サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年3月)

 当ブログで更新している競馬予想の「2014年3月」の結果まとめ記事です。

 * ☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ

 * レース名のリンク先は当ブログ記事

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ 03/01 阪神・アーリントンC(GIII) +7,500円
    ◎馬:フェルメッツァ/武豊 6人 3着

◎ 03/02 阪神・阪急杯(GIII) +8,100円
    ◎馬:サンカルロ/吉田豊 8人 2着

● 03/02 中山・中山記念(GIII) -3,000円
    ◎馬:ナカヤマナイト/柴田善臣 6人 13着

● 03/05 川崎・エンプレス杯(JpnII) -3,000円
    ◎馬:ビタースウィート/佐藤博紀 7人 8着

● 03/08 阪神・チューリップ賞(GIII) -3,000円
    ◎馬:ブランネージュ/藤岡康太 7人 4着

● 03/08 中山・オーシャンS(GIII) -3,000円
    ◎馬:ハノハノ/蛯名正義 8人 14着

● 03/09 中山・弥生賞(GII) -3,000円
    ◎馬:エイシンエルヴィン/秋山真一郎 6人 8着

◎ 03/12 大井・京浜盃(SII) +5,400円
    ◎馬:サーモピレー/山崎誠士 5人 3着

● 03/15 阪神・阪神スプリングJ(J・GII) -3,000円
    ◎馬:アドマイヤツバサ/小坂忠士 5人 9着

● 03/15 中京・中日新聞杯(GIII) -3,000円
    ◎馬:トウカイパラダイス/柴山雄一 12人 5着

● 03/16 阪神・フィリーズR(GII) -3,000円
    ◎馬:マイネヴァリエンテ/幸英明 11人 7着

● 03/16 中山・中山牝馬S(GIII) -3,000円
    ◎馬:セキショウ/横山和生 13人 14着

◎ 03/18 高知・黒船賞(JpmIII) +7,800円
    ◎馬:ダイショウジェット/柴山雄一 4人 3着

● 03/19 船橋・ダイオライト記念(JpnII) -3,000円
    ◎馬:パワーストラグル/後藤浩輝 6人 14着

◎ 03/21 中山・フラワーC(GIII) +6,000円
    ◎馬:パシフィックギャル/シュタルケ 6人 2着

● 03/22 中京・ファルコンS(GIII) -3,000円
    ◎馬:シゲルカガ/北村宏司 9人 13着

● 03/23 阪神・阪神大賞典(GII) -3,000円
    ◎馬:タマモベストプレイ/和田竜二 6人 8着

● 03/23 中山・阪神大賞典(GII) -3,000円
    ◎馬:ミッキーデータ/蛯名正義 8人 13着

● 03/26 名古屋・名古屋大賞典(JpnIII) -3,000円
    ◎馬:オオエライジン/下原理 5人 5着

● 03/27 浦和・桜花賞(SI) -3,000円
    ◎馬:オープンベルト/和田譲治 6人 7着

● 03/29 阪神・毎日杯(GIII) -3,000円
    ◎馬:シンガン/川島信二 6人 9着

● 03/29 中山・日経賞(GII) -3,000円
    ◎馬:プロモントーリオ/横山典弘 8人 13着

● 03/30 中山・マーチS(GIII) -3,000円
    ◎馬:グラッツィア/丸山元気 8人 8着

● 03/30 中京・高松宮記念(GI) -3,000円
    ◎馬:サクラゴスペル/松山弘平 17人 12着

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数  的中率   収支額    回収率 

☆14年03月   > 5/24   20.8%  -22,200円   69.2% 

☆14年通算   > 10/52  19.2%  -34,200円   78.1%


☆13年通算   > 58/211  27.5%  -81,160円   87.2%

☆12年通算   > 47/210  22.4%  -63,970円   89.9%

☆11年通算   > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算   > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算   > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  NEXT >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月)

  ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2013年2月) <<< PREV


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

◎しらさぎ賞(2014年)穴馬予想&結果

< 4月30日(水)に行われるしらさぎ賞(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【しらさぎ賞】

 浦和のダート1400mで行われる南関牝馬重賞(SIII)です。

 ここは、ショコラヴェリーヌを◎にしてみましょう。

 この馬は、2歳時にしか重賞好走経験がないのですが、昨年に短距離路線にシフトしてからは成績が安定していて、ここ5戦で7ヶ月の休み明けだったレースを除けば4戦3勝全連対と(オープンクラスではないものの)結果を出しています。

 今回は重賞クラスの馬が何頭もいるので厳しいかもしれないものの、前走も浦和1400mで勝っている勢いを買って、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ショコラヴェリーヌ / 的場文男 (8)

  << 単勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎かきつばた記念(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎青葉賞(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月29日 (火)

【MDB式“2014年J1リーグ第10節・浦和戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★4/29(火・祝) J1リーグ第10節・浦和レッズ戦 (埼玉)

  ●0-1 (前半0-0、後半0-1)  主審:扇谷健司  入場者数:38,226人

  .<得点> 0-1 李忠成 (浦和・後半11分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 中澤佑二が、マリノス所属時公式戦通算450試合出場にリーチとなりました。

 兵藤慎剛が、Jリーグ通算200試合出場にリーチとなりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時公式戦通算271試合出場となり、井原正巳(93-99)を抜いてマリノス歴代単独10位となりました。

 ドゥトラが、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代9位タイとなりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 この試合で無得点だったため、5試合連続無得点となり、「連続無得点」のマリノス歴代新記録を達成しました。

 この試合で無得点だったため、4試合連続アウェー無得点となり、「アウェー連続無得点」のマリノス歴代新記録を達成しました。

 <記録更新>

  ・「勝ちなし」記録 > 7試合連続中 <マリノス歴代 3位>

  ・「無得点」記録 > 5試合連続中 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「アウェー無得点」記録 > 4試合連続中 <マリノス歴代 新記録達成>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード アウェー連勝」記録 > 6連勝でストップ <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 7試合連続でストップ <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「アウェー無失点」記録 > 2試合連続でストップ <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「同一カード 得点」記録 > 12試合連続でストップ <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード アウェー得点」記録 > 7試合連続でストップ <マリノス歴代 7位タイ>

  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】

 観客動員 > 38,226人

  > マリノス総合ランキング ベスト・66位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)

  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録情報】

 この試合に敗れたため、リーグ戦通算250敗を達成しました。

 J1リーグでの250敗達成は、G大阪・広島・千葉・名古屋・浦和・清水(達成順ではなく現在の敗戦数順)に次いで7クラブ目となります

  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第10節 終了時 : 14位 (前節 13位)
         < 3勝 2分 5敗  勝点 11 得点 7 失点 8 得失点差 -1 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「浦和が8年ぶりにホームで横浜FMを撃破!
           最後まで足を止めず白星を掴み取った

 (ゲキサカ) 「李の一撃で勝利をもぎ取った浦和、横浜FMは5戦無得点

 (ドメサカブログ) 「浦和が李の決勝ゴールで苦手のマリノス破る
             埼スタでの勝利は7年半ぶり


 (カナロコ) 「横浜Mが5戦無得点、ついにクラブワーストへ

 (スポニチ) 「斎藤 ザック監督へのアピール不発…途中出場もシュート0本

 (日刊スポーツ) 「横浜7戦勝ちなしも社長は現体制信頼

 (スポーツ報知) 「斎藤、ザック御前でシュート0発

 (サンスポ) 「横浜M、7戦勝ちなし&チームワーストの5試合連続無得点


   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月後半)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第10節・浦和戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「いいよね!米澤先生 出張版」 地獄のミサワ > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊 少年ジャンプ 2014年 5/19号 [雑誌]週刊 少年ジャンプ 2014年 5/19号 [雑誌]
少年ジャンプ編集部

2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “絢爛豪華!! 爆笑到来!! 春のギャグカーニバル!! レジェンドカーニバル!!”の参加作品として、週刊少年ジャンプ2014年22・23合併号(2014年4月28日発売)に掲載の読切作品が、「いいよね!米澤先生 出張版」です。

 作者の地獄のミサワ(じごく・の・みさわ)は、“赤塚賞(2008年上半期)”の準入選を「俳優伝説」で受賞し(当時の名義は三澤大気)、その受賞作が“ジャンプSQ.(2008年9月号)”に掲載されてデビュー。

 さらに“ジャンプSQ.”での読切掲載が続いた後、“ジャンプSQ.(2010年2月号)”から始まった「カッコカワイイ宣言!」で連載デビューを果たすと、そのシュールな笑いが好評となり、“本誌2011年05・06合併号”には出張版が掲載されています(週刊少年ジャンプ読切! 「カッコカワイイ宣言!」 地獄のミサワ参照)。

 そして、“ジャンプSQ.(2014年4月号)”で連載終了となった「カッコカワイイ宣言!」と入れ替わる形で、“ジャンプSQ.(2014年5月号)”から「いいよね!米澤先生」が連載開始となり、今回はその出張版が掲載となりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「いいよね!米澤先生 出張版」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年4月29日(火)~5月5日(月)
  


 【「春のギャグカーニバル!!」の中で一番面白かった作品は?】
  投票受付期間:2014年4月29日(火)~5月5日(月)
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「地獄のミサワ」関連記事】

  > 「いいよね!米澤先生 出張版」 地獄のミサワ
     > 週刊少年ジャンプ読切! (14.4.29)

  > 「カッコカワイイ宣言!」 地獄のミサワ > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.5)


 【「2014年前半の読切」関連記事】

  > 「Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-」 後藤逸平 (14.4.28)

  > 「カミドリ」 池沢春人 (14.4.28)

 < 春のギャグカーニバル!! >
  > 「ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語」 うすた京介 (14.4.28)
  > 「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」 大石浩二 (14.4.29)
  > 「ギャグマンガ日和 出張版」 増田こうすけ (14.4.29)
  > 「いいよね!米澤先生 出張版」 地獄のミサワ (14.4.29)

  > 「ファニーハニー」 船津紳平 (14.3.24)

 < 花より漫画!新春極彩色読切5連弾!! >
  > 「PEACH PLUCK」 木村勇治 (14.3.17)
  > 「永久不滅デビルポイント」 篠原健太 (14.3.24)
  > 「眠寝太郎現る!!」 天野明 (14.3.31)
  > 「黒き妖のゴゴゴ」 岩本直輝 (14.3.31)
  > 「あばれ猿」 打見佑祐 (14.3.31)

  > 「ダーリンは宇宙人」 小島歩 (14.2.23)

  > 「ジェントルくん」 小山ゆうじろう (14.1.27)

  > 「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 (14.1.20)

 < 次代を拓く!新種バラエティ3連読切 >
  > 「世界遺産大戦パルテノンくん」 レツ (14.1.4)
  > 「E-Robot」 山本亮平 (14.1.20)
  > 「WONDERFUL WONDER WORLD」 門里慧 (14.1.27)

  > 「GAZER」 ミウラタダヒロ (13.12.21)

 < 怒涛の年末2連新人読切 >
  > 「うるし」 那波歩才 (13.12.2)
  > 「三ツ首コンドル」 石山諒 (13.12.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

「ギャグマンガ日和 出張版」 増田こうすけ > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊 少年ジャンプ 2014年 5/19号 [雑誌]週刊 少年ジャンプ 2014年 5/19号 [雑誌]
少年ジャンプ編集部

2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “絢爛豪華!! 爆笑到来!! 春のギャグカーニバル!! レジェンドカーニバル!!”の参加作品として、週刊少年ジャンプ2014年22・23合併号(2014年4月28日発売)に掲載の読切作品が、「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 出張版」です。

 作者の増田こうすけ(ますだ・こうすけ)は、2000年に“月刊少年ジャンプ”で始まった連載デビュー作「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」が、掲載雑誌を“ジャンプSQ.”(“月刊少年ジャンプ”廃刊による後継誌)に移しながら現在も連載中で、テレビアニメ化されるほどの人気を得ています。

 そして本作はジャンプ本誌への出張版なのですが、この「ギャグマンガ日和」は他誌に出張掲載されることが多く、ジャンプ本誌だけでも“2005年28号” “2006年50号” “2007年48号” “2010年02号” “2010年38号” “2011年05・06合併号”(週刊少年ジャンプ読切! 「ギャグマンガ日和 出張版」 増田こうすけ参照)などで出張掲載されています。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「ギャグマンガ日和 出張版」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年4月29日(火)~5月5日(月)
  


 【「春のギャグカーニバル!!」の中で一番面白かった作品は?】
  投票受付期間:2014年4月29日(火)~5月5日(月)
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「増田こうすけ」関連記事】

  > 「ギャグマンガ日和 出張版」 増田こうすけ > 週刊少年ジャンプ読切! (14.4.29)

  > 「ギャグマンガ日和 出張版」 増田こうすけ > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.5)


 【「2014年前半の読切」関連記事】

  > 「Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-」 後藤逸平 (14.4.28)

  > 「カミドリ」 池沢春人 (14.4.28)

 < 春のギャグカーニバル!! >
  > 「ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語」 うすた京介 (14.4.28)
  > 「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」 大石浩二 (14.4.29)
  > 「ギャグマンガ日和 出張版」 増田こうすけ (14.4.29)
  > 「いいよね!米澤先生 出張版」 地獄のミサワ (14.4.29)

  > 「ファニーハニー」 船津紳平 (14.3.24)

 < 花より漫画!新春極彩色読切5連弾!! >
  > 「PEACH PLUCK」 木村勇治 (14.3.17)
  > 「永久不滅デビルポイント」 篠原健太 (14.3.24)
  > 「眠寝太郎現る!!」 天野明 (14.3.31)
  > 「黒き妖のゴゴゴ」 岩本直輝 (14.3.31)
  > 「あばれ猿」 打見佑祐 (14.3.31)

  > 「ダーリンは宇宙人」 小島歩 (14.2.23)

  > 「ジェントルくん」 小山ゆうじろう (14.1.27)

  > 「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 (14.1.20)

 < 次代を拓く!新種バラエティ3連読切 >
  > 「世界遺産大戦パルテノンくん」 レツ (14.1.4)
  > 「E-Robot」 山本亮平 (14.1.20)
  > 「WONDERFUL WONDER WORLD」 門里慧 (14.1.27)

  > 「GAZER」 ミウラタダヒロ (13.12.21)

 < 怒涛の年末2連新人読切 >
  > 「うるし」 那波歩才 (13.12.2)
  > 「三ツ首コンドル」 石山諒 (13.12.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊 少年ジャンプ 2014年 5/19号 [雑誌]週刊 少年ジャンプ 2014年 5/19号 [雑誌]
少年ジャンプ編集部

2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “絢爛豪華!! 爆笑到来!! 春のギャグカーニバル!! レジェンドカーニバル!!”の参加作品として、週刊少年ジャンプ2014年22・23合併号(2014年4月28日発売)に掲載の読切作品が、「週刊少年ジャンプ46周年記念特別読切 未来への跳躍~長浜洋次郎物語~(みらいへの・ちょうやく・ながはま・ようじろう・ものがたり)です。

 作者の大石浩二(おおいし・こうじ)は、「メゾン・ド・ペンギン」(2006-2007)に続く2度目の連載作品「いぬまるだしっ」(2008-2012)が、ギャグ漫画としては長期ともいえる連載となるほどの人気に(週刊少年ジャンプ新連載! 「いぬまるだしっ」 大石浩二参照)。

 連載終了後は、“週刊ヤングジャンプ(2012年45~47号)”に「中2神アッテーナ」を短期集中連載し、“最強ジャンプ2013年1月号”に「最強番長アヤメちゃん」、“本誌2013年6・7合併号”に「氷上布武」を掲載(週刊少年ジャンプ読切! 「氷上布武」 大石浩二参照)。

 さらには、“ジャンプVS -バーサス-(2013年)”に1ページのみの巻末カラー作品「森ガール久美子ちゃん」を掲載し、スマホ増刊“ジャンプLIVE 1号(2013年)”で「天才編集者周平 ミニキャッパー周平~周平編集記~」を短期連載(前4回)。

 そして、“本誌2013年36号”に「いぬまるだしっ番外編 ~タイでもまるだしっ~」を掲載し(「いぬまるだしっ ~タイでもまるだしっ~」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切!参照)、本作にて約8ヶ月ぶりの本誌登場となりました。


 内容の方は、長浜洋次郎の半生を描く一代記人間ドラマ(のパロディ)漫画です。

 1968年7月に創刊された「週刊少年ジャンプ」は、有力な新人を次々と発掘し、1995年には漫画雑誌の最高発行数を記録、そして今もなお漫画業界をリードし続ける怪物漫画雑誌である。

 しかしその誕生の裏には、1人の人間の壮絶なドラマがあった。

 その男の名は、長浜洋次郎。

 1936年に満州で生まれ、9歳の時に父親の郷里である福岡に渡り、苦労を重ねた少年時代を経て社会人へと成長していく洋次郎の半生が、人間ドラマの旗手・大石浩二の手で今描かれる!!


 【「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年4月29日(火)~5月5日(月)


 【「春のギャグカーニバル!!」の中で一番面白かった作品は?】
  投票受付期間:2014年4月29日(火)~5月5日(月)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「大石浩二」関連記事】

  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (17.10.2)
  > 「トマトイプーのリコピン」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.12.13)

  > 「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」 大石浩二
     > 週刊少年ジャンプ読切! (14.4.29)

  > 「いぬまるだしっ ~タイでもまるだしっ~」 大石浩二
     > 週刊少年ジャンプ読切! (13.8.2)

  > 「氷上布武」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.1.4)

  > 「信魂さんいらっしゃい」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.1.5)

  > 「いぬまるだしっ」 大石浩二 <JC1巻買い> (09.2.9)
  > 「いぬまるだしっ」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ新連載! (08.8.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2014年4月28日 (月)

「ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語」 うすた京介 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊 少年ジャンプ 2014年 5/19号 [雑誌]週刊 少年ジャンプ 2014年 5/19号 [雑誌]
少年ジャンプ編集部

2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “絢爛豪華!! 爆笑到来!! 春のギャグカーニバル!! レジェンドカーニバル!!”の参加作品として、週刊少年ジャンプ2014年22・23合併号(2014年4月28日発売)に掲載の読切作品が、「ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語(ゆるキャラ・でんせつ・くまモンじゃないヤツ・ものがたり)です。

 作者のうすた京介(うすた・きょうすけ)は、「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」(1995-1997)、「武士沢レシーブ」(1999)、「ピューと吹く!ジャガー」(2000-2010)と、ジャンプ本誌で3度の連載経験がある、週刊少年ジャンプを代表するギャグ漫画家です。

 「ピューと吹く!ジャガー」の連載終了後には、「ポー」を“本誌2010年48号”に(週刊少年ジャンプ読切! 「ポー」 うすた京介参照)、「Aボーイ~溜め込んだ想い~」を“ジャンプNEXT! 2013 SPRING”に掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2013SPRING」参照)。

 そして本作にて、約3年半ぶりの本誌登場となりました。

 なお、本作掲載後には、本物のくまモンに本作の存在を知られてしまったり、くまモンがジャンプ編集部に乗り込んで来て抗議を行うなどの(楽しい)騒動が勃発しました(くまモン、週刊少年ジャンプ編集部に抗議、突撃す(togetter)参照)。


 内容の方は、くまモンのニセモノにインタビューギャグ漫画です。

 “熊本出身の尾田先生に「くまモンの読切り100P描いてもらおう!」”という一大企画の実現のため、まずはくまモンに取材を申し込んだ、少年ジャンプ編集部の小野寺宏次。

 しかし取材現場にやって来たのは、どう見てもくまモンには見えないのに自分をくまモンだと言うニセモノ。

 戸惑いつつもインタビューを始めると、そのニセくまモンは、自身の意外な過去やゆるキャラ界のどす黒い裏話、さらには本家くまモンとの確執について語り出して.....。


 【「ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年4月29日(火)~5月5日(月)
  


 【「春のギャグカーニバル!!」の中で一番面白かった作品は?】
  投票受付期間:2014年4月29日(火)~5月5日(月)
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「うすた京介」関連記事】

  > 「フードファイタータベル(本誌出張版)」 うすた京介
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.1.8)

  > 「ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語」 うすた京介
     > 週刊少年ジャンプ読切! (14.4.28)

  > 「Aボーイ~溜め込んだ想い~」(ジャンプNEXT! 2013 SPRING) (13.5.1)

  > 「ポー」 うすた京介 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.10.31)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

◎かきつばた記念(2014年)穴馬予想&結果

< 4月29日(火・祝)に行われるかきつばた記念(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【かきつばた記念】

 名古屋のダート1400mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 出走するレースでは大体◎にしているダイショウジェットがいますが、中央馬が3頭しかいないので今回はさすがにこの馬の複勝狙いは出来ないし、地方馬を狙うにしてもリスクの割には配当が低そうです(中央馬が4頭いた昨年でさえ3着に入ったサイモンロードの複勝が2倍をきっていましたし)。

 さらにはオッズが分からない前日に予想するとなれば、穴馬を狙うのが色んな意味で難しいレースなのですが、ここはある意味穴狙いということで、ダノンカモンの単勝勝負でいってみましょう。

 まあ近走実績でも安定感でもノーザンリバーの方が上で、たぶんこの馬が断然の1番人気になると思うものの、ダノンカモンも成績に波があってなかなか勝ち切れないとはいえ何度も重賞で好走しています。

 それに、前走は(今回とは距離が異なるとはいえ)名古屋の雨の不良馬場で行われた交流重賞・名古屋大賞典を制していますし、昨年のこのレースで2着と、名古屋での好走歴があるのはノーザンリバーにない強みなので、ここで勝つ可能性もあるのではないかということで、この馬に期待してみることにしました。

 心配なのはオッズですが、昨年も2番人気で単勝2.5倍だったので(1番人気は勝ったティアップワイルドの1.9倍)、今回は最低でもそれ(2.5倍)以上はいくと思うのですよね。


  ◎  ダノンカモン / 川田将雅 (4)

  << 単勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マイラーズC&フローラS(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎しらさぎ賞(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

「Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-」 後藤逸平 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ2014年6月2日号週刊少年ジャンプ2014年6月2日号
集英社

集英社 2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプ2014年25号(2014年5月19日発売)に掲載の読切作品が、「Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-(ハイファイ・クラスタ・ロッコートッカ・じけん・じつれい)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の後藤逸平(ごとう・いっぺい)は、「HIYOTA GET...」が“ジャンプNEXT! 2011 SPRING”に掲載されデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011 SPRING」参照)。

 そして「六攻特課」が“本誌2012年48号”に掲載されて本誌デビューを飾り(週刊少年ジャンプ読切! 「六攻特課」 後藤逸平参照)、本作にて2度目の本誌掲載となりました。


 内容の方は、才能ラベルで能力ダウンロード近未来アクション漫画です。

 才能ラベルを貼ることでアプリ化された才能を誰でも手軽にダウンロードできるようになった、2045年の近未来世界。

 “才能ラベルを使う才能”自体を持っていない落ちこぼれの高校生・十五条平太は、ピザ配達のバイトのため“運転”の才能ラベルを貼ってバイクに乗っていたところ、ヤクザのように見える怪しい男を轢いてしまい、ピザをあげて何とか許してもらうことに。

 その男に“闇で才能ラベルを捌いている奴ら”について聞かれた平太だが、実は平太自身がその犯罪集団に関わっていて.....。


 前作読切「六攻特課」との比較ですが、まず「前作」の“六攻特課”の正式名称が“六番目能力対抗攻性特務課”だったのが、「本作」では“警視庁捜査六課 対才能犯罪攻性特務課”に。

 扱われる特殊能力は、「前作」では六番目能力(超能力)だったのが、「本作」では才能ラベルにより能力をダウンロードに変更(「本作」は歴史に名だたる偉人たちの才能を再現したオリジナルデータラベル“Hi-Fi”を用いてバトル)。

 そして六攻特課の創始者でもある課長は、容姿的にはほぼ共通しているものの、「前作」での名前は半沢で自身に特別な能力はない普通の警察官だったのに対し、「本作」では名前が貫寺晃作に変わり自身も“Hi-Fi”の能力で戦うことに。

 なので、本作のサブタイトルに前作のタイトル「六攻特課」が入っているとはいえ、続編ではなくリニューアル版といった感じですし、サスペンス色の強かった「前作」よりも「本作」の方がバトルアクション要素が増していました。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

才能を捻じ伏せろ。

☆2045年・東京――
   "才能"を身体にダウンロードする近未来。
      最先鋭(ウルトラ)能力アクション読切Cカラー47P!!


 【「Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月19日(月)~5月25日(日)
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「後藤逸平」関連記事】

  > 「cute」 後藤逸平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.4 (15.8.4)

  > 「ハイファイクラスタ」 後藤逸平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.9.1)

  > 「Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-」 後藤逸平
      > 週刊少年ジャンプ読切! (14.4.28)

  > 「六攻特課」 後藤逸平 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.10.28)

  > 「HIYOTA GET...」(ジャンプNEXT! 2011SPRING) (11.4.30)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

「カミドリ」 池沢春人 > 週刊少年ジャンプ読切!

週間少年ジャンプ2014年5月26日号24週刊少年ジャンプ2014年5月26日号24
集英社

集英社 2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプ2014年24号(2014年5月12日発売)に掲載の読切作品が、「カミドリ」です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の池沢春人(いけざわ・はると)は、「黒鉄 -クロガネ-」が“本誌2011年03・04合併号”に掲載されてデビューを飾り(週刊少年ジャンプ読切! 「黒鉄 -クロガネ-」 池沢春人参照)、そのリニューアル版「クロガネ」が“本誌2011年39号”から始まり連載デビュー(週刊少年ジャンプ新連載! 「クロガネ」 池沢春人参照)。

 そして昨年の“本誌2013年9号”で連載を終え、本作にて連作終了後最初の作品発表となりました。

 なお、「クロガネ」(読切版も含む)以外の作品を発表するのは今回が初となります。


 内容の方は、疫病神に憑かれた大泥棒の時代アクション漫画です。

 京都を騒がせた義賊の大泥棒・花形五ヱ門は、幻の印籠"蛹雪"を盗み出す際に伏見城番・仙石久光に捕えられ、釜茹での刑に処されることに。

 煮えたぎる湯に放り込まれて絶体絶命の中、五ヱ紋の前に突然現れたのは、“疫病神”のクロ。

 人の不幸を三度の飯とするクロは、天邪鬼と負けず嫌いと強がりにより美味な不幸を生み出す五ヱ門をここで死なすには惜しいエサだと考え、五ヱ門を釜の中から逃がして取り憑き始める。

 しかし、怪力の神“玄之甕土”の加護を受ける“神連(カミツレ)”である仙石が、逃げる五ヱ門の前に立ちはだかって.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

花は桜木、男は泥棒!!!

☆天下の義賊、遂に捕わる!! 哀れ五ヱ門、鍋で茹蛸!?
             神をも恐れぬ大泥棒読切Cカラー47P!!


 【「カミドリ」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月12日(月)~5月18日(日)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「池沢春人」関連記事】

  > 「ノアズノーツ」 池沢春人 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.2.26)

  > 「ものの歩 番外編 将棋部文化祭!」 池沢春人
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.4.18)

  > 「ものの歩」 池沢春人 > 週刊少年ジャンプ新連載! (15.9.7)

  > 「カミドリ」 池沢春人 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.4.28)

  > 「クロガネ」 池沢春人 <JC1巻買い> (12.6.14)
  > 「クロガネ」 池沢春人 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.9.4)

  > 「黒鉄 -クロガネ-」 池沢春人 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.12.19)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2014年4月27日 (日)

【MDB式“2014年J1リーグ第10節・浦和戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★4/29(火・祝) 16:00~ J1リーグ第10節・浦和レッズ戦 (埼玉)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 13位 3勝 2分 4敗 勝点 11  7得 7失 得失 0 」
  浦和  :「  5位 5勝 1分 3敗 勝点 16  14得 9失 得失 +5 」

 今年の浦和といえば、ホーム開幕戦(第2節・鳥栖戦)でサポーターが人種差別と受け取れる横断幕をスタジアム内に掲出した行為が問題視され、次のホームゲーム(第5節・清水戦)でJリーグ初となる無観客試合の制裁処分が下されたことで世間を騒がせました。

 リーグ戦においては、3月は勝ったり負けたりの試合が続き(2勝 1分 2敗)11位まで順位を下げたものの、4月に入るとリーグ戦3連勝(ナビスコカップも合わせると公式戦5連勝)と好調に転じ、一気に3位にまで上昇。

 ただ前節の柏戦は、点の取り合いの末に2-3で敗れ、連勝はストップしています。

 なお、浦和はリーグ第8節から1週間あいた状態で前節を戦ったのに対し、マリノスは第8節~前節の間にACLの中国遠征を挟んでいるため、前節から中2日なのは同じでも、それ以前も含めた日程的にはマリノスの方が不利な状況となっていますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 浦和戦は、公式戦通算で「30勝 5分 24敗」、リーグ戦通算で「25勝 4分 17敗」といずれも勝ち越していますが、2005-2007年の公式戦8試合で全く勝ちがないなど苦手としている時期もありました。

 しかし、リーグ戦ホームではここ4年でわずか1勝なのに対し、アウェーでは2007年以降7試合負けなし中、さらには2008年以降6連勝中、そして埼玉スタジアムでのリーグ戦通算「8勝 3分 1敗」と、最近のアウェー&埼玉スタジアムではかなり相性の良い結果が出ています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 この試合で無得点だと、5試合連続無得点となり、「連続無得点」のマリノス歴代新記録を達成します。

 この試合で無得点だと、4試合連続アウェー無得点となり、「アウェー連続無得点」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合に勝つと........
   > 7試合“同一カード アウェー連勝”達成 (マリノス歴代 2位)

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 8試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 7試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 3位)


 ★今回の試合で得点すると........
   > 13試合連続“同一カード 得点”達成 (マリノス歴代 6位)
   > 8試合連続“同一カード アウェー得点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で3得点以上すると........
   > 3試合連続“同一カード 3得点以上”達成 (マリノス歴代 4位)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 5試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 新記録達成)
   > 4試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時公式戦通算450試合出場にリーチとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、Jリーグ通算200試合出場にリーチとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算271試合出場となり、井原正巳(93-99)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算59ゴールとなり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は14位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!

 この試合に敗れると、リーグ戦通算250敗を達成します。

 この試合に勝利すると、樋口靖洋がマリノスの監督としてリーグ戦通算35勝となり、アスカルゴルタ(97-98)を抜いてマリノス歴代単独4位となります(退席処分・ベンチ入り停止の試合も含めた記録)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、リーグ戦では6試合勝ちなし&4試合連続無得点(ここ6試合でわずか1得点)と結果が出ず、降格圏まであと一歩の13位と低迷している状況ですが、まだ上位との差もわずかしかないので、まずは1ゴール&1勝して悪い流れを断ち切りたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: 富澤清太郎、 浦和: なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス:
           浦和  : 那須大亮

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  浦和オフィシャル

 【チケット情報】  浦和オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「」 (/)

   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月後半)


 【TV中継】 (生) 4/29(火) 15:50~  スカチャン0

        (録) 4/30(水) 19:40~  スカチャン1
            4/30(水) 29:15~  スカチャン2

            5/01(木) 25:10~  スカチャン2

            5/02(金) 13:30~  J SPORTS 3
            5/02(金) 21:20~  スカチャン2
            5/02(金) 24:15~  J SPORTS 3

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第10節・浦和戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

『七日じゃ映画は撮れません』 真藤順丈 > 「このミス」完全読破 No.738

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.738

 『七日じゃ映画は撮れません』 真藤順丈

   「このミス」2015年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.4.11~ 読終:2014.4.17

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2014年3月>

七日じゃ映画は撮れません七日じゃ映画は撮れません
真藤 順丈

実業之日本社 2014-02-28
売り上げランキング : 80200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 安達雄矢は、助監督としての下積みを経てようやく監督デビューを果たすも、興行成績が振るわず見事にコケてしまったため、二作目を撮る目処は立っておらず、撮影現場すらすっかりご無沙汰という状況に。

 そんなある日、一年前に亡くなった映画界の恩師である“皆晃さん”こと皆田晃三郎が書き遺していた私信の手紙が見つかり、そこには“ある人物に預けた脚本を読んでほしい”という文章が。

 少ない手掛かりを辿ってその脚本の在りかを探っていたところ、(高い集客力を持ち映画賞も数多く獲得している)同期の出世頭・柏谷道彦監督の元にも皆晃さんからの手紙が届いていて、柏谷もやはり同じ脚本を探していたため、二人でこの脚本を賭けた演出対決をすることに.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は映画撮影物語なのですが、前半は監督・助監督・撮影(カメラマン)・録音・衣装・美術・照明・俳優・制作(プロデューサー)といった映画撮影のスタッフそれぞれの物語が連作形式で語られていきます。

 いずれもが天才的な技術と才能を持ちながら、自己主張が強くて協調性がなく一癖も二癖もあるような人物たちばかりでして、それぞれの人間として&映画人としての濃すぎる個性をありありと実感できるようなエピソードが、サスペンス・本格ミステリ・犯罪劇・インタビュー形式など様々な手法で描かれていくので、この前半部分だけで280ページもあるとはいえ全く飽きることなく読み進めることができるはずです。

 そして後半部分ではこれらメンバーが勢ぞろいして一つの映画を撮影していく姿が描かれていくのですが、やはり異能で自分勝手な人物ばかりなので現場では衝突や騒動が頻発しますし、撮影を中止に追い込むような陰謀的妨害も度々勃発。

 さらには映画界で暴動にまで発展するほどのストライキが拡大するなど、(映画を撮影する現場そのものを描くというよりも)撮影現場の内外で起こる騒動を中心に描かれていくのです。

 なので、リアルな映画撮影物語を想像して読み始めると期待外れに感じてしまうかもしれないものの、キャラクターも設定も物語も荒唐無稽ながらド派手な演出でワクワクするほどの面白さが生み出されているのはまさに“映画的な魅力”と言えそうですからね。

 それに、登場人物たちを通して(かなり偏屈ではあるけれど)強い映画愛がひしひしと伝わってくるので、エンタメとしての映画撮影物語だと認識したうえで読むならば、まるで一本の映画を観賞したかのような満足度を味わうことが出来るのではないでしょうか。

 そして、作中には古今邦洋様々な映画作品を用いた例えが散りばめられていて、その一つ一つに作品解説的注釈が書かれているのですが、(映画にあまり興味がない人なら読み進め辛くて邪魔に感じるかもしれないものの)マニアレベルの映画好きであるならば“次にどんな作品がどんな例えとして使われるのだろう!?”といった楽しみ方も出来ますし、この注釈の嵐からも作者の映画愛が共感と共に伝わってくると思います。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★       鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★       おどろおどろ度 : ★★★
 熱アクション度  : ★★★      主キャラ魅力度 : ★★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★
 下ネタエッチ度 : ★        感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★★★    気軽に読める度 : ★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “真藤順丈”関連記事 】

  > No.1037 「宝島」
  > No.0815 「しるしなきもの」
  > No.0738 「七日じゃ映画は撮れません」
  > No.0632 「墓頭」


 「シンクロニシティ」川瀬七緒 <<< PREV/NEXT >>> 「双孔堂の殺人」周木律

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎マイラーズC&フローラS(2014年)穴馬予想&結果

< 4月27日(日)に行われる読売マイラーズカップ(GII)サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【読売マイラーズカップ】

 京都の芝1600mで行われる重賞(GII)です。

 マイル戦は混戦&荒れやすいということで、穴馬を思い切って狙いやすい(とはいえ狙いたい穴馬が多すぎて1頭に絞り辛い)のですが、ここはエールブリーズを◎にしてみましょう。

 この馬は、昨年秋に1000万・1500万を勝ち上がり、今年に入って重賞戦線に参戦していまして、前々走の東京新聞杯で8着、前走のダービー卿CTで4着という成績でした。

 どちらも馬券圏に入ることが出来なかったものの、前々走は0.5秒差、前走はクビ差と接戦でしたし、そもそもこれまでの全てのレースで0.5秒差以内ということで、なかなか勝ち切れないとはいえ常に相手なりに差のない走りを見せているのです。

 それに、京都では5戦4連対と相性良く、4走前には今回と同じ京都での開幕集に33秒台の上がりを出しているため“京都の開幕週”にも対応できると思うので(2着でしたが)、この馬に期待してみることにしました。

 ちなみに、カオスモスとどちらを◎にしようかかなり悩み、そういう時はなるべくオッズの高い方を、ということでエールブリーズを◎にしたので、この選択が裏目に出てしまいそうで怖いですね.....。


  ◎  エールブリーズ / 酒井学 (8)

  << 複勝:◎ >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ賞フローラステークス】

 東京の芝2000mで行われる3歳牝馬重賞(GII)です。

 牝馬クラシック第2戦・オークスのトライアルレースですが、ここはムードスウィングスを◎にしてみましょう。

 この馬は今回が重賞初挑戦である(未勝利戦勝ちのみの)1勝馬で、馬券圏に入ったのは(5走して)2走のみなのですが、1800m以上のレースでは3戦して2連対(+4着)と安定した成績となっています(今回と同じ2000mでは2戦2連対)。

 前走hは牝馬限定500万(中山2000m)で2着ながら上がり最速タイでしたし、前々走は牡馬相手に上がり2位タイで0.4秒差4着と健闘し、しかもこの時は東京の開幕週だったので、ここ2走は勝ち切れてはいないものの今回の条件で好走する予兆が感じられるので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ムードスウィングス / 北村宏司 (11)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎福島牝馬S(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎かきつばた記念(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月26日 (土)

【MDB式“2014年J1リーグ第9節・FC東京戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★4/26(土) J1リーグ第9節・FC東京戦 (日産ス)

  ●0-1 (前半0-1、後半0-0)  主審:佐藤隆治  入場者数:26,058人

  .<得点> 0-1 東慶悟 (東京・前半07分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】

 富澤清太郎が、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、4月29日に行われるJ1リーグ第10節・浦和レッズ戦は出場停止となります。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 <記録更新>

  ・「勝ちなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「ホーム連敗」記録 > 3連敗 達成 <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「無得点」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「ホーム無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・

  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録情報】

 この試合に敗れたため、リーグ戦通算250敗まで残り1敗となりました。

  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第9節 終了時 : 13位 (前節 11位)
         < 3勝 2分 4敗  勝点 11 得点 7 失点 7 得失点差 0 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「」

 (ゲキサカ) 「F東京がMF東の今季初ゴールで4試合ノーゴールの横浜FMに勝利

 (ゲキサカ) 「6戦未勝利に危機感を募らせる俊輔
            「もっとひたむきに、一人ひとりがやらないと…」

 (ドメサカブログ) 「FC東京が“ガスナチオ”で公式戦3戦連続完封勝ち!
             東慶悟の先制点を守り抜く


 (カナロコ) 「深刻な決定力不足/F東京戦から

 (カナロコ) 「藤本、無得点を反省/F東京戦から

 (スポニチ) 「横浜 6戦勝ちなし…俊輔 危機感あらわ「ひたむきに」

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「4戦連続0点に岡ちゃん心配「FW取れ」

 (サンスポ) 「“ハマのメッシ”横浜M・斎藤、無得点で途中交代


   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月後半)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第9節・FC東京戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎福島牝馬S(2014年)穴馬予想&結果

< 4月26日(土)に行われる福島牝馬ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【福島牝馬ステークス】

 福島の芝1800mで行われる牝馬重賞(GIII)です。

 ここは、アグネスワルツを◎にしてみましょう。

 この馬は7歳馬で、他のメンバーが4・5歳馬ということから1頭だけベテランが混じっているかのようなのですが、オークス3着やフローラS2着など若い時に高いレベルでの実績がありますし、昨年にも重賞(マーメイドS)で2着となるなど、長く活躍している馬です。

 そしてここ最近では、休み明けを叩かれてから約1ヶ月後のレースに好走していて、今回はそれに合致しますし、他の中山牝馬S組(アロマティコ以外)とは斤量的に前走より有利になるので、ここで穴をあける可能性はあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  アグネスワルツ / 国分恭介 (13)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京プリンセス賞(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マイラーズC&フローラS(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月25日 (金)

「神代捜査」 芥見下々 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「神代捜査(カミシロ・ソウサ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の芥見下々(あくたみ・げげ)は、名義変更等ないのであれば新人漫画賞の受賞歴はなし。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、蓋で覆われた島で捜査&神器バトル漫画です。

 母と共に暮らす少女・烈子の住む島で、蓋のようなもので島全体が覆われ閉じ込められるという奇怪な現象が発生。

 すると、警視庁神器取締課の贋柱(がんじ)と雨宮鈴のコンビが蓋に穴をあけて島内に侵入して来て、この「蓋」は“神”の仕業であり、犯人は島内にいると烈子に教える。

 この島の宮司が“神”で、「蓋」は宮司の神器だと見抜いた贋柱は、宮司を倒すために神社へと向かうが.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆キミは“神”を知っているか…? 奇妙な事件も粋に解決!! 神読切45P!!


 【「神代捜査」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「芥見下々」関連記事】

  > 「呪術廻戦」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ新連載! (18.2.26)

  > 「東京都立呪術専門高等学校」 芥見下々 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.4)

  > 「二界梵骸バラバルジュラ」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.8.30)

  > 「No.9」 芥見下々 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.10.5)
  > 「No.9」 芥見下々 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.13)

  > 「神代捜査」 芥見下々 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.25)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年5月)

 もう6年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2015年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを発売された月(奥付記載の月)別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、作者やシリーズの「このミス」実績ごとに分けて並べています。

 ちなみに、これを書いている時点では作品をまだ読んでいない状況になると思うので、この3段階の分類は、作品を読んだ上で決めたものではありませんので、その点ご了承ください。

 なお、読んだ上でのランクイン予想に関しては、「このミス2015年版」下半期のランクイン候補作品の方をご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2014年5月発売の「このミス」ランクイン実績のあるシリーズ作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」20位以内ランクイン作品数


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2014年5月発売の「このミス」ランクイン実績作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」20位以内ランクイン作品数

  虚ろな十字架 / 東野圭吾 (17作)  <感想記事はこちら>
  八月の六日間 / 北村薫 (11作)
  女系の総督 / 藤田宜永 (6作)
  東京自叙伝 / 奥泉光 (4作)  <感想記事はこちら>
  盲目的な恋と友情 / 辻村深月 (2作)
  下戸は勘定に入れません / 西澤保彦 (2作)
  迷子の王様 君たちに明日はない5 / 垣根涼介 (2作) * シリーズ5作目
  可愛いベイビー / 五十嵐貴久 (1作)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2014年5月発売の「このミス」ランクイン実績なしも
       21~40位に作品が入ったことのある作家の作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」21~40位作品数

  眠る魚 / 坂東眞砂子 <5作>
  瓜子姫の艶文 / 坂東眞砂子 <5作>
  決 断 / 小杉健治 <2作>
  災 厄 / 周木律 <1作>
  平 凡 / 角田光代 <1作>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> 2014年5月発売の「このミス」の対象かもしれない作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです

  事故調 / 伊兼源太郎  <感想記事はこちら>
  スマドロ / 悠木シュン * 小説推理新人賞受賞作
  渦巻く回廊の鎮魂曲 霊媒探偵アーネスト / 風森章羽 * メフィスト賞受賞作
  経眼窩式 / 植田文博 * ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作
  特捜7 銃弾 / 麻見和史
  名言探偵 / 北國浩二
  デッドエンド / 柴田哲孝
  8番目のマリア / 美輪和音
  サムライ・ポテト / 片瀬二郎
  就職相談員蛇足軒の生活と意見 / 松崎有理
  アパリション / 前川裕
  モンフォーコンの鼠 / 鹿島茂
  夜は終わらない / 星野智幸
  赫 獣 / 岸川真
  桜田十九郎探偵小説選 / 桜田十九郎

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

>> Amazonに販売ページが作られる前の主な5月発売予定作品 <<


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年6月)

 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年4月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年4月24日 (木)

「伝説のアルバイター錠」 前田良平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「伝説のアルバイター錠(でんせつの・アルバイター・ジョー)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の前田良平(まえだ・りょうへい)は、「たのしい調理実習」で“第2回Gカップ(2012年)”のDカップ、「はじめてのハンドボール入門」で“第4回Gカップ(2013年)”のFカップ(準入選)を受賞。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:村越)。

 ちなみに、“Gカップ”受賞作「はじめてのハンドボール入門」も今号に特別掲載されています。


 内容の方は、お客に失礼三昧アルバイターギャグ漫画です。

 洋服店のアルバイトとして働くことになった、自称“伝説のアルバイター”穂村錠(ほむら・じょう)。

 しかし、元気いっぱいに接客するも、悪気はないとはいえ客に対して失礼すぎる言動を連発して.....。


 【「伝説のアルバイター錠」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ギャグバトルロイヤル」の読切作品でより面白かったのは?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「前田良平」関連記事】

  > 「月影の守護騎士」 前田良平 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.13)

  > 「Q.E.D!!」 前田良平 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.10.10)

  > 「まいはなワールド」 前田良平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.4 (14.7.28)

  > 「伝説のアルバイター錠」 前田良平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.24)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

【MDB式“2014年J1リーグ第9節・FC東京戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★4/26(土) 14:00~ J1リーグ第9節・FC東京戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 11位 3勝 2分 3敗 勝点 11  7得 6失 得失 +1 」
  東京  :「 12位 3勝 2分 3敗 勝点 11 10得 11失 得失 -1 」

 東京は、2年間監督を務めたランコ・ポポビッチが今年からC大阪の監督に就任したのに伴い、Jリーグ初のイタリア人監督となるマッシモ・フィッカデンティを招へい。

 そして迎えた今シーズンは、リーグ戦では4試合勝ちがなく(0勝 2分 2敗)、降格圏の16位にまで落ちたものの、徐々にチームが出来上がってきたのか、その後の4試合は「3勝 0分 1敗」と白星が先行し、しかもナビスコカップも含めてこれまで勝利したのは鹿島・清水・鳥栖・神戸・C大阪と現在好調のチームが多いです。

 それに、4月に入ってからの公式戦5試合で負けたのは広島戦の0-1のみで、5試合で「8得点 3失点」とここに来て好調なので、リーグ12位ではありますが、かなり勢いに乗っているチームとみていいのではないでしょうか。

 ちなみに、マリノスが22日(火)に中国に遠征してACLアウェーを戦ってからの中3日なのに対し、東京はリーグ前節から中6日ということで、スケジュール的に大きな違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 東京はマリノスにとって天敵中の天敵で、東京がJ1に上がる前には天皇杯で敗れ(1997年)ナビスコカップでも敗退させられ(1999年)、FC東京のJ1昇格後もリーグ戦で5試合勝ちがありませんでした。

 ただ最近は、2007年後半~2010年のリーグ戦8試合でわずか1勝など結果が出ない時期はあったものの、公式戦通算で「14勝 7分 14敗」、リーグ戦通算で「9勝 6分 11敗」と五分に近い数字にまで追い上げてきているので、かつてほどの苦手意識はないのでは。

 それに、「3勝 4分 6敗」と負け越しているリーグ戦アウェーに比べて、ホームでは「6勝 2分 5敗」とわずかではあるものの勝ち越しているし、ここ2年間は「3勝 0分 1敗」と逆に相性は良い感じです。

 なお、中村俊輔が東京戦2試合連続ゴール中で、兵藤慎剛がここ2年間の東京戦4試合中3試合でゴールしています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 6試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で負けると........
   > 3試合連続“ホーム連敗”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 5位タイ)


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 4試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 2試合連続“ホーム無得点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 兵藤慎剛が出場すると、Jリーグ通算200試合出場にリーチとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算271試合出場となり、井原正巳(93-99)を抜いてマリノス歴代単独10位となります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算59ゴールとなり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は14位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!

 この試合に勝利すると、リーグ戦ホーム通算200勝達成まで残り4勝となります。

 この試合に敗れると、リーグ戦通算250敗まで残り1敗となります。

 この試合に勝利すると、樋口靖洋がマリノスの監督としてリーグ戦通算35勝となり、アスカルゴルタ(97-98)を抜いてマリノス歴代単独4位となります(退席処分・ベンチ入り停止の試合も含めた記録)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、リーグ戦では5試合勝ちなし&3試合無得点という結果の出ない状況の中で、スケジュール的に対戦相手よりも圧倒的不利な試合に挑むわけですが、ここで結果を出せば自信に繋がりさらに続く過密日程にも勢いがつくので、なんとか勝利したいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 東京: なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス:
           東京  : 石川直宏、渡邉千真

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「FC東京指揮官 次節対戦“ハマのメッシ”を要警戒」 (4/26)

   > 「FC東京 MF石川は椎間板ヘルニア」 (4/21)

   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月後半)


 【TV中継】 (生) 4/26(土) 13:50~  スカチャン1
            4/26(土) 14:00~  NHK BS-1

        (録) 4/27(日) 09:15~  J SPORTS 3
            4/27(日) 16:55~  スカチャン3
            4/27(日) 28:00~  スカチャン1

            4/28(月) 10:30~  J SPORTS 3
            4/28(月) 16:40~  スカチャン3

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第9節・FC東京戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎東京プリンセス賞(2014年)穴馬予想&結果

< 4月24日(木)に行われる東京プリンセス賞(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京プリンセス賞】

 大井のダート1800mで行われる南関3歳牝馬重賞(SI)です。

 南関牝馬クラシックの第2戦ですが、メンバー的にも第1戦・桜花賞の再戦といった感じがありますね。

 しかし、スタート直後にカーブのあるトリッキーな浦和1600mから大井の外回り1800mとコース形態が大きくかわりますし、なにより桜花賞では1番人気だったノットオーソリティがレース直前に競争除外となったりもしたので、桜花賞の結果はそれほど参考にならないかもしれません。

 それでここは、桜花賞4着のクライリングを◎にしてみましょう。

 この馬は元道営馬ですが、道営時代に南関遠征したローレル賞を制すると、南関に移籍して初戦の東京2歳牝馬優駿で3着、そして前走の桜花賞で4着と、王道路線で安定した成績を残しています。

 とはいえ前走は馬券圏を外し、今回は先着を許した3頭に加えノットオーソリティもいるので、そこに割って入ることが出来るのか不安ではあります。

 それでも、他の桜花賞上位馬が今年に入り1走してから(桜花賞に)挑んだのに対し、この馬は桜花賞が今年初戦だったことから、一度叩かれたことによる状態の上げ幅は他馬より上回ってそうですし、4着とはいえ2・3着馬とはほとんど差はなかったので、ここで逆転する可能性は大いにあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  クライリング / 山崎誠士 (14)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎羽田盃(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎福島牝馬S(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月23日 (水)

「俺のギャランパ」 平松ケイスケ > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「俺のギャランパ(おれの・ギャランパ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の平松ケイスケ(ひらまつ・ケイスケ)は、『「純白のシーツ」「スズメバチ」』で“赤塚賞(2013年下半期)”の佳作を受賞。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「俺のギャランパ」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ギャグバトルロイヤル」の読切作品でより面白かったのは?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)

  > 「地上最強のX」 巳コ柊 (14.4.3)

  > 「宇宙観光シーアーク」 戸塚慶文 (14.4.4)

  > 「JACK DOCK DIAPER」 山田ヤマオ (14.4.5)

  > 「ブラック・クローバー」 田畠裕基 (14.4.7)

  > 「文殊史郎兄弟」 吾峠呼世晴 (14.4.14)

  > 「マモルくん 疾走参上登場中」 有馬陽平 (14.4.15)

  > 「RED HIT GIRL」 齋藤勁吾 (14.4.16)

  > 「六畳間の魔女」 安原宏和 (14.4.17)

  > 「マシンドクター」 熊田拓也 (14.4.18)

  > 「無双王子」 伊澤拳斗 (14.4.21)

  > 「械人デストロイヤ」 萩原れい枝 (14.4.22)

  > 「俺のギャランパ」 平松ケイスケ (14.4.23)

  > 「伝説のアルバイター錠」 前田良平 (14.4.24)

  > 「神代捜査」 芥見下々 (14.4.25)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

◎羽田盃(2014年)穴馬予想&結果

< 4月23日(水)に行われる羽田盃(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【羽田盃】

 大井のダート1800mで行われる南関3歳重賞(SI)です。

 南関クラシックの第1戦ですが、先週日曜に行われた中央のクラシック第1戦・皐月賞は穴馬を当てることが出来たので、こちらのレースもなんとか当てたいところですね。

 そして混戦状態だったその皐月賞とは対照的に、こちらのレースは交流GI・全日本2歳優駿を制したダートでいまだ負けなしのハッピースプリントの1強状態なのですが、もちろんあえてこの馬は狙わず、ここはブラックヘブンを◎にしてみましょう。

 この馬はここ3戦は馬券圏外となっていますが、前走は中央の芝重賞・弥生賞でしたし、3走前は中央馬が5頭も参戦した交流GIと、両レース共にレベルの高いレースにおける惨敗でした。

 ただ前々走では南関重賞(ニューイヤーC)で4着に敗れていて、この時の1~3着馬も今回参戦しているので、この結果だけは(今回のレースを見据えたうえで)不安要素ではあるものの、昨秋に南関重賞(ハイセイコー記念)を制した大井にコース変わりすることで逆転の可能性はあるのでは。

 それに、前走が芝だったとはいえ11着に大敗したことで(馬柱の印象から)人気も上がりにくいのではないかということも考えて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ブラックヘブン / 有年淳 (4)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎皐月賞(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎東京プリンセス賞(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月22日 (火)

【MDB式“2014年ACL GS第6節・広州戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★4/22(火) AFCチャンピオンズリーグ
         グループステージ 第6節・広州恒大戦 (広州)

  ●1-2 (前半0-2、後半1-0)
      主審:MOHAMED ABDELKARIM ALZAROONI  入場者数:人

  .<得点> 0-1 エウケソン  (広州・前半11分)
          0-2 エウケソン  (広州・前半38分)
          1-2 齋藤学    (横浜・後半40分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 兵藤慎剛が、マリノス所属時公式戦通算270試合出場となり、井原正巳(93-99)と並びマリノス歴代10位タイとなりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 ACL グループステージ 第6節 終了時 : 4位 (前節 4位)
         < 2勝 1分 3敗  勝点 7 得点 7 失点 10 得失点差 -3 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ACLグループステージの結果】

 ACLのグループステージ全6試合を終えて、マリノスは4位となり、決勝トーナメント進出が決まる2位以上に入ることが出来なかったため、ACL敗退が決定しました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (監督コメント) Jリーグ公式サイト

 (選手コメント) Jリーグ公式サイト

 (Jリーグ公式サイト) 「」

 (ゲキサカ) 「齋藤のゴールで1点差に詰め寄るも、広州恒大に敗れた横浜FMは敗退

 (ドメサカブログ) 「【ACL】横浜FMはアウェーで広州恒大に敗れGL敗退
              齋藤学2試合連続弾で反撃も及ばず


 (カナロコ) 「ACL 横浜M・斎藤が意地のゴールも、前半2失点奇跡起こせず

 (スポニチ) 「横浜 前回王者に敵地で完敗…無念のACL1次L敗退

 (日刊スポーツ) 「横浜は最下位で敗退、前回王者に1-2

 (スポーツ報知) 「斎藤弾もむなし 横浜M敗退

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤、ゴールも黒星「反撃があまりに遅すぎた」


   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月後半)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年ACL GS第6節・広州戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月後半)

 横浜F・マリノスのチームや選手に関連する、新聞社のウェブサイト記事やネットで話題の情報などを、月別にリスト化してみました。

<< 参照サイトリスト >>
 

Mnews_2 新聞&スポーツ新聞記事
 カナロコ(神奈川新聞)
 スポニチアネックス
 日刊スポーツ
 スポーツ報知
 サンスポ
Mmarinos_3 マリノス・オフィシャル情報
 横浜F・マリノス Official Web Site
 ホームタウンふれあい日記
Mjleague サッカー情報サイト(オフィシャル系)
 Jリーグ公式サイト
 J's GOAL
 BLOGOLA(EL GOLAZO)
 ゲキサカ
M2ch_3 サッカー情報サイト(個人サイト系)
 ドメサカ版まとめブログ
 Jリーグ移籍情報
Mmovie_3 動画サイト
 横浜F・マリノス公式動画サイト(Youtube)
Mtwitter_3 Twitter
 横浜F・マリノス@prompt_fmarinos
Mblog 当ブログ関連記事
 朴念仁と居候

  >>> : 当該記事へのリンク

 なお、この記事はまだ完成していないので、情報を仕入れるごとに随時追加していく予定です(なのでこの記事の完成は翌月頭頃となります)。


  2014年4月前半の情報リスト <<   >> 2014年5月前半の情報リスト

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2014年 4月 後半 】


16水 Mnews 斎藤2発 豪快な一撃で窮地救う >>>

    Mnews 40歳、ドゥトラ躍動/全北戦から >>>

    Mnews 斎藤 逆転2発!全チーム同勝ち点 横浜逆転突破へ最終節決戦  >>>

    Mnews 横浜斎藤1分2発!30メートル弾&逆転弾  >>>

    Mnews 横浜M斎藤、1分で2発「ここまで来たらやっぱり出たい」W杯へ届け  >>>

    Mnews “ハマのメッシ”横浜M・斎藤、わずか2分で2発!  >>>

    Mnews 原理事、斎藤の同点ゴールに「すごい」  >>>

    Mjleague [特別対談]横浜FM藤本×齋藤「移籍は関係ない」「連係でゴール」 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

17木 Mmarinos_2 横浜F・マリノス、2014年度天皇杯特別ユニフォーム着用・販売のお知らせ >>>

    Mjleague 齋藤学の“ゴラッソ”に称賛の嵐 >>>

    Mmovie_2 4/12 J1第7節 横浜F・マリノスvs ベガルタ仙台
      @日産スタジアム(試合ダイジェスト動画) >>>

    Mblog 【MDB式“2014年J1リーグ第8節・柏戦”プレビュー】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

18金 Mjleague 【J1:第8節 柏 vs 横浜FM】プレビュー:
      勝ち切れない試合が続く柏と、厳しいアジアの戦いを並行する横浜FM。
      置かれている立場は違うが、双方ともメンタルの強さを問われる一戦 >>>

    Mtwitter_2 .....チームは午後に、明日の試合会場である柏に向けて出発しました~..... >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

19土 Mnews きょうアウェー柏戦 リーグ戦5試合ぶり白星なるか >>>

    Mnews 今度こそ鬼門突破だ!斎藤 柏戦の苦手意識払しょくへ意気込む >>>

    Mnews 横浜M、柏に“カモ”にされ早5年…斎藤が必勝を宣言! >>>

    Mmarinos_2 2014明治安田生命 J3リーグ Jリーグ・アンダー22選抜 選出選手について >>>

    Mjleague 横浜FMは柏とスコアレス…“天敵”ネルシーニョ監督から勝利を奪えず >>>

    Mjleague 日本人は決定力が足りないと俊輔が苦言「禁句言ったよ(笑)」 >>>

    M2ch_2 【J1第8節 柏×横浜FM】
       横浜FMは柏とスコアレス…“天敵”ネルシーニョ監督から勝利を奪えず >>>

    Mblog 【MDB式“2014年J1リーグ第8節・柏戦”データボックス】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20日 Mnews 引き出し不足で5戦未勝利/横浜M0-0柏 >>>

    Mnews 俊輔から愛のムチ「ボール枠に飛ばない」 >>>

    Mnews 3戦連続無得点に俊輔、嘆く「決定力ない」 >>>

    Mnews 横浜 斎藤、反省の途中交代「点を取れなかったのが全て」 >>>

    Mnews 横浜M・斎藤、不発でガックリ…「ミス多かった」 >>>

    Mtwitter_2 .....プライマリーの選手たちが歌う応援歌と共に、ACLへ向け出発..... >>>

    Mblog 【MDB式“2014年ACL GS第6節・広州戦”プレビュー】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21月 Mnews 横浜 日本勢初ACL逆転突破だ!斎藤「勝ち上がってきます」 >>>

    Mnews 横浜M・斎藤、敵地中国へ出発「集中して戦う」/ACL >>>

    Mmarinos_2 広州恒大戦前日公式練習&公式記者会見 >>>

    Mjleague 広州恒大 vs 横浜F・マリノス:試合プレビュー >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22火 Mnews 横浜DF栗原「絶対勝ちたい」 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23水 Mnews ACL 横浜M・斎藤が意地のゴールも、前半2失点奇跡起こせず >>>

    Mnews 横浜 前回王者に敵地で完敗…無念のACL1次L敗退 >>>

    Mnews 横浜は最下位で敗退、前回王者に1-2 >>>

    Mnews 斎藤弾もむなし 横浜M敗退 >>>

    Mnews 横浜M・斎藤、ゴールも黒星「反撃があまりに遅すぎた」 >>>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2014年4月前半の情報リスト <<   >> 2014年5月前半の情報リスト


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「械人デストロイヤ」 萩原れい枝 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「械人デストロイヤ(かいじん・デストロイヤ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の萩原れい枝(はぎわら・れいし)は、「械人デストロイヤ」で“手塚賞(2013年上半期)”の佳作を受賞("萩原荔枝"名義)。

 そしてその受賞作をリニューアルした本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「械人デストロイヤ」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年4月21日 (月)

「無双王子」 伊澤拳斗 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「無双王子(むそう・おうじ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の伊澤拳斗(いざわ・けんと)は、新人漫画賞の受賞歴はなしで、「KNUCKLE」が“ジャンプNEXT! 2014 WINTER”に掲載されてデビュー(「KNUCKLE」 伊澤拳斗 > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER参照)。

 そして本作にて2度目の増刊掲載となりました。


 内容の方は、ゲームオタクが最強の男格闘バトル漫画です。

 警察機動隊のエリートが集まる特殊急襲部隊“SAT”は、たった一人の非武装テロリストに対して手も足も出ず、多くの死傷者を出したこともありこの事件から撤退。

 しかし隊長である佐藤大地は、あらゆる凶悪犯を鍛え上げた肉体のみでハントする民間の非合法戦闘集団“(株)皇神”の戦闘員を束ねる統括官の下で、この任務を継続することに。

 ところがその統括官・皇神卿介は、小柄でゲームオタクな高校生で.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆人生はゲームだ!! コントローラー片手に街へ出よ!!
            勝利を掴み取る異色異能格闘読切47P!!
」 


 【「無双王子」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「伊澤拳斗」関連記事】

  > 「無双王子」(少年ジャンプNEXT!! 2014 vol.2) (14.4.21)

  > 「KNUCKLE」(少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER) (13.12.20)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

『シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官』 川瀬七緒 > 「このミス」完全読破 No.737

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.737

 『シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官』 川瀬七緒

   「このミス」2014年版 : 21位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.4.8~ 読終:2014.4.10

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2013年4月>

シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官 (講談社文庫)
川瀬 七緒

講談社 2015-08-12
売り上げランキング : 45350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.578「147ヘルツの警鐘」に続く、“法医昆虫学捜査官シリーズ”の2作目です。

 シリーズ1作目は、法医昆虫学という珍しい題材を使った警察サスペンスということで話題になりましたが、「このミス」ではそれほど票が伸びずに54位止まりで、他のランキング誌でもランクインという結果は出ませんでした。

 ところがシリーズ2作目となる本作は、惜しくもランクインは逃したものの「このミス」で次点の21位となるなど、1作目と比べて一気に票を伸ばしたのですね。

 なお、やはりシリーズものなので1作目から順番に読むのが最良だとは思いますが、事件自体は別物ですし、法医昆虫学についてもわかりやすく説明されているため、本作から読んでも問題なく楽しむことが出来ると思います。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 倉庫型のコンテナ内で、遺棄された女性の腐乱死体が発見される事件が発生。

 損傷が激しく被害者の身元や死亡推定時刻の手がかりすら掴めないため、事件を担当する捜査一課の岩楯祐也警部補は、再び法医昆虫学者・赤堀涼子の協力を得て捜査を行うことに.....。

 法医昆虫学による捜査というのは、死体や犯行現場に生息している(ハエやウジなどの)虫の繁殖状況などを調べることで、死亡時刻や犯行時の状況など細かな情報を得ていくというものです。

 そして今回も、変人である法医昆虫学者・赤堀先生が専門知識を駆使して謎を鮮やかに解いていくのですが、普通の人であればその存在すら全く気づかないようなわずかな手掛かり(虫の情報)から真相に迫っていく過程がやはり素晴らしいですし、前作と比べても法医昆虫学的捜査の凄さがわかりやすく伝わってきたように思います。

 それに、前作に引き続いて息の合っている岩楯&赤堀コンビに加えて、(今回から行動を共にすることになる)イケメンながら協調性ない問題児・月縞新巡査も良い味を出していますし、終盤における展開には圧倒されるほどの迫力があって思わずのめり込むほどだったので、1作目から評価がグッと上がったのにも納得の面白さでしたね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★     鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★      おどろおどろ度 : ★★★
 熱アクション度  : ★★★      主キャラ魅力度 : ★★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★★
 下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★       気軽に読める度 : ★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “川瀬七緒”関連記事 】

  > No.839 「メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官」
  > No.774 「水底の棘 法医昆虫学捜査官」
  > No.740 「桃ノ木坂互助会」
  > No.737 「シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官」
  > No.578 「147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官」


 「読み解かれるD」津原泰水 <<< PREV
           NEXT >>> 「七日じゃ映画は撮れません」真藤順丈

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年4月20日 (日)

【MDB式“2014年ACL GS第6節・広州戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★4/22(火) 20:00~ AFCチャンピオンズリーグ
        グループステージ 第6節・広州恒大戦 (広州)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのACL グループステージ(GS)成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 4位 2勝 1分 2敗  勝点 7  6得 8失 得失 -2 」
  広州  :「 1位 2勝 1分 2敗  勝点 7  8得 7失 得失 +1 」

 昨年のACLチャンピオンである広州は、ホームの第1節・メルボルン・ビクトリー(MBV)戦を4-2で逆転勝ちし幸先の良いスタートを切ると、アウェーの第2節・マリノス戦は1-1で引き分けたものの、続くホームの第3節・全北戦を3-1で勝利と、前半戦を終えた時点ではこのまま独走で決勝トーナメント(決勝T)進出を決めるのではないかと思われました。

 しかし、第4節・全北戦が0-1、第5節・MBV戦が0-2と、アウェーで2試合連続無得点の2連敗を喫したことで、4クラブ全てが勝ち点7で並び最終戦を迎えるという大混戦状態に巻き込まれることになったのです。

 ただ、ACL2連敗中とはいえ、ホームでは2試合連続で3ゴール以上奪って2連勝と、(3戦して勝ちなし「0勝 1分 2敗」のアウェーとは違って)ホームではきっちりと結果を出しています。

 それに昨年のACLでも、ホームでは7試合(GS3試合&決勝T4試合)で「5勝 2分 0敗」で、引き分けたうちの1試合(GS最終戦の△0-0)も引き分けで両チーム共に決勝T進出が決まる試合でしたし、7試合で「17得点 1失点」という驚異的な得失点からもわかるように、広州はホームで圧倒的な強さを見せつけていました。

 なのでマリノスとしては、(マリノスの)ホームでは1-1で引き分けたとはいえ、広州恒大のホームに乗り込む今回は、(前回対戦時よりも)レベルが何段階も上がったチームを相手にする覚悟で挑まなければならなそうですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算270試合出場となり、井原正巳(93-99)と並びマリノス歴代10位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マリノスの決勝トーナメント進出が決まる条件】


  「マリノス○」・・・決勝T進出決定

  「マリノス△」・・・敗退決定

  「マリノス●」・・・敗退決定


  * ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦

  * 同時刻開催の「全北-MBV戦」の結果に関わらず
   ○で決勝T進出決定、△●で敗退決定となります

  * △で1・2位のクラブと勝ち点で並んだ場合でも
   得失点差により他の3クラブより上に行くことが出来ないため
   マリノスは△となった時点で3位以下(敗退)が確定します

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、完全アウェーの中で最強の敵・広州に勝利しなければならないというかなり厳しい試合ではありますが、ただ一時は敗退の崖っぷち状態にいたことを考えれば、勝てば自力で決勝T進出が決まる状況まで来れただけでも凄いことなので、失うものなどないがむしゃらな気持ちで昨年王者撃破という大役を果たしたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 広州:リャオ リシェン

 【出場停止にリーチ】  マリノス:栗原勇蔵、兵藤慎剛、小椋祥平

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【大会情報サイト】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「横浜DF栗原「絶対勝ちたい」」 (4/23)

   > 「横浜 日本勢初ACL逆転突破だ!斎藤「勝ち上がってきます」」 (4/21)
   > 「横浜M・斎藤、敵地中国へ出発「集中して戦う」/ACL」 (4/21)

   > 「横浜M・斎藤学「必ず勝ち上がってきます」/ACL」 (4/20)

   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)


 【TV中継】 (生) 4/22(火) 19:45~  スカチャン0

        (録) 4/24(木) 19:15~  日テレG+

            4/28(月) 26:00~  日テレプラス

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年ACL GS第6節・広州戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎皐月賞(2014年)穴馬予想&結果

< 4月20日(日)に行われる皐月賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【皐月賞】

 中山の芝2000mで行われる3歳重賞(GI)です。

 いよいよクラシックが開幕となりますが、これを書いている時点で単勝一桁オッズが6頭もいるという混戦状態となっています。

 そのため、(これを書いている時点では)3番人気でも複勝最低オッズが2倍以上となっているため、3~6番人気の有力馬の中から堅実に選ぶのか、それでもあえて7番人気以下の穴馬を狙っていくのかでかなり迷ってしまいました。

 それでここは、結構荒れやすい傾向のレースということもあり、これを書いている時点で8番人気のウインフルブルームを◎にしてみましょう。

 今回はいまだ馬券圏を外していない馬が半数近い8頭もいるのですが、この馬もその中の一頭で、これまで6戦して2勝5連対、唯一連対を外したのもGIの朝日杯FS(3着)ということで、安定感はかなりのものがあります。

 それでも人気になっていないのは、勝ったのが新馬戦と500万(千両賞)のみだったり、1800m以上の重賞に出走経験がなかったり、18頭立ての大外枠だったり、といった理由からなのではないでしょうか。

 ただ、勝ち切れないレースが多いながら勝てなかったレースでも全て0.2秒差以内とかなりの接戦でしたし、前走の若菜S(2000m)は重賞ではないものの皐月賞好走馬を多く輩出しているトライアルレースですし、外枠もこのレースではむしろ内枠より好走率が高いのですよね。

 それに、前々走のシンザン記念は1600mの重賞だったとはいえ(現在4連勝中でGI・NHKマイルCでも人気の中心となりそうな)ミッキーアイルと僅差の2着だったり、もちろんGI・朝日杯FSでの0.2秒差3着など、レベルの高い馬と戦った経験もあるため、それでもこの人気なのはかなり美味しいのではないかということもあり、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ウインフルブルーム / 柴田大知 (18)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎アンタレスS&中山グランドJ(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎羽田盃(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月19日 (土)

【MDB式“2014年J1リーグ第8節・柏戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★4/19(土) J1リーグ第8節・柏レイソル戦 (柏)

  △0-0 (前半0-0、後半0-0)  主審:村上伸次  入場者数:11,436人

  .<得点> 0-0 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 <記録更新>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「同一カード アウェー勝ちなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「無得点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「アウェー無得点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「アウェー無失点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード 失点」記録 > 9試合連続 でストップ <マリノス歴代 7位タイ>

  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「」

 (ゲキサカ) 「横浜FMは柏とスコアレス…“天敵”ネルシーニョ監督から勝利を奪えず

 (ゲキサカ) 「日本人は決定力が足りないと俊輔が苦言「禁句言ったよ(笑)」

 (ドメサカブログ) 「横浜FMは柏とスコアレス…
              “天敵”ネルシーニョ監督から勝利を奪えず


 (カナロコ) 「引き出し不足で5戦未勝利

 (スポニチ) 「横浜 斎藤、反省の途中交代「点を取れなかったのが全て」

 (日刊スポーツ) 「俊輔から愛のムチ「ボール枠に飛ばない」

 (スポーツ報知) 「3戦連続無得点に俊輔、嘆く「決定力ない」

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤、不発でガックリ…「ミス多かった」


   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第8節・柏戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎アンタレスS&中山グランドJ(2014年)穴馬予想&結果

< 4月19日(土)に行われるアンタレスステークス(GIII)中山グランドジャンプ(J・GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アンタレスステークス】

 阪神のダート1800mで行われる重賞(GIII)です。

 GI馬・ニホンピロアワーズを始めとして骨のある馬が揃いましたが、ここはクリノスターオーを◎にしてみましょう。

 この馬は昨秋に3連勝してオープンにまで上がって来たのですが、そこからはOPで5着、重賞で5着と、上位で安定はしているけれど馬券圏に入るまではいかないという結果が続いています。

 とはいえ、前々走のアルデバランSは不良馬場のハイペースを2番手で先行していた割には最後まで粘っていましたし、前走のマーチSでは逃げたものの最終コーナーですでに後続に並ばれ、早くも按上が追い始めていたにも関わらず、これまた最後まで粘って0.4秒差と、OP/重賞レベルでも充分に通用する走りを見せていますからね。

 なので、調教評価も高めですし、相手のレベルが上がる今回であってもさらに粘りを見せて馬券圏内に残る可能性は充分にあるとみて、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  クリノスターオー / 幸英明 (15)

  << 複勝:◎ >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【中山グランドジャンプ】

 中山の芝4250mで行われる障害重賞(J・GI)です。

 春の障害チャンピオン決定戦ですが、10頭立てと頭数が少なく、アポロマーベリック・メイショウブシドウ・オースミムーンの3頭が近走実績も人気も抜けた感じなので、穴馬を狙い辛いメンバー構成ではあります。

 とはいえ(平地のレース以上に)何が起こるか分からない障害レースということもあり、ここは人気薄のコスモソユーズを◎にしてみましょう。

 この馬は、障害未勝利戦を勝ったのみで、重賞もまだ2走しかしていないのですが、その2走はいずれも障害GIで、しかもそのうち1回(一昨年のこのレース)は3着に好走しているのです。

 重賞経験が浅いとはいえ大障害コースを2度も経験してさらに好走しているのは、大障害経験が重要なこのレースでは高ポイントだし、前走は競走中止ながら前走・前々走はOPで2・3着と安定しているので、ここで一発あるならこの馬なのではないかと思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  コスモソユーズ / 山本康志 (6)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎クラウンC(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎皐月賞(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月18日 (金)

『読み解かれるD クロニクル・アラウンド・ザ・クロックIII』 津原泰水 > 「このミス」完全読破 No.736

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.736

 『読み解かれるD クロニクル・アラウンド・ザ・クロックⅢ(3)』 津原泰水

   * 後にシリーズ3作を1冊にまとめて
     『クロニクル・アラウンド・ザ・クロック』として単行本化

   「このミス」2015年版 : 145位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.4.2~ 読終:2014.4.7

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 文庫本 <2014年2月>

読み解かれるD: クロニクル・アラウンド・ザ・クロックIII (新潮文庫)読み解かれるD: クロニクル・アラウンド・ザ・クロックIII (新潮文庫)
津原 泰水

新潮社 2014-01-29
売り上げランキング : 294402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.640「爛漫たる爛漫」No.642「廻旋する夏空」に続く、“クロニクル・アラウンド・ザ・クロック シリーズ(三部作)”の3作目(完結編)です。

 このシリーズは文庫オリジナルで、1・2作目の発売間隔は2ヶ月ほどと短く、この3作目も間をあけずに発売される予定だったようですが、結局は(2作目から)1年も間があくことに。

 シリーズ作品としては、巻ごとに中心となる事件や騒動が異なるタイプではなく、ストーリーが完全に繋がっているため、3作目から読んでも全く理解できないので、1作目から順に読むべきです。

 そして前2作をすでに読んでいる人でも、その内容を忘れていると(本作を読んでいても)物語に入り込むまでに時間がかかり、ようやく思い出してきた頃にはすでに終盤、といった事態が予想されるため、改めて3作を通して一気に読むことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作、というか本シリーズは、人気ロックバンド"爛漫"のボーカルであるニッチこと新渡戸利夫が変死した事件の謎を、不登校少女・向田くれないが、ニッチの兄で陰から"爛漫"を支えてきた鋭夫と共に探っていく青春音楽(ロック)ミステリ作品です。

 そして三部作としての特徴としては、1作目で事件が解決したと思いきや、2作目で新たな真相が明かされ、さらに3作目で本当の真相が明かされて.....、といった感じで、巻ごとに事件の真相が覆されていくという凝った作りとなっているのです。

 とはいえ、どんでん返しのような衝撃的&驚愕的なひっくり返し方というわけではないですし、全編を通して事件に関する謎について語られるとはいえミステリ度はそれほど高くないので、ミステリ的な読み応えを期待してしまうと(特に1作目のあとがきに書かれていた“前作をひっくり返していく大掛かりな物語”という部分から驚きのどんでん返しを期待してしまうと)、あまり手応えが感じられないかもしれません。

 それでも、主人公が(仲間・家族を巻き込みつつ)成長していく物語や、ロックバンドが紆余曲折を経ながら成長していく物語により、青春ドラマも音楽ドラマも胸を打つほどに熱くて愛おしい魅力が溢れていますし、ミステリ要素がそれらを絶妙に演出しているのですね。

 それに、主人公を中心に広がっていく物語には常に音楽が鳴り響き、まさに“人生は音楽だ”と納得させられてしまうほどの音楽愛パワーが作品全体で脈打っているので、読み方さえ間違えなければ(ミステリに重心を掛けすぎなければ)、青春音楽ミステリの魅力を大いに堪能出来るのではないでしょうか。


> 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★     鬼畜グログロ度 : ★
 ビックリ驚愕度  : ★★★      おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★★★    人間味ドラマ度 : ★★★
 下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★       気軽に読める度 : ★★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “津原泰水”関連記事 】

  > No.736 「読み解かれるD クロニクル・アラウンド・ザ・クロックIII」
  > No.642 「廻旋する夏空 クロニクル・アラウンド・ザ・クロックII」
  > No.640 「爛漫たる爛漫 クロニクル・アラウンド・ザ・クロック」
  > No.602 「11 eleven」

  > No.574 「猫ノ眼時計」
  > No.568 「ピカルディの薔薇」
  > No.565 「蘆屋家の崩壊」
  > No.376 「瑠璃玉の耳輪」
  > No.180 「たまさか人形堂物語」


 「殺意の構図 探偵の依頼人」深木章子 <<< PREV
                    NEXT >>> 「シンクロニシティ」川瀬七緒

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「マシンドクター」 熊田拓也 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「マシンドクター」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の熊田拓也(くまだ・たくや)は、「8と96」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年12月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「マシンドクター」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年4月17日 (木)

「六畳間の魔女」 安原宏和 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「六畳間の魔女(ろくじょうま・の・まじょ)です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の安原宏和(やすはら・ひろかず)は、「童哭ベニテング」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2010年6月期)”の最終候補となり、「桃魂ケルベロス」が“ジャンプNEXT! 2011 SPRING”に掲載されてデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SPRING」参照)。

 そして本作にて2度目の増刊掲載となりました。

 ちなみに、デビュー前には堀越耕平の「逢魔ヶ刻動物園」(2010-2011年)のスタッフに入っていたようです(<JC1巻買い> 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平参照)が、同じく堀越耕平の「戦星のバルジ」(2012年)1巻のスタッフ欄には名前が載っていませんでした。


 内容の方は、ぐうたら魔女が居候アクションコメディ漫画です。

 両親を事故で亡くし、引きとられた親戚の家にも居づらいため、高校生になって六畳一間のアパートで暮らし始めた冠木アラタ(かぶらぎ・アラタ)。

 ある日、空腹のため道路に行き倒れていた女の子を助けたところ、その女の子・ミトは実は魔女で、アラタの家に居候として住みつくことに。

 しかしミトは、一日中家の中に居るのにも関わらず料理も掃除もやる気がない、めんどくさがりでぐうたらな魔女で.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆うちの居候はアレな魔女!
      ドメスティック魔法アクションコメディ読切47P!!


 【「六畳間の魔女」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「安原宏和」関連記事】

  > 「エクソアーツ」 安原宏和 > ジャンプGIGA2017 新連載! (17.4.11)

  > 「六畳間の魔女」 安原宏和 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.17)

  > 「桃魂ケルベロス」(ジャンプNEXT! 2011 SPRING) (11.4.30)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

【MDB式“2014年J1リーグ第8節・柏戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★4/19(土) 15:00~ J1リーグ第8節・柏レイソル戦 (柏)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 10位 3勝 1分 3敗 勝点 10  7得 6失 得失 +1 」
  柏    :「  9位 2勝 4分 1敗 勝点 10  9得 7失 得失 +2 」

 2011年にリーグ優勝、2012年に天皇杯優勝、そして昨年(2013年)にはナビスコカップ優勝と、J1に再々昇格した2011年以降3年連続でタイトルを獲得している柏は、昨年は準決勝に進出したACLも含めた過密日程の影響もあり、リーグ戦は10位と低迷。

 そして今シーズンは、ACLには出場せず、元G大阪のFWレアンドロ、湘南の主力だったFW高山薫&MFハン・グギョンと強力な補強にも成功し、シーズン前に優勝予想をする評論家も多くいました。

 しかし、開幕から3試合勝ちがなく(0勝 2分 1敗)、その後もリーグ戦でわずか1敗ながら半分以上が引き分け(2勝 4分 1敗)と、なかなか勝ち切れない試合が続いています。

 なお、マリノスが15日(火)にホームでACL・全北現代戦を行ったのに対し、柏は16日(水)にアウェーでナビスコカップ予選リーグ・大宮戦(△1-1)を行っています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 柏とは昔から相性があまり良くなく、公式戦通算で「19勝 8分 21敗」、リーグ戦通算で「13勝 6分 17敗」といずれも負け越しています。

 しかも、柏がJ1に再復帰した2011年以降3年間の公式戦は「1勝 2分 6敗」で、唯一勝利した昨年のナビスコカップ準決勝第2戦もゴールが足りずに(2試合合計の得失点差により)敗退が決まった試合なので実質負けに等しいため、ここ最近は特にかなり苦手な相手となっていますね。

 それでも、「5勝 3分 10敗」と大きく負け越しているリーグ戦ホームに比べれば、「8勝 3分 7敗」とわずかながら勝ち越しているアウェーではまだ渡り合えているものの、公式戦アウェーで現在5試合勝ちなし、2007年以降の公式戦アウェー8試合で1勝のみ(1勝 2分 5敗)と、ここ数年に限ればアウェーでもほとんど勝てていない状況です(ネルシーニョが柏の監督に就任した2009年以降はアウェーでいまだ勝ちなし)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 9試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 5試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 10試合連続“同一カード 失点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 7試合連続“同一カード アウェー失点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 3試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算59ゴールとなり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は14位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!

 この試合に敗れると、リーグ戦通算250敗まで残り1敗となります。

 この試合に勝利すると、樋口靖洋がマリノスの監督としてリーグ戦通算35勝となり、アスカルゴルタ(97-98)を抜いてマリノス歴代単独4位となります(退席処分・ベンチ入り停止の試合も含めた記録)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、新潟アウェー、仙台、そして今回の柏と、ここ数年勝てていないかなり苦手な相手との対戦が続いているわけですが、リーグ戦の連続未勝利(4試合)をそろそろ断ち切っておきたいですし、3日後に控える大一番・ACLの広州恒大戦に勢いを付ける意味でも、ここで勝利を飾りたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 柏: なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 小林祐三
           柏    : 狩野健太、藤田祥史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  柏オフィシャル

 【チケット情報】  柏オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「きょうアウェー柏戦 リーグ戦5試合ぶり白星なるか」 (4/19)
   > 「今度こそ鬼門突破だ!斎藤 柏戦の苦手意識払しょくへ意気込む」 (4/19)
   > 「横浜M、柏に“カモ”にされ早5年…斎藤が必勝を宣言!」 (4/19)
   > 「柏DF鈴木 横浜戦“斎藤封じ”に意欲「うまくカバーしたい」」 (4/19)

   > 「“ハマのメッシ”斎藤、苦手の柏戦へ必勝宣言「勝たないと」」 (4/18)
   > 「柏監督「リカバリー優先したが問題ない」」 (4/18)
   > 「柏レアンドロ 中東移籍か?指揮官との確執から退団濃厚に…」 (4/18)

   > 「柏 FW木村が右膝内側側副靭帯損傷で全治約4週間」 (4/16)
   > 「柏・レアンドロ、“無断欠勤”で戦力外危機に…10日以降姿見せず」 (4/16)

   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)


 【TV中継】 (生) 4/19(土) 14:50~  J SPORTS 3

        (録) 4/19(土) 24:30~  J SPORTS 3

            4/20(日) 06:35~  スカチャン2

            4/21(月) 07:00~  J SPORTS 3
            4/21(月) 25:15~  スカチャン2

            4/23(水) 09:40~  スカチャン1

            4/25(金) 13:30~  スカチャン3

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第8節・柏戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年4月16日 (水)

「RED HIT GIRL」 齋藤勁吾 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「RED HIT GIRL(レッド・ヒット・ガール)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の齋藤勁吾(さいとう・けいご)は、「百鬼夜行」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年8月期)”の最終候補に("齋藤剄吾"名義)。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「RED HIT GIRL」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

◎クラウンC(2014年)穴馬予想&結果

< 4月16日(水)に行われるクラウンカップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【クラウンカップ】

 川崎のダート1600mで行われる南関3歳重賞(SIII)です。

 南関クラシック第2戦・東京ダービーのトライアルレースですが、南関クラシック第1戦・羽田盃の1週前に開催されるということもあり、一線級の馬というよりは、ここまで取りこぼしが多かった馬やこれから重賞戦線に打って出ようとしている馬たちの争い、といった感じでしょうか。

 そして全日本2歳優駿&京浜盃で◎にして当てさせてもらったサーモピレーが出走するものの、今回は1番人気が濃厚なため(穴馬狙いとしては)◎にすることが出来ないので、ここはジュリエットレターを◎にしてみましょう。

 この馬はデビュー戦を勝ったのみの1勝馬ではありますが、その後の6戦中5戦で馬券圏内と、勝ち切れないながらも安定した成績となっています。

 唯一馬券圏外のレースも、疾病のため競争除外となったレースの一月後で、6着ながら0.5秒差とそこまで差を付けられたわけではないですし、実績馬がそんなにいない今回のレースであれば堅実さが強みになりそうなので、この馬に期待してみることにしました。

 問題は複勝オッズが2倍以上付くかどうかですが(これを書いているのは前日深夜)、もし付かないようであれば買い方や◎馬自体を変更するかもしれません。


  ◎  ジュリエットレター / 吉原寛人 (1)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎桜花賞(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎アンタレスS&中山グランドJ(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月15日 (火)

【MDB式“2014年ACL GS第5節・全北戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★4/15(火) AFCチャンピオンズリーグ
      グループステージ 第5節・ 全北現代モータース戦 (横浜国際)

  ○2-1 (前半0-1、後半2-0)
      主審:ヴァレンティン・コヴァレンコ  入場者数:7,110人

  .<得点> 0-1 ハン・ギョウォン  (全北・前半07分)
          1-1 齋藤学        (横浜・後半19分)
          2-1 齋藤学        (横浜・後半19分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 藤田祥史が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成しました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 ACL グループステージ 第5節 終了時 : 4位 (前節 4位)
         < 2勝 1分 2敗  勝点 7 得点 6 失点 8 得失点差 -2 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マリノスの決勝トーナメント進出が決定する条件】

 << ACLグループステージ第6節(最終節) >>

   > 広州 vs マリノス(広州)、 全北 vs MBV(全州


  ☆ 2チーム以上が同勝ち点で並んだ場合の順位決定方法(優先順)

    1:当該チーム同士の対戦における勝ち点差
    2:当該チーム同士の対戦における得失点差
      (アウェーゴールは適用せず)
    3:当該チーム同士の対戦におけるゴール数の差
      (アウェ-ゴールは適用せず)
    4:当該チームの全試合における得失点差
    5:当該チームの全試合におけるゴール数の差

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     * ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦


  「マリノス○」・・・決勝トーナメント進出決定


  「マリノス△」&「全北○」・・・敗退決定

  「マリノス△」&「MBV○」・・・敗退決定

   * 勝ち点8の2位で広州と並び
    「当該チーム同士の対戦における勝ち点差&得失点差」
    でも「2引き分け&得失点差0」で並ぶものの
    「全試合での得失点差」で広州を下回ってしまうため3位に


  「マリノス△」&「全北-MBV△」・・・敗退決定

   * 4チーム全てが勝ち点8で並ぶものの
    「当該チーム同士の対戦(この場合4チームなので全試合)
    における勝ち点差&得失点差」が優先され
    得失点差によりマリノスは最下位に


  「マリノス●」・・・敗退決定


  * つまりマリノスは
   広州に勝てば決勝T進出決定
   広州に勝てなければ敗退決定
   というわかりやすい状況となっています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (監督コメント) Jリーグ公式サイト

 (選手コメント) Jリーグ公式サイト

 (Jリーグ公式サイト) 「」

 (ゲキサカ) 「電光石火の逆転劇、横浜FMが齋藤の2発で望みをつなぐ

 (ドメサカブログ) 「齋藤学が殊勲の2ゴール!
              横浜FMが全北現代に逆転勝ちでG組は大接戦に


 (カナロコ) 「斎藤2発 豪快な一撃で窮地救う

 (カナロコ) 「40歳、ドゥトラ躍動/全北戦から

 (スポニチ) 「斎藤 逆転2発!全チーム同勝ち点 横浜逆転突破へ最終節決戦

 (日刊スポーツ) 「横浜斎藤1分2発!30メートル弾&逆転弾

 (スポーツ報知) 「横浜M斎藤、1分で2発「ここまで来たらやっぱり出たい」W杯へ届け

 (サンスポ) 「“ハマのメッシ”横浜M・斎藤、わずか2分で2発!


   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年ACL GS第5節・全北戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「マモルくん 疾走参上登場中」 有馬陽平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「マモルくん 疾走参上登場中(マモルくん・しっそう・さんじょう・とうじょうちゅう)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の有馬陽平(ありま・ようへい)は、「オーナー五○一」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年11月期)”の最終候補に。

 そして本作にてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「マモルくん 疾走参上登場中」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「有馬陽平」関連記事】

  > 「トラヴィス」 有馬陽平 > ジャンプGIGA vol.3 (16.9.12)

  > 「ユートシー」 有馬陽平 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.5 (15.10.7)

  > 「マモルくん 疾走参上登場中」 有馬陽平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.15)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2014年4月14日 (月)

「文殊史郎兄弟」 吾峠呼世晴 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「文殊史郎兄弟(もんじゅ・しろう・きょうだい)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 「鬼滅の刃」の新連載スタートを記念して
 復活無料掲載(期間限定) → 『少年ジャンプ+』公式サイト


 作者の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)は、「過狩り狩り」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年4月期)”の佳作を受賞(この作品はWeb掲載されています→集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト)。

 そして本作にてデビューとなりました(担当編集:大西)。


 内容の方は、虫能力兄弟の異彩ダークアクション漫画です。

 警察官だった父親が死んだため愛児院に引き取られることになった静伽は、通りかかった公園で自分を“殺し屋”だと言う不気味な少年に出会い、その少年に父の命を奪った甑岳厳道を殺してくれるよう依頼。

 すると、少年の兄を紹介されて、無事に依頼を引き受けてもらうことに。

 この兄弟は、化け物と呼ばれている文殊史郎一族の文殊史郎聖正(兄)と文殊史郎馬畝(弟)で、体内に棲む虫が孵化することで得られる能力を使って厳重に警備された甑岳厳道の屋敷に乗り込んでいって.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

漆黒の「闇」に蠢く。 異形の「虫」が蠢く。

☆奇異な二匹が闇を這う。ダークアクション読切センターカラー45P


 【「文殊史郎兄弟」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「吾峠呼世晴」関連記事】

  > 「鬼滅の刃」 吾峠呼世晴 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.2.1)

  > 「蠅庭のジグザグ」 吾峠呼世晴 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.4.13)

  > 「肋骨さん」 吾峠呼世晴 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.7.23)

  > 「文殊史郎兄弟」 吾峠呼世晴 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.14)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年)

 「週刊少年ジャンプ」2014年(2013年12月発売~)の増刊(少年ジャンプNEXT!)に掲載された読切作品の一覧です


 増刊タイトルのリンク先は、その増刊の当ブログまとめ記事

 作品タイトルのリンク先は、当ブログの作品情報記事

 作者・作品の詳しい情報は、リンク先の個別記事をご覧ください

 新作読切およびNEXT新連載の第1話のみを対象としているため
 本誌連載作品の番外編・完結編・移籍連載、
 NEXT新連載の第2話以降は対象外となっています

 ☆ : ジャンプNEXT!!での新連載作品
 ◎ : ジャンプ本誌連載経験漫画家
 ○ : ジャンプ本誌読切デビュー済み漫画家
 □ : ジャンプ増刊読切デビュー済み漫画家
 ▲ : 本作でジャンプ増刊デビュー漫画家


 NEXT >>> 増刊収録読切作品リスト(2015年)

 増刊収録読切作品リスト(2013年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ジャンプNEXT! 2014 WINTER

 2013年12月27日 発売


 ◎ 図書館救世主倶楽部 / 暁月あきら
 ▲ ドブの吸鬼 / 小野玄暉
 ▲ 超獣GIGA / 平野稜二
 ▲ カーボネーター / 村肝篤仁 → (本誌読切)
 ▲ ロッカ / ヒラク
 ▲ 憤怒明神アングリゴッ / 本底宗篤
 ▲ 藍色警察 / 工藤篤大
 ▲ ネジヤマさん。 / 石川光貴 → (本誌読切)
 ▲ KNUCKLE / 伊澤拳斗
 ▲ shangri-La~地球の終わり~ / 渡辺優平
 ▲ モンスターハウス / 古瀬経
 ▲ 騒霊鑑識 / 冴豆祐人

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジャンプNEXT!! 2014 vol.1

 2014年3月14日 発売


 ◎ ベストブルー / 平方昌宏 → (本誌連載)
 ▲ レディ・ジャスティス 人生最悪の日 / 荻野ケン → (本誌連載)
 □ HARU / 伊東明彦
 ▲ ボスくん / かりやすみれ
 ◎ 帰ってくれアラトラマン / 野々上大二郎
 ▲ それいけ!隠しコマンド課 / 臼井彰一
 ▲ じんめん / 毛利ダイスケ
 ▲ 選ばれざる者 / 脂小路蝉麿
 ▲ 一応洋画劇場 / 筆洗ゆうた
 ▲ THE LAST KILLER / 浜田志紀
 ▲ 不屈ノWB / 森田大之
 ▲ メメシーナ・バンビーノ! / 近藤俊太
 ▲ TRY ZONE -戦覆のカルラ- / 哀川竜介
 ▲ 爆弾少女 / 大森かなた
 ▲ マジメン / 青木耀
 ▲ キャプテンタナイタム / 萩原裕一

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

 2014年5月7日 発売


 □ 六畳間の魔女 / 安原宏和
 □ 無双王子 / 伊澤拳斗
 ▲ 神代捜査 / 芥見下々
 ◎ ブラック・クローバー / 田畠裕基 → (本誌連載)
 ▲ RED HIT GIRL / 齊藤勁吾
 ▲ 俺のギャランパ / 平松ケイスケ
 ▲ 伝説のアルバイター錠 / 前田良平
 ▲ マシンドクター / 熊田拓也
 ▲ 文殊史郎兄弟 / 吾峠呼世晴
 ▲ マモルくん 疾走参上登場中 / 有馬陽平
 ▲ 械人デストロイヤ / 萩原れい枝
 ▲ JACK DOCK DIAPER / 山田ヤマオ
 ▲ 宇宙観光シーアーク / 戸塚慶文
 ▲ 地上最強のX / 巳コ柊

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジャンプNEXT!! 2014 vol.3

 2014年7月22日 発売


 ☆ 魔物鑑定士バビロ / 西義之
 ▲ もめるひと / 黒木雄心 → (本誌読切)
 □ カンダタ ~地獄跋景亡者戯~ / 八田垂穂
 ▲ ポポん太くん 千客万来! / 十知乃高秀
 ▲ 特設武装課 / 東野ジェット
 ▲ モロモノの事情 / 沼 駿 → (本誌短期連載)
 □ X-REX / 赤嶺直樹
 ▲ SALTO-サルト- / 杠憲太
 ▲ おばあちゃん家はお化け屋敷 / 壺屋翔
 □ うさぎどんとくまどん / 脂小路蝉麿
 □ FIGHTER'S HIGH!!! / 小林英拳
 ▲ DEADMAN KILLER / 松本直記 → (本誌読切)
 ▲ BONE HEAD / 春田隆行
 ▲ 白鮫くん / 原野龍一
 ◎ ツクモガミ 帝都情報部特権諜報員零零七式 / 椎橋寛 間中葦

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジャンプNEXT!! 2014 vol.4

 2014年8月18日 発売


 ▲ 石月くんと晴原さん / 里庄真芳
 ▲ BIRD MAN / 松田知隆
 ▲ 必殺の / 横山太一
 ▲ 天馬のテニス / 助川祐司
 ▲ これやこの / 中野忍
 ▲ CHIKUWA WESTERN / 松原大
 ◎ 最終兵器コンちゃん / 長谷川智広
 □ 呪呪の番兵 / 谷崎修平
 □ まいはなワールド / 前田良平
 ▲ 人弄遊戯 / 天宮猷
 ▲ VIRILE BEAUTY / 柴悠馬
 ▲ 夢館 / 堀圭太

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジャンプNEXT!! 2014 vol.5

 2014年10月14日 発売


 □ 便利屋シロクロ / 熊田拓也
 ▲ ゲリラ食堂 / 市真時系
 ▲ 妄想を喰らう / 川澄浩平 若尾和洋
 ◎ 大量殺人光線武田 / 山本広大 河田悠冶
 ▲ 独尊派探偵 唯我くん / 新崎友斗
 ▲ ラジコメ! / 南野剛
 ▲ ポンコツ勇者にバラードを / 高杉子爵
 ▲ リフレイン / 北村光
 □ D/A/D / 永田光起
 ▲ 歪の然 / 小倉孝俊
 ▲ GUN OUT / 辻夕日郎
 ▲ Metal Steamer / 天塚啓示

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ジャンプNEXT!! 2014 vol.6

 2014年12月27日 発売


 □ BLUE CROW / 城本祥
 ▲ 犬侍 / 上村勇貴
 □ DOGMA -ドグマ- / 今本真太郎
 ▲ METEOR SEEKER / 瀬川竜
 ▲ ZOMBIE・KARO / 森将人
 □ 鬼女と野獣 / 松田知隆
 ▲ ゾネス先生ブチ殺すっ!! / 谷園とものぶ
 ▲ モノマニア・フジ / はんよんぎ
 ▲ 赫華 / 新井夢大
 ▲ 戦場の華 / 坂野旭

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 NEXT >>> 増刊収録読切作品リスト(2015年)

 増刊収録読切作品リスト(2013年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「2014年の週刊少年ジャンプ」関連記事】

  > 新連載作品リスト(2014年) (14.2.10)

  > 読切作品リスト(2014年) (14.1.18)

  > 増刊収録読切作品リスト(2014年) (14.4.14)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年4月13日 (日)

【MDB式“2014年ACL GS第5節・全北戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★4/15(火) 19:30~ AFCチャンピオンズリーグ
      グループステージ 第5節・ 全北現代モータース戦 (横浜国際)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのACL グループステージ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 4位 1勝 1分 2敗  勝点 4  4得 7失 得失 -3 」
  全北  :「 2位 2勝 1分 1敗  勝点 7  7得 5失 得失 +2 」

 今年のACLグループステージにおける全北は、ホームの第1節・マリノス戦を3-0で快勝し絶好のスタートを切るも、続くアウェーでの第2節・メルボルン・ビクトリー(MBV)戦は2-2の引き分け、同じくアウェーの第3節・広州戦は1-3で敗戦と、アウェー2連戦で結果を出すことが出来ませんでした。

 そのため、前節のホーム・広州戦でもし敗れると大混戦の2位争い(リーグ2位までが決勝トーナメント進出)に巻き込まれることになったのですが、1-0で勝利したため、1位の広州と同勝ち点で、3・4位のMBV&マリノスとは勝ち点3差の2位という状況になっています。

 ここまでの全北のグループステージの戦績だけを見ると、ホーム2連勝で2試合合計4-0なのに対し、アウェーでは未勝利(0勝 1分 1敗)で2試合合計3-5と、試合結果は対照的だし、特にホームで鉄壁の守備がアウェーでは綻んでいる所が目立ちますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤田祥史が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マリノスの決勝トーナメント進出(2位以内)の可能性が残る条件】

 << ACLグループステージ第5節 >>

   > マリノス vs 全北(横浜国際)、 MBV vs 広州(メルボルン)

    * ○:勝利、△:引き分け、●:敗戦


  「マリノス○」・・・2位以内の可能性あり

  「マリノス△」&「MBV○」・・・2位の可能性あり

  「マリノス△」&「MBV-広州△」・・・2位の可能性あり

  「マリノス△」&「広州○」・・・敗退決定
     *最終節に「広州●vsマリノス○」&「全北●vsMBV○」で
      マリノスは2位の全北と勝ち点で並ぶも
      順位は「当該チーム同士の対戦における勝ち点の多少」により決まるので
      全北戦「0勝 1分 1敗」のマリノスはこの条件により3位に(全北が2位)

  「マリノス●」&「MBV○」・・・2位の可能性あり

  「マリノス●」&「広州○」・・・敗退決定

  「マリノス●」&「MBV-広州△」・・・敗退決定


  * 得失点差で不利な状況にあるマリノスは
   残り2試合を連勝しないと敗退決定がかなり濃厚となります

   しかしその一方で、2連勝すれば
   自力で(他の試合に関係なく)決勝T進出が決定します

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、負ければほぼ敗退決定、引き分けでもかなり厳しく、勝つにしてもなるべく点差を付けなければならないという、崖っぷち状態であることに変わりはないのですが、ただ決勝トーナメント進出の可能性はまだ確実に残っているので、ここを勝利して最終節のアウェー広州戦に挑みたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 全北:チョン・ヒョク

 【出場停止にリーチ】  マリノス:栗原勇蔵、兵藤慎剛、小椋祥平

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【試合プレビュー】  Jリーグ公式サイト

 【大会情報サイト】  Jリーグ公式サイト

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「俊輔 背水のACL全北戦へ気合「執着心見せる」」 (4/15)
   > 「横浜斎藤エゴ捨てる、全北戦はシンプルに」 (4/15)
   > 「【ACL】横浜M斎藤、無謀ドリブル封印へ」 (4/15)
   > 「リベンジだ!横浜M・斎藤、全北戦へ必勝宣言/ACL」 (4/15)

   > 「【ACL】横浜M・樋口監督「2連勝へ全力」」 (4/14)

   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)


 【TV中継】 (生) 4/15(火) 19:15~  日テレG+

        (録) 4/16(水) 28:15~  日テレプラス

            4/17(木) 13:30~  日テレG+

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年ACL GS第5節・全北戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎桜花賞(2014年)穴馬予想&結果

< 4月13日(日)に行われる桜花賞(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【桜花賞】

 阪神の芝1600mで行われる3歳牝馬重賞(GI)です。

 牝馬クラシックの第1戦ですが、昨年は7番人気で勝利したアユサンを◎にしたものの(当時は3連複で買っていたため)紐抜けして的中は成らなかったので、今年こそはきっちりと当てたいところですね。

 それでここは、マーブルカテドラルを◎にしてみましょう。

 この馬は、ここまで6戦して「3勝-馬券圏外3回」と結果がはっきりとしているのですが、馬券圏外のレースはいずれも掲示板には載っていて、そのうち2レースは重賞(GI含む)ということを考えれば、勝てなかったレースでも大崩れはしていません。

 そして勝ったレースは新馬戦を除けば重賞1回にオープン1回なので実績は充分にあるし、GI・阪神JFでも0.4秒差5着とそれほど差のない走りを見せています。

 ただ前走は重賞でもないレースで(1番人気ながら)馬券圏内にすら入れず、それ故に今回人気を大きく下げているのですが、ただこの時は休み明け&出遅れの影響があったと思うので、一度叩かれたことで巻き返してきそうだし、阪神JFの時よりも順位を上げる可能性もありそうなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  マーブルカテドラル / 田辺裕信 (14)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎クラウンC(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月12日 (土)

【MDB式“2014年J1リーグ第7節・仙台戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★4/12(土) J1リーグ第7節・ベガルタ仙台戦 (日産ス)

  ●0-2 (前半0-0、後半0-2)  主審:木村博之  入場者数:19,181人

  .<得点> 0-1 赤嶺真吾  (仙台・後半21分)
          0-2 赤嶺真吾  (仙台・後半35分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】

 富澤清太郎が、リーグ戦通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると、1試合の出場停止となります(出場停止の対象試合はリーグ戦のみ)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 今回の試合で負けたため、仙台戦6試合連続ホーム勝ちなしとなり、「同一カード ホーム勝ちなし」の新記録を達成しました。

 <記録更新>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「同一カード 無得点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「同一カード ホーム無得点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>


 <記録ストップ>

  ・

  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録情報】

 この試合に敗れたため、リーグ戦通算250敗まで残り2敗となりました。

  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第7節 終了時 : 10位 (前節 7位)
         < 3勝 1分 3敗  勝点 10 得点 7 失点 6 得失点差 +1 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「」

 (ゲキサカ) 「監督交代の仙台、赤嶺の2発で今季初白星!!

 (ゲキサカ) 「敗戦を悔やむ横浜FM齋藤「もっと強いマリノスを見せられるように」

 (ドメサカブログ) 「【J1第7節 横浜FM×仙台】仙台が赤嶺の2ゴールで
                   待望の今季初勝利!渡邉監督の初陣を飾る


 (カナロコ) 「攻守かみ合わず 我慢比べ屈し2失点/仙台戦から

 (カナロコ) 「斎藤、自己評価厳しく/仙台戦から

 (スポニチ) 「斎藤封じられた…横浜 零封負けで4戦勝ちなし

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「」


   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第7節・仙台戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2014年)穴馬予想&結果

< 4月12日(土)に行われるサンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)ニュージーランドトロフィー(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス】

 阪神の芝1400mで行われる牝馬重賞(GII)です。

 ここは、大外枠に入ったアミカブルナンバーを◎にしてみましょう。

 この馬は前走の勝利によりオープンに上がって来たばかりなので、牝馬限定ながらGIIである今回は敷居が高いような感じもしますが、デビュー以来17戦して掲示板外は2戦のみ、馬券圏外は5戦のみという安定感があります。

 それに、休み明けにあまり好成績がないこの馬にとって、3ヶ月の休み明けで馬体重プラス12kgだった前走できっちりと勝利出来たのは、ここに来て成長を見せている証拠かもしれないし、ほとんどのレースで34秒台以下の上がりを繰り出している鋭い脚を上手く使うことが出来ればここでも充分勝負になると思うので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  アミカブルナンバー / 四位洋文 (13)

  << 複勝:◎ >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ニュージーランドトロフィー】

 中山の芝1600mで行われる3歳重賞(GII)です。

 NHKマイルCのトライアルレースでもありますが、ここは(阪神牝馬Sとは真逆の)最内枠に入ったパワースラッガーを◎にしてみましょう。

 この馬はこれまで3戦して、逃げた2戦で勝利しています。

 とはいえ、直線に入る時にはほぼ最後方だった前々走も、前が壁になり内から外に進路変更するロスがありながらも、上がり最速馬とほとんど変わらぬ上がりで0.4秒差まで追い込んで来たので、単なる逃げ馬というわけではないでしょう。

 コース的に逃げるのに絶好な最内枠に入り、もし逃げることが出来なかったとしても内々で脚を溜めての直線抜け出しが狙え、まだ底を見せていないということもあってここでの一発も充分ありそうなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  パワースラッガー / 江田照男 (1)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マリーンC(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎桜花賞(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月11日 (金)

『殺意の構図 探偵の依頼人』 深木章子 > 「このミス」完全読破 No.735

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.735

 『殺意の構図 探偵の依頼人』 深木章子

   「このミス」2015年版 : 18位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 9位

   読始:2014.3.30~ 読終:2014.4.1

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2013年12月>

殺意の構図 探偵の依頼人 (光文社文庫)殺意の構図 探偵の依頼人 (光文社文庫)
深木 章子

光文社 2016-09-08
売り上げランキング : 366580

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 普段は中小企業や個人商店経営者が主な顧客であるいわゆる「街の弁護士」の衣田征夫は、専門外である刑事事件を担当することに。

 弁護する相手である峯岸諒一は、(妻の実父でもある)養父・峯岸巌雄に対する放火殺人容疑により逮捕・起訴された人物。

 頑なに無罪を主張する諒一に対し、弁護側に不利な証拠や証人しか出て来ないため苦戦する中、ある関係者が不慮の事故により急死したことをきっかけに事態は大きく動き出して.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 “ばらのまち福山ミステリー文学新人賞”を受賞したNo.474「鬼畜の家」で2011年にデビューして以来、1年に1冊のペースで順調に作品を発表している深木章子の、2013年末に発売された新作です。

 まず第一章では、弁護士が中心となることもあり法廷ミステリが繰り広げられていくのですが、法廷外において新たな事件が次々と起き状況は目まぐるしく変わっていくため、事件ミステリ色の方が濃い感じですかね。

 続く第二章では事件関係者二人それぞれの過去から現在に至る物語が綴られることでサスペンスとしての読み応えがあり、第三章では事件の真相が探偵により二転三転しつつ明かされて、というように(作品全体を通して)本格ミステリの様々な魅力が詰め込まれています。

 そんな(章ごとに中心人物や演出方法がガラリと変わる)変則的な構成や、登場人物の複雑な関連性、たたみ掛けるように発生していく事件の数々など、読んでいて頭がこんがらがってしまいそうな要素は多いものの、それほど難解にならずにすっきりとした読み味になっているところなどさすがの手腕でした。

 ただ、物語にしてもトリックにしても、飛び抜けた部分や強烈な意外性などはなく優等生的な印象が残るのは相変わらずで、これまでの作品を読んで来た人であればクライマックスでの驚きの展開もある程度予想出来てしまう(想定の範囲内に収まってしまう)可能性は高そうなので、新たな魅力や読み応えを期待しすぎない方が良いかもしれません。

 とはいえ、今回も本格ミステリとしてのレベルが一定以上の水準にあるのは間違いないので、多くの人が本格ミステリの魅力を充分に堪能できる良作といえるのではないでしょうか。

 そんな感じで、作品の完成度が安定して高いながら平均点を大幅に上回る作品はまだ生み出していない(ように感じる)ミステリ作家なので、新作が出る度に心から楽しんではいるものの、“これぞ誰もが認める代表作!”といった作品をそろそろ書いてほしいな~とも思ってしまうのですよねェ(それだけの作品を書くことが出来る実力はすでに持っていると思うので.....)。


> 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★★    鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★      おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★★
 下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★★     気軽に読める度 : ★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “深木章子”関連記事 】

  > No.735 「殺意の構図 探偵の依頼人」
  > No.656 「螺旋の底」
  > No.548 「衣更月家の一族」
  > No.474 「鬼畜の家」


 「黒富士」柄澤齊 <<< PREV/NEXT >>> 「読み解かれるD」津原泰水

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2014年04月の記事一覧

 2014年4月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

  2014年3月の記事一覧 <<   >> 2014年5月の記事一覧

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01火 : 『波形の声』 長岡弘樹 > 「このミス」完全読破 No.733
01火 : ◎東京スプリント(2014年)穴馬予想&結果

02水 : ★記事別アクセス数ランキング(2014年3月)
02水 : 【MDB式“2014年ACL GS第4節・メルボルンV戦”データボックス】

03木 : 「地上最強のX」 巳コ柊 > ジャンプNEXT! 2014 vol.2
03木 : 『黒富士』 柄澤齊 > 「このミス」完全読破 No.734

04金 : 「宇宙観光シーアーク」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT! 2014 vol.2
04金 : 【MDB式“2014年J1リーグ第6節・新潟戦”プレビュー】

05土 : 「JACK DOCK DIAPER」 山田ヤマオ > ジャンプNEXT! 2014 vol.2
05土 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2014年4月)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06日 : ◎大阪杯&ダービー卿CT(2014年)穴馬予想&結果
06日 : 【MDB式“2014年J1リーグ第6節・新潟戦”データボックス】

07月 : 「BONE HEAD」 春田隆行 > ジャンプNEXT! 2014 vol.3
07月 : 「ブラック・クローバー」 田畠裕基 > ジャンプNEXT! 2014 vol.2

08火 : ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)

09水 : ◎マリーンC(2014年)穴馬予想&結果
09水 : 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2014年5-6月)

10木 : 【MDB式“2014年J1リーグ第7節・仙台戦”プレビュー】>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11金 : 2014年04月の記事一覧
11金 : 『殺意の構図 探偵の依頼人』 深木章子 > 「このミス」完全読破 No.735

12土 : ◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2014年)穴馬予想&結果
12土 : 【MDB式“2014年J1リーグ第7節・仙台戦”データボックス】

13日 : ◎桜花賞(2014年)穴馬予想&結果
13日 : 【MDB式“2014年ACL GS第5節・全北戦”プレビュー】

14月 : 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年)
14月 : 「文殊史郎兄弟」 吾峠呼世晴 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

15火 : 「マモルくん 疾走参上登場中」 有馬陽平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2
15火 : 【MDB式“2014年ACL GS第5節・全北戦”データボックス】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16水 : ◎クラウンC(2014年)穴馬予想&結果
16水 : 「RED HIT GIRL」 齋藤勁吾 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

17木 : 【MDB式“2014年J1リーグ第8節・柏戦”プレビュー】
17木 : 「六畳間の魔女」 安原宏和 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

18金 : 「マシンドクター」 熊田拓也 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2
18金 : 『読み解かれるD クロニクル・アラウンド・ザ・クロックIII』
      津原泰水 > 「このミス」完全読破 No.736

19土 : ◎アンタレスS&中山グランドJ(2014年)穴馬予想&結果
19土 : 【MDB式“2014年J1リーグ第8節・柏戦”データボックス】

20日 : ◎皐月賞(2014年)穴馬予想&結果
20日 : 【MDB式“2014年ACL GS第6節・広州戦”プレビュー】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21月 : 『シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官』 川瀬七緒 > 「このミス」完全読破 No.737
21月 : 「無双王子」 伊澤拳斗 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

22火 : 「械人デストロイヤ」 萩原れい枝 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2
22火 : ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月後半)
22火 : 【MDB式“2014年ACL GS第6節・広州戦”データボックス】

23水 : ◎羽田盃(2014年)穴馬予想&結果
23水 : 「俺のギャランパ」 平松ケイスケ > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

24木 : ◎東京プリンセス賞(2014年)穴馬予想&結果
24木 : 【MDB式“2014年J1リーグ第9節・FC東京戦”プレビュー】
24木 : 「伝説のアルバイター錠」 前田良平 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

25金 : 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年5月)
25金 : 「神代捜査」 芥見下々 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26土 : ◎福島牝馬S(2014年)穴馬予想&結果
26土 : 【MDB式“2014年J1リーグ第9節・FC東京戦”データボックス】

27日 : ◎マイラーズC&フローラS(2014年)穴馬予想&結果
27日 : 『七日じゃ映画は撮れません』 真藤順丈 > 「このミス」完全読破 No.738
27日 : 【MDB式“2014年J1リーグ第10節・浦和戦”プレビュー】

28月 : 「カミドリ」 池沢春人 > 週刊少年ジャンプ読切!
28月 : 「Hi-Fi CLUSTER -六攻特課事件実例-」 後藤逸平 > 週刊少年ジャンプ読切!
28月 : ◎かきつばた記念(2014年)穴馬予想&結果
28月 : 「ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語」 うすた京介 > 週刊少年ジャンプ読切!

29火 : 「未来への跳躍~長浜洋次郎物語~」 大石浩二 > 週刊少年ジャンプ読切!
29火 : 「ギャグマンガ日和 出張版」 増田こうすけ > 週刊少年ジャンプ読切!
29火 : 「いいよね!米澤先生 出張版」 地獄のミサワ > 週刊少年ジャンプ読切!
29火 : 【MDB式“2014年J1リーグ第10節・浦和戦”データボックス】

30水 : ◎しらさぎ賞(2014年)穴馬予想&結果
30水 : ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年3月)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ★記事別アクセス数ランキング(2014年4月)

  2014年3月の記事一覧 <<   >> 2014年5月の記事一覧


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村     人気ブログランキングへ

2014年4月10日 (木)

【MDB式“2014年J1リーグ第7節・仙台戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★4/12(土) 14:00~ J1リーグ第7節・ベガルタ仙台戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  7位 3勝 1分 2敗 勝点 10  7得  4失 得失 +3 」
  仙台  :「 17位 0勝 2分 4敗 勝点  2  2得 13失 得失 -11 」

 仙台は、J2だった2008年に手倉森誠が監督に就任すると、2年目(2009年)にJ2優勝を果たしJ1昇格を決め、2011年にはJ1で4位、2012年はさらに順位を上げ2位、そして昨年(2013年)にはACL出場と、6年という長期政権の中で大躍進を遂げました。

 その手倉森監督は2014年からリオデジャネイロ五輪代表(U-21代表)の監督に就任することが決まったため、今シーズンはオーストラリア人のグラハム・アーノルドを新監督として招へいし、ACL出場の影響もありリーグ13位と低迷したチームの立て直しを図ることに。

 しかし、ここまで公式戦8試合(リーグ戦6試合&ナビスコカップ2試合)で「0勝 3分 5敗」といまだ勝利がなく、8試合で3得点(リーグ戦6試合で2得点)&18失点(リーグ戦6試合で13失点)、無得点は8試合中5試合(リーグ戦6試合中4試合)、そして4失点した試合がすでに3試合もあるなど、攻守共に結果が出ない状況が続いていました。

 すると、今回の試合の直前である9日(水)に、アーノルド監督の解任&渡邉晋ヘッドコーチの監督昇格が発表されたので、マリノスとしてはこの監督交代劇により仙台のチーム状況が急激に好転しないことを祈るのみですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 仙台戦は、公式戦通算で「5勝 5分 6敗」、リーグ戦通算で「3勝 5分 4敗」とほぼ五分の成績です。

 しかし、2010年に仙台がJ1に再昇格して以降(=手倉森監督になって以降)は、初戦こそ勝利したもののその後は7試合勝ちなし(0勝 4分 3敗)とかなり苦手な相手となっています。

 特に2010年以降のホームでは「0勝 1分 3敗」と勝利がなく、4試合でわずかに1得点のみと、相性は最悪に近いのですね。

 なお昨年の対戦ではホーム・アウェー共に0-0の引き分けで、現在3試合連続引き分け中です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 今回の試合で負けか引き分けだと、仙台戦6試合連続ホーム勝ちなしとなり、「同一カード ホーム勝ちなし」の新記録を達成します。

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 8試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 6試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 新記録達成)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 3試合連続“同一カード 無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 3試合連続“同一カード ホーム無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード 無失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)
   > 2試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤田祥史が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算50試合出場を達成します。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算59ゴールとなり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は14位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!

 この試合に勝利すると、リーグ戦ホーム通算200勝達成まで残り4勝となります。

 この試合に敗れると、リーグ戦通算250敗まで残り2敗となります。

 この試合に勝利すると、樋口靖洋がマリノスの監督としてリーグ戦通算35勝となり、アスカルゴルタ(97-98)を抜いてマリノス歴代単独4位となります(退席処分・ベンチ入り停止の試合も含めた記録)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、リーグ戦では3試合勝ちがない中で、ここ数年勝つことが出来ていない相手との対戦となりますが、ただ相手は今シーズン絶不調で監督交代直後という状況ということで、久々に勝利する大きなチャンスでもあるわけなので、苦手意識を払拭するためにも勝利したいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 仙台: なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 富澤清太郎
           仙台  : なし

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「FW伊藤、仙台戦へ「モヤモヤ晴らしたい」」 (4/11)
   > 「【仙台】渡辺新監督、初勝利へ赤嶺&ウイルソン今季初2トップ」 (4/11)
   > 「仙台・梁、監督交代に「切り替えてやるしかない」」 (4/11)

   > 「渡辺新監督、仙台スタイル復活で初勝利だ」 (4/10)
   > 「仙台新監督にJ1最年少40歳渡辺氏」 (4/10)
   > 「【仙台】アーノルド監督解任 公式戦8戦未勝利で白幡社長決断「大きなカンフル剤的処方が必要」」 (4/10)
   > 「【仙台】渡辺HCが監督昇格「立て直す自信ある」」 (4/10)

   > 「[横浜FM]仙台の監督交代に樋口靖洋監督は困り顔」 (4/9)
   > 「仙台渡辺新監督「立て直す自信ある」」 (4/9)
   > 「仙台アーノルド監督解任、後任渡辺ヘッド」 (4/9)
   > 「【仙台】柳沢、左腓骨亀裂骨折で全治8週間」 (4/9)

   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)


 【TV中継】 (生) 4/12(土) 13:50~  TBSチャンネル

        (録) 4/13(日) 07:35~  スカチャン2

            4/14(月) 29:00~  スカチャン1

            4/15(火) 12:00~  スカチャン0
            4/15(火) 21:00~  J SPORTS 3

            4/17(木) 19:45~  J SPORTS 3
            4/17(木) 29:00~  スカチャン2

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第7節・仙台戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

2014年4月 9日 (水)

「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2014年5-6月)

 「このミステリーがすごい!」にランクインする作品というのは、ほとんどが単行本やノベルスで刊行された作品なので、“文庫化されてから読んでみよう”と考えている方も多くいるのではないでしょうか。

 なので、「このミス」の1~20位にランクインした作品、およびあと一歩でランクインを逃した作品(21~40位)の文庫化リストを、文庫版発売月別(2ヶ月ごと)にまとめてみたいと思います。


 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページ

 * シリーズ作品紹介文中の作品名部分のリンク先は、当ブログ感想記事

 * シリーズ作品のランクイン実績は、2014年版までの記録

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2014年 5月 発売 】


  砂のクロニクル(上・下) / 船戸与一  <<当ブログ感想記事>>

 << 1993年版 1位 >>  ・日本冒険小説協会大賞受賞
                ・山本周五郎賞受賞

 ★ 民族の悲願、独立国家の樹立を求めて
   暗躍する中東の少数民族クルド。
   かつて共和国が成立した聖地マハバードに集結して
   武装蜂起を企む彼らだったが、
   直面する問題は武器の決定的な欠乏だった。
   クルドがその命運を託したのは謎の日本人“ハジ”。
   武器の密輪を生業とする男だ。
   “ハジ”は2万梃のカラシニコフAKMを
   ホメイニ体制下のイランに
   無事運び込むことができるのか。

   * 版元を変えて再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  メルカトルかく語りき / 麻耶雄嵩  <<当ブログ感想記事>>

 << 2012年版 7位 >>  ・「本格ミステリ・ベスト10」 2位
                ・「ミステリが読みたい!」 2位
                ・「週刊文春ミステリーベスト10」 8位

 ★ 「翼ある闇」「夏と冬の奏鳴曲」「痾」
   「メルカトルと美袋のための殺人」「鴉」に続く
   “メルカトル鮎シリーズ”の6作目
   (1作目も1992年版12位、2作目も1994年版17位、
    5作目も1998年版16位にランクイン)

 ★ ある高校で殺人事件が発生。
   被害者は物理教師、
   硬質ガラスで頭部を5度強打され、
   死因は脳挫傷だった。
   現場は鍵がかかったままの
   密室状態の理科室で、
   容疑者とされた生徒はなんと20人!
   銘探偵メルカトルが導き出した
   意外すぎる犯人とは―「答えのない絵本」
   他、全5編収録。
   麻耶ワールド全開の問題作。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  心に雹の降りしきる / 香納諒一  <<当ブログ感想記事>>

 << 2012年版 9位 >>

 ★ 7年前に行方不明になった少女の
   遺留品が発見された。
   全く期待せずに捜査を再開した
   県警捜査一課の都筑だが、
   数日後、情報をもたらした探偵・梅崎の
   死体が発見される。
   梅崎は一体何をつかんでいたのか…。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  転迷 隠蔽捜査4 / 今野敏  <<当ブログ感想記事>>

 << 2012年版 14位 >>  ・「週刊文春ミステリーベスト10」 10位

 ★ 「隠蔽捜査」「果断 隠蔽捜査2
   「疑心 隠蔽捜査3」「初陣 隠蔽捜査3.5」に続く
   “隠蔽捜査シリーズ”の5作目
   (1作目も2006年20位、
    2作目も2008年版4位にランクイン)

 ★ 相次いで謎の死を遂げた二人の外務官僚。
   捜査をめぐる他省庁とのトラブル。
   娘の恋人を襲ったアクシデント……
   大森署署長・竜崎伸也の周囲で
   次々に発生する異常事態。
   盟友・伊丹俊太郎と共に捜査を進める中で、
   やがて驚愕の構図が浮かび上がる。
   すべては竜崎の手腕に委ねられた!
   緊迫感みなぎる超人気シリーズ最強の第五弾。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  硝子の葦 / 桜木紫乃  <<当ブログ感想記事>>

 << 2011年版 16位 >>

 ★ 母の愛人だった男が、私の夫。
   愛なんて最初からなかったはずなのに。
   夫の事故ですべてが狂い始めた…。
   善悪の彼岸へ近づく日常。
   私たちの“仮面”は崩壊し“怪物”が顔を出す。
   ノンストップ・エンタテイメント長編。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  無間人形 新宿鮫4 / 大沢在昌  <<当ブログ感想記事>>

 << 1994年版 16位 >>  ・直木三十五賞受賞
                 ・「週刊文春ミステリーベスト10」 3位

 ★ 「新宿鮫」「毒猿」「屍蘭」に続く“新宿鮫シリーズ”の4作目
   (1作目も1991年版1位、2作目も1992年版2位、
    3作目も1994年版15位、
    6作目「氷舞」も1998年版10位、
    9作目「狼花」も2007年版4位、
    10作目「絆回廊」も2012年版4位にランクイン)

 ★ 新宿の街の闇でひそかに
   「アイスキャンディ」と呼ばれる
   新型の覚醒剤が売られていた。
   その密売ルートを追う
   鮫島の前に立ちはだかる、
   暴力団と地方財閥の兄弟たち。
   事件を追いつめる鮫島だったが、
   悪の手は鮫島の恋人・晶にも迫る。
   絶体絶命の危機に落ちた晶。
   果たして鮫島は恋人を救うことができるのか。

   * 新装版として再発売

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  黄金色の祈り / 西澤保彦

 << 2000年版 39位 >>  ・「本格ミステリ・ベスト10」 7位

 ★ 他人の目を気にし、人をうらやみ、
   成功することばかり考えている「僕」は、
   高校卒業後、アメリカの大学に留学するが、
   いつしか社会から脱落していく。
   しかし、人生における一発逆転を狙って、
   ついに小説家デビュー。
   かつての級友の死を題材に小説を発表するが…
   作者の実人生を思わせる、
   青春ミステリ小説。

   * 版元を変えて再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
             当ブログ読了済みの5月文庫化作品 >>

  三題噺 示現流幽霊 / 愛川晶  <<当ブログ感想記事>>
  星月夜 / 伊集院静  <<当ブログ感想記事>>
  パラドックス13 / 東野圭吾  <<当ブログ感想記事>>
  琅邪の虎 / 丸山天寿  <<当ブログ感想記事>>
  薔薇を拒む / 近藤史恵  <<当ブログ感想記事>>
  サヴァイヴ / 近藤史恵  <<当ブログ感想記事>>
  人 質 / 佐々木譲  <<当ブログ感想記事>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【 2014年 6月 発売 】


  OUT(上・下) / 桐野夏生  <<当ブログ感想記事>>

 << 1998年版 1位 >>  ・日本推理作家協会賞受賞
                ・「週刊文春ミステリーベスト10」 2位

 ★ 深夜の弁当工場で働く主婦たちは、
   それぞれの胸の内に
   得体の知れない不安と失望を抱えていた。
   「こんな暮らしから脱け出したい」
   そう心中で叫ぶ彼女たちの生活を
   外へと導いたのは、
   思いもよらぬ事件だった。
   なぜ彼女たちは、
   パート仲間が殺した夫の死体を
   バラバラにして捨てたのか?
   犯罪小説の到達点。
   ’98年日本推理作家協会賞受賞。

   * 推理作家協会賞全集として版元を変えて再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  鎮魂歌 不夜城II / 馳星周

 << 1998年版 5位 >>  ・日本推理作家協会賞受賞
                ・「週刊文春ミステリーベスト10」 6位

 ★ 「不夜城」に続く“不夜城シリーズ”の2作目
   (1作目も1997年版1位にランクイン)

 ★ 新宿の街を震撼させた
   チャイナマフィア同士の銃撃事件から二年、
   警察の手すら届かない
   歌舞伎町の中国系裏社会を牛耳るのは、
   北京の崔虎、上海の朱宏、
   そして、銃撃事件で大金を手に入れた
   台湾の楊偉民だった。
   勢力図も安定したかと思われた矢先、
   崔虎の手下の大物幹部が狙撃され、
   歌舞伎町は再び不穏な空気に包まれた!
   崔虎は日本人の元刑事に
   犯人を探し出すよう命じるが、
   事態は思わぬ方向へと展開していく…。
   事件の混乱に乗じ、劉健一は生き残りを賭け、
   再び罠を仕掛けた!
   ―驚異のデビュー作『不夜城』の二年後を描いた、
   傑作ロマンノワール。

   * 推理作家協会賞全集として版元を変えて再文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  楽園のカンヴァス / 原田マハ  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 6位 >>  ・山本周五郎賞受賞
                ・「本屋大賞」 3位
                ・「ミステリが読みたい!」 5位
                ・「週刊文春ミステリーベスト10」 6位

 ★ ニューヨーク近代美術館の
   学芸員ティム・ブラウンは、
   スイスの大邸宅でありえない絵を目にしていた。
   MoMAが所蔵する、
   素朴派の巨匠アンリ・ルソーの大作『夢』。
   その名作とほぼ同じ構図、
   同じタッチの作が目の前にある。
   持ち主の大富豪は、
   真贋を正しく判定した者に作品を譲ると宣言、
   ヒントとして謎の古書を手渡した。
   好敵手は日本人研究者の早川織絵。
   リミットは七日間―。
   ピカソとルソー。
   二人の天才画家が生涯抱えた秘密が、
   いま、明かされる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ラバー・ソウル / 井上夢人  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 13位 >>

 ★ 洋楽専門誌にビートルズの評論を書くことだけが、
   社会との繋がりだった鈴木誠。
   女性など無縁だった男が、
   美しいモデルに心を奪われた。
   偶然の積み重なりは、
   鈴木の車の助手席に、
   美縞絵里を座らせる。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  向こう側の遊園 / 初野晴  <<当ブログ感想記事>>

 << 2013年版 37位 >>  ・「本格ミステリ・ベスト10」 10位

 ★ いずれ迎える別離。
   それでも一緒にいたかった。
   廃墟となった遊園地、
   ここは秘密の動物霊園。
   奇妙な名前の丘にいわくつきのペットが眠る。
   弔いのためには、
   依頼者は墓守の青年と交渉し、
   一番大切なものを差し出さなければならない。
   ゴールデンレトリーバー、天才インコ、そして…。
   彼らの“物語”から、
   青年が解き明かす真実とは。
   人と動物のあらゆる絆を描いた、
   連作ミステリー。

   * 「カマラとアマラの丘」を改題して文庫化

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 << 「このミス」で41位以下または0票だった
             当ブログ読了済みの6月文庫化作品 >>

  炎蛹 新宿鮫5 / 大沢在昌(* 新装版として再発売)  <<当ブログ感想記事>>
  春から夏、やがて冬 / 歌野晶午  <<当ブログ感想記事>>
  所轄魂 / 笹本稜平  <<当ブログ感想記事>>
  彼女が追ってくる / 石持浅海  <<当ブログ感想記事>>
  怪 談 / 柳広司  <<当ブログ感想記事>>


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2014年7-8月)

 「このミス」ランクイン作品文庫化リスト(2014年3-4月) <<< PREV


 “「このミス」ランクイン作品文庫化リスト”の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

◎マリーンC(2014年)穴馬予想&結果

< 4月9日(水)に行われるマリーンカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マリーンカップ】

 船橋のダート1600mで行われる交流牝馬重賞(JpnIII)です。

 昨年の(自身が出走した)交流牝馬重賞を6戦全て勝利した交流ダート界の絶対女王・メーデイアが、今年1月のTCK女王盃で有終の美を飾り引退したため、次の女王候補がどの馬になるのか注目されたのが、先月に行われたエンプレス杯でした。

 そしてそのレースで2着馬に2.2秒という圧倒的な大差をつけて勝ったワイルドフラッパーが、2連勝を飾り女王の地位を確実なものにするのか、といったところが今回の注目点でしょうか。

 メンバー的には、近走で比較的堅実に結果を出しているのがメーデイア・アクティビューティ・サウンドリアーナの(人気にもなっている)3頭で、穴を狙うのであればこの3頭の間に割って入る馬を見極めなければならないわけですが、その可能性がありそうなのはサマリーズカイカヨソウくらいなのでは。

 両頭共に近2~3走は掲示板にさえ載れていないので、ここに来ての“突然の復活”に賭けなければならないため積極的には推せないものの、それでもそのわずかな可能性に期待してみたくなったカイカヨソウを◎にしてみましょう。

 この馬は南関馬で、(中央でいうオークスにあたる)東京プリンセス賞を制し、牡馬相手の東京ダービーで4着に好走と、昨年の南関クラシック戦線を盛り上げた一頭でしたが、昨年12月のクイーン賞に今年1月のTCK女王盃と、ここ2走は古馬相手の交流牝馬重賞で掲示板にすら載れずにいます。

 とはいえ、どちらのレースも(それまでのレースより)位置取りがかなり後ろになっていましたし、上がりタイムは上位馬と比べてもそれほど劣っているわけではないので、今回前めに付けることが出来るのであれば、馬券圏内の可能性は他の伏兵馬に比べて高くなると思うのですよね。

 それで買い方ですが、オッズが最低でも3倍以上付くのであればいつも通り複勝ですが、もし複勝最低オッズが3倍を切るようだったら、人気4頭に流した3連複にする予定です。


  ◎  カイカヨソウ / 今野忠成 (3)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎大阪杯&ダービー卿CT(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎阪神牝馬S&ニュージーランドT(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月 8日 (火)

☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年4月前半)

 横浜F・マリノスのチームや選手に関連する、新聞社のウェブサイト記事やネットで話題の情報などを、月別にリスト化してみました。

<< 参照サイトリスト >>
 

Mnews_2 新聞&スポーツ新聞記事
 カナロコ(神奈川新聞)
 スポニチアネックス
 日刊スポーツ
 スポーツ報知
 サンスポ
Mmarinos_3 マリノス・オフィシャル情報
 横浜F・マリノス Official Web Site
 ホームタウンふれあい日記
Mjleague サッカー情報サイト(オフィシャル系)
 Jリーグ公式サイト
 J's GOAL
 BLOGOLA(EL GOLAZO)
 ゲキサカ
M2ch_3 サッカー情報サイト(個人サイト系)
 ドメサカ版まとめブログ
 Jリーグ移籍情報
Mmovie_3 動画サイト
 横浜F・マリノス公式動画サイト(Youtube)
Mtwitter_3 Twitter
 横浜F・マリノス@prompt_fmarinos
Mblog 当ブログ関連記事
 朴念仁と居候

  >>> : 当該記事へのリンク


  2014年3月後半の情報リスト <<   >> 2014年4月後半の情報リスト

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2014年 4月 前半 】


01火 Mmarinos_2 メルボルン・ビクトリー戦前日公式練習&公式記者会見 >>>

    Mmarinos_2 マリノスケin横浜国際プール(ホームタウンふれあい日記) >>>

    Mjleague 横浜F・マリノス vs メルボルン・ビクトリー:試合プレビュー >>>

    Mtwitter_2 .....兵藤慎剛選手の選手登録データを、下記の通り変更しましたので..... >>>

    Mtwitter_2 メルボルン戦•前日会見なう。 兵藤選手と樋口監督が参加中..... >>>

    Mtwitter_2 公式記者会見が終了しました。 兵藤選手、樋口監督お疲れ様でした..... 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

02水 Mnews 横浜M、きょうメルボルン戦「残り全勝で」 >>>

    Mnews 中沢、圧勝宣言 負ければ1次L敗退の可能性 >>>

    Mnews 横浜斎藤が調整も2日メルボルン戦は欠場 >>>

    Mnews 横浜M・斎藤、左ふくらはぎ痛で欠場「出ません」 >>>

    Mjleague 崖っぷちの横浜FM、望みをつなぐ逆転勝利 >>>

    Mblog 【MDB式“2014年ACL GS第4節・メルボルンV戦”データボックス】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

03木 Mnews 薄氷の勝利/ACL1次リーグから >>>

    Mnews 伊藤がアジア初得点/ACL1次リーグから >>>

    Mnews 横浜 ACL9年ぶり白星!決勝T進出へ望みつなぐ >>>

    Mnews 横浜中沢○も「2点目の取られ方ひどい」 >>>

    Mnews 横浜M、3234日ぶり勝った!決勝T進出へ望み >>>
    Mnews 横浜M、3発で4戦目初勝利!俊輔「勝ったのは大きい」 >>>

    Mmarinos_2 日本代表候補 トレーニングキャンプ2014(4/7~4/9)
       齋藤学選手メンバー選出のお知らせ >>>

    Mmovie_2 3/23 J1第3節 横浜F・マリノスvs ヴァンフォーレ甲府
      @山梨中銀スタジアム(試合ダイジェスト動画) >>>

    Mmovie_2 3/29 J1第3節 横浜F・マリノスvs 鹿島アントラーズ
      @日産スタジアム(試合ダイジェスト動画) >>>

    Mjleague 横浜F・マリノス vs メルボルン・ビクトリー:試合レポート >>>

    Mjleague 同点弾演出の横浜FM小椋「空いているのが見えた」 >>>

    Mjleague 鮮やかループを沈めた横浜FM伊藤「僕らには勝利しかない」 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04金 Mnews サッカー日本代表候補に斎藤学 心境変化「明確な目標」 >>>

    Mnews 斎藤“ジョーカー”譲らん!3月のNZ戦に続き順当に選出 >>>

    Mnews 負傷の横浜斎藤も選出 誕生日前日に朗報 >>>

    Mnews 中沢「悔し」落選も3大会あきらめん >>>

    Mmarinos_2 北谷史孝選手メンバー選出のお知らせ
       日本高校選抜チーム直前合宿・欧州遠征(4/11~4/23) >>>

    Mjleague 中澤佑二はブラジルW杯をあきらめない >>>

    Mtwitter_2 小林選手と中町選手がサプライズで登場\(^o^)/。鷲尾さん..... >>>

    Mblog 【MDB式“2014年J1リーグ第6節・新潟戦”プレビュー】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05土 Mnews 斎藤 24歳の誓い「代表でも責任感持ってやらないと」 >>>

    Mmarinos_2 2014明治安田生命 J3リーグ Jリーグ・アンダー22選抜 選出選手について >>>

    Mmarinos_2 春の全国交通安全運動(ホームタウンふれあい日記) >>>

    Mtwitter_2 チームは午後に、明日の試合会場である新潟に向けて出発しました~..... >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06日 Mnews 横浜M・斎藤が先発復帰へ「試合勘を戻せるようにがんばりたい」 >>>

    Mjleague 【J1:第6節 新潟 vs 横浜FM】プレビュー:
       新潟は中盤の要レオ シルバが中村俊輔とのマッチアップに臨む。
       横浜FMは昨季のリベンジに燃える >>>

    Mjleague ポスト、クロスバーが“大活躍”…新潟対横浜FMはスコアレスドロー >>>

    M2ch_2 【J1第6節 新潟×横浜FM】両チーム好機決められずスコアレスドロー
       新潟は公式戦6戦負けなしに >>>

    Mblog 【MDB式“2014年J1リーグ第6節・新潟戦”データボックス】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07月 Mnews 鬼門で”雪辱戦”も、スコアレスドロー/横浜M0-0新潟 >>>

    Mnews 小椋、初先発で持ち味/新潟戦から >>>

    Mnews 斎藤 左ふくらはぎ痛から3試合ぶり復帰、不発に反省 >>>

    Mmarinos_2 練習試合の結果(vs FC町田ゼルビア) >>>

    Mjleague 【J1:第6節 新潟 vs 横浜FM】レポート:
       激しくぶつかりあった一戦は、まさに痛み分けのスコアレスドロー >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08火 Mnews サッカー日本代表候補合宿 横浜Mの斎藤、際立つ存在感 >>>

    Mnews 斎藤 W杯出場へ強い意気込み“人生変えたい” >>>

    Mjleague [練習試合]横浜FMがFW矢島、FW藤田らのゴールで町田に快勝 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09水 Mnews 斎藤マリノスW杯の系譜を継げ! >>>

    Mmarinos_2 4/22(火)アウェイ・広州恒大戦 キックオフ時間変更のお知らせ >>>

    Mjleague 仙台の監督交代に樋口靖洋監督は困り顔 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10木 Mnews サッカー日本代表候補合宿
       斎藤の気持ち前面に、W杯へ積極アピール >>>

    Mnews 斎藤 決定力欠き反省「結果残せなかったけどまた練習します」 >>>

    Mnews 斎藤3人抜きも不発「チームで結果を」 >>>

    Mnews 中沢 代表“復帰”へ意欲「ラストスパートかけたい」 >>>

    Mmovie_2 4/6 J1第6節 横浜F・マリノスvs アルビレックス新潟
      @デンカビッグスワンスタジアム(試合ダイジェスト動画) >>>

    Mblog 【MDB式“2014年J1リーグ第7節・仙台戦”プレビュー】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11金 Mnews FW伊藤、仙台戦へ「モヤモヤ晴らしたい」 >>>

    Mmarinos_2 横浜F・マリノスユース所属 田口潤人選手トップチーム登録のお知らせ >>>

    Mmarinos_2 負けず嫌いとわがまま(ホームタウンふれあい日記) >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12土 Mnews 斎藤 天敵・仙台戦へゴール誓う「攻撃に変化を加えられれば」 >>>

    Mnews ハマのメッシ斎藤「STAP」あります! >>>

    Mmarinos_2 2014明治安田生命 J3リーグ Jリーグ・アンダー22選抜 選出選手について >>>

    Mjleague 【J1:第7節 横浜FM vs 仙台】プレビュー:
       仙台は監督交代の荒療法が奏功するか。
       横浜FMは“鬼門”に対し、中村俊輔を中心にどう崩す? >>>

    Mjleague 監督交代の仙台、赤嶺の2発で今季初白星!! >>>

    Mjleague 敗戦を悔やむ横浜FM齋藤「もっと強いマリノスを見せられるように」 >>>

    M2ch_2 相変わらず人気者な京都の比嘉さん >>>

    M2ch_2 【J1第7節 横浜FM×仙台】仙台が赤嶺の2ゴールで
        待望の今季初勝利!渡邉監督の初陣を飾る >>>

    Mblog 【MDB式“2014年J1リーグ第7節・仙台戦”データボックス】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13日 Mnews 攻守かみ合わず 我慢比べ屈し2失点/仙台戦から >>>

    Mnews 斎藤、自己評価厳しく/仙台戦から >>>

    Mnews 斎藤封じられた…横浜 零封負けで4戦勝ちなし  >>>

    Mmarinos_2 交通安全と新幹線(ホームタウンふれあい日記) >>>

    Mjleague 【J1:第7節 横浜FM vs 仙台】レポート:
        まさに原点回帰。仙台が攻守の切り替えの早さで今季初白星。
        横浜FMはイーブンな試合展開も「気迫」で上回れず >>>

    Mblog 【MDB式“2014年ACL GS第5節・全北戦”プレビュー】 >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

14月 Mmarinos_2 全北現代戦前日公式練習&公式記者会見 >>>

    Mjleague 横浜F・マリノス vs 全北現代モータース:試合プレビュー >>>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15火 Mnews 俊輔 背水のACL全北戦へ気合「執着心見せる」  >>>

    Mnews 横浜斎藤エゴ捨てる、全北戦はシンプルに >>>

    Mnews 【ACL】横浜M斎藤、無謀ドリブル封印へ >>>

    Mnews リベンジだ!横浜M・斎藤、全北戦へ必勝宣言/ACL >>>

    Mjleague 電光石火の逆転劇、横浜FMが齋藤の2発で望みをつなぐ >>>

    Mjleague 誰もが驚くスーパーゴール、横浜FM齋藤「どんなふうに入ったのか…」 >>>

    Mjleague マンマークを逆手に取った横浜FM中村「逆においしい」 >>>

    M2ch_2 【ACL】齋藤学が殊勲の2ゴール!
       横浜FMが全北現代に逆転勝ちでG組は大接戦に >>>

    Mblog 【MDB式“2014年ACL GS第5節・全北戦”データボックス】 >>>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2014年3月後半の情報リスト <<   >> 2014年4月後半の情報リスト


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへB

2014年4月 7日 (月)

「ブラック・クローバー」 田畠裕基 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「ブラック・クローバー」です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の田畠裕基(たばた・ゆうき)は、“赤マルジャンプ2005WINTER”に「ガランス」が掲載されデビューとなり、J金未来杯エントリー作品として“本誌2011年37号”に「HUNGRY JOKER」が掲載されて本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「HUNGRY JOKER」 田畠裕基参照)。

 すると見事にJ金未来杯を受賞し、同名リニューアル版「HUNGRY JOKER」が“本誌2012年50号”から始まり連載デビューを果たすも(週刊少年ジャンプ新連載! 「HUNGRY JOKER」 田畠裕基参照)、24週で連載終了。

 そして本作にて、連載終了後初の作品発表となりました。


 内容の方は、魔法学校の落ちこぼれ少年ファンタジー漫画です。

 “魔法使いの故郷”クローバー島の学校で魔法を学ぶ、幼馴染のアスタ=スタリアとユノ=クロスリー。

 魔力を自在に扱う優等生なユノとは反対に、アスタは全く魔力を使えない落ちこぼれであるものの、アスタは“ユノはオレのライバルだ!”と主張していることもあって周りからバカにされる毎日。

 そして迎えた“魔道書(グリモワール)”の授与式、ユノは伝説の魔法帝も手にしたという“四つ葉のクローバー”の魔道書を授かったのに対し、アスタは魔道書をもらうどころか“留年”と判断されてしまい.....。


 【「ブラック・クローバー」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 【「田畠裕基」関連記事】

  > 「ブラック・クローバー」(ジャンプNEXT!! 2014 vol.2) (14.4.7)
  > 「ブラッククローバー」 田畠裕基 > 週刊少年ジャンプ新連載! (15.2.2)

  > 「HUNGRY JOKER」 田畠裕基 > 週刊少年ジャンプ読切! (11.8.21)
  > 「HUNGRY JOKER」 田畠裕基 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.11.10)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

「BONE HEAD」 春田隆行 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.3 2014年 8/15号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.3 2014年 8/15号 [雑誌]

集英社 2014-07-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.3”(2014年7月22日〈火〉発売)に掲載の読切作品が、「BONE HEAD(ボーン・ヘッド)です。

 作者の春田隆行は、「BONE HEAD」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2014年1月期)”の佳作&グランドトレジャー賞を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました(担当編集:村越)。

 なお、「Buster Hole」で“第2回少年ライバルコミック大賞”の激励賞、「鬼喰い」で“第3回少年ライバルコミック大賞”の激励賞、「Other Walker」で“第4回少年ライバルコミック大賞”の佳作&“少年ライバル月例コミック新人賞(2009年8月期)”の入選を受賞した春田隆行と同一人物である可能性があります(「Other Walker」はWeb掲載されています → 講談社『月刊少年ライバル』公式サイト)。


 内容の方は、新開発治療薬の材料ゲット冒険ファンタジー漫画です。

 どんな病気もたちまち治す魔法の薬を作ってくれるという噂を聞いて、魔法の薬局“ボーンヘッド”へとやって来た少年・チャド。

 店の主人・ヘルは、偽の万能薬でチャドをカモしようとしたものの、チャドがキノコノキ病で余命1日であることが分かると態度を一変し、チャドにキノコノキ病を始めとした難病の治療薬の処方箋(レシピ)を披露して、「助けてやるよオマエの命」と宣言。

 しかし、キノコノキ病の治療薬にはゴッド・ツリーの樹液が必要なため、ヘルとチャドはゴッド・ツリーのあるカカチチ島へと向かうことに.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

ようこそ… 世にも奇妙な 薬局へ――

★悪魔が作る魔法の薬…!? ファンタジー医療読切45P!!


 【「BONE HEAD」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年7月22日(火)~28日(月)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.3」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年7月22日(火)~28日(月)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことなどありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「春田隆行」関連記事】

  > 「魔女の13」 春田隆行 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.2 (15.4.23)

  > 「BONE HEAD」 春田隆行 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.3 (14.4.7)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.3」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.3」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.7.7)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年4月 6日 (日)

【MDB式“2014年J1リーグ第6節・新潟戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★4/6(日) J1リーグ第6節・アルビレックス新潟戦 (デンカS)

  △0-0 (前半0-0、後半0-0)  主審:松尾一  入場者数:21,132人

  .<得点> 0-0 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 榎本哲也が、マリノス所属時公式戦通算250試合出場を達成しました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ

 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー勝ちなし」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 2位>

  ・「アウェー無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「同一カード 無得点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「同一カード アウェー無得点」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>


 <記録ストップ>

  ・

  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 J1リーグ 第6節 終了時 : 7位 (前節 5位)
         < 3勝 1分 2敗  勝点 10 得点 7 失点 4 得失点差 +3 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (ハイライト動画) Youtube

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「激しくぶつかりあった一戦は、まさに痛み分けのスコアレスドロー

 (ゲキサカ) 「ポスト、クロスバーが“大活躍”…新潟対横浜FMはスコアレスドロー

 (ドメサカブログ) 「両チーム好機決められずスコアレスドロー
                       新潟は公式戦6戦負けなしに


 (カナロコ) 「鬼門で”雪辱戦”も、スコアレスドロー

 (スポニチ) 「斎藤 左ふくらはぎ痛から3試合ぶり復帰、不発に反省

 (日刊スポーツ) 「」

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「」


   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年3月後半)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年J1リーグ第6節・新潟戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

◎大阪杯&ダービー卿CT(2014年)穴馬予想&結果

< 4月6日(日)に行われる産経大阪杯(GII)ダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【産経大阪杯】

 阪神の芝2000mで行われる重賞(GII)です。

 キズナ(日本ダービー)、エピファネイア(菊花賞)、メイショウマンボ(オークス&秋華賞)と昨年のクラシックを制した馬が3頭も出走するので、当然のようにこの3頭に人気が集まっていますし、波乱なくこの3頭で決まってしまいそうでもあります。

 とはいえ、少数頭(8頭立て)で3強状態のレースではすんなりとその3頭で決まらないことの方が多いですし、3頭共に休み明けなので、あえて3頭以外の馬を狙っていくのも面白そうですね。

 それで他の5頭の中で2頭に狙いを付け、そのうち先行馬の方を選ぶのか、差し馬の方を選ぶのかで悩みましたが、ここは先行馬の方のトウカイパラダイスを◎にしてみましょう。

 この馬は、昨年以降は6戦して一度も連対がありませんでしたが、GIを除けば全て掲示板と安定した成績を残しています。

 そして、前走の中日新聞杯は5着ながら0.1秒差でしたし、前走も前々走も休み明け(前走は8ヶ月の休み明け)だったことを考えれば、一度叩かれた今回はさらに高い状態での出走が見込めそうです。

 それに、昨年のこのレースでは、2番手で先行してGI馬のエイシンフラッシュ(3着)と0.3秒差の4着に好走した実績もあるので、今年も先行策からの粘り込みを見せて、かつ展開が向くならば、3強に割って入る可能性は一番高くなるのではないかな~と思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  トウカイパラダイス / 柴山雄一 (3)

  << 複勝:◎ >>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ダービー卿チャレンジトロフィー】

 中山の芝1600mで行われるハンデ重賞(GIII)です。

 大阪杯とは打って変わっての大混戦で、しかもハンデ戦ということもあって予想はかなり難しいのですが、ここはブレイズアトレイルを◎にしてみましょう。

 この馬は、昨年の夏に3連勝してオープンまで上がって来たものの、その後は5戦して馬券に絡んだのは3着の1回だけと苦しんでいます。

 とはいえ、前走などは9着ながらわずか0.3秒差でしたし、馬体重+18kgで11着だったレースを除けばいずれも勝ち馬から0.4秒差以内と差のない走りを見せる安定感があります。

 となれば、昨夏に3連勝した時と同じマイル戦に代わることで、今回こそはそのわずかな差を詰めることが出来るのではないかと思い、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  ブレイズアトレイル / 藤岡康太 (14)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎東京スプリント(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎マリーンC(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

2014年4月 5日 (土)

「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2014年4月)

 「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」本編(ラジオ)&Podcastの、2014年4月のプレイリストです。

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)。

 内容を細かく書いてしまうと、これから聴く方の楽しみを奪ってしまうことになるので、話に出てくる主なキーワードを並べるだけにしてみました(ただ最近はある程度詳しく書くようになってきたので、未聴の方はネタバレにご注意ください)。


 / 放送日(収録日) / 本編 or P-C(Podcast) / 放送(収録)時間 /
 / “タイトル” / 「キーワード」(『』はメッセージ(メール)テーマ) /

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 半年前までに配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません


 NEXT >>> 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2014年5月)

 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2014年3月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2014年 4月 】


04/04 本編 (2:00:00) “「いいとも」フィナーレ&RPP計画始動”

 「"笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号"を振り返
 る&舞台裏(タモリ・さんま・とんねるず・ダウンタウン・ウッチャン
 ナンチャン・ナインティナイン・爆笑問題が一堂に揃う衝撃〈とん
 ねるずとダウンタウンの共演話はPodcast07.05.14参照〉)」「タモ
 リへのスピーチの真相」「"いいとも"の後継番組"バイキング"
 ("ノンストップ!"の隣のスタジオで収録なのでおぎやはぎと会っ
 て話す)」「かけたい曲対決(○日村:GOLDFINGER '99/郷ひろみ
  vs ×設楽:気づいたら片想い/乃木坂46)」『え、嘘なの!?』「下着
 を7枚(現在は10枚?)しか持っていない山﨑アナに日村がパンテ
 ィーをプレゼントするRPP(リアルパンティープレゼント)計画始動」
 「日村が実際に店でパンティーを購入した場面をジャニヲタが実
 況」「買ってきた下着披露」「日村から山崎アナへの手紙」「山崎
 アナへは設楽が手渡すことに」「日村が自分用に買ってきたパン
 ツをはく(写真に撮って手紙に添える?)」「くらえ! ひむたんビーム」
 「帰って来たクイズスピリッツ」「かけたい曲対決(×日村:まつり/
 北島三郎 vs ○設楽:さくら(独唱)/森山直太朗)」


04/04 P-C (0:54:39) “「笑っていいとも!」フィナーレ舞台裏話”

 「衝撃の"笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号"を
 振り返る」「打ち上げでリーダー(渡辺正行)と話す〈Podcast08.10
 .27参照〉」「ラママで司会する時のキンコメ高橋は攻撃的」「スピ
 ーチを品川に褒められる」「会場に来ていた芸能人(元レギュラ
 ー)」「"いいとも"で中心に入っていける人」(ローラの凄さ)「初出
 演エピソード(YOUと一緒に)」「レギュラー決定時の心境」「ヒロミ
 にビビる日村」「番組による立場(偉そうに出来るかペーペーか)
 の違い」「小学校の児童会長だった日村は凄い?」「後継番組
 "バイキング"の大変さ」「最近忙しい設楽("ノンストップ"の前に
 も仕事が入る)」「バカリズムとの番組"そんなバカなマン"」「"爆
 笑シャットアウト!"がまた放送延期に」「"いいとも"通常回ラスト
 のタモリのセリフ」

 「2014年4月4日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/11 本編 (2:00:00) “因縁の品川&山里が時間差で飛び入り”

  ・飛び入りで登場:品川祐(品川庄司)
              山里亮太(南海キャンディーズ)

 「今回の放送は生ではなく水曜に収録("バナナTV"ロケのため)」
 「たまたま通りかかった品川が飛び入り出演」「日村の呼称"たけ
 し"のきっかけとなったデートテクニックサイト〈閲覧注意〉で使わ
 れていた写真は品川のブログからの盗用だったことを本人に説
 明〈Podcast11.09.16参照〉」「隣のスタジオにいるJUNK収録前の
 山里へのドッキリ(過去に因縁ある品川が机の下から飛び出す)
 を計画も山里不在」「品川退場」「RPP計画の結果:月曜の"ノン
 ストップ"放送後に設楽が渡す(山崎アナ爆笑&好評)」「かけたい
 曲対決(○日村:「C」/中山美穂 vs ×設楽:サクラあっぱれーし
 ょん/でんぱ組.inc)」「山里登場(さっきは隠れていた)」「山里がも
 もクロ国立ライブで会った設楽の話を盛る騒動〈Podcast14.03.21
 参照〉を再現しつつ検証」「ネゴシックスが最近面白い?」「かけた
 い曲対決(×山里:泣いてもいいんだよ/ももいろクローバーZ vs
 ○日村:Wild Thing/X vs ×設楽:オーシャンゼリゼ/奇妙礼太郎
 トラベルスイング楽団)」「山里退場」「普通メールのコーナー」「日
 村はねずみがトラウマ&閉所恐怖症」「歯を治したことでゴムを噛
 めるようになったか山里のパンツのゴムで検証(山里再登場)」
 「山里のパンツを噛む日村(ゴムチオ)」「日村のパンツを噛む山
 里(日村袋)」「山里退場」「ヒムペキ兄さん(オナニー大会を再現
 した"ぐるぐるカーテン/乃木坂46"ヒムペキ女子禁制バージョン)」
 「日村が山﨑アナに見惚れている写真」「"オールスター感謝祭"
 での舘ひろしが小玉ネクタイPodcast14.01.17参照〉」「オークラ
 の肌はきれい」「帰って来たクイズスピリッツ」「かけたい曲対決
 (○日村:ゴーストバスターズ/レイ・パーカー・ジュニア vs ×設楽
 :気づいたら片想い/乃木坂46)」


04/11 P-C (0:20:37) “RPP計画&日村のチンコ露出話”

 「本編で品川・山里が時間差で飛び入り出演した場面を回顧」
 「本編でのゴムチオ(山里のパンツのゴムを日村が噛む)」「RPP
 計画(日村が買ったパンティーを設楽が山崎アナに渡す)の結果
 報告」「パンティー(大人のおもちゃ)を竹内アナや増田アナに渡
 してと言われたら」「MEGUMIの前でチンコを丸出しにしたことが
 ある日村(設楽が日村のズボンとパンツを脱がす)」「またやって
 ね、ばいばい」「Podcast収録後に"不毛な議論"へ乱入

 「2014年4月11日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/18 本編 (2:00:00) “盛り上がった「マジ歌選手権ライブ」”

 「先週本編の"因縁の品川&山里が時間差で飛び入り騒動"を
 回顧(改めて反省)〈Podcast14.04.11参照〉」「昨日は"マジ歌選
 手権ライブ"収録(盛り上がるパフォーマンス&舞台裏)」「生意気
 キャラの三四郎・小宮が裏(打ち上げ等)で先輩への挨拶なくひ
 んしゅく買う」「かけたい曲対決(○日村:ニューヨーク・ニューヨ
 ーク/フランク・シナトラ vs ×設楽:Shangri-La/パスピエ)」「先
 週の"バナナTV"海外ロケのおみやげ(エプロン&石鹸)をリスナ
 ーにプレゼント」「来週のスペシャルウィークは乃木坂46の白石
 ・橋本・松村がゲスト」『すっげえ興奮した!!』「山﨑アナが日村に
 もらった下着を着用〈Podcast14.04.11参照〉」「放送前にガネさ
 んが冷めた串揚げを持って来る」「ヒムペキ兄さん(下ネタ言う人
 よりも実際にセックスしている人の方がエロいということを熱く訴
 えかける"世界はそれを愛と呼ぶんだぜ/サンボマスター"ヒム
 ペキ心の叫びバージョン)」「帰って来たクイズスピリッツ(ボヤッ
 キー&ドロンジョ)」「くらえ! ひむたんビーム」「かけたい曲対決
 (○日村:走れ!Bicycle/乃木坂46 vs ×設楽:レット・イット・ゴー
 ~ありのままで~/松たか子)」


04/18 P-C (0:46:37) “「ゴッドタン」裏話&乃木坂46への質問案”

  ・急遽出演:桜井宗忠(スカイラブハリケーン)

 「盛り上がった"マジ歌選手権ライブ"」「中野サンプラザ」「"ゴッ
 ドタン"ならではのゲスト(アイドル&彼氏カップル)」「永井は"マジ
 ギライ1/5"のオーディションを担当」「ライブ当日の舞台裏話
 (サプライズ演出があるので大変)」「次にやりたい会場(武道館・
 代々木第一体育館)」「設楽が"ヒム子のお腹にりんごの絵"に苦
 言」「お笑いで武道館を経験した人」「どぶろっく」「会場のキャパ」
 「来週の本編は乃木坂46の白石・橋本・松村がゲスト」「スタジオ
 にいたスカイラブ桜井が急遽参加して乃木坂御三家について説
 明」「桜井が来週の放送で乃木坂に質問してほしいこと」「ひめた
 んへの質問を設楽が想像で回答」「来週の日村のNG事項」

 「2014年4月18日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/25 本編 (2:00:00) “乃木坂46とじっくり話してみよう”

  ・ゲスト:白石麻衣・橋本奈々未・松村沙友理(乃木坂46)
  ・生電話出演:森山直太朗

 「声枯れ日村(映画の撮影)」「設楽誕生日(テンション上がったド
 ロボーが"ハッピーバースデードロユー"歌う)」「設楽と同じ誕生
 日の森山直太朗が今年も恒例の生電話出演(設楽に"ハッピー
 バースデー"歌うもドロボーの"ドロユー"で邪魔される)」『乃木
 坂を感動させるメール』「白石・橋本・松村登場」「紹介ナレーシ
 ョン(御三家の説明)」「今でも日村のことが嫌い?(HK3)」「今回の
 組閣(生駒→AKB48, SKE48松井玲奈→乃木坂)についての想
 い&裏話」「新人メンバーへの対応」「センター騒動」「ヒムペキ兄
 さん乃木坂スペシャル(日村の乃木坂への想いを歌った"君の
 名は希望/乃木坂46"ヒムペキ君のお兄ちゃん希望バージョン)」
 「くらえ! ひむたんビームとさゆりんごパンチ」「帰って来たクイズ
 スピリッツ(乃木坂も参加)」


04/25 P-C (1:07:55) “乃木坂の可愛さ&ファン心理”

 「本編での乃木坂ゲストを振り返る」「乃木坂の可愛さのレベル」
 「日村の話を遮るオークラ」「小便の時も唸り声」「自分のコーヒ
 ーだけ買っていたオークラ」「今のアイドルと学生時代に付き合
 っていたら」「アイドルと付き合う年齢差」「オークラはナマズみた
 い」「収録後に乃木坂が言う陰口を想像(妄想でジョイマンを嫌い
 になった過去〈Podcast08.06.3008.08.2508.09.01参照〉」「設楽
 が有吉にゲスト出演を誘うも1万円問題を掘り返される〈Podcast
 08.08.04参照〉」「日村は最近日光で仕事(今日もこの後日光へ)」
 「乃木坂好きのスカイラブ桜井は今回スタジオに来れず〈Podca
 st14.04.18参照〉」「握手したくないファン心理(ブルーハーツの熱
 烈ファンなSPW小沢)」「"いいとも"大打ち上げで森口博子と一緒
 に写真を撮ってもらった日村」「ハワイで会ったウルフギャングさ
 んと写真を撮る」「日村が設楽にメガネをプレゼント」「出演レギュ
 ラー番組による誕生日祝いの違い」

 「2014年4月25日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2014年5月)

 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2014年3月) <<< PREV

東京03 10周年記念 悪ふざけ公演「タチの悪い流れ」 [DVD]東京03 10周年記念 悪ふざけ公演「タチの悪い流れ」 [DVD]

(セル特典ディスクにバナナマン出演シーン収録)

アニプレックス 2014-03-26
売り上げランキング : 778

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2014年の「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2013-2014年) (13.6.29)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2014年) (14.1.17)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2014年) (14.1.10)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年1月) (14.1.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年2月) (14.2.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年3月) (14.3.9)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年4月) (14.4.5)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年5月) (14.5.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年6月) (14.6.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年7月) (14.7.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年8月) (14.8.2)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年9月) (14.9.6)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年10月) (14.10.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年11月) (14.11.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2014年12月) (14.12.6)


 その他の年の「バナナムーンGOLD」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村    ラジオ番組 ブログランキングへ

「JACK DOCK DIAPER」 山田ヤマオ > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「JACK DOCK DIAPER(ジャック・ドック・ダイパー)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の山田ヤマオ(やまだ・ヤマオ)は、「JACK DOCK DIAPER」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年12月期)”の佳作を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「JACK DOCK DIAPER」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年4月 4日 (金)

【MDB式“2014年J1リーグ第6節・新潟戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★4/6(日) 13:00~ J1リーグ第6節・アルビレックス新潟戦 (デンカS)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今年のJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 5位 3勝 0分 2敗 勝点 9  7得 4失 得失 +3 」
  新潟  :「 8位 2勝 2分 1敗 勝点 8  4得 4失 得失 0 」

 昨年の新潟は、第10節を終えた時点で降格圏と差のない14位に低迷していましたが、エースである川又堅碁がゴールを量産するにつれてチームも結果が出るようになり、リーグ戦を5連勝で締め7位にまで順位を上げました。

 そしてチームの要であった川又とレオシルバの残留に成功した今シーズンは、開幕戦こそ仙台に勝利したものの、続く第2節ではG大阪に敗れリーグ6連勝&リーグ戦ホーム9連勝でストップされるなど、5試合で2勝のみと昨年終盤の猛烈な勢いはない感じです。

 とはいえ、(マリノスも昨年に苦戦した)中盤での激しいプレスを中心としたサッカーは相変わらずで、リーグ戦5試合で4失点&2試合連続無失点中と守備の堅さも健在となっています。

 なお、マリノスが今週水曜にACLの試合(ホーム)があったのに対し、新潟も同じ水曜にナビスコカップ(ホーム)を戦っています(名古屋と3-3で引き分け)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 新潟戦は、公式戦通算で「10勝 5分 9敗」、リーグ戦通算で「8勝 3分 9敗」とほぼ五分の成績ですが、リーグ戦ホームで「6勝 1分 3敗」、アウェーでは「2勝 2分 6敗」と、お互いにホームの成績が良い傾向です。

 特にここ最近のマリノスはアウェーで新潟になかなか勝てていなくて、2008年以降のリーグ戦では「0勝 2分 4敗」と、6年間も勝利がありません(ナビスコカップのアウェーでは2戦2勝)。

 それに新潟といえば、勝てば優勝という状況で観客動員が6万人を超えた昨年の第33節(ホーム)で成す術なく完敗した印象が強いため、マリノスにとってはかなり苦手な相手といえそうですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!
   * リーグ戦のみの記録

 ★今回の試合で負けると........
   > 3試合“同一カード 連敗”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 7試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位)

 ★今回の試合で3失点以上だと........
   > 2試合連続“3失点以上”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 3試合連続“同一カード 無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)
   > 3試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算250試合出場を達成します。

 藤田祥史が出場すると、マリノス所属時公式戦戦通算50試合出場を達成します。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 藤本淳吾が3得点すると、Jリーグ通算50ゴールを達成します。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算59ゴールとなり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(03-06)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代13位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は14位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!

 この試合に敗れると、リーグ戦通算250敗まで残り2敗となります。

 この試合に勝利すると、樋口靖洋がマリノスの監督としてリーグ戦通算35勝となり、アスカルゴルタ(97-98)を抜いてマリノス歴代単独4位となります(退席処分・ベンチ入り停止の試合も含めた記録)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、これからリーグ戦では新潟・仙台・柏とここ数年勝てていないチームとの対戦が続きますが(新潟だけは勝てていないのはアウェーのみ)、ここで結果を残すことが出来ないとその後もズルズルといってしまいそうなので、まずは苦手な新潟アウェーで勝利して勢いを付けたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムやテレビの前で応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス: なし、 新潟: なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:

 【対戦相手の元所属選手】  Y = ユース、JY = ジュニアユース
           マリノス: 三門雄大
           新潟: 小泉慶(JY)

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  新潟オフィシャル

 【チケット情報】  新潟オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 試合当日まで追記していきます
   > 「サッカー日本代表候補に斎藤学 心境変化「明確な目標」」 (4/4)
   > 「負傷の横浜斎藤も選出 誕生日前日に朗報」 (4/4)
   > 「[新潟]有言実行の小泉慶、今節の横浜FM戦に闘志を燃やす」 (4/4)

   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年3月後半)


 【TV中継】 (生) 4/06(日) 12:50~  スカチャン0

        (録) 4/06(日) 29:00~  スカチャン1

            4/08(火) 16:40~  スカチャン2

            4/09(水) 11:00~  スカチャン1
            4/09(水) 21:45~  J SPORTS 3

            4/10(木) 19:15~  スカチャン3

            4/11(金) 15:45~  J SPORTS 3

            4/12(土) 10:40~  スカチャン0

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2014年J1リーグ第6節・新潟戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

「宇宙観光シーアーク」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「宇宙観光シーアーク(うちゅう・かんこう・シーアーク)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の戸塚慶文(とづか・よしふみ)は、東京デザイナー学院出身で、「宇宙観光シーアーク」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年12月期)”の準入選を受賞。

 そしてその受賞作が今回掲載されてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「宇宙観光シーアーク」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「戸塚慶文」関連記事】

  > 「超重課金バンガード」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.10)

  > 「宇宙観光シーアーク」 戸塚慶文 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2 (14.4.4)


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年4月 3日 (木)

『黒富士』 柄澤齊 > 「このミス」完全読破 No.734

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.734

 『黒富士』 柄澤齊

   「このミス」2015年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.3.19~ 読終:2014.3.29

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2013年12月>

黒富士黒富士
柄澤 齊

新潮社 2013-12-20
売り上げランキング : 54747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 柄澤齊は、木口木版画を中心に多様な作品を手掛けている、日本を代表する木版画家です。

 そんな高名な美術家が、2002年に小説作品(しかも本格ミステリ小説)を発表すると、下野文学大賞を受賞し、「このミス」で8位、「週刊文春ミステリーベスト10」で9位にランクインするなど、(全くの他分野で活躍している人物の作家デビュー作としては)異例の高評価を受けたのですね。

 それでもやはり本職は木版画家なので、その後に作家としての活動は(表に見える形では)なかったのですが、本作にて11年ぶりとなる待望の小説第二作目の発表となったのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 空木蓑太は、俳句の師匠でもあった亡き父に頼まれたある物を届けるため、富士の裾野にある山峰苑へと向かう途中、道に迷った挙句にノラ犬に襲われ気絶。

 目覚めてみると、謎の老女三人組に助けられていて、しかも蓑太が寝かされていたのはラーメン屋の仕込み小屋だとわかり.....。

 といった感じで物語は始まるのですが、そこから主人公が出逢っていくのは、いずれもがぶっ飛んだ性格や言動や容姿を持つエキセントリックな人物たちで、しかも主人公が次々に訪れることになるのは、(それぞれの特徴は大きく異なるにも関わらず)禍々しいほどの豪華さで外連味たっぷりに装飾されたようなとんでもない舞台(建物や景観)ばかりなのです。

 そういった人物や舞台が、色鮮やかながら異様で混沌とした前衛的芸術性を感じさせて視覚はおろか嗅覚をも刺激してくるという、文章から三次元のイメージが湧き上がって来るほどの美術家らしい表現方法によって演出されているので、読み始めれば得体の知れないパワーに圧倒させられ続けること間違いなしです。

 ただやはり、そういった作品舞台や状況の説明描写に多くの筆が割かれていることもあり、ストーリーの進みは遅めですし、常に芸術性が高くて想像するのが難しい作中のイメージを頭の中で描きながら読まなければならないため、スイスイと読み進められるようなタイプではないですし、物語を理解するのも難解なのではないでしょうか。

 現に自分もなかなかページが進まず読むのに苦労したのですが、それでも本作でしか味わうことが出来ないであろう想像の限界を超えた世界観にわけも分からず魅了されて、圧巻のクライマックスでは“こりゃとんでもないものを読んでしまった!!”と感銘を受けたほどなので、積極的にはお薦めできないものの、常道や王道から外れたアバンギャルドな作品を読んでみたいという人には本作をお薦めしたいですね。


> 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★       鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★      おどろおどろ度 : ★★★
 熱アクション度  : ★★★      主キャラ魅力度 : ★★★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★★      人間味ドラマ度 : ★★
 下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★★★★    気軽に読める度 : ★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


 「波形の声」長岡弘樹 <<< PREV/NEXT >>> 「殺意の構図 探偵の依頼人」深木章子

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

「地上最強のX」 巳コ柊 > ジャンプNEXT!! 2014 vol.2

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014 vol.2 2014年 6/1号 [雑誌]

集英社 2014-05-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!!(ネクスト) 2014 vol.2”(2014年5月7日〈水〉発売)に掲載の読切作品が、「地上最強のX(ちじょう・さいきょうの・エックス)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の巳コ柊(みこ・ひいらぎ)は、「宇宙人がいっぱい!」で“第13回 Supreme Comic大賞 seasonII(2013年1月)”の最終候補、「バケジョ。」で“第4回 クラウン新人漫画賞(2013年6月)”の最終候補まであと一歩、「不吉の顔」で“第6回 クラウン新人漫画賞(2013年8月)”の最終候補と、“ジャンプSQ.”の新人漫画賞において短期間で3度も受賞一歩手前の位置に。

 そして、「地上最強のX」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2013年12月期)”の準入選&グランドトレジャー賞を受賞し、その受賞作が今回掲載されてデビューとなりました。


 内容の方は、後ほど追記します。


 【「地上最強のX」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~5月13日(火)
  


 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2014年5月7日(水)~13日(火)

  * この投票結果が良かったからといって
   何らかに影響を及ぼすことはありませんので
   “知人への応援”など私情による投票はおやめください。
   対象全作品を読んだ方のみご投票ください。
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT!! 2014 vol.2」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (14.5.2)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」増刊収録読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

2014年4月 2日 (水)

【MDB式“2014年ACL GS第4節・メルボルンV戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、横浜F・マリノスの試合の情報・データ集です!

 ★4/2(水) AFCチャンピオンズリーグ
      グループステージ 第4節・ メルボルン・ビクトリー戦 (横浜国際)

  ○3-2 (前半2-1、後半1-1)
         主審:アンマル アリ アルジネイビ  入場者数:7,395人

  .<得点> 0-1 ジェームス・トロイージ  (メル・前半07分)
          1-1 伊藤翔           (横浜・前半21分)
          2-1 中町公祐          (横浜・前半27分)
          3-1 兵藤慎剛          (横浜・後半44分)
          3-2 ジェームズ・ジェッゴ   (メル ・後半47分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】

 兵藤慎剛が、ACLグループステージ通算1回目の警告を受けたため、次にACLグループステージで警告を受けると、1試合の出場停止処分となります(出場停止の対象試合はACLのみ)。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】

 榎本哲也が、マリノス所属時公式戦通算250試合出場達成にリーチとなりました。

  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】

 ACL グループステージ 第4節 終了時 : 4位 (前節 4位)
         < 1勝 1分 2敗  勝点 4 得点 4 失点 7 得失点差 -3 >

  <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】

  * 情報が出次第、追記していきます
    (スポーツ新聞記事は試合翌日に誌面版に差し替え)

 (オフィシャル) 試合データ

 (オフィシャル) 試合レポート

 (監督コメント) Jリーグ公式サイト

 (選手コメント) Jリーグ公式サイト

 (J's GOAL) 「横浜FMが相手の拙守を突き、リベンジに成功!
           グループリーグ突破の可能性を残す

 (ゲキサカ) 「崖っぷちの横浜FM、望みをつなぐ逆転勝利

 (ドメサカブログ) 「【ACL】横浜FMが逆転でメルボルンを下し今大会初勝利!
              グループリーグ突破へ望み


 (カナロコ) 「薄氷の勝利/ACL1次リーグから

 (カナロコ) 「伊藤がアジア初得点/ACL1次リーグから

 (スポニチ) 「横浜 ACL9年ぶり白星!決勝T進出へ望みつなぐ

 (日刊スポーツ) 「横浜、中東の笛に耐えホームで逆転初勝利

 (スポーツ報知) 「横浜M、3234日ぶり勝った!決勝T進出へ望み

 (サンスポ) 「横浜M、3発で4戦目初勝利!俊輔「勝ったのは大きい」

   > ☆マリノス関連ネット情報リスト(2014年3月後半)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  > 【MDB式“2014年ACL GS第4節・メルボルンV戦”プレビュー】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

★記事別アクセス数ランキング(2014年3月)

【 2014年3月の記事別アクセス数ランキング 】

 * 対象期間:2014年3月1日~31日
 * ■(しかく)をクリックすると当ブログの該当記事が開きます
 * アクセス数は訪問者数(UU)ではなく訪問回数(PV)
 * (矢印・数字)は先月との順位比較・先月順位
 * (年月日)は記事の更新日


01位 (↑ 08)
Jump_3 「TOKYO WONDER BOYS」 下山健人 伊達恒大 > 週刊少年ジャンプ新連載! (2/3)

02位 (↑ 04)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 おすすめ回リスト(2011-2012年) (13.1/28)

03位 (↑ 16)
Konomisu 『宰領 隠蔽捜査5』 今野敏 > 「このミス」完全読破 No.661 (13.6/28)

04位 (↑ 07)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 簡易版ゲスト出演回リスト(配信順) (12.3/13)

05位 (↑ 10)
Banana 「バナナマンのバナナムーンPodcast」 おすすめ回リスト(2009-2010年) (12.7/30)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06位 (← 06)
Megane 「おぎやはぎのメガネびいき Podcast」 簡易版ゲスト出演回リスト(配信順) (13.5/1)

07位 (↓ 05)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト (11.11/30)

08位 (↑ 12)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 おすすめ回リスト(2013-2014年) (13.6/29)

09位 (↑ 40)
Konomisu 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年3月) (2/26)

10位 (NEW)
Jump_3 「不屈ノWB」 森田大之 > ジャンプNEXT! 2014 vol.1 (3/3)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11位 (↓ 01)
Jump_3 「i ・ショウジョ」 高山としのり > 週刊少年ジャンプ新連載! (2/2)

12位 (NEW)
Jump_3 「PEACH PLUCK」 木村勇治 > 週刊少年ジャンプ読切! (3/17)

13位 (↑ 15)
Megane 「おぎやはぎのメガネびいき Podcast」 おすすめ回リスト(2006-2007年) (13.5/16)

14位 (NEW)
Jump_3 「レディ・ジャスティス 人生最悪の日」 荻野ケン > ジャンプNEXT! 2014 vol.1 (3/5)

15位 (↑ 17)
Banana 「バナナマンのバナナムーンPodcast」 おすすめ回リスト(2007-2008年) (12.5/28)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16位 (NEW)
Jump_3 「それいけ!隠しコマンド課」 臼井彰一 > ジャンプNEXT! 2014 vol.1 (3/3)

17位 (↑ 21)
Jump_3 週刊少年ジャンプ読切! 「ゴブリンナイト」 屋宜知宏 (12.7/28)

18位 (↑ 111)
Jump_3 「帰ってくれアラトラマン」 野々上大二郎 > ジャンプNEXT! 2014年 Vol.1
 (2/17)

19位 (↓ 14)
Konomisu 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年2月) (1/25)

20位 (↑ 27)
Jump_3 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2013年) (1/29)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

21位 (NEW)
Jump_3 「永久不滅デビルポイント」 篠原健太 > 週刊少年ジャンプ読切! (3/24)

22位 (NEW)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2014年3月) (3/9)

23位 (↑ 28)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2014年2月) (2/8)

24位 (↓ 18)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 簡易版プレイリスト(2012年) (12.1/9)

25位 (↓ 23)
Banana 「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 簡易版プレイリスト(2013年) (13.1/7)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26位 (NEW)
Marinos 【MDB式“2014年J1リーグ第5節・鹿島戦”データボックス】 (3/29)

27位 (↑ 143)
Jump_3 「ベストブルー」 平方昌宏 > ジャンプNEXT! 2014年 Vol.1 (2/16)

28位 (↑ 1208)
Jump_3 「メメシーナ・バンビーノ!」 近藤俊太 > ジャンプNEXT! 2014年 Vol.1 (2/28)

29位 (↓ 22)
Konomisu 「このミス2015年版」上半期のランクイン候補作品 (2/14)

30位 (↑ 36)
Konomisu 「警察小説!ベスト5(2009-2014年版)」 > 「このミス」完全読破・700冊突破記念企画 (1/16)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> ★記事別アクセス数ランキング(2014年4月)

 ★記事別アクセス数ランキング(2014年2月) <<< PREV


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村     人気ブログランキングへ

2014年4月 1日 (火)

◎東京スプリント(2014年)穴馬予想&結果

< 4月2日(水)に行われる東京スプリント(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 * 当ブログでは、2013年12月から複勝が最低でも2倍以上付きそうな馬の複勝を狙うようにしています

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京スプリント】

 大井のダート1200mで行われる交流重賞(JpnIII)です。

 短距離交流重賞は、昨年のこのレースの覇者がラブミーチャンだったことからもわかるように、地方馬が馬券に絡んでくる割合が非常に高いです。

 そして今回も、セイントメモリー・ジェネラルグラント・ナイキマドリードなど一線級の南関馬が参戦するので、レースを観るのが楽しみである一方、予想は難しいですね。

 それでここは、あえて中央馬のセレスハントを◎にしてみましょう。

 この馬は短距離交流重賞の常連で、交流重賞を4度制した実績があるものの、馬券圏外の時の方が多いのでいつも(中央馬の割には)脇役的存在なのですが、このレースに限っては1着・4着・3着と(この馬にしては)安定して結果を出しています。

 それに前走の交流重賞・黒潮賞(1400m)では、結果は4着だったもののゴール直前に(3着馬に)差されてしまったものですし、ここ2年間で馬券に絡んだのは全て1200mだったことを考えれば(1200mである)今回は最後まで脚を伸ばす可能性がありそうなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎  セレスハント / 福永祐一 (7)

  << 複勝:◎ >>


  >>> ◎穴馬競馬予想・月別結果まとめ(2014年4月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ◎マーチS&高松宮記念(2014年)穴馬予想&結果 <<< PREV

  NEXT >>> ◎産経大阪杯&ダービー卿CT(2014年)穴馬予想&結果


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    単勝・複勝(競馬) ブログランキングへ

『波形の声』 長岡弘樹 > 「このミス」完全読破 No.733

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.733

 『波形の声』 長岡弘樹

   「このミス」2015年版 : 81位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2014.3.23~ 読終:2014.3.25

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2014年2月>

波形の声 (徳間文庫)波形の声 (徳間文庫)
長岡 弘樹

徳間書店 2017-02-03
売り上げランキング : 397152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 補助教員として1ヶ月半限定で小学校のクラスを受け持っている谷村梢は、普段はほとんど喋らない生徒・中尾文吾から、学校のとある先生がスーパーで万引きしている姿を見てしまったと告白される。

 文吾がクラスメイトからイジメを受けているらしいこともわかったので、万引き目撃の詳細を聞く目的もあり、放課後に文吾の家を訪問するも、留守だったため会わずに帰ることに。

 するとその日の夜、文吾が自宅で侵入者に首を絞められ病院に運ばれたと連絡が入り、さらには文吾が襲われる直前に「谷村先生」と口にしていたことが判明したため、梢が犯人ではないかと疑われてしまい.....。(「波形の声)


 外を出歩く時は普段手離せない補聴器を外し、運転に不安を感じながらも車通勤を止めないなど、見栄を張った生活を送っている、現在82歳の須貝欣一。

 その理由は、10年前に欣一の家の斜向かいに引っ越してきた、甲子園出場をかけて最終回まで投げ合った相手高校のピッチャー・瀬川兵輔へのライバル心によるもので.....。(「宿敵」)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「波形の声」「宿敵」「わけありの街」「暗闇の蚊(モスキート)」「黒白の暦」「準備室」「ハガニアの霧」の7編から成る短編集です。

 シリーズ短編や連作集ではなく、物語や人物に繋がりなどないノンシリーズの短編集なので、単行本の裏帯に書かれている各話のちょっとしたあらすじ等を見て、気になった話から読んでみるのもいいのではないでしょうか。

 長岡弘樹がこれまで発表してきた4作品のうち長編作品は1作のみで、「このミス」で(2014年版までに)ランクインした作品も短編集(No.287「傍聞き」)と連作集(No.667「教場」)であることからもわかるように、まさに短編ミステリの職人とでも言うべき作家なのですが、本作でも短編ミステリとしての読み味が抜群の作品が勢ぞろいとなっています。

 短いページ数の中で、まずグイッと惹き付けられるエピソードが披露され、そこからストーリーが進められていく中に魅力的な謎が散りばめられ、いくつもの伏線が見事に回収される終盤で驚くべき真相が明かされ、熱く胸を打つドラマ性が浮かび上がってくるという、短編ミステリのお手本とも言うべき面白さを堪能できるのですね。

 ただ、「このミス」にランクインした2作と比べてしまうと、ドラマ性にしてもミステリトリックにしても強く印象に残るようなインパクトはそこまでなかったように感じたので、昨年(2013年)に発表した「教場」が「週刊文春ミステリーベスト10」1位&「このミス」2位にランクインした大傑作だったことから本作にも期待を必要以上に高めすぎることなく、この職人技が光るミステリ短編集を味わうべきだと思います。


> 個人的評価 : ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆


 本格ミステリ度  : ★★★★    鬼畜グログロ度 : ★★
 ビックリ驚愕度  : ★★★      おどろおどろ度 : ★★
 熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力度 : ★★
 恋愛ラブラブ度 : ★★       人間味ドラマ度 : ★★★★
 下ネタエッチ度 : ★★       感涙ウルウル度 : ★★
 衝撃バカミス度 : ★        気軽に読める度 : ★★★★★

 * 個人的評価は、減点方式ではなく加点方式となっています
  <個人的評価&項目別評価>の詳しい説明・評価基準は
  「このミス」完全読破 説明&読破本リストにてご確認ください


  【 “長岡弘樹” 関連記事 】

  > No.886 「教場2」
  > No.733 「波形の声」
  > No.667 「教場」
  > No.287 「傍聞き」


 「首折り男のための協奏曲」伊坂幸太郎 <<< PREV/NEXT >>> 「黒富士」柄澤齊

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ