サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『ぞろりん がったん』 大門剛明 > 「このミス」完全読破 No.686 | トップページ | ★記事別アクセス数ランキング(2013年09月) »

2013年10月 1日 (火)

【東京盃(2013年)>予想&結果】

< 10月2日(水)に行われる東京盃(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京盃】

 大井のダート1200mで行われる交流重賞(JpnII)です。

 来月開催のJBCスプリントに向けた大事な一戦となりますが、短距離交流重賞は南関馬や他地区馬が普通に馬券に絡んできますし、今回はこの路線で無双しているような大本命馬がいないので、予想は意外と難しいですね。

 そして(今現在の)自分的には、交流重賞では“人気馬の単勝”と“ちょい穴馬の複勝”のどちらかで勝負となりまして、その時点ですでに悩ましいのですが、ここは最終的に1番人気になるかもしれない(前日オッズでは3番人気)タイセイレジェンドを◎にしてみましょう。

 この馬は今年に入って中央重賞や海外重賞では二桁着順続きですが、交流重賞ではこれまで6回走って全て連対と安定した結果を出しています。

 まあ6連対のうち勝ったのは2レースのみなので、この割合からすると単勝勝負は躊躇してしまいそうになるのですが、ただ勝った2レースはどちらも逃げていて、2着の4レースは全て逃げなかったという、(これまでの交流重賞6レースでは)勝つか2着かではっきりとした違いが見受けられるのです。

 そして休み明け後の2レースを振り返ってみると、逃げることが出来なかったためかどちらも2着だったものの、これは1頭だけ斤量がかなり重かったのが影響したのかもしれないですし、今回は他馬との斤量差が前2走ほどはなく、しかも人気馬に先行馬はいれど明らかな逃げ馬はいないので、今回逃げる可能性は高いのでは。

 それでも軽量のハードデイズナイトや人気薄の地方馬が逃げるかもしれませんが、それでもこの馬の力を出しやすい舞台なのではないかと思うので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ タイセイレジェンド / 内田博幸 (14)
  ○ ハードデイズナイト / 山崎誠士 (7)
  ▲ テスタマッタ / 岩田康誠 (1)
  △ セレスハント / 福永祐一 (11)
  △ アドマイヤサガス / 川田将雅 (13)
  △ ティアップワイルド / 石橋脩 (10)

  << 単勝:◎、馬複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14 ◎ タイセイレジェンド 内田博幸 1
 2着 1  ▲ テスタマッタ     岩田康誠  3
 3着 13 △ アドマイヤサガス 川田将雅  2
 4着 10 △ ティアップワイルド 石橋脩   6
 5着 2     アイディンパワー  的場文男 8


 ◎タイセイレジェンドは、予感通りにハードデイズナイトと人気薄の地方馬(オーセロワ)に先手を取られたものの、外から並び掛ける絶好のポジションに。

 そしてコーナーですでに先頭に躍り出て、直線では後続を寄せ付けず、期待以上に強いレースぶりを見せてくれました。

 まあ、少なくとも単勝で3倍は付くだろうと思っていたのに(そして実際に途中までは3倍付いていたのに)最終的には2倍になってしまいましたが、オッズの関係で○▲の相手2頭に絞った馬複も当たりましたし、セレスハント(6着)の複勝とどちらにしようか迷っていたので、当たっただけ良しとしなければいけませんね。


  (○単勝:14 2.2倍 ○馬複:1-14 5.0倍)  ○的中! 3,000円 → 6,900円


  >>> ☆競馬予想・月別結果まとめ(2013年10月) <<<

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【スプリンターズS(2013年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【レディスプレリュード(2013年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ   
    にほんブログ村    競馬 ブログランキングへ

« 『ぞろりん がったん』 大門剛明 > 「このミス」完全読破 No.686 | トップページ | ★記事別アクセス数ランキング(2013年09月) »

05.競馬(穴馬)予想」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ