サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【東京シンデレラマイル(2013年)予想&結果】 | トップページ | 【東京2歳優駿牝馬(2013年)予想&結果】 »

2013年12月30日 (月)

【MDB式“2013年天皇杯決勝・広島戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★1/1(水・祝) 14:00~ 天皇杯 決勝・サンフレッチェ広島戦 (国立)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 2位 18勝 8分 8敗  勝点 62  49得 31失 得失 +18 」
  広島  :「 1位 19勝 6分 9敗  勝点 63  51得 29失 得失 +22 」

 昨年にJ1を制した広島は、今年はACLと並行してのリーグ戦となったことも影響してか、開幕から5試合で2勝止まりで(2勝 1分 2敗)、その後もなかなか勝ち点3を積み重ねることが出来ず、序盤は中位に位置していました。

 しかし、第11節から3連勝し、引き分けを一つ挟んで今度は5連勝(9試合負けなし)と昨年の勝負強さが復活して、優勝争いに加わることに。

 そして、残り2試合を残した時点で首位のマリノスと勝ち点5差の3位に位置して、優勝は厳しい状況となっていたのですが、そこからマリノスが2連敗、広島が2連勝となったことから、最終節での逆転優勝でリーグ2連覇を達成。

 天皇杯では、準々決勝で甲府、準決勝でFC東京といずれも延長戦の末のPK戦で破り、6年ぶりの決勝進出を果たしています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 広島戦は、公式戦通算で「35勝 6分 17敗」、リーグ戦通算で「27勝 4分 12敗」と大きく勝ち越しています。

 ここ最近では、広島がJ1に復帰した2009年から3年間のリーグ戦は「1勝 1分 4敗」で負けた試合は全て3失点以上と相性は悪かったのですが、広島が森保監督に変わった昨年以降は「3勝 1分 0敗」と逆に相性が良くなっていますね(通算では現在5試合負けなし中)。

 天皇杯では1993・1994・2002・2003年に対戦していて、「2勝 0分 2敗」の五分となっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時公式戦通算239試合出場となり、川口能活(94-01)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算25試合出場となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代2位タイとなります。

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算23試合出場となり、栗原勇蔵と並びマリノス歴代3位タイとなります(栗原勇蔵も出場した場合は4位のまま)。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算22試合出場となり、上野良治(94-07)・中村俊輔と並びマリノス歴代4位タイとなります(中村俊輔も出場した場合は5位タイのまま)。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算18試合出場となり、小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)と並びマリノス歴代7位タイとなります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時天皇杯通算18試合出場となり、坂田大輔(01-10)・小椋祥平と並びマリノス歴代9位タイとなります(小椋祥平も出場した場合は10位タイ)。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算18試合出場となり、坂田大輔(01-10)・小椋祥平と並びマリノス歴代9位タイとなります(小椋祥平も出場した場合は10位タイ)。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算14試合出場となり、井原正巳(93-99)・田中隼磨(00-02,04-08)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、21年ぶりとなる決勝の舞台ですが、1983~1992の10年間で6度も優勝するなど“天皇杯の日産”と言われていたほど天皇杯で強かったのに、Jリーグが開幕した1993年以降は優勝どころか決勝にさえ進むことが出来ていなかったので、マリノスにとってこの舞台に立つことは特別な想いがありますし、まさに“長年の宿願・悲願”でした。

 ただそんな舞台に立つだけで満足は出来ないので、聖地国立では最後となる元日での試合を楽しみつつ、リーグ戦で最後の最後に逃した優勝の歓びを今度こそは味わいたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:藤田祥史、 広島:なし

 【怪我等で欠場予定】  マリノス: マルキーニョス(帰国)ジョン ドンホ(帰国)

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【チケット情報】  日本サッカー協会

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 情報が出次第、追記していきます
   > 「横浜M:きょう天皇杯決勝、勝って名門復活へ 堅守から流れつかむ」 (1/1)
   > 「俊輔 広島への“リベンジ”必ず!!天皇杯決勝へ静かな闘志」 (1/1)
   > 「【天皇杯】俊輔、21大会ぶり挑戦へ横浜M「黄金時代の先輩に学ぶ」」 (1/1)
   > 「俊輔FK弾宣言!横浜M、21年ぶり制覇へ/天皇杯」 (1/1)

   > 「寿人 天皇杯決勝へ2冠獲り誓う「負の歴史断つ」」 (1/1)
   > 「【天皇杯】広島・寿人「雪辱」先制で23戦無敗」 (1/1)

   > 「[横浜FM]中澤佑二「天皇杯は観るものではなくて、プレーする大会。
        初めての元日決勝なのでドキドキワクワクしている」」 (12/31)
   > 「横浜は軽めの練習 中村「いい形で今季を締めくくりたい」」 (12/31)
   > 「中村俊輔、元日決勝へ万全「いい状態」」 (12/31)
   > 「横浜松永GKコーチ国立決勝「因縁感じる」」 (12/31)
   > 「横浜M・樋口監督「大みそかに練習できるのは幸せ」/天皇杯」 (12/31)

   > 「いざ決勝へ、負傷退場の栗原「大丈夫」/天皇杯」 (12/31)
   > 「【天皇杯】横浜M・俊輔、大一番へ「ガキ使」見てリラックス」 (12/31)
   > 「横浜M、決勝は1トップに端戸「何とかゴールを決めて」」 (12/31)

   > 「【天皇杯】広島、横浜Mともに最終調整」 (12/31)
   > 「広島、明るい雰囲気で調整 森保監督「新たな歴史を」」 (12/31)
   > 「広島・森保監督「新たな歴史をつくりたい」/天皇杯」 (12/31)
   > 「広島、明るい雰囲気で調整 森保監督「新たな歴史を」」 (12/31)
   > 「【天皇杯】広島・佐藤“5度目の正直”「歴史を塗り替えたい」」 (12/31)

   > 「[横浜FM]樋口靖洋監督が振り返る現役時代の天皇杯優勝
        「スタンドから応援していました。でも、やっぱりいいなぁと思った」」 (12/30)
   > 「【横浜】俊輔決勝前は「ガキの使い見る」」 (12/30)
   > 「天皇杯決勝チケット完売!当日券発売なし」 (12/30)
   > 「横浜 ジンクス打ち破った!兵藤&俊輔弾で21年ぶり決勝進出」 (12/30)
   > 「「国立男」横浜兵藤がV弾」 (12/30)
   > 「横浜中沢、決戦へ気合「早く寝る」」 (12/30)
   > 「広島2冠へ王手!!神セーブ3発“西川劇場”で激闘PK戦制す」 (12/30)

   > ★マリノス関連ネット情報リスト(2013年12月後半)


 【TV中継】 (生) 1/1(水) 13:50~  NHK総合

        (録) 1/1(水) 19:00~  スカチャン0

            1/2(木) 09:00~  スカチャン0
            1/2(木) 22:00~  スカチャン0

            1/3(金) 06:30~  スカチャン1

            1/4(土) 12:00~  スカチャン1

            1/5(日) 20:00~  スカチャン2(無料)

            1/8(水) 12:30~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2013年天皇杯決勝・広島戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 【東京シンデレラマイル(2013年)予想&結果】 | トップページ | 【東京2歳優駿牝馬(2013年)予想&結果】 »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ