サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« ◎シリウスS(2014年)穴馬予想&結果 | トップページ | 【MDB式“2014年J1リーグ第27節・鳥栖戦”データボックス】 »

2014年10月 5日 (日)

◎スプリンターズS(2014年)穴馬予想&結果

< 10月5日(日)に行われるスプリンターズステークス(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スプリンターズステークス】

 新潟の芝1200mで行われる重賞(GI)です。

 いよいよ秋のGI戦線が開幕となりますが、いつもの中山ではなく12年ぶりの新潟開催で、台風が近づいていて、人気3頭はいずれも近3走以内に掲示板外があるなど、いきなりの大荒れの可能性もありそうな舞台設定となっています。

 なのでここは思い切って、これを書いている時点で16番人気のアースソニックを◎にしてみましょう。

 この馬は、昨年の京阪杯を制し、前走のアイビスSDで3着と重賞実績はあるものの、成績が安定しているタイプというよりは一発あるタイプなので、さすがにGIでは狙いにくい感じです。

 ただ、前々走の函館SSは6着ながら0.3秒差、春の短距離GI・高松宮記念では6着ながら3着馬とはわずか0.1秒差など、相手なりの結果となってはしまうもののレースレベルに関わらず常に差のない走りを見せています。

 そして今回は、(馬場が良い外に回す馬が多くなることで)直線で馬群がばらけやすく(外回りに比べ直線が短いため)早い仕掛けになりやすい内回りコースの最内枠に入ったことで、道中ロスなく進めて直線でも前が詰まりにくくペースも速くなりそうなど、掛かりやすいこの馬にとっては絶好の枠&展開となる可能性が高そうだし、荒れた馬場も合うようなので、ここで一発も大いにあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  アースソニック / 石橋脩 (1)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 18    スノードラゴン   大野拓弥 13
 2着 9     ストレイトガール 岩田康誠  2
 3着 13    レッドオーヴァル 田辺裕信 5
 4着 14    グランプリボス  三浦皇成 4
 5着 12    ベルカント     武豊    10

15着 1  ◎ アースソニック   石橋脩  16


 一応レース前の期待としては、中段の位置取りになってもコーナーワークで内から上がっていって直線に入った時には先団に、といった感じだったのですが、実際には出遅れて途中で前が詰まってテンション上がって直線では後方ということで、出遅れた時点でノーチャンスでした....。

 ただそれよりも、元々はスノードラゴン(1着)かレッドオーヴァル(3着)のどちらかを◎にしようとほぼ決めていたものの、どちらも後方一気タイプということで展開が向かないかな~と思い、急遽それまで候補になかったアースソニックに変えてしまったのです.....。

 思い返してみれば、昨年のこのレースでも15番人気で3着に入ったマヤノリュウジンが元々の◎候補だったのに急遽変更して外してしまったので、2年連続で同じような悔しい想いを味わうことになってしまいました.....。


  (×複勝:1)  ×的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数  的中率   収支額    回収率 

☆14年10月   > 0/3    0.0%  -12,000円    0.0% 

☆14年通算   > 35/151 23.2%  +13,700円  103.0%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎シリウスS(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎白山大賞典(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

« ◎シリウスS(2014年)穴馬予想&結果 | トップページ | 【MDB式“2014年J1リーグ第27節・鳥栖戦”データボックス】 »

05.競馬(穴馬)予想」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ