サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【北海道2歳優駿(2013年)>予想&結果】 | トップページ | 『時の審廷』 芦辺拓 > 「このミス」完全読破 No.697 »

2013年11月 7日 (木)

【MDB式“2013年第31節・名古屋戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★11/10(日) 13:00~ J1リーグ第31節・名古屋グランパス戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  1位 17勝 8分 5敗  勝点 59  47得 26失 得失 +21 」
  名古屋 :「 12位 11勝 7分 12敗  勝点 40  42得 43失 得失 -1 」


 ストイコビッチ体制6年目となった今年の名古屋は、第5節から第13節の9試合でわずか1勝(1勝 2分 6敗)で、第9節からは5連敗を喫し、降格圏ギリギリの14位にまで順位を下げてしまいました。

 しかし、第16節から5連勝&9試合負けなし(6勝 3分 0敗)とようやく本来の調子を取り戻し、一桁台の順位にまで上がったものの、第25節から3連敗と再び結果が出なくなり、第27節終了時にストイコビッチ監督の今シーズン限りでの退任が正式発表されることに。

 その後も勝てずに前々節まで5試合勝ちがない状況でしたが、前節は試合途中から闘莉王をFWで起用する伝家の宝刀を繰り出すと、その闘莉王が2ゴールし逆転勝ちとなったので、この“闘莉王FW作戦”はマリノスにとってかなりやっかいな存在となるかもしれませんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 名古屋とは、公式戦通算では「24勝 12分 18敗」、リーグ戦通算では「19勝 11分 17敗」とやや勝ち越しています。

 そして、リーグ戦ホームでは「13勝 4分 6敗」、アウェーでは「6勝 7分 11敗」と、お互いに“ホームで強くアウェーで弱い”というかなりはっきりとした相性となっているのですね。

 そしてここ最近のリーグ戦では、2010年以降3年間勝利がなく(0勝 4分 2敗)、ここ数年に限ればホーム・アウェー関係なく苦手な相手となっていたのですが、今年最初の対戦(マリノスのアウェー)では2-1で逆転勝ちしています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!

 この試合で勝ちか引き分けだと、17試合連続ホーム負けなしとなり、「ホーム負けなし」のマリノス歴代記録を更新します。

 この試合で無失点だと、6試合連続無失点となり、「連続無失点」のマリノス歴代記録を更新します。

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 7試合連続“負けなし(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 8位タイ)
   > 17試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 記録更新)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 4試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ★今回の試合で得点すると........
   > 9試合連続“ホーム得点”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合で失点すると........
   > 10試合連続“同一カード 失点”達成 (マリノス歴代 6位)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 6試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 記録更新)
   > 3試合連続“ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 栗原勇蔵が出場すると、Jリーグ通算250試合出場を達成します。

 富澤清太郎が出場すると、Jリーグ通算250試合出場(J2も含む)を達成します。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算250試合出場を達成します。

 中町公祐が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成します。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算350試合出場にリーチとなります。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時公式戦通算164試合出場となり、榎本達也(97-06)と並びマリノス歴代24位タイとなります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算169試合出場となり、田中隼磨(00-02,04-08)を抜いてマリノス歴代単独14位となります。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算122試合出場となり、ビスコンティ(93-06)を抜いてマリノス歴代単独23位となります。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算116試合出場となり、鈴木正治(93-97)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 マルキーニョスが1得点すると、マリノス所属時公式戦通算50ゴールを達成します。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算59ゴールとなり、城彰二(97-01)と並びマリノス歴代1位タイとなります。

 マルキーニョスが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算36ゴールとなり、メディナベージョ(94-95)と並びマリノス歴代6位タイとなります。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(02-06)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 兵藤慎剛が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算28ゴールとなり、渡邉千真(09-11)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)と並びマリノス歴代17位タイとなります。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)・兵藤慎剛と並びマリノス歴代15位タイとなります(兵藤慎剛も得点した場合は16位タイ)。

 中澤佑二が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(02-06)と並びマリノス歴代13位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、リーグ戦も残り4試合という大詰めの中、チームの中心的存在である中村俊輔が欠場となりますが、ここを乗りきってこそ優勝が近づいてくると思うので、チーム力で勝ち点3を手に入れたいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 名古屋:なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス:マルキーニョス

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:中村俊輔

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】 * 情報が出次第、追記していきます
   > 「俊輔合流“無言のカツ”V目指すチームの気引き締めた」 (11/9)
   > 「俊輔、退院即2部練習「カリカリに軽い」」 (11/9)
   > 「20日天皇杯目指す!横浜M・俊輔、退院後初めて練習」 (11/9)
   > 「隼磨、首位の古巣倒しチームに自信を」 (11/9)

   > 「俊輔が退院 4日間絶食も…天皇杯で復帰へ」 (11/8)
   > 「俊輔退院 23日磐田戦で完全復帰目指す」 (11/8)
   > 「【横浜M】俊輔、退院「修行が終わったよ」20日復帰へ」 (11/8)
   > 「横浜Mに朗報!俊輔、胆のう炎癒え退院「修行終わった」」 (11/8)
   > 「ピクシー、またシステム変更」 (11/8)

   > 「俊輔 10日名古屋戦アウト…胆のう炎から回復間に合わず」 (11/7)
   > 「俊輔10日名古屋戦アウト…退院メド立たず」 (11/7)
   > 「横浜斎藤「俊さんいなくても崩れない」」 (11/7)
   > 「【横浜M】俊輔、長期離脱も!胆のう炎の入院長引き10日出場絶望的」 (11/7)
   > 「横浜Mピンチ!胆のう炎で入院中の俊輔、名古屋戦欠場へ」 (11/7)

   > 「【横浜】俊輔、退院メド立たず休養続く」 (11/6)
   > 「[名古屋]阿部翔平が未勝利のジンクスから卒業!」 (11/6)
   > 「[名古屋]プレミア通の増川隆洋「ダビド・ルイスは闘莉王みたい」」 (11/6)
   > 「藤本「二役任せろ」」 (11/6)

   > 「永井、さすがストライカー」 (11/5)

   > 「ダニルソン、左サイドハーフ手応え」 (11/4)

   > 「楢崎、練習試合ガチで臨む」 (11/3)

   > 「俊輔が緊急入院…10日名古屋戦照準も予断許さず」 (11/2)
   > 「俊輔入院も「映像見るいい機会」と前向き」 (11/2)
   > 「俊輔、胆のう炎で入院「軽かったのでよかった」」 (11/2)
   > 「横浜Mピンチ!俊輔、胆のう炎で緊急入院「ぐちゃぐちゃ」」 (11/2)
   > 「藤本「結果残さないと」」 (11/2)

   > 「[横浜FM]続々と選手たちが合流するチームに思わず笑み」 (10/31)

   > ★マリノス関連ネット情報リスト(2013年11月前半)


 【TV中継】 (生) 11/10(日) 12:55~  スカチャン0

        (録) 11/11(月) 14:00~  スカチャン2

            11/13(水) 17:00~  スカチャン0
            11/13(水) 19:30~  J SPORTS 3

            11/14(木) 15:00~  スカチャン1

            11/15(金) 08:00~  J SPORTS 3

            11/16(土) 08:00~  スカチャン2

            11/20(水) 13:00~  スカチャン2

            11/23(土) 11:10~  スカチャン1

 * 変更や記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2013年第31節・名古屋戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 【北海道2歳優駿(2013年)>予想&結果】 | トップページ | 『時の審廷』 芦辺拓 > 「このミス」完全読破 No.697 »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ