サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『島はぼくらと』 辻村深月 > 「このミス」完全読破 No.674 | トップページ | 「HACHI」 西義之 > 週刊少年ジャンプ新連載! »

2013年9月 9日 (月)

【MDB式“2013年天皇杯2回戦・八戸戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★9/11(水) 19:00~ 天皇杯2回戦・ヴァンラーレ八戸戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームのリーグ戦の成績を比べ見てみると、

  マリノス(J1)  :「 1位 14勝 5分 5敗  勝点 47 43得 25失 得失 +18 」

  八戸(東北1部):「 1位 13勝 0分 1敗 勝点 39 53得  6失 得失 +47 」

 天皇杯2回戦の多くは9月7日(土)と8日(日)に行われましたが、マリノスは7日(土)にナビスコカップ準決勝があったため、11日(水)に開催となります。

 対戦相手のヴァンラーレ八戸は、2006年に発足したクラブチームで、今年から東北社会人リーグの1部に昇格し、現在は首位を走っています。

 そして、すでに5年前からJリーグ参入を目標とすることを表明していて、来シーズンからのJ3リーグ入りを目指し、今年6月にJリーグに準加盟申請書を提出しています(まだ承認はされておらず)。

 なお天皇杯では、出場を果たした2010年と昨年(2012年)は共に1回戦で敗戦となりましたが、今年は桐蔭横浜大学を1-0で下し初めての1回戦突破を決めました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 シーズンファイル】を見よ!!

 八戸とは初対決なので、マリノスの天皇杯における下位リーグチームとの対戦を振り返ってみましょう。

 かつては、1995~1998年の4年連続で下位リーグクラブ相手に敗退したり、市立船橋高校と延長の末にPK戦までいったり(2003年)、当時JFLの草津(現・群馬)にVゴール負けを喫する(2004年)など、下位リーグチームとの相性は最悪に近いものがありました。

 ただここ数年は、毎度のように1失点はするものの、負けたり延長戦に持ち込まれたりすることはなくなりましたね(一昨年の準決勝で対戦し敗れたJ2の京都は除く)。

 ちなみに、昨年の2回戦ではJFLのY.S.C.C.と対戦し4-2で勝利、3回戦ではJ2の横浜FCと対戦し2-1で勝利しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時公式戦通算271試合出場となり、井原正巳(93-99)を抜いてマリノス歴代単独9位となります。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時公式戦通算157試合出場となり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算26試合出場となり、松田直樹(95-10)を抜いてマリノス歴代単独1位となります。

 中村俊輔が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算20試合出場となり、小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)を抜いてマリノス歴代単独4位となります(栗原勇蔵も出場した場合は4位タイのまま)。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算20試合出場となり、小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)を抜いてマリノス歴代単独4位となります(中村俊輔も出場した場合は4位タイのまま)。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算19試合出場となり、中村俊輔・栗原勇蔵・小村徳男(93-01)・狩野健太(05-12)と並びマリノス歴代4位タイとなります(中村俊輔・栗原勇蔵の出場次第で順位変動あり)。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算16試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代11位タイとなります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算15試合出場となり、清水範久(02-10)・小椋祥平と並びマリノス歴代12位タイとなります(小椋祥平も出場した場合は13位タイ)。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時天皇杯通算14試合出場となり、井原正巳(93-99)・田中隼磨(00-02,04-08)・榎本哲也と並びマリノス歴代14位タイとなります(榎本哲也も出場した場合は15位タイ)。

 飯倉大樹が出場すると、マリノス所属時天皇杯通算12試合出場となり、三浦文丈(93-98)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、現在公式戦2連敗中、しかも土曜のナビスコカップでは0-4で大敗してしまい、状況はあまり良くありませんが、週末のリーグ戦に向けて再び勢いを取り戻すためにも、ここでジャイキリなど起こさせずにきっちりと勝利したいところですね。

 そんなマリノスを後押しするべく、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 八戸:金井隆太

 【怪我等で欠場予定】  マリノス:天野貴史、鈴木椋大

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【チケット情報】  日本サッカー協会

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「[横浜FM]CBファビオ、天皇杯で先発へ
        「相手を見下さず、尊重しつつも、プライドを持って戦いたい」」 (9/9)

   > ★マリノス関連ネット情報リスト(2013年9月前半)


 【TV中継】 (生) 09/11(水) 18:50~  スカチャン3

        (録) 09/12(木) 08:00~  スカチャン1

            09/13(金) 23:00~  スカチャン1

            09/20(金) 23:00~  スカチャン1

            09/26(木) 12:00~  スカチャン1

        (2回戦ダイジェスト)
            09/12(木) 25:30~  NHK総合

            09/14(土) 13:00~  NHK BS1

            10/12(土) 25:00~  NHK総合

 * 記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2013年天皇杯2回戦・八戸戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 『島はぼくらと』 辻村深月 > 「このミス」完全読破 No.674 | トップページ | 「HACHI」 西義之 > 週刊少年ジャンプ新連載! »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ