サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「ゾネス先生ブチ殺すっ!!」 谷園とものぶ > ジャンプNEXT!! 2014 vol.6 | トップページ | ◎カペラS&阪神JF(2014年)穴馬予想&結果 »

2014年12月13日 (土)

◎チャレンジC(2014年)穴馬予想&結果

< 12月13日(土)に行われるチャレンジカップ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チャレンジカップ】

 阪神の芝1800mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 昨年までは朝日チャレンジカップとして行われていましたが、今年から朝日杯フューチュリティSが阪神に舞台を移すことになったため、こちらのレースは“朝日”が獲れた名称へと変更。

 今年から重賞に格上げとなった京都2歳S、今年から舞台と名称が変更となったチャンピオンズカップなど、ここ最近は初物レースを的中出来ているので、その流れに乗ってここも当てたいところですね。

 注目となるのはデビューから無傷の5連勝中で初重賞挑戦となるエイシンヒカリですが、前走などは大逃げして直線ではコースの最内から大外まで斜めに走りながら勝ってしまったという規格外の馬なので、ここも勝利してさらなる期待を高めてほしいものです。

 ただ人気も高いのでこの馬はもちろん狙わず、ここはこれを書いている時点で11頭中10番人気のマコトブリジャールを◎にしてみましょう。

 この馬はオープンクラスでまだ馬券に絡んだことがなく、今年に入ってからも馬券に絡んだのは1600万下を勝利した2レースのみなのですが、その2レースが共に今回と同じ阪神1800m(今年阪神で走ったのはこの2レースのみ)ということで阪神コースとの相性は抜群です。

 それに前走のオープン・カシオペアSでは8着ながら0.4秒差で、今回は勝ったウインフルブルームとは3kg、2着(0.3秒差)のアズマシャトルとは2kg斤量面で有利となりますし、前走から斤量2kg減となるのは馬体重が軽いこの馬にとって影響は大きそうです。

 ただやはり今回はメンバーが揃っているので馬券に絡んで来るほどに好走するのは正直難しいだろうな~と思うし、東スポの助手コメントもかなり弱気なので厳しそうではあるものの、阪神との相性と軽ハンデで一発ありそうな感じもするので、外れ覚悟の意気込みで思い切ってこの馬に期待してみることにしました。


  ◎  マコトブリジャール / 秋山真一郎 (9)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     トーセンスターダム 武豊     5
 2着 5     デウスウルト     川田将雅  9
同2着 11    フルーキー      浜中俊    2
 4着 8     アズマシャトル    和田竜二  6
 5着 7     ダイワマッジョーレ ビュイック  7

 7着 9  ◎ マコトブリジャール 秋山真一郎 4


 ◎マコトブリジャールは2番手先行して直線でも粘っていたのですが、同じように前に行ったエイシンヒカリとウインフルブルームの人気馬2頭がどちらも掲示板外に沈む展開となっては厳しかったですねェ。


  (×複勝:9)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数  的中率   収支額    回収率  

☆14年12月   > 2/6   33.3%    +300円  101.7% 

☆14年通算   > 44/199 22.1%  -29,650円   95.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ゴールドC(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎カペラS&阪神JF(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

« 「ゾネス先生ブチ殺すっ!!」 谷園とものぶ > ジャンプNEXT!! 2014 vol.6 | トップページ | ◎カペラS&阪神JF(2014年)穴馬予想&結果 »

05.競馬(穴馬)予想」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ