サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年1月) | トップページ | >>MDB的コンピCD<< 「この邦楽シングルを聴け!2013年」 »

2013年12月26日 (木)

【MDB式“2013年天皇杯準決勝・鳥栖戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★12/29(日) 13:00~ 天皇杯 準決勝・サガン鳥栖戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  2位 18勝 8分 8敗  勝点 62  49得 31失 得失 +18 」
  鳥栖  :「 12位 13勝 7分 14敗  勝点 46  54得 63失 得失 -9 」

 鳥栖は、初のJ1参戦となった昨年にリーグ戦5位&最少失点数リーグ3位といきなり大躍進を遂げました。

 しかし2年目となる今年は、シーズン序盤から自慢の守備が崩壊気味となり、開幕からの9試合でわずか1勝、14試合終了時でもまだ2勝と結果が出ず、一転して残留争いに加わることに。

 しかし、GKに怪我が相次ぐピンチの中で清水からGK・林が加入すると状況は一転し、鳥栖での初出場試合で連敗を止めただけでなく、そこから3連勝&6試合負けなし(5勝 1分 0敗)と結果が出始め、その後は3連敗したものの、続く第30節から4連勝&最終節まで5試合負けなし(4勝 1分 0敗)で最終5節ではわずか2失点と、昨年の強さが終盤で復活。

 しかもその終盤では優勝争いを繰り広げていたC大阪・浦和・鹿島に勝利していますし、天皇杯でも4回戦ではリーグ最終順位4位のC大阪、準々決勝では3位の川崎Fを破って準決勝に駒を進めているので、シーズン終盤だけ見れば現在Jリーグ最強といえるかもしれませんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 鳥栖は昨年にJ1初昇格となったこともあり、リーグ戦ではまだ4試合しか対戦していません。

 昨年の第3節で対戦したアウェーゲームでは●0-1で敗れたものの、最終節のホームゲームでは逆に○1-0で勝利。

 そして今年はアウェーで○1-0勝利、ホームで○2-1勝利ということで、現在3連勝中と相性は良いですが、ここまで4試合は全て1点差の接戦となっています。

 なお、天皇杯ではこれまでに2度対戦していて、2008年には準々決勝(ベアスタ)で当たり○3-1で勝利、2010年には3回戦(ニッパ球)で当たり○2-1で勝利。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算238試合出場となり、川口能活(94-01)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算24試合出場となり、上野良治(94-07)を抜いてマリノス歴代単独3位となります。

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算23試合出場となり、上野良治(94-07)・栗原勇蔵と並びマリノス歴代3位タイとなります(栗原勇蔵も出場した場合は4位タイ)。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算22試合出場となり、中村俊輔と並びマリノス歴代5位タイとなります(中村俊輔も出場した場合は6位のまま)。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算18試合出場となり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時天皇杯通算17試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)・小椋祥平と並びマリノス歴代10位タイとなります(小椋祥平も出場した場合は11位タイ)。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算17試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)・小椋祥平と並びマリノス歴代10位タイとなります(小椋祥平も出場した場合は11位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、天皇杯は3年連続での準決勝進出、そして今年はナビスコカップに続いてのカップ戦準決勝進出となりましたが、いずれも決勝まで進むことが出来ていないので、相手は強いですが今度こそ鬼門を突破したいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:小林祐三、 鳥栖:なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス:富澤清太郎、小椋祥平、藤田祥史

 【怪我等で欠場予定】  マリノス: マルキーニョス(帰国)ジョン ドンホ(帰国)

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【チケット情報】  日本サッカー協会

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 情報が出次第、追記していきます
   > 「横浜 天皇杯ベスト4の壁はセットプレーで破るぞ!」 (12/29)
   > 「中村俊輔、鳥栖戦で「年越し弾」決める」 (12/29)
   > 「【横浜M】俊輔FK弾で21年ぶり決勝だ!29日天皇杯鳥栖戦」 (12/29)
   > 「横浜M“3度目の正直”J発足後初の決勝進出へ」 (12/29)

   > 「【横浜】樋口監督「来季への視界も」」 (12/28)
   > 「横浜M:気合十分な奈良輪、29日に天皇杯準決勝」 (12/28)
   > 「横浜 鳥栖対策万全!ファビオを仮想・豊田で紅白戦」 (12/28)
   > 「横浜栗原「鳥栖に勝ち、広島に倍返し」」 (12/28)
   > 「【横浜M】決勝進出へ鳥栖・豊田対策徹底」 (12/28)

   > 「[横浜FM]栗原勇蔵が目指す“完璧”。「豊田(陽平)を何度抑えても
       誰も褒めてくれないけど、一度でもやられたらいろいろ言われる。
        そうならないように全部抑えないといけない」」 (12/27)
   > 「【横浜】DF栗原「1回やられたらダメ」」 (12/27)
   > 「横浜 天皇杯鳥栖戦のポイントは“豊田つぶし”」 (12/27)
   > 「初の決勝進出へ!横浜M・富沢、チームをけん引」 (12/27)

   > 「[横浜FM]ベスト4の他3クラブとは全てリーグ戦2勝。それでも
        樋口靖洋監督は「終盤戦で一番調子がいいのは鳥栖」と警戒」 (12/26)
   > 「俊輔に100万円特製キラキラスパイク」 (12/26)

   > 「【横浜】樋口監督「ジンクス破りたい」」 (12/25)

   > ★マリノス関連ネット情報リスト(2013年12月後半)


 【TV中継】 (生) 12/29(日) 13:05~  NHK総合

        (録) 12/29(日) 18:00~  スカチャン0

            12/30(月) 08:30~  スカチャン0
            12/30(月) 16:00~  スカチャン0
            12/30(月) 20:00~  NHK BS-1
            12/30(月) 25:30~  スカチャン1

            12/31(火) 09:30~  スカチャン1
            12/31(火) 16:00~  スカチャン1

            01/01(水) 06:00~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2013年天皇杯準決勝・鳥栖戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 「このミス2015年版」月別ランクイン候補作品(2014年1月) | トップページ | >>MDB的コンピCD<< 「この邦楽シングルを聴け!2013年」 »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ