サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月30日 (木)

『生還者』 下村敦史 > 「このミス」完全読破 No.848

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.848

 『生還者』 下村敦史

   「このミス」2016年版 : 15位

   受賞(候補) : (「日本推理作家協会賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2015.10.21~ 読終:2015.10.22

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2015年7月>

生還者 (講談社文庫)生還者 (講談社文庫)
下村 敦史

講談社 2017-07-14
売り上げランキング : 35861

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 下村敦史は、江戸川乱歩賞を受賞したNo.783「闇に香る嘘」で2014年にデビューすると、「このミス」「週刊文春ミステリーベスト10」でベスト3入り(乱歩賞受賞作としては「このミス」歴代最高順位)、「本格ミステリ・ベスト10」「ミステリが読みたい!」でベスト20入りと、年末恒例のミステリランキングで新人としては破格の評価を受けました。

 しかし衝撃的なデビューを飾った新人作家というのは2作目以降がなかなか出なくて(読者側からすると)気を揉んでしまうというパターンが多いのですが、翌2015年の頭に早くもデビュー2作目のNo.816「叛徒」、同年中に本作を発売し、本作にて「このミス」2年連続ランクインを達成。

 さらに2016年に入ってからも上半期だけで2つの新作を出すなど、(ただレベルの高い作品を発表するだけでなく)新たな魅力的な物語を次々と生み出してくれるのは読者的にも嬉しい限りですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ヒマラヤ山脈のカンチェンジュンガで雪崩が発生し、登山中だった日本人7名が巻き込まれる惨事に。

 被害者の弟である増田直志は、すでに登山をやめたはずの兄がなぜかヒマラヤに登っていたのか疑問を持ち、さらに兄の遺品であるザイル(ロープ)に(人の手によるものとしか思えない)切断面があったことから、兄の死に不審を感じ、この事故について調べていくことに。

 すると、雪崩事故から奇跡の生還を果たした高瀬という単独登山者が、マスコミが注目する中で(雪崩の前に)直志の兄ら登山隊から(一人を除いて)冷たい扱いをされたとコメントしたことにより、(故人であるにもかかわらず)兄たちは非難を受け、高瀬に対し唯一手助けしたメンバーが英雄扱いされるなどの大騒ぎに。

 ところが、もう一人生還者が現れ、高瀬とは全く逆の証言をしたことから、何が真実で何が嘘なのか分からない謎だらけの事態へとなだれ込んでいくのです。

 そんな次々と謎が謎を呼ぶ展開や目まぐるしく二転三転していく状況により、この山岳ドラマを中心とした物語に自然と惹き込まれていきますし、それが中だるみなどせず最後まで一気に駆け抜けてしまうところからも(これがデビュー2年目の作品とは思えないほどの)新人離れした力量が感じられました。

 さらにそこに、迫力満点の登山描写があったり、真相などにも登山家ならではの要素がガッチリと絡んでくるなど、山岳ドラマとミステリとの融合もインパクトを生み出しながら自然な演出となっているので、山岳ミステリが好きな人にお薦めなのはもちろん、山岳(登山)小説にあまり興味がないという人でも(あまりそこは気にせずに)軽い気持ちで手に取ってもらえればとお薦めしたくなる作品です。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


 ☆☆★★★ : 本格ミステリ度
 ☆☆★★★ : ビックリ驚愕度
 ★★★★ : 熱アクション度
 ☆☆☆★★ : 鬼畜グログロ度
 ☆☆☆★★ : 主キャラ魅力度
 ★★★★ : 人間味ドラマ度
 ☆☆☆★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆☆★★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆☆★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆★★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “下村敦史”関連記事 】

  > No.1026 「黙過」
  > No.1011 「サハラの薔薇」
  > No.0848 「生還者」
  > No.0816 「叛徒」
  > No.0783 「闇に香る嘘」


 「森は知っている」吉田修一 <<< PREV/NEXT >>> 「聖母」秋吉理香子

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2016年6月29日 (水)

◎帝王賞(2016年)穴馬予想&結果

< 6月29日(水)に行われる帝王賞(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【帝王賞】

 大井のダート2000mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 2016年上半期のダート競馬を締めくくるグランプリレースですが、メンバーを見ただけで(実力差や実績から)結果が大体分かってしまうような年が結構あるのに、今は絶対王者不在の群雄割拠時代ということもあってか今年はどの馬が勝つか分からない高レベルメンバーが揃ったので、今からレースを観るのが楽しみですね。

 それで今回も交流重賞恒例の“(あえて1番人気馬を外した)単勝複数買い”でいく予定で、この買い方だとオッズの組み合わせによっては自動的に狙う馬が決まってしまうものの、前日オッズを見た感じだと人気上位5頭(ノンコノユメ・アスカノロマン・サウンドトゥルー・コパノリッキー・ホッコータルマエ)はほぼ横並びの単勝オッズとなりそうなので、今回はしっかりと予想して狙う馬を決めなければならなそうです。

 ただそれぞれの馬の単勝オッズがどのくらいになるのかは当日にある程度オッズが固まってからでないと分からないので、それから狙う馬を決めて、レース30分前には最終予想をここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約1時間前から30分前までのオッズを確認したところ、ノンコノユメが3倍台、アスカノロマンとサウンドトゥルーが4倍台、ホッコータルマエとコパノリッキーが5倍台、クリソライトとアムールブリエが10倍以上で大きな動きはありませんでした。

 そこでどの馬で当たっても総賭け金の2倍以上となるように選ぶとなれば、(クリソライトとアムールブリエを候補外とするなら)“4倍台の2頭のうち1頭”と“5倍台の2頭のうち1頭”の2頭狙いとなります。

 なのでここは、中距離交流GIにて(東京大賞典・川崎記念と)2レース連続で1・2着を争っているサウンドトゥルー&ホッコータルマエの2頭で勝負してみましょう。


  ◎ サウンドトゥルー / 大野拓弥 (7)
  ○ ホッコータルマエ / 幸英明 (10)


  << 単勝:◎○ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     コパノリッキー   武豊    5
 2着 2     ノンコノユメ     ルメール  1
 3着 7  ◎ サウンドトゥルー  大野拓弥 2
 4着 10 ○ ホッコータルマエ 幸英明   4
 5着 9     ユーロビート    吉原寛人 8


 追記した直後にホッコータルマエのオッズが4倍台に下がったので、それがもう少し早ければコパノリッキーの方を選べてたと思うのですけどね.....。


  (×単勝:3 6.6倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  2/15  13.3%  -22,800円  49.3%

☆16年通算   > 23/104 22.1%  -73,140円  76.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎優駿スプリント(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎CBC賞&ラジオNIKKEI賞(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月28日 (火)

◎優駿スプリント(2016年)穴馬予想&結果

< 6月28日(火)に行われる優駿スプリント(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【優駿スプリント】

 大井のダート1200mで行われる南関3歳重賞(SII)です。

 3歳馬の短距離戦ということで予想はかなりの難しさなのですが、昨年のこのレースの予想記事を見てみたら、牝馬の好走が多い傾向とのことでした。

 そこに“2・3歳重賞は道営馬(元道営馬)狙い”という(自分の中での)基本を付け加えて、牝馬で元道営馬のクラトイトイトイを◎にしてみました。

 南関移籍後も、名古屋・園田の重賞に出走して2勝2着1回と好走するなど、(苦手な左回りコース以外では)様々な環境で結果を出す逞しさがありますし、距離短縮も地元(南関)での出走もプラスとなりそうなので、この馬に期待してみましょう。


  ◎ クラトイトイトイ / 石崎駿 (5)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     エイシンヒート    矢野貴之 2
 2着 8     ラクテ        上田健人  1
 3着 12    ビッグジャイアント 笹川翼   12
 4着 6     ノーフォロワー    今野忠成 15
 5着 7     ムサシトレジャー  森泰斗   6

 8着 5  ◎ クラトイトイトイ    石崎駿   7


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  2/14  14.3%  -19,800円  52.9%

☆16年通算   > 23/103 22.3%  -70,140円  77.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎宝塚記念(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎帝王賞(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月27日 (月)

邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト(2016年7月)

 邦楽(J-POP)のCD(シングル&アルバム)の発売日別リスト(2016年7月)です

 自分好みの新曲情報を常にチェックするために始めたので、全ての作品を網羅するというよりは好みの歌をピックアップする“自分のためだけのリスト”となっています

 とはいえ、自分好みではないヒット曲(オリコンの年間ランキングでシングルは100位以内、アルバムは50位以内に入りそうな売上)や話題曲(配信でヒット)もリストに入れています


 ★:自分のiTunesに入っている曲(アルバム)

 S:CDシングル
 A:CDアルバム
 D:配信(ダウンロード)限定曲(CDシングルの先行配信は除く)

 曲名(アルバムタイトル)のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 : iTunesへのリンク(無料で試聴可能)

 MV(Youtube) : Youtubeの公式動画へのリンク(アルバムの場合は収録曲の動画)

 順位は、オリコン週間チャートの初登場順位

  >>> 「邦楽CD発売日別リスト」関連記事一覧 <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016年7月

/
/ ////// // /////////////// //////////////////////////////////////////
/ ////// // /////////////// / /
- 07/06 S エポックパレード
シナリオアート
MV(Youtube)
73位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/06 S ふれたら消えてしまう
植田真梨恵
MV(Youtube)
32位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/06 S MINT CONDITION
Suchmos
MV(Youtube)
14位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/06 S 罪と夏
関ジャニ∞
MV(Youtube)
  1位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/06 D Yell
AAA
MV(Youtube)
-位
/ ////// // /////////////// / /
07/06 A 琥珀色の街、上海蟹の朝
くるり
MV(Youtube)
7位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/06 A WE
家入レオ
MV(Youtube)
6位
/ ////// // /////////////// / /
07/06 A THE STILL LIFE
平井堅
MV(Youtube)
4位

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
- 07/07 A DREAMS COME TRUE
 
THE ウラBEST! 私だけのドリカム
DREAMS COME TRUE
MV(Youtube)
1位

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
- 07/13 S ブラッドサーキュレーター
ASIAN KUNG-FU GENERATION
MV(Youtube)
13位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/13 S Living Room
LILI LIMIT
MV(Youtube)
44位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/13 S STARTING NOW!
水樹奈々
MV(Youtube)
3位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/13 S 恋を知らない君へ
NEWS
MV(Youtube)
  1位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/13 A Tシャツと私たち
ウカスカジー
MV(Youtube)
5位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/13 A Good New Times
Gotch
MV(Youtube)
25位
/ ////// // /////////////// / /
07/13 A Just LOVE
西野カナ
MV(Youtube)
1位

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
- 07/20 S E.G. summer RIDER
E-girls
MV(Youtube)
2位
/ ////// // /////////////// / /
07/20 S
藍井エイル
MV(Youtube)
9位
/ ////// // /////////////// / /
07/20 S 薔薇と太陽
KinKi Kids
MV(Youtube)
  1位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/20 D I Don't Understand You
OK Go and Perfume
MV(Youtube)
-位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/20 D Kodama.Kotodama - Single こだま、ことだま。
Bank Band
MV(Youtube)
-位
/ ////// // /////////////// / /
07/20 A DREAMS
Czecho No Republic
MV(Youtube)
27位
/ ////// // /////////////// / /
07/20 A Next One
GLIM SPANKY
MV(Youtube)
9位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/20 A ノイジー・マイノリティー
ヒステリックパニック
MV(Youtube)
23位

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
- 07/25 D 見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~ - Single 見上げてごらん夜の星を
~ぼくらのうた~
ゆず
MV(Youtube)
-位
/ ////// // /////////////// / /
07/25 D 前前前世 (movie ver.)
RADWIMPS
MV(Youtube)
-位

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
- 07/27 S WE ARE GO
UVERworld
MV(Youtube)
4位
/ ////// // /////////////// / /
07/27 S 永すぎた春
パスピエ
MV(Youtube)
40位
/ ////// // /////////////// / /
07/27 S Hero
安室奈美恵
MV(Youtube)
6位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/27 S 裸足でSummer
乃木坂46
MV(Youtube)
1位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/27 S 人生は素晴らしい
ジャニーズWEST
MV(Youtube)
  2位
/ ////// // /////////////// / /
07/27 A 醒めない
スピッツ
MV(Youtube)
2位
/ ////// // /////////////// / /
- 07/27 A best [and/drop]
androp
MV(Youtube)
17位
/ ////// // /////////////// / /
07/27 A DEAR.
Hey!Say!JUMP
MV(Youtube)
  1位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 発売日別リスト(2016年8月)

  発売日別リスト(2016年6月) <<< PREV


 【 2016年の「邦楽CD発売日別リスト」関連記事 】

 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年」 1位-25位 (16.12.27)
 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年」 26位-50位 (16.12.16)
 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年/上半期」 (16.7.19)

 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年上半期) (16.5.23)
 夏ソング/夏の歌セレクション(2016年下半期) (16.7.2)

 邦楽CD発売日別リスト(2016年1月) (16.1.12)
 邦楽CD発売日別リスト(2016年2月) (16.1.29)
 邦楽CD発売日別リスト(2016年3月) (16.2.29)

 邦楽CD発売日別リスト(2016年4月) (16.3.24)
 邦楽CD発売日別リスト(2016年5月) (16.4.28)
 邦楽CD発売日別リスト(2016年6月) (16.5.30)

 邦楽CD発売日別リスト(2016年7月) (16.6.27)
 邦楽CD発売日別リスト(2016年8月) (16.7.28)
 邦楽CD発売日別リスト(2016年9月) (16.9.5)

 邦楽CD発売日別リスト(2016年10月) (17.1.9)
 邦楽CD発売日別リスト(2016年11月) (17.1.10)
 邦楽CD発売日別リスト(2016年12月) (17.1.13)


  >>> 「邦楽CD発売日別リスト」関連記事一覧 <<<

「殺せんせーQ(2016年31号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成 > 週刊少年ジャンプ読切!

 週刊少年ジャンプの2016年31号(7月4日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「殺せんせーQ(ころせんせー・クエスト)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 企画・ストーリー担当の渡邉築(わたなべ・きずく)は、2010年に読切版「メルヘン王子グリム」を本誌に2度掲載した後、その「メルヘン王子グリム」が“本誌2011年12号”から始まり連載デビュー(週刊少年ジャンプ新連載! 「メルヘン王子グリム」 渡邉築参照/18話で終了)。

 続いて“本誌2012年18号”に読切版「恋するエジソン」を掲載し(週刊少年ジャンプ読切! 「恋するエジソン」 渡邉築参照)、その「恋するエジソン」が“本誌2013年10号”から始まり2度目の連載(週刊少年ジャンプ新連載! 「恋するエジソン」 渡邉築参照/25話で終了)。

 連載終了後は、「サッカー天使ケリエル」の読切版を“最強ジャンプ(2014年1月号)”に、短期集中連載版を“最強ジャンプ(2014年5~7月号)”に掲載し、「放課後・オブ・ザ・デッド」を“本誌2014年09号”に(代原に近い形で)掲載しています(「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。


 作画担当の青戸成(あおと・じょう)は、「WATER DRIVE」が“赤マルジャンプ 2009 WINTER”に掲載されデビューを飾り、「×AMQ×」を“赤マルジャンプ 2010 WINTER”に掲載した後(週刊少年ジャンプ増刊!「赤マルジャンプ 2010 WINTER」参照)、「デビル☆クラッチ」を“本誌2010年16号”に掲載して本誌デビュー週刊少年ジャンプ読切! 「デビル☆クラッチ」 青戸成参照)。

 さらには、「MOMO伝記」を“ジャンプNEXT! 2011 WINTER”に(週刊少年ジャンプ増刊!「ジャンプNEXT! 2011 WINTER」参照)、「すずもり。」を“ジャンプNEXT! 2012 WINTER”に(週刊少年ジャンプ増刊!「ジャンプNEXT! 2012 WINTER」参照)、「君色グラファー」を“ジャンプNEXT! 2013 WINTER”に掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2013 WINTER」参照)。


 そしてこの2人がコンビを組んだ(本誌連載「暗殺教室」〈松井優征〉のスピンオフ作品)「殺せんせーQ」が“最強ジャンプ(2015年11月号)”から始まり(松井優征は原作としてクレジット)、今回はJC1巻発売&重大発表を記念して、“本誌2016年01号”(「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成参照)、“本誌2016年10号”(「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成参照)、“本誌2016年16号”(「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成参照)に続く4度目の本誌への読切版出張掲載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「松井優征」関連記事】

  > 「みんなのこち亀」 松井優征 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.21)

  > 「殺せんせーQ(2016年31号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.6.27)
  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「暗殺教室」 松井優征 <JC1巻買い> (12.11.2)
  > 「暗殺教室」 松井優征 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.6.30)

  > 「東京デパート戦争体験記」(ジャンプNEXT! 2011 SUMMER) (11.8.12)


 【「渡邉築」関連記事】

  > 「殺せんせーQ(2016年31号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.6.27)
  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.1.20)

  > 「恋するエジソン」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.2.1)
  > 「恋するエジソン」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.3.31)

  > 「重装思春機兵ティーンエイザー」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.11.21)

  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 <JC1巻買い>  (11.7.6)
  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.2.20)
  > 「メルヘン王子グリム(41号版)」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.9.13)
  > 「メルヘン王子グリム(19号版)」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.4.12)


【「青戸成」関連記事】

  > 「殺せんせーQ(2016年31号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.6.27)
  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「君色グラファー」(ジャンプNEXT! 2013 WINTER) (12.12.28)

  > 「すずもり。」(ジャンプNEXT! 2012 WINTER) (11.12.26)

  > 「MOMO伝記」(ジャンプNEXT! 2011 WINTER) (11.1.9)

  > 「デビル☆クラッチ」 青戸成 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.3.20)

  > 「×AMQ×」(赤マルジャンプ 2010 WINTER) (10.1.10)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月26日 (日)

◎宝塚記念(2016年)穴馬予想&結果

< 6月26日(日)に行われる宝塚記念(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【宝塚記念】

 阪神の芝2200mで行われる重賞(GI)です。

 2016年の上半期を締めくくるグランプリレースですが、上半期のGIは桜花賞しか当てていないので、ここを当てて“終わり良ければなんとやら”といきたいところですね。

 それでここは、トーホウジャッカルを◎にしてみましょう。

 ここ4戦は馬券圏内に入っていないものの、昨年のこのレースは(勝利した菊花賞以来となる)8ヶ月ぶりの休み明けで初の古馬戦ながらいきなり0.3秒差4着と好走していますし、前走の春天も(結果的に1・2着となった)前の馬を早めに捕らえに行く積極的な走りで0.3秒差5着という惜しい内容でした。

 それにこの2年の間に半年以上の休み明けが2度もあったこの馬にとって、これで3戦連続で順調に出走できるということは何よりのプラス材料だと思うので、昨年以上の結果は充分にあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ トーホウジャッカル / 酒井学 (11)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16    マリアライト     蛯名正義   8
 2着 9     ドゥラメンテ      M.デムーロ 1
 3着 3     キタサンブラック   武豊     2
 4着 7     ラブリーデイ     ルメール   4
 5着 8     ステファノス     戸崎圭太   7

15着 11 ◎ トーホウジャッカル 酒井学    6


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  2/13  15.4%  -16,800円  56.9%

☆16年通算   > 23/102 22.5%  -67,140円  78.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京ジャンプS(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎優駿スプリント(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月25日 (土)

☆ FC東京戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第17節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 6/25(土) J1リーグ 1stステージ 第17節・FC東京戦 (日産ス)

  ●0-1 (前半0-0、後半0-1)

  主審: 木村博之  入場者数:21,240人

  .<得点> 0-1 平山相太  (東京・後半44分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 喜田拓也が、Jリーグ通算50試合出場達成(J3も含む)を達成しました。

 喜田拓也が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム試合記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「ホーム無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】


 この試合が、リーグ戦ホーム通算400試合目となりました。


  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 1stステージ最終順位 : 11位 (前節 9位)
         < 6勝 4分 7敗  勝点 22 得点 21 失点 19 得失点差 +2 >


  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「接戦を制した平山の一発。FC東京、5試合ぶりの勝点3

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「急きょ出場の平山が終了間際に決勝ヘッド!
           FC東京が横浜FMに1-0勝利で5戦ぶり白星

 (ドメサカブログ) 「平山の決勝ゴールでFC東京が5戦ぶりの勝利!
             1stステージを9位で折り返す


 (スポニチ) 「横浜 俊輔不在響く…指揮官「フィニッシュの部分で改善しないと」

 (日刊スポーツ) 「横浜11位…中沢、東京にセットプレーやられ危機感

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤、絶好機逃す「力のなさ、責任も感じる」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ FC東京戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第17節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎東京ジャンプS(2016年)穴馬予想&結果

< 6月25日(土)に行われる東京ジャンプステークス(J・GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京ジャンプステークス】

 東京の芝3110mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 中山GJを制しGI馬となったばかりのオジュウチョウサンが登場しますが、昨年のこのレースでそのオジュウチョウサンに先着しての2着と好走したタナトスを◎にしてみましょう。

 その昨年2着の後は3走共に掲示板にすら載れていないものの、半年以上の休み明けだったり経験の浅い減量騎手を乗せていたりもしましたし、前走は6着ながら0.5秒差だったので、昨年好走した舞台&騎手に戻ることで復活もあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ タナトス / 白浜雄造 (11)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    オジュウチョウサン 石神深一  1
 2着 4     ウインヤード     大江原圭  11
 3着 11 ◎ タナトス        白浜雄造   7
 4着 1     エイシンフランキー 森一馬    5
 5着 3     アロヒラニ      五十嵐雄祐 2


  (○複勝:11 3.7倍)  ○的中  3,000円 → 11,100円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  2/12  16.7%  -13,800円  61.7%

☆16年通算   > 23/101 22.8%  -64,140円  78.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎京成盃グランドM(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎宝塚記念(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月24日 (金)

☆ FC東京戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第17節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 6/25(土) 19:00~ J1リーグ 1stステージ 第17節

     vs FC東京 (日産スタジアム)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 << リーグ戦1stステージ順位 >>

  マリノス:「  .8位 6勝 4分 6敗 勝点 22  21得 18失 得失 +3 」
  東京  :「 11位 5勝 5分 6敗 勝点 20  15得 18失 得失 -3 」


 今シーズンのFC東京ですが、まずプレーオフからの参戦となったACLは、3位で迎えたグループリーグ最終節で勝利し逆転で決勝トーナメント進出決定。

 続いて上海上港との対戦となった決勝T1回戦ではホームの第1戦を2-1で制し、アウェーの第2戦も0-0のまま進み、このままいけば準々決勝進出が決まったものの、アディショナルタイムでの失点により惜しくも1回戦で敗退となりました。

 その一方でリーグ戦は、第9節終了時点ですでに5敗と負けが先行し、続く第11節(第10節はACLのため延期)以降は6試合負けなしに転じたとはいえ引き分けが多いため勝ち点をなかなか積み重ねることが出来ず、今週水曜に行われた第13節(延期試合)・浦和戦では前半に2-0とするも後半に3失点で逆転負けして、これでリーグ戦4試合勝ちなし(0勝 3分 1敗)と、中位を抜け出せそうで抜け出せない状況が続いています。

 なお、6月11日(土)に行われた第15節の後は、マリノスが18日(土)に第16節を戦い1週置きの試合間隔なのに対し、東京は15日(水)に第10節(ACLによる延期試合)、18日(土)に第16節、22日(水)に第13節(ACLによる延期試合)と、中2~3日の試合間隔が続いているので、臨戦過程に大きな違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 東京はマリノスにとって長年天敵となっていた相手で、東京がJ1に上がる前には天皇杯で敗れ(1997年)ナビスコカップでも敗退させられ(1999年)、FC東京のJ1昇格後もリーグ戦で5試合勝ちがありませんでした。

 ただ最近は、2007年後半~2010年のリーグ戦8試合でわずか1勝など結果が出ない時期はあったとはいえ、公式戦通算で「15勝 9分 15敗」、リーグ戦通算で「10勝 8分 12敗」と五分に近い数字にまで追い上げてきていますし、リーグ戦ホームではここ4年で(昨年の勝利も含めて)3勝しているので、かつてほどの苦手意識はなさそうです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“ホーム無得点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード 無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 喜田拓也が出場すると、Jリーグ通算50試合出場達成(J3も含む)を達成します。

 喜田拓也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦戦通算153試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代11位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は12位タイ)。

 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)・中澤佑二と並びマリノス歴代13位タイとなります(中澤佑二も得点した場合は14位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に勝利すると、Jリーグ通算400勝達成まで残り7勝となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 東京: なし

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: (中村俊輔)、(下平匠)、金井貢史

 【日本代表】  マリノス: なし
           東京  : 森重真人、丸山祐市

 【U-23日本代表】  マリノス: なし
              東京  : 橋本拳人、室屋成、中島翔哉

 【U-19日本代表】  マリノス: 遠藤渓太
              東京  : 柳貴博

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           東京  : 石川直宏、榎本達也、秋元陽太、水沼宏太

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「俊輔 38歳誕生日も尽きぬ向上心「サッカーは年齢じゃない」」 (6/25)
   > 「中村俊輔「まだまだうまく」先発回避も38歳誓い」 (6/25)
   > 「【横浜M】俊輔、祝38歳「まだまだうまくなりたい」」 (6/25)

   > 「中村俊輔38歳誕生日「サッカーは年齢じゃない」」 (6/24)
   > 「横浜兵藤「勝ちたい」25日東京戦で開幕以来の先発」 (6/24)

   > 「【横浜M】俊輔、最終節欠場へ…トップ下は兵藤起用が濃厚」 (6/23)
   > 「福岡 横浜からMF三門が完全移籍「全ての力尽くして福岡のために」」 (6/23)


 【TV中継】 (生) .6/25(土) 18:50~  スカチャン3

        (録) 6/26(日) 25:00~  スカチャン1

            6/27(月) 09:30~  スカチャン3

            6/28(火) 15:00~  スカチャン2

            7/01(金) 05:00~  スカチャン3
            7/01(金) 21:30~  スカチャン2

            7/02(土) 16:15~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ FC東京戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第17節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2016年6月23日 (木)

2000年代 「このミステリーがすごい!」ベスト50

 「このミステリーがすごい!」(以下「このミス」)の、5年/10年ごとの総合ランキングを作ってみましょう。


 「このミス」では、70人を超える読書家(評論家など)の投票を集計し、その結果をもとにその年のランキングが作られます。

 もう少し詳しく説明すると、投票者は1人につき6作品に投票することができ、その6作品を1位から6位まで順位付けすることで、1位に10点、2位に9点.....、といった具合にそれぞれ点数が付けられます。全投票者が投じた得点を合計し、その結果がランキングとして発表されるというわけですね。

 そしてそのポイントを基にして5年/10年ごとにまとめ、改めてランキングを作ってしまおうという企画なのですが、年ごとに投票者数が若干変わっていたり、“大本命作品が存在する年”と“本命不在の年”とでポイントの分散の仕方も変わりそうなど、ポイントだけで優劣を決めるとなると発売された年によって有利不利が発生してしまうように思えてしまいます。

 しかし、実際に総合ランキングを仮組してみましたら、大本命作品に1位を阻まれた(評価の高い)2・3位作品などがきっちりと上位に入っていたり、本命不在の年の1位作品は他の年の3・4位作品よりも順位が低いなど、発売年によるハンデは意外にもそれほどなさそうに見えたので、この形式により総合ランキングを作成することにしました。

 なので、年間ランキングとはまた違った“5年/10年ごとのランキング”となっているので、読む本を選ぶ際にでも参考にしていただければと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 なお、やはり年ごとに投票者数が異なることで発生する有利不利を少しでも解消するため、得点をそのまま基準として順付けするのではなく、各年の全得点(全作品の得点を合計した数)に占める該当作品の得点の割合(%)を算出し、それをポイントとして順位付けしました。

 * 2003年版から「このミス」の点数算出方式が「アンケート回答者各ベスト6の1位~6位を6点~1点」から「各ベスト6の1位~6位を10点~5点」に変更されたため、2001-2002年版の作品は「10点~5点」方式で集計し直しています

  この変更によって年版の順位とこのランキングの順位が入れ替わっている場合があります(この変更により「高得点票の割合が多い&投票数が少ない」作品より「高得点票の割合が少ない&投票数が多い」作品の方がポイントアップとなり順位の変動が起きています)

 * 対象外作品(発行が期間外/宝島社発行)に関しては、昔の作品になるほど判別が難しくなりますし、これを入れるのか外すのかで大きな差は生まれないので、(注意書きがない場合は)対象外作品に対する投票も含めたうえで各年の全得点を計算することに


【 2000年代 「このミステリーがすごい!」ベスト50 】

 * 対象 : 2001年版(2000年)~2010年版(2009年)のランクイン作品
 * タイトル部分のリンク先 : Amazon.co.jpの作品詳細ページ
 * >>>のリンク先 : 当ブログの感想記事

1位 11.658 容疑者Xの献身 東野圭吾 2006年版 1位 >>>
2位 /6.274 生首に聞いてみろ 法月綸太郎 2005年版 1位 >>>
3位 6.070 ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎 2009年版 1位 >>>
4位 5.956 新参者 東野圭吾 2010年版 1位 >>>
5位 5.653 模倣犯 宮部みゆき 2002年版 1位 >>>
/ / / / / / / /
6位 5.605 葉桜の季節に
君を想うということ
歌野晶午 2004年版 1位 >>>
7位 5.487 警官の血 佐々木譲 2008年版 1位 >>>
8位 5.457 赤朽葉家の伝説 桜庭一樹 2008年版 2位 >>>
9位 5.426 女王国の城 有栖川有栖 2008年版 3位 >>>
10位 5.141 終戦のローレライ 福井晴敏 2004年版 2位 -
/ / / / / / / /
11位 5.044 ジョーカー・ゲーム 柳広司 2009年版 2位 >>>
12位 4.985 完全恋愛 牧薩次
(辻真先)
2009年版 3位 >>>
13位 4.897 告白 湊かなえ 2009年版 4位 >>>
14位 4.776 重力ピエロ 伊坂幸太郎 2004年版 3位 >>>
15位 4.635 半落ち 横山秀夫 2003年版 1位 >>>
/ / / / / / / /
16位 4.477 アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎 2005年版 2位 >>>
17位 4.457 新世界より 貴志祐介 2009年版 5位 >>>
18位 4.444 ダブル・ジョーカー 柳広司 2010年版 2位 >>>
19位 4.213 奇術探偵曾我佳城全集 泡坂妻夫 2001年版 1位 >>>
20位 3.961 独白するユニバーサル
横メルカトル
平山夢明 2007年版 1位 >>>
/ / / / / / / /
21位 3.877 動機 横山秀夫 2001年版 2位 >>>
22位 3.823 天城一の密室犯罪学教程 天城一 2005年版 3位 -
23位 3.780 果断 隠蔽捜査2 今野敏 2008年版 4位 >>>
24位 3.768 制服捜査 佐々木譲 2007年版 2位 >>>
25位 3.750 首無の如き祟るもの 三津田信三 2008年版 5位 >>>
/ / / / / / / /
26位 3.710 邪魔 奥田英朗 2002年版 2位 >>>
27位 3.692 THE WRONG GOODBYE
ロング・グッドバイ
矢作俊彦 2005年版 4位 >>>
扉は閉ざされたまま 石持浅海 2006年版 2位 >>>
29位 3.542 シャドウ 道尾秀介 2007年版 3位 >>>
30位 3.487 Another 綾辻行人 2010年版 3位 >>>
/ / / / / / / /
31位 3.413 狼花 新宿鮫IX 大沢在昌 2007年版 4位 >>>
32位 3.349 第三の時効 横山秀夫 2004年版 4位 >>>
33位 3.343 カラスの親指
by rule of CROW’s thumb
道尾秀介 2009年版 6位 >>>
34位 3.333 追想五断章 米澤穂信 2010年版 4位 >>>
35位 3.323 離れた家 山沢晴雄傑作集 山沢晴雄 2008年版 6位 >>>
/ / / / / / / /
36位 3.213 震度0 横山秀夫 2006年版 3位 -
37位 3.196 黒百合 多島斗志之 2009年版 7位 >>>
38位 3.179 犬なら普通のこと 矢作俊彦
司城志郎
2010年版 5位 >>>
39位 3.170 サクリファイス 近藤史恵 2008年版 7位 >>>
40位 3.144 ミステリ・オペラ 山田正紀 2002年版 3位 >>>
/ / / / / / / /
41位 3.138 GOTH 乙一 2003年版 2位 >>>
42位 3.094 禿鷹の夜 逢坂剛 2001年版 3位 >>>
43位 3.086 粘膜蜥蜴 飴村行 2010年版 6位 >>>
44位 2.974 愚か者死すべし 原りょう 2006年版 4位 >>>
45位 2.898 銃とチョコレート 乙一 2007年版 5位 >>>
/ / / / / / / /
46位 2.897 スティームタイガーの死走 霞流一 2002年版 4位 >>>
47位 2.883 奇偶 山口雅也 2003年版 3位 -
48位 2.871 神様ゲーム 麻耶雄嵩 2006年版 5位 >>>
49位 2.866 名もなき毒 宮部みゆき 2007年版 6位 >>>
50位 2.843 銀輪の覇者 斎藤純 2005年版 5位 -

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「年代別“このミス”ベスト50」関連記事】

  > 2010年代 「このミステリーがすごい!」ベスト50(暫定) (16.7.31)
  > 2010年代・前期 「このミステリーがすごい!」ベスト50 (15.1.1)
  > 2010年代・後期 「このミステリーがすごい!」ベスト50(暫定) (16.12.25)

  > 2000年代 「このミステリーがすごい!」ベスト50 (16.6.23)
  > 2000年代・前期 「このミステリーがすごい!」ベスト50 (16.1.1)
  > 2000年代・後期 「このミステリーがすごい!」ベスト50 (15.1.2)

  > 1990年代・後期 「このミステリーがすごい!」ベスト50 (16.8.20)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2016年6月22日 (水)

◎京成盃グランドM(2016年)穴馬予想&結果

< 6月22日(水)に行われる京成盃グランドマイラーズ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京成盃グランドマイラーズ】

 船橋のダート1600mで行われる南関重賞(SIII)です。

 近走の重賞で掲示板に載っている馬が何頭もいるので穴狙い的にも選んでみたい馬が多いのですが、ここはあえて近走で好走していない不人気馬のカーティスバローズを思い切って◎にしてみましょう。

 この馬は今回が中央から移籍後2戦目となるのですが、移籍初戦は良い所なく9着惨敗でしたし、移籍前は障害レースを走っていたので、今回人気がないのも頷けます。

 ただ昨年の今頃は中央1600m下で連続好走したうえで勝ち上がっていますし、その後のOPでは好走していないとはいえ掲示板入りする(この時の勝ち馬は2走後のGIII・エムルSを制したジェベルムーサで、2・3着馬とは0.4秒差)など準OP以上の力は確実にあったように思います。

 そして移籍初戦の前走は、障害戦以来となる3ヶ月の休み明けで馬体重マイナス22kg、しかも交流重賞だったことも考えれば、今回状態が戻っていればいきなりの激走を見せる可能性はあるとみて、オッズの妙味も考慮して一か八かこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ カーティスバローズ / 今野忠成 (6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7     レガルスイ      石崎駿   3
 2着 2     プリンセスバリュー 酒井忍   9
 3着 14    グランディオーソ   山崎誠士 6
 4着 5     タイムズアロー    真島大輔 2
 5着 1     リアライズリンクス  張田昴   13

14着 6  ◎ カーティスバローズ 今野忠成 12


 前日夜にはグランディオーソを◎にしようと決めていたのに、当日朝にこの記事を書く直前に急に思い立って◎馬を変更したらこの結果なので、本当に当たらない状況が続いている状態ならではのダメダメ予想でしたねェ。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  1/11   9.1%  -21,900円  33.6%

☆16年通算   > 22/100 22.0%  -72,240円  75.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎函館スプリントS&ユニコーンS(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京ジャンプS(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月21日 (火)

「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2016年5月)

 「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」本編(ラジオ)&Podcastの、2016年5月のプレイリストです

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

 内容を細かく書いてしまうと、これから聴く方の楽しみを奪ってしまうことになるので、話に出てくる主なキーワードを並べるだけにしてみました(ただ最近はある程度詳しく書くようになってきたので、未聴の方はネタバレにご注意ください)

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 半年前までに配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません


 / 放送日(収録日) / 本編 or P-C(Podcast) / 放送(収録)時間 /
 / “タイトル” / 「キーワード」(『』はメッセージ(メール)テーマ) /


 NEXT >>> 本編&Podcast プレイリスト(2016年6月)

 本編&Podcast プレイリスト(2016年4月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2016年 5月 】


05/06 本編 (2:00:00) “『ゴールデンウィークの予定』”

 「鯉のぼり好き日村」「"クレイジージャーニー"DVD発売イベント
 開催:客層が大人/今回も設楽目撃情報あり("かおたん"には
 行かず)/今日の"かおたん"で宮嵜P目撃情報」「曲対決(×日
 村:おまえにチェックイン/沢田研二 vs ○設楽:オー・シャンゼ
 リゼ/えんがわ)」「先週の放送でハワイのお薦め店を教えても
 らったリスナーからのメール」「ラジオが始まる寸前にドロボー
 からベガス土産を貰う(事前にベガスに行くことを誰にも教えず)」
 「設楽がレギュラー番組数芸人1位に(ネット記事)」「DAIGO・北
 川景子の結婚式/相武紗季結婚」「彼女とケンカして家を追い
 出され非常階段で生活しているリスナー」「包茎イジリに怒る日
 村」「ヒムペキ兄さん("サイレントマジョリティー/欅坂46"ヒムペ
 キ・普通の方がいい場合の方が多いよVer.)」「同窓会での切
 ないエピソード」「日村が学生時代にチャリンコ旅行した友達と
 ケンカして絶交した友達は同一人物(根岸くん)だった」「ヒムタ
 ンビーム」「ヒロメネス(偏見/宣言)」「曲対決(○日村:ひだまり
 の詩/Le Couple vs ×設楽:年下の男の子/原田知世)」


05/06 P-C (0:44:22) “ドロボーが何も言わずにラスベガスへ”

 「

 「JUNK バナナマン「ゴールデンウィーク何してた?」(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/13 本編 (2:00:00) “日村44歳の誕生日”

  恒例のサプライズゲスト:星野源

 「スティーヴィー・ワンダーの"ハッピー・バースデイ"がかかる
 (5月13日はスティーヴィー・ワンダーの誕生日)」「日村44歳の
 誕生日」「いつものメンバー(ケンコバ,ななめ・岡安,江戸むらさ
 き・野村,つぼます・大坪,井戸田,小峠)でロンドンバス貸切で日
 村をお祝い/ホリ,原口あきまさ,山本高広がサプライズ合流」
 「ドロボーの奥さんから日村へのメッセージ」「源くんの登場を
 期待する日村(あの頃の星野源はもういない?)」「源くん登場
 「ここ最近の源くんの活躍」「今年は日村への歌を作って来て
 いない?(作ってもらえて当たり前と思ってる日村を注意)」「雑誌
 "AERA"の星野源連載に設楽がゲスト対談」「源くんとの旅行
 計画(星野リゾート?)」「去年の"日村勇紀43歳誕生日の歌"を
 聴く」「それぞれの高1(源くん:大人計画観て演劇始める/日村
 :奥歯が痛くなって部活辞める/設楽:バンド始める)」「さまぁ~
 ず三村がTwitterで日村にメッセージ」「日村から源くんへの手
 紙を朗読」「源くんが"日村さん44歳誕生日の歌"生披露(源くん
 の誕生日に食事するも日村が財布忘れて代わりにバカリズム
 が払う)」「日村が全裸で謝罪して源くん退場」「バカリズムもツ
 イート」「44歳の決意表明」「日村ツーリスト(部屋割り)」


05/13 P-C (0:45:40) “日村44歳の誕生日・Podcast版”

 「

 「JUNK バナナマン「星野源さんが日村勇紀の誕生日を祝福!」(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/20 本編 (2:00:00) “『"ペペラペラペラ"クイズ募集』”

 「"ペ"と"ラ"だけ使って歌った唄を当てるクイズ」「先週の星野
 源ゲストを回顧(旅行計画)」「ガラの悪い人の絡まれたエピソー
 ド(離れた所から悪口/吐き出したガムが日村の額に)」「KABA.
 ちゃんが声帯手術」「"ペラ"か"テラ"か分からなくなる(日村は
 "テラ"と言い張る/冒頭で歌った日村の歌を流して確認/"ペラ"
 が正解)」「曲対決(×日村:旅人のうた/中島みゆき vs ○設楽
 :Neon Sign Stomp/EGO-WRAPPIN')」「バナナ消滅の危機(新
 パナマ病)」「車で仕事に行く途中に小銭だけ持って缶コーヒー
 を買いに降りたら車がロックかかってしまった日村(スマホも車
 の中なので連絡できず/タクシーで自宅に戻るも管理人不在で
 家の中に入れず/不動産で鍵借りて家に入るも車の予備キー
 が見つからず/ようやく発見し仕事にも間に合う/ドジの神様)」
 「日村の車エピソード:車の中にウンコ?/家に着くとファンファー
 レ(未だに解除出来ず)」「ヒムペキ兄さん("くちばしにチェリー/
 EGO-WRAPPIN'"ヒムペキ・この歌はエロくないよVer.)」「ヒムタ
 ンビーム」「ヒロメネス(偏見/宣言)」「曲対決(×日村:花束を君
 に/宇多田ヒカル vs ○設楽:SWEET MEMORIES/原田知世)」


05/20 P-C (0:49:47) “日村、久々に電車に乗る”

 「

 「JUNK バナナマン「ペとラだけで歌う ペペラクイズとは?」(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/27 本編 (2:00:00) “『素っ裸川柳2016』”

 「日村が"アメトーーク!"の"いつも一緒にいる芸人"にケンコバと
 出演(日村の話し方が気持ち悪い)」「サラリーマン川柳発表(日
 村にクイズ出題/全く当たらないどころか答えを聞いても理解で
 きず)」「久々に素っ裸DJが登場し素っ裸川柳を披露」「曲対決
 (×日村:I Love you, SAYONARA/チェッカーズ vs ○設楽:きっ
 かけ/乃木坂46)」「素っ裸作家も登場(裸になっても帽子は取ら
 ない)」「久々に"恋するフォーチュンクッキー"の素っ裸ダンス披
 」「素っ裸DJ&素っ裸作家の記念写真撮影」「素っ裸DJ退場」
 「1万円片手に駆け寄って来た若者に突然"ヒントください!"と言
 われた設楽」「7テラのレコーダー(7テラの凄さを例えで説明す
 るのが下手な日村)」「電化製品や車・服への愛着」「土産物(置
 物)を蒐集している日村(設楽も買い始める)」「ヒムペキ兄さん
 (ペペラ・イントロクイズ)」「曲対決(×日村:チャールストンにはま
 だ早い/田原俊彦 vs ○設楽:B・BLUE/BOØWY)」


05/27 P-C (0:28:50) “設楽、今季初めて冷やし中華食べる”

 「

 「JUNK バナナマン「素っ裸DJが帰ってきた!」(TBS RADIO HP)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 本編&Podcast プレイリスト(2016年6月)

 本編&Podcast プレイリスト(2016年4月) <<< PREV

Live Tour “YELLOW VOYAGE" />Live Tour “YELLOW VOYAGE" (初回限定盤)

ビクターエンタテインメント 2016-06-22
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2016年の「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2015-2016年) (15.1.16)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2016年) (16.1.6)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2016年1月) (16.1.2)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2016年2月) (16.2.16)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2016年3月) (16.3.10)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2016年4月) (16.4.3)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2016年5月) (16.6.21)


 その他の年の「バナナムーンGOLD」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<

2016年6月20日 (月)

「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2011年)

 「週刊少年ジャンプ」の、2011年(2010年12月発売の01号~)に掲載された読切作品の一覧です


 発売日 / 収録号 / タイトル / 作者名 / *備考

 タイトルのリンク先は、当ブログの作品情報記事

 作者・作品の詳しい情報はリンク先の個別記事をご覧ください

 当ブログにおける“代原(代理原稿)”の定義は
 “前号に掲載予告が載っていなかった読切作品”としています


 NEXT >>> 読切作品リスト(2012年)

 読切作品リスト(2010年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

12/06 01   006
          榎 伸晃

         * “2011年もトバしていくぜ!!
            ジャンプ本気印の漫画カーニバル”第1弾
         * 本誌デビュー作


12/13 02   サジタリ
          野々上 大二郎

         * “2011年もトバしていくぜ!!
            ジャンプ本気印の漫画カーニバル”第2弾
         * 本誌デビュー作


12/20 03・04 黒鉄 -クロガネ-
          池沢 春人

         * “2011年もトバしていくぜ!!
            ジャンプ本気印の漫画カーニバル”第3弾
         * デビュー作
         * タイトルを「クロガネ」に変えて
          2011年39号から連載化 → 新連載記事


01/04 05・06 青の祓魔師(特別番外編)
          加藤 和恵

         * ジャンプ本誌初登場
         * 「ジャンプSQ.」からの出張掲載
         * アニメ化記念


01/04 05・06 信魂さんいらっしゃい
          大石 浩二

         * “繋げギャグの熱きたすき!!
              ニューイヤーギャグ伝”第1走者
         * 連載作「いぬまるだしっ」の方は1ページのみ掲載

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

01/04 05・06 ギャグマンガ日和 出張版
          増田 こうすけ

         * “繋げギャグの熱きたすき!!
              ニューイヤーギャグ伝”第2走者
         * 「ジャンプSQ.」からの出張掲載
         * 「2005年28号」「2006年50号」「2007年48号」
           「2010年02号」「2010年38号」に続く
           6回目の出張掲載


01/04 05・06 カッコカワイイ宣言!(本誌出張版)
          地獄のミサワ

         * “繋げギャグの熱きたすき!!
              ニューイヤーギャグ伝”第3走者
         * ジャンプ本誌初登場
         * 「ジャンプSQ.」からの出張掲載


01/04 05・06 お前んち、お化け屋敷
          麻生 周一

         * “繋げギャグの熱きたすき!!
              ニューイヤーギャグ伝”最終走者


01/17 07   IPPONバンビ!
          宮本 和也

         * “2011年もトバしていくぜ!!
            ジャンプ本気印の漫画カーニバル”第4弾


01/24 08   となりのマサミちゃん
          黒瀬 尚人

         * 赤塚賞受賞作
         * デビュー作
         * 代原(『BLEACH』が急遽休載)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

01/24 08   改造人間ロギイ
          三木 有

         * “2011年もトバしていくぜ!!
            ジャンプ本気印の漫画カーニバル”第5弾
         * デビュー作
         * 同タイトル読切を
           「ジャンプVS -バーサス-」に掲載 → 増刊記事
         * 2015年13号から連載化 → 新連載記事


01/31 09   ENMA GAVEL
          芝田 優作

         * “2011年もトバしていくぜ!!
            ジャンプ本気印の漫画カーニバル”第6弾


02/07 10   月・水・金はスイミング
          福島 鉄平

         * “2011年もトバしていくぜ!!
            ジャンプ本気印の漫画カーニバル”第7弾


04/11 18   遊☆戯☆王ZEXAL(本誌出張版)
          高橋 和希 スタジオ・ダイス 吉田 伸 三好 直人

         * ジャンプ本誌初登場(吉田・三好)
         * 「Vジャンプ」からの出張掲載
         * アニメ化記念


04/25 20・21 ハイキュー!!
          古舘 春一

         * 「ジャンプNEXT! 2011 WINTER」に掲載の
           同タイトル読切をリニューアル → 増刊記事
         * 2012年12号から連載化 → 新連載記事

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/09 22   超能力者斉木楠雄のψ難(本誌22号版)
          麻生 周一

         * 「ジャンプNEXT! 2011 WINTER」に掲載の
           同タイトル読切をリニューアル → 増刊記事
         * 2012年24号から連載化 → 新連載記事


06/13 27   超能力者斉木楠雄のψ難(本誌27号版)
          麻生 周一

         * 「2011年22号」に続く同タイトル読切掲載
         * 2012年24号から連載化 → 新連載記事


06/27 29   超能力者斉木楠雄のψ難(本誌29号版)
          麻生 周一

         * 「2011年22号」「2011年27号」に続く
           同タイトル読切掲載
         * 2012年24号から連載化 → 新連載記事


07/16 32   タカマガハラ
          川井 十三

         * 第7回「ジャンプ金未来杯」エントリー作品
         * 本誌デビュー作
         * 「赤マルジャンプ2009SUMMER」に掲載の
           同タイトル読切をリニューアル → 増刊記事
         * 2012年32号から連載化 → 新連載記事


07/25 33   -SINS-シンズ
          三浦 征隆

         * 第7回「ジャンプ金未来杯」エントリー作品
         * 本誌デビュー作

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/25 33   超能力者斉木楠雄のψ難(本誌33号版)
          麻生 周一

         * 「2011年22号」「2011年27号」「2011年29号
           に続く同タイトル読切掲載
         * 2012年24号から連載化 → 新連載記事


08/01 34   ツキミのソバ
          小倉 祐也

         * 第7回「ジャンプ金未来杯」エントリー作品


08/08 35・36 叢鋼 -ムラハガネ-
          やしろ 学

         * 第7回「ジャンプ金未来杯」エントリー作品
         * 本誌デビュー作


08/22 37   HUNGRY JOKER
          田畠 裕基

         * 第7回「ジャンプ金未来杯」エントリー作品(優勝)
         * 本誌デビュー作
         * 2012年50号から連載化 → 新連載記事


08/29 38   WOLF×RED
           嵩橋 ヒデキ

         * 第7回「ジャンプ金未来杯」エントリー作品

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/26 42   超能力者斉木楠雄のψ難(本誌42号版)
          麻生 周一

         * 「2011年22号」「2011年27号」「2011年29号
           「2011年33号」に続く同タイトル読切掲載
         * 2012年24号から連載化 → 新連載記事


10/03 43   超能力者斉木楠雄のψ難(本誌43号版)
          麻生 周一

         * 「2011年22号」「2011年27号」「2011年29号
           「2011年33号」「2011年42号」に続く同タイトル読切掲載
         * 2012年24号から連載化 → 新連載記事


10/08 44   実力派エリート迅
          葦原 大介

         * “AUTUMN SPECIAL!! 3連大型読切”第1弾
         * 本作を基に「ワールドトリガー」として
          2013年11号から連載化 → 新連載記事


10/17 45   ケルベロスッ
          キヨミズ リュウタロウ

         * “AUTUMN SPECIAL!! 3連大型読切”第2弾
         * 本誌デビュー作


10/24 46   競技ダンス部へようこそ
          横田 卓馬

         * “AUTUMN SPECIAL!! 3連大型読切”第3弾
         * 本誌デビュー作
         * 「背すじをピン!と ~鹿高競技ダンス部へようこそ~」
           にタイトルを変えて
           2015年24号から連載化 → 新連載記事


11/21 50   超能力者斉木楠雄のψ難(本誌50号版)
          麻生 周一

         * 「2011年22号」「2011年27号」「2011年29号
           「2011年33号」「2011年42号」「2011年43号
           に続く同タイトル読切掲載
         * 2012年24号から連載化 → 新連載記事

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 NEXT >>> 読切作品リスト(2012年)

 読切作品リスト(2010年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2011年の週刊少年ジャンプ」関連記事】

  > 読切作品リスト(2011年) (15.6.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月19日 (日)

「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「黒の羽衣と黒のオニ(くろの・はごろもと・くろの・オニ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の中村けんいち(なかむら・けんいち)は、「OLYMPIA -オリンピア-」が“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年7月期)”の最終候補、「HAGANE ハガネ」が“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年1月期)”の有望投稿作となった後、「黒の羽衣と黒のオニ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年2月期)”の佳作&グランドトレジャーを受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集:杉田)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

その拳は誰(た)が為に―――

☆第104回トレジャー新人漫画賞佳作&GT賞受賞作!読切45P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎函館スプリントS&ユニコーンS(2016年)穴馬予想&結果

< 6月19日(日)に行われる函館スプリントステークス(GIII)ユニコーンステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【函館スプリントステークス】

 函館の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 いよいよ北海道開催がスタートということで夏の到来が感じられますが、初っ端の重賞は全馬の複勝最低オッズが2倍以上という混戦状態なのでかなり予想の難しいレースとなっています。

 そして斤量の軽い3歳馬が5頭も参戦するので、やはりどうしても穴狙いとしてはそちらに目が行ってしまいそうではあるものの、そんな時こそ重い斤量を背負う実績馬、しかも北海道開催レースでは定番の狙い馬である“洋芝実績馬”が来るのではないかと思うのです。

 そこで何頭かが候補に挙がったのですが、その中から、9歳と今回のメンバーで最高齢馬で、1頭だけ最重量の57kgを背負い、それもあってかこれを書いている時点で13番人気という不人気馬のセイコーライコウを思い切って◎に選んでみました。

 この馬はこのレースに2年連続で出走していてどちらも僅差の4着と(馬券圏には惜しくも届かなかったとはいえ)荒れた結果の中で安定した走りを見せていますし、今年に入ってからの重賞2走はいずれも二ケタ着順ではあるものの前走の韋駄天Sでは昨年より順位を上げています。

 それでいて現時点で複勝最低オッズが10倍以上という人気を考えればここは狙うしかないだろうということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ セイコーライコウ / 柴田善臣 (6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16    ソルヴェイグ    丸田恭介 12
 2着 3     シュウジ      岩田康誠  2
 3着 1     レッツゴードンキ 吉田隼人  7
 4着 9     アクティブミノル  藤岡康太  3
 5着 5     エポワス      杉原誠人 10

14着 6  ◎ セイコーライコウ  柴田善臣 14


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ユニコーンステークス】

 東京のダート1600mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 この世代の中央ダート重賞は今回が初となるので、力関係など分かりにくいものの、ここまでの戦績を見てみると上位人気3頭がかなり強そうですね。

 それで穴狙いとしてはこの3強に割って入れそうな馬を選ばなければならないのですが、ここはピットボスを◎にしてみましょう。

 この馬は、ダート代わり初戦で未勝利戦を勝ち抜いた後、500万下を勝つまで4戦を要しましたが、3走前&2走前は同タイム(クビ+ハナ差)の3着に同タイム(クビ差)の2着とかなり惜しい結果が続いていたため、500万下のレベルであれば3連勝出来るだけの力はあるということだと思うので、初のOP(重賞)クラスとなる今回でもいきなり結果を出してしまう可能性はあるのでは。


  ◎ ピットボス / 幸英明 (6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12    ゴールドドリーム   川田将雅  2
 2着 13    ストロングバローズ ルメール   1
 3着 14    グレンツェント     T.ベリー   3
 4着 6  ◎ ピットボス       幸英明    6
 5着 11    クインズサターン   石川裕紀人 5


 あとちょっと(クビ差)で3強の間に割って入れたのですけどね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  1/10  .10.0%  -18,900円  37.0%

☆16年通算   > 22/99  22.2%  -69,240円  76.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎関東オークス(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎京成盃グランドM(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月18日 (土)

☆ 大宮戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第16節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 6/18(土) J1リーグ 1stステージ 第16節・大宮アルディージャ戦 (NACK)

  △1-1 (前半0-0、後半1-1)

  主審: 岡部拓人  入場者数:12,510人

  .<得点> 0-1 家長昭博  (大宮・後半22分)
         1-1 下平匠    (横浜・後半45分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 ファビオが、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成しました。

 喜田拓也が、Jリーグ通算50試合出場達成(J3も含む)にリーチとなりました。

 齋藤学が、マリノス所属時公式戦戦通算202試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となりました。

 齋藤学が、マリノス所属時リーグ戦戦通算158試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独17位となりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 1stステージ順位(暫定) : 9位 (前節 8位)
         < 6勝 4分 6敗  勝点 22 得点 21 失点 18 得失点差 +3 >

   * 1stステージ順位確定 > 6~12位


  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「痛み分けのドロー。大宮はホーム2勝目ならず

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「大宮、30歳になったFW家長の先制点も…
            横浜FM下平が土壇場で同点ゴール奪う

 (ドメサカブログ) 「横浜FMが土壇場で追いつきドローに持ち込む
             下平は古巣大宮から同点弾


 (スポニチ) 「U―23代表の富樫 7戦ぶり先発も不発 アピールならず

 (日刊スポーツ) 「横浜下平「苦しい展開」古巣大宮から終了間際同点弾

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・下平、古巣から同点ゴール「点になってよかった」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 大宮戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第16節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「GARBAGE WORLD(ガーベッジ・ワールド)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の三辺詩音(みなべ・しおん)は、「X(クロス)-フィスト」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年10月期)”の最終候補一歩手前、「UNDER TAKER」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年2月期)”の最終候補となった後、「GARBAGE WORLD」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年1月期)”の佳作&グランドトレジャーを受賞。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:上野)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆降って来たのはゴミの山と…女の子!?
    荒廃した世界で始まるボーイミーツガール読切45P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月17日 (金)

『現代詩人探偵』 紅玉いづき > 「このミス」完全読破 No.892

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.892

 『現代詩人探偵』 紅玉いづき

   「このミス」2017年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2016.6.11 ~ 読終:2016.6.16

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2016年3月>

現代詩人探偵 (ミステリ・フロンティア)現代詩人探偵 (ミステリ・フロンティア)
紅玉 いづき

東京創元社 2016-03-12
売り上げランキング : 208255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 将来詩人として生きていきたい人が集まったSNSコミュニティ『現代詩人卵の会』の地方都市オフ会がファミレスで行われ、参加した9人のメンバーは詩の合評などを行なって有意義な時間を過ごし、10年後の同じ日、同じ時間に、同じ場所で再会することを誓約。

 そして約束の日、ファミレスにやって来たのは(10年前の半数しかいない)5人のみで、残りの4人はこの10年の間に自殺や事故で亡くなっていたことが判明。

 そこで、4人の死をこの時初めて知った主人公は、(大学を出てからは就職せずコンビニの深夜バイトで働き、雑誌の読者投稿欄に詩を送っても掲載されないなどの鬱屈した状況により)詩を書いて生きることに疑問を感じ始めていたこともあり、4人の死について調べていくことに.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作ですが、主に電撃文庫などでライトノベル系作品を発表してきた紅玉いづきによる、初のミステリ作品となります。

 最初のオフ会で『探偵』というタイトルの詩を発表したことから“探偵くん”と呼ばれることになった主人公が、まさに探偵のようにかつての仲間の死について探っていく物語なのですが、やはり“詩”が一番のテーマとなっていることもあってか詩を思わすような文体で綴られていき、詩や人生や死生観に対し苦悩する主人公の心情が話の中の多くを占めています。

 それに、主人公が4人それぞれの死に不審なところを見つけ、その謎を解き、真相を暴き出していく、といったミステリの王道的な流れには向かっていかないので、ミステリ小説というよりは“詩人による内省的な青春小説”といった読み味の方が強く感じられるかもしれません。

 ただだからといってミステリ小説ではないのかといえばそんなことはなくて、主人公は4人の死にまつわる事情(死んだ状況/家族・恋人/遺された詩)に触れることにより、犯人捜しなどの分かりやすい謎を解くのではなく、“なぜ死ぬことになった(死を選んだ)のか”から始まり、“それ(死)に詩は関わっていたのか”、“詩人としての死であったのか”、“死ぬことでしか詩人には成りえないのか”、といった“詩と死”の関係性にまつわる謎を探って解き明かすという、“詩(詩人)”がテーマである本作だからこそのミステリ的演出となっているのですね。

 なので、そういった部分にミステリとしての読み応えを感じられなかったり、詩ならではの表現や詩人たちの心情などを理解しにくかったりすると、本作に対して肌の合わなさを覚えてしまうかもしれませんが、この作風を受け入れられるのであれば、王道ミステリ的なサプライズも用意されていますし、なにより詩人が主人公の青春物語として(暗い雰囲気ではあるものの)とても興味深くて面白いので、好きな人ならば作中世界にしっとりと浸れるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


 ☆☆★★★ : 本格ミステリ度
 ★★★★ : ビックリ驚愕度
 ☆☆☆☆★ : 熱アクション度
 ☆☆☆★★ : 鬼畜グログロ度
 ☆☆☆★★ : 主キャラ魅力度
 ☆☆★★★ : 人間味ドラマ度
 ☆☆★★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆☆☆★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆☆★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆★★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「真実の檻」下村敦史 <<< PREV/NEXT >>> 「誰も僕を裁けない」早坂吝

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「RINGO」 寺坂研人 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「RINGO(リンゴ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の寺坂研人(てらさか・けんと)は、「そばのせんす」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年11月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞し、その受賞作「そばのせんす」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.2”に掲載してデビュー(「そばのせんす」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2参照)。

 続いて、「リンゴ。」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.6”に掲載し(「リンゴ。」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6参照)、タイトルを少し変え内容もリニューアルした本作にて約半年ぶりの新作発表&初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

そして、僕達は ラグビーと出会う。

☆二人の歩みは、ここからはじまる!!
         青春ラグビー物語新連載49P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「寺坂研人」関連記事】

  > 「RINGO」 寺坂研人 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.17)
  > 「リンゴ。」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.16)

  > 「そばのせんす」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.17)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月16日 (木)

「21HOLMS」 松原大 > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「21HOLMS(トゥエンティーワン・ホームズ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の松原大(まつばら・まさる)は、「CHIKUWA WESTERN」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.4”に掲載してデビュー(「CHIKUWA WESTERN」 松原大 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4参照)。

 そして本作にて約2年ぶりの新作発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

都会の闇を切り裂き、 光を照らす(っぽい)
 2人組の男女…その正体は!?

☆最高の名探偵の子孫は最強の迷探偵…!?
  ズバット推理アクション読切47P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「松原大」関連記事】

  > 「超加速人間レオ」 松原大 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.8.29)

  > 「21HOLMS」 松原大 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.16)

  > 「CHIKUWA WESTERN」 松原大 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4 (14.8.5)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

☆ 大宮戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第16節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 6/18(土) 19:00~ J1リーグ 1stステージ 第16節

     vs 大宮アルディージャ (NACK5スタジアム大宮)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 << リーグ戦1stステージ順位(暫定) >>

  マリノス:「 8位 6勝 3分 6敗 勝点 21  20得 17失 得失 +3 」
  大宮  :「 4位 7勝 4分 4敗 勝点 25  16得 15失 得失 +1 」


 昨シーズンはJ2で優勝し1年でJ1に復帰した大宮ですが、今シーズンは開幕からFC東京・柏相手に無失点での連勝スタートとなり、ACL勢(G大阪・広島)相手に連敗するも、第5節から6試合負けなし(3勝 3分 0敗)と手堅く勝ち点を稼ぐことに成功。

 第11節で浦和に敗れ、ここ2試合(神戸戦・新潟戦)は勝てていないものの(0勝 1分 1敗)、15試合で15失点&6試合無失点という堅い守備は維持していて、1st優勝の可能性はなくなったとはいえ現在4位とJ1復帰1年目ながら上位争いを演じています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 大宮戦のアウェーはマリノスにとって長年に渡り鬼門となっていて、リーグ戦初対戦となった2005年から2013年まで9年間勝利がありませんでした(0勝 6分 3敗)。

 しかし、2014年にはアディショナルタイムでの逆転弾という劇的な勝利で、ようやくリーグ戦アウェーで大宮を撃破することに成功しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 ファビオが出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します。

 喜田拓也が出場すると、Jリーグ通算50試合出場達成(J3も含む)にリーチとなります。

 三門雄大が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 齋藤学が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算202試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 齋藤学が出場すると、マリノス所属時リーグ戦戦通算158試合出場となり、山瀬功治(05-10)を抜いてマリノス歴代単独17位となります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦戦通算153試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代11位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は12位タイ)。

 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)・中澤佑二と並びマリノス歴代13位タイとなります(中澤佑二も得点した場合は14位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に勝利すると、Jリーグ通算400勝達成まで残り7勝となります。

 この試合に敗れると、Jリーグアウェー通算150敗まで残り7敗となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 大宮: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 中村俊輔、栗原勇蔵、小林祐三、中町公祐

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: 金井貢史、(パク ジョンス)

 【日本代表】  マリノス: なし
           大宮  : なし

 【U-23日本代表】  マリノス: 喜田拓也、前田直輝、富樫敬真
              大宮  : なし

 【U-19日本代表】  マリノス: なし
              大宮  : なし

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 下平匠
           大宮  :

 【ホームゲームイベント情報】  大宮オフィシャル

 【チケット情報】  大宮オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【横浜M】伊藤翔「自分もよりいっそう頑張ろう」同郷イチローの快挙に」 (6/16)
   > 「福岡 横浜MF三門獲り 最下位脱出の切り札に」 (6/16)

   > 「敬真 母校児童と交流で英気養う「懐かしかった」」 (6/15)
   > 「【横浜M】富樫、前田らが小学生と交流「純粋にサッカー楽しむ気持ち思い出した」」 (6/15)
   > 「大宮 DF福田が肉離れ、全治3~4週間」 (6/15)


 【TV中継】 (生) .6/18(土) 18:50~  スカチャン3
            6/18(土) 19:00~  テレ玉

        (録) 6/19(日) 25:30~  スカチャン1

            6/20(月) 09:00~  スカチャン2
            6/20(月) 18:00~  スカサカ!

            6/21(火) 14:00~  スカチャン1

            6/22(水) 05:00~  スカチャン3

            6/23(木) 08:00~  スカチャン2
            6/23(木) 18:00~  スカサカ!

            6/25(土) 15:30~  スカチャン3

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 大宮戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第16節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2016年6月15日 (水)

「君が僕の帰る場所」 泉拓也 > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「君が僕の帰る場所(きみが・ぼくの・かえる・ばしょ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の泉拓也(いずみ・たくや)は、東京工芸大学芸術学部マンガ学科出身で、「二十日蛍」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年3月期)”の最終候補一歩手前となった後、「棗の葉」で“手塚賞(2015年上半期)”の佳作を受賞。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:戸谷)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆自宅がヤバイ。 ハイテンション家コメディ読切15P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎関東オークス(2016年)穴馬予想&結果

< 6月15日(水)に行われる関東オークス(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【関東オークス】

 川崎のダート2100mで行われる交流3歳牝馬重賞(JpnII)です。

 この世代のみの牝馬限定交流重賞は2歳時のエーデルワイス賞とこのレースしかないこともあって、地方馬も含めて力関係などまだ分かりにくいため、予想が難しい分、意外な展開や結果もありそうなのでレースを観るのが楽しみですね。

 ただ今年の場合、南関牝馬クラシック・東京プリンセス賞の上位3頭が東京ダービーの方に回ったので、結構馬券に絡むことの多い地方馬の激走は今年に限れば難しいでしょうか(元中央馬で東京プリンセス賞5着のポッドガゼールなんかは面白そうな存在ですが)。

 そしてここでも交流重賞恒例の“(あえて1番人気馬を外した)単勝複数買い”でいく予定なため、単勝ならさすがに中央馬4頭(ブライトリビング・ディーズプラネット・アルセナーレ・タイニーダンサー)に絞っていいと思うのですが、前日オッズでは4頭が3~4倍でほぼ横並びという混戦状態となっていて、馬単や3連単のオッズを見た感じだと、タイニーダンサーが1番人気、ブライトリビングが2番人気、ディーズプラネットアルセナーレが3・4番人気を争う形となりそうな感じです。

 それで“単勝複数買い”としては2・4番人気か3・4番人気の組み合わせになりそうであるものの、人気やオッズは当日になってある程度オッズが固まらないことには判断できないので、最終予想を決めるのはそれまで待って、レース30分前までにここに追記する予定です。


[ 追記 ]
 レース約1時間前のオッズを確認したところ、前日オッズから予測した人気順位とは違っていましたが、4頭すべてが2~4倍の中に入っているので混戦状態は(前日から)変わっていませんね。

 それで、どの馬で当たっても総資金の2倍以上となるように選ぶとなると、ちょっとこのオッズの並びだと2頭も選べないのではないかと思い、他の券種での買い方も検討しましたが、これを書いている時点でのオッズであればなんとか3・4番人気のブライトリビング&ディーズプラネットの2頭を狙えそうです。

 なので、もう少しギリギリまで粘ってみて、ここままのオッズでいくのであればこの2頭の単勝狙いで、もし2頭も狙えないオッズに下がっってしまった場合はまた追記するかもしれません。


[ さらに追記 ]
 その後にブライトリビングのオッズが下がったこともあり、どの組み合わせでも単勝複数買いは出来ないオッズとなりそうですし、締め切りギリギリまでオッズとにらめっこしているのも大変になって来ました。

 なのでここは、中央馬から他の中央馬3頭への馬複流しのうち、どの組み合わせで当たっても総資金の2倍以上となるのはディーズプラネットを軸にした場合のみなので、ディーズプラネットから他の中央馬3頭に流した馬複勝負でいってみましょう。


  ◎ ディーズプラネット / 勝浦正樹 (5)
  △ ブライトリビング / 田辺裕信 (4)
  △ アルセナーレ / 大野拓弥 (6)
  △ タイニーダンサー / 戸崎圭太 (13)


  << 馬複:◎-△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13 △ タイニーダンサー  戸崎圭太 2
 2着 7     ミスミランダー   森泰斗   7
 3着 6  △ アルセナーレ    大野拓弥 1
 4着 5  ◎ ディーズプラネット 勝浦正樹 4
 5着 4  △ ブライトリビング   田辺裕信 3


 ギリギリまでオッズの上下に翻弄されてしまいましたが、終わってみれば最初から(人気的に)◎の対象外であった馬が勝利したということで、レース後は気が抜けてしまいました.....。


  (×馬複:7-13 64.3倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  1/8   12.5%  -12,900円  46.3%

☆16年通算   > 22/97  22.7%  -63,240円  78.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マーメイドS&エプソムC(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎函館スプリントS&ユニコーンS(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月14日 (火)

『ケムール・ミステリー』 谺健二 > 「このミス」完全読破 No.890

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.890

 『ケムール・ミステリー』 谺健二

   「このミス」2017年版 : 111位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 16位

   読始:2016.6.3 ~ 読終:2016.6.7

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2016年3月>

ケムール・ミステリー (ミステリー・リーグ)ケムール・ミステリー (ミステリー・リーグ)
谺 健二

原書房 2016-03-25
売り上げランキング : 389876

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 谺健二は、“児玉健二”名義でアニメーターとして長きに渡り活躍しているのですが、1997年に『未明の悪夢』で鮎川哲也賞を受賞し、その受賞作で作家としてデビュー。

 その後も寡作ながら作品を発表し続け、「本格ミステリ・ベスト10」では『未明の悪夢』が3位、『殉霊』が18位、『赫い月照』が8位にランクインと、本格ミステリ作家として高い評価を受けることに(「このミス」では未ランクインではあるものの、『未明の悪夢』が22位、『殉霊』が39位に)。

 そして本作ですが、2008年の『肺魚楼の夜』以来8年ぶりとなる待望の新作です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 老舗製薬メーカー・氷姫製薬の社長である氷姫芳子とその家族が住む邸宅(通称・赤屋敷)では、芳子の孫で高校生の智耶が(ひきこもっていた離れで)自殺して以降、(孫の件をきっかけに引き取り面倒を見るようになっていた)ひきこもりの若者の自殺が数年の間に四件も発生。

 これに興味を覚えたのが、レトロ玩具店“夢想郷”の店主である鴉原峪児で、この事案に幼馴染が関わっていたという常連の多舞津知秋と共に赤屋敷を訪れ、連続自殺の謎に迫ってきます。

 若者たちの死が(それぞれ異常な状況だったのにも関わらず)自殺と判断されたのは“密室状態”であったからなので、他殺を疑う鴉原は密室トリックの謎に挑んでいくことになるわけですが、妖しい建物に妖しい住民、変人(探偵役)と常識人(ワトソン役)コンビなど本格ミステリの定番ガジェットを魅力的になぞりつつ、インパクトある奇怪な謎が連鎖していくことによって巧みなミステリ的構図が作られています。

 なので、本格ミステリならではの面白さを外側(舞台や人物)からも内側(謎やトリック)からも充分に堪能出来ると思うのですが、トリックや真相などはそこまで独自性のある衝撃が生み出されているタイプではないので、本格ミステリ(謎解き)としての読み応えのみ期待してしまうと手応えを感じられないかもしれません。

 ただ本作の一番の特徴というのはそんな本格ミステリ要素ではなく、特撮テレビ番組「ウルトラマン」シリーズに登場する宇宙人のケムール人や、ウルトラマンやウルトラ怪獣などのデザインを手掛けた彫刻家・成田亨の作品が物語に深く関わっていることなのです(単行本表紙の写真も成田享の『翼をもった人間の化石』という彫刻作品)。

 具体的に説明しますと、まず屋敷の元主人が成田亨作品の大ファンだったこともあり、屋敷内には成田享の絵画が飾られ、ケムール人を始めとしたウルトラ怪獣のレプリカ人形やマスクが数多く並べられているだけでなく、離れはケムール人の頭部を模した形をしていますし、鴉原も特撮(成田亨作品)のファンでフィギュアの原型を作る副業をしているほどなので、ケムール人や成田亨作品に関する蘊蓄的話が全編に渡って登場します。

 しかも、ひきこもりの若者たちが外部の人間(数年会っていない家族も含む)と会う時には常にケムール人のマスクを被っていたり、ケムール人の着ぐるみが自殺現場に残されていたりと、ケムール人は事件の謎にも大きく関わって来ますし、それらの場面を頭の中で想像するだけでかなり異様な絵が浮かび上がって来るのですよね。

 そのため、本格ミステリとケムール人とのシュールな融合、さらには成田亨作品(特撮)の蘊蓄話を楽しめるかどうかで本作への評価も大きく変わってしまうと思うので、多くの人にお薦めは出来ませんが、そんなシュールさや特撮(造形)話に対して愛おしさを感じられそうな人には強くお薦めしたい作品です。

 なお、本作を読む際には、(ケムール人について知らないのであれば)事前にケムール人の写真をネット等で見ておき、読んでいる最中にも成田享作品やウルトラ怪獣の名前などが出る度にネットで画像検索などすれば、作中の異様な世界観をより体感できるのではないでしょうか(検索しても画像が出てこない作品もありますが)。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


 ★★★★★ : 本格ミステリ度
 ☆☆☆★★ : ビックリ驚愕度
 ☆☆☆★★ : 熱アクション度
 ☆☆☆★★ : 鬼畜グログロ度
 ☆☆★★★ : 主キャラ魅力度
 ☆☆☆★★ : 人間味ドラマ度
 ☆☆☆★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆☆★★ : 下ネタエッチ度
 ★★★★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆☆★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「罪の終わり」東山彰良 <<< PREV/NEXT >>> 「真実の檻」下村敦史

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「ジャン寺ジャン平編集伝(ジャンでら・ジャンぺい・へんしゅうでん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の宮崎周平(みやざき・しゅうへい)は、「むこうみず君」で“赤塚賞(2012年下半期)”の佳作を受賞。

 その受賞作&同タイトル新作の2話を、作者のインフルエンザ感染により予告なく急遽休載となった「BLEACH」「銀魂」の代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的役割の代理原稿作品)として“本誌2013年11号”に掲載してデビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「むこうみず君」 宮崎周平参照)。

 続いて、“本誌2013年48号”に「隣の席の珍子ちゃん」「隣の席の珍子ちゃん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、“本誌2014年4・5合併号”に“ニューカマーギャグ祭!!(ギャグマンガ家15名によるオムニバス企画)”のエントリー作品として「オンオフ」を掲載。

 さらには“本誌2014年31号”から「それいけ! 融合くん」を超短期連載し(全3話/「それいけ! 融合くん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ短期連載!参照)、「本当にはなかったし別に怖くもない話」を“本誌2014年43号”に掲載(「本当にはなかったし別に怖くもない話」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そして本作にて約2年ぶりの新作発表&増刊での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

この男――― 編集者につき―――

☆舞台は"ジャンプ編集部"!!? 前人未到の
      超実録編集伝!! ジャジャンと新連載31P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「宮崎周平」関連記事】

  > 「私が甲子園に連れてったる!!」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.28)

  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.14)

  > 「本当にはなかったし別に怖くもない話」 宮崎周平
      > 週刊少年ジャンプ読切! (14.9.22)

  > 「それいけ! 融合くん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ短期連載! (14.6.24)

  > 「隣の席の珍子ちゃん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.10.21)

  > 「むこうみず君」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.2.8)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月13日 (月)

「改獣の武器職人」 谷崎修平 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「改獣の武器職人」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の谷崎修平(たにざき・しゅうへい)は、「首摘みの鬼」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年7月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、「疑似的怪物」を“ジャンプNEXT! 2012 SUMMER”に掲載してデビューを飾り(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012 SUMMER」参照)、「呪呪の番兵」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.4”に掲載(「呪呪の番兵」 谷崎修平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4参照)。

 そして“少年ジャンプ+”で「改獣の武器職人」を2016年1月に配信掲載し(この作品はWeb掲載されています→少年ジャンプ+)、その同名作品である本作にて約2年ぶりの誌面での新作発表&初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

狩ル、斬ル、射ル、殺(や)ル

☆斬獲(ざんかく)ダークバトル第1話47ページ!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「谷崎修平」関連記事】

  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.13)

  > 「呪呪の番兵」 谷崎修平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4 (14.7.27)

  > 「疑似的怪物」(ジャンプNEXT! 2012WINTER) (12.8.11)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「ふぞろいの分身たち」 すがぬまたつや > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2016年6月27日号少年ジャンプ 2016年6月27日号

集英社 2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2016年28号(6月13日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「ふぞろいの分身たち」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のすがぬまたつやは、「愛嬌の沼」で“赤塚賞(2012年上半期)”の佳作を受賞し、「疾風のなかよし」を“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に掲載してデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプVS -バーサス-」参照)。

 続いて、「HAMPOYO」をスマホアプリ増刊“ジャンプLIVE 第1号(2013年8月)”に掲載した後、「ウェルカム!猫の木坂!」を“本誌2013年51号”に掲載して本誌デビュー(「ウェルカム!猫の木坂!」 すがぬまたつや > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 さらには、「少年ナンデヤネン」を“本誌2014年41号”に掲載し(「少年ナンデヤネン」 すがぬまたつや > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、“少年ジャンプ+”で2015年3月から「時を最低限かける六田氏」を短期配信連載(全4話/この作品はWeb掲載されています→少年ジャンプ+)。

 そして本作にて3度目の本誌掲載となりました。

 なお、「ワールドトリガー」(葦原大介)が作者急病により(前号で予告されることなく)急遽休載となったことから、代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的に用意された代理原稿)としての掲載だと思われます。


 内容の方は、分身のクオリティが低い学園ギャグ漫画です。

 登校中の林林林(りんばやし・りん/通称・リンリン)に対し、巻物を狙う敵が襲撃して来たため、リンリンは分身の術で対抗。

 しかし現れた分身2体はどちらもクオリティが低く、1体はその場を放棄して学校に向かってしまい、もう1体は手錠を掛けているため戦えず、結局リンリン1人で敵を倒すことに.....。

 そして翌日、登校したリンリンは、自分の机が真っ二つに潰れているのを目撃したものの、昨日何があったか聞くには昨日の自分が分身だったことを説明しないといけないため、友人との会話の中から自力で何があったかを察することにしたが.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

多重ギャグ分身の読切17ページ!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「すがぬまたつや」関連記事】

  > 「フライング・ダーウィン」 すがぬまたつや > ジャンプGIGA vol.2 (16.7.27)
  > 「フライング・ダーウィン」 すがぬまたつや > 週刊少年ジャンプ読切! (16.7.11)

  > 「ふぞろいの分身たち」 すがぬまたつや > 週刊少年ジャンプ読切! (16.6.13)

  > 「少年ナンデヤネン」 すがぬまたつや > 週刊少年ジャンプ読切! (14.9.2)

  > 「ウェルカム!猫の木坂!」 すがぬまたつや
     > 週刊少年ジャンプ読切! (13.11.11)

  > 「疾風のなかよし」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月12日 (日)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年7月)

 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2016年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2016年 7月 発売 】


  死神の浮力 / 伊坂幸太郎  <<感想記事はこちら!>>

 << 2014年版 5位 >>  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 5位
                ・「ミステリが読みたい!」 7位

 ★ 「死神の精度」に続く“死神シリーズ”の2作目
   (1作目も2006年版12位にランクイン)

 ★ 娘を殺された山野辺夫妻は、
   逮捕されながら無罪判決を受けた
   犯人の本城への復讐を計画していた。
   そこへ人間の死の可否を判定する
   “死神”の千葉がやってきた。
   千葉は夫妻と共に本城を追うが―。
   展開の読めないエンターテインメントでありながら、
   死に対峙した人間の弱さと強さを
   浮き彫りにする傑作長編。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  銃とチョコレート / 乙一  <<感想記事はこちら!>>

 << 2007年版 5位 >>  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 7位

 ★ 富豪の家から宝石や金貨が
   盗まれる事件が次々に発生!
   現場に残されたカードには、
   怪盗「GODIVA」の文字が。
   国で最も声望高い、
   名探偵・ロイズが解決に乗り出す。
   ロイズに憧れる少年リンツは、
   怪盗の秘密に迫る古地図を入手したことから、
   探偵と行動をともにすることに。
   しかし、思いもよらぬ逆転劇が待ち受けており……!?

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  水族館の殺人 / 青崎有吾  <<感想記事はこちら!>>

 << 2014年版 28位 >>  ・「本格ミステリ・ベスト10」 2位

 ★ 「体育館の殺人」に続く“裏染シリーズ”の2作目

 ★ 夏休み真っ直中の8月4日、
   風ヶ丘高校新聞部の面々は、
   取材先の丸美水族館で驚愕のシーンを目撃。
   サメが飼育員の男性に食いついている!
   警察の捜査で浮かんだ容疑者は11人、
   しかもそれぞれに強固なアリバイが。
   袴田刑事は、
   しかたなく妹の柚乃に連絡を取った。
   あの駄目人間・裏染天馬を呼び出してもらうために。
   “若き平成のエラリー・クイーン”が、
   今度はアリバイ崩しに挑戦。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ストロボ / 真保裕一

 << 2001年版 39位 >>

 ★ キャリアも積んだ。名声も得た。
   だが、俺に何が残されたというのか―。
   過ぎ去った時、遠い出会い、苦い別れ。
   女流写真家と暗室で愛を交わした40代、
   先輩を凌駕しつつも、
   若手の台頭に焦りを抱いた30代、
   病床の少女を撮って飛躍した20代、
   そして学生時代を卒業した、あの日。
   時間のフィルムを巻き戻し、
   人生の光と影をあぶりだす名編。
   50歳のカメラマン喜多川の脳裏によみがえる熱き日々。
   閃光が灼きつけたせつない記憶いまも疼く5つのシーン。

 ★ 版元を変えて再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの7月文庫化作品 >>

  猫柳十一弦の失敗 探偵助手五箇条 / 北山猛邦  <<感想記事はこちら!>>
  島はぼくらと / 辻村深月  <<感想記事はこちら!>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年8月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年6月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎マーメイドS&エプソムC(2016年)穴馬予想&結果

< 6月12日(日)に行われるマーメイドステークス(GIII)エプソムカップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マーメイドステークス】

 阪神の芝2000mで行われる牝馬ハンデ重賞(GIII)です。

 牝馬限定重賞というだけでも難しいのに、それに加えてハンデ戦ということで予想はかなりの難しさなのですが、それを表すかのように(これを書いている時点で)全ての馬の複勝最低オッズが2倍を超える混戦となっています。

 それでここは、リラヴァティを◎にしてみましょう。

 この馬は1600万下を勝ち上ったばかりの馬ではあるものの、3歳時を合わせればすでに重賞で4度馬券圏内に入っ実績があります。

 それに、OP馬ですらなかったのにGI参戦となった昨年のエリザベス女王杯では、3番手以下を大きく離した2番手で先行し、前に行った馬がほぼ全滅となる展開で9着ながら0.4秒差と粘りましたし、積極的に前に行っている近走は着差的に安定しているので、ここでも逃げ(先行)粘りが期待できるのでは。


  ◎ リラヴァティ / 松若風馬 (12)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12 ◎ リラヴァティ     松若風馬 6
 2着 7     ヒルノマテーラ   四位洋文 7
 3着 1     ココロノアイ     横山典弘 5
 4着 13    シュンドルボン   田辺裕信 1
 5着 5     ハピネスダンサー 川田将雅 2


  (○複勝:12 3.7倍)  ○的中!  3,000円 → 11,100円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【エプソムカップ】

 東京の芝1800mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、(これを書いている時点で)15番人気で単勝万馬券のアルマディヴァンを思い切って◎にしてみましょう。

 この馬が出走した重賞ではこれで5レース連続での◎となるのですが、別に好きな馬や思い入れのある馬というわけではないですし、(前走で◎にしていたのは憶えていたけれど)こんなに何度も続けて◎にしていたことも今回確認してようやく思い出したほどなのですよね。

 意識せずとも毎度のように選んでしまう理由というのが、馬券圏内はおろか掲示板にすらなかなか載らないながらも着差的には僅差で安定しているところでして、やはり前走でも9着ながら0.5秒差(3着馬とは0.3秒差)とそこまで負けていない走りを見せてくれました。

 まあ裏を返せば勝負弱いということなのかもしれませんが、ただ展開さえハマれば馬券圏内も充分可能性あると思いますし、現に昨年の中京記念ではクビ差2着、関屋記念では3着馬とアタマ差の4着、前々走の中山牝馬Sでは3着馬とクビ差の4着と重賞で好走しているので、人気を考えれば狙うだけの価値はあるでしょう。

 それに、ここまで連続して◎にしていたのに今回◎にしないで馬券圏内に来たらショックは半端ないだろうということもあり、今度こそという気持ちも込めてまたもやこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ アルマディヴァン / 藤岡佑介 (9)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 18    ルージュバック  戸崎圭太   1
 2着 16    フルーキー    M.デムーロ  3
 3着 13    マイネルミラノ   柴田大知   6
 4着 7     ロジチャリス    福永祐一   2
 5着 12    レコンダイト    石川裕紀人 7

12着 9  ◎ アルマディヴァン 藤岡佑介  15


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  1/7   14.3%  -9,900円  .52.9%

☆16年通算   > 22/96  22.9%  -60,240円  79.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎北海道スプリントC(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎関東オークス(2016年)穴馬予想&結果

「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「BUD “国境未確定領域三国捜査録”(ビーユーディー・こっきょう・みかくてい・りょういき・さんごく・そうさろく)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当のポンは、名義変更等ないのであれば新人漫画賞の受賞歴はなし。

 作画担当の若尾和洋(わかお・かずひろ)は、あいち造形デザイン専門学校の出身で、「妄想を喰らう」(漫画担当/原作:川澄浩平)を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.5”に掲載してデビュー(「妄想を喰らう」 川澄浩平 若尾和洋 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.5)。

 そしてこの2人がコンビを組んだ「召喚士アレモの悪魔目録」を“ジャンプNEXT!! 2016 vol.1”に掲載し(新人読切作品の中から読者の投票で最も多くの支持を受けた作品を決める“NEXT!!1GP”で1位に/「召喚士アレモの悪魔目録」 ポン 若尾和洋 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1参照)、本作はこのコンビによる2作目の新作&初連載作品となります。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

不可侵の地、それが―――

☆増刊1位コンビが送る!
    謎×思惑=本格ミステリ新連載第1回49P


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ポン」関連記事】

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋
     > ジャンプGIGA新連載! (16.6.12)

  > 「召喚士アレモの悪魔目録」 ポン 若尾和洋
     > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.12)


 【「若尾和洋」関連記事】

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋
     > ジャンプGIGA新連載! (16.6.12)

  > 「召喚士アレモの悪魔目録」 ポン 若尾和洋
     > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.12)

  > 「妄想を喰らう」 川澄浩平 若尾和洋 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.5 (14.9.19)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月11日 (土)

☆ 川崎F戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第15節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 6/11(土) J1リーグ 1stステージ 第15節・川崎フロンターレ戦 (日産ス)

  ●0-2 (前半0-1、後半0-1)

  主審: 飯田淳平  入場者数:46,413人

  .<得点> 0-1 エドゥアルド ネット (川崎・前半27分)
         0-2 大久保嘉人     (川崎・後半34分 PK)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 中村俊輔が、J1リーグ1stステージ通算2回目の警告を受けたため、次節(第16節・大宮戦)で警告を受けると、第17節・FC東京戦は出場停止となります。

 中町公祐が、J1リーグ1stステージ通算2回目の警告を受けたため、次節(第16節・大宮戦)で警告を受けると、第17節・FC東京戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 栗原勇蔵が、Jリーグ通算300試合出場を達成しました。

 齋藤学が、マリノス所属時公式戦戦通算201試合出場となり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代20位タイとなりましした。

 小林祐三が、マリノス所属時リーグ戦戦通算169試合出場となり、田中隼磨(00-02,04-08)を抜いてマリノス歴代単独15位となりました。

 齋藤学が、マリノス所属時リーグ戦戦通算157試合出場となり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代17位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 大久保嘉人(川崎F)が、マリノス戦(リーグ戦)通算9ゴールとなり、三浦知良(V川崎/京都/神戸)と並びマリノスの歴代被ゴール数ランキングで4位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム試合記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・


 <記録ストップ>

  ・「同一カード ホーム得点」記録 > 10試合連続 でストップ <マリノス歴代 5位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 46,413人

  > マリノス・総合ランキング ベスト・41位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)

  > 日産スタジアムランキング ベスト・13位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)

  > 川崎F戦ランキング ベスト・1位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、チャンピオンシップ)


  <観客動員ファイル>  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 1stステージ順位(暫定) : 7位 (前節 7位)
         < 6勝 3分 6敗  勝点 21 得点 20 失点 17 得失点差 +3 >

   * 1stステージ順位確定 > 4~14位


  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「ライバルに完勝の川崎F、初タイトルにまい進

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「46413人が駆け付けた神奈川ダービーは川崎Fが快勝、
          大久保はJ1通算166得点に伸ばす

 (ドメサカブログ) 「神奈川ダービーを制したのは川崎!
              7試合負けなしの2連勝で暫定首位をキープ


 (スポニチ) 「横浜DF中沢 J1通算出場単独2位!518戦目出場

 (日刊スポーツ) 「横浜栗原「完敗だった」J1通算300戦出場飾れず

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・モンバエルツ監督は脱帽「川崎をたたえたい」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 川崎F戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第15節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「ユアガーディアン」 帆上夏希 > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「ユアガーディアン」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の帆上夏希(ほがみ・なつき)は、「ムーン・ストライク」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年9月期)”の最終候補となった後、「火久摩の手」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2016年2月期)”の審査員「附田祐斗先生」特別賞を受賞。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:上野)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

与えられた使命―― それは貴方の用心棒(ガーディアン)

☆超霊媒体質の少女を護り切れ!?
       悪霊殲滅の除霊師バトル47P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「帆上夏希」関連記事】

  > 「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.7)
  > 「火久摩の手」 帆上夏希 > ジャンプX(クロス) (16.12.21)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.11)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月10日 (金)

『罪の終わり』 東山彰良 > 「このミス」完全読破 No.889

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.889

 『罪の終わり』 東山彰良

   「このミス」2017年版 : 111位

   受賞(候補) : 「中央公論文芸賞」受賞

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2016.5.28 ~ 読終:2016.6.2

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2016年5月>

罪の終わり罪の終わり
東山 彰良

新潮社 2016-05-20
売り上げランキング : 9286

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 東山彰良といえば、昨年(2015年)に発売されたNo.829「流」が選考委員の大絶賛と共に直木賞を受賞した影響で、一般的にも名の知れた作家に。

 ただ「このミス」的には、2009年のNo.176「ジョニー・ザ・ラビット」で初ランクインを果たしていましたし、2013年のNo.689「ブラックライダー」は3位にランクインするなど、すでに高い評価を受けていました。

 そして本作はそんな『ブラックライダー』のシリーズ続編なのですが、前日譚的な物語ということもあり、前作を読んでいなくても問題ないですし、(前作を読んでいないのであれば)かえって本作から読んだ方が前作を読んだ時にその作品世界に入っていきやすいかもしれませんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 『ブラックライダー』は、小惑星の衝突により文明が崩壊するほどの被害を受け、(19世紀後半の西部開拓時代を思わすような)荒れた無法地帯の世界となった近未来のアメリカが舞台となっていて、本作はその100年前(小惑星衝突前後)の世界を描いた前日譚です。

 もう少し具体的に説明しますと、『ブラックライダー』の世界では黒騎士(ブラックライダー)と呼ばれる伝説の存在が語り継がれているのですが、そんな“黒騎士伝説”について、かつて敵対者として黒騎士と関わりのあったネイサン・バラードを語り手として(伝説を検証・考察した本を執筆しているという体裁で)描かれていきます。

 悲劇的な出生秘話から始まり、双子の兄と過ごした悲惨な少年時代、そして小惑星の衝突による世界の崩壊を経て、数々の奇蹟を起こし伝説の男となっていく黒騎士(ナサニエル・ヘイレン)の物語は、一つ一つのエピソードが胸をえぐるような衝撃性がありますし、翻訳小説を思わすような文体で綴られ、イエス・キリストや聖書と照らし合わせて語られていくことにより、まさしく神秘性をまとった“伝説の書”と成っているのです。

 さらには、文明が消滅して食人が横行するほどに荒れ果てるなど絶望的で暴力的で混沌とした『ブラックライダー』の凄まじき世界に至るまでの“崩壊の歴史”でもあるので、その世界観は(『ブラックライダー』同様に)圧倒的で度肝を抜かれるほどの迫力がありますし、そんな恐るべき世界と現実世界との繋がりが(前作以上に)感じられるためより一層震撼させられたりもするのですね。

 なので、本作単体で楽しめるほどの読み応えがあるものの、『ブラックライダー』のボリューム抜群で完成度の高い物語と比べてしまうとやはりどうしても“あくまで前日譚”といった捉え方(感想)となってしまうのではないかと思うので、本作のみで(この神話的世界観の体験を)終わらせるのではなく、本作の前か後に必ず『ブラックライダー』の方も読むことをお薦めします(ただ本作の世界観が合わなかった人にはお薦めできませんが)。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


 ☆☆☆☆★ : 本格ミステリ度
 ☆☆☆★★ : ビックリ驚愕度
 ☆☆★★★ : 熱アクション度
 ☆☆★★★ : 鬼畜グログロ度
 ★★★★ : 主キャラ魅力度
 ☆☆★★★ : 人間味ドラマ度
 ☆☆☆★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆★★★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆★★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆★★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 ”東山彰良” 関連記事 】

  > No.889 「罪の終わり」
  > No.829 「流」

  > No.689 「ブラックライダー」
  > No.545 「ミスター・グッド・ドクターをさがして」
  > No.496 「ファミリー・レストラン」
  > No.283 「ライフ・ゴーズ・オン」
  > No.176 「ジョニー・ザ・ラビット」


 「ミッドナイト・ジャーナル」本城雅人 <<< PREV
                NEXT >>> 「ケムール・ミステリー」谺健二

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

☆ 川崎F戦・プレビュー>2016年J1リーグ1st第15節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 6/11(土) 15:00~ J1リーグ 1stステージ 第15節

     vs 川崎フロンターレ (日産スタジアム)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 << リーグ戦1stステージ順位(暫定) >>

  マリノス:「 7位 6勝 3分 5敗 勝点 21  20得 15失 得失 +5 」
  川崎F :「 1位 9勝 4分 1敗 勝点 31  27得 13失 得失 +14 」


 今シーズンの川崎Fは、開幕から7試合負けなし(5勝 2分 0敗)と好調で首位に立ち、第8節で浦和に敗れ2位に下がるも、そこから前節まで7試合負けなし(4勝 2分 0敗)と勢いは留まらず、消化試合が2試合少ない浦和と勝ち点4差なので暫定ではあるものの現在は首位に復活。

 今シーズンの特徴としては、チーム得点1位(2位の鹿島/広島より4得点上)という攻撃力は相変わらずの破壊力ですが、昨年はワースト5位だった失点数が今年はベスト4位タイ(上位3クラブ中2クラブは川崎Fより消化試合少)で1試合当たりの失点数が1失点以下と、課題であった守備面も好調となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 川崎F戦は、公式戦通算で「15勝 6分 16敗」、リーグ戦通算で「11勝 4分 9敗」とほぼ五分ですが、リーグ戦ホームで「7勝 2分 3敗」、アウェーで「4勝 2分 6敗」と、お互いにホームの成績が良い傾向です。

 そして2010年以降は、リーグ戦では「7勝 2分 3敗」、ナビスコカップでは「2勝 1分 2敗」(そのうち1敗は負けたものの準々決勝進出が決定した試合)と比較的相性が良いのですが、昨年の公式戦3試合は「1勝 0分 2敗」と負け越しています(お互いにアウェーで勝利)。

 なお、今年はすでにナビスコカップ(アウェー)で対戦していて、0-0の引き分けに終わっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録


 ★今回の試合で得点すると........
   > 11試合連続“同一カード ホーム得点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 栗原勇蔵が出場すると、Jリーグ通算300試合出場を達成します。

 ファビオが出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します。

 三門雄大が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場達成にリーチとなります。

 齋藤学が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算201試合出場となり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時リーグ戦戦通算169試合出場となり、田中隼磨(00-02,04-08)を抜いてマリノス歴代単独15位となります。

 齋藤学が出場すると、マリノス所属時リーグ戦戦通算157試合出場となり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代17位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦戦通算153試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算32ゴールとなり、山瀬功治(05-10)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代11位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は12位タイ)。

 齋藤学が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 齋藤学が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)・中澤佑二と並びマリノス歴代13位タイとなります(中澤佑二も得点した場合は14位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合に勝利すると、Jリーグ通算400勝達成まで残り7勝となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 川崎: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 栗原勇蔵、小林祐三

 【怪我等で欠場予定】
          マリノス: (下平匠)、金井貢史

 【日本代表】  マリノス: なし
           川崎  : 大島僚太、小林悠

 【U-23日本代表】  マリノス: 喜田拓也、前田直輝、富樫敬真
              川崎  : 奈良竜樹、大島僚太、原川力

 【U-19日本代表】  マリノス: なし
              川崎  : 三好康児

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス: 仲川輝人(Y)
           川崎  : 狩野健太、小宮山尊信、森谷賢太郎

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「【川崎】大島、残り3戦全勝で第1S制覇だ!」 (6/11)
   > 「川崎F・大久保 リオ五輪代表にOA枠で候補も「連絡はまだない」」 (6/11)

   > 「【横浜M】伊藤のコラボ「しょうちゃん弁当」11日川崎戦で発売」 (6/10)
   > 「栗原 J1通算300戦出場へ!川崎F戦での完封に気合」 (6/10)
   > 「横浜栗原J1通算300試合出場へ「割とかかった」」 (6/10)

   > 「川崎F小林悠「筋肉をもっと」ハリルの助言に意欲的」 (6/10)
   > 「34歳大久保 リオ五輪OA枠候補に「名前が出るのはいいこと」」 (6/10)
   > 「川崎・大久保、リオ五輪に前向き「名前が挙がるのはいいこと」」 (6/10)
   > 「川崎FのGKソンリョン、チェコ撃破の勢いチームに」 (6/10)

   > 「横浜DF中沢「一番危険」川崎F完封へ大久保警戒」 (6/9)
   > 「[川崎F]日本代表にすんなり溶け込んだ大島僚太。その陰にあった“あの人”の根回し」 (6/9)
   > 「川崎F大久保が誕生日!夏男本番「ここから上がる」」 (6/9)
   > 「【川崎】大久保34歳に!プレゼントに「誕生日っていいね」」 (6/9)
   > 「川崎F大久保34歳弾を「いい形で迎えられれば」」 (6/9)

   > 「横浜中村俊輔、子供たち味方に神奈川ダービー勝利へ」 (6/8)

   > 「横浜MF中村俊輔が小学生と交流「何かを感じて」」 (6/7)
   > 「川崎F・DF谷口が練習合流、焼き肉チャージで回復」 (6/7)


 【TV中継】 (生) .6/11(土) 14:50~  スカチャン1

        (録) 6/12(日) 21:00~  スカチャン3

            6/13(月) 12:00~  スカサカ!
            6/13(月) 18:00~  スカチャン3

            6/14(火) 11:00~  スカチャン2

            6/15(水) 21:30~  スカチャン3

            6/16(木) 26:00~  スカチャン1

            6/17(金) 17:00~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 川崎F戦・データボックス>2016年J1リーグ1st第15節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2016年6月 9日 (木)

「DAMAISM」 坂上くん > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「DAMAISM(ダマイズム)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の坂上くん(さかがみくん)は、初完成作品である「DAMAISM」で“月間ルーキー賞(2016年2月期)”の次世代特別ルーキー賞&シルバールーキー賞を受賞(この作品はWeb掲載されています→『少年ジャンプルーキー』公式サイト)。

 そしてその受賞作に加筆修正を加えた本作にて誌面デビューとなりました(担当編集:榊原)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

命尽きても 伝承されゆく 確かな想い―

☆ジャンプルーキーから圧倒的センスでジャンプGIGAに殴り込み!!
     話題を巻き起こした超絶スタイリッシュ「けん玉」漫画読切29P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「坂上くん」関連記事】

  > 「Skyaway's」 坂上くん > ジャンプGIGA vol.2 (16.7.21)

  > 「DAMAISM」 坂上くん > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.9)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「水夢 ~パイナルラウンド~(スイム・パイナルラウンド)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の板倉滉(いたくら・こう)は、初投稿作である「水夢 -パイナルラウンド-」で“ストキンPro(2016年)”の準キングを受賞。

 漫画担当のだいさは、名義変更等ないのであれば新人漫画賞の受賞歴はなし。

 そして板倉滉の受賞作(ネーム段階の作品)にだいさが作画を加えた本作にてデビューとなりました(板倉の担当編集:内藤/だいさの担当編集:杉田)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

水島アカリ、1○歳。 パイ泳にて、未だMUTEKI !!

♡(ハート)ストキンPro準キング受賞作品読切49P


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月 8日 (水)

◎北海道スプリントC(2016年)穴馬予想&結果

< 6月9日(木)に行われる北海道スプリントカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【北海道スプリントカップ】

 門別のダート1200mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 交流重賞短距離路線の主役であるダノンレジェンドが登場し、今回も人気を集めそうですが、この馬は(出遅れ癖を持っていることもあり)2着以下に敗れることが結構あるので、交流重賞では“(あえて1番人気馬を外した)単勝複数買い”を採用している自分にとっては(アシスト的な感じで)美味しい思いをさせてくれている馬なのです。

 そして今回参戦するこの馬以外の中央馬はノボバカラ・レーザーバレット・スノードラゴンの3頭で、“単勝複数買い”でいくならばこの3頭プラス地方馬が候補となり、(スノードラゴンや地方馬はさすがに1着は厳しいと思うので)ここはノボバカラレーザーバレットの2頭を狙いたいものの、ノボバカラは前走のかきつばた記念を単勝2倍台の2番人気で勝っていることから、今回も“単勝複数買い”では狙えない低オッズとなりそうです。

 となれば、自動的にレーザーバレットスノードラゴンの2頭勝負(さらに地方馬を加えるかどうか)となり、さすがにこのメンバーでダノンレジェンドノボバカラを外した単勝は無謀だとは思いますが、“単勝複数買い”は続けることが重要なので、ここはレーザーバレットスノードラゴンの2頭に保険として道営馬のアウヤンテプイの単勝勝負でいってみましょう。

 ただ、もし万が一ノボバカラレーザーバレットの2頭を狙えるようなオッズとなった場合はそちらに変更する予定です。

[ 追記 ]
 レース約1時間前のオッズを確認したところ、ギリギリでノボバカラレーザーバレットの2頭を狙える(どちらで当たっても総資金の2倍以上となる)オッズなので、もう少しオッズの推移を見守ってみて、このままいくのであればこの2頭勝負、どちらかが下がって狙えないようならその前に決めていた3頭勝負でいってみましょう。


  ◎ ノボバカラ / 桑村真明 (8)
  ○ レーザーバレット / 戸崎圭太 (2)

    or

  ◎ レーザーバレット / 戸崎圭太 (2)
  ○ スノードラゴン / 大野拓弥 (5)
  ▲ アウヤンテプイ / 石川倭 (4)


  << 単勝:◎○(▲) >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    ダノンレジェンド   M.デムーロ 1
 2着 8  ◎ ノボバカラ       桑村真明  2
 3着 5     スノードラゴン    大野拓弥  3
 4着 3     クリーンエコロジー  岩橋勇二  9
 5着 2  ○ レーザーバレット   戸崎圭太  4


 結局オッズの変動がほとんどなかったのでノボバカラ&レーザーバレットの2頭狙いにしたので、直線でのノボバカラとダノンレジェンドによる馬体を合わせた競り合いを手に汗握って観ていたのですが、ゴール前でダノンレジェンドにハナ差前に出られてしまいました.....。


  (×単勝:11 1.6倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  0/5   0.0%  .-15,000円   .0.0%

☆16年通算   > 21/94  22.3%  -65,340円  76.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京ダービー(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マーメイドS&エプソムC(2016年)穴馬予想&結果

「ぼくらの湯」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「ぼくらの湯(ぼくらの・ゆ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の稲岡和佐(いなおか・かずさ)は、「月がx2+(y-3√x2)2ですね。」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年7月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:井坂)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆クセ毛少女とドマジメ少年の 銭湯ライフコメディ読切47P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「稲岡和佐」関連記事】

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.5.2)

  > 「キミを侵略せよ!」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA 2018 WINTER 新連載! (17.11.16)

  > 「ホシノオカ」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA 2017 vol.4 (17.7.19)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.8)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月 7日 (火)

◎東京ダービー(2016年)穴馬予想&結果

< 6月8日(水)に行われる東京ダービー(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京ダービー】

 大井のダート2000mで行われる南関3歳重賞(SI)です。

 南関3歳馬の頂点を決める一戦ですが、クラシック第1戦・羽田盃の上位5頭(タービランス・トロヴァオ・ジャーニーマン・サブノクロヒョウ・グランユニヴェール)が揃い踏みし、今年は牡馬より強いのではないかと評判の高い牝馬路線から東京プリンセス賞の上位3頭(リンダリンダ・スアデラ・モダンウーマン)が参戦、さらにダートで3戦2勝の中央馬・バルダッサーレがここで移籍初戦を迎えるなど、レースを観るのが今から楽しみなメンバーが揃いました。

 これだけ有力馬がいれば、普通の重賞では人気となりそうな馬でも穴馬として狙えるオッズ(複勝2倍以上)となるので、当日になってオッズがある程度固まってから狙う馬を見極めるのが良さそうです。

 ただここはそれまで待たずに、明らかに穴馬的人気となるであろうジャーニーマンを◎にしてみましょう。

 この馬は羽田盃の3着馬で、この時も◎にして当てることが出来たのですが、サウスヴィグラス産駒ということもあって距離に不安があり、(今回より200m短い)羽田盃でも最後に脚が止まってしまったようにも見えました。

 ただそれでも4着以下の馬になかなか差を詰めさせませんでしたし、上位2頭とも0.4秒差(2馬身差)とそこまで差を付けられていなかったので、距離が理由で(羽田盃3着馬ながら)人気を大きく下げるのであれば狙うだけの価値はあると思うのです。

 それに、羽田盃だけでなく北海道2歳優駿とニューイヤーCでも◎にして2度当てさせてもらった思い入れの深い馬ということもあり、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ジャーニーマン / 真島大輔 (11)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     バルダッサーレ 吉原寛人  3
 2着 12    プレイザゲーム  左海誠二 14
 3着 15    タービランス   森泰斗   1
 4着 5     トロヴァオ     本田正重  2
 5着 11 ◎ ジャーニーマン  真島大輔  11


 ◎ジャーニーマンは今回は後方の位置取りで、直線ではじわじわと伸びて来て3着はありそうだったので観ていて応援に力が入りましたが、残念ながらわずかに届かず.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  0/4   0.0%  .-12,000円   .0.0%

☆16年通算   > 21/93  22.6%  -62,340円  77.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎安田記念(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎北海道スプリントC(2016年)穴馬予想&結果

「インクの涙」 双刃美 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「インクの涙(インクの・なみだ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の双刃美(ふたば・はる)は、「Cave Of Shine」で“赤塚賞(2014年上半期)”の準入選を受賞し、その受賞作「Cave Of Shine」を“本誌2014年32号”に掲載してデビュー(「Cave Of Shine」 双刃美 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そして本作にて約2年ぶりの新作発表&初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

愛と憎悪をインクに溶かし、苛烈に世界を描き切れ…!!

☆異端、降臨…!! 時代を変える可能性がないとは
  言い切れないギャグ新連載15P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「双刃美」関連記事】

  > 「インクの涙」 双刃美 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.7)

  > 「Cave Of Shine」 双刃美 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.7.1)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月 6日 (月)

「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2016年7月)

 もう8年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2017年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを発売された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだ上でのランクインするかどうかの予測に関しては、「このミス2017年版」下半期のランクイン候補作品の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年7月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数

  去就 隠蔽捜査6 / 今野敏 (5作)  <感想記事はこちら>
        〈1作目「隠蔽捜査」が06年版20位にランクイン〉
        〈2作目「果断 隠蔽捜査2」が08年版4位にランクイン〉
        〈5作目「転迷 隠蔽捜査4」が12年版14位にランクイン〉


  聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた / 井上真偽 (1作)  <感想記事はこちら>
        〈1作目「その可能性はすでに考えた」が16年版14位にランクイン〉


  崇徳院を追いかけて / 鯨統一郎 (1作) * シリーズ4作目
        〈1作目「邪馬台国はどこですか?」が99年版8位にランクイン〉

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年7月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

  スタフ staph / 道尾秀介 (8作)
  深泥丘奇談・続々 / 綾辻行人 (6作) * シリーズ3作目
  水戸黄門 天下の副編集長 / 月村了衛 (5作)
  怪談のテープ起こし / 三津田信三 (4作)
  ブッポウソウは忘れない / 鳥飼否宇 (2作)
  東京會舘とわたし(旧館/新館) / 辻村深月 (2作)
  あしたの君へ / 柚月裕子 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年7月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

  レミニという夢 / 森川智喜 <1作>
  アルゴリズム・キル / 結城充考 <1作> * シリーズ4作目
  陸王 / 池井戸潤 <1作>
  アンマーとぼくら / 有川浩 <1作>
  ラストナイト / 薬丸岳 <1作>
  推理は一日二時間まで / 霧舎巧 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年7月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ ]

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年7月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」
     「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」
     にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  マシュマロ・ナイン / 横関大 (春)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年7月発売の「このミス」の対象かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  ウェディング・マン / 日野草
  私が失敗した理由は / 真梨幸子
  ずうのめ人形 / 澤村伊智
  水の都 黄金の国 / 三木笙子
  バビロン 2 ―死― / 野崎まど * シリーズ2作目
  行方 / 春口裕子
  英雄の条件 / 本城雅人
  歌姫メイの秘密 / 伊藤たかみ
  La Vie en Rose ラヴィアンローズ / 村山由佳
  三輪ケイトの秘密の暗号表 / 真坂マサル
  水の杜の人魚 霊媒探偵アーネスト / 風森章羽 * シリーズ4作目
  神の時空 五色不動の猛火 / 高田崇史 * シリーズ7作目
  櫻子さんの足下には死体が埋まっている 八月のまぼろし / 太田紫織
        * シリーズ10作目
  横溝正史探偵小説選 4 / 横溝正史
  横溝正史探偵小説選 5 / 横溝正史

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年7月発売の宝島社作品 <<

 * 宝島社から発売された作品はずっと対象外となっていましたが
   「なお、公正を期すため、弊社の作品は対象外としています」
   という文面が2015年版から消えていたので
   現在は対象となっているのかも?
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  神様の見習い もののけ探偵社はじめました / 高橋由太
  カササギの計略 / 才羽楽
        * 「このミステリーがすごい!」大賞・隠し玉作品
  何様ですか? / 楓蛍
        * 「このミステリーがすごい!」大賞・隠し玉作品

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な7月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2016年8月)

 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2016年6月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「セントウのススメ」 黒木雄心 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「セントウのススメ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の黒木雄心(くろき・ゆうしん)は、「メガトンパンチラー吉田」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2012年3月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、「もめるひと」を“ジャンプNEXT!! 2014 vol.3”に掲載してデビューを果たし(「もめるひと」 黒木雄心 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3参照)、その同名リニューアル版「もめるひと」を“本誌2015年02号”に掲載して本誌デビュー(「もめるひと」 黒木雄心 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そして本作にて約1年半ぶりの新作発表&初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

♨(温泉マーク)熱湯的にその血を 沸かせ――――!!!

☆一騎湯戦(いっきとうせん)的風呂漫画新連載47P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「黒木雄心」関連記事】

  > 「思春期ルネサンス!ダビデ君」 黒木雄心 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.9.10)

  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.6)

  > 「もめるひと」 黒木雄心 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.12.1)
  > 「もめるひと」 黒木雄心 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (14.7.16)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月 5日 (日)

☆ 仙台戦・データボックス>2016年ナビスコカップGS第7節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!


 ☆ 6/5(日) ナビスコカップ グループステージ 第7節・ベガルタ仙台戦 (ユアスタ)

  ○2-0 (前半1-0、後半1-0)

  主審: 山本雄大  入場者数:12,811人

  .<得点> 1-0 中村俊輔  (横浜・前半42分 PK)
         2-0 齋藤学    (横浜・後半16分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 マルティノスが、ナビスコカップグループステージ通算2回目の警告を受けましたが、グループステージの警告の累積はノックアウトステージには影響しないため、出場停止処分はありません。

 なお、マルティノスは怪我から復帰後の公式戦4試合全てで警告を受けています。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 齋藤学が、マリノス所属時公式戦通算200試合出場を達成しました。

 中澤佑二が、マリノス所属時ナビスコカップ通算50試合出場を達成しました。

 ファビオが、マリノス所属時公式戦通算100試合出場達成にリーチとなりました。

 中澤佑二が、マリノス所属時ナビスコカップ通算50試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代7位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ナビスコカップ グループステージ順位 : 1位 (前節 3位)
         < 3勝 2分 1敗  勝点 1 得点 7 失点 5 得失点差 +2 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ノックアウトステージ進出決定】


 グループステージを1位で終えたため、ノックアウトステージ進出が決定しました。

 8月31日から始まるノックアウトステージの組み合わせ等は、7月3日に行われるオープンドローで決定します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「明暗分かれた両者。横浜FMが首位通過を決める

 (選手コメント) 「Jリーグ公式

 (監督コメント) 「Jリーグ公式

 (ゲキサカ) 「横浜FMがB組首位でGL突破!
            俊輔&齋藤学弾で仙台に完封勝利

 (ドメサカブログ) 「中村俊輔と齋藤学の2発で横浜FMが仙台に勝利!
             自力でB組首位通過をつかむ


 (スポニチ) 「」

 (日刊スポーツ) 「横浜中村俊輔、自ら得たPK先制 ベスト8進出

 (スポーツ報知) 「首位で決勝T進出!中村俊輔…技ありPK

 (サンスポ) 「横浜M・俊輔、攻守で存在感も「年寄りにはしんどい」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 仙台戦・プレビュー>2016年ナビスコカップGS第7節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎安田記念(2016年)穴馬予想&結果

< 6月5日(日)に行われる安田記念(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【安田記念】

 東京の芝1600mで行われる重賞(GI)です。

 春のマイル王決定戦で、人気的にはマイルGI・4連勝中のモーリスをリアルスティール・サトノアラジン・イスラボニータが追う形となっていますが、その他の馬もレッドアリオン以外は近走重賞で好走してる高レベルメンバーなので、面白いレースとなりそうですね。

 それでここは、ディサイファを◎にしてみましょう。

 この馬は重賞で安定して結果を出しているものの、2000m以上のレースを中心に使われて来て(前走は2500m)、今回が(芝では)初マイル戦ということであまり人気になっていません。

 とはいえ、東京1800mの重賞はこれまで3回走って1着・3着(0.1秒差)・2着(0.2秒差)なので初マイルでもそこまで不安はないと思いますし、それでいて距離で人気を落としているのであれば美味しい狙い目となるでしょう。

 それに、他の穴馬候補馬と比べて調教映像が良く見えましたし、あとは先週の2重賞(◎馬がどちらも4着)と同じ按上なので“今度こそ3着以内に!”という願いも掛けつつ、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ディサイファ / 武豊 (4)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     ロゴタイプ    田辺裕信 8
 2着 8     モーリス     T.ベリー  1
 3着 10    フィエロ     内田博幸 6
 4着 7     サトノアラジン 川田将雅 3
 5着 9     イスラボニータ 蛯名正義 4

 6着 4  ◎ ディサイファ   武豊    7


 最後の二択に残っていたのがフィエロだったので、この結果はかなり悔しかったですね.....。


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  0/3   0.0%   -9,000円   .0.0%

☆16年通算   > 21/92  22.8%  -59,340円  78.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎鳴尾記念(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京ダービー(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月 4日 (土)

『ミッドナイト・ジャーナル』 本城雅人 > 「このミス」完全読破 No.888

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.888

 『ミッドナイト・ジャーナル』 本城雅人

   「このミス」2017年版 : 111位

   受賞(候補) : 「吉川英治文学新人賞」 受賞

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2016.5.25 ~ 読終:2016.5.27

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2016年2月>

ミッドナイト・ジャーナルミッドナイト・ジャーナル
本城 雅人

講談社 2016-02-24
売り上げランキング : 42903

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 中央新聞が、“誘拐事件の被害者女児の死亡”記事(直後にその女児の生存確認)という大誤報を打ってしまい、これに深く関わった記者たちはそれぞれ処分を受けることに。

 この事件から7年後、地方局をたらい回しにされて現在はさいたま支局の県警キャップ記者となっている関口豪太郎は、埼玉県で発生中の児童連続誘拐事件に対し、7年前の事件との関連を疑い始めて.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は新聞社が舞台の作品ですが、他社との(スクープ合戦を繰り広げる)ライバル関係や、少しでもスクープに近付くために難攻不落な刑事や警察官僚に迫って情報を引き出そうとする取材攻勢、自社内における派閥争いや出世争いなど、新聞記者の(執念の塊とでもいうべき)生き様が描かれていきます。

 冒頭に7年前の大誤報のエピソードが置かれていることもあり、その後に続く物語では“スクープ”と“誤報”との境界線ギリギリで闘い続ける新聞記者たちの緊張感ある駆け引きが伝わって来ますし、新聞記者の取材方法・警察との関係・役職ごとの役割・誌面作りなどの描写は著者が元新聞記者ならではのリアルな読み味となっています。

 それに、上司・同僚・部下との(仕事をしていくうえでの)激しいぶつかり合いがあったり、本社と支社との間に生じる軋轢、大手ではない新聞社がドデカイ仕事をやってのけようかという盛り上がりなど、組織ドラマとしての面白さも迫力あるものでした。

 そして物語は何人かの視点で語られていくのですが、そのうちの一人である関口豪太郎というのが、スクープを取るためなら強引な取材でも敢行し、部下に厳しく上司に媚びず、ライバル社だけでなく自社(身内)にも敵が多くて、それでいて自ら“ジャーナル”と呼ぶ記者精神には誇りを持っているという強烈な人物でして、このキャラクターが物語(他の登場人物たち)を掻き乱していくことにより、単なる“事件の真相を追う新聞記者の物語”では終わらない圧倒されるほどに刺激的で魅力溢れる人間ドラマが生み出されていたように思います。

 扱われる事件に関しては、次々と新事実が明らかになったり、派手で意外性のある展開が起きたり、ということはないので事件ミステリ部分を期待してしまうと物足りないかもしれないものの、事件の真相(スクープ)を追う記者の物語としても、新聞社という組織を描いた物語としても、警察小説(特に著者と同じく新聞記者出身である横山秀夫作品)と同じタイプの熱くて濃厚な読み応えがあるので、(多くの人にお薦めなのはもちろん)警察小説好きな人には強くお薦めしたい作品です。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


 ☆☆☆★★ : 本格ミステリ度
 ☆☆☆★★ : ビックリ驚愕度
 ☆☆★★★ : 熱アクション度
 ☆☆☆★★ : 鬼畜グログロ度
 ★★★★ : 主キャラ魅力度
 ★★★★★ : 人間味ドラマ度
 ☆☆★★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆☆★★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆☆★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆★★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「バラカ」桐野夏生 <<< PREV/NEXT >>> 「罪の終わり」東山彰良

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎鳴尾記念(2016年)穴馬予想&結果

< 6月4日(土)に行われる鳴尾記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【鳴尾記念】

 阪神の芝2000mで行われる重賞(GIII)です。

 4年前の2着馬・ショウナンマイティが続く宝塚記念で2着、3年前の3着馬・ダノンバラードが続く宝塚記念で2着、2年前のタイム差なし4着馬・カレンミロティックが続く宝塚記念で2着、そして昨年の勝ち馬・ラブリーデイが続く宝塚記念も勝利と、ここ数年は好走馬がGI・宝塚記念でも結果を出しているレースとなっています。

 なので宝塚記念を見据えたうえで予想するのが的中の近道かとも思うものの、ここはGIとは無縁な戦績である(14頭中12番人気の)アクションスターを◎にしてみましょう。

 2014年末に1600万下を勝ち上がって以降は1度も掲示板にすら載ることが出来ず、その期間は全て8番人気以下ということで、重賞ではかなり狙い辛い馬です。

 ただ、3走前の日経賞(6着)や2走前の大阪杯(8着)ではGI馬が多くいるレベルの高いレースで(この馬の実績からしたら)健闘していますし、OPで6着だった前走も最速タイの上がりで0.4秒差(3着馬とは0.2秒差)なので、(追い込み脚質ということを考えても)展開次第で馬券圏内もありえるような近走でした。

 とはいえそれでも重賞ではキツイかなと思うのですが、今回は成績の比較的安定している馬が人気上位3頭くらいなもので、(穴として狙う対象となる)4番人気以下の馬はいずれも成績が安定していなかったり凡走続きだったり長期休み明けな馬ばかりなので、ここは無難にいくより思い切った穴馬狙いの方が面白そうということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ アクションスター / 北村友一 (5)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     サトノノブレス    川田将雅  3
 2着 12    ステファノス     戸崎圭太  2
 3着 2     プランスペスカ    幸英明   13
 4着 7     パッションダンス  M.デムーロ 4
 5着 9     マジェスティハーツ 森一馬    7

 9着 5  ◎ アクションスター   北村友一  11


  (×複勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆16年06月  .>  0/2   0.0%   -6,000円   .0.0%

☆16年通算   > 21/91  23.1%  -56,340円  79.4%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎さきたま杯(2016年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎安田記念(2016年)穴馬予想&結果

2016年6月 3日 (金)

「-幻想古事記伝-」 今日和老 > ジャンプGIGA vol.1

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)に掲載の読切作品が、「-幻想古事記伝-(げんそう・こじきでん)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の今日和老(きょう・かずろう)は、「ガチ! コン」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2008年12月)”の最終候補となり、「ソラ☆ソラ」を“ジャンプNEXT! 2011WINTER”に掲載してデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011WINTER」参照)。

 続いて、J金未来杯エントリー作品として“本誌2012年39号”に「放課後☆アイドル」を掲載して本誌デビューを飾ると(週刊少年ジャンプ読切! 「放課後☆アイドル」 今日和老参照)、見事に金未来杯を受賞(優勝)し、タイトルと内容をリニューアルした「ひめドル!!」が“本誌2013年36号”から始まり連載デビュー(16週で終了/「ひめドル!!」 今日和老 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 連載終了後は、「DEAD-end-HOST」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.2”に掲載し(「DEAD-end-HOST」 今日和老 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2参照)、本作にて1年2ヶ月ぶりの新作発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

かつて人は、「神」と共にあった―――。

☆『ひめドル!!』の気鋭が放つ新解釈!!
       異聞「古事記」読切47ページ!!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「今日和老」関連記事】

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.3)

  > 「DEAD-end-HOST」 今日和老 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.6)

  > 「ひめドル!!」 今日和老 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.8.2)
  > 「放課後☆アイドル」 今日和老 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.8.25)

  > 「ソラ☆ソラ」(ジャンプNEXT! 2011WINTER) (11.1.9)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

☆ 仙台戦・プレビュー>2016年ナビスコカップGS第7節(マリノス・データ・バンク)

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!


 ☆ 6/5(日) 14:00~ ナビスコカップ グループステージ 第7節

     vs ベガルタ仙台 (ユアテックスタジアム仙台)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 << リーグ戦1stステージ順位(暫定) >>

  マリノス:「  .7位 6勝 3分 5敗 勝点 21  20得 15失 得失 +5 」
  仙台  :「 14位 5勝 2分 7敗 勝点 17  16得 21失 得失 -5 」

 << ナビスコカップグループステージ順位 >>

  マリノス:「 3位 2勝 2分 1敗 勝点 8  5得 5失 得失 0 」
  仙台  :「 2位 2勝 2分 1敗 勝点 8  4得 3失 得失 +1 」


 今シーズンの仙台は、開幕戦でマリノス、第3節で鹿島に勝利して好スタートとなったものの、そこから4連敗&7試合勝ちなしと結果が出なくなり第10節終了時には17位にまで落ちることに。

 しかし、第11節で福岡に勝利し久々の勝ち点3を得ると、次の大宮には0-1で敗れたものの、湘南戦は1-0、新潟戦は4-2と下位勢にきっちりと勝利して、現在は12位まで順位を上げています。

 ナビスコカップでは、新潟・柏相手に2連勝発進し、続く鳥栖戦・福岡戦は引き分けたものの首位をキープしていたのですが、前節で川崎Fに敗れ2位に転落。

 最終節(第7節)では、勝てば他の試合の結果に関係なくノックアウトステージ進出決定、敗れれば敗退決定、引き分けの場合は「福岡-新潟が△以外」&「柏が○」で敗退決定/それ以外だとノックアウトステージ進出決定、といった状況となっています。

 これはマリノスより少しだけ有利な状況でして(マリノスのノックアウトステージ進出条件は下記参照)、この試合が引き分けに終わり、「福岡-新潟が△」&「柏が△●」でマリノス・仙台共にノックアウトステージ進出決定となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 仙台戦は、公式戦通算で「7勝 6分 9敗」、リーグ戦通算で「5勝 6分 6敗」とほぼ互角の成績です。

 しかし、2010年に仙台がJ1に再昇格して以降は、初戦こそ勝利したもののその後は2014年第22節で勝利するまで8試合勝ちなし(0勝 4分 4敗)とかなり苦手な相手となっていました。

 ただ、リーグ戦ホームでは「1勝 3分 5敗」、2010年以降のホームでは「0勝 2分 5敗」、2010年以降のホーム7試合でわずか2得点、日産スタジアムでの公式戦はいまだ勝ちなし(0勝 3分 6敗)と、ホーム(特に日産スタジアム)でかなり相性が悪く、今年の初対戦となったホームでのリーグ開幕戦も0-1で敗戦。

 それに対しリーグ戦アウェーでは「4勝 3分 1敗」で7試合負けなし中と、引き分けが多いものの相性は良いですね(ただし昨年のナビスコカップ・アウェーでは0-1で敗れています)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 齋藤学が出場すると、マリノス所属時公式戦通算200試合出場を達成します。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算50試合出場を達成します。

 ファビオが出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場達成にリーチとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算50試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ノックアウトステージ進出の条件】


 <最終節(第7節)のカード>
  「仙台-マリノス」 「福岡-新潟」 「鳥栖-柏」  川崎Fは試合なし


 マリノスが○ ・・・ 他の試合結果に関係なくKOステージ進出決定

 マリノスが△ ・・・ 「福岡-新潟が△」 & 「柏が△●」 でKOステージ進出決定
            「福岡-新潟が△以外」 または 「柏が○」 で敗退決定

 マリノスが● ・・・ 他の試合結果に関係なく敗退決定

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 仙台:なし

 【代表参加のため欠場】  マリノス: なし
                  仙台  : なし

 【怪我等で欠場予定】
           マリノス: 金井貢史

 【日本代表】  マリノス: なし
           仙台  : なし

 【U-23日本代表】  マリノス: 喜田拓也、前田直輝、富樫敬真
              仙台  : なし

 【U-19日本代表】  マリノス: 遠藤渓太、和田昌士
              仙台  : 小島雅也

 【「ニューヒーロー賞」第2回投票途中集計結果(上位10人)】
              マリノス: 富樫敬真、 仙台: 茂木駿佑

 【対戦相手の元所属選手&スタッフ】
  * Y = ユース出身、JY = ジュニアユース出身
           マリノス:
           仙台  : 六反勇治

 【ホームゲームイベント情報】  仙台オフィシャル

 【チケット情報】  仙台オフィシャル

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「仙台六反&金久保欠場で大一番 総力で勝利目指す」 (6/5)

   > 「仙台六反 古巣横浜を封じナビスコ予選突破目指す」 (6/4)
   > 「【仙台】三田、開幕戦再現弾でナビスコ杯決勝Tだ!…5日横浜M戦」 (6/4)

   > 「横浜富樫「もう1、2点取れた」リオへJで結果を」 (6/2)
   > 「仙台FW金園が両足首の関節手術で全治4カ月」 (6/2)

   > 「仙台金園の復帰間近 週明けにも全体練習に合流」 (5/27)


 【TV中継】 (生) .6/05(日) 13:50~  スカチャン1

        (録) 6/06(月) 21:40~  スカチャン2

            6/07(火) 12:00~  スカチャン1

            6/08(水) 11:00~  フジテレビNEXT
            6/08(水) 25:30~  スカチャン2

            6/12(日) 09:00~  スカチャン2

            6/17(金) 06:30~  スカチャン2

            6/27(月) 14:30~  BSスカパー!

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> ☆ 仙台戦・データボックス>2016年ナビスコカップGS第7節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2016年6月 2日 (木)

「花侍のサハラ」 芝田優作 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「花侍のサハラ(はなざむらいの・サハラ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の芝田優作(しばた・ゆうさく)は、「ARMORED-アーマード-」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2009年2月期)”の準入選を受賞し、その受賞作を“赤マルジャンプ2009 SUMMER”に掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009 SUMMER」参照)。

 しかし、その約1ヶ月前に発売された“本誌2009年35号”に金未来杯エントリー作品として「明治百機八匣譚DENGI」を掲載したので、こちらがデビュー作に(週刊少年ジャンプ読切! 「明治百機八匣譚DENGI」 芝田優作参照)。

 その後は、「ENMA GAVEL」を“本誌2011年09号”に(週刊少年ジャンプ読切! 「ENMA GAVEL」 芝田優作参照)、「ヨアケモノ」を“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に掲載し(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプVS -バーサス-」参照)、「ヨアケモノ」が“本誌2014年34号”から始まり連載デビュー(16週で終了/「ヨアケモノ」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)

 連載終了後は、「ZIPPO!!」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.4”に掲載し(「ZIPPO!!」 芝田優作 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4参照)、本作にて約1年ぶりの新作発表&増刊での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

謎の男と巨きなナニか…
      斬り伏せた跡に残るのは…!?

☆咲いた希望の花一輪。弩級剣劇51ページ!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「芝田優作」関連記事】

  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.2)

  > 「ZIPPO!!」 芝田優作 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4 (15.8.3)

  > 「ヨアケモノ」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.6.30)
  > 「ヨアケモノ」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ENMA GAVEL」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.30)

  > 「少年疾駆」 附田祐斗 <JC1巻買い> (10.8.6)

  > 「ARMORED」(赤マルジャンプ2009 SUMMER) (09.8.19)

  > 「明治百機八匣譚DENGI」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ読切!  (09.7.27)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「ぎなた式」 三木有 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「ぎなた式(ぎなたしき)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の三木有(みき・ゆう)は、「改造人間ロギイ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2010年5月期)”の準入選を受賞し、その受賞作「改造人間ロギイ」を“本誌2011年08号”に掲載して漫画家デビュー&本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「改造人間ロギイ」 三木有参照)。

 続いて、「呪禁奇譚 宮浦さん」を“本誌2012年47号”に(週刊少年ジャンプ読切! 「呪禁奇譚 宮浦さん」 三木有参照)、「改造人間ロギイ」を“ジャンプVS -バーサス-”に掲載し(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプVS -バーサス-」参照)、2度掲載した読切と同名の「改造人間ロギイ」が“本誌2015年13号”から始まり連載デビュー(11話で終了/「改造人間ロギイ」 三木有 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 連載終了後は、「ユアストレンジャー」を“ジャンプNEXT!! 2015 vol.5”に掲載し(「ユアストレンジャー」 三木有 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5参照)、本作にて9ヶ月ぶりの新作発表&増刊での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

高鳴る、 青春の予感!!

☆『改造人間ロギイ』の三木有が描く!!
    ボーイ・ミーツ・ガール・なぎなた新連載第1回47P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「三木有」関連記事】

  > 「ぎなた式」 三木有 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.2)

  > 「ユアストレンジャー」 三木有 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5 (15.9.28)

  > 「改造人間ロギイ」 三木有 > 週刊少年ジャンプ新連載! (15.2.3)
  > 「改造人間ロギイ」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)
  > 「改造人間ロギイ」 三木有 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.23)

  > 「呪禁奇譚 宮浦さん」 三木有 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.10.21)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2016年6月 1日 (水)

『バラカ』 桐野夏生 > 「このミス」完全読破 No.887

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.887

 『バラカ』 桐野夏生

   「このミス」2017年版 : 73位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2016.5.22 ~ 読終:2016.5.24

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2016年2月>

バラカバラカ
桐野 夏生

集英社 2016-02-26
売り上げランキング : 18964

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 放射線量の高い警戒区域内である群馬県T市で“爺さん決死隊”と自称する犬猫保護ボランティアに参加していた豊田吾朗は、そこで「ばらか」としか喋らない幼児を発見。

 そんなバラカ(薔薇香)を中心にして東日本大震災後を描いた作品ですが、関東一帯も避難区域となって首都が関西に移るなど現実世界より震災(原発事故)の被害が大きい(パラレル的な)日本が舞台となっています。

 そのため、世紀末的な悲壮感や混沌とした退廃感で覆い尽くされたかのような近未来SF的な世界が生み出されていますし、それでいて(震災の影響が少しでも悪い方にズレただけで)このような世界が現実となっていたんだと改めて思い知らされて恐怖を感じてしまうほどのリアルさもありました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ただ本作はそんな震災後の世界のみが描かれるのではなく、酒癖が原因で夫婦関係が最悪な状況になっている日系ブラジル人、結婚はしたくないけれど子供は欲しいため海外の赤ん坊市場を利用しようとしている出版社勤務女性、それを取材することで評価を得て社内での地位を高めようと目論むTVディレクターなどなど、震災前における(狂気も混じり込んだ)欲望が渦巻く人間ドラマも群像劇のごとく繰り広げられます。

 その中で、差別・暴力に躊躇なく他人の人生を蝕みながら生きているという人格が破綻した根っからの悪人が登場し、主要人物たちのほとんどと関わっていくため、犯罪サスペンス要素も多少含まれたダークな展開にもなるのですが、その圧倒的な悪の存在感には読みながら震撼とさせられるほどでした。

 そんな悪魔のような人物とは対称的なキャラクターであるバラカの存在によって、悪の要素はよりまがまがしく強烈に感じられ、一方で(バラカの存在は)悪や醜さがうごめく世界の中で輝く希望の光となっているので、そんな善と悪を象徴するような二人の人物を中心に描かれる物語は圧巻の人間ドラマとなりますし、そこに震災(原発事故)による負の影響が加わることでさらに圧力を増したエネルギーが脈打つほどの物語となるのですね。

 代表作であるNo.034「OUT」と比べれば犯罪サスペンス要素は薄いですし、震災小説ということから現実的な物語を期待してしまうと作品世界に納得できないかもしれませんが、(桐野作品ならではの)欲望が狂気と化すほどのダークドラマとしても震災後を描いた作品としても読み応えあるので、少しでも興味があるのならば震災の記憶がまだ強く残っているうちに読むことをお薦めします。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


 ☆☆☆☆★ : 本格ミステリ度
 ☆☆☆★★ : ビックリ驚愕度
 ☆☆☆★★ : 熱アクション度
 ☆☆☆★★ : 鬼畜グログロ度
 ☆☆★★★ : 主キャラ魅力度
 ★★★★★ : 人間味ドラマ度
 ☆☆★★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆★★★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆☆★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆☆★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “桐野夏生” 関連記事 】

  > No.887 「バラカ」
  > No.313 「ナニカアル」
  > No.202 「IN」
  > No.120 「東京島」
  > No.034 「OUT」


 「教場2」長岡弘樹 <<< PREV/NEXT >>> 「ミッドナイト・ジャーナル」本城雅人

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「シニギワ」 福田健太郎 > ジャンプGIGA新連載!

ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプGIGA 2016年 8/20 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2016-07-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプGIGA(ギガ) vol.1(2016年7月20日<水>発売)から始まった連載作品が、「シニギワ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 GIGA創刊記念試し読み → 『少年ジャンプ+』公式サイト

 作者の福田健太郎(ふくだ・けんたろう)は、「福男」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年3月)”の最終候補となり、“第9回ジャンプ金未来杯“のエントリー作品として“本誌2014年36号”に「デビリーマン」を掲載していきなりのデビュー(「デビリーマン」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 すると見事に金未来杯を受賞(優勝)し、その読切を基にした「デビリーマン」が“本誌2015年26号”から始まり連載デビュー(全16話/「デビリーマン」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 そして本作にて連載終了以来約1年ぶりの新作発表&増刊での初連載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

彼女を救う、 ただ一つの方法―――。

☆「死」は、そこにいる。
  福田健太郎による新境地サスペンス
  新連載センターカラー53P!!


 【「ジャンプGIGA vol.1」の中で面白かった新連載作品第1話は?】
  アンケート投票期間:2016年7月20日(水)~8月9日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

  * 3作品以内(出来るだけ3作品ピッタリ)選択してください
   (1作品のみ選択の投票は無効となる可能性があるかも)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「福田健太郎」関連記事】

  > 「シニギワ」 福田健太郎 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.1)

  > 「デビリーマン」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ新連載! (15.4.20)
  > 「デビリーマン」 福田健太郎 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.7.20)


 【「ジャンプGIGA vol.1」関連記事】

  > 「ジャンプGIGA vol.1」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (16.5.30)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 (16.5.30)
  > 「青の列島 札幌・九月」 附田祐斗 ひらけい (16.5.31)
  > 「シニギワ」 福田健太郎 (16.6.1)

  > 「ぎなた式」 三木有 (16.6.2)
  > 「花侍のサハラ」 芝田優作 (16.6.2)

  > 「BUD “国境未確定領域三国捜査録”」 ポン 若尾和洋 (16.6.12)
  > 「ジャン寺ジャン平編集伝」 宮崎周平 (16.6.14)
  > 「改獣の武器職人」 谷崎修平 (16.6.13)

  > 「インクの涙」 双刃美 (16.6.7)
  > 「RINGO」 寺坂研人 (16.6.17)
  > 「セントウのススメ」 黒木雄心 (16.6.6)

  > 「-幻想古事記伝-」 今日和老 (16.6.3)
  > 「水夢 ~パイナルラウンド~」 板倉滉 だいさ (16.6.9)
  > 「DAMAISM」 坂上くん (16.6.9)

  > 「ユアガーディアン」 帆上夏希 (16.6.11)
  > 「21HOLMS」 松原大 (16.6.16)
  > 「君が僕の帰る場所」 泉拓也 (16.6.15)

  > 「ぼくらの湯」 稲岡和佐 (16.6.8)
  > 「黒の羽衣と黒のオニ」 中村けんいち (16.6.19)
  > 「GARBAGE WORLD」 三辺詩音 (16.6.18)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ