サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「このミス2016年版」月別ランクイン候補作品(2015年5月) | トップページ | ◎アンタレスS&中山グランドJ(2015年)穴馬予想&結果 »

2015年4月17日 (金)

「そばのせんす」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2

ジャンプNEXT!!2015 Vol.2 2015年 6/10 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊ジャンプNEXT!!2015 Vol.2 2015年 6/10 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

集英社 2015-05-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2015 vol.2”(5月1日<金>発売)に掲載の読切作品が、「そばのせんす」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の寺坂研人(てらさか・けんと)は、「そばのせんす」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年11月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集・井坂)。


 内容の方は、根暗&ヤンキーコンビの学園青春落語漫画です。

 クラスで地味な存在の佐藤志緒(男)は、文化祭のクラスの出し物を決める際に嫌がらせで(趣味である)落語をやるよう提案され、今から皆の前で落語をやって見せないといけない状況に。

 嫌々ながら一席披露したところ、突然教室に停学中のヤンキー・鴨居葱司が入って来て、佐藤が創った落語の噺を褒める一方で話し方については強烈にダメ出し。

 実は鴨居は(佐藤が大ファンである)集英亭小いち師匠の孫で、鴨居自身も天才的な表現力を持っていることから、文化祭では佐藤と鴨居がコンビを組んで落語を披露することになったが.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆落語にかけた 青春の幕、上がる。

☆第89回トレジャー新人漫画賞佳作&グランドトレジャー賞受賞作
  青春落語グラフィティ読切45P!!


 【「そばのせんす」を読んでの感想は?】
  アンケート投票期間:2015年5月1日(金)~5月17日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.2」の中で面白かった読切作品は?】
  アンケート投票期間:2015年5月1日(金)~5月17日(日)

  * 3作品以内で選択してください

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “知人(漫画家)への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「寺坂研人」関連記事】

  > 「RINGO」 寺坂研人 > ジャンプGIGA新連載! (16.6.17)
  > 「リンゴ。」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.16)

  > 「そばのせんす」 寺坂研人 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.17)


 【「ジャンプNEXT!! 2015 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2015 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (15.4.16)

  > 「魔女の13」 春田隆行 (15.4.23)
  > 「取月探偵事件録」 典村典弘 (15.4.26)
  > 「GALAXY GANGS」 馬上鷹将 (15.4.24)

  > 「人類最強拳伝 アタタ」 濱康太 (15.4.27)
  > 「ダンスウィズミー!!!」 青沼裕貴 (15.4.14)
  > 「No.9」 芥見下々 (15.4.13)

  > 「もののけ番長ムラマサ」 山田金鉄 (15.4.28)
  > 「DEAD-end-HOST」 今日和老 (15.4.6)
  > 「オニガリ」 中島真 (15.4.15)

  > 「首竹君の異常能力学園」 典村典弘 (15.4.30)
  > 「百神一首」 アラビア吾朗 (15.5.1)
  > 「そばのせんす」 寺坂研人 (15.4.17)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2015年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 「このミス2016年版」月別ランクイン候補作品(2015年5月) | トップページ | ◎アンタレスS&中山グランドJ(2015年)穴馬予想&結果 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ