サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【MDB式“2013年第33節・新潟戦”プレビュー】 | トップページ | 『殺し屋.com』 曽根圭介 > 「このミス」完全読破 No.701 »

2013年11月29日 (金)

「図書館救世主倶楽部」 暁月あきら > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER

少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014WINTER 2014年 2/1号 [雑誌]少年ジャンプNEXT! (ネクスト) 2014WINTER 2014年 2/1号 [雑誌]

集英社 2013-12-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “少年ジャンプNEXT!(ネクスト) 2014 WINTER”(2013年12月27日<金>発売)に掲載の読切作品が、「図書館救世主倶楽部(としょかん・きゅうせいしゅ・くらぶ)です。

 主人公の画像 → 「週刊少年ジャンプ」公式サイト

 作者の暁月あきら(あかつき・あきら)は、「Z-XLダイ」が“赤マルジャンプ2003 SUMMER”に掲載されてデビューし、続いて“ジャンプthe REVOLUTION!(2005年)”に「ANGEL AGENT」、“本誌2006年17号”に「神力契約者M&Y」を掲載。

 さらに本誌掲載読切と同名作品「神力契約者M&Y」が“本誌2007年2号”から始まり初連載を果たすも、わずか10週で打ち切りに。

 連載終了後は、“赤マルジャンプ2008SUMMER”に「LITTLE BRAVE プカテリオス」、“本誌2009年10号”に作画担当としてラノベ作家・西尾維新(原作担当)とコンビを組んだ「めだかボックス」を掲載。

 その西尾維新とコンビを組んだ「めだかボックス」が“本誌2009年24号”から始まり2度目の連載を果たすと(週刊少年ジャンプ新連載! 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら参照)、連載は4年続きアニメ化もされるなどヒット作に。

 そして本作にて、「めだかボックス」終了以来8ヶ月ぶりの作品発表&単独名義としては約5年ぶりの作品発表となりました。

 なお、スマホアプリ増刊“ジャンプLIVE 第2号(2013年12月)”には「図書館救世主倶楽部番外編」が掲載されています。


 内容の方は、図書館で本喰い蟲退治学園ファンタジー漫画です。

 ほぼ毎日学校の図書館に通っている富士原紅葉は、ある時図書館で言動がおかしなセンパイ・九月九日(クガツキ・ココノカ)と遭遇。

 変ではあるけれど本に詳しそうだったため、探していた『ものぐさ姫と不思議な木の実』という本の在りかを聞いてみたところ、限られた人間しか入ることの出来ない特別な図書館『零號図書館』へ連れていかれる紅葉。

 そこで目当ての本を見つけたものの、後半のページが本の世界を喰い荒らす次元害虫『死番蟲(JEM)』に喰われていて.....。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

読む!討つ!書く! 本の世界へようこそ!

☆図書の深遠、いざ紐解かん! 新時代BOOKストーリー巻頭カラー48P!!


 【「図書館救世主倶楽部」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2013.12.27~2014.1.5
 * コメントの記入等しなくても投票できます
 * スマホ等では投票欄が表示されない(投票できない)かもしれません
 
mapinion.jp


 【ジャンプNEXT! 2014 WINTER」の中で一番面白かった読切作品は?】
  投票受付期間:2013.12.27~2014.1.5
  

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「暁月あきら」関連記事】

  > 「図書館救世主倶楽部」 暁月あきら
                > 少年ジャンプNEXT! 2014 WINTER (13.11.29)

  > 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら > 週刊少年ジャンプ新連載! (09.5.11)
  > 「めだかボックス」 西尾維新 暁月あきら <JC1巻買い> (09.10.7)


 【「ジャンプNEXT! 2014 WINTER」関連記事】

  > 「ジャンプNEXT! 2014 WINTER」 > 週刊少年ジャンプ増刊! (13.12.27)

  > 「図書館救世主倶楽部」 暁月あきら (13.11.29)

  > 「ロッカ」 ヒラク (13.12.2)

  > 「ドブの吸鬼」 小野玄暉 (13.12.3)

  > 「カーボネーター」 村肝篤仁 (13.12.4)

  > 「ネジヤマさん。」 石川光貴 (13.12.11)

  > 「モンスターハウス」 古瀬経 (13.12.12)

  > 「藍色警察」 工藤篤大 (13.12.13)

  > 「騒霊鑑識」 冴豆祐人 (13.12.16)

  > 「超獣GIGA」 平野稜二 (13.12.17)

  > 「shangri-La ~地球の終わり~」 渡辺優平 (13.12.18)

  > 「憤怒明神アングリゴッ」 本底宗篤 (13.12.19)

  > 「KNUCKLE」 伊澤拳斗 (13.12.20)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   
     にほんブログ村     漫画・コミック ブログランキングへ

« 【MDB式“2013年第33節・新潟戦”プレビュー】 | トップページ | 『殺し屋.com』 曽根圭介 > 「このミス」完全読破 No.701 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ