゲーム 四つの題名 / 階知彦 * シリーズ2作目
  国語、数学、理科、漂流 / 青柳碧人 * シリーズ2作目
  鉄血の警視 警視庁鉄道捜査班 / 豊田巧
  ヴァイス 麻布警察署刑事課潜入捜査 / 深見真
  よるのばけもの / 住野よる
  ヘルメスの相続 / 宮城啓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年12月発売の宝島社作品 <<

 * 宝島社から発売された作品はずっと対象外となっていましたが
   「なお、公正を期すため、弊社の作品は対象外としています」
   という文面が2015年版から消えていたので
   現在は対象となっているのかも?
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な12月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2018年版」月別ランクイン候補作品(2017年1月)

 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2016年11月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2016年11月14日 (月)

「天使にエールを」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2016年11月28日号 No.50少年ジャンプ 2016年11月28日号 No.50
集英社

集英社 2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2016年50号(11月14日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「天使にエールを(てんしに・エールを)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の宮島京平(みやじま・きょうへい)は、「GOD LUCK!」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年5月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”に「恋愛銀河区石川荘」を掲載してデビューを飾り(“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”掲載新人読切11作品の中でアンケート投票1位の作品が本誌掲載される企画“新世代杯”で優勝/週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 SPRING」参照)、リニューアル版「恋愛銀河区石川荘」を“本誌2012年46号”に掲載して本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「恋愛銀河区石川荘」 宮島京平参照)。

 その後は、「孤室の女王」を“ジャンプLIVE 第1号(2013年8月)”に、「NとSはくっつかない」(前後編)を“少年ジャンプ+(2015年1月)”に配信掲載。

 さらには「ブリキライオン」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に掲載し(「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)、本作にて4年ぶりの本誌登場となりました。

 なお、「ワールドトリガー」(葦原大介)が作者急病のため(前号で予告されることなく)急遽休載となったことから、代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的に用意された代理原稿)としての掲載だと思われます。


 内容の方は、憧れのアイドルとクラスメイトになった少年の青春ラブコメ漫画です。

 人気絶頂のアイドル『天使舞(あまつか・まい)』が突然休業を発表したため、生き甲斐や生きる希望を失ってしまった福沢風水人(ふくざわ・ふみと)。

 しかし学校へ行ってみると、その天使舞(本名:天狗舞)が転校生として風水人のクラスに登場。

 しかも“クラスで一番勉強が得意”という理由で風水人が舞に勉強を教えることになって.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆ジャンプ期待のラブコメファイター本誌登場!!
  トキメキ?ドキドキ?読切17P!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「宮島京平」関連記事】

  > 「機甲少年イージス」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.11.27)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.10)
  > 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.12)

  > 「天使にエールを」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.14)

  > 「恋愛銀河区石川荘」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.10.13)
  > 「恋愛銀河区石川荘」(ジャンプNEXT! 2012SPRING) (12.4.28)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「オレゴラッソ」 馬上鷹将 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 2016年11月の週刊少年ジャンプ新連載“第2弾”が、2016年52号(11月28日〈月〉発売)からスタートの「オレゴラッソ」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2016年52号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の馬上鷹将(もうえ・たかまさ)は、「勇者エグモント」で“トレジャー新人漫画賞(2012年10月)”の佳作を受賞し(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)、「サイボーグチルドレン」を“ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN”に掲載してデビュー(「ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN」 > 週刊少年ジャンプ増刊!参照)。

 続いて、「GALAXY GANGS」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.2”に掲載し(「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2参照)、その同タイトルリニューアル版「GALAXY GANGS」を“第10回 J金未来杯“エントリー作品として“2015年36号”に掲載して本誌デビュー(「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 > 週刊少年ジャンプ読切! 参照)。

 そして本作にて連載デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「馬上鷹将」関連記事】

  > 「霧の都のK・K」 馬上鷹将 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.15)

  > 「オレゴラッソ」 馬上鷹将 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.11.14)

  > 「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.7.14)
  > 「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.24)

  > 「サイボーグチルドレン」(ジャンプNEXT! 2013 AUTUMN) (13.9.16)


 【「2016年11月の新連載」関連記事】

  > 「デモンズプラン」 岡本喜道 (16.11.14)

  > 「オレゴラッソ」 馬上鷹将 (16.11.14)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「デモンズプラン」 岡本喜道 > 週刊少年ジャンプ新連載!

少年ジャンプ 2016年12月5日号 No.51少年ジャンプ 2016年12月5日号 No.51
集英社

集英社 2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2016年11月の週刊少年ジャンプ新連載“第1弾”が、2016年51号(11月21日〈月〉発売)からスタートの「デモンズプラン」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2016年51号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト

 作者の岡本喜道(おかもと・よしみち)は、「逃がし屋」を“ジャンプNEXT! 2012 SUMMER”に掲載してデビューを果たし(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 SUMMER」参照)、その同名リニューアル版「逃がし屋」を“本誌2013年28号”に掲載して本誌デビュー(「逃がし屋」 岡本喜道 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 続いて、“第9回 J金未来杯“エントリー作品として「BRAIN BREAKER -ブレイン・ブレイカー-」を“本誌2014年40号”に掲載し(「BRAIN BREAKER -ブレイン・ブレイカー-」 岡本喜道 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、本作にて連載デビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「デモンズプラン」第1話を読んでの感想は?】
  2016.11.21(月)からアンケート(投票)受付開始予定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「岡本喜道」関連記事】

  > 「デモンズプラン」 岡本喜道 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.11.14)

  > 「BRAIN BREAKER -ブレイン・ブレイカー-」 岡本喜道
     > 週刊少年ジャンプ読切! (14.7.24)

  > 「逃がし屋」 岡本喜道 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.6.7)
  > 「逃がし屋」(ジャンプNEXT! 2012 SUMMER) (12.8.11)


 【「2016年11月の新連載」関連記事】

  > 「デモンズプラン」 岡本喜道 (16.11.14)

  > 「オレゴラッソ」 馬上鷹将 (16.11.14)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年11月13日 (日)

「みんなのこち亀」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2016年51号(11月21日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「みんなのこち亀」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 1976年に連載がスタートした「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」は今年の42号で40年にも渡る連載が終了となりましたが、それに合わせてジャンプ作家陣が参加する“こち亀40周年トリビュート企画”「みんなのこち亀」が行われることに。

 そして2008~2012年に連載していた「ぬらりひょんの孫」とのコラボ(椎橋寛・作)となる本作は、堀越耕平・麻生周一・附田祐斗・沼駿・島袋光年がそれぞれ1ページずつ担当した44号、田村隆平が担当した「べるぜバブ」とのコラボ(「みんなのこち亀」 田村隆平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、仲間りょうが担当した「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」とのコラボ(「みんなのこち亀」 仲間りょう > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、古味直志が担当した「ニセコイ」とのコラボ(「みんなのこち亀」 古味直志参照)、篠原健太が担当した「SKET DANCE」とのコラボ(「みんなのこち亀」 篠原健太参照)に続く(この企画の)第6弾です。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「みんなのこち亀」関連記事】

  > 「みんなのこち亀」 田村隆平 (16.10.17)
  > 「みんなのこち亀」 仲間りょう (16.10.24)

  > 「みんなのこち亀」 古味直志 (16.10.31)
  > 「みんなのこち亀」 篠原健太 (16.11.7)

  > 「みんなのこち亀」 椎橋寛 (16.11.13)
  > 「みんなのこち亀」 松井優征 (16.11.21)


 【「椎橋寛」関連記事】

  > 「いにしえの滅び紋」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.4.2)

  > 「みんなのこち亀」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.13)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 > ジャンプGIGA新連載! (16.5.30)

  > 「クリメイターズ」 三条陸/椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.14)

  > 「究極球舞」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.3.30)

  > 「ツクモガミ 帝都情報部特権諜報員零零七式」 椎橋寛 間中葦
     > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (14.6.27)

  > 「ILLEGAL RARE」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.2.1)

  > 「DARK PAWN -闇の質屋-」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切!  (13.4.19)

  > 「ぬらりひょんの孫」 椎橋寛 <JC1巻買い>  (08.8.5)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎福島記念&エリザベス女王杯(2016年)穴馬予想&結果

< 11月13日(日)に行われる福島記念(GIII)エリザベス女王杯(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島記念】

 福島の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 今週末も時間がないので◎馬名を載せるだけとなります。


  ◎ ファントムライト / 丸山元気 (9)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     マルターズアポジー 武士沢友治 7
 2着 13    ゼーヴィント      シュタルケ  1
 3着 1     ダイワドレッサー   川須栄彦   3
 4着 10    マイネルハニー    柴田大知   2
 5着 7     ケイティープライド   鮫島克駿   8

15着 9  ◎ ファントムライト     丸山元気   10


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エリザベス女王杯】

 京都の芝2200mで行われる牝馬重賞(GI)です。


  ◎ ヒルノマテーラ / 四位洋文 (4)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     クイーンズリング  M.デムーロ 3
 2着 9     シングウィズジョイ ルメール  12
 3着 1     ミッキークイーン   浜中俊    2
 4着 15    パールコード     川田将雅  5
 5着 13    プリメラアスール   幸英明   14

13着 4  ◎ ヒルノマテーラ    四位洋文  8


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  4/16  25.0%   -800円  98.3%

☆16年通算   > 40/186 21.5% -134,120円  .76.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ハイセイコー記念(2016年)穴馬予想&結果






2016年11月12日 (土)

☆ 新潟戦・データボックス>2016年天皇杯4回戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 11/12(土) 天皇杯 4回戦・アルビレックス新潟戦 (日産ス)

  ○1-0 (前半0-0、後半1-0)

  主審: 木村博之  入場者数:11,356人

  .<得点> 1-0 天野純  (横浜・後半49分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 榎本哲也が、マリノス所属時公式戦通算328試合出場となり、坂田大輔(01-10)を抜いてマリノス歴代単独7位となりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時天皇杯通算27試合出場となり、中村俊輔と並びマリノス歴代3位タイとなりました。

 小林祐三が、マリノス所属時天皇杯通算20試合出場となり、小椋祥平(08-14)と並びマリノス歴代7位タイとなりました。

 榎本哲也が、マリノス所属時天皇杯通算19試合出場となり、小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)・ドゥトラ(01-06,12-14)と並びマリノス歴代9位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇杯準々決勝進出決定】


 この試合に勝利したため、準々決勝進出が決定しました。

 準々決勝は、12月24日(土)にガンバ大阪と対戦します(試合会場・キックオフ時間は後日発表)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) 「NHK公式

 (Jリーグ公式) 「試合を決めた天野純の左足。
              横浜FMがG大阪の待つ準々決勝へ

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「天野が後半ATに圧巻FK弾!
          横浜FMが1-0で新潟退け、G大阪との準々決勝へ

 (ドメサカブログ) 「」


 (スポニチ) 「横浜 天野の劇的FK弾で8強!中沢「優勝して“恩返し”する」

 (日刊スポーツ) 「横浜8強 中沢処遇にサポーターは異議の横断幕も

 (スポーツ報知) 「天野の芸術劇FK弾で劇的8強入り…
              スタンドにはフロントへの抗議横断幕も

 (サンスポ) 「横浜M、天野の鮮烈なFKで決着!「やっと貢献できた」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 新潟戦・プレビュー>2016年天皇杯4回戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2016年)穴馬予想&結果

< 11月12日(土)に行われる京都ジャンプステークス(J・GIII)東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス(GIII)デイリー杯2歳ステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都ジャンプステークス】

 京都の芝3170mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 今週末も時間がないので◎馬を載せるだけとなりますが、このレースは6頭立てなので複勝は2着以内が対象となりますね。


  ◎ ドリームセーリング / 石神深一 (6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  ◎ ドリームセーリング 石神深一 4
 2着 5     ニホンピロバロン  高田潤   1
 3着 3     ウインアーマー   平沢健治 5
 4着 1     メイショウヒデタダ  熊沢重文 2
 5着 2     タマモプラネット   小坂忠士 6


  (○複勝:6 3.0倍)  ○的中!  3,000円 → 9,000円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス】

 東京のダート1600mで行われる重賞(GIII)です。


  ◎ タガノトネール / 田辺裕信 (11)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11 ◎ タガノトネール   田辺裕信  8
 2着 8     ゴールドドリーム M.デムーロ 2
 3着 3     カフジテイク    津村明秀  6
 4着 13    キングズガード  横山典弘  4
 5着 10    ドリームキラリ   黛弘人   10


  (○複勝:11 5.9倍)  ○的中!  3,000円 → 17,700円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【デイリー杯2歳ステークス】

 京都の芝1600mで行われる2歳重賞(GII)です。


  ◎ サンライズソア / 幸英明 (10)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ジューヌエコール 福永祐一 2
 2着 3     ボンセルヴィーソ 松山弘平 8
 3着 8     サングレーザー  武豊    4
 4着 7     ディーパワンサ  ルメール  3
 5着 9     ベルカプリ     池添謙一 6

 9着 10    サンライズソア   幸英明  7


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  4/14  28.6%  +5,200円 112.4%

☆16年通算   > 40/184 21.7% -128,120円  .76.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎平和賞(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島記念&エリザベス女王杯(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月11日 (金)

☆ 新潟戦・プレビュー>2016年天皇杯4回戦(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/12(土) 15:00~ 天皇杯 4回戦

     vs アルビレックス新潟 (日産スタジアム)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 << リーグ戦2ndステージ順位 >>

  マリノス:「  .7位 7勝 8分 .2敗 勝点 29  32得 19失 得失 +13 」
  新潟  :「 16位 4勝 0分 13敗 勝点 12  14得 24失 得失 -10 」


 << リーグ戦年間順位 >>

  マリノス:「 10位 13勝 12分 .9敗 勝点 51  53得 38失 得失 +15 」
  新潟  :「 15位  8勝  6分 20敗 勝点 30  33得 49失 得失 -16 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 新潟戦は、公式戦通算で「14勝 8分 9敗」、リーグ戦通算で「12勝 5分 9敗」と勝ち越していて、(勝てば優勝が決まる試合だった)2013年第33節で敗れて以降は公式戦7試合負けなし(4勝 3分 0敗)とここ3年は好相性です。

 そしてリーグ戦ホームで「9勝 1分 3敗」、アウェーで「3勝 4分 6敗」と、このカードはお互いにホームで結果を出しているのですが、現在マリノスは新潟相手のホームで3連勝中(いずれも日産ス)なので、(ホーム&アウェーではない)今回の試合が日産ス開催なのは相性的に見るとラッキーですね。

 なお今年は新潟と3度対戦していて、1st第4節(アウェー)では2-1で勝利、ナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)GS第6節(アウェー)では1-1で引き分け、2nd第12節(ホーム)では3-1で勝利しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算328試合出場となり、坂田大輔(01-10)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算27試合出場となり、中村俊輔と並びマリノス歴代3位タイとなります(中村俊輔も出場した場合は4位のまま)。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算20試合出場となり、小椋祥平(08-14)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算19試合出場となり、小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)・ドゥトラ(01-06,12-14)・小林祐三と並びマリノス歴代8位タイとなります(小林祐三も出場した場合は9位タイ)。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算17試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 齋藤学が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算15試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代17位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算13試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)・小野裕二(10-12)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇杯準々決勝情報】


 この試合に勝利すると、12月24日(土)に行われる天皇杯準々決勝への進出が決定。

 準々決勝進出が決まった場合は、11月9日(水)に行われた天皇杯4回戦で清水エスパルス(J2)に延長戦の末1-0で勝利したガンバ大阪と対戦することになります(試合会場・キックオフ時間は未定)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 新潟: ラファエル シルバ

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 小林祐三、富樫敬真

 【代表参加のため欠場】  マリノス: 齋藤学、 新潟: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 中村俊輔、栗原勇蔵、下平匠

 【日本代表】  マリノス: 齋藤学
           新潟  : なし

 【U-23日本代表】  マリノス: なし
              新潟  : 鈴木武蔵、野津田岳人(バックアップ)

 【U-19日本代表】  マリノス: 遠藤渓太
              新潟  : なし

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           新潟  : 小泉慶(JY)
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【チケット情報】  Jリーグ公式サイト

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「」 (/)


 【TV中継】 (生) 11/12(土) 14:55~  スカチャン2

        (録) 11/14(月) 08:00~  スカチャン3
            11/14(月) 25:00~  スカチャン3

            11/17(木) 18:00~  スカチャン1

            11/20(日) 06:30~  スカチャン1

        (4回戦ダイジェスト/ハイライト)
            11/12(土) 24:50~  NHK 総合

            11/13(日) 09:00~  NHK BS1

            11/16(水) 23:00~  スカチャン1

            11/17(木) 19:30~  スカチャン3

            11/19(土) 20:30~  スカチャン3

            11/22(火) 18:00~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 新潟戦・データボックス>2016年天皇杯4回戦


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2016年11月10日 (木)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年11月)

 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2016年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2016年 11月 発売 】


  破門 / 黒川博行  <<感想記事はこちら!>>

 << 2015年版 8位 >>

   ・「直木三十五賞」受賞
   ・「ミステリが読みたい!」 19位

 ★ 「疫病神」「国境」「暗礁」「螻蛄
   に続く“疫病神シリーズ”の5作目
   (1作目も1998年版13位にランクイン)

 ★ 映画製作への出資金を持ち逃げされた
   ヤクザの桑原と建設コンサルタントの二宮。
   失踪した詐欺師を追い、 
   邪魔なゴロツキふたりを病院送りにした桑原だったが、
   なんと相手は本家筋の構成員だった。
   組同士の込みあいに発展した修羅場で、
   ついに桑原も進退窮まり、
   生き残りを賭けた大勝負に出るが―!?
   疫病神コンビVS詐欺師VS本家筋。
   予想を裏切る展開の連続で悪党たちがシノギを削る
   大人気ハードボイルド・シリーズの最高到達点!!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  首折り男のための協奏曲 / 伊坂幸太郎  <<感想記事はこちら!>>

 << 2015年版 27位 >>

   ・「ミステリが読みたい!」 15位

 ★ 首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、
   小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。
   胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、
   出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々!
   「首折り男」に驚嘆し、
   「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。
   黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、
   父は子のため「復讐者」になる。
   技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、
   贅沢すぎる連作集。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの11月文庫化作品 >>

  無縁旅人 / 香納諒一  <<感想記事はこちら!>>
  私の家では何も起こらない / 恩田陸  <<感想記事はこちら!>>
      * 版元を変えて再文庫化

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年12月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年10月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2016年11月 9日 (水)

◎平和賞(2016年)穴馬予想&結果

< 11月9日(水)に行われる平和賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【平和賞】

 船橋のダート1600mで行われる南関2歳重賞(SIII)です。

 南関2・3歳重賞は道営馬や元道営馬を狙うようにしているのですが、道営馬のキャンドルグラスは人気の一角となりそうなので、ここは元道営の笠松馬・キングレイジングを◎にしてみましょう。

 道営時代は結局未勝利に終わったものの、後に交流重賞・エーデルワイス賞で5着に好走するポリカとわずか1馬身差の2着だったりもしましたし、笠松移籍後は1400mに距離を伸ばして連勝しているので、人気薄なのであればなかなか面白い存在となるのではないでしょうか。


  ◎ キングレイジング / 藤原幹生 (3)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  2/11  18.2% .-12,500円  62.1%

☆16年通算   > 38/181 21.0% -145,820円  .73.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎AR共和国杯&みやこS(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月 8日 (火)

『静かな炎天』 若竹七海 > 「このミス」完全読破 No.920

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.920

 『静かな炎天』 若竹七海

   「このミス」2017年版 : 2位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「bookaholic認定国内ミステリーベスト10」 3位
              「ミステリが読みたい!」 5位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 11位
              「本格ミステリ・ベスト10」 18位

   読始:2016.10.12 ~ 読終:2016.10.15

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 文庫本 <2016年8月>

静かな炎天 (文春文庫)静かな炎天 (文春文庫)
若竹 七海

文藝春秋 2016-08-04
売り上げランキング : 17278

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 『プレゼント』、No.808「依頼人は死んだ」No.812「悪いうさぎ」No.813「さよならの手口」に続く、“葉村晶シリーズ”の5作目です。

 一昨年(2014年)の末には13年ぶりとなるシリーズ復活作『さよならの手口』がいきなり(シリーズ初となる)文庫本で発売となりましたが、「このミス」で4位、「週刊文春ミステリーベスト10」と「ミステリが読みたい!」で10位、「本格ミステリ・ベスト10」で18位にランクインするなどかなり高い評価を受けました。

 そしてシリーズ新作を読むにはまた十数年待たねばならないのかな~と思っていたところ、わずか2年後(「このミス」的には翌年度)に続編である本作がまたもやいきなり文庫で発売されるという嬉しいサプライズがあったのですね。

 なお、本作から読んでも問題なく楽しむことができるのではと思いますが、(主人公が現実の時間とほぼ同じように歳を取っていることからもわかるように)探偵としての&人間的な成長(というよりも円熟?)物語の側面も若干あるので、1作目から順に読むとまた違った面白さを味わえると思います。

 その際には、『悪いうさぎ』と『さよならの手口』の間に発売されたノンシリーズ短編集No.752「暗い越流」にも“葉村晶シリーズ”の短編が2作収録されているので、この作品も忘れずにを読むことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は2作目以来となる連作集で(3・4作目は長編)、「青い影」「静かな炎天」「熱海ブライトン・ロック」「副島さんは言っている」「血の凶作」「聖夜プラス1」の6編を収録。

 真面目で仕事熱心で調査には一切手を抜かない頑固で有能でありながら、なぜか不幸・不運を吸い寄せてしまうため酷い目に合ってばかりいるという探偵・葉村晶を主人公に据えたシリーズで、今回は2014年7月から12月の間に起きた葉村が関わる事件や騒動が月に1話ずつ描かれていきます。

 主人公・葉村のキャラクターはいまさら言うまでもなく魅力的ですが、歳を重ねるごとに顕著になっていく体力的衰えが(本作では前作と同じく40代設定)益々不幸・不運体質を加速させてより魅力的なキャラクターとなっていますし、葉村と関わる(葉村の不幸・不運の元凶なのではないかとも思えてしまう富山店長を始めとした)常連のサブキャラや新たな登場人物たちも皆一癖二癖あるので、そんな人物たちの(葉村を中心とした)絡みを見ているだけで思わずニヤリとしてしまうほどに楽しめるのでは。

 そんな(作品としての)強力な武器となるキャラクターがいるのにもかかわらず、調査ミステリとしても探偵ハードボイルドとしても(派手な仕掛けや展開はないものの)まさしく本物の読み味が生み出されていて、連作集ながら長編と変わらぬガッツリとした読み応えを堪能出来ると思うので、(シリーズとしての新鮮味はないかもしれないとはいえ)読めばこのシリーズの面白さを(本作を読む前から理解していたとしても)“これほどの面白さだったのか!”と再認識してしまうに違いありません。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  個人的評価の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “若竹七海” 関連記事 】

  > No.1029 「錆びた滑車」
  > No.0920 「静かな炎天」
  > No.0813 「さよならの手口」
  > No.0812 「悪いうさぎ」

  > No.0808 「依頼人は死んだ」
  > No.0777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」
  > No.0752 「暗い越流」
  > No.0431 「ポリス猫DCの事件簿」
  > No.0205 「プラスマイナスゼロ」


 「私の消滅 」中村文則 <<< PREV/NEXT >>> 「QJKJQ」佐藤究

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2016年11月 7日 (月)

「みんなのこち亀」 篠原健太 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2016年11月28日号 No.50少年ジャンプ 2016年11月28日号 No.50
集英社

集英社 2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2016年50号(11月14日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「みんなのこち亀」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 1976年に連載がスタートした「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」は今年の42号で40年にも渡る連載が終了となりましたが、それに合わせてジャンプ作家陣が参加する“こち亀40周年トリビュート企画”「みんなのこち亀」が行われることに。

 そして2007~2013年に連載していた「SKET DANCE」とのコラボ(篠原健太・作)となる本作は、堀越耕平・麻生周一・附田祐斗・沼駿・島袋光年がそれぞれ1ページずつ担当した44号、田村隆平が担当した「べるぜバブ」とのコラボ(「みんなのこち亀」 田村隆平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、仲間りょうが担当した「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」とのコラボ(「みんなのこち亀」 仲間りょう > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、古味直志が担当した「ニセコイ」とのコラボ(「みんなのこち亀」 古味直志参照)に続く“こち亀 40周年トリビュート企画”の第5弾です。

 なお、篠原健太は現在“少年ジャンプ+”で「彼方のアストラ」を連載していますが、本誌に作品を掲載するのは「永久不滅デビルポイント」以来2年8ヶ月ぶりとなります(「永久不滅デビルポイント」 篠原健太 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。


 内容の方は、「こち亀」と「SKET DANCE」の融合キャラ漫画 『こちら開盟学園生活支援部室』です。

 部室に3Dプリンターがあり驚く両スン(両津勘吉×ボッスン)。

 実はこの3Dプリンターは署校長(署長×校長)の依頼によりケイッチ(中川圭一×スイッチ)が作ったもので、さっそく両スンはこの3Dプリンターを使って、ヒイコ(秋本・カトリーヌ・麗子×ヒメコ)の裸の像を作ったり、部チュウ(大原部長×チュウさん)の像に八つ当たりするなどし始めて.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「みんなのこち亀」関連記事】

  > 「みんなのこち亀」 田村隆平 (16.10.17)
  > 「みんなのこち亀」 仲間りょう (16.10.24)

  > 「みんなのこち亀」 古味直志 (16.10.31)
  > 「みんなのこち亀」 篠原健太 (16.11.7)

  > 「みんなのこち亀」 椎橋寛 (16.11.13)
  > 「みんなのこち亀」 松井優征 (16.11.21)


 【「篠原健太」関連記事】

  > 「みんなのこち亀」 篠原健太 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.7)

  > 「永久不滅デビルポイント」 篠原健太 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.3.24)

  > 「SKET DANCE」 篠原健太<JC1巻買い> (07.11.20)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「秘密結社D 対ファントム戦闘員 エンタロウ」 門里慧 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2016年11月28日号 No.50少年ジャンプ 2016年11月28日号 No.50
集英社

集英社 2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2016年50号(11月14日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「秘密結社D 対ファントム戦闘員 エンタロウ(ひみつけっしゃ・ダイナモ・たいファントム・せんとういん・エンタロウ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の門里慧(もんり・けい)は、日本マンガ芸術学院名古屋校マンガ専攻出身で、「ブリキのジハード」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2010年6月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて「虎ノ花」を“ジャンプNEXT! 2012 AUTUMN”に掲載してデビューを飾り(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 AUTUMN」参照)、「WONDERFUL WONDER WORLD」を“本誌2014年10号”に掲載して本誌デビュー(「WONDERFUL WONDER WORLD」 門里慧 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらには「GOLD」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.4”に掲載し(「GOLD」 門里慧 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4参照)、本作にて2度目の本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「門里慧」関連記事】

  > 「ジュゲム!!」 門里慧 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.9)

  > 「秘密結社D 対ファントム戦闘員 エンタロウ」 門里慧
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.7)

  > 「GOLD」 門里慧 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4 (15.8.5)

  > 「WONDERFUL WONDER WORLD」 門里慧
     > 週刊少年ジャンプ読切! (14.1.27)

  > 「虎ノ花」(ジャンプNEXT! 2012 AUTUMN) (12.10.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年11月 6日 (日)

◎AR共和国杯&みやこS(2016年)穴馬予想&結果

< 11月6日(日)に行われるアルゼンチン共和国杯(GII)みやこステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アルゼンチン共和国杯】

 東京の芝2500mで行われるハンデ重賞(GII)です。

 今週末も時間がないので◎馬の名前を載せるだけで。


  ◎ クリールカイザー / 田辺裕信 (6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【みやこステークス】

 京都のダート1800mで行われる重賞(GIII)です。


  ◎ カゼノコ / 北村宏司 (4)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  2/10  20.0%  .-9,500円  68.3%

☆16年通算   > 38/180 21.1% -142,820円  .73.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎平和賞(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月 5日 (土)

◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2016年)穴馬予想&結果

< 11月5日(土)に行われる京王杯2歳ステークス(GII)KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京王杯2歳ステークス】

 東京の芝1400mで行われる2歳重賞(GII)です。

 今週末も時間がないので◎馬の名前を載せるだけで。


  ◎ ドウディ / 蛯名正義 (4)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【KBS京都賞ファンタジーステークス】

 京都の芝1400mで行われる2歳牝馬重賞(GIII)です。


  ◎ クールファンタジー / 四位洋文 (5)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  2/8   25.0%  .-3,500円  85.4%

☆16年通算   > 38/178 21.3% -136,820円  .74.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック&ローレル賞(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎AR共和国杯&みやこS(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月 4日 (金)

☆ 浦和戦・データボックス>2016年J1リーグ2nd第17節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 11/3(木・祝) J1リーグ 2ndステージ 第17節・浦和戦 (埼玉)

  △1-1 (前半0-0、後半1-1)

  主審: 飯田淳平  入場者数:56,841人

  .<得点> 0-1 柏木陽介  .(浦和・後半21分/公式Youtube動画
         1-1 マルティノス (横浜・後半40分/公式Youtube動画

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「引き分け」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「2得点以上」記録 > 5試合連続 でストップ <マリノス歴代 8位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 小林祐三が、J1リーグ通算300試合出場を達成しました。

 榎本哲也が、マリノス所属時公式戦通算327試合出場となり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代7位タイとなりました。

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦通算241試合出場となり、田中隼磨(00-02,04-08)を抜いてマリノス歴代単独14位となりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 56,841人

  > マリノス総合ランキング ベスト・9位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)

  > アウェーランキング ベスト・5位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)


 2016 リーグ戦 ホーム&アウェー 平均観客動員 > 22,856人 (34試合)
    << 05、04、03、10に次いで
           マリノス歴代5位(24年中)、前年比 +1,187人 >>

 2016 リーグ戦 アウェー 平均観客動員 > 21,708人 (17試合)
    << 05、04、01、03に次いで
           マリノス歴代5位(24年中)、前年比 +2,592人 >>


 2016 リーグ戦 ホーム&アウェー 総観客動員 > 777,102人 (34試合)
    << 95、94、05、10に次いで
           マリノス歴代5位(24年中)、前年比 +40,371人 >>

 2016 リーグ戦 アウェー 総観客動員 > 369,030人 (17試合)
    << 95、94、05に次いで
           マリノス歴代4位(24年中)、前年比 +44,058人 >>


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 年間順位 : 10位 (前節 9位)
         < 13勝 12分 9敗  勝点 51 得点 53 失点 38 得失点差 +15 >

 J1リーグ 2ndステージ順位 : 7位 (前節 6位)
         < 7勝 8分 2敗  勝点 29 得点 32 失点 19 得失点差 +13 >


  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「改善点を残し、さらなる高みへ。浦和が悲願の年間勝点1位を達成

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「浦和、年間勝ち点1位でCSへ!!
           横浜FMとドローも7戦負けなしでフィニッシュ

 (ゲキサカ) 「「忘れないと思うし、忘れたくない」
          契約満了の横浜FM小林祐三が目に焼き付けた“光景”

 (ドメサカブログ) 「浦和は横浜FMと引き分けるも年間勝ち点1位を獲得!
             勝ち点74でクラブ記録を更新


 (スポニチ) 「横浜MF斎藤4戦連発ならず 契約満了で去就に注目

 (スポニチ) 「38歳中沢 史上4人目3年連続フル出場 最年長記録

 (日刊スポーツ) 「横浜退団の小林がサポーターに感謝「忘れない」

 (スポーツ報知) 「38歳中沢、3年連続フル出場達成、
              浦和の歓喜見つめ来季優勝を誓う

 (サンスポ) 「横浜M指揮官、若手の成長に手応え「将来に期待持てる」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 浦和戦・プレビュー>2016年J1リーグ2nd第17節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2016年11月 3日 (木)

◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック&ローレル賞(2016年)穴馬予想&結果

< 11月3日(木・祝)に行われるJBCレディスクラシック(JpnI)JBCスプリント(JpnI)JBCクラシック(JpnI)ローレル賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCレディスクラシック】

 川崎のダート1600mで行われる交流牝馬重賞(JpnI)です。

 いよいよ今年のダート競馬の祭典・JBCが開催となりまして、まず始めに行われるのが牝馬の交流GIですが、芝のGI馬・レッツゴードンキが初ダートながら驚きの参戦となるなど注目所が多いですね。

 そしてやはり交流重賞恒例の“(あえて単勝2倍台以下の馬を外した)単勝複数買い”でいく予定であるものの、今回は“ある程度オッズが固まってから最終予想を決定しそれをここに追記する”といういつもの作戦が時間&余裕がないため出来ないので、(当日になったら大きく変動するであろう)前日オッズを参考にしてまずは最終オッズを予測し、それから狙う馬を選ばねばなりません。

 それでこのレースは、ホワイトフーガが2倍以下の単勝オッズで、他の中央馬のオッズは割れるのではないかと推測し、アムールブリエ・タマノブリュネット・タイニーダンサー・ブルーチッパーの4頭狙いで、オッズ次第で(4頭も狙えないようだったら)タイニーダンサーかブルーチッパーを外す予定です。


  ◎ アムールブリエ / 浜中俊 (8)
  △ タマノブリュネット / 田辺裕信 (12)
  △ タイニーダンサー / ルメール (11)
  △ ブルーチッパー / 吉原寛人 (9)


  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCスプリント】

 川崎のダート1400mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 JBCの2戦目は短距離交流GIですが、川崎には1200mのコースがないため1400mで行われます。

 それで最近の短距離交流重賞ではダノンレジェンドが毎度のように圧倒的人気となっていたものの、今回は前日オッズを見た感じではベストウォーリア・ソルテを交えた三つ巴オッズとなりそうですね。

 そしてこの3頭を全て外して買うのはさすがに無謀なので、ここは前走の5着敗戦から人気をある程度下げるのではないか(3倍台以上)と仮定してダノンレジェンドを選び、もう一頭はコーリンベリーにしてみましょう(オッズの組み合わせによっては入れ替えがあるかも)。


  ◎ ダノンレジェンド / M.デムーロ (1)
  △ コーリンベリー / 松山弘平 (12)


  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【JBCクラシック】

 川崎のダート2100mで行われる交流重賞(SI)です。

 JBCのメインを飾るのは中距離交流GIですが、前日オッズを見た感じだと、現在交流GI・3連勝中のコパノリッキーを抑えてダート5戦全勝のアウォーディーが圧倒的1番人気となりそうですね。

 なのでここは、オッズ的に可能であればコパノリッキー・サウンドトゥルー・ホッコータルマエの3頭、無理そうであればコパノリッキー・サウンドトゥルーの2頭狙いでいってみましょうか。


  ◎ コパノリッキー / 田辺裕信 (7)
  △ サウンドトゥルー / 大野拓弥 (6)
  △ ホッコータルマエ / 幸英明 (8)


  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×単勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ローレル賞】

 川崎のダート1600mで行われる南関2歳牝馬重賞(SIII)です。

 JBC・3レース後の最終レースとして行われるレースですが、ここはキョウエイゼロッタを◎にしてみましょう。

 今回人気の一角となりそうなスターインパルスも出走(2着)した前走は5着に敗れたものの、その時の勝ち馬でデビュー以来5戦全連対中(3連勝中)のリアルファイトとは前々走では3/4馬身差まで迫っているので、展開次第で今回巻き返しがあるのでは。


  ◎ キョウエイゼロッタ / 伊藤裕人 (5)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着     
 2着     
 3着     
 4着     
 5着     


  (○×複勝:)  ○×的中/不的中  3,000円 → 円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  2/6   33.3%  .+2,500円 113.9%

☆16年通算   > 38/176 21.6% -130,820円  .75.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ロジータ記念(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月 2日 (水)

☆ 浦和戦・プレビュー>2016年J1リーグ2nd第17節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 11/3(木・祝) 13:30~ J1リーグ 2ndステージ 第17節

     vs 浦和レッズ (埼玉スタジアム2002)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 << リーグ戦2ndステージ順位 >>

  マリノス:「 6位  7勝 7分 2敗 勝点 28  31得 18失 得失 +13 」
  浦和  :「 1位 13勝 1分 2敗 勝点 40  34得 11失 得失 +23 」


 << リーグ戦年間順位 >>

  マリノス:「 9位 13勝 11分 9敗 勝点 50  52得 37失 得失 +15 」
  浦和  :「 1位 23勝 4分 6敗 勝点 73  60得 27失 得失 +33 」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 浦和戦は、公式戦通算で「31勝 6分 27敗」、リーグ戦通算で「26勝 5分 20敗」といずれも勝ち越していますが、2005-2007年の公式戦8試合で全く勝ちがないなど苦手としている時期もありました。

 そしてリーグ戦ホームでは「12勝 2分 12敗」で2010年から2014年までの5年間でわずか1勝(1勝 0分 4敗)とあまり得意としていないのに対し、アウェーでは「14勝 3分 8敗」で2007年から2013年まで7年間負けなし&2008年から2013年まで6年間全勝と相性は最高に近いものがありました。

 ただ、現在アウェーで2連敗中と、ここ2年は相性に反してアウェーで結果を出せていない状況です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 3試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で負けると........
   > 3試合“同一カード ホーム連敗”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で2得点以上だと........
   > 6試合連続“2得点以上”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 小林祐三が出場すると、J1リーグ通算300試合出場を達成します。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算327試合出場となり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時公式戦通算241試合出場となり、田中隼磨(00-02,04-08)を抜いてマリノス歴代単独14位となります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算153試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算122試合出場となり、ビスコンティ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独27位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03,12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代10位タイとなります(兵藤慎剛もゴールした場合は11位タイ)。

 齋藤学が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算33ゴールとなり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算34ゴールとなり、フリオ・サリナス(97-98)・大島秀夫(05-08)・マルキーニョス(03・12-13)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算31ゴールとなり、齋藤学と並びマリノス歴代12位タイとなります(齋藤学もゴールした場合は13位)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に勝利すると、Jリーグ通算400勝を達成します。

 この試合に敗れると、リーグ戦アウェー通算150敗まで残り5敗となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 浦和: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 中村俊輔、栗原勇蔵、中町公祐、下平匠

 【日本代表】  マリノス: 齋藤学
           浦和  : 西川周作、槙野智章、柏木陽介

 【U-23日本代表】  マリノス: なし
              浦和  : 遠藤航、興梠慎三(OA)

 【U-19日本代表】  マリノス: 遠藤渓太
              浦和  : なし

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           浦和  : 那須大亮
           (元マリノス選手出場記録ファイル

 【ホームゲームイベント情報】  浦和オフィシャル

 【チケット情報】  浦和オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「打倒浦和布陣だ!横浜 最終節で「4―3―3」採用へ」 (11/2)
   > 「横浜中沢「やられるイメージない」浦和年間1位阻止」 (11/2)
   > 「【横浜M】中盤に3枚並べた「対浦和シフト」に着手」 (11/2)

   > 「浦和年間1位へ!関根 11・3横浜戦“再現弾”狙う」 (11/2)
   > 「浦和、90分ではJ史上初の全戦ゴール&年間1位へ」 (11/2)
   > 「浦和、“兄弟対決”制して年間1位だ!槙野「クラブ史に名前を刻む」」 (11/2)
   > 「浦和、最終戦無失点勝利なら最少失点記録も DF遠藤「モチベーションに」」 (11/2)

   > 「浦和 今度こそ注目独り占め!ハムにあやかり10年ぶり日本一だ」 (10/31)
   > 「【浦和】11・3最終節の横浜M戦のチケットが完売…年間勝ち点1位なるか」 (10/31)


 【TV中継】 (生) .11/03(木) 13:00~  スカチャン0
            11/03(木) 13:20~  NHK総合
            11/03(木) 13:30~  テレ玉

        (録) 11/04(金) 22:00~  スカチャン2

            11/06(日) 25:00~  スカチャン3

            11/07(月) 18:30~  スカチャン2

            11/09(水) 18:30~  スカチャン1

            11/11(金) 15:30~  スカチャン0

            11/14(月) 11:40~  スカチャン0

            11/17(木) 12:30~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 浦和戦・データボックス>2016年J1リーグ2nd第17節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎ロジータ記念(2016年)穴馬予想&結果

< 11月2日(水)に行われるロジータ記念(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ロジータ記念】

 川崎のダート2100mで行われる南関3歳牝馬重賞(SI)です。

 桜花賞1着&東京プリンセス賞3着のモダンウーマン、桜花賞2着&東京プリンセス賞1着のリンダリンダ、東京プリンセス賞2着のスアデラに加え、交流重賞・関東オークス2着のミスミランダーもいるので、春の南関牝馬クラシック好走馬が揃い踏みとなりました。

 それでここは、この4頭の中から今回それほど人気にならなそうなスアデラを◎にしてみましょう。

 東京ダービー12着後の休み明けだった前走は(3着ながら1.2秒差と)1・2着馬には差を付けられましたが、先着をゆるした2頭はこのレースで8連勝を果たした古牝馬と中央から転厩して間もない古牡馬でしたし、馬体重もプラス15kgだったので、(重賞ではなかったとはいえ)古馬相手のレベルの高いレースで一叩きされたことで東京プリンセス賞の再現を見せてくれる可能性は十分にあるのでは。


  ◎ スアデラ / 本田正重 (8)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ミスミランダー   森泰斗    2
 2着 2     リンダリンダ    真島大輔   1
 3着 12    ポッドガゼール  瀧川寿希也 6
 4着 14    マテリアメディカ  赤岡修次   4
 5着 5     ドンブリムローズ 真島正徳   7

 6着 8  ◎ スアデラ      本田正重   5


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  1/2   50.0%  .+3,900円 165.0%

☆16年通算   > 37/172 21.5% -129,420円  .74.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎北海道2歳優駿(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック&ローレル賞(2016年)穴馬予想&結果

2016年11月 1日 (火)

◎北海道2歳優駿(2016年)穴馬予想&結果

< 11月1日(火)に行われる北海道2歳優駿(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【北海道2歳優駿】

 門別のダート1800mで行われる交流2歳重賞(JpnIII)です。

 今年の交流2歳重賞の2戦目ですが、1戦目のエーデルワイス賞の時には“単勝複数買い”でいくのか“複勝1点勝負”でいくのかで悩み(悩んだ理由は◎エーデルワイス賞(2016年)穴馬予想&結果参照)、最終的に“単勝複数買い”の方を選んで残念ながら不的中に。

 そしてこの時の選択を今年のこれ以降の交流2歳重賞でも適用しようと決めていたものの、交流2歳重賞は荒れやすいとはいえ勝ち馬は断然1番人気となることが多い(印象)なことから、最初から“正解(単勝3倍以上の馬の勝利)のない可能性が高い”買い方でいくのもどうかと思ったので、やっぱり今回からは穴馬の複勝1点でいってみることに決めました。

 そこでここは、道営のスウィフトハートを◎にしてみましょう。

 これまで6戦して全て馬券圏内ではあるとはいえ僅差で敗れるレースが多いので勝負強さの面では不安がありますが、今回道営馬の中では人気を集めそうなヒガシウィルウィンストーンリバーと(敗れたとはいえ)ハナ差・アタマ差の接戦を演じているので、安定感を武器にここでの一発もあるのでは。


  ◎ スウィフトハート / 井上俊彦 (8)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13    エピカリス      ルメール  1
 2着 3     ヒガシウィルウィン 宮崎光行  4
 3着 8  ◎ スウィフトハート   井上俊彦  5
 4着 5     ストーンリバー   井上幹太  2
 5着 10    ビービーガウディ  内田博幸 3


  (○複勝:8 3.3倍)  ○的中!  3,000円 → 9,900円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年11月  .>  1/1  100.0%  +6,900円 330.0%

☆16年通算   > 37/171 21.6% -126,420円  .75.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎天皇賞・秋(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ロジータ記念(2016年)穴馬予想&結果

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ