サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「ダンスウィズミー!!!」 青沼裕貴 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 | トップページ | ◎マリーンC(2015年)穴馬予想&結果 »

2015年4月14日 (火)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2015年5-6月)

 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別(2ヶ月ごと)にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2015年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2015年 5月 発売 】


  オーダーメイド殺人クラブ / 辻村深月  <<当ブログ感想記事>>

 << 2012年版 19位 >>  ・「ミステリが読みたい!」 8位
                 ・「週刊文春ミステリーベスト10」 15位

 ★ クラスで上位の「リア充」女子グループに
   属する中学二年生の小林アン。
   死や猟奇的なものに惹かれる心を隠し、
   些細なことで激変する友達との関係に悩んでいる。
   家や教室に苛立ちと絶望を感じるアンは、
   冴えない「昆虫系」だが自分と似た美意識を感じる
   同級生の男子・徳川に、
   自分自身の殺害を依頼する。
   二人が「作る」事件の結末は―。
   少年少女の痛切な心理を直木賞作家が丹念に描く、
   青春小説。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  鮫島の貌 新宿鮫短編集 / 大沢在昌  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 34位 >>

 ★ 「新宿鮫」「毒猿」「屍蘭」「無間人形」「炎蛹
   「氷舞」「灰夜」「風化水脈」「狼花」「絆回廊
   に続く“新宿鮫シリーズ”の11作目
   (1作目が1991年版1位、2作目が1992年版2位、
    3作目が1994年版15位、4作目が1994年版16位、
    6作目が1998年版10位、9作目が2007年版4位、
    10作目が2012年版4位にランクイン)

 ★ 新宿署に異動直後、
   上司となる桃井と鮫島との出会い。
   飛び降り自殺を図ろうとした少年と関わる晶。
   鮫島の宿敵・仙田、鑑識官の藪…。
   シリーズに登場する個性的な人物たちの
   意外なエピソードから、
   人気コミックの主人公である
   両津勘吉や冴羽獠(りょう)との共演まで。
   孤高の刑事・鮫島の知られざる一面が
   垣間見える短編が勢揃い。
   「新宿鮫」にしかない魅力が凝縮された全10作品。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの5月文庫化作品 >>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2015年 6月 発売 】


  幽女の如き怨むもの / 三津田信三  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 4位 >>  ・「ミステリが読みたい!」 1位
                ・「本格ミステリ・ベスト10」 4位
                ・「週刊文春ミステリーベスト10」 10位
                ・「黄金の本格ミステリー」 選出

 ★ 「厭魅の如き憑くもの」「凶鳥の如き忌むもの」
   「首無の如き祟るもの」「山魔の如き嗤うもの
   「密室の如き籠るもの」「水魑の如き沈むもの
   「生霊の如き重るもの
   に続く“刀城言耶シリーズ”の8作目
   (3作目も2008年版5位、4作目も2009年版8位、
    6作目も2011年版7位にランクイン)

 ★ 十三歳で遊女となるべく売られた少女。
   “緋桜”と名付けられ、身を置いた世界は
   苦痛悲哀余りある生き地獄だった。
   戦前、戦中、戦後、
   三つの時代の謎の身投げの真相は
   “幽女”の仕業か、何者かの為せる業か。
   謎と怪異に満ちる地方の遊郭を舞台に、
   ミステリランキングを席巻した
   “刀城言耶”シリーズ第六長編、
   文庫降臨。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  リカーシブル / 米澤穂信  <<当ブログ感想記事>>

 << 2014年版 7位 >>  ・「本格ミステリ・ベスト10」 10位
                ・「ミステリが読みたい!」 15位
                ・「週刊文春ミステリーベスト10」 18位

 ★ 越野ハルカ。
   父の失踪により母親の故郷である
   坂牧市に越してきた少女は、
   母と弟とともに
   過疎化が進む地方都市での生活を始めた。
   たが、町では高速道路誘致運動の闇と
   未来視にまつわる伝承が入り組み、
   不穏な空気が漂い出す。
   そんな中、弟サトルの言動をなぞるかのような
   事件が相次ぎ……。
   大人たちの矛盾と、
   自分が進むべき道。
   十代の切なさと成長を描く、
   心突き刺す青春ミステリ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  双頭のバビロン(上・下) / 皆川博子  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 12位 >>  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 12位

 ★ 世紀末ウィーンに生まれた
   貴族の血を引く双生児、ゲオルクとユリアン。
   だが、前者は名家の跡取りとして陸軍学校へゆき、
   後者は存在を抹消され、
   ボヘミアの廃城で世間から隔絶され育てられる。
   やがて、ある事件からゲオルクは故郷を追われ、
   野心と欲望の都市ハリウッドで
   映画制作の道に足を踏み入れるが……
   動乱の1920年代、
   西洋と東洋の魔都で繰り広げられる、
   壮麗なる運命譚。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  神の棘(1・2) / 須賀しのぶ  <<当ブログ感想記事>>

 << 2011年版 13位 >>  ・「ミステリが読みたい!」 10位

 ★ 家族を悲劇的に失い、
   神に身を捧げる修道士となった、マティアス。
   怜悧な頭脳を活かすため、
   親衛隊に入隊したアルベルト。
   寄宿舎で同じ時を過ごした旧友が再会したその日、
   二つの真の運命が目を覚ます。
   独裁者が招いた戦乱。
   ユダヤ人に襲いかかる魔手。
   信仰、懐疑、友愛、裏切り。
   ナチス政権下ドイツを舞台に、
   様々な男女によって織りなされる、
   歴史オデッセイ。
   全面改訂決定版。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  命に三つの鐘が鳴る 埼玉中央署 新任警部補・二条実房 / 古野まほろ  <<当ブログ感想記事>>

 << 2012年版 31位 >>  ・「本格ミステリ・ベスト10」 11位

 ★ かつて学生運動に身を投じ、
   いまはキャリア警察官として
   埼玉中央署に勤務する二条実房。
   ある日、二条のもとを元同志であり
   現役の非合法活動家である我妻雄人が訪れ、
   自分の恋人である活動家の佐々木和歌子を
   電車内で殺害したと自首する。
   だが、我妻は動機を一切語ろうとしない。
   親友として、和歌子のかつての恋人として、
   なによりも真相のため
   二条は我妻と対峙する!

   * 『命に三つの鐘が鳴る Wの悲劇'75』を改題

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ナイト&シャドウ / 柳広司  <<当ブログ感想記事>>

 << 2015年版 32位 >>

 ★ 世界最強の警護官集団
   「シークレットサービス」での研修のため
   渡米したSP首藤は初日、
   フォトジャーナリストの美和子と出会う。
   国際テロ組織が大統領暗殺を予告し緊張が走るなか、
   美和子が誘拐される。
   首藤は相棒バーンと共に警護を完遂し、
   彼女を助け出すことができるのか。
   圧巻のボディガードミステリ。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  何 者 / 朝井リョウ

 << 2014年版 35位 >>

 ★ 就職活動を目前に控えた拓人は、
   同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。
   光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。
   瑞月の留学仲間・理香が
   拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、
   理香と同棲中の隆良を交えた5人は
   就活対策として集まるようになる。
   だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする、
   本音や自意識が、
   彼らの関係を次第に変えて……。
   直木賞受賞作。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  確 証 / 今野敏  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 37位 >>

 ★ 都内で起きた強盗事件と窃盗事件。
   警視庁捜査3課で盗犯捜査ひと筋の萩尾秀一は、
   ふたつの事件には繋がりがあるとして、
   部下の武田秋穂とともに捜査を始める。
   捜査1課との軋轢や駆け引きの中で、
   ベテランの萩尾は何を見て、
   若い秋穂は何を考えるのか。
   「継続」と「ひらめき」が融合した円熟の警察小説、
   待望の文庫化。
   連続テレビドラマ原作。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  幸 SACHI / 香納諒一  <<当ブログ感想記事>>

 << 2014年版 40位 >>

 ★ 不法侵入の通報を受けた海坂署の寺沢恒彦は、
   早朝、商店街の弁当屋へ駆けつけた。
   不法侵入者は、認知症を患う老女だった。
   新しい相棒・一ノ瀬明子と捜査を進めていくうちに、
   老女には哀しい秘密が
   隠されていることが明らかになっていく。
   やがて現在と過去の殺人事件が複雑に絡み合って…。
   出世コースから外れた理由ありな二人が、
   ささやかで愛しい「幸せ」と
   人間の尊厳を守るために難事件に挑む、
   著者渾身の長篇警察小説、
   遂に文庫化。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの6月文庫化作品 >>

  禁断の魔術 / 東野圭吾  <<当ブログ感想記事>>
  * 単行本版『禁断の魔術』収録の「猛射つ」を長編にして単独文庫化
  フライ・バイ・ワイヤ / 石持浅海  <<当ブログ感想記事>>
  新月譚 / 貫井徳郎  <<当ブログ感想記事>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2015年7-8月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2015年3-4月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 「ダンスウィズミー!!!」 青沼裕貴 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 | トップページ | ◎マリーンC(2015年)穴馬予想&結果 »

01.「このミス」完全読破(ミステリ小説)」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ