サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« ◎函館2歳S&中京記念(2016年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「ラブラッシュ!」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ新連載! »

2016年7月25日 (月)

「約束のネバーランド」 白井カイウ 出水ぽすか > 週刊少年ジャンプ新連載!

少年ジャンプ 2016年8月15日号 No.35少年ジャンプ 2016年8月15日号 No.35
集英社

集英社 2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2016年8月の週刊少年ジャンプ新連載の第1弾が、2016年35号(8月1日〈月〉発売)からスタートの「約束のネバーランド(やくそくの・ネバーランド)です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2016年35号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト


 原作担当の白井カイウ(しらい・カイウ)は、“ジャンプ+”で「アシュリー=ゲートの行方」(原作担当/作画:Rickey)を2015年6月に配信掲載してデビュー(この作品はWeb掲載されています→『少年ジャンプ+』公式サイト)。


 作画担当の出水ぽすか(でみず・ぽすか)は、小学館の“てれびくん”で「はなさけ!はなかっぱ」(2011-2013年)、「おっす!グレートアニマルカイザーゴッド」(2013-2014年)、「おっす!グレートアニマルカイザービッガー」(2014-2015年)を連載。

 さらには、同じく小学館の“月刊コロコロコミック(2013年8月号)”に「トマト目玉」を掲載した後、“別冊コロコロコミック”で「オレカバトル オレカモンスターズ冒険烈伝」(2013-2014年)、“月刊コロコロコミック”で「オレカバトル オレカモンスターズ冒険烈伝 ~狂王の真実編~」(2014年)と「魔王だゼッ!! オレカバトル」(2015年)を連載。

 その一方で、小説(「キルぐみ」「夢想機械 トラウムキステ」)やCDジャケットのイラストを手掛けたり、“ポッキークリエイターズ”のイラスト部門優秀賞を受賞したり(ポッキークリエイターズ受賞作品GALLERY参照)、Twitterやpixivでイラストを発表するなど(twitter / pixiv 参照)、ポ~ンという別名義も使ってイラストレーターとしても活躍(pixivision『出水ぽすか(ポ~ン)さんの創作の原点に迫る!独自の魅力を放つイラストのメイキング&インタビュー!』参照)。


 そしてこの2人が初めてコンビを組んだ「ポピィの願い」(原作:白井カイウ/作画:出水ぽすか)を“ジャンプ+”にて2016年2月に配信掲載し(この作品はWeb掲載されています→『少年ジャンプ+』公式サイト)、再びコンビを組んだ本作にて両者ともに本誌デビュー&ジャンプ系雑誌で初連載となりました。


 内容の方は、孤児院の危険な秘密を知った少年少女のサスペンスファンタジー漫画です。

 門と柵で囲われた孤児院“グレイス=フィールド ハウス”で暮らす38人の子供たちの中で、勉強でも運動でも異様に飛び抜けた才能を持つエマ、ノーマン、レイの3人。

 ある日、里親を手配され施設を巣立っていくことになったコニーが、とても大事にしていたウサギのぬいぐるみを忘れていってしまったため、エマはノーマンと共に(まだ門を出ていないであろう)コニーの元へ直接ぬいぐるみを届けることに。

 しかしたどり着いた門で2人が目にしたのは、すでに死体となっているコニーと、それを大きなビンに詰めて持ち去ろうとする鬼のような化物たちで.....。


 【「約束のネバーランド」第1話を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2016.8.1(月)~8.7(日)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2016年8月の新連載」関連記事】

  > 「約束のネバーランド」 白井カイウ 出水ぽすか (16.7.25)

  > 「ラブラッシュ!」 山本亮平 (16.7.25)

  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 (16.7.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« ◎函館2歳S&中京記念(2016年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「ラブラッシュ!」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ新連載! »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ