サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

にほんブログ村2

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」プレイリスト(2012年4月)

 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ(ルネラジ)」Podcastの、2012年4月のプレイリストです。

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)。

  / 配信日 / 収録時間 / “タイトル” /

 リスナー名は敬称略で失礼します


 NEXT >>> プレイリスト(2012年5月)

 プレイリスト(2012年3月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2012年 4月 】

04/04 40:32 “スペインロケでのヒドい通訳さん”

[オープニングトーク]
 ・今週で地上波全局終了(来週からPodcastオンリー)
 ・久々に会ったコウメ太夫がガリガリで驚く

[貴族のフリートーク]
 ・以前「リッスン?」にチクリのメール送ったリスナーからのメール
  (「大島麻衣のリッスン?」終了は男爵の影響力?)
 ・スペインでの海外ロケで現地集合にビックリ
 ・スペインでのトークバトルで通訳に言ったことを訳してもらえず

[ルネタンヌーボのコーナー]
 ・ゲスト:さとう遥希(はるきち)
 ・彼氏のケータイを勝手に見る派
 ・恋人との思い出の品を捨てられない男はなし派
 ・セクシー女優っぽく「ダウンロードお願いします」

[ルネビアの泉(最終回)]
 ・〈「TVタックル」に出ている奴>
  〈ブスに似合うポテトチップス>

[いい人大好き山田さんのコーナー(最終回)]
 ・〈Yahooニュースのコメントで"私はそう思わない"に1票>

[エンディングトーク]
 ・「レコメン」と全く同じコーナーをやることを目論む
 ・昔のアーカイブ版がダウンロード出来るようになる予定
 ・嫁の両親に挨拶する男爵を
  テレビで観た昭和の窓辺からのメール

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/11 43:08 “お酒に酔ってグデングデンの放送”

[オープニングトーク]
 ・今回からPodcastオンリー
 ・お酒に酔ってグデングデン(直前の仕事で焼酎がぶ飲み)
 ・スギちゃん(の人気)は夏までと断言

[貴族のフリートーク]
 ・妊婦の乳輪が大きくなる情報を教えるリスナーからのメール
 ・デニーロの顔マネを続けるテルさんに苦言
 ・「ゴールデンラジオ」木曜のレポーターに就任
  (ルネラジを守るために仕事を受けたことを強調)

[ルネタンヌーボのコーナー]
 ・ゲスト:さとう遥希(はるきち)
 ・ルネラジスタッフとセクシー女優の決起飲み会について
  Twitterでつぶやいたはるきちに注意
 ・Twitterではるきちに言い寄って来た大関マネに苦言
 ・さらにしれっとフォローしていたウノTにも苦言
 ・草食系より肉食系がタイプ

[半年に一度のお楽しみ 新コーナー紹介のコーナー]
 ・「大日本イカン警察!」
 ・「クイズ・タレント図鑑!」
  ウノT、相槌ボイコット
 ・「降りてきたもの100連発!」

[エンディングトーク]
 ・男爵が"チョリース!!"でスベる

[エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー]
 ・しろうさんが男爵の醜態について注意
 ・しろうさんが新宿でルネラジリスナーから声を掛けられる

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/18 47:17 “男爵、ももクロ好きをアピール”

[オープニングトーク]
 ・今回の配信分も泥酔デロデロ状態
 ・昨夜眠れず導眠剤飲み、起きたら眠眠打破を飲み、
  その後に仕事で酒を飲んでいた
 ・先週分収録と今週分収録の間に加藤Dに嫌味を言われていた

[貴族のフリートーク]
 ・ニューヨーク在住・ハッピーパンダからの2度目のメール
 ・車中でももクロの歌しか掛けず
  合いの手も入れる大関マネ&ウノTに苦言
 ・ウノT&大関マネよりずっと前からももクロ好きだったことを主張
 ・大関マネがAKB48には全く興味なくなる
 ・ももクロ好きを仕事にしないことをアピール?
 ・大関マネはももクロを少し性的な目で見ている?

[ルネタンヌーボのコーナー]
 ・ゲスト:さとう遥希(はるきち)
 ・ウノTが飲み会後にはるきちのTwitterをフォローしたことで
  先週分収録後に加藤Dに激怒される
 ・男爵がウノTをかばっているはるきちの姿を見て
  初めてはるきちを好きになる
 ・今までで一番の恋愛的修羅場を語る

[半年に一度のお楽しみ 新コーナー紹介のコーナー]
 ・「ゴールデンラジオ速報!」
 ・「ハンマー投げのコーナー!」
 ・「妬男改善委員会!」

[エンディングトーク]
 ・「ゴールデンラジオ」でルネラジの名前を出していくと宣言
  (ウノT&加藤Dから恥ずかしいからやめるよう言われる)

[エルシャラカーニ・山本しろうのオマケコーナー]
 ・しろうさんがジモン主催の"ウマすぎグルメ祭"に行く
  (男爵の嫁が歯医者の帰りに弁当買って帰る)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

04/25 42:46 “iPhoneで"ルネラジアプリ"配信決定”

[オープニングトーク]
 ・酔っての放送(先週&先々週)を聴いてゾッとする
 ・男爵出演スペインロケ番組を観たリスナーからのメール
 ・Twitterにおけるルールを決める(おはようと言い出したらアウト)

[貴族のフリートーク]
 ・過去のアーカイブをiPhoneアプリで配信する
  "ルネラジアプリ"登場
 ・天狗になっている匂いが出ているWコロンゲスト回がオススメ
 ・アプリでの儲けを気にする
 ・「グータンヌーボ」の番組スタッフと飲みに行く(離婚していた)

[ルネタンヌーボのコーナー]
 ・ゲスト:さとう遥希(はるきち)
 ・はるきちが思う男爵の顔面偏差値は40, ウノTは45
 ・ルネラジでのトークをマネージャーからダメ出しされる
 ・メールの文末にハート付ける派

[大日本イカン警察!]
 ・〈貴乃花親方の体型〉
  〈コント芸人を"独特の世界観"と称する〉
  〈すぐに"台本台本"という視聴者〉
  〈一生のお願いを何回も〉

 ・ゴルゴサーティワン→ミミズグチュグチュ→ゴルゴサーティワン
  の流れがルネラジあるある
 ・男爵は過去にダンディの名前を利用してセックスにこぎつけ

[エンディングトーク]
 ・5月のトーク舞踏会の告知
 ・ヒロシを"愚痴の化物"評価
  (ヒロシは声が出ないためボイストレーニング始める)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> プレイリスト(2012年5月)

 プレイリスト(2012年3月) <<< PREV

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2012年の「ルネラジ」関連記事】

  > 超簡易版プレイリスト(2012年) (13.7.16)

  > 簡易版プレイリスト(2012年1-3月) (12.7.25)
  > 簡易版プレイリスト(2012年4-6月) (12.7.17)
  > 簡易版プレイリスト(2012年7-9月) (12.7.18)
  > 簡易版プレイリスト(2012年10-12月) (12.10.3)

  > プレイリスト(2012年1月) (12.1.22)
  > プレイリスト(2012年2月) (12.2.16)
  > プレイリスト(2012年3月) (12.4.25)
  > プレイリスト(2012年4月) (12.5.31)


 その他の年の「ルネラジ」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「髭男爵 山田ルイ53世のルネラジ」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  
    にほんブログ村    ラジオ番組 ブログランキングへ

2012年5月30日 (水)

『平蔵の首』 逢坂剛 > 「このミス」完全読破 No.540

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.540

 『平蔵の首』 逢坂剛

   「このミス」2013年版 : 119位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.5.19 ~ 読終:2012.5.22

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年3月>

平蔵の首 (文春文庫)平蔵の首 (文春文庫)
逢坂 剛

文藝春秋 2014-09-02
売り上げランキング : 14962

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 タイトルにもある平蔵とは、長谷川平蔵、つまりは「鬼平犯科帳」の主人公の名前です。

 「鬼平犯科帳」といえば、数々の人気時代小説を発表した池波正太郎の代表作であり、その小説を原作としたテレビドラマも長きに渡り放送され、小説版もドラマ版もいまだに熱狂的な人気を誇っています。

 そんな「鬼平」を題材に新たな小説を発表するとなると、普通の作家であればなかなか難しいことだと思うのですが、本作の作者である逢坂剛にはその資格が十二分にあるのですね。

 というのも、『オール讀物』で池波版「鬼平」が連載されていた際に、その挿絵を逢坂剛の父親である挿絵家の中一弥が描いていた、という縁があったので、平成版「鬼平」を逢坂剛が書くというのは、ある意味運命的なことなのです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作は、「平蔵の顔」「平蔵の首」「お役者菊松」「繭玉おりん」「風雷小僧」「野火止」の6編を収録したシリーズ短編集です。

 火盗改の長谷川平蔵は、その仕事ぶりに町民からの評判も良い一方で、外出時には常に深編笠をかぶって顔を隠しているため、“平蔵の顔をまともに拝んだ盗っ人で、生きて娑婆へ出られた奴は誰もいない(死罪か獄門になった盗っ人しか平蔵の顔を拝めない)”とも噂される、謎の多い人物。

 そんな平蔵に対して、犯罪を企てたり平蔵に一杯食わせてやろうと企む悪党の側から見た物語となっています。

 この“平蔵の顔が知られていない”という設定が物語に上手く活かされていまして、平蔵の正体(顔)を明かそうと悪知恵を働く悪党、そして顔を知られていないことを利用して一網打尽にしようと策略を巡らす平蔵の、知略戦が繰り広げられるのですね(まあ常に平蔵の圧勝なのですが)。

 ガッツリというよりは小気味良い読み応えなのですが、平蔵の策略が驚きも生み出していてミステリ的ですし、話が進むにつれて平蔵の手下が増えていくことから連作としての面白さもあるので、池波版を読んでいないしドラマ版も観ていないので比較はできませんが、続編の期待も高まるほどに逢坂版「鬼平」としての魅力が溢れるハードボイルド時代小説でした。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★       鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★★★     主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★         人間味ドラマ度 : ★★
   下ネタエッチ度 : ★          感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “逢坂剛” 関連記事 】

  > No.540 「平蔵の首」

  > No.414 「十字路に立つ女」
  > No.314 「兇弾」
  > No.279 「さまよえる脳髄」
  > No.033 「禿鷹の夜」
  > No.005 「燃える地の果てに」


 「太陽は動かない」吉田修一 <<< PREV/NEXT >>> 「アウトクラッシュ」深町秋生

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年5月29日 (火)

【さきたま杯(2012年)>予想&結果】

< 5月30日に行われるさきたま杯(JpnII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【さきたま杯】

 黒潮賞(3月)→東京スプリント(4月)→かきつばた記念(5月)と続いた短距離交流重賞の4戦目となるので、メンバー的にはそれほど変わり映えはしないですね。

 それでここまで3戦は、セイクリムズンが全勝してこの路線で確固たる地位を築きつつあるわけですが、逃げもOKな先行という比較的安定した結果を残せる脚質ということもあって、万が一を考えるよりも素直にこの馬を◎にするべきでしょう。

 そして相手は、前日オッズを見たところ、単勝では中央勢が上位を占めているものの、他の券種を見ると南関勢3頭が中央馬に負けないくらいの人気となっているのですよね。

 スーニは再び惨敗続きに戻ってしまったし、ダイショウジェットの追い込みも安定感はないし、なにより昨年のこのレースは南関馬の1・2着だったので、この評価(オッズ)にも大いに納得です。

 ただだからこそあえて、ここは相手を中央馬のみに絞って勝負してみたいと思います。

 スーニは昨年のこのレースで3着となって復活の足掛かりとしていますし、ダイショウジェットも昨年には今回と同じ浦和1400のオーバルスプリントにおいて5馬身差で快勝しているので、この2頭には(少なくとも今回だけは)南関馬に負けない走りを期待したいですね。


  ◎ セイクリムズン / 岩田康誠 (6)
  ○ トウショウカズン / 内田博幸 (4)
  ▲ ダイショウジェット / 柴山雄一 (12)
  △ スーニ / 川田将雅 (3)

  << 3連複:◎○▲△ボックス >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 6  ◎ セイクリムズン  岩田康誠   1
 2着 5     ナイキマドリード 川島正太郎 5
 3着 4  ○ トウショウカズン 内田博幸   2
 4着 8     トーセンピングス 張田京    6
 5着 3  △ スーニ       川田将雅   3


 ◎セイクリムズンはさすがの圧勝で、この路線ではしばらく安泰となりそうですかね。

 ただ、レース映像はライブではなく後から南関サイトで観たのですが、ダイショウジェットがレース直前に競争除外となっていたようで、これにはレースを観る前からガックリ来てしまいました.....。

 まあ、ナイキマドリードが2着に来るという展開だったので、払い戻しがある分良かったですかねェ


  (3連複:4-5-6 6.1倍)  ●不的中(返還あり)  3,000円 → 2,000円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 5/19  26.3%  -17,900円  68.6%

☆12年通算 > 24/88  27.3%  -11,100円   95.8%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○●●●●●◎●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【日本ダービー&目黒記念(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【鳴尾記念(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月28日 (月)

「バナナマンのバナナムーンPodcast」 おすすめ回リスト(2007-2008年)

 「JUNK2 バナナマンのバナナムーンPodcast」「JUNK ZERO バナナマンのバナナムーンPodcast」(現「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD Podcast」)の、2007~2008年におけるオススメ回のリストです

 面白い(面白かった)回・興味深い回・後に話題にされることの多い回・神回と呼ばれていそうな回などを、個人的な評価やネットでの評判などからピックアップしてリストにしてみたのですが、聴く人によって面白いと思う内容や趣味嗜好は違ってしまうので、あくまで目安として参考にしてみてください

 なお、ゲストが出演した回はほとんど全てがオススメとなるので、このリストにはあえて載せていないため、ゲスト出演回に関しては「バナナマンのバナナムーンGOLD」ゲスト出演回リストの方でご確認ください

 各回のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 半年前までに配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません


 収録日 / 収録時間 / “タイトル” /


 NEXT >>> おすすめ回リスト(2009-2010年)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2007年 】


07/04/02 0:16:29 “記念すべき第1回放送

  バナナムーンの記念すべき第1回放送のPodcast

  番組名の由来の他
  当時話題になっていた設楽家の火事話など
  バナナムーンと(当時の)バナナマンの
  基本情報を知ることが出来るので
  まずはこの回から聴いてみることをオススメします

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/05/07 0:18:41 “センスの悪い日村と良い設楽

  バナナムーン初期には
  食事注文(グルメ)のセンスについて語り合う回が多いので
  初めてその手の話題が出たこの回は
  ぜひとも聴いておくべきでしょう

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/06/11 0:21:42 “赤坂一輪車マラソン&芋けんぴ

  
  http://www.youtube.com/watch?v=iZz4yvvcmVA

  本編で行われた“赤坂一輪車マラソン”(↑)を
  振り返るのがメインの回ですが
  後半から始まる"即興芋けんぴコント"は
  バナナムーン屈指の笑える面白さです

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/06/18 0:18:35 “カラオ屁 by 東京オナラーズ

  「ゴッドタン」でも紹介された
  衝撃の"日村うんこ漏らし事件"の回です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/08/27 0:20:43 “日村のチンコ話&行き着け焼肉屋

  バナナマン(バナナムーン)の魅力の1つに
  "明るい下ネタ話"がありますが
  この回の包茎話は性教育の面からみても
  興味深い内容なのではないでしょうか

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/10/01 1:01:35 “日村はなぜ嫌われるのか?

  世間に嫌われていることが発覚した(07.09.10参照)日村が
  嫌われないためにはどうすればいいのか
  設楽に本気で真剣に相談するという
  その後のバナナムーンの方向性の1つを作った
  バナナムーン初期における伝説回です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/11/12 0:34:44 “日村ホモ疑惑

  日村のホモ疑惑を検証する他、
  バナナマン初夜についても語られます

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

07/12/24 0:22:37 “おやまんのクリクリスイートクリスマス

  バナナムーンでは
  小山幸恵マネージャーの話題が度々出て来ますが
  当時は"小山アイドル化計画"が実行されていまして
  この回では配信販売した
  デビュー曲の一部を聴くことが出来ます

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2008年 】


08/02/04 0:42:56 “下ネタ話を真面目に考察

  バナナマンの会話の中に
  "日村の放送禁止用語発言話"がたまに出て来ますが
  その当時の詳細が語られたのがこの回です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/03/31 0:35:35 “ニイルセンのバカエピソード

  バナナマンライブの美術担当でもあるニイルセンは
  天然バカなことでも有名で
  そんなニイルセンの
  天然バカエピソードの数々が語られる回です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/04/07 0:47:44 “アンジャッシュ児嶋のダメエピソード

  日村の二の線問題が出る度に
  "ウンコ認識理論"が取り上げられますが
  その"ウンコ認識理論"について
  比較的詳しく説明されています

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/05/05 0:15:09 “バナナマンの引っ越し歴

  2008年までの日村・設楽の引越歴が語られる
  "バナナマンの歴史"系の回です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/05/26 0:15:17 “街中でのファンとの接し方

  コンビニでリスナーに声を掛けられたバナナマン、
  果たして愛想が悪かったのは日村か設楽か?

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/06/02 0:35:03 “ちょっとそんな気がする話

  何気ない会話の中で
  日村が設楽に対して(初めて)カチンと来る瞬間は
  かなりの面白さです

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/08/11 0:46:27 “ライブ後の怖い話

  ライブ後の控室にいた謎の美人女性や
  日村だけ除け者にされた打ち上げ話などが語られます

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/08/18 0:48:54 “ソーキの勘違い&責任押し付け合い

  責任の押し付け合い論争の末にビンタ決着という
  バナナムーンでの定番的展開の原点ともいえる回です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/09/15 0:33:21 “日村のデビュー秘話

  日村がデビューに至るまでの逸話が語られる
  "バナナマンの歴史"系の回です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/09/22 0:37:14 “最終回風メール紹介&ひょっこりババア

  "JUNK2"最後のPodcastは、
  ひょっこりババアの衝撃が破壊力抜群です

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/11/17 0:18:18 “マネージャー志願者からのメール

  バナナマンは"マネージャークラッシャー"と呼ばれるほどに
  反事務所的姿勢を見せいましたが
  そんな頃の話や
  事務所(ホリプロコム)の設立過程などについて語られています

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

08/12/15 0:32:05 “日村とラリゴの最近微妙になってきた仲

  チーム日村の一員としてよく名前が挙がるラリゴ
  (当時は"藤崎賢嗣"名義で活動)ですが
  そんなラリゴのエピソードや
  当時の日村との関係が語られています
  そしてこの流れで翌年(09.01.19)にはラリゴがゲスト出演

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 NEXT >>> おすすめ回リスト(2009-2010年)

バナナマン&おぎやはぎ epoch TV square Vol.1 [DVD]バナナマン&おぎやはぎ epoch TV square Vol.1 [DVD]

VAP,INC(VAP)(D) 2004-01-21
売り上げランキング : 51086

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2007~2008年の「バナナマンのバナナムーン」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2007-2008年) (12.5.28)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2007-2008年) (10.6.18)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2007年) (11.5.27)
  > Podcast 簡易版プレイリスト(2008年) (11.8.24)

  > Podcast プレイリスト(2007年4-8月) (10.1.13)
  > Podcast プレイリスト(2007年9-12月) (10.1.18)
  > Podcast プレイリスト(2008年1-6月) (10.1.24)
  > Podcast プレイリスト(2008年7-12月) (10.4.19)


 その他の年の「バナナムーン」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<

2012年5月27日 (日)

【MDB式“2012年第13節・清水戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★5/26(土) J1リーグ第13節・清水エスパルス戦 (アウスタ)


  △0-0 (前半0-0、後半0-0)  主審:村上伸次  観衆:16,556人

  .<得点> 0-0 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 飯倉大樹が、Jリーグ通算100試合出場を達成しました。


 ドゥトラが、マリノス所属時公式戦通算214試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代14位タイとなりました。

 狩野健太が、マリノス所属時公式戦通算153試合出場となり、ビスコンティ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独27位となりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「連続引き分け」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


  ・「連続無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 6位タイ>

  ・「連続無失点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>

  ・「同一カード アウェー無得点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>

  ・「同一カード アウェー無失点」記録 > 2試合連続 達成 <マリノス歴代 5位タイ>


 <記録ストップ>

  ・


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第13節終了時(暫定) : 9位 (前節 9位)
         < 4勝 6分 3敗  勝点 17 得点 14 失点 12 得失点差 +2 >

 最近5試合(第9~13節) 順位 : 2位 (前節 1位)
         < 3勝 2分 0敗  勝点 11  得点 7 失点 3 得失点差 +4 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「5/26 清水エスパルス戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「初めの60分は横浜FM、最後の30分は清水のゲーム。
            どちらも最後の詰めを欠き、どちらも2戦連続無得点の痛み分け


 (カナロコ) 「攻撃単調、また無得点/清水戦から

 (カナロコ) 「MF中村「単純なミスが多い」/清水戦から

 (スポニチ) 「横浜 GK飯倉が気迫の完封も得点奪えずドロー…

 (日刊スポーツ) 「敵地で勝ち点に前向き

 (スポーツ報知) 「飯倉ド根性、脳しんとう&ホチキス治療でプレー!

 (サンスポ) 「横浜M・樋口監督、敵地で勝ち点に前向き

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第13節・清水戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【日本ダービー&目黒記念(2012年)>予想&結果】

< 5月27日に行われる東京優駿・日本ダービー(GI)目黒記念(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京優駿・日本ダービー】

 3歳馬の頂点を決める日本ダービーがいよいよやって来ました。

 3歳牝馬の頂点を決める先週のオークスでは、桜花賞1・2着馬がそのまま連対し、本番と同じ東京開催のトライアルレースを快勝した1番人気馬・ミッドサマーフェアが掲示板外に沈むという結果となったので、ダービーの方でも皐月賞上位馬がすんなりと来そうな感じもします。

 ただここはそんな流れに逆らって、やはり本番と同じ東京開催のトライアルレースを快勝してこの一番に挑むフェノーメノを◎にしてみましょう。

 この馬はこれまで5戦して“東京で3勝-中山で2戦とも掲示板外”という明らかな東京巧者なのですが、中山での2戦も着差的にはそれほど差はなかったですからね。

 それに、奇しくも按上はミッドサマーフェアと同じ蛯名正義で、先々週のヴィクトリアMでも1番人気のアパパネに乗って5着に敗れているので、人気の重みが取れる今回になってようやく結果を出すという展開も大いにあるはず。

 というわけで、人馬共に一発を期待できそうなこの馬を軸にすることにしました。

 ただ、長く伸びる脚は使えるものの、切れる脚はないようなので、前走のように出遅れしてしまうと厳しそうですねェ。


  ◎ フェノーメノ / 蛯名正義 (11)
  ○ ディープブリランテ / 岩田康誠 (10)
  ▲ ヒストリカル / 安藤勝己 (2)
  △ ワールドエース / 福永祐一 (8)
  △ ゴールドシップ / 内田博幸 (6)
  △ スピルバーグ / 横山典弘 (1)
  △ グランデッツァ / 池添謙一 (17)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10 ○ ディープブリランテ 岩田康誠   3
 2着 11 ◎ フェノーメノ      蛯名正義    5
 3着 14    トーセンホマレボシ ウィリアムズ 7
 4着 8  △ ワールドエース   福永祐一   1
 5着 6  △ ゴールドシップ    内田博幸   2


 ◎フェノーメノは、位置取りも直線の手応えも期待通りだったので、これはイケるぞと手に力が入りましたが、勝つにはハナ差届かなかったとはいえ見事に2着に入ってくれました。

 勝ったディープブリランテも○だったので、あとは3着だけ....、ということでゴール前では3着争いの方により意識が向いていたのですが、追い込んできた人気2頭はクビ差届かず、相手に入れていないトーセンホマレボシが3着に残ってしまいました.....。

 断然人気の2頭をどちらも△にしての○◎本線決着、という会心の予想だったのに、先週のオークスに続いて接戦の3着争いで相手に入れていない方の馬が3着に来て馬券は外れ、ということで、なんかレース後には泣きたくなっちゃいましたねェ。


  (3連複:10-11-14 141.6倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【目黒記念】

 ここはダービー同様に蛯名正義騎乗のスマートロビンを◎にしましょう。

 逃げ先行で結果を残しているのはやはり信頼が置けますし、前走は先行抜け出しで東京2400mを勝ち、3走前のダイヤモンドSも先行抜け出しで0.3差3着と好走しているので、東京コースだとなお信頼度はアップしますからね。


  ◎ スマートロビン / 蛯名正義 (14)
  ○ タッチミーノット / 横山典弘 (5)
  ▲ ユニバーサルバンク / ウィリアムズ (16)
  △ ダノンバラード / 岩田康誠 (2)
  △ トウカイパラダイス / 柴山雄一 (9)
  △ モンテクリスエス / 内田博幸 (7)
  △ コパノジングー / 田中勝春 (1)
  △ カワキタコマンド / 柴田善臣 (3)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14 ◎ スマートロビン     蛯名正義   1
 2着 9  △ トウカイパラダイス  柴山雄一   7
 3着 12    コスモロビン      柴田大知   6
 4着 2  △ ダノンバラード     岩田康誠   5
 5着 16 ▲ ユニバーサルバンク ウィリアムズ 4


 ◎スマートロビンは期待通りに快勝し、2着に入った7番人気馬も押さえていたのですが、またもや相手に入れていた馬が入れていない馬に接戦の3着争いで負けてしまい、馬券は外れ.....。

 なんで最近この悔しすぎるパターンでばかり外れるのでしょうか.....。

 しかもこの3着馬をよくよく確認してみたら、予想時には相手に入れようと強く思っていた馬で、それなのになぜかわからないけれど予想をいざ固めようという時にそのことをすっかり忘れてしまっていたのですねェ。

 つまりは確実に当てることができたレースだったということで、ダービーに続いての悔し結果に思わず予想の相手馬を書き変えて的中したことにしてしまおうかと一瞬本気で考えてしまったほどでしたが、この悔しさがあってこそ当たった時の嬉しさも増すわけなので、今日の悔しさをしっかりと胸に刻んで来週からの予想に向かいたいと思います。


  (3連複:9-12-14 136.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 5/18  27.8%  -16,900円  68.7%

☆12年通算 > 24/87  27.8%  -10,100円   96.1%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●○●●●●●◎ → ●●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【大井記念(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【さきたま杯(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月26日 (土)

週刊少年ジャンプ読切! 「あやかしポリスメンひよこっぷ」 高橋一郎

週刊少年ジャンプ 2012年6月11日号 NO.26週刊少年ジャンプ 2012年6月11日号 NO.26
集英社

2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 週刊少年ジャンプの2012年26号(2012年5月28日発売)に掲載された読切作品が、「あやかしポリスメンひよこっぷ」です。


 作者の高橋一郎(たかはし・いちろう)は、「ドーミエ~エピソードⅠ~」で“手塚賞(2002年下半期)”の準入選を受賞し、同作が“本誌2003年16号”に掲載されてデビュー。

 その後も、“2003年39号”に「LIKE A TAKKYU!!」、“2004年51号”に「スーパーメテオ」、“2006年16号”に「ESQUISSE~エスキース~」と本誌読切掲載が続き、「バレーボール使い郷田豪」(2007年)で連載デビューを果たすも、23週であえなく打ち切りに。

 連載終了後は、“2008年8号”に「OBAKE LIFE」、“2010年3・4合併号”に「宇宙のSPARROW」週刊少年ジャンプ読切! 「宇宙のSPARROW」 高橋一郎参照)と再び本誌に読切掲載が続き、本作にて通算7度目の本誌読切掲載となりました。


 内容の方は、妖ひよこギャグコメディー漫画です。

 大場二葉は、勉強は苦手でスポーツも不得意という、クラスの笑い物となっている根暗な男子中学生。

 ある日の下校中、明日からのプールの授業のことで陰鬱な気持ちになって歩いている二葉の前に突然現れたのが、コップに入った謎のヒヨコ・ひよこっぷ。

 このひよこっぷは二葉の怨念によって生まれた妖で、“友達の輪っぱ”という特殊能力を使って二葉の友達作りの手助けをすることに.....。


 なお、扉絵に付けられている煽り文は、

逮捕しちゃえば みんなトモダチ!?

☆ピヨっと飛び出た! 妖(あやかし)コメディー!! センターカラー読切47P!!

というものでした。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  投票受付期間:2012.5.26~6.3
 Hiyokoppu

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「高橋一郎」関連記事】

  > 「火ノ丸相撲×黒子のバスケ SPコラボ読切 キセキの待ったなし対決!」
      川田 藤巻忠俊 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切!  (15.11.2)

  > 「黒子のバスケ Replace PLUS」 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切! (15.5.27)

  > 「あやかしポリスメンひよこっぷ」 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切! (12.5.26)

  > 「宇宙のSPARROW」 高橋一郎 > 週刊少年ジャンプ読切! (09.12.21)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<


  にほんブログ村 本ブログへ   にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
     にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月25日 (金)

『太陽は動かない』 吉田修一 > 「このミス」完全読破 No.539

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.539

 『太陽は動かない』 吉田修一

   「このミス」2013年版 : 23位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.5.18 ~ 読終:2012.5.18

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年4月>

太陽は動かない (幻冬舎文庫)太陽は動かない (幻冬舎文庫)
吉田 修一

幻冬舎 2014-08-05
売り上げランキング : 10026

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 吉田修一は、大衆小説が対象となる山本周五郎賞と純文学が大賞となる芥川賞を受賞していることからもわかるように、ジャンルを問わない活躍を見せていましたが、「このミス」においては巻末の“BOOL LIST”にすら載らないくらいにジャンル的対象外の作家でした。

 ところが、クライムサスペンスであるNo.624「悪人」を発表すると、毎日出版文化賞&大佛次郎賞をダブル受賞しただけでなく、「このミス」でも見事に17位にランクインとなったのですね。

 そして本作ですが、「悪人」とはジャンル的に異なるものの、「このミス」直球のジャンルに仕上がっていました。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 主人公である鷹野一彦は、いち早く機密情報を手に入れて高値で売り飛ばす産業スパイの一人。

 商売敵や謎の美女と情報戦を繰り広げつつ、ある事件の背後関係を探っていたところ、行動を共にしていた部下が何者かに拉致されて.....。

 というわけでジャンルでいうとスパイものでして、謀略や裏切りや騙し合いを交えながらの目まぐるしい攻防戦が展開されていきます。

 ただスパイものといっても、柳広司の“D機関シリーズ(No.162「ジョーカー・ゲーム」等)”のような頭脳戦&推理戦がメインとなるタイプとは違って、本作の場合はスリル溢れるストーリーや激しいアクションシーンなど、エンタメ的要素で溢れているスパイ小説なのですね。

 国を股にかけたスケール感もありますし、3.11後の日本の状況を反映したテーマ性もあったりして読み応え抜群なので、吉田修一の新境地開拓が見事に成功した傑作だと思うし、古き良き謀略アクション小説が好きな人に特にオススメしたい作品です。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★★☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★         おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★★★★    主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★
   衝撃バカミス度 : ★★★       気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “吉田修一” 関連記事 】

  > No.724 「怒り」
  > No.676 「愛に乱暴」
  > No.624 「悪人」
  > No.539 「太陽は動かない」
  > No.195 「元職員」


 「誰がための刃」知念実希人 <<< PREV/NEXT >>> 「平蔵の首」逢坂剛

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年5月24日 (木)

【MDB式“2012年第13節・清水戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★5/26(土) 14:00~ J1リーグ第13節・清水エスパルス戦 (アウスタ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  9位 4勝 5分 3敗 勝点 17  14得 12失 得失 +2 」
  清水  :「  3位 7勝 1分 4敗 勝点 22  15得 11失 得失 +4 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「  1位  4勝 1分 0敗 勝点 13  10得 4失 得失 +6 」
  清水  :「  2位  3勝 1分 1敗 勝点 10  6得 2失 得失 +4 」


 ゴトビ体制2年目となる清水は、現在リーグ戦3位と好調です。

 ここまで12試合で15ゴールと得点力はそれほどでもありませんが、リーグ少失点3位と守備が良く、これまでの7勝中5勝が完封勝利となっています。

 特にホーム・アウスタでは絶好調でして、これまでの5試合で負けはなく、前々節のC大阪戦で引き分けるまでは4連勝となっていましたからね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 清水戦は、公式戦通算で「19勝 11分 23敗」、リーグ戦通算で「17勝 9分 18敗」とほぼ互角の成績なのですが、リーグ戦ホームで「5勝 6分 12敗」、アウェーで「12勝 4分 6敗」と、両チーム共に“ホームで弱くアウェーで強い”という傾向となっています。

 そしてここ最近でも、アウェーでは先月のナビスコカップで敗れるまでの2007年以降5年間で公式戦7試合負けなしで、その前も2002~2005年の4年間で公式戦4試合負けなし、つまりはここ2002~2011年の公式戦アウェー12試合でわずか1敗と、アウェーでの相性はかなり良いです。

 ただ、昨年までの5年間の公式戦7試合の内訳を見てみると「1勝 7分 0敗」となっているので、負けていない一方で勝ててもいないのですけどね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 6試合連続“同一カード アウェー負けなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で引き分けだと........
   > 2試合連続“引き分け”達成 (マリノス歴代 4位タイ)


 ★今回の試合で無得点だと........
   > 2試合連続“無得点”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 2試合連続“同一カード アウェー無得点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)

 ★今回の試合で無失点だと........
   > 2試合連続“無失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)
   > 2試合連続“同一カード アウェー無失点”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 飯倉大樹が出場すると、Jリーグ通算100試合出場を達成します。


 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時公式戦通算214試合出場となり、清水範久(02-10)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算153試合出場となり、ビスコンティ(93-96)を抜いてマリノス歴代単独27位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中村俊輔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算46ゴールとなり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代4位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、今節が終わるとリーグ戦は3週間空くので、上位相手ではありますが勝利して良い雰囲気で中断期間に入りたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:小野裕二、 清水:アレックス

 【U-23代表参加で欠場】  マリノス:齋藤学、比嘉祐介、 清水:村松大輔、吉田豊

 【U-19代表参加で欠場】  マリノス:熊谷アンドリュー、 清水:櫛引政敏

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:中町公祐、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  清水オフィシャル

 【チケット情報】  清水オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「白星の使者?清水グラウンドに珍客 「勝率はけっこう高い」」 (5/24)
   > 「清水河井 ドリブル磨き吉田の穴埋める」 (5/24)

   > 「清水姜、村松いない間にレギュラー奪う」 (5/23)


 【TV中継】 (生) 5/26(土) 13:50~  J SPORTS 4

        (録) 5/27(日) 04:20~  スカチャン0
            5/27(日) 14:45~  J SPORTS 1

            5/29(火) 09:00~  J SPORTS 1

            5/30(水) 19:00~  スカチャン1

            6/02(土) 23:40~  スカチャン2

            6/09(土) 04:20~  スカチャン0

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第13節・清水戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月23日 (水)

「キスは少年を浪費する/東京パフォーマンスドール」 > 懐かしの90年代・中小ヒット曲集 vol.07

 1991~2000年に発売された邦楽シングル曲の中から、特大ヒットや大ヒット曲は除いて、中小ヒットした曲を紹介していこうと思います。

 一応の基準は、多くの人が一度は耳にしたことがありながらも、今では忘却の彼方に消えていて、こんな機会でもなかったらそのほとんどの人が一生再聴することもなかったのでは、といった曲ということにしましたが、まあオリコン年間ランキングで50位以下って感じでしょうかね(例外もあり)。

 あとは、紹介だけしても実際に曲を聴けないとなるとあまり意味がないので、Youtubeで動画を見つけることができた曲を紹介していく予定です(動画は自分でアップしているわけではないので、記事更新後に削除されている場合もあります)。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

キスは少年を浪費する / 東京パフォーマンスドール

 発売日 : 1993年5月21日

GOLDEN☆BEST 東京パフォーマンスドールGOLDEN☆BEST 東京パフォーマンスドール
東京パフォーマンスドール

Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M) 2008-11-05
売り上げランキング : 14107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 東京パフォーマンスドールは、アイドル的な活動もしていたダンスパフォーマンスグループです。

 80年代のアイドルブームと90年代後半のハロプロ勢台頭の狭間にあたる、90年代前半の“アイドル冬の時代”に活動していたため、一般的な知名度はそれほどないのかもしれません。

 ただ、現在では大女優として確固たる地位を築いた篠原涼子やママドルとして活躍する穴井夕子、EAST ENDとのコラボで「DA.YO.NE」「MAICCA」などヒットを飛ばした市井由理、そして研修生として仲間由紀恵が所属していたりと、今思い返してもなかなか豪華なメンバーでした。

 それに、“TPD”というアルファベット3文字の略称や、“大阪パフォーマンスドール(OPD)”などの地方派生ユニット、フロントメンバー(7人)とライブメンバーの二軍制&研修生という構成など、今絶大的な人気となっているAKB48の先駆けと言えるのかもしれません。

 そんなTPDは、CDセールス的には小室哲哉プロデュースとなってからが最盛期で(ちなみに小室ファミリーブームより前)、その中でも土曜夕方に放送されTPD自身も出演したバラエティ番組「HYU2」の後期オープニングテーマでもある本曲が代表曲なのではないでしょうか。

 たたみ掛けるようなABメロの勢いをそのままに気持ち良くサビが弾ける小室サウンドに、思春期の甘酸っぱさがノスタルジックにさせる歌詞、そしてポジションを目まぐるしく変えながら踊り歌うパフォーマンスなど、やはり今聴いても、時代を超えた、そしてアイドルグループという枠をも超えた素晴らしさが映像を通して感じられますからね。

 


 http://www.youtube.com/watch?v=6IqBRjZZVqA
 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  NEXT >>> 「夕暮れ時のさびしさに/たま」

  「ひとすじになれない/米米CLUB」 <<< PREV


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月22日 (火)

【大井記念(2012年)>予想&結果】

< 5月23日に行われる大井記念(SII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【大井記念】

 日本最長のダート重賞ですが、昨年もほど良く荒れたこともあって、すんなり1番人気馬を◎にしたくなかったのですが。

 ただやっぱりメンバー構成を考えると、前々走で金盃を制し、前走は交流重賞で3着に入るなど、近走実績ではズバ抜けている断然1番人気のトーセンルーチェを素直に◎にしないわけにはいかなそうですねェ。

 その金盃でも◎にして万馬券をゲットしさせてもらいましたし、この馬を軸にして相手をちょっと穴狙いでいってみましょう。


  ◎ トーセンルーチェ / 張田京 (3)
  ○ ナムラブレット / 和田譲治 (4)
  ▲ マズルブラスト / 戸崎圭太 (9)
  △ ケイアイライジン / 真島大輔 (14)
  △ ピサノエミレーツ / 町田直希 (2)
  △ ビービーカザリアス / 酒井忍 (8)
  △ トップフィーリング / 山田信大 (13)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 3  ◎ トーセンルーチェ  張田京   1
 2着 2  △ ピサノエミレーツ   町田直希  4
 3着 4  ○ ナムラブレット    和田譲治 7
 4着 7     ボンネビルレコード 的場文男 8
 5着 14 △ ケイアイライジン   真島大輔 5


 ◎トーセンルーチェは、やはりここではさすがの強さを見せてくれました。帝王賞でも中央馬と互角の走りを見せてくれると良いのですが。

 そして相手も押さえた馬がきっちりと来てくれまして、ここ最近は惜しいところで外してばかりだったこともあり、なんか当たった実感が思ったよりも乏しかったような。良い意味での拍子抜けとでもいう感じ?


  (3連複:2-3-4 49.2倍)  ◎的中!  3,000円 → 9,840円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 5/16  31.3%  -10,900円  77.3%

☆12年通算 > 24/85  28.2%   -4,100円   98.4%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●○●●●●● → ◎
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【オークス(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【日本ダービー&目黒記念(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月21日 (月)

『誰がための刃 レゾンデートル』 知念実希人 > 「このミス」完全読破 No.538

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.538

 『誰がための刃 レゾンデートル』 知念実希人

   「このミス」2013年版 : 投票数0

   受賞(候補) : 「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」受賞

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.5.7 ~ 読終:2012.5.15

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年4月>

誰がための刃 レゾンデートル誰がための刃 レゾンデートル
知念 実希人

講談社 2012-04-26
売り上げランキング : 33575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞した作品です。

 この賞は、過去の受賞作や、最終選考を島田荘司1人で務めていることからもわかるように、ジャンル的には本格ミステリのイメージが強い新人賞となっています。

 ただ本作は、本格ミステリどころかミステリ要素すら控えめという、この賞の受賞作としては異色ともいえる内容なのですが、それにも関わらず受賞したということでその評価のほどが窺い知れますね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 外科医である主人公は、自身が末期がんに侵されていることが判明し、自暴自棄な生活に。

 そんな中で、街の不良とのいざこざをきっかけに世間を騒がす連続殺人鬼“ジャック”と接触することになり、さらには暴漢に襲われていた少女を助けたことから、主人公の残り少ない生活は大きく変わっていくのです。

 というわけで、余命わずかな主人公、そして悲哀な恋愛要素もあるということで、一昔前のケータイ小説によくありそうな設定ではあるのですが、それでいてクライムサスペンスやハードボイルドとでも呼ぶべき硬派な内容に仕上げられているのが面白いですね。

 特にバトル的なアクションシーンに力が入っていて、それをスピード感あふれるストーリー展開が強く後押ししていますし、作者が現役の医師ということもあって病気や治療法・病院内などの描写にリアルな迫力と強烈なインパクトがあるので、医療が絡んだエンタメアクションという異色な魅力が作品内にたぎっていたように思います。

 まあ、ミステリ的な仕掛けが明け透けで、視点が多すぎなことで話の流れにもどかしさを感じたりもしましたが、良い意味で新人ならではの勢いと熱さが溢れていますし、全体的に見れば異色でも個々の要素は直球な面白さがある作品なので、ミステリ的な魅力を期待するのでなければ、この“現役医師が描くエンタメハードボイルド”を大いに楽しむことができるのではないでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★☆ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★★
   ビックリ驚愕度  : ★★         おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★★★★    主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★★      人間味ドラマ度 : ★★★
   下ネタエッチ度 : ★★★       感涙ウルウル度 : ★★★
   衝撃バカミス度 : ★★★★     気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」東野圭吾 <<< PREV/NEXT >>> 「太陽は動かない」吉田修一

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年5月20日 (日)

【MDB式“2012年第12節・G大阪戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★5/19(土) J1リーグ第12節・ガンバ大阪戦 (日産ス)


  △0-0 (前半0-0、後半0-0)  主審:飯田淳平  観衆:25,241人

  .<得点> 0-0 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 小野裕二が、リーグ戦通算4回目の警告を受けたため、5月26日に行われるJ1リーグ第13節・清水エスパルス戦は出場停止となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 大黒将志が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成しました。

 飯倉大樹が、Jリーグ通算100試合出場にリーチとなりました。


 狩野健太が、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代27位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・


 <記録ストップ>

  ・「連続90分勝利」記録 > 4試合連続 でストップ <マリノス歴代 7位タイ>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第12節終了時(暫定) : 9位 (前節 9位)
         < 4勝 5分 3敗  勝点 17 得点 14 失点 12 得失点差 +2 >

 最近5試合(第8~12節) 順位 : 1位 (前節 1位)
         < 4勝 1分 0敗  勝点 13  得点 10 失点 4 得失点差 +6 >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「5/19 ガンバ大阪戦フォトレポート

 (フォトレポートブログ) 「5/19 ガンバ大阪戦イベントフォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「俊輔のバー直撃のPKもあり、横浜FMが連勝ストップ。
                            G大阪は今季初の無失点を達成


 (カナロコ) 「再三好機決められず/G大阪戦から

 (カナロコ) 「斎藤、足首痛め交代/G大阪戦から

 (カナロコ) 「中村「味方が下向きにならずやってくれたことに感謝したい」/G大阪戦から

 (スポニチ) 「俊輔まさかのPK失敗…横浜 ホームで痛恨のドロー

 (スポニチ) 「GK飯倉“矢のフィード”正確無比なキックで観客を沸かす

 (日刊スポーツ) 「俊輔が横浜の連勝止めた!PK失敗

 (スポーツ報知) 「俊輔、PK失敗で6連勝ならず

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤、左足首負傷し交代…検査へ

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第12節・G大阪戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【オークス(2012年)>予想&結果】

< 5月20日に行われる優駿牝馬・オークス(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【優駿牝馬・オークス】

 荒れやすいレースということで、GIでは2レース連続で単勝二桁人気馬を◎にしている自分にとっては腕が鳴りますね。

 ただ、ちょっと無理に穴を狙いすぎな感じがしてきたし、結果があまり伴っていないので、ここは前日に僅差での1番人気を争っている2頭のうちヴィルシーナを◎にしてみましょう。

 桜花賞で2着に好走しているだけでなく、東京で行われたクイーンCを勝っているのは強みだし、先行して速い上がりを繰り出せるのはやはり信頼がおけますからね。

 そして相手は、他の人気3頭を押さえるのはもちろん、桜花賞組のあまり人気になっていない2頭に、前日オッズでの最下位人気馬で穴狙いしてみたいと思います。


  ◎ ヴィルシーナ / 内田博幸 (9)
  ○ アイムユアーズ / ウィリアムズ (1)
  ▲ ジェンティルドンナ / 川田将雅 (14)
  △ ミッドサマーフェア / 蛯名正義 (8)
  △ オメガハートランド / 石橋脩 (4)
  △ チェリーメドゥーサ / 森泰斗 (11)
  △ トーセンベニザクラ / 津村明秀 (17)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 14 ▲ ジェンティルドンナ 川田将雅   3
 2着 9  ◎ ヴィルシーナ     内田博幸  2
 3着 3     アイスフォーリス   松岡正海  9
 4着 1  ○ アイムユアーズ   ウィリアムズ 4
 5着 15    サンキューアスク  北村宏司   17


 ◎ヴィルシーナは、直線に入った時点ですでに手応えが怪しくなっていたのでこりゃダメかと思いましたが、そこから粘り強く伸びて2着に来たのですから驚きましたねェ。

 ただ、ハナ差の接戦となった3着争いで、相手に入れていない方の馬が3着となってしまったので、もうホントに悔しすぎる結果となってしまいました.....。


  (3連複:3-9-14 66.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 4/15  26.7%  -17,740円   60.6%

☆12年通算 > 23/84  27.4%  -10,940円   95.7%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●○●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【東海S(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【大井記念(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月19日 (土)

週刊少年ジャンプ新連載! 「戦星のバルジ」 堀越耕平

週刊少年ジャンプ 2012年6月4日号 NO.25週刊少年ジャンプ 2012年6月4日号 NO.25
集英社

2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2012年5月に投入された新連載の第3弾が、2012年25号(5月21日発売)から始まった「戦星のバルジ(せんせいの・バルジ)です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2012年25号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者の堀越耕平(ほりこし・こうへい)は、「ヌケガラ」で“手塚賞(2006年下半期)”の佳作を受賞し、“赤マルジャンプ2007SUMMER”に「テンコ」が掲載されてデビュー。

 続いて、“赤マルジャンプ2008WINTERに”「僕のヒーロー」、“赤マルジャンプ2008SUMMER”に「進化ラプソディ」、“本誌2010年02号”に「逢魔ヶ刻動物園」週刊少年ジャンプ読切! 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平参照)と読切掲載が続き、本誌読切の同名リニューアル版「逢魔ヶ刻動物園」で連載デビュー(週刊少年ジャンプ新連載! 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平参照)。

 初連載作は全37話で打ち切りとなり、その後は“ジャンプNEXT! 2011SUMMER”に「宇宙少年バルジ」が掲載され(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SUMMER」参照)、そのリニューアル版である本作にて2度目の連載となりました。


 内容の方ですが、スペースファンタジーバトル漫画です。

 惑星インダストリアに住むアストロは、親から捨てられた子供たちを何人も養う貧乏少年。

 異星人貴族とのいざこざが原因で仕事をクビになり、そのことを子供たちに伝えられず一人悩んでいたアストロの前に突然現れたのが、顔も声もアストロにそっくりなバルジ王子。

 バルジがアストロに王子の仕事を押しつけようとする中、突然何者かが撃った光線銃がバルジの頭を貫き、さらにはバルジと間違われたアストロが城に連れ戻されることに.....。


 「読切版」との違いですが、まず主人公は、容姿はほぼ変わりないものの、「読切版」では真空の中でも生きることのできる少年で、「連載版」のような王子設定や本物の王子との入れ替わりの展開などはありませんでした。

 そして、「読切版」では宇宙を彷徨いながら自分の生まれた星を探している、というのが物語の基本となっていたので、「読切版」と「連載版」とでは別の作品といってもいいほどに大きく変化していましたね。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  投票受付期間:2012.5.19~5.27
 Baruji


  投票受付期間:2012.5.19~5.27
 20125

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「堀越耕平」関連記事】

  > 「梅雨ちゃんのけろけろ日記」 堀越耕平 > 週刊少年ジャンプ読切! (16.3.21)

  > 「僕のヒーローアカデミア」 堀越耕平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (14.6.30)

  > 「戦星のバルジ」 堀越耕平 <JC1巻買い> (12.10.17)
  > 「戦星のバルジ」 堀越耕平 > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.5.19)
  > 「宇宙少年バルジ」(ジャンプNEXT! 2011 SUMMER) (11.8.12)

  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 <JC1巻買い> (10.11.9)
  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 > 週刊少年ジャンプ新連載!  (10.7.12)
  > 「逢魔ヶ刻動物園」 堀越耕平 > 週刊少年ジャンプ読切!  (09.12.14)

  > 「鍵人-カギジン-」 田中靖規 <JC1巻買い> (09.12.6)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

【東海S(2012年)>予想&結果】

< 5月19日に行われる東海ステークス(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東海ステークス】

 交流重賞実績馬が人気となっていますが、ここはその中からミラクルレジェンドを◎にしてみましょう。

 牝馬ではありますが、ラヴェリータが引退した今では現役最強ダート牝馬であるのは間違いないし、常に接戦を繰り広げていたそのラヴェリータは牡馬相手の重賞で何度も結果を出していて、この馬自身も重賞ではまだ1度だけとはいえこれまで牡馬相手に何度も結果を出してきていますからね。

 状態も良さそうだし、按上は現在絶好調なウィリアムズなので、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ ミラクルレジェンド / ウィリアムズ (13)
  ○ ワンダーアキュート / 和田竜二 (15)
  ▲ シビルウォー / 福永祐一 (5)
  △ ニホンピロアワーズ / 幸英明 (10)
  △ トウショウフリーク / 池添謙一 (6)
  △ グリッターウイング / 四位洋文 (2)
  △ ヒラボクキング / 藤岡佑介 (3)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4     ソリタリーキング   浜中俊     4
 2着 10 △ ニホンピロアワーズ 幸英明    3
 3着 1     サイレントメロディ  藤田伸二   11
 4着 12    デスペラード      武豊      6
 5着 13 ◎ ミラクルレジェンド  ウィリアムズ 2


 ◎ミラクルレジェンドは、あと少し粘っていれば....といった感じでしたが、相手馬の選択がことごとく失敗していたので、これはもうどうしようもないレースでしたねェ。


  (3連複:1-4-10 357.1倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 4/14  28.6%  -14,740円   64.9%

☆12年通算 > 23/83  27.7%   -7,940円   96.8%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●●○●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【川崎マイラーズ(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【オークス(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月18日 (金)

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.537

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.537

 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 東野圭吾

   「このミス」2013年版 : 50位

   受賞(候補) : 「中央公論文芸賞」受賞

   総合ランキング :

   年度ランキング : 「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR」
                 (小説ランキング) 3位
                 (文庫ランキング) 7位
              「週刊文春ミステリーベスト10」 20位

   読始:2012.5.3 ~ 読終:2012.5.6

   読んだ時期 : 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年3月>

ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)
東野 圭吾

KADOKAWA/角川書店 2014-11-22
売り上げランキング : 1002

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 東野圭吾の2012年最初に発表された長編作品です。

 近年の東野圭吾の長編作品といえば、事件捜査物やサスペンス物がほとんどとなっていますが、本作はそれらとは作風が大きく違う、SFファンタジーともいうべき作品となっています。

 そしてタイムスリップが用いられていることから、2002年の「トキオ(文庫化の際に「時生」に改題)」に近いテーマと言えるのかもしれませんね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ある犯罪を行ったばかりと思しき3人組が、一晩の隠れ家に選んだのが、かつて雑貨店だった空き家。

 ところがこの雑貨店には、明らかに過去から来たとしか思えない奇妙な手紙が届けられてくるという、なんとも不思議な現象が。

 実はこの雑貨店の店主は、40年前頃に手紙を使っての悩み相談を行っていて、その手紙の一部がなぜか未来の3人組の元へ届けられたわけなのですが、そこから3人組と過去の人間との時空を超えた手紙のやり取りを中心にして、過去と現在(未来)の話が連作に近い形式で語られていきます。

 未来から過去の人間に対して人生を大きく左右するような相談に答えていくということで、普通の人生相談とは一味違ったやり取りとなり、それによってじんわりと心に染み込んで来るような人間ドラマが絶妙なほどに生み出されているので、ハートフルSFファンタジーといった感じでしたね。

 ただそんな感動を呼ぶドラマだけでなく、話が進んでいくにつれて様々な出来事が見事なまでに繋がっていくという、綿密に仕掛けられたストーリー展開もやはり素晴らしいので、ミステリ要素がメインではないものの、伊坂幸太郎作品に近いような伏線ミステリを堪能できるのではないでしょうか。

 それに、3人組のキャラクターなどからほのぼのとした雰囲気が漂っていて、それでいて考えさせられたりしんみりとさせられたりもするので、多くの人が楽しめるだろうし、近年の東野圭吾の長編作品とはまた違った魅力に満ち溢れていると思います。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ☆☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★★       おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★★★★
   下ネタエッチ度 : ★★        感涙ウルウル度 : ★★★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “東野圭吾” 関連記事 】

  > No.873 「人魚の眠る家」
  > No.832 「ラプラスの魔女」
  > No.784 「マスカレード・イブ」

  > No.757 「虚ろな十字架」
  > No.720 「疾風ロンド」
  > No.690 「祈りの幕が下りる時」
  > No.655 「夢幻花」
  > No.598 「禁断の魔術 ガリレオ8」

  > No.580 「虚像の道化師 ガリレオ 7」
  > No.537 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
  > No.526 「歪笑小説」
  > No.479 「マスカレード・ホテル」
  > No.457 「真夏の方程式」

  > No.437 「麒麟の翼」
  > No.418 「鳥人計画」
  > No.377 「白銀ジャック」
  > No.342 「プラチナデータ」
  > No.285 「カッコウの卵は誰のもの」

  > No.266 「魔球」
  > No.236 「新参者」
  > No.184 「パラドックス13」
  > No.130 「聖女の救済」
  > No.085 「流星の絆」

  > No.053 「赤い指」
  > No.045 「容疑者Xの献身」
  > No.022 「超・殺人事件」
  > No.010 「秘密」
  > No.006 「名探偵の掟」


 「地の底のヤマ」西村健 <<< PREV/NEXT >>> 「誰がための刃」知念実希人

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年5月17日 (木)

【MDB式“2012年第12節・G大阪戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★5/19(土) 14:00~ J1リーグ第12節・ガンバ大阪戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  9位  4勝 4分 3敗 勝点 16  14得 12失 得失 +2 」
  G大阪 :「 17位 2勝 2分 6敗 勝点  8  13得 22失 得失 -9 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「  1位  4勝 0分 1敗 勝点 12  10得 5失 得失 +5 」
  G大阪 :「 12位 2勝 1分 2敗 勝点  7  7得 10失 得失 -3 」


 G大阪は、10年間続いた西野体制が昨年で終了し、今年からセホーン監督&呂比須コーチの新体制となりましたが、開幕から公式戦(ACL&リーグ戦)5連敗となり、早くも監督&コーチの解任と最悪とも言うべきスタートとなってしまいました。

 新監督して過去に選手としても活躍していた生え抜きの松波コーチが昇格就任すると、直後のリーグ戦に引き分け連敗を脱出し、続くACLで初勝利を挙げるなど監督交代効果が出て、その後も第6節から2連勝するなど、ようやく復活の兆しが見えて来ました。

 しかし、未勝利からの2連勝という同じタイミングで対戦となった第8節・鹿島戦で0-5と大敗すると、それ以後は再び勝てなくなり、ACLでも連敗が続いて日本勢で唯一のグループリーグ敗退となったのですね。

 そして暫定ながら現在降格圏内の17位と不振な状況は続いているのですが、徐々に本来の攻撃を取り戻しているようだし、前節では首位の仙台相手に勝利まであと一歩というところまで行っていたので、侮れない相手であることは間違いないでしょう。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 G大阪戦は、公式戦通算で「31勝 7分 22敗」、リーグ戦通算で「24勝 6分 14敗」と大きく勝ち越していて、特にリーグ戦ホームでは「14勝 3分 5敗」、日産スタジアムでの公式戦で「9勝 2分 2敗」とかなり相性の良くなっています。

 とはいえ、2005年以降のリーグ戦通算では「4勝 6分 4敗」、リーグ戦ホームでは「2勝 3分 2敗」と、いずれも五分の成績となっているのですけどね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 ★今回の試合に勝つと........
   > 5試合“連勝(通算)”達成 (マリノス歴代 6位タイ)
   > 5試合“連勝(シーズン)”達成 (マリノス歴代 5位タイ)
   > 5試合連続“90分勝利”達成 (マリノス歴代 2位タイ)


 ★今回の試合で2得点以上だと........
   > 5試合連続“2得点以上”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 大黒将志が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成します。

 飯倉大樹が出場すると、Jリーグ通算100試合出場にリーチとなります。


 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中村俊輔が3得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算46ゴールとなり、坂田大輔(01-10)と並びマリノス歴代4位タイとなります。

 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、現在リーグ戦4連勝&公式戦5連勝と一時の不振が嘘のような絶好調状態となっていますが、この後はリーグ上位チームとの対戦が多くなってくるので、ここでG大阪にきっちりと勝利しておきたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 G大阪:なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス:小野裕二

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:中町公祐、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「【G大阪】松波監督が愚痴?「最近は…」」 (5/18)


 【TV中継】 (生) 5/19(土) 13:50~  J SPORTS 4

        (録) 5/19(土) 22:15~  J SPORTS 1

            5/20(日) 04:20~  スカチャン1

            5/22(火) 09:00~  J SPORTS 1
            5/22(火) 21:00~  スカチャン0

            5/24(木) 14:00~  スカチャン0

            5/25(金) 07:30~  スカチャン2

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第12節・G大阪戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月16日 (水)

【MDB式“2012年ナビスコ予選第4節・鹿島戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★5/16(水) ナビスコカップ予選リーグ第4節・鹿島アントラーズ戦 (ニッパ球)


  ○3-2 (前半1-0、後半2-2)  主審:家本政明  観衆:9,693人

  .<得点> 1-0 兵藤慎剛    (横浜・36分 PK)
          1-1 遠藤康      (鹿島・58分)
          1-2 ジュニーニョ  (鹿島・68分)
          2-2 齋藤学      (横浜・83分)
          3-2 大黒将志    (横浜・86分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 大黒将志が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなりました。


 栗原勇蔵が、マリノス所属時ナビスコカップ通算53試合出場となり、坂田大輔(01-10)を抜いてマリノス歴代単独3位となりました。

 中澤佑二が、マリノス所属時ナビスコカップ通算34試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代12位タイとなりました。

 兵藤慎剛が、マリノス所属時ナビスコカップ通算32試合出場となり、狩野健太と並びマリノス歴代15位タイとなりました。

 ドゥトラが、マリノス所属時ナビスコカップ通算29試合出場となり、井原正巳(93-99)・那須大亮(02-07)と並びマリノス歴代20位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 ナビスコカップ予選リーグ 第4節終了時 : 4位 (前節 6位)
         < 1勝 1分 2敗  勝点 4 得点 5 失点 6 得失点差 -1 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【予選リーグ敗退条件】


 6月6日に行われるナビスコカップ予選リーグ第5節ではマリノスの試合がないので(奇数チームによるリーグ戦のため)、第5節で鹿島と清水が共に勝利すると、その時点でマリノスの予選リーグでの敗退が決定します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「5/16 鹿島アントラーズ戦フォトレポート

 (フォトレポートブログ) 「5/16 鹿島アントラーズ戦イベントフォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「『シーソーゲーム』を制したのは横浜FM!
                       鹿島は残り10分を耐えきれず


 (カナロコ) 「神懸かり、公式戦5連勝/鹿島戦から

 (カナロコ) 「兵藤「思ったよりリラックスして蹴れた」/鹿島戦から

 (スポニチ) 「決勝T進出に望みつないだ!横浜 逆転勝利で公式戦5連勝

 (日刊スポーツ) 「横浜大黒が劇的初勝利弾

 (スポーツ報知) 「」

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤弾!5連勝呼んだ

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年ナビスコ予選第4節・鹿島戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月15日 (火)

【川崎マイラーズ(2012年)>予想&結果】

< 5月16日に行われる川崎マイラーズ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【川崎マイラーズ】

 ここはカキツバタロイヤルを◎にしてみましょう。

 最近2走は掲示板にも載っていないとはいえ、1600~1800mは16戦して全て馬券圏内と、今回の距離では抜群の安定感ですからね。

 川崎での複勝率が高い3頭と迷いましたが、コース実績よりも距離実績の方に期待してみることにしました。


  ◎ カキツバタロイヤル / 石崎駿 (13)
  ○ イーグルショウ / 森泰斗 (6)
  ▲ ルクレルク / 戸崎圭太 (8)
  △ ディアーウィッシュ / 今野忠成 (11)
  △ ウツミランカスター / 坂井英光 (12)
  △ ドリームライナー / 本橋孝太 (2)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 13 ◎ カキツバタロイヤル 石崎駿   3
 2着 7     ファイナルスコアー  吉田稔   9
 3着 2  △ ドリームライナー   本橋孝太 7
 4着 11 △ ディアーウィッシュ  今野忠成 2
 5着 10    シーズザゴールド   真島大輔 6


 ◎カキツバタロイヤルは期待通りに勝ってくれましたが、2着馬が抜けてしまいました.....。


  (3連複:2-7-13 721.8倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 4/13  30.8%  -11,740円   69.9%

☆12年通算 > 23/82  28.0%   -4,940円   98.0%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○●●●●●○●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【ヴィクトリアM(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【東海S(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月14日 (月)

【MDB式“2012年ナビスコ予選第4節・鹿島戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★5/16(水) 19:30~ ナビスコカップ予選リーグ第4節・鹿島アントラーズ戦 (ニッパ球)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームのJ1リーグの成績を比べ見てみると、

  マリノス:「  9位  4勝 4分 3敗  勝点 16  14得 12失 得失 +2 」
  鹿島  :「 15位 3勝 2分 6敗  勝点 11  11得 16失 得失 -5 」

 続いて両チームのナビスコカップの成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 6位  0勝 1分 2敗  勝点 1  2得 4失 得失 -2 」
  鹿島  :「 1位  3勝 0分 0敗  勝点 9  5得 1失 得失 +4 」


 鹿島は、今年から90年代前半に選手として活躍したジョルジーニョ監督を迎えたのですが、開幕から3連敗&5戦勝ちなし、さらに開幕から4試合無得点など、かなり苦しいスタートとなりました。

 第6節から3連勝してようやく復調したかに思えたものの、そこからまた3試合勝ちがなく(0勝 1分 2敗)、しかも3試合連続無得点と再び得点力不足状態となっているなど、いまだ不調から脱することができていないのですね。

 なお、リーグ戦では結果が出ていないのとは対照的に、ナビスコカップでは3戦全勝と絶好調です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 鹿島戦は、公式戦通算で「20勝 7分 28敗」、リーグ戦通算で「18勝 5分 21敗」といずれも負け越していて、Jリーグ初期の頃から苦手としている相手です。

 特にカップ戦ではかなり苦手にしていまして、1993年以降で当たったナビスコカップ・天皇杯・チャンピオンシップでは全て敗れるか2試合合計で敗退しています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 大黒将志が出場すると、マリノス所属時公式戦通算50試合出場にリーチとなります。


 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 栗原勇蔵が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算53試合出場となり、坂田大輔(01-10)を抜いてマリノス歴代単独3位となります。

 榎本哲也が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算37試合出場となり、遠藤彰弘(94-05)と並びマリノス歴代9位タイとなります。

 中澤佑二が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算34試合出場となり、河合竜二(03-10)と並びマリノス歴代12位タイとなります。

 狩野健太が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算33試合出場となり、山瀬功治(05-10)・中澤佑二と並びマリノス歴代13位タイとなります(中澤佑二が出場した場合は14位タイ)。

 兵藤慎剛が出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算32試合出場となり、狩野健太と並びマリノス歴代15位タイとなります(狩野健太が出場した場合は単独16位)。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時ナビスコカップ通算29試合出場となり、井原正巳(93-99)・那須大亮(02-07)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 もう一度順位ファイル】を見よ!!


 この試合で負けるか引き分けて、清水が神戸に勝利すると、ナビスコカップの予選リーグでの敗退が決定します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、ナビスコカップは残り3試合を全勝しても決勝トーナメント進出が厳しいという状況ではありますが、ただ可能性はまだ残っているので、まずはこの試合を勝って望みを繋げたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 鹿島:なし

 【出場停止にリーチ】  マリノス:青山直晃、狩野健太、中町公祐、
                         谷口博之、小野裕二、熊谷アンドリュー

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:天野貴史、中町公祐

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「増田、1か月ぶり先発復帰…鹿島」 (5/16)


 【TV中継】 (生) 5/16(水) 19:20~  スカチャン1

        (録) 5/17(木) 09:00~  スカチャン0
            5/17(木) 14:00~  フジテレビNEXT

            5/19(土) 25:40~  スカチャン2

            6/04(月) 14:00~  フジテレビNEXT

            6/06(水) 16:00~  スカチャン1

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年ナビスコ予選第4節・鹿島戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月13日 (日)

【MDB式“2012年第11節・広島戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★5/12(土) J1リーグ第11節・サンフレッチェ広島戦 (広島ビ)


  ○3-1 (前半1-1、後半2-0)  主審:木村博之  観衆:12,073人

  .<得点> 0-1 青山敏弘      (広島・06分)
          1-1 マルキーニョス  (横浜・38分)
          2-1 齋藤学       (横浜・77分)
          3-1 富澤清太郎    (横浜・83分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止情報】


 小野裕二が、リーグ戦通算3回目の警告を受けたため、次にリーグ戦で警告を受けると、1試合の出場停止処分となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 富澤清太郎が、J1リーグ通算50試合出場を達成しました。

 金井貢史が、Jリーグ通算50試合出場を達成しました。


 ドゥトラが、マリノス所属時リーグ戦通算154試合出場となり、永山邦夫(93-03)を抜いてマリノス歴代単独14位となりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「連続90分勝利」記録 > 4試合連続 達成 <マリノス歴代 7位タイ>

  ・「同一カード 失点」記録 > 12試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード アウェー連敗」記録 > 3連敗 でストップ <マリノス歴代 4位タイ>


  <チームランクファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第11節終了時(暫定) : 9位 (前節 13位)
         < 4勝 4分 3敗  勝点 16 得点 14 失点 12 得失点差 +2 >

 最近5試合(第6~10節) 順位 : 1位 (前節 4位)
         < 4勝 0分 1敗  勝点 12  得点 10 失点 5 得失点差 +5 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「5/12 サンフレッチェ広島戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「サッカーを熟知するベテランとピッチを駆け抜ける若者たちの躍動。
             青山敏弘のスーパーシュート・ショックを跳ね返し、
                                横浜FMが広島に逆転勝ち


 (カナロコ) 「“鬼門”突破、充実の4連勝/広島戦から

 (カナロコ) 「斎藤、してやったり決勝弾/広島戦から

 (カナロコ) 「DF栗原「あの1点で展開が全部変わった」/広島戦から

 (スポニチ) 「鬼門突破だ!横浜 4節前17位から4連勝で9位浮上

 (日刊スポーツ) 「マルキが広島翻弄 横浜4連勝

 (スポーツ報知) 「マルキ!斎藤!富沢!3発逆転で4連勝

 (サンスポ) 「横浜M・斎藤が決勝点「狙い通り」

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第11節・広島戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【ヴィクトリアM(2012年)>予想&結果】

< 5月13日に行われるヴィクトリアマイル(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【ヴィクトリアマイル】

 1番人気馬が4年連続で連対するなどそこまで荒れないレースなので、ここは手堅く予想しようかと思っていたのですが、結局はこれを書いている時点で13番人気という大穴馬のアスカトップレディを◎にすることになってしまいました。

 今年に入って勝ちがないものの、いずれも重賞で3・3・4着と安定感は抜群で、その中には牡馬相手の京都金杯での結果が含まれているわけですからね。

 そしてマイル戦ではこれまで7回走って馬券圏外は1度だけ(5着)と特に安定感がありますし、東京では4回走って着外が3度あるとはいえいずれも掲示板には載っているので苦手ということはないでしょう。

 それに、前走では出遅れたうえで今回も人気しているオールザットジャズと0.3秒の僅差だったのに関わらずこれだけ人気がないので、極端な枠に入ったのは不安ではあるものの、オッズの妙味も考慮してこの馬を積極的に狙ってみたくなったのです。


  ◎ アスカトップレディ / 川須栄彦 (18)
  ○ オールザットジャズ / 藤岡佑介 (14)
  ▲ マルセリーナ / 田辺裕信 (1)
  △ アプリコットフィズ / 田中勝春 (11)
  △ ホエールキャプチャ / 横山典弘 (12)
  △ アパパネ / 蛯名正義 (7)
  △ ドナウブルー / ウィリアムズ (16)
  △ レインボーダリア / 石橋脩 (17)
  △ フミノイマージン / 池添謙一 (10)
  △ グランプリエンゼル / 三浦皇成 (9)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12 △ ホエールキャプチャ 横山典弘   4
 2着 16 △ ドナウブルー     ウィリアムズ 7
 3着 1  ▲ マルセリーナ     田辺裕信   3
 4着 3     キョウワジャンヌ   柴田善臣   11
 5着 7  △ アパパネ        蛯名正義   1

14着 18 ◎ アスカトップレディ  川須栄彦   14


 ◎アスカトップレディは、スタートは良かったので「よしよし」と思ったのですが、段々とポジションを下げていって、直線に入る頃にはほぼ最後方の大外に位置していたので、この時点でほぼ諦めざるをえませんでしたねェ。

 結果的に1・2・3着馬がいずれも予想段階ではバリバリの◎候補馬だったこともあり、変に穴狙いしていなければ.....という後悔の気持ちで一杯状態です......。


  (3連複:1-12-16 107.9倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 4/12  33.3%   -8,740円   75.7%

☆12年通算 > 23/81  28.4%  -1,940円   99.2%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●○●●●●●○● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【京都ハイJ&京王杯スプリングC(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【川崎マイラーズ(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月12日 (土)

週刊少年ジャンプ新連載! 「斉木楠雄のΨ難」 麻生周一

週刊少年ジャンプ 2012年5月28日号 NO.24週刊少年ジャンプ 2012年5月28日号 NO.24
集英社

集英社 2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2012年5月に投入された新連載の第2弾が、2012年24号(5月14日発売)から始まった「斉木楠雄のΨ難(さいきくすお・の・さいなん)です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2012年24号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト


 作者の麻生周一(あそう・しゅういち)は、「ぼくのわたしの勇者学」(2007-2008)に続く2度目の連載作品「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」(2009-2010)が、全13話と短期間で打ち切りに(<JC1巻買い> 「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」 麻生周一参照)。

 その後は、“ジャンプNEXT! 2010SUMMER”に「超能力者 斉木楠雄のψ難」週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2010SUMMER」参照)、“本誌2011年05・06合併号”に「お前んち、お化け屋敷」週刊少年ジャンプ読切! 「お前んち、お化け屋敷」 麻生周一参照)を掲載。

 そして“NEXT!”に掲載された「超能力者 斉木楠雄のψ難」の同名リニューアル版が、“本誌2011年22号”、“27号”、“29号”、“33号”、“42号”、“43号”、“50号”と7回に渡る異例の不定期読切掲載となり、タイトルが少し短くなった本作にて3度目の本誌連載となりました。

 なお、7回掲載された本誌読切版「超能力者 斉木楠雄のψ難」は、0巻(麻生周一短編集)として5月2日に発売された単行本「超能力者斉木楠雄のψ難」(Amazon.co.jp)に収録されています(NEXT版は収録されず)。


 内容の方ですが、後ほど追記します。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  投票受付期間:2012.5.12~5.20
 Saiki


  投票受付期間:2012.5.19~5.27
 20125

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「麻生周一」関連記事】

  > 「斉木楠雄のΨ難(ジャンプGIGA2018SUMMERvol.1版)」 麻生周一
     > ジャンプGIGA 2018 SUMMER vol.1 (18.5.15)

  > 「青少年有害環境規制法」 麻生周一 > 週刊少年ジャンプ読切! (17.7.31)

  > 「斉木楠雄のΨ難」 麻生周一 <JC1巻買い> (12.9.5)
  > 「斉木楠雄のψ難」 麻生周一 > 週刊少年ジャンプ新連載!  (12.5.12)

  > 週刊少年ジャンプ読切!
      「超能力者斉木楠雄のψ難(本誌50号版)」 麻生周一 (11.11.21)
      「超能力者斉木楠雄のψ難(本誌43号版)」 麻生周一 (11.10.2)
      「超能力者斉木楠雄のψ難(本誌42号版)」 麻生周一 (11.9.24)
      「超能力者斉木楠雄のψ難(本誌33号版)」 麻生周一 (11.7.24)
      「超能力者斉木楠雄のψ難(本誌29号版)」 麻生周一 (11.6.26)
      「超能力者斉木楠雄のψ難(本誌27号版)」 麻生周一 (11.6.12)
      「超能力者斉木楠雄のψ難(本誌22号版)」 麻生周一 (11.5.8)

  > 「お前んち、お化け屋敷」 麻生周一 > 週刊少年ジャンプ読切!  (11.1.5)

  > 「超能力者 斉木楠雄のψ難」(ジャンプNEXT! 2010SUMMER) (10.8.16)

  > 「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」 麻生周一 <JC1巻買い> (10.6.4)
  > 「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」 麻生周一
      > 週刊少年ジャンプ新連載! (09.11.16)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

【京都ハイJ&京王杯スプリングC(2012年)>予想&結果】

< 5月12日に行われる京都ハイジャンプ(J・GII)京王杯スプリングカップ(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都ハイジャンプ】

 4月の中山グランドJ・2着で人気を集めているバアゼルリバーもいますが、ここはテイエムハリアーの方を◎にしてみましょう。

 なんといっても京都で6勝&8戦全複勝圏内で、他の競馬場では一度も複勝圏に入っていないことからも極端な京都巧者であることがわかりますし、自分のペースで逃げることが出来れば強いと思うのですよね。

 相手は、穴馬を狙うよりは人気所で固める方を選んでみました。


  ◎ テイエムハリアー / 白浜雄造 (3)
  ○ バアゼルリバー / 小坂忠士 (8)
  ▲ マーベラスカイザー / 北沢伸也 (4)
  △ エムエスワールド / 横山義行 (12)
  △ シゲルジュウヤク / 中村将之 (1)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12 △ エムエスワールド   横山義行  4
 2着 3  ◎ テイエムハリアー   白浜雄造 2
 3着 4  ▲ マーベラスカイザー 北沢伸也  3
 4着 1  △ シゲルジュウヤク   中村将之  5
 5着 2     フサイチアソート    植野貴也 9


 バアゼルリバーが掲示板にさえ載れなかったのには驚きましたが、◎テイエムハリアーは最後に交わされたとはいえ2着に入ってくれたし、相手も穴を狙わなくて正解でしたね。


  (3連複:3-4-12 31.5倍)  ○的中!  3,000円 → 6,300円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京王杯スプリングカップ】

 ここはちょい穴狙いでヤマカツハクリュウを◎にしてみましょう。

 前走・マイラーズCでは17番人気と低評価ながら0.5秒差4着と好走していますからね。

 それに元々東京1400mを連勝してオープンに上がって来た馬ですし、これまでの4勝全てが左回りで、7走して唯一馬券圏を外したのも4着で上がりは1位という左回り巧者なので、休み明けを叩かれて状態も良さそうな今回は、前走よりもさらに勝負になるのではないかと期待してみたいと思います。


  ◎ ヤマカツハクリュウ / 川須栄彦 (7)
  ○ サンカルロ / 吉田豊 (2)
  ▲ ジョーカプチーノ / 藤岡康太 (11)
  △ サダムパテック / ウィリアムズ (12)
  △ エーシンホワイティ / 蛯名正義 (6)
  △ レオプライム / 三浦皇成 (4)
  △ ストロングリターン / 福永祐一 (8)
  △ オセアニアボス / 藤岡佑介 (3)
  △ アグネスウィッシュ / 武豊 (1)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 12 △ サダムパテック   ウィリアムズ 4
 2着 4  △ レオプライム     三浦皇成   11
 3着 13    インプレスウィナー 田中勝春  13
 4着 8  △ ストロングリターン  福永祐一   2
 5着 7  ◎ ヤマカツハクリュウ 川須栄彦   7


 ウィニング競馬を観ていたら、普段はガチガチ人気馬を軸にしている井森美幸がこの馬を◎にしていて、さらには(少なくとも自分が観た時には)当たった所を見たことがないキャプテン渡辺までこの馬◎だった時点で不安いっぱいでしたが、案の定な結果となりました.....。

 11番人気の2着馬を押さえていただけに、なんとか3着に来てほしかったのですが.....。


  (3連複:4-12-13 3274.2倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 4/11  36.4%   -5,740円   82.6%

☆12年通算 > 23/80  28.8%  +1,060円  100.4%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○●○●●●●● → ○●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【東京プリンセス賞(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【ヴィクトリアM(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月11日 (金)

『地の底のヤマ』 西村健 > 「このミス」完全読破 No.536

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.536

 『地の底のヤマ』 西村健

   「このミス」2013年版 : 5位

   受賞(候補) : 「吉川英治文学新人賞」受賞
            「日本冒険小説協会大賞」受賞
            「福岡県文化賞(奨励部門)」受賞
            (「日本推理作家協会賞」候補)

   総合ランキング : 「この警察小説がすごい! ALL THE BEST」 16位

   年度ランキング : 「週刊文春ミステリーベスト10」 13位

   読始:2012.4.20 ~ 読終:2012.5.2

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2011年12月>

地の底のヤマ(上) (講談社文庫)地の底のヤマ(上) (講談社文庫)
西村 健

講談社 2014-11-14
売り上げランキング : 330765

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 西村健は、日本冒険小説協会大賞を2005~2010年の6年間で2度も受賞している作家ですが、「このミス」ランクイン実績はまだありません(「劫火」での“2007年版35位”が最高)。

 しかも本作は(単行本で)860ページの二段組という特大ボリュームの超大作となっているので、「このミス」を基準に読んでいる自分にとってはかなり手の伸びにくい作品でした。

 しかし、発売当初からかなり評判が高かったし、それを証明するかのように早くも吉川英治文学新人賞&日本冒険小説協会大賞(自身3度目)をダブル受賞しているので、逆に読むのが楽しみになってしまったのですけどね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで本作ですが、福岡県大牟田市にある炭鉱町で生まれ育った猿渡鉄男の人生が、昭和49年、昭和56年、昭和64年/平成元年、そして現在と、四部に渡って語られていきます。

 この大牟田市にある三井三池炭鉱では、三池争議と呼ばれる日本中の注目を集めた激しい労働争議や多数の死傷者を出した炭塵爆発事故が過去に起きていて、その影響を地元の町やそこに住む人々が様々な形で長年受け続けているのですね。

 そんな炭鉱町を舞台に四つの年に起きた事件について、二代目警察官でもある主人公が迫っていく警察小説なのですが、それぞれの事件における主人公の年齢や立場・役職が大きく変わることもあり、様々なタイプの警察小説的魅力がありますし、一人の警察官の人生を俯瞰する一代記としての魅力も抜群です。

 そして、各事件に対する捜査ミステリとしてもなかなか面白いだけでなく、作品全体を通しての謎もあり、それが主人公の生き様とも関わってきたりもするので読み応えありますし、警察小説的ミステリ度は(真相の意外性などはそれほどないものの)結構高めなのではないでしょうか。

 ただやはり、本作の一番の魅力といえば炭鉱町を舞台にした人間ドラマでして、主人公と関っていく個性溢れる面々や、労働争議や事故の影響を受ける町の人々など、それぞれの物語を味わってみたいと思わせるほどのキャラクター揃いで、それら人々が生きていく大牟田という町の描写も作者の地元ということもありかなり熱が入っているので、860ページの二段組という特大ボリュームなど気にならないくらいにこの作品の迫力にのめり込んでしまうに違いありません。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★★★☆☆


   本格ミステリ度  : ★★★       鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★         おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★        主キャラ魅力度 : ★★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★         人間味ドラマ度 : ★★★★★
   下ネタエッチ度 : ★          感涙ウルウル度 : ★★★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


 「所轄魂」笹本稜平 <<< PREV/NEXT >>> 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」東野圭吾

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年5月10日 (木)

【MDB式“2012年第11節・広島戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★5/12(土) 15:00~ J1リーグ第11節・サンフレッチェ広島戦 (広島ビ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 13位  3勝 4分 3敗 勝点 13  11得 11失 得失 0 」
  広島  :「  3位  6勝 1分 3敗 勝点 19  19得  9失 得失 +10 」


 広島は、今年から生え抜きである森保一監督を迎えてのシーズンとなりましたが、昨年までの勢いある攻撃力はそのままに、10試合で9失点という堅守を加えて、現在3位と好調です。

 とはいえ、無失点試合は10試合でわずか3試合(現在6試合連続失点中)ですし、10試合で19得点という破壊力ある攻撃も、4得点以上した試合が3試合もあるなどハマった時の爆発力はあるものの、前々節では下位で苦しむ新潟相手にホームで完封負けするなど、付け入る隙はありそうですかね。

 そしてチームを引っ張る存在なのが言わずと知れたFWの佐藤寿人でして、10試合で9得点、1試合2得点が3試合と絶好調なのですが、佐藤寿人がゴールした試合は6戦全勝なのに対し、ゴールしなかった4試合は勝ちなし(0勝 1分 3敗)と結果に違いがはっきりと分かれているので、まずは佐藤寿人を確実に抑えることが勝利への条件なのかもしれません。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 広島戦は、公式戦通算で「32勝 5分 17敗」、リーグ戦通算で「24勝 3分 12敗」、リーグ戦ホームで「14勝 2分 4敗」とかなり相性の良い相手なのですが、リーグ戦アウェーでは「10勝 1分 9敗」、広島ビッグアーチでの公式戦は「8勝 2分 7敗」と五分になっています。

 それに、広島がJ1に復帰した2009年以降はリーグ戦でわずか1勝(1勝 1分 4敗)で、3失点以上したのが6試合中4試合、アウェーでは3連敗中で全て3失点ということで、特にアウェーではかなり相性の悪い相手となってしまっているのですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 ★今回の試合に勝つと........
   > 4試合連続“90分勝利”達成 (マリノス歴代 7位タイ)

 ★今回の試合に負けると........
   > 4試合“同一カード アウェー連敗”達成 (マリノス歴代 1位タイ)

 ★今回の試合で負けか引き分けだと........
   > 4試合連続“同一カード アウェー勝ちなし”達成 (マリノス歴代 4位タイ)


 ★今回の試合で失点すると........
   > 12試合連続“同一カード 失点”達成 (マリノス歴代 4位タイ)
   > 6試合連続“同一カード アウェー失点”達成 (マリノス歴代 9位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 富澤清太郎が出場すると、J1リーグ通算50試合出場を達成します。

 金井貢史が出場すると、Jリーグ通算50試合出場を達成します。


 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算154試合出場となり、永山邦夫(93-03)を抜いてマリノス歴代単独14位となります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、近年の対戦成績ではかなり相性が悪く、しかも前節5得点勝利で絶好調と、かなり難敵な相手となりますが、マリノスの方も現在3連勝と勢い&自信を取り戻してきているので、ぜひとも4連勝といきたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 広島:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:狩野健太、中町公祐、松本怜、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  広島オフィシャル

 【チケット情報】  広島オフィシャル

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「俊輔 今季初FK弾だ!樋口監督も期待」 (5/12)
   > 「小椋、6戦ぶりメンバー入り…横浜M」 (5/12)

   > 「鬼門突破へマルキーニョス 広島戦で今季初先発へ」 (5/11)
   > 「マルキーニョス復帰後初先発へ…横浜M」 (5/11)

   > 「横浜、さぁ広島戦で初貯金だ」 (5/9)

   > 「【横浜】樋口監督「気を抜くことない」」 (5/8)


 【TV中継】 (生) 5/12(土) 14:50~  スカイ・A sports+

        (録) 5/12(土) 24:15~  スカイ・A sports+

            5/13(日) 10:00~  Ch.800/Ch.580/Ch.180

            5/14(月) 19:45~  J SPORTS 1
            5/14(月) 23:00~  スカイ・A sports+

            5/16(水) 18:00~  スカイ・A sports+

            5/17(木) 16:30~  Ch.800/Ch.580/Ch.180
            5/17(木) 22:15~  J SPORTS 1

            5/18(金) 07:40~  Ch.802/Ch.582/Ch.182
            5/18(金) 13:15~  スカイ・A sports+

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第11節・広島戦”データボックス】

  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月 9日 (水)

【東京プリンセス賞(2012年)>予想&結果】

< 5月10日に行われる東京プリンセス賞(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京プリンセス賞】

 南関牝馬限定クラシックの第2戦ですが、前日に行われた南関クラシック第1戦の羽田盃が大荒れの結果となっただけに、生半可な予想じゃ当たらなそうだし、逆に今度はガチガチ決着になりそうでもあるので、予想はやっぱり難しいですね。

 それでここは、前日オッズでは伏兵馬的人気になっているグラッツェーラを◎にしてみましょう。

 桜花賞では1.9秒差8着に敗れましたが、スタート直後にカーブのあるコースで外枠に入った時点で不利でしたし、桜花賞とその前の2戦で連続して浦和重賞を走っていずれもイマイチな結果だったのに、大井に変わった前走では牡馬相手にクビ差2着と好走したことからも、浦和より大井の方が力を出しやすいのかもしれません。

 それに、羽田盃の1・3・5着馬が同じチューリップ特別組だったので、まあ同じ理由でこれから必要以上に人気してしまうかもしれないし、羽田盃上位馬は超ハイペースの展開がハマっただけかもしれないとはいえ、この馬に期待してみることにしました。


  ◎ グラッツェーラ / 真島大輔 (13)
  ○ リカチャンス / 本橋孝太 (5)
  ▲ アスカリーブル / 今野忠成 (4)
  △ エンジェルツイート / 森泰斗 (9)
  △ コウヨウタレイア / 戸崎圭太 (10)
  △ レディーソルジャー / 吉原寛人 (16)
  △ ショコラヴェリーヌ / 吉田稔 (12)
  △ コテキタイ / 張田京 (15)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 4  ▲ アスカリーブル    今野忠成  3
 2着 9  △ エンジェルツイート  森泰斗   1
 3着 16 △ レディーソルジャー 吉原寛人 12
 4着 15 △ コテキタイ       張田京   6
 5着 14    ブライダルコーラス 山崎誠士 14

11着 13 ◎ グラッツェーラ    真島大輔 5


 ◎グラッツェーラは、向こう上面では楽な手応えで上がっていったので、これはイケるぞと期待が高まったのですが、直線に入る前にすでに手応えがなくなってしまいましたねェ。

 12番人気ながら3着に入った馬をしっかりと相手に入れていただけに、当てたいレースでしたが。

 これで南関クラシック2連戦における◎馬はどちらも二桁着順ということで、なんか盛り上がりに欠けてしまいました....。


  (3連複:4-9-16 319.6倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 3/9   33.3%   -6,040円   77.6%

☆12年通算 > 22/78  28.2%    +760円  100.3%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●○○●○●●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【羽田盃(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【京都ハイJ&京王杯スプリングC(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月 8日 (火)

【羽田盃(2012年)>予想&結果】

< 5月9日に行われる羽田盃(SI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【羽田盃】

 南関クラシックの第1戦となるこのレースは、中央から横山典弘&岩田康誠が参戦するなど、なかなか見所の多い一戦となりそうですね。

 それで前日オッズ(単勝ではなく馬単や3連複など)を見てみると京浜盃組が人気を集めていまして、それは上位馬の多くが京浜盃組という過去のデータを見ても納得なのですが、ここは素直にその京浜盃組から◎を選ぶことにしたものの、ただ少しは捻って勝ち馬ではなく3着馬のベルモントレーサーを◎にしてみましょう。

 その前走は勝ったパンタレイからは7馬身半も差を付けられたわけですが、ただこの時は道営からの移籍初戦&4ヶ月半の休み明けであったこと考えれば充分好走と考えられますし、1回叩かれたことで(二走ボケさえなければ)今回はより強い走りを見せてくれるはずです。

 それに、2歳時に交流重賞2着の実績があり、その時に今回2番人気になるであろうゴールドメダルにも先着しているので、オッズの旨みも考慮してこの馬に期待してみることにしました。


  ◎ ベルモントレーサー / 山崎誠士 (4)
  ○ パンタレイ / 森泰斗 (9)
  ▲ ゴールドメダル / 岩田康誠 (7)
  △ エミーズパラダイス / 戸崎圭太 (11)
  △ キタサンツバサ / 繁田健一 (1)
  △ ロンドンアイ / 吉原寛人 (8)
  △ ダイヤモンドダンス / 的場文男 (12)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 10    アートサハラ     今野忠成 8
 2着 11 △ エミーズパラダイス 戸崎圭太 3
 3着 3     プレティオラス    本橋孝太 11
 同着 5     ジャルディーノ    真島大輔 9
 5着 12 △ ダイヤモンドダンス 的場文男 10

12着 4  ◎ ベルモントレーサー 山崎誠士 4


 超ハイペースの影響からか、大荒れのレースとなりましたねェ。

 ◎ベルモントレーサーは、スタートから先陣争いに加わっていたので驚きましたが、すぐに不利を受けたようでポジションが下がっていき、結局は最下位ということで、なんとも消化不良感の強いレースとなってしまいました.....。


  (3連複:3-10-11 487.3倍、5-10-11 463.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 3/8   37.5%   -3,040円   87.3%

☆12年通算 > 22/77  28.6%   +3,760円  101.6%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●○○●○●●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【新潟大賞典&NHKマイルC(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【東京プリンセス賞 (2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年05月の記事一覧

 2012年5月に更新した、当ブログ(朴念仁と居候)の記事&リンク一覧です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

01日 : 『所轄魂』 笹本稜平 > 「このミス」完全読破 No.535
01日 : 【かしわ記念(2012年)>予想&結果】

02日 : 「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年5月)
02日 : 【兵庫CS&東京湾C(2012年)>予想&結果】

03日 : 【かきつばた記念(2012年)>予想&結果】
03日 : 【MDB式“2012年第9節・浦和戦”データボックス】

04日 : 【MDB式“2012年第10節・札幌戦”プレビュー】
04日 : 【京都新聞杯(2012年)>予想&結果】

05日 : 「バナナマンのバナナムーン」本編&Podcast プレイリスト(2012年5月)
05日 : 週刊少年ジャンプ新連載! 「恋染紅葉」 坂本次郎×ミウラタダヒロ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

06日 : 【新潟大賞典&NHKマイルC(2012年)>予想&結果】
06日 : モヤモヤさまぁ~ず2 > 大江アナ名場面リスト(2012年4-6月)

07日 : 【MDB式“2012年第10節・札幌戦”データボックス】

08日 : 2012年05月の記事一覧
08日 : 【羽田盃(2012年)>予想&結果】

09日 : 【東京プリンセス賞(2012年)>予想&結果】

10日 : 【MDB式“2012年第11節・広島戦”プレビュー】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11日 : 『地の底のヤマ』 西村健 > 「このミス」完全読破 No.536

12日 : 【京都ハイJ&京王杯スプリングC(2012年)>予想&結果】
12日 : 週刊少年ジャンプ新連載! 「斉木楠雄のψ難」 麻生周一

13日 : 【ヴィクトリアM(2012年)>予想&結果】
13日 : 【MDB式“2012年第11節・広島戦”データボックス】

14日 : 【MDB式“2012年ナビスコ予選第4節・鹿島戦”プレビュー】

15日 : 【川崎マイラーズ(2012年)>予想&結果】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

16日 : 【MDB式“2012年ナビスコ予選第4節・鹿島戦”データボックス】

17日 : 【MDB式“2012年第12節・G大阪戦”プレビュー】

18日 : 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 東野圭吾 > 「このミス」完全読破 No.537

19日 : 【東海S(2012年)>予想&結果】
19日 : 週刊少年ジャンプ新連載! 「戦星のバルジ」 堀越耕平

20日 : 【オークス(2012年)>予想&結果】
20日 : 【MDB式“2012年第12節・G大阪戦”データボックス】

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21日 : 『誰がための刃 レゾンデートル』 知念実希人 > 「このミス」完全読破 No.538

22日 : 【大井記念(2012年)>予想&結果】

23日 : 「キスは少年を浪費する/東京パフォーマンスドール」
                        > 懐かしの90年代・中小ヒット曲集 vol.07

24日 : 【MDB式“2012年第13節・清水戦”プレビュー】

25日 : 『太陽は動かない』 吉田修一 > 「このミス」完全読破 No.539

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

26日 : 週刊少年ジャンプ読切! 「あやかしポリスメンひよこっぷ」 高橋一郎

27日 : 【日本ダービー&目黒記念(2012年)>予想&結果】
27日 : 【MDB式“2012年第13節・清水戦”データボックス】

28日 : 「バナナマンのバナナムーンPodcast」 おすすめ回リスト(2007-2008年)

29日 : 【さきたま杯(2012年)>予想&結果】

30日 : 『平蔵の首』 逢坂剛 > 「このミス」完全読破 No.540

31日 : 「髭男爵 山田ルイ53世のルネッサンスラジオ」プレイリスト(2012年4月)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  2012年4月の記事一覧 <<   >> 2012年6月の記事一覧


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月 7日 (月)

【MDB式“2012年第10節・札幌戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★5/6(日) J1リーグ第10節・コンサドーレ札幌戦 (日産ス)


  ○2-1 (前半1-1、後半1-0)  主審:今村義朗  観衆:24,183人

  .<得点> 1-0 中村俊輔  (横浜・22分)
          1-1 古田寛幸  (札幌・27分)
          2-1 谷口博之  (横浜・78分)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 富澤清太郎が、J1リーグ通算50試合出場にリーチとなりました。

 金井貢史が、Jリーグ通算50試合出場にリーチとなりました。


 ドゥトラが、マリノス所属時リーグ戦通算153試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代14位タイとなりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード 連勝」記録 > 6連勝 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「同一カード 負けなし」記録 > 9試合連続 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「同一カード ホーム連勝」記録 > 5連勝 達成 <マリノス歴代 5位タイ>

  ・「同一カード ホーム負けなし」記録 > 5試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「同一カード ホーム無失点」記録 > 2試合連続 でストップ <マリノス歴代 7位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 24,183人

  > コンサドーレ札幌戦ランキング ベスト・4位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、天皇杯、チャンピオンシップ)


  <対戦成績ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第10節終了時(暫定) : 13位 (前節 13位)
         < 3勝 4分 3敗  勝点 13 得点 11 失点 11 得失点差 0 >

 最近5試合(第6~10節) 順位 : 4位 (前節 6位)
         < 3勝 1分 1敗  勝点 10  得点 8 失点 5 得失点差 +3 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「5/6 コンサドーレ札幌戦フォトレポート

 (フォトレポートブログ) 「5/6 コンサドーレ札幌戦イベントフォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「谷口の『一撃必殺ヘッド』で横浜FMが3連勝!
                      札幌は踏ん張りきれず、連勝ならず


 (カナロコ) 「GK飯倉「ここからが再チャレンジ」/札幌戦から

 (スポニチ) 「横浜 俊輔“らしさ”全開「ああ息苦しい」

 (日刊スポーツ) 「俊輔 天晴れな1号3連勝弾

 (スポーツ報知) 「谷口、得意のヘッドで決勝ゴール!今季初の3連勝

 (サンスポ) 「俊輔1号、熱いぜ!横浜M3連勝

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第10節・札幌”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月 6日 (日)

モヤモヤさまぁ~ず2 > 大江アナ名場面リスト(2012年4-6月)

 「モヤモヤさまぁ~ず2」のアイドル・大江麻理子アナウンサーの、個人的にビビビッと来たシーンを集めてリストにしてみましょう。

 今回は、2012年4~6月に放送された以下の回が対象となっています。

 > 「横須賀」 「伊豆修善寺」 「高尾山」 「西新井大師」 「深川」
 > 「九品仏・等々力周辺」 「ハワイ6」 「戸越銀座」

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<< 大江アナ・MDB的名場面リスト(2012年4-6月) >>


【 横須賀 】 (放送日:2012年4月15日)

 ・三村・大竹の日焼けが気になる大江アナ
 ・スカジャンを着たら“新しい大江アナ”になった大江アナ
 ・スカジャン&サングラス姿で街を歩く大江アナ
 ・三村が刺繍をいじるフリして
    おっぱいを触っているのに全くリアクションしない大江アナ
 ・大竹の装着したガスマスクの口に自分が履いていた靴を当てる大江アナ
 ・そして強烈な匂いを嗅いだリアクションをされ怒る大江アナ
 ・笑点メンバーのように「先日~」から始まる近況挨拶をする大江アナ
 ・カレーライス誕生秘話の説明のかいつまみ方が上手い大江アナ
 ・「魚藍亭」でよこすか海軍カレーを注文する大江アナ
 ・イカのビロビロ部分がコリコリだけど噛み切れない大江アナ
 ・ローストビーフ(鎌倉)以来の率先した「美味しい」が出た大江アナ
 ・熱々の揚げ出し豆腐をほふほふして食べる大江アナ
 ・日米ビアポン対決に参加する大江アナ
 ・久々にモヤさまで本気酔いする大江アナ
 ・「喫茶平林」でレモンジュースを注文する大江アナ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 伊豆修善寺 】 (放送日:2012年4月22日)

 ・放送時間の雑な情報を言う大江アナ
 ・“今年生えたタケノコ説”を唱える大江アナ
 ・寝そべって竹林を見上げる大江アナ
 ・ボットル落としでボールを投げる大竹の肘が顔に当たり痛がる大江アナ
 ・ボットル落としでボールを投げる三村の肘も顔に当たり痛がる大江アナ
 ・「屋台そばさくだ」で塩そばを注文する大江アナ
 ・ナマコを両手に持ってレポートする大江アナ
 ・今回も温泉に入る三村・大竹を見ているだけな大江アナ
 ・温泉のお湯を足にかけられ熱がる大江アナ
 ・浄蓮の滝の前で『天城越え』を歌うも最後が森進一っぽくなる大江アナ
 ・明徳寺の男根像にお祈りしポンポンと触る大江アナ
 ・東京ラスクの工場見学に行きたがらない三村・大竹に対し
    「社会派じゃないですね」と言う大江アナ
 ・ビーワサのルービーのロークーを飲んで「わお!」と叫ぶ大江アナ
 ・東洋一の大墳湯を全身で浴びて三村・大竹に呆れられる大江アナ
 ・NKC農協河津有線テレビの町内ニュースの本番で原稿を読む大江アナ
 ・「きんめ処なぶらとと」できんめ鯛どんぶりを注文する大江アナ
 ・初めてイチゴ狩りをする大江アナ
 ・「喫茶ヤシ」でオレンジスカッシュを注文する大江アナ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 高尾山 】 (放送日:2012年4月29日)

 ・山登りの恰好で現れて三村・大竹を驚かす大江アナ
 ・山おばちゃんみたいな大江アナ
 ・帽子だけミリタリー風な大江アナ
 ・その帽子は横須賀の回で酔っ払って衝動買いしたものだった大江アナ
 ・猿に対して恐怖心ゼロな大江アナ
 ・ひっぱり蛸のツルツルな頭をなでる大江アナ
 ・三村・大竹と『静かな湖畔の』を輪唱する大江アナ
 ・三村・大竹と共にIKKO一行となって幻のキノコ“どん茸”を発見する大江アナ
 ・3秒見つめ合って浮かんだ言葉を色紙に書いてもらう大江アナ
 ・ケーブルカーの発車音がうるさくてしゃべれない大江アナ
 ・憧れの店「うかい鳥山」で自在焼を注文する大江アナ
 ・楽しみだった麦とろ御飯をまたもや率先食べする大江アナ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 西新井大師 】 (放送日:2012年5月6日)

 ・惣菜屋で熱い揚げ物を頼まなかった罰として
    ジャンボチキンカツを食べることになった大江アナ
 ・ヒメちゃんを怒る演技をしたのに犬にクソ芝居だとバレて
    反応されない大江アナ
 ・バイリンガル空手レッスンを受ける大江アナ
 ・“ファイブ”を発音する時にしゃくれる大江アナ
 ・はね返らないハンマーを打っているのにはね返っちゃう大江アナ
 ・電動ブロワーを口に向けて吹かれて口が渇く大江アナ
 ・「コーヒーハウス エリカ」で鮭トロ丼を注文する大江アナ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 深 川 】 (放送日:2012年5月13日)

 ・雨対策として長靴を履いてくる大江アナ
 ・三村・大竹に松尾芭蕉の俳句クイズを出す大江アナ
 ・「割烹みや古」で深川めしセットを注文する大江アナ
 ・呉服店に貼ってあるポスターの吹き出しコメントを考える大江アナ
 ・「深川日吉屋」で一本うどんをもち吸い名人食いする大江アナ
 ・「ショーエイ」でレモンスカッシュを注文する大江アナ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 九品仏・等々力周辺 】 (放送日:2012年5月27日)

 ・即席ダジャレ大会に参加する大江アナ
 ・空中エクササイズを体験するも脚を開かないのでカッコ悪くなる大江アナ
 ・そして終わった直後に洸惚状態になる大江アナ
 ・皮むき機で剥いた果物の皮を首に巻きたくなる大江アナ
 ・「OTTO」でアッチューガを注文する大江アナ
 ・たまに渓谷を見ながらピザを食べる大江アナ
 ・アッチューガを食べて小さくOKサインを出す大江アナ
 ・衣装に着替え仮面を付けてバロックダンスに参加する大江アナ
 ・竹の表面をなでて気持ち良くなる大江アナ
 ・「ミニミニ庵福家」でラーメンもりを注文する大江アナ

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ハワイ6 】 (放送日:2012年6月3日、10日)

 ・シビアおばさん・三村・大竹と共に踊る大江アナ (1)
 ・ALOHA TOFUのキャップをかぶる大江アナ (1)
 ・植物マイクを顔に近づけられてもあまり動じない大江アナ (1)
 ・ハワイ出雲大社前広場にいるイラッシャイマセマンの
    髪型が変わったことを指摘する大江アナ (1)
 ・「Pioneer Saloon」でGARIC AHI STEAKを注文する大江アナ (1)
 ・「Andy's Sandwiches&Smoothies」で
    スムージーのトリプルを注文する大江アナ (1)
 ・三村・大竹と共に綾瀬はるかを寝起きドッキリする体で
    お部屋レポートをする大江アナ (1)

 ・サンドバーの上でビーチチェアーに座る大江アナ (2)
 ・しかし深い所で座ったためお尻が濡れる大江アナ (2)
 ・場所を移動したのにまたお尻がビショビショになる大江アナ (2)
 ・波の泡を触りたがる大江アナ (2)
 ・芝の上に寝っ転がって濡れたお尻を乾かす大江アナ (2)
 ・三村・大竹にビーチサンダルでお尻を叩かれる大江アナ (2)
 ・川越の回で作った金の足型を石けん一家にプレゼントする大江アナ (2)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 戸越銀座 】 (放送日:2012年6月17日)

 ・犬(まさお君)と同伴して登場する大江アナ
 ・ケーキの上に乗ったキューピーの手の上に
    クリームを重ねて載せて出前キューピーにする大江アナ
 ・チャンスチャンスボックスを大人開けする大江アナ
 ・一人だけ“光る付け鼻”が出ずに悔しがっていたら
    店の人に光るリボンをもらった大江アナ
 ・「じれっ亭」でチキンカツレツを注文する大江アナ
 ・逆上がりに挑戦するも出来る気配ゼロな大江アナ
 ・三村・大竹の手を借りて成功するも危険な着地となる大江アナ
 ・カメラのしたからフレームインして気の利いたアドリブを言う大江アナ
 ・大きすぎる猫ワグナスくんを抱っこする大江アナ
 ・「ミーちゃんラーメン」でラーメンを食べる大江アナ

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「モヤモヤさまぁ~ず2 > 大江アナ名場面リスト(2012年7-9月)」

 「モヤモヤさまぁ~ず2 > 大江アナ名場面リスト(2012年1-3月)」 <<< PREV


モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX Vol.13&Vol.14モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX Vol.13&Vol.14

アニプレックス 2012-02-01
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「モヤモヤさまぁ~ず2」関連記事】

  > モヤモヤさまぁ~ず2 > 大江麻理子アナウンサー
        名場面リスト(2012年7-9月) (13.2.24)
        名場面リスト(2012年4-6月) (12.5.6)
        名場面リスト(2012年1-3月) (12.1.11)

        名場面リスト(2011年10-12月) (11.10.25)
        名場面リスト(2011年7-9月) (11.7.6)
        名場面リスト(2011年4-6月) (11.4.15)
        名場面リスト(2011年1-3月) (11.1.10)

        名場面リスト(2010年9-12月) (11.1.16)
        名場面リスト(2010年5-8月) (10.7.14)
        名場面リスト(2010年1-4月) (10.1.21)

        名場面ベスト10(2009年7-12月) 候補リスト (10.5.9)

        名場面ベスト10(09年上半期) 候補リスト (09.7.20)
        名場面ベスト10(09年上半期) 10位 → 6位 (09.12.17)
        名場面ベスト10(09年上半期) 5位 → 1位 (09.12.25)

        MDB的名場面ベスト10(08年下半期) 候補リスト (09.1.17)
        MDB的名場面ベスト10(08年下半期) 10位 → 6位 (09.2.12)
        MDB的名場面ベスト10(08年下半期) 5位 → 1位 (09.4.10)

        MDB的名場面ベスト10(08年上半期) 10位 → 6位 (08.10.1)
        MDB的名場面ベスト10(08年上半期) 5位 → 1位 (08.10.9)

  > モヤモヤさまぁ~ず2(モヤモヤ大江麻理子アナウンサー) (08.7.23)

  > クイック・ジャパン(QJ) Vol.80 > 「モヤモヤさまぁ~ず2」特集 (08.11.20)

  > ミニミニさまぁ~ず2009 (09.01.15)
  > ミニミニさまぁ~ず (07.12.30)

【新潟大賞典&NHKマイルC(2012年)>予想&結果】

< 5月6日に行われる新潟大賞典(GIII)NHKマイルカップ(GI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【新潟大賞典】

 ここはスマートギアを◎にしてみましょう。

 2戦連続で重賞で連対するなど復活の兆しを見せてきましたが、そのちょっと前から復活を期待していたこともあって、これは本格的な復活だとみて素直に期待してみることにしました。


  ◎ スマートギア / 松山弘平 (12)
  ○ ダノンバラード / 三浦皇成 (9)
  ▲ トーセンラー / 浜中俊 (7)
  △ マッハヴェロシティ / 木幡初広 (10)
  △ ナリタクリスタル / 幸英明 (13)
  △ アグネスワルツ / 国分恭介 (14)
  △ ヒットザターゲット / 古川吉洋 (1)
  △ トップゾーン / 大野拓弥 (6)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 1  △ ヒットザターゲット  古川吉洋  5
 2着 5     ダンツホウテイ   吉田豊   11
 3着 4     メイショウカンパク 吉田隼人  9
 4着 9  ○ ダノンバラード    三浦皇成  1
 5着 6  △ トップゾーン     大野拓弥 13

 9着 12 ◎ スマートギア     松山弘平 2


 小荒れといった感じの結果となりましたが、2・3着馬を押さえていなかったので、◎馬どうこうの前にダメダメな予想だったってことですねェ。


  (3連複:1-4-5 434.5倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【NHKマイルカップ】

 ここ2年こそ比較的平穏決着となっていますが、その前は二桁人気馬が毎度のように絡む大荒れGIだったので、今回はどちらの面を見せてくれるのかも楽しみになりますね。

 それで今年は、メンバー的にもちょっとは荒れた結果になるのではないかと考え、この記事を書いている時点ではギリギリ二桁人気(10番人気)となってるオリービンを◎にしてみましょう。

 この馬はなかなか勝ち切れないものの、崩れたのは後方からの競馬となり7着だったシンザン記念くらいで、それ以外では重賞でも安定した走りと結果をみせています。

 それに、前走のニュージーランドTは4着でしたが、他の掲示板に載った4頭がいずれも内枠だったのに対し、この馬は大外枠でこの結果だったことからも、今回も一番人気に推されている勝ち馬をここで逆転する可能性は大いにあるのではないでしょうかね。


  ◎ オリービン / 川田将雅 (13)
  ○ カレンブラックヒル / 秋山真一郎 (5)
  ▲ マウントシャスタ / 岩田康誠 (8)
  △ アルフレード / ウィリアムズ (17)
  △ ジャスタウェイ / 福永祐一 (14)
  △ モンストール / 柴田善臣 (4)
  △ クラレント / 小牧太 (12)
  △ レオンビスティー / 内田博幸 (18)
  △ ブライトライン / 安藤勝己 (10)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5  ○ カレンブラックヒル 秋山真一郎  1
 2着 17 △ アルフレード     ウィリアムズ 3
 3着 12 △ クラレント       小牧太    15
 4着 13 ◎ オリービン      川田将雅   10
 5着 9     セイクレットレーヴ 横山典弘   7


 ◎オリービンは、直線でジワリジワリと伸びてきて3番手にまで上がって来たのですが、あと一歩という所でハナ差交わされ4着となってしまいました.....。

 思い切って軸にした二桁人気馬がここまで好走することは自分にとってそうそうないことなのに、それがハナ差で4着なのですから、“残念だけど最後まで凄い楽しめた”という気持ちと“あとほんの少しのところだっただけに悔しすぎる”という気持ちが混ざり合って、何とも複雑な心境がいつまでも続いていますねェ。

 それにやっぱり、ハナ差交わして3着に入った15番人気馬も押さえていただけに、そして2~4着馬が同タイムだっただけに、ちょっとのズレでデカイ配当を当てられたのにな~ということで、前向きな悔しさが一番強いですかね。


  (3連複:5-12-17 729.9倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 3/7   42.9%    -40円   99.8%

☆12年通算 > 22/76  28.9%   +6,760円  103.0%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●○○●○● → ●●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【京都新聞杯(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【羽田盃(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月 5日 (土)

週刊少年ジャンプ新連載! 「恋染紅葉」 坂本次郎×ミウラタダヒロ

週刊少年ジャンプ 2012年5月21日号 NO.23週刊少年ジャンプ 2012年5月21日号 NO.23
集英社

2012
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 2012年5月に投入された新連載の第1弾が、2012年23号(5月7日発売)から始まった「恋染紅葉(こいそめ・もみじ)です。

 作品紹介ページ → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 第1話の無料配信(期間限定) → 『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 2012年23号の本誌表紙画像 → 「集英社」公式サイト

 作者(読切版では原作担当)の坂本次郎(さかもと・つぎろう)は、この名義では、“ジャンプNEXT! 2011SPRING”に「ふぁみドル!」(原作担当、漫画:ミウラタダヒロ)が掲載されてジャンプ系雑誌初掲載(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SPRING」参照)。

 続いて、丈月城のライトノベル小説の漫画化作品「カンピオーネ!」(漫画担当)が“スーパーダッシュ&ゴー!”で連載となり(2011年10月~)、再びミウラタダヒロとコンビを組んだ読切作品「恋染紅葉」が“本誌2012年09号”に掲載され本誌初登場(週刊少年ジャンプ読切! 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ参照)。

 そしてその読切の同名作品にて今回、この名義では初連載となりました。

 ただ、名前の感じや誕生日(月日)などの共通点、そして「カンピオーネ!」における絵柄から、「タカヤ -閃武学園激闘伝-」「タカヤ -夜明けの炎刃王-」で本誌連載経験のある“坂本裕次郎”の別名である可能性がかなり高いと思われます(この記事を書いている時点では正式情報はなし)。


 もう一人の作者(読切版では漫画担当)のミウラ タダヒロは、この名義では、“ジャンプNEXT! 2011SPRING”に「ふぁみドル!」(漫画担当、原作:坂本次郎)が掲載されてジャンプ系雑誌デビューとなり(週刊少年ジャンプ増刊! 「ジャンプNEXT! 2011SPRING」参照)、再び坂本次郎とコンビを組んだ読切作品「恋染紅葉」が“本誌2012年09号”に掲載され本誌初登場(週刊少年ジャンプ読切! 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ参照)。

 そしてその読切の同名作品にて今回、初連載となりました。

 ただ、「ふぁみドル!」が掲載された“ジャンプNEXT! 2011SPRING”にも、そして読切版「恋染紅葉」が掲載された“本誌2012年09号”にも「新人紹介」のページがあったので、ジャンプ増刊&本誌はどちらも初掲載で間違いないと思われますが、漫画歴の欄に“20年くらい…?”と書かれていることから、別名義にて他誌でデビュー済みの可能性がありそうです(この記事を書いている時点では正式情報はなし)。


 内容の方ですが、人気女優と恋愛ラブコメ漫画です。

 鎌倉の高校に通う葛城翔太は、帰宅時に記念写真の撮影を頼んできた少女に一目惚れ。

 赤面症を気にして名前すら聞くことができずに別れたため、その少女が観光客であればもう会うことは出来ないだろうと悲しむ翔太。しかしその翌日に近隣高校の制服を着た少女と偶然再会。

 同級生たちの後押しもあり勇気を出して声を掛け、また翌日に会う約束をしたものの、帰宅後にテレビを観ていると、その少女はドラマの主演も務めるほどの人気女優・紫之宮紗奈だということが分かって.....。


 「読切版」との違いですが、舞台となるのが「読切版」では山間の田舎だったのが「連載版」では“鎌倉”という具体的な観光地となっていて、主人公2人の容姿や性格などのキャラクターはほぼ変わらないものの、名前がそれぞれ“相川翔太→葛城翔太、瑞原紗奈→紫之宮紗奈”に変更。

 紗奈が作品舞台にやって来た理由は、「読切版」での“映画のロケ(撮影)”から「連載版」では“主演ドラマの役作りのために引っ越し”と変更されていて、“恋人の演技”の勉強のために2人がデートするという基本的な展開は共通していましたね。


 現在のジャンプはラブコメ枠に力を入れていまして、ここ最近5クール中4クール(10作中4作)でラブコメの新連載が投入され、前々クールの「ニセコイ」(古味直志)、前クールの「パジャマな彼女。」(濱田浩輔)、そして今クールの本作と、3クール連続でラブコメ作品の新連載が始まっているのです。

 つまり本作にとってはライバルが多いというわけなのですが、ただ本作の場合は同名読切の本誌掲載を経て連載に辿り着いたということで、少なくとも一定の評価は期待できる点が強みとなりそうですかね。

 そして読切版における一番の魅力というのが、ごく一般的な冴えない高校生がアイドル女優と恋愛体験をするという、主人公と同世代の男性読者にとっては感情移入しやすい夢のような設定&展開だったのではないかと思うのですが、連載版の第2話以降でもそういった部分を上手くくすぐりつつストーリーを進めていくことが出来れば、ジャンプのラブコメ漫画として成功する可能性は大きくなるのではないでしょうか。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  投票受付期間:2012.5.5~5.13
 Koisome


  投票受付期間:2012.5.19~5.27
 20125

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【「坂本次郎」関連記事】

  > 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ <JC1巻買い> (12.10.15)
  > 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.5.5)
  > 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ > 週刊少年ジャンプ読切! (12.1.28)

  > 「ふぁみドル!」(ジャンプNEXT! 2011SPRING) (11.4.30)


 【「ミウラタダヒロ」関連記事】

  > 「ゆらぎ荘の幽奈さん」 ミウラタダヒロ > 週刊少年ジャンプ新連載! (16.2.1)

  > 「GAZER」 ミウラタダヒロ > 週刊少年ジャンプ読切! (13.12.21)

  > 「ハイスペック・ラヴァーズ」(ジャンプNEXT! 2013SPRING) (13.5.1)

  > 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ <JC1巻買い> (12.10.15)
  > 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ > 週刊少年ジャンプ新連載! (12.5.5)
  > 「恋染紅葉」 坂本次郎 ミウラタダヒロ > 週刊少年ジャンプ読切! (12.1.28)

  > 「ふぁみドル!」(ジャンプNEXT! 2011SPRING) (11.4.30)


 >>> 「週刊少年ジャンプ」関連記事リスト <<<

「バナナマンのバナナムーンGOLD」本編&Podcast プレイリスト(2012年5月)

 「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」本編(ラジオ)&Podcastの、2012年4月のプレイリストです

 各話のタイトルは、自分で勝手に付けています(なのでセンスはないです)

 内容を細かく書いてしまうと、これから聴く方の楽しみを奪ってしまうことになるので、話に出てくる主なキーワードを並べるだけにしてみました(ただ最近はある程度詳しく書くようになってきたので、未聴の方はネタバレにご注意ください)


 / 放送日(収録日) / 本編 or P-C(Podcast) / 放送(収録)時間 /
 / “タイトル” / 「キーワード」(『』はメッセージ(メール)テーマ) /

 2013年7月1日から、「JUNK」のPodcastの
 更新期間(保存期間)が6か月となったので
 この時期に配信されたPodcast回は
 現在ダウンロードできません

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【 2012年 5月 】


05/04 本編 2:00:00 “『ゴールデンウィークの報告』”

 「日村のゴルフ話に興味ない設楽」「横の髪を刈り上げた日村」
 「サインに添える言葉」「"ノンストップ"に秩父時代の設楽所縁
 の人達が登場(5歳上の元カノも登場)」「曲対決(×日村:心もよ
 う/井上陽水 vs ○設楽:楽しい夜更かし/大滝詠一)」「設楽が
 オープニングで"今日は明けて4日"と間違う(台本に間違った
 日付を書いたオークラが悪い?)」「"みなさん"で貴乃花部屋へ
 (憧れの貴乃花に稽古をつけてもらって喜ぶ日村)」「収録後に
 も貴重な体験(風呂で全身を洗ってもらう)」「ヒムペキ兄さん
 (オッサンの要素を入れた"BE TOGETHER/鈴木あみ")」「スピ
 リッツ音頭」「設楽が不思議に思う店員の態度(醤油トラブル)」
 「放送最後にオークラが日村に失言(Podcastに持ち越す?)」
 「曲対決(×日村:夜空ノムコウ/SMAP vs ○設楽:SHAMEFUL
 /電気グルーヴ)」


05/04 P-C 0:39:30 “日付け間違い事件”

 「本編の"日付間違い事件"を振り返る(オークラが台本に書き
 間違い)」「オークラが辻くんを責める」「罰は馬場チョップ? 日村
 のモンゴリアンチョップ? 日村のSTF? 日村の弓矢固め? 日村
 のエルボー? 日村のジャンピングニー? 日村のストレッチプラ
 ム? 日村の肩パンチ? 日村のかかと落とし? 日村のローリング
 ソバット? 日村の腕噛みつき?」「作家陣&AD(ドロボー&ジャニオ
 タ)の責任も指摘」「3人での試し指差し」「最高責任者である新
 プロデューサー・ヒゲちゃんの責任も指摘」「星野ちゃんの責任
 も指摘」「日村が噛みたい人」「オークラの弁明」「噛むサイボー
 グ日村」「オークラ・辻くん・プロデューサー・日村の4人で輪に
 なって噛む案」「全員アミダ決行」「永井に決定&日村が噛みつ
 き」「きれいな歯形」「二人目は宮嵜プロデューサーに決定」
 「腕を振り払うプロデューサー」

 「2012年5月4日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/11 本編 2:00:00 “日村もうすぐ40歳誕生日スペシャル”

  誕生日祝いサプライズゲスト:星野源(SAKEROCK)


 「前番組で"この後はバナナマンGOLD~"といつも言う柴田に
 注意」「来週月曜で日村は40歳」「ももクロの子供祭りイベント
 に娘と行った設楽」「児嶋死神説(コジマ電気がビックカメラと合
 併)」「先週のPodcastで日村に噛まれた宮嵜プロデューサーが
 翌日に原因不明の発熱(歯形が黄ばむ)」「」「HMR39(日村菌)」
 『日村はこんな40代を送ったら面白い!!』「曲対決(○日村:流星
 のサドル/久保田利伸・日村誕生日スペシャルなので対戦な
 し)」「源くん登場(3年連続)」「昨年の"日村勇紀39歳の歌"を改
 めて聴く(日村また怒る)」「今年は誕生日ソングを作ってこなか
 った源くん」「日村が以前作った源くんへのバースデーソング
 ("会社員/SAKEROCK"ヒムペキバージョン)を改めて聴く」
 「日村が土下座謝罪」「実は誕生日ソングを作っていた源くん
 が"日村さん40歳バースデーの歌"を生歌で披露(日村また怒
 る)」「日村が再び土下座謝罪」「源くんが"大ヒットするぞ~!!"と
 叫ぶ」「ピン芸人ヒムちゃん」「スピリッツ音頭」「曲対決(×日村
 :笑えれば/ウルフルズ vs ○設楽:日村さん40歳バースデー
 の歌/星野源)」


05/11 P-C 0:33:49 “日村40歳バースデー”

 「バナナムーンを聴いているのはオシャレな人?」「今回の配信
 日が日村の40歳の誕生日」「ヒムちゃん」「先週のPodcastで日
 村に噛まれた宮嵜プロデューサーが翌日に原因不明の発熱
 (歯形が黄ばむ)」「本編で星野源が日村バースデーソングを生
 披露(歌部分のみPodcastでも流す)」「日村が再び歌詞に苦言」
 「源くんの"設楽の気持ちを歌っている"という解釈を理解できな
 い日村」「先月の誕生日に日村からゴルフシューズをもらってい
 た設楽」「設楽から日村への誕生日プレゼント:ヴィトンのベルト
 (ブランド物で身を固めた写真をアップ)」「ファッキンハッピーバー
 スデー」

 「2012年5月11日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/18 本編 2:00:00 “『カッコつけてんな~』”

 「先週の"源くんによる日村誕生日ソング"回顧」「オークラが設
 楽に話す情報のソースが"ノンストップ"」「誕生日ソングをもう
 一度聴こうとしたけど音源なし(辻くんに苦言)」「イマニ&ラリゴ
 の仕切りで日村のサプライズパーティー開催(井戸田・ケンコバ
 ・ムーディーらも参加)」「"みなさん"の"スマホDEポン"で昔の
 オークラの写真登場」「"買うシリーズ"でのおぎやはぎと4人で
 金を持った場面で宇田川フリーコースターズを思い感慨深くな
 る」「曲対決(×日村:流星のサドル/久保田利伸 vs ○設楽:
 Poker Face/Lady Gaga)」「日村はカッコつけだけど中身はババ
 ア」「日村が本歯を入れるのは6月の予定」「来週月曜は金環
 日食」「ヒムペキ兄さん(コテコテの大阪弁にした"ラブストーリ
 ーは突然に/小田和正")」「つい使ってしまう業界用語」「スピリ
 ッツ音頭」「曲対決(×日村:ワインレッドの心/安全地帯 vs
 ○設楽:自由へ道連れ/椎名林檎)」


05/18 P-C 0:29:51 “オークラのデブな青春時代話”

 「"みなさん"の"スマホDEポン"で中学時代のオークラの写真
 登場(その1その2)」「当時のオークラの食生活〈Podcast2011
 .07.15参照>」「オークラとその父と日村が揃えばオチンチン完
 成」「オークラの中学バスケ部時代話(スポーツドリンク用水筒
 にアイス・ミロ・牛乳・バナナ)」「高校受験に失敗したオークラ」
 「芸能人出身校偏差値ランキング」「高校でダイエット開始(学
 校にニンジン1本だけ持っていく〈Podcast 2011.07.15参照>」
 「下北時代は常に一緒だった設楽とオークラ〈Podcast 2010.12
 .10参照〉」「今は83kgな日村(ダイエット時から+5kg)」「血圧はい
 まだに200越えな日村(高血圧は遺伝?)」「今年のライブ稽古ダ
 イエットには日村も参加?」「最近の日村の食生活(野菜・鶏肉)」
 「オークラの実家〈Podcast2010.12.24参照>」

 「2012年5月18日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

05/25 本編 2:00:00 “『ネガティブなもんで...』”

 「本番直前に無意識に変な顔になる日村」「家の近くの広場で
 ラリゴ・岡安と金環日食を観た日村(知らないオジサンにメガネ
 貸す)」「いつも設楽の船酔い・酒酔いを心配する日村」「バナナ
 マンワイルドだろ?」「東京スカイツリーオープン(仕事で行く可
 能性)」「ヒムちゃん(可哀想だろ?)」「大阪市のタトゥー問題」「曲
 対決(×日村:Beautiful days/嵐 vs ○設楽:アンパンマンのマ
 ーチ/ドリーミング、日村がリクエストした"流星のサドル/久保
 田利伸”は2週前にすでに掛けていたので急遽変更するも用
 意できず)」「有田とローラが熱愛?(芸歴でいうと日村は有田よ
 りも先輩)」「独身貴族芸人」「"おもちさん"は日村からオークラ
 に変更〈Podcast 2012.05.18参照〉」「ヒムペキ兄さん(独身アラ
 フォー女性のための"そばかす/JUDY AND MARY")」「日村が
 "戦闘中"に出演」「スピリッツ音頭(日村と設楽で1行ずつ歌う)」
 「曲対決(×日村:吐息でネット/南野陽子 vs ○設楽:ちゅうぶ
 らりん feat.後藤まりこ/サイプレス上野と>ロベルト吉野)」


05/25 P-C 0:24:40 “児嶋の勢いにブレーキ?”

 「先週のPodcast(オークラ地獄)回顧(新聞紙で女作る〈Podcast
 2011.09.16参照>)」「実家が金持ちだったオークラ(韓国旅行)」
 「スケーターオークラ」「モッズオークラ(ヘルメット頭)」「先週の
 Podcastの反響」「日村が稽古中ダイエットやらない宣言」「ダイ
 ジョブダイジョブ」「児嶋が最近本格的にブレーキが掛かって来
 たことを指摘する設楽(VTR番組でのコメントがマイナス思考)」
 「バナナマンの楽屋に来た児嶋」「児嶋のイジられパワーは芸
 能界一?」「日村が"戦闘中"に出演(設楽からのアドバイス)」
 「顔で持ってくことを決めた日村(アパー)」「コンビで"戦闘中"に
 出演したなら」「ノンストップ設楽が"戦闘中"に出演できる可能
 性」

 「2012年5月25日(金)のバナナムーンGOLD(TBS RADIO HP)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 NEXT >>> 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2012年6月)

 「バナナマンのバナナムーン」プレイリスト(2012年4月) <<< PREV

戦闘中 ~battle for money~ [DVD]戦闘中 ~battle for money~ [DVD]

ポニーキャニオン 2012-09-19
売り上げランキング : 62079

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【2012年の「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事】

  > Podcast おすすめ回リスト(2011-2012年) (13.1.28)

  > Podcast ゲスト出演回リスト(2012年) (12.1.10)

  > Podcast 簡易版プレイリスト(2012年) (12.1.9)

  > 曲対決リスト(2012年1-4月) (15.2.6)
  > 曲対決リスト(2012年5-8月) (15.3.13)
  > 曲対決リスト(2012年9-12月) (15.7.5)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年1月) (12.1.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年2月) (12.2.4)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年3月) (12.3.3)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年4月) (12.4.7)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年5月) (12.5.5)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年6月) (12.6.2)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年7月) (12.7.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年8月) (12.8.4)

  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年9月) (12.9.8)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年10月) (12.10.7)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年11月) (12.11.23)
  > 本編&Podcast プレイリスト(2012年12月) (12.12.16)


 その他の年の「バナナムーンGOLD」関連当ブログ記事は、こちらからどうぞ!
               ↓↓↓
 >>> 「バナナマンのバナナムーンGOLD」関連記事リスト <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月 4日 (金)

【京都新聞杯(2012年)>予想&結果】

< 5月5日に行われる京都新聞杯(GII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【京都新聞杯】

 ここは、皐月賞に引き続いてメイショウカドマツを◎にしてみましょう。

 その前走・皐月賞では11番人気と人気薄ながらも◎にしたのですが、同じ逃げ馬にスタート後に体当たりされたうえに競り掛けられ、早いペースをほぼ逃げる形になりながらも、結果は8着だったとはいえ残り1ハロンまで2番手に位置するほどに粘り、楽しませてくれました。

 まあそれだけ激しいレースだったのでその反動は心配ではあるし、先週の春天では大逃げ馬が残ったばかりなのできっちりマークされそうなのも心配なのですが、ただ好状態をキープしているようだし、逃げの武豊ならば上手く3着までに残してくれるのではないかな、ということで期待してみたいと思います。


  ◎ メイショウカドマツ / 武豊 (9)
  ○ トーセンホマレボシ / ウィリアムズ (2)
  ▲ エキストラエンド / 岩田康誠 (6)
  △ ニューダイナスティ / 福永祐一 (11)
  △ ショウナンカンムリ / 浜中俊 (1)
  △ ヴァンセンヌ / 安藤勝己 (13)
  △ ベールドインパクト / 四位洋文 (10)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 2  ○ トーセンホマレボシ ウィリアムズ 5
 2着 10 △ ベールドインパクト 四位洋文   2
 3着 6  ▲ エキストラエンド   岩田康誠   1
 4着 8     ククイナッツレイ   幸英明    10
 5着 9  ◎ メイショウカドマツ  武豊      3


 ◎メイショウカドマツは、軽快な逃げで直線途中まで楽しませてくれたので、結果は出なかったとはいえ満足でした。

 ただ、勝ったトーセンホマレボシも軸候補だったので、その点でちょっと悔いは残りますけどねェ。


  (3連複:2-6-10 23.4倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 3/5   60.0%   +5,960円  139.7%

☆12年通算 > 22/74  29.7%  +12,760円  105.7%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ○●●●●○○●● → ●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【かきつばた記念(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【新潟大賞典&NHKマイルC(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

【MDB式“2012年第10節・札幌戦”プレビュー】

MDB」各ファイルから分析・予想した、次戦のプレビューです!

 ★5/6(日) 13:00~ J1リーグ第10節・コンサドーレ札幌戦 (日産ス)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 順位ファイル】を見よ!!


 両チームの今シーズンのJ1リーグ成績を比べ見てみると、

  マリノス:「 13位  2勝 4分 3敗 勝点 10  9得 10失 得失 -1 」
  札幌  :「 18位  1勝 1分 7敗 勝点 4  7得 15失 得失 -8 」

 続いて両チームのJ1リーグ最近5試合順位を比べ見てみると、

  マリノス:「  6位  2勝 2分 1敗 勝点 8  6得 4失 得失 +2 」
  札幌  :「 17位 1勝 0分 4敗 勝点 3  5得 10失 得失 -5 」


 札幌は、昨年にJ2で3位となり4年ぶりのJ1復帰となりましたが、他の昇格組が順調に勝ち点を積み重ねる中、第2節から7連敗するなど開幕から8試合勝利がない状況でした。

 ただ7連敗していたとはいえ、そのうち5戦は1点差と接戦を演じていましたし、完封負けは2試合のみとゴールも決めていたので、そこまで力の差があるわけではないようでしたが、それを証明するかのように、水曜に行われた前節ではC大阪相手に今シーズンリーグ戦初勝利を飾ったのです。

 なので今回の試合では勢いと自信を携えて向かってきそうで怖いのですが、マリノスの方もずっと勝利がない中で前々節でようやく初勝利を飾り、続く前節も勝って勢いに乗っているので、お互いに未勝利が続いていた下位対決のわりには熱い闘いとなりそうですね。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 対戦成績ファイル】を見よ!!


 札幌戦は、公式戦通算で「10勝 1分 2敗」で、リーグ戦通算では「7勝 1分 0敗」でいまだ負けがないなど、かなり相性の良い相手です。

 そしてリーグ戦ホームでは4戦全勝で、その4試合中無失点は3試合と、やはり相性は良いですね。

 なお、札幌戦で先制されたのは半数以上の7試合もあるのですが、そのうち5試合で逆転勝ちとなっています。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 チームランクファイル】を見よ!!


 ★今回の試合に勝つと........
   > 6試合“同一カード 連勝”達成 (マリノス歴代 3位タイ)
   > 5試合“同一カード ホーム連勝”達成 (マリノス歴代 5位タイ)

 ★今回の試合で勝ちか引き分けだと........
   > 9試合連続“同一カード 負けなし”達成 (マリノス歴代 3位タイ)
   > 5試合連続“同一カード ホーム負けなし”達成 (マリノス歴代 9位タイ)


 ★今回の試合で無失点だと........
   > 3試合連続“同一カード ホーム無失点”達成 (マリノス歴代 2位タイ)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 出場ランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 富澤清太郎が出場すると、J1リーグ通算50試合出場にリーチとなります。

 金井貢史が出場すると、Jリーグ通算50試合出場にリーチとなります。


 狩野健太が出場すると、マリノス所属時公式戦通算152試合出場となり、ビスコンティ(93-96)と並びマリノス歴代27位タイとなります。

 ドゥトラが出場すると、マリノス所属時リーグ戦通算153試合出場となり、永山邦夫(93-03)と並びマリノス歴代14位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ゴールランクファイル】&【選手データファイル】を見よ!!


 中澤佑二が1得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算22ゴールとなり、小村徳男(93-01)と並びマリノス歴代16位タイとなります。

 兵藤慎剛が2得点すると、マリノス所属時リーグ戦通算17ゴールとなり、松田直樹(95-10)と並びマリノス歴代20位タイとなります。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 というわけで、連戦が続いてコンディション的に厳しい試合となりますが、ここで上位&中位陣との勝ち点差を少しでも詰めることが出来るかどうかが、今後にも大きく影響してくると思うので、なんとか3連勝を飾りたいところですね。

 そんなマリノスを後押しするためにも、スタジアムへ行って応援しましょう!!

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場停止】  マリノス:なし、 札幌:なし

 【怪我等で欠場予定】 マリノス:小椋祥平、中町公祐、天野貴史

 【試合プレビュー】  J's GOAL

 【ホームゲームイベント情報】  オフィシャル

 【チケット情報】  チケットF・マリノス

 【試合関連スポーツ新聞記事】
   > 「樋口監督、誕生日プレゼントは「3連勝が欲しい」…横浜M」 (5/6)

   > 「札幌榊、全治3~4週間が16日の超回復」 (5/5)
   > 「榊&大島の復活で11年ぶり連勝だ!!…札幌」 (5/5)


 【TV中継】 (生) 5/06(日) 12:50~  Ch.800/Ch.580/Ch.180

        (録) 5/07(月) 04:00~  BS241

            5/08(火) 19:00~  Ch.801/Ch.581/Ch.181

            5/09(水) 18:40~  Ch.802/Ch.582/Ch.182
            5/09(水) 22:15~  J SPORTS 1

            5/11(金) 04:00~  BS241
            5/11(金) 09:00~  J SPORTS 1
            5/11(金) 12:30~  Ch.802/Ch.582/Ch.182

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 【MDB式“2012年第10節・札幌戦”データボックス】


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

2012年5月 3日 (木)

【MDB式“2012年第9節・浦和戦”データボックス】

MDB」の試合後更新各ファイル等をまとめた、試合の情報・データ集です!


 ★5/3(木・祝) J1リーグ第9節・浦和レッズ戦 (埼玉)


  ○2-1 (前半1-0、後半1-1)  主審:吉田寿光  観衆:44,422人

  .<得点> 1-0 齋藤学        (横浜・12分)
          1-1 槙野智章      (浦和・78分)
          2-1 マルキーニョス  (横浜・88分)

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【記念試合情報】


 この試合に勝利したため、リーグ戦アウェー通算150勝を達成しました。


  <勝分敗ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【出場記録情報】


 栗原勇蔵が、Jリーグ通算200試合出場を達成しました。

 谷口博之が、マリノス所属時公式戦通算50試合出場を達成しました。


 ドゥトラが、マリノス所属時リーグ戦通算152試合出場となり、波戸康広(99-04,10-11)を抜いてマリノス歴代単独15位となりました。


  <出場ランクファイル>  <選手データファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【チーム記録情報】  *対象はリーグ戦のみ


 <記録更新>

  ・「同一カード アウェー連勝」記録 > 5連勝 達成 <マリノス歴代 3位タイ>

  ・「同一カード アウェー負けなし」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 4位タイ>


  ・「同一カード アウェー得点」記録 > 6試合連続 達成 <マリノス歴代 9位タイ>


 <記録ストップ>

  ・「アウェー勝ちなし」記録 > 5試合連続 でストップ <マリノス歴代 6位タイ>


  ・「アウェー無得点」記録 > 3試合連続 でストップ <マリノス歴代 1位タイ>


  <チームランクファイル

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【観客動員情報】


 観客動員 > 44,422人

  > マリノス総合ランキング ベスト・43位
     (対象試合:リーグ戦、ナビスコカップ、チャンピオンシップ)


  <観客動員ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【順位情報】


 J1リーグ 第9節終了時(暫定) : 13位 (前節 15位)
         < 2勝 4分 3敗  勝点 10 得点 9 失点 10 得失点差 -1 >

 最近5試合(第5~9節) 順位 : 6位 (前節 12位)
         < 2勝 2分 1敗  勝点 8  得点 6 失点 4 得失点差 +2 >


 <順位ファイル

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【試合記録・レポート・スポーツ新聞記事など】


 (オフィシャル) 試合記録&ゲームレポート

 (トリコロール日記) 「」

 (フォトレポートブログ) 「5/3 浦和レッズ戦フォトレポート

 (監督コメント) J's GOAL

 (選手コメント) J's GOAL

 (J's GOAL) 「序盤の失点、引いて守る相手に苦戦という流れを
               打ち破れなかった浦和。横浜FMが相性の良さを見せた。


 (カナロコ) 「復帰の助っ人が大仕事/浦和戦から

 (カナロコ) 「斎藤が記念ゴール/浦和戦から

 (カナロコ) 「樋口監督「タフなゲームだった」/浦和戦から

 (スポニチ) 「マルキ復帰弾!横浜 今季初の連勝でアウェー150勝飾る

 (日刊スポーツ) 「横浜マルキ、初出場初得点が決勝弾

 (スポーツ報知) 「2か月ぶり復帰のマルキーニョス、決勝ヘッド!

 (サンスポ) 「横浜M・マルキーニョス、初出場で決勝弾

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【MDB式“2012年第9節・浦和戦”プレビュー】 <<<


  ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村      にほんブログ村

【かきつばた記念(2012年)>予想&結果】

< 5月4日に行われるかきつばた記念(JpnIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【かきつばた記念】

 GWの交流重賞3連戦のラストを飾るレースです。

 まあ、中央馬は全て前走が同じなので東京スプリントの再戦のようですが、その前走では勝ったセイクリムズン以外は南関馬2頭に先着されたし、今回も交流重賞で馬券に絡んだ経験を持つ地元馬が3頭もいるので、すんなりと中央馬だけでは決まらなそうだし、オッズも読めないですね。

 それでも昨年の覇者でもあるセイクリムズンを軸にするのが堅実かな~と思うものの、やはりオッズを見てみないことには予想や買い方が決まらないので、当日になってオッズがある程度固まってから追記する予定です。

[当日追記]
 なんかどんな買い方をしても当たる気がしないのですが、ここは前に行く地元馬3頭中1頭以上は残るのではないかとみて、そこにオッズの関係で中央馬からダイショウジェットのみ絡めた3連複(軸はもちろんセイクリムズン)でいってみることにしました。


  ◎ セイクリムズン / 岩田康誠 (5)
  ○ ダイショウジェット / 柴山雄一 (9)
  ▲ ラブミーチャン / 濱口楠彦 (11)
  △ ジーエスライカー / 吉田稔 (4)
  △ エーシンクールディ / 尾島徹 (6)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 5  ◎ セイクリムズン    岩田康誠  1
 2着 9  ○ ダイショウジェット  柴山雄一 2
 3着 11 ▲ ラブミーチャン    濱口楠彦 3
 4着 6  △ エーシンクールディ 尾島徹   7
 5着 10    セレスハント     福永祐一 4


 3着まで人気順の堅い決着だったとはいえ、狙い通りの結果となったので、気分は良かったですねェ。


  (3連複:5-9-11 5.2倍)  ○的中!  3,000円 → 6,760円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 3/4   75.0%   +8,960円  174.7%

☆12年通算 > 22/73  30.1%  +15,760円  107.6%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●○●●●●○○● → ○
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【兵庫CS&東京湾C(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【京都新聞杯(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

2012年5月 2日 (水)

【兵庫CS&東京湾C(2012年)>予想&結果】

< 5月3日に行われる兵庫チャンピオンシップ(JpnII)東京湾カップ(SIII)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【兵庫チャンピオンシップ】

 GWの交流重賞3連戦の2戦目は、3歳限定レースです。

 まあ5月にして今年最初の3歳交流重賞ということもあり、予想も難しいばかりか人気想定すら難解なので、前日オッズがネット上で分からない"南関以外で開催の交流重賞"を前日に予想することは、自分にはちょっと無理なのですね(まあ例え前日オッズがわかったとしても購入数が少なすぎて当てにならないでしょうが)。

 なので予想は、当日のオッズがある程度固まってから追記する予定です。

[当日追記]
 ダート2勝の中央馬・オースミイチバンを◎にして、初ダートで最内枠に入ったスノードンをオッズの関係からあえて外した3連複でいってみたいと思います。

 ただスノードンを外しただけでもオッズ的に厳しいので、6-8-12の組み合わせも外してしまいましょう。


  ◎ オースミイチバン / 川島信二 (8)
  ○ タイセイシュバリエ / 浜中俊 (6)
  ▲ プーラヴィーダ / 勝浦正樹 (4)
  △ トライ / 永島太郎 (11)
  △ エイシンキンチェム / 岩田康誠 (12)
  △ エクサイティング / 木村健 (3)

  << 3連複:◎-○▲△(6-8-12を除く) >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 8  ◎ オースミイチバン   川島信二  1
 2着 6  ○ タイセイシュバリエ  浜中俊   2
 3着 4  ▲ プーラヴィータ    勝浦正樹  5
 4着 12    エイシンキンチェム 岩田康誠  4
 5着 1     スノードン       北村友一 3


 予想していた時よりもオッズが低くなったため、エイシンキンチェムも外しさいといけなくなってしまったいました。

 そしてそのエイシンキンチェムがゴール直前まで3番手で粘っていたので、これは精神的にキツイ結果になっちゃうな~と覚悟しましたが、最後にプーラヴィータが抜いてくれたのでホッとしましたねェ。


  (3連複:4-6-8 5.0倍)  ○的中!  3,000円 → 7,000円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【東京湾カップ】

 前走・クラウンC組vs初重賞組といった構図な感じですが、ここは後者に当たるイブニングラッシュを◎にしてみましょうか。

 今年に入ってから道営から転入して来た馬で、これまで10回走って馬券圏を外したのは1回のみ、その1回も休み明け&転入初戦のレースということで、安定感がありますからね。

 まあ、南関移籍後は勝ち切れていないし、近3走で先着された2頭と今回も再戦ということでそちらを狙うべきなのかもしれませんが、そんな"毎度のように好走すれど勝ち切れない馬"好きということもあり、この馬に期待することにしました。


  ◎ イブニングクラッシュ / 吉田稔 (2)
  ○ スカイインテンス / 真島大輔 (7)
  ▲ ディーオ / 左海誠二 (6)
  △ グランデスボスケ / 今野忠成 (9)
  △ キョウエイロブスト / 山崎誠士 (10)
  △ シラヤマヒメ / 吉原寛人 (4)
  △ ビッグライト / 石崎駿 (3)

  << 3連複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7  ○ スカイインテンス  真島大輔  6
 2着 6  ▲ ディーオ       左海誠二  1
 3着 3  △ ビッグライト     石崎駿   3
 4着 4  △ シラヤマヒメ     吉原寛人 7
 5着 11    ハテンコウ      坂井英光 8

 9着 2  ◎ イブニングラッシュ 吉田稔   5


 ◎馬が近3走で先着された2頭が1・2着ということで、もっと素直に予想しておけばよかったですねェ。


  (3連複:3-6-7 16.8倍)  ●不的中  3,000円 → 0円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 2/3   66.7%   +5,200円  157.8%

☆12年通算 > 21/71  29.2%  +12,000円  105.6%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●○●●●●○ → ○●
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【かしわ記念(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【かきつばた記念(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年5月)

 もう4年目となる“月別ランクイン候補作品”ですが、「このミステリーがすごい!2013年版」対象作品についても引き続き実施していこうと思います。

 この“月別ランクイン候補作品”とは、自分は日頃から“どんな作品が「このミス」にランクインしそうかな?”と色々とチェックしているので、どうせならそれを発売された月別にまとめてしまおう!ということで始めた企画です。

 ここでは、とりあえず「このミス」の対象になりそうな作品をピックアップして、“作者の過去実績”や“なんとなくの前評判”を元に、推測されるランクインの可能性ごとに3段階に分けて並べています。

 ちなみに、これを書いている時点では作品をまだ読んでいない状況になると思うので、この3段階の分類は、作品を読んだ上で決めたものではありませんので、その点ご了承ください。

 なお、読んだ上でのランクイン予想に関しましては、「このミス2013年版」下半期のランクイン候補作品の方をご覧ください。 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年5月発売の最有力候補っぽい作品 <<


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年5月発売の有力候補っぽい作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」20位以内ランクイン作品数


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 >> 2012年5月発売の候補っぽい作品 <<

 * 作品名部分のリンク先は、「Amazon」の詳細ページです
 * 作者名横のカッコ内は、過去の「このミス」20位以内ランクイン作品数


   夜の国のクーパー / 伊坂幸太郎 (9作)
   トラップ・ハウス / 石持浅海 (4作)  <感想記事はこちら>
   身を捨ててこそ 新・病葉流れて / 白川道 (3作)
   増加博士の事件簿 / 二階堂黎人 (3作)
   痛 み / 貫井徳郎(3作)・福田和代(1作)・誉田哲也
   鍵のない夢を見る / 辻村深月 (2作)  <感想記事はこちら>
   エ ス / 鈴木光司 (2作)
   ふたり、幸村 / 山田正紀 (2作)  <感想記事はこちら>
   漏洩 素行調査官 / 笹本稜平 (1作)
   ダウン・バイ・ロー / 深町秋生 (1作)  <感想記事はこちら>
   二十五の瞳 / 樋口毅宏 (1作)  <感想記事はこちら>
   猿 猴 / 田中啓文 (1作)
   笑う娘道成寺 女子大生桜川東子の推理 / 鯨統一郎 (1作)
   ぼくと猫と満月の夜 / 松尾由美 (1作)
   「宝石」一九五〇 牟家殺人事件 / ミステリー文学資料館 (1作)
   言霊たちの夜 / 深水黎一郎  <感想記事はこちら>
   ユーディットⅩⅢ / 平谷美樹
   事件でござるぞ、太郎冠者 / 井上尚登
   秋霧の街 / 柴田哲孝
    / 堂場瞬一
   刻 命 / 末浦広海
   水晶の鼓動 警視庁捜査一課十一係 / 麻見和史
   実験的経験 Experimental experience / 森博嗣
   ダブル・イニシャル / 新津きよみ
   黒い魎 / 岡崎大五
   有罪弁護 負け弁・深町代言 / 大門剛明
   英雄はそこにいる / 島田雅彦
   読めない遺言書 / 深山亮
   盗作の報酬 / 三浦明博
   惨劇アルバム / 小林泰三
   黒猫の接吻あるいは最終講義 / 森晶麿
   きみの呼ぶ声 / 飯田雪子
   守友恒探偵小説選 / 守友恒

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  NEXT >>> 「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年6月)

  「このミス2013年版」月別ランクイン候補作品(2012年4月) <<< PREV


 「月別ランクイン候補作品」の一覧は、「このミス」完全読破 読破本リストにてご覧ください。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

2012年5月 1日 (火)

【かしわ記念(2012年)>予想&結果】

< 5月2日に行われるかしわ記念(JpnI)の予想&結果です!(結果はレース後に付け加えます) >

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 【かしわ記念】

 ドバイのレースに参戦したスマートファルコントランセンドの2強はいないものの、その分交流GIにしてはオッズが割れるので、予想のし甲斐がかなり出て来ましたね。

 まあ裏を返せば軸馬を決めるのが難解になるということなのですが、ここはエスポワールシチーを◎にしてみましょう。

 近走の成績を見れば、無敵状態たった全盛期と比べて力が衰えているのは明らかですが、それでも勝ち切れなくなったというだけで安定して好走はしていますし、それでいてまだ人気しているならまだしも、前日オッズからすると今回はそれなりの人気に落ち着きそうですからね。

 それに、2009&2010年と連覇していて、昨年は出遅れながらフリオーソから0.4秒差の3着となるなど、レース相性は良いと思うので、この馬に期待してみることにしました。

 ただ、いつものように3連複だとある程度絞らないといけなくなるので、今回は馬複にして、フリオーソをあえて相手から外して広く流してみましょう。


  ◎ エスポワールシチー / 佐藤哲三 (7)
  ○ テスタマッタ / 岩田康誠 (4)
  ▲ ランフォルセ / 横山典弘 (11)
  △ シルクフォーチュン / 藤岡佑介 (6)
  △ ピイラニハイウェイ / 川田将雅 (10)
  △ クリーン / 本橋孝太 (9)

  << 馬複:◎-○▲△ >>

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

< レース結果 >


着順 / 馬番 / 予想記号 / 馬名 / 騎手 / 単勝人気

 1着 7  ◎ エスポワールシチー 佐藤哲三 3
 2着 6     フリオーソ        戸崎圭太 1
 3着 4  ○ テスタマッタ       岩田康誠 2
 4着 11 ▲ ランフォルセ      横山典弘 4
 5着 10 △ ピイラニハイウェイ  川田将雅 6


 ランフォルセが+14kgとここ最近の推移からしてかなり増え過ぎだったのと、雨が予想以上の大降りとなって前残りの可能性が高くなりそうだったのと、ランフォルセ相手とフリオーソ相手のオッズがほぼ同じだったことから、思い切って相手をランフォルセからフリオーソに変えてしまいました。

 まあこの相手変更よりも、◎馬が連対できるかどうかの方が心配だったわけですが、◎馬が勝ち、急遽入れ替えたフリオーソが2着ということで、どちらの選択も成功となりましたね。


  (馬複:6-7 6.0倍)  ○的中!  3,000円 → 7,200円

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

           的中数 的中率   収支額    回収率 

☆12年05月 > 1/1  100.0%   +4,200円  240.0%

☆12年通算 > 19/69  27.5%   +6,800円  103.3%

☆11年通算 > 69/205  33.7%  -47,190円   92.4%

☆10年通算 > 69/208  33.2%  -32,680円   94.8%

☆09年通算 > 76/206  36.9%  +17,140円  102.8%


★近10レースの馬券成績 > ●●●●○●●●● → ○
  *☆:+1万円以上、◎:+5千円以上、○:+1千円以上、△+1千円以下、●:外れ


★万馬券獲得実績(2012年以降)

> 2012.03.11  10,610円  阪神・フィリーズレビュー (GII)  <予想&結果記事>
> 2012,03,07  58,380円  大井・東京スプリング盃 (SIII)  <予想&結果記事>
> 2012.03.04  14,380円  中山・弥生賞 (GII)  <予想&結果記事>
> 2012.02.15  19,080円  大井・金盃 (SII)  <予想&結果記事>

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  【天皇賞・春(2012年)>予想&結果】 <<< PREV

  NEXT >>> 【兵庫CS&東京湾C(2012年)>予想&結果】


  にほんブログ村 競馬ブログへ   にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
    にほんブログ村       にほんブログ村

『所轄魂』 笹本稜平 > 「このミス」完全読破 No.535

「このミステリーがすごい!」完全読破 No.535

 『所轄魂』 笹本稜平

   「このミス」2013年版 : 85位

   受賞(候補) :

   総合ランキング :

   年度ランキング :

   読始:2012.4.13 ~ 読終:2012.4.19

   読んだ時期: 「このミス」ランキング発表"前"

   読んだ版 : 単行本 <2012年1月>

所轄魂 (徳間文庫)所轄魂 (徳間文庫)
笹本 稜平

徳間書店 2014-06-06
売り上げランキング : 15357

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 笹本稜平は、2000年のデビュー当時は主に冒険小説を発表していて、「このミス」でも「太平洋の薔薇」が2004年版13位にランクインしています。

 ただ近年は警察小説が中心となっていて、“越境捜査シリーズ”や“素行調査官シリーズ”などシリーズ作品を複数抱えるほどに、警察小説作家としても人気となっていますね。

 そして本作は、新たなるシリーズとなるのではないか?と思われるような警察小説です。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 主人公は、いわゆる“所轄”である城東署の組織犯罪対策課係長・葛木邦彦警部補で、かつては警視庁に務めていたものの、理由あって自ら所轄への移動を願い出た過去を持つベテラン警察官。

 この城東署管内で殺人事件が発生し、捜査を指揮するために本庁からやって来たのが、邦彦の息子である新人キャリア管理官の葛木俊史。

 管理官として全く経験のない息子が自分の署の捜査本部に来るだけでも動揺しているのに、一緒に警視庁からやって来るのが帳場壊しで知られる悪名高い山岡宗男率いる捜査十三係ということで、邦彦にとっては心中穏やかでない状況となるのですね。

 というわけで、キャリアの息子とノンキャリアの父親の物語を軸に、本庁と所轄との軋轢などを絡めながらの事件捜査が語られていきます。

 “本庁vs所轄”という構図は警察小説の中でもオーソドックスなものとなっていますが、そこに警察官の親子(それも子の方が立場が上)が絡むことで新鮮さが創られていましたし、なにより主人公&所轄にとっては敵役である捜査十三係がなかなか強烈な存在なので、この設定&キャラクターにより興味惹かれる人間ドラマが生み出されていたように思います。

 まあそれでもやはり警察小説としてベタな展開ではあるのですが、タイトルにもなっている“所轄魂”が感動を呼びますし、捜査ミステリ&サスペンスとしても読み応えあるので、あまりに出来すぎな親子関係に引っ掛かりを覚えることがなければ、高水準の警察小説として楽しむことができるのではないでしょうか。


  > 個人的評価 : ★★★★★ ★☆☆☆☆


   本格ミステリ度  : ★★        鬼畜グログロ度 : ★★
   ビックリ驚愕度  : ★★         おどろおどろ度 : ★★
   熱アクション度  : ★★★★     主キャラ魅力度 : ★★★★
   恋愛ラブラブ度 : ★★★       人間味ドラマ度 : ★★★★
   下ネタエッチ度 : ★          感涙ウルウル度 : ★★★★
   衝撃バカミス度 : ★★        気軽に読める度 : ★★★

  * <個人的評価&項目別評価>の説明はこちら!


  【 “笹本稜平” 関連記事 】

  > No.775 「失踪都市 所轄魂」
  > No.535 「所轄魂」
  > No.308 「挑発 越境捜査2」
  > No.301 「越境捜査」
  > No.272 「未踏峰」


 「幽女の如き怨むもの」三津田信三 <<< PREV/NEXT >>> 「地の底のヤマ」西村健

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  >>> 「このミス」完全読破 説明&読破本リスト <<<

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

Google AdSense

楽天市場

「このミス」完全読破:次に感想を書く予定の本

「このミス」完全読破:現在読書中の本

「このミス」完全読破:最近読み終えた本

無料ブログはココログ