サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

【サンタアニタT(2012年)>予想&結果】

< 8月1日に行われるサンタアニタトロフィー(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【サンタアニタトロフィー】

 ここは、京成盃グランドMの時と同様に、トーセンピングスを◎にしてみましょう。

 中央から移籍後は交流重賞以外だと全て馬券圏内で、移籍初戦も除けば全連対という安定感から◎にしたわけですが、その前走でもきっちりと連対してくれました。

 まあ連対したとはいえ勝つことは出来なかったわけですが、それもあってか今回のハンデもそれほど重くならなかったし、何より前々走の交流重賞では中央馬相手に4着と好走した馬なので、今回もこの馬の勢いと安定感に期待してみることにしました。

 相手は、同じ京成盃グランドM組を多めに。


  ◎ トーセンピングス / 張田京 (14)
  ○ ピエールタイガー / 真島大輔 (11)
  ▲ ディアーウィッシュ / 今野忠成 (13)
  △ カキツバタロイヤル / 石崎駿 (16)
  △ ファイナルスコアー / 戸崎圭太 (4)
  △ マグニフィカ / 吉原寛人 (9)
  △ ケイアイライジン / 川島正太郎 (1)
  △ スマートインパルス / 御神本訓史 (5)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 15    ゴーディー       赤嶺亮   6
 2着 11 ○ ピエールタイガー  真島大輔 2
 3着 3     シーズザゴールド  山崎誠士 8
 4着 13 ▲ ディアーウィッシュ  今野忠成 12
 5着 7     ボンネビルレコード 的場文男 9

16着 14 ◎ トーセンピングス   張田京   5


 安定感に期待して◎にしたのに、ここで最下位になってしまうとは.....。

 まあ、気になってはいたけれどあえて外したゴーディーとボンネビルレコードが1・5着で、京成盃グランドM組の中で唯一外したシーズザゴールドが3着だったので、相手選びの方も酷いものだったのですけどねェ。


  (3連複:3-11-15 373.7倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 0/1    0.0%  -3,000円   0.0%

☆12年通算 > 29/117  24.8%  +34,580円  109.8%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●○●●●☆ → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.07.29  13,000円  札幌・クイーンS (GIII)  <予想&結果記事>
> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【クイーンS(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【小倉記念&レパードS(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月30日 (月)

「バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」 おすすめ回リスト(2009-2010年)

 「JUNK ZERO バナナマンのバナナムーンPodcast」「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」の、2009~2010年におけるオススメ回のリストです

 面白い(面白かった)回・興味深い回・後に話題にされることの多い回・神回と呼ばれていそうな回などを、個人的な評価やネットでの評判などからピックアップしてリストにしてみたのですが、聴く人によって面白いと思う内容や趣味嗜好は違ってしまうので、あくまで目安として参考にしてみてください

 なお、ゲストが出演した回はほとんど全てがオススメとなるので、このリストにはあえて載せていないため、ゲスト出演回に関しては「バナナマンのバナナムーンGOLD」ゲスト出演回リストの方でご確認ください

 各回のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 半年前までに配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません


 収録日 / 収録時間 / “タイトル” /


 NEXT >>> おすすめ回リスト(2011-2012年)

 おすすめ回リスト(2007-2008年) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2009年 】


09/02/02 0:36:43 “日村はなぜ嫌われるのかを取材検証

  日村が後輩から好かれていないことが明らかになった
  ここ最近の流れから
  日村に対する嫌いな部分を
  様々な人に取材した回ですが
  日村のダメ人間ぶりや変な体質が
  面白く披露されています

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/02/23 0:14:13 “超有名人との会話をシミュレーション

  イチロー、松井秀喜、ウィノナ・ライダー
  といった超有名人との
  電話による会話のシミュレーションからの
  ハイテンション口喧嘩&ファック!!は
  まるでコントを観ているかのような面白さを味わえるはず

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/03/02 0:32:42 “もろきゅう理論を徹底検証

  日村の持論である
  “何にでも味噌を付ければ美味しくなる”という
  「もろきゅう(モロキュー)理論」を検証する回です

  バナナムーンのPodcastはトークがほとんどなので
  こういった企画回は貴重ですよね

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/05/04 0:43:35 “「裸で運転」はカッコイイのか

  設楽に“生まれてきて一番話さなくてよかった話”
  とまで言わしめた
  日村のバカバカしくも面白い話は必聴です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/08/10 0:29:49 “ライブ直後の放送(稽古中の話)

  単独ライブが終了した直後に収録された回

  まるで学生時代の合宿のような
  ライブ稽古エピソードが楽しいです

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/10/12 0:36:57 “後輩の悩みを日村が解決!

  後輩芸人からの悩みを
  日村が即行解決する企画ですが
  そのダメすぎる回答ぶりや意外な相談者など
  なかなかの面白さです

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/11/23 0:24:58 “設楽の浮気相手オーディション

  2012年には第2回(12.02.24)が開催された
  リスナー参加型企画

  Podcast版では男性からの応募や日村への応募など
  番外編的内容となっています


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2010年 】


10/03/29 0:20:20 “「JUNK ZERO」最後のPodcast

  "月曜JUNK ZERO"として最後の放送回のPodcast

  当時ブレイク中のWコロンにあやかり
  謎かけに挑戦するも
  いかにもバナナマンらしい謎かけに
  なってしまうのが聴き所です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/04/09 0:48:12 “日村笑わせメール&匂いの罰ゲーム

  バナナムーンの名物企画である
  “日村笑わせメール&匂いの罰ゲーム”

  Podcast用ではなく
  本編を編集して配信したものなので
  音楽や音がカットされていて
  意味がわかりにくい個所もありますが
  この企画を現在(2012年7月)までで唯一
  Podcastでも聴くことのできる貴重な回です 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/05/28 1:01:08 “話がズレまくる日村の苦悩

  トーク中に時たま発生する
  "無自覚に話がテーマとズレる日村問題"ですが
  この問題について真剣に語り合うことになった
  日村の人間性追及回です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/06/11 0:36:55 “スタッフが投票"抱かれるなら誰?"対決

  日村・設楽・オークラの3人で
  "抱くなら誰か"話を繰り広げていたのが
  徐々にヒートアップして
  スタッフを巻き込んでの投票対決にまで発展

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/07/16 0:29:59 “日村の衝撃的なあだ名が発覚!

  日村がこれまで明かすことのなかった
  かつての衝撃的なあだ名(バイブ)が発覚

  さらには先輩芸人から呼ばれることの多い
  "ヒムケン"の由来話も

  翌週(10.07.23)には
  あだ名が命名されるまでの経緯が語られています

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/08/13 0:47:51 “日村の奥歯なし問題

  日村の奥歯が抜けて無い状態だったことが発覚

  その後長きに渡って
  インプラント治療することになるきっかけの回ですね

  前週の前歯抜け(10.08.06)
  翌週の奥歯なしの反響(10.08.20)も一緒にどうぞ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/09/03 0:50:03 “日村のスタッフ好感度を%投票で調査

  6/11に続いてのスタッフ投票による人気投票ですが
  今回は"日村vsトウモロコシ"など
  笑激の"食べ物との対戦"も繰り広げられます

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/11/05 0:34:55 “映画舞台挨拶のシミュレーション

  設楽主演映画『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』の
  舞台挨拶前日に収録

  舞台挨拶の即興シミュレーションがかなりの面白さです

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/12/10 0:49:51 “放送作家オークラの歴史

  "3人目のバナナマン"と呼ばれるほどに
  バナナマンとは長年に渡り
  密接な間柄の放送作家・オークラ

  そんなオークラのこれまでの歴史は
  バナナマンの歴史でもあるのです

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 NEXT >>> おすすめ回リスト(2011-2012年)

 おすすめ回リスト(2007-2008年) <<< PREV

JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVDJUNK バナナマンのバナナムーンGOLD DVD

Happinet(SB)(D) 2010-11-04
売り上げランキング : 23524

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2009~2010年の「バナナマンのバナナムーン」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2009-2010年) (12.7.30)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2009年) (10.6.23)
  > Podcast ゲスト出演回リスト(2010年) (10.6.30)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2009年) (11.8.23)
  > Podcast 簡易版プレイリスト(2010年) (11.7.1)

  > Podcast プレイリスト(2009年1-6月) (10.4.30)
  > Podcast プレイリスト(2009年7-12月) (10.5.29)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2010年1-3月) (10.1.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2010年4-6月) (10.5.10)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2010年7-8月) (10.7.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2010年9-10月) (10.10.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2010年11-12月) (10.11.13)


 その他の年の「バナナムーン」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーン」関連記事リスト <<<

2012年7月29日 (日)

【MDB式“2012年第19節・清水戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★7/28(土) J1リーグ第19節・清水エスパルス戦 (日産ス)


  ○3-0 (前半0-0、後半3-0)  主審:ケビン フレンド  観衆:24,187人

  .<得点> 1-0 マルキーニョス  (横浜・66分)
          2-0 大黒将志      (横浜・75分)
          3-0 兵藤慎剛      (横浜・85分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 谷口博之が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場にリーチとなりました。


 栗原勇蔵が、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代8位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ゴール記録情報】


 兵藤慎剛が、マリノス所属時リーグ戦通算17得点となり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなりました。


  <ゴールランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「負けなし(通算)」記録 > 12試合連続 達成 <マリノス歴代 3位>

  ・「負けなし(シーズン)」記録 > 12試合連続 達成 <マリノス歴代 3位>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 2位>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第19節終了時 : 6位 (前節 9位)
         < 7勝 9分 3敗  勝点 30 得点 22 失点 15 得失点差 +7 >

 最近5試合(第15~19節) 順位 : 3位 (前節 7位)
         < 2勝 3分 0敗  勝点 9  得点 7 失点 3 得失点差 +4 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (フォトレポートブログ) 「7/28 清水エスパルス戦フォトレポート

 (フォトレポートブログ) 「7/28 清水エスパルス戦イベントフォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「“大黒様”の献身で横浜FM快勝!清水は前半を制するもゴールは遠く


 (カナロコ) 「」

 (スポニチ) 「横浜、今季最多タイ3得点!“古巣”にマルキ弾も

 (日刊スポーツ) 「12戦負けなしに監督笑顔

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M、狙いの形で大黒ら3点

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第19節・清水戦”プレビュー】 <<<


  にほんブログ村 サッカーブログへ  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【クイーンS(2012年)>予想&結果】

< 7月29日に行われる北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【北海道新聞杯クイーンステークス】

 7月は1レースしか的中出来ていないので、ここでドカンと当てて月間回収率だけはトントンにしておきたいところなのですが、◎は1番人気が濃厚なアイムユアーズにしてみましょう。

 これまで8走して馬券圏外はオークスの4着のみという堅実な馬でして、目標はまだまだ先だとは思うも、状態は良いようだし、斤量的にも有利だし、なんだかんだで馬券圏は外さないのではないかと期待したいと思います。

 その代わりに相手は穴っぽい馬を多めに入れておきましょう。


  ◎ アイムユアーズ / 池添謙一 (8)
  ○ レインボーダリア / 木幡初広 (13)
  ▲ コスモネモシン / 柴田大知 (5)
  △ ミッドサマーフェア / 蛯名正義 (10)
  △ エリンコート / 横山典弘 (1)
  △ レジェンドブルー / 宮崎北斗 (9)
  △ ラブフール / 丸田恭介 (14)
  △ ピュアブリーゼ / 秋山真一郎 (3)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8  ◎ アイムユアーズ   池添謙一 1
 2着 14 △ ラブフール      丸田恭介 10
 3着 10 △ ミッドサマーフェア  蛯名正義  4
 4着 13 ○ レインボーダリア  木幡初広  3
 5着 2     オールザットジャズ 藤岡佑介 2


 ◎アイムユアーズは、最終コーナーで捲くり気味に上がっていって、直線で抜け出し突き放して勝利と、着差(2着馬とクビ差)以上の快勝でしたね。

 ちなみに、馬体重に20kg以上の変動があったので、いつもの自分ならば軸を変更するのですが、東スポの厩舎コメントに「馬体重は大きく増えそうだが、全体的に背が伸びて、つくべきところに筋肉がついてきた」と書いてあったので、想定の範囲内ということで今回は変更しませんでした。

 そして、“人気馬軸で紐荒れ”狙いが当たって今年7度目の万馬券ゲットとなったものの、7月の回収率をトントンまで戻すまではいかず.....。

 それでも、最終週になってやっと気持ち良く当てることが出来たので、これで夏競馬への苦手意識が払拭されて8月は的中率が戻ってくれれば嬉しいのですけどね。


  (3連複:8-10-14 130.0倍)  ☆的中!  3,000円 → 13,000円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 2/14   14.3%  -21,800円   48.1%

☆12年通算 > 29/116  25.0%  +37,580円  110.8%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●○●●● → ☆
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.07.29  13,000円  札幌・クイーンS (GIII)  <予想&結果記事>
> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【小倉サマーJ(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【サンタアニタT(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月28日 (土)

週刊少年ジャンプ読切! 「ゴブリンナイト」 屋宜知宏

週刊少年ジャンプ 2012年8月13日号 NO.35週刊少年ジャンプ 2012年8月13日号 NO.35

2012
売り上げランキング : 254348

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “第8回ジャンプ金未来杯(ゴールドフューチャーカップ)”のエントリーNo.1として週刊少年ジャンプの2012年35号(2012年7月30日発売)に掲載された読切作品が、「ゴブリンナイト」です。

 WEBでの無料公開(期間限定) → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 作者の屋宜知宏(やぎ・ともひろ)は、「IRON CURTAIN」で“手塚賞(2011年上半期)”の準入選を受賞し(“屋宜智博”名義)、受賞作のリミックス版「IRON CURTAIN」が“ジャンプNEXT! 2012WINTER”に掲載されてデビュー(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012WINTER」参照)。

 そして本作にて本誌デビューとなりました。


 内容の方は、変身能力系バトルアクションファンタジー漫画です。

 舞台となるのは、ある日の夜に魔法がかかり、百人に一人の割合の人間が化け物“ゴブリン”に変身する能力を手に入れた世界。

 一部のゴブリンたちがその力で悪事を働き社会を崩壊させていく中、業火の能力を持つゴブリン“牛頭鬼”に変身する牛火鎮は、冷却の能力を持つゴブリン“ホワイトヘアー”に変身する十五夜雪や孤児たちを、その能力を使って守る毎日。

 そんな鎮の前に、かつて鎮とその弟・徹を誘拐し、鎮の目の前で徹を殺したヤクザの天地善次郎が、ゴブリンとなって現れて.....。


 なお、扉絵に付けられている煽り文は、

業炎の中で、怪物は 産声を上げた――!!

☆魂焦がす灼熱バトルアクション C(センター)カラー読切47P!!

というものでした。


 ↓↓ この読切作品が収録されている単行本はこちら! ↓↓

アイアンナイト 2 (ジャンプコミックス)アイアンナイト 2 (ジャンプコミックス)
屋宜 知宏

集英社 2014-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


  投票受付期間:2012.7.28~8.5
 Goblin


  投票受付期間:2012.9.1~9.9
 Kinmirai2012

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「屋宜知宏」関連記事】

  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.7.25)
  > 「レッドスプライト」 屋宜知宏 > ジャンプNEXT!! 2015 vol.3 (15.6.15)

  > 「アイアンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ新連載! (13.11.25)
  > 「アイアンナイト」(ジャンプVS -バーサス-) (13.3.22)

  > 「ゴブリンナイト」 屋宜知宏 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.7.28)

  > 「IRON CURTAIN」(ジャンプNEXT! 2012WINTER) (11.12.26)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2012年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

【小倉サマーJ(2012年)>予想&結果】

< 7月28日に行われる小倉サマージャンプ(J・GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【小倉サマージャンプ】

 今週は週の半ばに南関重賞も交流重賞もなかったため、久々の競馬予想といった感じがあるのですが、ここ最近の予想成績が最悪に近かったこともあって、これで悪い流れも一時ストップとなってくれれば良いのですけどね。

 それでこのレースは、ヒカリアライブを◎にしてみましょう。

 ここ1年は勝ち切れないレースが続いているとはいえ、6レース連続掲示板&4レース連続馬券圏内、5レース連続で勝ち馬との差が1.0秒未満と、障害レースにしてはかなりの安定感です。

 それに、接戦を演じることが出来なかったとはいえ(1.8秒差5着)昨年のこのレースを経験しているのは強みだと思うし、休み明けでも状態は良いようだし、それに初勝利まで平地も含めて2年・23戦も掛かった苦労人(馬)なので、応援の気持ちも込めて期待したいですね。


  ◎ ヒカリアライブ / 西谷誠 (6)
  ○ ドングラシアス / 熊沢重文 (14)
  ▲ テイエムハリアー / 白浜雄造 (3)
  △ ヴァンダライズ / 林満明 (1)
  △ エムエスワールド / 高田潤 (5)
  △ ランヘランバ / 五十嵐雄祐 (9)
  △ フサイチアソート / 植野貴也 (13)
  △ ウィルビーキング / 田村太雅 (4)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5  △ エムエスワールド 高田潤   3
 2着 3  ▲ テイエムハリアー 白浜雄造  1
 3着 11    マサライト      横山義行 10
 4着 13 △ フサイチアソート 植野貴也  8
 5着 8     ノボリデューク   森一馬   9

 8着 6  ◎ ヒカリアライブ   西谷誠   5


 ◎ヒカリアライブは、掛かり気味の逃げでしたし、早めにテイエムハリアーに並び掛けられてしまったので、その時点ですでに最後の脚はなくなってしまいましたかねェ。

 まあ、3着が相手に入れようか迷って結局入れなかった馬だったので、◎候補だった1・2着馬のどちらかを◎にして外した方が悔しかっただろうから、それよりは良かったと思いましょう.....。


  (3連複:3-5-11 80.8倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 1/13   7.7%  -31,800円   18.5%

☆12年通算 > 28/115  24.3%  +27,580円  108.0%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●●○●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【中京記念&アイビスサマーD(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【クイーンS(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月27日 (金)

『ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件』 山田正紀 > 「このミス」完全読破 No.561

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.561

 『ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件』 山田正紀

   「このミス」2002年版 : 3位

   受賞(候補) : 「日本推理作家協会賞」受賞
            「本格ミステリ大賞」受賞

   総合ランキング : 「1996-2005オールベスト「本格」ランキング」 26位

   年度ランキング : 「本格ミステリ・ベスト10」 1位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 3位

   読始:2012.7.13 ~ 読終:2012.7.22

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 単行本 <2001年4月>

ミステリ・オペラ (上) (ハヤカワ文庫 JA (811))ミステリ・オペラ (上) (ハヤカワ文庫 JA (811))
山田 正紀

早川書房 2005-08-25
売り上げランキング : 290458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.570「マヂック・オペラ 二・二六殺人事件」No.575「ファイナル・オペラ」へと続く、“オペラ三部作”の1作目です。

 山田正紀といえば、SF作家としての活動がメインであるのですが、それ以外にも本格ミステリや冒険小説や時代小説などなど、様々なジャンルの作品を数多く発表しています。

 そして“本格ミステリ作品”の中での代表作といえば、何といっても本作でしょう。

 「このミス」でも3位と高順位にランクインしただけでなく、本格ミステリ大賞&日本推理作家協会賞をダブル受賞したことからも、その評価のほどが窺い知れますからね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 萩原桐子は、自殺を遂げた夫が遺した謎めいた遺書と共に、二つの文書を発見。

 その内容は、昭和13年の満州を舞台にした連続殺人事件が描かれた奇妙な小説と手記で.....。

 というわけで、現代と(戦中における満州を舞台にした)過去の話がそれぞれ繰り広げられていくのですが、どちらの話にも奇怪でド派手な謎や事件が巻き起こりますし、しかもその中身というのが、密室あり、見立てあり、消失ありと、いわゆる“探偵小説”的な要素が存分に盛り込まれたものなのですね。

 それに、現代と過去の話が並行世界となって絡み合いながら進んでいきますし、現実と虚構とが混じり合い妖しく奇想に満ちた世界観が作られているので、作品全体の構造や雰囲気にもミステリ的&探偵小説的な趣向が凝らされていました。

 とはいえ、読む人を惑わすような幻想性が作品を覆っていますし、誰もが納得するようなスッキリした解決がなされるタイプでもなく、何より単行本で680ページの二段組という超特大ボリュームということもあるので、人を選ぶ作品であることは確かでしょう。

 しかし、SFなど様々なジャンルで活躍する作者だからこそ創り得た本格ミステリだと思うし、そのスケールの大きな圧倒感とその実態が掴めない幻想性は本作でしか味わうことが出来ないと思うので、ぜひとも一度はこの幻想ミステリの超大作に挑戦してみてはいかがでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★★★   鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★★★
   熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力 度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★      感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★★     気軽に読める度 : ★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “山田正紀”関連記事 】

  > No.669 「復活するはわれにあり」

  > No.575 「ファイナル・オペラ」
  > No.570 「マヂック・オペラ 二・二六殺人事件」
  > No.561 「ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件」
  > No.549 「ふたり、幸村」
  > No.166 「神君幻法帖」


 「カラット探偵事務所の事件簿2」乾くるみ <<< PREV
                     NEXT >>> 「二十五の瞳」樋口毅宏

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月26日 (木)

【MDB式“2012年第19節・清水戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★7/28(土) 19:00~ J1リーグ第19節・清水エスパルス戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  9位 6勝 9分 3敗 勝点 27  19得 15失 得失 +4 」
  清水  :「 12位 7勝 4分 7敗 勝点 25  19得 19失 得失 0 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「  7位  2勝 3分 0敗 勝点 9  5得 3失 得失 +2 」
  清水  :「 16位  0勝 2分 3敗 勝点 2  4得 8失 得失 -4 」


 清水は、開幕からの10試合で「7勝 0分 3敗」と好調で、第11節終了時には2位に位置し優勝争いに加わっていました。

 しかしその第11節で引き分けて以降は急に勝てなくなり、第11節から前節までの8試合では「0勝 4分 4敗」で、順位もとうとう二桁にまで落ちている状況です。

 その一番の要因といえそうなのが得点力不足でして、前節こそ3得点したものの(5失点して敗戦)、第10節から前々節までの8試合でわずかに3得点で無得点は5試合となっています。

 ちなみに、清水は第11節以降は引き分けと負けを交互に繰り返しているのですが、そのパターン通りに行くと今回の試合は“引き分け”となりますね。

 なお、マリノスが前節から2週間ぶりの試合になるのに対し、清水は今週水曜(25日)にナビスコカップ準々決勝第1戦・名古屋グランパス戦(ホーム)から3日後の試合と、スケジュール的に大きな違いがあります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 清水戦は、公式戦通算で「19勝 11分 23敗」、リーグ戦通算で「17勝 9分 18敗」とほぼ互角の成績なのですが、リーグ戦ホームで「5勝 6分 12敗」、アウェーで「12勝 4分 6敗」と、両チーム共に“ホームで弱くアウェーで強い”という傾向となっています。

 具体的に見てみますと、2004年以降のリーグ戦ホームは8試合でわずか1勝のみで(1勝 4分 3敗)、1998年以降のリーグ戦ホーム14試合中勝ったのはわずか2試合のみ。

 そしてここ最近のこのカードの特徴としては、とにかく引き分けが多く、2007年以降のリーグ戦(11試合)では半分以上の7試合が引き分け決着で(2勝 7分 2敗)、現在3試合連続引き分け中なのですねェ。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 12試合連続“負けなし(通算記録)”達成 (マリノス歴代 3位)
   > 12試合連続“負けなし(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 3位)
   > 9試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 2位)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 3試合連続“同一カード ホーム勝ちなし”達成 (マリノス歴代 8位タイ)


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“同一カード 無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード 無失点”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 谷口博之が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場にリーチとなります。


 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算155試合出場となり、大島秀夫(05-08)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算210試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代8位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中村俊輔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算46ゴールとなり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代4位タイとなります(出場停止のため欠場)。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合で引き分けると、リーグ戦通算100引き分けを達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、得点失点共に少なく最近引き分けが異様に多いチーム同士の対戦で、しかも引き分け率の高いカードということで、今回も引き分けの可能性が高そうとはいえ、日産ス(横浜国際)で清水相手に5ゴール奪って勝った時(鳥の群れが舞っていた試合です)のような快勝を観たいですよね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:中村俊輔、 清水:なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス:小林祐三

 【五輪代表参加で欠場】  マリノス:齋藤学、 清水:村松大輔

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:狩野健太、青山直晃、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【波戸アンバサダーが語る今節の見どころ】  Youtube(期間限定)

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「横浜M、移籍情報流出の狩野に厳重注意」 (7/28)
   > 「林、横浜戦先発へ 関塚ジャパンの「一致団結」見習う」 (7/28)
   > 「清水ゴトビ監督17歳石毛連続先発示唆」 (7/28)

   > 「清水吉田 9戦ぶり白星へ気合十分」 (7/27)

   > 「清水 公式戦7試合連続白星なし…収穫は17歳の石毛」 (7/25)

   > 「【C大阪】清水枝村の期限付き移籍を発表」 (7/19)


 【TV中継】 (生) 7/28(土) 18:50~  スカチャン0

        (録) 7/30(月) 25:00~  J SPORTS 1

            7/31(火) 08:00~  スカチャン1

            8/01(水) 08:30~  スカチャン2

            8/02(木) 07:40~  スカチャン2
            8/02(木) 20:00~  J SPORTS 1

            8/03(金) 26:00~  スカチャン0

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第19節・清水戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログへ  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年7月25日 (水)

B'z(配信限定アルバム) / B'z

 B'zの配信限定アルバム『B'z』が、本日(7月25日)にリリースとなりました。

 B'zの新作としては、配信限定シングル「Into Free -Dangan-」を除けば4月にシングル「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」が発売されたのみだったので、そろそろ今年2枚目のシングルかアルバムの発売告知でも出るかな~と思っていたところ、配信限定アルバムが発売されるということで、これには意表を突かれてしまいました。

 その内容ですが、記念すべきデビューアルバムと同じタイトルではあるものの1stアルバムとは全く関係なく、過去に発表した作品の英語詞リレコーディング集です。

 英語詞リレコーディング(リミックス)集といえば、『BAD COMMUNICATION』『WICKED BEAT』『MARS』と初期の頃にはミニアルバムとして発売されていたのでお馴染みなのですが、ミニアルバム自体1996年以降発売されていなかったので、懐かしいやら新鮮やらって感じです。

 それにミニアルバムは、今回のように完全なる新曲はなかったとしても、シングルともアルバムともまた違った魅力や楽しみ方があるので嬉しいですねェ(まあ今回は“ミニアルバム”扱いではないのですが)。

 収録作は、「Love Bomb(愛のバクダン)」「Splash」「Juice」「Ultra Soul」、そしてすでに配信していた「Into Free -Dangan-(さまよえる蒼い弾丸)」の5曲。

 いずれも歌詞が日本語から英語に変わっているという大きな変化があるものの、それ以上に聴き慣れたのとはまた違ったアレンジを楽しめましたし、こういう企画物アルバムだからこその魅力を味わうことができました。


 


 あと、ついでというわけではないのですが、TSUTAYAでは洋楽扱いでレンタル開始まで1年も掛かってしまうこともあって、キム・ヒョンジュンの「HEAT」も一緒にダウンロード。

 この歌はB'zの2人による楽曲提供&プロデュース作品で、キム・ヒョンジュンがB'zのCDを全部持っているほどの大ファンだということから実現したのだそうですが、B'zはほとんどB'zとしての活動とそれぞれのソロワークでしか活躍する姿を見れないだけに、こうやって他のアーティストとのコラボを通していつもとはまた違ったB'zを見れるのは嬉しいものです。

 そして楽曲自体も、ポップであり力強くB'zらしい歌でかなり良いのですが、ただ、B'zの音で、B'zのメロディー、そして稲葉さんのコーラスも聴こえてくるとなると、やはりどうせなら稲葉さんのボーカルで聴きたいな~と思ってしまうのですよねェ(キム・ヒョンジュンとしても前作「KISS KISS」タイプの歌の方がボーカル的に合っているような)。


 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」簡易版プレイリスト(2012年1-3月)

 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)Podcast」の2012年1~3月の簡易版プレイリストです

 過去の回を聴き返す時などにご利用ください

 各回のタイトルは、自分で勝手に付けています


   配信日 / 収録時間 / “タイトル” / タイトル以外の主な内容


  NEXT >>> 簡易版プレイリスト(2012年4-6月)

  簡易版プレイリスト(2011年10-12月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01/04 45:13 “セクシー女優のコーナー始まる”

  ・文化放送のスタッフに
    「よっ! Podcastの帝王!!」と言われムカつく
  ・<緊急特別企画・髭男爵&山田ルイ53世の
    激動の2011年を時間の限り振り返っちゃおうスペシャル>
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:成瀬心美
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


01/11 45:02 “「レコメン」パーソナリティ交代に物申す”

  ・文化放送での地上波特番生放送決定
  ・K太郎の「レコメン」引退の理由に共感
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:成瀬心美
  ・<江角さんのコーナー>
  ・ケンキさんのエピソード(今すぐ仕事入れないと...)
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


01/16 60:00 “文化放送マンデープレミアム
         髭男爵山田ルイ53世のルネッサンスラジオGOLD”

  ・昨年7月以来の文化放送地上波生特番
   (月曜午後7時から1時間)
  ・とある撮影で生意気な子役(エキストラ)と会う
  ・<良い人大好き山田さんのコーナー>
  ・<この○○芸人どうっすか?のコーナー>
  ・<いずれは地上波に行く方法大募集スペシャル~!>


01/18 40:31 “元ラジオ局社員の転落人生メール”

  ・セクシー女優のコーナーは
    男爵自身が取ってきたスポンサー
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:周防ゆきこ
  ・<ルネビアの泉>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


01/25 36:30 “ひぐち君のカッコ悪さを力説”

  ・トーク舞踏会に行ったリスナーからのメール
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:周防ゆきこ
  ・<第2検索ワード三連発!>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

02/01 41:55 “「萌えクイーンコンテスト」のメイドに物申す”

  ・要望メール数次第で"昭和の窓辺Tシャツ"を作ると宣言
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:管野しずか
  ・<ルネビアの泉>


02/08 40:19 “課金制の是非をリスナーに問う”

  ・地方局ネット放送は3月で終了
  ・事務所の先輩・TAIZOの離婚不幸話
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:管野しずか
  ・<江角さんのコーナー>


02/15 40:19 “しろうさん凱旋帰郷の真相”

  ・ウノTが収録直前に加藤Dに怒られてムスッとする
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:葵つかさ
  ・<いい人大好き山田さんのコーナー>
  ・元カノとの思い出の品を
    嫁が寝ているベッドの下に置いている男爵
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


02/22 39:57 “課金制問題の反響を紹介”

  ・だいぶ昔の放送分のみ有料にする案を第1候補に
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:葵つかさ
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


02/29 43:56 “ケンキさん主催の箱根旅行に参加”

  ・小学校の卒業文集で書いた作文の
    タイトルが「戦争と僕」
  ・ケンキさんとの旅行時のリアクションが嘘だったと告白
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:葵つかさ
  ・<ルネビアの泉>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

03/07 41:59 “江角さんのコーナーが終了”

  ・評価したがるリスナーやネット住民の人間性に苦言
  ・ケンキさんとの旅行での哀しい裏話を紹介
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:成瀬心美
  ・<江角さんのコーナー(最終回)>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


03/14 46:50 “男爵の大学時代の知人からのメール”

  ・AV女優の清純派を否定
  ・他の出演者に軽蔑された先輩芸人(ゲッツ)について語る
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:成瀬心美
  ・<この○○芸人どうすか?のコーナー>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


03/21 47:17 “嫁の乳輪がデカくなりビックリ”

  ・「ぐるナイ」で家賃20万を明かしバッシング受ける
  ・トーク舞踏会の感想メール
  ・東京マラソンの無理やり感動のノリを観て不愉快に
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:さとう遥希
  ・<ラテ欄オブザイヤー(最終回)>
  ・<第2検索ワード三連発!(最終回)>
  ・<この○○芸人どうっすか?のコーナー(最終回)>


03/28 44:10 “不良役のオファーを受けないよう懇願”

  ・文化放送の就職受験予定リスナーからのメール
  ・品川駅ホームでお笑いファン集団の会話を盗み聞き
  ・<セクシー女優に聞きたい10の質問>(ゲスト:さとう遥希
  ・<ルネラジアプリ発見!(最終回)>
  ・<トーク舞踏会改善委員会(最終回)>
  ・<ルネラジ100物語(最終回)>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 簡易版プレイリスト(2012年4-6月)

  簡易版プレイリスト(2011年10-12月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2012年の「ルネラジ」関連記事】

  > 超簡易版プレイリスト(2012年) (13.7.16)

  > 簡易版プレイリスト(2012年1-3月) (12.7.25)
  > 簡易版プレイリスト(2012年4-6月) (12.7.17)
  > 簡易版プレイリスト(2012年7-9月) (12.7.18)
  > 簡易版プレイリスト(2012年10-12月) (12.10.3)

  > プレイリスト(2012年1月) (12.1.22)
  > プレイリスト(2012年2月) (12.2.16)
  > プレイリスト(2012年3月) (12.4.25)
  > プレイリスト(2012年4月) (12.5.31)


 その他の年の「ルネラジ」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「髭男爵 山田ルイ53世のルネラジ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村    ラジオ番組 ブログランキングへ

2012年7月24日 (火)

『カラット探偵事務所の事件簿2』 乾くるみ > 「このミス」完全読破 No.560

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.560

 『カラット探偵事務所の事件簿2』 乾くるみ

   「このミス」2013年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.7.15 ~ 読終:2012.7.16

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 文庫本 <2012年7月>

カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)
乾 くるみ

PHP研究所 2012-07-17
売り上げランキング : 3090

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.168「カラット探偵事務所の事件簿1」に続く、“カラット探偵事務所シリーズ”の2作目です。

 前作は「単行本→ノベルス→文庫本」という順に三形態で発売されましたが、本作はいきなり文庫で発売となりました。

 そして一応前作を読んでいなくても問題ないように作られているのですが、それでも前作を読んでいないとラストの展開に混乱してしまうと思うので、前作から順に読むことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「小麦色の誘惑」「昇降機の密室」「車は急に……」「幻の深海生物」「山師の風景画」「一子相伝の味」「つきまとう男」の7編を収録した連作集です。

 舞台となるのは、よくある浮気調査の類は行わず、謎解きを専門とする探偵事務所。

 名推理で謎を鮮やかに解決する所長・古谷の活躍が、高校時代の同級生であり現在では助手として雇われている井上の目線によって描かれていきます。

 日常の謎的な事件や二人の掛け合いなど、少し前までの流行りだったユーモアミステリのような雰囲気があるのですが、やはりそこは乾作品だけあって、謎や推理は凝っているうえに捻りが加えられていますし、ラストの展開には前作から読んでいるならば思わずニヤリとさせられてしまうに違いありません。

 とはいえ、謎がド派手だったり驚くべき真相が明らかになるわけではないので、気軽にそれなりのミステリ連作集を読みたい時などに最適な作品なのではないでしょうか。

 ちなみに、No.68「イニシエーション・ラブ」の時と同様に、作中当時(本作でいうと2006年)の時事ネタや固有名詞ネタが数多く登場することから、それらの解説も載っている「解説」が巻末に収録されているのはかなり親切なので、最初から文庫で発売というのは大正解なのではないですかね。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★
   熱アクション度  : ★         主キャラ魅力 度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★         感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “ 乾くるみ” 関連記事 】

  > No.726 「北乃杜高校探偵部」
  > No.560 「カラット探偵事務所の事件簿2」
  > No.501 「嫉妬事件」
  > No.374 「セカンド・ラブ」

  > No.360 「スリープ」
  > No.185 「六つの手掛り」
  > No.168 「カラット探偵事務所の事件簿(1)」
  > No.105 「クラリネット症候群」
  > No.068 「イニシエーション・ラブ」


 「ビブリア古書堂の事件手帖3」三上延 <<< PREV
                       NEXT >>> 「ミステリ・オペラ」山田正紀

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月23日 (月)

週刊少年ジャンプ読切! 「ROAD TO NARUTO THE MOVIE」 岸本斉史

週刊少年ジャンプ 2012年8月6日号 NO.34[雑誌] 集英社週刊少年ジャンプ 2012年8月6日号 NO.34[雑誌] 集英社

集英社 2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2012年34号(2012年7月23日発売)に掲載された読切作品が、「ROAD TO NARUTO THE MOVIE(「NARUTO-ナルト-」 映画連動特別読切)です。

 試し読み無料配信(期間限定) → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 作者の岸本斉史(きしもと・まさし)は、説明するまでもないとは思いますが、大ヒット作「NARUTO-ナルト-」が現在も本誌で大好評連載中。

 そして本作は、7月28日に映画「ROAD TO NINJA NARUTO THE MOVIE」が公開されるのに先駆けて掲載された特別読切で、「NARUTO」本編と同時掲載(読切版の方が巻頭カラー)となったのですが、読切版の内容は劇場版(映画)と“秘密の繋がり”があるのだそうです。

 なおこの読切「ROAD TO NARUTO THE MOVIE」は、7月27日発売の「NARUTO」61巻をキャンペーン対象店で買うともらえる特典コミック「巻ノ忍」にも収録。→ NARUTO-ナルト- どっとこむ

 ちなみに、「NARUTO」が連載開始された1999年以降の読切作品としては、“トップ・オブ・ザ・スーパーレジェンド”のエントリー作品として“本誌2010年45号”に「ベンチ」が掲載されています(週刊少年ジャンプ読切! 「ベンチ」 岸本斉史参照)。


 内容の方は、劇場版前夜の日常を描いたスピンオフ的作品です。

 一人で寂しくしているナルトを気遣ったロック・リーは、中忍試験で共に切磋琢磨した仲間たちも誘って、任務の疲れを取る目的で銭湯に行くことを提案。

 気心知れた仲間同士で同じ湯につかりリフレッシュしていたものの、修行の残りを終えてから遅れてやって来たリーに女湯覗き疑惑が持ち上がってしまい.....。


  投票受付期間:2012.7.21~7.29
 Naruto

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「岸本斉史」関連記事】

  > 「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」
     岸本斉史 池本幹雄 小太刀右京 > 週刊少年ジャンプ月1連載! (16.3.28)

  > 「NARUTO-ナルト-外伝 ~満ちた月が照らす道~」
     岸本斉史 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.22)

  > 「NARUTO -ナルト- 外伝 ~七代目火影と緋色の花つ月~」
     岸本斉史 > 週刊少年ジャンプ短期連載! (15.3.30)

  > 「ROAD TO NARUTO THE MOVIE」 岸本斉史
     > 週刊少年ジャンプ読切! (12.7.23)

  > 「ベンチ」 岸本斉史 > 週刊少年ジャンプ読切! (10.10.9)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2012年7月22日 (日)

「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」簡易版プレイリスト(2010年9-12月)

 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」Podcastの2010年9~12月の簡易版プレイリストです

 過去の回を聴き返す時などにご利用ください

 各回のタイトルは、自分で勝手に付けています


  配信日 / 収録時間 / “タイトル” / タイトル以外の主な内容


  NEXT >>> 簡易版プレイリスト(2011年1-3月)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

09/06 37:11 “10月以降のナイターオフ枠の行方を気にする”

  ・ルネラジの今後を憂う
  ・南アフリカまでの案内役ADが役立たずで困惑
  ・<カワイ・チャンのコーナー(最終回)>


09/13 29:41 “今も昔もノーギャラ君だと気付きショック”

  ・「ゴセイジャー」主役回で怪演
  ・AKB河西が加藤Dもひぐち君も憶えておらず
  ・<ねづちゃんのコーナー>


09/20 30:42 “Podcastにおける下ネタの限界を探る”

  ・事務所にヨーヨーチャンピオンが所属していてビックリ
  ・<モヤモヤあるあるのコーナー>


09/27 31:21 “10月から地上波復活決定”

  ・記念すべき100回目の放送(配信)
  ・地上波復活も文化放送では放送されず(地方6局ネット)
  ・ひぐち君よりも自分の方が動物好きだとアピール
  ・<ルネラジ地上波復活計画(最終回)>
  ・<貴族の大喜利サゴン(最終回)>
  ・<貴族、ニュースを語らう(最終回)>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/06 24:27 “他局に先駆けて山形で放送開始”

  ・地上波復活でギャラ発生
   (男爵:月12,00円、ウノT:月8,000円)
  ・まえけんに尻軽だと思われている
  ・<モヤモヤあるあるのコーナー>
  ・加藤Dの声出しあり


10/13 28:35 “全国6局ネットでの放送開始”

  ・強壮剤パッケージのイラストモデルになっていた
  ・<緊急企画 ルネラジの歴史を改めて
    振り返ってみようのコーナー(しろうさんも参加)>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


10/20 24:41 “打ち上げ用に渡したお金で
           風俗に行ったスタッフ陣に大激怒”

  ・茨城放送も追加で全国7局ネットに
  ・トーク舞踏会の感想メール
  ・“男爵のお金で風俗事件”を追求
    (しろうさん&大関マネも参加)
  ・<新コーナー紹介のコーナー>


10/27 28:23 “事務所スタッフに連れて行かれた店が超豪華”

  ・Wコロン新番組「やめさせてもらうわ!」を色々と気にする
  ・この後おすぎと食事会で今からドキドキ
  ・<ねづちゃんのコーナー>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11/03 24:45 “U字工事の新冠番組ゲットに嫉妬”

  ・ジムのテレビ付きルームランナーをやっている人の中で
     髭男爵出演番組を観ている人が一人もいなくてショック
  ・<Yahoo!のトップ>


11/10 28:07 “AKB秋元のキャプテン辞任が罰なのか疑問”

  ・髭男爵をポテロングミニに例える
  ・テレビで“ひぐちシュナイダー”披露
  ・
  ・<ポストゆずポンは君だ!のコーナー>
  ・<山田目撃情報「おい、山田!」2010>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


11/17 26:05 “「オンバト+PREMIUM」で髭島三郎ネタ披露”

  ・ひぐち君が家探しに苦戦(ウサギ可でもひぐち不可)
  ・<モヤモヤあるあるのコーナー>
  ・大関マネ、楽屋でモンスターマネージャー化


11/24 30:56 “愛しのゆずポンがプロレスデビュー”

  ・「にじいろジーン」降板にガックリ
  ・アヌビス西村の中指の手の平側から
    毛が生えててビックリ
  ・<ねづちゃんのコーナー>
  ・<Yahoo!のトップ>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12/01 29:30 “かもめんたるが告知を賭けてリスナーと対決”

  ・「アッコにおまかせ」で月収80万円発覚しネットで叩かれる
  ・ゲスト:かもめんたる (改名したばかり)
  ・<モヤモヤあるあるのコーナー>
    (リスナーvsかもめんたる)


12/08 27:47 “学生リスナーから下ネタを注意される”

  ・明石家さんまに髭島三郎ネタを褒められる
  ・<Yahoo!のトップ>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


12/15 25:04 “「オンバト」で髭島三郎ネタを選んで大失敗”

  ・ひぐち君が箱根旅行中に彼女から辛辣な言葉を浴びる
  ・<ねづちゃんのコーナー>


12/22 24:37 “髭島三郎着ボイスのダウンロードを懇願”

  ・受験生リスナーにアドバイス
  ・<モヤモヤあるあるのコーナー>


12/29 23:28 “2010年の男爵&ルネラジを振り返る”

  ・茨城で千葉テレビを視聴しているリスナーからのハガキ
  ・<色々あった髭男爵山田ルイ53世の2010年を
    時間の限り振り返っちゃおうスペシャル>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 簡易版プレイリスト(2011年1-3月)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2010年の「ルネラジ」関連記事】

  > 簡易版プレイリスト(2010年9-12月) (12.7.22)


 その他の年の「ルネラジ」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「髭男爵 山田ルイ53世のルネラジ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村    ラジオ番組 ブログランキングへ

【中京記念&アイビスサマーD(2012年)>予想&結果】

< 7月22日に行われるトヨタ賞中京記念(GIII)アイビスサマーダッシュ(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【トヨタ賞中京記念】

 前日オッズではかなりの混戦状態となっていますが、ここはエアラフォンを◎にしてみましょう。

 ここ最近は勝ち切れていないとはいえ、10レース連続掲示板と安定感がありますし、左回りでもまだ2戦のみとはいえ重賞2着にオープン0.1秒差4着と好走していますからね。

 状態も良さそうなので、この馬の堅実な差し脚に期待してみたいと思います。


  ◎ エアラフォン / 川須栄彦 (13)
  ○ エーシンリターンズ / 松山弘平 (14)
  ▲ レッドデイヴィス / 浜中俊 (10)
  △ フラガラッハ / 高倉稜 (2)
  △ ダノンヨーヨー / 北村友一 (15)
  △ ショウリュウムーン / 小牧太 (16)
  △ ダノンカモン / 武豊 (12)
  △ チャームポット / 幸英明 (5)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2  △ フラガラッハ      高倉稜   7
 2着 16 △ ショウリュウムーン 小牧太   6
 3着 9     トライアンフマーチ  池添謙一 10
 4着 6     ミッキードリーム   和田竜二  7
 5着 8     ゴールスキー     尾島徹   9

 6着 13 ◎ エアラフォン      川須栄彦  3


 ◎エアラフォンは、最後に追い込んで来たものの6着止まり.....。


  (3連複:2-9-16 463.3倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【アイビスサマーダッシュ】

 8番人気馬を◎にして当てた一昨年以外は全くかすりもしないほどに苦手なレースなのですが、ここは人気の一角であるアフォードを◎にしてみましょう。

 まあなんといっても、直線1000mコースでこれまで3回走って全て馬券圏内という経験は強みだと思うし、条件戦とはいえ現在2連勝中と勢いがありますからね。

 それに昨年の記事を読み直してみましたら、東スポの調教評価8の2頭による1・2着だったので、今年の調教評価が8であるこの馬に期待することにしました(それでもう1頭の調教評価8の馬であるビウイッチアスだけが馬券圏内に来たら哀しいですが.....)


  ◎ アフォード / 村田一誠 (8)
  ○ ビウイッチアス / 吉田豊 (12)
  ▲ ハクサンムーン / 石橋脩 (3)
  △ エーシンヴァーゴウ / 田辺裕信 (4)
  △ アポロフェニックス / 勝浦正樹 (1)
  △ スプラッシュエンド / 柴田善臣 (7)
  △ ナイアード / 大野拓弥 (6)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 16    パドトロワ       安藤勝己 7
 2着 17    エーシンダックマン  蛯名正義 5
 3着 4  △ エーシンヴァーゴウ 田辺裕信 4
 4着 3  ▲ ハクサンムーン    石橋脩   3
 5着 15    ジュエルオブナイル 内田博幸 6

 9着 8  ◎ アフォード       村田一誠 2


 ◎アフォードは、見せ場すらなく惨敗.....。

 しかも、あえて外した人気馬がことごとく上位に来て、穴で狙った馬がことごとく凡走と、散々な結果となってしまいました.....。

 例年夏競馬は苦手ではあるものの、今年は惜しいところもあまりなく外しまくっているので、秋-冬で巻き返すことのできないくらいの大ダメージとなってしまいそうで怖いですねェ。


  (3連複:4-16-17 122.8倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 1/12   8.3%  -28,800円   20.0%

☆12年通算 > 28/114  24.6%  +30,580円  108.9%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●●●○ → ●●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【習志野きらっとスプリント(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【小倉サマーJ(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月21日 (土)

週刊少年ジャンプ読切! 「ひみつはらプレアデス -はつ恋-」 三原すばる

週刊少年ジャンプ 2012年8月6日号 NO.34[雑誌] 集英社週刊少年ジャンプ 2012年8月6日号 NO.34[雑誌] 集英社

集英社 2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “新星ギャグフェスティバル(小規模)”のエントリーNo.2として週刊少年ジャンプの2012年34号(2012年7月23日発売)に掲載された読切作品が、「ひみつはらプレアデス -はつ恋-」です。


 作者の三原すばる(みつはら・すばる)は、「DOORCONBOURO -ドア、こん棒、炉-」で“赤塚賞(2011年下半期)”の佳作を受賞し、同作が「BLEACH」の代原(予定外に休載となった連載作品の穴埋め的に掲載される読切作品)として“本誌2012年16号”に掲載されてデビュー(週刊少年ジャンプ読切! DOORCONBOURO -ドア、こん棒、炉-」 三原すばる参照)。

 続いて、“ジャンプNEXT! 2012SPRING”に「ベタプリ」が掲載され正式にデビューとなり(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2012SPRING」参照)、本作にて2度目の本誌掲載となりました。

 なお、本誌2度目の登場を記念して、本誌掲載版では諸事情で削られた4ページ(「ベーキングパウダーボーイ」「ベーキングパウダーボーイⅡ」)も収録した「DOORCONBOURO(完全版)」が、WEBで公開されています。 → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト(後日追記:現在は閲覧出来なくなっています)


 内容の方は、学園恋愛ギャグ漫画です。

 加護しかおは、ふとしたきっかけ(ハムカツ)で同じ図書委員の古千賀アリアに恋をしてしまった男子学生。

 今月の推薦図書『忠犬メチ公』のモデルになった柴犬が地元にやって来るということで、思い切って一緒に見に行こうと古千賀さんを誘うも、古千賀さんはその犬の肛門にコルク抜きを入れたいと言い出して.....。


  投票受付期間:2012.7.21~7.29
 Himitsuhara


  投票受付期間:2012.7.21~7.29
 Gagfes

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「三原すばる」関連記事】

  > 「少女復旧リカバリーQ」 三原すばる > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.7.13)

  > 「ひみつはらプレアデス -はつ恋-」 三原すばる
     > 週刊少年ジャンプ読切! (12.7.21)

  > 「ベタプリ」(ジャンプNEXT! 2012SPRING) (12.4.28)

  > 「DOORCONBOURO -ドア、こん棒、炉-」 三原すばる
     > 週刊少年ジャンプ読切! (12.3.19)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2012年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
     にほんブログ村       にほんブログ村

週刊少年ジャンプ読切! 「見渡すかぎりの未成年」 伊原大貴

週刊少年ジャンプ 2012年8月6日号 NO.34[雑誌] 集英社週刊少年ジャンプ 2012年8月6日号 NO.34[雑誌] 集英社

集英社 2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 “新星ギャグフェスティバル(小規模)”のエントリーNo.1として週刊少年ジャンプの2012年34号(2012年7月23日発売)に掲載された読切作品が、「見渡すかぎりの未成年(みわたすかぎりの・みせいねん)です。


 作者の伊原大貴(いはら・だいき)は、「魔法なんかじゃなくて」で“第2回ストーリーキング炎(2007年)”のネームプリンス部門プリンス賞&ネーム部門審査員特別賞を受賞し、「タワシでよかった」で“JUMPトレジャー新人漫画賞(2011年1月期)”の最終候補。

 そして「2コマ漫画」で“第2回Gカップ(2012年)”のGカップ(入選)を受賞し、本作にてデビューとなりました。

 なお、本誌の表紙や今号のGカップ募集ページでは、「見渡す限りの未成年」と“限り”が漢字表記でしたが、作中も含めてその他では“かぎり”と平仮名表記となっているので、「見渡すかぎりの未成年」が正式名称だと思われます。


 内容の方は、4コマギャグ漫画です。

 変わり者の同級生に振り回される鈴木や、未来からやって来た女子学生・時岡蹴子、有能な弟&無能な兄の超能力兄弟などが活躍する4コマ漫画が、計16作収録されています(1作のみ7コマ漫画)。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  投票受付期間:2012.7.21~7.29
Miseinen


  投票受付期間:2012.7.21~7.29
Gagfes

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「伊原大貴」関連記事】

  > 「恋するワンピース(本誌出張版)」 伊原大貴 > 週刊少年ジャンプ読切! (18.6.12)

  > 「目を見張るほどの未成年」 伊原大貴 > 週刊少年ジャンプ読切!  (13.3.1)

  > 「見渡すかぎりの未成年」 伊原大貴 > 週刊少年ジャンプ読切!  (12.7.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」読切作品リスト(2012年) <<<

 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

2012年7月20日 (金)

『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』 三上延 > 「このミス」完全読破 No.559

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.559

 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』 三上延

   「このミス」2013年版 : 119位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
                 (小説ランキング) 4位
                 (文庫ランキング) 5位
              「本格ミステリ・ベスト10」 29位

   読始:2012.7.7 ~ 読終:2012.7.14

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 文庫本 <2012年6月>

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
三上 延

アスキー・メディアワークス 2012-06-21
売り上げランキング : 49

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.493「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」No.554「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」に続く、“ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ”の3作目です。

 このシリーズは1作目が発売されてから日が経つごとにうなぎのぼりに人気が上がり、この3作目が発売された6月にはシリーズ累計300万部突破と、モンスター級の大ヒットとなっています。

 そして今年(2012年)の冬には4作目の発売が予定されているということで、このブームはまだしばらく続きそうですね。

 なお、シリーズを通しての軸や謎がありますし、文庫レーベルのシリーズということもあり様々な意味で旧作も読みやすいと思うので、1作目から順に読むことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「プロローグ 『王さまのみみはロバのみみ』(ポプラ社)・Ⅰ」 「エピローグ 『王さまのみみはロバのみみ』(ポプラ社)・Ⅱ」に挟まれる形で、「ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(集英社文庫)」 「『タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの』」 「宮澤賢治『春と修羅』(關根書店)」を収録した連作形式の作品です。

 北鎌倉駅前で営業する老舗の古書店を舞台にしたシリーズでして、店主の栞子さんとアルバイト店員の五浦大輔の2人を中心とした物語が繰り広げられていきます。

 そして各話のタイトルにもなっている実在の古書にまつわる謎や騒動が起きる“日常の謎系ミステリ”なのですが、扱われる古書とそこから生まれる謎との関連性が相変わらず魅力的に結びついていますし、騒動の真相の裏にさらに刺激的な真相を用意していたり、連作としての仕掛けもあったりと、“日常の謎系ミステリ”としての面白さは少なくとも前2作に劣ることはないでしょう。

 それに、栞子さんの母親絡みの過去や、栞子さんと大輔との恋人になるまでまだまだ時間が掛かりそうな関係など、ドラマ的な部分も益々目が離せなくなってきているので、シリーズとしての魅力も大きくアップしていたように思いました。

 ちなみに、このシリーズは大船や北鎌倉など自分が子供の頃から馴染みの場所が舞台となっているのですが、今巻ではとうとう長年住んでいる戸塚も舞台の一つとして登場してきました。

 その他にも、本郷台や港南台、少し距離は離れるけれど横須賀など、容易に細かな情景まで思い浮かぶ馴染みの場所が次々に登場したり話題に上ったりするので、もうこのシリーズはある意味他の小説とは別格の存在となってしまいましたねェ。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★
   熱アクション度  : ★         主キャラ魅力 度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★     人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★         感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “三上延” 関連記事 】

  > No.1032 「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」
  > No.0875 「江ノ島西浦写真館」
  > No.0835 「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」

  > No.0718 「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」
  > No.0631 「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~」
  > No.0559 「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」
  > No.0554 「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」
  > No.0493 「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」


 「トラップ・ハウス」石持浅海 <<< PREV
               NEXT >>> 「カラット探偵事務所の事件簿2」乾くるみ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月19日 (木)

【習志野きらっとスプリント(2012年)>予想&結果】

< 7月20日に行われる習志野きらっとスプリント(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【習志野きらっとスプリント】

 記念すべき第1回だった昨年は、1~5番人気馬が掲示板を占める人気決着となりましたが、ここはその時の勝ち馬であるラブミーチャンを素直に◎にしましょう。

 なんといっても(勝つまではいかないとはいえ)何度も交流重賞で馬券に絡んでいる実績がありますし、南関遠征でも全日本2歳優駿制覇にJBCスプリント0.2秒差4着など結果を出していますし、勝った昨年と同斤量で出走できるので、人気でもこの馬を◎にしたくなりますからね。

 その代わり相手の方は少し捻って、昨年の2着馬&船橋記念の2~5着馬を選んでみました。


  ◎ ラブミーチャン / 濱口楠彦 (5)
  ○ ジーエスライカー / 坂井英光 (6)
  ▲ バトルファイター / 石崎駿 (12)
  △ セントラルコースト / 御神本訓史 (10)
  △ ギオンゴールド / 和田譲治 (4)
  △ ダイワディライト / 今野忠成 (1)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5  ◎ ラブミーチャン   濱口楠彦 1
 2着 6  ○ ジーエスライカー 坂井英光 2
 3着 4  △ ギオンゴールド  和田譲治  7
 4着 9     トーセンクロス   町田直希 3
 5着 3     バロズハート    真島大輔 6


 ◎ラブミーチャンは、先団争いを見る位置でレースを進めて、最終コーナーでスルスルと先頭に躍り出ると、ジーエスライカーとの叩き合いを制して勝利と、貫録の勝利でしたね。

 そして自分も12連続不的中でストップさせることができました.....。

 7月はここまで全部不的中で、このレースが終わると残り3レースしかないので“7月全不的中”も現実味を帯びてきていただけに、ここでストップ出来たのにはホッとしましたねェ。

 まあ、この日は誕生日だったので、たぶん当たるだろうな~という根拠のない自信はあったのですけどね。


  (3連複:4-5-6 8.0倍)  ○的中!  3,000円 → 7,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 1/10   10.0%  -22,800円   24.0%

☆12年通算 > 28/112  25.0%  +36,580円  110.9%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●●●●● → ○
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【マーキュリーC(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【中京記念&アイビスサマーD(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

『トラップ・ハウス』 石持浅海 > 「このミス」完全読破 No.558

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.558

 『トラップ・ハウス』 石持浅海

   「このミス」2013年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.7.11 ~ 読終:2012.7.12

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年5月>

トラップ・ハウス (光文社文庫)トラップ・ハウス (光文社文庫)
石持 浅海

光文社 2014-11-12
売り上げランキング : 122546

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 石持浅海のデビュー10周年を記念して、No.544「玩具店の英雄 座間味くんの推理」と共に2ヶ月連続刊行された作品です。

 内容の方は、冒頭に見取図が描かれていることからもわかるように、いわゆる“館ミステリ”。

 “館ミステリ”といえば、それまであえて書いて来なかったものを昨年のNo.484「人面屋敷の惨劇」でとうとう解禁したのですが、それから1年も経たぬ間に早くも2作目が発売されたのですね。

 とはいえ今回も、ただの“館ミステリ”ではない“石持版館ミステリ”に仕上がっていました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 卒業を間近に控えた大学生9人組が、卒業旅行として選んだのが、リゾート地にある貨車を改良して造られたトレーラーハウス。

 しかし中に入ってみると、細工が施されていて外に出ることができなくなり、さらには様々なトラップが仕掛けられていて.....。

 というわけで、トレーラーハウスが事件の舞台となるので、“館ミステリ”らしい館ではないですし、謎めいた殺害方法や驚愕すべきトリックもなく、サスペンス度も低めです。

 そしてそのほとんどを討論形式による推理に費やしていることから、これまでの石持作品らしさそのままの“石持版館ミステリ”なのですね。

 なので、テロリズムか感じられる罠や討論形式の推理劇など読み応えがある一方で、登場人物の歪んだ倫理観や共感しにくい犯行動機なども相変わらずなので、過去の石持作品が合わないという人なら本作とも反りが合わない可能性は高いかも。

 ただ石持作品好きといえども評価は分かれているようなので、“犯人の主な攻撃方法が画鋲を使った罠”と聞いて、“しょぼっ”と思うのではなく、“それは逆に面白いかも”とニヤリとしてしまう人にお薦めですね。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★        おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力 度 : ★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★★      感涙ウルウル度 : ★
   衝撃バカミス度 : ★★★★     気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “石持浅海” 関連記事 】

  > No.869 「罪人よやすらかに眠れ」
  > No.755 「二歩前を歩く」
  > No.687 「三階に止まる」
  > No.634 「フライ・バイ・ワイヤ」

  > No.558 「トラップ・ハウス」
  > No.544 「玩具店の英雄 座間味くんの推理」
  > No.509 「彼女が追ってくる」
  > No.484 「人面屋敷の惨劇」
  > No.465 「ブック・ジャングル」

  > No.389 「撹乱者」
  > No.383 「見えない復讐」
  > No.350 「この国。」
  > No.297 「リスの窒息」
  > No.293 「君がいなくても平気」

  > No.112 「耳をふさいで夜を走る」
  > No.091 「君の望む死に方」
  > No.089 「心臓と左手 座間味くんの推理」
  > No.070 「月の扉」
  > No.037 「扉は閉ざされたまま」


 「ダウン・バイ・ロー」深町秋生 <<< PREV
                     NEXT >>> 「ビブリア古書堂の事件手帖3」三上延

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月18日 (水)

「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」簡易版プレイリスト(2012年7-9月)

 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)Podcast」の2012年7~9月のプレイリストです

 過去の回を聴き返す時などにご利用ください

 各回のタイトルは、自分で勝手に付けています


  配信日 / 収録時間 / “タイトル” / タイトル以外の主な内容


  NEXT >>> 簡易版プレイリスト(2012年10-12月)

  簡易版プレイリスト(2012年4-6月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

07/04 47:01 “サインを飾る店に疑問”

  ・嫁の体重を暴露
  ・脱ルネラジを目指すリスナーからのメール
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:小倉奈々
  ・<ハンマー投げのコーナー!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


07/11 47:28 “男爵に54世(娘)誕生”

  ・「第2回 妬男」を振り返る
  ・ルネラジTシャツ&窓辺Tシャツをネット販売
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:小倉奈々
  ・<クイズ・タレント図鑑!>
  ・「妬男」の打ち上げでウノTの元カノを呼びつける


07/18 44:33 “男爵がブログを開設

  ・かもめんたる槙尾に玉を抜いて槙子になるよう要求
  ・印牧マネに娘の名前案でイジられムカムカ
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:小倉奈々
  ・<クイズ・タレント図鑑!>


07/25 47:21 “娘の名前は"百夏(ももか)"に決定”

  ・ひぐち君、出掛けてないのにTwitterで目撃情報多数
  ・話が長い運転手のタクシーに監禁状態
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:小倉奈々
  ・<大日本イカン警察!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/01 48:16 “ひぐちカッター顔面に受けた真野恵里菜に感謝”
         (* 実際に受けたのは道重さゆみ)

  ・○○ジャパンに物申す(ロンドン五輪開幕)
  ・過去のアーカイブのiPhone以外での配信開始
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:成瀬心美
  ・<降りてきたもの100連発!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


08/08 48:00 “先週の"真野・道重間違い事件"の反響”

  ・ルネラジスタッフにプロデューサー加入
  ・モノノフ芸人を実施したトーク舞踏会の感想メール
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:成瀬心美
  ・<ハンマー投げのコーナー!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


08/15 46:16 “ももクロの西武ドームライブに行く”

  ・男爵に「レコメン」出演のオファー
  ・自分とツレだけアリーナ席で観た大関マネに苦言
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:成瀬心美
  ・<大日本イカン警察!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


08/22 49:47 “真野恵里菜に直接謝罪”

  ・加藤D(負け加藤)のルネラジ卒業決定
  ・ゲスト:真野恵里菜(フリートーク・スペシャル企画に参加)
  ・<真野ちゃんのことが
     なんとなくわかるかもしれない10問10答!>
  ・<ルネタンヌーボのコーナー> (ゲスト:成瀬心美


08/29 48:44 “出演した「レコメン」の反響”

  ・今回が通常回としては記念すべき200回
  ・オナベな後輩芸人に苦言
  ・<ルネタンヌーボのコーナー> (ゲスト:成瀬心美
  ・<クイズ・タレント図鑑!>
  ・今回で加藤Dがルネラジ卒業
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

09/05 49:34 “大阪でコウメ太夫と飲みに行く”

  ・文化放送の編成局長と飲みに行く
  ・髭男爵は「THE MANZAI」 2回戦で敗退(三拍子を応援)
  ・<大日本イカン警察!>
  ・<全AIDL5 一斉アンケート!>
    (ゲスト:つぼみ成瀬心美小倉奈々加藤リナ


09/12 48:40 “アンタ柴田の暴露話に反論”

  ・かもめんたるがキングオブコント決勝進出
  ・<全AIDL5 一斉アンケート!>
    (ゲスト:つぼみ成瀬心美小倉奈々加藤リナ
  ・<降りてきたもの100連発!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


09/19 58:34 “しろうさんの包茎手術の古傷がパックリ開く”

  ・10月から恒例の地方5局ネット放送決定
  ・自分がオカマだと気付いた医師リスナーからのメール
  ・<全AIDL5 一斉アンケート!>
    (ゲスト:つぼみ成瀬心美小倉奈々加藤リナ
  ・<クイズ・タレント図鑑!>
  ・「オーラがなかった」とTwitterでつぶやく店員に激怒
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


09/26 56:17 “送別会(男の娘バー)での加藤Dの態度に不満”

  ・オカルト推しトーク舞踏会の感想メール(窓辺金融)
  ・<全AIDL5 一斉アンケート!>
    (ゲスト:つぼみ成瀬心美小倉奈々加藤リナ
  ・<クイズ・タレント図鑑!(最終回)>
  ・<ハンマー投げのコーナー!(最終回)>
  ・エコーの掛け方を松原Dに指導
  ・<妬男改善委員会!(最終回)>
  ・真木蔵人の良い人柄に感激(マザーファッカー)
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 簡易版プレイリスト(2012年10-12月)

  簡易版プレイリスト(2012年4-6月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2012年の「ルネラジ」関連記事】

  > 超簡易版プレイリスト(2012年) (13.7.16)

  > 簡易版プレイリスト(2012年1-3月) (12.7.25)
  > 簡易版プレイリスト(2012年4-6月) (12.7.17)
  > 簡易版プレイリスト(2012年7-9月) (12.7.18)
  > 簡易版プレイリスト(2012年10-12月) (12.10.3)

  > プレイリスト(2012年1月) (12.1.22)
  > プレイリスト(2012年2月) (12.2.16)
  > プレイリスト(2012年3月) (12.4.25)
  > プレイリスト(2012年4月) (12.5.31)


 その他の年の「ルネラジ」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「髭男爵 山田ルイ53世のルネラジ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村    ラジオ番組 ブログランキングへ

2012年7月17日 (火)

「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」簡易版プレイリスト(2012年4-6月)

 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)Podcast」の2012年4~6月のプレイリストです

 過去の回を聴き返す時などにご利用ください

 各回のタイトルは、自分で勝手に付けています


  配信日 / 収録時間 / “タイトル” / タイトル以外の主な内容


  NEXT >>> 簡易版プレイリスト(2012年7-9月)

  簡易版プレイリスト(2012年1-3月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

04/04 40:32 “スペインロケでのヒドい通訳さん”

  ・久々に会ったコウメ太夫がガリガリで驚く
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:さとう遥希
  ・<ルネビアの泉(最終回)>
  ・<いい人大好き山田さんのコーナー(最終回)>


04/11 43:08 “お酒に酔ってグデングデンの放送”

  ・今回からPodcastオンリー
  ・「ゴールデンラジオ」木曜のレポーターに就任
  ・<ルネタンヌーボのコーナー.>(ゲスト:さとう遥希
  ・<半年に一度のお楽しみ 新コーナー紹介のコーナー>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


04/18 44:11 “ももクロ好きをアピール”

  ・今回の配信分も泥酔デロデロ状態
  ・ニューヨーク在住ハッピーパンダから2度目のメール
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:さとう遥希
  ・<半年に一度のお楽しみ 新コーナー紹介のコーナー>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


04/25 42:46 “iPhoneで「ルネラジアプリ」配信決定”

  ・「グータンヌーボ」の番組スタッフと飲みに行く
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:さとう遥希
  ・<大日本イカン警察!>
  ・ヒロシを"愚痴の化物"と評価

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/02 48:29 “後輩芸人のデリカシーのなさに不満”

  ・後輩から誕生日プレゼントに掃除機ルンバをもらう
  ・「ゴールデンラジオ」の中継コーナーを
    仕事の合間に観に来る昭和の窓辺を気持ち悪がる
  ・さすらいの旅人ターミーからのメール:ガラパゴス諸島より
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:加藤リナ
  ・<クイズ・タレント図鑑!>


05/09 45:55 “ももクロのライブにウノT&大関マネと行く”

  ・「ゴールデンラジオ」でもルネラジの感じが出てダメ出し
  ・男爵の嫁の写真を見たメイクさんが慌てる?
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:加藤リナ
  ・<ハンマー投げのコーナー!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


05/16 46:49 “愚痴の化物・ヒロシ登場”

  ・「第2回 妬男」文化放送内での開催決定
  ・ゲスト:ヒロシ
    (フリートーク&イカン警察&オマケコーナーに参加)
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:加藤リナ
  ・<大日本イカン警察!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


05/23 46:40 “文化放送の定例記者会見に呼ばれる”

  ・嫁のブスさ加減に対してゲシュタルト崩壊中
  ・滑り止めの大学に通うリスナーからのメール
  ・ウノTが一人で海に行く(彼女と別れる)
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:加藤リナ
  ・<降りてきたもの100連発!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


05/30 46:51 “ロケでウサギ島に行く”

  ・トーク舞踏会の感想メール
  ・海上自衛隊リスナーからのメール
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:加藤リナ
  ・<クイズ・タレント図鑑!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06/06 45:42 “東京新聞が取材に来る”

  ・「題名のない音楽会」に出演
  ・昭和の窓辺のTwitterを見るのが日課な
    高3女子からのメール
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:つぼみ
  ・<大日本イカン警察!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


06/13 47:31 “かもめんたる槙尾のホモ疑惑”

  ・以前ルネラジにAKB48がゲストに来たことを自慢
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:つぼみ
  ・<クイズ・タレント図鑑!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


06/20 43:30 “ルネラジ&窓辺Tシャツの発売決定”

  ・産まれる娘のベビーベッドについて悩む
  ・仕事で女装する
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:つぼみ
  ・<妬男改善委員会!>
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>


06/27 47:20 “かもめんたる槙尾が完全女装して登場”

  ・ルネラジが東京新聞の記事になる
  ・病院に行っただけなのに誤った情報をツイートされる
  ・<ルネタンヌーボのコーナー>(ゲスト:つぼみ
  ・<大日本イカン警察!>
  ・ゲスト:かもめんたる槙尾
    (エンディング&オマケコーナーに参加)
  ・<エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  NEXT >>> 簡易版プレイリスト(2012年7-9月)

  簡易版プレイリスト(2012年1-3月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2012年の「ルネラジ」関連記事】

  > 超簡易版プレイリスト(2012年) (13.7.16)

  > 簡易版プレイリスト(2012年1-3月) (12.7.25)
  > 簡易版プレイリスト(2012年4-6月) (12.7.17)
  > 簡易版プレイリスト(2012年7-9月) (12.7.18)
  > 簡易版プレイリスト(2012年10-12月) (12.10.3)

  > プレイリスト(2012年1月) (12.1.22)
  > プレイリスト(2012年2月) (12.2.16)
  > プレイリスト(2012年3月) (12.4.25)
  > プレイリスト(2012年4月) (12.5.31)


 その他の年の「ルネラジ」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「髭男爵 山田ルイ53世のルネラジ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村    ラジオ番組 ブログランキングへ

2012年7月16日 (月)

『ダウン・バイ・ロー』 深町秋生 > 「このミス」完全読破 No.557

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.557

 『ダウン・バイ・ロー』 深町秋生

   「このミス」2013年版 : 36位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.7.7 ~ 読終:2012.7.11

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 文庫本 <2012年5月>

ダウン・バイ・ロー (講談社文庫)ダウン・バイ・ロー (講談社文庫)
深町 秋生

講談社 2012-05-15
売り上げランキング : 71544

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 最近の深町秋生といえば、文庫書き下ろしである“組織犯罪対策課八神瑛子シリーズ”がベストセラーとなっています。

 そして本作は、八神シリーズではないですし版元自体違うものの、やはり文庫書き下ろしとして発売されました。

 いきなり文庫で発売となると、ハードカバーと比べても内容的に薄めというか読みやすさ重視なのかな?といったイメージがあるのですが、深町作品の場合は、いきなり文庫だからといって作中から湧き出る熱量や漲るパワーは健在なのですよね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 女子高生・響子たちの目の前で、幼なじみの遥が電車への飛び込み自殺をする事件が発生。

 響子たちグループによるイジメが原因だと疑われ、周りから孤立化していく中、町内では次々に猟奇的な事件が起きてきて.....。

 というわけで、主人公がイジメ自殺の加害者と責められそれに耐えている場面から始まるのですが、ちょうど読んでいた時期に大津市のいじめ自殺問題で大騒ぎになっていたこともあって、よりリアルに感じられてイヤミス度はかなり高かったです。

 ただ、猟奇的事件が起こってからはミステリ&サスペンス的な展開に読んでいて引き込まれていきましたし、中盤ではハードボイルド的展開となり、さらに終盤では深町作品らしいバイオレンス的展開に突入していくなど、話が進むにつれてスピード感がグイグイと加速して読み応えも増していきましたね。

 まあ、現実離れした部分も多々ありますが、震災後の山形の荒んだ田舎町という舞台の描写が真に迫っていますし、そんな町に巣食う悪の存在も不気味な空気感を作中に漂わせているので、八神シリーズとはまた一味違ったバイオレンスミステリを楽しむことができるのではないでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★★★
   ビックリ驚愕度  : ★★        おどろおどろ度 : ★★★
   熱アクション度  : ★★★★     主キャラ魅力 度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★      感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “深町秋生” 関連記事 】

  > No.881 「バッドカンパニー」

  > No.675 「アウトサイダー 組織犯罪対策課 八神瑛子III」
  > No.557 「ダウン・バイ・ロー」
  > No.541 「アウトクラッシュ 組織犯罪対策課 八神瑛子II」
  > No.483 「アウトバーン 組織犯罪対策課 八神瑛子」
  > No.462 「ダブル」


 「新月譚」貫井徳郎 <<< PREV/NEXT >>> 「トラップ・ハウス」石持浅海

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

【マーキュリーC(2012年)>予想&結果】

< 7月16日に行われるマーキュリーカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【マーキュリーカップ】

 一線級の馬たちがいない中で争う中距離交流重賞といったイメージのあるレースですが、抜けた存在がいない分、オッズ的にも予想のし甲斐がありますね。

 それでここは、ちょっと思い切ってスエズを◎にしてみたいと思います。

 たぶん中央馬の中でも1番の人気薄で、もしかしたら地方馬より人気が下となる可能性もありえるかもしれない馬ですが、左回りのダートでは前々走まで全て掲示板と安定感がありますし、唯一着外だった前走は4ヶ月ぶりの休み明けが影響したのかもしれません。

 それに、中央馬の中で唯一普段から先行している脚質は盛岡に合っているし、ピイラニハイウェイと同厩ということで“同厩馬の人気薄の方”パターンに当てはまりますからね。

 それから、急遽乗り替わりとなった蛯名正義が、当初は中央馬に地方騎手(戸崎圭太)が騎乗予定だったことで、“負けてられない”という気合の入った気持ちで騎乗するのではないかな~と思うので、距離経験的にも不安があるし自信があって◎にするわけではありませんが、オッズの妙味も考えてこの馬に期待してみることにしました。

 相手は、地方馬も含めて広く流すつもりですが、これを書いているのがまだオッズが出ていない時間なので、当日のオッズがある程度固まってから、時間があれば相手馬や買い方を追記する予定です。

[ 追記 ]
 地方馬2頭を含めた3連複流しでいってみようと思います。


  ◎ スエズ / 蛯名正義 (11)
  ○ グランドシチー / 津村明秀 (9)
  ▲ シビルウォー / 岩田康誠 (14)
  △ ピイラニハイウェイ / 内田博幸 (6)
  △ フリソ / 上村洋行 (4)
  △ アスペクト / 山本政聡 (5)
  △ カミノヌヴォー / 阿部英俊 (10)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14 ▲ シビルウォー  岩田康誠 1
 2着 9  ○ グランドシチー 津村明秀 2
 3着 4  △ フリソ       上村洋行 4
 4着 11 ◎ スエズ      蛯名正義 5
 5着 2     トーホクキング 菊地康朗 7


 ◎スエズは、直線に入った時点ですでに手応えが怪しくなってしたものの、3着争いとしては最後まで粘ってくれたので、最後まで楽しむことができましたね。


  (3連複:4-9-14 7.0倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 0/9    0.0%  -27,000円    0.0%

☆12年通算 > 27/111  24.3%  +32,380円  109.7%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【函館記念(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【習志野きらっとスプリント(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月15日 (日)

【MDB式“2012年第18節・G大阪戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★7/14(土) J1リーグ第18節・ガンバ大阪戦 (万博)


  ○2-1 (前半1-0、後半1-1)  主審:木村博之  観衆:14,966人

  .<得点> 1-0 富澤清太郎   (横浜・43分)
          1-1 パウリーニョ  (大阪・87分)
          2-1 齋藤学      (横浜・90+4分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 中村俊輔が、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、7月28日に行われるJ1リーグ第19節・清水エスパルス戦は出場停止となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 小林祐三が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成しました。


 兵藤慎剛が、マリノス所属時公式戦通算188試合出場となり、山田隆裕(93-97)を抜いてマリノス歴代単独20位となりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時リーグ戦通算142試合出場となり、清水範久(02-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「負けなし(通算)」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「負けなし(シーズン)」記録 > 11試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「引き分け」記録 > 3試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位タイ>


  ・「アウェー無得点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「アウェー無失点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 2位タイ>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第18節終了時 : 9位 (前節 11位)
         < 6勝 9分 3敗  勝点 27 得点 19 失点 15 得失点差 +4 >

 最近5試合(第14~18節) 順位 : 7位 (前節 9位)
         < 2勝 3分 0敗  勝点 9  得点 5 失点 3 得失点差 +2 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (フォトレポートブログ) 「7/14 ガンバ大阪戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「G大阪がホームで、勝利への執念を示すも、
                          『勝点3』は横浜FMが手に。


 (カナロコ) 「」

 (スポニチ) 「斎藤 五輪前、国内“ラストマッチ”で決勝ロスタイム弾!

 (日刊スポーツ) 「横浜MF斎藤五輪へ執念のゴール

 (スポーツ報知) 「斎藤、ロスタイムV弾!五輪「自信ある」

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤がロスタイムV弾!五輪へ弾み

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第18節・G大阪戦”プレビュー】 <<<


  にほんブログ村 サッカーブログへ  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【函館記念(2012年)>予想&結果】

< 7月15日に行われる農林水産省賞典 函館記念(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【農林水産省賞典 函館記念】

 土曜の函館2歳Sも外れてとうとう10連続不的中となってしまったので、ここはなんとしてでも当てたいところなのですが、どんな予想をしても裏目に出そうに感じてしまって、なんか悪循環にハマってしまったようですねェ。

 それでここは、1番人気のトウカイパラダイスを◎にしてみましょう。

 無難に決めたように思われそうですが、2走前にGIIの目黒記念で不利を受けながら2着に好走、前走の巴賞はきっちり勝って洋芝をクリアということで、高い調教評価も考慮すれば、やはりこの馬を狙いにいきたくなってしまうのです。

 その代わり、相手には穴めな馬も入れて、紐荒れ決着にも対応しておきましょう。


  ◎ トウカイパラダイス / 柴山雄一 (7)
  ○ トランスワープ / 大野拓弥 (3)
  ▲ ネオヴァンドーム / 浜中俊 (11)
  △ マイネルスターリー / 川須栄彦 (1)
  △ コスモファントム / 丹内祐次 (2)
  △ マヤノライジン / 松田大作 (5)
  △ アクシオン / 木幡初広 (10)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3  ○ トランスワープ    大野拓弥 4
 2着 8     イケトップガン     丸田恭介 8
 3着 4     ミッキーパンプキン 池添謙一 7
 4着 7  ◎ トウカイパラダイス  柴山雄一 1
 5着 5  △ マヤノライジン    松田大作 10


 最後までどちらを◎にしようか悩んでいた2頭のうち、選んだほうが4着で、やめたほうが1着という結果となってしまいました.....。

 まあ、2・3着馬の両方共に相手に入れていなかったので、まあどちらにしろ当てることは出来なかったわけなのですけどねェ。


  (3連複:3-4-8 245.5倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 0/8    0.0%  -24,000円    0.0%

☆12年通算 > 27/110  24.5%  +35,380円  110.7%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【函館2歳S(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【マーキュリーC(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月14日 (土)

『新月譚』 貫井徳郎 > 「このミス」完全読破 No.556

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.556

 『新月譚』 貫井徳郎

   「このミス」2013年版 : 投票数0

   受賞(候補) : (「直木三十五賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.7.4 ~ 読終:2012.7.6

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年4月>

新月譚 (文春文庫)新月譚 (文春文庫)
貫井 徳郎

文藝春秋 2015-06-10
売り上げランキング : 11345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 貫井徳郎は、社会派なテーマを込めつつトリックやどんでん返しなどの趣向を凝らしたミステリ作品を主に発表しています。

 しかし本作では、そういったトリックなどのミステリ要素を排して、女性目線による恋愛物語を描くという、新境地開拓とでもいうべき作風の変化が見られているのですね。

 そんな挑戦が成功しているのは、直木賞にノミネートするなど発売直後から反響が大きかったことからもわかりますし、なにより実際に読んでみれば実感できるのではないでしょうか。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 八年前に突然絶筆した大物作家・咲良怜花は、自宅を訪れてきた新人編集者に対し、今まで誰にも話して来なかった断筆理由を語ることに。

 しかしその内容は、怜花の隠されてきた半生をさらけ出した、壮絶で波乱万丈な恋愛物語で.....。

 というわけで、20代のOLであった怜花が、いかにして恋愛に溺れ、作家を目指すことになり、大物作家にまで登り詰め、断筆することになったのか、といった物語が、怜花目線で描かれていきます。

 OL当時の怜花が容姿にコンプレックスを持ち男性と付き合ったこともない女性だったこともあり、恋愛話といっても華やかでラブラブなものではなく、鬱屈していて負の感情がうごめくようなタイプなので、どことなくサスペンス的な雰囲気も漂っていたように感じました。

 そしてそんな主人公の心理描写も丁寧かつ臨場感たっぷりに描かれているので、これを男性作家が(貫井徳郎が)書いたということを読んでいて忘れてしまうほどなのですが、桐野夏生や真利幸子ならもっとドロドロネチネチと書いていそうな内容なのに、結構あっさりというかスッキリとした読み応えとなっていたところなど、やはり男性作家ならではといえるのでは。

 そんな恋愛話の途中から産まれ出る形で、主人公が作家を目指す物語も進んでいきまして、文壇の魅力的な裏話を絡めつつ、一人の作家のサクセスストーリーが繰り広げられていきます。

 こちらの作家としての物語にも、もちろん恋愛話の要素が密接に絡んできますし、それゆえに作家を目指す理由や作家としての苦悩、傑作を書き上げてしまう素養などにもより説得力が加わっていましたね。

 そんなわけで、基本は恋愛小説ではあるものの、作家の成長&成功物語としての魅力も大いにありましたし、560ページというボリュームの割には読み進めやすい文章なので、“恋愛小説だから”という理由だけで敬遠してしまうのはもったいないのではないでしょうか。


<< 『新月譚』貫井徳郎インタビュー(Youtube動画) >>
 


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★         鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度  : ★          おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★         主キャラ魅力 度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★★    人間味ドラマ度 : ★★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★      感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “貫井徳郎” 関連記事 】

  > No.767 「私に似た人」
  > No.666 「ドミノ倒し」
  > No.605 「灰色の虹」

  > No.569 「微笑む人」
  > No.556 「新月譚」
  > No.337 「明日の空」
  > No.237 「乱反射」
  > No.099 「慟哭」


 「地獄の門」法条遙 <<< PREV/NEXT >>> 「ダウン・バイ・ロー」深町秋生

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

【函館2歳S(2012年)>予想&結果】

< 7月14日に行われる函館2歳ステークス(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【函館2歳ステークス】

 いよいよ2歳重賞がスタートしますが、全ての馬は1・2戦馬ということもあり、自分は血統などを予想の要素に入れていないので、いつもの予想基準が使えないので難しいですね。

 そんな中で、ここはアットウィルを◎にしてみましょう。

 この記事を書いている時点で1番人気を争っている馬だから無難に選んだ、というわけではなくて、東スポの調教評価が高く、厩舎コメントも上向きだったので、その2点で決めてしまいました。


  ◎ アットウィル / 岩田康誠 (2)
  ○ ティーハーフ / 武豊 (11)
  ▲ ローガンサファイア / 松田大作 (8)
  △ ストークアンドレイ / 川島信二 (1)
  △ ジーブラック / 丸山元気 (14)
  △ ミータロー / 服部茂史 (15)
  △ タガノハピネス / 松山弘平 (3)
  △ エターナルムーン / 丹内祐次 (9)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1  △ ストークアンドレイ 川島信二  3
 2着 6     コスモシルバード  木幡初広  5
 3着 11 ○ ティーハーフ     武豊     2
 4着 7     ロゴタイプ      村田一誠 14
 5着 2  ◎ アットウィル     岩田康誠  1


 ◎アットウィルは、出遅れたうえに直線では前詰まりと、散々なレースとなってしまいました.....。

 それでも0.2秒差の5着に来ているので、スムーズな走りが出来ていれば.....。

 そしてこれで10連続不的中となってしまったので、そろそろ大きいのが当たる頃かも?と無理やりに前向きなことを考えてみました。


  (3連複:1-6-11 79.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 0/7    0.0%  -21,000円    0.0%

☆12年通算 > 27/109  25.0%  +38,380円  111.7%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【JDD(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【函館記念(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月13日 (金)

『地獄の門』 法条遙 > 「このミス」完全読破 No.555

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.555

 『地獄の門』 法条遙

   「このミス」2013年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.7.2 ~ 読終:2012.7.4

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 文庫本 <2012年3月>

地獄の門 (角川ホラー文庫)地獄の門 (角川ホラー文庫)
法条 遥

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-03-24
売り上げランキング : 267235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 佐藤良太がふと気付くと、目の前には天使が案内役を務める天国の光景が。

 わけが分からぬまま今度は地獄へと連れられて、そこで悪魔から知らされたのは、自分が何者かに殺されたという事実。

 自身の状況を把握した良太は、記憶を手繰り寄せ犯人を推理すると共に、復讐のために悪魔を騙して記憶を失わずに転生する計画を企てることに.....。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、「バイロケーション」で日本ホラー小説大賞・長編賞を受賞した法条遙の、デビュー2作目となります。

 主人公が地獄で策略を練っている一方で、現世では恋人(良太)を殺された刑事・三浦愛が、犯人に復讐を果たそうと動き出しまして、地獄と現世における同一犯人へ向けての復讐劇が交互に描かれていくのですね。

 まず地獄の世界というのが、コメディ的に演出されていまして、悪魔のキャラクターや役割、転生するための条件など、一般的な地獄のイメージに対するパロディ的な面白さがあり、主人公と悪魔との掛け合いなどもなかなかの楽しさです。

 一方で現世の方では、アウトロー女刑事・愛を中心にした物語が描かれていくのですが、愛が独自に進めていく捜査がとても謎めいているので、事件の真相と共に愛の目的に関しても読んでいてかなり気になってしまいました。

 そして2つの世界が合わさることで、帯や裏表紙の煽り文にもあるように驚きの事実が明らかになるものの、これは結構多くの人が途中で気付いてしまうのではないでしょうかね。

 とはいえ、地獄と現世という二つの世界を舞台にしたライトでコメディ的なホラーミステリとしての面白さは大いにあるので、“驚愕の結末”に期待せずに、作品世界を楽しむつもりで読むのが良いのでは。


   本格ミステリ度  : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★★★
   熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力 度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★
   衝撃バカミス度 : ★★★★     気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “法条遙” 関連記事 】

  > No.582 「リライト」
  > No.555 「地獄の門」


 「ビブリア古書堂の事件手帖2」三上延 <<< PREV/NEXT >>> 「新月譚」貫井徳郎

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月12日 (木)

【MDB式“2012年第18節・G大阪戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★7/14(土) 19:00~ J1リーグ第18節・ガンバ大阪戦 (万博)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  11位 5勝 9分  3敗 勝点 24  17得 14失 得失 +3 」
  G大阪 :「  17位 3勝 4分 10敗 勝点 13  26得 38失 得失 -12 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「   9位  1勝 4分 0敗 勝点 7   3得 2失 得失 +1 」
  G大阪 :「  15位  1勝 1分 3敗 勝点 4  11得 13失 得失 -2 」


 G大阪は、開幕から3連敗&5試合勝ちなし(0勝 1分 4敗)とスタートで出遅れ、同じようにリーグ戦で不調だった他のACL組が調子を戻し上位争いに加わってきている一方で、第8節から前節までの10試合でわずか1勝(1勝 3分 6敗)と不調は続き、順位も降格圏内をキープしている状況です。

 そして現在2連敗中で、守備面での不安定さは相変わらずなものの、攻撃面では復調している感じもあるので、5月の対戦時(0-0で引き分け)のようにマリノスがなかなか先制点を奪えないような展開になると、やっかいな相手となってしまうかもしれませんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 G大阪戦は、公式戦通算で「31勝 7分 22敗」、リーグ戦通算で「24勝 6分 14敗」と大きく勝ち越してますが、リーグ戦アウェーでは「10勝 3分 9敗」、万博記念競技場での公式戦で「11勝 4分 10敗」と五分の成績となっています。

 ただ2006年以降のアウェーでは、昨年の対戦で敗れただけの「3勝 3分 1敗」と相性良くなっていますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 今回の試合で引き分けると、4試合連続引き分けとなり、「連続引き分け」のマリノス歴代新記録を達成します。


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 11試合連続“負けなし(通算記録)”達成 (マリノス歴代 3位タイ)
   > 11試合連続“負けなし(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 3位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 4試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 新記録達成)


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 3試合連続“アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 2位)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 小林祐三が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場を達成します。


 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算188試合出場となり、山田隆裕(93-97)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算155試合出場となり、大島秀夫(05-08)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算142試合出場となり、清水範久(02-10)を抜いてマリノス歴代単独20位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中村俊輔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算46ゴールとなり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代4位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 勝分敗ファイル】を見よ!!


 この試合で引き分けると、リーグ戦通算100引き分けを達成します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、この試合から後半戦が始まりますが、ここ最近は3連続引き分けとモヤモヤ感が漂う試合続きなので、ぜひとも気持ち良く勝利したいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 G大阪:なし

 【出場停止にリーチ】 マリノス:中村俊輔、小林祐三

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:ドゥトラ、マルキーニョス、青山直晃、
                        小椋祥平、天野貴史、熊谷アンドリュー

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  G大阪オフィシャル

 【チケット情報】  G大阪オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「横浜 マルキーニョス欠場へ「100%じゃない」」 (7/14)
   > 「マルキーニョス再離脱…横浜M」 (7/14)

   > 「俊輔、驚異の回復力!14日先発復帰にGOサイン」 (7/13)
   > 「俊輔、14日・G大阪で先発復帰…横浜M」 (7/13)

   > 「【横浜】ドゥトラは全治2、3週間」 (7/11)
   > 「驚異の回復力!俊輔 14日のG大阪戦で復帰も」 (7/11)
   > 「レアンドロ 25日柏戦へ本格合流も…体重そう 」 (7/11)

   > 「横浜 ブラジル人コンビ長期離脱も…ともに途中交代」 (7/8)


 【TV中継】 (生) 7/14(土) 18:50~  J SPORTS 1
            7/14(土) 18:55~  スカチャン3D

        (録) 7/15(日) 05:00~  スカチャン2
            7/15(日) 14:30~  スカチャン3D

            7/16(月) 13:00~  スカチャン3D
            7/16(月) 15:30~  J SPORTS 1

            7/17(火) 04:50~  スカチャン0
            7/17(火) 17:30~  スカチャン3D

            7/18(水) 05:00~  スカチャン2
            7/18(水) 19:30~  スカチャン3D

            7/19(木) 15:10~  スカチャン1
            7/19(木) 17:00~  スカチャン3D

            7/20(金) 18:00~  スカチャン3D

            7/21(土) 11:00~  スカチャン3D
            7/21(土) 26:00~  スカチャン0

            スカチャン3D : 7月22日(日)~8月10日(金)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第18節・G大阪戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログへ  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年7月11日 (水)

『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』 三上延 > 「このミス」完全読破 No.554

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.554

 『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』 三上延

   「このミス」2012年版 : 121位

   受賞(候補) : (「日本推理作家協会賞〈短編部門〉」候補作収録
             「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」)

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.6.30 ~ 読終:2012.7.1

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"後"

   読んだ版 : 文庫本 <2011年10月>

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延

アスキー・メディアワークス 2011-10-25
売り上げランキング : 170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.493「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」に続く、“ビブリア古書堂の事件手帖シリーズ”の2作目です。

 2011年春に発売された1作目がこのレーベルでは異例のヒットを記録していたのですが、秋に2作目(本作)が発売された相乗効果もあってか今年(2012年)1月には早くもシリーズ累計100万部を突破し、4月には200万部突破、さらに3作目(No.559「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」)が発売された6月には300万部突破と、モンスター級の大ヒットとなっているのですね。

 そんな大人気シリーズの2作目なわけですが、「このミス」的に見てみると、24位とランクインまであと一歩までいった1作目に対し、この2作目は1票入っただけと、評価に大きな差がありました。

 ただそれは、1作目と同じ「2012年版」の対象だったので、やはり1作目に票が集まるのは仕方ないことだし、締切ギリギリの10月末発売だったことも影響していそうです。

 それに、本作収録の「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」は日本推理作家協会賞・短編部門にノミネートされているので(受賞はならず)、1作目に注目が集まっているとはいえ2作目の評価が低いわけではないでしょう。

 なお、シリーズを通しての軸や謎がありますし、前作の話題にも度々触れているので、1作目から順に読むことをお薦めします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「プロローグ 坂口三千代『クラクラ日記』(文芸春秋)・Ⅰ」 「エピローグ 坂口三千代『クラクラ日記』(文芸春秋)・Ⅱ」に挟まれる形で「アントニイ・バージェス『時計仕掛けのオレンジ』(ハヤカワNV文庫)」 「福田定一『名言随筆 サラリーマン』(六月社)」 「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」を収録した連作形式の作品です。

 北鎌倉で営業する老舗の古書店を舞台にしたシリーズでして、店主の栞子さんが退院したことにより、アルバイト店員である主人公・五浦大輔は栞子さんと2人で店を切り盛りすることになります。

 そして各話のタイトルにもなっている実在の古書にまつわる謎や騒動が繰り広げられる“日常の謎系ミステリ”なのですが、扱われる古書とそこから生まれる謎との関連性が前作以上に魅力的に結びついていたように感じられました。

 それに、今回は栞子さんの過去(特に母親との関係)に関する謎もメインテーマとなっていて、そういった主人公たちのドラマと古書を巡る謎も強く絡み合っていたので、日常の謎系ミステリとしても、恋愛話を中心としたドラマとしても、前作よりもさらに熟成されていたように思います。

 ちなみに、大船や北鎌倉など子供の頃から馴染みの場所が舞台となっているため、このシリーズ作品は物語世界の背景がリアルに感じられるのですが、それ故に小説的な演出のあった前作よりも、リアルとフィクションの差が縮まっていた本作の方が違和感が少なかった分、より楽しめましたね。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★★     鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度  : ★★        おどろおどろ度 : ★
   熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力 度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★     人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気軽に読める度 : ★★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “三上延” 関連記事 】

  > No.1032 「ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~」
  > No.0875 「江ノ島西浦写真館」
  > No.0835 「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」

  > No.0718 「ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~」
  > No.0631 「ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~」
  > No.0559 「ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~」
  > No.0554 「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」
  > No.0493 「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~」


 「鮫島の貌」大沢在昌 <<< PREV/NEXT >>> 「地獄の門」法条遙

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月10日 (火)

【JDD(2012年)>予想&結果】

< 7月11日に行われるジャパンダートダービー(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ジャパンダートダービー】

 3歳ダートの頂点を決める一戦です。

 今年は中央勢がダートで実績を残してきた馬が揃いましたし、初ダートであるトリップも弥生賞2着に日本ダービー0.5秒差7着と芝では破格の実績がある馬なので、これはかなり楽しみなレースとなりそうですね。

 レースが楽しみな分、予想の方は難しくなるのですが、ここはホッコータルマエを◎にしてみましょう。

 言うまでもなく端午S組というのはかなりレベルが高く、JDD直行の勝ち馬以外の上位馬は揃って次走で古馬相手に快勝していて、もちろんこの馬もそんな中の一頭です。

 その端午Sでは今回も対戦するハタノヴァンクールに敗れたとはいえ同タイムでしたし、先行脚質や、3コーナーから追っ付け通しでありながらも最後まで伸びていた持続性のある脚など、素人ながらに大井向きなのではないかと思うのですよね。

 それに、この記事を書いているのはまだ馬券が発売されていない時間なので、人気の方がどうなるかはっきりとはわかりませんが、たぶんこの馬は中央馬の中では伏兵的な人気になると思うので、そんなオッズの妙味も考慮して、この馬に期待してみることにしました。

 相手や買い方は、前日最終オッズが出てからここに追記する予定ですが、中央馬決着が濃厚と言われているからこそ逆に南関GIを勝った2頭は相手に入れたいなと、今のところは考えています。


【 追 記 】
 前日最終オッズを見たところ、やはりホッコータルマエは中央馬の中でも伏兵的人気となっていたので、ここは3連複の相手を絞らずに広く流した小心者買いでいってみましょう。

 ただ、当日になってオッズが下がるようだったら、1頭だけ相手から外しますが、その外した馬が来そうな予感がしないでもないので、ホッコータルマエ絡みのオッズが下がらないことを祈るのみ.....。


  ◎ ホッコータルマエ / 幸英明 (3)
  ○ オースミイチバン / 川島洋人 (10)
  ▲ ハタノヴァンクール / 四位洋文 (11)
  △ ストローハット / 内田博幸 (9)
  △ フリートストリート / 岩田康誠 (4)
  △ プレティオラス / 本橋孝太 (6)
  △ アートサハラ / 今野忠成 (8)
  △ トリップ / 小牧太 (7)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 11 ▲ ハタノヴァンクール 四位洋文 1
 2着 7  △ トリップ         小牧太   4
 3着 8  △ アートサハラ     今野忠成 7
 4着 10 ○ オースミイチバン   川島洋人 3
 5着 3  ◎ ホッコータルマエ   幸英明   6


 結局当日になってオッズが下がってしまったので、初ダートのトリップを相手から外したのですが、案の定そのトリップが2着に入ってしまいました.....。まあ◎馬が5着の時点でどちらにしてもダメなのですが。

 その◎ホッコータルマエは、逃げるか逃げ馬を直前に見る位置から直線で抜け出し、つまりはトリップのような走りを期待していたので、終始内に包まれたうえでの直線上がり勝負となってしまったら、この馬的には厳しいですよねェ。

 予想通りに南関馬が馬券に絡んできただけに、ここは当てたいところでしたが.....。


  (3連複:7-8-11 171.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 0/6    0.0%  -18,000円    0.0%

☆12年通算 > 27/108  25.0%  +41,380円  112.7%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ☆●●●●●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【プロキオンS&七夕賞(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【函館2歳S(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月 9日 (月)

『鮫島の貌 新宿鮫短編集』 大沢在昌 > 「このミス」完全読破 No.553

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.553

 『鮫島の貌 新宿鮫短編集』 大沢在昌

   「このミス」2013年版 : 34位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.6.29 ~ 読終:2012.7.1

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年1月>

鮫島の貌: 新宿鮫短編集 (光文社文庫)鮫島の貌: 新宿鮫短編集 (光文社文庫)
大沢 在昌

光文社 2015-05-12
売り上げランキング : 5930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 No.27「新宿鮫」No.43「毒猿」No.75「屍蘭」No.171「無間人形」No.262「炎蛹」No.348「氷舞」No.400「灰夜」No.419「風化水脈」No.426「狼花」No.456「絆回廊」に続く、”新宿鮫シリーズ”の11作目です。

 ただ本作はシリーズ初の短編集となっているので、“新宿鮫Ⅺ(11)”の表記は次の長編に付くのでしょう。

 シリーズ短編集ということもあって、キャラクター紹介的な一面もあるので、シリーズ未読の人でも楽しむことができると思います。

 ただ、本作の最初に収録の「区立花園公園」は10作目「絆回廊」を読んでいるかどうかで感じ方が全く変わるだろうし、最後に収録の「霊園の男」は9作目「狼花」の後日譚的話ということもあり9作目を読んでいないと内容が理解しにくいうえにネタバレとなってしまうので、出来ればシリーズ前10作を全て読み終えた後に、その御褒美的に読むのが良いのではないでしょうか。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「区立花園公園」「夜風」「似た者どうし」「亡霊」「雷鳴」「幼な馴染み」「再会」「水仙」「五十階で待つ」「霊園の男」の短編10作を収録。

 掲載書誌がほぼバラバラということもあり、それぞれが単独の短編なのですが、鮫島が主役であったり脇に回ったり、出演場面も出ずっぱりだったりピンポイント出演だったりと、内容的にもバリエーションに飛んでいるので読んでいて飽きることはありません。

 まあ、がっつりと濃厚な読み応えが魅力な長編に比べ、短編ではページ数が少ないこともありどうしてもあっさりとした読み応えなので、長編の魅力を期待してしまうと物足りなさを感じてしまうかもしれないものの、短編ならではの切れ味やテンポの良さなど、このシリーズの新たな魅力も生み出されていたように思います。

 それに、10作目の後に読むとしみじみしてしまう話に、9作目の後日譚話、それに鮫島の学生時代の様子が窺える話もあるなど、シリーズ愛読者だからこそ楽しむことのできる要素も盛り込まれているので、短編集だからといって読まずにいてはもったいないでしょうね。

 そして、『エンジェル・ハート 公式ガイドブック』が初出の「似た者どうし」、『小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所』が初出の「幼馴染み」では、それぞれ人気漫画のキャラクターである冴羽獠(りょう)・両津勘吉と共演を果たしている異色作なのですが、それぞれのキャラが存分に活かされながらもあくまで“新宿鮫”の世界観にハマり込んでいるので、まあ小説の世界と漫画の世界との融合には賛否分かれるとは思いますが、どちらも好きなのであればかなり嬉しいプレゼント的作品となるのでは。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★        鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度  : ★★        おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★★      主キャラ魅力 度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★      気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “大沢在昌” 関連記事 】

  > No.1012 「俺はエージェント」
  > No.0945 「夜明けまで眠らない」
  > No.0781 「雨の狩人」
  > No.0628 「冬芽の人」
  > No.0553 「鮫島の貌 新宿鮫短編集」

  > No.0456 「絆回廊 新宿鮫X」
  > No.0435 「氷の森」
  > No.0426 「狼花 新宿鮫IX」
  > No.0419 「新宿鮫 風化水脈(新宿鮫VIII)」
  > No.0417 「やぶへび」

  > No.0404 「女王陛下のアルバイト探偵(アイ)」
  > No.0400 「灰夜 新宿鮫VII」
  > No.0348 「氷舞 新宿鮫VI」
  > No.0335 「ブラックチェンバー」
  > No.0292 「欧亜純白 ユーラシアホワイト」

  > No.0262 「炎蛹 新宿鮫V」
  > No.0171 「無間人形 新宿鮫IV」
  > No.0075 「屍蘭 新宿鮫III」
  > No.0043 「毒猿 新宿鮫II」
  > No.0027 「新宿鮫」


 「猫背の虎 動乱始末」真保裕一 <<< PREV
                    NEXT >>> 「ビブリア古書堂の事件手帖2」三上延

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月 8日 (日)

【MDB式“2012年第17節・C大阪戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★7/7(土) J1リーグ第17節・セレッソ大阪戦 (ニッパ球)


  △1-1 (前半1-0、後半0-1)  主審:井上知大  観衆:9,751人

  .<得点> 1-0 富澤清太郎  (横浜・31分)
          1-1 柿谷曜一朗  (大阪・80分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 小林祐三が、リーグ戦通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると1試合の出場停止処分となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 大黒将志が、Jリーグ通算250試合出場(J2も含む)を達成しました。

 小林祐三が、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場にリーチとなりました。


 兵藤慎剛が、マリノス所属時公式戦通算187試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代20位タイとなりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時リーグ戦通算141試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代20位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「負けなし(通算)」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「負けなし(シーズン)」記録 > 10試合連続 達成 <マリノス歴代 5位>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 8試合連続 達成 <マリノス歴代 2位タイ>

  ・「引き分け」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 1位タイ>

  ・「同一カード ホーム負けなし」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 5位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【記念試合情報】


 今回の試合で引き分けたため、リーグ戦通算100引き分けにリーチとなりました。


  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第17節終了時 : 11位 (前節 12位)
         < 5勝 9分 3敗  勝点 24 得点 17 失点 14 得失点差 +3 >

 最近5試合(第13~17節) 順位 : 9位 (前節 10位)
         < 1勝 4分 0敗  勝点 7  得点 3 失点 2 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (フォトレポートブログ) 「7/7 セレッソ大阪戦フォトレポート

 (フォトレポートブログ) 「7/7 セレッソ大阪戦イベントフォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「横浜FM・齋藤が攻撃陣を牽引するも、C大阪・柿谷弾によってドロー


 (カナロコ) 「苦い教訓後半戦に/C大阪戦から

 (スポニチ) 「斎藤 ポスト直撃に「ああいうのが決められるのが良い選手」

 (スポニチ) 「横浜 ブラジル人コンビ長期離脱も…ともに途中交代

 (日刊スポーツ) 「斎藤は関塚監督に快足でアピール

 (スポーツ報知) 「斎藤ホーム初得点ならず!3連続ドロー

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤、五輪代表合宿での猛アピール誓う

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第17節・C大阪戦”プレビュー】 <<<


  にほんブログ村 サッカーブログへ  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【プロキオンS&七夕賞(2012年)>予想&結果】

< 7月8日に行われる東海テレビ杯プロキオンステークス(GIII)七夕賞(GIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東海テレビ杯プロキオンステークス】

 ここは無難にいけばやはりダート転向が成功した1番人気のファリダットかな、とは思うものの、それもちょっとつまらないので、タンジブルアセットを◎にしてみましょう。

 前走はそのファリダットと同じレースを走り敗れたわけですが、5着ながらもわずか0.3秒差でしたし、先行脚質なのに出遅れたことを考えれば、この結果は上々といえるのでは。

 それに、調教評価も高めで、この後放牧に出すということでメイチに仕上げているようですし、5回走って複勝圏4回と左回りでは結果を出しているので、初の1400mさえ問題なければ、ここでファリダットを逆転できるかはともかく3着以内に好走する可能性は大いにあるのではないでしょうか。


  ◎ タンジブルアセット / 渡辺薫彦 (4)
  ○ ファリダット / 佐藤哲三 (9)
  ▲ シルクフォーチュン / 藤岡康太 (7)
  △ インオラリオ / 小牧太 (15)
  △ セレスハント / 武豊 (10)
  △ アドマイヤロイヤル / 安藤勝己 (14)
  △ トシキャンディ / 酒井学 (6)
  △ テイクアベット / 国分恭介 (3)
  △ アースサウンド / 中谷雄太 (2)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  △ トシキャンディ     酒井学  12
 2着 14 △ アドマイヤロイヤル 安藤勝己 4
 3着 9  ○ ファリダット      佐藤哲三  1
 4着 13    ワールドワイド    北村友一 10
 5着 7  ▲ シルクフォーチュン  藤岡康太 2

11着 4  ◎ タンジブルアセット  渡辺薫彦  8


 勝ち馬がそのまま逃げ粘りそうだとわかった時点で「あ~こりゃダメだ」と諦めたのですが、よくよく思い返してみたらこの馬はしっかり相手に入れていたのですねェ。すっかり忘れていました。

 ただまあ、◎馬が直線入って早々に沈んでいったので、勝ち馬を相手に入れていようが馬券的には意味がなかったのですが....。

 ここは素直にファリダットを◎にしておくべきでした.....。


  (3連複:6-9-14 242.9倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【七夕賞】

 ここはエクスペディションを◎にしてみましょう。

 5ヶ月の休み明けで、その休み前は10着に敗れていることから、狙いにくい戦績ではありますが、“夏に強く道悪も得意”とこの舞台だからこその評価を受けていますからね。

 それで過剰人気となっていたら逆に手を出しにくかったものの、混戦オッズながらもこの記事を書いている時点で5番人気とそれほど人気になっているわけでもないので、この馬に期待することにしました。

 ただ、これを書いている時点で1番人気のトーセンラーを相手から外す予定なので、なんかこのトーセンラーが普通に来て外しそうで怖いですねェ。


  ◎ エクスペディション / 浜中俊 (12)
  ○ ミキノバンジョー / 太宰啓介 (7)
  ▲ ゲシュタルト / 蛯名正義 (1)
  △ ダイワファルコン / 北村宏司 (3)
  △ トップゾーン / 吉田豊 (15)
  △ スマートステージ / 中舘英二 (14)
  △ タッチミーノット / 横山典弘 (10)
  △ アニメイトバイオ / 江田照男 (8)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6     アスカクリチャン   内田博幸 14
 2着 5     トーセンラー     岩田康誠 1
 3着 7  ○ ミキノバンジョー   太宰啓介 7
 4着 16    ケイアイドウソジン 石橋脩   13
 5着 11    ニシノメイゲツ    田中勝春 6

 8着 12 ◎ エクスペディション  浜中俊   3


 プロキオンSに引き続いて◎馬は見せ場すらなく、観ていて盛り上がりようのないレースとなってしまいました....。

 まあ、3着に逃げ粘った○ミキノバンジョーの方を軸にしていたとしても、あえて外したトーセンラーは悪い予感通りに2着に来ちゃうし、勝ち馬はどう予想しても相手に入れることが出来なかっただろうから、自分にはどうやっても当てられないレースだったってことなのでしょうねェ。


  (3連複:5-6-7 671.8倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 0/5    0.0%  -15,000円    0.0%

☆12年通算 > 27/107  25.2%  +44,380円  113.8%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●☆●●●●●● → ●●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【スパーキングレディーC(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【JDD(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年7月 7日 (土)

週刊少年ジャンプ新連載! 「タカマガハラ」 川井十三

週刊少年ジャンプ 2012年7月23日号 NO.32週刊少年ジャンプ 2012年7月23日号 NO.32
集英社

2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2012年7月に投入された新連載の第2弾が、2012年32号(7月9日発売)から始まった「タカマガハラ」です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2012年32号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の川井十三(かわい・じゅうぞう)は、「パンチ・ドランク・モンク」で“第72回 手塚賞(2006年下半期)”の佳作を受賞し(受賞時は“河井十三”名義)、「魑魅魍魎有限少年」が“赤マルジャンプ2008WINTER”に掲載されデビュー。

 その後は、「タカマガハラ」が“赤マルジャンプ2009SUMMER”に掲載され(週刊少年ジャンプ増刊! 「赤マルジャンプ2009SUMMER」参照)、その同名リニューアル版「タカマガハラ」がJ金未来杯エントリー作品として“本誌2011年32号”に掲載され本誌デビュー(週刊少年ジャンプ読切! 「タカマガハラ」 川井十三参照)。

 そして2度掲載された読切を元にした本作にて連載デビューとなりました。

 ちなみに、昨年(2011年)の金未来杯組としては優勝した「HUNGRY JOKER」(田畠裕基)に先駆けての連載となりましたが、金未来杯優勝作品より先に他のエントリー作品が連載となったのは、優勝した坂本裕次郎の「タカヤ-おとなりさんパニック!!-」(連載の際に副題を「-閃武学園激闘伝-」に変更)よりも先に西義之の「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」が連載となった第1回(2004年)、優勝した椎橋寛の「ぬらりひょんの孫」よりも先に藍本松の「MUDDY」が連載となった第3回(2007年)に次いで3度目となります。


 内容の方ですが、特殊能力系学園バトル漫画です。

 強さを求めて常日頃から心・技・体を鍛えている、人呼んで“山田五兄弟”。

 兄弟揃って格闘技やケンカなどで数々の実績と勲章を積み重ねる中、三男のヤマトだけは漫画家を目指して日夜奮闘中。

 そんなヤマトに対し、リーゼントヤンキー・フカキョンが学園最強の座をかけての勝負を挑んで来て.....。


 読切版との比較ですが、主人公の名前(赤マル版:山田麒麟児、本誌読切版:山田大知<ヤマト>)や、特殊能力の名前(赤マル版:少年期少女期特有特殊能力<ジュブナイル>、本誌読切版:神業)など、基本的な名称は本誌読切版を継承しています。

 ただ、赤マル版も本誌読切版も主人公がすでに能力者だった(自身の能力を自覚していた)のに対し、連載版ではまだ自身の能力を自覚していない状況ですし、五人兄弟や漫画家志望など、どちらの読切版にもなかった設定が多く付け加えられていました。

 それに、赤マル版も本誌読切版も硬派な雰囲気で中二病設定全開だったのに対し、連載版ではコミカルな雰囲気で普通の学園漫画的なやり取りも多く見られたので、読切版と連載版とでは全く別物とでも言うべき作風の変化が感じられましたね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  投票受付期間:2012.7.7~7.15
 Takama


  投票受付期間:2012.7.7~7.15
 20127_2

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「川井十三」関連記事】

  > 赤マルジャンプ2009SUMMER(「タカマガハラ」) (09.8.19)
  > 週刊少年ジャンプ読切! 「タカマガハラ」 川井十三 (11.7.15)
  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「タカマガハラ」 川井十三 (12.7.7)
  > <JC1巻買い> 「タカマガハラ」 川井十三 (13.1.24)

 【「2012年のジャンプ新連載」関連記事】

  > 「食戟のソーマ」 附田祐斗 佐伯俊 (12.11.23)
  > 「新米婦警キルコさん」 平方昌宏 (12.11.16)
  > 「HUNGRY JOKER」 田畠裕基 (12.11.10)

  > 「クロス・マネジ」 KAITO (12.9.13)
  > 「裂!!! 伊達先パイ」 近藤信輔 (12.9.8)

  > 「タカマガハラ」 川井十三 (12.7.7)
  > 「暗殺教室」 松井優征 (12.6.30)

  > 「戦星のバルジ」 堀越耕平 (12.5.19)
  > 「斉木楠雄のψ難」 麻生周一 (12.5.12)
  > 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ (12.5.5)

  > 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔 (12.2.25)
  > 「ハイキュー!!」 古舘春一 (12.2.18)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
     にほんブログ村       にほんブログ村

「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2012年7月)

 「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」本編(ラジオ)&Podcastの、2012年7月のプレイリストです

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

 内容を細かく書いてしまうと、これから聴く方の楽しみを奪ってしまうことになるので、話に出てくる主なキーワードを並べるだけにしてみました(ただ最近はある程度詳しく書くようになってきたので、未聴の方はネタバレにご注意ください)


 / 放送日(収録日) / 本編 or P-C(Podcast) / 放送(収録)時間 /
 / “タイトル” / 「キーワード」(『』はメッセージ(メール)テーマ) /

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 この時期に配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2012年 7月 】


07/06 本編 (2:00:00) “『なんだよコイツ!?』”

 「今夜は生放送(先週の島田占い回顧)」「いぼ痔が大きくなった
 日村(ウンチすると便器が血で真っ赤)」「寝る前に水をガブガブ
 飲む日村(水ガブガブ星人)」「日村はデブ? ガリガリ?〈Podcast.
 11.10.07参照〉」「かけたい曲対決(○日村:マツケンサンバ2/松
 平健 vs ×設楽:1000のバイオリン/THE BLUE HEARTS)」「ヒム
 ペキ兄さん(舎弟を従えることでバリバリのヤンキーソングにした
 "POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~/反町隆
 史")」「湿気対策」「バスタオルは何回使ってから洗う?」「スピリッ
 ツ音頭」「かけたい曲対決(×日村:COME ON EVERYBODY/TM
 NETWORK vs ○設楽:七夕の人/七尾旅人)」


07/06 P-C (0:45:16) “チン毛の白髪チェック”

 「ライブまで1ヶ月切る(まだ何もしていない)」「金子哲雄(流通ジ
 ャーナリスト)が気持ち悪く面白い」「トム・クルーズの離婚問題」
 「"ノンストップ"での唐沢寿明(ふざけた登場)」「日村のふざけた
 登場案」「いいともカップ」「短パンなのに膝にサポーター付ける
 日村」「月火が眠かった設楽(豪快な寝方だったギャル曽根)」
 「"ノンストップの人だ" "ファイヤーダンスの人だ"」「タクシー運
 転手の"ノンストップ"感想」「ホクロから白髪が生えてきた日村」
 「日村のチン毛に白髪があるかチェックするオークラ」「オークラ
 のチン毛の白髪を確認する日村」「設楽のチン毛の白髪をチェ
 ックする日村&オークラ」「スタッフのチン毛の白髪もチェック(
 の1その2)」

 「2012年7月6日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/13 本編 (2:00:00) “『すげー言い訳』”

 「日村風邪引く(設楽が移す)」「映画"アンパンマン"の舞台挨拶
 に参加(元気で面白かったやなせ先生)「"いいともCUP"で目の
 前にある的にボールを当てることが出来なかった設楽」「かけた
 い曲対決(×日村:もっと強く抱きしめたなら/WANDS vs ○設楽
 :明日へのマーチ/桑田佳祐)」「日村の髪型の気持ち悪さ(イジ
 リーさんで例える)」「日村は髪を分けると石井ふく子似」「ヒムペ
 キ兄さん(地元に海がない秩父出身の設楽でも共感できる"波
 乗りジョニー/桑田佳祐")」「スピリッツ音頭」「この仮説どうです
 か?」「かけたい曲対決(×日村:masquerade/trf vs ○設楽:Z女
 戦争/ももいろクローバーZ)」


07/13 P-C (046:32) “ラリアット・チョップ・タックルの強さ比べ”

 「日村風邪引く」「風邪を一発で治すには」「日村の強い所(痛み・
 寒さ)」「設楽・オークラのラリアット強さ比較」「設楽・オークラの
 チョップ強さ比較」「今年の夏に食べたい物(パインアイス・うなぎ
 ・白熊・ハーゲンダッツのマカダミアナッツ・セブンイレブンの冷し
 中華・冷や汁・ピザ)」「日村チョップ」「日村と設楽のショルダータ
 ックル想像強さ比べ」

 「2012年7月13日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/20 本編 (2:00:00) “JJモデル・ニコルの好きなタイプは日村?”

 「ライブ後に1週間夏休みがあったら行きたい所」「平井理央アナ
 結婚(日村が女子アナと結婚する可能性)」「JJモデルのニコル
 がテレビで好きなタイプは日村と発言(ゲストに呼ぶ?)」「かけた
 い曲対決(×日村:背番号のないエース/ラフ&レディ vs ○設楽
 :負けないで/ZARD)」「日村が氷水でポコチン冷してクールダウ
 ン」「ヒムペキ兄さん(日本全国酒飲み音頭&男はつらいよの要
 素を入れて頑固親父にも生きていることの素晴らしさが伝わる
 "アンパンマンのマーチ")」『ポンコツすぎ!!』「スピリッツ音頭」
 「この仮説どうですか?」「かけたい曲対決(×日村:Hello, my fri
 end/松任谷由実 vs ○設楽:Sabotage/でんぱ組.inc)」


07/20 P-C (028:05) “お稲荷さんと日村のお稲荷さん”

 「収録時翌日には"27時間テレビ"出演予定」「その後にライブ稽
 古本格始動」「"27時間テレビ"の飯時間問題」「お稲荷さんと日
 村のお稲荷さん(金玉)」「食べ物で例えられる体の部位」「本編
 放送中に氷水でポコチン冷してクールダウンした日村」「日村に
 似ている食べ物」「お稲荷さんになった気持ちでエンディング」

 「2012年7月20日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/27 本編 (2:00:00) “バナナムーンイントロクイズ2012”

  ・ゲスト:チーム設楽・西尾季隆(X-GUN)
               小沢一敬(スピードワゴン)
       チーム日村・さがね正裕(X-GUN)
               イマニヤスヒサ
               ラリゴ(ランチランチ)

 「今週は収録(ライブ直前のため)」「スピリッツ音頭(日村川柳)」
 「チームメンバー登場&紹介」

 [ バナナムーンイントロクイズ 夏の歌対決 ]

 日村チーム: ×0P 渚にまつわるエトセトラ/Puffy
 設楽チーム: ×0P 真夏のSounds good!/AKB48

 日村チーム: ○3P 青い珊瑚礁/松田聖子
 設楽チーム: ○3P 真夏の果実/サザンオールスターズ

 日村チーム: ○3P GOING GOING HOME/H Jungle with t
 設楽チーム: △2P 夢の途中/スピードワゴン

 日村チーム: ○3P 真夏の夜の夢/松任谷由実
 設楽チーム: △2P GO GO サマー!/KARA

 日村チーム: ×0P 夏が来る/大黒摩季
 設楽チーム: △2P 夏の思い出/ケツメイシ

 日村チーム: △2P 花火/aiko
 設楽チーム: ○3P Shy Boy/Secret

 日村チーム: ○3P ウェカピポ/SOUL'd OUT
 設楽チーム: ○3P ココ☆ナツ/ももいろクローバー

 日村チーム: ○3P ジェットコースター・ロマンス/KinKi Kids
 設楽チーム: ▲1P innocent world/Mr.Children

 設楽チーム: ○3P Yeah! めっちゃホリディ/松浦亜弥
 日村チーム: △2P GOLDFINGER'99/郷ひろみ

 日村チーム: ○3P 激愛/長渕剛
 設楽チーム: ×0P Sunny Day Sunday/センチメンタル・バス

 「22Pvs19Pで日村チーム勝利」「"前に進め/さがね侍BAND"
 締め」


07/27 P-C (014:04) “イントロクイズの反省会”

  ・ゲスト:X-GUN
        小沢一敬(スピードワゴン)
        イマニヤスヒサ
        ラリゴ(ランチランチ)

  「本編のイントロクイズ回顧」「小沢を責める」「選曲を振り返る」
 「ゴネる西尾」「ガネさんテンション低下」「ラリゴファインプレー」
 「次回に向けて」

 * 関連する回については、ゲスト出演回リスト(2012年)参照

 「2012年7月27日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2012年8月)

 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2012年6月) <<< PREV

 

それいけ! アンパンマン よみがえれ バナナ島[DVD]それいけ! アンパンマン よみがえれ バナナ島[DVD]
やなせたかし

バップ 2012-11-21
売り上げランキング : 1334

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2012年の「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2011-2012年) (13.1.28)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2012年) (12.1.10)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2012年) (12.1.9)

  > 曲対決リスト(2012年1-4月) (15.2.6)
  > 曲対決リスト(2012年5-8月) (15.3.13)
  > 曲対決リスト(2012年9-12月) (15.7.5)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年1月) (12.1.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年2月) (12.2.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年3月) (12.3.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年4月) (12.4.7)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年5月) (12.5.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年6月) (12.6.2)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年7月) (12.7.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年8月) (12.8.4)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年9月) (12.9.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年10月) (12.10.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年11月) (12.11.23)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年12月) (12.12.16)


 その他の年の「バナナムーンGOLD」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年7月 6日 (金)

『猫背の虎 動乱始末(大江戸動乱始末)』 真保裕一 > 「このミス」完全読破 No.552

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.552

 『猫背の虎 動乱始末』 真保裕一

   * 文庫化の際に『猫背の虎 大江戸動乱始末』に改題

   「このミス」2013年版 : 投票数0

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.6.27 ~ 読終:2012.6.29

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年4月>

猫背の虎 大江戸動乱始末 (集英社文庫)猫背の虎 大江戸動乱始末 (集英社文庫)
真保 裕一

集英社 2015-10-20
売り上げランキング : 17575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 真保裕一は、江戸川乱歩賞を「連鎖」で受賞してデビューし、その後も(デビュー作を含めた)“小役人シリーズ”を始めとして毎年のように「このミス」にランクインを果たし、No.23「ホワイトアウト」で1位、No.69「奪取」で2位となるなど、「このミス」高位の常連作家でした。

 ただ2001年版以降は、作風の変化もあってか一転してランキングに全く顔を出さなくなったので、「このミス」的には過去の作家的なポジションとなってしまっているのでしょうか.....。

 とはいえ現在も精力的に作品を発表しているのには変わりなく、そんな中でもここ最近では時代小説にも挑戦していて、本作は「覇王の番人」「天魔ゆく空」に続く3作目の時代小説となるのですね。

 ただ、同じ時代小説とはいえこの3作はシリーズものではなくそれぞれ単独の作品ですし、本作は前2作とはまたタイプの違った時代小説に仕上がっていました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 江戸時代の安政期、江戸の町を大地震が襲い、その被害は甚大なものに。

 巨漢ながらも背を丸めて歩く姿から“猫背の虎”とささやかれている同心の大田虎之助は、人手不足と亡き父の偉業の影響からか、同心の中でも花形に近い臨時廻りの役職に大抜擢。

 大地震の影響を色濃く残す江戸の町で起きた様々な謎を解決せんと、虎之助は町中を駆けずり回ることに.....。

 というわけで、同心(今でいう刑事)を主人公に据えた時代小説なのですが、各章ごとに違った事件が取り扱われ、さらには作品全体を通した事件や謎もあるという、連作に近い形式となっています。

 まずはやはり、今でいう震度6に相当する安政の大地震によって、多数の死傷者が出て、大火事も起き、多くの建物が崩壊するという状況が、昨年(2011年)の東日本大震災を経験しているだけあってよりリアルに感じられました。

 そんな混乱の江戸で起きる事件の謎を主人公が追っていくわけですが、ミステリ的には意外性のある真相や思わずうなってしまうような推理などはそれほどないものの、大地震直後という状況だからこその事件や騒動が描かれ、それが巨漢ながらもお人好しな主人公の物語にも大きく影響を与えていくので、人情系時代ミステリとしての読み応えは大いにあるのではないでしょうか。

 主人公の純情的な恋物語もあり、事件捜査に捕り物あり、震災直後の人間ドラマもありと、様々なエンタメ要素が盛り込まれているので、時代小説としてはもちろん、時代小説という枠を超えた魅力も感じられましたね。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★      鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★        おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★★      主キャラ魅力 度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★       気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “真保裕一” 関連記事 】

  > No.944 「脇坂副署長の長い一日」

  > No.552 「猫背の虎 動乱始末」
  > No.385 「ブルー・ゴールド」
  > No.248 「デパートへ行こう!」
  > No.069 「奪取」
  > No.023 「ホワイトアウト」


 「楽園のカンヴァス」原田マハ <<< PREV/NEXT >>> 「鮫島の貌」大沢在昌

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月 5日 (木)

【MDB式“2012年第17節・C大阪戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★7/7(土) 19:00~ J1リーグ第17節・セレッソ大阪戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  12位 5勝 8分 3敗 勝点 23  16得 13失 得失 +3 」
  C大阪 :「  15位 5勝 3分 8敗 勝点 18  18得 22失 得失 -4 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「  10位  1勝 4分 0敗 勝点 7  2得 1失 得失 +1 」
  C大阪 :「  14位  1勝 1分 3敗 勝点 4  4得 9失 得失 -5 」


 C大阪は、開幕から3試合負けなしで(2勝 1分 0敗)、5節終了時には5位に付けるなど好調なスタートとなりました。

 しかしそれ以後はなかなか勝てなくなり、第6節以降の11試合でわずか2勝のみ(2勝 2分 7敗)で、降格圏の一歩手前にまで順位を下げています。

 そんな状況なうえに、攻撃陣の中心的存在だった清武弘嗣が前節を最後に海外移籍となり、キム ボギョンはすでに韓国オリンピック代表に合流しているようで、さらに次節か次々節以降にはオリンピック代表に参加するため山口蛍&扇原貴宏もしばらく欠場となるので、この試合でなんとしてでも勝ち点3を獲っておきたいという強い気持ちで挑んできそうですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 C大阪戦は、公式戦通算で「19勝 4分 9敗」、リーグ戦通算で「16勝 4分 8敗」、リーグ戦ホームで「8勝 3分 3敗」と、いずれも大きく勝ち越しています。

 そして同じホームでも、日産スタジアムでの公式戦では「3勝 2分 1敗」とわずかに勝ち越しているだけなのに対し、ニッパ球(三ツ沢時代も含む)では「7勝 0分 2敗」と大きく勝ち越しているので、対C大阪としては相性の良い舞台といえそうですね。

 ちなみに、昨年のC大阪戦ホームゲームもニッパ球開催で、兵藤慎剛&中村俊輔のゴールもあり2-1で勝利しています。

 さらにちなみに、C大阪にホームで敗れたのは、川口能活のマリノスラストゲームとなった2001年2ndステージ第10節(■2-3で延長Vゴール負け)までさかのぼります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 10試合連続“負けなし(通算記録)”達成 (マリノス歴代 5位タイ)
   > 10試合連続“負けなし(シーズン記録)”達成 (マリノス歴代 5位)
   > 8試合連続“ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 2位タイ)
   > 7試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 3試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 大黒将志が出場すると、Jリーグ通算250試合出場(J2も含む)を達成します。

 小林祐三が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算50試合出場にリーチとなります。


 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時公式戦通算187試合出場となり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算155試合出場となり、大島秀夫(05-08)と並びマリノス歴代26位タイとなります。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算141試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中村俊輔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算46ゴールとなり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代4位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算18ゴールとなり、山田隆裕(93-97)と並びマリノス歴代19位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、リーグ戦では9試合負けていないとはいえ、最近は引き分けが多くその分勝ち点を失っているので、観客席がピッチに近い三ツ沢での久々のリーグ戦ということもあり、気持ち良く勝利したいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 C大阪:なし

 【U-23代表参加のため欠場】 マリノス:なし、 C大阪:キム ポギョン

 【U-19代表参加のため欠場】
        マリノス:熊谷アンドリュー(怪我が回復次第代表に合流)、 C大阪:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:中村俊輔、小椋祥平、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「白星遠いC大阪 山口&扇原“勝って代表へ” 」 (7/7)

   > 「横浜・斎藤 アンデスメロンパワーで五輪へ弾み」 (7/6)
   > 「斎藤、メロン効果で一発誓う!…横浜M」 (7/6)
   > 「C大阪、得点源2人離脱 天才児・柿谷が“変心”」 (7/6)

   > 「【C大阪】ポスト清武!新エースに柿谷」 (7/5)
   > 「【C大阪】村田「26を出世番号にする」」 (7/5)

   > 「ロンドン“落選”の比嘉 “当選”斎藤の車に…」 (7/4)


 【TV中継】 (生) 7/07(土) 18:50~  TBSチャンネル

        (録) 7/08(日) 07:30~  スカチャン1

            7/10(火) 12:30~  スカチャン2
            7/10(火) 19:30~  J SPORTS 1

            7/12(木) 04:50~  スカチャン0
            7/12(木) 15:00~  J SPORTS 1

            7/13(金) 12:30~  スカチャン1

            7/14(土) 15:30~  スカチャン2

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第17節・C大阪戦”データボックス】


  にほんブログ村 サッカーブログへ  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年7月 4日 (水)

「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年7月)

 もう4年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2013年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを発売された月別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、“作者の過去実績”や“なんとなくの前評判”を元に、推測されるランクインの可能性ごとに3段階に分けて並べています。

 ちなみに、これを書いている時点では作品をまだ読んでいない状況になると思うので、この3段階の分類は、作品を読んだ上で決めたものではありませんので、その点ご了承ください。

 なお、読んだ上でのランクイン予想に関しましては、「このミス2013年版」下半期のランクイン候補作品の方をご覧ください。 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年7月発売の最有力候補っぽい作品 <<


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年7月発売の有力候補っぽい作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」20位以内ランクイン作品数


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年7月発売の候補っぽい作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」20位以内ランクイン作品数


   女警察署長 K・S・P / 香納諒一 (6作)
   確 証 / 今野敏 (5作) <感想記事はこちら>
   夏 雷 / 大倉崇裕 (3作)
   猫ノ眼時計 / 津原泰水 (3作)  <感想記事はこちら>
   鬼談百景 / 小野不由美 (2作)
   残 穢 / 小野不由美 (2作)  <感想記事はこちら>
   かくも水深き不在 / 竹本健治 (2作)
   探偵法間 ごますり事件簿 / 東直己 (2作)
   OUT OF CONTROL / 冲方丁 (2作)
   短篇五芒星 / 舞城王太郎 (2作)
   白ゆき姫殺人事件 / 湊かなえ (1作)
   ZONE 豊洲署刑事・岩倉梓 / 福田和代 (1作)
   カラット探偵事務所の事件簿 2 / 乾くるみ (1作)  <感想記事はこちら>
   タンタンの事件ファイル 横浜「佐藤さん」殺人事件 / 鯨統一郎 (1作)
   静おばあちゃんにおまかせ / 中山七里  <感想記事はこちら>
   147ヘルツの警鐘 法医昆虫学捜査官 / 川瀬七緒  <感想記事はこちら>
   クエーサーと13番目の柱 / 阿部和重  <感想記事はこちら>
   猫間地獄のわらべ歌 / 幡大介  <感想記事はこちら>
   少年探偵とドルイッドの密室 / 麻生荘太郎
   ラスト・コード / 堂場瞬一
   ワイルドピッチ / 蓮見恭子
   文化祭の夢に、おちる / 彩坂美月
   秘密は日記に隠すもの / 永井するみ
   天命の扉 / 遠藤武文
   東京・オブ・ザ・キャット / 森晶麿
   闇を切り裂く誘拐者 / 矢吹哲也
   逃亡戦犯 / 翔田寛
   ご近所美術館 / 森福都
   浜村渚の計算ノート3と1/2さつめ / 青柳碧人
   ガレキノシタ / 山下貴光
   沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち / 七尾与史
   モンスター・シークレット / 藤本ひとみ
   カンナ 京都の霊前 / 高田崇史
   イヤな予感ほどよく当たる / 藤井建司
   森の家 / 千早茜

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  NEXT >>> 「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年8月)

  「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年6月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年7月 3日 (火)

【スパーキングレディーC(2012年)>予想&結果】

< 7月4日に行われるスパーキングレディーカップ(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【スパーキングレディーカップ】

 夏に唯一行われる牝馬限定交流重賞です。

 今回は、ミラクルレジェンドが先週の帝王賞からの連闘で、クラーベセクレタが4月以来の休み明け、そして交流重賞初参戦の中央馬が2頭いるなど、意外と予想が難しいですね。

 実績でいえばミラクルレジェンドが抜けているものの、やはり牡馬相手の交流GIからの連闘となると不安を感じないでもないので、ここは(エンプレス杯の中止により)4ヶ月ぶり出走となったマリーンCでも2着と結果を出しているクラーベセクレタの方を◎にしてみましょう。

 まあメンバー的にも堅い決着になりそうに思うのですが、ただ最近の自分はガチガチの馬券を当ててもちょっとつまらないな~と感じていることもあって、中央馬の中からレッドクラウディアをあえて相手から外すのと、前日オッズで3連複1番人気の「2-3-9」の組み合わせもあえて外してみたいと思います。


  ◎ クラーベセクレタ / 戸崎圭太 (9)
  ○ ミラクルレジェンド / 岩田康誠 (2)
  ▲ プレシャスジェムズ / 武豊 (12)
  △ スティールパス / 蛯名正義 (3)
  △ ミヤサンキューティ / 真島大輔 (5)

  << 3連複:◎-○▲△(2-3-9以外) >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3  △ スティールパス   蛯名正義  4
 2着 9  ◎ クラーベセクレタ   戸崎圭太 2
 3着 2  ○ ミラクルレジェンド  岩田康誠  1
 4着 4     レッドクラウディア  内田博幸  3
 5着 5  △ ミヤサンキューティ 真島大輔 6


 前日オッズでは3連複「2-3-9」が1番人気だったものの、当日になったら「2-9-12」の方が1番人気になっていたので、あえて外すのは「2-9-12」に変更しました。

 この変更だけだったら当たっていたのですが、スティールパスが+22kgだったので、相手をスティールパスからレッドクラウディアに変更してしまったのです.....。

 まあ、この馬体重増加で勝たれては仕方ないですねェ。


  (3連複:2-3-9 3.9倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年07月 > 0/3    0.0%  -9,000円    0.0%

☆12年通算 > 27/105  25.7%  +50,380円  115.9%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○●●☆●●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.06.20  13,850円  船橋・京成盃グランドM (SIII)  <予想&結果記事>

> 2012.06.03  92,530円  東京・安田記念 (GI)  <予想&結果記事>
> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【CBC賞&ラジオNIKKEI賞(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【プロキオンS&七夕賞(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年07月の記事一覧

 2012年7月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01日 : 【MDB式“2012年第16節・名古屋戦”データボックス】
01日 : 『楽園のカンヴァス』 原田マハ > 「このミス」完全読破 No.551

02日 : >>MDB的コンピCD-36<< 「夏の歌 -2012-」

03日 : 2012年07月の記事一覧
03日 : 【スパーキングレディーC(2012年)>予想&結果】

04日 : 「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年7月)

05日 : 【MDB式“2012年第17節・C大阪戦”プレビュー】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06日 : 『猫背の虎 動乱始末』 真保裕一 > 「このミス」完全読破 No.552

07日 : 「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2012年7月)
07日 : 週刊少年ジャンプ新連載! 「タカマガハラ」 川井十三

08日 : 【プロキオンS&七夕賞(2012年)>予想&結果】
08日 : 【MDB式“2012年第17節・C大阪戦”データボックス】

09日 : 『鮫島の貌 新宿鮫短編集』 大沢在昌 > 「このミス」完全読破 No.553

10日 : 【JDD(2012年)>予想&結果】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日 : 『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』
                        三上延 > 「このミス」完全読破 No.554

12日 : 【MDB式“2012年第18節・G大阪戦”プレビュー】

13日 : 『地獄の門』 法条遥 > 「このミス」完全読破 No.555

14日 : 【函館2歳S(2012年)>予想&結果】
14日 : 『新月譚』 貫井徳郎 > 「このミス」完全読破 No.556

15日 : 【函館記念(2012年)>予想&結果】
15日 : 【MDB式“2012年第18節・G大阪戦”データボックス】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16日 : 【マーキュリーC(2012年)>予想&結果】
16日 : 『ダウン・バイ・ロー』 深町秋生 > 「このミス」完全読破 No.557

17日 : 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」プレイリスト(2012年4-6月)

18日 : 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」プレイリスト(2012年7-9月)

19日 : 『トラップ・ハウス』 石持浅海 > 「このミス」完全読破 No.558
19日 : 【習志野きらっとスプリント(2012年)>予想&結果】

20日 : 『ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~』
                        三上延 > 「このミス」完全読破 No.559

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21日 : 週刊少年ジャンプ読切! 「見渡すかぎりの未成年」 伊原大貴
21日 : 週刊少年ジャンプ読切! 「ひみつはらプレアデス -はつ恋-」 三原すばる

22日 : 【中京記念&アイビスサマーD(2012年)>予想&結果】
22日 : 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」プレイリスト(2010年9-12月)

23日 : 週刊少年ジャンプ読切! 「ROAD TO NARUTO THE MOVIE」 岸本斉史

24日 : 『カラット探偵事務所の事件簿2』 乾くるみ > 「このミス」完全読破 No.560

25日 : 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」プレイリスト(2012年1-3月)
25日 : B'z(配信限定アルバム) / B'z

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26日 : 【MDB式“2012年第19節・清水戦”プレビュー】

27日 : 『ミステリ・オペラ 宿命城殺人事件』 山田正紀 > 「このミス」完全読破 No.561

28日 : 【小倉サマーJ(2012年)>予想&結果】
28日 : 週刊少年ジャンプ読切! 「ゴブリンナイト」 屋宜知宏

29日 : 【クイーンS(2012年)>予想&結果】
29日 : 【MDB式“2012年第19節・清水戦”データボックス】

30日 : 「バナナマンのバナナムーンPodcast」 おすすめ回リスト(2009-2010年)

31日 : 【サンタアニタT(2012年)>予想&結果】

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2012年6月の記事一覧 <<   >> 2012年8月の記事一覧


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年7月 2日 (月)

>>MDB的コンピCD-36<< 「夏の歌 -2012-」

>> MDB的コンピCD << とは?

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「夏の歌 -2012-」

  * 曲名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです


  01 : 真夏のSounds good! / AKB48  <Youtube>

  02 : LOVE LOVE Summer / ケツメイシ  <Youtube>

  03 : 炎天夏 / 湘南乃風  <Youtube>

  04 : アイシテラブル! / SKE48  <Youtube>

  05 : チャンカパーナ / NEWS  <Youtube>

  06 : You & Me / 浜崎あゆみ  <Youtube>

  07 : 夢の外へ / 星野源  <Youtube>

  08 : おいでシャンプー / 乃木坂46  <Youtube>

  09 : 777~We can sing a song!~ / AAA  <Youtube>

  10 : OH YEAH / KREVA  <Youtube>

  11 : ナギイチ / NMB48  <Youtube>

  12 : HEAT / キム・ヒョンジュン  <Youtube>

  13 : GO FOR IT!! / 西野カナ  <Youtube>

  14 : プリプリ♥SUMMERキッス / SUPER☆GiRLS  <Youtube>

  15 : JUST IN TIME SUMMER / TUBE  <Youtube>

  16 : 花 火 / 三代目 J Soul Brothers  <Youtube>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 iPod用追加曲 】


  00 : 西瓜BABY / Not yet  <Youtube>

  00 : ANDROID / 東方神起  <Youtube>

  00 : ロマンス・プライバシー / フレンチ・キス  <Youtube>

  00 : Whatchu Waitin'On? / 倖田來未  <Youtube>

  00 : 太陽スキャンダラス / SCANDAL  <Youtube>

  00 : POSSIBLE / HAN-KUN  <Youtube>

  00 : / Hilcrhyme  <Youtube>

  00 : 夏空HANABI / ぱすぽ☆  <Youtube>

  00 : コムギLOVE feat.若旦那&May J. / BES  <Youtube>

  00 : 夏の大三角形 / NICO Touches the Walls  <Youtube>

  00 : サマータイムブルース / flumpool

  00 : 狩り女 夏子 / YGA  <Youtube>

  00 : Summer Madness feat.横山剣 / quasimode  <Youtube>

  00 : 島 唄 / DJ SASA with THE ISLANDERS

  00 : 流星のくちづけ / 9nine  <Youtube>

  00 : 飛び出せ!サマータイム / DOROTHY LITTLE HAPPY  <Youtube>

  00 : 夏だよHONEY!! / 三浦涼介  <Youtube>

  00 : 夏祭り / あかはる


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2012年に発売された夏ソングを集めたコンピCDを作ってみましょう。

 対象となるのはもちろん“夏の歌”ですが、タイトルや歌詞に夏のキーワードが入っていなくても、なんとなく夏っぽい歌は対象に入れています。

 ただ、この記事を最初に更新したのは7月頭で、まだ2012年の夏ソングが出揃っていないので、これから徐々に曲を追加したり曲順を入れ替えたりして、9月頃に完成する予定です。

 果たして今年は“夏の定番”となるような歌が出てきますでしょうか?

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「“夏の歌”コンピCD」関連記事】

  > 夏の歌 -2013- (13.6.16)
  > 夏の歌 -2012- (12.7.2)

  > 夏の歌 -2011- (11.6.29)
  > ポカリスエットCMタイアップ曲集 (10.7.9)
  > 夏の歌 -2010- (10.6.25)
  > 夏の歌 -2009- (09.8.5)
  > 夏-アップテンポ・セレクション- (08.7.24)


 【「2012年コンピ」関連記事】

  > 夏の歌 -2012- (12.7.2)
  > 冬の歌 -Winter Song 2011~2012- (11.12.23)


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年7月 1日 (日)

『楽園のカンヴァス』 原田マハ > 「このミス」完全読破 No.551

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.551

 『楽園のカンヴァス』 原田マハ

   「このミス」2013年版 : 6位

   受賞(候補) : 「山本周五郎賞」受賞
            (「直木三十五賞」候補)

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「本屋大賞」 3位
              「キノベス!」 4位
              「ミステリが読みたい!」 5位
              「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR
                 (小説ランキング)」 5位
                 (文庫ランキング)」 5位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 6位

   読始:2012.6.24 ~ 読終:2012.6.26

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年1月>

楽園のカンヴァス (新潮文庫)楽園のカンヴァス (新潮文庫)
原田 マハ

新潮社 2014-06-27
売り上げランキング : 6052

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 原田マハは、「カフーを待ちわびて」で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞し、同作にてデビュー。

 デビューのきっかけになった賞や、別名義にてケータイ小説を執筆していることからもわかるように、これまでは恋愛小説やエンタメ文学的な作品を発表していました。

 そして本作で初のミステリ作品に挑戦となったわけですが、発売直後から評判も良く話題になっていて、さらには山本周五郎賞を受賞するなど、その評価は高まる一方という状況なのですよね。

 それはやはり本作が、ニューヨーク近代美術館などに勤務経験があるという経歴が存分に活かされた、長い構想を経て初めて挑む美術分野の長編小説だ、ということも大きいのでしょう。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ニューヨーク近代美術館のアシスタント・キュレーターであるティム・ブラウンが、スイスの大邸宅に招かれると、そこにはルソーの名作『夢』にそっくりな『夢をみた』という作品が。

 持ち主の富豪に“真贋を正しく判定した者に作品を譲る”と告げられたティムは、謎の古書を判断材料にして、日本人研究者・早川織絵と鑑定対決をすることに.....。

 というわけで、この『夢をみた』がルソーの描いた本物の作品なのかを見抜く鑑定ミステリであり、この作品を巡る謎や騒動が巻き起こる美術ミステリでもあります。

 さらには、謎の古書の内容というのがルソーの画家時代の生活がつづられた話なので、知名度の割には謎が多く評価も分かれる“ルソー”自身の物語でもあります。

 つまりは、絵画自体についてはもちろん、美術作品に関わる仕事といういわば絵画の外側の世界、そして画家自身の物語という絵画の内に秘められた世界まで描かれているわけですが、やはり様々な美術館に勤務しフリーのキュレーターにもなった作者の経歴が見事に活かされていて、美術に関する様々な魅力と情熱とが色彩鮮やかに押し寄せて来るように感じられるほどなのですね。

 ミステリ・サスペンス的にも、美術をテーマにした物語としても、画家に焦点を当てた人間ドラマとしても、ガッツリとした読み応えはなくて、どちらかといえば「このミス」より「本屋大賞」向きな作風ですが、その分万人に好まれそうな作品に仕上がっているので、美術好きな人はもちろん、それほど興味がない人でも、物語世界と美術世界に魅入ってしまうほどに楽しむことが出来るのではないでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★      鬼畜グログロ度 : ★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★
   熱アクション度  : ★★       主キャラ魅力 度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★        人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★★
   衝撃バカミス度 : ★★       気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


 「千年ジュリエット」初野晴 <<< PREV/NEXT >>> 「猫背の虎 動乱始末」真保裕一

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

【MDB式“2012年第16節・名古屋戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★6/30(土) J1リーグ第16節・名古屋グランパス戦 (日産ス)


  △1-1 (前半0-0、後半1-1)  主審:松村和彦  観衆:26,133人

  .<得点> 1-0 マルキーニョス  (横浜・53分)
          1-1 永井謙佑      (名古・83分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「負けなし(通算)」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 6位>

  ・「負けなし(シーズン)」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 5位>

  ・「ホーム負けなし」記録 > 7試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「引き分け」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード 勝ちなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード ホーム勝ちなし」記録 > 3試合連続 達成 <マリノス歴代 8位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「連続無失点」記録 > 4試合連続 でストップ <マリノス歴代 新記録達成>

  ・「ホーム無失点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 8位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 26,133人

  > 名古屋グランパス戦ランキング ベスト・5位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、チャンピオンシップ)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第16節終了時 : 12位 (前節 10位)
         < 5勝 8分 3敗  勝点 23 得点 16 失点 13 得失点差 +3 >

 最近5試合(第12~16節) 順位 : 10位 (前節 6位)
         < 1勝 4分 0敗  勝点 7  得点 2 失点 1 得失点差 +1 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (フォトレポートブログ) 「6/30 名古屋グランパス戦フォトレポート

 (フォトレポートブログ) 「6/30 名古屋グランパス戦イベントフォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「横浜FMが鮮烈なカウンターで先制。
                しかし、名古屋のパワープレーに屈しドロー決着


 (カナロコ) 「残り7分、パワープレーに屈す/名古屋戦から

 (スポニチ) 「横浜、マルキ弾で先制も…連続完封4試合でストップ

 (日刊スポーツ) 「斎藤、五輪アピールも不発

 (スポーツ報知) 「斎藤、不発「ラストのところで…」

 (サンスポ) 「横浜M、リーグ戦連続無失点4で止まる

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第16節・名古屋戦”プレビュー】 <<<


  にほんブログ村 サッカーブログへ  にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
    にほんブログ村      にほんブログ村

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ