サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「BRAIN BREAKER -ブレイン・ブレイカー-」 岡本喜道 > 週刊少年ジャンプ読切! | トップページ | 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊! »

2014年7月25日 (金)

【MDB式“2014年J1リーグ第17節・名古屋戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★7/27(日) 19:00~ J1リーグ第17節・名古屋グランパス戦 (瑞穂陸)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 8位  6勝 4分 6敗 勝点 22 18得 14失 得失 +4 」
  名古屋 :「 14位 5勝 3分 8敗 勝点 18 22得 28失 得失 -6 」

 名古屋は、昨シーズン限りで6年の長期政権となっていたストイコビッチ監督が退任し、阿部翔平・田中隼磨・増川隆洋といった主力DFも退団。

 そして西野朗監督を迎えた今シーズンは、新チームが始動したばかりということや怪我人が多く出た影響もあって、第5節から5連敗するなど結果が出ず、前々節終了時には降格圏ギリギリの15位という順位に低迷していました(前節の結果により1つ上がって現在は14位)。

 リーグ再開後は、前々節はここまでわずか1勝の最下位・徳島とホームで引き分け(△1-1)に終わるも、前節のアウェー・仙台戦は新加入のレアンドロ・ドミンゲスの活躍もあり3度のビハインドを追いつき引き分け(△3-3)と、同じ引き分けでも意味合いは少し違う感じですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 名古屋戦は、公式戦通算では「24勝 12分 19敗」とやや勝ち越していて、リーグ戦通算だと「19勝 11分 18敗」とほぼ五分の成績です。

 しかし、リーグ戦ホームでは「13勝 4分 7敗」、アウェーでは「6勝 7分 11敗」と、お互いに“ホームで強くアウェーで弱い”というかなりはっきりとした相性となっているのです。

 現に、リーグ戦アウェーでは2007年に勝利して以降5年間勝利がなかったですし(0勝 3分 2敗)、ホームを含めても2010年以降3年間勝利がない状況だったので(0勝 4分 2敗)、ここ数年に限ればホーム・アウェー関係なく苦手な相手となっていました。

 とはいえ、昨年のアウェー戦は逆転で2-1で勝利し、リーグ戦アウェーでは2007年第21節以来、リーグ戦通算では2009年第29節以来となる勝ち星を挙げているので、名古屋は今年から監督が変わっていることもあり、相性も変化していればいいのですけどね。

 なお、ケネディには2010年以降のリーグ戦8試合中5試合でゴールを許している(2試合連続ゴール中)ものの、今回は怪我のため欠場が濃厚なのですが、代わりに柏所属時代に苦手としていたレアンドロ・ドミンゲスが中断明けから名古屋に加入しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 ★今回の試合に勝つか引き分けだと........
   > 5試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 3試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 11試合連続“同一カード 失点”達成 (マリノス歴代 6位)
   > 7試合連続“同一カード アウェー失点”達成 (マリノス歴代 8位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 下平匠が出場すると、Jリーグ通算150試合出場を達成します。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算60ゴールとなり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独1位となります。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算27ゴールとなり、兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は単独14位)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、中2・3日の連戦も5戦目となりますが、この時期に積み上げた勝ち点というのは後々重要となってくるので、なんとか勝ち切って勝ち点3を手にしたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 名古屋: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス: 富澤清太郎

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 藤本淳吾
           名古屋 :

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  名古屋オフィシャル

 【チケット情報】  名古屋オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「西野監督、原点回帰の4バック」 (7/27)

   > 「あす名古屋戦で引退 横浜M・DFドゥトラ」 (7/26)


 【TV中継】 (生) 7/27(日) 18:50~  スカチャン0

        (録) 7/28(月) 14:20~  スカチャン3

            7/29(火) 28:00~  スカチャン2

            7/30(水) 21:45~  J SPORTS 3
            7/30(水) 26:00~  スカチャン3

            7/31(木) 29:00~  スカチャン0

            8/01(金) 29:45~  J SPORTS 3

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第17節・名古屋戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 「BRAIN BREAKER -ブレイン・ブレイカー-」 岡本喜道 > 週刊少年ジャンプ読切! | トップページ | 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.4」 > 週刊少年ジャンプ増刊! »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ