サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2013年05月の記事一覧 | トップページ | 「おぎやはぎのメガネびいき Podcast」 簡易版プレイリスト(2009年) »

2013年5月 9日 (木)

【MDB式“2013年第11節・名古屋戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、横浜F・マリノスの次戦のプレビューです!

 ★5/11(土) 15:00~ J1リーグ第11節・名古屋グランパス戦 (豊田ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!

 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績(暫定)を比べ見てみると、

  マリノス:「  2位 6勝 2分 2敗  勝点 20  22得 12失 得失 +10 」
  名古屋 :「 11位 3勝 3分 4敗  勝点 12  12得 13失 得失 -1 」


 ストイコビッチ体制6年目となる今年の名古屋は、開幕から2試合勝ちがない(0勝 1分 1敗)などスタートダッシュとはなりませんでしたが、第3節からの4試合は3勝負けなし(3勝 1分 0敗)と復調してきた感がありました。

 しかし、その後は4試合勝ちがなく(0勝 1分 3敗)現在2連敗中と再び結果が出なくなり、ストイコビッチ監督の今シーズン限りでの退任の噂が出るなど(本人は否定)、あまり良いチーム状態ではなさそうです。

 特に、ここまで10試合で無失点がわずか2試合と、かつての堅い守備のイメージからすると失点が多いのが目立つので、現在4試合勝ちがなくここまで無失点が1試合のみのマリノスとは現状における(悪い部分での)共通点がかなり多いですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!

 名古屋とは、公式戦通算では「23勝 12分 18敗」とやや勝ち越していて、リーグ戦通算だと「18勝 11分 17敗」とほぼ五分の成績です。

 しかし、リーグ戦ホームでは「13勝 4分 6敗」、アウェーでは「5勝 7分 11敗」と、お互いに“ホームで強くアウェーで弱い”というかなりはっきりとした相性となっているのですね。

 現に、リーグ戦アウェーでは2007年に勝利して以降5年間勝利がないのですが(0勝 3分 2敗)、ただここ最近ではホームも含めて2010年以降3年間勝利がない状況なので(0勝 4分 2敗)、ここ数年に限ればホーム・アウェー関係なく苦手な相手となっています。

 しかし、2011年・2012年といずれも天皇杯準々決勝で対戦していて(会場はどちらも瑞穂陸)、両試合共に0-0からのPK戦で勝利しているので、この勝負強さを今回こそはリーグ戦でも見せてほしいですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!

 ★今回の試合に負けか引き分けだと........
   > 5試合連続“勝ちなし”達成 (マリノス歴代 5位タイ)
   > 7試合連続“同一カード 勝ちなし”達成 (マリノス歴代 3位タイ)
   > 6試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ★今回の試合で負けると........
   > 3試合“アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 4位タイ)


 ★今回の試合で失点すると........
   > 9試合連続“同一カード 失点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 榎本哲也が出場すると、Jリーグ通算150試合出場を達成します。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時公式戦通算150試合出場にリーチとなります。

 小椋祥平が出場すると、マリノス所属時公式戦通算149試合出場となり、鈴木健仁(93-98)と並びマリノス歴代29位タイとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算169試合出場となり、田中隼磨(00-02,04-08)を抜いてマリノス歴代単独13位となります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算150試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代18位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!

 マルキーニョスが4得点すると、J1リーグ通算129ゴールとなり、前田遼一(磐田)と並びJ1リーグ歴代3位タイとなります(前田遼一も得点した場合は4位タイのまま)。

 中村俊輔が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算53ゴールとなり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代2位タイとなります。

 マルキーニョスが1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 マルキーニョスが2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(02-06)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)・マルキーニョスと並びマリノス歴代15位タイとなります(マルキーニョスも得点した場合は16位タイ)。

 中澤佑二が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算25ゴールとなり、奥大介(02-06)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 中澤佑二が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算26ゴールとなり、三浦文丈(93-98)・久保竜彦(02-06)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算23ゴールとなり、中澤佑二と並びマリノス歴代17位タイとなります(中澤佑二もゴールした場合は18位)。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算24ゴールとなり、上野良治(94-07)・マルキーニョスと並びマリノス歴代15位タイとなります(マルキーニョスも得点した場合は16位タイ)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、前節の柏、今節の名古屋、そして次節の仙台と、ここ数年勝てていない苦手な相手が続きますが、そこで結果が出ればまた連勝時の自信と勢いが出ると思うので、とにかく勝利という結果がほしいですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:栗原勇蔵、中町公祐、 名古屋:なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス:なし

 【怪我等で欠場予定】
      マリノス:飯倉大樹比嘉祐介、鈴木椋大

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  名古屋オフィシャル

 【チケット情報】  名古屋オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「俊輔FK新記録だ!17本目へ居残り練習」 (5/11)
   > 「【横浜M】俊輔、FK弾17号で楢崎破る!」 (5/11)
   > 「横浜M・ファビオ初先発「やるべきことをやる」」 (5/11)
   > 「【横浜】小坂C、あわや遠征バス乗り遅れ」 (5/11)
   > 「【名古屋】闘莉王お願い「勝たせてよ」」 (5/11)

   > 「横浜M:再び上昇気流へ気合、11日に名古屋戦」 (5/10)
   > 「横浜 新加入“エア”ファビオがリーグ初先発へ!」 (5/10)
   > 「【横浜M】斎藤「痛みはない」4戦ぶり復帰で勝利呼ぶ」 (5/10)
   > 「玉田、先発復帰だ」 (5/10)

   > 「【横浜】樋口監督、栗原欠場「痛い」」 (5/8)
   > 「横浜M・栗原、ラフプレー猛省…次戦出られず」 (5/8)
   > 「横浜DF栗原 悪質行為で1試合出場停止処分」 (5/8)
   > 「矢野、先発復帰猛アピール弾」 (5/8)


 【TV中継】 (生) 5/11(土) 14:55~  J SPORTS 3

        (録) 5/11(土) 26:05~  名古屋テレビ(メ~テレ)

            5/12(日) 05:00~  スカチャン2

            5/13(月) 14:00~  J SPORTS 3/スカチャン0

            5/15(水) 06:30~  スカチャン1

 * 記入ミスがあるかもしれないので、番組HP等でご確認ください

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2013年第11節・名古屋戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ  
    にほんブログ村    横浜F・マリノス ブログランキングへ

« 2013年05月の記事一覧 | トップページ | 「おぎやはぎのメガネびいき Podcast」 簡易版プレイリスト(2009年) »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ