サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

「ジュウドウズ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載!

週刊少年ジャンプ2014年9月22日号No.41 (週刊少年ジャンプ2014年9月22日号No.41)週刊少年ジャンプ2014年9月22日号No.41 (週刊少年ジャンプ2014年9月22日号No.41)
瓶子吉久

集英社 2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2014年9月の週刊少年ジャンプ新連載の第1弾が、2014年41号(9月8日〈月〉発売)からスタートの「ジュウドウズ」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 第1話の無料配信(連載終了まで) → ジャンプBOOKストア!

 2014年41号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の近藤信輔(こんどう・しんすけ)は、「JUDOES」で“ストキン炎(2007年)”のネーム部門炎努力賞、「THE KILLING WAY」で“ストキン炎(2008年)”のネーム部門炎努力賞を受賞。

 そして、“ジャンプNEXT! 2011SUMMER”に「裂!!! 伊達先パイ」が掲載されてデビューを果たし(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SUMMER」参照)、その同名リニューアル版「裂!!! 伊達先パイ」が“本誌2012年10号”に掲載され本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔参照)。

 続いて、2度掲載された読切を基にした「裂!!! 伊達先パイ」が“本誌2012年41号”から始まり連載デビューを飾るも(週刊少年ジャンプ新連載! 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔参照)、20週で連載終了。

 その後は、「ジュウドウズ」(前後編)をスマホアプリ増刊“ジャンプLIVE 第2号(2014年1月)”に掲載し(現在は閲覧不可)、その同名作品である本作にて2度目の連載となりました。

 ちなみに、ジャンプLIVE告知マンガとして「ジュウドウス番外編(「ジャンプLIVE、来襲」)が“本誌2014年6・7合併号”に掲載されています。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ジュウドウズ」第1話を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014.9.8(月)~9.14(日)
 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「近藤信輔」関連記事】

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.8)

  > 「ジュウドウズ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.8.31)

  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 <JC1巻買い> (13.1.30)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.9.8)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ読切!  (12.2.4)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」(ジャンプNEXT! 2011SUMMER) (11.8.12)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」新連載作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎キーンランドC&新潟2歳S(2014年)穴馬予想&結果

< 8月31日(日)に行われるキーンランドカップ(GIII)新潟2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【キーンランドカップ】

 札幌の芝1200mで行われる重賞(GIII)です。

 短距離戦らしい混戦メンバーなので予想は難しいですが、その分人気馬でも複勝オッズが高めなので、ここは人気サイドのスノードラゴンを◎にしてみましょう。

 この馬は3戦連続で2着と勝ち切れないレースが続いていますが、3走前は3年ぶりの芝挑戦でいきなりの重賞2着、2走前はGI・高松宮記念での2着、前走は4ヶ月の休み明けとなったダート交流重賞での2着なので、2着続きとはいえその内容はかなり高いものがあります。

 あとは追い込み脚質がどうかですが、芝でもダートでも良でも不良でも好走している条件を選ばないこの馬ならば問題なさそうなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  スノードラゴン / 大野拓弥 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【新潟2歳ステークス】

 新潟の芝1600mで行われる2歳重賞(GIII)です。

 かなり苦手な2歳重賞なので全く当たる気がしないのですが、それならばということでここは思い切ってテイケイラピッドを◎にしてみることにしました。

 この馬は新馬戦を先行して勝利し、続く前走のオープン・中京2歳Sは出遅れたものの3着に追い上げて来ています。

 この2戦では34秒台以下の上がりを出せていないため、32秒台の上がりも出そうな新潟で伸びて来れるのかは不安ですが、按上が南関の御神本訓史ということで何かやってくれそうな予感もあるので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  テイケイラピッド / 御神本訓史 (16)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎新潟ジャンプS(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎札幌2歳S(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月30日 (土)

【MDB式“2014年J1リーグ第22節・仙台戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★8/30(土) J1リーグ第22節・ベガルタ仙台戦 (ユアスタ)

  ○2-1 (前半1-1、後半1-0)

  主審:佐藤隆治  入場者数:17,468人

  .<得点> 1-0 栗原勇蔵  (横浜・前半18分)
          1-1 菅井直樹  (仙台・前半31分)
          2-1 下平匠    (横浜・後半48分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 藤本淳吾が、Jリーグ通算250試合出場達成にリーチとなりました。

 小椋祥平が、マリノス所属時公式戦戦通算188試合出場となり、山田隆裕(93-97)を抜いてマリノス歴代単独22位となりました。

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代29位タイとなりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代10位タイとなりました。

 榎本哲也が、マリノス所属時リーグ戦通算194試合出場となり、野田知(93-98)と並びマリノス歴代12位タイとなりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 8試合連続 でストップ <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「同一カード 無得点」記録 > 3試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位タイ>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第22節 終了時 : 10位 (前節 10位)
         < 9勝 6分 7敗  勝点 33 得点 28 失点 20 得失点差 +8 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「第7節の対戦と好対照な内容と結果。仙台はセカンドボールの
          攻防とセットプレー対処で後手を踏み、横浜FMに屈す

 (ゲキサカ) 「俊輔CKから2発!!横浜FMはAT下平劇的弾で仙台下す

 (ドメサカブログ) 「マリノス競り勝ち今季2度目の3連勝!
                 下平の移籍後初ゴールが決勝点に


 (カナロコ) 「劇的勝利/横浜M2-1仙台

 (スポニチ) 「“バナナ制裁”横浜ブーイング自粛 拍手と声援だけで応援

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第22節・仙台戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎新潟ジャンプS(2014年)穴馬予想&結果

< 8月30日(土)に行われる新潟ジャンプステークス(J・GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【新潟ジャンプステークス】

 新潟の芝3250mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 ここは、アムールクエストを◎にしてみましょう。

 この馬は、障害に転向して8戦目にしてようやく未勝利戦を勝ち抜いたのですが、2着3回&3着1回とあと一歩のところで結果が出ないレースが続いていましたし、オープン昇格後も初戦こそ6着もその後は(1勝のみながら)4戦連続掲示板と、どのレベルであっても毎度好走しながら勝ち切れないタイプとなっています。

 それならば、重賞勝ち馬が2頭のみのメンバーである今回は勝てないながらも馬券圏内に来る可能性は充分にあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  アムールクエスト / 植野貴也 (6)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アフター5スター賞(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎キーンランドC&新潟2歳S(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月29日 (金)

『東京自叙伝』 奥泉光 > 「このミス」完全読破 No.766

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.766

 『東京自叙伝』 奥泉光

   「このミス」2015年版 : 50位

   受賞(候補) : 「谷崎潤一郎賞」受賞

   総合ランキング : 「SUGOI JAPAN Award 2015」 ノミネート

   年度ランキング : 「Twitter文学賞」 4位
              「ミステリが読みたい!」 9位

   読始:2014.8.3~ 読終:2014.8.7

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2014年5月>

東京自叙伝 (集英社文庫)東京自叙伝 (集英社文庫)
奥泉 光

集英社 2017-05-19
売り上げランキング : 109379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 タイトルの通り、本作の主人公は“東京”です。

 とはいえ、幕末から始まって明治・大正・昭和・平成と流れていく中でそれぞれの時代を生きた6人の人間の物語ではあるのですけどね。

 それでは何故に“東京が主人公”なのかと申しますと、この6人には“東京の地霊”とでも言うべき存在が(代々受け継がれていくかのように)憑いているからなのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 この“東京の地霊”というのは、この6人だけでなく他の様々な人物たち、さらにはネズミを始めとした様々な動物たちにも憑きますし、“東京の地霊”とはいっても本人が“(自分は)東京の地霊のようなものなのではないか”と推測しているだけなので、実際のところは誰にもわからない何とも不思議な存在なのです。

 この地霊(または地霊に憑かれた人間)の特徴としましては、その時代の権力や流行の中枢に身を置くことが出来るほどの才能・行動力・運があり、しかも参謀的な性格でアイデアマンでもあるため、東京(日本)を揺るがすほどの歴史的な出来事や新発明に直接絡んだり間接的に関わったりすることが多いです。

 ただその一方で、自分の行動により東京や周りの人々がどんな酷いことになっても構わないという(感情の一部が欠損したかのような)冷酷無比で無責任な面も持ち合わせているため、トラブルメーカーとなり事態をとんでもない方向にもっていったりもするのですね。

 そんな“東京の地霊”が自分の人生を振り返るように語っていく異色で奇天烈な物語を奥泉光が書いて面白くならないわけがなく、コミカルで楽しい場面も多くありながら時にシニカルで(本作だからこその)社会風刺が絶妙に効いていますし、主に東京を舞台としてそれぞれの時代を生きた人間たちの“一代記×6人分”としても、幕末以降の東京における興廃の歴史が描かれる東京史としても、その読み応えは一級品だし唯一無二の魅力に満ち溢れているのは間違いないでしょう。

 とはいえ、作風的に誰もが楽しむことが出来るタイプではないですし、エンタメ的な内容ではないので「このミス」直球なジャンルではないですが、このジャンル分け不能な面白さはハマる人ならとことん好きになりそうなので、奇想的遊び心や壮大な年代記をじっくりと味わうのが好きな人に特にお薦めしたくなる作品でした。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★        鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★       おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★★
 下ネタエッチ度 : ★★      感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★★★   気軽に読める度 : ★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “奥泉光” 関連記事 】

  > No.766 「東京自叙伝」
  > No.610 「虫樹音楽集」

  > No.585 「黄色い水着の謎 桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活2」
  > No.477 「桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」
  > No.475 「モーダルな事象 桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活」
  > No.358 「シューマンの指」
  > No.208 「神器 軍艦「橿原」殺人事件」


 「さよなら神様」麻耶雄嵩 <<< PREV/NEXT >>> 「私に似た人」貫井徳郎

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年8月28日 (木)

【MDB式“2014年J1リーグ第22節・仙台戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★8/30(土) 19:00~ J1リーグ第22節・ベガルタ仙台戦 (ユアスタ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 10位 8勝 6分 7敗 勝点 30 26得 19失 得失 +7 」
  仙台  :「 12位 6勝 7分 8敗 勝点 25 20得 32失 得失 -12 」

 6年間チームを率いた手倉森監督が退き新チームとして船出した今年の仙台は、開幕から公式戦8試合(リーグ戦6試合&ナビスコカップ2試合)で「0勝 3分 5敗」と勝利がなく、しかも8試合中5試合が無得点など内容も悪かったため、第6節終了時に早くもアーノルド監督を解任し渡邉晋ヘッドコーチが監督に昇格。

 すると、新監督初戦となった第7節・マリノス戦こそ勝利したものの、その後は2連敗と波に乗ることが出来なかったのですが、しかし第9節から7試合負けなし(4勝 3分 0敗)で第11節からは4連勝、中断明け後は7試合でわずか1勝ながら負けたのも2試合のみ(1勝 4分 2敗)と、勝ち切れないながらも負けない戦いが出来るようになってきています。

 なお、中断前には5試合中4試合で無失点に抑えるなど守備の堅さが目立っていましたが、中断後は7試合中5試合が2失点以上(ホームでは3試合連続3失点以上)とここ最近は失点が多い傾向です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 仙台戦は、公式戦通算で「5勝 5分 7敗」、リーグ戦通算で「3勝 5分 5敗」と、(引き分けが多いことを考えれば)五分に近い成績です。

 しかし、2010年に仙台がJ1に再昇格して以降は、初戦こそ勝利したもののその後は8試合勝ちなし(0勝 4分 4敗)とかなり苦手な相手となっています。

 とはいえ、2010年以降のホームでは「0勝 1分 4敗」と敗戦が多いのに対し、アウェーでは「1勝 3分 0敗」(3試合連続引き分け中)と引き分けが多いものの負けてはいないので、これを“アウェーで仙台に勝てていない”と採るのか“アウェーで仙台に負けていない”と採るのかによって相性が良いとも悪いとも言えそうですね。

 なお、赤嶺真吾はここ5年中4年でゴールを許している苦手な選手で、今年の初対決(第7節)でも2ゴール奪われているのですが、怪我のためここ2試合欠場していたものの今回の試合から復帰するようです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 今回の試合で無得点だと、ベガルタ仙台戦4試合連続無得点となり、「同一カード 連続無得点」のマリノス歴代新記録を達成します。

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 6試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 9試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 4試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 4試合連続“同一カード 無得点”達成 (マリノス歴代 新記録達成)
   > 2試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)
   > 2試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が出場すると、Jリーグ通算250試合出場達成にリーチとなります。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算188試合出場となり、山田隆裕(93-97)を抜いてマリノス歴代単独22位となります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代29位タイとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算194試合出場となり、野田知(93-98)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算29ゴールとなり、渡邉千真(09-11)を抜いてマリノス歴代単独12位となります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算30ゴールとなり、柳想鐵(00-00,03-04)と並びマリノス歴代11位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算27ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)を抜いてマリノス歴代単独14位となります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代12位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は13位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、現在リーグ戦2連勝中&2試合連続無失点と上昇気流に乗りそうな中、ここ3試合で4ゴールのラフィーニャが欠場&8試合勝てていない仙台戦ということで苦しい闘いとなりそうですが、ここを乗り越えることが出来ればさらなる勢いが付くと思うので、なんとか勝ち点3をゲットしたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 仙台: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: 藤本淳吾

 【怪我等で欠場予定】  マリノス: ラフィーニャ齋藤学

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 富澤清太郎
           仙台  : 村上和弘

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  仙台オフィシャル

 【チケット情報】  仙台オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「斎藤が離脱 右膝の骨挫傷 」 (8/30)
   > 「斎藤、右膝負傷で全治2週間 代表復帰へ「頑張って治す」」 (8/30)
   > 「仙台セットプレーで横浜撃破だ」 (8/30)
   > 「【仙台】主将・角田“俊輔封じ”誓う「強くいきたい」」 (8/30)

   > 「横浜斎藤右ヒザ痛める 仙台戦欠場へ」 (8/29)
   > 「[仙台]横浜FM戦の注目点・セットプレー」 (8/29)
   > 「【仙台】DF鎌田8戦ぶり完封勝利に3戦連発狙う」 (8/29)

   > 「[横浜FM]伊藤翔は仙台戦を見せ場にする」 (8/28)
   > 「横浜斎藤別メニュー「けが治すこと一番」」 (8/28)
   > 「【横浜M】学、日本代表より治療優先」 (8/28)
   > 「【仙台】“横浜Mキラー”赤嶺が復帰!8戦6発!4勝4分!」 (8/28)

   > 「[横浜FM]負傷に苦しむ齋藤学に吉報は届くか」 (8/27)
   > 「【横浜M】学、右ひざ打撲で30日・仙台戦欠場も」 (8/27)
   > 「横浜ラフィーニャが右足関節ねん挫で離脱」 (8/27)


 【TV中継】 (生) 8/30(土) 18:50~  J SPORTS 4

        (録) 8/31(日) 08:00~  J SPORTS 3
            8/31(日) 11:30~  スカチャン2

            9/01(月) 19:55~  スカチャン2

            9/02(火) 06:00~  スカチャン1
            9/02(火) 08:55~  J SPORTS 3

            9/03(水) 07:00~  スカチャン2

            9/04(木) 11:20~  スカチャン0

            9/07(日) 28:00~  スカチャン1

            9/10(水) 25:20~  スカチャン2

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第22節・仙台戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年8月27日 (水)

◎アフター5スター賞(2014年)穴馬予想&結果

< 8月27日(水)に行われるアフター5スター賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アフター5スター賞】

 大井のダート1200mで行われる南関重賞(SIII)です。

 ここは、牝馬のメリーウェザーを◎にしてみましょう。

 この馬は昨年に中央でデビューし、主に芝で使われて1勝もできないまま秋に南関移籍。

 移籍初戦のマイル戦こそ9着惨敗となったものの、1200戦となったその後の4戦は2勝全連対(2着の2レースもアタマ差&ハナ差)と結果を出しています。

 重賞やオープンはおろかAクラスのレースにさえまだ出走していないので、いきなりの重賞挑戦は荷が重いかもしれませんが、前走で重賞3着以内が1頭もいないというメンバーですし、他馬が55~58kgの中でこの馬は51kgの軽斤量ということから激走もあり得るとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  メリーウェザー / 東川公則 (10)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎スパーキングサマーC(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎新潟ジャンプS(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月26日 (火)

「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年9月)

 もう6年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2015年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを発売された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 なお、読んだ上でのランクイン予想に関しては、「このミス2015年版」下半期のランクイン候補作品の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2014年9月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、作者の「このミス」20位以内ランクイン作品数


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2014年9月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数

  ここはボツコニアン4 ほらホラHorrorの村 / 宮部みゆき (15作) * シリーズ4作目
  アイネクライネナハトムジーク / 伊坂幸太郎 (11作)
  金田一耕助VS明智小五郎 ふたたび / 芦辺拓 (7作) * シリーズ2作目
  侵入者 自称小説家 / 折原一 (6作) * シリーズ12作目
  復活祭 / 馳星周 (5作)
  チャンミーグヮー / 今野敏 (5作)
  特捜班危機一髪 警視庁特捜班ドットジェイピー / 我孫子武丸 (4作) * シリーズ2作目
  群青のタンデム / 長岡弘樹 (2作)
  土漠の花 / 月村了衛 (2作)  <感想記事はこちら>
  ほんとうの花を見せにきた / 桜庭一樹 (2作)
  クトゥルフ少女戦隊 第一部 / 山田正紀 (2作) * シリーズ1作目
  大癋見警部の事件簿 / 深水黎一郎 (1作)
  クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ / 円居挽 (1作)
  魔術師の視線 / 本多孝好 (1作)
  繁栄の昭和 / 筒井康隆 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2014年9月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
          21~40位に入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

  その孤島の名は、虚 / 古野まほろ <2作>
  キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇 / 石田衣良 <2作> * シリーズ番外編
  アポロンの嘲笑 / 中山七里 <1作>
  伽藍堂の殺人~Banach-Tarski Paradox~ / 周木律 <1作> * シリーズ4作目
  なぜなら雨が降ったから / 森川智喜 <1作>
  歌舞伎町ダムド / 誉田哲也 <1作> * シリーズ2作目
  笹の舟で海をわたる / 角田光代 <1作>
  猫が足りない / 沢村凜 <1作>
  続・終物語 / 西尾維新 <1作> * シリーズ14作目

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2014年9月発売の「このミス」の対象かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

  ○○○○○○○○殺人事件 / 早坂吝  <感想記事はこちら>
  神様の裏の顔 / 藤崎翔 * 横溝正史ミステリ大賞受賞作
  屋上と、犬と、ぼくたちと / 若月香 * 福山ミステリー文学新人賞(優秀作)受賞作
  ジョン、全裸連盟へ行く / 北原尚彦
  セシューズ・ハイ 都知事探偵・漆原翔太郎 / 天祢涼 * シリーズ2作目
  ダンデライオン / 河合莞爾 * シリーズ3作目
  アジアン・ミステリー / 獅子宮敏彦
  レミングスの夏 / 竹吉優輔
  離 陸 / 絲山秋子
  警察回りの夏 / 堂場瞬一
  見えざる貌 刑事の挑戦・一之瀬拓真 / 堂場瞬一 * シリーズ2作目
  スターダストパレード / 小路幸也
  スタープレイヤー / 恒川光太郎
  アガサ・クリスティー賞殺人事件 / 三沢陽一
  未必のマクベス / 早瀬耕
  奇妙な遺産 村主准教授のミステリアスな講座 / 大村友貴美
  もみ消しはスピーディーに / 石川智健
  突 変 / 森岡浩之
  ランチ合コン探偵 / 水生大海
  雪には雪のなりたい白さがある / 瀬那和章
  黒猫の約束あるいは遡行未来 / 森晶麿 * シリーズ5作目
  スキュラ&カリュブディス 死の口吻 / 相沢沙呼
  天久鷹央の推理カルテ / 知念実希人
  背乗り 警視庁公安部外事二課 / 竹内明
  フォルトゥナの瞳 / 百田尚樹
  ファンタズマゴーリア / 岡崎祥久
  真夏の異邦人 超常現象研究会のフィールドワーク / 喜多喜久
  エデンの果ての家 / 桂望実
  環八イレギュラーズ / 佐伯瑠伽
  リングから見えた殺意 女子プロレスラー・鬼剣魔矢の推理 / 尾崎魔弓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な9月発売予定作品 <<

 * 作者名横の()内は、「このミス」20位以内ランクイン作品数
 * 作者名横の<>内は、過去の「このミス」21~40位作品数
   (ランクイン実績作家の場合は省略)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年10月)

 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年8月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年8月25日 (月)

「笠原さんと雨の日に」 繁在家政之 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2014年9月8日号(39号)少年ジャンプ 2014年9月8日号(39号)
集英社

集英社 2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプ2014年39号(2014年8月25日発売)に掲載の読切作品が、「笠原さんと雨の日に」です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の繁在家政之(はんざいけ・まさゆき)は、「ダンダンダンス!」で“第2回Gカップ(2012年)”のBカップ、「もしも○○が沢田くんだったら」で“第4回Gカップ(2014年)”のGカップを受賞し、その「もしも○○が沢田くんだったら」が“ジャンプNEXT!! vol.2”に特別掲載。

 そして本作にて正式なデビューとなりました(担当編集:キム)。

 なお、「HUNTER×HUNTER」が作者の重度の腰痛により(前号で予告されることなく)急遽休載となったことから、代原(予定外に休載となった連載作品の緊急穴埋め的役割の読切作品)としての掲載だと思われます。

 ちなみに、前号がお盆恒例の合併号だったこともあり、今号が発売されるまでに2週空いたことで余裕があったためか、代原作品としては珍しく表紙にも作品情報(タイトル・作者名・主人公の顔画像)が掲載されています。


 内容の方は、相合傘で手つなぎ作戦青春恋愛ギャグ漫画です。

 中田(聖真)君は、笠原(さくら)さんと付き合い始めて3日目にしてようやく、初めての“一緒の下校”をすることに。

 しかし生憎の雨のため相合傘で帰ることになり、手をつなぎながら帰りたかった中田君はなんとか笠原さんの手に触れられないかと悩み中。

 すると、笠原さんの方から“傘を一緒に持つ”と言い出したため、これで手を触れ合えると喜ぶ中田君でしたが、笠原さんは意外すぎる傘の持ち方をして.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

クールで不思議な笠原さんと「僕」。
     初めての一緒の下校は、生憎の雨で――。

☆Gカップからの刺客、本誌急襲!!!
   ボーイ・ミーツ・ガール・イン・レイニーデイな ちょっぽりほっこり系読切15P!!


 【「笠原さんと雨の日に」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014.8.25(月)~8.31(日)
 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「繁在家政之」関連記事】

  > 「恋愛配達人ぽすお」 繁在家政之/岩崎優次 > 週刊少年ジャンプ読切!  (16.1.18)

  > 「不幸のトーノ」 繁在家政之 岩崎優次 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4 (15.8.11)

  > 「笠原さんと雨の日に」 繁在家政之 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年8月24日 (日)

◎札幌記念&北九州記念(2014年)穴馬予想&結果

< 8月24日(日)に行われる札幌記念(GII)テレビ西日本賞北九州記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【札幌記念】

 札幌の芝2000mで行われる重賞(GII)です。

 夏競馬一番のビッグレースなので(他の夏競馬重賞と比べて)毎年豪華なメンバーが集まるのですが、今年はゴールドシップハープスターとGIでも1番人気を争うであろう2頭が参戦するので、より豪華さが増している感じですね。

 しかし有力馬はこれから先が本番であること、それに成績や脚質的にみると安定感が抜群なタイプではないことから、荒れる要素は充分にあると思うのです。

 というわけでここは、これを書いている時点で(14頭中)13番人気のタマモベストプレイを思い切って◎にしてみましょう。

 この馬はデビューから(昨年の)皐月賞前までは6戦全て馬券圏内と好成績が続いていましたが、皐月賞から前走までの10戦は全て馬券に絡むことができていません。

 それでも、皐月賞と有馬記念で掲示板に載るなどGIでも好走を見せていますし、前走のエプソムCは0.2秒差4着、前々走の目黒記念は8着ながら0.5秒差、3走前の新潟大賞典は7着ながら0.4秒差と、着順の印象に反して常に接戦を演じているのです。

 つまりは“いつも相手なりに走るのだけれど馬券圏には届かない馬”というわけなのですが、久々に(デビューから今年3月まで乗り続けていた)和田竜二に戻ることや初の北海道参戦など今までの走りと変わるかもしれない要素はありますし、大崩れしにくい馬の方がこういったレースで無欲の穴開けをやってのけるのではないかと考え、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  タマモベストプレイ / 和田竜二 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【テレビ西日本賞北九州記念】

 小倉の芝1200mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ここは、スギノエンデバーを◎にしてみましょう。

 この馬は重賞1勝馬で最後に勝利したのが2年前の12月であるのにトップハンデとなっているのですが、一昨年のこのレースの勝ち馬ですし、昨年も今年と同じ57kgを背負って0.3秒差5着と好走しています。

 これまでの5勝中4勝が小倉ですし、差し/追い込み脚質なので展開によって結果が左右しやすいながらも小倉では安定して結果を出しているのはよほどコース相性が良いということだと思うので、今回もきっちりと追い込んで来てくれるだろうということでこの馬に期待してみました。


  ◎  スギノエンデバー / 松山弘平 (16)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎スパーキングサマーC(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アフター5スター賞(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月23日 (土)

【MDB式“2014年J1リーグ第21節・川崎F戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★8/23(土) J1リーグ第21節・川崎フロンターレ戦 (ニッパ球)

  ○2-0 (前半1-0、後半1-0)

  主審:家本政明  入場者数:14,014人

  .<得点> 1-0 ラフィーニャ (横浜・前半03分 PK)
          2-0 兵藤慎剛   (横浜・後半31分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】

 藤本淳吾が、リーグ戦通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止処分となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 喜田拓也が、リーグ戦初出場を記録しました。

 齋藤学が、J1リーグ通算100試合出場を達成しました。

 小椋祥平が、マリノス所属時公式戦戦通算187試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代22位タイとなりました。

 榎本哲也が、マリノス所属時リーグ戦通算193試合出場となり、川口能活(94-01)と並びマリノス歴代13位タイとなりました。

 小林祐三が、マリノス所属時リーグ戦通算113試合出場となり、榎本達也(97-06)・大島秀夫(05-08)を抜いてマリノス歴代単独29位となりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】

 兵藤慎剛が、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなりました。

  <ゴールランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 <記録更新>

  ・「同一カード ホーム負けなし」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「同一カード ホーム得点」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録情報】

 この試合に勝利したため、リーグ戦ホーム通算200勝達成まで残り3勝となりました。

  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第21節 終了時 : 10位 (前節 11位)
         < 8勝 6分 7敗  勝点 30 得点 26 失点 19 得失点差 +7 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「」

 (ゲキサカ) 「川崎Fの強力攻撃陣を封じ、横浜FMが神奈川ダービー制す
          …ラフィーニャは3戦連発!!

 (ドメサカブログ) 「」


 (カナロコ) 「真っ向勝負で圧勝

 (スポニチ) 「ラフィーニャ、3試合連発!100試合出場・斎藤がPK誘発

 (スポニチ) 「横浜サポが“人種差別”選手にバナナ振る、無期限入場禁止へ

 (日刊スポーツ) 「バナナでレナト挑発!横浜サポ無期限出禁

 (スポーツ報知) 「男性サポーター、川崎選手にバナナ振る!人種差別行為で無期限入場禁止

 (サンスポ) 「横浜Mサポーター、バナナ振りかざし人種差別…無期限入場禁止処分

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第21節・川崎F戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年8月22日 (金)

『事故調』 伊兼源太郎 > 「このミス」完全読破 No.764

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.764

 『事故調』 伊兼源太郎

   「このミス」2015年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.8.1~ 読終:2014.8.2

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2014年5月>

事故調事故調
伊兼 源太郎

KADOKAWA/角川書店 2014-05-31
売り上げランキング : 196776

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 志村市が管理する人工海岸で陥没事故が起き、ちょうどその時に運悪く砂浜を歩いていた少年が穴に飲み込まれてしまい、意識不明の重体に。

 まだ事故の原因が判明していないことを理由に謝罪を行っていない市に対し批判が集まり、外部の専門家から成る事故調査委員会の設置が決まる中、広報課の黒木が権田市長からある特命を受けることに。

 それは、県警の捜査一課にいた経歴を活かして、市への打撃を最小限にする目的で事故原因を探ってくれ、というもので.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は市役所が舞台となっているのですが、上司の命令に従って市(役所)に有利となる情報のみを集め対策を練るのか、それとも市(役所)が不利な立場に追い込まれたとしても真相を追及していくのか、この二択の中で心が揺らぎ葛藤する主人公を中心にして描かれています。

 こういった主人公の悩める立場・心境は企業小説ならではの熱い人間ドラマを生み出しますし、主人公が迷いを吹っ切って動き始めてからはさらに燃えるように熱く濃厚な人間ドラマが展開していくのです。

 それに、人の生死に関わる大事件が中心となったり、主人公が元刑事という経歴を活かして真相に迫っていくところからも、警察組織小説や刑事捜査小説に近い読み応えがあるので、市役所が舞台ではあるものの警察小説好きな人にお薦めしたくなるような作品ですね。

 そういった企業・組織的なドラマ以外にも、役所ならではの(負の)体質をエグる社会派な面や、事件の真相&黒幕を巡るミステリ的展開、事故の被害者家族を中心とした哀しき人間ドラマなどが絡み合いつつ、怒涛の如くクライマックスへとなだれ込んでいくので、(特に終盤における)サスペンス作品としての迫力は読んでいる自分も登場人物の一人になって現場に居合わせているかのように感じてしまうほどでした。

 ただその一方で、ミステリ的な要素や演出を組み入れて物語を盛り上げようとしたことにより、そこまで描かれてきたリアルな迫力を伴う作品世界が薄れてしまったように(個人的に)感じたので、今のままでも充分に面白かったものの、(本作の場合は)ミステリ要素を抑えてでも作品世界のリアルさを追及していた方がより素晴らしい大傑作のサスペンス物語になっていたのではないかな~と思ってしまいました。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★      鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★     おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★★     主キャラ魅力度 : ★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★        人間味ドラマ度 : ★★★★★
 下ネタエッチ度 : ★        感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★      気軽に読める度 : ★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “伊兼源太郎” 関連記事 】

  > No.818 「外道たちの餞別」
  > No.764 「事故調」


 「代償」伊岡瞬 <<< PREV/NEXT >>> 「さよなら神様」麻耶雄嵩

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年8月21日 (木)

【MDB式“2014年J1リーグ第21節・川崎F戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★8/23(土) 19:00~ J1リーグ第21節・川崎フロンターレ戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 11位  7勝 6分 7敗 勝点 27 24得 19失 得失 +5 」
  川崎F :「  2位 12勝 3分 5敗 勝点 39 38得 25失 得失 +13 」

 W杯中断以降(7月以降)の川崎Fは、最初の4試合を全勝し、前節までの7試合で「6勝 0分 1敗」と絶好調で、首位と勝ち点わずか1差の2位に付けています。

 大久保嘉人・小林悠・レナト・中村憲剛を中心とした(以前から定評のある)攻撃力は相変わらず破壊力抜群で、さらには第15節から3試合連続で無失点に抑えるなど守備の方も安定感が出て来たのですが、第18節の柏戦で4失点(●1-4)、前節のC大阪戦も4失点(○5-4)など、一度崩れるともろい面を晒してしまう傾向にあるようですね。

 なお、20日(水)に行われた天皇杯3回戦ではマリノス・川崎F共にJ2クラブに敗れていますが、16日(土)に行われたリーグ前節からのスタメン入れ替わりは、マリノスが8人(榎本哲也・小林祐三・中澤佑二・中町公祐・小椋祥平・兵藤慎剛・中村俊輔・ラフィーニャが天皇杯でスタメン外、栗原勇蔵・下平匠・齋藤学が連続スタメン)、川崎Fは11人全員(杉山力裕・小宮山尊信・實藤友紀・谷口彰悟・登里享平・大島僚太・中村憲剛・森谷賢太郎・レナト・小林悠・大久保嘉人が天皇杯でスタメン外)でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 川崎F戦は、公式戦通算で「13勝 5分 14敗」、リーグ戦通算で「9勝 4分 8敗」とほぼ五分ですが、リーグ戦ホームで「6勝 2分 2敗」、アウェーで「3勝 2分 6敗」と、お互いにホームの成績が良い傾向です。

 そして2010年以降は、リーグ戦では「5勝 2分 2敗」、ナビスコカップでは「2勝 0分 1敗」(1敗の試合は負けたものの準々決勝進出決定)と相性良く、リーグ戦ホームでは2007年以降負けなし(5勝 2分 0敗)、2010年以降の公式戦ホームは「5勝 1分 0敗」と、特にホームでの相性の良さが目立つ結果となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 8試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 4試合連続“ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 9試合連続“同一カード ホーム得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 齋藤学が出場すると、J1リーグ通算100試合出場を達成します。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算187試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代22位タイとなります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算193試合出場となり、川口能活(94-01)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算113試合出場となり、榎本達也(97-06)・大島秀夫(05-08)を抜いてマリノス歴代単独29位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算27ゴールとなり、兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は単独14位)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!

 この試合に勝利すると、リーグ戦ホーム通算200勝達成まで残り3勝となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、灼熱の暑さの中で中二日という厳しい日程となりますが、リーグ戦における川崎Fとの神奈川ダービーが三ツ沢で開催されるは今回が初ということでかなり盛り上がりそうなので、ぜひとも勝利して試合後にもひと盛り上がりしたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 川崎: なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 矢島卓郎
           川崎  : 小宮山尊信、田中裕介、森谷賢太郎

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「23日に神奈川ダービー 代表入りへ 横浜M・斎藤、川崎F・小林がアピール」 (8/23)
   > 「横浜 斎藤100試合節目ゴールだ!「自分のプレーをするだけ」」 (8/23)
   > 「大久保 代表視察なしの“冷遇”を力に変える! 」 (8/23)

   > 「【横浜M】斎藤、川崎戦出場で100試合出場を達成」 (8/22)
   > 「川崎F憲剛「マリノスには負けたくない」」 (8/22)
   > 「【川崎】“神奈川ダービー”勝って首位浮上だ!大久保「点取りたい」」 (8/22)

   > 「[横浜FM]齋藤学は負傷を抱えながらも戦う」 (8/21)
   > 「川崎F大久保体調万全、久々シュート練習」 (8/21)


 【TV中継】 (生) 8/23(土) 18:50~  スカチャン0

        (録) 8/24(日) 16:00~  スカチャン2

            8/25(月) 26:00~  スカチャン3

            8/26(火) 15:00~  スカチャン1

            8/27(水) 19:00~  J SPORTS 3

            8/28(木) 08:00~  スカチャン2

            8/29(金) 10:00~  スカチャン1

            8/30(土) 08:00~  J SPORTS 3
            8/30(土) 14:05~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第21節・川崎F戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年8月20日 (水)

【MDB式“2014年天皇杯3回戦・北九州戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★8/20(水) 天皇杯3回戦・ギラヴァンツ北九州戦 (ニッパ球)

  ■2-3 (前半2-1、後半0-1、延前0-0、延後0-1)

  主審:吉田寿光  入場者数:4,577人

  .<得点> 0-1 渡邉将基  (北九・前半08分)
          1-1 藤本淳吾  (横浜・前半12分)
          2-1 藤本淳吾  (横浜・前半47分)
          2-2 内藤洋平  (北九・後半40分)
          2-3 渡大生    (北九・延後16分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 小椋祥平が、マリノス所属時天皇杯通算20試合出場となり、小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)・ドゥトラ(01-06,12-14)を抜いてマリノス歴代単独7位となりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】

 観客動員 > 4,577人

  > ギラヴァンツ北九州戦ランキング ベスト・1位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、チャンピオンシップ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【天皇杯3回戦の結果】

 3回戦でギラヴァンツ北九州に延長戦の末敗れたため、天皇杯の敗退が決定しました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「ディフェンディングチャンピオンが3回戦で散る。
            北九州は“普段仕様”のスタイルで金星奪取!

 (ゲキサカ) 「前回王者・横浜FM、シュート30本も敗戦…
            北九州は延長戦唯一のシュートが決勝点に

 (ドメサカブログ) 「北九州が前回優勝の横浜FMを破る金星!
             延長の末にFW渡大生が決勝ゴール


 (カナロコ) 「サッカー天皇杯:連覇消え早すぎる終幕

 (スポニチ) 「横浜 痛恨の延長ロスタイム被弾で散る…客席からはブーイング

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「格下に逆転負け…横浜M・喜田「ブーイング受けて当然」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年天皇杯3回戦・北九州戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎スパーキングサマーC(2014年)穴馬予想&結果

< 8月20日(水)に行われるスパーキングサマーカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スパーキングサマーカップ】

 川崎のダート1600mで行われる南関重賞(SIII)です。

 メンバー的には最近の重賞で好走できていない馬がほとんどなので、どの馬がここで激走するのかわからず予想は難しいですね。

 なのでここは少し思い切って、トーセンアレスを◎にしてみることにしました。

 この馬は中央→南関→中央→南関と行ったり来たりしているのですが、最初の南関転入時(2012~2013年)には交流重賞・オーバルスプリントでハナ差の2着、南関重賞・埼玉新聞栄冠賞で勝利という実績を残しています。

 ただ中央再転入後は結果を出すことが出来ず、今年に入ってからは障害レースに転向していて、今年5月の南関再転入後の2レースも内容的にも結果でもあまり良い走りを見せていません。

 とはいえ、ここ2レースのうち1レースは交流重賞でしたし、どちらも重馬場だったので、良馬場で(かつてオープンを勝ったことのある)川崎マイルとなることで以前のような強さが復活する可能性もなくはないのではないかと考え、かなり一か八かの賭けではあるのですが、この馬に期待してみたいと思います。


  ◎  トーセンアレス / 張田京 (6)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎サマーチャンピオン(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎札幌記念&北九州記念(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月19日 (火)

◎サマーチャンピオン(2014年)穴馬予想&結果

< 8月19日(火)に行われるサマーチャンピオン(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サマーチャンピオン】

 佐賀のダート1400mで行われる交流ハンデ重賞(JpnIII)です。

 中央馬はいずれも初参戦か2戦以内という交流重賞(地方競馬場)経験の浅い馬ですし、大雨の不良馬場ということで、荒れる要素は大いにありそうな感じですね(そんな時こそ堅く決まるのかもしれませんが)。

 それでここは、ピッチシフターを◎にしてみましょう。

 この馬は愛知所属の牝馬ですが、2歳時(道営時代)にはエーデルワイス賞で2着に入り、その後もJBCレディスクラシックで地方馬最先着の5着、かきつばた記念4着と、交流重賞に3回出走して全て掲示板という実績なので、今後の交流重賞で穴をあけるだけの力はあると思います。

 それに、そのJBCレディスクラシックやかきつばた記念を始めとして重~不良のレースに多く出走していて、良馬場の時と変わらぬ結果を出しているので、馬場を味方を付けて今回好走する可能性もあるのではないかとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ピッチシフター / 大畑雅章 (2)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎関屋記念(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎スパーキングサマーC(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月18日 (月)

【MDB式“2014年天皇杯3回戦・北九州戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★8/20(水) 19:00~ 天皇杯3回戦・ギラヴァンツ北九州戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのリーグ戦の成績を比べ見てみると、

  マリノス(J1) :「 11位  7勝 6分 7敗  勝点 27 24得 19失 得失 +5 」

  北九州 (J2) :「 4位 13勝 6分 8敗 勝点 45  30得 27失 得失 +3 」

 J2で5年目&柱谷幸一監督就任2年目となる北九州は、ホームスタジアムがJ1の開催基準を満たしていないこともありJ1ライセンスを交付されていないため、今シーズンでのJ1昇格決定はなく、リーグ戦で6位以内に入ってもJ1昇格プレーオフ(3~6位の4クラブが参加)に出場できません。

 しかし、現在6試合負けなし(3勝 3分 0敗)&第14節からの14試合でわずか3敗(6勝 5分 3敗)で、元J1クラブが多数いる中でプレーオフ圏内の4位に入るほどに好調な状況です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 シーズンファイル】を見よ!!

 北九州とは公式戦初対決なので、マリノスの天皇杯における下位リーグチームとの対戦を振り返ってみましょう。

 かつては、1995~1998年の4年連続で下位リーグクラブ相手に敗退したり、市立船橋高校と延長の末にPK戦までいったり(2003年)、当時JFLの草津(現・群馬)にVゴール負けを喫する(2004年)など、下位リーグチームとの相性は最悪に近いものがありました。

 ただここ数年は、なぜか毎試合1失点はするものの、負けたりPK戦に持ち込まれたりすることはなくなりましたね(3年前の準決勝で対戦し敗れた京都(J2)戦は除く)。

 ちなみに、今年の2回戦ではJFLのホンダロックと対戦し、兵藤慎剛・端戸仁・天野純のゴールで3-0で勝利しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算25試合出場となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代3位タイとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算25試合出場となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代3位タイとなります。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算20試合出場となり、小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)・ドゥトラ(01-06,12-14)を抜いてマリノス歴代単独7位となります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算19試合出場となり、小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)・ドゥトラ(01-06,12-14)・小椋祥平と並びマリノス歴代7位タイとなります(小椋祥平も出場した場合は8位タイ)。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算15試合出場とな水範久(02-10)と並びマリノス歴代15位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、真夏におけるリーグ戦の合間の水曜というキツイ日程の中、J2で絶好調な北九州が相手ということで厳しい闘いが予想されますが、ディフェンディングチャンピオンの誇りを胸にきっちりと勝利して4回戦に駒を進めたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 北九州: 星原健太

 【怪我等で欠場予定】  マリノス: ラフィーニャ(登録外)

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 端戸仁
           北九州 : 大島秀夫

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【チケット情報】  日本サッカー協会

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜「事件だ」ラフィーニャがベンチ外」 (8/20)
   > 「【横浜M】ラフィーニャ、登録ミスで20日天皇杯出られない!」 (8/20)
   > 「横浜M赤っ恥…登録済んでいないFWラフィーニャをあわや出場」 (8/20)
   > 「横浜、U21代表候補の喜田が初先発か」 (8/20)

   > 「[北九州]3連戦を前に好ムードが漂う!」 (8/14)


 【TV中継】 (生) なし

        (録) なし

        (天皇杯3回戦ダイジェスト)
            8/22(金) 26:15~  NHK総合

            8/23(土) 12:00~  NHK BS-1

        (天皇杯ハイライト ~3回戦~)
            8/22(金) 23:00~  スカチャン0

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年天皇杯3回戦・北九州戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年8月17日 (日)

『代償』 伊岡瞬 > 「このミス」完全読破 No.763

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.763

 『代償』 伊岡瞬

   「このミス」2015年版 : 73位

   受賞(候補) : (「山田風太郎賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.7.24~ 読終:2014.7.27

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2014年3月>

代償 (角川文庫)代償 (角川文庫)
伊岡 瞬

KADOKAWA / 角川書店 2016-05-25
売り上げランキング : 4435

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 父母と共に暮らす奥山圭輔は、平凡でありながら幸せな日々を過ごしている小学生。

 しかし、圭輔が五年生になった頃、母の遠縁である浅沼道子が近所に引っ越してきて、その息子で圭輔と同じ歳の達也と共に圭輔の家を度々訪れるようになったため、この親子に対し初対面から薄気味悪さを感じていた圭輔は、浅沼親子がやって来る度に嫌な気持ちに。

 そんなある日、達也の父母が仕事の関係で大阪に一週間滞在するため、その間奥山家で達也を預かることになったものの、この時に圭輔の人生を大きく左右するような出来事が起きてしまい.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、第一部は少年時代の主人公・圭輔の物語なのですが、幸せな人生を送っていた少年が過酷で悲惨な暗黒人生へと堕ちていく過程が描かれていきます。

 その描写はそこまでエグかったり暴力的だったりはしないものの、先に進むにつれて主人公が嫌な目に合いどん底に向かって転落していくのが予想できてしまうため、読み進めるのがかなり辛くなってしまうほどのイヤミス的読み味となっていました。

 そして第二部に入ると、大人に成長し弁護士となった圭輔の物語となりまして、強盗致死事件の被告として収監されている達也から弁護の依頼が来たのをきっかけに、再び達也の魔の手が圭輔に絡みつこうと迫ってくるのです。

 この達也というのが、一見するとそこまで悪人とは思えないものの、実は自分の手は汚さずに周囲の人々を巧みに操って(自らの快楽のためだけに)他人を貶め破滅させるという頭脳派鬼畜人間でして、主人公側からすると何を考えているのかも何を仕掛けてくるのかも予測付かないこともあり、かなり不気味で相対するのは難しいと思わせるほどの(負の存在感が強烈な)悪役なのですね。

 そんな小学生時代からの腐れ縁である二人を中心に描かれていく物語は、前半部分の暗雲とした雰囲気を吹き飛ばすようなすっきりとしたエンタメ的カタルシスが終盤に待ち受けているわけではないですし、そもそも前半のイヤミス的展開は本当に読んでいて辛くなってしまうため、人をかなり選ぶ作品だと思います。

 なので、酷い目に合わされる主人公側に感情移入しながら読み進めるよりは、犯罪者とそれに立ち向かう者との緊迫感溢れるぶつかり合いを中心としたクライムサスペンス劇として(物語を見渡す目線を少し引いた位置で保ちながら)読んだ方が、本作から放たれる刺激的で重圧感のある魅力や面白さをしっかりと受け止めつつ堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★      鬼畜グログロ度 : ★★★
 ビックリ驚愕度  : ★★       おどろおどろ度 : ★★★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★★★
 下ネタエッチ度 : ★★★★★  感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★      気軽に読める度 : ★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “伊岡瞬” 関連記事 】

  > No.805 「乙霧村の七人」
  > No.763 「代償」


 「河原町ルヴォワール」円居挽 <<< PREV/NEXT >>> 「事故調」伊兼源太郎

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎関屋記念(2014年)穴馬予想&結果

< 8月17日(日)に行われる関屋記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【関屋記念】

 新潟の芝1600mで行われる重賞(GIII)です。

 ここは、これを書いている時点で単勝12番人気ながら複勝はそれなりに売れているというブレイズアトレイルを◎にしてみましょう。

 この馬は、(古馬になって初重賞出走となった)昨秋の富士S以降の重賞6レースで馬券圏内に入ったのは1レース(小倉大賞典3着)のみという成績なのですが、6レース中4レースで掲示板に載り、6着以下となった2レースはどちらも勝ち馬から0.3秒以内の僅差ということで、成績を見た印象とは違って常に接戦を演じています。

 それに、先行しても追い込んで来ても接戦に持ち込む自在性は魅力だし、これまでに連対した8レース中7レースが6~9月の期間と夏に好成績を残しているので、ここで善戦マンを返上して馬券圏に入ってくる可能性は大いにあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ブレイズアトレイル / 藤岡康太 (4)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎ブリーダーズGC(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎サマーチャンピオン(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月16日 (土)

【MDB式“2014年J1リーグ第20節・徳島戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★8/16(土) J1リーグ第20節・徳島ヴォルティス戦 (鳴門大塚)

  ○3-0 (前半2-0、後半1-0)  主審:木村博之  入場者数:12,034人

  .<得点> 1-0 中村俊輔   (横浜・前半27分 PK)
          2-0 ラフィーニャ (横浜・前半30分)
          3-0 ラフィーニャ (横浜・後半47分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦通算150試合出場を達成しました。

 中町公祐が、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成しました。

 齋藤学が、J1リーグ通算100試合出場にリーチとなりました。

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦通算150試合出場となり、鈴木健仁(93-98)を抜いてマリノス歴代単独30位となりました。

 中村俊輔が、マリノス所属時リーグ戦通算288試合出場となり、上野良治(94-07)を抜いてマリノス歴代単独3位となりました。

 小林祐三が、マリノス所属時リーグ戦通算112試合出場となり、榎本達也(97-06)、大島秀夫(05-08)と並びマリノス歴代29位タイとなりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 <記録更新>

  ・


 <記録ストップ>

  ・「勝ちなし」記録 > 5試合連続 でストップ <マリノス歴代 6位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】

 観客動員 > 12,034人

  > 徳島ヴォルティス戦ランキング ベスト・1位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、チャンピオンシップ)

  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第20節 終了時 : 11位 (前節 11位)
         < 7勝 6分 7敗  勝点 27 得点 24 失点 19 得失点差 +5 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「前半の失点でブロックの位置が下がってしまった徳島。
           それにより効果的な攻守が出来ず敗戦。

 (ゲキサカ) 「ラフィーニャが2発&PK獲得、横浜FMが徳島を下し6戦ぶり白星

 (ドメサカブログ) 「マリノスが3発快勝で6戦ぶり勝利挙げる!
                 ラフィーニャがPK獲得&2ゴールの活躍


 (カナロコ) 「光見えた完封、堅守復活のきっかけに

 (スポニチ) 「ラフィーニャ3得点に絡んだ 横浜6戦ぶり勝利に貢献

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第20節・徳島戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年08月の記事一覧

 2014年8月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

  2014年7月の記事一覧 <<   >> 2014年9月の記事一覧

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01金 : 「天馬のテニス」 助川祐司 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4
01金 : 『少年検閲官』 北山猛邦 > 「このミス」完全読破 No.758

02土 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2014年8月)
02土 : ◎小倉サマーJ(2014年)穴馬予想&結果
02土 : 【MDB式“2014年J1リーグ第18節・G大阪戦”データボックス】

03日 : ◎クイーンS&アイビスサマーD(2014年)穴馬予想&結果
03日 : ★記事別アクセス数ランキング(2014年7月)

04月 : 「返信願望!」 西尾維新×ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ読切!
04月 : 「ある朝起きたら」 西尾維新×河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ読切!
04月 : 「これやこの」 中野忍 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

05火 : 「CHIKUWA WESTERN」 松原大 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4
05火 : 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2014年9-10月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06水 : 『さよなら神様』 麻耶雄嵩 > 「このミス」完全読破 No.765
06水 : 「人弄遊戯」 天宮猷 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

07木 : 【MDB式“2014年J1リーグ第19節・柏戦”プレビュー】
07木 : 「VIRILE BEAUTY」 柴悠馬 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

08金 : 「夢館」 堀圭太 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4
08金 : 『寂しい丘で狩りをする』 辻原登 > 「このミス」完全読破 No.759

09土 : 『この雨が上がる頃』 大門剛明 > 「このミス」完全読破 No.760
09土 : 【MDB式“2014年J1リーグ第19節・柏戦”データボックス】

10日 : ◎小倉記念&レパードS(2014年)穴馬予想&結果
10日 : ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月 : 『水族館の殺人』 青崎有吾 > 「このミス」完全読破 No.761

12火 : 「このミス2015年版」下半期のランクイン候補作品

13水 : ◎クラスターC&黒潮盃(2014年)穴馬予想&結果

14木 : 【MDB式“2014年J1リーグ第20節・徳島戦”プレビュー】
14木 : ◎ブリーダーズGC(2014年)穴馬予想&結果

15金 : 『河原町ルヴォワール』 円居挽 > 「このミス」完全読破 No.762

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16土 : 2014年08月の記事一覧
16土 : 【MDB式“2014年J1リーグ第20節・徳島戦”データボックス】

17日 : ◎関屋記念(2014年)穴馬予想&結果
17日 : 『代償』 伊岡瞬 > 「このミス」完全読破 No.763

18月 : 【MDB式“2014年天皇杯3回戦・北九州戦”プレビュー】

19火 : ◎サマーチャンピオン(2014年)穴馬予想&結果

20水 : ◎スパーキングサマーC(2014年)穴馬予想&結果
20水 : 【MDB式“2014年天皇杯3回戦・北九州戦”データボックス】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21木 : 【MDB式“2014年J1リーグ第21節・川崎F戦”プレビュー】

22金 : 『事故調』 伊兼源太郎 > 「このミス」完全読破 No.764

23土 : 【MDB式“2014年J1リーグ第21節・川崎F戦”データボックス】

24日 : ◎札幌記念&北九州記念(2014年)穴馬予想&結果

25月 : 「笠原さんと雨の日に」 繁在家政之 > 週刊少年ジャンプ読切!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26火 : 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年9月)

27水 : ◎アフター5スター賞(2014年)穴馬予想&結果

28木 : 【MDB式“2014年J1リーグ第22節・仙台戦”プレビュー】

29金 : 『東京自叙伝』 奥泉光 > 「このミス」完全読破 No.766

30土 : ◎新潟ジャンプS(2014年)穴馬予想&結果
30土 : 【MDB式“2014年J1リーグ第22節・仙台戦”データボックス】

31日 : ◎キーンランドC&新潟2歳S(2014年)穴馬予想&結果
31日 : 「ジュウドウズ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ★記事別アクセス数ランキング(2014年8月)

  2014年7月の記事一覧 <<   >> 2014年9月の記事一覧


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村     人気ブログランキングへ

2014年8月15日 (金)

『河原町ルヴォワール』 円居挽 > 「このミス」完全読破 No.762

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.762

 『河原町ルヴォワール』 円居挽

   「このミス」2015年版 : 62位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「エアミス研ランキング」 3位
               「本格ミステリ・ベスト10」 13位

   読始:2014.7.24~ 読終:2014.7.27

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本(講談社BOX) <2014年3月>

河原町ルヴォワール (講談社文庫)河原町ルヴォワール (講談社文庫)
円居 挽

講談社 2015-09-15
売り上げランキング : 133129

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.288「丸太町ルヴォワール」No.495「烏丸ルヴォワール」No.623「今出川ルヴォワール」に続く、“ルヴォワールシリーズ”の4作目です。

 “講談社BOX”というラノベ系のレーベルから発売されながら、1作目が「このミス」「本ミス(本格ミステリ・ベスト10)」共にランクインするなど、ミステリ作品としての評価も高い人気のシリーズですが、本作でとうとう完結となります。

 なお、中心となる事件は巻ごとにことなりますが、メインのキャラクターが多いですし、シリーズを通して描かれていく流れが幾筋もあり、いきなり途中の巻から読んでも物語を理解しにくいと思うので、1作目から順に読むことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで最終巻となる本作は、あるメインキャラクターが殺されるという衝撃の場面から幕を上げ、この事件を巡って私的裁判“双龍会”が開かれます。

 前作ではオリジナル盤上ゲーム賭場大会“権々会”が中心となるなど、シリーズが続いていく中で新たな要素が組み入れられたりしましたが、やはり最終巻だからなのか、このシリーズで一番の魅力的イベントである“双龍会”がほぼ全編に渡って繰り広げられるので、原点回帰的な内容でした。

 この“双龍会”を改めて簡単に説明してみますと、作中舞台(京都)のみに古くから伝わる私的裁判のことで、(普通の裁判とは違って)事件の真相を明らかにする場ではなく、検察側は弁護側を、弁護側は検察側をいかにして論理的に言いくるめることが出来るかで勝敗を決めるという、ある意味“詭弁合戦”なのです。

 そんな“双龍会”における騙し合い仕掛け合いひっくり返し合う熱戦は今回も圧巻の迫力で、二転三転していく展開に読んでいて翻弄されてしまいますし、1作目における“どんでん返しの連発”とはタイプが違うものの、読者をも見事に欺いてしまうどんでん返しは大胆ながら非常に鮮やかで、シリーズを締めるのに相応しい驚きを生み出していたように思います。

 さらにはこのシリーズの裏ストーリーとでもいうべき恋愛話の方も見事な結末へと導かれていくので、これまでのシリーズ3作を心から楽しめた人であれば、必ずやシリーズの魅力がてんこ盛りとなった大団円に大満足出来るだろうし、このシリーズに対してさらに愛着がわくこと間違いなしですね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★★   鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★★★  おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★★★    人間味ドラマ度 : ★★
 下ネタエッチ度 : ★        感涙ウルウル度 : ★★★
 衝撃バカミス度 : ★★★     気軽に読める度 : ★★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “円居挽”関連記事 】

  > No.762 「河原町ルヴォワール」
  > No.623 「今出川ルヴォワール」
  > No.495 「烏丸ルヴォワール」
  > No.288 「丸太町ルヴォワール」


 「水族館の殺人」青崎有吾 <<< PREV/NEXT >>> 「代償」伊岡瞬

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年8月14日 (木)

◎ブリーダーズGC(2014年)穴馬予想&結果

< 8月14日(木)に行われるブリーダーズゴールドカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ブリーダーズゴールドカップ】

 門別のダート2000mで行われる交流牝馬重賞(JpnIII)です。

 昨年までは牡牝混合で開催されていましたが、今年から牝馬限定戦と大幅にリニューアルされています。

 メンバー的には、交流牝馬路線で最強の座をすでに築いたばかりか前走の中央重賞・平安Sでは牡馬相手に僅差の3着に好走したワイルドフラッパー、前々走で交流重賞・エンプレス杯で3着&前走の中央オープン・マリーンSで2着と好走続きのサンビスタによる1着争いとなり、力関係の比較が難しい残りの中央馬3頭による3着争いが繰り広げられる、といった感じになりそうです。

 オッズ的にもそういった組み合わせで売れているため、自分の買い方としては、手堅く行くならワイルドフラッパーサンビスタの2頭軸で残りの3頭中1頭だけを選んだ3連複1点か、一か八かに賭けるならあえてサンビスタが3着以下となることに期待してワイルドフラッパーから(サンビスタ以外の)3頭に流した馬複か、といったところでしょうか。

 まあ確実にいくならば前者でしょうが、それでも三分の二の確率で外れてしまうわけですし、自分はこういった2~3の少ない選択肢から外れを引いてしまう確率がかなり高いのですよね。

 なので、一応穴馬予想としてやっているわけですし、わずかな可能性に賭けてみることにして、あえてサンビスタを外した馬複勝負でいってみたいと思います。


  ◎  ワイルドフラッパー / 福永祐一 (3)
  △  リアライズキボンヌ / 吉原寛人 (4)
  △  ケイティバローズ / 勝浦正樹 (10)
  △  マーチャンテイマー / 川田将雅 (11)

  << 馬複:◎-△ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クラスターC&黒潮盃(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎関屋記念(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

【MDB式“2014年J1リーグ第20節・徳島戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★8/16(土) 19:00~ J1リーグ第20節・徳島ヴォルティス戦 (鳴門大塚)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 11位 6勝 6分  7敗 勝点 24 21得 19失 得失 +2 」
  徳島  :「 18位 2勝 3分 14敗 勝点  9  9得 40失 得失 -31 」

 J2だった昨年にJ1昇格プレーオフを勝ち抜いてクラブ初のJ1昇格を果たした徳島ですが、やはり初J1の壁は分厚かったのか、開幕から9連敗(9試合で2得点28失点)、第10節でようやく甲府相手に勝利したもののその後は6試合未勝利(0勝 2分 4敗)と全く結果が出ない状況が続いていました。

 とはいえ、第13節以降の7試合で8失点(3失点以上の試合はなし)と守備が崩れにくくなっていますし、W杯中断明け以降は「1勝 2分 2敗」と五分に近い結果を出していますし、村松大輔・エステバン・アドリアーノといった新加入選手が(中断期以降に)加わったことでチーム力は格段に上がっています。

 それに、12日(火)~15日(金)に開催の阿波踊りにより士気の方も上がっていそうな感じなので、9連敗当時の徳島のイメージで向かってしまうと、痛い目に合わされてしまう可能性は高いかもしれませんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 徳島とは今年の第3節(ホーム)がリーグ戦初対決で、富澤清太郎・伊藤翔・藤本淳吾の得点により3-0で快勝しています。


 ちなみに、1シーズン制になった2005年以降における、リーグ戦アウェー初対戦試合の成績をまとめてみますと、

 > 2005年 第34節 vs 大宮   A 埼玉    △1-1

 > 2006年 第09節 vs 甲府   A 小瀬    ●0-1

 > 2007年 第02節 vs 横浜FC A 三ツ沢   ●0-1

 > 2009年 第34節 vs 山形   A NDスタ  △0-0

 > 2012年 第03節 vs 鳥栖   A ベアスタ  ●0-1

 ということで、勝ちなし&5試合でわずか1得点と相性はかなり良くありません。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 6試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時公式戦通算150試合出場を達成します。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場を達成します。

 齋藤学が出場すると、J1リーグ通算100試合出場にリーチとなります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時公式戦通算150試合出場となり、鈴木健仁(93-98)を抜いてマリノス歴代単独30位となります。

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算288試合出場となり、上野良治(94-07)を抜いてマリノス歴代単独3位となります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算112試合出場となり、榎本達也(97-06)、大島秀夫(05-08)と並びマリノス歴代29位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算27ゴールとなり、兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は単独14位)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、5試合勝ちがないという厳しい状況ではありますが、試合内容的にもとりあえず1勝出来ればそのまま波に乗っていくことが出来る可能性は充分ありそうなので、最下位相手に確実に勝利したいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし  徳島: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス:

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス:
           徳島  :

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  徳島オフィシャル

 【チケット情報】  徳島オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「途中加入FWラフィーニャ、名門を上昇機運へ」 (8/16)
   > 「中沢 7戦ぶりの完封誓う 泥臭く「10センチ単位で寄せる」」 (8/16)
   > 「横浜、「見る阿呆」禁止で踊るぜ徳島戦」 (8/16)

   > 「[横浜FM]ラフィーニャが狙うのは連発と勝利」 (8/14)
   > 「前節2失点…樋口監督 CK対策に本腰「狙われた部分あった」」 (8/14)
   > 「徳島、阿波おどりで巻き返し」 (8/14)

   > 「[横浜FM]ボランチのポジション争いが激化」 (8/13)
   > 「ハマのカンペー富沢が16日の徳島戦で復帰」 (8/13)
   > 「【横浜M】学、高い守備意識「チームでしないと」」 (8/13)

   > 「俊輔 右膝OK「思ったより悪くない」9日柏戦で負傷交代」 (8/11)
   > 「【横浜M】学、俊輔ら故障で6戦ぶり白星に暗雲」 (8/11)


 【TV中継】 (生) 8/16(土) 18:50~  スカパー!プロモ100

        (録) 8/17(日) 12:00~  スカチャン3
            8/17(日) 16:00~  J SPORTS 3
            8/17(日) 27:25~  BSスカパー

            8/19(火) 14:30~  J SPORTS 3

            8/20(水) 12:45~  スカチャン1
            8/20(水) 24:30~  BSスカパー

            8/22(金) 14:20~  スカチャン3

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第20節・徳島戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年8月13日 (水)

◎クラスターC&黒潮盃(2014年)穴馬予想&結果

< 8月13日(水)に行われるクラスターカップ(JpnIII)黒潮盃(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【クラスターカップ】

 盛岡のダート1200mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 実績ではタイセイレジェンド・アドマイヤサガス・シルクフォーチュンの3頭が抜けているので、交流重賞の中では荒れやすい短距離戦とはいえこの3頭ですんなりと決まってしまいそうではあります。

 とはいえ、タイセイレジェンドは60kgを背負いますし、シルクフォーチュンは盛岡では(不利とまでは言えないけれど)有利ではない差し馬なので、軽斤量の逃げ先行馬が割って入る可能性は大いにあるとみて、ここはサマリーズを◎にしてみました。

 この馬は一昨年の交流GI・全日本2歳優駿を制した実績があるものの、その後は低迷が続いていたのですが、前々走の準オープンで久々の勝利を挙げました。

 低迷していたとはいえ、昨年の交流牝馬重賞・スパーキングレディーCでは0.2秒差2着に好走していましたし、強力な地方馬が不在な交流重賞であれば好走もありえるのではないかと思い、この馬に期待してみることに。

 買い方ですが、複勝で2倍以上は付かなそうなので、この馬軸の3連複流しで、相手は中央馬の中から(オッズの関係で仕方なく)スイートジュエリーを外し、代わりに岩手所属ながら元中央馬で盛岡では3連勝中のランドオウジを入れてみましょう。


  ◎  サマリーズ / 藤岡佑介 (9)
  △  タイセイレジェンド / 内田博幸 (1)
  △  アドマイヤサガス / 岩田康誠 (4)
  △  ランドオウジ / 村上忍 (6)
  △  シルクフォーチュン / 藤岡康太 (14)

  << 3連複:◎-△ >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【黒潮盃】

 大井のダート1800mで行われる南関3歳重賞(SII)です。

 南関クラシックで結果を出した馬や出せなかった馬、クラシック以外の路線で力を付けてきた馬、他地区のダービー馬など、様々な臨戦過程の馬がいるので、急に強くなることもある3歳馬だけに予想は難しいですね。

 それでここは、トーコーガイアを◎にしてみましょう。

 この馬は兵庫所属馬で、交流重賞を除けばデビューから8戦6勝全連対で兵庫ダービーを制しました。

 前走の交流GI・JDDでは10着に惨敗したものの、一線級の中央馬相手に最終コーナーで外から果敢に捲くって勝ちにいくという積極的な内容だったため直線で垂れてしまったのは致し方ないですし、地方馬のみが相手である今回はそこまで捨て身の戦法を採る必要はないので、もっとスムーズな走りが出来るのではないでしょうか。

 それに、交流重賞・兵庫ジュニアグランプリで掲示板に載る実績もあることですし、巻き返しは充分にあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  トーコーガイア / 木村健 (4)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎小倉記念&レパードS(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎ブリーダーズGC(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月12日 (火)

「このミス2015年版」下半期のランクイン候補作品

 2014年5月~10月に発売された作品を対象とした、「このミステリーがすごい!2015年版」下半期のランクイン候補作品を予想をしてみましょう

 ただ、まだ対象作品が全て出揃う前の時点で順位まで予想してしまうのはさすがに無茶なので、今回は、自分がこれまで読み終えることが出来た作品から、「ベスト10入りが確実と予想される作品」「ベスト20入りする可能性が高いのではと予想される作品」などの項目ごとに該当する作品を入れてみたいと思います

 そして、11月の半ば頃に、「上半期~」「下半期~」を元に、最終的な“ランキング(順位)予想”の記事を書く予定です(後日追記:予想記事を更新しました→「このミステリーがすごい!2015年版」ランキング(順位)予想


 なお、対象となる下半期(2014年5月~10月)に発売された中ですでに読み終えた作品は以下の通り(この対象作品は、読み終えるごとに追加していきます)

【 これまでに読み終えた対象作品一覧(2015年版・下半期) 】

 * このリストのみ、タイトル部分のリンク先は当ブログの感想記事

 ・ 虚ろな十字架 / 東野圭吾
 ・ 事故調 / 伊兼源太郎
 ・ さよなら神様 / 麻耶雄嵩
 ・ 東京自叙伝 / 奥泉光
 ・ 冷たい太陽 / 鯨統一郎

 ・ ナウ・ローディング / 詠坂雄二
 ・ 半導体探偵マキナの未定義な冒険 / 森川智喜
 ・ ○○○○○○○○殺人事件 / 早坂吝
 ・ 水底の棘 / 川瀬七緒
 ・ 失踪都市 所轄魂 / 笹本稜平

 ・ 異次元の館の殺人 / 芦辺拓
 ・ 雨の狩人 / 大沢在昌
 ・ 土漠の花 / 月村了衛
 ・ 闇に香る嘘 / 下村敦史
 ・ マスカレード・イブ / 東野圭吾

 ・ 黒龍荘の惨劇 / 岡田秀文
 ・ ずっとあなたが好きでした / 歌野晶午
 ・ ナイト&シャドウ / 柳広司


 なお、これはあくまで素人である当ブログ管理人が個人的に予想しているものです

 なので、「ベスト10入り確実」と言った作品が実際には1票も入らなかったりとか、名前を挙げなかった作品が上位に入るなどの可能性は大いに有り得ますので、その点をご了承の上で参考にしていただければと思います

 ちなみに、過去の最終的な予想実績に関しては、以下の記事にて確認ください
  ・ 「このミス2014年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
  ・ 「このミス2013年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
  ・ 「このミス2012年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>

  ・ 「このミス2011年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
  ・ 「このミス2010年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編>
  ・ 「このミス2009年版」ランキング(順位)予想 <反省会>


 * 「ランク入り確率」は、(自分が予想する)ベスト20にランクインする可能性をパーセンテージで表したものです。つまり、100%に近いほど、ベスト20にランクインする可能性が高いと自分が予想している、ということです。なお、数字は適当なので、大体の目安程度に思ってください

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * 上半期(13年11月~14年4月)に発売された作品に関しては、「このミス2015年版」上半期のランクイン候補作品をご覧ください。

 * 読んでいない作品も含めた候補作品は、「このミス2015年版」対象作品の中から120作激選リストをご覧ください。

 * この記事は現時点で未完の状態なので、対象作品を読み終えてからしばらく後に、ランクインの可能性がありそうだと思ったら追加していく予定です(追加情報は「このミス」完全読破 説明&読破本リストの“更新情報”欄に書いていきます)


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 ベスト10入りが確実と予想される作品 】

  ここでは、ベスト10入りが確実で、場合によっては1位も狙えるのでは?と自分が予想した作品を挙げてみました

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さよなら神様 / 麻耶雄嵩 ・・・ランク入り確率 : 80%

 2006年版5位にランクインしたNo.38「神様ゲーム」に続く“神様シリーズ”の2作目です。

 5年ぶりの新刊発売となった2010年以降の4作品全てがランクインし(その前も含めると現在6作連続ランクイン中)、シリーズ前作はベスト5入りしているなど、作者的にもシリーズ的にも「このミス」との相性はかなり良いです。

 そして内容の方も、近作と比べて確実に劣るということは絶対にないと断言できるほどなので、今回もランクインはほぼ確実でしょうし、上位入りの可能性も充分にあるのでは。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.765 『さよなら神様』 麻耶雄嵩


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 ベスト20入りするのではないかと予想される作品 】

  ここでは、ベスト20にランクインする可能性が高そうな作品を挙げてみました

  ただ、例年11~20位と21~30位辺りの作品の得票数というのはそれほど変わりはなくて、たった1人の投票者のさじ加減一つで大きく順位が変動してしまうほどの差しかないので、ここら辺になってくるとランクインするかどうかは運の要素も大きく関わってくるといってもよいでしょう

  なので、この項目に挙げたのは、「30位以内には入ってくるのではないかと予想される作品」といった認識で参考にしてもらう感じでちょうど良いのでは

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 闇に香る嘘 / 下村敦史 ・・・ランク入り確率 : 50%

 今年の江戸川乱歩賞受賞作ですが、「このミス」創刊(1988年)以降における乱歩賞受賞作の「このミス」ランクインは5作のみで、3年前(2012年版)のNo.566「カラマーゾフの妹」(高野史緒)が実に11年ぶりの乱歩賞ランクインだったりするなど、特に近年のランクイン率はかなり低いです。

 とはいえ、その「カラマーゾフの妹」が7位、「13階段」(高野和明)が2010年版8位、「テロリストのパラソル」(藤原伊織)が1996年版6位など、ランクインする時は新人ながら一気に高順位に入ってくる印象があるので、社会派で趣きのある物語&いくつもの謎がすっきりと解消するトリックを併せ持つ本作が“一気に高順位”のパターンに当てはまる可能性はありそうな感じがします。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.783 『闇に香る嘘 下村敦史

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 ベスト20入りする可能性もあるかもと予想される作品 】

  ここでは、ベスト20入り確実!とは言えなさそうだけど、入らないとは強く言えないような、穴馬的な作品を挙げてみました

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 虚ろな十字架 / 東野圭吾 ・・・ランク入り確率 : 30%

 死刑制度をテーマとした社会派サスペンス/ミステリ作品で、「週刊文春ミステリーベスト10」での上位入りは堅いだろうと思わすような出来栄えでした。

 ただ「このミス」では、2010年版以降にランクインした東野作品が“加賀恭一郎シリーズ”(刑事が主人公)の3作(No.236「新参者」No.437「麒麟の翼」No.690「祈りの幕が下りる時」)のみで、ランクインまでもう少しだった作品も刑事が主人公のNo.479「マスカレード・ホテル」(2012年版22位)のみ(2010年版以降における刑事が主人公だった作品はこの4作だけ)という結果から考えると、ジャンル的にも本作が「このミス」でランクインするまでに票を伸ばすのは難しいのではないでしょうか(ただその一方で多くの票を獲得する可能性も考えられるのですが.....)。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.664 『虚ろな十字架』 東野圭吾

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 土漠の花 / 月村了衛 ・・・ランク入り確率 : 30%

 その圧倒的な迫力とスピード感が凄まじい物語によりランクインの可能性が高そうな本作ですが、今年の月村作品の大本命と言えば間違いなく上半期に発売されたNo.722「機龍警察 未亡旅団」の方なので、票割れを考えるとどうしても「~未亡旅団」の方に票が流れてしまうように思ってしまいます。

 とはいえ「このミス」では過去に同一作家の2作同時ランクインはおろか3作同時ランクインさえ何度もあることから、あまり作家単位で票の伸びを予測する必要はないですし、となれば本作も充分にランクインの有力候補の一つとなるのではないですかね。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.782 『土漠の花』 月村了衛

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 異次元の館の殺人 / 芦辺拓 ・・・ランク入り確率 : 25%

 本格ミステリとSF要素(パラレル現象)とを融合した作者らしい企みに満ちた作品で、そこまでガッツリした読み応えのあるタイプではないものの、昨年もガッツリ系の長編No.697「時の審廷」(24位)ではなくページ数の少ない連作No.684「奇譚を売る店」(20位)の方がランクインしたように、奇想的アイデアが評価されて票が集まる傾向にある作者なので、本作も地味ながら堅実に票を集めるのでは。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.780 『異次元の館の殺人』 芦辺拓

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 雨の狩人 / 大沢在昌 ・・・ランク入り確率 : 25%

 シリーズ2作目「砂の狩人」が2003年版4位にランクインした“狩人シリーズ”の4作目です。

 その「砂の狩人」以降の大沢作品は“新宿鮫シリーズ”の2作だけしかランクインしていないのですが、ランクインこそ逃したものの40位以内に入るほどの票が入った作品はいくつもあったので“新宿鮫シリーズにしか票が入らない”ということはないですし、今年はハードボイルド/警察小説などの硬派なジャンルで評価が高い作品が少なかったので、その分本作が票を集めるような感じもします。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.781 『雨の狩人』 大沢在昌

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 水底の棘 法医昆虫学捜査官 / 川瀬七緒 ・・・ランク入り確率 : 25%

 “法医昆虫学捜査官シリーズ”の3作目ですが、昨年には2作目No.737「シンクロニシティ」が次点の21位となっていますし、本作も前作に投票した人なら再び票を入れるのではないかと思わせるほどの変わらぬ魅力があったので、今度こそランクインという結果が付いてくる可能性はありそうです。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.774 『水底の棘』 川瀬七緒

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 黒龍荘の惨劇 / 岡田秀文 ・・・ランク入り確率 : 20%

 “名探偵月輪シリーズ”の2作目である本作は、連続殺人事件を大胆なトリックと真相で描いた本格ミステリ作品で評価も高く、「本格ミステリ・ベスト10(以下「本ミス」)」では高順位が期待出来るのですが、「このミス」では「本ミス」ほど票が入らないタイプのようにも感じるので、そんな予想が当たるのか、はたまたそんな予想を覆して高順位にランクインするのか、果たしてどちらになるのでしょうね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 半導体探偵マキナの未定義な冒険 / 森川智喜 ・・・ランク入り確率 : 20%

 昨年発売の「スノーホワイト」で本格ミステリ大賞を受賞した森川智喜の受賞第一作となりますが、探偵ロボットを用いることで“探偵”という人格にスポットを当てる試みがマニア受けしそうな内容なので、昨年に「スノーホワイト」(35位)を読んでいなかった投票者が多くいるのであれば、本ミス大賞受賞により注目度が上がった本作でランクインという可能性もあるのでは。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.771 『半導体探偵マキナの未定義な冒険』 森川智喜

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 東京自叙伝 / 奥泉光 ・・・ランク入り確率 : 15%

 奥泉光は文芸系とエンタメ(ミステリ)系の両系統の作品を発表している作家で、本作は文芸系の作風なためジャンル的に「このミス」の対象外となりそうなのですが、この物語をジャンルを超えた“奇想小説”と見れば「このミス」の範囲内に入って来そうですし、エンタメ要素の薄い(文芸系に近い)作品に票を入れる投票者も結構多いので、意外なほどに票を集める可能性があるかもしれません。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.766 『東京自叙伝』 奥泉光

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ナイト&シャドウ / 柳広司 ・・・ランク入り確率 : 15%

 柳作品は過去には“ジョーカー・ゲームシリーズ”の3作しかランクインしていないのですが、no.339「キング&クイーン」が2011年版22位、No.463「ロマンス」が2012年版35位など“ジョーカー・ゲームシリーズ”以外でも惜しい所まで行った作品はありますし、本作は“ジョーカー・ゲームシリーズ”に近い要素がありつつ独自の魅力も持ち合わせていたように思うので、堅実に票を稼いでくるのでは。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.787 『ナイト&シャドウ』 柳広司

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ずっとあなたが好きでした / 歌野晶午 ・・・ランク入り確率 : 15%

 作者らしい刺激が仕掛けられた恋愛短編集ですが、その評価は大きく分かれそうなので、絶賛する投票者が多い場合はランクインするほどに票を積み重ねて来そうな感じがします。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.786 『ずっとあなたが好きでした』 歌野晶午

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ○○○○○○○○殺人事件 / 早坂吝 ・・・ランク入り確率 : 10%

 とにかくバカミスとして突き抜けた魅力のあるメフィスト賞受賞作なのですが、「このミス」では「本ミス」と比べてバカミス作品に票が入りにくい傾向にある(倉阪鬼一郎・鳥飼否宇・小島正樹などの作品が代表例)ものの、本格ミステリとしても意外としっかりしているというギャップが評価されるならば、2013年版13位にランクインしたNo.581「猫間地獄のわらべ歌」(幡大介)の時のような大穴的な存在となるのではないでしょうか。

 [ この作品の当ブログ感想記事はこちら!! ]
  >> No.773 『○○○○○○○○殺人事件』 早坂吝

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【 未読のランクイン確率が高そうな作品 】

  ここでは、まだ読んでいない作品の中で、過去の実績や評判などからランクインする可能性のありそうな作品を挙げてみました。

  なお、ここに挙げた作品は、読み終えた後には削除し、ランクインしそうだと思ったら上のいずれかの項目に追加する予定です。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   処刑までの十章 / 連城三紀彦

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   女 王 / 連城三紀彦

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   後妻業 / 黒川博行

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   どこの家にも怖いものはいる / 三津田信三

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   アイネクライネナハトムジーク / 伊坂幸太郎

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   荒 神 / 宮部みゆき

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   幻 肢 / 島田荘司

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   絶 叫 / 葉真中顕

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   大癋見警部の事件簿 / 深水黎一郎

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   金魚鉢の夏 / 樋口有介

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ジョン、全裸連盟へ行く / 北原尚彦

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   神の子 / 薬丸岳

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   GIVER / 日野草

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   キッド・ザ・ラビット ナイト・オブ・ザ・ホッピング・デッド / 東山彰良

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   純喫茶「一服堂」の四季 / 東川篤哉

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   自覚 隠蔽捜査5.5 / 今野敏

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   セブン / 乾くるみ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   もう教祖しかない! / 天祢涼

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   セシューズ・ハイ 都知事探偵・漆原翔太郎 / 天祢涼

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   ダンデライオン / 河合莞爾

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   出版禁止 / 長江俊和

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   人間の顔は食べづらい / 白井智之

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「このミステリーがすごい!2015年版」関連記事】

  > 「このミス2015年版」上半期のランクイン候補作品 (14.2.14)
  > 「このミス2015年版」下半期のランクイン候補作品 (14.8.12)

  > 「このミス2015年版」のベスト10作品をみんなで予想しよう! (14.11.2)

  > 「このミステリーがすごい!2015年版」ランキング(順位)予想 (14.11.14)

  > 「このミス2015年版」投票者なりきりベスト6 (14.12.7)

  > ミステリー・推理小説総合ランキング(2014年) (14.12.2)

  > 「ミステリが読みたい!2015年版」 (14.11.25)
  > 「週刊文春ミステリーベスト10(2014年)」 (14.12.4)
  > 「2015 本格ミステリ・ベスト10」 (14.12.5)
  > 「このミステリーがすごい!2015年版」 (14.12.8)

  > 「このミス2015年版」ランキング(順位)予想 <反省会・総論編> (14.12.9)
  > 「このミス2015年版」ランキング(順位)予想 <反省会・各論編> (14.12.10)
  > 「このミス2015年版」ランクイン作品を
              事前に読んでしまおう!<反省会> (14.12.18)

  > 「この“ランク外作品”がすごい!2015年版」 (14.12.26)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年8月11日 (月)

『水族館の殺人』 青崎有吾 > 「このミス」完全読破 No.761

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.761

 『水族館の殺人』 青崎有吾

   「このミス」2014年版 : 28位

   受賞(候補) : (「本格ミステリ大賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 2位
              「黄金の本格ミステリー」 選出

   読始:2014.7.4~ 読終:2014.7.6

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2013年8月>

水族館の殺人 (創元推理文庫)水族館の殺人 (創元推理文庫)
青崎 有吾

東京創元社 2016-07-28
売り上げランキング : 4873

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.729「体育館の殺人」に続く“裏染シリーズ”の2作目です。

 鮎川哲也賞受賞作でもある前作は、いきなり「本格ミステリ・ベスト10」(本ミス)で5位にランクインするなど、新人作家のデビュー作としてはかなり高い(本格ミステリとしての)評価を受けました。

 そしてその翌年(2013年)に発売されたのがデビュー2作目にしてシリーズ2作目である本作なのですが、今度は「本ミス」で2位にまで順位を上げ、1作目が57位だった「このミス」ではランクインまであと一歩の28位となり、さらには本格ミステリ大賞の候補に選ばれるなど、1作目以上の評価を受けることになったのですね。

 なお、前作とは描かれる事件が異なるため本作から読んでも楽しむことができると思いますが、前作から引き続いて登場するキャラクターが結構多いですし、前作を読んでいないと理解できないやり取りや関係などもあるので、前作から順に読むことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 風ヶ丘高校の新聞部が横浜丸美水族館で取材を行っていると、館内で殺人事件が発生。

 (前作にも登場した)仙堂&袴田の刑事コンビがやって来て捜査を開始するも、容疑者全員にアリバイが成立してしまうなど事態は混迷状態となったため、(前作からの腐れ縁である)校内に無許可で住みつくアニメオタク・裏染天馬の協力を得ることに.....。

 というわけで本作は水族館が舞台となっているのですが、やはり消去法を中心とした論理的推理よって事件の謎を丁寧に解いていくという古き良き本格ミステリの魅力と、登場人物の個性的(漫画的)なキャラクターやそのコミカルなやり取りから来る現代ミステリの魅力とが絶妙に絡み合っています。

 それに、(前作と同様に)何でもないような小道具一つから事件の真相へと辿り着いてしまう天馬の推理は相変わらず鮮やかですし、消去法による推理も前作と比べて穴(わかりやすい詰めの甘さ)がなくなり推理小説としてさらに精練されているので、本作により前作がフロックではないことを完全に証明しているのはもちろん、“平成のクイーン”という称号も素直に受け入れられてしまうほどの(本格ミステリ的)素晴らしさなのですね。

 ただ、犯人の動機などの描写があっさりしているところからも新本格時代の本格ミステリ作品が批判されてきた部分をも踏襲しているようであるなど、一つのジャンルにこだわった側面があるので好みは別れそうですが、ロジック系ミステリが好きな人であれば本作の魅力に思う存分酔いしれることが出来るのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★★★  鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★       おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★
 下ネタエッチ度 : ★        感涙ウルウル度 : ★
 衝撃バカミス度 : ★★★     気軽に読める度 : ★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “青崎有吾” 関連記事 】

  > No.934 「図書館の殺人」
  > No.761 「水族館の殺人」
  > No.729 「体育館の殺人」


 「この雨が上がる頃」大門剛明 <<< PREV/NEXT >>> 「河原町ルヴォワール」円居挽

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年8月10日 (日)

◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月)

 当ブログで更新している競馬予想の「2014年8月」の結果まとめ記事です。

 * ☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ

 * >>>のリンク先は当ブログ記事

 << この記事は現時点で未完の状態なので、レースが終わるごとに結果を追加していく予定です >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

● 08/02 小倉・小倉サマーJ(J・GIII) -3,000円  >>>
    ◎馬:(5人 7着) アシュヴィン/林満明

○ 08/03 札幌・クイーンS(GIII) +4,200円  >>>
    ◎馬:(6人 2着) アロマティコ/三浦皇成

● 08/03 新潟・アイビスサマーD(GIII) -3,000円  >>>
    ◎馬:(8人 5着) アンゲネーム/丸田恭介

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

● 08/10 小倉・小倉記念(GIII) -3,000円  >>>
    ◎馬:(5人 7着) ダコール/松山弘平

☆ 08/10 新潟・レパードS(GIII) +13,800円  >>>
    ◎馬:(9人 3着) ランウェイワルツ/柴田善臣

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

? 08/13 盛岡・クラスターC(JpnIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/13 大井・黒潮盃(SII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/14 門別・ブリーダーズGC(JpnIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/17 新潟・関屋記念(GIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

? 08/19 佐賀・サマーチャンピオン(JpnIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/20 川崎・スパーキングサマーC(SIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/24 札幌・札幌記念(GII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/24 小倉・北九州記念(GIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

? 08/27 大井・アフター5スター賞(SIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/30 新潟・新潟ジャンプS(J・GIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/31 札幌・キーンランドC(GIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

? 08/31 新潟・新潟2歳S(GIII) +-円  >>>
    ◎馬:(人 着) /

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数  的中率   収支額    回収率 

☆14年08月   >  2/5  40.0%   +9,000円  160.0% 

☆14年通算   > 30/121 24.8%  +31,700円  108.7%


☆13年通算   > 58/211  27.5%  -81,160円   87.2%

☆12年通算   > 47/210  22.4%  -63,970円   89.9%

☆11年通算   > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算   > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算   > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  NEXT >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年9月)

  ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2013年7月) <<< PREV


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

◎小倉記念&レパードS(2014年)穴馬予想&結果

< 8月10日(日)に行われる農林水産省賞典 小倉記念(GIII)レパードステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【農林水産省賞典 小倉記念】

 小倉の芝2000mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 ここは、人気の一角なので穴馬とは言えませんが、ダコールを◎にしてみましょう。

 この馬の近走は重賞で3~4着がほとんどと安定感があるのですが、ここ4戦中3戦が馬券圏にギリギリ届かない4着ということで、狙いやすそうで狙いにくい馬となっています。

 ただ、昨年のこのレースでは早めに抜け出した3頭ですんなり決まりそうな状況でほぼ最後方から追い込んで来て僅差の4着となりましたし、小倉では5戦して連対を外したのはこの時のレースのみとコース相性も良いです。

 前走の七夕賞も馬券圏に届かなかったとはいえ上がり最速で(3着馬とは3/4差の)4着にまで来ているので、長期休み明けからの叩き3戦目で得意のコースであれば3着以内に入ってくれるのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ダコール / 松山弘平 (12)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 9     サトノノブレス    和田竜二 3
 2着 13    マーティンボロ    藤岡佑介 6
 3着 1     メイショウナルト   田辺裕信 2
 4着 10    ニューダイナスティ 浜中俊   4
 5着 11    ローゼンケーニッヒ 武幸四郎 9

 7着 12 ◎ ダコール        松山弘平 5


 ◎ダコールは今回もほぼ最後方からコーナーで捲くって直線に入ってきましたが、今回はそこから伸びて来なかったのはやはり雨や馬場の所為でしょうか.....。

 新潟の台風情報ばかり気にして小倉の天候に気が向かなかったのが(予想の)敗因でしたねェ。


  (×複勝:12)  ×不的中 3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【レパードステークス】

 新潟のダート1800mで行われる3歳重賞(GIII)です。

 台風が近づいて来ている中でのレースとなるため、実力通りには決まらなそうなので、ただでさえ難しい予想がさらに難しくなっていますね。

 そしてユニコーンSでの◎馬(勝ち馬のレッドアルヴィス)とJDDでの◎馬(ほんのわずかな差で4着となったノースショアビーチ)という愛着ある馬が2頭も出るのですが、ここはあえてこの2頭ではなく、ランウェイワルツを◎にしてみましょう。

 この馬の前走は交流GI・JDDで5着でしたが、そんなに目立つレース内容ではなかったのでインパクトはなかったものの勝ち馬から0.2秒差と成績自体は上位馬とそれほど変わりませんでした。

 2走前の交流重賞・兵庫CSではクビ差の2着、3走前は中央オープンで勝利と安定して結果を出しているわりには、目立つ強調材料がないためか今回もそれほど人気になっていないのですが、そんな馬こそがこういった混戦でもしっかりと結果を残すのではないかと思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ランウェイワルツ / 柴田善臣 (4)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13    アジアエクスプレス 戸崎圭太   1
 2着 9     クライスマイル    ローウィラー 7
 3着 4  ◎ ランウェイワルツ   柴田善臣   9
 4着 3     レッドアルヴィス   蛯名正義   2
 5着 7     アスカノロマン    太宰啓介   3


 ◎ランウェイワルツは、スローペースで一団となる中で後方の位置取りだったり、直線では最内で前が詰まりそうな位置取りだったり、直線で伸びてきたけれど前で3着争いしていたのが2~4番人気馬だったりと、レース序盤からゴール直前まで“これは大丈夫かな!?”と不安になる展開が続きましたが、そこから鋭く伸びて(2着馬とクビ差の)3着に入ってくれました.....。

 本当は以前◎にしたレッドアルヴィスかノースショアビーチ(特に前走で差のない4着だったため複勝買いとしてはかなり悔しい想いをしたノースショアビーチの方)を◎にしようとしたものの、小倉記念の方を人気馬にしたことでこちらは穴狙いに変えたので、小倉記念との合わせ技での的中といえそうですね。


  (○複勝:4 5.6倍)  ○的中! 3,000円 → 16,800円


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クイーンS&アイビスサマーD(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クラスターC&黒潮盃(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月 9日 (土)

【MDB式“2014年J1リーグ第19節・柏戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★8/9(土) J1リーグ第19節・柏レイソル戦 (日産ス)

  △2-2 (前半2-1、後半0-1)  主審:西村雄一  入場者数:24,544人

  .<得点> 1-0 ラフィーニャ (横浜・前半20分)
          2-0 齋藤学    (横浜・前半23分)
          2-1 鈴木大輔   (柏  ・前半32分)
          2-2 増嶋竜也   (柏  ・後半26分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 中町公祐が、マリノス所属時公式戦通算100試合出場にリーチとなりました。

 中村俊輔が、マリノス所属時リーグ戦通算287試合出場となり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代3位タイとなりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 この試合で負けか引き分たため、柏レイソル戦10試合勝ちなしとなり、「同一カード 勝ちなし」のマリノス歴代新記録を達成しました。

 <記録更新>

  ・「勝ちなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>


 <記録ストップ>

  ・

  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】

 観客動員 > 24,544人

  > 柏レイソル戦ランキング ベスト・5位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、チャンピオンシップ)

  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第19節 終了時 : 11位 (前節 11位)
         < 6勝 6分 7敗  勝点 24 得点 21 失点 19 得失点差 +2 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「」

 (ゲキサカ) 「ラフィーニャ移籍後初ゴールも…横浜FMは2点リード守れず柏とドロー

 (ドメサカブログ) 「横浜FM2点リードを追いつかれ苦手の柏とドロー 5戦勝利なしに


 (カナロコ) 「セットプレーで2失点 自慢の堅守が崩壊の危機

 (スポニチ) 「横浜・斎藤 4戦ぶり4発目も…「もう引き分けはいいかな」

 (日刊スポーツ) 「横浜斎藤4戦ぶり弾も実らずドロー

 (スポーツ報知) 「強行先発・学弾もドロー、前半2点守れず

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤、“強行先発”も不安吹き飛ばす今季4点目!

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第19節・柏戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

『この雨が上がる頃』 大門剛明 > 「このミス」完全読破 No.760

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.760

 『この雨が上がる頃』 大門剛明

   「このミス」2015年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.7.4~ 読終:2014.7.6

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2013年12月>

この雨が上がる頃この雨が上がる頃
大門 剛明

光文社 2013-12-14
売り上げランキング : 559912

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大門剛明は、横溝正史ミステリ大賞を受賞したデビュー作「雪冤」を始めとした、重厚な社会派テーマと刺激的なミステリトリックとが絡んだ長編作品を発表しています。

 ただここ最近は、これまでに発表してきた短編作品がちょうど単行本一冊分集まるタイミングのかもしれませんが、短編集(連作集)の刊行が目立ちます。

 しかもその収録作には、日本推理作家協会賞の短編部門候補作に選ばれたり、ミステリ短編の年間傑作選アンソロジーに収録されるなど、高い評価を受けている短編がいくつかあるので、今後“ミステリ短編の名手”として注目を集める可能性は大いにあるのではないでしょうかね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作ですが、「この雨が上がる頃」「雨のバースデー」「プロポーズは雨の日に」「密室の雨音」「軍艦橋に降る雨」「記憶と雨とニート」「地検の通り雨」の7編から成る短編集です。

 各作品に繋がりはほぼないものの、同じ雨の一日に起きた出来事である、という裏設定的な繋がりがあったりもします。

 その“出来事”というのがいずれも犯罪が絡んだ事件で、主人公は事件に巻き込まれたり当事者だったりするのですが、やはり社会派作品を手掛けている著者だけあって事件サスペンスとしての読み応えはさすがですし、それが短編らしく洗練されているのも見事です。

 そこにさらにクライマックスではミステリトリックが炸裂して驚愕を誘うのですから、まさにミステリ短編集のお手本とでも言うべき作品なのではないでしょうか。

 とはいえ、こういったどんでん返し系ミステリ短編集の難点ではあるのですが、各話を読み進めるごとに驚きの仕掛けの傾向に勘付きやすくなってしまいますし、個人的には同じ著者の短編集(連作集)としては同年発売のNo.686「ぞろりん がったん」の方が収録作のレベルでも作品全体の完成度でも上だったように感じましたね。


> 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★★   鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★★    おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★★     人間味ドラマ度 : ★★★
 下ネタエッチ度 : ★★      感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★★     気軽に読める度 : ★★★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “大門剛明” 関連記事 】

  > No.760 「この雨が上がる頃」
  > No.686 「ぞろりん がったん」
  > No.295 「罪火」


 「寂しい丘で狩りをする」辻原登 <<< PREV/NEXT >>> 「水族館の殺人」青崎有吾

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年8月 8日 (金)

『寂しい丘で狩りをする』 辻原登 > 「このミス」完全読破 No.759

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.759

 『寂しい丘で狩りをする』 辻原登

   「このミス」2015年版 : 62位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.7.1~ 読終:2014.7.4

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2014年3月>

寂しい丘で狩りをする (講談社文庫)寂しい丘で狩りをする (講談社文庫)
辻原 登

講談社 2016-06-15
売り上げランキング : 291669

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 かつてレイプ被害者となった野添敦子は、その犯人であり自分に対して逆恨みしている押本史夫が間もなく出所してくることを知り怯える日々。

 そんな中、知人に紹介された女性探偵・桑村みどりに、出所した押本の尾行調査を引き受けてもらうことに。

 しかし、みどり自身も暴力的な元恋人・久我にストーカーのように付きまとわれていて.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、理不尽な理由により追われる女&追う男が二組登場するクライムサスペンス作品です。

 女側の一人にはその道のプロである探偵の協力者がいて、もう一人はその探偵自身なので、逆恨み男&ストーカー男に対する防御体制は本格的なものです。

 その一方で男側の二人は、(行動を共にするわけではないものの)どちらも犯罪者ならではの悪賢い知能戦略と暴力的な行動戦略で女側に対し恐怖を伴って追い詰めていくので、この両者の危機迫るほどの駆け引きにはかなりの迫力とスリルが感じられました。

 そんな犯罪的追走劇の合間には、映画のフィルムエディターとして働いている敦子が戦前映画の幻のフィルムを発見&修復して再上映する話や、元映写技師である押本が当時を懐古したり出所後に映画館で働くエピソードなど、サスペンス部分とは直接関わらないような映画に関する逸話が盛り込まれているのですが、そこだけ抜き出しても興味深くて面白いので、そんな所からも純文学系作家であることが窺えますね。

 ただこれをエンタメサスペンスとしてみると、息詰まるようなサスペンス劇の流れるような勢いを堰き止めてしまっているようでもあるので、この(映画関連)部分を許容できるのか余計なものとみるのかで作品全体の評価がはっきりと別れてしまいそうですし、やはりエンタメとしての完成度はそこまで高くない(というか元々そういう部分で勝負をしていない)ように思います。

 なので、こういったタイプの作品が好きな人であれば問題なく楽しむことができるはずですか、ちょっと心配な人ならば、“純文学系作家が書いたクライムサスペンス”で“エンタメ的サスペンス展開のみが繰り広げられるわけではない”ということを最初から認識したうえで読めば本作の魅力を充分に堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★      鬼畜グログロ度 : ★★★
 ビックリ驚愕度  : ★★       おどろおどろ度 : ★★★
 熱アクション度  : ★★★★    主キャラ魅力度 : ★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★★★    人間味ドラマ度 : ★★★
 下ネタエッチ度 : ★★★     感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★      気軽に読める度 : ★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「少年検閲官」北山猛邦 <<< PREV/NEXT >>> 「この雨が上がる頃」大門剛明

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「夢館」 堀圭太 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]

集英社 2014-08-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.4”(8月18日<月>発売)に掲載の読切作品が、「夢館(ゆめやかた)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の堀圭太(ほり・けいた)は、「夢館」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年3月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集:大槻)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

その館には―― ワタシたちが住んでいる

☆夢を司る恐怖!! 新鋭が描く、心理系ホラー読切45P!!


 【「夢館」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.7.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年8月 7日 (木)

「VIRILE BEAUTY」 柴悠馬 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]

集英社 2014-08-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.4”(8月18日<月>発売)に掲載の読切作品が、「VIRILE BEAUTY(ヴィライル・ビューティー)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の柴悠馬(しば・はるま)は、「彼女の名はヒデ子」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2012年9月期)”の最終候補に。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:服部)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

漢(おとこ)の道は 強く美しく――!!

☆漢(おとこ)とは何ぞや!? 貫け真の男児の生き様読切45P!!


 【「VIRILE BEAUTY」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.7.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

【MDB式“2014年J1リーグ第19節・柏戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★8/9(土) 19:00~ J1リーグ第19節・柏レイソル戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 11位 6勝 5分 7敗 勝点 23 19得 17失 得失 +2 」
  柏    :「 8位 7勝 6分 5敗 勝点 27 22得 23失 得失 -1 」

 ネルシーニョ体制6年目となる今シーズンの柏は、元G大阪のFWレアンドロ、湘南の主力だったFW高山薫&MFハン・グギョンと強力な補強にも成功し、シーズン前に優勝予想をする評論家も多くいましたが、開幕から3試合勝ちがなく(0勝 2分 1敗)、第8節終了時点でもわずか1敗ながら半分以上が引き分け(2勝 5分 1敗)と、なかなか勝ち切れない試合が続いていました。

 そして、チームの絶対的エースであったレアンドロ・ドミンゲスが練習への遅刻などの問題行動によりシーズン序盤に公式発表もなくチームから離脱し(後に退団が発表され名古屋に移籍)、中断期間には(中断前までチーム得点王だった)田中順也がスポルティング・リスボンに移籍。

 さらには(正式発表はまだであるものの)ハン・グギョンがカタールのクラブへの移籍が決まりすでにチームを離れているなど、主力の移籍の影響もあってか、中断期間を挟んで4試合勝ちなし(0勝 1分 3敗)で第16節では広島相手に5失点、第17節(前々節)には(試合後に監督解任劇が起きた)清水相手に0-3で敗れるなど結果が出ない状況に。

 しかし、そんな中で迎えた前節では4連勝中で首位も狙える位置にいた川崎F相手に4-1で快勝し、水曜にはスルガ銀行チャンピオンシップ(ナビスコカップ優勝クラブ〈日本〉とコパ・スダメリカーナ優勝クラブ〈南米〉が対戦する公式戦)では見事に優勝したので、今では勢いと自信を取り戻してしまったかもしれませんね。

 ちなみに、マリノスは前節から1週間あいての試合となるのに対し、柏は前節との間にスルガ杯を戦っての中二日、という日程の違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 柏とは昔から相性があまり良くなく、公式戦通算で「19勝 9分 21敗」、リーグ戦通算で「13勝 7分 17敗」といずれも負け越しています。

 しかも、ネルシーニョが柏の監督に就任した2009年以降5シーズンの公式戦は「1勝 4分 6敗」で、唯一勝利した昨年のナビスコカップ準決勝第2戦もゴールが足りずに(2試合合計の得失点差により)敗退が決まった試合なので実質負けに等しいため、ここ最近(ネルシーニョ就任以降)は特にかなり苦手な相手となっています。

 さらには、リーグ戦ホームでは「5勝 3分 10敗」、日産スタジアムでの公式戦は「2勝 3分 6敗」といずれも大きく負け越しているので、今回は最も相性の悪い対戦条件でもあるのですね。

 しかし、ここ数年でかなり苦手としていた田中順也、レアンドロ・ドミンゲス、ジョルジ・ワグネル(昨年に柏を退団して今週に鹿島加入を発表)がいないのはマリノスにとって(少しは)プラスになるかもしれません。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 この試合で負けか引き分けだと、柏レイソル戦10試合勝ちなしとなり、「同一カード 勝ちなし」のマリノス歴代新記録を達成します。

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 5試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 10試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 新記録達成)
   > 5試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時公式戦通算100試合出場にリーチとなります。

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算287試合出場となり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代3位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算27ゴールとなり、兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は単独14位)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!

 この試合に勝利すると、リーグ戦ホーム通算200勝達成まで残り3勝となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、4試合勝ちがない中でかなり苦手な相手との対戦となりますが、柏とはナビスコカップ準々決勝でも対戦することが決まったこともあり、ここで勝って久しぶりの勝利を味を堪能しつつ苦手意識を少しでも払拭しておきたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: 小林祐三、小椋祥平  柏: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス:

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 小林祐三
           柏    : 狩野健太、藤田優人

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜、ラフィーニャ1トップで初先発」 (8/9)
   > 「横浜M・斎藤、ふくらはぎ痛でスタメン落ち濃厚」 (8/9)

   > 「【横浜M】学、柏戦の先発微妙 左ふくらはぎに不安」 (8/8)
   > 「横浜斎藤、「メッシのすね当て」入手」 (8/8)

   > 「[横浜FM]“魔の時間”の呪縛を解けるか」 (8/7)

   > 「[横浜FM]柏戦で先発濃厚の三門が燃える理由」 (8/6)
   > 「【横浜M】学「大丈夫」練習離脱もけがなく安堵」 (8/6)


 【TV中継】 (生) 8/09(土) 18:50~  スカチャン2
            8/09(土) 19:00~  NHK BS-1

        (録) 8/10(日) 10:00~  J SPORTS 3
            8/10(日) 15:15~  スカチャン2

            8/11(月) 13:30~  J SPORTS 3
            8/11(月) 14:05~  スカチャン1
            8/11(月) 28:50~  スカチャン2

            8/13(水) 23:00~  スカチャン1

            8/14(木) 24:00~  スカチャン0

            8/15(金) 17:00~  スカチャン2

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第19節・柏戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年8月 6日 (水)

「人弄遊戯」 天宮猷 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]

集英社 2014-08-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.4”(8月18日<月>発売)に掲載の読切作品が、「人弄遊戯(じんろう・げーむ)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の天宮猷(あまみや・ゆう)は、「取り立てヘルズ」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2012年3月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:門司)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

人を喰らう獣は―― ――この中にいる!!

☆炙り出せ!人に紛れし人ならざる者!! 奇奇怪怪痛快遊戯(ゲーム)読切47P!!


 【「人弄遊戯」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.7.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

『さよなら神様』 麻耶雄嵩 > 「このミス」完全読破 No.765

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.765

 『さよなら神様』 麻耶雄嵩

   「このミス」2015年版 : 2位

   受賞(候補) : 「本格ミステリ大賞」受賞

   総合ランキング : 「本格ミステリ・ベスト・オブ・ベスト10(1997-2016)」 15位

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 1位
              「エアミス研ランキング」 1位
              「ミステリが読みたい!」 2位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 3位
              「キノベス!」 23位

   読始:2014.8.5~ 読終:2014.8.5

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2014年8月>

さよなら神様 (文春文庫)さよなら神様 (文春文庫)
麻耶 雄嵩

文藝春秋 2017-07-06
売り上げランキング : 7687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.38「神様ゲーム」に続く、“神様シリーズ”の2作目です。

 前作は、“かつて子どもだったあなたと少年少女のための~”というテーマの基に装丁・挿絵・字の大きさなど子供向けに作られた“ミステリーランド”というレーベルから発売されたものの、子供には読ませられないような邪悪すぎる刺激に溢れた問題作だったのですが、「このミス」「本ミス」共に5位にランクインするなどミステリ作品として高い評価を受けました。

 そして余談ではありますが、“「このミス」完全読破”の500冊突破記念企画として2012年に実施した「このミステリーがすごい!MDB版」(それまでに読んだ500作の中からより面白かった作品をランキングで発表)において4位となるなど、個人的にも思い出深くて未だに衝撃が残っている作品です。

 なお、その前作との共通点は“神様”のみで舞台や他の登場人物などは異なるため、本作から読んでも全く問題ないですが、ただやはりこのシリーズ特有の衝撃は前作(出来ればミステリーランド版)から味わった方がより楽しむことが出来るのではないかな~とも思いますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、長編だった前作とは異なり、「少年探偵団と神様」「アリバイくずし」「ダムからの遠い道」「バレンタイン昔語り」「比土との対決」「さよなら、神様」の6編から成る連作集です。

 小学生の桑町淳のクラスに転校してきた鈴木太郎は、背が高く男前で頭も良くスポーツ万能な上に性格も良いという完璧小学生なだけでなく、転校前に起きた盗難事件の犯人を当てたり大事故を未然に防ぐなどして、自分を“神様”と称する不思議な少年。

 そんな“神様”が淳に対して(これから描かれていくことになる事件の)犯人の名前を告げる場面から毎回始まって、淳が所属する久遠小探偵団が(半信半疑ながらも)それが事実なのか探っていく、といった展開になっていきます。

 いきなり(1行目に)真犯人の名前が明かされるという演出は、回を追うごとに登場人物たちの(主に淳との)関係性がわかってくることで、真犯人と(直後に判明する殺人事件の)被害者が明かされた時の衝撃度が増していきますし、淳たちの探偵的行動も論理的推理に則っているので本格ミステリとしてかなりの読み応えがあります。

 それに、殺人事件の舞台に“神様”という絶対的な存在が紛れていることや、犯人が判明したところから始まっていく推理劇、謎を追及していくことで事態がより混沌していく展開など、本格ミステリの王道的要素に歪でシニカルな捻りが暴力的に加えられているという麻耶作品ならではの魅力も期待通りでした。

 ただ、元々麻耶作品は全般的にアクが強いため好き嫌いは激しく別れますし、今回なんかは小学生とは思えないような会話・推理力・人物像などが気になってしまうと話に入り込めなそうなので、やはり人を選ぶ作品ではあると思います。

 それでも、これまでの麻耶作品好きな人であれば本作から溢れ出る王道でありながら異端な刺激に身悶えしてしまうこと間違いないので、前作における心を貫くほどの強烈な衝撃とはまたタイプが違う作品ではあるものの、この捻くれた推理劇を心から楽しむことが出来るのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★★★  鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★★    おどろおどろ度 : ★★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★★     人間味ドラマ度 : ★★
 下ネタエッチ度 : ★        感涙ウルウル度 : ★
 衝撃バカミス度 : ★★★     気軽に読める度 : ★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “麻耶雄嵩”関連記事 】

  > No.825 「あぶない叔父さん」
  > No.793 「化石少女」
  > No.765 「さよなら神様」
  > No.696 「貴族探偵対女探偵」
  > No.454 「メルカトルかく語りき」

  > No.373 「隻眼の少女」
  > No.343 「貴族探偵」
  > No.146 「螢」
  > No.113 「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」
  > No.038 「神様ゲーム」


 「事故調」伊兼源太郎 <<< PREV/NEXT >>> 「東京自叙伝」奥泉光

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年8月 5日 (火)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2014年9-10月)

 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別(2ヶ月ごと)にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2014年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2014年 9月 発売 】


  ソロモンの偽証 第I部 事件(上・下) / 宮部みゆき  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 2位 >>  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 2位
                ・「本屋大賞」 7位
                ・「AXNミステリー 闘うベストテン」 10位

 ★ クリスマスの朝、
   雪の校庭に急降下した十四歳。
   その死は
   校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。
   目撃者を名乗る匿名の告発状が、
   やがて主役に躍り出る。
   新たな殺人計画、
   マスコミの過剰報道、
   そして犠牲者が一人、また一人。
   気づけば中学校は
   死を賭けたゲームの盤上にあった。
   死体は何を仕掛けたのか。
   真意を知っているのは誰!?

   * 第II部(上・下)は10月、第III部(上・下)は11月発売

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  怪盗グリフィン、絶体絶命 / 法月綸太郎  <<当ブログ感想記事>>

 << 2007年版 8位 >>

 ★ ニューヨークの怪盗グリフィンに、
   メトロポリタン美術館が所蔵する
   ゴッホの自画像を盗んでほしいという
   依頼が舞いこんだ。
   いわれのない盗みはしないグリフィンに、
   依頼者は「ターゲットは贋作」と告げる。
   “あるべきものを、あるべき場所に”が信条の
   グリフィンがとった大胆不敵な行動とは!?
   ……ところが事件は
   これだけでは終わらなかった。
   グリフィンを待ち受けていたのは――!!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  殉狂者(上・下) / 馳星周  <<当ブログ感想記事>>

 << 2011年版 17位 >>

 ★ 1971年。
   スペインとフランスの国境に
   またがった地方、バスク。
   この地でフランコ政権からの独立を目指し
   武力闘争を続ける過激派組織
   ETA“バスク祖国と自由”に、
   日本赤軍のメンバー吉岡良輝が合流した。
   男は組織の切り札となり、
   首相暗殺テロに身を投じる―。

   * 「エウスカディ」を改題して文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  紙の月 / 角田光代

 << 2013年版 26位 >>

 ★ わかば銀行から
   契約社員・梅澤梨花(41歳)が
   1億円を横領した。
   梨花は海外へ逃亡する。
   彼女は、果たして逃げ切れるのか?
   あまりにもスリリングで
   狂おしいまでに切実な、
   角田光代、待望の長篇小説。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  特異家出人 / 笹本稜平

 << 2011年版 40位 >>

 ★ 失踪した老人は、
   葛飾区青戸七丁目在住の有村礼次郎、
   八十四歳、出身は鹿児島県。
   現在の場所で暮らすようになったのは
   二十年ほど前のことで、
   近所の不動産屋の話では、
   家と土地は即金で購入したという。
   それなら金回りはいいはずで、
   古びた家屋は建て直すものと思っていたら、
   たまに修繕をしながら住み続け、
   車を持つでもなく、
   家具調度に贅沢をするでもなく、
   世間によくいる侘びしい独居老人の暮らし向きを
   続けていたらしい―
   特殊班捜査係が動く。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの9月文庫化作品 >>

  風化水脈 新宿鮫8 / 大沢在昌(* 新装版として再発売)  <<当ブログ感想記事>>
  熱 愛 / 香納諒一  <<当ブログ感想記事>>
  平蔵の首 / 逢坂剛  <<当ブログ感想記事>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2014年 10月 発売 】


  ソロモンの偽証 第II部(上・下) / 宮部みゆき  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 2位 >>  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 2位
                ・「本屋大賞」 7位
                ・「AXNミステリー 闘うベストテン」 10位

 ★ もう大人たちに任せておけない――。
   保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、
   一人の女子生徒が立ち上がった。
   校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、
   隠された真実を暴くため、
   学校内裁判を開廷しよう!
   教師による圧力に屈せず走り出す
   数名の有志たち。
   そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。
   その手捌きに一同は戦慄した……。

   * 第I部(上・下)は9月、第III部(上・下)は11月発売

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  狼花 新宿鮫9 / 大沢在昌  <<当ブログ感想記事>>

 << 2007年版 4位 >>  ・「日本冒険小説協会大賞」受賞
                ・「週刊文春ミステリーベスト10」 2位

 ★ 「新宿鮫」「毒猿」「屍蘭」「無間人形
   「炎蛹」「氷舞」「灰夜」「風化水脈
   に続く“新宿鮫シリーズ”の9作目
   (1作目も1991年版1位、2作目も1992年版2位、
    3作目も1994年版15位、4作目も1994年版16位、
    6作目も1998年版10位、
    10作目「絆回廊」も2012年版4位にランクイン)

 ★ 大麻所持で逮捕されたナイジェリア人の
   取調べにあたった鮫島は
   麻薬ルートの捜査に乗り出し、
   盗品を専門に売買する「泥棒市場」の
   存在を突き止める。
   この組織の背後には鮫島の宿敵、仙田がいた。
   一方、鮫島と同期でキャリアの香田は
   新設の組織犯罪対策部の理事官へ異動。
   香田は外国人組織の撲滅のため
   暴力団と手を組むことを画策していた。
   シリーズ最大の問題作!

   * 新装版として再発売

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  或るろくでなしの死 / 平山夢明  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 18位 >>

 ★ 良識を示そうとした浮浪者が
   誰にも相手にされずに迎える
   「或るはぐれ者の死」、
   他国で白眼視されながら生きる
   故郷喪失者の日本人が迎える
   「或る嫌われ者の死」、
   自らの欲望に女の子を奉仕させようとした
   くだらない大人が迎える
   「或るろくでなしの死」、
   過去の栄光をよすがに
   ダメな人生をおくるぼんくらが迎える
   「或る英雄の死」…。
   本人の意志や希望と関係なく
   不意に訪れる7つの“死”を描いた傑作短編集!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
       当ブログ読了済みの10月文庫化作品 >>

  ミスター・グッド・ドクターをさがして / 東山彰良  <<当ブログ感想記事>>
  二十五の瞳 / 樋口毅宏  <<当ブログ感想記事>>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2014年11-12月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2014年7-8月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「CHIKUWA WESTERN」 松原大 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]

集英社 2014-08-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.4”(8月18日<月>発売)に掲載の読切作品が、「CHIKUWA WESTERN(チクワ・ウエスタン)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の松原大(まつばら・まさる)は、名義変更等ないのであれば新人賞の受賞歴はなし。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:大槻)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

★ガンマンは荒野の中心で愛を叫ぶ!! 新解釈ウエスタン読切45P!!


 【「CHIKUWA WESTERN」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「松原大」関連記事】

  > 「超加速人間レオ」 松原大 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.8.29)

  > 「21HOLMS」 松原大 > ジャンプGIGA vol.1 (16.6.16)

  > 「CHIKUWA WESTERN」 松原大 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4 (14.8.5)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.7.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2014年8月 4日 (月)

「これやこの」 中野忍 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]

集英社 2014-08-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.4”(8月18日<月>発売)に掲載の読切作品が、「これやこの」です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の中野忍(なかの・しのぶ)は、「これやこの」で“手塚賞(2014年上半期)”の準入選を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集:村越)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

知るも知らぬも、 未来はそこへ――

☆手塚賞準入選受賞!! 審査員絶賛の俊才、初掲載作品!! 読切31P!!


 【「これやこの」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「中野忍」関連記事】

  > 「代打花丸」 中野忍 > ジャンプX(クロス) (16.12.24)

  > 「これやこの」 中野忍 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4 (14.8.4)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.7.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「ある朝起きたら」 西尾維新×河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ2014年8月25日・9月1日号No.37・38 (週刊少年ジャンプ)週刊少年ジャンプ2014年8月25日・9月1日号No.37・38 (週刊少年ジャンプ)
瓶子吉久

集英社 2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプ2014年37・38合併号(8月11日<月>発売)に掲載の読切作品が、「ある朝起きたら(あるあさ・おきたら)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の西尾維新(にしお・いしん)は、“戯言シリーズ”や“〈物語〉シリーズ”を始めとしたヒット作を次々に生み出している人気小説家です。

 その一方で漫画の原作も手掛けていて、週刊少年ジャンプでは小畑健(作画担当)と組んだ「うろおぼえウロボロス!」(2008年)と暁月あきら(作画担当)と組んだ「めだかボックス」(2009年)の読切2作品を発表した後で、2009年10号から2013年22・23合併号まで(再び暁月あきらと組んだ)「めだかボックス」を連載(「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 そして本作にて、連載終了以来となる漫画原作作品発表&週刊少年ジャンプ登場となりました。


 漫画(作画)担当の河田悠冶(かわだ・ゆうや)は、小宮山健太(原作担当)とコンビを組んだ「奇怪とんち噺 花咲一休」の読切を増刊&本誌に2度掲載(当時は“河田悠也”名義)した後、“本誌2011年23号”から始まった「奇怪噺 花咲一休」で連載デビューを果たすも(週刊少年ジャンプ新連載! 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶参照)、15週で打ち切りに。

 続いて、再び小宮山健太とコンビを組んだ「スモーキーB.B.」が“本誌2013年26号”から始まり2度目の連載となるも(週刊少年ジャンプ新連載! 「スモーキーB.B.」 小宮山健太 河田悠冶参照)、またもや15週で打ち切り。

 そして本作にて、連載終了以来約1年ぶりの作品発表&小宮山健太以外の原作者とのコンビでは初となる作品発表となりました。

 なお、西尾維新がミヨカワ将とコンビを組んだ「返信願望!」「返信願望!」 西尾維新×ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)と同時掲載となります。


 内容の方は、見知らぬ女子と入れ替わり!?学園ラブコメ漫画です。

 ある朝起きたら、見知らぬ女子になっていた「俺」。

 この女子が高校2年生の深津初子であることがわかったものの、自分自身が誰なのか思い出せないため、まずは「俺」を探そうと家を出たところ、登校中の同級生と会ってしまったためしかたなく学校へ。

 自分が深津初子でないことがバレないように初子になりきって行動しようとする「俺」だが、歌を歌ってクラスメイトを鼓舞したり生徒なのに授業を任されたり50本以上の牛乳を早飲みするなど、初子はとんでもない才能を持つ人気者の女子高生で.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

朝日に微睡(まどろ)む 一人の、少女――

☆目覚めて始まる数奇な一日! ハイテンションラブコメ特別読切27P!!


 【「ある朝起きたら」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年8月11日(月)~8月17日(日)
  


 【「返信願望!」「ある朝起きたら」どちらの作品がより面白かった?】
  投票受付期間:2014年8月11日(月)~8月17日(日)
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「西尾維新」関連記事】

  > 「僕らは雑には学ばない」 西尾維新 河下水希 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.12.15)

  > 「オフサイドを教えて」 西尾維新 中山敦支 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.11.17)

  > 「娘入り箱」 西尾維新 暁月あきら > 週刊少年ジャンプ読切! (14.10.27)

  > 「返信願望!」 西尾維新×ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.4)

  > 「ある朝起きたら」 西尾維新×河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.4)

  > 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら > 週刊少年ジャンプ新連載! (09.5.11)
  > 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら <JC1巻買い> (09.10.7)


 【「河田悠冶」関連記事】

  > 「大量殺人光線武田」 山本広大 河田悠冶 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.5 (14.9.15)

  > 「ある朝起きたら」 西尾維新×河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.4)

  > 「スモーキーB.B.」 小宮山健太 河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ新連載!  (13.5.24)

  > 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶
           > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.5.15)
  > 「奇怪噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠冶 <JC1巻買い> (12.1.27)

  > 「奇怪とんち噺 花咲一休」(赤マルジャンプ2010WINTER) (10.1.10)
  > 「奇怪とんち噺 花咲一休」 小宮山健太 河田悠也
           > 週刊少年ジャンプ読切! (10.7.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

「返信願望!」 西尾維新×ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ2014年8月25日・9月1日号No.37・38 (週刊少年ジャンプ)週刊少年ジャンプ2014年8月25日・9月1日号No.37・38 (週刊少年ジャンプ)
瓶子吉久

集英社 2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプ2014年37・38合併号(8月11日<月>発売)に掲載の読切作品が、「返信願望!(へんしん・がんぼう)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 原作担当の西尾維新(にしお・いしん)は、“戯言シリーズ”や“〈物語〉シリーズ”を始めとしたヒット作を次々に生み出している超人気小説家です。

 その一方で漫画の原作も手掛けていて、週刊少年ジャンプでは小畑健(作画担当)と組んだ「うろおぼえウロボロス!」(2008年)と暁月あきら(作画担当)と組んだ「めだかボックス」(2009年)の読切2作品を発表した後で、2009年10号から2013年22・23合併号まで(再び暁月あきらと組んだ)「めだかボックス」を連載(「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)。

 そして本作にて、連載終了以来となる漫画原作作品発表&週刊少年ジャンプ登場となりました。


 漫画(作画)担当のミヨカワ将(みよかわ・まさる)は、“三代川将”名義で増刊掲載が続いた後で、「血風学級怪」が“本誌2009年21号”に掲載されて本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「血風学級怪」 三代川将参照)。

 そして、名義を“ミヨカワ将”に変え、漫画(作画)担当として竹内良輔(原作担当)とコンビを組んだ「ST&RS -スターズ-」が“本誌2011年30号”から始まり連載デビューを果たすも(「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ新連載!参照)、39週で連載終了。

 連載終了後は、小説家の古橋秀之(原作担当)と組んだ「EGG KNOCKER」(漫画担当)が“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に掲載され(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプVS -バーサス-」参照)、本作にて2年4ヶ月ぶりの本誌登場となりました。

 なお、西尾維新が河田悠冶とコンビを組んだ「ある朝起きたら」「ある朝起きたら」 西尾維新×河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)と同時掲載となります。


 内容の方は、フラれた女子に雪辱を!!学園ラブコメ漫画です。

 クラスのマドンナ・広井にラブレターを出すも、翌日に開封されてもいないラブレターを広井の友達・市園に突っ返されてしまった、野球部補欠の砂木。

 いつまでもうじうじとして悔しがっている砂木に対し、市園は砂木のダメな部分を次々に列挙したうえで、そんなに悔しいならば野球部で格好いいところを見せて広井を見返してやれ!と忠告。

 それから砂木は野球部で真剣に練習し始め、試合に出場して活躍するようになり、ついに広井からラブレターをもらうが.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆文(ふみ)に託した思いはどこへ!? 恋文ラブコメ特別読切19P!!


 【「返信願望!」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年8月11日(月)~8月17日(日)
  


 【「返信願望!」「ある朝起きたら」どちらの作品がより面白かった?】
  投票受付期間:2014年8月11日(月)~8月17日(日)
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「西尾維新」関連記事】

  > 「僕らは雑には学ばない」 西尾維新 河下水希 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.12.15)

  > 「オフサイドを教えて」 西尾維新 中山敦支 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.11.17)

  > 「娘入り箱」 西尾維新 暁月あきら > 週刊少年ジャンプ読切! (14.10.27)

  > 「返信願望!」 西尾維新×ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.4)

  > 「ある朝起きたら」 西尾維新×河田悠冶 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.4)

  > 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら > 週刊少年ジャンプ新連載! (09.5.11)
  > 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら <JC1巻買い> (09.10.7)


 【「ミヨカワ将(三代川将)」関連記事】

  > 「返信願望!」 西尾維新×ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.8.4)

  > 「EGG KNOCKER」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.7.3)
  > 「ST&RS -スターズ-」 竹内良輔 ミヨカワ将 <JC1巻買い>  (12.1.30)

  > 「血風学級怪」 三代川将 > 週刊少年ジャンプ読切! (09.4.20)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年8月 3日 (日)

★記事別アクセス数ランキング(2014年7月)

【 2014年7月の記事別アクセス数ランキング 】

 * 対象期間:2014年7月1日~31日
 * >>>は当ブログ該当記事へのリンク
 * アクセス数は訪問者数(UU)ではなく訪問回数(PV)
 * (矢印・数字)は先月との順位比較・先月順位
 * (年月日)は記事の更新日


01位NEW
Jump_3 「Cave Of Shine」 双刃美 > 週刊少年ジャンプ読切! (7/1) >>>

02位NEW
Jump_3 「もめるひと」 黒木雄心 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (7/16) >>>

03位 54)
Jump_3 「僕のヒーローアカデミア」 堀越耕平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (6/30) >>>

04位 (↓ 03)
Banana 「バナナマンのバナナムーンPodcast」 おすすめ回リスト(2009-2010年) (12.7/30) >>>

05位 (↓ 02)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 おすすめ回リスト(2011-2012年) (13.1/28) >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06位 31)
Jump_3 「三ツ首コンドル」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.12/9) >>>

07位 189)
Jump_3 「ヨアケモノ」 芝田優作 > 週刊少年ジャンプ新連載! (6/30) >>>

08位 36)
Jump_3 「それいけ! 融合くん」 宮崎周平 > 週刊少年ジャンプ短期連載! (6/24) >>>

09位 (↓ 04)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 簡易版ゲスト出演回リスト(配信順・2007-2011年) (12.3/13) >>>

10位 226)
Konomisu 『七日じゃ映画は撮れません』 真藤順丈 > 「このミス」完全読破 No.738 (4/27) >>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11位 (↓ 06)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト (11.11/30) >>>

12位NEW
Konomisu 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年7月) (7/2) >>>

13位 (↓ 05)
Jump_3 「東京喰種トーキョーグール[JOKER]」 石田スイ > 週刊少年ジャンプ読切! (6/25) >>>

14位 (↓ 08)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 おすすめ回リスト(2013-2014年) (13.6/29) >>>

15位 (↓ 09)
Megane 「おぎやはぎのメガネびいき Podcast」 簡易版ゲスト出演回リスト(配信順) (13.5/1) >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16位 (↓ 07)
Konomisu 「このミス2015年版」上半期のランクイン候補作品 (2/14) >>>

17位 (↓ 10)
Konomisu 「警察小説!ベスト5(2009-2014年版)」 > 「このミス」完全読破・700冊突破記念企画 (1/16) >>>

18位 306)
Jump_3 「三ツ首コンドル」 石山諒 > 週刊少年ジャンプ新連載! (6/30) >>>

19位NEW
Jump_3 「DEADMAN KILLER」 松本直記 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (7/10) >>>

20位NEW
Jump_3 「モロモノの事情」 沼駿 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (7/5) >>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

21位 22)
Megane 「おぎやはぎのメガネびいき Podcast」 おすすめ回リスト(2006-2007年) (13.5/16) >>>

22位 (↓ 15)
Banana 「バナナマンのバナナムーンPodcast」 おすすめ回リスト(2007-2008年) (12.5/28) >>>

23位 178)
Banana 「バナナマンのバナナムーン」 Podcast プレイリスト(2008年1-6月) (10.1/24) >>>

24位NEW
Jump_3 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.3」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (7/7) >>>

25位 260)
Jump_3 「ファニーハニー」 船津紳平 > 週刊少年ジャンプ読切! (3/24) >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26位 (↓ 12)
Jump_3 「火ノ丸相撲」 川田 > 週刊少年ジャンプ新連載! (5/19) >>>

27位 (↓ 14)
Jump_3 「火ノ丸相撲」 川田 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.8/23) >>>

28位NEW
Konomisu 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年8月) (7/21) >>>

29位 147)
Jump_3 週刊少年ジャンプ読切! 「ENMA GAVEL」 芝田優作 (11.1/30) >>>

30位 (↓ 25)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 簡易版プレイリスト(2014年) (14.1/10) >>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> ★記事別アクセス数ランキング(2014年8月)

 ★記事別アクセス数ランキング(2014年 上半期) <<< PREV


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村     人気ブログランキングへ

◎クイーンS&アイビスサマーD(2014年)穴馬予想&結果

< 8月3日(日)に行われる北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)アイビスサマーダッシュ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【北海道新聞杯クイーンステークス】

 札幌の芝1800mで行われる牝馬重賞(GIII)です。

 例年だと夏競馬になった途端に当たらなくなるのに、今年の7月は今年に入って一番月間的中率が高く、回収率も100%を超えるという珍しい結果となったので(◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年7月)参照)、なんとか8月もこの調子を維持して“夏競馬への苦手意識”を払拭したいものです。

 ただ今回の重賞はどちらも超混戦なため全く当たる気がしなくて困るのですが、ここはアロマティコを◎にして勝負してみましょう。

 この馬は秋華賞&エリザベス女王杯で3着とGI実績が2度もあるものの、普通の重賞ではほとんど馬券圏内に来ないという不思議な馬でして、差し/追い込みという脚質も小回りコースの今回は不利となりそうではあります。

 とはいえ、確実に34秒台の上がりで追い込んで来て着順ほど差のない走りをみせていますし、上位と差が付いたレースは先行勢と後続勢の上がりがほぼ変わらないという差し馬にはノーチャンスな展開のレースでしたからね。

 それにこのレースは意外と差し馬が馬券に絡んで来る傾向にありますし、按上は(函館開催だったとはいえ)昨年のこのレースで最終コーナー最後方の最低人気馬を2着にまで追い込んで来た三浦皇成というのも魅力なので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  アロマティコ / 三浦皇成 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     キャトルフィーユ  福永祐一  2
 2着 8  ◎ アロマティコ    三浦皇成   6
 3着 6     スマートレイアー 池添謙一   1
 4着 3     アイスフォーリス ローウィラー 9
 5着 12    ディアデラマドレ  藤岡康太   3


 ◎アロマティコは、やはりほぼ最後方の位置取りでしたが、直線に入る時に混み合っていた内に突っ込んでいったので少々不安になりました。

 しかしスペースが開くと鋭く伸びて来て、勝ち馬にはハナ差届かなかったものの人気馬2頭の間に割って入ってくれました.....。


  (○複勝:8 2.4倍)  ○的中! 3,000円 → 7,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アイビスサマーダッシュ】

 新潟の芝1000mで行われる重賞(GIII)です。

 夏競馬名物である日本で唯一の直線重賞ですが、ここはアンゲネームを◎にしてみましょう。

 この馬は新潟の直線1000mコースを9戦走って3勝6馬券圏内と実績があるのですが、近8走中7走が直線1000mということで、ここ最近は特に直線1000mのスペシャリスト的なレース選択となっています。

 その内オープンクラスは1走のみで5着、そして今回が初重賞ということで、重賞レベルで通用するのかという不安はありますが、適性が重要となる特殊形態コースなのでこれまでの経験で少しくらいの力量差は覆すことが出来るのでは。

 それに、近走の直線1000mで馬券に絡むことが出来なかった2戦は、どちらも外の方が明らかに伸るようになっていた開催6日目以降の馬場で内側から伸び切れなかったレースだったので、開催2日目でまだ内外の伸びがそこまで極端に変わらない今回なら例え内の位置取りになったとしても伸びてくるのではないかと思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  アンゲネーム / 丸田恭介 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2     セイコーライコウ 柴田善臣 1
 2着 11    フクノドリーム   横山典弘 5
 3着 10    アースソニック  岩田康誠 3
 4着 9     リトルゲルダ   柴田大知 7
 5着 8  ◎ アンゲネーム   丸田恭介 8


 ◎アンゲネームは外め後方の位置取りで、勝負所で開いているスペースを突いていく中でかなり内の方に移動していたのですが、そこから粘り強く伸びて来たものの惜しくも届かず....。

 2~4着馬が元々◎馬がいたポジションの前や横に位置していた馬だったことを考えれば、結果論になってしまいますが、内に進路を取らずに外で前が開くのを待っていれば3着はあったのではないかな~と思ってしまいますねェ。


  (×複勝:8)  ×不的中 3,000円 → 0円


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎小倉サマーJ(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎小倉記念&レパードS(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年8月 2日 (土)

【MDB式“2014年J1リーグ第18節・G大阪戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★8/2(土) J1リーグ第18節・ガンバ大阪戦 (万博)

  ●0-2 (前半0-0、後半0-2)  主審:飯田淳平  入場者数:15,363人

  .<得点> 0-1 パトリック  (大阪・後半37分)
          0-2 遠藤保仁  (大阪・後半44分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】

 小林祐三が、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、8月9日に行われるJ1リーグ第19節・柏レイソル戦は出場停止となります。

 小椋祥平が、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、8月9日に行われるJ1リーグ第19節・柏レイソル戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 下平匠が、Jリーグ通算150試合出場を達成しました。

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦通算150試合出場にリーチとなりました。

 小林祐三が、マリノス所属時公式戦通算149試合出場となり、鈴木健仁(93-98)と並びマリノス歴代30位タイとなりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 <記録更新>

  ・


 <記録ストップ>

  ・「引き分け」記録 > 3試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位タイ>

  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第18節 終了時 : 11位 (前節 10位)
         < 6勝 5分 7敗  勝点 23 得点 19 失点 17 得失点差 +2 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「」

 (ゲキサカ) 「完璧や!!4戦13発のG大阪がJ1で3年ぶり4連勝!!

 (ドメサカブログ) 「ガンバが終盤攻勢でマリノス突き放し中断明け4連勝!
             パトリックが3戦連続ゴール


 (カナロコ) 「兵藤「みっともない試合」

 (スポニチ) 「喪章の横浜は競り負け「改善するところはして頑張るしかない」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第18節・G大阪戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎小倉サマーJ(2014年)穴馬予想&結果

< 8月2日(土)に行われる小倉サマージャンプ(J・GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【小倉サマージャンプ】

 小倉の芝3990mで行われる障害重賞(J・GIII)です。

 実績的にはメイショウブシドウオースミムーンがかなり抜けていて、他の馬はまだ障害重賞実績がなかったり実績あっても近走いまいちな馬なかりなので、穴馬狙いとしては馬券圏内3枠のうちの1枠を狙わないといけない可能性が高いという、かなり困難なミッションとなってしまいますね。

 それでここは、アシュヴィンを◎にしてみましょう。

 この馬は昨年秋に障害レースに転向すると、いきなり未勝利戦を勝ち、続くオープンでも1着→2着と結果を出したのですが、初重賞となった前々走・阪神スプリングJでは落馬により競走中止となり、前走の京都ハイJでは前の馬とは大差を付けられた6着に敗れています。

 ここ2戦の重賞成績をみると狙い辛くはあるものの、障害デビューから2連勝&3連続連対したのは障害レースにおけるセンスがある証なのかもしれないし、落馬から1戦を挟んだことで復活する可能性もあるのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  アシュヴィン / 林満明 (10)

  << 複勝:◎ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     メイショウブシドウ  高田潤   1
 2着 3     アラタマユニバース 北沢伸也 6
 3着 5     グリッターウイング  西谷誠   3
 4着 7     オースミムーン    中村将之  2
 5着 6     ドリームチャージ   黒岩悠   12

 7着 10 ◎ アシュヴィン      林満明   5


 ◎アシュヴィンは、最初は障害を飛越する度にポジションを下げてはまた前に上がって、といった感じだったので(前々走で落馬して競走中止になっていいることもあり)不安になりましたが、たすきコースで先頭に立つという意外な展開に。

 直線までそのまま先頭で行ければ面白くなりそうだな~と思っていたものの、やはり直線に入る前に後続に捲くられてしまいました.....。


  (×複勝:10)  ×不的中 3,000円 → 0円


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年8月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎サンタアニタT(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クイーンS&アイビスサマーD(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2014年8月)

 「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」本編(ラジオ)&Podcastの、2014年8月のプレイリストです。

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)。

 内容を細かく書いてしまうと、これから聴く方の楽しみを奪ってしまうことになるので、話に出てくる主なキーワードを並べるだけにしてみました(ただ最近はある程度詳しく書くようになってきたので、未聴の方はネタバレにご注意ください)。


 / 放送日(収録日) / 本編 or P-C(Podcast) / 放送(収録)時間 /
 / “タイトル” / 「キーワード」(『』はメッセージ(メール)テーマ) /

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 半年前までに配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません


 NEXT >>> 本編&Podcast プレイリスト(2014年9月)

 本編&Podcast プレイリスト(2014年7月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2014年 8月 】


08/01 本編 (2:00:00) “稽古場事件簿2014&カリンチョ”

 「ジャニヲタが盲腸に」「木曜からライブ開始(初日の緊張感)」「日
 村の長編映画初主演作"新選組オブ・ザ・デッド"の情報解禁(来
 年春公開/"屑山下衆太郎"役)」「設楽が27時間テレビのSMAP
 主演ドラマに出演("ノンストップ!"での本人役)」「かけたい曲対
 決(○日村:ルージュの伝言/荒井由実 vs ×設楽:根にもってま
 す/在日ファンク)」「設楽の風邪全員にうつる事件(ライブ初日に
 設楽が2周目の風邪引く)」「日村の痔が爆発事件」「日村バンザ
 イするだけで死にそうになる事件」「日村3日連続ドン・キホーテ
 事件(今年は柿の種買わず)」「設楽が帰った後は無駄な時間事
 件」「日村オレ帰るわ帰るのやめるわやっぱ帰るわ事件」「設楽
 の言ってるお菓子はなんだろう事件(未だに判明せず)」『設楽が
 言っている昔食べたお菓子は何なのか』「リスナーからお菓子
 情報が続々届くも正解出ず」「ようやく正解判明"カリンチョ"」「オ
 ークラ今年は設楽を陰で"お頭"と呼んでいた事件」「スカイラブ
 桜井カイザーのベッド破壊事件」「日村ホワイトボードに書いた
 スケジュール意味ない事件」「宮嵜P差し入れ事件」「日村流しで
 シャンプー事件」「日村オレ一回風呂入りに家に帰るわと言って
 風呂に入らず戻って来る事件」「日村の席の周りに小銭事件」
 「オークラおちゃらけラッパ事件」「オークラ唐揚げダイエット事
 件」「ダイエット宣言事件(設楽が帰った直後こっそりカップラーメ
 ン食べる日村)」「日村ボックスティッシュ事件」「ゲップゲーム事
 件」「日村のドーナツ座布団事件」「帰って来たクイズスピリッツ」
 「かけたい曲対決(○日村:さらば青春の光/布袋寅泰 vs ×設
 楽:GIRLS JUST WANT TO HAVE FUN/EGO-WRAPPIN')」


08/01 P-C (0:38:01) “設楽の言ってるお菓子はなんだろう事件”

 「Podcast用オープニング」「本編での"設楽が探している昔食べ
 たお菓子は何なのか騒動"部分を流す」「「稽古場で起きた"設楽
 の言ってるお菓子はなんだろう事件(未だに判明せず)」「設楽が
 言っている昔食べたお菓子は何なのか情報をリスナーからも募
 集」「リスナーからお菓子情報が続々届くも正解出ず」「ようやく
 正解判明"カリンチョ"」「Podcast用エンディング(騒動を回顧)」

 「2014年8月1日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/08 本編 (2:00:00) “『オレの身近な妖怪』”

 「先週のカリンチョの反響」「ジャニヲタが放送後に森永製菓に電
 話で問い合わせ(現在発売されておらず/放送後から問い合わ
 せ電話が殺到)」「父が森永役員のリスナー」「単独ライブ終了(ラ
 イブの舞台裏話)」「最終日オープニングで泣いた日村」「ネタの
 完成度が低かった初日・2日目(風俗ネタで上手く間を取れずセ
 リフ飛ばす/自分が指示した変更部分を忘れる)」「かけたい曲対
 決(○日村:希望の轍/サザンオールスターズ(稲村オーケストラ)
 vs ×設楽:Come On Honey! feat.新井ひとみ(東京女子流)/
 tofubeats)」「"ゴッドタン キス我慢選手権THE MOVIE2"発表会
 見に参加(主題歌は森山直太朗)」「8月28日(木)と29日(金)に
 "気持ちは26時間ラジオ"(おぎやはぎの木曜JUNKとのコラボ企
 画)開催」「「radikoの紹介」「"妖怪ウォッチ"に出てくるドンヨリーヌ
 が日村に似てる」「ヒムペキ兄さん(食欲というモンスターとの闘
 いを歌った"ファッションモンスター/きゃりーぱみゅぱみゅ"ヒム
 ペキ・ダイエットバージョン)」「くらえ! ひむたんビーム」「帰って来
 たクイズスピリッツ(日村をバンザイさせる)」「来週は夏休みのた
 め収録(パスピエがゲスト)」「かけたい曲対決(×日村:島人ぬ宝
 /BEGIN vs ○設楽:Summer/久石譲)」


08/08 P-C (0:30:13) “ライブを終えての感想”

 「ライブ無事終了」「先週盛り上がったカリンチョ(父が森永製菓
 役員のリスナー)」「ライブに満島ひかり姉妹」「設楽が稽古のス
 イッチを入れた時」「ドロボーがライブでリスナーから声掛けられ
 る」「打ち上げは嵯峨根家で(ガネさん不在)」「ライブTシャツの
 設楽手書き文字が誰にも気付かれず」「ヒムドン(ライブ後にマッ
 サージ行って脱いだら体に文字書いたまま)」「今回楽屋に来た
 日村の友達は一人だけ(今年は設楽の目をガン見〈本編13.08.
 23参照〉)」「設楽の友達・タジマ君とゴルフ行く約束していた日
 村」「設楽の友達・トオル君と目が合うとドキドキしていた日村
 (心掴まれ好きになる)」

 「2014年8月8日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/15 本編 (2:00:00) “ライブに楽曲提供したパスピエ登場”

  ・ゲスト:パスピエ

 「今週の放送は収録(夏休み中)」「再来週のスペシャルウィーク
 (おぎやはぎの木曜JUNKとのコラボ企画)の説明(詳細は未定)」
 「ライブのV映像で実施した五十音連想ゲーム(五十音のうち一
 つが書かれたカードを引いて対象人物が言いそうな言葉を同時
 に言って合わせるゲーム)をやってみる」「かけたい曲対決(×日
 村:燃えろいい女/ツイスト vs ○設楽:恋とマシンガン/Flipper's
 Guitar)」「パスピエ登場」「リーダー(成田)はバナナムーンリスナ
 ー」「メンバー紹介」「顔をはっきりとは出していないパスピエ」「バ
 ナナマンライブに楽曲提供(曲の構想/ライブの感想)」「リスナー
 からパスピエへの質問(大胡田のボーカルパフォーマンス/アザ
 ラシ好きな大胡田/オフでの顔バレ/メンバーの仲/露崎の同郷
 芸能人/曲を思いつく時/メンバーそれぞれの趣味/能年玲奈は
 パスピエ好き/うさぎを飼ってる三澤)」「パスピエ退場」「帰って来
 たクイズスピリッツ(今週から"クイズスピリッ2"にタイトル変更?」
 「かけたい曲対決(×日村:桃色吐息/高橋真梨子 vs ○設楽:
 真夏の夜の夢/槇原敬之)」


08/15 P-C (0:29:06) “五十音連想ゲーム”

 「本編はパスピエがゲスト(顔出しNGなので記念写真も顔半分隠
 す)」「髭白髪・もみ上げ白髪」「自分の体の一部が突然動いてパ
 ニクった出来事(電車の吊革掴んでた手が抜ける/かかと上げた
 まま座って飲んでたらかかと下がる/車の運転席で寝てたらクラ
 クション押しちゃう」「五十音連想ゲーム(五十音のうち一つが書
 かれたカードを引いて対象人物を連想させる言葉を同時に言っ
 て合わせるゲーム)をPodcastでもやる」「日村のキ/ト/オ/シ」「椅
 子の音」「設楽のメ/イ/ナ/カ/ラ」「オークラのヘ/ネ/ス」「設楽の
 モ/フ/コ」

 「2014年8月15日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/22 本編 (2:00:00) “『来週おぎやはぎとやってほしいこと』”

  ・生電話出演:矢作兼(おぎやはぎ)

 「日村は口元NG?(歯を治した効果)」「今回の夏休みは2人そろっ
 てラスベガスへ("バナナTV"の撮影込み)」「珍しく日焼けした設
 楽」「日村の痔がさらに悪化で歩けず(ナプキン使用)」「ベガスで
 シルク・ドゥ・ソレイユ"ONE"観る(泣く日村)」「かけたい曲対決
 (○日村:夏のお嬢さん/榊原郁恵 vs ×設楽:ペドラーズ2014/
 東京スカパラダイスオーケストラ)」「来週のスペシャルウィークは
 "気持ちは26時間ラジオ(おぎやはぎの木曜JUNKとコラボ)開催」
 「1人?でフィレンツェにいる矢作と生電話」「木曜JUNKで盛り上
 がった企画提案メール(小木と日村でアナルセックス?)」「矢作に
 もう一度電話して確認」「ヒムペキ兄さん(最近の斬新な校歌に
 負けないようにポップさ・下ネタ・悪ふざけ要素を入れた"六甲お
 ろし"ヒムペキ・超斬新バージョン)」「くらえ! ひむたんビーム」
 「クイズ(帰って来た)スピリッ2」「かけたい曲対決(×日村:じれっ
 たい/安全地帯 vs ○設楽:ダンサー/星野源)」


08/22 P-C (0:41:47) “ベガスでの夏休み(写真を解説)”

 「先週の夏休みは2人そろってラスベガス("バナナTV"の撮影)」
 「ベガスで撮った写真見ながら日村が解説(プール/ラスベガス
 ポーズ/"ONE"観賞/ゴルフ/キャデラック/小山誕生日/ベガス
 サイン/装甲バギー/野球場)」「設楽の足の指の先を蹴るオーク
 ラ」「休んでないオークラ」「ライブのネタを今も忘れずに出来る?
 (赤えんぴつのネタ)」「帰ってきたら和食に飢えてた設楽」「オー
 クラが好きな魚のすみっこ・皮・根っこ(オークラが好きなものラン
 キング)」「日村の好きなものランキング(茶碗蒸し?)」「ケンコバが
 ラジオで発表した"もし自分が女だったら咥えてみたいお笑い芸
 人のポコチン"で日村が1位」「日村はケンコバと旅行予定(岡宗
 さんも?)」「設楽が女だったら咥えてみたいお笑い芸人のポコチ
 ン・ベスト3」「次週のスペシャルウィーク"気持ちは26時間ラジオ
 (おぎやはぎの木曜JUNKとコラボ)"の告知」

 「2014年8月22日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/28 本編 (2:00:00) “気持ちは26時間ラジオ・前半戦”
    * 「木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき」枠での放送

  ・おぎやはぎとコラボ
  ・スペシャルレポーター:澤部佑(ハライチ)
  ・終了直前飛び入り出演:山里亮太(南海キャンディーズ)

 「企画用オープニング」「先週のバナナムーンでの矢作への生電
 話を回顧」「ヤングJUNK」「日村の呼称"たけし"と設楽の呼称
 "カイザー"をおぎやはぎに説明("オギーブン"も説明)」「スペシ
 ャルレポーター・ハライチ澤部とドッキリ生電話中継(奥さんとキ
 ス&五反田の自宅からTBSまでマラソン依頼)」「お互いにラジオ
 でやって来たことを振り返る(おぎや:ダイナマイトエクスタシー/
 チャーハンとエロスの融合/ヤレるアイドル妄想総選挙/ミュージ
 シャン・俳優ゲスト/オギプルギスの夜)」「澤部中継(ダイナマイト
 エクスタシーに挑戦)」「やって来たこと(バナナ:P計画/素っ裸DJ
 /アイドル・星野源ゲスト/"優勝するぞ!!"ジンクス/日村の歯)」
 『明日の金曜JUNKまでに4人それぞれが生まれ変わってほしい
 こと』「設楽が3人に明日までにスピリッツを読んで感想文を書い
 てくるよう宿題出す」「2時12分に出るタケシ(日村も挑戦)」「ラジ
 オ史上初の試みに挑戦:声を出さずに動きだけで笑わす/他人
 (剛力彩芽)のラジオ番組をそのままやる/おぎやはぎを泣かす
 (バナナマン結成秘話を聴かせながら口に指を突っ込む)」「澤部
 中継(タクシー乗車を指示)」「明日までにやること決定(日村:奈
 歩夫人とのキス写メ撮影/設楽:"ノンストップ!"でポーズ時に指
 でJUNKの"J"マーク/小木:一日おむつ着用/矢作:ブラジャー
 購入&一日着用/工務店&オークラ:パイパン)」「澤部到着(到着
 の仕方にダメ出し)」「奈歩夫人がTwitterで日村とのキスOK宣
 言?」「矢作のくすぐりノンストップ45秒」「山ちゃん(山里)が終了直
 前に突然乱入


08/28 P-C (0:25:34) “気持ちは26時間ラジオPodcast版(1)”
    * 「おぎやはぎのメガネびいき」枠での配信
    * 1週間の限定配信

  ・おぎやはぎとコラボ
  ・ゲスト:山里亮太(南海キャンディーズ)
        澤部佑(ハライチ)

 「山里が本編最後に乱入した理由(ヤングJUNKなのに呼ばれな
 い)」「JUNKをやりたい澤部」「山里が手コキマッサージについて
 説明(客役の日村相手に実演)」「夜這いコースについて説明(
 里&日村が店側・澤部が客側になって説明)」「金曜本編では日
 村と小木がアナルセックス?(日村が痔でNG)」

 「8月28日 気持ちは26時間! JUNK おぎやはぎのメガネびいき(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/29 本編 (2:00:00) “気持ちは26時間ラジオ・後半戦”

  ・おぎやはぎとコラボ
  ・メッセージ紹介レポーター:鈴木拓(ドランクドラゴン)
  ・生電話出演:澤部佑(ハライチ)
  ・26時間ラジオ批評担当:升田尚宏(TBSアナウンサー)
  ・手紙朗読:カズコさん

 「企画用オープニング(金曜版)」「眠気防止のゴリラ」『4人への励
 ましのメッセージ』「昨日の放送で山里はTwitterが荒れ澤部は奥
 さんと喧嘩」「東中野のもんじゃ焼き屋にいる鈴木拓に生電話し
 てメッセージ紹介レポーター役を依頼」「鈴木拓が来なかった時
 のためのリザーバーとして澤部が自宅待機(生電話でリビニー)」
 「小木のイギリス旅行(フリーメイソン本部)」「昨日決めた"Re BO
 RN・生まれ変わるためにやること"報告(設楽:"ノンストップ!"で
 Jポーズ決めるも噛みまくり/矢作:ブラジャー着用・買いに行っ
 た時が一番の試練・上下セットで買ったので下もこの場で穿く/
 日村:カラオケボックスで小木の奥さん・奈保夫人とのキス実行
 /小木:おむつ付けておしっこも実行)」「日村と小木でキス」「かけ
 たい曲対決(○設楽:夏の終わり/森山直太朗 vs ×日村:宙船/
 TOKIO vs ×小木:Hot Stuff/ドナ・サマー vs ×矢作:the heat
 is on/グレン・フライ)」「酔っ払った鈴木拓到着(別室に移動して
 メッセージ紹介)」「矢作・日村・小木によるスピリッツを読んでの
 感想文を発表」「ヒムペキ兄さん(バナナマン&おぎやはぎの思い
 出を歌ったオリジナルソング"おぎやはぎに捧げる歌"生唄&生
 ギター)」「26時間ラジオ批評(昨日の放送のミスを升田アナが指
 摘)」「エンディングはカズコさん(メガネびいきの常連素人)からの
 手紙(本人朗読&あえぎ)」


08/29 P-C (0:31:29) “気持ちは26時間ラジオPodcast版(2)”

  ・おぎやはぎとコラボ
  ・ゲスト:鈴木拓(ドランクドラゴン)
  ・生電話出演:澤部佑(ハライチ)

 「気持ちは26時間ラジオ無事完走」「木曜から金曜の間に4人が
 やっていたこと(矢作:ブラジャー着用/小木:おむつ着用/日村:
 奈歩夫人とキス/設楽:"ノンストップ!"でJUNKのJポーズ)」「自
 宅待機させたまま忘れてた澤部に電話(澤部はカズコさんに興
 奮してオナニー中?)」「電話中おむつにおしっこしていた小木
 「工務店さん&オークラがパイパンにしたのか確認」「鈴木が
 むつつけておしっこに挑戦」「オークラが鈴木のおむつのおしっ
 こ部分がゼリー状になっているのか揉んで確認」「おむつが気
 に入った小木&鈴木」「矢作もおむつ穿く(上半身はブラジャー)

 「2014年8月29日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 本編&Podcast プレイリスト(2014年9月)

 本編&Podcast プレイリスト(2014年7月) <<< PREV

bananaman live Love is Gold [DVD]bananaman live Love is Gold [DVD]

ホリプロ 2015-01-14
売り上げランキング : 140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2014年の「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2013-2014年) (13.6.29)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2014年) (14.1.17)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2014年) (14.1.10)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年1月) (14.1.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年2月) (14.2.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年3月) (14.3.9)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年4月) (14.4.5)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年5月) (14.5.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年6月) (14.6.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年7月) (14.7.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年8月) (14.8.2)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年9月) (14.9.6)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年10月) (14.10.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年11月) (14.11.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年12月) (14.12.6)


 その他の年の「バナナムーンGOLD」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村    ラジオ番組 ブログランキングへ

2014年8月 1日 (金)

『少年検閲官』 北山猛邦 > 「このミス」完全読破 No.758

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.758

 『少年検閲官』 北山猛邦

   「このミス」2008年版 : 29位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 16位
               「黄金の本格ミステリー」 選出

   読始:2014.6.24~ 読終:2014.6.30

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2007年1月>

少年検閲官 (創元推理文庫)少年検閲官 (創元推理文庫)
北山 猛邦

東京創元社 2013-08-21
売り上げランキング : 188097

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 北山猛邦は、メフィスト賞受賞作である「『クロック城』殺人事件」で2002年にデビューすると、その後もこの“城シリーズ”作品を計4作発表し、その作風から“物理トリックの北山”と称されていました。

 そして“城シリーズ”以外&講談社ノベルス以外では初となる作品が2007年に発表された本作だったわけですが、「本ミス」にランクインしただけでなく、「このミス」でもランクインこそ逃したもののあと一歩の29位となるほどに票が入るなど、それまで以上の評価を得ることになりました。

 なお、本作は三部作として構想されていて、続編(2作目)のNo.799「オルゴーリェンヌ」は本作と同じ2007年中に発売出来ればと考えていたそうなのですが、改稿などに時間がかかっているようで2014年夏現在でもはっきりとした発売予定は出てきていません。

 とはいえ、最近になって“もうそろそろ発売かも!?”といった情報が出て来ているので、2作目が発売される前にまずはシリーズ1作目である本作を読んでおくことにしたのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 物語の舞台となるのは“書物類の所有”が禁止された世界で、旅をしている英国人の少年・クリスが主人公。

 作品の雰囲気としてはファンタジー感が溢れていて童話的な趣きがあるのですが、クリスが訪れた(周囲から隔離された立地にある)町では奇妙な言い伝えがあったり謎めいた殺人事件が起きたりするので、そんなファンタジーと本格ミステリが溶け合っている雰囲気に(後の作品にもみられる)北山作品らしさが感じられました。

 そういった(好みは分かれそうだけれど)他作品では味わい難い独特な魅力が溢れる世界観の中で、クリスが巻き込まれることになる事件の謎もほどよく深まっていき、盛り上がを見せて来た所で登場するのが、“検閲官”であり本作の探偵役である少年・エノ。

 本作はいわばこの探偵役・エノとワトソン役(っぽい)・クリスの物語でして、二人の少年による探偵としての活躍が、謎を解く者同士による友情(青春)物語的な要素なども絡めつつ描かれていくので、探偵役の出てくる本格ミステリとしての直球に近い読み味を楽しむことが出来る思います。

 ただその一方で、“書物の所有が禁止されている=人々がミステリ(殺人事件の謎)に接する機会がほとんどない”という特殊設定世界であることで、殺人事件に関連したあらゆる事象も探偵の行動も普通の本格ミステリとは異なってきますし、この特殊設定世界を絶妙に活かしたトリックが仕掛けられていたりもするので、本格ミステリの定番から逸れてしまうような世界を(意図的に)作り上げたからこその刺激的な面白さも堪能できるのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★★   鬼畜グログロ度 : ★★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★     おどろおどろ度 : ★★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★
 下ネタエッチ度 : ★        感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★★     気軽に読める度 : ★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “北山猛邦” 関連記事 】

  > No.799 「オルゴーリェンヌ」
  > No.758 「少年検閲官」

  > No.688 「猫柳十一弦の失敗 探偵助手五箇条」
  > No.530 「猫柳十一弦の後悔 不可能犯罪定数」
  > No.451 「私たちが星座を盗んだ理由」
  > No.315 「蝦蟇倉市事件 2」
  > No.141 「踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿」


 「虚ろな十字架」東野圭吾 <<< PREV/NEXT >>> 「寂しい丘で狩りをする」辻原登

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「天馬のテニス」 助川祐司 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.4 2014年 9/20号 [雑誌]

集英社 2014-08-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.4”(8月18日<月>発売)に掲載の読切作品が、「天馬のテニス(てんまの・テニス)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の助川祐司(すけがわ・ゆうじ)は、東京アニメーター学院出身で、「どうも犬飼大です。」で“手塚賞(2012年下半期)”の佳作を受賞(この作品は電子書籍で読むことが出来ます→手塚・赤塚賞受賞作品集 平成24年度下期[Kindle版](Amazon.co.jp))。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:杉田)。


 内容の方は、後ほど追記します。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

★目覚めよ兵(つわもの)ども!血湧き肉踊る青春テニス活劇!読切49P!!


 【「天馬のテニス」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年8月18日(月)~24日(日)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「助川祐司」関連記事】

  > 「アウターゲーム」 助川祐司 > ジャンプGIGA 2017 vol.3 (17.6.21)

  > 「天馬のテニス」 助川祐司 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4 (14.8.1)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.7.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ