サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『ペテロの葬列』 宮部みゆき > 「このミス」完全読破 No.715 | トップページ | 「E-Robot」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ読切! »

2014年1月20日 (月)

「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切!

少年ジャンプ 2014年2月10日号少年ジャンプ 2014年2月10日号(No.9)
集英社

集英社 2014
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプ2014年9号(2014年1月27日<月>発売)に掲載の読切作品が、「放課後・オブ・ザ・デッド」です。

 主人公の顔画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の渡邉築(わたなべ・きずく)は、2010年に読切版「メルヘン王子グリム」を2度掲載した後、2011年12号から始まった「メルヘン王子グリム」で連載デビューを果たすも(週刊少年ジャンプ新連載! 「メルヘン王子グリム」 渡邉築参照)、わずか18週で打ち切りに。

 続いて“本誌2012年18号”に読切版「恋するエジソン」を掲載し(週刊少年ジャンプ読切! 「恋するエジソン」 渡邉築参照)、2013年10号から始まった「恋するエジソン」で2度目の連載を果たすも(週刊少年ジャンプ新連載! 「恋するエジソン」 渡邉築参照)、今度は25週で打ち切りに。

 そして本作にて、連載終了以来半年ぶりとなる作品発表&本誌登場となりました。

 なお、赤塚賞受賞作がそのまま掲載された「重装思春機兵ティーンエイザー」を除けば、発表した新作読切が2作共に連載に結びついていて、現在100%の連載率(読切→連載)となっているので、本作で3連続となるのかどうかも注目点ですね。

 ちなみに、前号巻末でも予告されていたので本来の意味での代原(予告なしに急遽休載した連載作品の代わりに掲載される読切作品)ではないのですが、“作者の左手骨折治療による「ワールドトリガー」休載”のお知らせが今号掲載の隣ページに載っていたことや(「ワールドトリガー」の休載は前号でも告知あり)、連載経験作家なのにセンターカラーではなかったこと、扉絵の煽りや1ページ目の柱部分に「突然復帰の.....」「急遽帰って来た.....」と書かれていることなどから、代原に近い掲載であったことが窺えます。


 内容の方は、ゾンビが溢れる街中へ買物決行ギャグ漫画です。

 死者が蘇りゾンビとなり、そのゾンビに噛まれた人間たちもゾンビとなって、ゾンビが溢れかえり地獄と化した世界。

 高校の二階に籠城して約十日が経っている高校生数人が、隣町のストアまで食料を取りに行く人を決めるためにくじ引きをしたところ、史郎が当たりのくじを引いてしまうことに。

 ゾンビの群れがはびこる街中へ一人で行くのは危険なので、一度はゾンビ化したものの自力でゾンビウイルスに打ち勝ち人間の心を取り戻したという助っ人の生野くんが同行することになったものの、その生野くんはどう見てもゾンビそのものにしか見えなくて.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

☆急遽帰ってきた!! 渡邉築の笑い死に必至ゾンビギャグ読切17P!!


 【「放課後・オブ・ザ・デッド」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2014.1.27~2.2
    

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「渡邉築」関連記事】

  > 「殺せんせーQ(2016年16号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.14)
  > 「殺せんせーQ(2016年10号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (16.2.2)
  > 「殺せんせーQ(2016年01号出張版)」 松井優征/渡邉築/青戸成
     > 週刊少年ジャンプ読切! (15.12.5)

  > 「放課後・オブ・ザ・デッド」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (14.1.20)

  > 「恋するエジソン」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.2.1)
  > 「恋するエジソン」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.3.31)

  > 「重装思春機兵ティーンエイザー」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.11.21)

  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 <JC1巻買い>  (11.7.6)
  > 「メルヘン王子グリム」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ新連載! (11.2.20)
  > 「メルヘン王子グリム(41号版)」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.9.13)
  > 「メルヘン王子グリム(19号版)」 渡邉築 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.4.12)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2014年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 『ペテロの葬列』 宮部みゆき > 「このミス」完全読破 No.715 | トップページ | 「E-Robot」 山本亮平 > 週刊少年ジャンプ読切! »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ