サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« ◎浦和記念(2014年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「このミス2016年版」月別ランクイン候補作品(2014年12月) »

2014年11月20日 (木)

【MDB式“2014年J1リーグ第32節・神戸戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★11/22(土) 14:00~ J1リーグ第32節・ヴィッセル神戸戦 (ノエスタ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 10位 12勝  8分 11敗 勝点 44 33得 27失 得失 +6 」
  神戸   :「  9位 11勝 12分  8敗 勝点 45 46得 43失 得失 +3 」

 J2から1年で復帰した今年の神戸は、開幕からの11試合でわずか1敗(5勝 5分 1敗)で第8節終了時には首位に立つなど、いきなり上位争いを繰り広げる大躍進を遂げていました。

 しかし、W杯中断後(7月以降)は4試合勝ちがない(0勝 2分 2敗)など結果が出ず、8月に入りようやく調子を上げて来たかと思いきや、第25節から前節までの7試合でわずか1勝(1勝 3分 3敗)と終盤に失速し、現在はACL出場圏内の可能性がほぼ消滅した順位となっています。

 チームはあまり結果が出ていない状況ですが、昨年までマリノスでプレーしたマルキーニョスはここ9試合中6試合でゴールを決めているなど好調を維持しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 神戸戦は、公式戦通算で「16勝 11分 8敗」、リーグ戦通算で「15勝 9分 7敗」と(引き分けが多いものの)大きく勝ち越しています。

 そしてリーグ戦においては、ホームでは「9勝 4分 3敗」と勝利数が大きく上回っているのに対し、アウェーでは「6勝 5分 4敗」とほぼ五分の成績で、リーグ戦アウェーでは2007年以降5年間勝ちがなかったのですが(0勝 3分 1敗)、2012年には2-1で勝利しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 端戸仁が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 中町公祐が出場すると、Jリーグ戦通算200試合出場(J2も含む)にリーチとなります。

 藤田祥史が出場すると、マリノス所属時Jリーグ戦通算50試合出場にリーチとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算294試合出場となり、ドゥトラ(01-06,12-14)を抜いてマリノス歴代単独8位となります。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算195試合出場となり、三浦文丈(93-98)と並びマリノス歴代21位タイとなります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算160試合出場となり、狩野健太(05-12)を抜いてマリノス歴代単独26位となります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時リーグ戦戦通算120試合出場となり、那須大亮(02-07)を抜いてマリノス歴代単独25位となります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が2得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算29ゴールとなり、渡邉千真(09-11)を抜いてマリノス歴代単独12位となります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(00-00,03-04)と並びマリノス歴代11位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算27ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)を抜いてマリノス歴代単独14位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代12位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は13位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、ACL出場圏内もJ2降格もないというモチベーションの上げ辛い状況となってしまいましたが、樋口監督の今シーズン限りでの退任が発表されたこともありますし、残り3試合を全勝して気持ち良く送り出したいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 神戸: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 栗原勇蔵、藤本淳吾

 【怪我等で欠場予定】  マリノス: ラフィーニャ天野純

 【対戦相手の元所属選手(主要スタッフ)】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 藤田祥史(JY)
           神戸  : マルキーニョス、安達亮監督(コーチ&ユース監督)

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  神戸オフィシャル

 【チケット情報】  神戸オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「中沢「そこでしか評価されない」 横浜、最少失点死守を」 (11/22)
   > 「【横浜M】中沢、リーグ最少失点へ完封だ!」 (11/22)

   > 「俊輔 左足首痛発症…22日神戸戦はベンチスタートか」 (11/21)
   > 「俊輔左足首に痛み 22日ベンチスタートも」 (11/21)
   > 「【横浜M】俊輔、左足首痛でベンチ発進か」 (11/21)

   > 「[横浜FM]中村俊輔の起用は「時間限定」か」 (11/20)

   > 「[神戸]前々節・大宮戦でJ1通算100試合出場を達成した徳重健太、「ブッフォン、500試合出場・・・(苦笑)」」 (11/19)

   > 「[横浜FM]GK榎本哲也「勝つことが監督への恩返し」」 (11/18)

   > 「左膝OK!俊輔、軽快なプレー披露「悪くなかったんじゃない」」 (11/17)

   > 「[横浜FM]樋口靖洋監督の今季限りでの退任を発表」 (11/15)

   > 「[横浜FM]小椋、中町とけが人復帰の横浜FM」 (11/12)

   > 「[横浜FM]練習復帰した中町公祐は「次の神戸戦を目指す」」 (11/7)


 【TV中継】 (生) 11/22(土) 13:50~  スカチャン2
            11/22(土) 13:55~  NHK神戸

        (録) 11/23(日) 09:20~  J SPORTS 3
            11/23(日) 29:00~  スカチャン1

            11/28(金) 23:40~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第32節・神戸戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« ◎浦和記念(2014年)穴馬予想&結果 | トップページ | 「このミス2016年版」月別ランクイン候補作品(2014年12月) »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ