サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年8月) | トップページ | 「肋骨さん」 吾峠呼世晴 > 週刊少年ジャンプ読切! »

2014年7月22日 (火)

【MDB式“2014年J1リーグ第16節・神戸戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★7/23(水) 19:30~ J1リーグ第16節・ヴィッセル神戸戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 9位 6勝 3分 6敗 勝点 21 17得 13失 得失 +4 」
  神戸  :「 5位 6勝 6分 3敗 勝点 24 26得 18失 得失 +8 」

 神戸は、2012年にJ1で16位となりJ2降格となったものの、J2でのシーズンとなった昨年(2013年)は常に首位争いを繰り広げ、危なげなく1年でJ1に復帰。

 そして2年ぶりのJ1となった今シーズンは、マルキーニョス、ペトロ・ジュニオール、シンプリシオといった新加入の外国籍選手のいきなりの活躍もあり、開幕から11試合でわずか1敗(5勝 5分 1敗)と結果を出し、第8節終了時には首位に立つほどの絶好調ぶりでした。

 しかし、第9節からW杯中断までの6試合ではわずか1敗とはいえ勝ったのも1試合のみ(1勝 4分 1敗)で、再開初戦となった前節の鳥栖戦では0-1で敗れるなど、崩れてはいないものの開幕当初の勢いはさすがに失速している感じですね。

 なお、(W杯中断からの)再開後の神戸は、12日(土)に天皇杯(関西学院大戦)、19日(土)にリーグ戦(鳥栖戦)と2試合(どちらもホーム)消化しているのに対し、マリノスの方はその2試合(リーグ戦はアウェー)に加えて15日(火)にも延期分のリーグ戦(アウェー・広島戦)をこなしているので、日程的にはマリノスの方が不利な状況ともいえそうです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 神戸戦は、公式戦通算で「16勝 10分 8敗」、リーグ戦通算で「15勝 8分 7敗」と(引き分けが多いものの)大きく勝ち越していて、リーグ戦アウェーでは「6勝 5分 4敗」と五分なのに対し、ホームでは「9勝 3分 3敗」と勝利数が大きく上回っています。

 さらにニッパ球(三ツ沢)での公式戦は「3勝 1分 0敗」と負けなしで、リーグ戦に限ると3戦全勝(リーグ戦で前回対戦した2009年第5節では5-0で勝利)と相性は良いですね。

 ここ最近では、2009年以降のリーグ戦で「5勝 2分 1敗」、ここ5試合で「4勝 0分 1敗」(2連勝中)とやはり相性良い相手となっていて、リーグ戦ホームに限れば4連勝中(5試合負けなし)です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 ★今回の試合に勝つと........
   > 5試合“同一カード ホーム連勝”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で勝つか引き分けだと........
   > 6試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 8位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 11試合連続“同一カード ホーム得点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 下平匠が出場すると、Jリーグ通算150試合出場を達成します。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算60ゴールとなり、城彰二(97-01)を抜いてマリノス歴代単独1位となります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、再開後のリーグ戦は広島戦が終了間際に2ゴールで逆転勝利、C大阪戦は終了間際に失点して引き分けと、アディショナルタイムで勝負が決まる劇的な試合が続いていますが、今回は出来れば危なげない試合運びで勝ち点3をゲットしたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 神戸: なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス: なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス: 富澤清太郎

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス:
           神戸  : マルキーニョス

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「斎藤 ドゥトラ惜別弾決める!“恩人”のホーム最終戦で白星を」 (7/23)

   > 「神戸 優勝争い復帰の鍵は決定力 主力組シュート練習入念」 (7/22)


 【TV中継】 (生) 7/23(水) 19:20~  J SPORTS 3

        (録) 7/24(木) 06:00~  J SPORTS 3
            7/24(木) 10:40~  スカチャン0

            7/25(金) 06:40~  スカチャン2
            7/25(金) 25:10~  スカチャン2

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第16節・神戸戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年8月) | トップページ | 「肋骨さん」 吾峠呼世晴 > 週刊少年ジャンプ読切! »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ