サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« ◎ホープフルS&有馬記念(2014年)穴馬予想&結果 | トップページ | ◎東京シンデレラマイル(2014年)穴馬予想&結果 »

2014年12月29日 (月)

◎東京大賞典(2014年)穴馬予想&結果

< 12月29日(月)に行われる東京大賞典(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京大賞典】

 大井のダート2000mで行われる交流重賞(GI)です。

 ダート競馬を締めくくる暮れのグランプリレースですが、ここ数年はメンバーのレベルの差がかなりあったので“どの馬を選ぶのか”よりも“どのように買うのか”が予想の大部分を占めていました。

 しかし今年は、中央馬6頭中5頭が年内にGI(JpnI)で好走していて、今年の交流重賞で馬券に絡んだ地方馬が3頭もいて、さらに外国馬の参戦もあるなど、有馬記念に呼応するかのようにこちらの方も豪華なメンバーがずらりと揃いました。

 そのため予想にも力が入るのですが、自分の交流重賞における予想は、中央重賞などと同じように穴馬(複勝が最低でも2倍以上付く馬)の複勝1点勝負か、最近取り入れるようになった単勝複数買い(複数頭買っても総賭け金の2倍以上になるように単勝オッズの馬を複数選んで資金を振り分け)のどちらかとなっています。

 まず穴馬複勝勝負ですが、今年は(フリオーソなどの特例を除けば)例年以上に交流GIでも好走しそうな南関馬が複数いるものの、馬券に絡むには中央の上位5頭のうち3頭に先着しないといけないと考えればその可能性はさすがに低そうだし、中央馬上位5頭も複勝2倍以上付かなそうなので、一か八かの賭けに出ないのであれば複勝勝負は厳しそうです。

 次に単勝複数買いですが、これを書いている時点でのオッズを参考にすると、前走のチャンピオンズCで復活を遂げた昨年の覇者・ホッコータルマエと、今年のダートGIで3勝2着1回のコパノリッキー、この2頭を外さないといけないため、普通の交流重賞で1・2番人気馬が負けることを期待するよりも当たる確率は遥かに低いので、外れる覚悟でいかない限りはこの単勝複勝買いも厳しいですね。

 なのでここは、ホッコータルマエからワンダーアキュートローマンレジェンドの2頭に流した馬複勝負でいってみたいと思います。

 まあコパノリッキーを外したこと以外は穴狙いでもなんでもない普通の予想ではありますが、年間回収率100%超えを狙うに当たって、このレースを当てて少しでもマイナスを減らしたうえで残りの東京シンデレラマイル&東京2歳優駿牝馬に挑みたいという思惑もあり、無難な方に逃げたわけではないのだけれど、当たればラッキー予想でいくよりも当たる確率が少しでも高そうな予想にしてみました。

 なお、レース前までにオッズが大きく変動したような場合は組み合わせ(相手馬や軸など)を変えるかもしれません。


  ◎ ホッコータルマエ / 幸英明 (6)
  △ ワンダーアキュート / 武豊 (14)
  △ ローマンレジェンド / 岩田康誠 (16)

  << 馬複:◎-△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  ◎ ホッコータルマエ  幸英明   1
 2着 7     コパノリッキー    田辺裕信 2
 3着 13    サミットストーン   石崎駿   8
 4着 12    ハッピースプリント 吉原寛人 6
 5着 16 △ ローマンレジェンド 岩田康誠 4


 馬複のオッズが下がってしまったので、ホッコータルマエからの馬単流し(相手は同じ)に変更しました。

 レースは◎ホッコータルマエが危なげなく完勝という結果に終わりましたが、ローマンレジェンドとワンダーアキュートはどちらも直線で伸びて来ず、変わって南関のサミットストーンとハッピースプリントが3・4着と大健闘。

 そしてレース後に書いても後付けの言い訳にしかならないのですが、普段の自分であれば(サミットストーンとハッピースプリントの比較であればサミットストーンの方が上だなと考えたこともあり)サミットストーンの複勝で勝負していた可能性が大いにあったのですよね。

 ところが、年間回収率のことを気にし過ぎて完全に守りに入った予想をしてしまったため、この結果は予想(馬券)が外れたという以上に、いつもの自分の予想に徹しきれなかった事に対してダメージが大きかったのです.....。

 なので今回のことを、今年の残り2レース、そして来年に向けての教訓といたしましょう。


  (×馬複:)  ×不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数  的中率   収支額    回収率  

☆14年12月   > 6/17  35.3%  +9,480円  118.6% 

☆14年通算   > 48/210 22.9%  -20,470円   96.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ホープフルS&有馬記念(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京シンデレラマイル(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

« ◎ホープフルS&有馬記念(2014年)穴馬予想&結果 | トップページ | ◎東京シンデレラマイル(2014年)穴馬予想&結果 »

05.競馬(穴馬)予想」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ