サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【MDB式“2014年プレシーズン・松本戦”データボックス】 | トップページ | 邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト(2015年3月) »

2015年2月22日 (日)

◎小倉大賞典&フェブラリーS(2015年)穴馬予想&結果

< 2月22日(日)に行われる小倉大賞典(GIII)フェブラリーステークス(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【小倉大賞典】

 小倉の芝1800mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 12月・1月と馬券的に好調で、予想していても当たる予感しかしなかったものの、2月に入ったら全く(1レースも)当たらなくなり、途端に予想をしていても“よっぽど運が良くないと当たらないんじゃないのか?”としか思えなくなってしまうのだから不思議なもんですね。

 それで今年最初の中央GIの前にまずこのレースを当てておきたいところですが、ここはアロマティコを◎にしてみましょう。

 この馬は主に牝馬重賞を使われていて、前々走のGI・エリザベス女王杯では最速タイの上がりを出しながら8着となるなど“差し/追い込み”という脚質ならではの“展開に左右されやすさ”があるので、◎として狙うのは一か八かな感じがあります。

 とはいえ、3年前の秋華賞と2年前のエリザベス女王杯で3着に入るなどGIでの好走歴がありますし、昨年もオールカマーで0.1秒差5着、OPの巴賞を勝つなど、牡馬を相手にも互角の勝負を見せているどころか、古馬になってからは一度も掲示板を外していないなど逆に牡馬混合戦の方が安定して好走しているのです。

 それに何といっても昨年のこのレースで2着馬と0.1秒差の5着(上がり最速)と好走した実績があるので、ここでの好勝負は必至なのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ アロマティコ / 藤岡康太 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     カレンブラックヒル  秋山真一郎 3
 2着 2     コスモソーンパーク 丹内祐次   6
 3着 1     ダコール        藤岡佑介  11
 4着 10    キャトルフィーユ   バルジュー  5
 5着 13    マイネルミラノ    柴田大知   7

10着 3  ◎ アロマティコ      藤岡康太   8


 ◎アロマティコは、1頭だけポツンの最後方からの競馬となりましたが、直線だけで上位争いに加わるほどの伸び脚はありませんでした.....。

 そして今年に入ってからの恒例となりつつあるのですが、またもや最後の選択で外した方が馬券圏内、しかも今回に至っては最後に残った◎候補3頭のうち選ばなかった2頭が2・3着という結果だったので、なんか悔しさを通り越して魂が抜けたような状態になってしまいました.....。


  (×複勝:10)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【フェブラリーステークス】

 東京のダート1600mで行われる重賞(GI)です。

 今年最初の中央GIなので、幸先良く当てて勢いに乗りたいところです(その前に悪い流れを止める方が先決なのかもしれませんが)。

 ただ中央ダート重賞はただでさえいつも力差があまりない混戦状態になりやすいのに、今年はダートGI連勝中のホッコータルマエが参戦しないこともありさらに混戦となっているので、このレースを当てるのは本当に難し過ぎますね。

 ただそういう時は意外と過去の傾向通りに決まったりするものでして、穴馬を中心に過去のレースを見てみたところ、(共に交流GIである)東京大賞典と川崎記念からの巻き返し馬(2着以下だった馬が人気を下げつつも好走)の割合が高いことがわかります。

 というわけでここは、ワンダーアキュートを◎にしてみましょう。

 この馬は(交流GIも含む)ダートGIの常連で、2012年11月から2014年11月までの14レース(そのうちGIは13レース)の中で馬券圏を外したのは1レースのみとかなり高レベルでの安定感を長い期間保っていたのですが、ここ2走は馬券に絡めず、前走・東京大賞典に至っては掲示板にすら載れず(7着)、しかも今年で9歳となるので、急激に人気を落としているのも頷けます。

 とはいえ、このレースで2度の好走(どちらも3着)を含むこれだけのGI実績はやはり魅力ですし、前々走のチャンピオンズCなども後方から大きく外を回りながらも(先行&内コースの恩恵を受けた)上位馬に迫っての5着となった走りを見ても力が急激に落ちたとは思えません。

 それに、3年連続馬券圏内が叶わなかった昨年のこのレース(0.5秒差6着)でも直線で前が開かない不利がなければ確実に3着には来ていましたし、このレースで来る穴馬のもう一つの傾向(2年前の2着馬・エスポワールシチーや3年前の1着馬・テスタマッタなど同レース実績馬の再好走)にも合っていますからね。

 前走の凡走だけは理由が分からず不安であるものの、前走・東京大賞典5着からこのレースで9番人気2着と巻き返した2年前(当時8歳馬)のエスポワールシチーの再現となる可能性は大いにあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ワンダーアキュート / ベリー (13)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     コパノリッキー     武豊    1
 2着 14    インカンテーション  内田博幸 5
 3着 10    ベストウォーリア   戸崎圭太 3
 4着 7     グレープブランデー 北村宏司 11
 5着 1     ローマンレジェンド  岩田康誠 4

 9着 13 ◎ ワンダーアキュート  ベリー   10


 ◎ワンダーアキュートは、果敢に先行の位置を取りに行ったので“これで脚を余すことはなさそうだぞ”と期待は高まったのですが、按上が手綱をしごき続けているのにポジションが下がるくらいの手応えのなさで、直線でもジワジワとは伸びているとはいえいつものような切れ味はありませんでした.....。

 まあ言い訳をしますと、“混戦の時は意外と過去の傾向通りに決まる”と考えた時にまず狙いをつけたのがフェブラリーSでの有名なジンクスである“前年のマイルCS南部杯とのリンク”で、そこから勝ち馬であるベストウォーリアに注目したものの、意外と人気していて穴馬として狙えなかったのです.....。

 そしてこれで16レース連続不的中となり、昨年12月~今年1月が好調だった反動もあり気分はどん底でモチベーションもがた落ちとなっているのですが、(昨年の11月も全く当たらなかったことを思い返してみても)こんな時期が来てしまうのは仕方ないようなので、まあそのうち自然とトンネルを抜けるだろうと気楽にやっていくしかないですね。


  (×複勝:13)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

            的中数  的中率   収支額    回収率

☆15年2月   > 0/14   0.0%  -42,000円   0.0%

☆15年通算   > 5/28  17.9%  -31,200円   62.9%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ダイヤモンドS(2015年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎フジノウェーブ記念 (2015年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

« 【MDB式“2014年プレシーズン・松本戦”データボックス】 | トップページ | 邦楽CD(シングル&アルバム)発売日別リスト(2015年3月) »

05.競馬(穴馬)予想」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ