サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「ボイス ビー アンビシャス」 塚沢サンゾ夫 > 週刊少年ジャンプ読切! | トップページ | 「ナマケモノヒーローとクーガーガール」 日野浩伴 多和田シンタ > ジャンプGIGA vol.4 »

2016年9月28日 (水)

◎日本テレビ盃(2016年)穴馬予想&結果

< 9月28日(水)に行われる日本テレビ盃(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【日本テレビ盃】

 船橋のダート1800mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 今月の交流重賞はここまで3戦してすべて的中と絶好調状態なのですが、まあ交流重賞では“(あえて1番人気馬を外した)単勝複数買い”を採り入れているので、単に“荒れた(本命馬が敗れる)レースが続いている”ということなのですけどね。

 ただそれでもここも当てて9月の交流重賞全的中といきたいものです.....。

 それでこのレースは、11月開催のダート競馬の祭典・JBCで行われる交流GI・3連戦の中でもメイン扱いであるJBCクラシックに向けたステップレースで、中央馬からは今年の中央GI・フェブラリーS覇者のモーニン、昨年の交流GI・東京大賞典覇者のサウンドトゥルー、現在4連勝&重賞3連勝中と勢いのあるアウォーディーが参戦(もう1頭の中央馬はスリータイタン)。

 さらに地方勢からは2歳ダートチャンピオンで昨年は交流GIで2度馬券に絡んでいるハッピースプリントに、前走の交流重賞・マーキュリーSで2着に好走したタイムズアローが参戦するので、前哨戦ならではの面白いレースが期待出来そうなメンバーとなっています。

 たださすがにここは荒れたとしても勝ち馬はモーニン・サウンドトゥルー・アウォーディーの3頭のうちのいずれかとなりそうですが、前日オッズを見た感じではアウォーディーサウンドトゥルーが共に1~2倍台の人気となりそうなので、そのままのオッズでいくのならば“単勝複数買い”的にはこの2頭を選ぶことができません(どの馬で当たっても総資金の2倍以上の配当となるように買うので単勝オッズが2倍台以下の馬は狙えないのです)。

 なのでたぶんモーニン・ハッピースプリント・タイムズアローの3頭勝負でいくことになると思うものの、もしサウンドトゥルーが(場合によってはアウォーディーが)3倍以上のオッズとなりそうな場合はモーニンと入れ替えると思います。


  ◎ モーニン / 戸崎圭太 (5)
     [変更] サウンドトゥルー / 大野拓弥 (9)
  △ ハッピースプリント / 宮崎光行 (2)
  △ タイムズアロー / 真島大輔 (6)


  << 単勝:◎△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    アウォーディー  武豊    1
 2着 5     モーニン      戸崎圭太 3
 3着 9  ◎ サウンドトゥルー 大野拓弥 2
 4着 4     スリータイタン  福永祐一 6
 5着 6  △ タイムズアロー  真島大輔 5


 サウンドトゥルーの単勝オッズが3倍台となりそうだったためモーニンとサウンドトゥルーを入れ替えたので、アウォーディーとモーニンによるゴール板までの激しいデットヒートにも盛り上がれませんでしたねェ。


  (×単勝:10 1.8倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年09月  .>  5/16  31.3%  +8,100円 116.9%

☆16年通算   > 34/150 22.7% -100,620円  77.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎神戸新聞杯&オールカマー(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎シリウスS(2016年)穴馬予想&結果

« 「ボイス ビー アンビシャス」 塚沢サンゾ夫 > 週刊少年ジャンプ読切! | トップページ | 「ナマケモノヒーローとクーガーガール」 日野浩伴 多和田シンタ > ジャンプGIGA vol.4 »

05.競馬(穴馬)予想」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ