サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「第10回 J金未来杯」エントリー作品の中で一番面白かった作品を決める投票を実施中です | トップページ | 「バナナマンのバナナムーンGOLD」 曲対決リスト(2015年9-12月) »

2015年9月 8日 (火)

『透明カメレオン』 道尾秀介 > 「このミス」完全読破 No.827

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.827

 『透明カメレオン』 道尾秀介

   「このミス」2016年版 : 59位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
                 (小説ランキング) 34位

   読始:2015.7.23~ 読終:2015.8.1

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2015年1月>

透明カメレオン透明カメレオン
道尾 秀介

KADOKAWA/角川書店 2015-01-30
売り上げランキング : 44136

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 道尾秀介は、終盤にどんでん返しのあるミステリ作品を次々と発表し、「このミス」を始めとした年末恒例ミステリランキングの常連となっていました。

 しかし、2010年のNo.294「球体の蛇」以降は、どんでん返しがなくなったどころかミステリ要素自体が控えめとなり、エンタメというよりも文芸小説の方が近いような作風へガラリと変化したのです。

 ただ本作は、作家生活10周年記念作品ということもあってか、“作家になってから初めて自分のためではなく読者のために”書いたそうで、そんなコメントが表すようにエンタメ小説の面白さが贅沢に詰め込まれた作品でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 主人公は美声の持ち主ながらそれに似合わぬ冴えない容姿にコンプレックスを抱えているラジオパーソナリティの桐畑恭太郎で、行き付けのバー「if」でママや常連たちと楽しい一時を過ごすのが日課となっています。

 しかしそんな恭太郎たちは、ある日偶然店に迷い込んで来た三梶恵に弱みを握られてしまったため、恵が計画する危険な作戦に参加させられてしまうのですね。

 恭太郎ら常連たちの会話ややり取りは読んでいるこちらまで楽しくなるほどにコミカルで面白いですし、恵が素性を明かさず計画の目的についても(恭太郎たちに)教えないので真相が気になる謎が作品全体を覆っていますし、アクションシーンあり、終盤でのサプライズありと、やはりエンタメ的な魅力に満ち溢れた内容となっていました。

 しかもそれだけでなく、“if”や“嘘”をキーワードとして、心に染み入ったり気持ちを揺さぶられたりするようないくつものエピソードが(主人公がラジオパーソナリティだからこその演出で)描かれていくなど、ドラマ性の面でも深い読み味があります。

 ただ、主人公たちが参加させられる計画の目的が不明なこともあってか途中までは物語の軸が分かりづらくて手応えを掴みにくい感じですし、終盤のサプライズも世界観が一変するような分かりやすいどんでん返しというタイプでもないので、No.117「カラスの親指」No.58「片眼の猿」などかつての(本作と似たタイプの)エンタメとして完成度の高かった作品と同様のものを期待してしまうとあまり良い感想にならないかもしれません、

 とはいえ、終盤のサプライズにより(辛く悲しい物語に希望の一筋が灯されるという)『球体の蛇』以降の作品で描かれてきたテーマ性が感動的に浮かび上がってくることからも、文芸期を経た今だからこそ書くことの出来た新たな道尾エンタメ作品だと思うので、ミステリ期と文芸期のどちらか一方のみの道尾作品が好きだという人よりは、どちらの道尾作品も好きな人の方が本作を大いに堪能し感動できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★     鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★★    おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★★     .主キャラ魅力度 : ★★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★★     人間味ドラマ度 : ★★★
 下ネタエッチ度 .: ★★★    .感涙ウルウル度 : ★★★★
 衝撃バカミス度 : ★★★     気軽に読める度 : ★★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “道尾秀介” 関連記事 】

  > No.947 「サーモン・キャッチャー the Novel」
  > No.827 「透明カメレオン」
  > No.749 「貘の檻」

  > No.682 「鏡の花」
  > No.617 「笑うハーレキン」
  > No.583 「ノエル -a story of stories-」
  > No.546 「光」
  > No.498 「水の柩」

  > No.432 「カササギたちの四季」
  > No.396 「月と蟹」
  > No.340 「月の恋人~Moon Lovers~」
  > No.312 「蝦蟇倉市事件 1」
  > No.311 「光媒の花」

  > No.294 「球体の蛇」
  > No.233 「花と流れ星」
  > No.186 「龍神の雨」
  > No.169 「鬼の跫音」
  > No.121 「ラットマン」

  > No.117 「カラスの親指」
  > No.097 「ソロモンの犬」
  > No.058 「片眼の猿」
  > No.049 「シャドウ」
  > No.041 「向日葵の咲かない夏」


 「淵の王」舞城王太郎 <<< PREV/NEXT >>> 「王とサーカス」米澤穂信

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 「第10回 J金未来杯」エントリー作品の中で一番面白かった作品を決める投票を実施中です | トップページ | 「バナナマンのバナナムーンGOLD」 曲対決リスト(2015年9-12月) »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ