サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

◎競馬予想(2015年)反省会

 当ブログで更新している競馬予想の2015年の結果まとめ&反省記事です

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 まずは、年間トータルの成績を、過去の成績と共に見てみましょう


           的中数  的中率   収支額    回収率

☆15年通算   > 42/210  20.0%. -57,800円   90.8%

☆14年通算   > 49/212  23.1%  -8,170円   98.7%

☆13年通算   > 58/211  27.5%  -81,160円   87.2%

☆12年通算   > 47/210  22.4%  -63,970円   89.9%

☆11年通算   > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算   > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算   > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 続いて、今年の成績を月別に見てみましょう


           的中数 的中率   収支額   回収率

☆15年01月 > 5/14  35.7%  +10,800円  125.7%

☆15年02月 > 1/16  06.3%  -37,500円.  21.9% 

☆15年03月 > 5/22  22.7%   .-6,440円   90.2% 

☆15年04月 > 2/16  12.5%  -29,100円.  39.4%

☆15年05月 > 5/19  26.3%   .-6,900円   87.9%

☆15年06月 > 6/14  42.9%  +44,530円  206.0%

☆15年07月 > 3/12  25.0%   .-7,200円   80.0%  

☆15年08月 > 1/18  05.6%  +27,600円  151.1%

☆15年09月 > 1/13  07.7%  -28,800円.  26.2% 

☆15年10月 > 4/20  20.0%  -10,510円.  82.5% 

☆15年11月 > 5/25  20.0%  -31,240円.  58.3% 

☆15年12月 > 4/21  19.0%  +16,960円  126.9%


 今年は1月こそ毎週的中するなど好スタートとなったものの、2月に入った途端に全くといっていいほど当たらなくなり、その後も6月以外はマイナスを重ねて上半期を終えました。

 下半期に入るとさらに当たらず絶不調状態となり、当たらないことに慣れてしまい悔しさもそんなに感じなくなってしまったほどなのですが、これはやはり小倉サマーJで複勝22倍の大穴を当ててしまったことで予想が荒くなったりズレてしまったのも一因かもしれませんね。

 そんな予想のズレが直ることなく、例年なら絶好調となる12月に入ってもほとんど当たらず、年間収支額も過去最悪な数字がほぼ確定となってしまったので、中央競馬最終週の4レースはいつもの“複勝1点勝負”から1頭軸3連複”に変えて一発大逆転に賭けたところ、4レースの中で唯一3連複万馬券となった有馬記念を8番人気の◎馬が勝利したうえで的中。

 さらに続く東京大賞典では3連単、東京シンデレラマイルで3連複と、今年の惨状からすれば奇跡であるかのような3連続的中でマイナス額も半分以下に減らし、大晦日の最終戦で最後の勝負となったのですが、残念ながら外れてしまいました.....。

 ただ、有馬記念の前までは2009年以降で初めて回収率80%を切ってしまいそうな危機的状況だったのに、そこから回収率90%台まで巻き返して2.3年前より好成績となりましたし、なによりもう今年で全重賞予想を止めてしまおうかと何度か頭を過ぎったりもしたので、最終的に2016年を良いイメージで迎えることが出来たのはホッとしましたし嬉しかったですねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ちなみに、中央GI(障害GI含む)の成績は以下の通り。

 昨年は回収率100%を超えたので、2年連続100%越えを今年の目標の一つとしていたものの、今年は3レースのみの的中でしたし、二ケタ着順が多すぎだったのでさすがに駄目でした.....。

 なお、今年当たった中央GIは全て昨年も当たっていて、しかもヴィクトリアMと有馬記念はどちらも2年連続で◎馬が勝利しているので、よっぽど相性が良いのでしょうね。


         的中数 的中率   収支額   回収率

☆中央GI > 3/24  12.5%  -28,240円  60.7%


  レース名           収支   ◎馬の単勝人気/着順

 ●フェブラリーS    .> -3,000円   8人 10着

 ●高松宮記念     > -3,000円   7人 16着

 ●桜花賞        > -3,000円   9人 12着

 ●中山グランドJ   .> -3,000円   6人 4着

 ○皐月賞        > +5,700円   4人 3着

 ●天皇賞(春)     > -3,000円   6人 12着

 ●NHKマイルC    > -3,000円   11人 12着

 ○ヴィクトリアM    > +14,700円   5人 1着

 ●オークス       > -3,000円   11人 11着

 ●日本ダービー    > -3,000円   7人 7着

 ●安田記念      > -3,000円   8人 16着

 ●宝塚記念      > -3,000円   5人 13着


 ●スプリンターズS  > -3,000円   12人 7着

 ●秋華賞        > -3,000円   14人 16着

 ●菊花賞        > -3,000円   13人 12着

 ●天皇賞(秋)     > -3,000円   13人 13着

 ●エリザベス女王杯 > -3,000円   14人 10着

 ●マイルCS       > -3,000円   8人 9着

 ●ジャパンC      > -3,000円   10人 16着

 ●チャンピオンズC  > -3,000円   .7人 9着

 ●阪神JF        > -3,000円   11人 12着

 ●朝日杯FS      > -3,000円   7人 12着

 ●中山大障害     > -3,000円   11人. 10着

 ○有馬記念      > +17,360円   8人 1着

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京2歳優駿牝馬(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎報知オールスターC(2016年)穴馬予想&結果

2015年12月の記事一覧

 2015年12月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

  2015年11月の記事一覧 <<   >> 2016年1月の記事一覧

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01火 : ◎浦和記念(2015年)穴馬予想&結果

02水 : 『戦場のコックたち』 深緑野分 > 「このミス」完全読破 No.862

03木 : 「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」

04金 : 「2016 本格ミステリ・ベスト10」

05土 : ◎ステイヤーズS&金鯱賞(2015年)穴馬予想&結果
05土 : 「殺せんせーQ(本誌出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成 > 週刊少年ジャンプ読切!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06日 : ◎チャンピオンズC(2015年)穴馬予想&結果
06日 : 『孤狼の血』 柚月裕子 > 「このミス」完全読破 No.857

07月 : 「殺し屋ドミノ」 第年秒 > 週刊少年ジャンプ読切!
07月 : 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊!

08火 : 「しのびや屈」 近藤信輔 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6
08火 : 「このミステリーがすごい!2016年版」

09水 : ◎クイーン賞(2015年)穴馬予想&結果
09水 : 「ガチピン!」 伊達恒大 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

10木 : 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
10木 : 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11金 : 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編>
11金 : 「平和マシン」 谷本達哉 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

12土 : ◎チャレンジC(2015年)穴馬予想&結果
12土 : 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

13日 : ◎カペラS&阪神JF(2015年)穴馬予想&結果
13日 : 「GAGA」 田中勇輝 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

14月 : 「クリメイターズ」 三条陸/椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切!
14月 : 「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>

15火 : 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年1-2月)
15火 : 「NECRO」 天塚啓示 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16水 : ◎全日本2歳優駿(2015年)穴馬予想&結果
16水 : 「リンゴ。」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

17木 : 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6
17木 : 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2016年1月)

18金 : 「この“ランク外作品”がすごい!2016年版」
18金 : 「Dancing ReD」 阪口亜樹 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

19土 : ◎ターコイズS(2015年)穴馬予想&結果
19土 : 「魔界トラベル」 新田太郎 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

20日 : ◎朝日杯FS(2015年)穴馬予想&結果
20日 : 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21月 : 「前衛のアーチャー」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切!
21月 : 『鍵の掛かった男』 有栖川有栖 > 「このミス」完全読破 No.853

22火 : ◎ゴールドC(2015年)穴馬予想&結果
22火 : 「となりの竜学生」 カザマカツヤ > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

23水 : ◎名古屋GP(2015年)穴馬予想&結果
23水 : 『影の中の影』 月村了衛 > 「このミス」完全読破 No.844

24木 : ◎兵庫GT(2015年)穴馬予想&結果
24木 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2015年11月)

25金 : 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2014年」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26土 : ◎中山大障害&阪神C(2015年)穴馬予想&結果

27日 : ◎ホープフルS&有馬記念(2015年)穴馬予想&結果
27日 : 2015年08月の記事一覧

28月 : 2015年09月の記事一覧
28月 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2015年12月)

29火 : ◎東京大賞典(2015年)穴馬予想&結果
29火 : 2015年10月の記事一覧

30水: ◎東京シンデレラマイル(2015年)穴馬予想&結果
30水: 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2015年」 1位-25位
30水: 2015年11月の記事一覧

31木: ◎東京2歳優駿牝馬(2015年)穴馬予想&結果
31木: 2015年12月の記事一覧
31木: ◎競馬予想(2015年)反省会

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2015年11月の記事一覧 <<   >> 2016年1月の記事一覧

◎東京2歳優駿牝馬(2015年)穴馬予想&結果

< 12月31日(木)に行われる東京2歳優駿牝馬(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京2歳優駿牝馬】

 大井のダート1600mで行われる南関2歳牝馬重賞(SI)です。

 今年は例年に比べて予想成績がかなり悪く、12月を迎えた時点で結構なマイナス額となっていたので、毎年得意の12月でなんとか挽回して最終週を迎えようと思っていたものの、17レース中当たったのは1レースのみで取り返しのつかないくらいのマイナス額に.....。

 そのため、先週末からは一発逆転の可能性に賭けて、いつもの“複勝1点勝負”から3連複または3連単勝負に切り替えたところ、有馬記念で3連複、東京大賞典で3連単、そして昨日の東京シンデレラマイルで3連複と、(それまでの自分からしたら)信じられないくらいの3連続的中でマイナス額を大きく減らすことに成功したのですね。

 そんな状況で迎えた2015年最終予想レースなのですが、現時点の年間収支がマイナス54,800円なので、やはりこの金額を超える配当となるような馬券を購入せねばなりません。

 なので、前日オッズしかわからない現時点で予想してしまうと、当日になってオッズが大幅に変わってしまって“結果当たったのに配当金が足りない.....”となってしまうかもしれないため、ある程度オッズが固まってから狙う馬や買い方を決定し、最終予想をレース直前までにはここに追記する予定です。


[ 追 記 ]
 まずは狙う馬ですが、ローレル賞の1~3着馬と道営のリンダリンダの4頭が実績的に他馬を大きく離しているので、オウカランブなど割って入って来そうな馬はいるものの、やはりここは(広めに流してある程度荒れることに期待するよりは)4頭に絞ったうえで買い目を考えた方が良さそうです。

 たださすがに2歳戦なので3連単を当てる自信はなく、馬複や馬単を1点で狙うのもリスクが大きいので、4頭の組み合わせでは4通りしかない3連複を選んでみることに。

 それでレース約1時間前のオッズを確認したところ、3,000円の賭け金で54,800円を越えるオッズとなるのは、4頭のうちモダンウーマンを外した組合せとスアデラを外した組合せの2通り。

 モダンウーマンは必ず入れたいと思っていましたし、元々2歳の交流&南関重賞では道営馬や元道営馬を狙うようにしていることもあり、道営馬&元道営馬3頭の組み合わせでいってみましょう。


  ◎ モダンウーマン / 阿部龍 (12)
  ○ リンダリンダ / 桑村真明 (9)
  ▲ マックスガーデン / 森泰斗 (14)


  << 3連複:◎○▲ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12 ◎ モダンウーマン    阿部龍   1
 2着 9  ○ リンダリンダ     桑村真明 3
 3着 13    ミスミランダー    石崎駿   9
 4着 3     スアデラ       本田正重  2
 5着 2     エメンタールベルン 町田直希 7

 8着 14 ▲ マックスガーデン   森泰斗   4


 4頭のうち唯一外したスアデラが4着となったのですが、3着に来たのはマックスガーデンではなく同枠でやはり元道営馬のミスミランダーの方でした.....。

 まあさすがにここに来て3蓮複1点勝負でいかなくてはいけなくなった時点で厳しかったですねェ。

 というわけで2015年の競馬予想が全て終了しましたが、その反省は◎競馬予想(2015年)反省会に書いてみたいと思います。


  (×3連複:9-12-13 69.8倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  4/21  19.0%  +16,960円 126.9%

☆15年通算   > 42/210  20.0%  -57,800円  90.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京シンデレラマイル(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎競馬予想(2015年)反省会

2015年12月30日 (水)

2015年11月の記事一覧

 2015年11月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

  2015年10月の記事一覧 <<   >> 2015年12月の記事一覧

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01日 : ◎天皇賞・秋(2015年)穴馬予想&結果

02月 : 「火ノ丸相撲×黒子のバスケ SPコラボ読切 キセキの待ったなし対決!」 川田 藤巻忠俊 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切!
02月 : 『夜より黒きもの』 高城高 > 「このミス」完全読破 No.822

03火 : ◎JBCレディスクラシック&JBCスプリント&JBCクラシック(2015年)穴馬予想&結果

04水 : ◎マイルグランプリ(2015年)穴馬予想&結果

05木 : ◎北海道2歳優駿(2015年)穴馬予想&結果

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06金 : ☆ 鹿島戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第16節(マリノス・データ・バンク)

07土 : ◎京王杯2歳S&ファンタジーS(2015年)穴馬予想&結果
07土 : ☆ 鹿島戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第16節(マリノス・データ・バンク)

08日 : ◎AR共和国杯&みやこS(2015年)穴馬予想&結果

09月 : 「バディストライク」 KAITO > 週刊少年ジャンプ新連載!

10火 : 「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11水 : ◎平和賞(2015年)穴馬予想&結果

12木 : 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」簡易版プレイリスト(2013年4-6月)

13金 : ☆ 神戸戦・プレビュー>2015年天皇杯4回戦(マリノス・データ・バンク)

14土 : ◎京都ジャンプS&武蔵野S&デイリー杯2歳S(2015年)穴馬予想&結果
14土 : ☆ 神戸戦・データボックス>2015年天皇杯4回戦(マリノス・データ・バンク)

15日 : ◎福島記念&エリザベス女王杯(2015年)穴馬予想&結果

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16月 : 「フルチャージ!! 家電ちゃん(本誌出張版)」 こんちき > 週刊少年ジャンプ読切!
16月 : 『槐(エンジュ)』 月村了衛 > 「このミス」完全読破 No.821

17火 : ◎ローレル賞(2015年)穴馬予想&結果
17火 : 『砂の街路図』 佐々木譲 > 「このミス」完全読破 No.840

18水 : ◎ロジータ記念(2015年)穴馬予想&結果

19木 : 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2015年12月)

20金 : ☆ 松本戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第17節(マリノス・データ・バンク)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21土 : 「なんて古っ代!ファラオくん(2015年52号出張版)」 小林拙太 > 週刊少年ジャンプ読切!
21土 : 「始末屋K」 長谷川智広 > 週刊少年ジャンプ読切!

22日 : ◎マイルCS(2015年)穴馬予想&結果
22日 : ☆ 松本戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第17節(マリノス・データ・バンク)

23月 : ◎東スポ杯2歳S(2015年)穴馬予想&結果
23月 : 『血の弔旗』 藤田宜永 > 「このミス」完全読破 No.842

24火 : 「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6

25水 : ◎兵庫ジュニアGP&勝島王冠(2015年)穴馬予想&結果
25水 : 「ミステリが読みたい!2016年版」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26木 : 邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト(2015年12月)

27金 : ミステリー・推理小説総合ランキング(2015年)

28土 : ◎京都2歳S(2015年)穴馬予想&結果
28土 : 『片桐大三郎とXYZの悲劇』 倉知淳 > 「このミス」完全読破 No.856

29日 : ◎ジャパンC&京阪杯(2015年)穴馬予想&結果

30月: 「妖移植変異体ガロ」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ読切!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2015年10月の記事一覧 <<   >> 2015年12月の記事一覧

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2015年」 1位-25位

 2015年(2014年12月~2015年11月)に発売された邦楽の新曲を対象にして、個人的に気に入った順に並べたランキングです。


 2007年から「MDB的ミュージックアウォード」と題して年末に自分好みの歌をランキング形式にして発表していたのですが、オリコンチャートが崩壊し始めたことにより自分好みの新曲の情報を得る機会がめっきり減ったため、年々ランキングの候補曲も少なくなり、2012-2013年には2年間で1つのランキングを作ることになってしまいました。

 しかし、今年(2015年)の頭から音楽番組専門チャンネル「SPACE SHOWER TV」で新曲のMVをチェックするようになり、さらにはこのブログで“邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト”を作るようにしたところ、昨年までであれば決して知ることはなかったであろう新曲なども数多く聴くことができ、自分好みの歌がたくさん見つかったのですね。

 なので今年から、“邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト”形式のレイアウトにし、タイトルも変更するなど、リニューアルを施したうえでランキングを作ってみることにしました。

 なお、MV(ミュージック・ビデオ)がある曲の場合は、MVに対する評価(気に入り度)もランキングに影響しています。


 S:シングル収録曲

 A:アルバム収録曲(リカットシングル曲含む)

 D:2015年中にCD化されなかった配信(ダウンロード販売)限定曲

 曲名のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 MV(Youtube) : Youtubeの公式動画へのリンク

 : iTunesへのリンク(無料で試聴可能)

 右下の数字 : 発売日

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1位 A Say DISCO
the telephones
MV(Youtube)
15.03.18
/ // /////////////// / /
2位 S Dracula La
[Alexandros]
MV(Youtube)
15.03.18
/ // /////////////// / /
3位 S もっと光を
BLUE ENCOUNT
MV(Youtube)
15.01.28
/ // /////////////// / /
4位 A セルアウト禅問答
挫・人間
MV(Youtube)
15.08.26
/ // /////////////// / /
5位 S 前髪切りすぎた
三戸なつめ
MV(Youtube)
15.04.08

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
6位 A ディスポップサバイバー
グッドモーニングアメリカ
MV(Youtube)
15.10.28
/ // /////////////// / /
7位 A beyond the beyond
fox capture plan
MV(Youtube)
15.04.08
/ // /////////////// / /
8位 A StaRt
Mrs. GREEN APPLE
MV(Youtube)
15.07.08
/ // /////////////// / /
9位 A NEO JAPONISM
でんぱ組.inc
MV(Youtube)
15.02.18
/ // /////////////// / /
10位 S SHIKIBU feat. 阿波の踊り子
レキシ
MV(Youtube)
15.11.25

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
11位 A 下川最強伝説
挫・人間
MV(Youtube)
15.08.26
/ // /////////////// / /
12位 D Road of Resistance Road of Resistance
BABYMETAL
MV(Youtube)
15.02.01
/ // /////////////// / /
13位 S 吹雪
西沢幸奏
MV(Youtube)
15.02.18
/ // /////////////// / /
14位 S TRACE
WANIMA
MV(Youtube)
15.08.05
/ // /////////////// / /
15位 A ONENESS
miwa
MV(Youtube)
15.04.08

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
16位 S 新宝島
サカナクション
MV(Youtube)
15.09.30
/ // /////////////// / /
17位 A つくり囃子
パスピエ
MV(Youtube)
15.09.09
/ // /////////////// / /
18位 S ShibuyaK
DAOKO
MV(Youtube)
15.10.21
/ // /////////////// / /
19位 S パフィピポ山
PUFFY
MV(Youtube)
15.11.18
/ // /////////////// / /
20位 S ミカヅキ
さユり
MV(Youtube)
15.08.26

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
21位 S 有頂天
B'z
MV(Youtube)
15.01.14
/ // /////////////// / /
22位 A 今夜がおわらない
ふぇのたす
MV(Youtube)
15.03.11
/ // /////////////// / /
23位 S 鮭鮭鮭
あゆみくりかまき
MV(Youtube)
15.03.04
/ // /////////////// / /
24位 A knife
04 Limited Sazabys
MV(Youtube)
15.04.01
/ // /////////////// / /
25位 S RED
B'z
MV(Youtube)
15.06.10

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2015年」 26位-50位


 【 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事 】

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2018年/上半期」 1位-20位 (18.6.30)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2018年/上半期」 21位-40位 (18.6.16)
       ・(Youtube埋め込み版) 40位-33位 (18.6.21)
       ・(Youtube埋め込み版) 32位-25位 (18.6.22)

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2017年」 1位-30位 (17.12.16)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2017年」 31位-60位 (17.12.1)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2017年/上半期」 (17.6.1)

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年」 1位-25位 (16.12.27)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年」 26位-50位 (16.12.16)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年/上半期」 (16.7.19)

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2015年」 1位-25位 (15.12.30)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2015年」 26位-50位 (16.1.4)

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2014年」 (15.12.25)


  >>> 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事リスト <<<

◎東京シンデレラマイル(2015年)穴馬予想&結果

< 12月30日(水)に行われる東京シンデレラマイル(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京シンデレラマイル】

 大井のダート1600mで行われる南関牝馬重賞(SIII)です。

 普段は“複勝1点勝負”なのですが、12月最終週を迎えた時点で年間回収率100%越えを達成するには絶望的な収支額となっていたことから、わずかな可能性に賭けて3連複または3連単で勝負し、大当たりの連発からの大逆転劇を期待することにしました。

 その結果、有馬記念で3連複、東京大賞典で3連単と、年末のビッグレース2連戦を大的中することができ、年間収支マイナス額を大幅に減らすことに成功したものの、それでもまだまだ年間回収率100%越えに手の届く位置まで来れていません.....。

 なので、残りの南関重賞2レースでも(さすがに交流重賞以外で3連単を当てる自信はないので)3連複で勝負してみようと思います。

 というわけでまずは古牝馬の南関重賞ですが、ここはケンブリッジナイスを◎にしてみましょう。

 昨年も9番人気だったこの馬を◎にして当てることが出来まして、それ以降も交流重賞以外は全て4着以上と安定感があり、その間には重賞・しらさぎ賞で2年連続となる馬券圏内好走もしているので、昨年よりは斤量が増え人気も上がっているけれど2年連続で◎にしないわけにはいかないでしょう。

 ただオッズ的な旨みは昨年ほどないので、この馬が来たうえでの紐荒れに期待ですね(なので相手馬は多めに選んでいます)。


  ◎ ケンブリッジナイス / 笹川翼 (3)
  ○ ララベル / 真島大輔 (6)
  ▲ ブルーチッパー / 森泰斗 (1)
  △ アクティフ / 赤嶺亮 (14)
  △ スターローズ / 山崎誠士 (11)
  △ ティーズアライズ / 赤岡修次 (9)
  △ ロゾヴァドリナ / 吉原寛人 (15)
  △ ハッピーウェーブ / 服部茂史 (10)


  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1  ▲ ブルーチッパー   森泰斗  2
 2着 6  ○ ララベル       真島大輔 1
 3着 3  ◎ ケンブリッジナイス 笹川翼   7
 4着 9  △ ティーズアライズ  赤岡修次 6
 5着 12    マイネジェシカ    張田昴  14


 11月の中旬以降全くといっていいほどに当たらなかった惨状を思えば、ここに来て3連系馬券で3連続的中出来たのは自分でも信じられません.....。

 ただ断然人気の2頭絡みの(◎馬が来た以外は)堅い決着だったので、年間回収率のことを考えればもうちょっと荒れたうえで当てたかったですねェ。


  (○3連複:1-3-6 11.5倍)  ○的中!  3,000円 → 10,350円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  4/20  20.0%  +19,960円 133.3%

☆15年通算   > 42/209  20.1%  -54,800円  91.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京大賞典(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京2歳優駿牝馬(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月29日 (火)

2015年10月の記事一覧

 2015年10月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

  2015年9月の記事一覧 <<   >> 2015年11月の記事一覧

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01木 : ☆ 仙台戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第13節(マリノス・データ・バンク)
01木 : 「UNDEAD -アンデッド-」 北村光 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

02金 : 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう!
02金 : 「NANANA!!」 山下尚吾 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

03土 : ◎シリウスS(2015年)穴馬予想&結果
03土 : ☆ 仙台戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第13節(マリノス・データ・バンク)
03土 : 「ナニワのマジン」 植村達也 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

04日 : ◎スプリンターズS(2015年)穴馬予想&結果
04日 : 「リペアーランド」 杉本壮平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5
04日 : 「変面の宴」 二風谷悠人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

05月 : 「勇者歓迎!ドラトンホテル」 カザマカツヤ > 週刊少年ジャンプ読切!
05月 : 「No.9」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ読切!
05月 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2015年10月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06火 : ◎白山大賞典(2015年)穴馬予想&結果
06火 : 「怪奇77project」 高橋翔太 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

07水 : ◎日本テレビ盃(2015年)穴馬予想&結果
07水 : 「ユートシー」 有馬陽平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

08木 : 「損得カンジョウ」 花田智也 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5
08木 : 「高原の耳長族」 sasa > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

09金 : ☆ 滋賀戦(再開試合)・プレビュー>2015年天皇杯2回戦(マリノス・データ・バンク)
09金 : 「幽霊のともだち」 西水隆弘 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

10土 : 「Q.E.D!!」 前田良平 > 週刊少年ジャンプ読切!
10土 : ◎サウジアラビアRC(2015年)穴馬予想&結果

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日 : ◎毎日王冠(2015年)穴馬予想&結果
11日 : ☆ 滋賀戦・データボックス>2015年天皇杯2回戦(マリノス・データ・バンク)

12月 : ◎京都大賞典&マイルCS南部杯(2015年)穴馬予想&結果
12月 : ☆ 大分戦・プレビュー>2015年天皇杯3回戦(マリノス・データ・バンク)

13火 : 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2015年11-12月)

14水 : ◎ハイセイコー記念(2015年)穴馬予想&結果
14水 : ☆ 大分戦・データボックス>2015年天皇杯3回戦(マリノス・データ・バンク)

15木 : ◎エーデルワイス賞(2015年)穴馬予想&結果

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16金 : ☆ 神戸戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第14節(マリノス・データ・バンク)

17土 : ◎府中牝馬S(2015年)穴馬予想&結果
17土 : ☆ 神戸戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第14節(マリノス・データ・バンク)

18日 : ◎東京ハイJ&秋華賞(2015年)穴馬予想&結果

19月 : 「たくあんとバツの日常閻魔帳」 井谷賢太郎 > 週刊少年ジャンプ読切!

20火 : 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2015年11月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21水 : ◎鎌倉記念(2015年)穴馬予想&結果

22木 : ☆ 川崎F戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第15節(マリノス・データ・バンク)

23金 : 『メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官』 川瀬七緒 > 「このミス」完全読破 No.839

24土 : ◎富士S(2015年)穴馬予想&結果
24土 : ☆ 川崎F戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第15節(マリノス・データ・バンク)

25日 : ◎菊花賞(2015年)穴馬予想&結果

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26月 : 「KUNG-FU MASTER」 那波歩才 > 週刊少年ジャンプ読切!

27火 : 「僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!」 根田啓史 > 週刊少年ジャンプ読切!

28水 : ◎埼玉新聞栄冠賞(2015年)穴馬予想&結果

29木 : 『ビッグデータ・コネクト』 藤井太洋 > 「このミス」完全読破 No.824

30金: 邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト(2015年11月)

31土: ◎スワンS&アルテミスS(2015年)穴馬予想&結果
31土: 『虹の歯ブラシ 上木らいち発散』 早坂吝 > 「このミス」完全読破 No.823

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2015年9月の記事一覧 <<   >> 2015年11月の記事一覧

◎東京大賞典(2015年)穴馬予想&結果

< 12月29日(火)に行われる東京大賞典(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京大賞典】

 大井のダート2000mで行われる交流重賞(JpnI)です。

 いよいよダート競馬の1年を締めくくるグランプリレースを迎えるわけですが、先週末の中央重賞4レースでは、残りのレースで超大穴の複勝をいくつも当てないと年間収支プラスにはならない状況となっていたことから、いつもの“複勝1点勝負”をやめて“1頭軸の3連複勝負”で一発大逆転の可能性に賭けることにしました。

 その結果、唯一3連複万馬券となった有馬記念をズバリ当てることが出来たものの、年間収支をプラスにするには焼け石に水的なものだったのですね.....。

 それで残りの交流&南関重賞3レースをどのように買うのかで悩んだのですが、やはり可能性がある限りは年間回収率プラスに挑戦したい気持ちがありますし、有馬記念を当てた勢いもあるので、残り3レースも高配当を狙った買い方にしてみたいと思います。

 ただこのレースはさすがに1頭軸の3連複で高配当は難しそうなので、ここ最近の勢いに期待してサウンドトゥルーを1着に、大井のグランプリレースで4連勝中のホッコータルマエを2着に固定した3連単で勝負してみましょう。


  ◎ サウンドトゥルー / 大野拓弥 (5)
  ○ ホッコータルマエ / 幸英明 (13)
  ▲ コパノリッキー / 武豊 (11)
  △ ハッピースプリント / 宮崎光行 (6)
  △ ワンダーアキュート / 和田竜二 (4)
  △ ナムラビクター / 秋山真一郎 (1)
  △ サミットストーン / 石崎駿 (7)


  << 3連単:◎→○→▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5  ◎ サウンドトゥルー   大野拓弥  3
 2着 13 ○ ホッコータルマエ  幸英明    1
 3着 4  △ ワンダーアキュート 和田竜二  6
 4着 11 ▲ コパノリッキー    武豊     2
 5着 1  △ ナムラビクター    秋山真一郎 5


 直線で(逃げた)コパノリッキーを(追走していた)ホッコータルマエが交わしたところで大外からサウンドトゥルーが鮮やかに抜き去り、配当的には他の馬がコパノリッキーを抜かして3着に入ってくれれば.....、と思い描いてこの買い方にしたのですが、まさにその通りの展開&結果となってしまいました....。

 それでも年間回収率100%越えにはまだまだ届かないものの、年間収支プラスなど夢のまた夢だったマイナス額が有馬記念と東京大賞典の2レースだけで半分近くにまで減らすことが出来たので、今年残りの2レースでなんとか大逆転劇を演じてみたいものですね。


  (○3連単:5-13-4 86.5倍)  ○的中!  3,000円 → 43,250円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  3/19  15.8%  +12,610円 122.1%

☆15年通算   > 41/209  19.7%  -62,150円  90.0%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ホープフルS&有馬記念(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京シンデレラマイル(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月28日 (月)

「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2015年12月)

 「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」本編(ラジオ)&Podcastの、2015年12月のプレイリストです

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

 内容を細かく書いてしまうと、これから聴く方の楽しみを奪ってしまうことになるので、話に出てくる主なキーワードを並べるだけにしてみました(ただ最近はある程度詳しく書くようになってきたので、未聴の方はネタバレにご注意ください)

 

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 半年前までに配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません


 / 放送日(収録日) / 本編 or P-C(Podcast) / 放送(収録)時間 /
 / “タイトル” / 「キーワード」(『』はメッセージ(メール)テーマ) /


 NEXT >>> 本編&Podcast プレイリスト(2016年1月)

 本編&Podcast プレイリスト(2015年11月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2015年 12月 】


12/04 本編 (2:00:00) “『今年私はこれで優勝しました』”

 「今日の設楽は"ノンストップ"後に福岡ロケしてからのラジオ」
 「NHK山形放送局のお天気お姉さんが生放送中に号泣(話を回
 す役割の番組でテンパる時)」「今後のバナナマン関連歌地獄
 番組紹介」「真裏のオールナイトニッポンに源くん出演中(バナ
 ナマン&バナナムーンについても言及/設楽が"紅白でバナナ
 マンとの共演を要望するメール"を送るようリスナーに提案)」
 「かつて設楽の知らない先輩芸人の真似を披露していた日村」
 「今年のFNS歌謡祭は二夜連続:中山美穂が久々テレビ歌唱/
 日村が決める1日目のMVPは広瀬香美/観ていてKinKi Kids
 堂本剛のモノマネが出来るようになった(つもりの)日村」「源くん
 のラジオにメールが来すぎてサーバー落ちる」「曲対決(○日村
 :promise/広瀬香美 vs ×設楽:シャクシャイン/水曜日のカン
 パネラ/選んだ理由を説明中に辻くんがヘラヘラ笑っていたので
 その時点で負けを悟る設楽)」「披露宴直前にメールを読まれた
 リスナーからの報告メール」「流行語大賞発表」「新コーナー:
 マ・マー 弾む生パスタ presents・真夜中の食レポ選手権(最も
 素晴らしい食レポをした人が優勝となる2ヶ月限定企画/日村が
 挑戦)」「ヒロメネス(偏見)」「ヒムペキ兄さん(紅白歌合戦2015
 ヒムペキ・事前に予習バージョン)」「曲対決(×日村:北街角/
 近藤真彦 vs ○設楽:電波ジャンク/DENSHI JISION)」


12/04 P-C (0:55:37) “オレだってBUNZIN”

 「

 「2015年12月4日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12/11 本編 (2:00:00) “日村勇紀を笑わせろ! 2015WINTER”

 「"ヘチマじゃねえわ!!"(日村へのヘチマいじり)ブームから1年
 〈本編14.11.28参照〉」「ラジオのノリをテレビで出さない方が良
 い」「キンコメ高橋が貝の仕事(コラム)始める」「日村のヘチマキ
 ャラを模索(R-1に出たら優勝?)」「年末年始のバナナマン関連
 歌地獄企画&番組紹介:来週のヒムペキグランド大賞は東京03
 の飯塚&角田ゲスト(豊本はドラマのため欠席/ゴー☆ジャスも
 出演?)」「"怒涛の日村歌祭り"なので景気付けに3DSLLをプレ
 ゼント:日村へのプレゼントかと思いきや名物企画"日村勇紀を
 笑わせろ!"で笑わせたリスナーのうち1人に日村が自腹でプレ
 ゼント」『日村を笑わせるメール』「"日村勇紀を笑わせろ! 2015
 WINTER"開催(口に牛乳含んだ日村をリスナーがメールで笑わ
 せる企画)」「臭いの国からやっとりまーす!!鼻を引き裂く悪臭トリ
 プルスリー2015/レベル7:スカトロマントヒヒのションベンスム
 ージー」「ヒムペキグランド大賞2014前週祭("でんでんぱっしょ
 ん/でんぱ組.inc"ヒムペキ・学歴が全てじゃないバージョン/
 "ギミチョコ!!/BABYMETAL"ヒムペキ・ホワイトデーバージョン/
 "冬のリヴィエラ/森進一"ヒムペキ・世代を超えて楽しむバージ
 ョン)」「レベル13:日村とは全く面識がないどころか風呂に入り
 たいと思ったことが人生で1回もない奴がくれた靴下」「レベル2
 :ブツブツコウモリのアナル味噌漬け」「カーテンの裏に謎の人
 物が(靴下の持ち主?)」「真夜中の食レポ選手権(ジャニオタが
 挑戦)」「レベル0.5:ニンニク」「曲対決(×日村:輝きながら…/
 徳永英明 vs ○設楽:ハードボイルドに愛してやるぜ/清竜人25)」


12/11 P-C (0:42:30) “"そこにいたろう"と大巨人の正体は?”

 「

 「2015年12月11日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12/18 本編 (2:00:00) “今夜決定!ヒムペキグランド大賞2015”

  ゲスト審査員:飯塚悟志・角田晃広(東京03)

 「ヒムペキグランド大賞用オープニング」「ゲスト審査員の飯塚・
 角田登場(豊本はドラマ打ち上げのため欠席)」「今年もまずは
 サトシの"メリーアン"」「SW連続出演中のゴー☆ジャスはマネ
 ージャーとも連絡が取れない(?)ため出演せず」『あなたの選ぶ
 今年のヒムペキソング』「昨年の優勝曲:"ディズニースペシャル
 メドレー"ヒムペキ・悟志結婚て何なんだバージョン」「"およげ!
 たいやきくん/子門真人"ヒムペキ・忘れん坊将軍バージョン
 「"Crazy Party Night/きゃりーぱみゅぱみゅ"ヒムペキ・お化け
 は怖いよバージョン」「"にんげんっていいな/中島義実 "ヒム
 ペキ・クレーム対応バージョン」「新曲:"99は終わらない/郷ひ
 ろみ"ヒムペキ・包茎カッコ悪くないよバージョン」「"MOON/レ
 ベッカ"ヒムペキ・前作よりもわかりやすくもっと怖いバージョン
 「"空と君のあいだに/中島みゆき"ヒムペキ・日村軍団バージョ
 」「"SUN/星野源"ヒムペキ・この歌詞に隠された日村感を解
 説しちゃうバージョン」「真夜中の食レポ選手権(サトシが挑戦)」
 「新曲:"まつり/北島三郎"ヒムペキ・もっとお祭りバージョン
 (ドロボー・辻くん・オークラも参加)」「"私以外私じゃないの/ゲス
 の極み乙女。"ヒムペキ・シンプルにバカバージョン」「新曲:
 "スター・ウォーズ"ヒムペキ・カイザー孤独だと思わないでバー
 ジョン(ゴー☆ジャス/ラブレターズ/キンコメ高橋/角田/ミナミト
 オル君/元マンブルゴッチ川村も参加)」「優勝は"スター・ウォー
 ズ"ヒムペキ・カイザー孤独だと思わないでバージョン」


12/18 P-C (1:11:37) “東京03とヒムペキ&ベガス&紅白の話”

  ・ゲスト:飯塚悟志・角田晃広(東京03)

 「

 「2015年12月18日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12/25 本編 (2:00:00) “第9回年忘れ
               バナナムーン内々歌合戦GOLD”

 <<歌合戦出場ゲスト&スタッフ>>
   ・ラブレターズ
   ・ムーディ勝山
   ・有田武史("バナナスクール"総合演出)
   ・鎌田麻子("バナナムーンGOLD"元AD)
   ・野呂佳代
   ・ゴー☆ジャス

 「小山マネがケーキを買って来てくれたので食べることに」「今
 後のバナナマン関連歌地獄番組」「今年のバナナムーンを振り
 返る」「おやまんのくりくりすいーとくりすます」「本番前に宮嵜P
 が設楽の前で日村チーム出場者(ゴー☆ジャス)のネタバレを話
 しちゃう」『超内々歌合戦・ごぼうさんチーム(設楽組)とヘチマ組
 (日村組)どっちがいいか』「鎌っちゃんは離婚していた」「真夜中
 の食レポ選手権(有田さんが挑戦)」

 設楽チーム1 : "ほっとけないよ" by ラブレターズ
 日村チーム1 : "また逢う日まで" by ムーディ勝山

 日村チーム2 : "君は1000%" by 有田武史
 設楽チーム2 : "ここでキスして。" by 鎌田麻子

 設楽チーム3 : "トリセツ" by 野呂佳代
 日村チーム3 : "誘惑" by ゴー☆ジャス

 「ごぼうさんチーム(設楽):2,053票-ヘチマ組(日村):978票で
 ごぼうさんチームが勝利」


12/25 P-C (1:36:11) “超内々歌合戦ゲストと大騒ぎ2015”

  ・ゲスト:ムーディ勝山
        ゴー☆ジャス
        ラブレターズ
        野呂佳代

 「

 「2015年12月25日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 本編&Podcast プレイリスト(2016年1月)

 本編&Podcast プレイリスト(2015年11月) <<< PREV

bananaman live LIFE is RESEARCH [DVD]bananaman live LIFE is RESEARCH [DVD]

Happinet(SB)(D) 2016-02-02
売り上げランキング : 678

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2015年の「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2015-2016年) (15.1.16)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2015年) (15.1.23)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2015年) (15.8.25)

  > 曲対決リスト(2015年1-4月) (15.1.31)
  > 曲対決リスト(2015年5-8月) (15.5.17)
  > 曲対決リスト(2015年9-12月) (15.9.9)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年1月) (15.1.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年2月) (15.2.6)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年3月) (15.3.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年4月) (15.4.4)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年5月) (15.5.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年6月) (15.6.22)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年7月) (15.7.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年8月) (15.8.15)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年9月) (15.9.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年10月) (15.10.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年11月) (15.12.24)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年12月) (15.12.28)


 その他の年の「バナナムーンGOLD」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<

2015年09月の記事一覧

 2015年9月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

  2015年8月の記事一覧 <<   >> 2015年10月の記事一覧

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01火 : 『リバース』 湊かなえ > 「このミス」完全読破 No.833

02水 : 『勁草』 黒川博行 > 「このミス」完全読破 No.834

03木 : 『ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~』 三上延 > 「このミス」完全読破 No.835

04金 : ☆ 滋賀戦・プレビュー>2015年天皇杯2回戦(マリノス・データ・バンク)

05土 : ◎札幌2歳S(2015年)穴馬予想&結果
05土 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2015年9月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06日 : ◎小倉2歳S&新潟記念(2015年)穴馬予想&結果
06日 : ☆ 滋賀戦・データボックス>2015年天皇杯2回戦(マリノス・データ・バンク)

07月 : 「ものの歩」 池沢春人 > 週刊少年ジャンプ新連載!
07月 : 「第10回 J金未来杯」エントリー作品の中で一番面白かった作品を決める投票を実施中です

08火 : 『透明カメレオン』 道尾秀介 > 「このミス」完全読破 No.827

09水 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」 曲対決リスト(2015年9-12月)

10木 : ☆ 新潟戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第10節(マリノス・データ・バンク)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11金 : 『淵の王』 舞城王太郎 > 「このミス」完全読破 No.826

12土 : 2015年06月の記事一覧
12土 : ☆ 新潟戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第10節(マリノス・データ・バンク)

13日 : ◎セントウルS&京成杯AH(2015年)穴馬予想&結果

14月 : 「左門くんはサモナー」 沼駿 > 週刊少年ジャンプ新連載!
14月 : 「バクマン。age13」 大場つぐみ 小畑健 > 週刊少年ジャンプ読切!

15火 : 『インドクリスタル』 篠田節子 > 「このミス」完全読破 No.836

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16水 : ◎東京記念(2015年)穴馬予想&結果

17木 : ☆ FC東京戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第11節(マリノス・データ・バンク)

18金 : 「このミス2016年版」月別ランクイン候補作品(2015年10月)

19土 : ◎阪神ジャンプS(2015年)穴馬予想&結果
19土 : ☆ FC東京戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第11節(マリノス・データ・バンク)

20日 : ◎ローズS(2015年)穴馬予想&結果

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21月 : ◎セントライト記念(2015年)穴馬予想&結果
21月 : 『ミステリー・アリーナ』 深水黎一郎 > 「このミス」完全読破 No.837

22火 : 『黒野葉月は鳥籠で眠らない』 織守きょうや > 「このミス」完全読破 No.838

23水 : ◎オーバルスプリント(2015年)穴馬予想&結果
23水 : 「バクマン。age14」 大場つぐみ 小畑健 > 週刊少年ジャンプ読切!

24木 : ☆ 湘南戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第12節(マリノス・データ・バンク)

25金 : 『あぶない叔父さん』 麻耶雄嵩 > 「このミス」完全読破 No.825

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26土 : 2015年07月の記事一覧
26土 : ☆ 湘南戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第12節(マリノス・データ・バンク)

27日 : ◎神戸新聞杯&オールカマー(2015年)穴馬予想&結果

28月 : 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.5」 > 週刊少年ジャンプ増刊!
28月 : 「ユアストレンジャー」 三木有 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

29火 : 邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト(2015年10月)
29火 : 「LOVE RUSH」 山本亮平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5

30水: ◎東京盃(2015年)穴馬予想&結果
30水: ◎レディスプレリュード(2015年)穴馬予想&結果

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2015年8月の記事一覧 <<   >> 2015年10月の記事一覧

2015年12月27日 (日)

2015年08月の記事一覧

 2015年8月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

  2015年7月の記事一覧 <<   >> 2015年9月の記事一覧

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01土 : ◎小倉サマーJ(2015年)穴馬予想&結果

02日 : ◎クイーンS&アイビスSD(2015年)穴馬予想&結果

03月 : 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊!
03月 : 「ZIPPO!!」 芝田優作 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4

04火 : 「cute」 後藤逸平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4
04火 : 「カラグリラ」 平野稜二 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4

05水 : 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2015年9-10月)
05水 : 「GOLD」 門里慧 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06木 : 「箱の中の青」 木下敬次 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4
06木 : 「GAIA KEEPER」 浜田志紀 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4

07金 : 「今日からMON HIGH」 落合更起 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4
07金 : 「JAPAN’S」 小田島諒 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4

08土 : 「モノノケハイブラッド」 斉藤尚武 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4
08土 : 『王とサーカス』 米澤穂信 > 「このミス」完全読破 No.828

09日 : ◎小倉記念&レパードS(2015年)穴馬予想&結果
09日 : 「対リア充兵器 最北端翔」 杉本竜一 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4

10月 : ☆ 名古屋戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第6節(マリノス・データ・バンク)
10月 : 「スパイ系女子」 彦根洋平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11火 : 「不幸のトーノ」 繁在家政之 岩崎優次 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4
11火 : 「鈴機鉄郎」 鳩野宗輔 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4

12水 : ◎クラスターC&黒潮盃(2015年)穴馬予想&結果
12水 : ☆ 名古屋戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第6節(マリノス・データ・バンク)

13木 : 「GET YOU BACK!」 西村大輝 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4
13木 : ◎ブリーダーズGC(2015年)穴馬予想&結果

14金 : ☆ 甲府戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第7節(マリノス・データ・バンク)
14金 : 『流』 東山彰良 > 「このミス」完全読破 No.829

15土 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2015年8月)
15土 : 『刑事群像』 香納諒一 > 「このミス」完全読破 No.819

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16日 : ◎エルムS&関屋記念(2015年)穴馬予想&結果
16日 : ☆ 甲府戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第7節(マリノス・データ・バンク)

17月 : 『人魚と金魚鉢』 市井豊 > 「このミス」完全読破 No.830

18火 : ◎サマーチャンピオン(2015年)穴馬予想&結果

19水 : ◎スパーキングサマーC(2015年)穴馬予想&結果

20木 : ☆ 鳥栖戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第8節(マリノス・データ・バンク)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21金 : 「このミス2016年版」月別ランクイン候補作品(2015年9月)

22土 : 邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト(2015年9月)
22土 : ☆ 鳥栖戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第8節(マリノス・データ・バンク)

23日 : ◎札幌記念&北九州記念(2015年)穴馬予想&結果

24月 : 『あなたが消えた夜に』 中村文則 > 「このミス」完全読破 No.831

25火 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 ゲスト出演回リスト(2015年)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26水 : ◎アフター5スター賞(2015年)穴馬予想&結果

27木 : ☆ 浦和戦・プレビュー>2015年J1リーグ2nd第9節(マリノス・データ・バンク)

28金 : 「このミス2016年版」下半期のランクイン候補作品

29土 : ◎新潟ジャンプS(2015年)穴馬予想&結果
29土 : ☆ 浦和戦・データボックス>2015年J1リーグ2nd第9節(マリノス・データ・バンク)

30日: ◎キーンランドC&新潟2歳S(2015年)穴馬予想&結果

31月: 『ラプラスの魔女』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.832

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2015年7月の記事一覧 <<   >> 2015年9月の記事一覧

◎ホープフルS&有馬記念(2015年)穴馬予想&結果

< 12月27日(日)に行われるホープフルステークス(GII)有馬記念(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ホープフルステークス】

 中山の芝2000mで行われる2歳重賞(GII)です。

 昨日の予想記事にも書いたことを再び書きますが、現時点で(残りの交流&南関重賞3レースを含めても)超大穴の複勝をいくつも当てないと年間回収率プラスにはならない状況となっています。

 それでも“複勝1点勝負”で最後まで通すのも一つの筋だとは思いますが、ただ年間回収率プラスで終えることを一番の目標として毎年やっているというそもそもの前提があるので、今週末の中央重賞4レースは一発大逆転の可能性に賭けて1頭軸の3連複勝負でいくことにしました。

 ただ、堅い決着のレースを当てても(今回の趣旨からして)意味がないので、軸となる◎馬は穴馬複勝狙いの時と同様の基準で選んでみるつもりです。

 なお、相手馬の数が7~8頭と多めになってしまいますが、過去の(3連複を基本に購入していた時の)経験からして3連複はあまり自信がないことからなるべく広く流して少しでも当たる可能性を増したいためなので、まあ◎以外は付け足し程度の予想といった感じですね。


 というわけで昨日の2レースを(当然の如く)外したうえで迎えるこのレースですが、ここはこれを書いている時点で6番人気のプランスシャルマンを◎にしてみましょう。

 500万を勝っただけの重賞初出走馬ではありますが、今回と同じ中山2000mのOPで1/2馬身差2着という実績がありますし、先行して上がりも速めで内枠と中山コースに合ってそうなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ プランスシャルマン / 戸崎圭太 (2)
  ○ アドマイヤエイカン / 岩田康誠 (1)
  ▲ ブレイブスマッシュ / 横山典弘 (11)
  △ ブラックスピネル / 松若風馬 (13)
  △ プレイヤーサムソン / アッゼニ (10)
  △ ロードクエスト / M.デムーロ (9)
  △ バスティーニ / ルメール (8)
  △ ハートレー / ボウマン (6)


  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  △ ハートレー      ボウマン   3
 2着 9  △ ロードクエスト    M.デムーロ 1
 3着 8  △ バティスティーニ   ルメール   2
 4着 13 △ ブラックスピネル   松若風馬  6
 5着 1  ○ アドマイヤエイカン  岩田康誠  4

 6着 2  ◎ プランスシャルマン 戸崎圭太  5


  (×3連複:6-8-9 8.4倍)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【有馬記念】

 中山の芝2500mで行われる重賞(GI)です。

 2015年の中央競馬を締めくくるグランプリレースですが、昨年は的中することが出来たので、2年連続で当てたいところですね。

 それでここは、これを書いている時点で7番人気のゴールドアクターを◎にしてみましょう。

 昨年の菊花賞で3着と好走した馬ですが、長い休みを経て今年の夏に復帰すると破竹の3連勝でGIIを制するなど勢いがありますし、絶対的な存在がいない現在の中長距離路線であればこの勢いでグランプリホースとなることもあり得るのでは。

 先行脚質も内めの枠もこのレースに申し分ないので、この馬の激走に期待してみることにしました。


  ◎ ゴールドアクター / 吉田隼人 (7)
  ○ ラブリーデイ / 川田将雅 (4)
  ▲ サウンズオブアース / M.デムーロ (9)
  △ キタサンブラック / 横山典弘 (11)
  △ ルージュバック / 戸崎圭太 (13)
  △ リアファル / ルメール (12)
  △ ゴールドシップ / 内田博幸 (15)
  △ アルバート / アッゼニ (6)
  △ マリアライト / 蛯名正義 (16)


  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7  ◎ ゴールドアクター   吉田隼人  8
 2着 9  ▲ サウンズオブアース M.デムーロ 5
 3着 11 △ キタサンブラック   横山典弘  4
 4着 16 △ マリアライト      蛯名正義  12
 5着 4  ○ ラブリーデイ      川田将雅  2


 例年なら自分としては驚くほどに当たりまくる12月なのに今年は驚くほどに当たらなかったので、これは有馬記念で大きな当たりとなるのではないかと期待してはいたのですが、◎の穴馬が勝ったうえで3連複を的中出来るとは驚きました.....。

 ただそれでも年間回収率的には焼け石に水でしかないのが寂しいですねェ。


  (○3連複:7-9-11 206.3倍)  ○的中!  3,000円 → 20,360円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  2/18  11.1%  -27,640円  48.8%

☆15年通算   > 40/207  19.3% .-102,400円  83.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎中山大障害&阪神C(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京大賞典(2015年)穴馬予想&結果






2015年12月26日 (土)

◎中山大障害&阪神C(2015年)穴馬予想&結果

< 12月26日(土)に行われる中山大障害(J・GI)阪神カップ(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【中山大障害】

 中山の芝4100mで行われる障害重賞(J・GI)です。

 今年の中央競馬も最終週となりますが、現時点で(残りの交流&南関重賞3レースを含めても)超大穴の複勝をいくつも当てないと年間回収率プラスにはならない状況に.....。

 それでも“複勝1点勝負”で最後まで通すのも一つの筋だとは思いますが、ただ年間回収率プラスで終えることを一番の目標として毎年やっているというそもそもの前提があるので、少なくとも今日明日の中央重賞4レースは一発大逆転の可能性に賭けて1頭軸の3連複勝負でいってみたいと思います。

 ただ、堅い決着のレースを当てても(今回の趣旨からして)意味がないので、軸となる◎馬は穴馬複勝狙いの時と同様の基準で選んでみるつもりです。

 なお、相手馬の数が7~8頭と多めになってしまいますが、過去の(3連複を基本に購入していた時の)経験からして3連複はあまり自信がないことからなるべく広く流して少しでも当たる可能性を増したいためなので、まあ◎以外は付け足し程度の予想といった感じですね。


 それでまずは冬の障害GIとなりますが、ここはこれを書いている時点で11番人気のドリームセーリングを◎にしてみましょう。

 この馬は逃げ馬なので展開に左右されやすいものの、その割には障害重賞&OPで5戦して掲示板を外したのはGIの1戦だけですし、そのGIも休み明けで馬体重プラス16kgでの6着でした。

 前走は約1年の長期休み明けながら0.4秒差4着と健闘していますし、休み明けを叩かれたことと大障害コースを経験済みなことから展開さえ上手くハマれば3着以内に逃げ粘ってくれるのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ドリームセーリング / 浜野谷憲尚 (7)
  ○ サナシオン / 西谷誠 (8)
  ▲ アップトゥデイト / 林満明 (13)
  △ アポロマーベリック / 五十嵐雄祐 (2)
  △ マキオボーラー / 平沢健治 (5)
  △ ウォンテッド / 北沢伸也 (10)
  △ アシュヴィン / 中村将之 (12)
  △ オジュウチョウサン / 石神深一 (1)
  △ ダンツミュータント / 森一馬 (9)


  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13 ▲ アップトゥデイト    林満明    2
 2着 4     エイコーンパス    高田潤    5
 3着 8  ○ サナシオン      西谷誠    1
 4着 9  △ ダンツミュータント  森一馬    9
 5着 6     ティリアンパープル 山本康志   12

10着 7  ◎ ドリームセーリング 浜野谷憲尚 11


 これだけ多く流しながら2・5着馬が抜けてしまうというのは本当にどうしようもないですねェ。


  (×3連複:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【阪神カップ】

 阪神の芝1400mで行われる重賞(GII)です。

 こちらのレースはこれを書いている時点で7番人気のテイエムタイホーを◎にしてみましょう。

 この馬はここ8レース中6レースで連対と結果を出しているものの、連対しなかった2レースはどちらも重賞で9着以下と重賞レベルでは結果が出ていませんが、スワンSは9着ながら前に行った馬が総崩れの中で0.4秒差(3着馬とは0.1秒差)でしたし、現在3連勝中と得意の阪神であれば重賞でも結果が出るのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ テイエムタイホー / 松田大作 (4)
  ○ ビッグアーサー / 藤岡康太 (1)
  ▲ ウリウリ / 岩田康誠 (5)
  △ ダイワマッジョーレ / アッゼニ (2)
  △ アクティブミノル / 武豊 (7)
  △ ダノンシャーク / ルメール (8)
  △ ロサギガンティア / M.デムーロ (13)
  △ クラレント / 内田博幸 (14)
  △ スマートオリオン / 武幸四郎 (17)


  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13 △ ロサギガンティア  M.デムーロ 3
 2着 15    ダンスディレクター  浜中俊    5
 3着 1  ○ ビッグアーサー   藤岡康太   1
 4着 6     サンライズメジャー 池添謙一  8
 5着 5  ▲ ウリウリ       岩田康誠   2

16着 4  ◎ テイエムタイホー  松田大作   6


 両レース共に◎馬が10着以下なのはそっと置いておくとして、こちらのレースも(これだけ流しながら)2・4着馬が抜けてしまったということからやっぱり自分にとって3連複は合わないことが分かるのですが、最後まで相手に入れようかどうしようかと悩んで結局外した馬が3着以内に入るというのがなんだか(3連複中心に買っていた時代を思い出して)懐かしかったですね.....。


  (×3連複:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  1/16   6.3%  -42,000円  .12.5%

☆15年通算   > 39/205  19.0% .-116,760円  81.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎兵庫GT(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ホープフルS&有馬記念(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月25日 (金)

「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2014年」

Goripaku7957_tp_v


 2014年に発売された邦楽の新曲を対象にして、個人的に気に入った順に並べたランキングです。


 2007年から「MDB的ミュージックアウォード」と題して年末に自分好みの歌をランキング形式にして発表していたのですが、オリコンチャートが崩壊し始めたことにより自分好みの新曲の情報を得る機会がめっきり減ったため、年々ランキングの候補曲も少なくなり、2012-2013年には2年間で1つのランキングを作ることになってしまいました。

 しかし、今年(2015年)の頭から音楽番組専門チャンネル「SPACE SHOWER TV」で新曲のMVをチェックするようになり、さらにはこのブログで“邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト”を作るようにしたところ、昨年までであれば決して知ることはなかったであろう新曲なども数多く聴くことができ、自分好みの歌がたくさん見つかったのですね。

 なので今年から、“邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト”形式のレイアウトにし、タイトルも変更するなど、リニューアルを施したうえでランキングを作ってみることにしました。

 そしてまずは、(未発表だった)2014年のランキングがら発表してみましょう。

 なお、MV(ミュージック・ビデオ)がある曲の場合はMVに対する評価(気に入り度)もランキングに影響しています。


 S:シングル収録曲、A:アルバム収録曲(リカットシングル曲含む)

 D:2014年中にCD化されなかった配信(ダウンロード販売)限定曲

 曲名のリンク先は「Amazon.co.jp」の詳細ページ

 MV(Youtube) : Youtubeの公式動画へのリンク

 : iTunesへのリンク(無料で試聴可能)

 右下の数字 : 発売日

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1位 S サクラあっぱれーしょん
でんぱ組.inc
MV(Youtube)
14.03.12
/ // /////////////// / /
2位 S シルエット
KANA-BOON
MV(Youtube)
14.11.26
/ // /////////////// / /
3位 A オドループ
フレデリック
MV(Youtube)
14.09.24
/ // /////////////// / /
4位 A Fantastic Magic
TK from 凛として時雨
MV(Youtube)
14.08.27
/ // /////////////// / /
5位 S バリ3共和国
でんぱ組.inc
MV(Youtube)
14.11.26
/ // /////////////// / /

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
6位 A ray
BUMP OF CHICKEN
MV(Youtube)
14.03.12
/ // /////////////// / /
7位 A Liberty & Gravity
くるり
MV(Youtube)
14.09.17
/ // /////////////// / /
8位 S ハイタテキ!
私立恵比寿中学
MV(Youtube)
14.11.05
/ // /////////////// / /
9位 S Wake Up!
feat. ASIAN KUNG-FU GENERATION
東京スカパラダイスオーケストラ
MV(Youtube)
14.07.02
/ // /////////////// / /
10位 A ギミチョコ!!
BABYMETAL
MV(Youtube)
14.02.26

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
11位 S Crazy Crazy
星野源
MV(Youtube)
14.06.11
/ // /////////////// / /
12位 S unravel
TK from 凛として時雨
MV(Youtube)
14.07.23
/ // /////////////// / /
13位 S 泣いてもいいんだよ
ももいろクローバーZ
MV(Youtube)
14.05.08
/ // /////////////// / /
14位 A Baby's on Fire
電気グルーヴ
MV(Youtube)
14.10.29
/ // /////////////// / /
15位 S Rave-up Tonight Rave-up tonight
Fear,and Loathing in Las Vegas
MV(Youtube)
14.01.15

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
16位 D イイナヅケブルー イイナヅケブルー
Charisma.com
MV(Youtube)
14.06.04
/ // /////////////// / /
17位 S TODAY IS A NEW DAY
木村カエラ
MV(Youtube)
14.10.22
/ // /////////////// / /
18位 S LIFE
フジファブリック
MV(Youtube)
14.02.12
/ // /////////////// / /
19位 S We Don't Stop
西野カナ
MV(Youtube)
14.05.21
/ // /////////////// / /
20位 S ちゅるりちゅるりら
でんぱ組.inc
MV(Youtube)
14.07.30

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
21位 A Hyper Jump
the telephones
MV(Youtube)
14.06.04
/ // /////////////// / /
22位 A 桃太郞 桃太郎
水曜日のカンパネラ
MV(Youtube)
14.11.05
/ // /////////////// / /
23位 S Adventure
[Alexandros]
MV(Youtube)
14.06.18
/ // /////////////// / /
24位 S Believe in yourself
阿部真央
MV(Youtube)
14.05.24
/ // /////////////// / /
25位 S MONSTER DANCE
KEYTALK
MV(Youtube)
14.10.22

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
.
26位 S GUTS !
MV(Youtube)
  14.04.30
/ // /////////////// / /
27位 A ありきたりな女
椎名林檎
MV(Youtube)
14.11.05
/ // /////////////// / /
28位 S 俺たちのセレブレーション
ポルノグラフィティ
MV(Youtube)
14.09.03
/ // /////////////// / /
29位 S 純情
家入レオ
MV(Youtube)
14.07.30
/ // /////////////// / /
30位 S A/Z
SawanoHiroyuki[nZk]:mizuki
MV(Youtube)
14.09.10

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【 「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!」関連記事 】

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2018年/上半期」 1位-20位 (18.6.30)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2018年/上半期」 21位-40位 (18.6.16)
       ・(Youtube埋め込み版) 40位-33位 (18.6.21)
       ・(Youtube埋め込み版) 32位-25位 (18.6.22)

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2017年」 1位-30位 (17.12.16)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2017年」 31位-60位 (17.12.1)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2017年/上半期」 (17.6.1)

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年」 1位-25位 (16.12.27)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年」 26位-50位 (16.12.16)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2016年/上半期」 (16.7.19)

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2015年」 1位-25位 (15.12.30)
 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2015年」 26位-50位 (16.1.4)

 ・「この邦楽ソングが(個人的に)すごい!2014年」 (15.12.25)


  >>> 「邦楽CD発売日別リスト」関連記事一覧 <<<

2015年12月24日 (木)

「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2015年11月)

 「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」本編(ラジオ)&Podcastの、2015年11月のプレイリストです

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

 内容を細かく書いてしまうと、これから聴く方の楽しみを奪ってしまうことになるので、話に出てくる主なキーワードを並べるだけにしてみました(ただ最近はある程度詳しく書くようになってきたので、未聴の方はネタバレにご注意ください)

 

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 半年前までに配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません


 / 放送日(収録日) / 本編 or P-C(Podcast) / 放送(収録)時間 /
 / “タイトル” / 「キーワード」(『』はメッセージ(メール)テーマ) /


 NEXT >>> 本編&Podcast プレイリスト(2015年12月)

 本編&Podcast プレイリスト(2015年10月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2015年 11月 】


11/06 本編 (2:00:00) “天津飯の値段間違い疑惑事件”

 「ハロウィンだった先週放送の帰りに六本木を通った日村(ゾン
 ビがいっぱい)」「先週本編のハロウィン騒動("ファイヤーダンス
 失敗"兄弟の感動話)を振り返る("日村のチンコが小さかった"
 と報告されているんじゃないかと心配する日村)」「週末開催の
 "ラジフェス(ヤングJUNK公開イベント)"告知(設楽が今年は"か
 おたん"に行かないと宣言/お薦めは天津飯)」「"上海エクスプ
 レス"の天津飯は500円台だと言う日村(ネットで調べてみたら
 900円台/日村が間違っていたらペチ祭り独演会?/)」「曲対決
 (×日村:さらば恋人/堺正章 vs ○設楽:シルエット/KANA-
 BOON)」「日村家で注文するもう一つの中華デリバリー店であ
 る大阪王将の天津飯が500円台だと判明」「日村が家で確認し
 て間違っていたら明日のラジフェス公開イベントで(先週のハロ
 ウィン騒動で使った)ビヨーンパンツをはいて出ることに」「東ス
 ポに"設楽に友達がいない"記事が出る(ラジオで話題にした内
 容で構成)」『やったな』「六本木のソフトバンクで王貞治と会っ
 た日村(過去には2人で小泉元首相や前川清に偶然会って挨
 拶したことも)」「ヒムペキ兄さん("私以外私じゃないの/ゲスの
 極み乙女。"ヒムペキ・シンプルにバカバージョン)」「秩父がブ
 ーム」「くらえ! ひむたんビーム」「ヒロメネス(偏見)」「曲対決(×
 日村:奏/スキマスイッチ vs ○設楽:悲しみの忘れ方/乃木坂
 46)」


11/06 P-C (1:07:27) “ご飯で食べられるおかずの線引き”

 「本編での天津飯騒動回顧(日村が自宅で注文いしている"上
 海エクスプレス"の天津飯は500円台だと言うも誤り疑惑が発
 生/もし間違っていたら翌日のラジフェス公開イベントで面白パ
 ンツをはいて出ることに/かおたんラーメンの話題がきっかけ)」
 「ラジフェスに出店する食べ物屋(マーボー焼そば)」「ラジフェス
 で開催されるイベント」「仕事の合間で1人になったため映画
 "PAN"を観た設楽(途中がっつり寝る)」「今日は19時にTBSに
 入っていた設楽」「1人での時間潰しにジムを薦める宮嵜P」
 「人によって違う"ご飯で食べれるおかず"(ケンタッキー/おでん
 /ミートソーススパゲッティ)」「挙げられたおかずをほとんど食べ
 られる日村」「ポテトサラダ/しゃぶしゃぶ/肉刺し/カボチャの煮
 付け」「目玉焼きがおかずにならない設楽」「食べられるおかず
 の基準がゆるすぎる日村/食べられる人を理解することができ
 ない設楽」「イカの刺身/焼きそば/ざるそば/グラタン」「納豆ト
 ースト/納豆チャーハン」「牛乳掛けご飯」「漬物に興味を持つよ
 うになった日村」「狂ったようにご飯を炊いて食べる時がある日
 村(卵の"輝き"〈Podcast.15.03.13参照〉)」「好きなふりかけ(の
 りたま派かすきやき派かスタッフに確認)」「錦松梅」

 「2015年11月6日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/13 本編 (2:00:00) “『せまーい流行語』”

 「ラジフェスの公開イベント開催(Youtube動画):各番組OP曲で
 登場するのがカッコイイ/先週の"日村の天津飯事件"の結果
 が会場で判明(間違っていたため面白パンツはいて登場)/今
 年の設楽はかおたんラーメンに行かず(当日のかおたんは大混
 雑/平日と週末では味違う?)/日村の膝は黒い?/山ちゃんが昨
 年のラジフェスで両親にプレゼントしたクルージングは400万円
 だった(今年はドクターシーラボの化粧品を30個購入/木金リス
 ナーに渡さない山ちゃんをディスる設楽/ADドロボーが盗む?/
 ラジオを聴いてる山ちゃんがTwitterで逐一反応)」「曲対決(×
 日村:情熱の薔薇/THE BLUE HEARTS vs ○設楽:Happy
 Xmas (War Is Over)/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ)/出だしのセリフ
 が"YOKO"でなく"KYOKO"と聴こえたため出だしだけ何度も聴
 き直すことに」「今年の流行語大賞候補」「今年のバナナムーン
 流行語大賞」「ヒムペキ兄さん("今、話したい誰かがいる/乃木
 坂46"ヒムペキ・おじさん共感バージョン)」「昔のアニメやドラマ
 のテーマ曲の歌詞を憶えている日村」「くらえ! ひむたんビーム」
 「ヒロメネス(偏見)」「曲対決(×日村:世界中の誰よりきっと/
 中山美穂&WANDS vs ○設楽:恋の呪文はスキトキメキトキス/
 伊藤さやか)」


11/13 P-C (0:34:00) “今後の放送の企画決め会議”

 「昨年12月の企画を振り返る:日村勇紀を笑わせろ/ヒムペキグ
 ランド大賞(前夜祭・後夜祭)/内々歌合戦」「今年の12月の企画
 予定(ヒムロースの可能性〈Podcast09.12.21参照〉)」「やりたい
 企画:鍋スペシャル/開運スペシャル/ドレミファドン〈Podcast12
 .07.27参照〉/カラオ屁〈Podcast07.06.18参照〉/お金かからな
 いゲスト(キンコメ高橋・ゴー☆ジャス・ラブレターズ・かおたん店
 員・)/行き付け店の食べ物持ち寄りパーティー/ロケでの中継
 企画(三色だんご騒動は〈Podcast14.05.23参照〉)/カラオケ/
 正月駒大会/お絵描き対決」

 「2015年11月13日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/20 本編 (2:00:00) “『祝・バナナマン2年連続紅白裏MC!!
               今年の紅白大予想!!』”

 「設楽がIPPONグランプリで優勝」「2年連続で紅白歌合戦ウラ
 トークチャンネル出演決定(出演歌手を予想)」「曲対決(×日村
 :白いクリスマス/JUN SKY WALKER(S) vs ○設楽:Christmas
 Eve -English Version/山下達郎)」「山ちゃんのドクターシーラボ
 騒動の続報:不毛な議論・メガネびいきでの流れを紹介/ADド
 ロボーが局内にあったドクターシーラボを盗んで来る/その内
 5個をメガネびいきに取っておいて4個をバナナムーンリスナー
 にプレゼントすることに(今日は山ちゃんの変なあだ名を送って
 くれたリスナーの中から2名にプレゼント)」「紅白に出そうな今
 年話題の芸人」「スペシャルウィーク・ゴー☆ジャス呼ぶ問題」
 「ヒムペキ兄さん("Happy Xmas/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ"ヒ
 ムペキ・バージョン)」「くらえ! ひむたんビーム」「今日は生放送
 中に山ちゃんからの反応なし」「ヒロメネス(偏見)」「曲対決(○
 日村:真赤なウソ/明石家さんま vs ×設楽:シャクシャイン/
 水曜日のカンパネラ)」


11/20 P-C (0:53:01) “2年連続での紅白裏MC決定”

 「2年連続で紅白歌合戦ウラトークチャンネル出演決定(現時点
 ではバナナマンだけが決まっている状況)」「司会候補」「観覧
 の倍率」「出場歌手予想(今年流行った物)」「芸人のクマムシが
 出場する可能性(応援ゲストで登場しそうな芸人)」「サプライズ
 出場歌手予想」「生で聴きたいアーティスト」「アイドル枠の問題」
 「審査員予想」「ミュージカル"リボンの騎士"を観に行った設楽」
 「設楽がIPPONグランプリで5年半ぶりの優勝」「M-1決勝出場
 芸人決定」「俳優が所属していた事務所で現金盗む」「世界野
 球WBSCプレミアの準決勝で日本が最終回に逆転負け」「レコ
 ード大賞」

 「2015年11月20日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/27 本編 (2:00:00) “『みんなの○○地獄』”

 「ゆるキャラグランプリ2015」「紅白の出場歌手発表」「TBSのエ
 レベーターで美輪明宏と会った設楽」「紅白の後は"そんなバカ
 なマン"の生放送」「新コーナー"真夜中の食レポ選手権"の詳
 細は来週に」「12月以降の歌地獄企画を紹介」「曲対決(○日村
 :99は終わらない/郷ひろみ vs ×設楽:今、話したい誰かがい
 る/乃木坂46)」「山ちゃんが先週の復讐として"不毛な議論"で
 バナナマンの変なあだ名を募集していた」「ヒムペキ兄さん(
 白歌合戦2015ヒムペキ事前に予習バージョン)」「くらえ! ひむた
 んビーム」「ヒロメネス(偏見)」「曲対決(○日村:ハイティーン・ブ
 ギ/近藤真彦 vs ×設楽:SUN/星野源)」


11/27 P-C (0:30:32) “紅白の出場歌手決定”

 「紅白歌合戦の出場歌手発表」「けん玉が得意な三山ひろしも
 初出場("卓球演歌"と間違える設楽)〈この日の本編のヒムペキ
 参照〉」「司会者発表(総合司会:黒柳徹子&有働アナ/白:V6
 イノッチ/赤:綾瀬はるか)」「紅白で歌ってほしい唄&歌いそうな
 唄:X JAPAN/レベッカ/BUMP OF CHICKEN/美輪明宏/森進一
 /高橋真梨子/今井美樹/坂本冬美/いきものがかり/ゴールデ
 ンボンバー/郷ひろみ/徳永英明/和田アキ子/椎名林檎/福山
 雅治/小林幸子(特別枠)/星野源/乃木坂46/μ's(ミューズ)」
 「クマムシは出場ならず〈Podcast15.11.20参照〉」「今後のバナ
 ナムーンの企画&バナナマンの主な出演番組紹介」「ゴー☆ジ
 ャス&ラブレターズをゲストに呼ぶ可能性」「オークラの年末年始
 の仕事予定」「翌週にやる企画案:ドレミファドン(イントロクイズ
 〈Podcast12.07.27参照〉)はスタッフに不評?/カラオ屁〈Podcast
 07.06.18参照〉/モノマネドン」

 「2015年11月27日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 本編&Podcast プレイリスト(2015年12月)

 本編&Podcast プレイリスト(2015年10月) <<< PREV

ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX 120gドクターシーラボ アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX 120g

ドクターシーラボ
売り上げランキング : 1372

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2015年の「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2015-2016年) (15.1.16)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2015年) (15.1.23)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2015年) (15.8.25)

  > 曲対決リスト(2015年1-4月) (15.1.31)
  > 曲対決リスト(2015年5-8月) (15.5.17)
  > 曲対決リスト(2015年9-12月) (15.9.9)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年1月) (15.1.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年2月) (15.2.6)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年3月) (15.3.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年4月) (15.4.4)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年5月) (15.5.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年6月) (15.6.22)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年7月) (15.7.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年8月) (15.8.15)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年9月) (15.9.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年10月) (15.10.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年11月) (15.12.24)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2015年12月) (15.12.28)


 その他の年の「バナナムーンGOLD」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<

◎兵庫GT(2015年)穴馬予想&結果

< 12月24日(木)に行われる兵庫ゴールドトロフィー(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【兵庫ゴールドトロフィー】

 園田のダート1400mで行われる交流ハンデ重賞(JpnIII)です。

 今年最後の短距離系交流重賞となりますが、ただでさえ地方馬が馬券に絡む率が高い路線であるうえに、重賞実績馬とそれ以外とでは斤量差が結構あるハンデ戦なので、意外に予想は難しそうですね。

 それで最近の交流重賞では“(あえて1番人気馬を外した)単勝複数買い”にしていて、今回もこれでいこうと思うのですが、メンバーやハンデ的にもオッズが全く読めないので、オッズがある程度固まって来た頃に(レース30分前までには)最終予想をここに追記する予定です。


[ 追 記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、レーザーバレットが1倍台、アキトクレッセントが3倍台、ドリームバレンチノが6倍台で他の馬が10倍台以上となっていました。

 手堅くいくならアキトクレッセントドリームバレンチノの2頭狙いですが、半年の休み明けで3歳馬のアキトクレッセントは人気となっているのならあえて外した方が面白そうなので、3番人気以下の中から4頭を選んでみましょう。


  ◎ ドリームバレンチノ / 岩田康誠 (12)
  ○ ドリームコンサート / 川原正一 (4)
  ▲ ポアゾンブラック / 松浦政宏 (9)
  △ ラヴィアンクレール / 三浦皇成 (5)


  << 単勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3     レーザーバレット  戸崎圭太 1
 2着 12 ◎ ドリームバレンチノ 岩田康誠 3
 3着 9  ▲ ポアゾンブラック   松浦政宏 4
 4着 4  ○ ドリームコンサート 川原正一 5
 5着 11    ニホンカイセーラ   下原理  9


  (×単勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  1/14   7.1%  -36,000円  .14.3%

☆15年通算   > 39/203  19.2% .-110,760円  81.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎名古屋GP(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎中山大障害&阪神C(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月23日 (水)

『影の中の影』 月村了衛 > 「このミス」完全読破 No.844

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.844

 『影の中の影』 月村了衛

   「このミス」2016年版 : 12位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2015.10.6~ 読終:2015.10.7

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2015年9月>

影の中の影影の中の影
月村了衛

新潮社 2015-09-18
売り上げランキング : 22645

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 エンタメ小説の中には“冒険小説”というジャンルがありますが、“冒険”という字面の印象からすると映画『インディ・ジョーンズ』のような財宝探しアドベンチャー的な世界観の探検小説をイメージしてしまうかもしれません。

 しかし(少なくともここ数十年の日本における)冒険小説はそういった探検小説だけでなく、(バトルやハードボイルドなどの要素が絡んだ)激しいアクションシーンがメインとなる作品も含まれる、というか作品数の割合からするとアクション系の方がメインとなっているジャンルなのです。

 そんな冒険小説ですが、「このミス」初期(80-90年代)にはランキングの上位に多数の作品を送り込むなどエンタメ小説界の中心的ジャンルだったものの、00年代に入ると次第に刊行数が目に見えて減るなど衰退していき、このジャンルの象徴的存在であった日本冒険小説協会も設立者であった内藤陳の死去により2012年に解散となり、同時に日本冒険小説協会大賞も終了しています。

 ただそんな中で”冒険小説”というジャンルにこだわって作品を発表しているのが月村了衛で、昨年(2014年)には日本推理作家協会賞を受賞し「このミス」6位&本屋大賞5位のNo.782「土漠の花」、そして今年(2015年)はNo.821「槐(エンジュ)」に本作と、評価の高い冒険小説を次々と発表しているのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ジャーナリストである仁科曜子が、(中国の人民解放軍による暴虐から逃れるため)日本に潜伏しているウイグル人コミュニティーの隠れた実力者と取材のため極秘に接触しようとしたところ、その場に襲撃して来た何者かがそのウイグル人を殺害して逃亡。

 この事件をきっかけにして仁科は(同じく日本に潜伏中の)ウイグル人グループがアメリカに亡命するのを手助けすることになったのですが、ウイグル人に対する悪行を世間に広められたくない中国側は暗殺専門の特殊部隊を刺客として送り込み、仁科たちに向かって襲い掛かって来ます。

 それに対して仁科は、取材対象である暴力団・矢渡組の幹部である菊原哲治に気に入られていることもあり、事情を知った菊原に命じられた若頭の新藤を始めとした精鋭たちに護衛されることになるので、“日本のヤクザ vs 中国の暗殺部隊”という構図に。

 そのため、現代日本を舞台にしていながら、お互いに(日本社会の法律・常識・ルールなど完全に無視した)拳銃あり武器あり肉弾戦ありの激しすぎる戦闘となりますし、それが次々と場所を変えながら(タイムリミットもありつつ)ほぼ全編に渡って繰り広げられていくので、とにかく(読んでいて)圧倒されていることに気づく間もないくらいに怒涛の勢いでバトルアクション満載の物語が突き進んでいくのですね。

 そこにさらに、ベタ過ぎて先の展開が読めてしまうのだけれど、分かっていながら興奮したりドキドキワクワクしたり感動してしまうような人間ドラマも加わり、そこで油断していると思わぬサプライズに驚かされてしまったりもするので、まさにエンタメ小説のあらゆる魅力をド迫力&ド直球に描いたノンストップ・バトルアクション作品でした。

 ただ、『土漠の花』に比べると物語的な読み応えや濃厚さでは劣りますし、ベタな展開が好きでない人だとあまりのめり込むことが出来ないかもしれないので、そこら辺で好みの差が出てしまうかもしれませんが、ただこんなシンプルながら単純に心の底から楽しめてしまうエンタメアクション作品を今書ける作家は月村了衛しかいないと思うので、物語に対して身を委ねるような感じでもいいので本作ならではの魅力を堪能してほしいですね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★★☆☆


 ☆☆☆★★ : 本格ミステリ度
 ☆☆★★★ : ビックリ驚愕度
 ★★★★★ : 熱アクション度
 ☆☆★★★ : 鬼畜グログロ度
 ☆☆★★★ : 主キャラ魅力度
 ☆☆★★★ : 人間味ドラマ度
 ★★★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆☆★★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆★★★ : 衝撃バカミス度
 ★★★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “月村了衛”関連記事 】

  > No.1001 「機龍警察 火宅」

  > No.0972 「追想の探偵」
  > No.0880 「ガンルージュ」
  > No.0844 「影の中の影」
  > No.0821 「槐(エンジュ)」
  > No.0782 「土漠の花」

  > No.0777 「ミステリマガジン700 【国内篇】」
  > No.0722 「機龍警察 未亡旅団」
  > No.0586 「機龍警察 暗黒市場」
  > No.0492 「機龍警察 自爆条項」
  > No.0390 「機龍警察」


 「怪盗グリフィン対ラトウィッジ機関」法月綸太郎 <<< PREV
                        NEXT >>> 「赤い博物館」大山誠一郎

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎名古屋GP(2015年)穴馬予想&結果

< 12月23日(水・祝)に行われる名古屋グランプリ(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【名古屋グランプリ】

 名古屋のダート2500mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 開催時期的に交流GI・東京大賞典を選ばなかった(出走できなかった)馬たちによる戦いという印象のあるレースですが、やはり(4歳でまだ本来の実力が計れていないカゼノコを除けば)現在の力的にGIを勝つには今一つ力が足りていないような中央馬が集まりました。

 とはいえ、いずれも重賞実績のある交流重賞常連馬なので、新鮮味はないものの、これはこれで交流GIIらしくて面白くなりそうなメンバーですね。

 それで最近の交流重賞では“(あえて1番人気馬を外した)単勝複数買い”にしていて、今回もこれでいこうと思うのですが、メンバー的にもオッズが全く読めないので、オッズがある程度固まって来た頃に(レース30分前までには)最終予想をここに追記する予定です。

 低めのオッズで割れるよりは、カゼノコ辺りに単勝人気が一本被りになってくれればいいのですけどね。


[ 追 記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、カゼノコは2倍台なので選べず、他の中央馬4頭のうち2頭を選ぶことになりますが、ここは近走成績よりコース実績を重視しまして、昨年のこのレースの連対コンビであるエーシンモアオバーニホンピロアワーズの2頭を狙ってみましょう。


  ◎ エーシンモアオバー / 岩田康誠 (3)
  ○ ニホンピロアワーズ / 酒井学 (10)


  << 単勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    アムールブリエ    浜中俊    2
 2着 10 ○ ニホンピロアワーズ  酒井学    5
 3着 5     カゼノコ         秋山真一郎 1
 4着 1     ソリタリーキング    戸崎圭太  4  
 5着 3  ◎ エーシンモアオバー 岩田康誠  3


  (×単勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  1/13   7.7%  -33,000円  .15.4%

☆15年通算   > 39/202  19.3% .-107,760円  82.2%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ゴールドC(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎兵庫GT(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月22日 (火)

「となりの竜学生」 カザマカツヤ > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「となりの竜学生(となりの・りゅうがくせい)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者のカザマ・カツヤは、東京アニメーター学院の漫画家プロ養成科出身で、"風間克弥"名義にて「ドスコイン~遊星から来たあんちくしょう~」が“赤マルジャンプ 2003 SPRING”に掲載されてデビュー。

 続いて、「部活王ぱなた」を“赤マルジャンプ 2004 WINTER”に、「多摩川キングダム」を“GAG Special 2005”に掲載すると、「多摩川キングダム」が“本誌2005年08号”に掲載されて本誌デビュー。

 さらには、「BABY・DEVIL エピルくん」を“ジャンプヒーローズ(2005年)”に、「宇宙商人ポメットさん」を“本誌2006年08号”に、「BABY DEVIL エピルくん」を“本誌2006年47号”に、「天才錬菌術師花市もんてろ」を“本誌2008年32号”に掲載。

 その後は"カザマカツヤ"名義に変更して「ゴーレム・ア・GO! GO!」が“最強ジャンプ(2012年1月号/月刊独立創刊号)”から始まり連載デビューを果たし(“最強ジャンプ”の隔月刊化に伴い2014年9月号で終了)、「勇者歓迎!ドラトンホテル」が“本誌2015年45号”に掲載されて7年ぶりに本誌登場(「勇者歓迎!ドラトンホテル」 カザマカツヤ > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。

 そして本作にて久々にジャンプ増刊での新作発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「となりの竜学生」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「カザマカツヤ」関連記事】

  > 「綾樫くんは飼っている」 カザマカツヤ 青木裕 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.3.6)

  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.22)

  > 「勇者歓迎!ドラトンホテル」 カザマカツヤ > 週刊少年ジャンプ読切! (15.10.5)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎ゴールドC(2015年)穴馬予想&結果

< 12月22日(火)に行われるゴールドカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴールドカップ】

 浦和のダート1500mで行われる南関重賞(SIII)です。

 交流重賞を除けば今年最後となる牡馬が出走できる南関重賞ですが、やはり現在5連勝中のソルテがその連勝を伸ばすのか(それを止める馬が現れるのか)が一番の注目所でしょうか。

 ただ穴馬の複勝狙いの自分的にそのソルテは全く馬券候補とはならないので、ここは前日オッズ時点で9番人気のスマートジョーカーを◎にしてみましょう。

 この馬はオープンで馬券に絡み重賞で馬券圏外という結果が続いていますが、そんな重賞でも掲示板には載ることが多いので、勝ち切る強さはないけれど安定感はあります。

 逃げ先行馬であるソルテ目掛けて他の馬が早めに仕掛ける展開となれば、大崩れしないタイプのこの馬なら直線でも粘って3着以内に残ってくれるのではないかということで、この馬に期待してみましょう。


[ 追 記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、スマートジョーカーは単勝に比べて複勝がかなり売れていて、複勝最低オッズが1倍台半ばなのでこのままだと狙えないため、ここからオッズがググッと上がらなければタイムズアローに変更する予定です。


  ◎ タイムズアロー / 真島大輔 (10)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     ソルテ         吉原寛人 1
 2着 10 ◎ タイムズアロー    真島大輔 5
 3着 4     リアライズリンクス  左海誠二 3
 4着 8     シンキングマシーン 森泰斗   4
 5着 1     ファイヤープリンス  矢野貴之 7


 まあギリギリまでオッズを確認する時間はなかったのでタイムズアローのままでいったのですが、後でレースVTRを観る前にオッズを確認したところ、スマートジョーカーのオッズが上がり、タイムズアローのオッズが下がってと、まるでオッズが入れ替わったかのようだったので少々微妙な気持ちになってしまいました。

 ただまあ当たってぴったり2倍付いたので結果OKでしたね。


  (○複勝:10 2.0倍)  ○的中!  3,000円 → 6,000円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  1/12   8.3%  -30,000円  .16.7%

☆15年通算   > 39/201  19.4% .-104,760円  82.6%

  * レース前までの成績

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎朝日杯FS(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎名古屋GP(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月21日 (月)

『鍵の掛かった男』 有栖川有栖 > 「このミス」完全読破 No.853

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.853

 『鍵の掛かった男』 有栖川有栖

   「このミス」2016年版 : 8位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「週刊文春ミステリーベスト10」 5位
              「ミステリが読みたい!」 6位
              「本格ミステリ・ベスト10」 7位
              「黄金の本格ミステリー」 選出

   読始:2015.10.31~ 読終:2015.11.3

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2015年10月>

鍵の掛かった男鍵の掛かった男
有栖川 有栖

幻冬舎 2015-10-08
売り上げランキング : 8040

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 有栖川有栖のライフワークとも言うべき“作家アリスシリーズ(火村英生シリーズ)”の23作目です。

 このシリーズは中短編集の割合が多いのですが、本作は『乱鴉の島』以来9年ぶり8作目のシリーズ長編作品となっています。

 そして、このシリーズ作品としてはその『乱鴉の島』以来2度目となる「このミス」ランクインを果たしたのですね(このシリーズ以外の作品も含めるとNo.093「女王国の城」以来8年ぶり6度目の「このミス」ランクイン)。

 なお、ストーリー的に繋がっているシリーズではないので、本作から読んでも問題ないと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 売れないミステリ作家である有栖川有栖は、大御所作家の影浦浪子から、とある事件に関する調査を頼まれることに。

 その内容というのは、(影浦が定宿にしている)大阪・中之島にある銀星ホテルに長期滞在していた梨田稔がそのホテルの一室で自殺したものの、影浦は梨田が自殺するようには思えず、警察が自殺と判定したのは納得できないため、その真相を調べてほしい、というもの。

 そのため、探偵役である犯罪社会学者の火村英生が職務のためすぐには調査に参加できないこともあり、有栖が単独で事件について調べていくのですが、本来 有栖は(天才的な推理力を発揮する)探偵役ではなく探偵助手的役割(ワトソン役)なので、関係者への聞き込みを中心とした地道な調査が続いていきます。

 それに、この梨田という男が、身寄りがなくこれまで歩んできた人生も不明という謎に満ちた人物であるため、(事件の下調べ段階である)被害者の素性を知るだけでもかなりの苦労と時間が必要となりますし、そもそも真犯人がいるのかどうかさえわからない事件の調査なので、その調査部分におけるページ数が結構多めなこともあり(話が転がっていかないことに)じれったくなったり読み進め辛く感じてしまう人もいるかもしれません。

 ただ、舞台となる(銀星ホテルを中心とした)中之島の街の描写やエピソードが丁寧に書かれていたり、阪神・淡路(1995年)と東日本(2011年)の両震災を始めとした現実世界における出来事が話に絡んでくることで、リアル感を伴う厚みや深みが濃厚に加わり、物語としての(地味ながら)豊潤な読み応えが増していたように思います。

 それに、調査が進展の様相を見せ始めた途端に物語が一気に加速するように進み始めるので、そこからは読みながらのめり込むように物語世界に入っていくこと必至ですし、ワトソン役の有栖による地道な調査を経ているからこそ、この後半での真相に向かって(見事な軌跡を辿りつつ勢いよく)繋がっていく展開に心が躍るほどのカタルシスを感じたりもするのですね。

 そんな内容なので、(これまでの“作家アリスシリーズ”のような)探偵が難事件を推理するという直球な本格ミステリ作品として期待してしまうと満足を得られないかもしれませんが、人間ドラマと探偵ミステリとがガップリ四つに組んだ新機軸ともいえる面白さを味わえますし、もちろん火村による名推理も披露されるので、特にミステリとドラマ性の両方をじっくりと堪能したい人にお薦めです。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


 ★★★★ : 本格ミステリ度
 ☆☆★★★ : ビックリ驚愕度
 ☆☆☆☆★ : 熱アクション度
 ☆☆☆★★ : 鬼畜グログロ度
 ★★★★ : 主キャラ魅力度
 ★★★★ : 人間味ドラマ度
 ☆☆☆★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆☆★★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆☆★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆☆★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “有栖川有栖” 関連記事 】

  > No.959 「狩人の悪夢」
  > No.853 「鍵の掛かった男」

  > No.727 「江神二郎の洞察」
  > No.677 「論理爆弾」
  > No.503 「真夜中の探偵」
  > No.422 「長い廊下がある家」
  > No.355 「闇の喇叭」

  > No.216 「赤い月、廃駅の上に」
  > No.093 「女王国の城」
  > No.081 「双頭の悪魔」
  > No.067 「孤島パズル」
  > No.061 「月光ゲーム」


 「新しい十五匹のネズミのフライ」島田荘司 <<< PREV
                  NEXT >>> 「海妖丸事件」岡田秀文

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「前衛のアーチャー」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2016年1月23日号少年ジャンプ 2016年1月23日号

集英社 2016
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “超巨弾2連読切”の第2弾として週刊少年ジャンプの2016年05・06合併号(1月4日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「前衛のアーチャー(ぜんえいの・アーチャー)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の藤巻忠俊(ふじまき・ただとし)は、“ジャンプ十二傑新人漫画賞(2006年11月期)”の十二傑賞を受賞した「黒子のバスケ」が“赤マルジャンプ 2007 SPRING”に掲載されてデビュー。

 その「黒子のバスケ」が“本誌2009年02号”から始まり連載デビューを果たすと(「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載!)、テレビアニメ化されるほどの大ヒット作となり、人気がまだ衰えぬ中“本誌2014年40号”で連載終了(全275話)。

 連載終了後は、2014年9月から12月まで“少年ジャンプ+”で「黒子のバスケ番外編」を連載し、現在は“ジャンプNEXT!!”で(“ジャンプNEXT!! 2014 vol.6”から始まった)「黒子のバスケ EXTRA GAME」を連載中(次号/ジャンプNEXT!! 2016 vol.1で完結)。

 そして本作にて、「黒子のバスケ」関連以外では初となる作品発表となりました。


 内容の方は、神剣&弓の少年コンビが魔物退治ファンタジー漫画です。

 集落(コクン)の外にはびこる魔物達を完全に滅することができると言い伝えられているものの、地下にささったまま100年間誰も抜くことができなかった、神剣カムイ。

 ところがある時、6歳になったリュウが神剣の儀を受けた際にこの神剣を抜くことに成功したため、リュウは神剣に見合う実力をつけるべく10年間訓練と修行をつむことに。

 それを知ったリュウの親友・ヨイチは、10年後にリュウが魔物退治の旅に出る時に行動を共にしリュウを助けられる強さを身に付けるため、一人集落を出ることを決意。

 それから10年後、弓の使い手として魔物をも恐れない強い力を得て集落へ戻って来たヨイチが目にしたのは、魔物におびえてドンくさいリュウの姿で.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

今、放たれる 新たな奇跡。

「黒子のバスケ」藤巻忠俊、完全新作ファンタジーで登場!!

★ジャンプが贈る年末年始、超巨弾2連読切・第2弾!!
     藤巻忠俊による、新境地ファンタジー 読切Cカラー49P!!


 【「前衛のアーチャー」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2016.1.4(月)~1.10(日)
 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「藤巻忠俊」関連記事】

  > 「ROBOT×LASERBEAM」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.2.1)

  > 「前衛のアーチャー」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.21)

  > 「火ノ丸相撲×黒子のバスケ SPコラボ読切 キセキの待ったなし対決!」
      川田 藤巻忠俊 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.11.2)

  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 <JC1巻買い> (09.4.6)
  > 「黒子のバスケ」 藤巻忠俊 > 週刊少年ジャンプ新連載! (08.12.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2015年12月20日 (日)

「エイリアンズエイジ」 仲間只一 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「エイリアンズエイジ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の仲間只一(なかま・ただいち)は、「エイリアンズエイジ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年8月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そして今回その受賞作が掲載されてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「エイリアンズエイジ」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「仲間只一」関連記事】

  > 「魔法少年X」 仲間只一 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.8.29)

  > 「空想科学少年探偵」 仲間只一 > ジャンプGIGA 2017 vol.1 (17.4.18)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.20)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎朝日杯FS(2015年)穴馬予想&結果

< 12月20日(日)に行われる朝日杯フューチュリティステークス(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【朝日杯フューチュリティステークス】

 阪神の芝1600mで行われる2歳重賞(GI)です。

 阪神に舞台を移して2年目となる2歳王者決定戦ですが、ここはハレルヤボーイを◎にしてみましょう。

 ここ2戦は重賞で連続5着であるものの差はわずかでしたし、前走は直線最後方でエンジンが掛かるのが遅かったのにゴール前では際どい所まで迫ってくるなど、結果は出ていないながらも堅実で切れ味ある伸び脚を見せています。

 そして今回はエアスピネルやシュウジなど人気勢に前へ行きそうな馬が多いので、そんな時は後方から長く鋭く伸びてくるタイプの馬が漁夫の利を得るのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ハレルヤボーイ / 浜中俊 (14)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 15    リオンディーズ   M.デムーロ 2
 2着 11    エアスピネル    武豊     1
 3着 13    シャドウアプローチ 中谷雄太  11
 4着 6     ユウチェンジ     川田将雅  10
 5着 12    シュウジ       岩田康誠   3

12着 14 ◎ ハレルヤボーイ   浜中俊    7


  (×複勝:14)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/11   0.0%  -33,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/200  19.0% .-107,760円  82.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ターコイズS(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ゴールドC(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月19日 (土)

「魔界トラベル」 新田太郎 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「魔界トラベル(まかい・トラベル)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の新田太郎(にった・たろう)は、「魔界travel」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年7月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そして今回、(「魔界トラベル」に表記変更した)受賞作が掲載されてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「魔界トラベル」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「新田太郎」関連記事】

  > 「モノクロ」 新田太郎 > ジャンプNEXT!! 2016 vol.1 (16.2.10)

  > 「魔界トラベル」 新田太郎 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.19)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎ターコイズS(2015年)穴馬予想&結果

< 12月19日(土)に行われるターコイズステークス(重賞)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ターコイズステークス】

 中山の芝1600mで行われる牝馬ハンデ重賞(新設重賞)です。

 昨年まではOPとして開催されてきたレースですが、今年から新設という形で重賞に格上げとなりました(新設重賞なのでGIIIなどの格付けはまだなし)。

 それでまあ中山のレースということもあり単純になるべく内枠でなるべく前めに行く馬を狙ってみようと思い、ノボリディアーナを◎にしてみました。

 ここ2走は後ろからの競馬となっているものの、今回コンビ復活となる幸英明が騎乗していた3走前までは積極的に前に行ってOP勝ちなどありましたし、後ろから行ったここ2走も重賞を制しGI・エリザベス女王杯で12着ながら0.5秒差と好走しているので、前に行けずとも心配はなさそうです。

 それに、OP時代とはいえ2年前はハナ差2着、昨年は0.3秒差5着と2年連続で好走しているので、トップハンデではありますがこの馬に期待してみましょう。


  ◎ ノボリディアーナ / 幸英明 (3)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16    シングウィズジョイ 戸崎圭太   11
 2着 9     ダンスアミーガ   大野拓弥   16
 3着 14    オツウ        石川裕紀人 15
 4着 10    レッドセシリア    三浦皇成   4
 5着 11    ペルフィカ      蛯名正義   14

 7着 3  ◎ ノボリディアーナ   幸英明    3


  (×複勝:3)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/10   0.0%  -30,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/196  19.1% .-104,760円  82.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎全日本2歳優駿(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎朝日杯FS(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月18日 (金)

「Dancing ReD」 阪口亜樹 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「Dancing ReD(ダンシング・レッド)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の阪口亜樹(さかぐち・あき)は、“阪口直樹”名義にて「Dancing ReD」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年6月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そして今回、その受賞作が掲載されてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「Dancing ReD」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「阪口亜樹」関連記事】

  > 「妖飼の潔癖王子」 阪口亜樹 > ジャンプX(クロス) (16.12.20)

  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.18)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「この“ランク外作品”がすごい!2016年版」

このミステリーがすごい! 2016年版このミステリーがすごい! 2016年版
『このミステリーがすごい!』編集部

宝島社 2015-12-10
売り上げランキング : 80

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「このミステリーがすごい!2016年版」が発売され、ランキングが発表されたということで、これからランクイン作品を読んでみようと思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 2015年に発売された大量のミステリ&エンタメ作品の中から、読書のプロたちが選んだ作品がズラリと並んでいるわけで、まあ好みの問題はあるとはいえ面白い作品揃いなのは間違いないでしょう。

 しかし、だからといって“ランクインした作品は面白く、ランクインしなかった作品はつまらない”というわけでは決してなく、ランクインを逃した21位以下(今年は19位に4作品が並んだので23位以下)の作品の中にも傑作が数多く秘められているのですね。

 なのでここは、そんなランク外だった作品の中から読んでおくべきお薦めの作品を何点か紹介してみたいと思います。

 なお選んだ基準は、自分が面白いと思った作品ではありませんでして、「このミス」でランクインまであと一歩だった作品(具体的には“23位以下の作品<20点以上>”の欄に掲載された作品)の中から、他のミステリランキング誌ではランクインした作品(「本ミス」は30位以内、「文春」「早ミス」は20位以内)、および「黄金の本格ミステリー(本格ミステリー・ワールド)」選出作品をピックアップしました。


 「このミス」 ・・・・ このミステリーがすごい!
 「本ミス」 ・・・・ 本格ミステリ・ベスト10
 「文春」 ・・・・ 週刊文春ミステリーベスト10
 「早ミス」 ・・・・ ミステリが読みたい!
 「黄金」 ・・・・ 黄金の本格ミステリー選出(本格ミステリー・ワールド)


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   槐(エンジュ) / 月村了衛  <<当ブログ感想記事>>

  ( このミス:23位 )

 本作はどのミステリランキング誌にもランクインしていないのですが、やはり「このミス」でわずか1点差の次点になった作品なので、例外的に紹介いたしましょう(ちなみに「このミス」で次点の作品が他のランキング誌でランク外だったのはこれで3年連続なので、“例外”というより“恒例”といった感じです)。

 部活の野外活動としてキャンプ場にいた中学生たちが半グレ集団に襲撃され、命の危機にさらされながらも反撃を試みていくという、怒涛の迫力が物語を突き抜けていくノンストップ・エンタメ・アクション作品です。

 ちなみに今年の月村作品は、No.844「影の中の影」が12位にランクイン、本作が次点(23位)、『機龍警察 火宅』が32位と3作品全てが35位以上に入ったので、昨年は2作ダブルベスト10だったことを考えても「このミス」でのこの安定感は凄すぎですね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ビッグデータ・コネクト / 藤井太洋  <<当ブログ感想記事>>

  ( このミス:23位、 文春:17位、 早ミス:15位 )

 昨年発売のNo.744「オービタル・クラウド」は国内SFの主要三冠を制しましたが、今年はIT要素満載の捜査エンタメと強烈なキャラクターが魅力的なサイバー警察小説である本作で、(「このミス」でもわずか1点差の次点となるなど)『オービタル・クラウド』とはまたタイプ(ジャンル)の違った高評価を受けました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   星読島に星は流れた / 久住四季  <<当ブログ感想記事>>

  ( このミス:26位、 本ミス:10位、 早ミス:17位 )

 ラノベ系作家が初めて一般レーベルから発売した作品ですが、隕石の降る島という幻想感のある舞台にて、丁寧で端正で正統派なミステリ劇が繰り広げられていくという、まさに“良品”という言葉が似合うような本格ミステリ作品でした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   中野のお父さん / 北村薫

  ( このミス:28位、 本ミス:21位、 文春:15位 )

 出版界が舞台だからこその謎を編集者の父が鮮やかに解決するという、“日常の謎”ミステリの第一人者ならではの安楽椅子探偵系ミステリ連作集です。

 ちなみに、“(円紫さんと私〉シリーズ”17年ぶりの新作となった『太宰治の辞書』は一つ上の順位(27位)でした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   教団X / 中村文則  <<当ブログ感想記事>>

  ( このミス:34位、 文春:20位、 早ミス:20位 )

 テレビ番組『アメトーーク!』の“読書好き芸人”にて(直後に『花火』で芥川賞を受賞することになる)ピース・又吉直樹らに大絶賛された影響もあって大きな話題となった今年を代表する純文学作品ですが、ミステリ系のランキングでも高い評価を受けたことからもそのジャンルの枠を超越した規格外な魅力が窺えますね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ナオミとカナコ / 奥田英朗  <<当ブログ感想記事>>

  ( このミス:35位、 文春:20位 )

 (本来なら忌み嫌うべき)犯罪者側の人物に感情移入してドキドキハラハラさせられてしまうこと必至な、極上のドラマ性をも味わえる犯罪サスペンスです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   虹の歯ブラシ 上木らいち発散 / 早坂吝  <<当ブログ感想記事>>

  ( このミス:35位、 本ミス:11位 )

 昨年にはメフィスト賞を受賞したNo.773「○○○○○○○○殺人事件」がデビュー作ながらミステリランキングで軒並み上位入りするなど高い評価を受けましたが、デビュー2作目にしてシリーズ2作目となる本作もエロミス&バカミス全開で前作に負けず劣らずのぶっ飛び具合でした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   化石少女 / 麻耶雄嵩  <<当ブログ感想記事>>

  ( このミス:42位、 本ミス:16位 )

 探偵役とワトソン役それぞれのキャラクターや関係性を(通常のミステリ作品とは異なる)歪な設定にすることで本格ミステリ的な遊び心や衝撃を生み出すという、麻耶作品だからこその刺激的な企みに満ちた学園青春ミステリ作品です。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   惑星カロン / 初野晴

  ( このミス:47位、 本ミス:28位 )

 発売予定が次々に延期していくことが最早恒例行事となっている、(来年のアニメ化も決定済みの)大人気吹奏楽青春ミステリ“ハルチカシリーズ”の5作目です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2016年版」関連記事】

  > 「このミス2016年版」上半期のランクイン候補作品 (15.2.25)
  > 「このミス2016年版」下半期のランクイン候補作品 (15.8.28)

  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)

  > 「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想 (15.11.10)

  > 「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6 (15.11.24)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2015年) (15.11.27)

  > 「ミステリが読みたい!2016年版」 (15.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」 (15.12.3)
  > 「2016 本格ミステリ・ベスト10」 (15.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2016年版」 (15.12.8)

  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (15.12.10)
  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (15.12.11)
  > 「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (15.12.14)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2015年12月17日 (木)

「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2016年1月)

 もう8年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2017年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを発売された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだ上でのランクインするかどうかの予測に関しては、「このミス2017年版」上半期のランクイン候補作品の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年1月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * シリーズ過去作品の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年1月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

  赤毛のアンナ / 真保裕一 (8作)
  GEEKSTER 秋葉原署捜査一係 九重祐子 / 大倉崇裕 (3作)
  アメリカ最後の実験 / 宮内悠介 (2作) <感想記事はこちら>
  帰ってきた腕貫探偵 / 西澤保彦 (2作) * シリーズ5作目
  ムーンナイト・ダイバー / 天童荒太 (2作)
  獅子吼 / 浅田次郎 (2作)
  少女の時間 / 樋口有介 (2作)
  光陰の刃 / 西村健 (1作)
  バッドカンパニー / 深町秋生 (1作) <感想記事はこちら>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年1月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

  魔法の色を知っているか? / 森博嗣 <4作> * シリーズ2作目
  雨の日も神様と相撲を / 城平京 <2作>
  桜と富士と星の迷宮 / 倉阪鬼一郎 <2作>
  ブロッケンの悪魔 南アルプス山岳救助隊K-9 / 樋口明雄 <2作>
         * シリーズ3作目
  図書館の殺人 / 青崎有吾 <1作> <感想記事はこちら>
  夜の淵をひと廻り / 真藤順丈 <1作>
  ハーメルンの誘拐魔 / 中山七里 <1作>
  レジまでの推理 本屋さんの名探偵 / 似鳥鶏 <1作>
  坂の途中の家 / 角田光代 <1作>
  業物語 / 西尾維新 <1作> * シリーズ15作目
  ハンニバル戦争 / 佐藤賢一 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年1月発売のミステリ(エンタメ)系新人賞受賞(候補)作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

[ 新潮ミステリー大賞受賞作 ]
  レプリカたちの夜 / 一條次郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年1月発売の
     「このミス」で40位以内に入ったことはないものの
     「本格ミステリ・ベスト10(本)」「週刊文春ミステリーベスト10(春)」
     「ミステリが読みたい!(早)」にはランクイン経験のある作家の作品 <<

 * 「週刊文春ミステリーベスト10」は
   (「このミス」が始まった)1988年以降のランクイン作家のみ対象
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  謎好き乙女と偽りの恋心 / 瀬川 コウ (本) * シリーズ3作目
  死龍 / 藤岡真 (本)
  あなたの謎、預かります / 水生大海 (本)
  溺れる月 / 新野剛志 (春)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年1月発売の「このミス」の対象かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  バビロンの秘文字I 胎動篇 / 堂場瞬一
  ガラパゴス(上・下) / 相場英雄
  6月31日の同窓会 / 真梨幸子
  ディスリスペクトの迎撃 / 竹内真 * シリーズ2作目
  世界が赫に染まる日に / 櫛木理宇
  午後二時の証言者たち / 天野節子
  狙撃手のオリンピック / 遠藤武文
  電球交換士の憂鬱 / 吉田篤弘
  吸血鬼 / 佐藤亜紀
  樹液少女 / 彩藤アザミ
  邪し魔 / 友成純一
  花魁さんと書道ガール / 瀬那和章
  笑う赤おに / 雀野日名子
  ママがやった / 井上荒野
  無傷姫事件 / 上遠野浩平 * シリーズ6作目
  文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦 / 朝霧カフカ
  天久鷹央の推理カルテIV 悲恋のシンドローム / 知念実希人 * シリーズ5作目
  えんま寄席 江戸落語外伝 / 車浮代
  香住春吾探偵小説選 2 / 香住春吾

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2016年1月発売の宝島社作品 <<

 * 宝島社から発売された作品はずっと対象外となっていましたが
   「なお、公正を期すため、弊社の作品は対象外としています」
   という文面が2015年版から消えていたので
   現在は対象となっているのかも?
 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  ブラック・ヴィーナス 投資の女神 / 城山真一 * 「このミス大賞」(大賞)受賞作

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な1月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2016年2月)

 「このミス2017年版」月別ランクイン候補作品(2015年12月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「死後看護師 御影」 冴豆祐人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「死後看護師 御影(しご・かんごし・みかげ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の冴豆祐人(さえず・ゆうと)は、「Mr.ミスアンダースタンディング」で“JUMPトレジャー新人漫画(2013年3月期)”の最終候補に。

 そして「騒霊鑑識」が“ジャンプNEXT! 2014 WINTER”に掲載されてデビューを果たし(「騒霊鑑識」 冴豆祐人 >ジャンプNEXT! 2014 WINTER参照)、本作にて2度目の作品発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「死後看護師 御影」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「冴豆祐人」関連記事】

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.17)

  > 「騒霊鑑識」 冴豆祐人 > ジャンプNEXT! 2014 WINTER (13.12.16)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2015年12月16日 (水)

「リンゴ。」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「リンゴ。」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の寺坂研人(てらさか・けんと)は、「そばのせんす」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年11月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そしてその受賞作「そばのせんす」が“ジャンプNEXT!! 2015 vol.2”に掲載されてデビューを果たし(「そばのせんす」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2参照)、本作にて2度目の作品発表となりました。


 内容の方は、リンゴ農家の息子がラグビーに挑戦する青春スポーツ漫画です。

 リンゴ農家の息子である十握林檎(トツカ・リンゴ)は、昔から新しい世界に一歩踏み込むことが苦手な高校生。

 ある日、巨体で熱血漢のラグビー部キャプテン・穿貫寺(せんがんじ)と偶然出会ったのをきっかけに、ラグビー部の練習を見ることになり、(敵の)壁に何度も激しくぶつかって前へと進もうとするラグビーの迫力に心動かされることに。

 その翌日、試合を見学するため穿貫寺に連れられて会場まで向かっていたところ、穿貫寺がリンゴ(の飼い猫)をかばって車の事故にあい大怪我を負ってしまったため、穿貫寺の代わりにリンゴが試合に出場することになって.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

さあ行こう、 ラグビーの世界へ。

☆今、新たな一歩を踏み出せ!! 青春ラグビー読切47P!!


 【「リンゴ。」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「寺坂研人」関連記事】

  > 「RINGO」 寺坂研人 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.17)
  > 「リンゴ。」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.16)

  > 「そばのせんす」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.17)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎全日本2歳優駿(2015年)穴馬予想&結果

< 12月16日(水)に行われる全日本2歳優駿(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【全日本2歳優駿】

 川崎のダート1600mで行われる交流2歳重賞(JpnI)です。

 2歳馬のダートチャンピオン決定戦で、デビューから6戦全勝の南関馬・ポッドガイが出走取り消しとなったのは残念でしたが、中央馬も地方馬もなかなか面白そうなメンバーが揃いましたね。

 それで2歳の交流重賞は道営馬か元道営馬(の複勝)を狙うようにしているので、ここも元道営馬のトロヴァオを◎にしてみましょう。

 これまで4戦して全連対と安定感があり(これまで負けた相手はタービランスのみ)、南関移籍初戦となった前走で南関重賞を制するなど、まだ実力の底も上限も見せていないので、交流GIのここでも激走する可能性はありそうです。

 ただ全連対ということである程度の人気にはなりそうであるものの、今年は他に勝率や連対率の高い馬が多くいるため複勝で2倍以上は付くのではないかと思うので、この馬に期待してみましょう。


  ◎ トロヴァオ / 本田正重 (7)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     サウンドスカイ    戸崎圭太  1
 2着 10    レガーロ       M.デムーロ 2
 3着 5     アンサンブルライフ 左海誠二  5
 4着 7  ◎ トロヴァオ       本田正重  7
 5着 9     エネスク       内田博幸  3


  (×複勝:7)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/9    0.0%  -27,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/195  19.2% .-101,760円  82.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎カペラS&阪神JF(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ターコイズS(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月15日 (火)

「NECRO」 天塚啓示 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「NECRO(ネクロ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の天塚啓示(あまつか・けいじ)は、「Metal Steamer」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年6月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そしてその受賞作「Metal Steamer」が“ジャンプNEXT!! 2014 vol.5”に掲載されてデビューを果たし(「Metal Steamer」 天塚啓示 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.5参照)、本作にて2度目の作品発表となりました(担当編集:内藤)。


 内容の方は、化物と寿命の奪い合い戦場バトルアクション漫画です。

 触れたものの生命を根こそぎ奪い取り朽ちさせる能力を持つ“魔兵”と呼ばれる生物と人類とが戦い続けている世界。

 シシキは、背負う棺に封じた魔兵を自分の寿命を使って操ることで敵の魔兵と戦い(魔兵のように)寿命を奪える力を持つ人間たちが集まる新設部隊・ネクロの隊長。

 魔兵の巣の破壊・掃討を目標とした作戦中、(生命力を大量に吸収したことによって能力が増した)魔兵の突然変異種に襲われ、部隊はシシキ以外が致命傷となるほどの被害を受けてしまい.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

希望はあるか―――

☆絶望の最果てで手にするものは――。
   魔兵殲滅決死戦読切47P!!


 【「NECRO」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「天塚啓示」関連記事】

  > 「総合時間事業会社代表取締役社長専属秘書 田中誠司」 天塚啓示
     > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.6.18)

  > 「特別国家公務員 改造者対策課 田中誠司」 天塚啓示
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.8.29)

  > 「警備会社セプトスリー 社長 田中誠司」 天塚啓示
     > ジャンプNEXT!! 2016 vol.2 (16.4.22)

  > 「NECRO」 天塚啓示 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.15)

  > 「Metal Steamer」 天塚啓示 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.5 (14.10.6)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年1月)

 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2016年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2016年 1月 発売 】


  怒り(上・下) / 吉田修一  <<当ブログ感想記事>>

 << 2015年版 11位 >>  ・「本屋大賞」 6位
                 ・「週刊文春ミステリーベスト10」 8位

 ★ 殺人事件から1年後の夏。
   房総の漁港で暮らす
   洋平・愛子親子の前に田代が現われ、
   大手企業に勤めるゲイの優馬は
   新宿のサウナで直人と出会い、
   母と沖縄の離島へ引っ越した
   女子高生・泉は田中と知り合う。
   それぞれに前歴不詳の3人の男…。
   惨殺現場に残された「怒」の血文字。
   整形をして逃亡を続ける犯人・山神一也は
   どこにいるのか?
   『悪人』から7年、
   吉田修一の新たなる代表作!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  アルモニカ・ディアボリカ / 皆川博子  <<当ブログ感想記事>>

 << 2015年版 17位 >>  ・「ミステリが読みたい!」 4位
                 ・「週刊文春ミステリーベスト10」 13位

 ★ 「開かせていただき光栄です」に続く
   シリーズ2作目
   (1作目も2012年版3位にランクイン)

 ★ 18世紀英国。
   愛弟子エドらを失った解剖医ダニエルが
   失意の日々を送る一方、
   暇になった弟子のアルたちは
   盲目の判事の要請で
   犯罪防止のための新聞を作っていた。
   ある日、正体不明の屍体の情報を求める
   広告依頼が舞い込む。
   屍体の胸には
   “ベツレヘムの子よ、よみがえれ!
   アルモニカ・ディアボリカ”と謎の暗号が。
   それは、彼らを過去へと繋ぐ
   恐るべき事件の幕開けだった。
   『開かせていただき光栄です』続篇!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  海賊女王(上・下) / 皆川博子  <<当ブログ感想記事>>

 << 2014年版 33位 >>

 ★ 十六世紀。
   スコットランドの高地に
   牧童として生まれたアラン・ジョスリンは、
   十七歳で戦士集団に加わり、
   アイルランドに渡る。
   そこで出会ったのは、
   オマリーの氏族の猛々しくも魅力的な男たちと、
   赤い縮れ毛を短く切った、
   十歳の少女グローニャ。
   闘いと航海に明け暮れる、
   波瀾の日々の幕開けだった―。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  沈黙の町で / 奥田英朗

 << 2014年版 38位 >>

 ★ 中学二年生の名倉祐一が
   部室の屋上から転落し、死亡した。
   屋上には五人の足跡が残されていた。
   事故か?自殺か?それとも…。
   やがて祐一がいじめを受けていたことが明らかになり、
   同級生二人が逮捕、二人が補導される。
   閑静な地方都市で起きた一人の中学生の死をめぐり、
   静かな波紋がひろがっていく。
   被害者家族や加害者とされる少年と
   その親、学校、警察など
   さまざまな視点から描き出される
   傑作長篇サスペンス。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの1月文庫化作品 >>

  笑うハーレキン / 道尾秀介  <<当ブログ感想記事>>
  望郷 / 湊かなえ  <<当ブログ感想記事>>
  桃ノ木坂互助会 / 川瀬七緒  <<当ブログ感想記事>>
  大江戸恐龍伝(五・六) / 夢枕獏  <<当ブログ感想記事>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2016年2月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2015年11-12月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2015年12月14日 (月)

「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>

このミステリーがすごい! 2016年版このミステリーがすごい! 2016年版
『このミステリーがすごい!』編集部

宝島社 2015-12-10
売り上げランキング : 33

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 前回は「このミス2016年版」ランキング(順位)予想の反省を<総論編><各論編>の2回に分けて書いてみましたが、今回は、“「このミス2016年版」にランクインしそうな対象作品を予測し事前に読むこと”自体の反省を行う「「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>」を書いてみたいと思います。

 と、その前に説明を加えますと、「このミス」の予想をするにあたって、自分が読んだ作品のみをその対象としました。

 つまり、“ランクインしそうだな~”と思っていても読んでいなければ予想に入れていないので、“事前に読んだか読んでいないか”というのは、予想するのにとても重要になってくるわけなのですね。

 なので、それに対する反省も、来年の予想の的中率を高めるためには、非常に重要となるのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それではまず、「2016年版」で20位以内にランクインした22作品のうち、どのくらいの作品を事前に読んでいたのか、見てみましょう。

 ○:事前に読んでいた作品
 ▲:チェックしていたけど読めなかった作品
 ■:チェックしていたけど、入らないだろうと思って読まなかった作品
 ×:全くノーマークだった作品

 * タイトル部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ

  01位 : ○ 王とサーカス / 米澤穂信  <感想記事はこちら> 
  02位 : ▲ 戦場のコックたち / 深緑野分  <感想記事はこちら>
  03位 : ○ 孤狼の血 / 柚月裕子  <感想記事はこちら>
  04位 : ○ さよならの手口 / 若竹七海  <感想記事はこちら>
  05位 : ○ / 東山彰良  <感想記事はこちら>

  06位 : ○ ミステリー・アリーナ / 深水黎一郎  <感想記事はこちら>
  07位 : ○ 片桐大三郎とXYZの悲劇 / 倉知淳  <感想記事はこちら>
  08位 : ○ 鍵の掛かった男 / 有栖川有栖  <感想記事はこちら>
  09位 : ○ 血の弔旗 / 藤田宜永  <感想記事はこちら>
  10位 : ○ オルゴーリェンヌ / 北山猛邦  <感想記事はこちら>

  11位 : ○ 鳩の撃退法 / 佐藤正午  <感想記事はこちら>
  12位 : ○ 影の中の影 / 月村了衛  <感想記事はこちら>
  13位 : ▲ 死と砂時計 / 鳥飼否宇  <感想記事はこちら>
  14位 : ▲ その可能性はすでに考えた / 井上真偽  <感想記事はこちら>
  15位 : ○ 生還者 / 下村敦史  <感想記事はこちら>

  16位 : ▲ 東京結合人間 / 白井智之
  17位 : ○ フィルムノワール/黒色影片 / 矢作俊彦  <感想記事はこちら>
  18位 : ○ 新しい十五匹のネズミのフライ / 島田荘司
  19位 : ○ キャプテンサンダーボルト / 阿部和重 伊坂幸太郎  <感想記事はこちら>
  19位 : ○ 赤い博物館 / 大山誠一郎
  19位 : ○ 黒野葉月は鳥籠で眠らない / 織守きょうや  <感想記事はこちら>
  19位 : ○ 犬の掟 / 佐々木譲

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで今年の読み逃しは4作品でした。

 2009年版が8作、2010年版が4作、2011年版が6作、2012年版が4作、2013年版が2作、2014年版が3作、そして昨年の2015年版が5作の読み逃しだったので、まあ多くも少なくもない平均的な結果でしたね。

 ただ、4作中2作は(予想するまでには読み終えることが出来なかったものの)「このミス」のランキングが発表される前に読み終えていましたし、残りの2作も読む時間さえあれば確実に読んでいたと思うので、4作共に“ランクインしたならそれはそれで仕方なし”と考えていた作品でした。

 それに、2010年版以降における“予想するまでに読み終えていた対象作品数”は順に104作→105作→69作→84作→80作→65作と来て今年は58作と年々減っていることと、今年は19位が4作品で並んでいたためベスト20が例年より2作も多かったことを考えれば、4作外しという結果もそれほど悪くなかったのではないでしょうか。

 それでも読む本選びさえ的確であればもっと読み逃し作品数を減らすことはできましたし、来年以降もパーフェクトを目標とすることには変わりないので、4作品を何故に読み逃してしまったのかをきちんと検証して、来年の「このミステリーがすごい!2017年版」で“ランキング発表前にランクイン全作品読破済み”の達成に少しでも役立たせてみましょう。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まず「▲:チェックしていたけど読めなかった作品」ですが、今年は「戦場のコックたち」(深緑野分)、「死と砂時計」(鳥飼否宇)、「その可能性はすでに考えた」(井上真偽)、「東京結合人間」(白井智之)の4作。


 「戦場のコックたち」は、予想するまでに読むことが出来なかったものの、ランキングとは関係なしに読むつもりでいて、実際に「このミス」発売前(ランキングが分かるより前)に読み終えていました。

 ちなみに、2位に入った「ミステリが読みたい!」のランキングが発表された直後に読み始めたのですが、その前からすでに入手済みではありました。

 予想するまでに読めなかった理由としましては、発売時期の影響もあってか「このミス」で惜しくもランクインならなかったデビュー作『オーブランの少女』を(シリーズ前作というわけではないのだけれど)先に読んでおきたいなと考えていたことと、“日常の謎”の部分を強調して紹介されていたことからあまり「このミス」等で票が集まるタイプではないかなと思ったことが大きかったですね(実際に読んでみたら驚くほどに「このミス」向きのタイプでした)。


 「死と砂時計」も予想するまでに読めなかったけれど「このミス」発売までに読み終えていて、やはりベスト10入りした「ミステリが読みたい!」のランキング発表前から手元にありました。

 それではなぜに予想するまでに読まなかったのかといえば、まあ他の本を優先していたら読む時間がなかったというのが大きな理由ですが、どちらかといえば「このミス」より「本格ミステリ・ベスト10」向きかなと思ったのと、読みたかった鳥飼作品が他にNo.861「絶望的 寄生クラブ」もあった(そしてどちらかといえばシリーズ前作が面白かったので『絶望的』の方が読みたい気持ちが強かった)のも優先順位が下がってしまった原因かもしれません。


 「その可能性はすでに考えた」は、今年デビューした新人作家の2作目ながら評判が結構良かったですし、タイトルが全てを表すようなその魅力的な内容にも興味を持っていたので、読みたい気持ちは強かったです。

 ただ、今年は同じ“多重解決ミステリ”タイプでは傑作No.837「ミステリー・アリーナ」(深水黎一郎)がありましたし、さらに昨年のデビュー作「○○○○○○○○殺人事件」が高い評価を受けた早坂吝のデビュー2作目No.823「虹の歯ブラシ」も“多重解決ミステリ”の要素があったので、それらと比べられてしまうとさすがに厳しいのではないかと思って、読む優先順位を下げてしまったのです.....。


 「東京結合人間」は、昨年発売の『人間の顔は食べづらい』が(デビュー作としては)発売時期的に不利だったこともあってかランクインという結果はなかったものの一部で評価が高かったですし、そのデビュー作も本作も「このミス」で好まれそうな作風(内容)のようだったので、時間さえあれば読みたいと思っていました。

 しかしこれも『戦場のコックたち』と同じく(シリーズものではないけれど)出来るだけデビュー作から順番に読んでいきたいと考えていたので、読む優先順位が下がってしまったのですよね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして「■:チェックしていたけど、入らないだろうと思って読まなかった作品」「×:全くノーマークだった作品」ですが、今年はどちらも当てはまる作品がありませんでした。


 ちなみに、今年も「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6という企画用に「このミス2016年版」対象作品の中から120作激選リストを作りまして、昨年は「このミス」「本格ミステリ・ベスト10」「週刊文春ミステリー・ベスト10」「ミステリが読みたい!」で20位以内に入った作品のうち「このミス」20位の『イノセント・デイズ』が抜けてしまったのですが、今年は全てのランクイン作品を載せることに成功しました(「本ミス」の21~30位の中には抜けがありましたが.....)。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上の反省を踏まえたうえでの来年に向けた対策・秘策としては、いつも書いているように“8月までに発売された有力候補作品はなるべく8月までに読み終え、9~10月は発売直後の候補作品をなるべく多く読み漁るべき”なのと、あとは(シリーズものでないならば)無理してデビュー作から順に読もうとしなくてもよい、といったところでしょうか。


 というわけで今年も3回に渡って反省してみましたが、年々対象作品を読む数が減って来ているので、読む本を選ぶ精度をさらに上げて、予想の方も的中率を上げたいですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2016年版」関連記事】

  > 「このミス2016年版」上半期のランクイン候補作品 (15.2.25)
  > 「このミス2016年版」下半期のランクイン候補作品 (15.8.28)

  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)

  > 「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想 (15.11.10)

  > 「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6 (15.11.24)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2015年) (15.11.27)

  > 「ミステリが読みたい!2016年版」 (15.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」 (15.12.3)
  > 「2016 本格ミステリ・ベスト10」 (15.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2016年版」 (15.12.8)

  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (15.12.10)
  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (15.12.11)
  > 「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (15.12.14)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「クリメイターズ」 三条陸/椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ 2016年1月15・16日号 3・4号週刊少年ジャンプ 2016年1月15・16日号 3・4号

集英社 2015
売り上げランキング : 18903

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “超巨弾2連読切”の第1弾として週刊少年ジャンプの2016年3・4合併号(2015年12月21日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「クリメイターズ」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の三条陸(さんじょう・りく)は、漫画原作者・アニメ脚本家・特撮ドラマのライターなど各方面で活躍していて、ジャンプ関連では、1989年から1996年まで本誌で連載した超人気作「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」(作画:稲田浩司/監修:堀井雄二)や2002年から2006年まで“月刊少年ジャンプ”で連載した「冒険王ビィト」(作画:稲田浩司/長期休載していましたが“ジャンプSQ.CROWN 2016 SPRING”から10年ぶりに連載再開となることを今回発表)で原作を担当するなどしています。

 そして椎橋寛とコンビを組んだ本作にて、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の連載終了以来約20年ぶりとなるジャンプ本誌での作品発表となりました。


 漫画担当の椎橋寛(しいばし・ひろし)は、“本誌2008年15号”から始まった「ぬらりひょんの孫」(2008-2012年)で連載デビューを果たすと(<JC1巻買い> 「ぬらりひょんの孫」 椎橋寛参照)、テレビアニメ化するほどのヒット作に。

 続いて、“本誌2014年11号”から始まった「ILLEGAL RARE」で2度目の連載となり(「ILLEGAL RARE」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照/全29話)、連載中にはキャラクター原案/漫画担当として“ジャンプNEXT!! 2014 vol.3”に「ツクモガミ 帝都情報部特権諜報員零零七式」(原作担当:間中葦)を掲載(「ツクモガミ 帝都情報部特権諜報員零零七式」 椎橋寛 間中葦 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3参照)。

 連載終了後は、“本誌2015年19号”に「究極球舞」を掲載し(「究極球舞」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、漫画担当として三条陸(原作担当)とコンビを組んだ本作にて約8ヶ月ぶりの本誌登場となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「クリメイターズ」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2015.12.21(月)~12.27(日)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「椎橋寛」関連記事】

  > 「いにしえの滅び紋」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.4.2)

  > 「みんなのこち亀」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.13)

  > 「東京季語譚訪」 椎橋寛 > ジャンプGIGA新連載! (16.5.30)

  > 「クリメイターズ」 三条陸/椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.12.14)

  > 「究極球舞」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.3.30)

  > 「ツクモガミ 帝都情報部特権諜報員零零七式」 椎橋寛 間中葦
     > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (14.6.27)

  > 「ILLEGAL RARE」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.2.1)

  > 「DARK PAWN -闇の質屋-」 椎橋寛 > 週刊少年ジャンプ読切!  (13.4.19)

  > 「ぬらりひょんの孫」 椎橋寛 <JC1巻買い>  (08.8.5)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2015年12月13日 (日)

「GAGA」 田中勇輝 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「GAGA(ガガ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の田中勇輝(たなか・ゆうき)は、「壊し屋ガロン」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2015年1月期)”の最終候補に。

 そして本作にていきなりのデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「GAGA」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「田中勇輝」関連記事】

  > 「トーキョー忍スクワッド」 田中勇輝 > ジャンプGIGA 2017 vol.2 (17.5.26)

  > 「GAGA」 田中勇輝 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.13)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎カペラS&阪神JF(2015年)穴馬予想&結果

< 12月13日(日)に行われるカペラステークス(GIII)阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【カペラステークス】

 中山のダート1200mで行われる重賞(GIII)です。

 最近になって交流重賞の常連となっている名前が似たサウンドガガシゲルカガの対決がいつになるのかと待っていたら、意外にも交流重賞ではなく中央重賞で初対決となりましたね。

 だからというわけではないのですが、ここはシゲルカガを◎にしてみましょう。

 今年の3月からダートに転向すると交流重賞2レースを含めての2勝全連対といきなり結果を出したものの、その後の3戦は馬券に絡むことが出来ていません。

 ただ、交流重賞の2戦(7着&4着)はどちらも馬体重が二けた変動していたことからも状態が万全ではなかったのかもしれませんし、前走(14着)は芝のレースだったので、ここでの巻き返しもあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ シゲルカガ / 吉田豊 (11)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14    キクノストーム   内田博幸  3
 2着 13    カジキ       柴田善臣  4
 3着 12    マルカフリート   石橋脩   6
 4着 9     アドマイヤサガス 国分恭介 7
 5着 1     トキノゲンジ    津村明秀 8

 7着 11 ◎ シゲルカガ     吉田豊   5


  (×複勝:11)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【阪神ジュベナイルフィリーズ】

 阪神の芝1600mで行われる2歳牝馬重賞(GI)です。

 2歳重賞では連続して速い上りを出している馬を狙うようにしているので、ここはそれを基準に絞った候補馬の中からメイショウスイヅキを◎にしてみましょう。

 この馬はこれまでの4戦中3戦で最速、残り1戦も2位と、確実に速い上りを出しているのですが、4戦中2戦が6着という戦績があまり印象良くありません。

 とはいえ、6ちゃくとはいえそれぞれ0.4秒差/0.3秒差と接戦でしたし、展開や位置取り的に馬券圏内に入るにはさすがに厳しいレースだったので、展開さえハマれば堅実な伸び脚と牡馬相手のOPで勝利した実績から充分に可能性はあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ メイショウスイヅキ / 池添謙一 (6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     メジャーエンブレム ルメール  1
 2着 13    ウインファビラス   松岡正海 10
 3着 11    ブランボヌール   岩田康誠  3
 4着 10    ペプチドサプル   古川吉洋  9
 5着 9     アットザシーサイド 三浦皇成  4

12着 6  ◎ メイショウスイヅキ 池添謙一  11


  (×複勝:6)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/8    0.0%  -24,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/194  19.3% .-98,760円  83.3%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎チャレンジC(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎全日本2歳優駿(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月12日 (土)

「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「ブリキライオン」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の宮島京平(みやじま・きょうへい)は、「GOD LUCK!」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年5月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています → 集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 続いて、“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”に「恋愛銀河区石川荘」が掲載されてデビューを飾ると(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」参照)、新世代杯(“ジャンプNEXT! 2012 SPRING”掲載新人読切11作品の中でアンケート投票1位の作品が本誌掲載される企画)で優勝したため、リニューアル版「恋愛銀河区石川荘」が“本誌2012年46号”に掲載されて本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「恋愛銀河区石川荘」 宮島京平参照)。

 その後は、2015年1月に“少年ジャンプ+”で「NとSはくっつかない」(前後編)を配信し、本作にて久々の誌面での作品発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ブリキライオン」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「宮島京平」関連記事】

  > 「機甲少年イージス」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.11.27)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.10)
  > 「ブリキライオン」 宮島京平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.12)

  > 「天使にエールを」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.14)

  > 「恋愛銀河区石川荘」 宮島京平 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.10.13)
  > 「恋愛銀河区石川荘」(ジャンプNEXT! 2012SPRING) (12.4.28)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎チャレンジC(2015年)穴馬予想&結果

< 12月12日(土)に行われるチャレンジカップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チャレンジカップ】

 阪神の芝1800mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ここはケイティープライドを◎にしてみましょう。

 重賞は前々走・京成杯AHでの14着のみと実績は全くありませんが、このレースは(ゴール前で後続に一気に抜かれたので着順は低いものの)逃げたうえで最後まで粘っての0.7秒差でしたからね。

 (その前々走も含めて)関東ではこれまで一度も馬券に絡んでいないのに対し関西では8レース連続で掲示板に載るなど安定感があるので、最内とハンデを活かして先団の内で足を溜めてからの直線抜け出しに期待してみたいと思います。


  ◎ ケイティープライド / 浜中俊 (1)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11    フルーキー      M.デムーロ 1
 2着 10    ヒストリカル      ルメール  2
 3着 7     シベリアンスパーブ 松山弘平  11
 4着 14    ワールドエース    ボウマン   3
 5着 2     タガノエトワール   川田将雅  4

13着 1  ◎ ケイティープライド  浜中俊   8


  (×複勝:1)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/6    0.0%  -18,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/192  19.5% .-92,760円  84.1%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クイーン賞(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎カペラS&阪神JF(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月11日 (金)

「平和マシン」 谷本達哉 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「平和マシン(へいわ・マシン)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の谷本達哉(たにもと・たつや)は、「平和マシン」で“手塚賞(2014年下半期)”の最終候補となった後、「反逆将棋」で“手塚賞(2015年上半期)”の佳作を受賞。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「平和マシン」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「谷本達哉」関連記事】

  > 「グーとグー」 谷本達哉 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.11.6)

  > 「平和マシン」 谷本達哉 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.11)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編>

このミステリーがすごい! 2016年版このミステリーがすごい! 2016年版
『このミステリーがすごい!』編集部

宝島社 2015-12-10
売り上げランキング : 33

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「このミステリーがすごい!2016年版」が発売され、ランキングも発表されたということで、昨年まで同様に「このミス2016年版」ランキング(順位)予想の一人反省会を行って、来年以降の予想に役立てようと思います。

 前回更新した、全体的な予想の反省を行う<反省会・総論編>に続きまして、今回は、作品ごとに反省を行う<反省会・各論編>です。

 その反省の仕方ですが、まずは正規のランキング順に各作品ごとに反省し、続いて予想を外した作品について反省していきましょう。


 *タイトル部分のリンク先は、Amazonの詳細ページです

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   王とサーカス / 米澤穂信  <感想記事はこちら> 
      ( 予想 > 2位  結果 > 1位 )

 2年連続で1位を当てることが出来ませんでした.....。

 これは<反省会・総論編>にも書きましたが、それまでは4年連続で的中していたことと、2年連続で米澤作品が1位となったことを考えれば、米澤作品が(自分の1位予想にとって)鬼門ということなのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   戦場のコックたち / 深緑野分  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > -位  結果 > 2位 )

 この作品は(ランキング発表前までには読み終えていたものの)予想する前までに読んでいなかったので、反省は「ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>」の方に書く予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   孤狼の血 / 柚月裕子  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 5位  結果 > 3位 )

 これ(5位予想)でも思い切って上位に予想したので、それ以上の順位となり驚きましたが、ただこれは(ジャンル的にも)「このミス」らしい結果でしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   さよならの手口 / 若竹七海  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 11位  結果 > 4位 )

 ベスト10内に入れようかどうしようかと最後まで悩んだ作品で、13年前に発売されたシリーズ前作No.812「悪いうさぎ」がランクインしてもおかしくないような面白さだったのに26位止まりだったことから最終的にベスト10に一歩届かずの順位に予想。

 そうしたらこの高順位だったので驚きましたが、このシリーズのファンとしては嬉しい驚きでしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    / 東山彰良  <感想記事はこちら> 
      ( 予想 > 1位  結果 > 5位 )

 今年の1位予想作品は結局5位という結果でしたが、作品内容から意外に票が伸びずランク外の可能性もあるのではと考えた中で一か八かの1位予想だったので、ベスト5には入ったのでホッとしました.....。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ミステリー・アリーナ / 深水黎一郎  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 21位  結果 > 6位 )

 こういったバカミス要素のある本格ミステリ系作品は「このミス」での評価が激しく分かれやすいため、この作品もランクインかランク外かでかなり悩んだ挙句、最終的には無難にギリギリランクインせずの21位と予想することに。

 そうしたら「このミス」だけでなく「本ミス」「文春」「早ミス」全てで6位以上(「本ミス」は1位)という高評価だったので、バカミス系本格ミステリ作品ということを重要視して予想してしまった時点で失敗でした.....。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   片桐大三郎とXYZの悲劇 / 倉知淳  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 15位  結果 > 7位 )

 「本ミス」での高順位(結果2位)は予想できたものの、「このミス」でもベスト10入りしたのは少々意外でしたが、でも他誌のランキングも含めて結果を見てしまえば不思議と妥当にしか思えなくなりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   鍵の掛かった男 / 有栖川有栖  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 12位  結果 > 8位 )

 本格系シリーズの割には「このミス」寄りの内容だったのですが、有栖川作品はこれまで名作を数多く発表していながら“学生アリスシリーズ”(長編は4作全てランクイン)以外の作品だと1作しか「このミス」にランクイン出来ていないという実績から、ベスト10内に予想するのを躊躇してしまったのですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   血の弔旗 / 藤田宜永  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 8位  結果 > 9位 )

 今回は順位ピタリ賞が1つもなかった中、この作品が一番、予想している時に思い描いていた通りの順位に収まっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   オルゴーリェンヌ / 北山猛邦  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 18位  結果 > 10位 )

 上半期のランクイン候補作品の時には“「本ミス」ではかなり票を集めるけれど「このミス」では思ったほど票を集めないタイプなのではないかな~とも思うのですよね”と書き、シリーズ前作のNo.758「少年検閲官」(29位)より上の順位にはならないだろうと思っていたものの、段々と「このミス」でも票が集まりそうだな~と考え直して最終的にはランクイン予想としました。

 そして結果を見ればその判断が正解だったことがわかりましたが、ただベスト10入りするまでとは(予想順位帯を5位~40位としていたので想定内だったとはいえ)少々驚きでした。

 まあ、シリーズ前作発売時(8年前)に比べれば作者の人気&実績が全くと言っていいほどに違いますから、妥当の結果なのでしょう。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   鳩の撃退法 / 佐藤正午  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 3位  結果 > 11位 )

 文芸系の読み味があるものの「このミス」では評価されるだろうと確信していたので、本作で初ランクインを果たしたのは予想通りでしたが、さすがに3位予想は高すぎでしたね.....。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   影の中の影 / 月村了衛  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 16位  結果 > 12位 )

 今回の月村作品は、「このミス」では過去データ的に票を集められない“長編作品のランクイン率&人気が高いシリーズの短編集”ということで予想するまでに無理して読まなかった『機龍警察 火宅』(結果32位)を除けば、『槐』より本作の方がより面白かったものの、予想としては『槐』の方を上にしてのダブルランクイン、という位置付けにしました。

 しかし結果が出てみれば(『機龍警察 火宅』が3作品で一番下の順位という予想も含めて)自分の評価(面白さ)通りだったので、予想順位的にはほぼ的中ではありますが“『槐』とどちらを上に予想するか”の判断に関しては悔いが残りますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   死と砂時計 / 鳥飼否宇  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > -位  結果 > 13位 )

 この作品は(ランキング発表前までには読み終えていたものの)予想する前までに読んでいなかったので、反省は「ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>」の方に書く予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   その可能性はすでに考えた / 井上真偽  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > -位  結果 > 14位 )

 この作品は事前に読んでいなかったので、反省は「ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>」の方に書く予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   生還者 / 下村敦史  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 7位  結果 > 15位 )

 「このミス」より前に発表されたランキング(「本ミス」「文春」「早ミス」)のいずれにもランクインしていなかったので、この作品のベスト10予想は完全に失敗だったなと覚悟していたのですが、「このミス」で唯一ランクインしたのでかなりホッとしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   東京結合人間 / 白井智之
      ( 予想 > -位  結果 > 16位 )

 この作品は事前に読んでいなかったので、反省は「ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>」の方に書く予定です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   フィルムノワール/黒色影片 / 矢作俊彦  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 4位  結果 > 17位 )

 10年前に発売されたシリーズ前作No.480「THE WRONG GOODBYE」が4位に入っていて、それに勝るとも劣らない内容だったことから高順位に予想したのですが、他誌ランキング(「早ミス」で18位に入ったのみ)も含めて意外に低評価に。

 “ランクイン実績シリーズの10年以上ぶりの新作”ということでいえば『さよならの手口』(予想11位→結果4位)と全く逆のパターンでの失敗となってしまいました。

 これは(『さよならの手口』にも当てはまるのかもしれませんが)10年以上前に発売されたシリーズ前作と新作をほとんど間をあけずに読んだことで(かなり久々の新作という部分を踏まえての)前作と新作との比較に(投票者との)ズレが生じたのかもしれませんね(まあランクイン予想自体は当たったのでいいのですが)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   新しい十五匹のネズミのフライ / 島田荘司
      ( 予想 > 10位  結果 > 18位 )

 完全なる新作ではなくパスティーシュ物であることもあって「このミス」でどんな評価になるのかを判断するのが難しかったですが、(10位予想は高すぎだったとはいえ)とりあえずランクイン予想は当たっていたので安心しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   キャプテンサンダーボルト / 阿部和重 伊坂幸太郎  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 6位  結果 > 19位 )

 最終的にベスト10内予想にしたものの、票がほとんど入らない可能性もあるだろうと考えていたので、ランクインという結果にホッとしたのですが、「早ミス」8位&「文春」9位という結果から「このミス」でもベスト10入りは堅いだろうと思っていたこともあってか、なんか「このミス」での評価が思ったより低いように感じられてしまうのですよね。

 そして、11~20位に予想した作品のうち4作がベスト10に入り、ベスト10に予想した作品のうち4作が11~20位だったので、これが完全に入れ替わっていれば万々歳の結果だったのですが.....。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   赤い博物館 / 大山誠一郎
      ( 予想 > 31位以下  結果 > 19位 )

 本格ミステリに特化した作家の割には(ランクインはまだないながらも)「このミス」との相性は良い方だったので、本作もランクイン候補と考えてはいましたが、傑作だった3年前のNo.597「密室蒐集家」(26位)より上にはならないだろうと考えて30位以内の予想に入れませんでした。

 ただ結果を見たうえで改めて考えてみれば、「このミス」と相性の良い警察小説の要素が加わっているので『密室蒐集家』より上の順位になってもおかしくはなかったですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   黒野葉月は鳥籠で眠らない / 織守きょうや  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 31位以下  結果 > 19位 )

 内容的にも「このミス」に合っていそうな面白さだったと思ったものの、「本ミス」では高く評価されるのに「このミス」ではほとんど票が入らない天祢涼に近い作風であるように何となく感じたことから、30位以内に予想しなかったのですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   犬の掟 / 佐々木譲
      ( 予想 > 30位  結果 > 19位 )

 「このミス」との相性が良い作家による久々の本格警察小説ということでもちろんランクイン候補として考えていましたが、捜査シーンがほとんどで魂をぶつけ合うような人間ドラマは最後の方にちょっとあっただけだったので、相性だけを考慮してギリギリ30位予想に残しておきました。

 そうしたらランクインという結果だったので、自分が思っていた以上に「このミス」との相性が良いってことなのですかね(もちろんランクインしても何らおかしくない面白さだったので相性だけでランクインしたと言っているわけではないのですが)。


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ナオミとカナコ / 奥田英朗  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 9位  結果 > 35位 )

 それではここから、大いなる反省会の開始となります.....。

 サスペンス系の奥田作品はランクイン率が高いですし世間の評価も高かったのでランクインは確実かと思ったのですが、他誌のランキング(「文春」でギリギリ20位に入ったのみ)も含めて意外なほどに票が集まりませんでしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   槐(エンジュ) / 月村了衛  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 13位  結果 > 23位 )

 昨年はNo.722「機龍警察 未亡旅団」No.782「土漠の花」のダブルベスト10予想を見事に的中できたのですが、今年の『影の中の影』とのダブルランクイン予想は本作のランク外により的中ならず.....。

 ただ23位とはいえ(19位が4作あったため)わずか1点差での次点だったので、見当違いのダブルランクイン予想ではなかったのは安心しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   教団X / 中村文則  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 14位  結果 > 34位 )

 読み終えてからしばらくは「このミス」(ミステリ系ランキング)向きの内容ではないことから予想の候補にすら入れておらず、警察小説であるNo.831「あなたが消えた夜に」の方をランクイン有力候補と考えていたのですが、読後のインパクトや高順位票を投じる投票者の可能性から本作の方により票が入るのではないかと考え直し、思い切ってこちらをランクインと予想しました。

 そうしたらやはり本作の方が上の順位でしたし(『あなたが消えた夜に』は1票入ったのみの103位)、「文春」と「早ミス」では共に20位にランクインしたので、「このミス」では惜しくもランクインはならなかったものの多少満足ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ビッグデータ・コネクト / 藤井太洋  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 17位  結果 > 23位 )

 この作品も『槐』と同様に23位とはいえ(19位が4作あったため)わずか1点差での次点でしたし、結構思い切ってのランクイン予想だったことを考えれば、まあ反省するほどの結果ではありませんでしたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   透明カメレオン / 道尾秀介  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 19位  結果 > 59位 )

 今年は昨年に比べて、結果的に41位以下となったある意味見当違いの予想が圧倒的に少なかったのですが、19&20位予想だけは41位以下の結果となってしまいました.....。

 この作品は内容的にはランクインまでいかなそうだな~と思いつつ、そういったタイプの作品でも何だかんだでランクインの一歩手前までいったりするような道尾秀介の「このミス」との相性の良さと、エンタメ要素満載のジャンル的内容からランクイン予想としたのですが、相性からの判断としては『犬の掟』と逆の結果となってしまいましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   リバース / 湊かなえ  <感想記事はこちら>
      ( 予想 > 20位  結果 > 120位 )

 最後まで『ミステリー・アリーナ』とどちらを20位以内に予想しようかと悩んだ作品で、個人的にかなり面白かったのでミステリ系ランキングでも高く評価されてほしいという思いから大穴的に20位に予想したのですが、「このミス」では1票入ったのみ、他のランキングも軒並みランク外だったので、穴狙いは完全に失敗でした.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、まずは「このミス2016年版」のランキング(順位)予想」の反省を<総論編><各論編>と分けて書いてみました。

 そして続きまして、「このミス2016年版」としては最後の反省会となります、「ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>」を書いてみたいと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2016年版」関連記事】

  > 「このミス2016年版」上半期のランクイン候補作品 (15.2.25)
  > 「このミス2016年版」下半期のランクイン候補作品 (15.8.28)

  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)

  > 「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想 (15.11.10)

  > 「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6 (15.11.24)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2015年) (15.11.27)

  > 「ミステリが読みたい!2016年版」 (15.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」 (15.12.3)
  > 「2016 本格ミステリ・ベスト10」 (15.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2016年版」 (15.12.8)

  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (15.12.10)
  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (15.12.11)
  > 「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (15.12.14)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2015年12月10日 (木)

「超重課金バンガード」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「超重課金バンガード(ちょうじゅうかきん・バンガード)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の戸塚慶文(とづか・よしふみ)は、東京デザイナー学院出身で、「宇宙観光シーアーク」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年12月期)”の準入選を受賞。

 そしてその受賞作「宇宙観光シーアーク」が“ジャンプNEXT!! 2014 vol.2”に掲載されてデビューを果たし(「宇宙観光シーアーク」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2参照)、本作にて2度目の掲載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「超重課金バンガード」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「戸塚慶文」関連記事】

  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.10)

  > 「宇宙観光シーアーク」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.4)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>

このミステリーがすごい! 2016年版このミステリーがすごい! 2016年版
『このミステリーがすごい!』編集部

宝島社 2015-12-10
売り上げランキング : 63

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「このミステリーがすごい!2016年版」が発売され、ランキングも発表されたということで、ランキング(順位)予想の一人反省会を行って、来年以降の予想に役立てようと思います。

 ただ、今回も反省することが多くなりそうなので、全体的な予想の反省を行う<反省会・総論編>(本記事)と、作品ごとに反省を行う<反省会・各論編>、そして“ランクイン作品を予測し読むこと”自体の反省を行う「ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会>」と、やはり昨年までと同様に、3回に分けて反省してみましょう。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 それでまず今回は、「ランキング(順位)予想」の全体的な反省会です。

 ちなみに「このミス」では、20位以内がランクイン、21位以下がランク外となっています。

 そして、今年も昨年までと同様に30位まで予想を行い、そのうち何作がランクインするか、といった感じでやっていました。

  ☆ > 予想:ベスト10、結果:ベスト10
  ◎ > 予想:ベスト10、結果:ベスト20
  ○ > 予想:11~20位、結果:ベスト20
  △ > 予想:21~30位、結果:ベスト20

  ▲ > 予想:ベスト30、結果:21~30位
  ● > 予想:ベスト30、結果:31位以下

 * タイトル部分のリンク先は、当ブログの感想ページ


< 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 >

 ☆ 01位予想 : / 東山彰良  > 結果:5位
 ☆ 02位予想 : 王とサーカス / 米澤穂信  > 結果:1位
 ◎ 03位予想 : 鳩の撃退法 / 佐藤正午  > 結果:11位
 ◎ 04位予想 : フィルムノワール/黒色影片 / 矢作俊彦  > 結果:17位
 ☆ 05位予想 : 孤狼の血 / 柚月裕子  > 結果:3位 

 ◎ 06位予想 : キャプテンサンダーボルト / 阿部和重 伊坂幸太郎  > 結果:19位
 ◎ 07位予想 : 生還者 / 下村敦史  > 結果:15位
 ☆ 08位予想 : 血の弔旗 / 藤田宜永  > 結果:9位
 ● 09位予想 : ナオミとカナコ / 奥田英朗  > 結果:35位
 ◎ 10位予想 : 新しい十五匹のネズミのフライ / 島田荘司  > 結果:18位


 ○ 11位予想 : さよならの手口 / 若竹七海  > 結果:4位
 ○ 12位予想 : 鍵の掛かった男 / 有栖川有栖  > 結果:8位
 ▲ 13位予想 : 槐(エンジュ) / 月村了衛  > 結果:23位
 ● 14位予想 : 教団X / 中村文則  > 結果:34位
 ○ 15位予想 : 片桐大三郎とXYZの悲劇 / 倉知淳  > 結果:7位

 ○ 16位予想 : 影の中の影 / 月村了衛  > 結果:12位
 ▲ 17位予想 : ビッグデータ・コネクト / 藤井太洋  > 結果:23位
 ○ 18位予想 : オルゴーリェンヌ / 北山猛邦  > 結果:10位
 ● 19位予想 : 透明カメレオン / 道尾秀介  > 結果:59位
 ● 20位予想 : リバース / 湊かなえ  > 結果:120位


 △ 21位予想 : ミステリー・アリーナ / 深水黎一郎  > 結果:6位
 ● 22位予想 : インドクリスタル / 篠田節子  > 結果:32位
 ● 23位予想 : 極悪専用 / 大沢在昌  > 結果:57位
 ● 24位予想 : 虹の歯ブラシ / 早坂吝  > 結果:35位
 ● 25位予想 : 営繕かるかや怪異譚 / 小野不由美  > 結果:投票数0

 ● 26位予想 : メビウスの守護者 / 川瀬七緒  > 結果:52位
 ● 27位予想 : あぶない叔父さん / 麻耶雄嵩  > 結果:52位
 ▲ 28位予想 : 星読島に星は流れた / 久住四季  > 結果:26位
 ● 29位予想 : 勁草 / 黒川博行  > 結果:35位
 △ 30位予想 : 犬の掟 / 佐々木譲  > 結果:19位

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<< 予想:ベスト30 → 結果:ベスト20 の作品数 (☆◎○△) >>

   16年版:16作

   15年版:13作 14年版:16作 13年版:14作

   12年版:14作 11年版:15作 10年版:15作

 昨年は歴代最低記録を更新してしまったのですが、今年は一転して歴代最高タイ記録となりました。

 予想の対象とするのは読み終えた本のみという前提があって、年々読了本が減っていることを考えれば、ここに来て最高タイとなったのはなかなかの結果といえるのではないでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<< 予想:ベスト20 → 結果:ベスト20 の作品数 (☆◎○) >>

    16年版:14作

    15年版:10作 14年版:10作 13年版:11作

    12年版:10作 11年版:12作 10年版:12作

 ベスト20予想は毎年あまり変わらぬ結果となるのですが、今年は昨年から大幅にアップしての歴代最高記録更新を達成。

 こちらも、年々読了本が減っていることを考えれば(自分としては)かなり素晴らしい結果でしたね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<< 予想:ベスト10 → 結果:ベスト20 の作品数 (☆◎) >>

   16年版:9作

   15年版:9作 14年版:6作 13年版:8作

   12年版:7作 11年版:7作 10年版:8作

 昨年に引き続いての9作的中で歴代最高記録タイとなりました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<< 予想:ベスト10 → 結果:ベスト10 の作品数 (☆) >>

   16年版:4作

   15年版:6作 14年版:5作 13年版:6作

   12年版:7作 11年版:5作 10年版:6作

 ここまでずっと歴代最高記録で来ていましたが、ここに来て突然の歴代最低記録更新となってしまいました.....。

 まあ例年と比べてもベスト20予想は大きなズレがなかったものの、10位以内と11~20位の間におけるズレがいくつもあったのが失敗でした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<< 予想:ベスト5 → 結果:ベスト5 の作品数 >>

   16年版:3作

   15年版:4作 14年版:3作 13年版:3作

   12年版:4作 11年版:4作 10年版:2作

 今年もベスト5予想の完全的中はなりませんでしたが、2位にランクインした作品を予想するまでに読んでいなかった時点でダメでしたねェ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 そして肝心要の1位予想ですが、2年連続で外してしまいました.....。

 それまでは4年連続で的中していたことと、2年連続で米澤穂信作品が1位となったことを考えれば、米澤作品が自分にとって鬼門ということなのかも.....。

 ちなみに、今年の予想&結果ピタリ賞は、残念ながらありませんでした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、まずは「このミス2016年版」のランキング(順位)予想」の全体的な反省をしてみました。

 本当はこのくらいの反省でやめておきたいところなのですが、思ったよりも票が入らなかった作品があったり、意外なほどに票が入った作品があったりなど、反省することは尽きないのです。

 なので、そういったことも含めて、作品ごとに反省する<反省会・各論編>を続けて書いてみたいと思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2016年版」関連記事】

  > 「このミス2016年版」上半期のランクイン候補作品 (15.2.25)
  > 「このミス2016年版」下半期のランクイン候補作品 (15.8.28)

  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)

  > 「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想 (15.11.10)

  > 「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6 (15.11.24)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2015年) (15.11.27)

  > 「ミステリが読みたい!2016年版」 (15.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」 (15.12.3)
  > 「2016 本格ミステリ・ベスト10」 (15.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2016年版」 (15.12.8)

  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (15.12.10)
  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (15.12.11)
  > 「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (15.12.14)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2015年12月 9日 (水)

「ガチピン!」 伊達恒大 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「ガチピン!」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 「クロスアカウント」の新連載スタートを記念して
 試し読み掲載(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト

 作者の伊達恒大(だて・つねひろ)は、"相模恒大"名義で“赤マルジャンプ 2003 SUMMER”に「HEAVY SPRAY」が掲載されデビューを果たし、続いて“赤マルジャンプ 2007 SUMMER”に「F・GAME」を掲載。

 その後は"伊達恒大"に名義変更し、下山健人とのコンビで“ジャンプNEXT! 2012 AUTUMN”に「Tokyo Wonder Boys」を掲載し(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012AUTUMN」参照)、その「TOKYO WONDER BOYS」が“本誌2014年14号”から始まり連載デビュー(「TOKYO WONDER BOYS」 下山健人 伊達恒大 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照/10話で終了)。

 連載終了後は、2015年2月に“少年ジャンプ+”で単独作品として「ゲスの恩返し」を配信し、本作にて連載終了以来となる誌面での作品発表となりました。


 内容の方は、“運命の被写体”が地味っ娘の学園青春カメラコメディ漫画です。

 将来カメラマンを夢見る高校1年の間瞬一(はざま・しゅんいち)は、実家の魚屋の跡取り息子であるため、“3年以内に「新世紀写真展」で入賞できなければ魚屋を継ぐ”という誓いを父親と交わして3年目。

 最後のチャンスとなる今年の「新世紀写真展」(テーマ:青春)の締切まで1週間となり、ようやく運命の被写体にめぐり会えたものの、その被写体である「雨に降られて白い夏服をびっしょりと濡らしながら自転車に乗る女子高生」にその場で名前を聞けず、かろうじて撮れた写真にも顔が写っていないため、この“青春の輝き”を放つ彼女がどこの誰だか分からず.....。

 “自分たちと同じ高校の制服を着ていた”という手掛りを基に友人2人と校内を探し回り、ようやく見つけた“運命の被写体”である影山しのぶは、自分に自信がなく存在感も薄い(写真とは別人のような)地味っ子で.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

君が写る。 恋に落ちる。

☆探し出せ「運命の人」!! 輝く青春! 一瞬!ラブコメディー!
  Cカラー読切47P!!


 【「ガチピン!」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「伊達恒大」関連記事】

  > 「西森さん家のシノブ君」 伊達恒大 > ジャンプGIGA 2018 SUMMER vol.3 (18.7.22)

  > 「クロスアカウント」 伊達恒大 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.6.5)

  > 「はるよ、こい!」 伊達恒大 > 週刊少年ジャンプ短期特別連載! (16.12.16)

  > 「ガチピン!」 伊達恒大 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.9)

  > 「TOKYO WONDER BOYS」 下山健人 伊達恒大
     > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.2.3)
  > 「Tokyo Wonder Boys」(ジャンプNEXT! 2012AUTUMN) (13.3.22)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎クイーン賞(2015年)穴馬予想&結果

< 12月9日(水)に行われるクイーン賞(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【クイーン賞】

 船橋のダート1800mで行われる交流牝馬ハンデ重賞(JpnIII)です。

 今年最後の交流牝馬重賞となりますが、最近のこの路線で勝利を分け合っている4強の一角であるサンビスタが先週末の中央GI・チャンピオンズCで歴戦の牡馬相手に勝利を飾ったこともあり、この路線に対する印象もなんだかこれまでとは違って見えますね。

 ただ今回は4強のうちトロワボヌールのみの参戦で、他の中央馬3頭は交流重賞初出走ということで、新鮮なメンバーとなっています。

 それでここ最近の交流重賞では“(あえて1番人気馬を外した)単勝複数買い”にしているのですが、前日オッズを見た感じだとハンデ戦ということもあってかトロワボヌールの1強状態にはならなそうですし、初ダートのディアマイダーリンと1年半もダートで走っていないパワースポットはあまり選びたくないので、そうなると“単勝複数買い”が出来るオッズとはならない可能性があります。

 なので、オッズがある程度固まってから買い方(券種)や狙う馬を決めて、レースの30分前までにはここに追記する予定です。

[ 追 記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、トロワボヌールは単勝1倍台なので狙えず、他の中央馬3頭のうち2頭のみ選べるようなオッズの並びとなっていました。

 なので、ダートで結果を出して来ているフォローハートと、もう1頭は初ダートのディアマイダーリンではなく一応ダート経験のあるパワースポットの方を選んでみました。


  ◎ フォローハート / M.デムーロ (6)
  ○ パワースポット / 岩田康誠 (14)


  << 単勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     ディアマイダーリン 横山典弘  4
 2着 1     トロワボヌール    ルメール  1
 3着 3     ノットオーソリティ  赤岡修次  5
 4着 14 ○ パワースポット   岩田康誠  3
 5着 6  ◎ フォローハート    M.デムーロ 2


  (×単勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/5    0.0%  -15,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/191  19.6% .-89,760円  84.6%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎チャンピオンズC(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎チャレンジC(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月 8日 (火)

「このミステリーがすごい!2016年版」

このミステリーがすごい! 2016年版このミステリーがすごい! 2016年版
『このミステリーがすごい!』編集部

宝島社 2015-12-10
売り上げランキング : 82

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「このミステリーがすごい!2016年版」が、いよいよ発売されました。

 今年も、これで8年目となるランキング予想を行い(「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想)、自分が投票者になったつもりでベスト6を決める「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6を書いてみたりもしました。

 さらには、月ごとに「このミス」の候補になるのではないかと思われる作品をピックアップしてみる“月別ランクイン候補作品”という企画を毎月行い、上半期と下半期に分けて作品ごとにランクイン確率を予想してみたり(上半期のランクイン候補作品下半期のランクイン候補作品)、投票を受け付けてベスト10予想を企画してみたり(ベスト10作品をみんなで予想しよう!)と、このブログを使って“読むだけで終わらないミステリ小説の面白さ”を1年間楽しむことができました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そして「このミス」は、ここ数年は正発売日よりも2日前に店頭に並ぶ所が多かったのですが、今年もやはり正発売日(10日)の2日前である8日(火)にフラゲ販売されていました。

 まあ今年もネット等で先に結果を知ることなく(ベスト3だけは表紙からわかってしまいましたが)、実際に「このミス」をめくって見て初めてランキングを知ることができたので、この一瞬で感じられるワクワク感というか喜び・楽しみ・ドキドキ感などは、(1年間「このミス」のランキングを予測して読む本を選んだり予想したりしていた自分にとっては)テストの答案を受け取る時のようでもあり、中に何が入っているのか分からないプレゼントを受け取る時のようでもあるのですよね。

 それで肝心のランキングは、納得の順位の作品も、意外な順位の作品もあって、自分の予想のことを考えると一喜一憂といった感じなのですが、ランキングに関しては“予想の反省会”としてこれから3回に渡って記事を書いていく予定です(追記:更新しました→「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 中身の方ですが、昨年から大きく変わったところはなく、福井健太によるコラム(いま、ライト文芸ミステリーが熱い!)が加わり、このミス大賞ニュースの内容が昨年の“『このミス』大賞作家・座談会(海堂尊×中山七里×乾緑郎×安生正)”から今年は東山彰良の直木賞受賞記念特別インタビューに変わったくらいです。

 ただ、一昨年には“復刊希望!幻の名作はこれだ!”の投票が実施されて1位となった連城三紀彦の『夜よ鼠たちのために』が宝島社から復刊となり、昨年には“オールタイム・ベスト国内短編ミステリーベストテン”の投票が実施されてベスト10作品が全て収録された『「このミス」が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 赤』『~黒』が同じく宝島社から刊行されるなど、ここ2年は単なるアンケートに終わらない特別企画があったのですが、今年は実施されなかったので少々寂しいですね。

 “私の隠し玉”コーナーに、昨年は寄稿したのに今年はなかった作家は、伊坂幸太郎(04年版からの12年連続でストップ)、高野和明(08年版からの8年連続でストップ)、津原泰水(11年版からの5年連続でストップ)、西澤保彦(98年版からの18年連続でストップ)、夢枕獏(99年版からの17年連続でストップ)と今年は長年寄稿してきた常連の不参加が多く、今年復帰となったのは初野晴(2年ぶり6回目)、今年から初参加となったのは葉真中顕でした(“「このミス」完全読破 説明&読破本リスト(「このミス」資料集)”の作家別“私の隠し玉”執筆年版リスト参照)。

 “「このミス」大賞”作家の書き下ろしは、今年の「このミス」で初ランクイン(しかもいきなりの3位)を果たした柚月裕子が昨年に引き続き担当しています(「佐方」シリーズの書き下ろし短編『正義を質す』)。

 最後に2014年版以降年々値上がりしていたお値段の方ですが、今年は昨年と変わらず税抜き520円でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2016年版」関連記事】

  > 「このミス2016年版」上半期のランクイン候補作品 (15.2.25)
  > 「このミス2016年版」下半期のランクイン候補作品 (15.8.28)

  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)

  > 「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想 (15.11.10)

  > 「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6 (15.11.24)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2015年) (15.11.27)

  > 「ミステリが読みたい!2016年版」 (15.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」 (15.12.3)
  > 「2016 本格ミステリ・ベスト10」 (15.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2016年版」 (15.12.8)

  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (15.12.10)
  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (15.12.11)
  > 「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (15.12.14)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「しのびや屈」 近藤信輔 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に掲載の読切作品が、「しのびや屈(しのびや・かまり)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の近藤信輔(こんどう・しんすけ)は、「JUDOES」で“ストキン炎(2007年)”のネーム部門炎努力賞、「THE KILLING WAY」で“ストキン炎(2008年)”のネーム部門炎努力賞を受賞し、“ジャンプNEXT! 2011 SUMMER”に「裂!!! 伊達先パイ」が掲載されてデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SUMMER」参照)。

 さらに同名リニューアル版「裂!!! 伊達先パイ」が“本誌2012年10号”に掲載され本誌デビューを飾り(週刊少年ジャンプ読切! 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔参照)、2度掲載された読切を基にした「裂!!! 伊達先パイ」が“本誌2012年41号”から始まり連載デビュー(週刊少年ジャンプ新連載! 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔参照/20話で終了)。

 続いて、「ジュウドウズ」(前後編)をスマホアプリ増刊“ジャンプLIVE 第2号(2014年1月)”に掲載し、その「ジュウドウズ」が“本誌2014年41号”から始まり2度目の連載(「ジュウドウズ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照/18話で終了)。

 連載終了後は、“少年ジャンプ+”で2015年3・4月に「ジュウドウズ外伝 柔も轟に」(前後編)を配信し、本作にて連載終了後最初の新作発表となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「しのびや屈」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「近藤信輔」関連記事】

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.8)

  > 「ジュウドウズ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.8.31)

  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 <JC1巻買い> (13.1.30)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.9.8)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ読切!  (12.2.4)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」(ジャンプNEXT! 2011SUMMER) (11.8.12)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.12.7)

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 (15.12.8)
  > 「ガチピン!」 伊達恒大 (15.12.9)

  > 「ブリキライオン」 宮島京平 (15.12.12)
  > 「平和マシン」 谷本達哉 (15.12.11)

  > 「死後看護師 御影」 冴豆祐人 (15.12.17)
  > 「NECRO」 天塚啓示 (15.12.15)
  > 「GAGA」 田中勇輝 (15.12.13)

  > 「リンゴ。」 寺坂研人 (15.12.16)
  > 「Dancing ReD」 阪口亜樹 (15.12.18)
  > 「魔界トラベル」 新田太郎 (15.12.19)

  > 「エイリアンズエイジ」 仲間只一 (15.12.20)
  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 (15.12.10)
  > 「となりの竜学生」 カザマカツヤ (15.12.22)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2015年12月 7日 (月)

「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」 > 週刊少年ジャンプ増刊!

ジャンプNEXT!! 2015 vol.6ジャンプNEXT!! 2015 vol.6

集英社 2015-12-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.6(12月28日<月>発売)に収録されている読切作品の、漫画家や作品内容の情報を記した当ブログ記事をまとめてみました

 この記事で取り上げるのは新作読切作品およびNEXTオリジナル新連載の第1話のみなので、以下の作品は対象外としています

 ・NEXT連載作品
   「黒子のバスケ EXTRA GAME」

 ・本誌連載陣の袋とじ番外編
   「ハイキュー!!」
   「食戟のソーマ」
   「火ノ丸相撲」
   「背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~」
   「ものの歩」


 * この記事の下の方で、面白かった作品に投票するアンケートを実施しているので、ぜひともご参加ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 * タイトル部分のリンク先は、作者&作品情報掲載の当ブログ記事(徐々に記事更新していきます)


<< 本誌での連載経験漫画家の読切作品 >>

 ★ しのびや屈 / 近藤信輔
     ・

 ★ ガチピン! / 伊達恒大
     ・


<< 新人漫画家の読切作品 >>

 ★ ブリキライオン / 宮島京平
     ・

 ★ 平和マシン / 谷本達哉
     ・

 ★ 死後看護師 御影 / 冴豆祐人
     ・

 ★ NECRO / 天塚啓示
     ・

 ★ GAGA / 田中勇輝
     ・

 ★ リンゴ。 / 寺坂研人
     ・

 ★ Dancing ReD / 阪口亜樹
     ・

 ★ 魔界トラベル / 新田太郎
     ・

 ★ エイリアンズエイジ / 仲間只一
     ・

 ★ 超重課金バンガード / 戸塚慶文
     ・

 ★ となりの竜学生 / カザマカツヤ
     ・


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.6」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年12月28日(月)~2016年1月10日(日)

  * 4作品以内(出来るだけ4作品ピッタリ)選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “(ファンや知人である)漫画家への応援票”など
   作品の出来に関係ない投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  NEXT!!次号 >>> ジャンプNEXT!! 2016 vol.1

  ジャンプNEXT!! 2015 vol.5 <<< NEXT!!前号


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「殺し屋ドミノ」 第年秒 > 週刊少年ジャンプ読切!

[週刊少年ジャンプ] 2016年1月8日号 通巻2号[週刊少年ジャンプ] 2016年1月8日号 通巻2号
集英社

集英社 2015
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “ジャンプ冬の超異端読切3連弾”の第3弾として週刊少年ジャンプの2016年02号(2015年12月14日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「殺し屋ドミノ(ころしや・ドミノ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の第年秒(ダイネンビョウ)は、中国人の漫画家で、集英社が協力している中国の漫画雑誌“漫画行”(発行・翻翻)出身のようです。

 日本では、2014年12月から“少年ジャンプ+”で「5秒童話」を連載配信し(全8話で終了)、続いて今年(2015年)6月から同じく“少年ジャンプ+”で「群青のマグメル」の連載配信が始まり、現在も好評連載中です(“漫画行”では「拾又之国」というタイトルで連載中)。

 そして本作にて本誌デビューとなりました。


 殺し屋世界ランキングで2422名中2420位ながら自信満々の殺し屋・ドミノ。

 そんなドミノの所にやって来たのは、この街最大のマフィア「神銃会」のボス・蓬莱虎を父に持つ少女。

 父にマフィアから足を洗ってもらうため“パパの目の前でわたしを殺してくれ”という少女の依頼を受けたドミノは、仕事をするのかと思いきや街中で遊び回り少女を楽しませるも、少女の“死ぬ覚悟”は変わらなくて.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

さぁ お仕事を お客様

☆ジャンプ冬の超異端読切3連弾第3弾!!
     一癖二癖違うプロ!新時代殺し屋読切Cカラー45P!!


 【「殺し屋ドミノ」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2015.12.14(月)~12.20(日)
 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2015年12月 6日 (日)

『孤狼の血』 柚月裕子 > 「このミス」完全読破 No.857

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.857

 『孤狼の血』 柚月裕子

   「このミス」2016年版 : 3位

   受賞(候補) : 「日本推理作家協会賞」 受賞
            (「直木三十五賞」 候補)
            (「吉川英治文学新人賞」候補)
            (「山田風太郎賞」 候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 11位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 14位

   読始:2015.11.9~ 読終:2015.11.9

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2015年8月>

孤狼の血 (角川文庫)孤狼の血 (角川文庫)
柚月裕子

KADOKAWA 2017-08-25
売り上げランキング : 483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 柚月裕子は、『臨床真理』で“このミステリーがすごい!大賞”の大賞を受賞し、その受賞作にて2009年にデビュー。

 その後も宝島社から『最後の証人』『検事の本懐』『検事の死命』の“佐方貞人シリーズ”を中心に作品を発表して、そのうち『検事の本懐』は大藪春彦賞受賞&山本周五郎賞候補と高い評価を受け、『最後の証人』『検事の本懐』の2作はテレビドラマ化されています(『検事の本懐』はこの記事を書いている時点で放送予定)。

 そして昨年(2014年)の10月からは宝島社以外からの刊行が相次ぎ、そんな流れの中で現時点での集大成とでもいうべき本作が発表となりました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 呉原東署の捜査二課暴力団係に配属された日岡秀一は、暴力団絡みの事件を多数解決し警察表彰を何度も受ける一方で訓戒処分歴も現役ワーストというトラブルメーカーな警察官である班長・大山章吾の元に付くことに。

 そしてまずは暴力団系列の金融会社社員の失踪事件を担当することになったのですが、馴染みの暴力団員とは必要以上に深く付き合い、敵対する暴力団員には脅迫や暴力を辞さないやり方で情報を引き出すなど、大山の捜査は警察官としての倫理に反するような違法的行為を繰り広げていくものなのです。

 そんな悪徳警官による捜査劇は(暴力団の激しい抗争に巻き込まれることもあり)裏社会が舞台の犯罪サスペンスのようなギラギラした緊迫感がありますし、そんな犯罪まがいの捜査でありながら一応事件解決に向けて動いているので警察&刑事小説としての読み応えもあり、それらが互いに強く主張しながらも絶妙なほどに融合していくことで、高揚感と焦燥感が同時に襲ってくるかのような圧倒的迫力の人間ドラマが生み出されていました。

 ただこれは著者の作風もあってか、読む人を選ぶような硬派で暴力的な犯罪ハードボイルド系警察小説にはなっていなくて、濃厚な物語の中にもすっきりとした読み味がありますし、心を震わされてしまうようなドラマ性があり、終盤では驚くべきサプライズもあるなど、多くの人が楽しめるエンタメ要素によって物語が盛り上げられていくのですね。

 なので、警察小説としては異色でありながら王道で直球な面白さも存分に備えていると思いますし、普段警察小説を読まないような人でも本作から放たれる強烈な刺激たっぷりの魅力を心から堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


 ☆☆☆★★ : 本格ミステリ度
 ☆☆★★★ : ビックリ驚愕度
 ☆☆★★★ : 熱アクション度
 ☆☆★★★ : 鬼畜グログロ度
 ★★★★ : 主キャラ魅力度
 ★★★★ : 人間味ドラマ度
 ☆☆★★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆☆★★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆☆★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆★★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「片桐大三郎とXYZの悲劇」倉知淳 <<< PREV/NEXT >>> 「六の宮の姫君」北村薫

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎チャンピオンズC(2015年)穴馬予想&結果

< 12月6日(日)に行われるチャンピオンズカップ(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チャンピオンズカップ】

 中京のダート1800mで行われる重賞(GI)です。

 中央では唯一の中距離ダートGIとなりますが、逃げるコパノリッキー、それを見る先行勢にホッコータルマエ、追い込んでくるノンコノユメと今年の3強は脚質的にはっきりとした特長がありますし、他にもGI&重賞実績のある馬たちがズラリと揃っているので、かなり面白いレースとなりそうですね。

 そしてそんな中から、昨年2着のナムラビクターを◎にしてみましょう。

 まあ昨年も◎にして当てさせてもらったわけですが、次走の東海Sこそ11着に敗れたものの、その後の重賞は3・4・3着と(勝てはしないけれど)安定して結果を出していますし、乗り替わって以降急に出遅れるようになったM.デムーロの手から離れるのもこの馬にとっては良いのかもしれないので、2年連続でこの馬に期待してみたいと思います。


  ◎ ナムラビクター / 秋山真一郎(6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     サンビスタ     M.デムーロ 12
 2着 1     ノンコノユメ    ルメール   3
 3着 2     サウンドトゥルー 大野拓弥  5
 4着 16    ロワジャルダン  浜中俊    8
 5着 13    ホッコータルマエ 幸英明    2

 9着 6  ◎ ナムラビクター  秋山真一郎 7


  (×複勝:6)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/4    0.0%  -12,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/190  19.7% .-86,760円  85.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ステイヤーズS&金鯱賞(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クイーン賞(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月 5日 (土)

「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ №1 12月7日発行週刊少年ジャンプ №1 12月7日発行

2015
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2016年01号(2015年12月7日〈月〉発売)に掲載の読切作品が、「殺せんせーQ(ころせんせー・クエスト)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 企画・ストーリー担当の渡邉築(わたなべ・きずく)は、2010年に読切版「メルヘン王子グリム」を本誌に2度掲載した後、その「メルヘン王子グリム」が“本誌2011年12号”から始まり連載デビュー(週刊少年ジャンプ新連載! 「メルヘン王子グリム」 渡邉築参照/18話で終了)。

 続いて“本誌2012年18号”に読切版「恋するエジソン」を掲載し(週刊少年ジャンプ読切! 「恋するエジソン」 渡邉築参照)、その「恋するエジソン」が“本誌2013年10号”から始まり2度目の連載(週刊少年ジャンプ新連載! 「恋するエジソン」 渡邉築参照/25話で終了)。

 連載終了後は、「サッカー天使ケリエル」を読切として“最強ジャンプ(2014年1月号)”に、短期集中連載として“最強ジャンプ(2014年5~7月号)”に掲載し、「放課後・オブ・ザ・デッド」を“本誌2014年09号”に(代原に近い形で)掲載しています(「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)。


 作画担当の青戸成(あおと・じょう)は、「WATER DRIVE」が“赤マルジャンプ 2009 WINTER”に掲載されデビューを飾り、「×AMQ×」を“赤マルジャンプ 2010 WINTER”に掲載した後(週刊少年ジャンプ増刊!「赤マルジャンプ 2010 WINTER」参照)、「デビル☆クラッチ」を“本誌2010年16号”に掲載して本誌デビュー週刊少年ジャンプ読切! 「デビル☆クラッチ」 青戸成参照)。

 さらには、「MOMO伝記」を“ジャンプNEXT! 2011 WINTER”に(週刊少年ジャンプ増刊!「ジャンプNEXT! 2011 WINTER」参照)、「すずもり。」を“ジャンプNEXT! 2012 WINTER”に(週刊少年ジャンプ増刊!「ジャンプNEXT! 2012 WINTER」参照)、「君色グラファー」を“ジャンプNEXT! 2013 WINTER”に掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2013 WINTER」参照)。


 そして、この2人がそれぞれ“企画・ストーリー担当”と“作画担当”に分かれた(本誌で大好評連載中の「暗殺教室」〈松井優征〉のスピンオフ作品)「殺せんせーQ」が“最強ジャンプ(2015年11月号)”から始まり(松井優征は原作としてクレジット)、今回本誌への出張掲載となりました。

 ちなみに、渡邉築が本誌で連載中には青戸成がスタッフとして参加していたので、師弟コンビによる作品でもあります( <JC1巻買い> 「メルヘン王子グリム」 渡邉築参照)。


 内容の方は、「暗殺教室」とRPGが掛け合わされたスピンオフ漫画です。

 剣や魔法を習う魔法学校の通称『エンドのE組』は、それぞれ何らかのバグを抱えている落ちこぼれ生徒たちが集まるクラス。

 そんなE組の生徒たちが、なぜか魔王(殺せんせー)退治をまかされることに。

 魔王はバグにより“すばやさ”の数値が「99999」もあるため普通にやっても勝ち目はないことから、魔を弱体化する秘法を持つというエルフの女王を訪ねたところ、心清き者しか通れない門番エルフの結界に男子のほとんどが阻まれてしまい.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆『暗殺教室』×RPG!! 大人気スピンオフ
 特別出張読切9P!!


 【「殺せんせーQ(本誌出張版)」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2015.12.7(月)~12.13(日)
 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「松井優征」関連記事】

  > 「みんなのこち亀」 松井優征 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.11.21)

  > 「殺せんせーQ(2016年31号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.6.27)
  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「暗殺教室」 松井優征 <JC1巻買い> (12.11.2)
  > 「暗殺教室」 松井優征 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.6.30)

  > 「東京デパート戦争体験記」(ジャンプNEXT! 2011 SUMMER) (11.8.12)


 【「渡邉築」関連記事】

  > 「殺せんせーQ(2016年31号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.6.27)
  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.1.20)

  > 「恋するエジソン」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.2.1)
  > 「恋するエジソン」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.3.31)

  > 「重装思春機兵ティーンエイザー」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.11.21)

  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 <JC1巻買い>  (11.7.6)
  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.2.20)
  > 「メルヘン王子グリム(41号版)」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.9.13)
  > 「メルヘン王子グリム(19号版)」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.4.12)


【「青戸成」関連記事】

  > 「殺せんせーQ(2016年31号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.6.27)
  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「君色グラファー」(ジャンプNEXT! 2013 WINTER) (12.12.28)

  > 「すずもり。」(ジャンプNEXT! 2012 WINTER) (11.12.26)

  > 「MOMO伝記」(ジャンプNEXT! 2011 WINTER) (11.1.9)

  > 「デビル☆クラッチ」 青戸成 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.3.20)

  > 「×AMQ×」(赤マルジャンプ 2010 WINTER) (10.1.10)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2016年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎ステイヤーズS&金鯱賞(2015年)穴馬予想&結果

< 12月5日(土)に行われるスポーツニッポン賞ステイヤーズステークス(GII)金鯱賞(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス】

 中山の芝3600mで行われる重賞(GII)です。

 毎年なぜか12月になると当たりまくって(月間収支が)大幅プラスとなるものの、今年はすでに年間収支マイナスが巻き返し不可能な額となってしまっているので、まああまり気負わずにマイナスをちょっとずつ減らしていきたいですね。

 それでこの国内最長距離重賞ですが、そんな特殊な距離ということもあってか前走で条件戦を走った馬が約半数の7頭、前走の重賞で9着以下だった馬も7頭、つまり前走OPクラスで好走はおろか善戦した馬すらほとんどいない(重賞で馬券に絡んだメイショウカドマツフォルタモルガーナのみ)というメンバーなので、予想はかなり難しいです。

 こんな時は、安定感よりもよもやの一発が期待できる馬の方が面白そうだということで、展開に左右されやすい追い込み馬だけれど中山が得意&2200m以上で馬券圏内に何度も入っているヴァーゲンザイルを◎にしてみましょう。


  ◎ ヴァーゲンザイル / 吉田豊(13)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     アルバート      ムーア    1
 2着 7     カムフィー       横山典弘   7
 3着 1     トゥインクル      三浦皇成   4
 4着 3     マイネルメダリスト  柴田大知  13
 5着 5     ネオブラックダイヤ 秋山真一郎 6

11着 13 ◎ ヴァーゲンザイル  吉田豊    10


  (×複勝:13)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【金鯱賞】

 中京の芝2000mで行われる重賞(GII)です。

 ステイヤーズSとは逆にこちらは重賞常連馬がずらりと並ぶメンバーで、それはそれで混戦なので予想の難しさは変わりないですね。

 それでここは、成績の不安定さから狙いにくさはあるものの、今年だけでも重賞2着が2度あり、左回りの3着内率が高く、休み明けながら状態はかなり良さそうなマジェスティハーツを◎にしてみましょう。


  ◎ マジェスティハーツ / 森一馬 (6)


  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    ミトラ          柴山雄一 5
 2着 1     ディサイファ      四位洋文 1
 3着 2     サトノノブレス     和田竜二 4
 4着 11    マイネルフロスト   松岡正海 8
 5着 12    クラレント       田辺裕信 6

 9着 6  ◎ マジェスティハーツ 森一馬   9


 ステイヤーズS共々、キャプテン渡辺さんの本命馬だけは当てた(かぶった)んですけどねェ。

 そしてそのキャプテンは、メインの中で唯一重賞ではなかった阪神のレースだけ的中という(自分的には残念な)結果に.....。


  (×複勝:6)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/3    0.0%  -9,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/189  19.8% .-83,760円  85.5%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎浦和記念(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎チャンピオンズC(2015年)穴馬予想&結果

2015年12月 4日 (金)

「2016 本格ミステリ・ベスト10」

2016本格ミステリ・ベスト102016本格ミステリ・ベスト10
探偵小説研究会

原書房 2015-12-04
売り上げランキング : 1016

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 「このミス(このミステリーがすごい!)」「本ミス(本格ミステリ・ベスト10)」にランクインしそうな作品を予想・検討しながらミステリ小説を読んでいる自分にとって、「このミス」「本ミス」が発売されるこの時期は、年末を前にして早くも“一年の総決算”といった心持ちになるのですが、まずは「本ミス」の方が発売となりました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 と、ここで「このミス」と「本ミス」の違いを簡単に説明してみますと、「このミス」の対象となるのはミステリー&エンターテイメント小説で、すなわちこんなタイトルに関わらずミステリ作品だけが対象となっているわけではないのに対し、「本ミス」の方はそのタイトル通り、ミステリの中でも“本格ミステリ小説”に限定されたランキングなのです。

 なので、同じミステリ本のランキングでもその対象作品は異なるため、それぞれ独自のランキングが作られるので面白いのですが、それ故に「このミス」を予想するのと「本ミス」を予想するのとでは、読むべき作品も微妙に変わってくるのです(それぞれの投票者の好みなんかも違っていますし)。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 よって、これまで「このミス」の予想はしても「本ミス」の予想はしてこなかったのですが、今年こそは(余裕があれば)「本ミス」予想をするのに読み逃せない作品も読み、「本ミス」の予想も出来れば.....と思っていたものの、結局それは叶いませんでした.....。

 それでも来年は予想するかもしれないので、反省の意味も込めまして、一体「本ミス」にランクインした作品のうちどのくらい読んでいたのか、そしてもし「本ミス」予想するのであればどの本を読んでいたのだろうか、といったところを、ランキングと共にちょっと見てみたいと思います。

 とはいえ、ランクインした作品以上に売れてしまうという超ベストセラーな「このミス」と比べると、「本ミス」の方は知名度も売れ行きもかなりの差があるだろうことから、発売直後にランキングを丸ごと書いてしまうのはやはり躊躇してしまいます

 そのため、作品名等記入したランキングには1ヶ月後くらいに書き替えることにし、とりあえずは事前に読んでいた作品のみ“「このミス」完全読破”の通しNoと当ブログ記事へのリンクを付けるだけにしたいと思います。

 なので、書き替えるまでの間は面倒だと思いますが、「このミス」完全読破 読了順リストにて通しNoを照らし合わせたり、感想記事へのリンク先にてご確認ください(後日追記:書き換えました)。


 ○:事前に読んでいた作品
 ●:読みたかったけど(期間内に)読めなかった作品
 ▲:「本ミス」を予想するのであれば必ず読んでいたであろう作品
 ×:特に読むつもりはなかった作品
 *:「このミス」対象外(版元が宝島社)の作品

 *タイトル部分のリンク先は、Amazonの詳細ページ


  01位 : ○ ミステリー・アリーナ / 深水黎一郎  <感想記事はこちら>
  02位 : ○ 片桐大三郎とXYZの悲劇 / 倉知淳  <感想記事はこちら>
  03位 : ○ 王とサーカス / 米澤穂信  <感想記事はこちら>
  04位 : ○ オルゴーリェンヌ / 北山猛邦  <感想記事はこちら>
  05位 : ● その可能性はすでに考えた / 井上真偽  <感想記事はこちら>

  06位 : ○ 赤い博物館 / 大山誠一郎
  07位 : ○ 鍵の掛かった男 / 有栖川有栖  <感想記事はこちら>
  08位 : ● 東京結合人間 / 白井智之
  09位 : ● 死と砂時計 / 鳥飼否宇  <感想記事はこちら>
  10位 : ○ 星読島に星は流れた / 久住 四季  <感想記事はこちら>

  11位 : ○ 虹の歯ブラシ / 早坂吝  <<当ブログ感想記事>>
  12位 : ▲ ミネルヴァの報復 / 深木章子 
  12位 : ○ 戦場のコックたち / 深緑野分  <感想記事はこちら>
  14位 : ▲ 夕暮れ密室 / 村崎友
  15位 : ○ 新しい十五匹のネズミのフライ / 島田荘司

  16位 : ○ 化石少女 / 麻耶雄嵩  <<当ブログ感想記事>>
  17位 : ○ 聖母 / 秋吉理香子
  18位 : ○ 黒野葉月は鳥籠で眠らない / 織守きょうや  <感想記事はこちら>
  18位 : ○ さよならの手口 / 若竹七海  <感想記事はこちら>
  20位 : ▲ ストリート・クリスマス / 古野まほろ


  21位 : ● 中野のお父さん / 北村薫
  22位 : × 柘榴パズル / 彩坂美月
  23位 : ▲ 呪い殺しの村 / 小島正樹
  24位 : ▲ 交換殺人はいかが? / 深木章子
  25位 : ○ 人魚と金魚鉢 / 市井豊  感想記事はこちら
  25位 : ○ あぶない叔父さん / 麻耶雄嵩  <感想記事はこちら>

  27位 : ▲ 首なし男と踊る生首 / 門前典之
  28位 : ○ 絶望的 / 鳥飼否宇  <感想記事はこちら>
  28位 : ● 惑星カロン / 初野晴
  30位 : × 謎好き乙女と奪われた青春 / 瀬川コウ
  30位 : × さよならは明日の約束 / 西澤保彦

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 事前読んでいた作品数を、過去4年と比較してみますと、

  > 2010年版 : ベスト10→8作品、ベスト20→14作品、ベスト30→22作品

  > 2011年版 : ベスト10→8作品、ベスト20→14作品、ベスト30→21作品

  > 2012年版 : ベスト10→6作品、ベスト20→13作品、ベスト30→17作品
      *2012年版はベスト20が21作品(20位が2作品のため)

  > 2013年版 : ベスト10→5作品、ベスト20→13作品、ベスト30→21作品

  > 2014年版 : ベスト10→8作品、ベスト20→13作品、ベスト30→15作品
      *2014年版はベスト20が21作品(20位が2作品のため)

  > 2015年版 : ベスト10→7作品、ベスト20→12作品、ベスト30→16作品
      *2015年版はベスト30が31作品(30位が2作品のため)

  > 2016年版 : ベスト10→7作品、ベスト20→14作品、ベスト30→17作品
      *2016年版はベスト30が31作品(30位が2作品のため)


 というわけで、ベスト10は昨年と同数、ベスト20は昨年から2作増えて過去最多タイという結果に。

 21~30位は11作中読んでいたのはわずか3作しかありませんでしたが、読み終えていた対象作品数が年々減っていて、今年は「このミス」の対象候補作品さえ満足に読み終えることが出来なかったことを考えれば、少なくともベスト10&ベスト20に関しては上々の結果だったのではないでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 内容の方にも触れてみますと、今年はオールタイムベストなどの特集や特別な企画はなく、“そうだ!オススメのプロ 書店員さんに訊いてみよう!”という新コーナーが増えたくらいです。

 そして恒例のインタビューですが、今年は倉知淳早坂吝の2人で、法月綸太郎による「本格ミステリ作家クラブ便り」も3年連続で掲載されていましたが、毎年恒例で時には1人で2つのコーナーを担当することもあった市川尚吾(乾くるみ)のコラムが今年はなかったのが少々寂しかったですね(あとがきには名前とコメントが載っていますが)。

 ちなみに、3年前まで恒例だった「読者ランキング」(ネットで投票を受け付け)は今年も復活とはなりませんでした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2016年版」関連記事】

  > 「このミス2016年版」上半期のランクイン候補作品 (15.2.25)
  > 「このミス2016年版」下半期のランクイン候補作品 (15.8.28)

  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)

  > 「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想 (15.11.10)

  > 「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6 (15.11.24)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2015年) (15.11.27)

  > 「ミステリが読みたい!2016年版」 (15.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」 (15.12.3)
  > 「2016 本格ミステリ・ベスト10」 (15.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2016年版」 (15.12.8)

  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (15.12.10)
  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (15.12.11)
  > 「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (15.12.14)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2015年12月 3日 (木)

「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」

週刊文春 2015年 12/10 号 [雑誌]週刊文春 2015年 12/10 号 [雑誌]

文藝春秋 2015-12-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 年末恒例の四大ミステリランキングの一つ、「週刊文春ミステリーベスト10」(以下「文春」)の“ミステリーベスト10 2015年 国内部門”が発表されました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 この「文春」は、1977年スタートということで他のランキングよりも歴史が長く(次に長いのが「このミス」で1988年~)、そもそも「このミス」が作られたきっかけの一つが「文春」ランキングに対するアンチテーゼ的役割を担うためだったことからもわかるように、ミステリランキングの絶対的な権威として君臨していた時代がありました。

 しかし、「このミス」の知名度が上がるにつれて、いつの間にか権威は「このミス」へと継承され、かといって今度は「文春」「このミス」のアンチテーゼ的存在になるわけでもなく、結構似通ったランキングになることが多いので、近年の「文春」は中途半端な立ち位置となっている印象があります。

 とはいえ、「このミス」と対象期間も対象作品も同じでありながらも、売れっ子作家(東野圭吾等)やヒット作、江戸川乱歩賞受賞作(や受賞作家の作品)に票が集まりやすく、「このミス」と比べてマニア向けの作品に票が入りにくいという、「このミス」とは異なる特徴が見られます。

 なので、一般向けのミステリ系ランキングとしては、「このミス」よりも「文春」の方が参考になりそうな感じですね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 というわけで、今年の「文春」のランキングを見ていきたいのですが、ランクインしたうちのどのくらいの作品を事前に読んでいたのか、といったところもチェックしてみたいと思います。

 > 「ミステリーベスト10 2015年 国内部門」(週刊文春WEB) 参照

 ○:事前に読んでいた作品
 ●:読みたかったけど読めなかった作品
 ×:特に読むつもりはなかった作品

 タイトル部分のリンク先は、Amazonの詳細ページです

  01位 : ○ 王とサーカス / 米澤穂信  <感想記事はこちら>
  02位 : ○  / 東山彰良  <感想記事はこちら>
  03位 : ○ 戦場のコックたち / 深緑野分  <感想記事はこちら>
  04位 : ○ ミステリー・アリーナ / 深水黎一郎  <感想記事はこちら>
  05位 : ○ 鍵の掛かった男 / 有栖川有栖  <感想記事はこちら>

  06位 : ○ 片桐大三郎とXYZの悲劇 / 倉知淳  <感想記事はこちら>
  07位 : ○ 新しい十五匹のネズミのフライ / 島田荘司
  08位 : ○ 鳩の撃退法 / 佐藤正午  <感想記事はこちら>
  09位 : ○ キャプテンサンダーボルト / 阿部和重 伊坂幸太郎  <感想記事はこちら>
  10位 : ○ オルゴーリェンヌ / 北山猛邦  <感想記事はこちら>
  10位 : ○ さよならの手口 / 若竹七海  <感想記事はこちら>

  12位 : ○ 聖母 / 秋吉理香子
  13位 : ○ 赤い博物館 / 大山誠一郎
  14位 : ○ 孤狼の血 / 柚月裕子  <感想記事はこちら>
  15位 : ● その可能性はすでに考えた / 井上真偽  <感想記事はこちら>
  15位 : ● 中野のお父さん / 北村薫

  17位 : ○ ビッグデータ・コネクト / 藤井太洋  <感想記事はこちら>
  18位 : ○ 血の弔旗 / 藤田宜永  <感想記事はこちら>
  19位 : ○ 犬の掟 / 佐々木譲
  20位 : ○ 教団X / 中村文則  <感想記事はこちら>
  20位 : ○ ナオミとカナコ / 奥田英朗  <感想記事はこちら>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 これを書いている時点では「このミス」発売前なので、「このミス」との比較がまだ出来ない状況なのですが、今年は東野圭吾や薬丸岳や乱歩賞受賞作など「文春」で高評価を受けてきた作家の作品が軒並みランク外となっていたのが意外でした。

 そして、この「文春」ランキングが発表されるまでに未読だった作品は2作ということで、昨年の5作、一昨年の4作と比べてもかなり優秀な結果でしたが、未読だったのも時間があれば読みたかった2作だったので、今年はパーフェクト読破済みのチャンスでしたねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2016年版」関連記事】

  > 「このミス2016年版」上半期のランクイン候補作品 (15.2.25)
  > 「このミス2016年版」下半期のランクイン候補作品 (15.8.28)

  > 「このミス2016年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (15.10.2)

  > 「このミステリーがすごい!2016年版」ランキング(順位)予想 (15.11.10)

  > 「このミス2016年版」投票者なりきりベスト6 (15.11.24)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2015年) (15.11.27)

  > 「ミステリが読みたい!2016年版」 (15.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2015年)」 (15.12.3)
  > 「2016 本格ミステリ・ベスト10」 (15.12.4)
  > 「このミステリーがすごい!2016年版」 (15.12.8)

  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (15.12.10)
  > 「このミス2016年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (15.12.11)
  > 「このミス2016年版」ランクイン作品を事前に読んでしまおう!<反省会> (15.12.14)


  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2015年12月 2日 (水)

『戦場のコックたち』 深緑野分 > 「このミス」完全読破 No.862

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.862

 『戦場のコックたち』 深緑野分

   「このミス」2016年版 : 2位

   受賞(候補) : (「直木三十五賞」 候補)
            (「日本推理作家協会賞」 候補)
            (「大藪春彦賞」 候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ミステリが読みたい!」 2位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 3位
              「Twitter文学賞」 3位
              「本屋大賞」 7位
              「本格ミステリ・ベスト10」 12位
              「キノベス!」 12位

   読始:2015.11.26~ 読終:2015.12.2

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2015年8月>

戦場のコックたち戦場のコックたち
深緑 野分

東京創元社 2015-08-29
売り上げランキング : 56052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 深緑野分は、短編の「オーブランの少女」でミステリーズ!新人賞の佳作を受賞し(この時の正賞を受賞したのが美輪和音のNo.633「強欲な羊」)、受賞作を表題とした『オーブランの少女』で2013年にデビュー。

 すると、締め切りギリギリの10月発売だったことも影響してか「このミス」では28位とランクインまでわずかに届かなかったものの、(対象期間の違いにより)翌年度版の対象だった「ミステリが読みたい!(早ミス)」ではデビュー作ながらベスト10入りするほどの高評価を受けました。

 そしてそれに続くデビュー2作目となるのが本作ですが、これを書いている時点で唯一発表されている「早ミス」では前作からさらに順位を上げて2位にランクインするほどの大躍進を遂げているのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 舞台となるのはナチス・ドイツが周辺国を支配している第二次世界大戦末期のヨーロッパで、アメリカ陸軍のコック兵である"キッド"ことティモシー・コールの物語が描かれていきます。

 戦時中とはいえコック兵が主人公なので、激戦地からは離れた場所における話なのかと思ってしまいますが、コック兵が料理を行うのはまさに激戦地の真っ只中ですし、コックとしての作業を行っていない多くの時間は普通に一般兵として銃を手にし、時には危険な戦場の最前線で体を張ったりもするのです。

 なので、生と死が紙一重となる極限の戦場シーンや、敵国の兵士相手とはいえ人を殺さねばならないことへの葛藤、いくつもの窮地をくぐり抜けてきた仲間との青春友情物語、戦争が作り出す戦地や現地住民の悲惨でエグい惨状など、戦争を題材とした小説ならではの人間ドラマが圧倒的な迫力を伴って繰り広げられていくのですね。

 そこにさらに、そんな戦場なればこその"日常の謎"が章ごとに起きて探偵役が鮮やかに解き明かすというミステリ要素が加わることにより、単なる戦争物語に終わらないエンタメ的な面白さや多くの人が楽しめる読みやすさが生み出されていたように思います。

 そのため、本格ミステリ部分にのみ期待するような人だと物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、そうでないならば戦争&青春ドラマとミステリ要素とが絶妙に絡み合った圧巻の物語を骨の髄まで堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★★☆☆


 ☆☆★★★ : 本格ミステリ度
 ☆☆☆★★ : ビックリ驚愕度
 ★★★★ : 熱アクション度
 ☆☆★★★ : 鬼畜グログロ度
 ★★★★ : 主キャラ魅力度
 ★★★★ : 人間味ドラマ度
 ★★★★ : 感涙ウルウル度
 ☆☆☆★★ : 下ネタエッチ度
 ☆☆☆★★ : 衝撃バカミス度
 ☆☆★★★ : 気軽に読める度

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
   (★の数が少なくても面白くなかったということではありません)
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「絶望的 寄生クラブ」鳥飼否宇 <<< PREV/NEXT >>> 「死と砂時計」鳥飼否宇

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2015年12月 1日 (火)

◎浦和記念(2015年)穴馬予想&結果

< 12月2日(水)に行われる浦和記念(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬(の複勝)を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【浦和記念】

 浦和のダート2000mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 いよいよ2015年の最終月に入ったわけですが、そのタイミングで突然PCがネットに繋がらなくなってしまい、タブレットを使っていつもより時間を掛けて面倒くさく更新作業を行わないといけなくなったため、しばらくはこれまで以上にあっさりとした予想文になりそうです(最悪◎馬の名前を書くだけになるかも)。

 それでこのレースですが、昨年には地方馬が3着以内を独占したり、かつては12レース連続で連対していた後のGI・6勝馬のスマートファルコンが掲示板すら載れないなど、とにかく荒れる印象の強い交流重賞です。

 となれば、ここ最近の交流重賞での買い方である“(あえて1番人気馬を外した)単勝複数買い”が威力を発揮しそうなので、今回も迷わずこの買い方でいってみましょう。

 それで狙う馬ですが、ある程度オッズが固まらないことには決められないので、当日のレース30分前までにここに追記出来ればと考えています。


[ 追記 ]
 レース約30分前のオッズを確認したところ、ドコフクカゼが2倍台、ハッピースプリントが3倍台となっていましたが、ハッピースプリントは直前に2倍台に下がる可能性がありそうなので、3~5番人気を狙ってみましょう。

 それに昨年の1・3着馬も気になるものの、オッズ的に(昨年勝ち馬の)サミットストーンは狙えないので、単勝万馬券の(昨年3着馬)トーセンアレスのみ加えることに。


  ◎ マイネルクロップ / 丹内祐次(9)
  ○ ソリタリーキング / 戸崎圭太(11)
  ▲ ユーロビート / 吉原寛人(8)
  △ トーセンアレス / 今野忠成(6)


  << 単勝:◎○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5     ハッピースプリント 宮崎光行 2
 2着 7     サミットストーン   石崎駿  6
 3着 11 ○ ソリタリーキング   戸崎圭太 4
 4着 2     ドコフクカゼ      四位洋文 1
 5着 6  △ トーセンアレス    今野忠成 9

 7着 9  ◎ マイネルクロップ  丹内祐次 5


  (×単勝:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額   回収率

☆15年12月  .>  0/1    0.0%  -3,000円   0.0%

☆15年通算   > 38/187  20.3% .-68,760円  87.7%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ジャパンC&京阪杯(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎金鯱賞&ステイヤーズS(2015年)穴馬予想&結果

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ