サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年7月) | トップページ | 『猫背の虎 動乱始末(大江戸動乱始末)』 真保裕一 > 「このミス」完全読破 No.552 »

2012年7月 5日 (木)

【MDB式“2012年第17節・C大阪戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★7/7(土) 19:00~ J1リーグ第17節・セレッソ大阪戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  12位 5勝 8分 3敗 勝点 23  16得 13失 得失 +3 」
  C大阪 :「  15位 5勝 3分 8敗 勝点 18  18得 22失 得失 -4 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「  10位  1勝 4分 0敗 勝点 7  2得 1失 得失 +1 」
  C大阪 :「  14位  1勝 1分 3敗 勝点 4  4得 9失 得失 -5 」


 C大阪は、開幕から3試合負けなしで(2勝 1分 0敗)、5節終了時には5位に付けるなど好調なスタートとなりました。

 しかしそれ以後はなかなか勝てなくなり、第6節以降の11試合でわずか2勝のみ(2勝 2分 7敗)で、降格圏の一歩手前にまで順位を下げています。

 そんな状況なうえに、攻撃陣の中心的存在だった清武弘嗣が前節を最後に海外移籍となり、キム ボギョンはすでに韓国オリンピック代表に合流しているようで、さらに次節か次々節以降にはオリンピック代表に参加するため山口蛍&扇原貴宏もしばらく欠場となるので、この試合でなんとしてでも勝ち点3を獲っておきたいという強い気持ちで挑んできそうですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 C大阪戦は、公式戦通算で「19勝 4分 9敗」、リーグ戦通算で「16勝 4分 8敗」、リーグ戦ホームで「8勝 3分 3敗」と、いずれも大きく勝ち越しています。

 そして同じホームでも、日産スタジアムでの公式戦では「3勝 2分 1敗」とわずかに勝ち越しているだけなのに対し、ニッパ球(三ツ沢時代も含む)では「7勝 0分 2敗」と大きく勝ち越しているので、対C大阪としては相性の良い舞台といえそうですね。

 ちなみに、昨年のC大阪戦ホームゲームもニッパ球開催で、兵藤慎剛&中村俊輔のゴールもあり2-1で勝利しています。

 さらにちなみに、C大阪にホームで敗れたのは、川口能活のマリノスラストゲームとなった2001年2ndステージ第10節(■2-3で延長Vゴール負け)までさかのぼります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 10試合連続“負けなし(通算記録)”達成 (マリノス歴代 5位タイ)
   > 10試合連続“負けなし(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 5位)
   > 8試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 7試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 3試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 大黒将志が出場すると、Jリーグ通算250試合出場(J2も含む)を達成します。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場にリーチとなります。


 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算187試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算155試合出場となり、大島秀夫(05-08)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算141試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中村俊輔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算46ゴールとなり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代4位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、リーグ戦では9試合負けていないとはいえ、最近は引き分けが多くその分勝ち点を失っているので、観客席がピッチに近い三ツ沢での久々のリーグ戦ということもあり、気持ち良く勝利したいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 C大阪:なし

 【U-23代表参加のため欠場】 マリノス:なし、 C大阪:キム ポギョン

 【U-19代表参加のため欠場】
        マリノス:熊谷アンドリュー(怪我が回復次第代表に合流)、 C大阪:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:中村俊輔、小椋祥平、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「白星遠いC大阪 山口&扇原“勝って代表へ” 」 (7/7)

   > 「横浜・斎藤 アンデスメロンパワーで五輪へ弾み」 (7/6)
   > 「斎藤、メロン効果で一発誓う!…横浜M」 (7/6)
   > 「C大阪、得点源2人離脱 天才児・柿谷が“変心”」 (7/6)

   > 「【C大阪】ポスト清武!新エースに柿谷」 (7/5)
   > 「【C大阪】村田「26を出世番号にする」」 (7/5)

   > 「ロンドン“落選”の比嘉 “当選”斎藤の車に…」 (7/4)


 【TV中継】 (生) 7/07(土) 18:50~  TBSチャンネル

        (録) 7/08(日) 07:30~  スカチャン1

            7/10(火) 12:30~  スカチャン2
            7/10(火) 19:30~  J SPORTS 1

            7/12(木) 04:50~  スカチャン0
            7/12(木) 15:00~  J SPORTS 1

            7/13(金) 12:30~  スカチャン1

            7/14(土) 15:30~  スカチャン2

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第17節・C大阪戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログへ  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
    にほんブログ村      にほんブログ村

« 「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年7月) | トップページ | 『猫背の虎 動乱始末(大江戸動乱始末)』 真保裕一 > 「このミス」完全読破 No.552 »

04.マリノス関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

無料ブログはココログ