サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« ◎阪神大賞典&スプリングS(2015年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「終わりのセラフ(2015年出張番外編)」 鏡貴也 山本ヤマト 降矢大輔 > 週刊少年ジャンプ読切! »

2015年3月22日 (日)

☆ 鳥栖戦・データボックス>2015年J1リーグ1st第3節(マリノス・データ・バンク)

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ☆ 3/22(日) J1リーグ 1stステージ 第3節・サガン鳥栖戦 (ニッパツ)

  ○1-0 (前半0-0、後半1-0)

  主審:家本政明  入場者数:13,529人

  .<得点> 1-0 兵藤慎剛  (横浜・後半36分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 齋藤学が、Jリーグ通算150試合出場(J2も含む)を達成しました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時公式戦通算300試合出場達成にリーチとなりました。

 栗原勇蔵が、マリノス所属時公式戦通算393試合出場となり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代3位タイとなりました。

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦通算165試合出場となり、榎本達也(97-06)を抜いてマリノス歴代単独25位となりました。

 齋藤学が、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代30位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 兵藤慎剛が、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(99-00,03-04)と並びマリノス歴代11位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】

 この試合を終えて、リーグ戦ホームの通算観客動員数が799万5944人となったため、4月14日(日)に行われるJ1リーグ1stステージ第5節・ベガルタ仙台戦(日産ス)の観客動員数が4,056人以上だとリーグ戦ホーム観客動員通算800万人を突破します。


 観客動員 > 13,529人

  > サガン鳥栖戦ランキング ベスト・4位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、チャンピオンシップ)

  <観客動員ファイル>  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 1stステージ第3節 終了時 : 13位 (前節 16位)
         < 1勝 1分 1敗  勝点 4 得点 2 失点 3 得失点差 -1 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (Jリーグ公式) 「横浜FMと鳥栖の激しい守備合戦
             一瞬の隙を突き、横浜FMがリーグ戦初勝利

 (ゲキサカ) 「横浜FMが兵藤弾で初白星…鳥栖が敗れ、全勝チームは消滅

 (ゲキサカ) 「初白星もたらす決勝弾…横浜FM兵藤「チームの雰囲気が変わる」

 (ゲキサカ) 「最前線で奮闘中、横浜FM齋藤「サポーターの力が僕たちの力になる」

 (ドメサカブログ) 「兵藤決勝ゴールでマリノスが今季初勝利!
              鳥栖が敗れ全勝チーム消える


 (カナロコ) 「兵藤が鳥栖に決勝点

 (カナロコ) 「榎本がビッグセーブ/鳥栖戦から

 (スポニチ) 「鳥栖に土付けた!モンバエルツ監督初白星「自信与えられる」

 (日刊スポーツ) 「先手必勝!横浜、トスに勝ち風上選択→鳥栖に勝利

 (スポーツ報知) 「モンバエルツ監督初勝利「結果を出せたことは自信」

 (サンスポ) 「」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > ☆ 鳥栖戦・プレビュー>2015年J1リーグ1st第3節


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« ◎阪神大賞典&スプリングS(2015年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「終わりのセラフ(2015年出張番外編)」 鏡貴也 山本ヤマト 降矢大輔 > 週刊少年ジャンプ読切! »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ