サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【川崎記念(2013年)>予想&結果】 | トップページ | 『四神金赤館銀青館不可能殺人』 倉阪鬼一郎 > 「このミス」完全読破 No.616 »

2013年1月30日 (水)

<JC1巻買い> 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔

烈!!! 伊達先パイ 1 (ジャンプコミックス)烈!!! 伊達先パイ 1 (ジャンプコミックス)
近藤 信輔

集英社 2013-01-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2013年1月期(1月4日発売)のJC(ジャンプコミックス)1巻の2冊目が、「裂!!! 伊達先パイ」です。

 この1巻が出る前に打ち切りとはならなかったものの、この記事を書いている翌週(2月4日)発売号で打ち切りとなってしまいました(全20話)。

 まあジャンプでは成功するのが難しいジャンルであるギャグ漫画なのですが、“読切版が「ジャンプNEXT!」に掲載されデビュー → 読切版が「本誌」に掲載され本誌デビュー → 連載デビュー”と順調に連載まで辿り着いた作品だっただけに、早期打ち切りという結果となったのは残念でなりません。

 それで、早期打ち切りとなったことを踏まえたうえで、改めて読み返してみますと、まずギャグ面では奇才少女漫画家・岡田あーみんの影響やリスペクトが色濃く出ていて、そういった部分がハマればかなり魅力的なギャグ漫画になっていたと思うのですが、岡田あーみんの時に狂気さえ感じさせるほどの天才的なギャグセンスにはさすがにまだ近づけていなかったように感じました。

 そしてコメディ面、特にラブコメとしては、基本となる「片倉-愛」の他には、「伊達-霧子」と、真田による愛への(誰からも本気で相手にされていない)片想いくらいのもので、それらがぶつかり合ったり刺激し合ったりすることによる面白さは生まれていませんでした。

 なので、例えば愛とSASUKEの間で恋を意識するような場面を入れて片倉を刺激したり、片倉に対し(喜多さんとは別の意味で)熱烈に想いを寄せる女性キャラを出して愛をヤキモキさせたりすれば、ラブコメとしての面白さもよりアップしていたのではないでしょうかね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単行本ならではの特典ですが、まず帯の表は、表紙と繋がった絵の上に、「愛した人の兄は、伊達でした――」と書かれています。

 裏帯の方は、第1話の扉絵をバックにしたこの作品の説明。

 カバーを外した部分は、表紙側は喜多さんが叫んでいるドアップ顔の絵で、裏表紙側はこの1巻を買った人に対して被害者妄想的に叫ぶ喜多さんのセリフが一面に。

 中身の方ですが、第1話扉絵の後と各話の後には、伊達まさし、片倉武士、伊達愛、真田ゆきぢ、黒脛巾組、前田k.j.、後藤ちゃん(兄・弟)、山田SASUKE、喜多満子のキャラクタープロフィール(ラフ画・身長・体重・誕生日<黒脛巾組以外>・好きなもの<後藤兄弟のみ“推しメン”>・キャラ制作秘話等の作者コメント)が各1ページ。

 本編の後には、次ページから掲載のNEXT!版&ショートギャグ版の説明や制作裏話が書かれた「伊達先パイ primitive version」(連載版片倉&愛とNEXT!版片倉がお互いをツッコミ合うラフ画もあり)。

 そして巻末に、“ジャンプNEXT! 2011SUMMER”に掲載されたバスケ版読切「裂!!! 伊達先パイ」と、ラフ画で2ページのみのショートギャグ版「裂!!! 伊達先パイ」を収録。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「近藤信輔」関連記事】

  > 「しのびや屈」 近藤信輔 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.6 (15.12.8)

  > 「ジュウドウズ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.8.31)

  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 <JC1巻買い> (13.1.30)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.9.8)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 > 週刊少年ジャンプ読切!  (12.2.4)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」(ジャンプNEXT! 2011SUMMER) (11.8.12)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

« 【川崎記念(2013年)>予想&結果】 | トップページ | 『四神金赤館銀青館不可能殺人』 倉阪鬼一郎 > 「このミス」完全読破 No.616 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ