サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 『人質』 佐々木譲 > 「このミス」完全読破 No.615 | トップページ | 【シルクロードS&根岸S(2013年)>予想&結果】 »

2013年1月25日 (金)

<JC1巻買い> 「タカマガハラ」 川井十三

タカマガハラ 1 (ジャンプコミックス)タカマガハラ 1 (ジャンプコミックス)
川井 十三

集英社 2013-01-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2013年1月期(1月4日発売)のJC(ジャンプコミックス)1巻の1冊目が、「タカマガハラ」です。

 前年(2011年)の金未来杯組としては、優勝した「HUNGRY JOKER」に先駆けての連載となったわけですが、わずか17週での打ち切りとなってしまいました。

 元々金未来杯エントリー作品として掲載された「本誌読切版」は、ネット上では賛否両論、どちらかといえば否の方が多かったように思われましたが、それでも「赤マル版」に「本誌読切版」と2度の読切を経ての連載となったことからも、読切版における(ある程度の)人気と編集部による評価&期待があったことが窺えます。

 しかしそれでも早期打ち切りとなったということで、結果だけを見てみれば、やはり読切版での魅力が連載版では上手く発揮できなかったということなのかもしれませんね。

 それで改めてこの1巻を読んでみたところ、特に第1話では、本作の最大の魅力であろうバトルシーンに至るまでの日常描写が長くて、そこで中だるみならぬ前だるみしているように感じられ、読切版と同様の魅力がストレートに伝わってくるほどではなかったように思います。

 なので、世界設定や能力、ヤマトの家族・人間関係などの説明描写は思い切って端折ってしまい、いかにも中二病的設定や読切版における“デコピン”や“ゲルニカ”のような良くも悪くもインパクト絶大な演出をいきなり全開で大放出して、具体的な説明は徐々に付け加えていく、といった読切版に近い構成・演出だった方が、結果はどうあれ本作の魅力を読者に対しストレートにぶつけることができたのではないでしょうか。

 なお、本作は全2巻で、1・2巻同時発売でした。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単行本ならではの特典ですが、まず帯の表は、表紙と薄っすらと繋がった絵の上に、大きく「超日常」と書かれています。

 裏帯の方は、作中の4つのコマを使った内容紹介。

 カバーを外した部分は、6つに枠切りされた中にヤマト・キクチ・タイトルロゴなどが描かれたスタイリッシュな絵。

 裏表紙の折り返し部分には、ヤマトとキクチの掛け合いによる同時発売の2巻の宣伝も兼ねた4コマ漫画「タカマガハラ?」

 中身の方ですが、各話の間には、その前の話に関連した1コマ漫画

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「川井十三」関連記事】

  > 赤マルジャンプ2009SUMMER(「タカマガハラ」) (09.8.19)
  > 週刊少年ジャンプ読切! 「タカマガハラ」 川井十三 (11.7.15)
  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「タカマガハラ」 川井十三 (12.7.7)
  > <JC1巻買い> 「タカマガハラ」 川井十三 (13.1.24)


 【「2013年の“JC1巻買い”」関連記事】

  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 (13.1.30)
  > 「タカマガハラ」 川井十三 (13.1.24)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ   にほんブログ村 本ブログへ
     にほんブログ村       にほんブログ村

« 『人質』 佐々木譲 > 「このミス」完全読破 No.615 | トップページ | 【シルクロードS&根岸S(2013年)>予想&結果】 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ