サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 【MDB式“2012年ナビスコ予選第7節・神戸戦”プレビュー】 | トップページ | 【帝王賞(2012年)>予想&結果】 »

2012年6月26日 (火)

<JC1巻買い> 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔

パジャマな彼女。 1 (ジャンプコミックス)パジャマな彼女。 1 (ジャンプコミックス)
濱田 浩輔

集英社 2012-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 2012年6月期(6月4日発売)のJC(ジャンプコミックス)1巻の3冊目が、「パジャマな彼女。」です。

 「ニセコイ」に次いで投入されたラブコメ作品ですが、同期の「ハイキュー!!」が何度もセンターカラーとなり掲載順も前の方なのに対し、センターカラーの数も少ないし掲載順もすでに後方が多くなっているので、アンケート結果はあまり芳しくないことが予想されます。

 現在のジャンプはラブコメ作品に力を入れていまして、昨年(2011年)7月の「鏡の国の針栖川」を皮きりに、11月の「ニセコイ」、今年(2012年)2月の本作に、5月の「恋染紅葉」と、続々とラブコメ新連載が始まっている状況です(そのうち「鏡の国の針栖川」は2月始めに打ち切りに)。

 読切にも同じ系統作品が比較的多いこともあり、本作が始まった頃にはラブコメ漫画に対し食傷気味になっている読者も多くなっていそうなので、始まったタイミング的にも少々不利な感じがありましたかね。

 それに本作は、ラブコメ漫画の特に“ラブ&ちょいエロ”要素における美味しい部分を積み重ねることで物語を組み立ている印象があって、ストーリー的な流れやコメディ部分の面白さがいまいち伝わって来ない感じがするので、ラブ&エロ以外の部分で本作ならではの魅力をこれから産み出すことができるかどうかが、人気上昇への鍵となるのではないでしょうか。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 単行本ならではの特典ですが、まず帯の表は、表紙と繋がった絵の上に、タイトルロゴと共に「幼なじみが パジャマ姿の ////に!?」(////部分は書いてあることを塗り消し)と書かれています。

 裏帯の方は、第1話の1ページ目&扉絵(どちらもカラー)をバックに作品の簡単な説明。

 カバーを外した部分は、タイトルロゴと共に4等身まくらの絵。

 中身の方ですが、各話の後には、星が帯状に並んだ絵とともにサブタイトルが。

 巻末には、“ジャンプNEXT! 2012SPRING”に掲載された番外編が2P。

 「扉絵コレクション」(2~7話の扉絵)が計6P。

 そして最終ページには、天野洋一の描き下ろしイラスト(まくら&雪姫)と共にスタッフの名前が書かれた「PAJAKANO STAFF CREDIT!!」(STAFF:赤嶺直樹・千吉良陵・名古屋拓生・渡辺博之・辰島詩織、SPECIAL THANKS:天野洋一(友情出演)・大久保彰・久保津比呂子・嵩橋ヒデキ・中村充志・長谷川つつみ・平方昌宏・渡辺一平・渡邉キャッスル(城大)・中西智子、EDITOR:大西恒平)が1P。

 なお、ちょいエロ系ラブコメによくある乳首修正(本誌掲載時には描かれていなかった乳首を単行本で描き足し)は、第4話におけるまくらの入浴シーンにて3か所行われていました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「濱田浩輔」関連記事】

  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔 (12.2.25)
  > <JC1巻買い> 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔 (12.6.26)

  > <JC1巻買い> 「AKABOSHI -異聞水滸伝-」 天野洋一 (09.10.14)

  > 赤マルジャンプ2009SUMMER(「戦国主義 信長×コント」) (09.8.19)

  > <JC1巻買い> 「いぬまるだしっ」 大石浩二 (09.2.9)

  > 週刊少年ジャンプ新連載! 「どがしかでん!」 濱田浩輔 (08.6.3)
  > <JC1巻買い> 「どがしかでん!」 濱田浩輔 (08.11.18)


 【「2012年の“JC1巻買い”」関連記事】

  > 「暗殺教室」 松井優征 (12.11.2)

  > 「戦星のバルジ」 堀越耕平 (12.10.17)
  > 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ (12.10.15)

  > 「斉木楠雄のΨ難」 麻生周一 (12.9.5)

  > 「パジャマな彼女。」 濱田浩輔 (12.6.26)
  > 「ハイキュー!!」 古舘春一 (12.6.18)

  > 「現存! 古代生物史 パッキー」 レツ (12.6.16)
  > 「ニセコイ」 古味直志 (12.6.15)

  > 「鏡の国の針栖川」 叶恭弘 (12.6.13)


 その他のジャンプ作品の当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
     にほんブログ村       にほんブログ村

« 【MDB式“2012年ナビスコ予選第7節・神戸戦”プレビュー】 | トップページ | 【帝王賞(2012年)>予想&結果】 »

02.漫画関連記事」カテゴリの記事

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ