サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« ◎スプリンターズS(2016年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「青春兵器ナンバーワン」 長谷川智広 > 週刊少年ジャンプ新連載! »

2016年10月 3日 (月)

「歪のアマルガム」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ新連載!

週刊少年ジャンプ2016年10月24日号 NO.45週刊少年ジャンプ2016年10月24日号 NO.45
集英社

集英社 2016
売り上げランキング : 2943

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2016年10月の週刊少年ジャンプ新連載の第1弾が、2016年45号(10月8日〈土〉発売)からスタートの「歪のアマルガム(いびつの・アマルガム)です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2016年45号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト

 作者の石山諒(いしやま・りょう)は、大阪総合デザイン専門学校漫画学科出身で、「デコ・ボコ モンスター」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年11月期)”の佳作&久保帯人先生特別賞を受賞(この作品はWeb掲載されています→ 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、「ユミルの魔人」を“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”に掲載してデビューを果たし(週刊少年ジャンプ増刊!「ジャンプNEXT! 2012 SPRING」参照)、「パラサイトB」を“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプVS -バーサス-」参照)。

 さらに“本誌2014年03号”に「三ツ首コンドル」を掲載して本誌デビューを飾り(「三ツ首コンドル」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、その同名リニューアル版「三ツ首コンドル」が“本誌2014年33号”から始まり連載デビュー(16週で終了/「三ツ首コンドル」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 連載終了後は、「凶星の紫」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.3”に(「凶星の紫」 石山諒 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3参照)、「妖移植変異体ガロ」を“本誌2016年01号”に掲載(「妖移植変異体ガロ」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ読切!)。

 そして読切作品「妖移植変異体ガロ」を基にした本作にて2度目の連載となりました。


 内容の方は、高校生が妖細胞を移植され力を得るダークバトル漫画です。

 高校生の久佐場六道(くさば・ろくみち)は、空手の有段者で口より手が先に出るバイオレンスな幼なじみ・火野彌生(ひの・やよい)とデートの約束を取り付けることに成功したものの、その帰り道に子供を助けるため踏切内に飛び込み電車に轢かれてしまうことに。

 しかし六道は死んでおらず、目覚めてみると見知らぬ実験室にいて、上半身のみの体で生命維持されている状態。

 そしてサラ科学長によって六道を実験体とした細胞移植の実験が行われようかというところで、なぜかこの場に六道のクラスに転校して来たばかりの黒水影舟(くろみず・えいしゅう)がいて六道を助けようとするも、それを察したサラの手によって六道は妖細胞を移植され"妖(あやかし)"の「がしゃ髑髏」と化してしまい.....。


 「読切版」(妖移植変異体ガロ)と「連載版」第1話との比較ですが、まず主人公は、六道(ろくみち)という名前は共通するものの苗字は異なり(「読切版」は唯我、「連載版」は久佐場)、容姿の共通点はほぼなく、「読切版」では刑事だったのが「連載版」では高校生に変更。

 ヒロインは、「読切版」での雨斬霧子(刑事)から「連載版」では火野彌生(高校生)に変わり、容姿も(似たところはあるとはいえ)別人ですが、六道の幼なじみで武術の有段者(六道に対し暴力的)という部分は共通しています。

 そして「読切版」「連載版」で共に登場するのが天才科学者のサラ(「読切版」ではサラ・クリスティー)ですが、容姿や変態的で狂気じみた性格等は変わりないものの、「読切版」では六道の協力者的存在であったのが「連載版」では(少なくとも第1話の時点では)六道と敵対する存在へと大きく変更。

 ストーリー的には、六道の(ヒロインとの関係も含めた)日常が描かれた後、六道が瀕死の状態になり(「読切版」では捜査中に妖に襲われて瀕死に)、目覚めると下半身と左腕がない状態でサラの実験室にいて(「読切版」ではサラ以外の研究員は存在せず)、妖細胞を移植されることで六道が化物(妖)に、という場面までの大まかな流れは変わりないですが、(主人公のキャラクター変更や「読切版」には登場しなかった黒水影舟の存在も含めた)細かな設定や演出、そして六道が妖となって以降の展開は大きく異なっていました。

 なお、「週刊少年ジャンプ公式サイト」の作品紹介ページにおける紹介文に"「零課」"と書かれているので、読切作品「凶星の紫」(主人公の容姿が「妖移植変異体ガロ」と同じ)との繋がりも今後出て来るのかもしれませんね。


 【「歪のアマルガム」第1話を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2016.10.8(土)~10.14(金)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「石山諒」関連記事】

  > 「祓魔師の弟子サタン」 石山諒 > ジャンプGIGA 2018 WINTER vol.3 (18.1.27)

  > 「歪のアマルガム」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.10.3)

  > 「妖移植変異体ガロ」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.11.30)

  > 「凶星の紫」 石山諒 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.16)

  > 「三ツ首コンドル」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.6.30)
  > 「三ツ首コンドル」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.12.9)

  > 「パラサイトB」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ユミルの魔人」(ジャンプNEXT! 2012 SPRING) (12.4.28)


 【「2016年10月の新連載」関連記事】

  > 「歪のアマルガム」 石山諒 (16.10.3)

  > 「青春兵器ナンバーワン」 長谷川智広 (16.10.3)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« ◎スプリンターズS(2016年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「青春兵器ナンバーワン」 長谷川智広 > 週刊少年ジャンプ新連載! »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ