サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【MDB式“2013年第22節・鹿島戦”プレビュー】 | トップページ | 「このミス2014年版」月別ランクイン候補作品(2013年9月) »

2013年8月23日 (金)

「火ノ丸相撲」 川田 > 週刊少年ジャンプ読切!

週刊少年ジャンプ 2013年9月9日号 No.39号 (週刊少年ジャンプ)週刊少年ジャンプ 2013年9月9日号 No.39号 (週刊少年ジャンプ)
瓶子吉久

集英社 2013
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 * 連載版の「火ノ丸相撲」に関しては「火ノ丸相撲」 川田 > 週刊少年ジャンプ新連載!(14.5.19)の方をご覧ください。


 “熱帯突破のニューカマー!真夏のJ(ジャンプ)異才新人読切3連弾!!”の第1弾として、週刊少年ジャンプ2013年39号(8月26日発売)に掲載の読切作品が、「火ノ丸相撲(ひのまる・ずもう)です。


 作者の川田(かわだ)は、「ラブアンドジャスティス」で“手塚賞(2009年上半期)”の佳作を受賞し、「火ノ丸相撲」が“ジャンプNEXT! 2013SPRING”に掲載されてデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2013SPRING」参照)。

 そして、デビュー作の同名リニューアル版である本作にて本誌デビューとなりました。


 内容の方は、相撲部高校生学園熱血スポーツ漫画です。

 大太刀高校(ダチ高)に転校してきた潮火ノ丸は、休部状態が続いている相撲部を復活させるために、転校早々動き出す。

 ダチ高相撲部を日本一にするためには、ダチ高(ファイトクラブ)ランキング上位をスカウトするのが一番だということで、いきなりランキング1位の五條佑真の元へと出向き、道場を賭けた相撲対決を行うことに.....。


 「NEXT版」との比較ですが、大まかなストーリーや、火ノ丸・大関(小関信也)・五條レイナ・五條佑真ら主要人物の容姿やキャラクター、高校名やダチ高ランキングなどの名称は変わりありませんでした。

 ただ細かな部分ではいくつか変更点がありまして、最初の場面(火ノ丸が大関と初対面&ダチ高ランキングの存在を知った場面)が「NEXT版」での通学中の電車内(遭遇するのはランキング6位の早乙女)から「本誌読切版」では高校のトイレ内(遭遇するのはランキング7位の鮫島)に、「NEXT版」では暫定1位だった佑真のランキングが「本誌読切版」では暫定のない1位に、火ノ丸と佑真の(最初の)取り組みの決まり手が「NEXT版」の“八艘飛びからの送り出し”から「本誌読切版」では“蹴手繰りからの押し出し”に変更。

 そして、クライマックスにおける火ノ丸との取り組みが、「NEXT版」では真のランキング1位である(停学中の)忍との対戦(火ノ丸が土俵際の円に火を放ってその中で対決)から「本誌読切版」ではファイトクラブのメンバー多数vs火ノ丸1人の対戦の後に佑真との2度目の対決(火の輪土俵はなし)に変更(レイナに手を上げたのも「NEXT版」の忍から「本誌読切版」では佑真に変更)。

 あとは、「NEXT版」にはいなかった柴木校長が「本誌読切版」では登場したり、「NEXT版」のラストではすでに相撲部のマネージャーに入部していたレイナ(ジャージ姿)が「本誌読切版」ではその気になっている段階(佑真はどちらの版でも入部済み)などの違いがありました(ちなみに「NEXT版」の方が終盤以降における佑真の好感度が断然高いです)。


<< 扉絵に付けられている煽り文 >>

死ぬも生きるも 俵の中――!!

☆進むは真っ直ぐ“大銀杏”!ドラマチック高校角力ストーリー読切Cカラー47P!!


 【「火ノ丸相撲」を読んでの感想は?】
  投票受付期間:2013.8.23~9.1
 Hinomaru

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「川田」関連記事】

  > 「火ノ丸相撲超番外編」 川田 > 週刊少年ジャンプ読切!  (16.4.4)

  > 「火ノ丸相撲×黒子のバスケ SPコラボ読切 キセキの待ったなし対決!」
      川田 藤巻忠俊 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.11.2)

  > 「火ノ丸相撲」 川田 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.5.19)
  > 「火ノ丸相撲」 川田 > 週刊少年ジャンプ読切! (13.8.23)
  > 「火ノ丸相撲」(ジャンプNEXT! 2013S PRING) (13.5.1)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2013年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 【MDB式“2013年第22節・鹿島戦”プレビュー】 | トップページ | 「このミス2014年版」月別ランクイン候補作品(2013年9月) »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ